氏 名島ノ江 千里フリガナシマノエ チサト
欧文氏名SHIMANOE Chisato
所 属医学部 附属病院 薬剤部
職 名教授学位博士(医学)(2014年03月)
電子メールchisatoscc.saga-u.ac.jpリンクティーチングポートフォリオ
ホームページhttps://musubime.saga-u.ac.jp/medicine/shimanoe_chisato/
https://yakuzai.med.saga-u.ac.jp/

教員詳細情報

研究分野・キーワード

  • 疫学、予防医学、精神健康、行動医学、精神神経内分泌免疫学、臨床薬理学

学歴

  • 2011年03月, 佐賀大学, 医学系研究科, 臨床薬剤学, 修士課程・博士前期課程, 修了
  • 2014年03月, 佐賀大学, 医科学研究科, 医科学専攻, 博士課程・博士後期課程, 修了

職歴

  • 2014年04月 - 2018年05月 佐賀大学医学部医学科 助教
  • 2018年06月 - 2020年09月 佐賀大学医学部附属病院臨床研究センター 特任准教授
  • 2020年10月 - 継続中 佐賀大学医学部附属病院 教授

専門分野

  • 応用健康科学, 疫学・予防医学, 衛生学・公衆衛生学, 内科学一般(含心身医学), 精神神経科学

所属学会

  • 日本疫学会, 日本薬学会, 日本臨床薬理学会, 日本医療薬学会, 日本行動医学会, 日本衛生学会, 精神神経内分泌免疫学研究会

受賞歴

  • 第20回日本行動医学会学術総会優秀演題賞 (2013年03月)
  • 医療薬学フォーラム/ クリニカルファーマシーシンポジウム優秀ポスター賞 (2010年07月)
  • 第22回日本行動医学会学術総会優秀演題賞 (2015年10月)

現在実施している研究テーマ

  • 心理社会的因子と生活習慣病に関与する尿中バイオマーカーの検討
  • 生活習慣病の危険因子と防御因子に関する疫学的研究
  • 心理社会的因子と生活習慣病に関与する血中バイオマーカーにおける疫学的研究
  • エピゲノムワイド関連分析による疾患予防のための精神ストレスマーカーの探索

主要業績

著書

  • 耳鼻咽喉科頭頸部外科領域で併用に気を付けるべき薬剤の組み合わせを教えてください; 2022年09月
    発表情報; JOHNS 特集:薬にまつわる疑問に答える, 【薬にまつわる疑問】, 6.有害事象, 38, 9, 1038-1042
    著者; 久保利樹, 祖川倫太郎, 島ノ江千里
  • 発展途上のAROにおける特定臨床研究支援の現状と課題; 2022年07月
    発表情報; 薬理と治療 TOPIC 第21回 CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2021 in 横浜 シンポジウム5 / CRCが直面する特定臨床研究への支援における課題共有と対策, 50, 7, 1165-1168
    著者; 島ノ江千里
  • 分子標的薬と腎障害; 2022年05月
    発表情報; 泌尿器科 特集:泌尿器科領域における腎機能障害治療 -保存期から移植まで, 15, 5, 579-587
    著者; 木村早希子, 島ノ江千里, 野口 満
  • 2.日本多施設共同コホート研究におけるゲノム予防医学; 2021年12月
    発表情報; Precision Medicine 特集:ゲノム情報とオミックス情報を活用した「予防医学」, 4, 14, 16-19
    著者; ○田中恵太郎, 原 めぐみ, 西田裕一郎, 島ノ江千里

原著論文

  • Development of an enzyme-linked immunosorbent assay for the quantification of O-Phosphoethanolamine in human plasma; 2022年12月
    発表情報; Anal Biochem, 659, 114952
    著者; *Tetsuya Saita, Hiroto Kataoka, Rintaro Sogawa, Tadashi Hayama, Ryoko Tomita, Akira Monji, Yoshito Mizoguchi, Chisato Shimanoe
  • Sex- and age-specific all-cause mortality in insomnia with hypnotics: Findings from Japan multi-institutional Collaborative Cohort Study ; 2022年12月
    発表情報; Sleep Med, 100, 410-418
    著者; Rintaro Sogawa, Chisato Shimanoe, Keitaro Tanaka, Megumi Hara, Yuichiro Nishida, Takuma Furukawa, Mako Nagayoshi, Asahi Hishida, Yoko Kubo, Yasufumi Kato, Isao Oze, Hidemi Ito, Yohko Nakamura, Miho Kusakabe, Shiroh Tanoue, Chihaya Koriyama, Sadao Suzuki, Takahiro Otani, Daisuke Matsui, Isao Watanabe, Kiyonori Kuriki, Naoyuki Takashima, Aya Kadota, Takeshi Watanabe, Kokichi Arisawa, Hiroaki Ikezaki, Jun Otonari, Kenji Wakai, Keitaro Matsuo, Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort (J-MICC) Study
  • Epigenome-wide Association Study Identified VTI1A DNA Methylation Associated with Accelerometer-assessed Physical Activity ; 2022年11月
    発表情報; Med Sci Sports Exerc, 54, 11, 1879-1888
    著者; ○Yuichiro Nishida, Megumi Hara, Hideki Ohmomo, Kanako Ono, Atsushi Shimizu, Mikako Horita, Chisato Shimanoe, Naoto Taguchi, Yasuki Higaki, Keitaro Tanaka
  • Sedentary time, physical activity, and serum SPARC in a middle-aged population ; 2022年11月
    発表情報; Eur J Sport Sci, 22, 11, 1786-1794
    著者; ○Yuichiro Nishida, Megumi Hara, Yasuki Higaki, Naoto Taguchi, Kazuyo Nakamura, Hinako Nanri, Takeshi Imaizumi, Tatsuhiko Sakamoto, Chisato Shimanoe, Mikako Horita, Koichi Shinchi, Keitaro Tanaka
  • Assessing the Relationship Between High-sensitivity C-reactive Protein and Kidney Function Employing Mendelian Randomization in the Japanese Community-based J-MICC Study; 2022年11月
    発表情報; J Epidemiol, 32, 11, 483-488
    著者; *Fujii R, Hishida A, Nishiyama T, Nakatochi M, Matsuo K, Ito H, Nishida Y, Shimanoe C, Nakamura Y, Turin TC, Suzuki S, Watanabe M, Ibusuki R, Takezaki T, Mikami H, Nakamura Y, Ikezaki H, Murata M, Kuriki K, Kuriyama N, Matsui D, Arisawa K, Katsuura-Kamano S, Tsukamoto M, Tamura T, Kubo Y, Kondo T, Momozawa Y, Kubo M, Takeuchi K, Wakai K
  • Evaluation of Suvorexant and Lemborexant for the Prevention of Delirium in Adult Critically Ill Patients at an Advanced Critical Care Center: A Single-Center, Retrospective, Observational Study ; 2022年11月
    発表情報; J Clin Psychiatry, 84, 1, 22m14471
    著者; ○Matsuoka A, Tobita S, Sogawa R, Shinada K, Murakawa-Hirachi T, Shimanoe C, Monji A, Mizoguchi Y, Miike T, Sakamoto Y
  • Genetic polymorphism of pleiotrophin is associated with pain experience in Japanese adults: Case-control study ; 2022年09月
    発表情報; Medicine (Baltimore), 101, 37, e30580
    著者; *Kosuke Saita, Masahiko Sumitani, Daisuke Nishizawa, Takashi Tamura, Kazutaka Ikeda, Kenji Wakai, Yoshika Sudo, Hiroaki Abe, Jun Otonari, Hiroaki Ikezaki, Kenji Takeuchi, Asahi Hishida, Keitaro Tanaka, Chisato Shimanoe, Toshiro Takezaki, Rie Ibusuki, Isao Oze, Hidemi Ito, Etsuko Ozaki, Daisuke Matsui, Yohko Nakamura, Miho Kusakabe, Sadao Suzuki, Hiroko Nakagawa-Senda, Kokichi Arisawa, Sakurako Katsuura-Kamano, Kiyonori Kuriki, Yoshikuni Kita, Yasuyuki Nakamura, Yukihide Momozawa, Kanji Uchida
  • A genome-wide association study on adherence to low-carbohydrate diets in Japanese; 2022年08月
    発表情報; Eur J Clin Nutr, 76, 8, 1103-1110
    著者; *Yasuyuki Nakamura, Takashi Tamura, Akira Narita, Atsushi Shimizu, Yoichi Sutoh, Naoyuki Takashima, Kenji Matsui, Naoko Miyagawa, Aya Kadota, Katsuyuki Miura, Jun Otonari, Hiroaki Ikezaki, Asahi Hishida, Mako Nagayoshi, Rieko Okada, Yoko Kubo, Keitaro Tanaka, Chisato Shimanoe, Rie Ibusuki, Daisaku Nishimoto, Isao Oze, Hidemi Ito, Etsuko Ozaki, Daisuke Matsui, Haruo Mikami, Miho Kusakabe, Sadao Suzuki, Miki Watanabe, Kokichi Arisawa, Sakurako Katsuura-Kamano, Kiyonori Kuriki, Masahiro Nakatochi, Yukihide Momozawa, Michiaki Kubo, Kenji Takeuchi, Kenji Wakai, J-MICC Research Group Consortium
  • Development of a simple screening tool based on the 5-question geriatric locomotive function scale for locomotive syndrome ; 2022年07月
    発表情報; J Orthop Sci, 27, 4, 913-920
    著者; ○Takaomi Kobayashi, Tadatsugu Morimoto, Chisato Shimanoe, Rei Ono, Koji Otani, Masaaki Mawatari
  • Development of a tool for screening the severity of locomotive syndrome by the loco-check; 2022年05月
    発表情報; J Orthop Sci, 27, 3, 701-706
    著者; ○Takaomi Kobayashi, Tadatsugu Morimoto, Chisato Shimanoe, Rei Ono, Koji Otani, Masaaki Mawatari
  • Association of orexin receptor antagonists with falls during hospitalization ; 2022年03月
    発表情報; J Clin Pharm Ther, 47, 6, 809-813
    著者; Rintaro Sogawa, Akiko Emoto, Akira Monji, Yuki Miyamoto, Misako Yukawa, Toru Murakawa-Hirachi, Yasuhiro Tagomori, Mikiko Kawasaki, Shinya Kimura, Chisato Shimanoe
  • Association of perceived stress and coping strategies with the renal function in middle-aged and older Japanese men and women; 2022年01月
    発表情報; Sci Rep, 12, 1, 291
    著者; ○Koga, Kayoko; Hara, Megumi; Shimanoe, Chisato; Nishida, Yuichiro; Furukawa, Takuma; Iwasaka, Chiharu; Tanaka, Keitaro; Otonari, Jun; Ikezaki, Hiroaki; Kubo, Yoko; Kato, Yasufumi; Tamura, Takashi; Hishida, Asahi; Matsuo, Keitaro; Ito, Hidemi; Nakamura, Yohko; Kusakabe, Miho; Nishimoto, Daisaku; Shibuya, Keiichi; Suzuki, Sadao; Watanabe, Miki; Ozaki, Etsuko; Matsui, Daisuke; Kuriki, Kiyonori; Takashima, Naoyuki; Kadota, Aya; Arisawa, Kokichi; Katsuura-Kamano, Sakurako; Takeuchi, Kenji; Wakai, Kenji
  • Effect of the interaction between physical activity and estimated macronutrient intake on HbA1c: population-based cross-sectional and longitudinal studies; 2022年01月
    発表情報; BMJ Open Diabetes Res Care, 10, 1, e002479
    著者; ○Furukawa, Takuma; Nishida, Yuichiro; Hara, Megumi; Shimanoe, Chisato; Koga, Kayoko; Iwasaka, Chiharu; Higaki, Yasuki; Tanaka, Keitaro; Nakashima, Ryoko; Ikezaki, Hiroaki; Hishida, Asahi; Tamura, Takashi; Kato, Yasufumi; Tamada, Yudai; Matsuo, Keitaro; Ito, Hidemi; Mikami, Haruo; Kusakabe, Miho; Ibusuki, Rie; Shibuya, Keiichi; Suzuki, Sadao; Nakagawa-Senda, Hiroko; Ozaki, Etsuko; Matsui, Daisuke; Kuriki, Kiyonori; Nakamura, Yasuyuki; Kadota, Aya; Arisawa, Kokichi; Katsuura-Kamano, Sakurako; Takeuchi, Kenji; Wakai, Kenji
  • Associations of breastfeeding history with metabolic syndrome and cardiovascular risk factors in community-dwelling parous women: The Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study; 2022年01月
    発表情報; PLoS One, 17, 1, e0262252
    著者; ○Matsunaga, Takashi; Kadomatsu, Yuka; Tsukamoto, Mineko; Kubo, Yoko; Okada, Rieko; Nagayoshi, Mako; Tamura, Takashi; Hishida, Asahi; Takezaki, Toshiro; Shimoshikiryo, Ippei; Suzuki, Sadao; Nakagawa, Hiroko; Takashima, Naoyuki; Saito, Yoshino; Kuriki, Kiyonori; Arisawa, Kokichi; Katsuura-Kamano, Sakurako; Kuriyama, Nagato; Matsui, Daisuke; Mikami, Haruo; Nakamura, Yohko; Oze, Isao; Ito, Hidemi; Murata, Masayuki; Ikezaki, Hiroaki; Nishida, Yuichiro; Shimanoe, Chisato; Takeuchi, Kenji; Wakai, Kenji
  • The association of comorbidities with the 25-question geriatric locomotive function scale and the diagnosis of locomotive syndrome; 2022年01月
    発表情報; J Orthop Sci
    著者; *Kobayashi Takaomi, Morimoto Tadatsugu, Shimanoe Chisato, Ono Rei, Otani Koji, Mawatari Masaaki
  • Reply to the comments on "Association between habitual coffee consumption and skeletal muscle mass in middle-aged and older Japanese people"; 2022年01月
    発表情報; Geriatr Gerontol Int, 22, 1, 89-91
    著者; ○Chiharu Iwasaka, Yosuke Yamada, Yuichiro Nishida, Megumi Hara, Jun Yasukata, Nobuyuki Miyoshi, Chisato Shimanoe, Hinako Nanri, Takuma Furukawa, Kayoko Koga, Mikako Horita, Yasuki Higaki, Keitaro Tanaka
  • Antihypertensive Drug Combinations Modify Cisplatin-induced Acute Kidney Injury; 2022年
    発表情報; In Vivo, 36, 3, 1391-1396
    著者; Koji Takeuchi, Rintaro Sogawa, Satoko Tsuruhashi, Chika Motooka, Sakiko Kimura, Chisato Shimanoe
  • Association between habitual coffee consumption and skeletal muscle mass in middle-aged and older Japanese people; 2021年10月
    発表情報; Geriatr Gerontol Int, 21, 10, 950 - 958
    著者; ○Chiharu Iwasaka, Yosuke Yamada, Yuichiro Nishida, Megumi Hara, Jun Yasukata, Nobuyuki Miyoshi, Chisato Shimanoe, Hinako Nanri, Takuma Furukawa, Kayoko Koga, Mikako Horita, Yasuki Higaki, Keitaro Tanaka
  • Moderate-to-vigorous physical activity and sedentary behavior are independently associated with renal function: a cross-sectional study ; 2021年10月
    発表情報; J Epidemiol
    著者; ○Megumi Hara, Yuichiro Nishida, Keitaro Tanaka, Chisato Shimanoe, Kayoko Koga, Takuma Furukawa, Yasuki Higaki, Koichi Shinchi, Hiroaki Ikezaki, Masayuki Murata, Kenji Takeuchi, Takashi Tamura, Asahi Hishida, Mineko Tsukamoto, Yuka Kadomatsu, Keitaro Matsuo, Isao Oze, Mikami Haruo, Kusakabe Miho, Toshiro Takezaki, Rie Ibusuki, Sadao Suzuki, Hiroko Nakagawa-Senda, Daisuke Matsui, Teruhide Koyama, Kiyonori Kuriki, Naoyuki Takashima, Yasuyuki Nakamura, Kokichi Arisawa, Sakurako Katsuura-Kamano, Kenji Wakai
  • Association of skipping breakfast and short sleep duration with the prevalence of metabolic syndrome in the general Japanese population: Baseline data from the Japan Multi-Institutional Collaborative cohort study; 2021年10月
    発表情報; Prev Med Rep, 24, 101613
    著者; *Katsuura-Kamano S, Arisawa K, Uemura H, Van Nguyen T, Takezaki T, Ibusuki R, Suzuki S, Otani T, Okada R, Kubo Y, Tamura T, Hishida A, Koyama T, Matsui D, Kuriki K, Takashima N, Miyagawa N, Ikezaki H, Matsumoto Y, Nishida Y, Shimanoe C, Oze I, Matsuo K, Mikami H, Kusakabe M, Takeuchi K, Wakai K; Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort J-MICC Study
  • Sex-specific Relationship between Stress Coping Strategies and All-Cause Mortality: Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study ; 2021年09月
    発表情報; J Epidemiol
    著者; *Mako Nagayoshi, Kenji Takeuchi, Yudai Tamada, Kato Yasufumi, Yoko Kubo, Rieko Okada, Takashi Tamura, Asahi Hishida, Jun Otonari, Hiroaki Ikezaki, Yuichiro Nishida, Chisato Shimanoe, Yuriko N Koyanagi, Keitaro Matsuo, Mikami Haruo, Kusakabe Miho, Daisaku Nishimoto, Keiichi Shibuya, Sadao Suzuki, Takeshi Nishiyama, Etsuko Ozaki, Isao Watanabe, Kiyonori Kuriki, Naoyuki Takashima, Aya Kadota, Kokichi Arisawa, Sakurako Katsuura-Kamano, Kenji Wakai
  • Is trimethoprim/sulfamethoxazole-associated increase in serum creatinine a pseudo-elevation or true nephrotoxicity?; 2021年08月
    発表情報; J Infect Chemother, 27, 8, 1193-1197
    著者; ○Urakami, Toshiharu; Hamada, Yohei; Oka, Yusuke; Kannae, Mikinori; Okinaka, Tomohide; Sanada, Ayaka; Shimanoe, Chisato; Aoki, Yosuke
  • A genome-wide association study in Japanese identified one variant associated with a preference for a Japanese dietary pattern ; 2021年06月
    発表情報; Eur J Clin Nutr, 75, 6, 937-945
    著者; *Harumitsu Suzuki, Yasuyuki Nakamura, Keitaro Matsuo, Nahomi Imaeda, Chiho Goto, Akira Narita, Atsushi Shimizu, Naoyuki Takashima, Kenji Matsui, Katsuyuki Miura, Masahiro Nakatochi, Asahi Hishida, Takashi Tamura, Yuka Kadomatsu, Rieko Okada, Yuichiro Nishida, Chisato Shimanoe, Daisaku Nishimoto, Toshiro Takezaki, Isao Oze, Hidemi Ito, Hiroaki Ikezaki, Masayuki Murata, Daisuke Matsui, Etsuko Ozaki, Haruo Mikami, Yohko Nakamura, Sadao Suzuki, Miki Watanabe, Kokichi Arisawa, Hirokazu Uemura, Kiyonori Kuriki, Yukihide Momozawa, Michiaki Kubo, Yoshikuni Kita, Kenji Takeuchi, Kenji Wakai
  • Development of a tool for screening the severity of locomotive syndrome by the loco-check ; 2021年05月
    発表情報; J Orthop Sci
    著者; *Takaomi Kobayashi, Tadatsugu Morimoto, Chisato Shimanoe, Rei Ono, Koji Otani, Masaaki Mawatari
  • Perceived stress, depressive symptoms, and cortisol-to-cortisone ratio in spot urine in 6878 older adults; 2021年03月
    発表情報; Psychoneuroendocrinology, 125, 105125
    著者; Shimanoe, Chisato; Matsumoto, Akiko; Hara, Megumi; Akao, Chiho; Nishida, Yuichiro; Horita, Mikako; Nanri, Hinako; Higaki, Yasuki; Tanaka, Keitaro
  • A genome-wide association study on fish consumption in a Japanese population-the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort study; 2021年03月
    発表情報; Eur J Clin Nutr, 75, 3, 480-488
    著者; *Taro Suzuki, Yasuyuki Nakamura, Keitaro Matsuo, Isao Oze, Yukio Doi, Akira Narita, Atsushi Shimizu, Nahomi Imaeda, Chiho Goto, Kenji Matsui, Masahiro Nakatochi, Katsuyuki Miura, Naoyuki Takashima, Kiyonori Kuriki, Chisato Shimanoe, Keitaro Tanaka, Hiroaki Ikezaki, Masayuki Murata, Rie Ibusuki, Toshiro Takezaki, Yuriko Koyanagi, Hidemi Ito, Daisuke Matsui, Teruhide Koyama, Haruo Mikami, Yohko Nakamura, Sadao Suzuki, Takeshi Nishiyama, Sakurako Katsuura-Kamano, Kokichi Arisawa, Kenji Takeuchi, Takashi Tamura, Rieko Okada, Yoko Kubo, Yukihide Momozawa, Michiaki Kubo, Yoshikuni Kita, Kenji Wakai, J-MICC Research Group
  • Differential effect of polymorphisms on body mass index across the life course of Japanese: the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study; 2021年03月
    発表情報; J Epidemiol, 31, 3, 172-179
    著者; *Madoka Iwase, Keitaro Matsuo, Masahiro Nakatochi, Isao Oze, Hidemi Ito, Yuriko Koyanagi, Tomotaka Ugai, Yumiko Kasugai, Asahi Hishida, Kenji Takeuchi, Rieko Okada, Yoko Kubo, Chisato Shimanoe, Keitaro Tanaka, Hiroaki Ikezaki, Masayuki Murata, Toshiro Takezaki, Daisaku Nishimoto, Nagato Kuriyama, Etsuko Ozaki, Sadao Suzuki, Miki Watanabe, Haruo Mikami, Yohko Nakamura, Hirokazu Uemura, Sakurako Katsuura-Kamano, Kiyonori Kuriki, Yoshikuni Kita, Takashima Naoyuki, Masato Nagino, Yukihide Momozawa, Michiaki Kubo, Kenji Wakai
  • <Editors' Choice> Treatment strategy for upper cervical epidural abscess: a literature review; 2021年02月
    発表情報; Nagoya Journal of Medical Science, 83, 1, 1-20
    著者; ○Kobayashi, Takaomi; Shimanoe, Chisato; Morimoto, Tadatsugu; Ureshino, Hiroshi; Ikuta, Ko; Sonohata, Motoki; Mawatari, Masaaki
  • Genome-Wide Association Study of Serum Prostate-Specific Antigen Levels Based on 1000 Genomes Imputed Data in Japanese: The Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study; 2021年02月
    発表情報; Nagoya Journal of Medical Science, 83, 1, 183-194
    著者; *Hishida, Asahi; Nakatochi, Masahiro; Tamura, Takashi; Nagayoshi, Mako; Okada, Rieko; Kubo, Yoko; Tsukamoto, Mineko; Kadomatsu, Yuka; Suzuki, Sadao; Nishiyama, Takeshi; Kuriyama, Nagato; Watanabe, Isao; Takezaki, Toshiro; Nishimoto, Daisaku; Kurik, Kiyonori; Arisawa, Kokichi; Kamano, Sakurako Katsuura; Mikami, Haruo; Kusakabe, Miho; Oze, Isao; Koyanagi, Yuriko N.; Nakamura, Yasuyuki; Kadota, Aya; Shimanoe, Chisato; Tanaka, Keitaro; Ikezaki, Hiroaki; Murata, Masayuki; Kubo, Michiaki; Momozawa, Yukihide; Takeuchi, Kenji; Wakai, Kenji
  • Assessing the relationship between high-sensitivity C-reactive protein and kidney function employing mendelian randomization in a Japanese community based J-MICC Study ; 2021年02月
    発表情報; J Epidemiol
    著者; *Ryosuke Fujii, Asahi Hishida, Takeshi Nishiyama, Masahiro Nakatochi, Keitaro Matsuo, Hidemi Ito, Yuichiro Nishida, Chisato Shimanoe, Yasuyuki Nakamura, Tanvir Chowdhury Turin, Sadao Suzuki, Miki Watanabe, Rie Ibusuki, Toshiro Takezaki, Haruo Mikami, Yohko Nakamura, Hiroaki Ikezaki, Masayuki Murata, Kiyonori Kuriki, Nagato Kuriyama, Daisuke Matsui, Kokichi Arisawa, Sakurako Katsuura-Kamano, Mineko Tsukamoto, Takashi Tamura, Yoko Kubo, Takaaki Kondo, Yukihide Momozawa, Michiaki Kubo, Kenji Takeuchi, Kenji Wakai
  • Delirium risk of histamine-2 receptor antagonists and proton pump inhibitors: A study based on the adverse drug event reporting database in Japan; 2021年
    発表情報; General Hospital Psychiatry, 72, 88 - 91
    著者; Kikkawa, Nao; Sogawa, Rintaro; Monji, Akira; Sumi, Shintaro; Murakawa-Hirachi, Toru; Kubo, Toshiki; Eguchi, Yuko; Miyamoto, Yuki; Kamo, Masahiro; Tobita, Shuko; Yukawa, Misako; Uchida, Rina; Egoshi, Masayoshi; Shimanoe, Chisato
  • Association between alcohol intake pattern and metabolic syndrome components and simulated change by alcohol intake reduction: A cross-sectional study from the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study; 2020年12月
    発表情報; Alcohol, 89, 129-138
    著者; *Ippei Shimoshikiryo, Rie Ibusuki, Keiichi Shimatani, Daisaku Nishimoto, Toshiro Takezaki, Yuichiro Nishida, Chisato Shimanoe, Asahi Hishida, Takashi Tamura, Rieko Okada, Yoko Kubo, Etsuko Ozaki, Daisuke Matsui, Sadao Suzuki, Hiroko Nakagawa-Senda, Kiyonori Kuriki, Yoshikuni Kita, Naoyuki Takashima, Kokichi Arisawa, Hirokazu Uemura, Hiroaki Ikezaki, Norihiro Furusyo, Isao Oze, Yuriko N Koyanagi, Haruo Mikami, Yohko Nakamura, Mariko Naito, Kenji Wakai, J-MICC Study Group
  • Sedentary Time is Associated with Cardiometabolic Diseases in A Large Japanese Population: A Cross-Sectional Study; 2020年10月
    発表情報; J Atheroscler Thromb, 27, 10, 1097-1107
    著者; *Teruhide Koyama, Nagato Kuriyama, Etsuko Ozaki, Satomi Tomida, Ritei Uehara, Yuichiro Nishida, Chisato Shimanoe, Asahi Hishida, Takashi Tamura, Mineko Tsukamoto, Yuka Kadomatsu, Isao Oze, Keitaro Matsuo, Haruo Mikami, Yohko Nakamura, Rie Ibusuki, Toshiro Takezaki, Sadao Suzuki, Takeshi Nishiyama, Kiyonori Kuriki, Naoyuki Takashima, Aya Kadota, Hirokazu Uemura, Sakurako Katsuura-Kamano, Hiroaki Ikezaki, Masayuki Murata, Kenji Takeuchi, Kenji Wakai, Japan Multi-institutional Collaborative Cohort (J-MICC) Study Group
  • The interaction between mitochondrial haplogroups (M7a/D) and physical activity on adiponectin in a Japanese population; 2020年07月
    発表情報; Mitochondrion, 53, 234-242
    著者; ○Yuichiro Nishida, Megumi Hara, Noriyuki Fuku, Naoto Taguchi, Mikako Horita, Chisato Shimanoe, Yasuki Higaki, Keitaro Tanaka
  • Subtype-specific gout susceptibility loci and enrichment of selection pressure on ABCG2 and ALDH2 identified by subtype genome-wide meta-analyses of clinically defined gout patients; 2020年05月
    発表情報; Annals of the Rheumatic Diseases, 79, 5, 657-665
    著者; *Nakayama, Akiyoshi; Nakatochi, Masahiro; Kawamura, Yusuke; Yamamoto, Ken; Nakaoka, Hirofumi; Shimizu, Seiko; Higashino, Toshihide; Koyama, Teruhide; Hishida, Asahi; Kuriki, Kiyonori; Watanabe, Miki; Shimizu, Toru; Ooyama, Keiko; Ooyama, Hiroshi; Nagase, Mitsuo; Hidaka, Yuji; Matsui, Daisuke; Tamura, Takashi; Nishiyama, Takeshi; Shimanoe, Chisato; Katsuura-Kamano, Sakurako; Takashima, Naoyuki; Shirai, Yuya; Kawaguchi, Makoto; Takao, Mikiya; Sugiyama, Ryo; Takada, Yuzo; Nakamura, Takahiro; Nakashima, Hiroshi; Tsunoda, Masashi; Danjoh, Inaho; Hozawa, Atsushi; Hosomichi, Kazuyoshi; Toyoda, Yu; Kubota, Yu; Takada, Tappei; Suzuki, Hiroshi; Stiburkova, Blanka; Major, Tanya J.; Merriman, Tony R.; Kuriyama, Nagato; Mikami, Haruo; Takezaki, Toshiro; Matsuo, Keitaro; Suzuki, Sadao; Hosoya, Tatsuo; Kamatani, Yoichiro; Kubo, Michiaki; Ichida, Kimiyoshi; Wakai, Kenji; Inoue, Ituro; Okada, Yukinori; Shinomiya, Nariyoshi; Matsuo, Hirotaka
  • The interaction between ABCA1 polymorphism and physical activity on the HDL-cholesterol levels in a Japanese population; 2020年01月
    発表情報; Journal of Lipid Research, 61, 1, 86 - 94
    著者; ○Nishida, Yuichiro; Hachiya, Tsuyoshi; Hara, Megumi; Shimanoe, Chisato; Tanaka, Keitaro; Sutoh, Yoichi; Shimizu, Atsushi; Hishida, Asahi; Tsukamoto, Mineko; Kadomatsu, Yuka; Oze, Isao; Koyanagi, Yuriko N.; Kuriyama, Nagato; Koyama, Teruhide; Ibusuki, Rie; Takezaki, Toshiro; Ikezaki, Hiroaki; Furusyo, Norihiro; Takashima, Naoyuki; Kadota, Aya; Uemura, Hirokazu; Katsuura-Kamano, Sakurako; Suzuki, Sadao; Nakagawa-Senda, Hiroko; Kuriki, Kiyonori; Mikami, Haruo; Nakamura, Yohko; Momozawa, Yukihide; Kubo, Michiaki; Nakatochi, Masahiro; Naito, Mariko; Wakai, Kenji
  • Habitual Light-intensity Physical Activity and ASC Methylation in a Middle-aged Population; 2019年09月
    発表情報; International journal of sports medicine, 40, 10, 670 - 677
    著者; ○Nishida, Yuichiro; Hara, Megumi; Higaki, Yasuki; Taguchi, Naoto; Nakamura, Kazuyo; Nanri, Hinako; Horita, Mikako; Shimanoe, Chisato; Yasukata, Jun; Miyoshi, Nobuyuki; Yamada, Yosuke; Higashimoto, Ken; Soejima, Hidenobu; Tanaka, Keitaro
  • Case-Control Study of Rotavirus Vaccine Effectiveness Compared to Test-Negative Controls or Hospital Controls; 2019年08月
    発表情報; J Epidemiol, 29, 8, 282-287
    著者; ○Araki K, Hara M, Shimanoe C, Nishida Y, Matsuo M, Tanaka K
  • Independent relationships of daily life activity and leisure-time exercise with metabolic syndrome and its traits in the general Japanese population; 2019年06月
    発表情報; Endocrine, 64, 3, 552 - 563
    著者; *Uemura, Hirokazu; Katsuura-Kamano, Sakurako; Iwasaki, Yuki; Arisawa, Kokichi; Hishida, Asahi; Okada, Rieko; Tamura, Takashi; Kubo, Yoko; Ito, Hidemi; Oze, Isao; Shimanoe, Chisato; Nishida, Yuichiro; Nakamura, Yasuyuki; Takashima, Naoyuki; Suzuki, Sadao; Nakagawa-Senda, Hiroko; Nishimoto, Daisaku; Takezaki, Toshiro; Mikami, Haruo; Nakamura, Yohko; Furusyo, Norihiro; Ikezaki, Hiroaki; Ozaki, Etsuko; Koyama, Teruhide; Kuriki, Kiyonori; Endoh, Kaori; Naito, Mariko; Wakai, Kenji
  • Association of genetic risk score and chronic kidney disease in a Japanese population; 2019年06月
    発表情報; Nephrology, 24, 6, 670 - 673
    著者; *Fujii, Ryosuke; Hishida, Asahi; Nakatochi, Masahiro; Furusyo, Norihiro; Murata, Masayuki; Tanaka, Keitaro; Shimanoe, Chisato; Suzuki, Sadao; Watanabe, Miki; Kuriyama, Nagato; Koyama, Teruhide; Takezaki, Toshiro; Shimoshikiryo, Ippei; Arisawa, Kokichi; Katsuura-Kamano, Sakurako; Takashima, Naoyuki; Turin, Tanvir C.; Kuriki, Kiyonori; Endoh, Kaori; Mikami, Haruo; Nakamura, Yohko; Oze, Isao; Ito, Hidemi; Kubo, Michiaki; Momozawa, Yukihide; Kondo, Takaaki; Naito, Mariko; Wakai, Kenji
  • Genome-wide meta-analysis identifies multiple novel loci associated with serum uric acid levels in Japanese individuals; 2019年04月
    発表情報; Communications Biology, 2, 115
    著者; *Nakatochi, Masahiro; Kanai, Masahiro; Nakayama, Akiyoshi; Hishida, Asahi; Kawamura, Yusuke; Ichihara, Sahoko; Akiyama, Masato; Ikezaki, Hiroaki; Furusyo, Norihiro; Shimizu, Seiko; Yamamoto, Ken; Hirata, Makoto; Okada, Rieko; Kawai, Sayo; Kawaguchi, Makoto; Nishida, Yuichiro; Shimanoe, Chisato; Ibusuki, Rie; Takezaki, Toshiro; Nakajima, Mayuko; Takao, Mikiya; Ozaki, Etsuko; Matsui, Daisuke; Nishiyama, Takeshi; Suzuki, Sadao; Takashima, Naoyuki; Kita, Yoshikuni; Endoh, Kaori; Kuriki, Kiyonori; Uemura, Hirokazu; Arisawa, Kokichi; Oze, Isao; Matsuo, Keitaro; Nakamura, Yohko; Mikami, Haruo; Tamura, Takashi; Nakashima, Hiroshi; Nakamura, Takahiro; Kato, Norihiro; Matsuda, Koichi; Murakami, Yoshinori; Matsubara, Tatsuaki; Naito, Mariko; Kubo, Michiaki; Kamatani, Yoichiro; Shinomiya, Nariyoshi; Yokota, Mitsuhiro; Wakai, Kenji; Okada, Yukinori; Matsuo, Hirotaka
  • A genome-wide association study of coping behaviors suggests FBXO45 is associated with emotional expression; 2019年02月
    発表情報; Genes, Brain and Behavior, 18, 2, e12481
    著者; Shimanoe, C.; Hachiya, T.; Hara, M.; Nishida, Y.; Tanaka, K.; Sutoh, Y.; Shimizu, A.; Hishida, A.; Kawai, S.; Okada, R.; Tamura, T.; Matsuo, K.; Ito, H.; Ozaki, E.; Matsui, D.; Ibusuki, R.; Shimoshikiryo, I.; Takashima, N.; Kadota, A.; Arisawa, K.; Uemura, H.; Suzuki, S.; Watanabe, M.; Kuriki, K.; Endoh, K.; Mikami, H.; Nakamura, Y.; Momozawa, Y.; Kubo, M.; Nakatochi, M.; Naito, M.; Wakai, K.
  • Genomewide association study of leisure-time exercise behavior in Japanese Adults; 2018年12月
    発表情報; Medicine and Science in Sports and Exercise, 50, 12, 2433 - 2441
    著者; ○Hara, Megumi; Hachiya, Tsuyoshi; Sutoh, Yoichi; Matsuo, Keitaro; Nishida, Yuichiro; Shimanoe, Chisato; Tanaka, Keitaro; Shimizu, Atsushi; Ohnaka, Keizo; Kawaguchi, Takahisa; Oze, Isao; Matsuda, Fumihiko; Ito, Hidemi; Kawai, Sayo; Hishida, Asahi; Okada, Rieko; Sasakabe, Tae; Hirata, Akie; Ibusuki, Rie; Nindita, Yora; Furusyo, Norihiro; Ikezaki, Hiroaki; Kuriyama, Nagato; Ozaki, Etsuko; Mikami, Haruo; Nakamura, Yohko; Suzuki, Sadao; Hosono, Akihiro; Katsuura-Kamano, Sakurako; Arisawa, Kokichi; Kuriki, Kiyonori; Endoh, Kaori; Takashima, Naoyuki; Kadota, Aya; Nakatochi, Masahiro; Momozawa, Yukihide; Kubo, Michiaki; Naito, Mariko; Wakai, Kenji
  • Effectiveness of monovalent and pentavalent rotavirus vaccines in Japanese children; 2018年08月
    発表情報; Vaccine, 36, 34, 5187 - 5193
    著者; ○Kaoru Araki, Kaoru Araki, Megumi Hara, Takeshi Tsugawa, Chisato Shimanoe, Yuichiro Nishida, Muneaki Matsuo, Keitaro Tanaka
  • Coping strategy and social support modify the association between perceived stress and C-reactive protein: a longitudinal study of healthy men and women; 2018年05月
    発表情報; Stress, 21, 3, 237 - 246
    著者; Shimanoe C, Hara M, Nishida Y, Nanri H, Otsuka Y, Horita M, Yasukata J, Miyoshi N, Yamada Y, Higaki Y, Tanaka K
  • Influence of single-nucleotide polymorphisms in PPAR-δ, PPAR-γ, and PRKAA2 on the changes in anthropometric indices and blood measurements through exercise-centered lifestyle intervention in Japanese middle-aged men; 2018年03月
    発表情報; International Journal of Molecular Sciences, 19, 3, -
    著者; ○Nishida Y, Iyadomi M, Tominaga H, Taniguchi H, Higaki Y, Tanaka H, Horita M, Shimanoe C, Hara M, Tanaka K
  • Deployment-related difficulties of Japanese disaster relief workers by mission duration: a cross-sectional study; 2018年03月
    発表情報; Health Emergency and Disaster Nursing,, 5, 40-47
    著者; Noguchi N, Inoue S, Shimanoe C, Akinaga K, Ueno M, Takahashi H, Shincu K
  • Perceived Stress, Depressive Symptoms, and Oxidative DNA Damage; 2018年01月
    発表情報; Psychosomatic Medicine, 80, 1, 28 - 33
    著者; Shimanoe C, Hara M, Nishida Y, Nanri H, Horita M, Yamada Y, Li YS, Kasai H, Kawai K, Higaki Y, Tanaka K
  • 医学科大学入門科目の"進化形"としての「医療入門」; 2018年
    発表情報; 佐賀大学全学教育機構紀要, 6, 9 - 15
    著者; ○江村 正, 島ノ江 千里, 藤井 可, 大坪 芳美, 坂本 麻衣子, 小田 康友
  • Genetic variants of RAMP2 and CLR are associated with stroke; 2017年09月
    発表情報; Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 24, 12, 1267 - 1281
    著者; Koyama T, Kuriyama N, Ozaki E, Matsui D, Watanabe I, Takeshita W, Iwai K, Watanabe Y, Nakatochi M, Shimanoe C, Tanaka K, Oze I, Ito H, Uemura H, Katsuura-Kamano S, Ibusuki R, Shimoshikiryo I, Takashima N, Kadota A, Kawai S, Sasakabe T, Okada R, Hishida A, Naito M, Kuriki K, Endoh K, Furusyo N, Ikezaki H, Suzuki S, Hosono A, Mikami H, Nakamura Y, Kubo M, Wakai K
  • Development of suitable method for large-scale urinary glucocorticoid analysis by liquid chromatography–mass spectrometry; 2017年07月
    発表情報; Journal of Chromatography B: Analytical Technologies in the Biomedical and Life Sciences, 1057, 62 - 69
    著者; Matsumoto A, Shimanoe C, Tanaka K, Ichiba M, Hara M
  • Development and validation of the Humanitarian Aid Difficulty Scale for Japanese healthcare workers; 2016年12月
    発表情報; Nursing and Health Sciences, 18, 4, 442 - 449
    著者; ○Norihito Noguchi, Satoshi Inoue, Chisato Shimanoe, Koichi Shinchi
  • Intensity-specific effect of physical activity on urinary levels of 8-hydroxydeoxyguanosine in middle-aged Japanese; 2016年11月
    発表情報; Cancer Science, 107, 11, 1653 - 1659
    著者; Hara M, Nishida Y, Shimanoe C, Otsuka Y, Nanri H, Yasukata J, Miyoshi N, Yamada Y, Horita M, Kawai K, Li YS, Kasai J, Kasai H, Higaki Y, Tanaka K
  • What Kinds of Skills Are Necessary for Physicians Involved in International Disaster Response?; 2016年08月
    発表情報; Prehospital and Disaster Medicine, 31, 4, 397 - 406
    著者; Noguchi N, Inoue S, Shimanoe C, Shibayama K, Matsunaga H, Tanaka S, Ishibashi A, Shinchi K
  • Estimating rotavirus vaccine effectiveness in Japan using a screening method; 2016年05月
    発表情報; Human Vaccines and Immunotherapeutics, 12, 5, 1244 - 1249
    著者; Araki K, Hara M, Sakanishi Y, Shimanoe C, Nishida Y, Matsuo M, Tanaka K
  • Factors associated with nursing activities in humanitarian aid and disaster relief; 2016年03月
    発表情報; PLoS ONE, 11, 3, -
    著者; Noguchi N, Inoue S, Shimanoe C, Shibayama K, Shinchi K
  • Perceived stress and coping strategies in relation to body mass index: Cross-sectional study of 12,045 Japanese men and women; 2015年02月
    発表情報; PLoS ONE, 10, 2, e0118105
    著者; Shimanoe C, Hara M, Nishida Y, Nanri H, Otsuka Y, Nakamura K, Higaki Y, Imaizumi T, Taguchi N, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Tanaka K
  • Factors associated with non-participation in a face-to-face second survey conducted 5 years after the baseline survey; 2015年01月
    発表情報; Journal of Epidemiology, 25, 2, 117 - 125
    著者; Hara M, Shimanoe C, Otsuka Y, Nishida Y, Nanri H, Horita M, Yasukata J, Miyoshi N, Yamada Y, Higaki Y, Tanaka K
  • Dietary patterns and serum gamma-glutamyl transferase in Japanese men and women; 2015年01月
    発表情報; Journal of Epidemiology, 25, 5, 378 - 386
    著者; Nanri H, Hara M, Nishida Y, Shimanoe C, Nakamura K, Higaki Y, Imaizumi T, Taguchi N, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Kokaze A, Tanaka K
  • Gender-Specific Associations of Perceived Stress and Coping Strategies with C-Reactive Protein in Middle-Aged and Older Men and Women; 2014年10月
    発表情報; International Journal of Behavioral Medicine, 21, 5, 821 - 832
    著者; Shimanoe C, Otsuka Y, Hara M, Nanri H, Nishida Y, Nakamura K, Higaki Y, Imaizumi T, Taguchi N, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Tanaka K
  • Immunogenicity and safety after booster vaccination of diphtheria, tetanus, and acellular pertussis in young adults: An open randomized controlled trial in Japan; 2013年12月
    発表情報; Clinical and Vaccine Immunology, 20, 12, 1799 - 1804
    著者; Hara M, Okada K, Yamaguchi Y, Uno S, Otsuka Y, Shimanoe C, Nanri H, Horita M, Ozaki I, Nishida Y, Tanaka K
  • ポートフォリオ図を利用した外来がん化学療法のための「薬物療法パスシート」の作成; 2012年12月
    発表情報; 日本医療マネジメント学会雑誌, 13, 3, 116122
    著者; 島ノ江 千里;持永 早希子;溝上 泰仁
  • 患者のヘルスリテラシーの問題意識と薬局薬剤師によるカウンセリングの活用との関連性の検討; 2011年
    発表情報; 医療薬学, 37, 1, 112
    著者; 島ノ江 千里;平野 和裕;中野 行孝;田中 恵太郎;藤戸 博
  • 外来がん化学療法患者の支援における地域薬剤師の問題点についての検討; 2010年12月
    発表情報; 日本医療マネジメント学会雑誌, 11, 3, 189195
    著者; 島ノ江 千里;持永 早希子;平野 和裕

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • 2011年度から2019年度の日本における医療用医薬品自主回収に関する実態調査; 2022年02月
    発表情報; 日本病院薬剤師会雑誌, 58, 2, 177-182
    著者; 西 順也, 小國正和, 南 智香子, 緒方健二, 内田任仁弘, 合原嘉伸, 江本晶子, 島ノ江千里
  • Deep Vein Thrombosis after Lithium Toxicity: A Report of Two Cases and Literature Review ; 2021年06月
    発表情報; Case Rep Psychiatry, 2021, 9934037
    著者; Rintaro Sogawa, Shuko Tobita, Akira Monji, Toru Murakawa-Hirachi, Yoshito Mizoguchi, Yuichiro Sakamoto, Hiroyuki Irie, Chisato Shimanoe
  • 佐賀大学におけるキャンパス・ソーシャルワーカー制度 : 制度導入から現在までの2年間の分析 (特集 大学生とメンタルヘルス : 保健管理センターのチャレンジ); 2014年05月
    発表情報; , 56, 5, 385389
    著者; 佐藤 武;花田 陽子;島ノ江 千里
  • 入選 地域薬-薬連携による調剤方法の統一化--「調剤ガイドライン」の作成 (日本薬学会医療薬科学部会公募論文 薬-薬-薬連携により飛躍した薬剤師業務); 2004年10月
    発表情報; , 46, 11, 20672072
    著者; 島ノ江 千里

一般講演(学術講演を含む)

  • 適正な不眠治療に向けた疫学的エビデンス; 2022年12月
    発表情報; 多職種のための不眠症診療Webセミナー, 2022,12,13
    著者; 島ノ江千里
  • ELISAによるうつ病バイオマーカーであるリン酸エタノールアミンの血中濃度測定法; 2022年11月
    発表情報; 第39回日本薬学会九州山口支部大会, 2022,11,19-20
    著者; *小浜美麗愛, 齋田哲也, 祖川倫太郎, 巴山 忠, 冨田陵子, 片岡裕登, 島ノ江千里
  • 医療用医薬品自主回収により生じた薬剤師の業務量に関する調査; 2022年07月
    発表情報; 医療薬学フォーラム2022/第30回クリニカルファーマシーシンポジウム(完全WEB開催), 2022, 7,23-24(ZOOM)
    著者; 西 順也, 南智香子, 小國正和, 緒方健二, 内田任仁弘, 合原嘉伸, 江本晶子, 島ノ江千里
  • 併存疾患はロコモ25スコアとロコモの診断率を増加させる; 2022年03月
    発表情報; 第95回日本整形外科学会学術総会(ハイブリッド開催), 2022, 5,19-22(現地開催) , 2022, 6, 8- 7, 7(オンデマンド配信)
    著者; ○小林孝巨, 森本忠嗣, 島ノ江千里, 小野 玲, 大谷晃司, 馬渡正明
  • 日本人における酸化バランススコアの妥当性検討 J-MICC study SAGA; 2022年
    発表情報; 第32回日本疫学会学術総会(オンライン開催), 2022, 1,26-28(ライブ配信), 2022, 1,26- 3,13(オンデマンド配信)
    著者; ○南里妃名子, 原 めぐみ, 西田裕一郎, 島ノ江千里, 田中恵太郎
  • 肝逸脱酵素に対する身体活動とコーヒー飲用および飲酒の交互作用; 2022年
    発表情報; 第32回日本疫学会学術総会(オンライン開催), 2022, 1,26-28(ライブ配信), 2022, 1,26- 3,13(オンデマンド配信)
    著者; ○西田裕一郎, 原 めぐみ, 檜垣靖樹, 田口尚人, 中村和代, 南里妃名子, 今泉 猛, 坂本龍彦, 島ノ江千里, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎
  • 四肢細胞外・細胞内水分比と死亡リスクの関連 J-MICC study SAGA; 2022年
    発表情報; 第32回日本疫学会学術総会(オンライン開催), 2022, 1,26-28(ライブ配信), 2022, 1,26- 3,13(オンデマンド配信)
    著者; ○岩坂知治, 山田陽介, 西田裕一郎, 原 めぐみ, 安方 惇, 三好伸幸, 島ノ江千里, 南里妃名子, 古川拓馬, 古賀佳代子, 檜垣靖樹, 田中恵太郎
  • ミトコンドリアハプログループと糖尿病罹患の関連および身体活動の影響; 2022年
    発表情報; 第32回日本疫学会学術総会(オンライン開催), 2022, 1,26-28(ライブ配信), 2022, 1,26- 3,13(オンデマンド配信)
    著者; ○古川拓馬, 西田裕一郎, 原 めぐみ, 島ノ江千里, 古賀佳代子, 岩坂知治, 福 典之, 檜垣靖樹, 田中恵太郎
  • Association of Orexin Receptor Antagonists with Falls during Hospitalization; 2022年
    発表情報; 第32回日本医療薬学会年会(ハイブリッド形式開催), 2022, 9,23-25(現地開催及びライブ配信), 2022,10,11-11,14(オンデマンド配信)
    著者; Rintaro Sogawa, Akiko Emoto, Yuki Miyamoto, Misako Yukawa, Chisato Shimanoe
  • レテルモビル投与終了後のサイトメガロウイルス感染症の発症に関する調査; 2022年
    発表情報; 第32回日本医療薬学会年会(ハイブリッド形式開催), 2022, 9,23-25(現地開催及びライブ配信), 2022,10,11-11,14(オンデマンド配信)
    著者; 加茂真宏, 角 真太郎, 久保利樹, 祖川倫太郎, 島ノ江千里
  • 抗てんかん薬のせん妄リスクに関する解析; 2022年
    発表情報; 第32回日本医療薬学会年会(ハイブリッド形式開催), 2022, 9,23-25(現地開催及びライブ配信), 2022,10,11-11,14(オンデマンド配信)
    著者; 久保利樹, 祖川倫太郎, 飛田修康, 橘川奈生, 角 真太郎, 島ノ江千里
  • ロコモティブシンドロームの重症度進行の危険因子:2年間の縦断的観察研究; 2022年
    発表情報; 第30回日本腰痛学会(ハイブリッド開催), 2022,10,21-22(現地開催), 2022,10,27-11,18(オンデマンド配信)
    著者; ○小林孝巨, 森本忠嗣, 島ノ江千里, 小野 玲, 大谷晃司, 馬渡正明
  • 医薬品副作用データベースを用いた抗潰瘍薬とせん妄発症に関する調査; 2022年
    発表情報; 第118回日本精神神経学会学術総会(ハイブリッド開催), 2022, 6,16-18(現地開催+ライブ配信), 2022, 7, 1- 9,30(オンデマンド配信)
    著者; ○村川 徹, 祖川倫太郎, 橘川奈生, 宮本由貴, 島ノ江千里, 門司晃
  • カリウム注射薬の適応外高濃度投与の院内統一化に向けた取り組み; 2022年
    発表情報; 第17回医療の質・安全学会学術集会(ハイブリッド開催), 2022,11,26-27(現地開催), 2022,12, 5-2023, 1,10(オンデマンド配信)
    著者; 江本晶子, 吉村麻里子, 入江裕之, 島ノ江千里
  • 細胞外・細胞内水分比と年齢、性差、握力および身体活動との関連:J-MICC study SAGA; 2021年11月
    発表情報; 第8回日本サルコペニア・フレイル学会大会(ハイブリッド開催), 2021,11, 6- 7(現地開催), 2021,11, 6-19(WEB開催)
    著者; ○岩坂知治, 山田陽介, 西田裕一郎, 原 めぐみ, 安方 惇, 三好伸幸, 島ノ江千里, 南里妃名子, 古川拓馬, 古賀佳代子, 檜垣靖樹, 田中恵太郎
  • 心臓リハビリテーションにおける多職種連携にて服薬アドヒアランス向上に取り組んだ1症例; 2021年11月
    発表情報; 第7回日本心臓リハビリテーション学会九州支部地方会(WEB開催), 2021,11, 6-7
    著者; 橘川奈生, 祖川倫太郎, 浅香真知子, 緒方健二, 竹内耕治, 大崎祐史, 吉田恭平, 青野 翔, 児玉祥一, 野出孝一, 島ノ江千里
  • 分子標的薬の周術期休薬期間の目安 ~術前中止薬管理アプリの開発と臨床応用~; 2021年10月
    発表情報; 第4回日本腫瘍循環器学会学術集会(WEB開催), 2021,10,12-14(ライブ配信), 2021,10,18-29(オンデマンド配信)
    著者; 木村早希子, 橘川奈生, 飛田修康, 本岡千佳, 古野龍也, 竹内耕治, 祖川倫太郎, 江本晶子, 吉村麻里子, 荒金尚子, 末岡榮三朗, 木村晋也, 島ノ江千里
  • Interaction between physical activity and nutritional intake on HbA1c in Japanese general population; 2021年09月
    発表情報; World Congress of Epidemiology 2021(Virtual Congress), 2021, 9, 3-6
    著者; ○Furukawa T,?Nishida Y,?Hara M,?Shimanoe C,?Koga K,?Tanaka K,?Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study Group
  • Replacing sedentary time with moderate-to-vigorous physical activity is associated with decreased serum SPARC in men; 2021年09月
    発表情報; World Congress of Epidemiology 2021(Virtual Congress), 2021, 9, 3-6
    著者; ○Nishida Y, Hara M, Higaki Y, Taguchi N, Shimanoe C, Horita M, Shinchi K, Tanaka K
  • o-ホスホエタノールアミンの蛍光誘導体化HPLC分析法の開発 ; 2021年06月
    発表情報; 第28回クロマトグラフィーシンポジウム(CS28)(オンライン開催), 2021, 6,10-11(ZOOM)
    著者; *坂元智美、仲村美春、冨田陵子、祖川倫太郎、島ノ江千里、西條 尚、巴山 忠、藤岡稔大
  • 大うつ病の診断を指向したアミノ酸メタボロミクス解析; 2021年06月
    発表情報; 第28回クロマトグラフィーシンポジウム(CS28)(オンライン開催), 2021, 6,10-11(ZOOM)
    著者; *八木沙耶香, 冨田陵子, 祖川倫太郎, 島ノ江千里, 西條 尚, 巴山 忠, 藤岡稔大
  • うつ病バイオマーカーであるリン酸エタノールアミン(PEA)の酵素免疫測定法; 2021年03月
    発表情報; 日本薬学会 第141年会(オンライン開催), 2021, 3,26-29
    著者; *斉田 哲也, 祖川 倫太郎, 野中 竜稀, 巴山 忠, 冨田 陵子, 片岡 裕登, 門司 晃, 溝口 義人, 島ノ江 千里, 進 正志
  • 午前尿の遊離コルチゾールコルチゾン比は日本人中高年の健康状態を示すバイオマーカー; 2021年03月
    発表情報; 第91回日本衛生学会学術総会(完全オンライン開催), 2021, 3, 6- 8(LIVE配信), 2021, 3, 9-22(オンデマンド配信)
    著者; ○松本 明子, 島ノ江 千里, 原 めぐみ, 赤尾 千穂, 西田 裕一郎, 市場 正良, 田中 恵太郎
  • HbA1cに対する糖尿病関連遺伝子多型と身体活動の交互作用; 2021年02月
    発表情報; 文部科学省科学研究費助成事業新学術領域研究「学術研究支援基盤形成」コホート・生体試料支援プラットフォーム(CoBiA)令和2年度若手支援研究成果発表会(オンライン開催), 2021, 2, 9(Zoom)
    著者; ○古川拓馬, 西田裕一郎, 原めぐみ, 島ノ江千里, 古賀佳代子, 岩坂知治, 田中恵太郎, J-MICC Study Group
  • 習慣的コーヒー摂取と骨格筋の関連:J-MICC study SAGA; 2021年02月
    発表情報; 文部科学省科学研究費助成事業新学術領域研究「学術研究支援基盤形成」コホート・生体試料支援プラットフォーム(CoBiA)令和2年度若手支援研究成果発表会(オンライン開催), 2021, 2, 9(Zoom)
    著者; ○岩坂知治, 山田陽介, 西田裕一郎, 原 めぐみ, 島ノ江千里, 古川拓馬, 古賀佳代子, 檜垣靖樹, 田中恵太郎
  • 病型特異的な痛風関連遺伝子と適応進化の評価 臨床診断された痛風症例のゲノムワイド関連解析から; 2021年
    発表情報; 第31回日本疫学会学術総会(WEB開催), 2021, 1,27-29(リアルタイム配信), 2021, 1, 28- 3,12(オンデマンド配信)
    著者; *中山 昌喜, 中杤 昌弘, 河村 優輔, 山本 健, 中岡 博史, 清水 聖子, 小山 晃英, 栗木 清典, 大山 博司, 島ノ江 千里, 釜野 桜子, 前原 一輝, 桐原 真奈, 嶽崎 俊郎, 松尾 恵太郎, 鈴木 貞夫, 若井 建志, 岡田 随象, 四ノ宮 成祥, 松尾 洋孝
  • 酸化バランススコアと高感度CRPとの関連; 2021年
    発表情報; 第31回日本疫学会学術総会(WEB開催), 2021, 1,27-29(リアルタイム配信), 2021, 1, 28- 3,12(オンデマンド配信)
    著者; *南里 妃名子, 原 めぐみ, 西田 裕一郎, 島ノ江 千里, 田中 恵太郎
  • 日本人のストレス対処行動と腎機能との関連 J-MICC横断研究; 2021年
    発表情報; 第31回日本疫学会学術総会(WEB開催), 2021, 1,27-29(リアルタイム配信), 2021, 1, 28- 3,12(オンデマンド配信)
    著者; ○古賀 佳代子, 原 めぐみ, 島ノ江 千里, 西田 裕一郎, 古川 拓馬, 岩坂 知治, 田中 恵太郎
  • 習慣的コーヒー摂取と骨格筋の関連 J-MICC study SAGA; 2021年
    発表情報; 第31回日本疫学会学術総会(WEB開催), 2021, 1,27-29(リアルタイム配信), 2021, 1, 28- 3,12(オンデマンド配信)
    著者; ○岩坂 知治, 山田 陽介, 西田 裕一郎, 原 めぐみ, 島ノ江 千里, 古川 拓馬, 古賀 佳代子, 檜垣 靖樹, 田中 恵太郎
  • 飲酒したALDH2変異型保有者の栄養摂取について; 2021年
    発表情報; 第31回日本疫学会学術総会(WEB開催), 2021, 1,27-29(リアルタイム配信), 2021, 1, 28- 3,12(オンデマンド配信)
    著者; ○林田寛之, 松本明子, 原めぐみ, 西田裕一郎, 島ノ江千里, 田中恵太郎
  • 客観的に測定された身体活動と末梢血DNAメチル化の関連; 2021年
    発表情報; 第31回日本疫学会学術総会(WEB開催), 2021, 1,27-29(リアルタイム配信), 2021, 1, 28- 3,12(オンデマンド配信)
    著者; ○西田 裕一郎, 原 めぐみ, 大桃 秀樹, 小野 加奈子, 清水 厚志, 檜垣 靖樹, 田口 尚人, 島ノ江 千里, 堀田 美加子, 田中 恵太郎
  • HbA1cに対する糖尿病関連遺伝子多型と身体活動の交互作用; 2021年
    発表情報; 第31回日本疫学会学術総会(WEB開催), 2021, 1,27-29(リアルタイム配信), 2021, 1, 28- 3,12(オンデマンド配信)
    著者; ○古川 拓馬, 西田 裕一郎, 原 めぐみ, 島ノ江 千里, 古賀 佳代子, 岩坂 知治, 田中 恵太郎, J-MICC Study Group
  • 佐賀県における抗がん薬取り扱い時の個人防護具装着に関する意識調査; 2021年
    発表情報; 第31回日本医療薬学会年会(完全WEB開催), 2021,10, 9-10(ライブ配信), 2021,10,15-11,30(オンデマンド配信)
    著者; 古野龍也, 木村早希子, 竹内耕治, 島ノ江千里
  • 有害事象自発報告データベース(JADER)を用いた抗潰瘍薬のせん妄リスクに関する解析; 2021年
    発表情報; 第31回日本医療薬学会年会(完全WEB開催), 2021,10, 9-10(ライブ配信), 2021,10,15-11,30(オンデマンド配信)
    著者; 橘川奈生, 祖川倫太郎, 角 真太郎, 久保利樹, 江口祐子, 江越正芳, 宮本由貴, 飛田修康, 加茂真宏, 島ノ江千里
  • 医療用医薬品の自主回収に関する実態調査; 2021年
    発表情報; 第31回日本医療薬学会年会(完全WEB開催), 2021,10, 9-10(ライブ配信), 2021,10,15-11,30(オンデマンド配信)
    著者; 西 順也, 小國正和, 南 智香子, 緒方健二, 内田任仁弘, 合原嘉伸, 江本晶子, 島ノ江千里
  • 有害事象自発報告データベース(JADER)を用いたシスプラチン誘発急性腎障害に及ぼす降圧薬併用の影響解析; 2021年
    発表情報; 医療薬学フォーラム2021/第29回クリニカルファーマシーシンポジウム(WEB開催), 2021, 7,24-25(ライブ配信), 2021, 7,26- 8, 2(オンデマンド配信)
    著者; 鶴橋智子, 竹内耕治, 本岡千佳, 木村早希子, 島ノ江千里
  • 変異型ALDH2遺伝子保有者におけるT細胞免疫抑制; 2020年03月
    発表情報; 第90回日本衛生学会学術総会(誌上開催), 2020, 3, 26 - 28
    著者; ○松本 明子, 寺島 裕也, 遠田 悦子, 赤尾 千穂, 三宅 靖延, 松尾 恵太郎, 島ノ江 千里, 西田 裕一郎, 原 めぐみ, 田中 恵太郎, 市場 正良, 荒金 尚子, 末岡 榮三朗
  • メタボリックシンドロームと心理ストレスバイオマーカーとの関連; 2020年03月
    発表情報; 第90回日本衛生学会学術総会(誌上開催), 2020, 3, 26 - 28
    著者; 島ノ江 千里, 松本 明子, 赤尾 千穂, 原 めぐみ, 西田 裕一郎, 堀田 美加子, 市場 正良, 田中 恵太郎
  • COI管理システム構築プロジェクトの活動第1報; 2020年02月
    発表情報; 日本臨床試験学会 第11回学術集会総会, 2020, 2, 14-15
    著者; ○柿木優佳、田尻涼、松尾明彦、島ノ江千里、川口淳、木村晋也
  • IRB事務局とCOI委員会事務局との連携強化について 活動報告; 2020年02月
    発表情報; 日本臨床試験学会 第11回学術集会総会, 2020, 2, 14-15
    著者; ○柿木優佳、末永沙由里、内川悠加、細矢和久、松尾明彦、新開淑子、島ノ江千里、川口淳、木村晋也
  • 慢性腎臓病と自覚ストレスとの関連:J-MICC横断研究; 2020年02月
    発表情報; 第30回日本疫学会学術総会, 2020, 2, 20 - 22
    著者; ○古賀 佳代子、原 めぐみ、島ノ江 千里、西田 裕一郎、古川 拓馬、田中 恵太郎、J-MICC Study Group
  • HbA1cに対する身体活動と栄養素摂取の交互作用:J-MICC横断研究; 2020年02月
    発表情報; 第30回日本疫学会学術総会, 2020, 2, 20 - 22
    著者; ○古川拓馬、西田裕一郎、原めぐみ、島ノ江千里、古賀佳代子、田中恵太郎、J-MICC Study Group
  • 慢性腎臓病と身体不活動、座位時間との関連:J-MICC横断研究; 2020年02月
    発表情報; 第30回日本疫学会学術総会, 2020, 2, 20 - 22
    著者; ○原めぐみ、西田裕一郎、島ノ江千里、古賀佳代子、古川拓馬、田中恵太郎、J-MICC Study Group
  • 佐賀大学医学部附属病院 臨床研究センターにおける臨床研究推進への取り組み- ”じっくり勉強すれば身に付く”臨床研究勉強会; 2020年02月
    発表情報; 日本臨床試験学会 第11回学術集会総会, 2020, 2, 14-15
    著者; 細矢和久、柿木優佳、新開淑子、島ノ江千里、川口淳、木村晋也
  • 「佐賀大学医学部附属病院 臨床研究センターにおける研究品質管理への取り組み」~“さくっと学ぼうモニタリングセミナー”~ ; 2020年02月
    発表情報; 日本臨床試験学会 第11回学術集会総会, 2020, 2, 14-15
    著者; ○森園 久美、鈴鹿 綾子、新開淑子、島ノ江 千里、川口 淳、木村 晋也
  • 血清尿酸値の大規模ゲノムワイドメタ解析により23個の新規尿酸関連遺伝子座を同定した; 2020年02月
    発表情報; 第30回日本疫学会学術総会, 2020, 2, 20 - 22
    著者; *中杤昌弘、金井仁弘、中山昌喜、菱田朝陽、河村優輔、池崎裕昭、島ノ江千里、嶽崎俊郎、尾崎悦子、鈴木貞夫、喜多義邦、栗木清典、有澤幸吉、松尾恵太郎、三上春夫、四ノ宮成祥、横田充弘、若井建志、岡田随象、松尾洋孝
  • 加速度計により測定された強度別身体活動と血清SPARC濃度の関連; 2020年02月
    発表情報; 第30回日本疫学会学術総会, 2020, 2, 20 - 22
    著者; ○西田裕一郎、原めぐみ、桧垣靖樹、田口尚人、島ノ江千里、堀田美加子、新地浩一、田中恵太郎
  • 尿中cortisol/cortisone比と精神健康との関連:J-MICC study SAGA; 2020年02月
    発表情報; 第30回日本疫学会学術総会, 2020, 2, 20 - 22
    著者; 島ノ江 千里、松本 明子、赤尾 千穂、原 めぐみ、西田 裕一郎、南里 妃名子、堀田 美加子、山田 陽介、檜垣 靖樹、田中 恵太郎
  • 特定臨床研究における「疾病等に該当しない重篤な有害事象」への対応について; 2020年02月
    発表情報; 日本臨床試験学会 第11回学術集会総会, 2020, 2, 14-15
    著者; ○新開淑子、島ノ江千里、柿木優佳、中村雅和、家永知里、末永沙由里、内川悠加、森園久美、鈴鹿綾子、松尾利枝、細矢和久、川口淳、木村晋也
  • 佐賀県における筋萎縮性側索硬化症の臨床的特徴; 2020年
    発表情報; 第61回日本神経学会学術大会(現地及びWeb開催), 2020, 8, 31 - 9, 2
    著者; ○江里口誠,吉川正章,飯田絋太郎,星野有紀,永石友公子,井手俊宏,鈴山耕平,藥師寺祐介,小副川学,島ノ江千里,原英夫
  • 日本人のストレス対処行動に関するGWAS解析:JーMICC study; 2019年
    発表情報; 第29回日本疫学会学術総会, 2019,1,30-2,1
    著者; 島ノ江 千里、八谷剛史、原 めぐみ、須藤洋一、西田 裕一郎、清水厚志、田中 恵太郎
  • 日常身体活動とコーヒー接種が血清肝逸脱酵素に及ぼす影響; 2019年
    発表情報; 第29回日本疫学会学術総会, 2019,1,30-2,1
    著者; ○西田 裕一郎、原 めぐみ、桧垣靖樹、田口尚人、中村和代、南里 妃名子、今泉猛、坂本龍彦、島ノ江 千里、堀田美加子、新地浩一、田中 恵太郎
  • 郵送法による10年後のコーホート追跡調査への回答と関連する要因::JーMICC study 佐賀地区; 2019年
    発表情報; 第29回日本疫学会学術総会, 2019,1,30-2,1
    著者; ○原 めぐみ、島ノ江 千里、西田 裕一郎、堀田美加子、田中恵太郎
  • ALDH2多型の新規表現型:飲酒誘導性皮膚色素沈着; 2019年
    発表情報; 第89回日本衛生学会学術総会, 2019,2,1-3
    著者; ○松本明子、原俊哉、伊藤祥輔、島ノ江千里、若松一雅、杠岳文、吉森智香子、武藤岳夫、遠藤光一、原めぐみ、赤尾千穂、市場正良、藤田真由美
  • 佐賀大学医学部附属病院における臨床研究センターの取り組み; 2019年
    発表情報; 日本臨床試験学会 第10回学術集会総会, 2019,1,25-26
    著者; 森園 久美、佐藤 景子、宇治田 さおり、石丸 悠子、中村 雅和、眞子 しのぶ、松尾 利枝、末永 沙由里、家永 知里、内川 悠加、島ノ江 千里、川口 淳、木村 晋也
  • 変異型ALDH2の新規表現型:飲酒誘導性メラニン沈着; 2019年
    発表情報; Aldh2ノックアウトマウス学会 第19回研究会, 2019,7,19
    著者; 島ノ江千里、原俊哉 、赤尾千穂 、杠岳文、吉森 智香子、武藤 岳夫、遠藤光一、原めぐみ、市場正良、松本明子
  • Alcohol-induced skin pigmentation: a novel phenotype of ALDH2 gene variant; 2018年
    発表情報; Carbonyl 2018 Meeting, 2018, 7, 17-20
    著者; ○Matsumoto A, Ito S, Toshiya Hara, Kazumasa Wakamatsu, Tamio Suzuki, Yuko Abe, Chisato Shimanoe, Takefumi Yuzuriha, Chikako Yoshimori, Takeo Muto, Kouichi Endo, Megumi Hara, Masayoshi Ichiba, Vasilis Vasiliou, Byoung-Joon Song, Mayumi Fujita
  • 教育歴と精神ストレスおよび抑うつとの関連について:J-MICC study SAGA ; 2018年
    発表情報; 第28回日本疫学会学術総会, 2018.2.1-3
    著者; 島ノ江 千里、原 めぐみ、西田 裕一郎、南里 妃名子、安方 惇、山田陽介、桧垣靖樹、田中 恵太郎
  • 5年間の精神ストレスとCRPの関連は、対処行動や社会的支援の変化により異なる; 2018年
    発表情報; 第88回日本衛生会学術総会, 2018.3.22-24
    著者; 島ノ江 千里、原 めぐみ、西田 裕一郎、南里 妃名子、安方 惇、三好信行、山田陽介、桧垣靖樹、田中 恵太郎
  • 症例対照研究(test-negative design, hospital control)によるロタウィルスワクチンの有効性評価; 2018年
    発表情報; 第28回日本疫学会学術総会, 2018.2.1-3
    著者; ○荒木薫、原 めぐみ、島ノ江 千里、西田 裕一郎、松尾宗明、廣田良夫、田中恵太郎
  • 日常身体活動とPYCARD遺伝子メチル化の縦断的関連; 2018年
    発表情報; 第28回日本疫学会学術総会, 2018.2.1-3
    著者; ○西田 裕一郎、原 めぐみ、桧垣靖樹、田口尚人、島ノ江 千里、南里 妃名子、中村和代、今泉猛、坂本龍彦、安方 惇、三好伸幸、山田陽介、堀田美加子、東元健、副島英伸、新地浩一、田中 恵太郎
  • 日本人成人の余暇時間の運動に関するGWAS研究:J_MICC study; 2018年
    発表情報; 第28回日本疫学会学術総会, 2018.2.1-3
    著者; ○原 めぐみ、八谷剛史、西田 裕一郎、島ノ江 千里、清水厚志、田中恵太郎、J_MICC study Group
  • Relationship of genetic and clinical factors and prevalence of CKD in a Japanese population: J-MICC Study.; 2017年
    発表情報;  ASHG 2017 Annual Meeting - American Society of Human Genetics 67th Annual Meeting, 2017, 11, 17-21
    著者; *Fujii R, Hishida A, Nakatochi M, Furusho N, Ikezaki H, Okada R, Kawai S, Sasakabe T, Tanaka K, Shimanoe C, Suzuki S, Hosono A, Koyama T, Kuriyama N, Ibusuki R, Shimoshikiryo I, Uemura H, Katsuura-Kamano S, Takashima N, Turin TC, Kuriki K, Endoh K, Mikami H, Nagase H, Oze I, Ito H, Kubo M, Kondo T, Naito M, Wakai K.
  • Mitochondrial haplogroups modify the effect of physical activity on urinary levels of 8-hydroxydeoxyguanosine in middle-aged Japanese subjects ; 2017年
    発表情報; The 21st International Epidemiology Association (IEA) ,World Congress of Epidemiology (WCE2017), 2017, 8, 19-22
    著者; Hara M, Nishida Y, Fuku N, Shimanoe C, Nanri H, Taguchi N, Kawai K, Li YS, Kasai H, Higaki Y, Tanaka K.
  • A novel phenotype of ALDH2 polymorphism: drinking-induced skin pigmentation; 2017年
    発表情報; IPCC 2017, 2017, 8, 26-30
    著者; Matsumoto A, Hara T, Shimanoe C, Yuzuriha T, Yoshimori C, Muto T, Endo K, Hara M, Ichiba M, Konakahara T, Yajima I, Vasiliou V, Song BJ, Fujita M
  • Association between objectively measured physical activity and methylation of PYCARD gene in the Japanese general population.; 2017年
    発表情報; The 21st International Epidemiology Association (IEA) ,World Congress of Epidemiology (WCE2017), 2017, 8, 19-22
    著者; Nishida Y, Higaki Y, Taguchi N, Hara M, Nakamura K, Nanri H, Imaizumi T, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Shimanoe C, Higashimoto K, Soejima H, Tanaka K
  • Factors Associated with Nursing Activities in Humanitarian Aid and Disaster Relief; 2017年
    発表情報; The 20th EAFONS(East Asian Forum of Nursing Scholars) in HongKong, 2017, 3, 9-10
    著者; *Noguchi N, Inoue S, Shimanoe C, Shibayama K, Shinchi K.
  • Perceived stress, depressive state, and oxidative DNA damage in a general Japanese population. ; 2017年
    発表情報; The 21st International Epidemiology Association (IEA) ,World Congress of Epidemiology (WCE2017), 2017, 8, 19-22
    著者; Shimanoe C, Hara M, Nishida Y, Nanri H, Horita M, Yamada Y, Li Y S, Kasai H, Kawai K, Higaki Y, Tanaka K
  • ミトコンドリアハプログループ D が身体活動量と尿中8OHdG濃度の関連に及ぼす影響; 2017年
    発表情報; 第27回日本疫学会学術総会, 2017, 1, 25-27
    著者; 原めぐみ, 西田裕一郎, 福典之, 田口尚人, 島ノ江千里, 堀田美加子, 河井一明, 李云善, 葛西順, 葛西宏, 檜垣靖樹, 田中恵太郎.
  • 飲酒により誘導される皮膚色素沈着の研究; 2017年
    発表情報; 平成29年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会, 2017, 9, 8-9
    著者; ○松本明子、原俊哉、島ノ江千里、吉森智香子、武藤岳夫、遠藤光一、原めぐみ、市場正良、杠岳文
  • ミトコンドリアゲノム多型と身体活動が血中アディポネクチン濃度に及ぼす影響; 2017年
    発表情報; 第27回日本疫学会学術総会, 2017, 1, 25-27
    著者; 西田裕一郎、原めぐみ、福典之、田口尚人、堀田美加子、島ノ江千里、桧垣靖樹、田中恵太郎
  • 精神ストレスと睡眠の質の関連における情緒的支援の影響は、就業状況によって異なる ; 2017年
    発表情報; 第23回日本行動医学会学術総会, 2017, 3, 17-18
    著者; 島ノ江 千里、原 めぐみ、西田 裕一郎、南里 妃名子、安方 惇、山田陽介、桧垣靖樹、田中 恵太郎
  • 精神ストレスと睡眠の関連におけるストレス防御因子(社会的支援・対処行動)の影響:J-MICC study SAGA ; 2017年
    発表情報; 第27回日本疫学会学術総会, 2017, 1, 25-27
    著者; 島ノ江 千里、原 めぐみ、西田 裕一郎、南里 妃名子、安方 惇、山田陽介、桧垣靖樹、田中 恵太郎
  • LC-MS/MSによる尿中グルココルチコイド類の同時測定法の確立; 2016年05月
    発表情報; 第86回日本衛生学会学術総会, 2016, 5, 11-13
    著者; 島ノ江 千里、原 めぐみ、市場正良、田中 恵太郎、松本明子
  • 長期的な自覚ストレスとDNA酸化損傷 (尿中8OHdG)との関連は抑うつの高さによって 異なる:J-MICC study SAGA; 2016年01月
    発表情報; 第26回日本疫学会学術総会, 2016, 1, 21-23
    著者; 島ノ江 千里、原 めぐみ、西田 裕一郎、大塚康子、南里 妃名子、堀田 美加子、安方 淳、三好信行、山田陽介、Yun-Shan Li、河井一明、葛西 宏、桧垣靖樹、田中 恵太郎
  • 加齢とhOGG1遺伝子プロモーター領域のメチル化の関連; 2016年
    発表情報; 第26回日本疫学会学術総会, 2016, 1, 21-23
    著者; 原めぐみ、西田裕一郎、島ノ江千里、堀田美加子、田中恵太郎
  • 欠損型ALDH2 遺伝子の新規表現型:飲酒誘導性の皮膚色素沈着; 2016年
    発表情報; 第27回日本色素細胞学会学術大会, 2016, 11, 12-13
    著者; 松本明子、島ノ江千里、原俊哉、吉森智香子、武藤岳夫、遠藤光一、原めぐみ、市場正良、杠岳文
  • Outcomes of postoperative radiotherapy for pelvic lymph node-positive uterine cervical cancer: A multi-institutional survey in Japan; 2015年11月
    発表情報; 第28回日本放射線腫瘍学会学術大会, 2015/11/19-21
    著者; 〇Tokumaru S, Uno T, Kaneyasu Y, Kazumoto T, Harima Y, Noda S, Niibe Y, Shimanoe C, Toita T
  • ラモトリギンの皮膚障害に関するリスク因子の検討と発現時期の調査; 2015年11月
    発表情報; 第25回日本医療薬学会年会, 2015/11/21-23
    著者; 傍示 幸、祖川 倫太郎、持永 早希子、島ノ江 千里、田崎正信、原 英夫
  • 5年間の自覚ストレスとDNA損傷マーカー(8OHdG)との関連;J-MICC study SAGA; 2015年10月
    発表情報; 第22回日本行動医学会学術総会, 2015/10/15-16
    著者; 島ノ江 千里、原 めぐみ、西田 裕一郎、大塚康子、南里 妃名子、堀田 美加子、安方 淳、三好信行、山田陽介、Yun-Shan Li、河井一明、葛西 宏、桧垣靖樹、 田中 恵太郎
  • Significant interaction between ADIPOQ gene and higher BMI on HbA1c levels in a Japanese general population; 2015年01月
    発表情報; 第25回日本疫学会学術総会 2015,1,21-23
    著者; Chisato Shimanoe, Yasuki Higaki, Yuichiro Nishida, Megumi Hara, Hinako Nanri, Kazuyo Nakamura, Takeshi Imaizumi, Tatsuhiko Sakamoto, Naoto Taguchi, Mikako Horita, Koichi Shinchi, Keitaro Tanaka, J-MICC Study Group
  • Association between moderate/vigorous intensity of physical activity and urinary levels of 8-hydroxydeoxyguanosine in middle-aged Japanese men and women; 2015年
    発表情報; 第25回日本疫学会学術総会, 2015, 1, 21-23
    著者; Hara M, Nishida Y, Shimanoe C, Otsuka Y, Nanri H, Higaki Y, Horita M, Kawai K, Li YS, Kasai J, Kasai H, Tanaka K.
  • Longitudinal relationships of perceived stress and coping strategies with C-reactive protein in middle-aged and older men and women.; 2014年10月
    発表情報; WPA Section on Epidemiology and Public Health Meeting 2014,10,16-18
    著者; Shimanoe C, Hara M, Nishida Y, Nanri H, Otsuka Y, Horita M, Yasukata J, Miyoshi N, Yamada Y, Higaki Y, Shinchi K, Tanaka K,
  • コーホート研究の第二次調査への非参加者の特徴:J-MICC Study佐賀地区.; 2014年01月
    発表情報; 第24回日本疫学会学術総会 2014, 1, 23-25
    著者; 原めぐみ, 西田裕一郎, 南里妃名子, 大塚康子, 島ノ江千里, 堀田美加子, 桧垣靖樹, 新地浩一, 田中恵太郎
  • 職業クラスと心疾患リスク因子との関連について:J-MICC-SAGA Study.; 2014年01月
    発表情報; 第24回日本疫学会学術総会 2014, 1, 23-25
    著者; 島ノ江千里, 原めぐみ, 西田裕一郎, 大塚康子, 南里妃名子, 桧垣靖樹, 中村和代, 今泉猛, 田口尚人, 坂本龍彦, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎
  • 佐賀大学におけるキャンパス・ソーシャルワーカー制度のあり方 : 制度導入から現在までの2年間の実績と評価 (平成25年度 第35回全国大学メンタルヘルス研究会 キャンパスメンタルヘルス : その移ろいと移ろわぬもの); 2013年
    発表情報; , 35, 7782
    著者; 花田 陽子;島ノ江 千里;山本 あゆみ
  • Perceive stress, coping strategies and C-reactive protein in middle-aged and older adults.; 2013年
    発表情報; World Psychiatric Association International Congress 2013, 2013.10.27-30
    著者; Shimanoe C, Hara M, Nanri H, Nishida Y, Otsuka Y, Higaki Y, Nakamura K, Imaizumi T, Shinchi K, Tanaka K
  • ストレス対処行動とBMIとの関連:J-MICC Study(佐賀地区); 2013年
    発表情報; 第23回日本疫学会学術総会, 2013.1.24-26
    著者; 島ノ江千里, 原めぐみ, 大塚康子, 南里妃名子, 西田裕一郎, 桧垣靖樹, 中村和代, 今泉猛, 田口尚人, 坂本龍彦, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎
  • 睡眠時間とHbA1cの関連:J-MICC Study(佐賀地区); 2013年
    発表情報; 第23回日本疫学会学術総会, 2013.1.24-26
    著者; 大塚康子, 徳田拓巳, 原めぐみ, 島ノ江千里, 南里妃名子, 西田裕一郎, 桧垣靖樹, 中村和代, 今泉猛, 田口尚人, 坂本龍彦, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎
  • 自覚ストレスとhs-CRP値の関連-J-MICC Study(佐賀地区)-; 2012年01月
    発表情報; 第22回日本疫学会学術総会, 2012.1.26-28
    著者; 島ノ江千里、南里妃名子、原めぐみ、西田裕一郎、桧垣靖樹、中村和代、今泉猛、田口尚人、坂本龍彦、堀田美加子、新地浩一、田中恵太郎
  • 佐賀大学におけるキャンパス・ソーシャルワーカー制度 : 制度導入から現在までの実績と評価 (平成23年度 第33回全国大学メンタルヘルス研究会 キャンパスにおけるメンタルヘルス不調の原因と対策); 2011年
    発表情報; , 33, 3033
    著者; 花田 陽子;島ノ江 千里;岩本 利恵
  • P1-471 TPN製剤における電解質投与等に関する意識調査(一般演題 ポスター発表,栄養管理・NST,臨床から学び臨床へと還元する医療薬学); 2010年10月
    発表情報; , 20
    著者; 林 章浩, 島ノ江 千里, 岡橋 朋世, 水田 敏彦, 藤戸 博
  • O4-16 患者のヘルスリテラシーの問題意識と薬局薬剤師によるカウンセリングの活用との関連性の検討(一般演題 口頭発表,薬剤管理指導・情報提供,臨床から学び臨床へと還元する医療薬学); 2010年10月
    発表情報; , 20
    著者; 島ノ江 千里, 平野 和裕, 中野 行孝, 田中 恵太郎, 藤戸 博
  • P-455 薬薬連携強化への試み : 院外処方せんに関する問題点とその対策; 2002年09月
    発表情報; , 12
    著者; 斉田 哲也, 江口 佳徳, 奥平 献, 池田 雅彦, 栗山 萬太郎, 春野 忠美, 片江 富貴子, 西久保 誠, 野口 敬介, 松澤 義浩, 山岡 久泰, 島ノ江 千里, 中野 行孝, 藤戸 博, 森 昌斗

その他

  • J-MICC-SAGA study 職業クラスの高い男性の心疾患危険因子は肥満; 2014年02月
    発表情報; Medical Tribune 2014, 2,13 VOL47 NO.7 p4
    著者; 島ノ江千里

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • せん妄に関連する薬剤の研究への発展; 2022年11月
    発表情報; 第61回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2022,11, 5-6
    著者; 祖川倫太郎、島ノ江千里
  • 発展途上のAROにおける特定臨床研究支援の現状と課題; 2021年
    発表情報; 第21回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2021 in 横浜(WEB開催), 2021,10, 2(一部LIVE配信), 2021,10, 2-11,14(オンデマンド配信)
    著者; 島ノ江千里
  • ストレスマーカーとしての尿中コルチゾール/コルチゾン比の意義―スポット尿によるグルココルチコイド類測定の応用可能性― ; 2020年
    発表情報; 第27回日本行動医学会学術総会(オンライン開催), 2020, 12, 11 - 12(ライブ配信), 2020, 12, 18 - 2021, 1, 8(オンデマンド配信)
    著者; 島ノ江千里
  • A novel phenotype of ALDH2 polymorphism: alcohol-induced skin pigmentation; 2018年
    発表情報; AIRIG2018 - 2018 Alcohol and Immunology Research Interest Group (AIRIG) meeting, 2018, 1, 26
    著者; ○Matsumoto A, Hara T, Chisato Shimanoe, Takefumi Yuzuriha, Chikako Yoshimori, Takeo Muto, Kouichi Endo, Megumi Hara, Masayoshi Ichiba, Takeo Konakahara, Ichiro Yajima, Vasilis Vasiliou, Byoung-Joon Song, Mayumi Fujita
  • 日本人のストレス対処行動とFBXO45遺伝子との関連:J-MICC GWAS; 2018年
    発表情報; 第3回 遺伝統計セミナー『ゲノムコホート研究における遺伝統計学』, 2018/8/2-3
    著者; 島ノ江千里
  • 心理学と疫学の融合:健康に対する生物学的アプローチ「心理社会的因子と生活習慣病に介在するバイオマーカーの疫学的検討ー日本多施設共同コホート研究(JMICC-study)SAGA-; 2017年09月
    発表情報; 日本心理学会第81回大会(シンポジウム), 2017, 9, 20-22
    著者; 島ノ江千里
  • 骨盤リンパ節転移を有する子宮頸癌術後放射線療法/化学放射線療法: 全国調査; 2016年10月
    発表情報; 第54回日本癌治療学会学術集会, 2016, 10, 20-22
    著者; 徳丸 直郎、若月 優、宇野 隆、兼安 祐子、楮本 智子、播磨 洋子、野田 真永、新部 譲、島ノ江 千里、戸板 孝文
  • 心理ストレスおよび対処行動と血中バイオマーカーの関連 J-MICC Study-SAGAによる疫学的検討; 2014年11月
    発表情報; 第21回日本行動医学会学術総会(シンポジウム)2014年11月22-23
    著者; 島ノ江千里、原めぐみ、西田裕一郎、田中恵太郎


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.