詳細検索はこちら

有馬 博史アリマ ヒロフミ

所属:
海洋エネルギー研究センター

原著論文

  • コーティングされたアルミニウム合金のアンモニア沸騰環境下における利用可能性; 2016年09月
    発表情報; 軽金属, 66, 9, 498-502
    著者; 有馬 博史, 小山幸平
  • Heat transfer characteristics of plate heat exchanger using coated-aluminum plate for ammonia boiling; 2016年09月
    発表情報; The 27th International Symposium on Transport Phenomena, ISTP27-041
    著者; H. ARIMA, R. INADOMI, K. KOYAMA
  • 熱交換器用高伝熱チタン板HEET (特集 素形材); 2016年09月
    発表情報; R&D神戸製鋼技報, 66, 1, 3841
    著者; 田村 圭太郎;逸見 義男;岡本 明夫;大山 英人;有馬 博史;池上 康之
  • コーティングされたアルミニウム伝熱面におけるアンモニアプール沸騰熱伝達; 2016年04月
    発表情報; 日本伝熱学会論文集, 24, 2, 23-30
    著者; 有馬博史, 緒方大智, 小山幸平
  • Visualization of Ammonia Boiling Flow Phenomena Inside Narrow Flat Plates; 2014年08月
    発表情報; The 15th International Heat Transfer Conference, IHTC-15, IHTC15-8971
    著者; Hirofumi Arima, Fumiya Mishima, Kohei Koyama, Yasuyuki Ikegami
  • Correlation of Transition Boundaries to and from Annular Flow Regime of Ammonia Evaporating Inside a Horizontal Internally Spirally Grooved Tube; 2014年08月
    発表情報; The 15th International Heat Transfer Conference, IHTC-15, IHTC15-9876
    著者; Satoru Momoki (Nagasaki University, Japan), Hirofumi Arima (Saga University, Japan), Yasuto Takashiba, Tomohiko Yamaguchi, Soichi Sasaki (Nagasaki University, Japan)
  • Measurement and prediction of heat transfer coefficient on ammonia flow boiling in a microfin plate evaporator; 2014年05月
    発表情報; International Journal of Refrigeration, 44, 36-48
    著者; Kohei Koyama, Hirotaka Chiyoda, Hirofumi Arima, Akio Okamoto, Yasuyuki Ikegami
  • Experimental study on thermal characteristics of ammonia flow boiling in a plate evaporator at low mass flux; 2014年02月
    発表情報; International Journal of Refrigeration, 38, 227-235
    著者; Kohei Koyama, Hirotaka Chiyoda, Hirofumi Arima, Yasuyuki Ikegami
  • 高分子樹脂被覆アルミニウムのアンモニアを作動流体とした海洋温度差発電用プレート式熱交換器への利用可能性; 2013年04月
    発表情報; 軽金属, 63, 4, 141-146
    著者; 有馬博史,小山幸平
  • Performance Analysis of the Low Temperature Solar-Boosted Power Generation System—Part II: Thermodynamic Characteristics of the Kalina Solar System; 2013年03月
    発表情報; Journal of Solar Energy Engineering, 135, 1
    著者; Faming Sun, Yasuyuki Ikegami, Hirofumi Arima, Weisheng Zhou
  • Performance Analysis of the Low-Temperature Solar-Boosted Power Generation System—Part I: Comparison Between Kalina Solar System and Rankine Solar System; 2013年01月
    発表情報; Journal of Solar Energy Engineering, 135, 1
    著者; Faming Sun, Yasuyuki Ikegami, Hirofumi Arima, Weisheng Zhou
  • Optimization design and exergy analysis of organic rankine cycle in ocean thermal energy conversion; 2012年02月
    発表情報; Applied Ocean Research, 35, 38-46
    著者; Faming Sun, Yasuyuki Ikegami, Baoju Jia,Hirofumi Arima
  • Role of characteristic modes in the dynamics of wave pattern in the Czochralski oxide crystal growth; 2012年02月
    発表情報; Journal of Crystal Growth, 340, 1, 190-196
    著者; C.J. Jing, C.X. Jia, K. Li, H. Arima
  • Characteristic of local boiling heat transfer of ammonia and ammonia / water binary mixture on the plate type evaporator; 2011年08月
    発表情報; Journal of Thermal Science, 20, 4, 332-342
    著者; Akio Okamoto, Hirofumi Arima and Yasuyuki Ikegami
  • Local boiling heat transfer characteristics of ammonia/water binary mixture in a vertical plate evaporator; 2011年05月
    発表情報; International Journal of Refrigeration, 34, 3, 648-657
    著者; H. Arima, A. Okamoto, Y. Ikegami
  • 微細凹凸面を有するチタン製プレート式蒸発器におけるアンモニアの沸騰熱伝達促進; 2010年08月
    発表情報; 神戸製鋼技報, 60, 2, 60-65
    著者; 岡本明夫、有馬博史、池上康之
  • Strength characteristics of the self-sustained wave in grooved channels with different groove length; 2010年08月
    発表情報; Heat and Mass Transfer, 46, 1229-1237
    著者; Faming Sun, Yongning Bian, Hirofumi Arima, Yasuyuki Ikegami and Xinsheng Xu
  • Spatial composition and Formation process of wave dissipative structure; 2010年07月
    発表情報; 力学学報, 42, 4, 645-651
    著者; C.X. Jia, K. Li, C.J. Jing, H. Arima
  • Local boiling heat transfer characteristics of ammonia in a vertical plate evaporator; 2010年03月
    発表情報; International Journal of Refrigeration, 33, 2, 359-370
    著者; H. Arima, J.H. Kim, A. Okamoto, Y. Ikegami
  • プレート式蒸発器におけるアンモニア/水二成分混合媒体の局所沸騰熱伝達特性; 2009年06月
    発表情報; 日本冷凍空調学会論文集, 26, 2, 131-139
    著者; 岡本明夫, 有馬博史, 金政焄, 秋山泰有, 池上康之, 門出政則
  • アンモニアの水平内面ら旋溝付管内蒸発熱伝達の実験的研究; 2009年05月
    発表情報; 日本冷凍空調学会論文集, 26, 3, 305-314
    著者; 桃木悟,有馬博史,山口朝彦,茂地徹
  • Pressure drop characteristics of flow in a symmetric channel with periodically expanded grooves; 2009年02月
    発表情報; Chemical Engineering Science, 64, 3, 593-597
    著者; Takahiro Adachi, Yamato Tashiro, Hirofumi Arima, Yasuyuki Ikegami
  • 鉛直平滑平板上でのアンモニアの局所強制対流沸騰熱伝達に関する基礎研究; 2007年
    発表情報; 日本冷凍空調学会論文集, 24, 3, 217-226
    著者; KIM Jeong-Hun, 有馬博史, 池上康之
  • 周期的な凹凸を有する平行平板間の低Re流れに及ぼす強制振動の影響; 2006年
    発表情報; 日本機械学会論文集B, 72, 717, 1327-1334
    著者; 有馬博史, 森祐二, 池上康之
  • Application of Inverse Solution in Two-Dimensional Inverse Heat Conduction Problem Using Laplace Transformation; 2003年10月
    発表情報; Heat Transfer - Asian Research, 32, 7, 602-617
    著者; Masanori Monde, J. A. Hammad, Hirofumi Arima, Yuhichi Mitsutake
  • Analytical Method of Two-Dimensional Inverse Heat Conduction Problem Using Laplace Transformation: Effect of Number of Measurement Points; 2003年10月
    発表情報; Heat Transfer - Asian Research, 32, 7, 618-629
    著者; Masanori Monde, Hirofumi Arima, Wei Liu, Yuhichi Mitsutake, J. A. Hammad
  • Improvement of Inverse Heat Conduction Solution Using Laplace Transformation: Method of Partial Division of Time; 2003年10月
    発表情報; Heat Transfer - Asian Research, 32, 7, 630-638
    著者; Masanori Monde, Wei Liu, Hirofumi Arima, Yuhichi Mitsutake, J. A. Hammad
  • Heat transfer in Pool Boiling of Ammonia/Water Mixture; 2003年07月
    発表情報; Heat and Mass Transfer, 39, 7, 535-543
    著者; Hirofumi ARIMA, Masanori MONDE, Yuhichi MITSUTAKE
  • Estimation of Surface Temperature and Heat Flux Using Inverse Solution for One Dimensional Heat Conduction; 2003年04月
    発表情報; Journal of Heat Transfer, 125, 213-223
    著者; Hirofumi Arima, Masanori Monde, Yuhichi Mitsutake
  • An analytical solution for two-dimensional inverse heat conduction problems using Laplace transform; 2003年01月
    発表情報; International Journal of Heat and Mass Transfer, 46, 12, 2135-2148
    著者; Masanori MONDE, Hirofumi ARIMA, Wei LIU, Yuhichi MITSUTAKE, Jaffar A. Hammad
  • Analytical Approach with Laplace Transform to the Inverse Problem of One-Dimensional Heat Conduction Transfer: Application to Second and Third Boundary Conditions; 2003年01月
    発表情報; Heat Transfer -Asian Research, 32, 1, 29-41
    著者; Hirofumi ARIMA, Masanori MONDE, Yuhichi MITSUTAKE
  • ラプラス変換を用いた2次元非定常熱伝導の逆問題解析; 2002年
    発表情報; 日本機械学会論文集B, 68, 666, 473-480
    著者; 門出政則, 有馬博史, 光武雄一, 劉 維, Jaffar A. HAMMAD
  • ラプラス変換を用いた熱伝導の逆問題解の改善(時間区分法); 2002年
    発表情報; 日本機械学会論文集B, 68, 671, 2093-2097
    著者; 門出政則, 劉維, 有馬博史, 光武雄一, Jaffar A. HAMMAD
  • ラプラス変換を用いた2次元非定常熱伝導の逆問題解析(内挿方法と測定点数について); 2002年
    発表情報; 日本機械学会論文集B, 68, 672, 2306-2312
    著者; 門出政則, 有馬博史, 劉維, 光武雄一,Jaffar A. HAMMAD
  • ラプラス変換を用いた2次元非定常熱伝導の逆問題解の応用; 2002年
    発表情報; 日本機械学会論文集B, 68, 674, 2811-2817
    著者; 門出政則, Jaffar A. HAMMAD, 有馬博史, 光武雄一
  • Determination of Surface Temperature and Heat flux Using Inverse Solution for Two Dimensional Heat Conduction; 2002年
    発表情報; Thermal Science and Engineering, 10, 2, 17-26
    著者; Jaffar HAMMAD, Masanori MONDE, Yuhichi MITSUTAKE, Hirofumi ARIMA
  • 逆問題解を用いた表面温度および表面熱流束の推定法(一次元熱伝導問題); 2001年
    発表情報; 日本伝熱学会論文集, 9, 2, 9-20
    著者; Arima Hirofumi, Masanori Monde, Yuhichi Mitsutake
  • Heat Transfer Coefficient of Ammonia/Water Mixture on Porous Surface; 2001年
    発表情報; Thermal Science and Engineering, 9, 4, 65-66
    著者; Hirofumi ARIMA, Masanori MONDE, Yuhichi MITSUTAKE
  • ラプラス変換を用いた一次元非定常熱伝導逆問題の解析的解法―円筒・球座標系への適用―; 2001年
    発表情報; 日本機械学会論文集B, 67, 662, 2495-2502
    著者; 有馬博史, 門出政則, 光武雄一
  • 下側加熱された水平型流路内の熱拡散現象; 2001年
    発表情報; 化学工学論文集, 27, 5, 540-546
    著者; 有馬博史, 森山伸也, 佐藤恒之, 今石宣之
  • アンモニア-水二成分系プール沸騰熱伝達; 2001年
    発表情報; 日本機械学会論文集B, 67, 663, 2768-2775
    著者; 有馬博史, 門出政則, 光武雄一, 川村浩二
  • 一次元非定常温度場の境界値同定に対する解析的解法 (第2種, 第3種境界値問題への適用); 2000年
    発表情報; 日本機械学会論文集B, 66, 647, 1780-1786
    著者; 門出政則, 有馬博史, 光武雄一
  • 溶融NaOHの表面張力およびマランゴニ対流挙動; 2000年
    発表情報; 日本機械学会論文集B, 66, 646, 1480-1487
    著者; 安廣祥一,有福智之, 有馬博史, 百崎 信, 佐藤恒之, 今石宣之
  • ステップ状重力変化に対応した密封気体の熱流動の過渡特性; 1999年10月
    発表情報; 日本マイクログラビティ―応用学会, 16
    著者; 佐藤 恒之;有馬 博史;今石 宣之
  • 微小重力下における下側加熱された水平矩形流路内の熱流動; 1998年
    発表情報; 機械学会論文集B, 64, 624, 2608-2614
    著者; 田之上健一郎, 有馬博史, 森山伸也, 佐藤恒之, 今石宣之, 森田知二
  • 微小重力下の局所加熱された矩形流路内の熱拡散現象; 1997年10月
    発表情報; 日本マイクログラビティ―応用学会, 14, 8687
    著者; 森山 伸也;有馬 博史;大塚 幸信;須藤 真弘;松本 泰典;佐藤 恒之;今石 宣之;横田 孝夫;島根 由光;森田 知仁;川崎 晴彦;加藤 浩和
  • 短時間微小重力実験における気相内非定常熱移動現象; 1997年10月
    発表情報; 日本マイクログラビティ―応用学会, 14, 9596
    著者; 有馬 博史;田之上 健一郎;森山 伸也;佐藤 恒之;今石 宣之;森田 知二;加藤 浩和
  • 溶融塩の微小液柱内のマランゴニ対流と周囲気体の対流 ---航空機実験---; 1995年10月
    発表情報; 日本マイクログラビティ―応用学会, 12, 4, 311312
    著者; 今石 宣之;百崎 信;有馬 博史

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • スプレーフラッシュ蒸発式海水淡水化用アルミニウム合金プレート式凝縮器の伝熱性能評価; 2017年09月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 22, 27-36
    著者; 有馬 博史, 管 慶信, 松田 昇一
  • FC-72強制対流場における単一キャビティーからの核沸騰気泡の可視化; 2017年09月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 22, 55-64
    著者; 有馬博史, 橋本 敏生, 浦山 尚樹
  • Pressure Drop Characteristics of Laminar Pulsatile Flow in Grooved Channel with Different Groove Lengths; 2017年09月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 22, 1-8
    著者; Han HUANG, Hirofumi ARIMA, Yongning BIAN, Yasuyuki IKEGAMI
  • 「The 27th International Symposium on Transport Phenomena」に参加して; 2017年08月
    発表情報; スズキ財団ニュース, 44, 22-24
    著者; 有馬博史
  • 特殊コーティングされたアルミニウム合金伝熱面を用いた海水淡水化用プレート式熱交換器の伝熱性能; 2016年10月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 21, 7-15
    著者; 有馬博史, 稲富諒, 松田昇一
  • U字型フィンを配したプレート式蒸発器の沸騰熱伝達特性; 2016年10月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 21, 17-23
    著者; 有馬博史,小山幸平,栗田陸也,中村友哉
  • Characteristics of Pulsatile Flow with the Same Oscillatory Fraction in a Grooved Channel; 2016年10月
    発表情報; Report of Institute of Ocean Energy, Saga University,OTEC, 21, 1-6
    著者; Xiaoyu ZHANG, Hirofumi ARIMA, Yongning BIAN, Yasuyuki IKEGAMI
  • コーティングされたアルミ伝熱面におけるアンモニアおよびアンモニア/水のプール沸騰熱伝達; 2015年11月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 20, 7-14
    著者; 有馬博史, 緒方大智, 小山幸平, 井上利明
  • Flow Characteristics in Grooved Channel with Different Groove Lengths for Steady Flow; 2015年11月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 20, 1-6
    著者; Qi MU, Hirofumi ARIMA, Yongning BIAN, Yasuyuki IKEGAMI *
  • 並流型および向流型プレート式熱交換器の流動沸騰特性の比較; 2015年11月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 20, 15-19
    著者; 小山 幸平,中村 友哉,有馬 博史
  • Effect of Groove Length on Fluid Flow in Grooved Channels for Pulsatile Flow; 2014年09月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 19, 1-6
    著者; Yongning BIAN, Li YU, Hirofumi ARIMA and Yasuyuki IKEGAMI
  • 水およびアンモニアの沸騰熱伝達とその経年変化に及ぼす界面活性剤とPEEK樹脂コーティングの影響; 2014年09月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 19, 7-10
    著者; 井上利明, 有馬博史,小山幸平,門出政則
  • プレート式蒸発器におけるアンモニア強制対流沸騰に関する研究(対向流・並行流による比較); 2014年09月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 19, 11-20
    著者; 有馬博史, 小山幸平, 池上康之
  • 並流型および向流型プレート式熱交換器におけるFC-72流動沸騰に関する研究; 2014年09月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 19, 21-26
    著者; 小山幸平,中村友哉,有馬博史
  • 3重円筒型アンモニア蒸発器に関する研究; 2013年09月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 18, 23-29
    著者; 有馬博史,敬成君,小山幸平
  • 表面微細加工を施したプレート式蒸発器による伝熱促進効果に関する研究; 2013年09月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 18, 37-43
    著者; 川畑佑介、岡本明夫、逸見義男、有馬博史、池上康之
  • 伝熱面に微細な凹凸を有するプレート式蒸発器のアンモニア流動沸騰熱伝達に関する研究; 2013年09月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 18, 31-36
    著者; 小山幸平,千代田紘享,有馬博史,岡本明夫,池上康之
  • Flow Characteristics in the Grooved Channel for Pulsatile Flow; 2013年09月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 18, 17-22
    著者; Yongning BIAN, Hirofumi ARIMA, Congling LI and Yasuyuki IKEGAMI
  • 伝熱面に微細な凹凸を有するプレート式蒸発器のアンモニア流動沸騰熱伝達に関する研究; 2013年09月
    発表情報; , 18, 3136
    著者; 小山 幸平;千代田 紘享;有馬 博史;岡本 明夫;池上 康之
  • プレート式蒸発器の流路間隔による熱伝達への影響と推算式の提案; 2012年09月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 17, 15-24
    著者; 千代田紘享,有馬博史,小山幸平,池上康之
  • マイクロチャンネル熱交換器の伝熱特性に関する数値解析; 2012年09月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 17, 25-32
    著者; 小山幸平, 有馬博史
  • Characteristics of Pressure-increasing for Self-sustained Oscillation in Grooved Channels; 2012年09月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 17, 7-13
    著者; Yongning BIAN, Hirofumi ARIMA, Jingbin ZHU, Yasuyuki IKEGAMI
  • 九州伝熱セミナー in 由布院 報告; 2012年04月
    発表情報; 伝熱, 51, 215, 60-60
    著者; 有馬博史
  • アンモニア強制対流のプレート式蒸発器における沸騰様相; 2011年09月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 16, 19-32
    著者; 三島 文也,有馬 博史,小山 幸平,岡本 明夫,池上 康之
  • Optimum Values of Pressure-increasing for Self-sustained Oscillation in the grooved channel; 2011年09月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告 OTEC, 16, 15-18
    著者; Yongning BIAN, Hirofumi ARIMA, Yasuyuki IKEGAMI, Faming SUN
  • 九州伝熱セミナー in 武雄 報告; 2011年07月
    発表情報; 伝熱, 50, 212, 55-55
    著者; 有馬博史
  • プレート式蒸発器の表面微細加工によるアンモニア沸騰熱伝達促進(凹凸の向きによる影響); 2010年09月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 15, 19-26
    著者; 有馬博史,松尾伸彦,執行啓太,岡本明夫,池上康之
  • Characteristics of T-S wave in the grooved channels with different groove length for steady flow; 2010年09月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 15, 13-18
    著者; Yongning Bian, Hirofumi Arima, Yasuyuki Ikegami, Faming Sun
  • 微細凹凸面を用いたプレート蒸発器におけるアンモニアの沸騰伝熱促進; 2009年03月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 14, 11-19
    著者; 有馬博史,岡本明夫,松尾伸彦,池上康之
  • CHE2007会議報告; 2008年07月
    発表情報; 伝熱, 47, 200, 62-63
    著者; 有馬博史
  • アンモニア/水二成分凝縮の伝熱特性に関する実験的研究; 2006年03月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 12, 33-38
    著者; 秋山泰有, 柳廷泰, 有馬博史, 池上康之
  • アンモニア/水混合媒体における輸送的性質の推算; 2003年12月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 9, 113-127
    著者; 池上 康之, 有馬 博史, 江原 正浩, 西村 聡
  • 矩形流路内の熱拡散濃度分離現象に及ぼす重力の影響; 1998年
    発表情報; 九州大学機能物質科学研究所報告, 12, 1, 21-27
    著者; 有馬博史, 森山伸也, 佐藤恒之, 今石宣之
  • 溶融NaOHの表面張力およびマランゴニ対流挙動; 1996年11月
    発表情報; 九州大学機能物質科学研究所報告, 10, 1, 6775
    著者; 有福 智之;有馬 博史;百崎 信;安廣 祥一;佐藤 恒之;今石 宣之
  • 溶融塩微少液柱内のマランゴニ対流-航空機実験-; 1996年09月
    発表情報; 化学工学, 60, 9, 640641
    著者; 今石 宣之;有馬 博史;百崎 信
  • 溶融NaOHの表面張力およびマランゴニ対流挙動; 1996年
    発表情報; 九州大学機能物質科学研究所報告, 10, 1, 67-75
    著者; 有福智之, 有馬博史, 百﨑信, 安廣祥一, 佐藤恒之, 今石宣之

一般講演(学術講演を含む)

  • アルミ合金伝熱板を用いた海水淡水化用プレート式凝縮器の伝熱特性; 2017年05月
    発表情報; 第54回日本伝熱シンポジウム, D135
    著者; 有馬 博史, 管 慶信, 松田 昇一
  • コーティングされたアルミプレートを用いた熱交換器の海水における熱伝達特性; 2017年03月
    発表情報; 日本機械学会 九州支部 第70期 総会・講演会
    著者; 有馬博史, 稲富諒, 松田昇一
  • 鉛直狭隘流路内における FC-72 の強制対流沸騰の可視化及び熱伝達特性; 2016年10月
    発表情報; 日本機械学会熱工学コンファレンス 2016, 16-33
    著者; 有馬 博史, 小山 幸平, 中村 友哉, 栗田 陸也
  • 鉛直狭隘流路内の強制対流下におけるFC-72沸騰様相の数値計算; 2016年10月
    発表情報; 日本機械学会熱工学コンファレンス2016, 16-33
    著者; 橋本敏生, 有馬博史, 足立 高弘
  • コーティングされたアルミプレートを用いた熱交換器におけるアンモニア沸騰熱伝達特性; 2016年05月
    発表情報; 第53 回日本伝熱シンポジウム, 53, J234
    著者; 有馬博史, 緒方大智, 小山幸平
  • 海水淡水化用プレート式熱交換器に関する研究 -第一報 コーティングアルミプレートの伝熱性能の評価-; 2015年11月
    発表情報; 第19回海洋深層水利用学会全国大会 2015久米島大会
    著者; 有馬博史、松田昇一 (琉球大学)、稲富諒
  • コーティングされたアルミのアンモニア沸騰環境における使用可能性; 2015年10月
    発表情報; 熱工学コンファレンス2015, 大阪, 大阪大学, 10/24-25
    著者; 有馬 博史, 小山 幸平, 緒方 大智
  • アンモニア用プレート式熱交換器へのアルミ合金の使用に関する研究; 2015年09月
    発表情報; 日本機械学会 九州支部 長崎講演会, 日本機械学会九州支部講演論文集 2015
    著者; 有馬博史, 小山幸平, 緒方大智
  • 特殊コーティングアルミ伝熱面におけるアンモニアのプール沸騰熱伝達; 2015年06月
    発表情報; 第52 回日本伝熱シンポジウム講演論文集, 52, D124
    著者; 有馬博史, 緒方大智, 小山幸平, 井上利明
  • 並流型および向流型プレート式熱交換器の流動沸騰特性の比較; 2015年06月
    発表情報; 第52回日本伝熱シンポジウム講演論文集, 52, D215
    著者; 小山 幸平, 中村 友哉, 有馬 博史
  • 水およびアンモニアの沸騰熱伝達とその経年変化に及ぼす界面活性剤とPEEK 樹脂コーティングの影響; 2014年11月
    発表情報; 日本機械学会 熱工学コンファレンス2014, A214
    著者; 井上利明(久留米工大), 有馬博史(佐大海エネ研), 小山幸平(佐大海エネ研), 門出政則(九大水素科研)
  • Pool boiling of ammonia on PEEK polymer coated aluminum; 2014年09月
    発表情報; Proceedings of 5th Asian Joint Workshop on Thermophysics and Fluid Science September 23-26, 2014, Nagasaki, Japan, JP26
    著者; Hirofumi ARIMA, Kohei KOYAMA, Toshiaki INOUE
  • 多重円管構造のアンモニア蒸発器に関する研究; 2014年09月
    発表情報; 2014年度 日本冷凍空調学会 年次大会, C143
    著者; 有馬博史,敬成君,小山幸平
  • 各種フロン媒体の表面微細加工を施したプレート式蒸発器における伝熱促進効果に関する研究; 2014年06月
    発表情報; 第 19 回動力・エネルギー技術シンポジウム, 2014/6/26-27, 福井市, E132
    著者; 川畑佑介(佐賀大),岡本明夫(神戸製鋼),逸見義男(神戸製鋼),有馬博史(佐賀大),池上康之(佐賀大)
  • PEEK樹脂膜アルミ伝熱面におけるアンモニアのプール沸騰熱伝達; 2014年05月
    発表情報; 第51回日本伝熱シンポジウム, 2013/5/21-23, 浜松 , 51, A132
    著者; 有馬博史(佐大海エネ研),井上利明(久留米工大),小山幸平(佐大海エネ研)
  • 並流型および向流型プレート式蒸発器の内部可視化とボイド率測定; 2014年05月
    発表情報; 第51回日本伝熱シンポジウム講演論文集, 51, H123
    著者; 小山幸平,中村友哉,有馬博史
  • プレート式蒸発器内部の沸騰様相の可視化に関する研究; 2014年03月
    発表情報; 日本機械学会九州学生会 第45 回卒業研究発表講演会論文集No.148-2, 2014年3月福岡, 148, 2, 329-330
    著者; 中村友哉(佐賀大)、小山幸平(佐賀大)、有馬博史(佐賀大)、荒巻森一朗(九大)
  • ブレージング式熱交換器におけるアンモニアの沸騰熱伝達; 2013年10月
    発表情報; No.13-55 日本機械学会熱工学コンファレンス2013講演論文集
    著者; 有馬博史、小山幸平
  • 各種フロン媒体の表面微細加工を施したプレート式蒸発器における伝熱評価に関する研究; 2013年10月
    発表情報; 日本機械学会熱工学コンファレンス2013
    著者; 川畑佑介、岡本明夫、逸見義男、有馬博史、池上康之
  • 伝熱面表面に微細な凹凸を有するプレート式蒸発器のアンモニア流動沸騰; 2013年09月
    発表情報; 日本機械学会九州支部鹿児島講演会, 115-116
    著者; 小山幸平,千代田紘享,有馬博史,岡本明夫,池上康之
  • 熱交換器用高伝熱チタン板を用いた伝熱性能評価; 2013年09月
    発表情報; 2013年度日本冷凍空調学会年次大会講演論文集, A323-1-A323-2
    著者; 田村 圭太郎 (神戸製鋼所)、逸見 義男 (神戸製鋼所)、大山 英人 (神戸製鋼所)、 岡本 明夫 (神戸製鋼所)、有馬 博史 (佐大海エネ)、池上 康之 (佐大海エネ)
  • Effect of Channel Geometry on Ammonia Boiling Heat Transfer of a Plate-type Evaporator; 2013年07月
    発表情報; Proceedings of the ASME 2013 Summer Heat Transfer Conference VOL.HT2013, NO.17533
    著者; K. Koyama, H. Chiyoda, H. Arima, and Y. Ikegami
  • 表面微細加工を施したプレート式蒸発器を用いたHFC系フロン媒体の伝熱促進効果に関する研究; 2013年05月
    発表情報; 第18回動力・エネルギー技術シンポジウム, A235
    著者; 川畑 佑介(佐賀大)、岡本 明夫(神戸製鋼)、逸見 義男(神戸製鋼)、有馬 博史(佐賀大) 、池上 康之(佐賀大)
  • プレート式蒸発器のアンモニア沸騰熱伝達に与える流路高さの影響; 2013年05月
    発表情報; 第50回日本伝熱シンポジウム講演論文集, E133
    著者;  小山幸平,千代田紘享,有馬博史,池上康之
  • 20 表面微細加工を施したプレート式蒸発器による伝熱促進効果に関する研究(OS2 冷凍・空調分野における要素技術(3・沸騰)); 2013年04月
    発表情報; , 47, 111114
    著者; 池上 康之;有馬 博史;川畑 佑介;森崎 敬史;岡本 明夫;逸見 義男
  • Measurement of void fraction of ammonia boiling flow in plate evaporator; 2012年11月
    発表情報; Proceedings of the 3rd International Forum on Heat Transfer November 13-15, 2012, Nagasaki, Japan
    著者; Hirofumi Arima, Fumiya Mishima, Kohei Koyama, Toru Fukunami, Yasuyuki Ikegami
  • EXPERIMENTS AND CORRELATION OF FLOW PATTERN TRANSITION FOR EVAPORATING AMMONIA INSIDE A HORIZONTALLY SPIRALLY GROOVED TUBE; 2012年11月
    発表情報; Proceedings of the 3rd International Forum on Heat Transfer November 13-15, 2012, Nagasaki, Japan
    著者; Satoru Momoki, Katsuyuki Narumiya, Tetsuya Fukunaga, Hirofumi Arima, Tomohiko Yamaguchi, Toru Shigechi
  • Numerical Analysis on Effectiveness-NTU of Microchannel Heat Exchanger; 2012年11月
    発表情報; Proceedings of 23rd International Symposium on Transport Phenomena, Auckland, New Zealand 19-22, November 2012
    著者; K. Koyama, H. Arima
  • Correlation for Flow Boiling Heat Transfer Coefficients of Ammonia inside a Horizontally Spirally Grooved Tube; 2012年11月
    発表情報; Proceedings of 23rd International Symposium on Transport Phenomena, Auckland, New Zealand 19-22, November 2012
    著者; S. Momoki, T. Fukunaga, K. Narumiya, H. Arima, T. Yamaguchi, T. Shigechi
  • 狭隘流路におけるアンモニア沸騰熱伝達の測定と推算式の提案; 2012年11月
    発表情報; No.12-62 日本機械学会熱工学コンファレンス2012講演論文集〔2012.11.17-18, 熊本〕, D122
    著者; 千代田 紘享, 有馬 博史, 小山 幸平, 池上 康之
  • プレート式蒸発器におけるアンモニアの沸騰様相の可視化; 2012年11月
    発表情報; No.12-62 日本機械学会熱工学コンファレンス2012講演論文集〔2012.11.17-18, 熊本〕, K1113
    著者; 有馬博史,福浪透,小山幸平,池上康之
  • 表面微細加工を施したプレート伝熱面の伝熱促進に関する研究; 2012年11月
    発表情報; No.12-62 日本機械学会熱工学コンファレンス2012講演論文集〔2012.11.17-18, 熊本〕
    著者; 池上康之,有馬博史,川畑佑介,森崎敬史,岡本明夫,逸見義男
  • 高分子樹脂被膜アルミニウムのアンモニア用プレート式熱交換器への利用可能性; 2012年05月
    発表情報; 軽金属学会第122回春期大会論文概要(2012), 九大, 2012/5/19-20, 115-116
    著者; 有馬博史, 小山幸平
  • プレート式蒸発器におけるアンモニア沸騰熱伝達のボイド率測定に関する研究; 2012年05月
    発表情報; 第49回日本伝熱シンポジウム, 2012/5/30-6/1, 富山, 49, A232
    著者; 有馬 博史,三島 文也, 小山 幸平, 福浪 透, 池上 康之
  • OTEC用プレート式蒸発器の沸騰熱伝達における流路間隔の影響; 2012年03月
    発表情報; 日本機械学会九州支部講演論文集 第65期総会講演会(佐賀), 128, 1, 89-90
    著者; 千代田 紘享,有馬 博史,小山 幸平,岡本 明夫,池上 康之
  • OTEC用プレート式蒸発器における沸騰熱流動現象の観察; 2012年03月
    発表情報; 日本機械学会九州支部講演論文集 第65期総会講演会(佐賀), 128, 1, 93-94
    著者; 有馬 博史,三島 文也,小山 幸平,岡本 明夫,池上 康之
  • 並流・向流および直交流型マイクロチャンネル熱交換器の伝熱特性に関する数値解; 2011年11月
    発表情報; 日本機械学会熱工学コンファレンス2011講演論文集, G123
    著者; 小山幸平,有馬博史
  • プレート式蒸発器におけるアンモニア強制対流沸騰の可視化; 2011年09月
    発表情報; 2011日本冷凍空調学会年次大会講演論文集, C222
    著者; 三島 文也, 有馬 博史,小山 幸平, 岡本 明夫,池上 康之
  • Convective Boiling Heat Transfer Enhancement by Microgrooves in Plate Evaporator; 2011年03月
    発表情報; Proceedings of the ASME/JSME 2011 8th Thermal Engineering Joint Conference AJTEC2011, March 13-17, 2011, Honolulu, Hawaii, USA
    著者; Hirofumi Arima, Nobuhiko Matsuo, Keita Shigyou, Akio Okamoto, Yasuyuki Ikegami
  • Heat Transfer Enhancement using Microgrooved Surface on Plate Evaporator for Small Thermal Energy Conversion; 2010年09月
    発表情報; Proceedings of 3rd Asian Joint Workshop on Thermophysics and Fluid Science
    著者; Nobuhiko MATSUO, Hirofumi ARIMA, Keita SHIGYOU, Akio OKAMOTO, Yasuyuki IKEGAMI
  • Experiments on flow boiling heat transfer of ammonia/water mixture inside an internally spirally grooved horizontal tube; 2010年08月
    発表情報; Proceedings of the International Heat Transfer Conference, 14
    著者; Satoru Momoki, Hirofumi Arima, Hiroyuki Asou, Odgerel Jambal, Tomohiko Yamaguchi, Toru Shigechi
  • プレート式蒸発器の表面微細加工によるアンモニア沸騰熱伝達促進; 2010年05月
    発表情報; 第47回日本伝熱シンポジウム, G335
    著者; 松尾伸彦、有馬博史、岡本明夫、執行啓太、池上康之
  • プレートフィン熱交換器におけるアンモニア/水の凝縮熱伝達; 2009年10月
    発表情報; 日本冷凍空調学会 年次大会 2009, 2009, A213-1-A213-2
    著者; 麻生裕之, 有馬博史, 池上康之
  • 微細凹凸面を用いたプレート蒸発器のアンモニア沸騰伝熱促進; 2009年10月
    発表情報; 日本冷凍空調学会 年次大会 2009, 2009, A211-1-A211-2
    著者; 有馬博史, 岡本明夫,松尾伸彦,池上康之
  • 台形凹凸を有する平行平板間流路の流れと圧力損失特性; 2009年06月
    発表情報; 日本機械学会東北支部秋季講演会講演論文集, 45, 63-64
    著者; 浅地野衣, 足立高弘, 有馬博史, 池上康之
  • 鉛直平滑平板におけるアンモニア/水混合媒体を用いた強制対流沸騰熱伝達の組成による影響; 2008年10月
    発表情報; 日本冷凍空調学会 年次大会 2008, B331
    著者; 有馬博史,岡本明夫,池上康之
  • Transitions and Pressure Drop Characteristics of Flow in Channel with Periodically Trapezoidal Grooved Parts; 2008年07月
    発表情報; 13th International Symposium on Flow Visualization
    著者; Adachi, T., Asaji, N., Arima, H., Ikegami, Y
  • プレート式蒸発器における局所強制対流沸騰熱伝達に及ぼすアンモニア/水混合媒体の組成の影響; 2008年05月
    発表情報; 第45回日本伝熱シンポジウム, D312
    著者; 有馬 博史, 岡本 明夫, 池上 康之
  • プレート式熱交換器におけるアンモニア/水の凝縮性能; 2008年05月
    発表情報; 第45回日本伝熱シンポジウム, D122
    著者; 麻生 裕之,有馬 博史,池上 康之
  • アンモニアの水平内面ら旋溝付管内蒸発熱伝達の実験; 2008年05月
    発表情報; 第45回日本伝熱シンポジウム, E231
    著者; 桃木 悟, 磯崎 裕希, 有馬 博史, 茂地 徹, 山口 朝彦
  • プレート式蒸発器におけるアンモニアおよびアンモニア/水混合媒体の局所強制対流沸騰熱伝達特性; 2007年10月
    発表情報; 日本冷凍空調学会 年次大会2007 講演論文集, C107
    著者; 岡本明夫、有馬博史、金政焄、秋山泰有、池上康之
  • 水-アンモニア混合流体の水平内面ら旋溝付管内蒸発流の圧力損失の実験; 2007年10月
    発表情報; 日本冷凍空調学会 年次大会2007 講演論文集, E105
    著者; 桃木悟,有馬博史,磯崎裕希,北島圭祐,山口朝彦,茂地徹
  • Local Evaporation Heat Transfer of Ammonia and Ammonia/Water Mixture on Vertical Flat Plate Heat Exchanger; 2007年09月
    発表情報; Sixth International Conference on Enhanced, Compact and Ultra-Compact Heat Exchangers: Science, Engineering and Technology
    著者; Hirofumi ARIMA, Jeong-Hun KIM, Yasuyuki IKEGAMI
  • 鉛直平滑平板上でのアンモニア/水二成分凝縮の伝熱特性と可視化; 2007年05月
    発表情報; 第44回日本伝熱シンポジウム講演論文集, A339
    著者; 秋山泰有、柳廷泰、有馬博史、池上康之
  • 鉛直平板におけるアンモニアおよびアンモニア/水混合媒体の局所強制対流沸騰熱伝達; 2007年05月
    発表情報; 第44回日本伝熱シンポジウム講演論文集, A235
    著者; 有馬博史, KIM Jeong-Hun, 秋山泰有, 池上康之, 岡本明夫
  • 海洋温度差発電プラントのインターネットを用いた計算機シミュレータ作成; 2006年12月
    発表情報; 第25回計測自動制御学会九州支部学術講演会, 203C2, 199-202
    著者; 山上義広,後藤 聡,杉 剛直,有馬博史,池上康之,中村政俊,江頭成人
  • Local Evaporating Heat Transfer Characteristics of Ammonia in the Vertical Flat Plate under Low Mass Flux; 2006年11月
    発表情報; Mechanical Engineering Congress 2006, Korea
    著者; Wook-Hyun LEE, Jeong-Hun KIM, Hirofumi ARIMA, Yasuyuki IKEGAMI
  • Local Evaporation Heat Transfer of Ammonia on Vertical Flat Plate; 2006年10月
    発表情報; Inter-COE International Symposium on Energy Systems
    著者; Hirofumi Arima, Jeong-Hun Kim, Yasuyuki Ikegami
  • Experimental investigation of local heat transfer in forced convective boiling of vertical flat plate; 2006年10月
    発表情報; Renewable Energy 2006
    著者; Jeong-Hun Kim, Hirofumi Arima, Hirokuni Akiyama, Jeong-Tae Yoo, Yasuyuki Ikegami
  • 低温度差発電用のプレート式凝縮器の凝縮伝熱特性; 2006年08月
    発表情報; 第15回日本エネルギー学会講演要旨集, 4-13
    著者; YOO Jeong-Tae, 池上康之, 秋山泰有, 有馬博史, KIM Jeong-Hun
  • OTEC用のプレート式蒸発器に関する基礎研究; 2006年08月
    発表情報; 第15回日本エネルギー学会講演要旨集, 4-12
    著者; KIM Jeong-Hun、有馬博史、秋山泰有, YOO Jeong-Tae, 池上康之, LEE Wook-Hyun
  • 垂直平滑平板上でのアンモニア/水二成分の凝縮伝熱特性; 2006年05月
    発表情報; 第43回日本伝熱シンポジウム, 43, J122
    著者; 池上康之, 秋山泰有, 有馬博史, KIM Jeong-Hun
  • 周期的な凹凸を有する平行平板間の低Re数流れにおける伝熱促進-強制振動による影響; 2005年08月
    発表情報; 第4回海洋エネルギーに関する合同セミナー講演予稿集
    著者; 有馬博史、森祐二、池上康之
  • Effect on forced oscillation flow in periodically grooved channel; 2005年03月
    発表情報; The Sixth KSME-JSME Thermal and Fluids Engineering Conference
    著者; Hirofumi ARIMA, Yhuji MORI, Yosuke GOSHI , Yasuyuki IKEGAMI
  • アンモニア/水混合媒体を用いた機器に使用する潤滑油の変質特性; 2004年04月
    発表情報; 化学工学会69年会, H321
    著者; 有馬博史, 池上康之, 大和武彦, 鳥井昭美
  • 周期的な凹凸を有する流路内流れの伝熱促進(複数の流路要素を用いた数値解析); 2003年05月
    発表情報; 第40回日本伝熱シンポジウム講演論文集, B112
    著者; 合志洋介, 有馬博史, 池上康之, 足立高弘
  • 周期的な凹凸を有する流路内流れの伝熱促進(圧力損失測定と流れの可視化); 2003年05月
    発表情報; 第40回日本伝熱シンポジウム講演論文集, B113
    著者; 有馬博史, 合志洋介, 池上康之, 足立高弘
  • 海洋温度差発電を用いた海水淡水化と水素製造の有効性; 2003年05月
    発表情報; 第40回日本伝熱シンポジウム講演論文集, G112
    著者; 池上康之, 有馬博史, 大倉清徳, 合田知二, 佐々木大, 実原定幸
  • E109 1および2次元熱伝導逆問題解とその利用法について(新技術フォーラム-7 : 資源環境及び環境親和型熱・エネルギーシステムのインテリジェント化); 2001年11月
    発表情報; 熱工学講演会講演論文集, 2001, 201202
    著者; 門出 政則;光武 雄一;有馬 博史;劉 維
  • E117 水素吸蔵合金を用いた水素吸蔵タンクの伝熱特性(新技術フォーラム-3 : 水素利用技術の進展と熱工学的問題); 2001年11月
    発表情報; 熱工学講演会講演論文集3, 2001, 217218
    著者; 門出 政則;光武 雄一;有馬 博史
  • ラプラス変換を用いた2次元非定常熱伝導の逆問題解; 2001年08月
    発表情報; 日本機械学会2001年 年次大会講演論文集K-1813, 393-394
    著者; 有馬博史, 門出政則, 光武雄一 , Jaffar A. HAMMAD
  • K-1718 高温面冷却中の固液接触面の移動速度(S22-1 気液相変化に関する素過程と数値解析手法(1))(S22 気液相変化に関する素過程と数値解析手法); 2001年08月
    発表情報; 日本機械学会年次大会講演論文集, 0, 1, 347348
    著者; 光武 雄一;門出 政則;有馬 博史;西本 友哉
  • アンモニア-水二成分混合媒体の沸騰熱伝達率- 多孔質表面の場合 -; 2001年05月
    発表情報; 第38回伝熱シンポジウム講演論文集, G141
    著者; 有馬博史, 門出政則, 光武雄一
  • Analytical Method In Inverse Heat Transfer Problem Using Laplace Transform Technique - Second And Third Boundary Conditions; 2000年09月
    発表情報; 3rd European thermal Science Conference 2000
    著者; Masanori Monde, Hirofumi Arima, Yuhichi Mitsutake
  • アンモニア-水二成分系混合媒体の沸騰熱伝達率; 2000年08月
    発表情報; 日本機械学会2000年 年次大会講演論文集, 484-482
    著者; 有馬博史, 門出政則, 光武雄一, 川村浩二
  • 2703 二重円管型二相熱サイフォンの限界熱流束 : 流動状況の影響; 2000年07月
    発表情報; 日本機械学会年次大会講演論文集, 2000, 4, 479480
    著者; 門出 政則;光武 雄一;有馬 博史;村重 正和

その他講演

  • アンモニア沸騰とその利用; 2015年11月
    発表情報; 平成27 年度 九州伝熱セミナー in 由布院 2015/11/6-7
    著者; 有馬博史
  • 可視化によるプレート式蒸発器におけるアンモニアの沸騰流動特性に関する研究; 2011年12月
    発表情報; 日本伝熱学会創立50周年記念 九州伝熱セミナー in 由布院 「九
    著者; 三島文也,有馬博史、小山幸平、福浪透

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • 発電のしくみと様々な発電方法; 2016年09月
    発表情報; H28佐大の授業を受けてみよう (佐賀大学教育学部附属中学校)
    著者; 
  • 海洋エネルギー・海洋温度差発電; 2016年06月
    発表情報; ゆめさが大学佐賀校大学院
    著者; 有馬博史
  • 海洋エネルギー・海洋温度差発電; 2016年04月
    発表情報; ゆめさが大学佐賀校大学院
    著者; 有馬博史
  • 海洋エネルギー・海洋温度差発電; 2016年01月
    発表情報; ゆめさが大学佐賀校大学院
    著者; 有馬博史
  • 海洋エネルギー・海洋温度差発電; 2015年12月
    発表情報; ゆめさが大学佐賀校大学院
    著者; 有馬博史
  • 再生可能エネルギーと海洋エネルギー; 2015年10月
    発表情報; ゆめさが大学佐賀大学院
    著者; 有馬博史
  • 海洋エネルギー・海洋温度差発電; 2015年04月
    発表情報; ゆめさが大学唐津校大学院
    著者; 
  • エネルギー利用の変遷と身近なエネルギー; 2015年02月
    発表情報; ゆめ佐賀大学 佐賀校
    著者; 有馬 博史
  • 海洋エネルギー・海洋温度差発電; 2014年12月
    発表情報; ゆめさが大学 佐賀校
    著者; 有馬博史
  • Current and future research of Ocean Energy and Ocean Thermal Energy Conversion (OTEC); 2014年09月
    発表情報; Dalian University of Technology, Panjin, P. R. China
    著者; Hirofumi ARIMA
  • 再生可能エネルギーと海洋エネルギー; 2014年04月
    発表情報; ゆめ佐賀大学 唐津校
    著者; 有馬 博史
  • 再生可能エネルギーと海洋エネルギー; 2013年12月
    発表情報; ゆめさが大学
    著者; 有馬博史
  • 海洋温度差発電の現状とその熱交換器の要素技術; 2013年06月
    発表情報; 日本鉄鋼協会 平成25 年度チタンフォーラム第3回研究発表会
    著者; 有馬博史
  • 海洋温度差バイナリー発電の研究; 2013年06月
    発表情報; (株)日立製作所化学工学研究会講演会
    著者; 有馬博史
  • 再生可能エネルギーと海洋エネルギー (午前) 海洋エネルギーと海洋温度差発電 (午後); 2013年05月
    発表情報; ゆめさが大学
    著者; 有馬博史
  • 再生可能エネルギーと海洋エネルギー; 2012年07月
    発表情報; ゆめさが大学講演
    著者; 有馬博史
  • 海洋温度差発電の現状とこれからの展望; 2012年03月
    発表情報; 日本伝熱学会創立50周年記念九州支部講演会
    著者; 有馬 博史
  • Current status and future prospects on research of Ocean Thermal Energy Conversion (OTEC); 2011年02月
    発表情報; Symposium on International Collaboration Strategy for Marine Energy Technology Development
    著者; 有馬 博史


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.