教員活動データベース

氏 名原 めぐみフリガナハラ メグミ
欧文氏名Megumi Hara
所 属医学部 医学科 社会医学講座
職 名准教授学位博士(医学)(2001年03月)
電子メールharamegcc.saga-u.ac.jpリンクティーチングポートフォリオ
ホームページhttps://prevent.med.saga-u.ac.jp/

教員詳細情報

研究分野・キーワード

  • 疫学、公衆衛生学、予防医学

学歴

  • 1996年03月, 佐賀医科大学, 医学部, 医学科, 卒業
  • 2001年03月, 佐賀医科大学, 医学系研究科, 博士課程・博士後期課程, 修了

職歴

  • 1996年05月 - 1997年03月 佐賀医科大学医学部附属病院 医員(研修医)
  • 2001年04月 - 2003年09月 佐賀医科大学医学部 助手
  • 2003年10月 - 2007年03月 佐賀大学医学部医学科社会医学講座 助手
  • 2007年04月 - 2011年10月 佐賀大学医学部医学科社会医学講座 助教
  • 2011年11月 - 2016年06月 佐賀大学医学部医学科社会医学講座 講師
  • 2016年07月 - 継続中 佐賀大学医学部医学科 准教授

専門分野

  • 疫学・予防医学, 衛生学・公衆衛生学, 応用健康科学, ジェンダー, ウイルス学

所属学会

  • 日本内科学会, 日本ワクチン学会, 日本疫学会

現在実施している研究テーマ

  • 遺伝的感受性を考慮した生活習慣病予防に関する研究
  • 予防接種に関するワクチンの有効性についての分析疫学研究
  • 微小脳出血予防のための疫学研究

主要業績

著書

  • Chapter12. Influenza and influenza vaccination in Japanese elderly.; 2018年
    発表情報; Health Issues and Care System for the Elderly, 171-183
    著者; Hara M
  • 健康クイズ100: すぐに使えるパワーポイントデータ収録; 2013年
    発表情報; 第3章、第4章、第5章, 少年新聞社. 東京, 41-112
    著者; 原めぐみ, 宮崎博喜
  • インフルエンザワクチンって本当に効くの?; 2011年
    発表情報; チャイルドヘルス. 診断と治療社, 東京 , 14, 10, 31-35
    著者; 原 めぐみ
  • Effect of smoking on the association between alcohol consumption and cancer mortality among middle-aged Japanese men: JPHC Study Cohort I; 2002年
    発表情報; IARC Scientific Publication Book , 156, 165-168
    著者; Hara M, Sasaki S, Tsugane S

原著論文

  • Effectiveness of four doses of pertussis vaccine during infancy diminished in elementary school age: A test-negative case-control study in Japan; 2021年01月
    発表情報; Vaccine, 39, 1, 11-17
    著者; *Satoko Ohfuji, Kenji Okada, Yoko Mouri, Yuka Mihara, Shigeki Ishii, Akiko Miyata, Motoko Fujino, Chikako Motomura, Hiroaki Ito, Mitsuhiro Ohta, Yoshihito Kasahara, Hideo Nakamura, Masaki Hasui, Tetsushi Yoshikawa, Takaaki Tanaka, Takashi Nakano, Rie Koshida, Kaoru Araki, Megumi Hara, Yoshio Hirota
  • Association between plasma levels of homocysteine, folate, and vitamin B 12, and dietary folate intake and hypertension in a cross-sectional study; 2020年10月
    発表情報; Sci Rep, 10, 1, 18499
    著者; *Takashi Tamura, Nagato Kuriyama, Teruhide Koyama, Etsuko Ozaki, Daisuke Matsui, Yuka Kadomatsu, Mineko Tsukamoto, Yoko Kubo, Rieko Okada, Asahi Hishida, Tae Sasakabe, Sayo Kawai, Mariko Naito, Naoyuki Takashima, Aya Kadota, Keitaro Tanaka, Megumi Hara, Sadao Suzuki, Hiroko Nakagawa-Senda, Toshiro Takezaki, Ippei Shimoshikiryo, Hiroaki Ikezaki, Masayuki Murata, Isao Oze, Hidemi Ito, Haruo Mikami, Yohko Nakamura, Kiyonori Kuriki, Kokichi Arisawa, Hirokazu Uemura, Kenji Takeuchi, Kenji Wakai
  • Human papillomavirus vaccine to prevent cervical intraepithelial neoplasia in Japan: A nationwide case-control study; 2020年10月
    発表情報; Cancer
    著者; *Sayaka Ikeda, Yutaka Ueda, Megumi Hara, Asami Yagi, Tetsuhisa Kitamura, Yuri Kitamura, Hiroshi Konishi, Tadao Kakizoe, Masayuki Sekine, Takayuki Enomoto, Tomotaka Sobue
  • Determinants of self-paid rotavirus vaccination status in Kanazawa, Japan, including socioeconomic factors, parents' perception, and children's characteristics; 2020年09月
    発表情報; BMC Infect Dis, 20, 1, 712
    著者; Megumi Hara, Rie Koshida, Kaoru Araki, Masahide Kondo, Yoshio Hirota
  • Study profile of the Japan Multi-institutional Collaborative Cohort (J-MICC) Study; 2020年09月
    発表情報; J Epidemiol
    著者; *Kenji Takeuchi, Mariko Naito, Sayo Kawai, Mineko Tsukamoto, Yuka Kadomatsu, Yoko Kubo, Rieko Okada, Mako Nagayoshi, Takashi Tamura, Asahi Hishida, Masahiro Nakatochi, Tae Sasakabe, Shuji Hashimoto, Hidetaka Eguchi, Yukihide Momozawa, Hiroaki Ikezaki, Masayuki Murata, Norihiro Furusyo, Keitaro Tanaka, Megumi Hara, Yuichiro Nishida, Keitaro Matsuo, Hidemi Ito, Isao Oze, Haruo Mikami, Yohko Nakamura, Miho Kusakabe, Toshiro Takezaki, Rie Ibusuki, Ippei Shimoshikiryo, Sadao Suzuki, Takeshi Nishiyama, Miki Watanabe, Teruhide Koyama, Etsuko Ozaki, Isao Watanabe, Kiyonori Kuriki, Yoshikuni Kita, Hirotsugu Ueshima, Kenji Matsui, Kokichi Arisawa, Hirokazu Uemura, Sakurako Katsuura-Kamano, Sho Nakamura, Hiroto Narimatsu, Nobuyuki Hamajima, Hideo Tanaka, Kenji Wakai
  • Epidemiologic Profile of Type-Specific Human Papillomavirus Infection after Initiation of HPV Vaccination; 2020年07月
    発表情報; Vaccines (Basel), 8, 3, E425
    著者; *Masayuki Sekine, Manako Yamaguchi, Risa Kudo, Sharon J B Hanley, Megumi Hara, Sosuke Adachi, Yutaka Ueda, Etsuko Miyagi, Sayaka Ikeda, Asami Yagi, Takayuki Enomoto
  • Japan's Ongoing Crisis on HPV Vaccination; 2020年07月
    発表情報; Vaccines (Basel), 8, 3, E362
    著者; *Masayuki Sekine, Risa Kudo, Manako Yamaguchi, Sharon J B Hanley, Megumi Hara, Sosuke Adachi, Yutaka Ueda, Etsuko Miyagi, Sayaka Ikeda, Asami Yagi, Takayuki Enomoto
  • The interaction between mitochondrial haplogroups (M7a/D) and physical activity on adiponectin in a Japanese population; 2020年07月
    発表情報; Mitochondrion, 53, 234-242
    著者; Yuichiro Nishida, Megumi Hara, Noriyuki Fuku, Naoto Taguchi, Mikako Horita, Chisato Shimanoe, Yasuki Higaki, Keitaro Tanaka
  • Association of Dietary Acid Load with the Prevalence of Metabolic Syndrome among Participants in Baseline Survey of the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study; 2020年05月
    発表情報; Nutrients, 12, 6, E1605
    著者; *Kokichi Arisawa, Sakurako Katsuura-Kamano, Hirokazu Uemura, Nguyen Van Tien, Asahi Hishida, Takashi Tamura, Yoko Kubo, Mineko Tsukamoto, Keitaro Tanaka, Megumi Hara, Toshiro Takezaki, Daisaku Nishimoto, Teruhide Koyama, Etsuko Ozaki, Sadao Suzuki, Takeshi Nishiyama, Kiyonori Kuriki, Aya Kadota, Naoyuki Takashima, Hiroaki Ikezaki, Masayuki Murata, Isao Oze, Keitaro Matsuo, Haruo Mikami, Yohko Nakamura, Kenji Takeuchi, Kenji Wakai
  • Combined effect of weight gain within normal weight range and parental hypertension on the prevalence of hypertension; from the J-MICC Study; 2020年02月
    発表情報; J Hum Hypertens, 34, 2, 125-131
    著者; *Rieko Okada, Yuka Kadomatsu, Mineko Tsukamoto, Tae Sasakabe, Sayo Kawai, Takashi Tamura, Asahi Hishida, Hiroaki Ikezaki, Norihiro Furusyo, Keitaro Tanaka, Megumi Hara, Sadao Suzuki, Miki Watanabe, Toshiro Takezaki, Daisaku Nishimoto, Daisuke Matsui, Isao Watanabe, Kiyonori Kuriki, Naoyuki Takashima, Yasuyuki Nakamura, Sakurako Katsuura-Kamano, Kokichi Arisawa, Haruo Mikami, Yoko Nakamura, Isao Oze, Yuriko N Koyanagi, Mariko Naito, Kenji Wakai, Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort (J-MICC) Study
  • The interaction between ABCA1 polymorphism and physical activity on the HDL-cholesterol levels in a Japanese population; 2020年01月
    発表情報; J Lipid Res, 61, 1, 86-94
    著者; Yuichiro Nishida, Tsuyoshi Hachiya, Megumi Hara, Chisato Shimanoe, Keitaro Tanaka, Yoichi Sutoh, Atsushi Shimizu, Asahi Hishida, Mineko Tsukamoto, Yuka Kadomatsu, Isao Oze, Yuriko N Koyanagi, Nagato Kuriyama, Teruhide Koyama, Rie Ibusuki, Toshiro Takezaki, Hiroaki Ikezaki, Norihiro Furusyo, Naoyuki Takashima, Aya Kadota, Hirokazu Uemura, Sakurako Katsuura-Kamano, Sadao Suzuki, Hiroko Nakagawa-Senda, Kiyonori Kuriki, Haruo Mikami, Yohko Nakamura, Yukihide Momozawa, Michiaki Kubo, Masahiro Nakatochi, Mariko Naito, Kenji Wakai, Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study Group
  • Impact of PSCA polymorphisms on the risk of duodenal ulcer; 2019年12月
    発表情報; J Epidemiol
    著者; *Yoshiaki Usui, Keitaro Matsuo, Isao Oze, Tomotaka Ugai, Yuriko Koyanagi, Yoshinobu Maeda, Hidemi Ito, Asahi Hishida, Kenji Takeuchi, Takashi Tamura, Mineko Tsukamoto, Yuka Kadomatsu, Megumi Hara, Yuichiro Nishida, Ippei Shimoshikiryo, Toshiro Takezaki, Etsuko Ozaki, Daisuke Matsui, Isao Watanabe, Sadao Suzuki, Miki Watanabe, Hiroko Nakagawa-Senda, Haruo Mikami, Yohko Nakamura, Kokichi Arisawa, Hirokazu Uemura, Kiyonori Kuriki, Naoyuki Takashima, Aya Kadota, Hiroaki Ikezaki, Masayuki Murata, Masahiro Nakatochi, Yukihide Momozawa, Michiaki Kubo, Kenji Wakai
  • Synergistic effect of hypertension and smoking on the total small vessel disease score in healthy individuals: the Kashima scan study; 2019年11月
    発表情報; Hypertens Res., 42, 11, 1738-1744
    著者; Hara M, Yakushiji Y, Suzuyama K, Nishihara M, Eriguchi M, Noguchi T, Nishiyama M, Nanri Y, Tanaka, J., Hara, H.
  • Genome-wide association study revealed novel loci which aggravate asymptomatic hyperuricaemia into gout.; 2019年10月
    発表情報; Ann Rheum Dis., 78, 10, 1430-1437
    著者; *Kawamura Y, Nakaoka H, Nakayama A, Okada Y, Yamamoto K, Higashino T, Sakiyama M, Shimizu T, Ooyama H, Ooyama K, Nagase M, Hidaka Y, Shirahama Y, Hosomichi K, Nishida Y, Shimoshikiryo I, Hishida A, Katsuura-Kamano S, Shimizu S, Kawaguchi M, Uemura H, Ibusuki R, Hara M, Naito M, Takao M, Nakajima M, Iwasawa S, Nakashima H, Ohnaka K, Nakamura T, Stiburkova B, Merriman TR, Nakatochi M, Ichihara S, Yokota M, Takada T, Saitoh T, Kamatani Y, Takahashi A, Arisawa K, Takezaki T, Tanaka K, Wakai K, Kubo M, Hosoya T, Ichida K, Inoue I, Shinomiya N, Matsuo H.
  • Habitual Light-intensity Physical Activity and ASC Methylation in a Middle-aged Population.; 2019年09月
    発表情報; Int J Sports Med., 40, 10, 670-677
    著者; Nishida Y, Hara M, Higaki Y, Taguchi N, Nakamura K, Nanri H, Horita M, Shimanoe C, Yasukata J, Miyoshi N, Yamada Y, Higashimoto K, Soejima H, Tanaka K.
  • Smoking and drinking did not increase the failure of therapeutic helicobacter pylori eradication by vonoprazan, clarithromycin, and amoxicillin; 2019年09月
    発表情報; Digestion. , 99, 2, 172-178
    著者; 〇Takara Y, Endo H, Nakano R, Kawachi K, Hidaka H, Matsunaga T, Tsuruoka N, Sakata Y, Shimoda R, Hara M, Fujimoto K.
  • Case-control study of rotavirus vaccine effectiveness compared to test-negative controls or hospital controls.; 2019年08月
    発表情報; J Epidemiol., 29, 8, 282-287
    著者; ○Araki K, Hara M, Shimanoe C, Nishida Y, Matsuo M, Tanaka K.
  • A Helicobacter pylori screening and treatment program to eliminate gastric cancer among junior high school students in Saga Prefecture: a preliminary report; 2019年08月
    発表情報; J Gastroenterol., 54, 8, 699-707
    著者; 〇Kakiuchi T, Matsuo M, Endo H, Nakayama A, Sato K, Takamori A, Sasaki K, Takasaki M, Hara M, Sakata Y, Okuda M, Kikuchi S, Eguchi Y, Takahashi H, Anzai K, Fujimoto K.
  • Genome-wide association meta-analysis and Mendelian randomization analysis confirm the influence of ALDH2 on sleep durationin the Japanese population; 2019年06月
    発表情報; Sleep. , 42, 6, zsz046
    著者; *Nishiyama T, Nakatochi M, Goto A, Iwasaki M, Hachiya T, Sutoh Y, Shimizu A, Wang C, Tanaka H, Watanabe M, Hosono A, Tamai Y, Yamada T, Yamaji T, Sawada N, Fukumoto K, Otsuka K, Tanno K, Tomita H, Kojima K, Nagasaki M, Hozawa A, Hishida A, Sasakabe T, Nishida Y, Hara M, Ito H, Oze I, Nakamura Y, Mikami H, Ibusuki R, Takezaki T, Koyama T, Kuriyama N, Endoh K, Kuriki K, Turin T,C, Naoyuki T, Katsuura-Kamano S, Uemura H, Okada R, Kawai S, Naito M, Momozawa Y, Kubo M, Sasaki M, Yamamoto M, Tsugane S, Wakai K, Suzuki S,
  • Associations of nutrient patterns with the prevalence of metabolic syndrome: results from the baseline data of the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study.; 2019年04月
    発表情報; Nutrients , 11, 5, E990
    著者; *Iwasaki Y, Arisawa K, Katsuura-Kamano S, Uemura H, Tsukamoto M, Kadomatsu Y, Okada R, Hishida A, Tanaka K, Hara M, Takezaki T, Shimatani K, Ozaki E, Koyama T, Suzuki S, Nakagawa-Senda H, Kuriki K, Miyagawa N, Kadota A, Ikezaki H, Furusyo N, Oze I, Ito H, Mikami H, Nakamura Y, Wakai K.
  • Lower rebleeding rate after endoscopic band ligation than endoscopic clipping of the same colonic diverticular hemorrhagic lesion: A historical multicenter trial in Saga, Japan; 2019年03月
    発表情報; Intern Med. , 58, 5, 633-638
    著者; 〇Okamoto N, Tominaga N, Sakata Y, Hara M, Yukimoto T, Tsuruta S, Yamanouchi K, Takeshita E, Matsunaga K, Ito Y, Miyahara K, Noda T, Yamaguchi D, Tsunada S, Tanaka Y, Kawakubo H, Tsuruoka N, Shimoda R, Ogata S, Fujimoto K.
  • A genome-wide association study of coping behaviors suggests FBXO45 is associated with emotional expression; 2019年02月
    発表情報; Genes Brain Behav. , 18, 2, e12481
    著者; ○Shimanoe C, Hachiya T, Hara M, Nishida Y, Tanaka K, Sutoh Y, Shimizu A, Hishida A, Kawai S, Okada R, Tamura T, Matsuo K, Ito H, Ozaki E, Matsui D, Ibusuki R, Shimoshikiryo I, Takashima N, Kadota A, Arisawa K, Uemura H, Suzuki S, Watanabe M, Kuriki K, Endoh K, Mikami H, Nakamura Y, Momozawa Y, Kubo M, Nakatochi M, Naito M, Wakai K
  • Bivalent Human Papillomavirus Vaccine Effectiveness in a Japanese Population: High Vaccine-Type-Specific Effectiveness and Evidence of Cross-Protection; 2019年01月
    発表情報; J Infect Dis., 219, 3, 382-390
    著者; *Kudo R, Yamaguchi M, Sekine M, Adachi S, Ueda Y, Miyagi E, Hara M, Hanley S,J,B, Enomoto T,
  • Risk Factors for Delayed Hemorrhage after Colonic Endoscopic Mucosal Resection in Patients Not on Antithrombotic Therapy: Retrospective Analysis of 3,844 Polyps of 1,660 Patients; 2019年
    発表情報; Digestion. , 100, 2, 86-92
    著者; 〇Tsuruta S, Tominaga N, Ogata S, Tsuruoka N, Sakata Y, Shimoda R, Eguchi Y, Anzai K, Hara M, Fujimoto K.
  • Intensity-Specific and Modified Effects of Physical Activity on Serum Adiponectin in a Middle-Aged Population.; 2018年10月
    発表情報; J Endocr Soc., 3, 1, 13-26
    著者; Nishida Y, Higaki Y, Taguchi N, Hara M, Nakamura K, Nanri H, Imaizumi T, Sakamoto T, Shimanoe C, Horita M, Shinchi K, Tanaka K.
  • Effectiveness of monovalent and pentavalent rotavirus vaccines in Japanese children.; 2018年
    発表情報; Vaccine. , 36, 34, 5187-5193
    著者; ○Araki K, Hara M, Tsugawa T, Shimanoe C, Nishida Y, Matsuo M, Tanaka K.
  • Genome-wide association study of leisure-time exercise behavior in Japanese adults.; 2018年
    発表情報; Med Sci Sports Exerc. , 50, 12, 2433-2441
    著者; Hara M, Hachiya T, Sutoh Y, Matsuo K, Nishida Y, Shimanoe C, Tanaka K, Shimizu A, Ohnaka K, Kawaguchi T, Oze I, Matsuda F, Ito H, Kawai S, Hishida A, Okada R, Sasakabe T, Hirata A, Ibusuki R, Nindita Y, Furusyo N, Ikezaki H, Kuriyama N, Ozaki E, Mikami H, Nakamura Y, Suzuki S, Hosono A, Katsuura-Kamano S, Arisawa K, Kuriki K, Endoh K, Takashima N, Kadota A, Nakatochi M, Momozawa Y, Kubo M, Naito M, Wakai K
  • Role of rotavirus vaccination on an emerging G8P[8] rotavirus strain causing an outbreak in central Japan.; 2018年
    発表情報; Vaccine. , 36, 34, 5109
    著者; Hara M, Nakagomi O
  • Genome-wide association study of renal function traits: results from the Japan multi-institutional collaborative cohort study.; 2018年
    発表情報; Am J Nephrol. , 47, 5, 304-316
    著者; *Hishida A, Nakatochi M, Akiyama M, Kamatani Y, Nishiyama T, Ito H, Oze I, Nishida Y, Hara M, Takashima N, Turin TC, Watanabe M, Suzuki S, Ibusuki R, Shimoshikiryo I, Nakamura Y, Mikami H, Ikezaki H, Furusyo N, Kuriki K, Endoh K, Koyama T, Matsui D, Uemura H, Arisawa K, Sasakabe T, Okada R, Kawai S, Naito M, Momozawa Y, Kubo M, Wakai K; Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort (J-MICC) Study Group
  • Higher frequency of upper gastrointestinal symptoms in healthy young Japanese females compared to males and older generations.; 2018年
    発表情報; Esophagus. , 15, 2, 83-87
    著者; 〇Kawachi K, Sakata Y, Hara M, Takeshita E, Kawakubo H, Yamaguchi D, Okamoto N, Shimoda R, Iwakiri R, Tsuruoka N, Kusano M, Fujimoto K
  • Outcomes of Patients Undergoing Endoscopic Hemostasis for the Upper Gastrointestinal Bleeding Were Not Influenced by the Timing of Hospital Emergency Visits: A Situation Prevailing in Japan.; 2018年
    発表情報; Digestion. , 97, 3, 260-266
    著者; 〇Matsuura S, Sakata Y, Tsuruoka N, Miyahara K, Hara M, Ito Y, Nakayama K, Shimamura T, Noda T, Yukimoto T, Shimoda R, Iwakiri R, Fujimoto K
  • A genome-wide association study in the Japanese population identifies the 12q24 locus for habitual coffee consumption: The J-MICC Study.; 2018年
    発表情報; Sci Rep. , 8, 1, 1493
    著者; *Nakagawa-Senda H, Hachiya T, Shimizu A, Hosono S, Oze I, Watanabe M, Matsuo K, Ito H, Hara M, Nishida Y, Endoh K, Kuriki K, Katsuura-Kamano S, Arisawa K, Nindita Y, Ibusuki R, Suzuki S, Hosono A, Mikami H, Nakamura Y, Takashima N, Nakamura Y, Kuriyama N, Ozaki E, Furusyo N, Ikezaki H, Nakatochi M, Sasakabe T, Kawai S, Okada R, Hishida A, Naito M, Wakai K, Momozawa Y, Kubo M, Tanaka H
  • Influence of single-nucleotide polymorphisms in PPAR-δ, PPAR-γ, and PRKAA2 on the changes in anthropometric indices and blood measurements through exercise-centered lifestyle intervention in Japanese middle-aged men.; 2018年
    発表情報; Int J Mol Sci. , 19, 3, E703
    著者; Nishida Y, Iyadomi M, Tominaga H, Taniguchi H, Higaki Y, Tanaka H, Horita M, Shimanoe C, Hara M, Tanaka K
  • Public subsidies and the recommendation of child vaccines among primary care physicians: a nationwide cross-sectional study in Japan.; 2018年
    発表情報; BMJ Open. , 8, 7, e020923
    著者; ○Sakanishi Y, Yamamoto Y, Hara M, Fukumori N, Goto Y, Kusaba T, Tanaka K, Sugioka T, Vaccine Project Team JPCA, Fukuhara S
  • Modification of the associations of alcohol intake with serum low-density lipoprotein cholesterol and triglyceriwdes by ALDH2 and ADH1B polymorphisms in Japanese men.; 2018年
    発表情報; J Epidemiol. , 28, 4, 185-193
    著者; *Sasakabe T, Wakai K, Kawai S, Hishida A, Naito M, Suzuki S, Nindita Y, Arisawa K, Kita Y, Hara M, Kuriyama N, Hirata A, Mikami H, Oze I, Kubo M, Tanaka H, Hamajima N
  • Perceived Stress, Depressive Symptoms, and Oxidative DNA Damage.; 2018年
    発表情報; Psychosom Med. , 80, 1, 28-33
    著者; Shimanoe C, Hara M, Nishida Y, Nanri H, Horita M, Yamada Y, Li Y S, Kasai H, Kawai K, Higaki Y, Tanaka K
  • Coping strategy and social support modify the association between perceived stress and C-reactive protein: a longitudinal study of healthy men and women.; 2018年
    発表情報; Stress. , 21, 3, 237-246
    著者; Shimanoe C, Hara M, Nishida Y, Nanri H, Otsuka Y, Horita M, Yasukata J, Miyoshi N, Yamada Y, Higaki Y, Tanaka K
  • Immunogenicity of Quadrivalent Influenza Vaccine for Patients with Inflammatory Bowel Disease Undergoing Immunosuppressive Therapy.; 2018年
    発表情報; Inflamm Bowel Dis. , 24, 5, 1082-1091
    著者; 〇Shirai S, Hara M, Sakata Y, Tsuruoka N, Yamamoto K, Shimoda R, Gomi Y, Yoshii H, Fujimoto K, Iwakiri R
  • Association of exposure level to passive smoking with hypertension among lifetime nonsmokers in Japan: a cross-sectional study.; 2018年
    発表情報; Medicine (Baltimore). , 97, 48, e13241
    著者; *Tamura T, Kadomatsu Y, Tsukamoto M, Okada R, Sasakabe T, Kawai S, Hishida A, Hara M, Tanaka K, Shimoshikiryo I, Takezaki T, Watanabe I, Matsui D, Nishiyama T, Suzuki S, Endoh K, Kuriki K, Kita Y, Katsuura-Kamano S, Arisawa K, Ikezaki H, Furusyo N, Koyanagi YN, Oze I, Nakamura Y, Mikami H, Naito M, Wakai K
  • Differential misclassification between self-reported status and official HPV vaccination records in Japan: Implications for evaluating vaccine safety and effectiveness.; 2018年
    発表情報; Papillomavirus Res. , 6, 6-10
    著者; *Yamaguchi M, Sekine M, Kudo R, Adachi S, Ueda Y, Miyagi E, Hara M, Hanley S,J,B, Enomoto T
  • Perforation and postoperative bleeding associated with endoscopic submucosal dissection in colorectal tumors: An analysis of 398 lesions treated in Saga, Japan.; 2018年
    発表情報; Intern Med. , 57, 15, 2115-2122
    著者; 〇Yamamoto K, Shimoda R, Ogata S, Hara M, Ito Y, Tominaga N, Nakayama A, Sakata Y, Tsuruoka N, Iwakiri R, Fujimoto K
  • Genetic Predisposition to Ischemic Stroke: A Polygenic Risk Score.; 2017年
    発表情報; Stroke. , 48, 2, 253-258
    著者; *Hachiya T, Kamatani Y, Takahashi A, Hata J, Furukawa R, Shiwa Y, Yamaji T, Hara M, Tanno K, Ohmomo H, Ono K, Takashima N, Matsuda K, Wakai K, Sawada N, Iwasaki M, Yamagishi K, Ago T, Ninomiya T, Fukushima A, Hozawa A, Minegishi N, Satoh M, Endo R, Sasaki M, Sakata K, Kobayashi S, Ogasawara K, Nakamura M, Hitomi J, Kita Y, Tanaka K, Iso H, Kitazono T, Kubo M, Tanaka H, Tsugane S, Kiyohara Y, Yamamoto M, Sobue K, Shimizu A.
  • Development of suitable method for large-scale urinary glucocorticoid analysis by liquid chromatography-mass spectrometry; 2017年
    発表情報; J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci. , 1057, 62-69
    著者; ○Matsumoto A, Shimanoe C, Tanaka K, Ichiba M, Hara M.
  • Influence of a home-based exercise program on the urine pH in elderly female subjects: a secondary analysis of a randomized controlled trial.; 2017年
    発表情報; Eur Rev Aging Phys Act. , 14, 7
    著者; Nishida Y, Tanaka K, Hara M, Hirao N, Tanaka H, Tobina T, Ikeda M, Yamato H, Ohta M.
  • The adenoma miss rate of blue-laser imaging vs. White-light imaging during colonoscopy: A randomized tandem trial; 2017年
    発表情報; Endoscopy. , 49, 2, 186-190
    著者; 〇Shimoda R, Sakata , Fujise T, Yamanouchi K, Tsuruoka N, Hara M, Nakayama A, Yamaguchi D, Akutagawa T, Fujimoto K, Iwakiri R.
  • Risk factors for helicobacter pylori infection and endoscopic reflux esophagitis in healthy young Japanese volunteers; 2017年
    発表情報; Intern Med. , 56, 22, 2979-2983
    著者; 〇Tanaka Y, Sakata Y, Hara M, Kawakubo H, Tsuruoka N, Yamamoto K, Itoh Y, Hidaka H, Shimoda R, Iwakiri R, Fujimoto K.
  • Helicobacter pylori infection status had no influence on upper gastrointestinal symptoms: a cross-sectional analysis of 3,005 Japanese subjects without upper gastrointestinal lesions undergoing medical health checkups; 2017年
    発表情報; Esophagus. , 14, 3, 249-253
    著者; 〇Yoshioka T, Takeshita E, Sakata Y, Hara M, Akutagawa K, Sakata N, Endo H, Ohyama T, Matsunaga, Tanaka Y, Shirai S, Ito Y, Tsuruoka N, Iwakiri R, Kusano M, Fujimoto K.
  • Estimating rotavirus vaccine effectiveness in Japan using a screening method.; 2016年
    発表情報; Hum. Vacc. Immunother., 12, 5, 1244-9
    著者; Araki K, Hara M, Sakanishi Y, Shimanoe C, Nishida Y, Matsuo M, Tanaka K
  • Infectious disease during hospitalization is the major causative factor for prolonged hospitalization: Multivariate analysis of diagnosis procedure combination (DPC) data of 20,876 cases in Japan; 2016年
    発表情報; J. Clin. Biochem. Nutr., 59, 1, 49-52
    著者; 〇Fujii S, Hara M, Nonaka S, Ishikawa S, Aoki Y, Anzai,K, Morita S, Fujimoto K, Mawatari M.
  • Immunogenicity and efficacy of A/H1N1pdm vaccine among subjects with severe motor and intellectual disability in the 2010/11 influenza season; 2016年
    発表情報; J. Epidemiol., 26, 6, 300-6
    著者; Hara M, Hanaoka T, Maeda K, Kase T, Ohfuji S, Fukushima W, Hirota Y
  • Intensity-specific effect of physical activity on urinary levels of 8-hydroxydeoxyguanosine in middle-aged Japanese; 2016年
    発表情報; Cancer Sci., 107, 11, 1653-1659
    著者; Hara M, Nishida Y, Shimanoe C, Otsuka Y, Nanri H, Yasukata J, Miyoshi N, Yamada Y, Horita M, Kawai K, Li YS, Kasai J, Kasai H, Higaki Y, Tanaka K.
  • Upper gastrointestinal symptoms are more frequent in female than male young healthy Japanese volunteers as evaluated by questionnaire; 2016年
    発表情報; J. Neurogastroenterol. Motil., 22, 2, 248-53
    著者; 〇Kawakubo H, Tanaka Y, Tsuruoka N, Hara M, Yamamoto K, Hidaka H, Sakata Y, Shimoda R, Iwakiri R, Kusano M, Fujimoto K.
  • Influence of cigarette smoking and inflammatory gene polymorphisms on glycated hemoglobin in the Japanese general population.; 2016年
    発表情報; Prev. Med. Rep., 3, 288-95
    著者; Nishida Y, Hara M, Sakamoto T, Shinchi K, Kawai S, Naito M, Hamajima N, Kadota A, Suzuki S, Ibusuki R, Hirata A, Yamaguchi M, Kuriyama N, Oze I, Mikami H, Kubo M, Tanaka H
  • Higher Frequency of Reflux Symptoms and Acid-Related Dyspepsia in Women than Men Regardless of Endoscopic Esophagitis: Analysis of 3,505 Japanese Subjects Undergoing Medical Health Checkups; 2016年
    発表情報; Digestion, 93, 4, 266-71
    著者; 〇Takeshita E, Sakata Y, Hara M, Akutagawa K, Sakata N, Endo H, Ohyama T, Matsunaga K, Yoshioka T, Kawakubo H, Tanaka Y, Shirai S, Ito Y, Tsuruoka N, Iwakiri R, Kusano M, Fujimoto K.
  • Five biopsy specimens from the proximal part of the tumor reliably determine HER2 protein expression status in gastric cancer; 2016年
    発表情報; Gastric Cancer, 19, 2, 553-60
    著者; 〇Tominaga N, Gotoda T, Hara M, Hale MD, Tsuchiya T, Matsubayashi J, Kono S, Kusano C, Itoi T, Fujimoto K, Moriyasu F, Grabsch HI.
  • Increase in endoscopic and laparoscopic surgery regarding the therapeutic approach of gastric cancer detected by cancer screening in Saga Prefecture, Japan; 2016年
    発表情報; Internal Med., 55, 10, 1247-53
    著者; 〇Yamaguchi S, Sakata Y, Iwakiri R, Hara M, Akutagawa K, Shimoda R, Yamaguchi D, Hidaka H, Sakata H, Fujimoto K, Mizuguchi M, Shimoda Y, Irie H, Noshiro H.
  • Risk factors for low response to proton-pump inhibitor treatment in reflux esophagitis and non-erosive reflux disease evaluated by the frequency scale for the symptoms of gastroesophageal reflux disease; 2015年
    発表情報; Esophagus., 12, 225-232
    著者; ○Akutagawa K, Iwakiri R, Hara M, Fujimoto K, Fujiwara Y, Inamori M, Tanaka J, Shimatani T, Akiyama J, Ando T, Manabe N, Kinjo F, Deguchi R, Kusano M
  • コーホート研究による地域在住高齢者におけるインフルエンザワクチンの有効性評価; 2015年
    発表情報; 臨床医薬, 31, 4, 300-308
    著者; 原 めぐみ
  • Pertussis outbreak in university students and evaluation of acellular pertussis vaccine effectiveness in Japan.; 2015年
    発表情報; BMC Infect. Dis., 15, 1, 45
    著者; Hara M, Fukuoka M, Tashiro K, Ozaki I, Ohfuji S, Okada K, Nakano T, Fukushima W, Hirota Y
  • Factors associated with non-participation in a face-to-face second survey conducted 5 years after the baseline survey.; 2015年
    発表情報; J. Epidemiol., 25, 2, 117-125
    著者; Hara M, Shimanoe C, Otsuka Y, Nishida Y, Nanri H, Horita M, Yasukata J, Miyoshi N, Yamada Y, Higaki Y, Tanaka K.
  • Association between PPARGC1A polymorphism and aerobic capacity in Japanese middle-aged men.; 2015年
    発表情報; Intern. Med., 54, 4, 359-366
    著者; Nishida Y, Iyadomi M, Higaki Y, Tanaka H, Kondo Y, Otsubo H, Horita M, Hara M, Tanaka K
  • Effects of home-based bench step exercise on inflammatory cytokines and lipid profiles in elderly Japanese females: A oandomized controlled trial.; 2015年
    発表情報; Arch. Gerontol. Geriatr., 61, 3, 443-451
    著者; Nishida Y, Tanaka K, Hara M, Hirao N, Tanaka H, Tobina T, Ikeda M, Yamato H, Ohta M
  • Dietary patterns and serum gamma-glutamyl transferase in Japanese men and women.; 2015年
    発表情報; J. Epidemiol., 25, 5, 378-386
    著者; *Nanri H, Hara M, Nishida Y, Shimanoe C, Nakamura K, Higaki Y, Imaizumi T, Taguchi N, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Kokaze A, Tanaka K
  • Effectiveness of acellular pertussis vaccine in a routine immunization program: a multicenter, case-control study in Japan.; 2015年
    発表情報; Vaccine., 33, 8, 1027-1032
    著者; *Ohfuji S, Okada K, Nakano T, Ito H, Hara M, Kuroki H, Hirota Y
  • Perceived stress and coping strategies in relation to body mass index: cross-sectional study of 12,045 Japanese men and women; 2015年
    発表情報; Plos One, 10, 2, e0118105
    著者; Shimanoe C, Hara M, Nishida Y, Nanri H, Otsuka Y, Nakamura K, Higaki Y, Imaizumi T, Taguchi N, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Tanaka K.
  • Basal Ganglia Cerebral Microbleeds and Global Cognitive Function: The Kashima Scan Study.; 2015年
    発表情報; J. Stroke Cerebrovasc. Dis., 24, 2, 431-439
    著者; ○Yakushiji Y, Noguchi T, Charidimou A, Eriguchi M, Nishihara M, Hara M, Nanri Y, Horikawa E, Nishiyama M, Werring DJ、Hara H.
  • Associations between hOGG1 Ser326Cys polymorphism and increased body mass index and fasting glucose in the Japanese general population; 2014年
    発表情報; J Epidemiol. , 24, 5, 379-384
    著者; Hara M, Nakamura K, Nanri H, Nishida Y, Hishida A, Kawai S, Hamajima N, Kita K, Suzuki S, Mantjoro E M, Ohnaka K, Uemura H, Matsui D, Oze I, Mikami H, Kubo M and Tanaka H on behalf of the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort (J-MICC) Study Group.
  • Low-dose aspirin and comorbidities are significantly related to bleeding peptic ulcer in elderly patents compared with nonelderly patients in Japan.; 2014年
    発表情報; Intern Med. , 53, 5, 367-73
    著者; 〇Higuchi T, Iwakiri R, Hara M, Shimoda R, Sakata Y, Nakayama A, Nio K, Yamaguchi S, Yamaguchi D, Watanabe A, Akutagawa T, Sakata H, Fujimoto K.
  • Objectively measured physical activity and inflammatory cytokine levels in middle-aged Japanese people.; 2014年
    発表情報; Prev Med. , 64, 81-7
    著者; Nishida Y, Higaki Y, Taguchi N, Hara M, Nakamura K, Nanri H, Imaizumi T, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Tanaka K
  • Short Report: Association of IL-15 with Peripheral and Hepatic Insulin Sensitivity in Healthy Middle-Aged Men; 2014年
    発表情報; Open J. Endocr. Metab. Dis. , 4, 3, 59-67
    著者; Nishida Y, Tokuyama K, Nagasaka S, Kiyonaga A, Higaki Y, Hara M, Tanaka K, Tanaka H.
  • わが国のプライマリ・ケア医の定期接種および任意接種ワクチンの接種状況,接種推奨割合および接種推奨の障壁.; 2014年
    発表情報; 日本プライマリ・ケア連合学会誌 , 37, 3, 254-259
    著者; ○坂西雄太, 原めぐみ, 福森則男, 草場鉄周, 田中恵太郎, 杉岡隆
  • Gender-specific associations of perceived stress and coping strategies with C-reactive protein in middle-aged and older men and women; 2014年
    発表情報; Int J Behav Med. , 21, 5, 821-32
    著者; Shimanoe C, Otsuka Y, Hara M, Nanri H, Nishida Y, Nakamura K, Higaki Y, Imaizumi T, Taguchi N, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Tanaka K
  • Topography an associations of perivascular spaces in healthy adults: The Kashima Scan Study.; 2014年
    発表情報; Neurology , 83, 23, 2116-23
    著者; 〇Yakushiji Y, Charidimou A, Hara M, Noguchi T, Nishihara M, Eriguchi M, Nanri Y, Nishiyama M, Werring DJ, Hara H
  • Immunogenicity and safety after booster vaccination of diphtheria, tetanus, and acellular pertussis in young adults: an open randomized controlled trial in Japan.; 2013年
    発表情報; Clin. Vaccine Immunol., 20, 12, 1799-1804
    著者; Hara M, Okada K, Yamaguchi Y, Uno S, Otsuka Y, Shimanoe C, Nanri H, Horita M, Ozaki I, Nishida Y, Tanaka K
  • 喫煙・受動喫煙状況,喫煙に対する意識および喫煙防止教育の効果: 佐賀県の小学校6年生の153校7,585人を対象として.; 2013年
    発表情報; 日本公衛誌, 60, 8, 444-452
    著者; 原めぐみ, 田中恵太郎
  • Joint effect of hypertension and lifestyle-related risk factors on the risk of brain microbleeds in healthy individuals.; 2013年
    発表情報; Hypertens. Res., 36, 9, 789-794
    著者; Hara M, Yakushiji Y, Nannri H, Sasaki S, Noguchi T, Nishhiyama M, Hirostu T, Nakajima J, Hara H.
  • Simultaneous measurement of urinary total nicotine and cotinine as biomarkers of active and passive smoking among Japanese individuals.; 2013年
    発表情報; Environmen Health Prev. Med., 18, 3, 244-250
    著者; 〇Matsumoto A, Matsumoto A, Ichiba M, Payton NM, Oishi H, Hara M
  • Stroke scale item associated with neurologic seterioration within 24 hours after recombinant tissue plasminogen activator therapy; 2013年
    発表情報; J. Stroke Cerebrovasc. Dis., 22, 7, 1117-1124
    著者; 〇Nanri Y, Yakushiji Y, Hara M, Eriguchi M, Okada R, Yukitake M, Hara H
  • Effect of the PPARG2 Pro12Ala Polymorphism and Clinical Risk Factors for Diabetes Mellitus on HbA1c in the Japanese General Population.; 2012年
    発表情報; J Epidemiol., 22, 6, 523-531
    著者; Hara M, Higaki Y, Taguchi N, Shinchi K, Morita E, Naito M, Hamajima N, Takashima N, Suzuki S, Nakamura A, Ohnaka , Uemura H, Nishida H, Hosono S, Mikami H, Kubo M, Tanaka H
  • Longitudinal study of parental smmokig habits and development of asthma in early childhood.; 2012年
    発表情報; Prev Med., 54, 1, 94-96
    著者; *Kanoh M, Kaneita Y, Hara M, Harada S, Gon Y, Kanamaru H, Ohida T
  • Pro-/anti-inflammatory cytokine gene polymorphisms and chronic kidney disease: a cross-sectional study.; 2012年
    発表情報; BMC Nephrol., 13, 2
    著者; *Okada R, Wakai K, Naito M, Morita E, Kawai S, Hamajima N, Hara M, Takashima N, Suzuki S, Takezaki T, Ohnaka K, Arisawa K, Hirohata H, Matsuo K, Mikami H, Kubo M, Tanaka H
  • Distributional impact on brain microbleeds on cognitive function in adults without neurological disorder.; 2012年
    発表情報; Stroke., 43, 7, 1800-1805
    著者; 〇Yakushiji Y, Noguchi T, Hara M, Nishihara M, Eriguchi M, Nanri Y, Nishiyama M, Hara T
  • Diminished immunogenicity to pandemic H1N1 2009 influenza vaccine in subjects with severe motor and intellectual disability.; 2011年
    発表情報; Vaccine , 29, 46, 8323-8329
    著者; Hara M, Hanaoka T, MIzushima T, Honma J, Maeda K, Ohfuji S, Tanaka K, Hirota Y
  • Optimal cutoff values of waist circumference and the discriminatory performance of other anthropometric indices to detect the clustering of cardiovascular risk factors for metabolic syndrome in Japanese men and women.; 2011年
    発表情報; Environ. Health Prev. Med. , 16, 1, 52-60
    著者; Nakamura K, Nanri H, Hara M, Higaki Y, Imaizumi T, Taguchi N, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Tanaka K
  • Association between dietary pattern and serum C-reactive protein in Japanese men and women.; 2011年
    発表情報; J. Epidemiol. , 21, 2, 122-131
    著者; Nanri H, Nakamura K, Hara M, Higaki Y, Imaizumi T, Taguchi N, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Tanaka K
  • Influence of physical activity intensity and aerobic fitness on the anthropometric index and serum uric acid concentration in people with obesity.; 2011年
    発表情報; Intern. Med. , 50, 19, 2121-2128
    著者; Nishida Y, Iyadomi M, Higaki Y, Tanaka H, Hara M, Tanaka K
  • NSAIDs are a significant risk factor for colonic diverticular hemorrhage in elder patients: evaluation by a case-control study.; 2011年
    発表情報; J. Gastroenterol. Heaptol. , 26, 6, 1047-1052
    著者; Tsuruoka N, Iwakiri R, Hara M, Shirahama N, Sakata Y, Miyahara K, Eguchi Y, Shimoda R, Ogata S, Tsunada S, Sakata H, Fujimoto K
  • Profile of participants and genotype distributions of 108 polymorphisms in a cross-sectional study of associations of genotypes with lifestyle and clinical factors: a project in the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort (J-MICC) study.; 2011年
    発表情報; J. Epidemiol. , 21, 3, 223-235
    著者; Wakai K, Hamajima N, Okada R, Naito M, Morita E, Hishida A, Kawai S, Nishio K, Yin G, Asai Y, Matsuo K, Hosono S, Ito H, Watanabe M, Kawase T, Suzuki T, Tajima K, Tanaka K, Higaki Y, Hara M, Imaizumi T, Taguchi N, Nakamura K, Nanri H, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Kita Y, Turin TC, Rumana N, Matsui K, Miura K, Ueshima H, Takashima N, Nakamura Y, Suzuki S, Ando R, Hosono A, Imaeda N, Shibata K, Goto C, Hattori N, Fukatsu M, Yamada T, Tokudome S, Takezaki T, Niimura H, Hirasada K, Nakamura A, Tatebo M, Ogawa S, Tsunematsu N, Chiba S, Mikami H, Kono S, Ohnaka K, Takayanagi R, Watanabe Y, Ozaki E, Shigeta M, Kuriyama N, Yoshikawa A, Matsui D, Watanabe I, Inoue K, Ozasa K, Mitani S, Arisawa K, Uemura H, Hiyoshi M, Takami H, Yamaguchi M, Nakamoto M, Takeda H, Kubo M, Tanaka H
  • Factors influencing participation rate in a baseline survey of a genetic cohort in Japan.; 2010年
    発表情報; J. Epidemiol., 20, 1, 40-45
    著者; Hara M, Higaki Y, Imaizumi T, Taguchi N, Nakamura K, Nanri H, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Tanaka K
  • The association between cancer risk and age at onset of smoking in Japanese.; 2010年
    発表情報; J Epidemio,, 20, 2, 128-135
    著者; Hara M, Inoue M, Shimazu T, Yamamoto T, Tsugane S.
  • Evaluation of seasonal influenza vaccination effectiveness based on antibody efficacy among the institutionalized elderly in Japan.; 2010年
    発表情報; Vaccine, 28, 35, 5664-5668
    著者; Hara M, Tanaka K, Kase T, Maeda A, Hirota Y
  • Risk factors for complications of endoscopic submucosal dissection in gastric tumors: analysis of 478 lesions.; 2010年
    発表情報; J Gastroenterol,, 45, 1, 30-36
    著者; Mannen K, Tsunada S, Hara M, Yamaguchi K, Sakata Y, Fujise T, Noda T, Shimoda R, Sakata H, Ogata S, Iwakiri S, Fujimoto K.
  • Enzyme-linked immunosorbent assay of nicotine metabolites.; 2010年
    発表情報; Environ Health Prev Med,, 15, 4, 211-216
    著者; Matsumoto A, Ino T, Ohta M, Otani T, Hanada S, Sakuraoka A, Matsumoto A, Ichiba M, Hara M
  • Marked cerebral atrophy is correlated with kidney dysfunction in nondisabled adults.; 2010年
    発表情報;  Hypertension Research,, 33, 12, 1232-1237
    著者; Yakushiji Y, Nanri Y, Hirotsu T, Nishihara M, Hara M, Nakajima J, Eriguchi M, Nishiyama M, Hara H, Node K.
  • Interaction between cytochrome P450 1A2 genetic polymorphism and cigarette smoking on the risk of hepatocellular carcinoma in a Japanese population.; 2009年
    発表情報; Carcinogenesis 30: 1729-1734, 30, 1729-1734
    著者; Imaizumi T, Higaki Y, Hara M, Sakamoto T, Horita M, Mizuta T, Eguchi Y, Yasutake T, Ozaki I, Yamamoto K, Onohara S, Kawazoe S, Shigematsu H, Koizumi S, Kudo S, Tanaka K
  • Validity and reliability of kano Test for Social Nicotine Dependence; 2009年
    発表情報; Ann Epidemiol. 19: 815-22., 19, 815-822
    著者; * Otani T, Yoshii M, Kano M, Kitagawa M, Inagaki K, Kurioka N, Isomura T, Hara M, Okubo Y, Koyama H.
  • Hepatitis C virus infection enhances insulin resistance induced by visceral fat accumulation.; 2009年
    発表情報; Liver International. 29 (2): 213-220, 29, 2, 213-220
    著者; ○Eguchi Y., Mizuta T, Ishibashi T, Kitajima T, Oza N, Nakashita S, Hara M, Iwane S, Takahashi, H Akiyama T, Ario K, Kawaguchi Y, Yasutake T, Iwakiri R, Ozaki I, Hisatomi A, Eguchi T, Ono N, Fujimoto K.
  • Low-dose aspirin is a prominent cause of bleeding ulcers in patients who underwent emergency endoscopy.; 2009年
    発表情報; J Gastroenterol. 44(9):912-8, 44, 9, 912-918
    著者; ○Nakayama M, Iwakiri R, Hara M, Ootani H, Shimoda R, Tsunada S, Sakata H, Fujimoto K
  • A case-cotrol study on cigarette smoking and risk of hepatocellular carcinoma among Japanese; 2008年
    発表情報; Cancer Sci, 99, 1, 93-97
    著者; Hara M, Tanaka K, Sakamoto T, et. al
  • Inverse association between coffee drinking and the risk of hepatocellular carcinoma: a case-control study in Japan; 2007年
    発表情報; Cancer Sci, 2, 214-218
    著者; Tanaka K, Hara M, Sakamoto T, et. al
  • Influence of alcohol consumption and gene polymorphisms of ADH2 and ALDH2 on hepatocellular carcinoma in a Japanese population; 2006年
    発表情報; Int J Cancer, 118, 1501-1507
    著者; Sakamoto T, Hara M, Higaki Y, et. al
  • Effectiveness of Influenza Vaccination in Preventing Influenza-like Illness among Community-Dwelling Elderly: Population-based Cohort Study in Japan; 2006年
    発表情報; Vaccine, 24, 5546-5551
    著者; Hara M, Sakamoto T, Tanaka K
  • hOGG1 Ser326Cys polymorphism and risk of hepatocellular carcinoma among Japanese; 2006年
    発表情報; J Epidemiol, 16, 6, 233-239
    著者; Sakamoto T, Higaki Y, Hara M, et. al
  • Immune response to influenza vaccine in healthy adults and the elderly: association with nutritional status; 2005年
    発表情報; VACCINE, 23, 12, 1457-1463
    著者; Hara, M / Tanaka, K / Hirota, Y
  • Dysphagia Associated with Gastroesophageal Reflux Disease Is Improved by Proton Pump Inhibitor; 2005年
    発表情報; DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES, 50, 10, 1921-1926
    著者; Oda, K / Iwakiri, R / Hara, M / Watanabe, K / Danjo, A / Shimoda, R / Kikkawa, A / Ootani, A
  • 地域高齢者におけるインフルエンザ予防接種の有効性に関する追跡研究:2003/04シーズン研究報告書; 2005年
    発表情報; 佐賀市医師会報, 342, 8-10
    著者; 田中恵太郎、原めぐみ、坂本龍彦
  • 長野県の低がん死亡率と農作物との関連についての疫学研究; 2004年
    発表情報; 農工研通信, 129, 1, 2-6
    著者; 原めぐみ, 花岡知之
  • hOGG1 Ser326Cys polymorphism, interaction with environmental exposures, and gastric cancer risk in Japanese populations; 2004年
    発表情報; CANCER SCIENCE, 95, 12, 977-983
    著者; Tsukino, H / Hanaoka, T / Otani, T / Iwasaki, M / Kobayashi, M / Hara, M / Natsukawa, S / Shaura, K
  • Cruciferous Vegetables, Mushrooms, and Gastrointestinal Cancer Risks in a Multicenter, Hospital-Based Case-Control Study in Japan; 2003年
    発表情報; NUTRITION AND CANCER, 46, 2, 138-147
    著者; Hara, M / Hanaoka, T / Kobayashi, M / Otani, T / Adachi, H. Y / Montani, A / Natsukawa, S / Shaura, K
  • Endoscopic injection sclerotherapy for esophageal varices in cirrhotic patients with hepatocellular carcinoma: risk factors for survival; 2003年
    発表情報; J Clin Gastroenterol, 36, 1, 39-71
    著者; Matsunaga K, Iwakiri R, Hara M, Sakata H, Ogusu T, et.al.
  • A polymorphism in the promoter of the CD14 gene (CD14/-159) is associated with the development of coronary artery lesions in patients with Kawasaki disease; 2003年
    発表情報; JOURNAL OF PEDIATRICS, 143, 3, 357-362
    著者; Nishimura, S / Zaitsu, M / Hara, M / Yokota, G / Watanabe, M / Ueda, Y / Imayoshi, M / Ishii, E
  • Clinical Symptoms in Endoscopic Reflux Esophagitis Evaluation in 8031 Adult Subjects; 2003年
    発表情報; DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES, 48, 12, 2237-2241
    著者; Okamoto, K / Iwakiri, R / Mori, M / Hara, M / Oda, K / Danjo, A / Ootani, A / Sakata, H
  • 佐賀県における胃がん・肺がんの生存率特性―進展度,治療施設の種類,規模による検討―; 2003年
    発表情報; JACR Monograph, 8, 51-56
    著者; 原めぐみ,田中恵太郎,前田綾子,片渕祐子,太田善郎
  • Comparison of cause-specific mortality between respondents and nonrespondents in a population-based prospective study; 2002年
    発表情報; JOURNAL OF CLINICAL EPIDEMIOLOGY, 55, 2, 150-156
    著者; Hara, M / Sasaki, S / Sobue, T / Yamamoto, S / Tsugane, S
  • Smoking and Risk of Premature Death among Middle-aged Japanese: Ten-year Follow-up of the Japan Public Health Center-based Prospective Study on Cancer and Cardiovascular Diseases (JPHC Study) Cohort I; 2002年
    発表情報; JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 93, 1, 6-14
    著者; Hara, M / Sobue, T / Sasaki, S / Tsugane, S / JPHC Study Group
  • Cigarette smoking and subsequent risk of lung cancer by histologic type in middle-aged Japanese men and women: The JPHC study; 2002年
    発表情報; INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 99, 2, 245-251
    著者; Sobue, T / Yamamoto, S / Hara, M / Sasazuki, S / Sasaki, S / Tsugane, S / JPHC Study Group

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • HPVワクチンの有効性と安全性をどのように評価していけばよいのか?; 2019年02月
    発表情報; 外来小児科 特集:子宮頸がんとHPVワクチンを考える, 22, 1, 27-32
    著者; 原 めぐみ
  • 重症心身障害児・者におけるインフルエンザワクチンの免疫応答と有効性に関する調査; 2008年
    発表情報; 厚生労働省研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 インフルエンザをはじめとした、各種予防接種の政策評価に関する分析疫学研究 平成18年度総括・分担研究報告書, 106-115
    著者; 原めぐみ、田中恵太郎、他
  • 重症心身障害児・者施設におけるインフルエンザワクチンの接種状況に関する調査; 2008年
    発表情報; 厚生労働省研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 インフルエンザをはじめとした、各種予防接種の政策評価に関する分析疫学研究 平成18年度総括・分担研究報告書, 102-105
    著者; 原めぐみ、田中恵太郎、他
  • インフルエンザワクチンの有効性 文献抄訳集; 2008年
    発表情報; 厚生労働省研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 インフルエンザをはじめとした、各種予防接種の政策評価に関する分析疫学研究
    著者; 編集: 小笹晃太郎、鷲尾昌一、田中隆、執筆者: 原めぐみ他
  • 地方自治体等での母子保健領域におけるたばこ対策に関する状況等の全国調査; 2008年
    発表情報; 厚生労働省研究費補助金 がん臨床研究事業 がん予防に資する未成年等における包括的たばこ対策に関する研究 平成19年度総括・分担研究報告書, 17-33
    著者; 原めぐみ
  • がん予防に資する未成年等における包括的たばこ対策に関する研究; 2008年
    発表情報; 喫煙・受動喫煙のビオロジカルモニタリングに関する研究, 125-127
    著者; 松本明子、原めぐみ
  • がん予防に資する未成年等における包括的たばこ対策に関する研究; 2008年
    発表情報; 厚生労働省研究費補助金 がん臨床研究事業 がん予防に資する未成年等における包括的たばこ対策に関する研究 平成19年度総括・分担研究報告書, 1-16
    著者; 原めぐみ
  • 重症心身障害児・者におけるインフルエンザワクチンの免疫応答と有効性に関する調査 研究計画及び進捗状況; 2007年
    発表情報; 厚生労働省研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 インフルエンザをはじめとした、各種予防接種の政策評価に関する分析疫学研究 平成18年度総括・分担研究報告書, 120-121
    著者; 原めぐみ、田中恵太郎、他
  • 幼児におけるインフルエンザワクチンの接種状況と有効性に関する研究; 2007年
    発表情報; 厚生労働省研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 インフルエンザをはじめとした、各種予防接種の政策評価に関する分析疫学研究 平成18年度総括・分担研究報告書, 112-119
    著者; 原めぐみ、田中恵太郎、他
  • インフルエンザワクチンの有効性 文献抄訳集; 2007年
    発表情報; インフルエンザワクチンの有効性 文献抄訳集
    著者; 編集: 小笹晃太郎、鷲尾昌一、田中隆、執筆者: 原めぐみ他
  • インフルエンザの予防と対策; 2007年
    発表情報; 財団法人 日本公衆衛生協会
    著者; 監修:廣田良夫、葛西健、編集: 小笹晃太郎、鷲尾昌一、藤枝恵、訳者: 原めぐみ他
  • 未成年・妊産婦における禁煙支援・治療に関する出版物の翻訳; 2007年
    発表情報; 厚生労働省研究費補助金 がん臨床研究事業 がん予防に資する未成年等における包括的たばこ対策に関する研究 平成18年度総括・分担研究報告書, 46-49
    著者; 原めぐみ
  • 地方自治体等における未成年・妊産婦等の住民に対するたばこ対策に関する研究; 2007年
    発表情報; 厚生労働省研究費補助金 がん臨床研究事業 がん予防に資する未成年等における包括的たばこ対策に関する研究 平成18年度総括・分担研究報告書, 9-22
    著者; 原めぐみ
  • がん予防に資する未成年等における包括的たばこ対策に関する研究; 2007年
    発表情報; 厚生労働省研究費補助金 がん臨床研究事業 がん予防に資する未成年等における包括的たばこ対策に関する研究 平成18年度総括・分担研究報告書, 1-8
    著者; 原めぐみ
  • 地域高齢者におけるインフルエンザ予防接種の有効性研究:インフルエンザ様症状の発熱の閾値に関する考察; 2006年
    発表情報; 厚生労働省研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 インフルエンザをはじめとした、各種予防接種の政策評価に関する分析疫学研究 平成17年度総括・分担研究報告書, 111-114
    著者; 原めぐみ、田中恵太郎、他
  • 地域高齢者におけるインフルエンザ予防接種の有効性に関する研究:2004/05シーズンにおけるインフルエンザ発症、流行期間中の発熱、死亡についての検討; 2006年
    発表情報; 厚生労働省研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 インフルエンザをはじめとした、各種予防接種の政策評価に関する分析疫学研究 平成17年度総括・分担研究報告書, 99-110
    著者; 原めぐみ、田中恵太郎、他
  • インフルエンザワクチンの有効性 文献抄訳集; 2006年
    発表情報; 厚生労働省研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 インフルエンザをはじめとした、各種予防接種の政策評価に関する分析疫学研究
    著者; 編集: 小笹晃太郎、鷲尾昌一、田中隆、執筆者: 原めぐみ他
  • インフルエンザの予防と対策; 2006年
    発表情報; 財団法人 日本公衆衛生協会
    著者; 監修:廣田良夫、葛西健、編集: 小笹晃太郎、鷲尾昌一、藤枝恵、訳者: 原めぐみ他
  • インフルエンザの予防と対策; 2005年
    発表情報; 財団法人 日本公衆衛生協会
    著者; 慣習:廣田良夫、葛西健、編集: 小笹晃太郎、鷲尾昌一、藤枝恵、訳者: 原めぐみ他
  • インフルエンザワクチンの有効性 文献抄訳 第3集; 2005年
    発表情報; 厚生労働省研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 インフルエンザ予防接種のEBMに基づく政策評価に関する研究班
    著者; 編集: 小笹晃太郎、鷲尾昌一、田中隆、執筆者: 原めぐみ他
  • 地域高齢者におけるインフルエンザ予防接種の有効性に関する追跡調査:2003/04シーズンにおけるインフルエンザ発症、流行期間中の発熱、死亡についての検討; 2005年
    発表情報; 厚生労働省研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 インフルエンザ予防接種のEBMに基づく政策評価に関する研究班 平成16年度総括・分担研究報告書, 99-110
    著者; 原めぐみ、田中恵太郎、他
  • インフルエンザワクチンの有効性 文献抄訳 第2集; 2004年
    発表情報; 厚生労働省研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 インフルエンザ予防接種のEBMに基づく政策評価に関する研究班
    著者; 編集: 小笹晃太郎、鷲尾昌一、田中隆、執筆者: 原めぐみ他
  • 乳幼児におけるインフルエンザワクチンの有効性 文献抄訳; 2004年
    発表情報; 厚生労働省研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 インフルエンザ予防接種のEBMに基づく政策評価に関する研究班
    著者; 編集: 小笹晃太郎、鷲尾昌一、田中隆、執筆者: 原めぐみ他
  • コホート研究によるインフルエンザワクチンの効果に関する研究:インフルエンザ様症状に対する抑制効果の検討; 2004年
    発表情報; 厚生労働省研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 インフルエンザ予防接種のEBMに基づく政策評価に関する研究班 平成15年度総括・分担研究報告書, 52-60
    著者; 原めぐみ、田中恵太郎、他
  • 地域高齢者におけるインフルエンザ予防接種の有効性に関する研究:2003/04シーズン研究計画および進捗状況; 2004年
    発表情報; 厚生労働省研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 インフルエンザ予防接種のEBMに基づく政策評価に関する研究班 平成15年度総括・分担研究報告書, 61-64
    著者; 原めぐみ、田中恵太郎、他
  • インフルエンザワクチンの有効性 文献抄訳 第1集; 2003年
    発表情報; 厚生労働省研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 インフルエンザ予防接種のEBMに基づく政策評価に関する研究班
    著者; 編集: 小笹晃太郎、鷲尾昌一、田中隆、執筆者: 原めぐみ他
  • コホート研究によるインフルエンザワクチンの効果に関する研究:ワクチン接種後の免疫応答に影響を及ぼす因子; 2003年
    発表情報; 厚生労働省研究費補助金 新興・再興感染症研究事業 インフルエンザ予防接種のEBMに基づく政策評価に関する研究班 平成14年度総括・分担研究報告書, 33-42
    著者; 原めぐみ、田中恵太郎、他

一般講演(学術講演を含む)

  • Vaccine Hesitancy HPVワクチン 日本の今と未来; 2020年08月
    発表情報; 第123回日本小児科学会学術集会, 2020, 8, 21 - 23(Web開催)
    著者; *山口 真奈子, 関根 正幸, 工藤 梨沙, 安達 聡介, 上田 豊, 宮城 悦子, 原 めぐみ, シャロン・ハンリー , 榎本 隆之
  • O-172[医師教育]女性医師のワークモチベーションの変化とライフイベントの関係; 2020年07月
    発表情報; 第52回日本医学教育学会大会(WEB公開), 2020, 7, 17- 10, 17(講演・シンポジウム), 誌上発表(International Session / ワークショップ / 一般演題)
    著者; *守屋 普久子, 角間 辰之, 森 美穂子, 原 めぐみ, 小原 仁, 城戸 瑞穂, 柏木 孝仁, 矢野 博久
  • 変異型ALDH2遺伝子保有者におけるT細胞免疫抑制; 2020年03月
    発表情報; 第90回日本衛生学会学術総会, 2020, 3, 26 - 28(誌上開催)
    著者; ○松本 明子, 寺島 裕也, 遠田 悦子, 赤尾 千穂, 三宅 靖延, 松尾 恵太郎, 島ノ江 千里, 西田 裕一郎, 原 めぐみ, 田中 恵太郎, 市場 正良, 荒金 尚子, 末岡 榮三朗
  • メタボリックシンドロームと心理ストレスバイオマーカーとの関連; 2020年03月
    発表情報; 第90回日本衛生学会学術総会, 2020, 3, 26 - 28(誌上開催)
    著者; ○島ノ江 千里, 松本 明子, 赤尾 千穂, 原 めぐみ, 西田 裕一郎, 堀田 美加子, 市場 正良, 田中 恵太郎
  • Immunogenicity of quadrivalent influenza vaccine for patients with inflammatory bowel disease undergoing immunosuppressive therapy; 2019年
    発表情報; OPTIONS X for the Control of INFLUENZA, 2019, 8.28-9.1
    著者; Hara M, Sakata Y, Gomi Y, Yoshii H, Iwakiri R.
  • 症例対照研究によるロタウイルスワクチンの有効性評価(2019シーズン); 2019年
    発表情報; 第23回日本ワクチン学会学術集会, 2019, 11, 30-12, 1
    著者; 〇荒木薫、原めぐみ、青木才一志、牟田広実
  • ロタウイルスワクチンの接種に関連する要因についての検討; 2019年
    発表情報; 第23回日本ワクチン学会学術集会, 2019, 11, 30-12, 1
    著者; 原めぐみ、越田理恵、荒木薫、近藤正英、廣田良夫
  • 郵送法による10年後のコーホート追跡調査への回答 と関連する要因:J-MICC Study 佐賀地区 ; 2019年
    発表情報; 第29回日本疫学会学術総会, 2019, 1.30-2.1
    著者; 原めぐみ、島ノ江千里、西田裕一郎、田中恵太郎
  • ALDH2多型の新規表現型:飲酒誘導性皮膚色素沈着; 2019年
    発表情報; 第89回日本衛生学会学術総会, 2019, 2, 1-3
    著者; ○松本明子、原俊哉、伊藤祥輔、島ノ江千里、若松一雅、杠岳文、吉森智香子、武藤岳夫、遠藤光一、原めぐみ、赤尾千穂、市場正良、藤田真由美
  • 一過性のステップ運動が高齢者の血中SPARC濃度に及ぼす影響.; 2019年
    発表情報; 第7回日本介護予防・健康づくり学会大会, 2019, 11, 9-10
    著者; 西田裕一郎,浅香真知子,野出孝一,原めぐみ,田中恵太郎
  • 日常身体活動とコーヒー摂取が血清肝逸脱酵素に及ぼす影響.; 2019年
    発表情報; 第29回日本疫学会学術総会, 2019, 1.30-2.1
    著者; 西田裕一郎,原めぐみ,桧垣靖樹, 田口尚人, 中村和代, 南里妃名子, 今泉猛, 坂本龍彦, 島ノ江千里, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎
  • 日本人のストレス対処行動に関するGWAS解析:JーMICC study; 2019年
    発表情報; 第29回日本疫学会学術総会, 2019, 1.30-2.1
    著者; ○島ノ江 千里、八谷剛史、原 めぐみ、須藤洋一、西田 裕一郎、清水厚志、田中 恵太郎
  • 変異型ALDH2の新規表現型:飲酒誘導性メラニン沈着; 2019年
    発表情報; Aldh2ノックアウトマウス学会 第19回研究会, 2019, 7, 19
    著者; ○島ノ江千里、原俊哉 、赤尾千 穂 、杠岳文、吉森 智香子、武藤 岳夫、遠藤光一、原めぐみ、市場正良、松本明子
  • 症例対照研究によるロタウイルスワクチンの有効性評価(2018シーズン); 2018年
    発表情報; 第22回日本ワクチン学会学術総会, 2018, 12, 8-9
    著者; ○荒木薫、原 めぐみ、青木才一志、牟田広実
  • 症例対照研究(test-negative design, hospital control)によるロタウィルスワクチンの有効性評価; 2018年
    発表情報; 第28回日本疫学会学術総会, 2018, 2, 1-3
    著者; ○荒木薫、原 めぐみ、島ノ江 千里、西田 裕一郎、松尾宗明、廣田良夫、田中恵太郎
  • 日本人成人の余暇時間の運動に関するGWAS研究:J-MICC Study; 2018年
    発表情報; 第28回日本疫学会学術総会, 2018, 2, 1-3
    著者; 原めぐみ、八谷剛史、西田裕一郎、島ノ江千里、清水厚志、田中恵太郎
  • 日常身体活動とPYCARD遺伝子メチル化の縦断的関連; 2018年
    発表情報; 第28回日本疫学会学術総会, 2018, 2, 1-3
    著者; 西田裕一郎、原めぐみ、桧垣靖樹、田口尚人、島ノ江千里、南里妃名子、中村和代、今泉猛、坂本龍彦、安方惇、三好伸幸、山田陽介、堀田美加子、東元健、副島英伸、新地浩一、田中恵太郎
  • 5年間の精神ストレスとCRPの関連は、対処行動や社会的支援の変化により異なる; 2018年
    発表情報; 第88回日本衛生学会学術総会, 2018, 3, 22-24
    著者; 島ノ江 千里、原 めぐみ、西田 裕一郎、南里 妃名子、安方 惇、三好信行、山田陽介、桧垣靖樹、田中 恵太郎
  • 教育歴と精神ストレスおよび抑うつとの関連について:J-MICC study SAGA ; 2018年
    発表情報; 第28回日本疫学会学術総会, 2018, 2, 1-3
    著者; 島ノ江 千里、原 めぐみ、西田 裕一郎、南里 妃名子、安方 惇、山田陽介、桧垣靖樹、田中 恵太郎
  • Mitochondrial haplogroups modify the effect of physical activity on urinary levels of 8-hydroxydeoxyguanosine in middle-aged Japanese subjects ; 2017年
    発表情報; The 21st International Epidemiology Association (IEA) ,World Congress of Epidemiology (WCE2017), 2017, 8, 19-22
    著者; Hara M, Nishida Y, Fuku N, Shimanoe C, Nanri H, Taguchi N, Kawai K, Li YS, Kasai H, Higaki Y, Tanaka K.
  • A novel phenotype of ALDH2 polymorphism: drinking-induced skin pigmentation; 2017年
    発表情報; IPCC 2017, 2017, 8, 26-30
    著者; ○Matsumoto A, Hara T, Shimanoe C, Yuzuriha T, Yoshimori C, Muto T, Endo K, Hara M, Ichiba M, Konakahara T, Yajima I, Vasiliou V, Song BJ, Fujita M
  • Association between objectively measured physical activity and methylation of PYCARD gene in the Japanese general population.; 2017年
    発表情報; The 21st International Epidemiology Association (IEA) ,World Congress of Epidemiology (WCE2017), 2017, 8, 19-22
    著者; Nishida Y, Higaki Y, Taguchi N, Hara M, Nakamura K, Nanri H, Imaizumi T, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Shimanoe C, Higashimoto K, Soejima H, Tanaka K
  • Perceived stress, depressive state, and oxidative DNA damage in a general Japanese population. ; 2017年
    発表情報; The 21st International Epidemiology Association (IEA) ,World Congress of Epidemiology (WCE2017), 2017, 8, 19-22
    著者; Shimanoe C, Hara M, Nishida Y, Nanri H, Horita M, Yamada Y, Li Y S, Kasai H, Kawai K, Higaki Y, Tanaka K
  • Amino acid replacement (K14Q) of mitochondria-derived MOTS-c affects type 2 diabetes in men with lower physical activity.; 2017年
    発表情報; The 3rd Congress, International Academy of Sportology, 2017, 10, 14
    著者; *Zempo H, Fuku N, Kumagai H, Nishida Y, Higaki Y, Naito H, Hara M, Tanaka K
  • 症例 対照研究によるロタウイルスワクチンの有効性評価(ワクチン種類別、遺伝子型別); 2017年
    発表情報; 第21回日本ワクチン学会学術集会, 2017, 12, 2-3
    著者; 荒木薫、原めぐみ、津川毅
  • ミトコンドリアハプログループ D が身体活動量と尿中8OHdG濃度の関連に及ぼす影響; 2017年
    発表情報; 第27回日本疫学会学術総会, 2017, 1, 25-27
    著者; 原めぐみ, 西田裕一郎, 福典之, 田口尚人, 島ノ江千里, 堀田美加子, 河井一明, 李云善, 葛西順, 葛西宏, 檜垣靖樹, 田中恵太郎.
  • 成人へのDTPワクチン接種後の 抗PT抗体、および抗FHA抗体の 幾何平均抗体価ならびに 防御レベルの抗体保有状況の推移 ; 2017年
    発表情報; 第21回日本ワクチン学会学術集会, 2017, 12, 2-3
    著者; 原めぐみ、山口優子、宇野信吾、岡田賢司
  • 飲酒により誘導される皮膚色素沈着の研究; 2017年
    発表情報; 平成29年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会, 2017, 9, 8-9
    著者; ○松本明子、原俊哉、島ノ江千里、吉森智香子、武藤岳夫、遠藤光一、原めぐみ、市場正良、杠岳文
  • ミトコンドリアゲノム多型と身体活動が血中アディポネクチン濃度に及ぼす影響; 2017年
    発表情報; 第27回日本疫学会学術総会, 2017, 1, 25-27
    著者; 西田裕一郎、原めぐみ、福典之、田口尚人、堀田美加子、島ノ江千里、桧垣靖樹、田中恵太郎
  • 精神ストレスと睡眠の質の関連における情緒的支援の影響は、就業状況によって異なる ; 2017年
    発表情報; 第23回日本行動医学会学術総会, 2017, 3, 17-18
    著者; 島ノ江 千里、原 めぐみ、西田 裕一郎、南里 妃名子、安方 惇、山田陽介、桧垣靖樹、田中 恵太郎
  • 精神ストレスと睡眠の関連におけるストレス防御因子(社会的支援・対処行動)の影響:J-MICC study SAGA ; 2017年
    発表情報; 第27回日本疫学会学術総会, 2017, 1, 25-27
    著者; 島ノ江 千里、原 めぐみ、西田 裕一郎、南里 妃名子、安方 惇、山田陽介、桧垣靖樹、田中 恵太郎
  • ミトコンドリアDNA由来ペプチドMOTS-cのアミノ酸置換(K14Q)は身体活動量の低い男性における2型糖尿病に関連する; 2017年
    発表情報; 第72回日本体力医学会大会, 2017, 9, 16-18
    著者; *膳法浩史、福典之、熊谷仁、西田裕一郎、桧垣靖樹、内藤久士、原めぐみ、田中恵太郎
  • 症例 対照研究によるロタウイルス(RV)ワクチンの有効性評価; 2017年
    発表情報; 佐賀県小児科医会学術講演会, 2017, 3, 7
    著者; 荒木薫、原めぐみ、松尾宗明
  • 欠損型ALDH2 遺伝子の新規表現型:飲酒誘導性の皮膚色素沈着; 2016年11月
    発表情報; 第27回日本色素細胞学会学術大会, 2016, 11, 12-13
    著者; 松本明子、島ノ江千里、原俊哉、吉森智香子、武藤岳夫、遠藤光一、原めぐみ、市場正良、杠岳文
  • Relation between type 2 diabetes and m.1382 A>C polymorphism which occurs amino acid replacement (K14Q) of mitochondria-derived MOTS-c; 2016年
    発表情報; Experimental Biology 2016, 2016, 4, 2-6
    著者; *Zempo H,Fuku N, Nishida Y, Higaki Y,Naito H,Hara M,Tanaka K
  • Physical activity reduces the risk of type 2 diabetes associated with m.1382A>C polymorphism encoding 12S rRNA and mitochondria derived MOTS-c; 2016年
    発表情報; APS Intersociety Meeting Integrative Biology of Exercise VII, 2016, 11, 2-4
    著者; Fuku N, Zempo H, Nishida Y, Higaki Y, Naito H, Hara M, Tanaka K
  • Dysmotility symptoms examined by questionnaire are more exaggerated in females than males in young Japanese volunteers without endoscopic findings and Helicobacter pylori infection; 2016年
    発表情報; Asia Pacific Digestive Week: Inovative approaches to gastroenterology, 2016, 11, 2-5
    著者; 〇 Kawakubo H, Tanaka Y, Hara M, Ito Y, Takeshita E, Tsuruoka N, Shimoda R, Kusano M, Iwakiri R, Fujimoto K.
  • Reflux symptoms and acid-related dyspepsia are more commone in females than males with or without endoscopic esophagitis: Analysis of 3,505 Japanese healthy subjects undergoing medical health checkups.; 2016年
    発表情報; Asia Pacific Digestive Week: Inovative approaches to gastroenterology, 2016, 11, 2-5
    著者; 〇 Takeshita E, Sakata Y, Hara M, Tsuruoka N, Sakata N, Akutagawa K, Matsunaga K, Kusano M, Iwakiri R, Fujimoto K.
  • 加齢とhOGG1遺伝子プロモーター領域のメチル化の関連; 2016年
    発表情報; 第26回日本疫学会学術総会,2016, 1, 21-23
    著者; 原めぐみ、西田裕一郎、島ノ江千里、堀田美加子、田中恵太郎
  • PPARD遺伝子多型が身体活動・食事指導による減量効果に及ぼす影響; 2016年
    発表情報; 第26回日本疫学会学術総会, 2016, 1, 21-23
    著者; 西田裕一郎,彌冨美奈子,富永広貴,桧垣靖樹,田中宏暁,堀田美加子,大坪広実,原めぐみ,田中恵太郎
  • プライマリ・ケア医における公費助成制度の知識とワクチン接種推奨との関連; 2016年
    発表情報; 第7回 ⽇本プライマリ・ケア連合学会学術⼤会, 2016, 6, 11-12
    著者; * 坂⻄雄太、⼭本洋介、原 めぐみ、福森則男、草場鉄周、⽥中恵太郎、杉岡 隆、⽇本プライマリ・ケア連合学会ワクチンプロジェクトチーム、福原俊⼀
  • 長期的な自覚ストレスとDNA酸化損傷 (尿中8OHdG)との関連は抑うつの高さによって異なる:J-MICC study SAGA; 2016年
    発表情報; 第26回日本疫学会学術総会, 2016, 1, 21-23
    著者; 島ノ江 千里、原 めぐみ、西田 裕一郎、大塚康子、南里 妃名子、堀田 美加子、安方 淳、三好信行、山田陽介、Yun-Shan Li、河井一明、葛西 宏、桧垣靖樹、田中 恵太郎
  • LC-MS/MSによる尿中グルココルチコイド類の同時測定法の確立; 2016年
    発表情報; 第86回日本衛生学会学術総会, 2016, 5, 11-13
    著者; 島ノ江 千里、原 めぐみ、市場正良、田中 恵太郎、松本明子
  • 症例対照研究によるロタウイルスワクチンの有効性評価; 2016年
    発表情報; 第69回九州小児科学会, 2016, 11, 19-20
    著者; 荒木薫、原めぐみ、松尾宗明
  • Estimating rotavirus vaccine effectiveness in Japan by use of case-population method; 2015年
    発表情報; 9th Vaccine & ISV Congress, 2015,10,18-20
    著者; Araki K, Hara M, Shimanoe C, Nishida Y, Matuo M, Tanaka K
  • Pertussis outbreak in university students and evaluation of acellular pertussis vaccine effectiveness in Japan.; 2015年
    発表情報; 9th Vaccine & ISV Congress, 2015, 10, 18-20
    著者; Hara M, Fukuoka M, TashiroK, Ozaki I, Ohfuji S, Okada K, Nakano T, Fukushima W, Hirota Y.
  • 症例対照研究によるロタウイルスワクチンの有効性評価; 2015年
    発表情報; 第19回日本ワクチン学会学術集会, 2015, 11/14-15
    著者; 荒木薫、原めぐみ
  • Association between moderate/vigorous intensity of physical activity and urinary levels of 8-hydroxydeoxyguanosine in middle-aged Japanese men and women; 2015年
    発表情報; 第25回日本疫学会学術総会, 2015, 1, 21-23
    著者; Hara M, Nishida Y, Shimanoe C, Otsuka Y, Nanri H, Higaki Y, Horita M, Kawai K, Li YS, Kasai J, Kasai H, Tanaka K.
  • Association between objectively measured physical activity and serum adiponectin in the middle-aged population.; 2015年
    発表情報; 第25回日本疫学会学術総会, 2015, 1, 21-23
    著者; Nishida Y, Higaki Y, Taguchi N, Hara M, Nakamura K, Nanri H, Imaizumi T, Sakamoto T, Shimanoe C, Horita M, Shinchi K, Tanaka K
  • 5年間の自覚ストレスとDNA損傷マーカー(8OHdG)との関連―JMICC study SAGA; 2015年
    発表情報; 第22回日本行動医学会学術総会, 2015/10/15-16
    著者; 島ノ江 千里、原 めぐみ、西田 裕一郎、大塚康子、南里 妃名子、堀田 美加子、安方 淳、三好信行、山田陽介、Yun-Shan Li、河井一明、葛西 宏、桧垣靖樹、田中 恵太郎
  • Significant interaction between ADIPOQ gene and higher BMI on HbA1c levels in a Japanese general population; 2015年
    発表情報; 第25回日本疫学会学術総会, 2015,1,21-23
    著者; Shimanoe C, Higaki Y, Nishida Y, Hara M, Nanri H, Nakamura K, Imaizumi T, Sakamoto T, Taguchi N, Horita M, Shinchi K, Tanaka K, J-MICC Study Group
  • 乳酸閾値強度のステップ運動が高齢女性の尿pHに及ぼす影響.; 2015年
    発表情報; 第64回九州体育・スポーツ学会, 2015, 9, 11-13
    著者; 西田裕一郎,田中恵太郎,原めぐみ,平尾紀子,田中宏暁,飛奈卓郎,池田正春,大和浩,太田雅規
  • Joint effect of hypertension and smoking on the risk of cerebral microbleeds among healthy individuals in Japan: the Kashima Scan Study; 2014年
    発表情報; The 20th IEA World Congress of Epidemiology, 2014.8.17-21
    著者; Hara M, Yakushiji Y, Nannri H, Noguchi T, Nishiyama M, Hirotsu T, Nakajima J and Hara H
  • Interaction between interleukin1-β gene polymorphism and cigarette smoking on HbA1c in a Japanese general population.; 2014年
    発表情報; The 20th IEA World Congress of Epidemiology, 2014.8.17-21
    著者; Nishida Y, Hara M, Nanri H, Nakamura K, Imaizumi T, Sakamoto T, Higaki Y, Taguchi N, Horita M, Shinchi K, Tanaka K
  • Longitudinal relationships of perceived stress and coping strategies with C-reactive protein in middle-aged and older men and women.; 2014年
    発表情報; WPA Section on Epidemiology and Public Health Meeting – 2014 Meeting, 2014,10,16-18
    著者; Shimanoe C, Hara M, Nishida Y, Nanri H, Otsuka Y, Horita M, Yasukata J, Miyoshi N, Yamada Y, Higaki Y, Shinchi K, Tanaka K,
  • Perceived stress and coping strategies in relation to body mass index: cross-sectional study of 12,045 Japanese men and women.; 2014年
    発表情報; The 20th IEA World Congress of Epidemiology, 2014.8.17-21
    著者; Shimanoe C, Hara M, Nishida Y, Nanri H, Otsuka Y, Nakamura K, Higaki Y, Imaizumi T, Taguchi N, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Tanaka K
  • Case Population Study (スクリーニング法)によるロタウイルスワクチンの有効性評価; 2014年
    発表情報; 第18回日本ワクチン学会学術集会, 2014.12.6-7
    著者; 荒木薫、坂西雄太、原めぐみ
  • コーホート研究の第二次調査への非参加者の特徴:J-MICC Study佐賀地区.; 2014年
    発表情報; 第24回日本疫学会学術総会, 2014, 1, 23-25
    著者; 原めぐみ, 西田裕一郎, 南里妃名子, 大塚康子, 島ノ江千里, 堀田美加子, 桧垣靖樹, 新地浩一, 田中恵太郎
  • 重症心身障害児・者におけるインフルエンザワクチンの免疫原性:前シーズンのインフルエンザ発病の影響; 2014年
    発表情報; 第18回日本ワクチン学会学術集会, 2014.12.6-7
    著者; 原めぐみ、大藤さとこ、福島若葉、加瀬哲男、前田一洋、廣田良夫
  • 健常人のCerebral microbleeds に対する高血圧と喫煙の影響:Kashima Scan Study; 2014年
    発表情報; 第84回日本衛生学会学術総会, 2014.5.25-27
    著者; 原めぐみ、薬師寺祐介、南里妃名子、野口智幸、西山雅則、廣津辰美、中島順子、原英夫
  • 現行プログラムによる百日咳ワクチンの有効性:多施設共同・症例対照研究; 2014年
    発表情報; 第24回日本疫学会学術総会, 2014, 1, 23-25
    著者; *大藤さとこ、岡田賢司、中野貴司、伊東宏明、原めぐみ、廣田良夫
  • 職業クラスと心疾患リスク因子との関連について:J-MICC-SAGA Study.; 2014年
    発表情報; 第24回日本疫学会学術総会, 2014, 1, 23-25
    著者; 島ノ江千里, 原めぐみ, 西田裕一郎, 大塚康子, 南里妃名子, 桧垣靖樹, 中村和代, 今泉猛, 田口尚人, 坂本龍彦, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎
  • PPARGC1A遺伝子の多型がメタボリックシンドローム該当者・予備軍の有酸素性体力に及ぼす影響; 2014年
    発表情報; 第24回日本疫学会学術総会, 2014, 1, 23-25
    著者; 西田裕一郎, 彌富美奈子, 桧垣靖樹, 田中宏暁, 近藤芳昭, 堀田美加子, 大坪広美, 原めぐみ, 田中恵太郎
  • Perceive stress, coping strategies and C-reactive protein in middle-aged and older adults.; 2013年
    発表情報; World Psychiatric Association International Congress 2013., 2013, 10, 27-30
    著者; Shimanoe C, Hara M, Nanri H, Nishida Y, Otsuka Y, Higaki Y, Nakamura K, Imaizumi T, Shinchi K, Tanaka K
  • Relationship between moderate/high intensity physical activity and HbA1c levels in Japanese men and women; 2013年
    発表情報; World Diabetes Congress Melbourne., 2013, 12, 2-6
    著者; *Yasukata J, Higaki Y, Taguchi N, Hara M, Nishida Y, Imaizumi T, Nanri H, Nakamura K, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Tanaka K
  • hOGG1遺伝子のSer326Cys多型と空腹時血糖との関連.; 2013年
    発表情報; 第23回日本疫学会学術総会, 2013, 1, 24-26
    著者; 原めぐみ, 南里妃名子, 西田裕一郎, 中村和代, 今泉猛, 坂本龍彦, 堀田美加子, 桧垣靖樹, 田口尚人, 新地浩一, 田中恵太郎
  • 強度別身体活動量と尿中8OHdG濃度の関連; 2013年
    発表情報; 第83回 日本衛生学会総会, 2013, 3, 24-26
    著者; 原めぐみ, 西田裕一郎, 南里妃名子, 大塚康子, 島ノ江千里, 檜垣靖樹, 堀田美加子, 河井一明, 李 云善, 葛西順, 葛西宏, 田中恵太郎
  • 新型インフルエンザワクチン(2009)の免疫原性と有効性:重症心身障害者について; 2013年
    発表情報; 第83回 日本衛生学会総会, 2013, 3, 24-26
    著者; 原めぐみ, 田中恵太郎
  • 若年成人におけるDTaPワクチン接種の免疫原性と安全性:無作為化比較試験; 2013年
    発表情報; 第72回 日本公衆衛生学会総会, 2013, 10, 23-25
    著者; 原めぐみ, 田中恵太郎
  • 日本人中高年者の食事パターンと高血圧症との関連.; 2013年
    発表情報; 第23回日本疫学会学術総会, 2013, 1, 24-26
    著者; 南里妃名子, 原めぐみ, 西田裕一郎, 中村和代, 桧垣靖樹, 今泉猛, 田口尚人, 坂本龍彦, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎
  • 炎症性サイトカインの遺伝子多型とHbA1cとの関連.; 2013年
    発表情報; 第23回日本疫学会学術総会, 2013, 1, 24-26
    著者; 西田裕一郎, 原めぐみ, 南里妃名子, 中村和代, 今泉猛, 坂本龍彦, 桧垣靖樹, 田口尚人, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎
  • 睡眠時間とHbA1cの関連:J-MICC Study(佐賀地区).; 2013年
    発表情報; 第23回日本疫学会学術総会, 2013, 1, 24-26
    著者; 大塚康子, 徳田拓巳, 原めぐみ, 島ノ江千里, 南里妃名子, 西田裕一郎, 桧垣靖樹, 中村和代, 今泉猛, 田口尚人, 坂本龍彦, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎
  • ストレス対処行動とBMIとの関連:J-MICC Study(佐賀地区).; 2013年
    発表情報; 第23回日本疫学会学術総会, 2013, 1, 24-26
    著者; 島ノ江千里, 原めぐみ, 大塚康子, 南里妃名子, 西田裕一郎, 桧垣靖樹, 中村和代, 今泉猛, 田口尚人, 坂本龍彦, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎
  • わが国のプライマリ・ケア医の予防接種後副反応報告制度および健康被害救済制度に対する認知度と関連する因子の検討:横断研究; 2013年
    発表情報; 第17回日本ワクチン学会, 2013,11,30-12,1
    著者; 〇坂西雄太, 原めぐみ
  • わが国のプライマリ・ケア医のワクチンに対する認識と接種推奨の障壁に関する調査; 2013年
    発表情報; 第4回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2013,5,17-19
    著者; 〇坂西雄太, 原めぐみ, 草場鉄周, 田中恵太郎, 杉岡隆, 日本プライマリ・ケア連合学会ワクチンに関するワーキンググループ
  • わが国のプライマリ・ケア医の成人に対するMRワクチンの接種推奨の割合と接種推奨に関連する因子および接種推奨の障壁; 2013年
    発表情報; 第17回日本渡航医学会学術集会, 2013, 7,20-21
    著者; 〇坂西雄太, 原めぐみ, 草場鉄周, 田中恵太郎, 杉岡隆, 日本プライマリ・ケア連合学会ワクチンに関するワーキンググループ
  • わが国のプライマリ・ケア医のトラベラーズワクチンの接種推奨の割合と接種状況; 2013年
    発表情報; 第17回日本渡航医学会学術集会, 2013, 7,20-21
    著者; 〇坂西雄太, 原めぐみ, 草場鉄周, 田中恵太郎, 杉岡隆, 日本プライマリ・ケア連合学会ワクチンに関するワーキンググループ
  • 重症心身障害児・者における新型インフルエンザワクチンの免疫原性と副反応; 2012年
    発表情報; 第71回日本公衆衛生学会総会, 2012.10.24-26.
    著者; 原めぐみ、花岡知之、水島崇、本間純也、前田一洋、大藤さとこ、田中恵太郎、廣田良夫
  • 両親の喫煙習慣と乳幼児の喘息の罹患についての疫学研究; 2012年
    発表情報; 第71回日本公衆衛生学会総会, 2012.10.24-26.
    著者; *狩野実希、兼板佳孝、原めぐみ、原田正平、池田真紀、井谷修、大井田隆
  • 食事パターンとADRb2およびADRb3遺伝子多型が血中トリグリセリドに与える影響; 2012年
    発表情報; 第22回日本疫学会学術総会, 2012.1.26-28
    著者; 南里妃名子、西田裕一郎、原めぐみ、桧垣靖樹、中村和代、今泉猛、田口尚人、坂本龍彦、堀田美加子、新地浩一、田中恵太郎、J-MICC Study Group
  • 身体活動が血中IL-6, IL-8, IL-15, TNF-aに及ぼす影響; 2012年
    発表情報; 第22回日本疫学会学術総会, 2012.1.26-28
    著者; 西田裕一郎、桧垣靖樹、田口尚人、原めぐみ、中村和代、南里妃名子、今泉猛、坂本龍彦、堀田美加子、新地浩一、田中恵太郎
  • 自覚ストレスとhs-CRP値の関連-J-MICC Study(佐賀地区)-; 2012年
    発表情報; 第22回日本疫学会学術総会, 2012.1.26-28
    著者; 島ノ江千里、南里妃名子、原めぐみ、西田裕一郎、桧垣靖樹、中村和代、今泉猛、田口尚人、坂本龍彦、堀田美加子、新地浩一、田中恵太郎
  • 防煙教育前後のアンケート調査結果について; 2012年
    発表情報; 第15回子どもの防煙研究集会, 2012.4.21
    著者; 原めぐみ
  • 2010年佐賀大学医学部キャンパスにおける百日咳流行について; 2011年11月
    発表情報; 第49回全国大学保健管理研究集会 2011,11,9-10
    著者; 尾崎岩太、原めぐみ、武富弥栄子、福岡麻美、田代克弥、木道圭子、古川早苗、福島雅子、永渕久子、佐藤武
  • Association between the PPARG2 Pro12Ala gene variant and HbA1c in a middle-aged Japanese population.; 2011年08月
    発表情報; 19th IEA World Congress of Epidemiology 2011,8,7-11
    著者; Hara M, Nanri H, Nakamura K, Higaki Y, Imaizumi T, Taguchi N, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Tanaka K
  • Association between dietary pattern and serum C-reactive protein in Japanese men and women.; 2011年08月
    発表情報; 19th IEA World Congress of Epidemiology 2011,8,7-11
    著者; Nanri H, Nakamura K, Hara M, Higaki Y, Imaizumi T, Taguchi N, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Tanaka K
  • 軽強度の身体活動とアドレナリンβ受容体遺伝子多型が肥満者のウエスト周囲径とBMIに及ぼす交互作用.; 2011年07月
    発表情報; 第19回西日本肥満研究会 2011,7,16-17
    著者; 西田裕一郎, 彌冨美奈子, 桧垣靖樹, 田中宏暁, 堀田美加子, 大坪広実, 原めぐみ, 田中恵太郎
  • PPARG 遺伝子のPro12Ala多型とHbA1cとの関連.; 2011年01月
    発表情報; 第21回日本疫学会学術総会 2011,1,21-22
    著者; 原めぐみ、南里妃名子、中村和代、桧垣靖樹、今泉猛、田口尚人、坂本龍彦、堀田美加子、新地浩一、西田裕一郎、田中恵太郎
  • 喫煙状況および受動喫煙状況と高感度CRPの関連:J-MICC Studyー佐賀地区ー.; 2011年01月
    発表情報; 第21回日本疫学会学術総会 2011,1,21-22
    著者; 中村和代、南里妃名子、原めぐみ、桧垣靖樹、今泉猛、田口尚人、坂本龍彦、堀田美加子、新地浩一、田中恵太郎
  • 食事パターンとADRβ2およびADRβ3遺伝子多型がHbA1cに与える影響.; 2011年01月
    発表情報; 第21回日本疫学会学術総会 2011,1,21-22
    著者; 南里妃名子、西田裕一郎、中村和代、原めぐみ、桧垣靖樹、今泉猛、田口尚人、坂本龍彦、堀田美加子、新地浩一、田中恵太郎
  • アドレナリン受容体・アンギオテンシン変換酵素の遺伝子多型, 肥満指標, 血液生化学指標, 有酸素性体力, 身体活動の関連についての横断研究-メタボリックシンドロームとその予備軍を対象とした検討-.; 2011年01月
    発表情報; 第21回日本疫学会学術総会 2011,1,21-22
    著者; 西田裕一郎, 彌富美奈子, 桧垣靖樹, 田中宏暁, 堀田美加子, 大坪広実, 原めぐみ, 田中恵太郎
  • 2009/10シーズン維持透析患者における新型インフルエンザワクチンの副反応調査; 2011年01月
    発表情報; 第21回日本疫学会学術総会 2011,1,21-22
    著者; 井手悠一郎、井手三郎、堤千代、滝麻衣、西地令子、鷲尾昌一、東治道、金谷晶子、菅原宏治、古賀正久、大藤さとこ、原めぐみ、入江伸、石橋元規、福島若葉、斉藤朋子、熊谷桂子、出口晃史、廣田良夫
  • 2009/10シーズン血液悪性腫瘍患者における新型インフルエンザワクチンの副反応調査; 2011年
    発表情報; 第21回日本疫学会学術総会 2011,1,21-22
    著者; 井手悠一郎、井手三郎、堤千代、井福ゆか、滝麻衣、鷲尾昌一、今村豊、古賀正久、大藤さとこ、原めぐみ、入江伸、石橋元規、福島若葉、斉藤朋子、熊谷桂子、出口晃史、廣田良夫
  • Evaluation of seasonal influenza vaccination effectiveness based on antibody efficacy among the institutionalized in Japan.; 2010年09月
    発表情報; Options for the Control of Influenza VII. 2010, 9, 3-7
    著者; Hara M, Tanaka K, Kase T, Maeda A, Hirota Y.
  • Coffee drinking and decreased serum liver enzyme levels in a middle-aged Japanese population; 2010年01月
    発表情報; The Joint Scientific meeting of the International Epidemiological Association Western Pacific Region and Japan Epidemiological Association 2010, 1, 9-10
    著者; Hara M, Higaki Y, Naniri H, Nakamura K, Imaizumi T, Taguchi N, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Tanaka K.
  • Association between physical activity and high-sensitivity C-reactive protein in a healthy Japanese pupulation.; 2010年01月
    発表情報; The Joint Scientific Meeting of the International Epidemiological Association Western Pacific Region and the Japan Epidemiological Association. 2010, 1, 9-10
    著者; Higaki Y, Taguchi N, Nishida Y, Hara M, Imaizumi T, Nanri H, Nakamura K, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Tanaka K
  • Reproducibility of a lifestyle questionnaire used for the J-MICC Study in Saga region.; 2010年01月
    発表情報; The Joint Scientific Meeting of the International Epidemiological Association Western Pacific Region and the Japan Epidemiological Association. 2010, 1, 9-10
    著者; Nakamura K, Nanri H, Hara M, Higaki Y, Imaizumi T, Taguchi N, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Tanaka K
  • Dietary patterns and serum liver enzyme levels in Japanese men and women: the J-MICC Study in Saga region; 2010年01月
    発表情報; The Joint Scientific Meeting of the International Epidemiological Association Western Pacific Region and the Japan Epidemiological Association. 2010, 1, 9-10
    著者; Nanri H, Nakamura K, Hara M, Higaki Y, Imaizumi T, Taguchi N, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Tanaka K
  • Greater light-intensity physical activity is associated with higher levels of total and high-molecular-weight adiponectin; 2010年01月
    発表情報; The Joint Scientific Meeting of the International Epidemiological Association Western Pacific Region and the Japan Epidemiological Association. 2010, 1, 9-10
    著者; Nishida Y, Higaki Y, Taguchi N, Hara M, Nakamura K, Nanri H, Imaizumi T, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Tanaka K
  • 地域における3歳児の受動喫煙曝露の実態について; 2009年10月
    発表情報; 第68回日本公衆衛生学会総会 2009, 10, 22 日本公衆衛生学会総会抄録集(1347-8060)68回:405, 68, 405
    著者; *吉見逸郎、谷畑健生、原めぐみ、原田久、岡本直幸、緒方裕光
  • メタボリックシンドロームの腹囲診断基準の検討: J-MICC Study-佐賀地区-; 2009年01月
    発表情報; 第19回日本疫学会総会 2009, 1, 23 J. Epidemiol. (Suppl.) 19 (1): 14, 19, 1, 14
    著者; 中村和代, 南里妃名子, 原めぐみ, 桧垣靖樹, 今泉猛, 田口尚人, 坂本龍彦, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎
  • 日本人中高年者の食事パターンと高感度CRPとの関連; 2009年01月
    発表情報; 第19回日本疫学会総会 2009, 1, 24 J. Epidemiol. (Suppl.) 19 (1): 236, 19, 1, 236
    著者; 南里妃名子, 中村和代, 原めぐみ, 桧垣靖樹, 今泉猛, 田口尚人, 坂本龍彦, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎
  • 佐賀市における分子疫学研究:ベースライン調査参加率の検討; 2008年01月
    発表情報; 第18回日本疫学会学術総会講演集
    著者; 原 めぐみ 他
  • CYP1A1, CYP1A2, CYP2A6, CYP2E1, GSTM1 and NAT2 polymorphisms and hepatocellular carcinoma: a case-control study; 2007年10月
    発表情報; 第66回日本癌学会学術総会 (横浜)
    著者; 今泉 猛、他
  • 地方自治体での母子保健領域におけるたばこ対策に関する状況等の全国調査; 2007年10月
    発表情報; 第66回日本公衆衛生学会総会 (愛媛)
    著者; 原めぐみ
  • 佐賀市における分子疫学研究:ベースライン調査参加率の検討; 2007年02月
    発表情報; 第17回日本疫学会学術総会講演集 (広島)
    著者; 原 めぐみ 他
  • 肝細胞癌とDNA修復遺伝子多型(XRCC1 Arg399Gln およびOGG1 Ser326Cys)の関連; 2006年
    発表情報; 第65回 日本がん学会学術総会 (横浜)
    著者; 今泉 猛、坂本 龍彦、原 めぐみ、田中 恵太郎
  • 肝細胞癌発生リスクにおけるIL1β・TNFα遺伝子多型と喫煙・飲酒習慣の交互作用の検討; 2006年
    発表情報; 第65回 日本がん学会学術総会 (横浜)
    著者; 坂本 龍彦、原 めぐみ、他
  • 消化器がんの一次予防:飲酒との関連を中心にして; 2006年
    発表情報; 第28回日本臨床栄養学会総会 第27回日本臨床栄養協会総会、 第4回代連合体会 (東京)
    著者; 原めぐみ
  • 慢性C型肝炎から肝臓癌の発生における食習慣の影響:症例対照研究; 2006年
    発表情報; 第7回日本分子疫学研究会・第29回がん疫学研究会合同学術集会 (広島)
    著者; 原 めぐみ、坂本 龍彦、檜垣 靖樹、田中 恵太郎
  • 地域高齢者におけるインフルエンザワクチンの有効性研究 2003/04シーズン; 2006年
    発表情報; 第16回日本疫学会学術総会 (名古屋)
    著者; 原 めぐみ、坂本 龍彦、田中 恵太郎
  • Dietary habits and risk of hepatocellular carcinoma: a case-control study in Japan; 2005年
    発表情報; XVII IEA World Congress of Epidemiology, 292
    著者; Hara M, Sakamoto T, Higaki Y, Tanaka K
  • Inverse association between coffee drinking and risk of hepatocellular carcinoma: a case-control study in Japan; 2005年
    発表情報; XVII IEA World Congress of Epidemiology, 167
    著者; Tanaka K, Hara M, Sakamoto T, Higaki Y
  • A case-control study of interaction between alcohol intake and polymorphisms of alcohol and acetaldehyde dehydrogenase on hepatocellular carcinoma in a Japanese population; 2005年
    発表情報; XVII IEA World Congress of Epidemiology, 146
    著者; Sakamoto T, Hara M, Higaki Y, Ichiba M, Horita M, Tanaka K
  • インフルエンザワクチン接種後の免疫応答に影響を及ぼす因子; 2005年
    発表情報; 第15回日本疫学会総会 J. Epidemiol. (Suppl.) (滋賀), 15, 1, 159
    著者; 原めぐみ, 坂本龍彦, 田中恵太郎, 廣田良夫
  • 地域高齢者における有効性研究; 2005年
    発表情報; 第9回日本ワクチン学会学術総会、シンポジウム (大阪), 37
    著者; 原めぐみ、坂本龍彦、田中恵太郎、廣田良夫
  • コーヒー飲用と肝細胞癌罹患リスクの関連; 2005年
    発表情報; 第15回日本疫学会総会 J. Epidemiol. (Suppl.) (滋賀), 15, 1, 274
    著者; 田中恵太郎, 原めぐみ, 坂本龍彦, 桧垣靖樹
  • 佐賀市における肝癌対策としてのHCV抗体スクリーニングの評価; 2005年
    発表情報; 第75回日本衛生学会総会 日衛誌 (新潟), 60, 2, 274
    著者; 田中恵太郎, 原めぐみ, 庄野高子, 岩永真理子, 栗原寿子, 塚原里美, 田中恵利子
  • 飲酒と肝細胞癌罹患リスク-ADH2・ALDH2遺伝子多型との交互作用の検討-; 2005年
    発表情報; 第15回日本疫学会総会 J. Epidemiol. (Suppl.) (滋賀), 15, 1, 65
    著者; 坂本龍彦, 原めぐみ, 桧垣靖樹, 堀田美加子, 田中恵太郎
  • 肝細胞癌発生リスクにおける飲酒・喫煙習慣とOGG1遺伝子多型の交互作用の検討; 2005年
    発表情報; 第75回日本衛生学会総会 日衛誌 (新潟), 60, 2, 293
    著者; 坂本龍彦, 原めぐみ, 桧垣靖樹, 堀田美加子, 田中恵太郎
  • アブラナ科野菜、きのこと胃がん・大腸がんリスクについての多施設症例対照研; 2003年
    発表情報; 第62回日本癌学会総会プログラム, 460
    著者; 原めぐみ、花岡知之、小林実夏、大谷哲也、門谷愛、佐々木敏、津金昌一郎
  • チトクロームP450(CYP) 2E1とN-アセチルトランフェラーゼ(NAT) 2の遺伝子多型と肝細胞癌感受性:佐賀県における症例対照研究; 2003年
    発表情報; 第73回日本衛生学会総会, 日衛誌, 58, 1, 166
    著者; 原めぐみ, 田中恵太郎, 檜垣靖樹, 市場正良, 友国勝麿, 清原千香子
  • 佐賀県における胃がん・肺がんの生存率特性:進展度別, 治療施設の種別・規模別検討; 2003年
    発表情報; 第13回日本疫学会総会 J. Epidemiol. (Suppl.), 13, 1, 71
    著者; 原めぐみ, 田中恵太郎, 檜垣靖樹, 市場正良, 友国勝麿, 清原千香子
  • 質問票による疫学調査への回答者と非回答者における死亡率の経年変化の比較:JPHC Study Cohort Iの10年間追跡結果; 2002年
    発表情報; 第12回日本疫学会学術総会講演集, 162
    著者; 原めぐみ、祖父江友孝、山本精一郎、佐々木敏、津金昌一郎
  • Smoking and premature death among middle-aged Japanese: Ten-year follow-up of the JPHC Stucdy Cohort I; 2002年
    発表情報; XVI IEA World Congress of Epidemiology, MP124
    著者; Hara M, Sobue T, Sasaki S, Tsugane S
  • 組織型別にみた肺がん罹患リスクと喫煙との関連:厚生労働省多目的コホート研究の成績; 2002年
    発表情報; 第61回日本癌学会総会プログラム, 170
    著者; 祖父江友孝、山本精一郎、原めぐみ、笹月静、佐々木敏、津金昌一郎
  • Cytochrome P4502E1 and N-acetyltransferase2 polymorphisms and risk o hepatocellular carcinoma: Preliminary anaysis of a case-control study in Saga, Japan; 2002年
    発表情報; XVI IEA World Congress of Epidemiology, TP109
    著者; Tanaka K, Hara M, Higaki Y, et. al.

その他講演

  • 佐賀県における胃がん・肺がんの生存率特性:進展度、治療施設の種類、規模による検討; 2003年
    発表情報; 地域がん登録全国協議会第11回総会研究会 保健予防活動と地域がん登録, 46-47
    著者; 原めぐみ、田中恵太郎、前田綾子、片渕祐子、太田善郎
  • 厚生労働省多目的コホート研究による癌登録の方法と精度; 2002年
    発表情報; 地域がん登録全国協議会第10回総会研究会 保健予防活動と地域がん登録, 61
    著者; 岩垂裕子、祖父江友孝、原めぐみ、佐々木敏、津金昌一郎

総説

  • 個人の内因性抗酸化能に応じた強度別身体活動量の検討; 2020年09月
    発表情報; デサントスポーツ科学, 41, 25-32
    著者; 原 めぐみ , 松本 明子
  • Basic principle of population-based cohort study to evaluate influenza vaccine effectiveness among elderly Japanese; 2017年
    発表情報; Vaccine. , 35, 36, 4791-4795
    著者; Hara M, Hirota Y.
  • Control selection and confounding factors: A lesson from a Japanese case-control study to examine acellular pertussis vaccine effectiveness; 2017年
    発表情報; Vaccine. , 35, 36, 4801-4805
    著者; *Ohfuji S, Okada K, Nakano T, Ito H, Hara M, Kuroki H, Hirota Y.
  • DTaPワクチンの成人への接種; 2015年
    発表情報; 臨床とウイルス, 43, 1, 47-52
    著者; 原 めぐみ
  • ワクチン疫学研究の原理と方法:新型インフルエンザワクチンの免疫原性と有効性の評価.; 2013年
    発表情報; 日本衛生学雑誌, 68, 3, 153-160
    著者; 原めぐみ, 大藤さとこ, 福島 若葉, 廣田良夫

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • Influenza vaccine effectiveness among elderly adults in Japan: a population-based cohort study (symposium); 2017年
    発表情報; The 21st International Epidemiology Association (IEA) ,World Congress of Epidemiology (WCE2017), 2017, 8, 19-22
    著者; Hara M, Tanaka K, Hirota Y.
  • インフルエンザを「疫学」で評価する:手法の適応とその実際 「コーホート研究による地域在住高齢者におけるインフルエンザワクチンの有効性評価」; 2015年
    発表情報; 第29回インフルエンザ研究者交流の会, 2015,5/22-23
    著者; 原 めぐみ
  • J-MICC横断研究の成果と展望; 2015年
    発表情報; 日本多施設共同コーホート(J-MICC)研究10周年記念シンポジウム, 2015, 12/11
    著者; 原 めぐみ
  • コーホート研究による地域在住高齢者におけるインフルエンザワクチンの有効性評価; 2014年
    発表情報; 第18回日本ワクチン学会学術集会(シンポジウム), 2014.12.6-7.
    著者; 原めぐみ
  • 心理ストレスおよび対処行動と血中バイオマーカーの関連 J-MICC Study-SAGAによる疫学的検討; 2014年
    発表情報; 第21回日本行動医学会学術総会(シンポジウム), 2014年11月22-23日
    著者; 島ノ江千里、原めぐみ、西田裕一郎、田中恵太郎
  • 重症心身障害児・者におけるインフルエンザワクチンの免疫原性と安全性(2010/11シーズン); 2013年
    発表情報; 第17回 日本ワクチン学会学術集会, 2013, 11, 30-12, 1
    著者; 原めぐみ, 大藤さとこ, 福島若葉, 加瀬哲夫, 前田一洋, 廣田良夫


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.