荒金 尚子アラガネ ナオコ

所属:
医学部 医学科 内科学講座

著書

  • A new function of green tea: prevention of lifestyle-related diseases.; 2001年
    発表情報; In “Healthy Aging for Functional Longevity.” Ed. Park S-C, Hwang E-S, Kim H-S, and Park W-Y, The New York Academy of science, 274-280
    著者; Sueoka N, Suganuma M, Sueoka E, Okabe S, Matsuyama S, Imai K, Nakachi K, Fujiki H
  • Green tea as a cancer preventive. In “Dietary anticarcinogens and antimutagens, chemical and biological aspects; 2000年
    発表情報; Ed. Johnson IT and Fenwick GR, Royal society of chemistry, 12-17
    著者; Fujiki H., Suganuma M., Okabe S., Sueoka E., Sueoka N., Matsuyama S., Imai K., and Nakachi K
  • Natural inhibitors of carcinogenesis; 1998年
    発表情報; In “Clinical and biological Basis of Lung Cancer Prevention”, 285-290
    著者; Fujiki H, Suganuma M, Komori A, Okabe S, Sueoka E, Sueoka N, Kozu T, Tada Y.
  • Mechanisms of (-)-epigallocatechin gallate (EGCG) and green tea in inhinition of carcinogenesis; 1997年
    発表情報; In "International Conference on Food Factors: Chemistry and Cancer Prevention", 127-129
    著者; Suganuma M, Okabe S, Oniyama M, Sueoka N, Kozu T, Komori A, Sueoka E, Hara E, Fujiki H
  • Tumor promotion and prevention of stomach cancer; 1995年
    発表情報; In “1st International Gastric Cancer Congress”, 19-26
    著者; Fujiki H, Suganuma M, Komori A, Sueoka E, Okabe S, Sueoka N, Aida M, Kozu T, Hamano A, Sakai Y, Tatematsu M
  • A case of Wegener's granulomatosis with a giant solitary pulmonary mass; 1992年
    発表情報; 日本胸部疾患雑誌, 30, 909-913
    著者; 末岡尚子、青木洋介、日浦研哉、加藤収、山田穂積

原著論文

  • Detection of KRAS Mutations in plasma DNA using a fully automated rapid detection system in colorectal cancer patients; 2017年
    発表情報; Pathol Oncol Res.
    著者; Hosoya K, Matsusaka S, Kashiwada T, Suzuki K, Ureshino N, Sato A, Miki Y, Kitera K, Hirai M, Hatake K, Kimura S, Sueoka-Aragane N
  • Mutation profile of B-raf gene analyzed by fully automated system and clinical features in Japanese melanoma patients; 2017年
    発表情報; Pathol Oncol Res., 23, 1, 181-188
    著者; Ide M, Koba K, Sueoka-Aragane N, Sato A, Nagano Y, Inoue T, Misago N, Narisawa Y, Kimura S, Sueoka E
  • Characteristics and prognosis of microscopic polyangiitis with bronchiectasis, Journal of Thoracic Disease; 2017年
    発表情報; J Thorac Dis., 9, 2, 303-309
    著者; Tashiro H, Takahashi K, Tanaka M, Komiya K, Nakamura T, Kimura S, Tada Y, Sueoka-Aragane N
  • Torin2 potentiates anti-cancer effects for adult T-cell leukemia/lymphoma by inhibiting mammalian target of rapamycin.; 2016年
    発表情報; Anticancer Res., https://www.ncbi.nlm.nih.gov/labs/articles/26722032/, 36, 1, 95-102
    著者; Watanabe T, Sato A, Kobayashi-Watanabe N, Sueoka-Aragane N, Kimura S, Sueoka E
  • SPARC is a Possible Predictive Marker for Albumin-bound Paclitaxel in Non-small Cell Lung Cancer.; 2016年
    発表情報; Onco Targets Ther., 9, 6663-6668
    著者; Komiya K, Nakamura T, Sadamatsu H, Nakashima C, Takahashi K, Umeguchi H, Watanabe N, Sato A, Takeda Y, Kimura S, Sueoka-Aragane N
  • Phase II trial of weekly nab-paclitaxel for previously treated advancednon–small cell lung cancer: Kumamoto thoracic oncology study group(KTOSG) trial 1301; 2016年
    発表情報; Lung Cancer., 99, 41-5
    著者; Sakata S, Saeki S, Okamoto I, Otsubo K, Komiya K, Morinaga R, Yoneshima Y, Koga Y, Enokizu A, Kishi H, Hirosako S, Yamaguchi E, Aragane N, Fujii S, Harada T, Iwama E, Semba H, Nakanishi Y, Kohrogi H
  • Monitoring EGFR T790M with plasma DNA from lung cancer patients in a prospective observational study.; 2016年
    発表情報; Cancer Sci., 107, 2, 162-7
    著者; Sueoka-Aragane N, Katakami N, Miyako M, Yokota S, Aoe K, Iwanaga K, Otsuka K, Morita S, Kimura S, Negoro S.
  • Interleukin-33 from monocytes recruited to the lung contributes to house dust mite-induced airway inflammation in a mouse model.; 2016年
    発表情報; PLoS One., 11, 6, e0157571
    著者; Tashiro H, Takahashi K, Hayashi S, Kato G, Kurata K, Kimura S, Sueoka-Aragane N.
  • Failure mode and effects analysis of medication adherence in patients with chronic myeloid leukemia.; 2015年
    発表情報; Int J Clin Oncol., 20, 6, 1203-10
    著者; Hosoya K, Mochinaga S, Emoto A, Yokoo H, Tokushima H, Egoshi M, Sueoka-Aragane N, Kimura S
  • Volume-based response evaluations with consensual lesion selection using cloud solutions (SaaS) in clinical trials: a pilot study; 2015年
    発表情報; Acad Radiol., 22, 2, 217-25
    著者; Oubel E, Bonnard E, Sueoka-Aragane N, Kobayashi N, Charbonnier C, Yamamichi J, Mizobe H, Kimura S
  • For Hanshin-Saga Collaborative Cancer Study Group. Monitoring EGFR T790M with plasma DNA from lung cancer patients in a prospective observational study.; 2015年
    発表情報; Cancer Sci., 107, 2, 162-7
    著者; Sueoka-Aragane N, Katakami N, Satouchi M, Yokota S, Aoe K, Iwanaga K, Otsuka K, Morita S, Kimura S, Negoro S
  • Evaluation of a cloud-based local-read paradigm for imaging evaluations in oncology clinical trials for lung cancer.; 2015年
    発表情報; Acta Radiol Open., 4, 12, 2058460115588103
    著者; Sueoka-Aragane N, Kobayashi N, Bonnard E, Charbonnier C, Yamamichi J, Mizobe H, Kimura S
  • Usefulness of plasma HGF level for monitoring acquired resistance to EGFR tyrosine kinase inhibitors in non-small cell lung cancer; 2015年
    発表情報; Oncol Rep., 33, 1, 391-6
    著者; Umeguchi H, Sueoka-Aragane N, Kobayashi N, Nakamura T, Sato A, Takeda Y, Hayashi S, Sueoka E, Kimura S.
  • 2-Hydroxypropyl-β-cyclodextrin Acts as a Novel Anticancer Agent.; 2015年
    発表情報; LoS One., 10, 11, e0141946.
    著者; Yokoo M, Kubota Y, Motoyama K, Higashi T, Taniyoshi M, Tokumaru H, Nishiyama R, Tabe Y, Mochinaga S, Sato A, Sueoka-Aragane N, Sueoka E, Arima H, Irie T, Kimura S
  • Correlation between plasma DNA and tumor status in an animal model. ; 2014年
    発表情報; PLoS One., 9, 12, e111881
    著者; Sueoka-Aragane N, Sato A, Kobayashi N, Ide M, Yokoo M, Nagano Y, Sueoka E, Kimura S
  • NK314 potentiates anti-tumor activity with adult T-cell leukemia-lymphoma cells by inhibition of dual targets on topoisomerase IIα and DNA-dependent protein kinase.; 2011年
    発表情報; Blood , 117, 13, 3575-3584
    著者; Hisatomi T, Sueoka-Aragane N, Sato A, Tomimasu R, Ide M, Kurimasa A, Okamoto K, Kimura S, Sueoka E
  • ステロイドが有効であった特発性線維性縦隔炎の1例.; 2011年
    発表情報; 日本呼吸器学会雑誌 , 49, 11, 822-826
    著者; 加藤剛、高橋浩一郎、安部友範、柿野千穂、松尾綾子、小林直美、小宮一利、荒金尚子、林真一郎
  • Phase II study of gefitinib as a first-line therapy in elderly patients with pulmonary adenocarcinoma: West Japan Thoracic Oncology Group Study 0402.; 2011年
    発表情報; Jpn J Clin Oncol. , 41, 8, 948-952
    著者; Kobayashi M, Matsui K, Katakami N, Takeda K, Moriyama A, Iwamoto Y, Takada M, Yoshioka H, Sueoka-Aragane N, Nakagawa K
  • A non-invasive system for monitoring resistance to EGFR tyrosine kinase inhibitors with plasma DNA.; 2011年
    発表情報; J Thorac Oncol , 6, 10, 1639-1648
    著者; Nakamura T, Sueoka-Aragane N, Iwanaga K, Sato A, Komiya K, Abe T, Ureshino N, Hayashi S, Hosomi T, Hirai M, Sueoka E, Kimura S
  • A Fully Integrated and Automated Detection System for Single Nucleotide Polymorphisms of UGT1A1 and CYP2C19.; 2011年
    発表情報; Oncol Res , 19, 3-4, 111-114
    著者; Ureshino N, Aragane N, Nakamura T, Ide M, Mochinaga S, Fukushima N, Hayashi S, Sueoka E, Kimura S
  • A fully integrated, automated and rapid detection system for KRAS mutations.; 2011年
    発表情報; Oncol Rep , 26, 3, 609-613
    著者; Ureshino N, Sueoka-Aragane N, Nakamura T, Sato A, Komiya K, Iwanaga K, Mitsuoka M, Takeda Y, Hayashi S, Sueoka E, Kimura S
  • Mina53, a novel c-Myc target gene, is frequently expressed in lung cancers and exerts oncogenic property in NIH/3T3 cells.; 2010年
    発表情報; J Cancer Res Clin Oncol. , 136, 3, 465-473
    著者; Komiya K, Sueoka-Aragane N, Sato A, Hisatomi T, Sakuragi T, Mitsuoka M, Sato T, Hayashi S, Izumi H, Tsuneoka M, Sueoka E.
  • Expression of Mina53, a novel c-Myc target gene, is a favorable prognostic marker in early stage lung cancer.; 2010年
    発表情報; Lung Cancer , 69, 2, 232-238
    著者; Komiya K, Sueoka-Aragane N, Sato A, Hisatomi T, Sakuragi T, Mitsuoka M, Sato T, Hayashi S, Izumi H, Tsuneoka M, Sueoka E.
  • Mina53, a novel c-Myc target gene, is frequently expressed in lung cancers and exerts oncogenic property in NIH/3T3 cells.; 2009年
    発表情報; J Cancer Res Clin Oncol. Epub 2009 Sep 16.
    著者; Komiya K, Sueoka-Aragane N, Sato A, Hisatomi T, Sakuragi T, Mitsuoka M, Sato T, Hayashi S, Izumi H, Tsuneoka M, Sueoka E.
  • Expression of Mina53, a novel c-Myc target gene, is a favorable prognostic marker in early stage lung cancer.; 2009年
    発表情報; Lung Cancer. 2009 Nov 13. [Epub]
    著者; Komiya K, Sueoka-Aragane N, Sato A, Hisatomi T, Sakuragi T, Mitsuoka M, Sato T, Hayashi S, Izumi H, Tsuneoka M, Sueoka E.
  • Exon 19 of EGFR mutation in relation to the CA-repeat polymorphism in intron 1; 2008年
    発表情報; Cancer Sci, 99, 1180-1187
    著者; Sueoka-Aragane N, Imai K, Komiya K, Sato A, Tomimasu R, Hisatomi T, Sakuragi T, Mitsuoka M, Hayashi S, Nakachi K, Sueoka E
  • Establishment of a new method, transcription-reverse transcription concerted reaction, for detection of plasma hnRNP B1 mRNA, a biomarker of lung cancer; 2008年
    発表情報; J. Cancer Res. Clin. Oncol, 134, 1191-1197
    著者; Sato A, Sueoka-Aragane N, Saitoh J, Komiya K, Hisatomi T, Tomimasu R, Hayashi S, Sueoka E
  • Disseminated infection by Bipolaris spicifera in an immunocompetent subject; 2008年
    発表情報; Med Mycol., 46, 361-365
    著者; Kobayashi H, Sano A, Aragane N, Fukuoka M, Tanaka M, Kawaura F, Fukuno Y, Matsuishi E, Hayashi S.
  • Significantly increased antibody response to heterogeneous nuclear ribonucleoproteins in cerebrospinal fluid of multiple sclerosis patients but not in patients with human T-lymphotropic virus type I-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis; 2008年
    発表情報; J Neurovirol, 14, 130-135
    著者; Yukitake M, Sueoka E, Sueoka-Aragane N, Sato A, Ohashi H, Yakushiji Y, Saito M, Osame M, Izumo S, Kuroda Y.
  • High-resolution computed tomography characterization of interstitial lung diseases in polymyositis/dermatomyositis; 2008年
    発表情報; J Rheumatol, 35, 260-269
    著者; Hayashi S, Tanaka M, Kobayashi H, Nakazono T, Satoh T, Fukuno Y, Aragane N, Tada Y, Koarada S, Ohta A, Nagasawa K.
  • 既治療非小細胞肺癌に対するCPT-11とCDDP併用療法のPilot Study; 2008年
    発表情報; 癌と化学療法, 35, 49-53
    著者; 田中 彩、荒金尚子、小宮一利、川浦太、福野裕次、林真一郎
  • Mutation profile of EGFR gene detected by denaturing high-performance liquid chromatography in Japanese lung cancer patients; 2007年01月
    発表情報; J. Cancer Res. Clin. Oncol., 133, 93-102
    著者; Sueoka N, Sato A, Eguchi H, Komiya K, Sakuragi T, Mitsuoka M, Satoh T, Hayashi S, Nakachi K, Sueoka E
  • Heterogeneous nuclear ribonucleoprotein B1 expression in malignant mesothelioma; 2006年12月
    発表情報; Cancer Sci, 97, 1175-81
    著者; Hiraki A, Murakami T, Aoe K, Sueoka E, Sueoka N, Taguchi K, Kamei T, Sugi K, Ueoka H, Kishimoto T
  • Clinico-pathological characteristics of p63 expression in B-cell lymphoma; 2006年12月
    発表情報;  Cancer Sci., 97, 1050-5
    著者; Fukushima N, Satoh Y, Sueoka N, Sato A, Ide M, Hisatomi T, Kuwahara N, Tomimasu, R, Tsuneyoshi N, Funai N, Sano M, Tokunaga O, Sueoka E.
  • Hsp90 inhibitors cause G2/M arrest associated with the reduction of Cdc25C and Cdc2 in lung cancer cell lines; 2006年12月
    発表情報; J. Cancer Res. Clin. Oncol., 132, 150-8
    著者; Senju M, Sueoka N, Sato A, Iwanaga K, Sakao Y, Tomimitsu S, Tominaga M, Irie K, Hayashi S, Sueoka E
  • Pulmonary infarction as the initial manifestation of Takayasu's arteritis; 2006年11月
    発表情報; Intern. Med., 45, 725-8
    著者; Nakamura T, Hayashi S, Fukuoka M, Sueoka N, Nagasawa K
  • Infrequent existence of simian virus 40 large T antigen DNA in malignant mesothelioma in Japan; 2006年10月
    発表情報; Cancer Sci., 97, 292-5
    著者; Aoe K, Hiraki A, Murakami T, Toyooka S, Shivapurkar N, Gazdar AF, Sueoka N, Taguchi K, Kamei T, Takeyama H, Sugi K, Kishimoto T
  • 早期肺がんの新しい予後因子としてのMyc標的遺伝子mina53; 2006年
    発表情報; がん分子標的治療, 4, 38-41
    著者; 末岡尚子、小宮一利、林真一郎、末岡栄三朗、常岡誠
  • がん化学療法における投薬過誤と有害事象発生の予防; 2006年
    発表情報; 医薬ジャーナル, 42, 124-135
    著者; 持永早希子、松永尚、江本晶子、平野和裕、田崎正信、斎田哲也、土肥佐和子、佐藤清治、末岡栄三朗、荒金尚子、林真一郎、藤戸博
  • がん化学療法における医療過誤予防へのFailure Mode and Effects Analysis (FMEA)の応用; 2006年
    発表情報; 医療薬学, 32, 1050-1058
    著者; 持永早希子、松永尚、江本晶子、平野和裕、田崎正信、斎田哲也、土肥佐和子、佐藤清治、末岡栄三朗、末岡尚子、林真一郎、藤戸博
  • Reply; 2005年12月
    発表情報; Ann Neurol., 57, 931-932
    著者; Sueoka E, Sueoka N, Sato A, Kuroda Y
  • hnRNP B1, an early detection marker for lung cancer, decrease DNA repair mediated through inhibition of DNA-dependent protein, kinase activity; 2005年10月
    発表情報; Biochem. Biophysic. Res. Comm., 333, 888-95
    著者; Iwanaga K, Sueoka N, Sato A, Hayashi S, Sueoka E
  • Development of microscopic polyangiitis in patients with chronic airway disease; 2005年10月
    発表情報; Lung, 183, 273-81
    著者; Takahashi K, Hayashi S, Ushiyama O, Sueoka N, Fukuoka M, Nagasawa K
  • Clinical significance of the expression of tumor-associated antigen, RCAS1, and its soluble protein in pleural fluid in malignant mesothelioma; 2005年09月
    発表情報; Oncol Rep., 14, 357-62
    著者; Hiraki A, Aoe K, Murakami T, Nakamura Y, Yamazaki K, Sueoka N, Taguchi K, Kamei T, Maeda T, Takeyama H, Kishimoto T, Nishimura M, Sugi K
  • Detection of plasma hnRNP B1 mRNA, a new cancer biomarker, in lung cancer patients by quantitative real-time Polymerase Chain Reaction; 2005年04月
    発表情報; Lung Cancer, 48, 77-83
    著者; Sueoka E, Sueoka N, Iwanaga K, Akemi, Suga K, Hayashi S, Nagasawa K, Nakachi K
  • 気管支肺胞洗浄液RANTES高値を示した慢性骨髄単球性白血病合併肺病変の一例; 2005年
    発表情報; 日本胸部臨床, 64, 754-760
    著者; 田中将英、小宮一利、福野裕次、福岡麻美、末岡尚子、林真一郎
  • 子宮筋腫術後10年目に胸部異常陰影で発見された良性転移性平滑筋腫の1例; 2004年12月
    発表情報; 肺癌, 44, 7, 773-777
    著者; 小宮, 一利 / 末岡, 尚子 / 中村, 朝美 / 櫻木, 徹 / 坂尾, 幸則 / 林, 真一郎
  • Presence of Autoantibody against Heterogeneous Nuclear Ribonucleoprotein B1 in Cerebrospinal Fluid of Patients with Relapsing-Remitting Multiple Sclerosis; 2004年12月
    発表情報; Ann Neurol., 56, 778-86
    著者; Sueoka E, Yukitake M, Iwanaga K, Sueoka N, Aihara T, Kuroda Y
  • Detection of plasma hnRNP B1 mRNA, a new cancer biomarker, in lung cancer patients by quantitative real-time Polymerase Chain Reaction.; 2004年
    発表情報; Lung Cancer in press.
    著者; Sueoka E,Sueoka N,Iwanaga K,Akemi S,Suga K,Hayashi S,Nagasawa K,Nakachi K
  • Presence of Autoantibody against Heterogeneous Nuclear Ribonucleoprotein B1 in Cerebrospinal Fluid of Patients with Relapsing-Remitting Multiple Sclerosis.; 2004年
    発表情報; Ann Neurol, 56, 778-86
    著者; Sueoka E,Yukitake M,Iwanaga K,Sueoka N,Aihara T,Kuroda Y
  • 子宮筋腫術後10年目に胸部異常陰影で発見された良性転移性平滑筋腫の1例; 2004年
    発表情報; 肺癌, 44, 773-778
    著者; 小宮一利、末岡尚子、中村朝美、桜木徹、坂尾幸則、林真一郎
  • Alteration of expression or phosphorylation status of tob, a novel tumor suppressor gene product, is an early event in lung cancer; 2003年12月
    発表情報; Cancer Lett., 8, 71-9
    著者; Iwanaga K, Sueoka N, Akemi S, Sakuragi T, Sakao Y, Tominaga M, Suzuki T, Yoshida Y, K-Tsuzuku J, Yamamoto T, Hayashi S, Nagasawa K, Sueoka E
  • Detection and discrimination of preneoplastic and early stages of lung adenocarcinoma using hnRNP B1 combined with the cell cycle-related markers p16, cyclin D1, and Ki-67; 2003年10月
    発表情報; Lung Cancer, 40, 45-53
    著者; Tominaga M, Sueoka N, Irie K, Iwanaga K, Tokunaga O, Hayashi S, Nakachi K, Sueoka E
  • Alteration of expression or phosphorylation status of tob, a novel tumor suppressor gene product, is an early event in lung cancer.; 2003年
    発表情報; Cancer Letters., 202, 71-79
    著者; Iwanaga K,Sueoka N,Sato A,Sakuragi T,Sakao Y,Tominaga M,Suzuki T,Yosida Y,K-Tsuzuka J,Yamamoto T,Hayashi S,Nagasawa K,Sueoka E
  • Detection and discrimination of preneoplastic and early stages of lung adenocarcinoma using hnRNP B1 combined with the cell cycle-related markers p16, cyclin D1, and Ki-67; 2003年
    発表情報; LUNG CANCER, 40, 1, 45-53
    著者; Tominaga, M / Sueoka, N / Irie, K / Iwanaga, K / Tokunaga, O / Hayashi, S. i / Nakachi, K / Sueoka, E
  • Lung cacner prevention with (-)-epigallocatechin gallate using monitoring by heterogeneous nuclear ribonucleoprotein B1; 2002年10月
    発表情報; Int. J. Oncol., 20, 1233-1239
    著者; Fujimoto N, Sueoka N, Sueoka E, Okabe S, Suganuma M, Harada M, Fujiki H
  • Cancer prevention with green tea and monitoring by a new biomarker, hnRNP B1; 2001年
    発表情報; Mutat. Res. , 481, 299-304
    著者; Fujiki H, Suganuma M, Okabe S, Sueoka E, Sueoka N, Fujimoto N, Goto Y, Matsuyama S, Imai K, Nakachi K
  • Helicobacter Pylori Membrane Protein 1: A new carcinogenic factor of Helicobacter Pylori; 2001年
    発表情報; Cancer Res., 61, 6356-6359
    著者; Suganuma M, Kurusu M, Okabe S, Sueoka N, Yoshida M, Wakatsuki Y, Fujiki H
  • Modulation of gene expression by (-)-epigallocatechin gallate in PC-9 cells using a cDNA expression array; 2001年
    発表情報; Biol. Pharm. Bull., 24, 883-886
    著者; Okabe S, Fujimoto N, Sueoka N, Suganuma M, Fujiki H
  • hnRNP B1 as early cancer biomarker for occult cancer of human lungs and bronchial dysplasia; 2001年
    発表情報; Cancer Res. , 61, 1896-1902
    著者; Sueoka E., Sueoka N., Goto Y, Matsuyama S., Nishimura H., Sato M., Fujimura S., Chiba H., and Fujiki H
  • Insulin-like growth factor binding protein-6 activates programmed cell death in non-small cell lung cancer cells; 2000年
    発表情報; Oncogene, 19, 4432-4436
    著者; Sueoka N, Lee HY, Wiehle S, Cristino RJ, Fang B, Ji L, Roth JA, Hong WK, Cohen P, and Kurie JM
  • Heterogeneous nuclear ribonucleoprotein B1 expressed in esophageal squamous cell carcinomas as a new biomarker for Diagnosis; 2000年
    発表情報; Jpn. J. Cancer Res., 91, 658-663
    著者; Matsuyama S, Goto Y, Sueoka N, Ohkura Y, Tanaka Y, Nakachi K, Sueoka E
  • Mechanisms of cancer prevention by tea polyphenols based on inhibition of TNF- expression; 2000年
    発表情報; BioFactors, 13, 67-72
    著者; Suganuma M, Sueoka E, Sueoka N, Okabe S, Fujiki H
  • オピオイド製剤のがん細胞に対する分子生物学的検討; 2000年
    発表情報; 血液・腫瘍科, 41, 545-549
    著者; 末岡栄三朗、末岡尚子
  • モルヒネの新しい作用-制癌作用とその機序; 2000年
    発表情報; 医学のあゆみ, 192, 1178-1180
    著者; 末岡栄三朗、末岡尚子
  • 肺がんのバイオマーカーとしてのHeterogeneous nuclear ribonucleoprotein B1; 2000年
    発表情報; THE LUNG perspectives, 8, 85-88
    著者; 末岡栄三朗、末岡尚子、藤木博太
  • Post-translational mechanisms contribute to the suppression of specific cyclin:CDK complexes by all-trans retinoic acid in human bronchial epithelial cells; 1999年
    発表情報;  Cancer Res., 59, 3838-3844
    著者; Sueoka N, Lee HY, Walsh GL, Hong WK, Kurie JM
  • Heterogeneous nuclear ribonucleoprotein B1 as a new marker of early detection for human lung cancers; 1999年
    発表情報; Cancer Res., 59, 1404-1407
    著者; Sueoka E, Goto Y, Sueoka N, Kai Y, Kozu T, and Fujiki H
  • Synergistic effects of (--)-epigallocatechin gallate with (--) epicatechin, sulindac, or tamoxifen on caner-preventive activity in the human lung cancer cell line PC-9; 1999年
    発表情報; Cancer Res., 59, 44-47
    著者; Suganuma M, Okabe S, Kai Y, Sueoka N, Sueoka E, Fujiki H
  • Green tea and cancer chemoprevention; 1999年
    発表情報; Mutat. Res., 428, 339-344
    著者; Suganuma M, Okabe S, Sueoka N, Sueoka E, Matsuyama S, Imai K, Nakachi K, and Fujiki H
  • All-trans retinoic acid inhibits Jun N-terminal kinase by increasing dual-specificity phosphatase activity; 1999年
    発表情報; Mol. Cell. Biol., 19, 1973-1980
    著者; Lee HY, Sueoka N, Hong WK, Mangelsdorf DJ, Claret FX, Kurie JM
  • Molecular pathogenesis of interstitial pneumonitis with TNF- transgenic mice; 1998年
    発表情報; Cytokine, 10, 124-131
    著者; Sueoka N, Sueoka E, Miyazaki Y, Okabe S, Kurosumi M, Takayama S, Fujiki H
  • Anticancer activity of morphine and its synthetic derivative, KT 90, mediated through apoptosis and inhibition of NF-kB activation; 1998年
    発表情報; Biochem. Biophysic. Res. Comm., 252, 566-570
    著者; Sueoka E, Sueoka N, Kai Y, Okabe S, Suganuma M, Kanematsu K, Yamamoto T, and Fujiki H
  • Tumourigenicity of MTG8, a leukemia-related gene, in concert with v-Ha-ras gene in BALB/3T3 cells; 1998年
    発表情報; Br. J. Haematol., 101, 737-742
    著者; Sueoka E, Sueoka N, Okabe S, Komori A, Suganuma M, Kozu T, Fujiki H
  • Cancer inhibition by green tea; 1998年
    発表情報; Mutat. Res., 402, 307-310
    著者; Fujiki H, Suganuma M, Okabe S, Sueoka N, Komori A, Sueoka E, Kozu T, Tada Y, Suga K, Imai K, Nakachi K
  • Phase I clinical trial with green tea tablets in a Japanese healthy population; 1998年
    発表情報; Cancer Prevention International, 3, 79-88
    著者; Suga K, Imai K, Sueoka N, Nakachi K
  • Twist form of teleocidin derivatives is active in in vivo tumor promotion by (-)-bezolactam-V8-310; 1998年
    発表情報; Biol. Pharm. Bull., 21, 465-468
    著者; Okabe S, Sueoka N, Komori A, Suganuma M, Endo Y, Shudo K, Fujiki H
  • Expression of the tumor necrosis factor a gene and early response genes by nodularin, a liver tumor promoter, in primary cultured rat hepatocytes; 1997年
    発表情報; J. Cancer Res. Clin. Oncol., 123, 413-419
    著者; Sueoka E, Sueoka N, Okabe S, Kozu T, Komori A, Ohta T, Suganuma M, Kim S-J Lim IK, Fujiki H
  • Designing of chimeric DNA/RNA hammerhead ribozymes to be targeted against AML1/MTG8 mRNA; 1996年
    発表情報; J. Cancer res. Clin. Oncol., 122, 254-256
    著者; Kozu T, Sueoka E, Okabe S, Sueoka N, Komori A, Fujiki H
  • In vitro catalytic activities of DNA/RMA chimeric hammerhead ribozymes against AML1-MTG8 mRNA, a fused gene transcript in acute myeloid leukemia with t(8;21); 1996年
    発表情報; Biochimie., 78, 1067-1073
    著者; Kozu T, Sueoka E, Okabe S, Sueoka N, Komori A, Fujiki H
  • Japanese green tea as a cancer preventive in humans; 1996年
    発表情報; Nutrition Reviews, 54, S1-S4
    著者; Fujiki H, Suganuma M, Okabe S, Komori A, Sueoka E, Sueoka N, Kozu T, Sakai Y
  • Anti-cancer effects of morphine through inhibition of tumor necrosis factor- release and mRNA expression.; 1996年
    発表情報; Carcinogenesis, 17, 2337-2341
    著者; Sueoka N, Sueoka E, Okabe S, Fuiki H
  • Significance of marine Toxins in tumor promotion of carcinogenesis. Molecular Approaches to Food Safety Issues Involving Toxic Microorganisms; 1996年
    発表情報; , 367-381
    著者; Fujiki H, Suganuma M, Okabe, Komori A, Sueoka E, Kozu T, Sueoka N, Morita T
  • Green tea is a cancer preventive in humans; 1996年
    発表情報; Proc. First Int. Conf. East West Perspectives on Functional Foods
    著者; Fujiki H, Suganuma M, Okabe S, Komori A, Sueoka E, Sueoka N, Kozu T, Sakai  Y
  • Expression of early response genes by nodularin, a new liver carcinogen, through inhibition of protein phosphatases 1 and 2A; 1996年
    発表情報; Proc. 7th International Conf. Toxic Phytoplankton
    著者; Sueoka E, Sueoka N, Komori A, Okabe S, Kozu T, Suganuma M, Fujiki H
  • Basicstudy of cancer chemopreventive agents; 1996年
    発表情報; Proc. International Symposium on the Development Appl. Chemo. Agents, Korea
    著者; Suganuma M, Okabe S, Komori A, Sueoka E, Sueoka N, Fujiki H.
  • クラミジア呼吸器感染症に対するsparfloxacinの臨床的検討; 1996年
    発表情報; 日本化学療法学会雑誌, 3, 148-157
    著者; 副島林造他64名、末岡尚子
  • Biol. Bull.; 1995年
    発表情報; , 189, 201
    著者; Troll W, Sueoka N, Sueoka E, Laskin JD, Heck DE
  • Determination of various cytokins and type III procollagen aminopeptide levels in bronchoalveolar lavage fluid of the patients with pulmonary fibrosis; 1995年
    発表情報; Br. J. Rheumatol., 34, 31-36
    著者; Kuroki S, Ohta A, Sueoka N, Katoh O, Yamada H, Yamaguchi M
  • Fiberoptic bronchoscopy in inhalation of injury; 1994年
    発表情報; 気管支学, 16, 454-460
    著者; 末岡尚子、加藤収、青木洋介、黒木茂高、中原快明、山田穂積
  • Study of two cases of active pulmonary tuberculosis complicated by lung cancer; 1994年
    発表情報; 結核, 69, 323-328
    著者; 藤澤伸光、Nagao R, Kimoto K,加藤収、末岡尚子、青木洋介、山田穂積
  • Successful treatment of autoimmune thrombocytopenia and rapid progressive pneumonitis with recurrent pneumothorax in a patient with rheumatoid arthritis; 1993年
    発表情報; Br. J. Rheumatol., 32, 855-856
    著者; Kuroki S, Ohta A, Katoh O, Sueoka N, Yamada H, Yamaguchi M
  • A case of extraskeletal Ewing's sarcoma of the chest wall; 1993年
    発表情報; 日本胸部疾患雑誌, 31, 872-875
    著者; 中田晴雄、末岡尚子、青木洋介、黒木茂高、加藤収、山田穂積
  • 両側気管支内腔にポリープ状腫瘤を認めた原発性肺腺癌の1例; 1993年
    発表情報; 肺癌, 33, 941-945
    著者; 青木洋介、末岡尚子、中原快明、黒木茂高、加藤収、山田穂積
  • 同時多発癌および、気管、肺重複癌の臨床的検討; 1992年
    発表情報; 呼吸, 11, 203-208
    著者; 加藤収、日浦研哉、青木洋介、黒木茂高、中田晴雄、末岡尚子、中原快明、 山田穂積、伊藤翼
  • 気管支形成術を施した気管支内過誤腫の1例; 1992年
    発表情報; 胸部外科, 45, 1001-1003
    著者; 平田祐司、堀田圭一、伊藤翼、末岡尚子、山田穂積
  • A case of cardiac sarcoidosis associated with various clinical symptoms and thrombocytopenia; 1992年
    発表情報; 日本胸部疾患雑誌, 30, 2146-2150
    著者; 藤澤伸光、加藤収、山口常子、河島通博、中田晴雄、末岡尚子、青木洋介、黒木茂高、中原快明、山田穂積
  • 呼吸器感染症におけるsparfloxacinの有用性、および喀痰内移行に関する検討; 1991年
    発表情報; Chemotherapy,, 39, 350-356
    著者; 山田穂積、加藤収、日浦研哉、青木洋介、黒木茂高、中田晴雄、末岡尚子
  • 重篤な末梢神経症状を呈し、血漿交換が有効であった全身性エリテマトーデスの一例; 1990年
    発表情報; 日本内科学会雑誌, 79, 237-238
    著者; 荒金尚子、岸川由美子、松井美詠子、緋田めぐみ、遠藤智代子、大田明英、兼岡秀俊、山口雅也
  • Respiratory failure due to vocal cord dyskinesia in olivo-ponto cerebellar atrophy; 1989年
    発表情報; Chest, 96, 1212-1214
    著者; Aragane N, Katoh O, Yamada H, Kuroda Y, Maeyama T

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • Successful treatment of pulmonary nocardiosis with Fluoroquinolone in bronchial asthma and bronchiectasis; 2017年
    発表情報; Respirol Case Rep., 5, 3, e00229
    著者; Sadamatsu H, Takahashi K, Tashiro H, Komiya K, Nakamura T, Sueoka-Aragane N
  • Chronic and Asymptomatic Diffuse Alveolar Haemorrhage with Microscopic Polyangiitis: A Case Report and Review of the Literature.; 2016年
    発表情報; Case Rep Rheumatol., 2016, 1658126
    著者; Tashiro H, Takahashi K, Sadamatsu H, Uchida M, Kimura S, Sueoka-Aragane N
  • Coexistence of lung cancer and immunoglobulin G4-related lung disease in a nodule: a case report.; 2016年
    発表情報; J Med Case Rep., 10, 1, 113
    著者; Tashiro H, Takahashi K, Nakamura T, Komiya K, Kimura S. Sueoka-Aragane N.
  • A case of relapsing polychondritis successfully treated with combination of a glucocorticoid and cyclosporine.; 2015年
    発表情報; Int J Clin Med, 6, 7, PP. 439-443
    著者; Takahashi K, Inoue H, Sadamatsu H, Umeguchi H, Sueoka-Aragane N, Kimura S
  • フッ化水素ガス吸入によると推測された急性呼吸窮迫症候群(ARDS)の1例; 2009年
    発表情報; 日本呼吸器学会雑誌 47: 11, 991-995, 47, 11, 991-995
    著者; 川浦 太, 福岡 麻美, 荒金 尚子,林 真一郎
  • 近位気管支狭窄および著明な右室の拡大を伴ったサルコイドーシスの一例; 2008年
    発表情報; 日本呼吸器学会雑誌, 46, 25-30
    著者; 小林弘美、琴岡憲彦、田尾朋子、川浦太、田中将英、福野裕次、荒金尚子、中原快明、林真一郎
  • Insulin-like growth factor binding protein-6 inhibits the growth of human bronchial epithelial cells and increases in abuncance with all-trans retinoic acid treatment; 2000年
    発表情報; Am. J. Respir. Cell Mol. Biol., 23, 297-303
    著者; Sueoka N, Lee HY, Walsh GL, Fang B, Ji L, Roth JA, LaPushin R, Hong WK, Cohen P, Kurie JM

一般講演(学術講演を含む)

  • ALK肺がんの進歩(ランチョンセミナー); 2017年
    発表情報; 第57回日本肺癌学会九州支部学術集会/第40回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会, 2017.2.24-25
    著者; 荒金尚子
  • 再々生検にてT790M陽性を確認し得たEGFR遺伝子変異陽性肺癌の1例; 2017年
    発表情報; 第57回日本肺癌学会九州支部学術集会/第40回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会, 2017.2.24-25
    著者; 平川治樹、小宮一利、栗原有紀、中島千穂、田中将英、中村朝美、髙橋浩一郎、木村晋也、荒金尚子
  • 高感度EGFR遺伝子変異検出法におけるDNA自動抽出法の有用性; 2017年
    発表情報; 第57回日本肺癌学会九州支部学術集会/第40回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会, 2017.2.24-25
    著者; 中島千穂、安部友範、木村晋也、荒金尚子
  • 長期経過を観察できたMulticentric Castleman’s Diseaseの一例; 2017年
    発表情報; 第78回日本呼吸器学会日本結核病学会九州支部春季学術講演会, 2017.3.11
    著者; 田代宏樹、高橋浩一郎、辻百々子、平川治樹、栗原有紀、安部友範、中島千穂、小宮一利、田中将英、中村朝美、荒金尚子
  • METエクソン14スキッピング変異を認めた非小細胞肺癌の2症例; 2017年
    発表情報; 第78回日本呼吸器学会日本結核病学会九州支部春季学術講演会, 2017.3.11
    著者; 八並由樹、小宮一利、辻百々子、栗原有紀、平川治樹、田中将英、中村朝美、高橋浩一郎、荒金尚子
  • 急激な病状の悪化により生前診断が困難であったPTTMの一剖検例; 2017年
    発表情報; 第78回日本呼吸器学会日本結核病学会九州支部春季学術講演会, 2017.3.11
    著者; 吉永優、田中将英、栗原有紀、小宮一利、中村朝美、高橋浩一郎、荒金尚子
  • A retrospective analysis of the efficacy and safety of ALK inhibitors in ALK-positive lung cancer patients; 2016年
    発表情報; IASLC 17th WORLD CONFERENCE ON LUNG CANCER, 2016.12.4-7
    著者; Komiya K, Nakamura T, Kurihara Y, Hirakawa H, Sadamatsu H, Nakashima C, Umeguchi H, Takeda Y, Kimura S, Sueoka-Aragane N
  • Investigation of mechanism of lymphogenous metastasis using human lung cancer metastatic animal model; 2016年
    発表情報; The 13th Korea-Japan Joint Symposium on Cancer and Ageing Research 2016, 2016, February 25-27
    著者; Nakashima C, Sato A, Sueoka E, Okada S, Kimura K, Aragane N
  • Investigation of mechanism of lymphogenous metastasis using human lung cancer metastatic animal model; 2016年
    発表情報; The 75th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, October 6-8, 2016
    著者; Chiho Nakashima, Akemi Sato, Shinya Kimura, Naoko Aragane
  • An analysis of pulmonary manifestations of IgG4-Related Disease; 2016年
    発表情報; ATS International Conference 2016, 2016, May, 13-18
    著者; H. Sadamatsu, K. Takahashi, H. Tashiro, N. Sueoka-Aragane
  • Functional analysis of Discoidin domain receptor 2 mutation and expression in squamous cell lung cancer; 2016年
    発表情報; The 75th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, October 6-8, 2016
    著者; Naoko Sueoka-Aragane, Naomi Watanabe, Akemi Sato, Tatsuro Watanabe, Eisaburo Sueoka, Shinya Kimura
  • IL-33 from inflammatory monocytes recruited to lung contributes to HDM-Induced airway inflammation; 2016年
    発表情報; ATS International Conference 2016, 2016, May, 13-18
    著者; H. Tashiro, K. Takahashi, G. Kato, S. Hayashi, S. Kimura, N. Sueoka-Aragane
  • IL-33 from inflammatory monocytes recruited to lung contributes to HDM-Induced airway inflammation; 2016年
    発表情報; 第26回国際喘息学会日本・北アジア部会, 2016, Sep, 17-18
    著者; H. Tashiro, K. Takahashi, G. Kato, S. Hayashi, S. Kimura, N. Sueoka-Aragane
  • Functional analysis of Discoidin domain receptor 2 mutation and expression in squamous cell lung cancer; 2016年
    発表情報; AACR Annual Meeting 2016, 2016, April 16-20
    著者; Watanabe-Kobayashi N, Sato A, Watanabe T, Sueoka E, Kimura S, Sueoka-Aragane N
  • 肺扁平上皮癌におけるDiscoidin Domain Receptor 2の機能解析; 2016年
    発表情報; 第57回日本肺癌学会学術集会, 2016.12.19-21
    著者; 安部友範、中島千穂、渡邉直美、佐藤明美、木村晋也、荒金尚子
  • ALK陽性肺癌に対するALK阻害剤の有効性と安全性の後方視的研究.; 2016年
    発表情報; 第56回日本呼吸器学会学術講演会, 2016.4.8-10
    著者; 小宮一利、中村朝美、栗原有紀、平川治樹、貞松宏典、中島千穂、高橋浩一郎、木村晋也、荒金尚子
  • nab-paclitaxel治療中に黄斑浮腫を来した非小細胞肺癌の一例; 2016年
    発表情報; 第57回日本肺癌学会学術集会, 2016.12.19-21
    著者; 小宮一利、栗原有紀、中村朝美、高橋浩一郎、高木由貴、江内田寛、木村晋也、荒金尚子
  • A case of rapidly progressive primary mixed-type germ cell tumor of the mediastinum after induction chemotherapy; 2016年
    発表情報; 2016 the Japanese Society of Medical Oncology Annual Meeting, 2016.7.28-30
    著者; Hirakawa H, Komiya K, Kurihara Y, Sadamatsu H, Nakashima C, Nakamura T, Takahashi K, Kimura K, and Aragane N
  • 血漿を用いたEGFR-TKIs獲得耐性機序の解明; 2016年
    発表情報; 第14回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2016.7.28-30
    著者; 中村朝美、小林直美、梅口仁美、小宮一利、木村晋也、荒金尚子
  • 高感度EGFR遺伝子変異検出法におけるDNA自動抽出装置の有用性; 2016年
    発表情報; 第57回日本肺癌学会学術集会, 2016.12.19-21
    著者; 中島 千穂、安部 友範、佐藤 明美、加藤 潤一、末岡栄三朗、木村 晋也、荒金 尚子
  • IgG4関連疾患の肺病変に関する解析; 2016年
    発表情報; 第56回日本呼吸器学会学術講演会, 2016.4.8-10
    著者; 貞松宏典、高橋浩一郎、平川治樹、栗原有紀、田代宏樹、中島千穂、渡邊直美、小宮一利、田中将英、中村朝美、木村晋也、荒金尚子
  • 当院における呼吸リハビリテーションの現状と課題; 2016年
    発表情報; 第56回日本呼吸器学会学術講演会, 2016.4.8-10
    著者; 田中将英、高橋浩一郎、小宮一利、中村朝美、木村晋也、荒金尚子、林真一郎
  • 単球由来IL-33はHDMによる気道炎症に関与する; 2016年
    発表情報; 第56回日本呼吸器学会学術講演会, 2016.4.8-10
    著者; 田代宏樹、高橋浩一郎、加藤剛、林真一郎、木村晋也、荒金尚子
  • IL-33 from inflammatory monocytes recruited to lung contributes to HDM-Induced airway inflammation; 2016年
    発表情報; The 65th Annual Meeting of Japanese Society of Allergology (English oral session), 2016.6.17-19
    著者; Hiroki Tashiro, Koichiro Takahashi, Go Kato, Shinichiro Hayashi, Shinya Kimura, Naoko Sueoka-Aragane
  • 血漿分子マーカーを用いたafatinib耐性化機序と効果予測因子の検討; 2016年
    発表情報; 第57回日本肺癌学会学術集会, 2016.12.19-21
    著者; 中村朝美、中島千穂、小林直美、小宮一利、木村晋也、荒金尚子
  • 導入化学療法後に急速に進行した縦隔原発混合型胚細胞腫瘍の1例; 2016年
    発表情報; 第56回日本肺癌学会九州支部学術集会/第39回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会, 2016.2.26-27
    著者; 平川治樹、小宮一利、貞松宏典、中島千穂、中村朝美、木村晋也、荒金尚子
  • ベバシズマブ併用化学療法が著効した原発不明低分化腺癌の1例; 2016年
    発表情報; 第76回日本呼吸器学会・日本結核病学会 九州支部 春季学術講演会, 2016.3.19
    著者; 平川治樹、小宮一利、栗原有紀、貞松宏典、田中将英、中村朝美、高橋浩一郎、木村晋也、荒金尚子
  • 骨形成を伴った原発性肺がんの1例; 2016年
    発表情報; 第77回日本呼吸器学会・日本結核病学会/日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 九州支部 夏季学術講演会, 2016.7.22-23
    著者; 栗原有紀、高橋浩一郎、辻百々子、平川治樹、田代宏樹、安部友範、中島千穂、小宮一利、中村朝美、田中将英、木村晋也、荒金尚子
  • 血漿を用いたEGFR-TKIs獲得耐性機序の解明; 2016年
    発表情報; 第56回日本肺癌学会九州支部学術集会/第39回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会, 2016.2.26-27
    著者; 中村朝美、小林直美、梅口仁美、小宮一利、木村晋也、荒金尚子
  • 血栓性微小血管障害症に合併した肺胞出血の1例; 2016年
    発表情報; 第77回日本呼吸器学会・日本結核病学会/日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 九州支部 夏季学術講演会, 2016.7.22-23
    著者; 貞松宏典、田中将英、辻百々子、栗原有紀、平川治樹、田代宏樹、安部友範、中島千穂、小宮一利、中村朝美、高橋浩一郎、木村晋也、荒金尚子
  • 大葉性肺炎を呈した肺クリプトコッカス症の1例; 2016年
    発表情報; 第76回日本呼吸器学会・日本結核病学会 九州支部 春季学術講演会, 2016.3.19
    著者; 田代宏樹、髙橋浩一郎、梅口仁美、平川治樹、栗原有紀、貞松宏典、中島千穂、小宮一利、田中将英、中村朝美、荒金尚子
  • 顕微鏡的多発血管炎に合併する気管支拡張症の予後解析; 2016年
    発表情報; 第77回日本呼吸器学会・日本結核病学会/日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 九州支部 夏季学術講演会, 2016.7.22-23
    著者; 田代宏樹、高橋浩一郎、辻百々子、平川治樹、栗原有紀、安部友範、中島千穂、小宮一利、中村朝美、田中将英、木村晋也、荒金尚子
  • 第一世代EGFR-TKI獲得耐性例におけるafatinib治療効果と血漿分子マーカー測定結果の検討; 2016年
    発表情報; 第77回日本呼吸器学会・日本結核病学会/日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 九州支部 夏季学術講演会, 2016.7.22-23
    著者; 中村朝美、中島千穂、小林直美、梅口仁美、小宮一利、木村晋也、荒金尚子
  • Monocytes IL-33 contributes to HDM-induced allergic airway inflammation; 2015年
    発表情報; American Thoracic Society 2015 International Conference in Denver, 2015, 5, 15-20
    著者; Hiroki Tashiro, Koichiro Takahashi, Go Kato, Naoko Sueoka-Aragane, Shinya Kimura ,Shinichiro Hayashi
  • SPARC, a possible predictive marker to albumin-bound paclitaxel (nab-paclitaxel) in non-small cell lung cancer; 2015年
    発表情報; IASLC2015 第16回世界肺癌学会, 2015.9.6-9
    著者; Kazutoshi Komiya, Tomomi Nakamura, Hironori Sadamatsu, Chiho Nakashima, Koichiro Takahashi, Hitomi Umeguchi, Naomi Kobayashi, Akemi Sato, ○Yuji Takeda, Shinya Kimura, Naoko Sueoka-Aragane
  • Potential predictive markers for re-challenge with first generation and second generation EGFR-TKI; 2015年
    発表情報; IASLC2015 第16回世界肺癌学会, 2015.9.6-9
    著者; Tomomi Nakamura, Akemi Sato, Naomi Kobayashi, Hitomi Umeguchi, Kazutoshi Komiya, Shinya Kimura, Naoko Aragane
  • A case with cancer of unknown primary diagnosed pathologically retroperitoneal squamous cell carcinoma.; 2015年
    発表情報; 第73回日本癌学会学術総会, 2014.9.25-27
    著者; Hiroaki Kitamura, Tomomi Kashiwada, Kazutoshi Komiya, YukihikoNakayma, Takahiko Nakazono, Yukari Takase, Naoko Aragane, Shinya Kimura
  • A case with cancer of unknown primary diagnosed pathologically retroperitoneal squamous cell carcinoma.; 2015年
    発表情報; 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2015.7.16-18
    著者; Hiroaki Kitamura, Tomomi Kashiwada, Kazutoshi Komiya, YukihikoNakayma, Takahiko Nakazono, Yukari Takase, Naoko Aragane, Shinya Kimura
  • 当院におけるALK阻害剤の効果と安全性の後方視的検討; 2015年
    発表情報; 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2015.7.16-18
    著者; 小宮一利、中村朝美、貞松 宏典、中島千穂、髙橋浩一郎、木村晋也、荒金尚子
  • ALK融合遺伝子陽性肺癌に対するALK阻害剤の有効性と安全性の後方視的検討; 2015年
    発表情報; 第56回日本肺癌学会学術集会, 2015.11.26-28
    著者; 小宮一利、中村朝美、貞松 宏典、中島千穂、武田雄二、木村晋也、荒金尚子
  • 血漿を用いたafatinib再投与効果予測因子の検討; 2015年
    発表情報; 第55回日本呼吸器学会学術講演会, 2015.4.17-19
    著者; 中村朝美、荒金尚子、小宮一利、小林直美、林真一郎、末岡榮三朗、木村晋也
  • 顕微鏡的多発血管炎45症例の肺病変の解析; 2015年
    発表情報; 第55回日本呼吸器学会学術講演会, 2015.4.17-19
    著者; 田代宏樹、高橋浩一郎、加藤剛、林真一郎、荒金尚子
  • Monocytes IL-33 contributes to HDM-induced airway inflammation; 2015年
    発表情報; 第25回国際喘息学会日本・北アジア部会, 2015,9.3-4
    著者; 田代宏樹、高橋浩一郎、加藤剛、林真一郎、木村晋也、荒金尚子
  • 頸髄出血を契機にII型呼吸不全の増悪を来した睡眠時無呼吸症候群の一例; 2015年
    発表情報; 第75回日本呼吸器学会・日本結核病学会・日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 九州支部 秋季学術講演会, 2015,10,2-3
    著者; 平川治樹、高橋浩一郎、栗原有紀、貞松宏典、田代宏樹、中島千穂、小林直美、田中将英、小宮一利、中村朝美、荒金尚子
  • 原発不明の両側卵巣印環細胞癌; 2015年
    発表情報; 第309回日本内科学会九州地方会例会, 2015,5,30
    著者; 北村浩晃、柏田知美、小宮一利、大隈恵美、高瀬ゆかり、荒金尚子、木村晋也
  • 生前の診断が困難であった多発肺浸潤影の一例; 2015年
    発表情報; 第75回日本呼吸器学会・日本結核病学会・日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 九州支部 秋季学術講演会, 2015,10,2-3
    著者; 栗原有紀、小宮一利、平川治樹、貞松宏典、中島千穂、中村朝美、高橋浩一郎、木村晋也、荒金尚子
  • 血漿を用いたEGFR-TKIs獲得耐性機序の解明; 2015年
    発表情報; 第55回日本肺癌学会九州支部学術集会 第38回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会, 2015.2.27-28
    著者; 中村朝美、荒金尚子、小宮一利、小林直美、林真一郎、木村晋也
  • 血漿を用いたafatinib再投与効果予測因子の検討; 2015年
    発表情報; 第75回日本呼吸器学会・日本結核病学会・日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 九州支部 秋季学術講演会, 2015,10,2-3
    著者; 中村朝美、荒金尚子、小宮一利、小林直美、林真一郎、木村晋也
  • 血漿を用いたEGFR-TKIs効果予測因子の検討; 2015年
    発表情報; 第56回日本肺癌学会学術集会, 2015.11.26-28
    著者; 中村朝美、小林直美、梅口仁美、小宮一利、木村晋也、荒金尚子
  • 両肺に多発性結節陰影を呈したIgG4関連疾患の一例; 2015年
    発表情報; 第74回日本呼吸器学会・日本結核病学会九州支部秋季学術講演会, 2015.3.7
    著者; 貞松宏典、髙橋浩一郎、中島千穂、田代宏樹、小林直美、小宮一利、中村朝美、木村晋也、荒金尚子
  • 肺ノカルジア症を合併した気管支喘息の一例; 2015年
    発表情報; 第310回日本内科学会九州地方会例会, 2015.8.29
    著者; 貞松宏典、高橋浩一郎、栗原有紀、平川治樹、小宮一利、中村朝美、木村晋也、荒金尚子
  • 肺アミロイドーシス、肺多発嚢胞状変化を合併したシェーグレン症候群の一例; 2015年
    発表情報; 第75回日本呼吸器学会・日本結核病学会・日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 九州支部 秋季学術講演会, 2015,10,2-3
    著者; 貞松宏典、高橋浩一郎、栗原有紀、平川治樹、田代宏樹、中島千穂、小林直美、小宮一利、中村朝美、荒金尚子
  • 間質性肺炎急性増悪を合併したGoodpasture症候群の1剖検例; 2015年
    発表情報; 第75回日本呼吸器学会・日本結核病学会・日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 九州支部 秋季学術講演会, 2015,10,2-3
    著者; 田代宏樹、高橋浩一郎、栗原有紀、平川治樹、貞松宏典、中島千穂、小林直美、田中将英、小宮一利、中村朝美、荒金尚子
  • 血漿を用いたafatinib再投与効果予測因子の検討; 2015年
    発表情報; 第19回日本がん分子標的治療学会学術集会, 2015.6.10-12
    著者; 中村朝美、佐藤明美、小林直美、梅口仁美、小宮一利、木村晋也、荒金尚子
  • Monitoring EGFR T790M with plasma DNA in lung cancer patients treated with EGFR tyrosine kinase inhibitor in prospective observation study.; 2014年
    発表情報; The 40th Annual Meeting of Korean Cancer Association, June 19-20, 2014
    著者; Aragane N
  • Volume-based response evaluations with consensual lesion selection using cloud solutions in clinical trials: a pilot study; 2014年
    発表情報; 2014 ASCO Annual Meeting, May 30 - June 3, 2014
    著者; Estanislao Oubel, Eric Bonnard, Sueoka-Aragane N, Kobayashi N, C.Charbonnier, Yamamichi J, Mizobe H, Kimura S
  • Usefulness of peripheral blood for monitoring of acquired resistance to EGFR tyrosine kinase inhibitors in non-small cell lung cancer; 2014年
    発表情報; American Association for Cancer Research Annual Meeting 2014, April 5-9, 2014
    著者; Kobayashi N,Sueoka-Aragane N,Umeguchi H,Nakamura T,Sato A,Komiya K, Takeda Y,Hayashi S, Sueoka E, Kimura S
  • Monitoring of metastasis by detection of EGFR mutation, T790M, with plasma using animal model for metastasis of human lung cancer; 2014年
    発表情報; 2014 ASCO Annual Meeting, May 30 - June 3, 2014
    著者; Sueoka-Aragane N,Katakami N, Satouchi M, Yokota S, Aoe K, Iwanaga K, Otsuka K,Kimura S, Negoro S
  • Non-invasive monitoring system for acquired resistance to EGFR-tyrosine kinase inhibitors using circulating plasma DNA; 2014年
    発表情報; The 73th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, September 25-27, 2014
    著者; Sueoka-Aragane N,Nakamura T,Sato A,Kobayashi N,Iwanaga K,Komiya K, Hosomi T, Hirai M,Sueoka E,Okada S,Kimura S
  • Monitoring of EGFR T790M with plasma in lung cancer patients; 2014年
    発表情報; ESMO 2014 Congress, September 26-30, 2014.
    著者; Urata Y,Sueoka-Aragane N, Katakami N, Satouchi M,Yokota S, Aoe K, Iwanaga K, Otsuka K, KimuraS,Negoro S
  • テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合抗癌剤(TS-1)調剤における保険薬局の抱える問題点と今後の薬薬連携の構築; 2014年
    発表情報; 第24回日本医療薬学会, 2014.9.27-28
    著者; ○古野龍也, 持永早希子, 江本晶子, 柏田知美, 荒金尚子, 木村晋也, 藤戸博
  • 維持透析下に化学療法を施行した縦隔原発卵黄嚢腫の一例; 2014年
    発表情報; 第73回日本呼吸器学会日本結核病学会 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 九州支部秋季学術講演会, 2014.10.10-11
    著者; 平川治樹、中島千穂、中村朝美、貞松宏典、小宮一利、高橋浩一郎、増田正憲、荒金尚子、林真一郎、木村晋也
  • 肺がんにおける血漿DNAを用いたEGFR T790M変異モニタリングについての前向き観察研究.; 2014年
    発表情報; 第12回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2014.7.17-19
    著者; *岩永健太郎、荒金尚子、片上信之、里内美弥子、横田総一郎、青江啓介、大塚浩二郎、木村晋也、根来俊一
  • Three cases of hemodialysis patients with advanced gastric cancer treated with Paclitaxel and nab paclitaxel; 2014年
    発表情報; 第12回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2014.7.17-19
    著者; Kashiwada T、Aragane N、Kimura S
  • 進行胃癌における悪心・嘔吐対策と予後との関連性の検討; 2014年
    発表情報; 第52回日本癌治療学会学術集会, 2014.8.28-30
    著者; 柏田 知美, 荒金 尚子, 能城 浩和, 木村 晋也
  • 当院におけるNeuroendocrine carcinomaに対する治療成績; 2014年
    発表情報; 第2回日本神経内分泌腫瘍研究会学術総会, 2014.9.20
    著者; 柏田知美, 北村浩晃、荒金尚子, 能城浩和、木村晋也
  • 非小細胞肺癌EGFR-TKI投与例で臨床的増悪とMBP-QP法で検出した血漿中DNA T790Mの相関を検討した前向き研究; 2014年
    発表情報; 第55回日本肺癌学会学術集会, 2014.11.14-16
    著者; 片上信之、荒金尚子、里内美弥子、横田総一郎、岩永健太郎、青江啓介、大塚浩二郎、木村晋也、根来俊一
  • Diffuse bone marrow uptake of FDG in a patient with aleukemic acute lymphoblastic leukemia; 2014年
    発表情報; The 5th JSH International Symposium 2014, 2014,5,24-25
    著者; Kitamura H,Ando T,Kojima K,Kamachi K,Yoshihara M,Shindo T,Kubota Y,Komiya K,Sueoka-Aragane N, Sueoka E, Kimura S
  • Usefulness of peripheral blood for monitoring of acquired resistance to EGFR tyrosine kinase inhibitors.; 2014年
    発表情報; 第73回日本癌学会学術集会総会, 2014.9.25-27
    著者; 小林直美、荒金尚子、中村朝美、佐藤明美、小宮一利、末岡榮三朗、木村晋也
  • 肺癌におけるSPARCの発現解析と当院におけるnab-パクリタキセルの使用経験.; 2014年
    発表情報; 第54回日本肺癌学会九州支部学術集会 第37回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会, 2014.2.28 - 3.1
    著者; 小宮一利、荒金尚子、梅口仁美、小林直美、中村朝美、林真一郎、木村晋也
  • 非小細胞肺癌におけるSPARCの発現と臨床病理学的検討.; 2014年
    発表情報; 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 2014.4.25-27
    著者; 小宮一利、荒金尚子、梅口仁美、小林直美、中村朝美、林真一郎、木村晋也
  • 非小細胞肺癌におけるnab-パクリタキセルの効果予測因子の検討.; 2014年
    発表情報; 第18回日本がん分子標的治療学会学術集会, 2014.6.25-27
    著者; 小宮一利、荒金尚子、梅口仁美、小林直美、佐藤明美、林真一郎、木村晋也
  • 肺癌におけるSPARCの発現解析と臨床病理学的検討.; 2014年
    発表情報; 第12回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2014.7.17-19
    著者; 小宮一利、荒金尚子、梅口仁美、小林直美、佐藤明美、林真一郎、木村晋也
  • 非小細胞肺癌におけるSPARCの発現解析と当院におけるnab-パクリタキセルの使用経験; 2014年
    発表情報; 第55回日本肺癌学会学術集会, 2014.11.14-16
    著者; 小宮一利、荒金尚子、梅口仁美、小林直美、佐藤明美、中村朝美、武田雄二、林真一郎、木村晋也
  • SPARC, as a possible predictive marker for albumin-bound paclitaxel in non-small cell lung cancer; 2014年
    発表情報; The 73th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, September 25-27, 2014
    著者; Komiya K, Sueoka-Aragane N, Kobayashi N, Sato A, Nakamura T, Hayash S,Kimura S
  • セツキシマブにより過敏反応が発現した獣肉アレルギー既往の1症例.; 2014年
    発表情報; 第35回日本臨床薬理学会学術総会, 2014.12.4-6
    著者; ○持永早希子, 下村由貴, 池田知子, 嶋崎絵里子, 門司幹男, 倉富勇一郎,荒金尚子, 木村晋也、藤戸博
  • 高感度KRAS(codon12)遺伝子変異検出系の確立; 2014年
    発表情報; 第18回日本がん分子標的治療学会学術集会, 2014.6.25-27
    著者; 長野佑美、荒金尚子、佐藤明美、小林直美、末岡栄三朗、木村晋也
  • 血漿を用いたEGFR-TKI再投与効果予測因子の検討; 2014年
    発表情報; 第54回日本肺癌学会九州支部学術集会 第37回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会, 2014.2.28 - 3.1
    著者; 中村朝美、荒金尚子、小宮一利、小林直美、梅口仁美、林真一郎、木村晋也
  • 血漿を用いたEGFR-TKI再投与効果予測因子の検討; 2014年
    発表情報; 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 2014.4.25-27
    著者; 中村朝美、荒金尚子、小宮一利、小林直美、梅口仁美、林真一郎、木村晋也
  • 血漿を用いたEGFR-TKI再投与効果予測因子の検討; 2014年
    発表情報; 第12回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2014.7.17-19
    著者; 中村朝美、荒金尚子、小宮一利、小林直美、林真一郎、末岡栄三朗、木村晋也
  • 血漿を用いたEGFR-TKI再投与効果予測因子の検討.; 2014年
    発表情報; 第73回日本呼吸器学会日本結核病学会 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 九州支部秋季学術講演会, 2014.10.10-11
    著者; 中村朝美、荒金尚子、小宮一利、小林直美、梅口仁美、林真一郎、木村晋也
  • 血漿を用いたEGFR-TKI再投与効果予測因子の検討; 2014年
    発表情報; 第55回日本肺癌学会学術集会, 2014.11.14-16
    著者; 中村朝美、荒金尚子、小宮一利、小林直美、林真一郎、末岡榮三朗、木村晋也
  • 3次治療でS-1単剤療法が奏効した胸腺癌の1例.; 2014年
    発表情報; 第54回日本肺癌学会九州支部学術集会 第37回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会, 2014.2.28 - 3.1
    著者; 貞松宏典、小宮一利、荒金尚子、林真一郎、木村晋也
  • ヒト肺がん転移モデルマウスを用いた腫瘍由来血漿DNA遊離機序の解析; 2014年
    発表情報; 第18回日本がん分子標的治療学会学術集会, 2014.6.25-27
    著者; 佐藤明美、荒金尚子、長野佑美、小林直美、横尾眞子、末岡栄三朗、岡田誠治、木村晋也
  • Correlation between plasma DNA and tumor status in an animal model on metastasis of lung cancer; 2014年
    発表情報; The 73th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, September 25-27, 2014
    著者; Sato A,Sueoka-Aragane N, Kobayashi N,Nagano Y,Sueoka E,Okada S,Kimura S
  • セツキシマブにより中等度過敏反応が発現した牛肉アレルギー既往の1症例.; 2014年
    発表情報; 第24回日本医療薬学会年会, 2014.9.27-28
    著者; 下村由貴, 池田知子, 持永早希子, 嶋崎絵里子, 門司幹男, 倉富勇一郎,荒金尚子, 木村晋也、藤戸博
  • 脾臓低形成と好酸球性副鼻腔炎を基礎疾患として重症肺炎球菌肺炎・敗血症を発症した一例; 2014年
    発表情報; 第73回日本呼吸器学会日本結核病学会 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 九州支部秋季学術講演会, 2014.10.10-11
    著者; 辻百々子、中島千穂、高橋浩一郎、貞松宏典、中村朝美、小宮一利、荒金尚子、林真一郎、木村晋也
  • 非小細胞肺癌における血漿HGFを用いたEGFR-TKI獲得耐性モニタリングの有用性.; 2014年
    発表情報; 第54回日本呼吸器学会学術講演会, 2014.4.25-27
    著者; 梅口仁美、荒金尚子、小林直美、中村朝美、佐藤明美、武田雄二、林真一郎、末岡栄三朗、木村晋也
  • 非小細胞肺癌における血漿HGFを用いたEGFR-TKI獲得耐性モニタリングの有用性; 2014年
    発表情報; 第55回日本肺癌学会学術集会, 2014.11.14-16
    著者; 梅口仁美、荒金尚子、小林直美、中村朝美、武田雄二、林真一郎、木村晋也
  • 大腸癌化学療法における5FUの個別化療法の取り組み; 2014年
    発表情報; 第69回日本大腸肛門病学会学術集会, 2014.11.7-8
    著者; 矢ヶ部 知美, 持永 早希子, 荒金 尚子, 能城 浩和
  • コレステロールを標的とする抗がん剤としてのヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリン; 2014年
    発表情報; 第18回日本がん分子標的治療学会学術集会, 2014.6.25-27
    著者; 横尾眞子、久保田 寧、佐藤明美、荒金尚子、末岡榮三朗、木村晋也
  • PET-CTが発見の契機となったフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ芽球性白血病; 2014年
    発表情報; 第305回日本内科学会九州地方会, 2014,5,31
    著者; ○池田裕貴,北村浩晃,安藤寿彦,小宮一利,荒金尚子,蒲池和晴,進藤岳郎,久保田寧,小島研介,木村晋也
  • 肺癌におけるSPARCの発現解析と当院におけるnab-パクリタキセルの使用経験. ; 2014年
    発表情報; 第54回日本肺癌学会九州支部学術集会 第37回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会, 2014.2.28 - 3.1
    著者; ○小宮一利、荒金尚子、梅口仁美、小林直美、中村朝美、林真一郎、木村晋也
  • 血漿を用いたEGFR-TKI再投与効果予測因子の検討; 2014年
    発表情報; 第54回日本肺癌学会九州支部学術集会 第37回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会, 2014.2.28 - 3.1
    著者; ○中村朝美、荒金尚子、小宮一利、小林直美、梅口仁美、林真一郎、木村晋也
  • 3次治療でS-1単剤療法が奏効した胸腺癌の1例; 2014年
    発表情報; 第54回日本肺癌学会九州支部学術集会 第37回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会, 2014.2.28 - 3.1
    著者; ○貞松宏典、小宮一利、荒金尚子、林真一郎、木村晋也
  • 血漿を用いたEGFR-TKI再投与効果予測因子の検討; 2014年
    発表情報; 第73回日本呼吸器学会日本結核病学会 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 九州支部秋季学術講演会, 2014.10.10-11
    著者; ○中村朝美、荒金尚子、小宮一利、小林直美、梅口仁美、林真一郎、木村晋也
  • 脾臓低形成と好酸球性副鼻腔炎を基礎疾患として重症肺炎球菌肺炎・敗血症を発症した一例; 2014年
    発表情報; 第73回日本呼吸器学会日本結核病学会 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 九州支部秋季学術講演会, 2014.10.10-11
    著者; ○ 辻百々子、中島千穂、高橋浩一郎、貞松宏典、中村朝美、小宮一利、荒金尚子、林真一郎、木村晋也
  • 維持透析下に化学療法を施行した縦隔原発卵黄嚢腫の一例; 2014年
    発表情報; 第73回日本呼吸器学会日本結核病学会 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 九州支部秋季学術講演会, 2014.10.10-11
    著者; ○ 平川治樹、中島千穂、中村朝美、貞松宏典、小宮一利、高橋浩一郎、増田正憲、荒金尚子、林真一郎、木村晋也
  • 肺癌患者血漿DNAを用いたEGFR 変異T790Mの全自動検出系の確立; 2011年11月
    発表情報; 第52回日本肺癌学会 2011年11月3-5日
    著者; 中村朝美、荒金尚子、岩永健太郎、小宮一利、佐藤明美、林真一郎、末岡榮三郎、木村晋也
  • 急速に進行する呼吸不全で発症し、生前診断し得なかった悪性リンパ腫の1例; 2011年11月
    発表情報; 第295回日本内科学会九州地方会 2011年11月20日
    著者; 井上周、小宮一利、田代宏樹、梅口仁美、田中将英、中村朝美、高橋浩一郎、荒金尚子、木村晋也、林真一郎
  • 原発性肺癌の治療中にmycobacterium fortuitum感染症をきたした1例; 2011年11月
    発表情報; 第67回日本呼吸器学会日本結核病学会九州支部秋季学術講演会 2011年11月18-19日
    著者; 田代宏樹、小宮一利、永延奈津子、安部友範、小林直美、高橋浩一郎、荒金尚子、林真一郎
  • 間質性肺炎の経過観察中に発症したANCA関連血管炎の一例; 2011年11月
    発表情報; 第67回日本呼吸器学会日本結核病学会九州支部秋季学術講演会 2011年11月18-19日
    著者; 田代宏樹、林真一郎、小林直美、安部友範、小宮一利、中村朝美、高橋浩一郎、荒金尚子
  • A non-invasive system for monitoring resistance to EGFR tyrosine kinase inhibitors with plasma DNA.; 2011年10月
    発表情報; 70th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association October 3-5,2011
    著者; Aragane N , Nakamura T , Iwanaga K , Sato A , Komiya K , Ureshino N , Hosomi T , Hirai M , Sueoka E , Kimura S
  • Mina53, a Target Gene of C-Myc, is Favorable Prognostic Marker in Early Stage Lung Cancer.; 2011年09月
    発表情報; 2011 European Multidisciplinary Cancer Congress 2011.9.23-27
    著者; Komiya K , Sueoka-Aragane N , Sato A , Hayashi S , Tsuneoka M , Kimura S , Sueoka E
  • A non-invasive system for monitoring resistance to EGFR tyrosine kinase inhibitors with plasma DNA.; 2011年09月
    発表情報; The 2nd World Congress on Biomarker, September 12-14,2011
    著者; Sueoka-Aragane N , Nakamura T , Iwanaga K , Sato A , Komiya K , Abe T , Ureshino N , Hayashi S , Hosomi T , Hirai M , Sueoka E , Kimura S
  • 血漿遊離核酸を用いた肺癌の診断および治療反応性の評価; 2011年08月
    発表情報; 第51回日本臨床化学会年次学術集会 2011年8月26-28日
    著者; 中村朝美、末岡栄三朗、荒金尚子、木村晋也
  • A non-invasive system for monitoring resistance to EGFR tyrosine kinase inhibitors with plasma DNA.; 2011年07月
    発表情報; The 9th Annual Meeting of Japanese Society of Medical Oncology, July 21-23,2011
    著者; Nakamura T , Aragane N , Komiya K , Sueoka E , Kimura S
  • Fully automated detection system of EGFR mutation, T790M with plasma DNA of lung cancer patients.; 2011年07月
    発表情報; The 14th World Conference on Lung Cancer July 3-7,2011
    著者; Nakamura T , Sueoka-Aragane N , Iwanaga K , Sato A , Komiya K , Abe T , Ide M , Ureshino N , Hayashi S , Sueoka E , Kimura S
  • A non-invasive system for monitoring resistance to EGFR tyrosine kinase inhibitors with plasma DNA.; 2011年07月
    発表情報; 14th world conference on lung cancer 2011.7.3-7
    著者; Nakamura T, Sueoka-Aragane N, Iwanaga K, Sato A, Komiya K, Abe T, Ureshino N, Hayashi S, Sueoka E, Kimura S
  • A Phase II Study of Erlotinib in Japanese EGFR Mutation Positive Patients with Pretreated Non-Small Cell Lung Cancer (NSCLC):Lung Oncology Group in Kyushu, Japan (LOGiK0803).; 2011年07月
    発表情報; The 14th World Conference on Lung Cancer July 3-7,2011
    著者; Yamada K, Kawakami S, Saruwatari K, Morinaga R, Izumi M, Aragane N, Nagata S, Kishimoto J, Takayama K, Ichinose Y
  • 変異陽性非小細胞肺癌に対するエルロチニブの多施設共同第II相試験(LOGIK0803); 2011年07月
    発表情報; 第9回日本臨床腫瘍学会 2011年7月21-23日
    著者; 川上 覚、山田 一彦、森永 亮太郎、出水 みいる、荒金 尚子、長田 周也、岸本 淳司、高山 浩一、一瀬 幸人
  • 肺癌患者血漿DNAを用いたEGFR 変異T790Mの全自動検出系の確立; 2011年07月
    発表情報; 第9回日本臨床腫瘍学会 2011年7月21-23日
    著者; 中村朝美、荒金尚子、岩永健太郎、小宮一利、佐藤明美、林真一郎、末岡榮三郎、木村晋也
  • 肺癌診断におけるEBUS-TBNAの有用性についての検討; 2011年07月
    発表情報; 第51回日本肺癌学会九州支部総会 2011年7月29-30日
    著者; 安部友範、荒金尚子、田代宏樹、永延奈津子、小林直美、小宮一利、高橋浩一郎、木村晋也、林真一郎
  • EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺癌に対するエルロチニブの多施設共同第II相試験(LOGIK0803); 2011年07月
    発表情報; 第51回日本肺癌学会九州支部総会 2011年7月29-30日
    著者; 川上 覚、山田 一彦、森永 亮太郎、出水 みいる、荒金 尚子、長田 周也、岸本 淳司、高山 浩一、一瀬 幸人
  • 診断に難渋した肺原発血管肉腫の1例; 2011年07月
    発表情報; 第51回日本肺癌学会九州支部総会 2011年7月29-30日
    著者; 小林直美、田代宏樹、小宮一利、荒金尚子、木村晋也、林真一郎
  • A non-invasive system for monitoring resistance to EGFR tyrosine kinase inhibitors with plasma DNA.; 2011年06月
    発表情報; 2010 ASCO Annual Meeting 2011.6.1-5
    著者; Nakamura T, Sueoka-Aragane N, Iwanaga K, Sato A, Komiya K, Abe T, Ureshino N, Hayashi S, Sueoka E, Kimura S
  • A non-invasive system for monitoring resistance to EGFR tyrosine kinase inhibitors with plasma DNA.; 2011年06月
    発表情報; 2011 American Society of Clinical Oncology, June 1-5,2011
    著者; Nakamura T , Sueoka-Aragane N , Iwanaga K , Sato A , Komiya K , Abe T , Ureshino N , Hayashi S , Sueoka E , Kimura S
  • 肺癌における予後因子としてのMET FISH解析; 2011年06月
    発表情報; がん予防大会2011 2011年6月20-21日
    著者; 荒金尚子、中村朝美、武田雄二、光岡正浩、山崎文朗、林真一郎、末岡栄三朗、木村晋也
  • 原発性肺癌の治療中にmycobacterium fortuitum感染症をきたした1例; 2011年06月
    発表情報; 第66回日本呼吸器学会日本結核病学会九州支部春季学術講演会 2011年6月25日
    著者; 田代宏樹、小宮一利、永延奈津子、安部友範、小林直美、高橋浩一郎、荒金尚子、林真一郎
  • Nocardia concavaにより播種性ノカルジア症の一例; 2011年06月
    発表情報; 第66回日本呼吸器学会日本結核病学会九州支部春季学術講演会 2011年6月25日
    著者; 永延奈津子、小林直美、田代宏樹、安部友範、小宮一利、高橋浩一郎、荒金尚子、林真一郎
  • An Analysis Of Prognostic Factor For Diffuse Alveolar Hemorrhage Patients; 2011年05月
    発表情報; American Thoracic society International conference 2011 in Denver 2011,5,13-18
    著者; Abe T , Takahashi K , Kato G , Kobayashi N , Komiya K , Aragane-Sueoka N , Hayashi S
  • Gene regulation induced by constitutive expression of hypoxia-inducible factor-1a in lymphocytes of transgenic mice.; 2011年04月
    発表情報; American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting, April 2-6,2011
    著者; Ide M , Sueoka-Aragane N , Sato A , Nakamura T , Yokoo M , Hiyama K , Kimura S , Tanimoto K , Sueoka E
  • Fully automated detection system of EGFR mutation, T790M with plasma DNA of lung cancer patients.; 2011年04月
    発表情報; American Association for Cancer Research 102nd Annual Meeting April 2-6,2011
    著者; Sueoka-Aragane N , Nakamura T , Iwanaga K , Sato A , Komiya K , Abe T , Ide M , Ureshino N , Hayashi S , Sueoka E , Kimura S
  • びまん性肺胞出血症候群23例の臨床的検討; 2011年04月
    発表情報; 第51回日本呼吸器学会総会 2011年4月22-23日
    著者; 安部友範、高橋浩一郎、加藤剛、小林直美、小宮一利、荒金尚子、林真一郎
  • Dual targeting therapy on topoisomerase IIa and DNA-dependent protein kinase is a promising strategy for adult T cell leukemia-lymphoma.; 2011年02月
    発表情報; The 10th Japan-Korea Joint symposium on Cancer and Ageing Research February 14-15,2011
    著者; Hisatomi T , Aragane N , Sato A , Ide M , Okamoto K , Kimura S , Sueoka E
  • A non-invasive system for monitoring resistance to EGFR tyrosine kinase inhibitors with plasma DNA.; 2011年02月
    発表情報; The 10th Japan-Korea Joint symposium on Cancer and Ageing Research February 14-15,2011
    著者; Sueoka-Aragane N , Nakamura T , Iwanaga K , Sato Akemi , Komiya K , Abe T , Ide M , Ureshino N , Hayashi S , Sueoka E , Kimura S
  • 関節リウマチ関連肺疾患46例の臨床的解析; 2010年11月
    発表情報; 第60回アレルギー学会秋季学術大会 2010年11月25-27日東京
    著者; 高橋浩一郎、加藤剛、小林直美、小宮一利、荒金尚子、長澤浩平、林真一郎
  • 非小細胞肺癌における血液凝固性合併症の解析; 2010年11月
    発表情報; 第65回日本呼吸器学会日本結核病学会九州支部秋季学術講演会 2010年11月12-13日熊本
    著者; 梅口仁美、小林直美、小宮一利、荒金尚子、林真一郎
  • 肺癌におけるEGF受容体チロシンキナーゼ阻害剤耐性化遺伝子モニタリングシステムの構築; 2010年10月
    発表情報; 第5回九州遺伝子診断研究会. 2010年10月16日
    著者; 荒金尚子、中村朝美、岩永健太郎、佐藤明美、小宮一利、嬉野紀夫、林真一郎、末岡栄三朗、木村晋也
  • Mina53, a novel c-Myc target gene, is a favorable prognostic marker in early stage lung cancer; 2010年09月
    発表情報;  69th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association 2010年9月22-24日
    著者; Komiya K, Sueoka-Aragane N, Sato A, Hayashi S, Tsuneoka M, Kimura S, Sueoka E.
  • Fully automated detection system of EGFR mutation, T790M with plasma DNA of lung cancer patients.; 2010年09月
    発表情報; 69th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association 2010年9月22-24日
    著者; Nakamura T, Sueoka-Aragane N, Iwanaga K, Sato A, Komiya K, Abe T, Ide M, Ureshino N, Hayashi S, Sueoka E, Kimura S
  • Constitutive expression of Hypoxia-inducible factor-a alpha induced tumor development in a transgenic mouse.; 2010年09月
    発表情報; 69th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association 2010年9月22-24日oosaka
    著者; Sueoka E, Aragane N, Satoh A, Nakamura H, Hiyama K, Hisatomi T, Tanimoto K
  • 多発肺動静脈瘻の一例; 2010年08月
    発表情報; 第290回日本内科学会九州地方会 2010年8月28日
    著者; 庭月野いずみ、安部友範、高橋浩一郎、田代宏樹、永延奈津子、小林直美、小宮一利、荒金尚子、木村晋也、林真一郎
  • 非小細胞肺癌患者の血液サンプルを用いた耐性遺伝子T790M測定; 2010年08月
    発表情報; 第1回阪神・佐賀共同がん研究会講演会 2010年8月12日
    著者; 荒金尚子
  • 肺癌患者血漿DNAを用いてEGFR変異T790Mの全自動検出系の確立; 2010年07月
    発表情報; 第14回日本がん分子標的治療学会 2010年7月6-8日
    著者; 中村朝美、荒金尚子、岩永健太郎、小宮一利、安部友範、嬉野紀夫、林真一郎、末岡栄三朗、木村晋也
  • 早期肺癌における予後良好因子としてのc-Myc標的遺伝子Mina53; 2010年07月
    発表情報; 第50回日本肺癌学会九州支部総会 2010年7月10日
    著者; 小宮一利、荒金尚子、林真一郎、木村晋也、末岡榮三朗
  • 肺癌患者血漿DNAを用いてEGFR変異T790Mの全自動検出系の確立; 2010年07月
    発表情報; 第50回日本肺癌学会九州支部総会 2010年7月10日
    著者; 中村朝美、荒金尚子、岩永健太郎、小宮一利、安部友範、嬉野紀夫、林真一郎、末岡栄三朗、木村晋也
  • ステロイド治療が有効であった縦隔線維症の一例; 2010年06月
    発表情報; 第64回日本呼吸器学会九州支部学術講演会 2010年6月19日
    著者; 高橋浩一郎、加藤剛、安部友範、柿野千穂、小林直美、小宮一利、荒金尚子、林真一郎
  • 最新のEGFR遺伝子変異同定方法; 2010年06月
    発表情報; AZ NSCLC Conference 2010年6月30日
    著者; 荒金尚子
  • Tumor development in transgenic mice constitutively expressing hypoxia-inducible factor-1?; 2010年04月
    発表情報; American Association for Cancer Research Annual Meeting 2010, 2010年4月17-21日
    著者; Ide M, Sueoka E, Aragane N, Sato A, Nakamura T, Nakamura H, Hiyama K, Tanimoto K.
  • A novel c-Myc target gene, Mina53, is a favorable prognostic marker in early stage of lung cancer; 2010年04月
    発表情報; American Association for Cancer Research 101st Annual Meeting 2010年4月17-21日
    著者; Komiya K, Sueoka-Aragane N, Sato A, Hayashi S,Tsuneoka M, Kimura S, Sueoka E
  • 関節リウマチ関連肺疾患の臨床的」解析; 2010年04月
    発表情報; 第50回日本呼吸器学会学術講演会 2010年4月23-25日京都
    著者; 加藤剛、高橋浩一郎、安部友範、柿野千穂、小林直美、小宮一利、荒金尚子、長澤浩平、木村晋也、林真一郎
  • c-Myc標的遺伝子Mina53は早期肺癌における予後良好因子である; 2010年04月
    発表情報; 第50回日本呼吸器学会学術講演会 2010年4月23-25日京都
    著者; 小宮一利、荒金尚子、林真一郎、木村晋也、末岡榮三朗
  • 当院で経験した原発不明癌7例の検討; 2010年03月
    発表情報; 第8回日本臨床腫瘍学会 2010年3月 18-19日
    著者; 中村朝美、荒金尚子、小宮一利、木村晋也、林真一郎
  • Tumor susceptibility induced by constitutive expression of hypoxia-inducible factor-1a in a transgenic mouse model; 2009年12月
    発表情報; 第32回日本分子生物学会年会 2009年12月9-12日
    著者; ○末岡 榮三朗, 荒金 尚子, 佐藤 明美, 出 勝, 檜山 佳子, 谷本 圭司
  • Tumor development in transgenic mice constitutively expressing hypoxia-inducible factor-1a; 2009年12月
    発表情報; The 7th Annual Meeting for the Japanese Association for Cancer and Hypoxia Research,日本癌学会シンポジウム共催 2009年12月5-6日 
    著者; ○Sueoka E, Aragane N, Sato A, Nakamura H, Hiyama K, Ide M, Kimura S, Tanimoto K
  • がん診療 up to date (肺がん.乳がん.消化器がん); 2009年12月
    発表情報; 平成21年度第1回佐賀医学会・日医生涯教育講座 2009,12,5
    著者; 荒金 尚子
  • 関節リウマチ関連肺疾患の臨床的解析; 2009年12月
    発表情報; 第2回九州胸部疾患研究グループ(KREST-SG)研究会 2009, 12, 5
    著者; 高橋 浩一郎, 加藤 剛, 安部 友範, 柿野 千穂, 小林 直美, 小宮 一利, 荒金 尚子, 長澤 浩平, 林 真一郎
  • ゲフィチニブ既治療例に対するエルロチニブ投与の有用性の検討; 2009年11月
    発表情報; 第50回日本肺癌学会 2009年11月 12-13日
    著者; 岩永 健太郎, 荒金 尚子, 安部 友範, 柿野 千穂, 小林 直美, 木村 晋也, 林 真一郎
  • 当科における原発不明癌7例の検討; 2009年11月
    発表情報; 第50回日本肺癌学会 2009年11月 12-13日
    著者; 中村 朝美, 岩永 健太郎, 荒金 尚子, 林 真一郎
  • 肺腺癌加療中に非感染性血栓性心内膜炎によると思われる多発脳梗塞症を発症した一例; 2009年11月
    発表情報; 第63回日本呼吸器学会日本結核病学会九州支部秋季学術講演会 2009,11,27
    著者; 小林 直美, 安部 友範, 柿野 千穂, 加藤 剛, 小宮 一利, 高橋 浩一郎, 荒金 尚子, 林 真一郎, 木村 晋也
  • 当科における原発不明癌7例の検討; 2009年11月
    発表情報; 第49回日本肺癌学会九州支部総会
    著者; 中村 朝美, 岩永 健太郎, 荒金 尚子, 林 真一郎
  • Inhibition of AKT/PKB pathway as a therapeutic target for adult T cell leukemia.; 2009年10月
    発表情報; 68th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association 2009年10月 1-3日
    著者; ○Hisatomi T, Tomimasu R, Aragane N, Sato A, Okamoto K, Sueoka E
  • Acinetobacter baumanniiにより重症市中肺炎を来たした1例; 2009年05月
    発表情報; 第62回日本呼吸器学会日本結核病学会九州支部春季学術講演会 2009,5,23
    著者; 柿野 千穂, 小林 直美, 中村 朝美, 岩永 健太郎, 福野 裕次, 荒金 尚子, 林 真一郎
  • DNA-PK is a new therapeutic target for adult T cell leukemia/lymphoma.; 2009年04月
    発表情報; American Association for Cancer Research Annual Meeting 2009 2009年4月18-22日
    著者; ○Hisatomi T, Tomimasu R, Aragane N, Sato A, Komiya K, Sueoka E.
  • Mina53, a new candidate gene in lung carcinogenesis, exhibited oncogenic potential and induced expression of EGF receptor and HGF genes.; 2009年04月
    発表情報; American Association for Cancer Research Annual Meeting 2009 2009年4月18-22日
    著者; Komiya K, Aragane N, Satoh A, Tomimasu R, Hisatomi T, Hayashi S, Tsuneoka M, Sueoka E
  • Myc target gene, mina53, a role in lung carcinogenesis.; 2009年04月
    発表情報; American Association for Cancer Research Annual Meeting 2009 2009年4月18-22日
    著者; Komiya K, Aragane N, Satoh A, Tomimasu R, Hisatomi T, Hayashi S, Tsuneoka M, Sueoka E
  • 肺癌患者におけるカルボプラチンによる過敏反応の発症について; 2009年03月
    発表情報; 日本薬学会第129年会 2009年3月26-28日
    著者; ○竹内耕治, 持永早希子, 土肥佐和子, 荒金尚子, 平野和裕, 中野行孝, 林真一郎, 藤戸博
  • ゲフィチニブ投与歴のある非小細胞肺がんに対するエルロチニブの使用経験; 2009年01月
    発表情報; 第49回日本肺癌学会九州支部総会. 2009,7,10-11
    著者; 安部 友範, 岩永 健太郎, 荒金 尚子, 柿野 千穂, 加藤 剛, 小林 直美, 高橋 浩一郎, 林 真一郎
  • 肺癌診療の変貌―最近5年間でどのように変わったか―; 2009年01月
    発表情報; 第158回佐賀レ線アーベント(平成20年度第3回肺癌部会研修会・内科医部会研修会 肺癌検診精密検査医療機関医師研修会 2009,1,8
    著者; 荒金 尚子
  • Constitutive expression of Hypoxia-inducible factor-alpha induced tumor development in a transgenic mouse; 2009年
    発表情報; 
    著者; ○Sueoka E, Aragane N, Satoh A, Nakamura H, Hiyama K, Hisatomi T, Tanimoto K
  • サルコイドーシスを合併したIgG4関連ミクリッツ病の一例; 2009年
    発表情報; 第287回日本内科学会九州地方会
    著者; 高橋 浩一郎, 中村 朝美, 加藤 剛, 柿野 千穂, 小宮一利, 荒金 尚子, 林 真一郎
  • 肺がんの早期診断マーカー、hnRNP B1によるDNA修復抑制機構の解析; 2008年12月
    発表情報; 第31回日本分子生物学会年会 2008年12月 9-12日
    著者; 佐藤明美、荒金尚子、久富崇、末岡榮三朗
  • Myc target gene, mina53, a role in lung carcinogenesis; 2008年11月
    発表情報; 67th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association October 28-30, 2008
    著者; Kazutoshi Komiya, Naoko Aragane, Akemi Satoh, Rika Tomimasu, Takashi Hisatomi, Shinichiro Hayashi, Makoto Tsuneoka, Eisaburo Sueoka
  • Myc標的遺伝子mina53の肺発癌における役割; 2008年11月
    発表情報; 第49回日本肺癌学会 2008年11月 3-4日
    著者; 小宮一利、荒金尚子、櫻木徹、光岡正浩、林真一郎、末岡榮三朗
  • 喀血コントロールのために左肺全摘術を施行したpleomorphic carcinomaの一切除例; 2008年11月
    発表情報; 第49回日本肺癌学会 2008年11月 3-4日
    著者; 中西香織 他
  • 皮膚筋炎に合併した間質性肺病変の治療抵抗性予測因子の検討; 2008年11月
    発表情報; 第61回日本呼吸器学会日本結核病学会九州地方会秋季大会 2008年11月6-7日
    著者; 小林直美、林真一郎、柿野千穂、中村朝美、岩永健太郎、福野裕次、荒金尚子、長澤浩平
  • A new therapeutic approach for adult T cell leukemia/lymphoma by inhibition of DNA repair system.; 2008年10月
    発表情報; 67th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association October 28-30, 2008
    著者; Takashi Hisatomi, Rika Tomimasu, Naoko Aragane, Akemi Sato, Kazutoshi Komiya, Eisaburo Sueok
  • Myc標的遺伝子mina53の肺発癌における役割; 2008年07月
    発表情報; 第48回日本肺癌学会九州支部総会
    著者; 小宮一利、荒金尚子、林真一郎、末岡榮三朗
  • 当科における原発不明癌6例の検討; 2008年06月
    発表情報; 第48回日本呼吸器学会学術講演会 2008年6月15-17日
    著者; 中村朝美、他
  • 肺癌におけるEGF受容体の遺伝子多型と変異発生との関連; 2008年05月
    発表情報; がん予防大会 2008/5/22
    著者; 荒金尚子、今井一枝、小宮一利、佐藤明美、久富崇、林真一郎、中地敬、末岡栄三朗
  • Exon 19 of EGFR mutation in relation to the CA-repeat polymorphism in intron 1.; 2008年04月
    発表情報; American Association for Cancer Research Annual Meeting 2008/4/15
    著者; Aragane N, Imai K, Komiya K, Sato A, Tomimasu R, Hisatomi T, Sakuragi T, Mitsuoka M, Hayashi S, Nakachi K, Sueoka E
  • NK314 as a new therapeutic agent for adult T cell leukemia.; 2008年04月
    発表情報; American Association for Cancer Research Annual Meeting 2008/4/15
    著者; Hisatomi T, Tomimasu R, Aragane N, Sato A, Komiya K, Sueoka E
  • 骨髄移植後に進行性の肺容積の著明な縮小を認めた一例; 2008年04月
    発表情報; 第60回日本呼吸器学会日本結核病学会九州地方会春季大会 2008/4/26
    著者; 小林直美、松尾綾、岩永健太郎、福野裕次、荒金尚子、林真一郎
  • Myc標的遺伝子mina53:肺発癌における役割と予後因子としての可能性; 2008年01月
    発表情報; 第7 肺分子病態研究会 2008/1/12
    著者; 小宮一利、荒金尚子、佐藤明美、冨枡りか、久富崇、林真一郎、常岡誠、末岡栄三朗
  • 肺癌におけるEGF受容体変異発生の宿主要因; 2008年
    発表情報; 第48回日本呼吸器学会学術講演会 2008年6月15-17日
    著者; 荒金尚子、他
  • 皮膚筋炎合併間質性肺病変のHRCT所見と予後; 2008年
    発表情報; 第48回日本呼吸器学会学術講演会 2008年6月15-17日
    著者; 林真一郎、他
  • DNA修復阻害を標的としたATLの新たな治療法開発の試み; 2008年
    発表情報; 第70回日本血液学会 2008/10/10
    著者; 久富崇、冨桝 りか、荒金 尚子、佐藤 明美、田中 麻里子、横尾 眞子、出 勝、福島 伯泰、船井 典子、岡本 一也、末岡 榮三朗
  • Basic study of cancer preventions by plant metabolites:(-) Epigallocatechin gallate (EGCG), green tea extract and cryptoporic acid E; 1996年
    発表情報; Proc. Natl. Workshop "The benefit of traditional foods"
    著者; Fujiki H, Suganuma M, Okabe S, Komori A, Sueoka E, Sueoka N, Kozu T, Sakai Y

総説

  • 血漿遊離DNAの有用性と臨床応用 (特集 肺癌診断・治療の最前線); 2016年
    発表情報; 呼吸器内科, 29, 3, 203-208
    著者; 荒金尚子
  • 第6回 ctDNAによる薬剤耐性遺伝子検出と次治療決定における有用性; 2016年
    発表情報; 実験医学, 34, 14, 2364 -2368
    著者; 荒金尚子
  • 4.血中遊離DNAを用いた肺がん遺伝子診断; 2015年
    発表情報; Annual Review呼吸器2015, p155-161
    著者; 荒金尚子
  • 特集:非小細胞肺癌に対する新規薬剤の開発・導入の現場から 血漿DNAを用いたEGFR-TKI獲得耐性モニタリング; 2015年
    発表情報; 日本胸部臨床, 74, 6, 659-667
    著者; 荒金尚子
  • 呼吸器抄読会 佐賀大学医学部血液・呼吸器・腫瘍内科呼吸器グループ; 2015年
    発表情報; 呼吸, 34, 6, 629 -629
    著者; 荒金尚子、小林直美、中島千穂、田代宏樹、貞松宏典
  • Ⅴ慢性骨髄性白血病 (CML) 2. BCR-ABLの点突然変異の解析方法は? ; 2015年
    発表情報; 白血病診療Q&A 一つ上を行く診療の実践(松村到編集) 中外医学社. , P196-199
    著者; 木村晋也, 荒金尚子
  • 非小細胞肺がんの化学療法; 2015年
    発表情報; 臨牀と研究, 92, 7, 861-865
    著者; 小宮一利、荒金尚子

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • T790M liquid biopsyの現状と課題(招待講演); 2016年
    発表情報; 第31回日本肺癌学会ワークショップ, 2016.7.2
    著者; 荒金尚子
  • liquid biopsyは実用的バイオマーカー検査として有用か(招待講演); 2016年
    発表情報; 第57回日本肺癌学会学術集会, 2016.12.19-21
    著者; 荒金尚子


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.