教員活動データベース

氏 名竜田 徹フリガナタツタ トオル
欧文氏名TATTA toru
所 属教育学部 学校教育課程
職 名准教授学位博士(教育学)(2012年03月)
電子メールtattacc.saga-u.ac.jpリンクティーチングポートフォリオ
ホームページhttp://tatta595.jimdo.com/

教員詳細情報

研究分野・キーワード

  • 国語教育、読書教育

学歴

  • 2007年03月, 広島大学, 教育学部, 第三類(言語文化教育系) 国語文化系コース, 卒業
  • 2009年03月, 広島大学, 教育学研究科, 文化教育開発専攻, 修士課程・博士前期課程, 修了
  • 2012年03月, 広島大学, 教育学研究科, 文化教育開発専攻, 博士課程・博士後期課程, 修了

職歴

  • 2003年09月 - 2006年03月 東広島市立高美が丘中学校 放課後学習チューター
  • 2008年04月 - 2008年08月 広島県立尾道北高等学校 非常勤講師
  • 2008年04月 - 2012年03月 広島市医師会看護専門学校 非常勤講師
  • 2008年05月 - 2009年02月 広島大学大学院教育学研究科 ティーチングアシスタント
  • 2009年04月 - 2010年08月 広島県立尾道北高等学校 非常勤講師
  • 2009年05月 - 2010年02月 広島大学大学院教育学研究科 ティーチングアシスタント
  • 2010年05月 - 2011年02月 広島大学大学院教育学研究科 ティーチングアシスタント
  • 2011年05月 - 2012年02月 広島大学大学院教育学研究科 ティーチングアシスタント
  • 2012年04月 - 2013年03月 福井県立勝山高等学校 常勤講師
  • 2013年04月 - 2015年09月 佐賀大学文化教育学部 講師
  • 2015年10月 - 2016年03月 佐賀大学文化教育学部 准教授
  • 2016年04月 - 継続中 佐賀大学教育学部 准教授

専門分野

  • 教科教育学

所属学会

  • 全国大学国語教育学会, 広島大学国語教育会, 九州国語教育学会, 日本教科教育学会, 佐賀大学国語教育学会(旧佐賀大学国語国文学会)

現在実施している研究テーマ

  • 〈読書教育〉の研究―学校図書館や国語科教育との連携をめざして―
  • 〈国語学習の記憶〉に関する調査研究―歴史的・教育的・個体史的観点から―
  • 〈国語教育目標論〉の研究―学習者の目標意識を手がかりに―
  • 〈アフォーダンス〉の教育への応用―国語教育とその環境において―

これまでの研究テーマ

  • 西尾実の国語教育論の研究

主要業績

著書

  • 教師へのとびら Pathways to Being a Teacher ―継続・育成型高大接続カリキュラムの開発と展開―; 2018年02月
    発表情報; 
    著者; 竜田徹,林裕子,池田啓二,鬼嶋淳,米田重和,下田芳幸,髙島千鶴,西郡大,山内一祥,和田学
  • 国語科重要用語事典; 2015年08月
    発表情報; 
    著者; 髙木まさき;寺井正憲;中村敦雄;山元隆春[編著]
  • 国語教育学研究の創成と展開; 2015年03月
    発表情報; 
    著者; 『国語教育学研究の創成と展開』編集委員会[編]
  • 構想力を育む国語教育; 2014年07月
    発表情報; 
    著者; 竜田 徹

原著論文

  • 新たな学びを可能にする各教科における教師のICT活用指導力に関する考察―国語科・社会科・英語科での学習デザインに着目して―; 2018年03月
    発表情報; 佐賀大学教育実践研究, 36, 19-30
    著者; 宇都宮 明子,林 裕子,電田 徹
  • 英訳百人一首の日本語訳とその教材性(中)国語科・伝統的な言語文化・古典の学習指導の充実に向けて; 2018年03月
    発表情報; 佐賀大国語教育, 1, 11 - 26
    著者; 竜田 徹
  • 国語教育における想起の意義に関する理論的検討―岡本夏木の論考を手がかりとして―; 2018年03月
    発表情報; 国語科教育(全国大学国語教育学会), 83, 24-32
    著者; 竜田 徹
  • 国語教室における学びの個別化に関する基礎的検討―その実現に資するカリキュラムマネジメントを中心に―; 2018年02月
    発表情報; 月刊国語教育研究(日本国語教育学会), 53, 550, 42-49
    著者; 竜田 徹
  • 中学校・高等学校教材研究ハンドブックを創り続けるために―黒井千次「夜のぬいぐるみ」の教材研究と授業構想を例として―; 2017年08月
    発表情報; 
    著者; 竜田 徹
  • 教職大学院における対話的・協働的な学びに関する一考察:共通必修科目「授業づくりと学級経営の基礎と課題」を例として; 2017年03月
    発表情報; 佐賀大学大学院学校教育学研究科研究紀要, 1, 1326
    著者; 米田 重和;竜田 徹;コメダ シゲカズ;タッタ トオル;Komeda Shigekazu;Tatta Toru
  • 英訳百人一首の日本語訳とその教材性(上)国語科・伝統的な言語文化・古典の学習指導の充実に向けて; 2017年03月
    発表情報; 佐賀大国語教育, 1, 11 - 26
    著者; 竜田 徹
  • 環境としての国語教育―アフォーダンスの視点から―; 2016年03月
    発表情報; 佐賀大国文, 44, 2938
    著者; 竜田 徹
  • 国語学習の記憶に関する一考察―学習者の記憶に残る国語科授業に関する質問紙調査2014年版から―; 2016年03月
    発表情報; 九州国語教育学会紀要, 5, 3353
    著者; 竜田 徹
  • 国語学習史記述実践の意義と方法―国語科教育における学習者の目標意識の育成に向けて―; 2015年11月
    発表情報; 国語科研究紀要, 46, 163180
    著者; 竜田 徹
  • 「批評」に関わる学習の手引きの現状―中学校国語教科書の文学教材を中心に―; 2015年03月
    発表情報; 九州国語教育学会紀要, 4, 87-98
    著者; 野口 知孝
  • リテラチャー・サークルを通して国語学習史を引き出す : 佐賀大学文化教育学部二〇一四年度前期開講科目「国語科教育学」の取り組みから; 2015年03月
    発表情報; 国語教育研究, 56, 126138
    著者; 竜田 徹
  • 教員養成課程専門科目における高校生の参画 : 佐賀大学高大連携プロジェクト「教師へのとびら」の取組を手がかりとして; 2015年02月
    発表情報; , 19, 2, 107126
    著者; 竜田 徹;林 裕子;米田 重和
  • 野地潤家述「国語学習の極印と深化」に関する一考察 <研究論文>; 2014年07月
    発表情報; , 5, 6070
    著者; 竜田 徹
  • 大村はま国語教室の学習記録における「あとがき」の記述内容の分析と考察; 2014年03月
    発表情報; 『九州国語教育学会紀要』九州国語教育学会, 3, 21-32
    著者; 竜田 徹
  • 学習者の記憶に残る国語科授業―教員養成課程の大学生を対象とした質問紙調査を手がかりに―; 2014年03月
    発表情報; 『佐賀大国文』佐賀大学国語国文学会, 42, 81-97
    著者; 竜田 徹
  • 学習者の反応分析による授業の構想―アーノルド・ローベル作『おてがみ』の読むことの指導―; 2014年03月
    発表情報; 九州国語教育学会紀要, 3, 11-20
    著者; 椛島 玲子
  • 文学テクストについての価値ある反応を引き出す方法―Sheridan. D. Blauのリテラチャー・ワークショップを手がかりとして―; 2012年07月
    発表情報; 『論叢 国語教育学』広島大学国語文化教育学講座, 8, 48-61
    著者; 竜田 徹
  • 【学位論文(博士)】 言語生活者を育成する国語教育目標論の研究―構想力を手がかりに―; 2012年01月
    発表情報; 広島大学大学院教育学研究科に提出
    著者; 竜田 徹
  • 学習意義を自己評価する力を育む国語科学習指導 ―「目標の二重構造化」「二重カリキュラム的総合単元」の検討を通して―; 2011年12月
    発表情報; 『日本教科教育学会誌』, 34, 3, 1-10
    著者; 竜田 徹
  • ことばの実態把握に基づく言語生活単元の開発 ―言語行為批評の考察を手がかりとして―; 2011年12月
    発表情報; 『広島大学大学院教育学研究科紀要 第二部(文化教育開発関連領域)』, 60, 107-114
    著者; 竜田 徹
  • 学習者の言語構想力を育成する国語科学習指導 ―アフォーダンス理論を援用した国語教育研究の考察を通して―; 2011年11月
    発表情報; 『教育学研究ジャーナル』中国四国教育学会, 9, 61-69
    著者; 竜田 徹
  • 再読を励ます読書教育の探究 ―初読の価値づけ・権威づけを通して―; 2011年07月
    発表情報; 『論叢 国語教育学』広島大学国語文化教育学講座, 7, 1-10
    著者; 竜田 徹
  • 大村はま国語教室における「実の場」の検討; 2011年03月
    発表情報; 『教育学研究紀要(CD-ROM版)』中国四国教育学会, 56, 90-96
    著者; 竜田 徹
  • 国語科教育における学習目標意識に関する一考察; 2010年12月
    発表情報; 『広島大学大学院教育学研究科紀要 第二部(文化教育開発関連領域)』, 59, 141-150
    著者; 竜田 徹
  • 帯単元「コメント王」にみる高校一年生の新聞を読む力・批評する力; 2010年09月
    発表情報; 『論叢 国語教育学』広島大学国語文化教育学講座, 6, 1-15
    著者; 竜田 徹
  • 書く意欲を引き出し、書く力を育てる実践的試み; 2010年03月
    発表情報; 『国語教育研究』広島大学国語教育会, 51, 1-10
    著者; 竜田 徹
  • 国語科教育の授業方法論に関する一考察 ―行為的アフォーダンスと道具的アフォーダンスの関係を手がかりとして―; 2010年03月
    発表情報; 『教育学研究紀要(CD-ROM版)』中国四国教育学会, 55, 172-177
    著者; 竜田 徹
  • 国語教育論における「実態」概念の検討―西尾実の場合―; 2009年12月
    発表情報; 『広島大学大学院教育学研究科紀要 第二部(文化教育開発関連領域)』, 58, 131-140
    著者; 竜田 徹
  • 西尾実「言葉の実態」の再検討; 2009年03月
    発表情報; 『教育学研究紀要(CD-ROM版)』中国四国教育学会, 54, 432-437
    著者; 竜田 徹
  • 【修士論文】西尾実の国語教育論の再検討―言葉の実態を中心に―; 2009年01月
    発表情報; 広島大学大学院教育学研究科に提出
    著者; 竜田 徹

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • 着想すること(中学校段階で育てる「思考力・判断力・表現力等」と授業づくりのポイント); 2017年11月
    発表情報; 教育科学国語教育, 59, 11, 40-45
    著者; 竜田 徹

一般講演(学術講演を含む)

  • 国語科教育における想起の意義に関する一考察 ―岡本夏木の論考を手がかりとして―; 2017年05月
    発表情報; 第132回全国大学国語教育学会岩手大会
    著者; 竜田 徹
  • 「記憶の国語学習史」の意義と構成; 2015年09月
    発表情報; 第6回九州国語教育学会熊本大会(於鹿児島大学)
    著者; 竜田 徹
  • 学習者の記憶に残る国語科授業 : 教員養成課程の大学生への質問紙調査から(自由研究発表); 2015年05月
    発表情報; , 128, 135138
    著者; 竜田 徹
  • 批評を促す学習の手引きの研究―中学校国語教科書の文学教材を中心に―; 2014年09月
    発表情報; 第5回九州国語教育学会熊本大会(於熊本大学)
    著者; 野口 知孝
  • 学習者の反応分析による授業の構想―アーノルド・ローベル作『おてがみ』の読解指導―; 2013年09月
    発表情報; 第4回九州国語教育学会福岡大会(於福岡教育大学), 3
    著者; 椛島 玲子
  • 小学校高学年段階における批評力の一考察―「海の命」を中心に―; 2013年09月
    発表情報; 第4回九州国語教育学会福岡大会(於福岡教育大学), 3
    著者; 野口 知孝


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.