氏 名古藤田 信博フリガナコトウダ ノブヒロ
欧文氏名KOTODA NOBUHIRO
所 属農学部 生物資源科学科 生物科学コース
職 名准教授学位博士(農学)(2005年11月)
農学修士(1996年03月)
電子メールkotocc.saga-u.ac.jpリンクティーチングポートフォリオ
ホームページhttp://fruit.ag.saga-u.ac.jp/HP_kaju1/

教員詳細情報

研究分野・キーワード

  • 園芸科学

学歴

  • 1993年03月, 東京大学, 農学部, 農芸化学科, 卒業
  • 1996年03月, 東京大学, 農学生命科学研究科, 応用生命化学, 修士課程・博士前期課程, 修了

職歴

  • 1996年04月 - 2001年03月 農林水産省果樹試験場 研究員
  • 2001年04月 - 2003年09月 独立行政法人農業技術研究機構果樹研究所 研究員
  • 2003年10月 - 2004年03月 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構果樹研究所 研究員
  • 2004年04月 - 2013年06月 (独)農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所 主任研究員
  • 2007年04月 - 2010年03月 岩手大学農学部 客員教授
  • 2008年04月 - 2008年09月 山形大学農学部 非常勤講師
  • 2009年10月 - 2010年12月 ニュージーランド植物・食品研究所(The New Zealand Institute for Plant and Food Research Ltd.) 客員研究員
  • 2013年07月 - 継続中 佐賀大学農学部応用生物科学科 准教授
  • 2014年10月 - 9999年99月 鹿児島大学大学院連合農学研究科(兼務) 准教授

専門分野

  • 園芸科学, 生物有機化学, 分子生物学, 応用分子細胞生物学, 遺伝育種科学

所属学会

  • 園芸学会, 園芸学会九州支部会, 育種学会

受賞歴

  • 文部科学大臣表彰 若手科学者賞 (2007年04月)

現在実施している研究テーマ

  • オリーブの大量増殖法の確立
  • カンキツ由来の機能性・香気性成分に着目した新品種及び天然香料開発に向けた基礎的研究
  • 果樹の生理・遺伝学的研究

これまでの研究テーマ

  • 植物ホルモン動態解明に基づくカンキツ単為結果性発現の 分子機構
  • 微生物由来のグルタミン酸毒性抑制物質に関する研究
  • 唐津産カンキツ類の機能性評価とその利用
  • リンゴの遺伝育種学的研究
  • 果樹類の花成タンパク質ネットワーク
  • カンキツの生理・遺伝学的研究
  • 果樹等における花成制御技術の開発

主要業績

著書

  • Flowering and juvenility in apple; 2021年08月
    発表情報; In: Schuyler S. Korban (ed.). The Apple Genome, Springer International Publishing, 978-3030746810
    著者; Nobuhiro Kotoda
  • 幼若性と花芽形成の機構; 2007年03月
    発表情報; 園芸生理学(文永堂出版), 61-73
    著者; 古藤田信博
  • 幼若性、早期開花; 2006年
    発表情報; 最新農業技術辞典
    著者; 古藤田信博

原著論文

  • Relationship between the limonoid content in different parts of the sour orange (Citrus aurantium L.) and the ligand activity of a bile acid receptor, TGR5.; 2020年07月
    発表情報; The Horticulture J, 89, 4, 384-393
    著者; Fatema Tuz Zohra, Yuri Tominaga, Yomi Matsumoto, Naoko Taguchi, Ai Okubo, Susumu Mitsutake, and Nobuhiro Kotoda*
  • Accumulation of polymethoxyflavones and O-methyltransferase gene expression in various citrus cultivars.; 2020年04月
    発表情報; The Horticulture J, 89, 3, 225-236
    著者; Fatema Tuz Zohra, Shotaro Takematsu, Yuri Itami and Nobuhiro Kotoda*
  • 海産養殖魚における異臭物質の環境分析化学的アプローチ(におい嗅ぎGC)による推定; 2018年07月
    発表情報; 環境化学
    著者; 1. 松尾美咲・松元美里・太田耕平・佐藤克久・上村智子・古藤田信博・染谷孝・上野大介
  • Phylogenetic relationships of Aurantioideae (Rutaceae)based on RAD-Seq; 2018年02月
    発表情報; Tree Genetics and Genomes, 14, 6
    著者; Yukio Nagano*, Takashi Mimura, Nobuhiro Kotoda, Ryoji Matsumoto, Atsushi J. Nagano, Mie N. Honjo, Hiroshi Kudoh, andMasashi Yamamoto
  • Gibberellin 2-oxidase genes from Satsuma mandarin (Citrus unshiu Marc.) caused late flowering and dwarfism in transgenic Arabidopsis; 2017年04月
    発表情報; The Horticulture J., 86, 2, 183-193
    著者; Nobuhiro Kotoda*, Satoshi Matsuo, Ichiro Honda, Kanako Yano, Tokurou Shimizu
  • RAD-Seq analysis of typical and minor Citrus accessions, including Bhutanese varieties; 2016年12月
    発表情報; , 66, 797-807
    著者; Tshering Penjor, Takashi Mimura, Nobuhiro Kotoda, Ryoji Matsumoto, Atsushi J. Nagano, Mie N. Honjo, Hiroshi Kudoh, Masashi Yamamoto* and Yukio Nagano
  • Isolation and functional analysis of two gibberellin 20-oxidase genes from Satsuma mandarin (Citrus unshiu Marc.); 2016年04月
    発表情報; The Horticulture J., 85, 2, 128-140
    著者; Nobuhiro Kotoda, Satoshi Matsuo, Ichiro Honda, Kanako Yano, Tokurou Shimizu
  • New Apple Cultivar 'Morinokagayaki'; 2016年03月
    発表情報; Bull. NARO Institute of Fruit Tree Sci., 21, 11-29
    著者; K. Abe*, J. Soejima, H. Bessho, N. Kotoda, H. Iwanami, T. Masuda, S. Komori, Y. Yoshida, Y. Ito, S. Tsuchiya, S. Takahashi, S. Moriya, T. Haniuda, H. Kato, M. Ishiguro, Y. Kashimura, T. Sanada.
  • リンゴの半わい性台木および極わい性台木の新品種‘JM2’,‘JM5'; 2013年09月
    発表情報; Bull. NARO Institute of Fruit Tree Sci., 16, 19-36
    著者; 副島淳一・吉田義雄・羽生田忠敬・別所英男・土屋七郎・増田哲男・小森貞男・ 眞田哲朗・伊藤祐司・定盛昌助・樫村芳記・阿部和幸・古藤田信博
  • Identification of an S-RNase binding protein1 (SBP1) homolog of apple (Malus x domestica); 2013年03月
    発表情報; Plant Biotechnology, 30, 119-123
    著者; M. F. Minamikawa, D. Fujii, H. Kakui, N. Kotoda, H. Sassa*
  • リ ンゴ新品種‘ さ んたろう ’; 2013年03月
    発表情報; Bull. NARO Institute of FRuit Tree Sci., 15, 7-9
    著者; 副島淳一・ 別所英男・ 吉田義雄・ 羽生田忠敬・ 増田哲男・ 小森貞男・ 土屋七郎・ 伊藤祐司・ 真田哲朗・ 阿部和幸・ 古藤田信博・ 加藤秀憲・ 樫村芳記
  • Application of an analog of 9, 10-ketoloctadecadienoic acid (KODA), affected flower bud formation and MdTFL1 and MdFT1 gene expressions in apple buds under heavy-crop and shade conditions; 2013年03月
    発表情報; Journal of American Society for Horticultural Science, 138, 2, 102-107
    著者; Monrudee Kittikorn, Katsuya Okawa, Hitoshi Ohara, Satoru Kondo*, Nobuhiro Kotoda, Masato Wada, Mineyuki Yokoyama, Ohji Ifuku, Ariake Murata and Naoharu Watanabe
  • リンゴ新品種'こうたろう'; 2012年09月
    発表情報; 果樹研究所研究報告, 14, 11-24
    著者; 副島淳一・別所英男・吉田義雄・羽生田忠敬・増田哲男・小森貞男・土屋七郎・伊藤祐司・眞田哲朗・阿部和幸・古藤田信博・樫村芳記・加藤秀憲
  • カンキツゲノムCGHアレイを利用したウンシュウミカンの不安定な変異系統とその原系   統間での多型の評価; 2012年05月
    発表情報; DNA多型, 20, 71-75
    著者; 清水徳朗*,矢野加奈子,古藤田信博,藤井浩,遠藤朋子,吉岡照高,喜多正幸,寺岡毅
  • リンゴ新品種 'ちなつ'; 2012年03月
    発表情報; 果樹研究所研究報告, 13, 17-25
    著者; 副島淳一・吉田義雄・羽生田忠敬・別所英男・土屋七郎・増田哲男・小森貞男・眞田哲朗・伊藤祐司・阿部和幸・古藤田信博・定盛昌助・樫村芳記・加藤秀憲
  • リンゴ新品種'きたろう'; 2012年03月
    発表情報; 果樹研究所研究報告, 13, 27-38
    著者; 副島淳一・吉田義雄・羽生田忠敬・別所英男・増田哲男・小森貞男・土屋七郎・伊藤祐司・眞田哲朗・阿部和幸・樫村芳記・古藤田信博
  • Aligned genetic linkage maps of apple rootstock cultivar ‘JM7’ and Malus sieboldii ‘Sanashi 63’ constructed with novel EST-SSRs; 2012年02月
    発表情報; Tree Genetics and Genomes, 8, 709-723
    著者; S. Moriya, H. Iwanami, N. Kotoda,T.Haji, K. Okada, S. Terakami, N.Mimida, T. Yamamoto and K. Abe
  • Mode of inheritance in fruit acidity in apple analysed with a mixed model of a major gene and polygenes using large complex pedigree; 2012年01月
    発表情報; Plant Breeding, 131, 322-328
    著者; H. Iwanami*, S. Moriya, N. Kotoda, N. Mimida, S. Takahashi-Sumiyoshi, K. Abe
  • α-Ketol-octadecanoic acid (KODA) and the expression of MdTFL1 and MdFT1 in apples; 2012年
    発表情報; Acta Horticulturae, 932, 387-392
    著者; S. Kondo*, M. Kittikorn, K. Okawa, H. Ohara, N. Kotoda, M. Wada, M. Yokoyama and O. Ifuku
  • Apple FLOWERING LOCUS T proteins interact with transcription factors implicated in cell growth and organ development; 2011年05月
    発表情報; Tree Physiology, 31, 5, 555-566
    著者; N. Mimida, S Kidou, H. Iwanami, S. Moriya, ,K. Abe, C. Voogd, E. Varkonyi-Gasic, and N. Kotoda
  • Effects of fruit load, shading, and 9, 10-ketol-octadecadienoic acid (KODA) application on MdTFL1 and MdFT1 genes in apple buds; 2011年05月
    発表情報; Plant Growth Regulation, 64, 1, 75-81
    著者; M. Kittikorn, K. Okawa, H. Ohara, N. Kotoda, M. Wada, M. Yokoyama, O. Ifuku, S. Yoshida, and S. Kondo*
  • Genetic sstudies on resistance to Valsa canker in apple: genetic variance and breeding values estimated from intra- and inter-specific hybrid progeny populations; 2011年04月
    発表情報; Tree Genetics and Genomes, 7, 2, 363-372
    著者; K. Abe*, N. Kotoda, H. Kato and J. Soejima
  • Data mining of citrus expression sequence data sets and application for functional genomic study; 2011年
    発表情報; Acta Horticulturae, 892, 29-36
    著者; T. Shimizu*, H. Fujii, N. Kotoda, K. Yano, and T. Endo
  • Apple S locus region represents a large cluster of related, polymorphic and pollen-specific F-box genes; 2010年07月
    発表情報; Plant Molecular Biology, 74, 143-154
    著者; M. Minamikawa, H. Kakui, S. Wang, N. Kotoda, S. Kikuchi, and S. Sassa*
  • Evaluation of apple genotypes and Malus species for resistance to Alternaria blotch caused by Alternaria alternata apple pathotype using detached-leaf method; 2010年04月
    発表情報; Plant Breeding, 129, 208-218
    著者; K. Abe*, H.Iwanami, N. Kotoda, S. Moriya, S. Takahashi
  • Molecular characterization of FLOWERING LOCUS T-like genes of apple (Malus x domestica Borkh.); 2010年04月
    発表情報; Plant and Cell Physiology, 51, 4, 561-575
    著者; N. Kotoda*, H. Hayashi, M. Suzuki, M. Igarashi, Y. Hatsuyama, S. Kidou, T. Igasaki, M. Nishiguchi, K. Yano, T. Shimizu, S. Takahashi, H. Iwanami, S. Moriya, and K. Abe
  • Genetic mapping of the crown gall resistance gene of the wild apple Malus sieboldii; 2010年02月
    発表情報; Tree Genetics and Genomes, 6, 2, 195-203
    著者; S. Moriya*, H. Iwanami, S. Takahashi, N. Kotoda, K. Suzaki, T. Yamamoto and K. Abe
  • A New Cultivar 'Ozenokurenai' of Apple; 2010年
    発表情報; Bulletin of Gunma Agricultural Technology Center, 7, 45-50
    著者; M. Horigome*, T. Chujo, K. Abe, H. Iwanami, N. Kotoda and S. Moriya
  • Development of a marker-assisted selection system for columnar growth habit in apple breeding; 2009年
    発表情報; Journal Japanese society for Horticultural Science, 78, 3, 279-287
    著者; S. Moriya*, H. Iwanami, N. Kotoda, S. Takahashi, T. Yamamoto, and K. Abe
  • Four TFL1/CEN-like genes on distinct linkage groups show different expression patterns to regulate vegetative and reproductive development in apple (Malus x domestica Borkh.); 2009年
    発表情報; Plant and Cell Physiology, 50, 2, 394-412
    著者; N. Mimida, N. Kotoda*, T. Ueda, M. Igarashi, Y. Hatsuyama, H. Iwanami, S. Moriya, and K. Abe
  • Determination of partial genomic sequences and development of a CAPS system of the S-RNase gene for identification of 22 S haplotypes of apple (Malus x domestica Borkh.); 2009年
    発表情報; Molecular Breeding, 23, 3, 463-472
    著者; H. Kim, H. Kakui, N. Kotoda, Y. Hirata, T. Koba, and H. Sassa*
  • Evalution and inheritance of crown gall resistance in apple rootstocks; 2008年
    発表情報; Journal Japanese society for Horticultural Science, 77, 236-241
    著者; S. Moriya*, H. Iwanami, S. Takahashi, N. Kotoda, K. Suzaki, and K. Abe
  • Turgor Closely Relates to Postharvest Fruit Softening and Can be a Useful Index to select a parent for produing cultivars with good storage potential in apple; 2008年
    発表情報; HortScience, 43, 1377-1381
    著者; H. Iwanami*, S. Moriya, N. Kotoda, and K. Abe
  • Stability in cold temperatures can be evaluated based on changes in fruit quality in apple genotypes under shelf life conditions; 2008年
    発表情報; HortScience, 43, 655-660
    著者; H. Iwanami*, S. Moriya, N. Kotoda, S. Takahashi, and K. Abe
  • The FLOWERING LOCUS T/TERMINAL FLOWER 1 family in Lombardy poplar; 2008年
    発表情報; Plant and Cell Physiology, 49, 291-300
    著者; T. Igasaki*, Y. Watanabe, M. Nishiguchi, and N. Kotoda
  • Estimation of heritability and Breeding Value Psotharvet Fruit Softening in Apple; 2008年
    発表情報; Journal of American Society for Horticultural Science, 133, 92-99
    著者; H. Iwanami*, S. Moriya, N. Kotoda, S. Takahashi, and K. Abe
  • HETEROCHROMATIN PROTEIN1 affects flowering time and whole-plant growth in transgenic Arabidopsis; 2007年
    発表情報; Molecular Genetics and Genomics, 273, 295-305
    著者; N. Mimida, S.-i. Kidou, and N. Kotoda*
  • Resistance sources to Valsa canker (Valsa ceratosperma) in a germplasm collection of diverse Malus species; 2007年
    発表情報; Plant Breeding, 136, 449-453
    著者; K. Abe*, N. Kotoda, H. Kato and J. Soejima
  • Antisense expression of MdTFL1, a TFL1-like gene of apple, reduces the juvenile phase in apple; 2006年
    発表情報; Journal.of American Society for Horticultural Science, 131, 1, 74-81
    著者; N. Kotoda*, H. Iwanami, S. Takahashi, and K. Abe
  • Influence of mealiness on the firmness of apples after harvest; 2005年
    発表情報; HortScience, 40, 7, 2091-2095
    著者; H. Iwanami*, S. Moriya, N. Kotoda, S. Takahashi, and K. Abe
  • MdTFL1, a TFL1-like gene of apple, retards the transition from the vegetative to reproductive phase in transgenic Arabidopsis; 2005年
    発表情報; Plant Science, 168, 95-104
    著者; N. Kotoda* and M. Wada
  • Optimal sampling strategies for evaluating fruit softening after harvest in apple breeding; 2005年
    発表情報; Euphytica, 144, 169-175
    著者; H. Iwanami*, M. Ishiguro, N. Kotoda, S.Takahashi, and J. Soejima
  • Evaluation of differences in softening of apple genotypes by linear regression; 2004年
    発表情報; HortScience, 39, 6, 1185-1188
    著者; H. Iwanami*, M., Ishiguro, N. Kotoda, S. Takahashi, and J. Soejima
  • The break-through in the reduction of juvenile phase in apple using trasngenic approach; 2003年
    発表情報; Acta Horticulturae, 622, 583-590
    著者; N. Kotoda*, M. Wada, T. Masuda, and J. Soejima
  • Apple Breeding Progress in Japan; 2003年
    発表情報; Acta Horticulturae, 622, 583-590
    著者; N.C. Oraguzie*, J. Soejima, T. Fukusawa-Akada, K. Kudo, H. Komatsu. and N. Kotoda
  • Anthocyanin biosynthetic genes are coordinately expressed during red coloration in apple skin; 2002年11月
    発表情報; Plant Physiology and Biochemistry, 40, 11, 955-962
    著者; C. Honda*, N. Kotoda, M. Wada, S. Kondo, S. Kobayashi, J. Soejima, Z. Zhang, T. Tsuda and T. Moriguchi
  • Apple has two orthologues of FLORICAULA/LEAFY involved in flowering; 2002年08月
    発表情報; Plant Molecular Biology, 49, 6, 567-577
    著者; M. Wada*, Q.-f. Cao, N. Kotoda, J. Soejima and T. Masuda
  • Overexpression of MdMADS5, an APETALA1-like gene of apple, causes early flowering in transgenic Arabidopsis; 2002年
    発表情報; Plant Science, 162, 5, 679-687
    著者; N. Kotoda*, M. Wada, S. Kusaba, Y. Kano-Murakami, T. Masuda, and J. Soejima
  • Expression pattern of Homologues of Floral Meristem Identity Genes LFY and AP1 during Flower Development in Apple; 2000年00月
    発表情報; Journal of American Society for Horticultural Science, 125, 4, 398-403
    著者; N. Kotoda*, M. Wada, S. Komori, S.-i. Kidou, K. Abe, T. Masuda and J. Soejima
  • リ ン ゴ 品種 ‘ 国光 ’ , ‘ 金星 ’ , ‘ レ ッ ド ゴ ー ル ド ’ 等の S 遺 伝子型 の 再 解 析; 2000年00月
    発表情報; Journal of Japanese Society for Horticultural Science, 69, 4, 449-459
    著者; 小森貞男・副島淳一・阿部和幸・古藤田 信博・伊藤祐司・別 所英男
  • Recent progress of apple breeding at the Apple Research Center in Morioka; 2000年00月
    発表情報; Acta Horticulturae, 538, 211-214
    著者; J. Soejima*, K. Abe, N. Kotoda, and H. Kato
  • Analysis of S-allele genotypes and genetic diversity in the apple; 2000年00月
    発表情報; Acta Horticulturae, 538, 83-86
    著者; S. Komori*, J. Soejima, K. Abe, N. Kotoda. and H. Kato
  • 種子数および結実率によるリンゴの交雑不和合性の判定; 1999年00月
    発表情報; Journal of Japanese Society for Horticultural Science, 68, 3, 569-577
    著者; 小森 貞男・ 副 島淳一 ・ 伊藤祐 司・ 別所英男・ 阿部和幸 ・ 古藤 田信 博
  • 種子数および結実率によるリンゴの交雑不和合性の判定; 1999年00月
    発表情報; 果樹試験場報告, 33, 97-112
    著者; 小森貞男・副島淳一・伊藤祐司・別所英男・阿部和幸・古藤田信博
  • ‘つ が る ’,‘世界 一 , ‘夏緑 ,‘ ア キ タ ゴ ー ル ド ’ , M .9 等の S 遺伝子 型 解析; 1998年00月
    発表情報; 園芸学会雑誌, 67, 6, 880-889
    著者; 小 森貞 男・ 副島 淳一 ・ 工 藤和 典 ・京谷英 壽・ 阿部 和幸・ 古藤 田信博・ 小 松宏 光・ 伊 藤 祐 司 ・ 別 所英男
  • Isolation and Structure Elucidation of Novel Neuronal Cell Protecting Substances, Carbazomadurins A and B Produced by Actinomadura madurae; 1997年09月
    発表情報; Journal of Antibiotics, 50, 9, 770-772
    著者; N. Kotoda, K. Shin-ya, K. Furihata, Y. Hayakawa and H. Seto*
  • リンゴ新品種’ルビースイート’; 2018年03月
    発表情報; 農研機構研究報告果樹茶業研究部門, 2, 9-17
    著者; 阿部和幸*・副島淳一・岩波宏・古藤田信博・森谷茂樹・高橋佐栄・伊藤裕司・別所英男・岡田和馬・加藤秀憲・小森貞男・土師岳・石黒亮
  • リ ン ゴ 主 要数 品 種 の 自家不 和合 遺 伝 子 型 の 解析; 1998年00月
    発表情報; 園芸学会雑誌, 67, 6, 917-926
    著者; 小森 貞男 ・ 副 島淳 一 ・伊 藤祐 司 ・別 所英 男 ・ 阿部 和幸 ・ 古藤 田 信博

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • 農業者団体の資金による研究開発; 2012年
    発表情報; 果樹試験研究推進協議会報, 24, 22-25
    著者; 古藤田信博
  • ニュージーランドにおける果樹栽培と種苗生産の現状; 2012年
    発表情報; 果樹種苗, 125, 1-5
    著者; 古藤田信博
  • ニュージーランドにおける在外研究; 2011年
    発表情報; 果樹研究所ニュース , 27, 7-7
    著者; 古藤田信博
  • 柑橘類のゲノム研究; 2009年
    発表情報; 柑橘, 61, 11, 30-33
    著者; 古藤田信博
  • 遺伝子組み換えによる早期開花性リンゴの開発; 2006年
    発表情報; 果実日本, 61, 11, 46-48
    著者; 古藤田信博
  • 8ヶ月で開花するリンゴの開発; 2006年
    発表情報; 農業及び園芸, 81, 9, 967-979
    著者; 古藤田信博・耳田直純
  • 実生リンゴの早期開花技術と育種的利用; 2005年
    発表情報; 果樹種苗, 99, 7-14
    著者; 古藤田信博
  • 交雑育種によるリンゴ新品種育成と育種技術開発に取り組む; 2004年
    発表情報; 農耕と園芸, 59, 12, 127-130
    著者; 阿部和幸・岩波宏・古藤田信博・高橋佐栄・森谷滋樹
  • 2002年国際園芸学会産地視察報告III; 2002年10月
    発表情報; 岩手りんごタイムス
    著者; 古藤田信博
  • 2002年国際園芸学会産地視察報告IV; 2002年10月
    発表情報; 岩手りんごタイムス
    著者; 古藤田信博
  • 2002年国際園芸学会産地視察報告I; 2002年09月
    発表情報; 岩手りんごタイムス
    著者; 古藤田信博
  • 2002年国際園芸学会産地視察報告II; 2002年09月
    発表情報; 岩手りんごタイムス
    著者; 古藤田信博
  • 花芽形成遺伝子利用によるリンゴの早期開花性について; 2002年
    発表情報; 今月の農業, 46, 9, 42-47
    著者; 古藤田信博
  • リンゴ花芽形成遺伝子の解明と花芽誘導の制御; 2002年
    発表情報; 果実日本, 57, 6, 58-60
    著者; 古藤田信博
  • 8ヶ月で開花するリンゴの開発; 2002年
    発表情報; 果樹研究所ニュース , 4, 3-3
    著者; 古藤田信博
  • 新品種の栽培技術-リンゴ・ちなつ; 1999年
    発表情報; 果実日本, 54, 10, 76-77
    著者; 古藤田信博
  • 新品種の栽培技術-リンゴ・こうたろう; 1999年
    発表情報; 果実日本, 54, 5, 18-19
    著者; 古藤田信博・副島淳一
  • 新品種の栽培技術-リンゴ・きたろう; 1999年
    発表情報; 果実日本, 54, 3, 10-11
    著者; 古藤田信博・副島淳一
  • 貯蔵性のある中生種リンゴ「きたろう」の特性と将来性 (特集 リンゴの新しい栽培技術と新品種); 1999年
    発表情報; 農耕と園芸, 54, 3, 142-143
    著者; 古藤田信博・副島淳一
  • Breeding of Fuji and performance on JM rootstocks; 1998年00月
    発表情報; Compact Fruit Tree, 31, 1, 22-24
    著者; J. Soejima, H. Bessho, S. Tsuchiya, S. Komori, K. Abe, and N. Kotoda

一般講演(学術講演を含む)

  • シークワシャー‘勝山クガニ’におけるポリメトキシフラボンの 蓄積について; 2015年09月
    発表情報; 平成27年度園芸学会秋季大会, 14, 別2, 107
    著者; 山口真奈美・野田孝幸・納冨麻子・竹下大樹・田中義樹・古藤田信博
  • ウンシュウミカンにおけるBFT-like遺伝子の発現および機能解析; 2015年09月
    発表情報; 園芸学研究, 14, 別2, 82
    著者; 野田孝幸・納冨麻子・古藤田信博
  • ウンシュウミカン由来ジベレリン酸化酵素遺伝子の機能解析; 2015年09月
    発表情報; 園芸学研究, 14, 別2, 317
    著者; 古藤田信博・野田孝幸・矢野加奈子・松尾哲・本多一郎・清水徳朗
  • シークワシャー7系統におけるポリメトキシフラボンの含量について; 2015年08月
    発表情報; 園芸学会九州支部会, 23, 26
    著者; 山口真奈美・古藤田信博
  • ウンシュウミカンにおけるTFL1/FT family遺伝子の単離と発現解析; 2015年08月
    発表情報; 園芸学会九州支部会, 23, 28
    著者; 野田孝幸・納富麻子・古藤田信博
  • リンゴのAPETALA1相同タンパク質は、開花に関与するMADS-box転写因子と相互作用する; 2014年09月
    発表情報; 園芸学研究, 13(別冊2), 336
    著者; 古藤田信博・林秀洋・五十嵐彩・Charlotte Voogd・RongMei Wu・Roger Hellens・Erika Varkonyi-Gasic
  • 果肉が赤く甘い食味のリンゴ新品種‘ルビースイート’; 2014年09月
    発表情報; 園芸学研究, 13(別冊2), 331
    著者; 阿部和幸・副島淳一・岩波宏・古藤田信博・森谷茂樹・高橋(住吉)佐栄・伊藤祐司・別所英男・岡田和馬・加藤秀憲・小森貞男・土師岳・石黒亮

知的財産権の出願等(著作権は除く)

  • Flower-bud supressor gene and early flworing plant.; 2004年07月
    発表情報; New Zealand Patent No. 524462 (October 7/2004) US Patent App. 11/676,752 (August 2/2007)
    著者; N. Kotoda, M. Wada, and J. Soejima.

総説

  • Flowering genes of apple; 2003年
    発表情報; Flowering genes of apple. Flowering News Letter, 35, 18-27
    著者; M. Wada* and N. Kotoda

技術・品種の創出

  • りんご 錦秋; 2019年04月
    発表情報; 
    著者; 阿部和幸・森谷茂樹・岩波宏・古藤田信博・副島淳一・岡田和馬・高橋佐栄・加藤秀憲・小森貞男・土師岳・別所英男・伊藤祐司・石黒亮・清水拓
  • リンゴ もりのかがやき; 2011年03月
    発表情報; 登録番号:第20709号 登録年月日:2011年3月18日
    著者; 吉田義雄、土屋七郎、羽生田忠敬、真田哲朗、樫村芳記、増田哲男、別所英男、小森貞男、伊藤祐司、副 淳一、阿部和幸、古藤田信博、加藤秀憲、岩波 宏、石黒 亮、高橋佐栄、森谷茂樹
  • リンゴ おぜの紅; 2009年02月
    発表情報; 登録番号:第17323号 登録年月日:2009年2月6日
    著者; 堀込充、中條忠久、阿部和幸、岩波 宏、古藤田信博、森谷茂樹
  • リンゴ さんたろう; 2003年03月
    発表情報; 登録番号:第11257号 登録年月日:2003年3月26日
    著者; 別所英男、吉田義雄、副島淳一、羽生田忠敬、増田哲男、小森貞男、土屋七郎、伊藤祐司、眞田哲朗、阿部和幸、古藤田信博、加藤秀憲、樫村芳記
  • リンゴ ちなつ; 2001年10月
    発表情報; 登録番号:第9402号 登録年月日:2001年10月18日
    著者; 吉田義雄、羽生田忠敬、別所英男、土屋七郎、増田哲男、小森貞男、副島淳一、眞田哲朗、伊藤祐司、阿部和幸、古藤田信博、定盛昌助、樫村芳記、加藤秀憲
  • リンゴ こうたろう; 2001年10月
    発表情報; 登登録番号:第9403号 登録年月日:2001年10月18日
    著者; 別所英男、吉田義雄、羽生田忠敬、増田哲男、小森貞男、副島淳一、土屋七郎、伊藤祐司、眞田哲朗、阿部和幸、古藤田信博、樫村芳記、加藤秀憲
  • リンゴ JM2; 2000年07月
    発表情報; 登録番号 :第8223号
    著者; 吉田義雄、羽生田忠敬、別所英男、土屋七郎、増田哲男、小森貞男、副島淳一、眞田哲朗、伊藤祐司、阿部和幸、定盛昌助、樫村芳記、古藤田信博
  • リンゴ きたろう; 2000年07月
    発表情報; 登録番号:第8222号 登録年月日:2000年7月31日
    著者; 別所英男、吉田義雄、羽生田忠敬、増田哲男、小森貞男、副島淳一、土屋七郎、伊藤祐司、眞田哲朗、阿部和幸、樫村芳記、古藤田信博
  • リンゴ JM5; 2000年07月
    発表情報; 登録番号:第8224号 登録年月日:2000年7月31日
    著者; 吉田義雄、羽生田忠敬、別所英男、土屋七郎、増田哲男、小森貞男、副島淳一、眞田哲朗、伊藤祐司、定盛昌助、阿部和幸、樫村芳記、古藤田信博


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.