池上 康之イケガミ ヤスユキ

所属:
海洋エネルギー研究センター

著書

  • 海洋へのいざない; 2017年05月
    発表情報; 
    著者; 北澤大輔、箕浦宗彦、合田浩之、池上康之他31名
  • 海洋エネルギー利用技術(第2版); 2015年06月
    発表情報; 
    著者; 近藤俶郎、経塚雄策、永田修一、池上康之、宮崎武晃、谷野賢二
  • 海洋再生エネルギーの市場展望と開発動向; 2011年03月
    発表情報; サイエンスアンドテクノロジー:  監修 木下健: 第2章 第4節 海外における海洋温度差発電の実証実験と企業動向 p47~52 第3章 第4節 海洋温度差発電の開発動向・要素技術と経済性評価 p201~211 第4章 第4節 海洋温度差発電の賦存量と適地選定 p275~278
    著者; 池上康之
  • 吸着技術の産業応用ハンドブック; 2009年06月
    発表情報; 株式会社リアライズ理工センター:  金子克美編集委員長:  「天然ゼオライトを用いた海水からの農業用栽培用水の製造」pp.65-69, 60-63
    著者; 和嶋隆昌,池上康之
  • エネルギーの貯蔵・輸送; 2008年06月
    発表情報; 出版:エヌ・ティー・エス アンモニア/水を利用したエネルギー変換装置の開発 pp.204-219, 204-234
    著者; 池上康之
  • CO2削減に向けた次世代エネルギー技術ハンドブック; 2001年
    発表情報; リアライズ社 4.2 海洋エネルギー利用:海洋温度差/波力エネルギー pp.291-300, 291-300
    著者; 西宮昌編(分担:池上康之、上原春男)
  • Thermodynamics and the Optimization of Complex Energy Systems; 1999年
    発表情報; Klumer Academic Publishers:  Adrian Bejan and Eden Mamunt:  Thermodynamic Optimization in Ocean Thermal Energy Conversion, 335-344
    著者; 池上康之、上原春男
  • 環境用水浄化実例集2; 1996年09月
    発表情報; パワー社:  村上光政編:  “オゾンを用いた景観用水の浄化” pp.133-138, “ オゾンと微細気泡を利用した浄化システム” pp.139-143,, 133-143
    著者; 池上康之、上原春男

原著論文

  • サイクル解析に基づいた海洋温度差発電ポテンシャルモデルの構築; 2017年08月
    発表情報; システム制御情報学論文集, 30, 8, 297-304
    著者; 松田吉隆,浦吉大輝,杉剛直,後藤聡,森崎敬史,安永健,池上康之
  • Liquid Level Control of Separator in an OTEC Plant with Uehara Cycle; 2016年12月
    発表情報; Trans of the institute system, control and Information Engineer
    著者; Yoshitaka Matsuda, Satoru Goto, Takenao Sugi, Takafumi Morisaki, Takeshi Yasunaga and Yasuyuki Ikegami
  • THE VISUALIZATION OF PHASE CHANGE PHENOMENA IN HERRINGBONE TYPE PLATE HEAT EXCHANGER USING 3D-PRINTER; 2016年09月
    発表情報; The 27th International Symposium of Transfer Phenomena,Hawaii
    著者; Masayoshi NAKAMURA,Yusuke KAWABATA,Yasuyuki IKEGAMI,Takeshi YASUNAGA
  • 熱交換器用高伝熱チタン板HEET(特集 素形材); 2016年09月
    発表情報; R&D 神戸製鋼技報, 66, 1, 3841
    著者; 田村圭太郎、逸見義男、岡本明夫、大山英人、有馬博史、池上康之
  • ランキンサイクルを用いた海洋温度差発電プラントの遠隔監視Webアプリケーション開発; 2016年09月
    発表情報; システム制御情報学会論文誌, 29, 414-421
    著者; 後藤聡、末次輝章、松田吉隆、杉剛直、森﨑敬史、池上康之、江頭成人
  • ランキンサイクルを用いた海洋温度差発電プラントの簡易動的モデルの構築; 2016年01月
    発表情報; システム制御情報学会論文誌, 29, 1, 4050
    著者; 後藤 和彦;後藤 聡;杉 剛直;松田 吉隆;森崎 敬史;池上 康之
  • 複数の熱源を用いたカリーナサイクルの高効率化に関する研究; 2015年12月
    発表情報; 日本エネルギー学会誌, 94, 12, 13781386
    著者; 三島 俊一;池上 康之
  • 2段ランキンサイクルを用いた海洋温度差発電システム; 2014年03月
    発表情報; 海洋深層水利用学会論文誌「海洋深層水研究」,14巻,3号,pp. 185-195, 2014年 3月, 14, 3, 185-195
    著者; 森﨑敬史,池上康之
  • 海洋温度差発電実験装置の連続運転におけるスペクトル解析; 2014年03月
    発表情報; 海洋深層水利用学会論文誌「海洋深層水研究」,14巻,3号,pp. 197-210, 2014年 3月, 14, 3, 197-210
    著者; 森﨑敬史,池上康之,後藤聡
  • 海水配管系におけるバイオフィルム除去システムの開発; 2014年03月
    発表情報; バルブ技報, 72, 66-73
    著者; 伊飼通明、小島隆志、池上康之、西岡成憲、小坂宏史
  • Experimental and Numerical Investigations on Plate-Type Heat Exchanger Performance; 2014年03月
    発表情報; Open Journal of Fluid Dynamics, 5, 1, 92-98
    著者; Yasuyuki Ikegami, Sami Mutair, Yusuke Kawabata
  • Fresh Water from the Ocean- A Study on Desalinated Water Production at an Ocean Thermal Energy Cogeneration System; 2014年02月
    発表情報; In the proceedings of International Conference on Innovative Technologies and Management for Water Security, Chennai, India February 12-14, 2014
    著者; Yasuyuki Ikegami, Sami Mutair
  • Influence of temperature difference calculation method on the evaluation of Rankine cycle performance; 2014年01月
    発表情報; Journal of Thermal Science, Vol.23, No.1, pp.68-76, January 2014, 23, 1, 68-76
    著者; Morisaki, T., Ikegami, Y.
  • Performance evaluation of heat exchangers in OTEC using ammonia/water mixture as working fluid; 2013年12月
    発表情報; Open Journal of Fluid Dynamics, Vol.3, No.4, pp.302-310, December 2013, 3, 4, 302-310
    著者; Morisaki, T., Ikegami, Y.
  • OTEC Using Multi-stage Rankine Cycle; 2013年06月
    発表情報; Proc. 23rd (2013) International Offshore (Ocean) and Polar Engineering Conference, Vol.1, pp. 451-456, June 2013. (Anchorage William Egan Convention Center,USA)2013年6月30‐7月5日, 1, 451-456
    著者; Ikegami, Y., Morisaki, T.
  • Performance Analysis of the Low Temperature Solar-boosted Power Generation System: Part I. Comparison between Kalina Solar System and Rankine Solar System; 2013年02月
    発表情報; Journal of Solar Energy Engineering (ASME), doi: 10.1115/1.4007495, SCI Journal, EI Journal Vol.135, February 2013, 135
    著者; Faming Sun, Yasuyuki Ikegami, Hirofumi Arima, Weisheng Zhou
  • Performance Analysis of the Low Temperature Solar-boosted Power Generation System: Part II. Thermodynamic Characteristics of the Kalina Solar System; 2013年02月
    発表情報; Journal of Solar Energy Engineering (ASME), doi: 10.1115/1.4006964, SCI Journal, EI Journal Vol.135, February 2013, 135
    著者; Faming Sun, Yasuyuki Ikegami, Hirofumi Arima, Weisheng Zhou
  • Experimental study on Seawater Desalination Using Low-grade Thermal energy; 2013年02月
    発表情報; In the proceedings of Water Arabia 2013 conference and exhibition, Saudi Arabian Water Environment Association, Al-Khobar, Saudi Arabia Feb 4-6 2013
    著者; Sami Mutair, Yasuyuki Ikegami
  • Investigations on the Heat Flux Rates in Superheated Water Jet Evaporators; 2013年01月
    発表情報; Journal of Energy and Power Engineering, January 31,2013
    著者; Sami Mutair,Yasuyuki Ikegami
  • Utilization of Low-quality Energy in Seawater Desalination at Low Temperatures and Reduced Pressures; 2013年01月
    発表情報; Proceedings of the Arab Water Week 2013 - New Prospects and Challenges for the Water Sector in the Arab Region, Amman, Jordan, January 27th~31st 2013)
    著者; Sami Mutair, Yasuyuki Ikegami
  • On the evaporation of superheated water drops formed by flashing of liquid jets; 2012年07月
    発表情報; International Journal of Thermal Sciences, Volume 57, July 2012, Pages 37-44, 57, 37-44
    著者; Sami Mutair, Yasuyuki Ikegami
  • On the evaporation of superheated water drops formed by flashing of liquid jets; 2012年07月
    発表情報; International Journal of Thermal Sciences, Volume 57, July 2012, Pages 37-44, 57, 37-44
    著者; Sami Mutair, Yasuyuki Ikegami
  • A study on Kalina solar system with an auxiliary superheater; 2012年
    発表情報; Renewable Energy, 41, pp. 210-219, 2012. , SCI, EI, 210-219
    著者; Faming Sun, Yasuyuki Ikegami, Baoju Jia
  • Optimization design and exergy analysis of organic Rankine cycle in ocean thermal energy conversion; 2012年
    発表情報; Applied Ocean Research, 35, pp. 38-46, 2012. , SCI, EI, 38-46
    著者; Faming Sun, Yasuyuki Ikegami, Baoju Jia, Hirofumi Arima
  • AgNO3およびPb(NO3)2を用いた海水中の陰イオン処理に関する基礎的研究; 2011年05月
    発表情報; 素材物性学雑誌 、 23巻 2号 (頁 33 ~ 37) 、 2011年05月, 23, 2, 33-37
    著者; 和嶋隆昌、志水倫恵、大和武彦、池上康之
  • Local boiling heat transfer characteristics of ammonia/water binary mixture in a vertical plate evaporator; 2011年05月
    発表情報; International Journal of Refrigeration VOL.34, NO.3, 648,2011年05月, 34, 3, 648
    著者; H. Arima, A. Okamoto, Y. Ikegami
  • Characteristic of local boiling heat transfer of ammonia and ammonia / water binary mixture on the plate type evaporator; 2011年
    発表情報; Journal of Thermal Science VOL.20, NO.4, 332 – 342(2011), 20, 4, 332-342
    著者; Akio Okamoto, Hirofumi Arima and Yasuyuki Ikegami
  • Construction of Simulation Model for OTEC Plant Using Uehara Cycle; 2011年
    発表情報; Electrical Engineering in Japan (Translated form Denki Gakkai Ronbunshi, Vol. 129-B, No. 2, pp. 272-282 (2009)) VOL.176, NO.2, 1 – 13 (2011)
    著者; Satoru Goto, Yoshiki Motoshima, Takenao Sugi, Takeshi Yasunaga, Yasuyuki Ikegami and Masatoshi Nakamura
  • Heat flux variation profiles during the flash evaporation of superheated water jets under low-pressure release conditions; 2010年12月
    発表情報; In the proceedings of the 13th Asian Congress of Fluid Mechanic, Dhaka, Bangladesh, December 17-21, 2010
    著者; Sami Mutair, Yasuyuki Ikegami
  • Effect of the nonvolatile substances on the flash evaporation of liquids: Comparative study on the flash evaporation of pure water and saline water; 2010年12月
    発表情報; International Conference on Mechanical, Industrial and Energy Engineering, Khulna, Bangladesh, December 23-24 2010
    著者; Sami Mutair, Yasuyuki Ikegami
  • 微細凹凸面を有するチタン製プレート式蒸発器におけるアンモニアの沸騰熱伝達促進; 2010年08月
    発表情報; 神戸製鋼技報 VOL.60, NO.2, 60; 2010年08月, 60, 2, 60
    著者; 岡本明夫、有馬博史、池上康之
  • Local boiling heat transfer characteristics of ammonia in a vertical plate evaporator; 2010年03月
    発表情報; International Journal of Refrigeration VOL.33, NO.2, 359 2010年03月, 33, 2
    著者; H. Arima, J.H. Kim, A. Okamoto, Y. Ikegami
  • Removal of NaCl from seawater using natural zeolite; 2010年02月
    発表情報; Toxicological and Environmental Chemistry 、 91巻 1号 (頁 21 ~ 26) 、 2010年02月, 91, 1, 21-26
    著者; Takaaki Wajima, Tomoe Shimizu, Takehiko Yamato, Yasuuki Ikegami
  • Study and Enhancement of Flash Evaporation Desalination Utilizing the Ocean Thermocline and Discharged heat; 2010年01月
    発表情報; International Journal of Mathematical, Physical and Engineering Sciences 4: 1 2010
    著者; Sami Mutair, Yasuyuki Ikegami
  • Direct Method to Maximize Net Power Output of Rankine Cycle in Low-Grade Thermal Energy Conversion; 2010年
    発表情報; Journal of Thermal Science and Engineering Applications, 2, 2, 21003-1-21003-8
    著者; Faming Sun and Yasuyuki Ikegami
  • Experimental investigation on the characteristics of flash evaporation from superheated water jets for desalination; 2010年
    発表情報; Desalination 251 (2010) 103–111, 103-111
    著者; Sami Mutair, Yasuyuki Ikegami
  • Direct method to maximize net power output of Rankine cycle in low-grade thermal energy conversion (LTEC); 2010年
    発表情報; Journal of Thermal Science and Engineering Applications (ASME), 2(2), pp. 0210031-8, 2010., 0210031-0210038
    著者; Faming Sun, Yasuyuki Ikegami
  • Construction of Simulation Model for Spray Flash Desalination System; 2010年
    発表情報; Electrical Engineering in Japan (Translated form Denki Gakkai Ronbunshi, Vol. 128-B, No. 8, pp. 993-999 (2008)) VOL.170, NO.4, 9 – 17 (2010)
    著者; Satoru Goto, Yuji Yamamoto, Takenao Sugi, Takeshi Yasunaga, Yasuyuki Ikegami and Masatoshi Nakamura
  • Strength characteristics of the self-sustained wave in grooved channels with different groove length; 2010年
    発表情報; Heat and Mass Transfer, 46(11-12), pp.1229-1237, 2010. SCI, EI, 1229-1237
    著者; Faming Sun, Yongning Bian, Hirofumi Arima, Yasuyuki Ikegami, Xinsheng Xu
  • Experimental investigation on the characteristics of flash evaporation from superheated water jets for desalination; 2010年
    発表情報; Desalination 251 (2010) 103–111, 103-111
    著者; Sami Mutair, Yasuyuki Ikegami
  • Study and Enhancement of Flash Evaporation Desalination Utilizing the Ocean Thermocline and Discharged heat; 2010年
    発表情報; International Journal of Mathematical, Physical and Engineering Sciences 4:1 2010
    著者; Sami Mutair, Yasuyuki Ikegami
  • Experimental study on flash evaporation from superheated water jets: Influencing factors and formulation of correlation; 2009年11月
    発表情報; International Journal of Heat and Mass Transfer, Volume 52, Issues 23-24, November 2009, Pages 5643-5651, 52, 5643-5651
    著者; Sami Mutair, Yasuyuki Ikegami
  • Experimental study on flash evaporation from superheated water jets: Influencing factors and formulation of correlation; 2009年11月
    発表情報; International Journal of Heat and Mass Transfer, Volume 52, Issues 23-24, November 2009, Pages 5643-5651, 52, 5643-5651
    著者; Sami Mutair, Yasuyuki Ikegami
  • Identification of the Local Heat Flux from Superheated Water Drops; 2009年09月
    発表情報; In the proceeding of 4th International Workshop on Bubble and Drop Interfaces 2009 (B& D2009) , Thessaloniki, Greece, September 23-25, 2009
    著者; Sami Mutair, Yasuyuki Ikegami
  • アルカリ溶融法を用いた砂岩砕石屑からのX型ゼオライトの合成; 2009年02月
    発表情報; 日本金属学会誌 、 73巻 2号 (頁 124 ~ 130) 、 2009年02月, 72, 2, 124-130
    著者; 和嶋隆昌、池上康之
  • Synthesis of crystalline zeolite-13X from waste porcelain using alkali fusion; 2009年02月
    発表情報; Ceramics International 、 35巻 7号 (頁 2983 ~ 2986) 、 2009年02月, 35, 7, 2983-2986
    著者; Takaaki Wajima, Yasuyuki Ikegami
  • 海水からの灌漑用水製造を目指した天然ゼオライトによる簡易脱塩処理に関する基礎的研究; 2009年02月
    発表情報; 素材物性学雑誌 、 22巻 (頁 18 ~ 22) 、 2009年02月, 22, 18-22
    著者; 和嶋隆昌、志水倫恵、大和武彦、池上康之
  • Performance simulation of soler-boosted ocean thermal energy conversion plant; 2009年01月
    発表情報; Renewable Enagy, 34, 1, 1752-1758
    著者; Noboru Yamada, Akira Hoshi, Yasuyuki Ikegami
  • ハイドロタルサイトを用いた地熱水中からの砒素・シリカの同時除去; 2009年01月
    発表情報; 応用地質 、 50巻 1号 (頁 29 ~ 34) 、 2009年01月, 50, 1, 29-34
    著者; 和嶋隆昌、池上康之
  • 製紙スラッジ焼却飛灰の酸性重金属溶液浄化能に関する基礎的検討; 2009年01月
    発表情報; 廃棄物資源循環学会論文誌 、 20巻 1号 (頁 68 ~ 73) 、 2009年01月, 20, 1, 68-73
    著者; 和嶋隆昌、池上康之
  • ウエハラサイクルを用いた海洋温度差発電プラントのシミュレーションモデル構成; 2009年
    発表情報; 日本機械学會論文集. B編,Vol.129,No.2,2009,pp.272-282., 129, 2, 272-282
    著者; 後藤聡, 本嶋良樹, 中村政俊, 杉剛直, 安永健, 池上康之
  • Pressure drop characteristics of flow in a symmetric channel with periodically expanded grooves; 2009年
    発表情報; Chemical Engineering Science VOL.64, NO.3, 593 – 597(2009), 64, 3, 593-597
    著者; Takahiro Adachi, Yamato Tashiro, Hirofumi Arima, Yasuyuki Ikegam
  • プレート式蒸発器におけるアンモニア/水二成分混合媒体の局所沸騰熱伝達特性; 2009年
    発表情報; 日本冷凍空調学会論文集 VOL.26, NO.2, 131 – 139(2009), 26, 2, 131-139
    著者; 岡本明夫, 有馬博史, 金政焄, 秋山泰有, 池上康之, 門出政則
  • 製紙スラッジ焼却灰を用いた鉱山ズリの安定化; 2008年11月
    発表情報; 日本金属学会誌, 72, 11, 903-910
    著者; 和嶋隆昌、池上康之
  • 製紙スラッジ焼却灰を用いた鉱山ズリの安定化; 2008年11月
    発表情報; 日本金属学会誌 、 72巻 11号 (頁 903 ~ 910) 、 2008年11月, 72, 11, 903-910
    著者; 和嶋隆昌、池上康之
  • Low Temperature Thermal Desalination by Flash Evaporation from Superheated Water Jet; 2008年09月
    発表情報; In the proceeding of 23rd Annual WateReuse Symposium, Texas, USA, September 7-10, 2008
    著者; Sami Mutair, Yasuyuki Ikegami
  • Study and Enhancement of Flash Evaporation Desalination Utilizing the Ocean Thermocline and Discharged heat; 2008年09月
    発表情報; In the proceeding of 5th International Conference on Sustainable Water Resources Management, Heidelberg, Germany, September 24-26, 2008
    著者; Sami Mutair, Yasuyuki Ikegami
  • スプレーフラッシュ蒸発式海水淡水化システムのシミュレーションモデル構成; 2008年08月
    発表情報; , 128, 8
    著者; 後藤聡,山本雄史,杉剛直,安永健,池上康之,中村政俊
  • Simple two-step process for making agricultural cultivation solution from seawater using calcined hydrotalcite and natural zeolite; 2008年07月
    発表情報; Clay Science 、 14巻 (頁 7 ~ 12) 、 2008年07月, 14, 7-12
    著者; Takaaki Wajima, Tomoe Shimizu, Takehiko Yamato, Yasuyuki Ikegami
  • ペルチェ素子を用いた温度差発電学習用具の開発授業実践; 2008年04月
    発表情報; , 49, 4
    著者; 山本利一,森山潤,角和博,池上康之
  • Zeolite Synthesis from Paper Sludge Ash with Addition of Diatomite; 2008年01月
    発表情報; Journal of Chemical Technology and Biotechnology 、 83巻 (頁 921 ~ 927) 、 2008年01月, 83, 921-927
    著者; Takaaki Wajima, Tomoe Shimizu, Yasuyuki Ikegami
  • Synthesis of Zeolite X from Waste Sandstone Cake Using Alkali Fusion Method; 2008年01月
    発表情報; Materials Transactions 、 49巻 3号 (頁 612 ~ 618) 、 2008年01月, 49, 3, 612-618
    著者; Takaaki Wajima, Kazuharu Yoshizuka, Takashi Hirai, Yasuyuki Ikegami
  • Zeolite synthesis from paper sludge ash via acid-leaching; 2008年01月
    発表情報; Chemical Engineering Communications 、 195巻 3号 (頁 305 ~ 315) 、 2008年01月, 195, 3, 305-315
    著者; Takaaki Wajima, Yasuyuki Ikegami
  • Zeolite synthesis from peper sludge ash with addition of diatomite; 2008年
    発表情報; , 83, 921-927
    著者; Takaaki Wajima,Tomoe Shimizu and Yasuyuki Ikegami
  • ヒートポンプ用プレート式凝縮器の実験的研究ー冷媒がHFC134aの場合ー; 2008年
    発表情報; 空気調和・衛生工学会論文集, 138, 9, 19-28
    著者; 西田哲也,中岡勉,一瀬純弥,池上康之
  • アンモニア/水を作動流体としてシェル&プレート式 熱交換器を用いた海洋温度差発電の性能評価 (熱源の温度および流量の影響); 2008年
    発表情報; 日本機械学會論文集. B編,Vol.74,No.738,2008,pp.445-451., 74, 738, 445-451
    著者; 安永 健, 池上 康之, 門出 政則
  • スプレーフラッシュ蒸発式海水淡水化システムのシミュレーションモデル構成; 2008年
    発表情報; 電気学会論文誌. B,Vol.128,No.8,2008,pp.1-8., 128, 8, 1-8
    著者; 後藤 聡, 山本 雄史, 杉 剛直, 安永 健, 池上 康之, 中村 政俊
  • ヒートポンプ用プレート式凝縮器の実験的研究-冷媒がHFC134aの場合-; 2008年
    発表情報; 空気調和・衛生工学会論文集, 138, 19-28(2008), 19-28
    著者; 西田哲也, 中岡 勉, 一瀬純弥, 池上康之
  • Effect of a chelating agent on the synthesis of zeolitic materials from waste sandstone cake using alkali fusion; 2007年01月
    発表情報; ARS SEPARATORIA ACTA 、 5巻 (頁 76 ~ 87) 、 2007年01月, 5, 76-87
    著者; Takaaki Wajima, Yasuyuki Ikegam
  • Stabilization of mine waste using paper sludge ash under laboratory condition; 2007年01月
    発表情報; Materials Transactions 、 48巻 12号 (頁 3070 ~ 3078) 、 2007年01月, 48, 12, 3070-3078
    著者; Takaaki Wajima, Tomoe Shimizu, Yasuyuki Ikegami
  • Ion exchange properties of natural zeolite in the preparation of an agricultural cultivation solution from seawater; 2007年01月
    発表情報; Journal of Ion Exchange 、 18巻 4号 (頁 390 ~ 393) 、 2007年01月 、 37., 18, 4, 390-393
    著者; Tomoe Shimizu, Takaaki Wajima, Yasuyuki Ikegami
  • Synthesis of zeolitic material from coal fly ash in seawater; 2007年01月
    発表情報; Journal of Ion Exchange 、 18巻 4号 (頁 158 ~ 161) 、 2007年01月, 18, 4, 158-161
    著者; Takashi Hirai, Kazuharu Yoshizuka, Takaaki Wajima, Yasuyuki Ikegami
  • Synthesis of zeolitic material from waste sandstone cake using alkali fusion; 2007年01月
    発表情報; Journal of Ion Exchange 、 18巻 4号 (頁 142 ~ 145) 、 2007年01月, 18, 4, 142-145
    著者; Takaaki Wajima, Yasuyuki Ikegami, Kazuharu Yoshizuka, Takashi Hirai
  • Synthesis of zeolites from paper sludge ash and their ability to simultaneously  remove NH4+ and PO43-; 2007年01月
    発表情報; Journal of Environmental Science and health-A 、 42巻 3号 (頁 345 ~ 350) 、 2007年01月, 42, 3, 345-350
    著者; Takaaki Wajima, Tomoe Shimizu, Yasuyuki Ikegami
  • Synthesis of zeolitic materials from waste porcelain at low temperature via a two step alkali conversion; 2007年01月
    発表情報; Ceramics International 、 33巻 (頁 1269 ~ 1274) 、 2007年01月, 33, 1269-1274
    著者; Takaaki Wajima, Yasuyuki Ikegami
  • 対馬海域における海洋温度差発電設計のための海洋調査; 2007年
    発表情報; 海洋深層水研究, 8(1), 7-21(2007), 8, 1, 7-21
    著者; 一瀬純弥, 中岡 勉, 西田哲也, 植田貴宏, 中島大輔, 秦一浩, 水谷壮太郎 ,島崎渉, 和嶋隆昌, 浦田和也, 池上康之
  • 海洋深層水からのリチウム回収を目的としたパラオおよびフィジー海域における海洋調査とその評価; 2007年
    発表情報; 海洋深層水研究 第7巻第1号 17-22 (2007), 7, 1, 17-22
    著者; 和嶋隆昌, 吉塚和治, 志水倫恵, 浦田和也, 中岡勉, 一瀬純弥, 田淵清春, 鎌野忠, 池上康之
  • 鉛直平滑平板上でのアンモニアの局所強制対流沸騰熱伝達に関する基礎研究; 2007年
    発表情報; 日本冷凍空調学会論文集, Vol. 24, No. 3, pp.217-226 (2007) ., 24, 3, 217-226
    著者; 金政焄, 有馬博史, 池上康之
  • 「プレート式蒸発器のアンモニア/水平均蒸発熱伝達」; 2006年12月
    発表情報; 日本冷凍空調学会論文集,Vol.23,No.4,Page389-397,2006.12, 23, 4, 389-397
    著者; 櫛部光央,池上康之,門出政則
  • New simply process of making agricultural cultivation solution from seawater; 2006年01月
    発表情報; Bulletin of the Society of Sea Water Science, Japan 、 60巻 (頁 201 ~ 202) 、 2006年01月, 60, 201-202
    著者; Takaaki Wajima, Tomoe Shimizu, Yasuyuki Ikegami
  • Synthesis of zeolitic materials from waste porcelain at low temperature via a two step alkali conversion; 2006年
    発表情報; Ceramics Internationa
    著者; Takaaki Wajima, Yasuyuki Ikegami
  • Synthesis of zeolites from paper sludge ash and thier ability to simultaneously remove NH4+ and PO43; 2006年
    発表情報; Journal of Environmental Science and health-A, 42, 3, 345-350
    著者; Takaaki Wajima, Tomoe Shimizu, Yasuyuki Ikegami
  • 海洋深層水からのリチウム回収を目的としたパラオおよびフィジー海域における海洋調査とその評価; 2006年
    発表情報; 海洋深層水研究
    著者; 和嶋隆昌, 吉塚和治, 志水倫恵, 浦田和也, 中岡勉, 一瀬純弥, 田淵清春, 鎌野忠, 池上康之
  • Fluid Conductivity of Porous Aluminum Fabricated by Powder-metallurgical Spacer Method; 2006年
    発表情報; Japanese Journal of Applied Physics, 45, 575-577
    著者; Masataka Hakamada, Takaaki Wajima, Yasuyuki Ikegami, Youqing Chen, Hiromu Kusuda, Mamoru Mabuchi
  • Zeolitic adsorbent synthesized from powdered waste porcelain, and its property for heavy metal removal; 2006年
    発表情報; ARS SEPARATORIA ACTA, 4, 86-95
    著者; Takaaki Wajima, Yasuyuki Ikegami
  • 砂岩砕石屑の有効利用を目的としたゼオライト転換に関する基礎的検討; 2006年
    発表情報; 応用地質, 47, 305-309
    著者; 和嶋隆昌, 吉塚和治, 池上康之
  • 周期的な凹凸を有する平行平板間の低Re数流れに及ぼす強制振動の影響; 2006年
    発表情報; 機械学会論文集B, 72, 717, 1327-1334
    著者; 有馬博史, 森祐二, 池上康之
  • 周期的な凹凸を有する平行平板間の低Re数流れに及ぼす強制振動の影響; 2006年
    発表情報; 機械学会論文集B, 72-717, pp. 1327-1334, (2006), 1327-1334
    著者; 有馬博史, 森祐二, 池上康之
  • 砂岩砕石屑の有効利用を目的としたゼオライト転換に関する基礎的検討; 2006年
    発表情報; 応用地質,47, p. 305-309, (2006), 305-309
    著者; 和嶋隆昌, 吉塚和治, 池上康之
  • 一様温度場中に水平に放出される冷噴流の実験的研究; 2006年
    発表情報; 海の研究,Vol.15,No.4,2006,pp.357-366., 15, 4, 357-366
    著者; 梅木雅之, 板東晃功, 池上康之
  • Zeolitic adsorbent synthesized from powdered waste porcelain, and its property for heavy metal removal; 2006年
    発表情報; ARS SEPARATORIA ACTA, 4, p. 86-95, (2006), 86-95
    著者; Takaaki Wajima, Yasuyuki Ikegami
  • Fluid Conductivity of Porous Aluminum Fabricated by Powder-metallurgical Spacer Method; 2006年
    発表情報; Japanese Journal of Applied Physics, 45, p. L575-L577, (2006), 575-577
    著者; 54. Masataka Hakamada, Takaaki Wajima, Yasuyuki Ikegami, Youqing Chen, Hiromu Kusuda, Mamoru Mabuchi
  • 海水熱エネルギーの有効利用のための海水淡水化システムの研究-南太平洋海域 (フィジー海域) の場合-; 2006年
    発表情報; 日本海水学会誌, 60(1), 47-54(2006), 60, 1, 47-54
    著者; 中岡 勉, 西田哲也, 一瀬純弥, 田渕清春, 鎌野 忠, 池上康之
  • Synthesis of zeolites from paper sludge ash and thier ability to simultaneously remove NH4+ and PO43-; 2006年
    発表情報; Journal of Environmental Science and health-A, 42(3), p. 345-350, (2006), 42, 3, 345-350
    著者; Takaaki Wajima, Tomoe Shimizu, Yasuyuki Ikegami
  • ヒートポンプを用いた地中熱利用システムの性能解析に関する研究; 2005年06月
    発表情報; 空気調和・衛生工学会論文集, No.100, p.1~8(2005-6), 1-8
    著者; 池上康之, 荒川英孝, 川野智広, 上原春男
  • 温排水を用いたカリーナサイクルの性能解析および最適組成に関する研究; 2005年06月
    発表情報; 日本機械学会論文集B,第71巻,76号,1686-1693,(2005.6), 71, 76, 1686-1693
    著者; 櫛部光央, 池上康之
  • スプレーフラッシュ蒸発式海水淡水化に関する実験的研究(噴流方向の影響); 2005年02月
    発表情報; 日本海水学会誌, 59(1), pp.68-73, (2005-2), 59, 1, 68-73
    著者; 池上康之, 佐々木大, 合田知二, 上原春男
  • 温排水を用いたカリーナサイクルの性能解析および最適組成に関する研究; 2005年
    発表情報; 日本機械学会論文集B, 71, 78, 1686-1693
    著者; 櫛部光央, 池上康之
  • ヒートポンプを用いた地中熱利用システムの性能解析に関する研究; 2005年
    発表情報; 空気調和・衛生工学会論文集, 100, 1-8
    著者; 池上康之, 荒川英孝, 川野智広, 上原春男
  • スプレーフラッシュ蒸発式海水淡水化に関する実験的研究(噴流方向の影響); 2005年
    発表情報; 日本海水学会誌, 59, 1, 68-73
    著者; 池上康之, 佐々木大, 合田知二, 上原春男
  • プレート式蒸発器のアンモニア平均蒸発熱伝達と温水側圧力損失; 2005年
    発表情報; 日本冷凍空調学会, 22, 4, 403-415
    著者; 櫛部光央, 池上康之, 門出政則, 上原春男
  • ウエハラサイクルを用いた海洋温度差発電システムの性能試験; 2005年
    発表情報; 日本海水学会誌, 60, 1, 39-46
    著者; 池上康之, 安永健, 原田英光
  • 上向き噴流式フラッシュ蒸発海水淡水化に関する実験的研究(噴流状態と温度分布); 2005年
    発表情報; 日本海水学会誌, 59, 5, 354-360
    著者; 佐々木大, 池上康之, 門出政則, 上原春男
  • 安定温度成層場における冷噴流の拡散特性; 2005年
    発表情報; 日本海水学会誌, 59, 2, 138-148
    著者; 桜澤俊滋, 池上康之, 板東晃功, 梅木雅之, 門出政則
  • 冷噴流の沈降深度に及ぼす温度成層場の影響; 2005年
    発表情報; 日本海水学会誌, 59, 4, 292-300
    著者; 桜澤俊滋, 池上康之, 板東晃功, 梅木雅之, 門出政則
  • 温度成層条件における海洋肥沃化装置「拓海」の放流水貫入深度; 2005年
    発表情報; 日本船舶海洋工学会論文集, 1, 9-15
    著者; 板東晃功, 桜澤俊滋, 梅木雅之, 大内一之, 池上康之
  • 温度成層条件における海洋肥沃化装置「拓海」の放流水貫入深度; 2005年
    発表情報; 日本船舶海洋工学会論文集,第1号,pp.9-15,(2005), 1, 9-15
    著者; 板東晃功, 桜澤俊滋, 梅木雅之, 大内一之, 池上康之
  • 冷噴流の沈降深度に及ぼす温度成層場の影響; 2005年
    発表情報; 日本海水学会誌,Vol.59,No.4,pp.292-300,(2005), 59, 4, 292-300
    著者; 桜澤俊滋, 池上康之, 板東晃功, 梅木雅之, 門出政則
  • 安定温度成層場における冷噴流の拡散特性; 2005年
    発表情報; 日本海水学会誌,Vol.59,No.2,pp.138-148,(2005), 59, 2, 138-148
    著者; 桜澤俊滋, 池上康之, 板東晃功, 梅木雅之, 門出政則
  • ウエハラサイクルを用いた海洋温度差発電システムの性能試験; 2005年
    発表情報; 日本海水学会誌,60(1),32-38,(2005), 60, 1, 32-38
    著者; 池上康之, 安永健, 原田英光
  • プレート式蒸発器のアンモニア平均蒸発熱伝達と温水側圧力損失; 2005年
    発表情報; 日本冷凍空調学会Vol.22-No. 4,pp.403-415,(2005), 22, 4, 403-415
    著者; 櫛部光央, 池上康之, 門出政則, 上原春男
  • ウエハラサイクルを用いた海洋温度差発電システムに関する研究-アンモニアの質量分率の影響-; 2005年
    発表情報; 日本海水学会誌,Vol.59,No.6,2005,pp.428-438., 59, 6, 428-438
    著者; 西田哲也, 中岡勉, 池上康之, 上原春男
  • A Simulation Model for Hot Spring Thermal Energy Conversion Plant With Working Fluid of Binary Mixtures; 2004年07月
    発表情報; ASME Journal of Engineering for Gas Turbines and Power, Vol. 126, No. 3, 445/454, (2004-7), 126, 3, 445-454
    著者; O. Bai, M. Nakamura, Y. Ikegami and H. Uehara
  • A Simulation Model for Hot Spring Thermal Energy Conversion Plant With Working Fluid of Binary Mixtures; 2004年
    発表情報; Journal of Engineering for Gas Turbines and Power, 126, 3, 445-454
    著者;  Bai, M. Nakamura, Y. Ikegami and H. Uehara,
  • 静止水槽中への2次元噴流の実験; 2004年
    発表情報; 日本海水学会誌, 58, 4, 420-425
    著者; 藤井俊子, 池上康之, 門出政則
  • 温度成層をもつ開水路への2次元冷噴流の挙動に関する数値解析; 2004年
    発表情報; 日本海水学会誌, 58, 1, 93-101
    著者; 藤井俊, 池上康之, 蔡文新, 門出政則
  • 静止水槽中への2次元噴流の実験; 2004年
    発表情報; 日本海水学会誌 第58巻第4号, 420-425 (2004), 58, 4, 420-425
    著者; 藤井俊子, 池上康之, 門出政則
  • ウエハラサイクルを用いた海洋温度差発電における最適抽気条件; 2003年04月
    発表情報; 平成15年4月,日本機械学会論文集B編,69巻,680号,pp.901-908, 69, 680, 901-908
    著者; 野田信雄、池上康之
  • OTEC実験プラントにおける非線形分離制御法に基づく制御器設計; 2003年03月
    発表情報; 電気学会論文誌C,第123巻 第3号,482/490,2003年 3月, 123, 3, 482-490
    著者; 中村政俊,杉 剛直,池上康之,上原春男
  • 温泉水温度差発電プラントのシミュレータ開発; 2003年02月
    発表情報; 火力原子力発電,第54巻 第2号,157/167,2003年 2月, 54, 2, 157-167
    著者; 中村政俊,今吉俊博,白 オウ,池上康之,上原春男
  • Advantages of Plate-Type Heat Exchanger over Tube-Type Heat Exchanger for OTEC Power plant; 1999年06月
    発表情報; International Journal of Offshore and Polar Engineering, Vol.9-2(1999-6)
    著者; T. Mitsumori, Y. Ikegami and H. Uehara
  • Evolutionary design of dynamic neural networks for evaporator control; 1999年
    発表情報; International Journal of Refrigeration (1999)
    著者; Visakha Nanayakkara, Yasuyuki Ikegami, Haruo Uehara
  • 吸収と抽気作用を伴うサイクルを用いた海洋温度差発電システムの性能解析; 1998年08月
    発表情報; 平成10年8月,日本機械学会論文集B編,64巻,624号,pp.384-389, 64, 624, 384-389
    著者; 上原春男,池上康之,西田哲也
  • On the Thermodynamic Optimization of Power Plants Wish Heat Transfer and Flow Irreversibilities; 1998年05月
    発表情報; 平成10年5月,Journal of Solar Energy Engineering,Vol,120,pp.139-144, 139-144
    著者; Y. Ikegami,and A, Bejan
  • アンモニア冷凍機システムの動特性に関する研究; 1998年05月
    発表情報; 平成10年5月,日本冷凍空調学会論文集,Vol.15, No.4, pp.391-400, 15, 4, 391-400
    著者;  中島 実,池上康之,平尾泰博,須藤 岳,新郷正志,上原春男
  • 適温適量水循環式瞬時供給システムの構成と性能評価法; 1998年02月
    発表情報; 平成10年2月,計測自動制御学会論文集,Vol.34,No.2,pp.135-141, 34, 2, 135-141
    著者; 中村政俊,萬谷清高,池上康之,上原春男
  • 非線形分離制御法に基づく適温適量水循環式瞬時供給システムの制御器設計; 1998年02月
    発表情報; 平成10年2月,計測自動制御学会論文集,Vol.34,No.2,pp.142-147, 34, 2, 142-147
    著者; 中村政俊,萬谷清高,池上康之,上原春男
  • Constructal theory of natural crack pattern formation for fastest cooling; 1998年
    発表情報; 平成10年,International Journal Of Heat and Mass transfer vol.41,No.13,pp.1945-1954, 41, 13, 1945-1954
    著者; A. Bejan,Y. Ikegami,and G. A. Ledezma
  • スプレーフラッシュ蒸発式海水淡水化に関する実験的研究; 1997年
    発表情報; 日本海水学会, Vol.51,No.1,pp.34-42(1997), 51, 1, 34-42
    著者; 上原春男,池上康之,中岡勉,廣田稔冶
  • スプレーフラッシュ蒸発式海水淡水化システムの最適化; 1997年
    発表情報; 日本海水学会, Vol.51,No.6,pp.375-387(1997), 51, 6, 375-387
    著者; 中岡勉,池上康之,津田稔,上原春男
  • Experimental Study of a Spray Flash Desalination; 1997年
    発表情報; International OTEC/DOWA Association Newsletter,Vol.8,No.2(1997), 8, 2
    著者; H.Uehara, Y.Ikegami, T.Nakaoka, T.Hirota
  • Performance Analysis of an OTEC Plant and a Desalination Plant Using an Integrated Hybrid Cycle; 1996年05月
    発表情報; 平成8年5月,Transactions of the ASME Journal of Solar Energy Engineering Vol.118, pp.115-122, 118, 115-122
    著者; 上原春男,宮良明男,池上康之,中岡勉
  • オゾネーションを用いたプレート式熱交換器の海生生物防汚に関する研究; 1995年06月
    発表情報; 平成7年6月,日本機会学会論文集,pp.2269-2275, 2269-2275
    著者; 池上康之,浦田和也,鶴健士,住友博之,山崎起男,上原春男
  • Parametric Performance Analysis of OTEC System Using HFC32/HFC134a Mixtures; 1995年03月
    発表情報; 平成7年3月,ASME, Solar Engineering-Vol.2,pp.1005-1010, 1005-1010
    著者; 上原春男,池上康之
  • OTEC System Using a New Cycle with Absorption and Extraction Processes; 1995年
    発表情報; 平成7年,Physical Chemistry of Aqueous System, pp.862-869, 862-869
    著者; 上原春男,池上康之,西田哲也
  • カリーナサイクルを用いた海洋温度差発電システムの性能解析(サイクルの熱力学的特性); 1994年10月
    発表情報; 平成6年10月,日本機械学会論文集B編,pp.3519-3525, 3519-3525
    著者; 上原春男,池上康之,福川英紹,宇都満義
  • 海洋温度差発電プラントの低次元モデルに基づく蒸気温度制御器設計; 1994年09月
    発表情報; 平成6年9月, 計測自動制御学会論文集, Vol.30, No.9, pp.1060-1068, 30, 9, 1060-1068
    著者; 實原定幸, 中村政俊, 池上康之, 上原春男
  • オゾンを用いた海水および淡水の水処理に関する研究-防汚技術と池浄化への応用-; 1994年06月
    発表情報; 平成6年6月,「環境技術」環境技術研究協会, Vol.23, No6, pp.367-374, 23, 6, 367-374
    著者; 池上康之, 上原春男
  • 海洋温度差発電システムの設計条件の最適化(年間運転性能を考慮した場合); 1994年02月
    発表情報; 平成6年2月, 日本機械学会論文集B編, 60巻570号, pp.641-648, 60, 570, 641-648
    著者; 實原定幸, 池上康之, 上原春男
  • カリーナサイクルを用いた地熱水・温排水発電システムの性能解析; 1994年
    発表情報; 平成6年11月,火力原子力発電,45巻458号,pp.1318-1325, 45, 458, 1318-1325
    著者; 上原春男,池上康之,福川英紹,益留朝仁
  • 海洋温度差発電用プレート式蒸発器の性能解析; 1993年11月
    発表情報; 平成5年11月, 日本冷凍協会論文集, 10巻3号, pp.393-400, 10, 3, 393-400
    著者; 實原定幸, 池上康之, 中岡勉, 三砂崇, 磯貝久壽, 上原春男
  • Parametric Performance Analysis of OTEC Using Kalina Cycle; 1993年04月
    発表情報; 1993.4, ASME, Solar Engineering 1993, pp.197-201, 197-201
    著者; Haruo UEHARA, Yasuyuki IKEGAMI
  • Experimental Study of Spray Flash Evaporation for Desalination and OTEC; 1993年04月
    発表情報; 1993.4, ASME, Solar Engineering 1993, pp.203-207, 203-207
    著者; Haruo UEHARA, Yasuyuki IKEGAMI, Toshiharu HIROTA
  • OTEC用単段軸流アンモニアタービンの性能解析; 1992年09月
    発表情報; 平成4年9月, 火力原子力発電, Vol.43, No.432, pp.1081-1090, 43, 432, 1081-1090
    著者; 實原定幸, 上原春男, 池上康之
  • Performance Analysis of OTEC Plants at Off-Design Conditions: Ammonia as Working Fluid; 1992年04月
    発表情報; 1992.4, ASME, Solar Engineering 1992, pp.633-638, 633-638
    著者; Yasuyuki IKEGAMI, Haruo UEHARA
  • R22/R114系混合冷媒を用いたヒートポンプシステムに関する研究   (第2報, 内面溝付管の二重管熱交換器を用いた実験); 1991年07月
    発表情報; 平成3年7月, 日本機械学会論文集B編, 57巻539号, pp.2377-2382, 57, 539, 2377-2382
    著者; 高松洋, 小山繁, 池上康之, 屋良朝康, 喜多村稔, 藤井哲
  • R22/R114系混合冷媒を用いたヒートポンプシステムに関する研究   (第1報, 組成および熱源条件が成績係数に及ぼす影響); 1991年05月
    発表情報; 平成3年7月, 日本機械学会論文集B編, 57巻539号, pp.2377-2382, 57, 539, 2377-2382
    著者; 高松洋, 小山繁, 池上康之, 加茂川丈巳, 屋良朝康, 藤井哲
  • Optimization of a Closed-Cycle OTEC System; 1990年11月
    発表情報; 1990.11,Trans. of The ASME Journal of Solar Energy Engineering, Vol.112, No.4, pp.247-256, 112, 4, 247-256
    著者; Haruo UEHARA, Yasuyuki IKEGAMI 
  • 海洋温度差発電用タービンのオフデザイン条件での性能解析   (作動流体がアンモニアの場合); 1989年11月
    発表情報; 平成元年11月, 日本機械学会論文集B編, 55巻519号, pp.3419-3426, 55, 519, 3419-3426
    著者; 池上康之, 上原春男
  • 海洋温度差発電用タービンの最適設計に関する研究 (作動流体がアンモニアの場合); 1989年08月
    発表情報; 平成元年8月, 日本機械学会論文集B編, 55巻516号, pp.2346-2354, 55, 516, 2346-2354
    著者; 上原春男, 中岡勉, 武石誠二, 池上康之
  • 海洋温度差発電システムのオフデザイン条件での性能解析   (作動流体がアンモニアの場合); 1989年03月
    発表情報; 平成元年3月, 日本機械学会論文集B編, 55巻511号, pp.920-927, 55, 511, 920-927
    著者; 池上康之, 上原春男
  • 海洋温度差発電システム設計における計算機シュミレータ:ポンプ流量制御; 1988年07月
    発表情報; 昭和63年7月, 日本冷凍協会論文集, 5巻2号, pp.247-253, 5, 2, 247-253
    著者; 中村政俊, 池上康之, 上原春男

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • 久米島における海洋温度差発電複合利用のための海洋調査; 2016年10月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告「OTEC」, 21, 25-34
    著者; 池上 康之, 安永 健,浦田 和也,西村 龍馬,鎌野 忠,西田 哲也
  • Characteristics of Pulsatile Flow with the Same Oscillatory Fraction in a Grooved Channel; 2016年10月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告「OTEC」, 21, 1-6
    著者; Xiaoyu ZHANG,Hirofumi ARIMA,Yongning BIAN,Yasuyuki IKEGAMI
  • 再生可能エネルギーにおける安定電源の役割を目指す海洋温度差発電の新しい展開-沖縄・久米島から始まった海洋温度差発電の系統連系-; 2016年05月
    発表情報; 「SFTEE News」 環境エネルギー技術研究所, 7, 5
    著者; 池上康之
  • 海洋温度差発電ポテンシャル評価; 2015年
    発表情報; , 20, 2131
    著者; 森﨑 敬史;安永 健;池上 康之
  • 再生可能エネルギーにおける安定電源の役割を目指す海洋温度差発電の新しい展開 - 沖縄・久米島から始まった海洋温度差発電の系統連系; 2015年
    発表情報; , 50, 1, 5458
    著者; 池上 康之
  • OTEC Newsletter; 2014年03月
    発表情報; OTEC開発状況、OTECレポート、海外動向、OTEC Topics, 7, 1
    著者; 池上康之
  • 表面微細加工を施したプレート式蒸発器による伝熱促進効果に関する研究; 2013年09月
    発表情報; 佐賀大学 海洋エネルギー研究センター報告 「OTEC」
    著者; 川畑 佑介,岡本 明夫,逸見 義男,有馬 博史,池上 康之
  • インド洋における海洋温度差発電1000kW実証プラント; 2001年05月
    発表情報; 太陽エネルギー,Vol.27,No.3 (2001), 27, 3
    著者; 上原春男・池上康之

一般講演(学術講演を含む)

  • 2段ランキンサイクル海洋温度差発電プラントのシミュレータに基づく遠隔操作Webアプリケーション開発; 2016年12月
    発表情報; SICE SI部門講演会(SI2016)
    著者; 松田吉隆,杉剛直,後藤聡,森崎敬史,安永健,池上康之,江頭成人
  • Model Construction of Warm Water Temperature of Heat Source in an OTEC Experimental Plant via Stochastic Process; 2016年11月
    発表情報; The 48th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications
    著者; Yoshitaka Matsuda, Satoru Goto, Takenao Sugi, Takafumi Morisaki, Takeshi Yasunaga, Yasuyuki Ikegami
  • 海洋温度差発電プラント遠隔監視システムのユーザインターフェイス機能の向上; 2016年11月
    発表情報; 第59回自動制御連合講演会 北九州
    著者; 上野智弘、松田吉隆、杉剛直、後藤聡、森﨑敬史、安永健、池上康之
  • 海洋温度差発電実験プラント温熱源の温水温度実験データを用いた動的モデル構築; 2016年11月
    発表情報; 第59回自動制御連合講演会 北九州
    著者; 島田典、松田吉隆、杉剛直、後藤聡、森﨑敬史、安永健、池上康之
  • スプレーフラッシュ蒸発式海水淡水化システムのシミュレーションモデルの改良; 2016年11月
    発表情報; 第35回計測自動制御学会九州支部学術講演会 佐賀
    著者; 永島好浩、松田吉隆、後藤聡、杉剛直、森﨑敬史、安永健、池上康之
  • Turbulence-induced enhancement of heat transfer performance by means of air/liquid mixing in plate heat exchangers; 2016年10月
    発表情報; 熱工学コンファレンス2016
    著者; Sami Mutair, Takeshi Yasunaga, Takafumi Morisaki, Yasuyuki Ikegami
  • 多段ランキンサイクルにおける熱源間温度差と最大出力に関する研究; 2016年10月
    発表情報; 熱工学コンファレンス2016, 2016, C214
    著者; 森崎敬史,安永健,池上康之
  • Optimization of OTEC Design Parameter for Staging Rankine Cycle; 2016年08月
    発表情報; 2016 International Ocean Energy Symposium & 15th Joint Young Researcher Forum
    著者; Yuki NAKANO, Takeshi YASUNAGA, Takafumi MORISAKI, Eisuke KUSUDA and Yasuyuki IKEGAMI
  • 海洋熱エネルギーを利用した海水淡水化システムの最大回収率に関する研究; 2016年06月
    発表情報; 日本海水学会, 70, 3
    著者; 安永健,Sami Mutair, 森崎敬史,池上康之
  • 多段ランキンサイクルを用いた海洋温度差発電の海水取水量低減化に関する研究; 2016年06月
    発表情報; 第21回動力・エネルギーシンポジウム
    著者; 野口貴史,中野裕貴,森崎敬史,安永健,池上康之
  • 多段ランキンサイクルを用いたOTEC発電システムの設計手法に関する研究; 2016年06月
    発表情報; 第21回動力・エネルギーシンポジウム
    著者; 安永健,森崎敬史,楠田英介,中野裕貴,池上康之
  • プレート式熱交換器における蒸発および凝縮現象の可視化に関する研究(入口クオリティの影響); 2016年06月
    発表情報; 第21回動力・エネルギーシンポジウム
    著者; 中村 真嘉, 川畑 佑介, 安永 健, 池上 康之
  • ウエハラサイクル海洋温度差発電プラントの冷熱源実験データに基づく線形補間による発電量静的モデルの構築; 2016年05月
    発表情報; 第60回システム制御情報学会研究発表講演会 京都
    著者; 島田典、松田吉隆、杉剛直、後藤聡、森﨑敬史、安永健、池上康之
  • ランキンサイクルを用いた海洋温度差発電プラントの簡易動的モデルの構築; 2016年01月
    発表情報; システム制御情報学会論文誌, 29, 1, 40-50
    著者; 後藤和彦,後藤聡,松田吉隆,杉剛直,森﨑敬史,池上康之
  • 多段ランキンサイクルを用いたOTECによる海水流量低減の検討; 2015年11月
    発表情報; 海洋深層水利用学会全国大会
    著者; 安永健,森崎敬史,池上康之
  • 久米島海洋深層水を利用した海水淡水化装置の連続運転; 2015年11月
    発表情報; 海洋深層水利用学会全国大会
    著者; 池上康之,岩崎君夫,安永健,浦田和也,兼島盛吉
  • Multi-Stage Cycle for Advanced OTEC System in Saga University; 2015年09月
    発表情報; 3rd Int. OTEC Symposium
    著者; Takeshi YASUNAGA, Takafumi MORISAKI and Yasuyuki IKEGAMI
  • 低温度差発電のエクセルギーと熱機関の最大出力を用いた評価方法の検討; 2015年09月
    発表情報; 熱工学コンファレンス, C134
    著者; 安永健,森崎敬史,池上康之
  • 多段ランキンサイクルにおける伝熱性能と段数の影響; 2015年08月
    発表情報; 日本機械学会九州支部長崎講演会, E15
    著者; 楠田英佑,森崎敬史,安永健,池上康之
  • プレート式熱交換器の二相状態における可視化と伝熱性能; 2015年07月
    発表情報; 日本機械学会九州支部長崎講演会, E17
    著者; 中村真嘉,川畑佑介,安永健,池上康之
  • プレート式熱交換器における蒸発/凝縮過程の可視化に関する研究; 2015年06月
    発表情報; 第52回日本伝熱シンポジウム, 52, ROMBUNNO.D214 (CD−ROM).
    著者; 池上康之,森﨑敬史,中村真嘉,川畑佑介,MUTAIR Sami
  • プレート式熱交換器における蒸発/凝縮過程の可視化に関する研究; 2015年06月
    発表情報; 日本機械学会動力・エネルギー技術シンポジウム, Vol.20th, pp.343-346
    著者; 楠田英佑,池上康之
  • 多段ランキンサイクルにおける熱交換器伝熱性能の影響; 2015年06月
    発表情報; 日本機械学会動力・エネルギー技術シンポジウム, Vol.20th, pp.347-350
    著者; 森﨑敬史,池上康之
  • 2015年06月
    発表情報; 日本機械学会動力・エネルギー技術シンポジウム, Vol.20th, pp.355-358
    著者; 池上康之,中野裕貴,森﨑敬史
  • 3Dプリンタを用いたプレート式熱交換器における蒸発および凝縮現象の可視化に関する研究 (第43回可視化情報シンポジウム 講演論文集) -- (オーガナイズドセッション 混相流の可視化Ⅰ); 2015年
    発表情報; , 35, 1, 285288
    著者; 池上 康之;川畑 佑介;森﨑 敬史
  • A Study on the performance of the plate type heat exchanger produced using 3-D printer; 2014年11月
    発表情報; Japan Society of Mechanical Engineers, Thermal Engineering Conference, Tokyo
    著者; Yusuke Kawabata, Yasuyuki Ikagemi, Sami Mutair
  • Experimental Study on OTEC using Double-Stage Rankine Cycle; 2014年09月
    発表情報; Proc. 5th Asian Joint Workshop on Thermopysics and Fluid Science, JP15
    著者; Ikegami, Y., Morisaki, T., Kusuda, E.
  • An Experimental Investigation of Double-stage Rankine Cycle for OTEC; 2014年08月
    発表情報; Pacific Congress on Marine Science and Technology (PACON 2014), pp. 30 (Session 2-3)
    著者; Morisaki, T., Kusuda, E., Ikegami, Y.
  • Experimental OTEC study using a double-stage rankine cycle; 2014年07月
    発表情報; Proc. Grand Renewable Energy 2014, O-Oc-12-3
    著者; Ikegami, Y., Morisaki, T., Kusuda, E.
  • Comparison between the conventional method and a new developed method for calculating a multi-stage Rankine cycle; 2014年07月
    発表情報; Proc. Grand Renewable Energy 2014, O-Oc-12-2
    著者; Morisaki, T., Ikegami, Y.
  • 2段ランキンサイクルを用いた海洋温度差発電の基礎実験; 2014年06月
    発表情報; 第19回動力・エネルギー技術シンポジウム, 139-142
    著者; 森﨑 敬史、池上 康之、楠田 英佑^M
  • 各種フロン媒体の表面微細加工を施したプレート式蒸発器における伝熱促進効果に関する研究; 2014年06月
    発表情報; 第19回動力・エネルギー技術シンポジウム, 143-146
    著者; 川畑 佑介,岡本 明夫,逸見 義男,有馬 博史,池上 康之
  • 多段サイクルの最大正味出力に関する研究; 2014年06月
    発表情報; 第19回動力・エネルギー技術シンポジウム, 133-136
    著者; 池上 康之、森崎 敬史、楠田 英佑^M
  • 表面微細加工を施したプレート式蒸発器における伝熱促進効果に関する研究; 2014年03月
    発表情報; 平成24年度 IOES成果発表会(海洋エネルギー研究センター 2014年3月28日)
    著者; 川畑 佑介,池上 康之,有馬 博史,岡本 明夫,逸見 義男
  • Fresh Water from the Ocean- A Study on Desalinated Water Production at an Ocean Thermal Energy Cogeneration System; 2014年02月
    発表情報; In the proceedings of International Conference on Innovative Technologies and Management for Water Security, Chennai, India
    著者; Yasuyuki Ikegami, Sami Mutair
  • Experimental and Numerical Investigations on Plate-type Heat Exchanger Performance; 2014年00月
    発表情報; The 5th Asian Joint Workshop on Thermophysics and Fluid Science 2014 (5th AJWTF)
    著者; Yasuyuki Ikegami, Sami Mutair, Yusuke Kawabata
  • 多段ランキンサイクルを用いた低熱源温度差発電の最大出力に関する研究; 2013年10月
    発表情報; 日本機械学会熱工学コンファレンス講演論文集,Vol.2013, pp. 247-250, 2013年10月 (弘前市 弘前大学,日本)2013年10月19‐20日, 2013, 247-250
    著者; 池上康之,森﨑敬史
  • 各種フロン媒体の表面微細加工を施したプレート式蒸発器における伝熱評価に関する研究; 2013年10月
    発表情報; 日本機械学会 熱工学コンファレンス2013(2013年10月19日-20日 弘前大学)
    著者; 川畑 佑介,岡本 明夫,逸見 義男,有馬 博史,池上 康之
  • Heat transfer enhancement using micro fabrication surface on plate heat exchanger; 2013年09月
    発表情報; 日韓セミナー2013(2013年9月7日-8日 博多)
    著者; Yusuke Kawabata, Akio Okamoto, Yoshio Itsumi, Yasuyuki Ikegami, Hirofumi Arima
  • 多段ランキンサイクルを用いた低熱源温度差発電の評価方法に関する研究; 2013年06月
    発表情報; 日本機械学会動力・エネルギー技術シンポジウム講演論文集,Vol.18th, pp. 247-250, 2013年6月 (千葉市 千葉大学,日本)2013年6月20‐21日, 18, 247-250
    著者; 森﨑敬史,池上康之
  • 表面微細加工を施したプレート式蒸発器を用いたHFC系フロン媒体の伝熱促進; 2013年06月
    発表情報; 第18回動力・エネルギー技術シンポジウム(2013年6月20日-21日 千葉大学)
    著者; 川畑 佑介,岡本 明夫,逸見 義男,有馬 博史,池上 康之
  • OTEC Using Multi-stage Rankine Cycle; 2013年06月
    発表情報; Proc. 23rd (2013) International Offshore (Ocean) and Polar Engineering Conference, Vol.1, pp. 451-456,
    著者; Ikegami, Y., Morisaki, T.
  • ウエハラサイクルを用いた海洋温度差発電プラントの実験データに基づく静的モデル構成; 2013年05月
    発表情報; システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集,Vol. 57th, ROMBUNNO.313-1, 2013年5月 (神戸区 兵庫県民会館,日本)2013年5月15‐17日, 57
    著者; 吉武拓磨,森﨑敬史,松田吉隆,杉剛直,後藤聡,池上康之
  • 表面微細加工を施したプレート式蒸発器による伝熱促進効果に関する研究; 2013年04月
    発表情報; 空気調和・冷凍連合講演会講演論文集,Vol. 47th, pp. 111-114, 2013年4月 (江東区 東京海洋大学,日本)2013年4月16‐18日, 47, 111-114
    著者; 池上康之,有馬博史,川畑佑介,森﨑敬史,岡本明夫,逸見義男
  • 多段逆ランキンサイクルを用いたヒートポンプおよび冷凍サイクルに関する研究; 2013年04月
    発表情報; 空気調和・冷凍連合講演会講演論文集,Vol. 47th, pp. 99-102, 2013年4月 (江東区 東京海洋大学,日本)2013年4月16‐18日, 47, 99-102
    著者; 池上康之,森﨑敬史
  • 表面微細加工を施したプレート式蒸発器による伝熱促進効果に関する研究; 2013年04月
    発表情報; 第47回空気調和・冷凍連合講演会(2013年04月16日-18日) 東京海洋大学
    著者; 池上 康之,有馬 博史,川畑 佑介,森﨑 敬史,岡本 明夫,逸見 義男
  • ウエハラサイクルを用いた海洋温度差発電プラント気液分離器の液位制御シミュレーション; 2013年03月
    発表情報; 計測自動制御学会制御部門大会,Vol. 13th, ROMBUNNO.7D4-3, 2013年3月 (福岡市 アクロス福岡,日本)2013年3月5‐8日, 13
    著者; 佐藤樹,森﨑敬史,松田吉隆,杉剛直,後藤聡,池上康之
  • Status and Prospects of OTEC Integrated with Seawater Desalination in Japan; 2012年11月
    発表情報; In the proceedings of the International Symposium on Deep Ocean Water Application for Food, Energy and Water 2012, Delpino golf and resort, Goseong-gun, Gangwon-do, south Korea, November 8th, 2012
    著者; Yasuyuki Ikegami, Sami Mutair, Takafumi Morisaki
  • In the proceedings of the 11th Korea-Japan joint young researcher forum on ocean energy, Busan, South Korea, September 21st, 2012; 2012年09月
    発表情報; 
    著者; Sami Mutair, Yasuyuki Ikegami
  • Simultaneous Power Generation and Desalinated Water Production using the Renewable Thermal Energy of the Ocean; 2012年09月
    発表情報; In the proceedings of the 1st International symposium on nature grid in green campus and city, Kyushu Institute of Technology, Kitakyushu, Japan, September 29th, 2012
    著者; Sami Mutair, Yasuyuki Ikegami
  • Research on Double Stage-Rankine Cycle for Ocean Thermal Energy Conversion using Ammonia as Working Fluid; 2012年06月
    発表情報; Proc. 22th (2012) International Offshore (Ocean) and Polar Engineering Conference, Vol.1, pp. 769-775
    著者; Ikegami, Y., Morisaki, T.
  • Research on Ocean Thermal Energy Conversion using HFC245fa as Working Fluid; 2012年06月
    発表情報; , Vol.1, pp. 776-782
    著者; Morisaki, T., Ikegami, Y.
  • Thermodynamic design and parametric study of Mechanical Vapor Compression (MVC) desalination unit; 2011年08月
    発表情報; In the proceedings of the 10th joint young researcher forum on ocean energy, Nokonoshima island park, Fukuoka, Japan, August 27th - 28th, 2011
    著者; Sami Mutair, Yasuyuki Ikegami
  • Effect of working fluid flow rate and ammonia concentration on OTEC using ammonia/water mixture as working fluid; 2010年12月
    発表情報; Proc. 13th Asian Congress of Fluid Mechanics
    著者; Ikegami, Y., Goto, H., Morisaki, T., Furukawa, T.
  • Influence of the evaluation method of heat exchangers performance on power generation system; 2010年12月
    発表情報; Proc. 1st International Conference on Mechanical, Industrial and Energy Engineering
    著者; Morisaki, T., Ikegami, Y.
  • Spectrum analysis of OTEC system using ammonia/water mixture as working fluid by continuous operation; 2010年11月
    発表情報; Proc. The 9th ISOPE Pasific/Asia Offshore Mechanics Symposium, pp. 182-187
    著者; 
  • A Study on Seawater Desalination Utilizing the Ocean Thermal Energy: Estimation of the Effective Thermal Conductivity in Superheated Water Jets; 2010年09月
    発表情報; In the proceeding of Ocean Energy Symposium 2010, Saga University, Saga, Japan, September 9th, 2010
    著者; Sami Mutair, Yasuyuki Ikegami
  • Investigation on the stability of OTEC system using ammonia/water mixture as working fluid by continuous operation for two weeks; 2010年06月
    発表情報; Proc. 20th (2010) International Offshore (Ocean) and Polar Engineering Conference
    著者; Ikegami, Y., Urata, K., Inadomi, J., Goto, H., Morisaki, T., Inoue, K., Goto, S.
  • Net Power Efficiency and Efficiency of Net Power per Maximum Power of OTEC using Kalina Cycle; 2010年06月
    発表情報; H., Morisaki^M 博士前期(修士)学生, T., Furukawa^M 博士前期(修士)学生
    著者; Ikegami, Y., Goto, H., Morisaki, T., Furukawa, T.
  • Research on LMTD and GMTD for the evaluation of heat exchangers performance on OTEC; 2010年06月
    発表情報; Renewable Energy 2010 International Conference
    著者; Morisaki, T., Ikegami, Y.
  • Modeling of the Heat Diffusion in Flashing Water Jets; 2010年05月
    発表情報; In the proceeding of the 47th heat transfer symposium, Sapporo, Japan, May 26-28, 2010
    著者; Sami Mutair, Yasuyuki Ikegami
  • Identification of the local heat flux and heat transfer coefficient in superheated flashing water jets for desalination; 2009年09月
    発表情報; In the proceeding of Ocean Energy Symposium 2009, Saga University, Saga, Japan, September 3rd, 2009
    著者; Sami Mutair, Yasuyuki Ikegami
  • A numerical solution of the transient heat diffusion in a superheated water drop with transient convection at the surface; 2009年08月
    発表情報; In the proceedings of the 8th joint young researcher seminar on ocean energy, Nokonoshima island park, Fukuoka, Japan, August 29th - 30th, 2009
    著者; Sami Mutair, Yasuyuki Ikegami
  • Effect of flow rate of working fluid on OTEC using ammonia/water mixture; 2009年06月
    発表情報; Proc. 19th (2009) International Offshore (Ocean) and Polar Engineering Conference, Vol.1, pp.257-262
    著者; Ikegami, Y., Inadomi, J., Goto, H., Morisaki, T
  • Recovery of discharged thermal energy in an efficient desalination process; 2008年10月
    発表情報; In the proceeding of 2008 young Researcher Forum on Marine Energy, Busan, South Korea, August 29-30th, 2008
    著者;  Sami Mutair, Yasuyuki Ikegami
  • Experimental study and enhancement of evaporation from superheated water jet for desalination; 2007年09月
    発表情報;  In the proceeding of Ocean Energy Symposium 2007 & International Seminar on Ocean Energy, Saga University, Saga, Japan, September 13th 2007
    著者; Sami Mutair, Yasuyuki Ikegami
  • Experimental study on evaporation from superheated water jet for spray flash desalination; 2007年05月
    発表情報; In the proceeding of the 44th heat transfer symposium, Nagasaki, Japan, May 22-25, 2007, 22-25
    著者; Yasuyuki Ikegami, Sami Mutair, Takaaki Wajima and Hiroyuki Asou
  • Local Evaporating Heat Transfer of Ammonia on Vertical Flat Plate; 2006年
    発表情報; 5th Joint Research Seminar on Ocean Energy
    著者; Jeong-Hun KIM, Hirofumi ARIMA and Yasuyuki IKEGAMI
  • Local Evaporating Heat Transfer Characteristics of Ammonia in the Vertical Flat Plate under Low Mass Flux; 2006年
    発表情報; Mechanical Engineering Congress 2006
    著者; Wook-Hyun LEE, Jeong-Hun KIM, Hirofumi ARIMA and Yasuyuki IKEGAMI
  • Benchmark Plant of Selective Recovery of Lithium from Seawater; 2006年
    発表情報; Frontiers and Interfaces of Ion Exchange
    著者; Yoshizuka, K.; Holba, M.; Ikegami, Y.; Monde, M
  • Study on Metal hydrides (Mm(La<sub>0.6-0.8</sub>)Ni<sub>4.0</sub>Co<sub>0.6</sub>Mn<sub>0.2</sub>Al<sub>0.2</sub>(TL-492) and LaNi<sub>5</sub>) for Hydrogen Storage Container using Discharged water from OTEC and Fuel Cell as Heat Sources; 2006年
    発表情報; International Heat Transfer Conference 13th
    著者; .Y. Yang, Y. Ikegami
  • Enhancing Effective Thermal Conductivity of Metal Hydrides by Carbon Fiber and Metal Coating; 2006年
    発表情報; Renewable Energy 2006 Proceedings
    著者; Sangchul Bae, Yang Yang, Yasuyuki Ikegami, Masanori Monde
  • Experimental Performance Evaluation of Ocean Thermal Energy Conversion System Using Uehara Cycle; 2006年
    発表情報; Renewable Energy 2006 Proceedings
    著者; Yasuyuki Ikegami, Takeshi Yasunaga, Hidemitsu Harada
  • Benchmark Evaluation of Selective Recovery of Lithium from Seawater; 2006年
    発表情報; Renewable Energy 2006 Proceedings
    著者; .Kazuharu Yoshizuka, Marek Holba, Yasuyuki Ikegami, Masanori Monde
  • Characteristic and Estimation of Ocean Thermal Energy Conversion System Using Uehara Cycle; 2006年
    発表情報; Renewable Energy 2006 Proceedings
    著者; Takeshi Yasunaga, Hidemitsu Harada, Yasuyuki Ikegami
  • A Simulation Model for OTEC Plant Using Uehara Cycle; 2006年
    発表情報; Renewable Energy 2006 Proceedings
    著者; Satoru Goto, Yuji Yamamoto, Yoshiki Motoshima, Takenao Sugi, Yasuyuki Ikegami, Masatoshi Nakamura
  • Diffusion of Negatively Buoyant Jet in Stratified Environment; 2006年
    発表情報; Renewable Energy 2006 Proceedings
    著者; .Shunji Sakurazawa, Masayuki Umeki, Akiyoshi Bando, Yasuyuki Ikegami
  • Evaporation Heat Transfer of Ammonia and Pressure Drop of Warm Water for Plate Type Evaporator; 2006年
    発表情報; Renewable Energy 2006 Proceedings
    著者; Mitsuteru Kushibe, Yasuyuki Ikegami
  • Effect of Ozonation for OTEC on Macrofouling Organisms; 2006年
    発表情報; Renewable Energy 2006 Proceedings
    著者; Kazuya Urata, Yasuyuki Ikegami
  • Experimental Study on Desalination of Seawater in Imari Bay Using an Upward Spray Flash Desalination Plant; 2006年
    発表情報; Renewable Energy 2006 Proceedings
    著者; Takaaki Wajima, Hiroshi Sasaki, Yasuyuki Ikegami
  • Oceanic Reserch and Estimation for Lithium Recovery from Deep Seawaters of Palau and Fiji Islands; 2006年
    発表情報; Renewable Energy 2006 Proceedings
    著者; Takaaki Wajima, Kazuharu Yoshizuka, Tomoe Shimizu, Kazuya Urata, Tsutomu Nakaoka, Junya Ichinose, Kiyoharu Tabuchi, Tadashi Kamano, Yasuyuki Ikegami
  • Oceanic Observation and Investigation for Utilization of Ocean Energy in Fiji and Okinotorishima; 2006年
    発表情報; Renewable Energy 2006 Proceedings
    著者; Tsutomu Nakaoka, Junya Ichinose, Kiyoharu Tabuchi, Tadashi Kamano, Kiyohiko Fukami, Chifumi Imai, Zann Leon, Kazuya Urata, Takaaki Wajima, Tomoe Shimizu, Akiyoshi Bando, Yasuyuki Ikegami
  • New Simply Process of Making Agricultural Cultivation Solution from Seawater; 2006年
    発表情報; Renewable Energy 2006 Proceedings
    著者; .Takaaki Wajima, Tomoe Shimizu, Yasuyuki Ikegami
  • Experimental Investigation of Local Heat Transfer in Forced Convective Boiling of Vertical Flat Plate; 2006年
    発表情報; Renewable Energy 2006 Proceedings
    著者; .Jeong-Hun Kim, Hirofumi Arima, Hirokuni Akiyama, Jeong-Tae Yoo,Yasuyuki Ikegami
  • Condensation Heat Transfer of Ammonia/Water Binary Mixture on Vertical Flat Plate for OTEC; 2006年
    発表情報; Renewable Energy 2006 Proceedings
    著者; Hirokuni Akiyama, Hirofumi Arima, Jeong-Hun Kim, Yasuyuki Ikegami
  • Benchmark Evaluation of Selective Recovery of Lithium from Seawater; 2006年
    発表情報; Renewable Energy 2006 Proceedings
    著者; .Yoshizuka, K.; Holba, M.; Ikegami, Y.; Monde, M
  • 垂直平滑平板上でのアンモニア/水二成分の凝縮伝熱特性; 2006年
    発表情報; 第43回伝熱シンポジウム講演論文集 第43回伝熱シンポジウム講演論文集
    著者; 池上康之、秋山泰有、有馬博史、金政焄
  • OTEC用のプレート式蒸発器に関する基礎研究; 2006年
    発表情報; 第15回エネルギー学会講演予稿集
    著者; 金政焄、有馬博史、秋山泰有、柳廷泰、池上康之、李旭賢
  • 周期的な凹凸を有する平行平板間の低Re数流れにおける伝熱促進-強制振動による影響; 2005年
    発表情報; 第4回海洋エネルギーに関する合同セミナー講演予稿集
    著者; 有馬博史、森祐二、池上康之
  • Kinetics estimation of the Metal Hydrides for Hydrogen Storage Container Using Sea Water as Heat Source; 2005年
    発表情報;  Thermal and Fluids Engineering Conference
    著者; .Y. Yang, Y. Ikegami,M. Monde
  • Hydriding and dehydriding reactions of Mm(La0.6-0.8)Ni4.0Co0.6Mn0.2Al0.2 and LaNi5; 2005年
    発表情報; 8th Asian Hydrogen Energy Conference
    著者; Y. Yang, Y. Ikegami,M. Monde
  • The benchscale lithium recovery from the seawater; 2005年
    発表情報; 9th International Conference on Environment and Mineral Processing
    著者; .Holba, M., Kitajou, A., Yoshizuka, K., Ikegami, Y., Monde, M
  • The Performance of the Benchmark Plant Designed for the Selective Recovery of Lithium from Seawater,; 2005年
    発表情報; 7th International Conference On Separation Science and Technology between Korea and Japan,
    著者; .Holba, M., Kitajou, A., Yoshizuka, K., Ikegami, Y., Monde, M
  • The Performance of the Benchmark Plant Designed for the Selective Recovery of Lithium from Seawater; 2005年
    発表情報; "the Seventh International Conference on Separation Science and Technology -Between Korea and Japan-(CD-ROM) "
    著者; Holba, M.; Kitajou, A.; Yoshizuka, K.; Ikegami, Y.; Monde, M.
  • Study of two Metal Hydrides for Hydrogen Storage using low level exhausted heat sources; 2005年
    発表情報; World Hydrogen Technology Convention 2005
    著者; Y. Yang, Y. Ikegami,M. Monde
  • "Novel λ-MnO2 Type Adsorbent and Its Application for The Selective Recovery of Lithium from Seawater Using Pilot Plant, "; 2005年
    発表情報; PACIFICHEM 2005
    著者; .Holba, M., Kitajou, Yoshizuka, K., Ikegami, Y., Monde, M.
  • アンモニア/水混合媒体を用いた機器に使用する潤滑油の変質特性; 2004年
    発表情報; 化学工学会第69年会
    著者; 有馬博史、大和武彦、鳥井昭美、池上康之
  • Performance of Benchmark Plant of Lithium Recovery from Seawater Using A Novel λ-MnO2 Adsorbent; 2004年
    発表情報; 16th International Congress of Chemical and Process Engineering,
    著者; Holba, M.; Kitajou, A.; Suzuki, T.; Nishihama, S.; Yoshizuka, K.; Ikegami, Y.; Monde, M

その他講演

  • Improvement of Heat Transfer Using MicrofabricatedSurface on Herringbone Plate Type Heat Exchanger; 2015年01月
    発表情報; 13th Joint Young Researcher Forum on Ocean Energy
    著者; Yusuke Kawabata, Hirofumi Arima, Akio Okamoto, Yoshio Itsumi and Yasuyuki Ikegami
  • 性能評価機能を有する海洋温度差発電プラント遠隔監視WEBアプリケーションの開発; 2014年12月
    発表情報; 計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集, Vol.33rd, pp. ROMBUNNO.202A1
    著者; 末次輝章,後藤和彦,松田吉隆,杉剛直,後藤聡,森﨑敬史,池上康之
  • 海洋温度差発電実験プラント温熱源温水温度モデルの構成と制御; 2014年12月
    発表情報; 計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集, Vol.33rd, pp. ROMBUNNO.101B1
    著者; 浦吉大輝,松田吉隆,杉剛直,後藤聡,後藤和彦,森﨑敬史,池上康之
  • 2段ランキンサイクル海洋温度差発電システムの最適運転条件に関する実験; 2014年11月
    発表情報; 海洋深層水研究, Vol.15, No.2, pp. 94
    著者; 森﨑敬史,楠田英佑,池上康之
  • 多段熱機関の最大正味出力に関する評価方法の一般化; 2014年11月
    発表情報; 日本機械学会熱工学コンファレンス講演論文集, Vol.2014, pp. E112
    著者; 楠田英佑,森﨑敬史,池上康之
  • 多段ランキンサイクルを用いた低熱源温度差発電システムの正味出力に関する研究; 2014年11月
    発表情報; 日本機械学会熱工学コンファレンス講演論文集, Vol.2014, pp. E111
    著者; 森﨑敬史,池上康之
  • Experimental and Numerical Investigations on Plate-type Heat Exchanger Performance; 2014年09月
    発表情報; The 5th Asian Joint Workshop on Thermophysics and Fluid Science 2014
    著者; Yasuyuki Ikegami, Sami Mutair, Yusuke Kawabata
  • Evaluation of heat transfer plate with microfabricated surface using HFC245fa and HFC134a; 2014年08月
    発表情報; The 24th Pacific Congress on Marine Science and Technology
    著者; Yusuke Kawabata, Akio Okamoto, Yoshio Itsumi, Hirofumi Arima and Yasuyuki Ikegami
  • Heat transfer enhancement using micro fabrication surface on plate heat exchanger; 2014年07月
    発表情報; Grand Renewable Energy 2014
    著者; Yasuyuki Ikegami, Hirofumi Arima, Yusuke Kawabata, Akio Okamoto and Yoshio Itsumi
  • 2段ランキンサイクルを用いた海洋温度差発電の基礎実験; 2014年06月
    発表情報; 日本機械学会動力・エネルギー技術シンポジウム講演論文集, Vol.19th, pp. 139-142
    著者; 池上康之,森﨑敬史
  • 多段サイクルの最大正味出力に関する研究; 2014年06月
    発表情報; 日本機械学会動力・エネルギー技術シンポジウム講演論文集, Vol.19th, pp. 133-136
    著者; 楠田英佑,森﨑敬史,池上康之
  • 各種フロン媒体の表面微細加工を施したプレート式蒸発器における伝熱促進効果に関する研究; 2014年06月
    発表情報; 19回 動力・エネルギー技術シンポジウム
    著者; 川畑 佑介,岡本 明夫,逸見 義男,有馬 博史,池上 康之
  • インナーフィン構造を持つ高圧用熱交換器の水側の性能試験; 2014年05月
    発表情報; 第51回日本伝熱シンポジウム
    著者; 川畑 佑介,池上 康之,松 康太郎
  • 3D プリンターを用いたプレート式熱交換器の性能試験に関する研究; 2014年05月
    発表情報; 第51回日本伝熱シンポジウム
    著者; 池上 康之,川畑 佑介,Sami Mutair,浦塚 慎也
  • ウエハラサイクルを用いた海洋温度差発電プラントの海水温度の変動を考慮した海水流量の調節; 2014年03月
    発表情報; 計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム, Vol.1st, pp. ROMBUNNO.5F3-3
    著者; 浦吉大輝,森﨑敬史,松田吉隆,杉剛直,後藤聡,池上康之
  • ウエハラサイクルを用いた海洋温度差発電プラントの凝縮器の実験データを考慮した静的モデル構築; 2014年
    発表情報; システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, Vol.58th, pp. ROMBUNNO.212-1
    著者; 吉武拓磨,松田吉隆,杉剛直,後藤聡,森﨑敬史,池上康之
  • Heat transfer enhancement using micro fabrication surface on plate heat exchanger; 2013年09月
    発表情報; 日韓セミナー2013
    著者; Yusuke Kawabata, Akio Okamoto, Yoshio Itsumi, Yasuyuki Ikegami, Hirofumi Arima
  • 『大学の魅力とは!?』 - 佐賀が育んでくれた海洋温度差発電への挑戦を通じて -; 2013年07月
    発表情報; 佐賀県立武雄高等学校 平成25年度「職業・学問学習会」  日時:平成25年7月10日 13:15~16:00  場所:武雄高等学校
    著者; 池上康之

その他

  • 「海の地熱発電」が切り拓く、エネルギーと離島経済の未来; 2017年04月
    発表情報; 国立大学附置研究所・センター長会議 インタビュー企画記事
    著者; 池上康之

総説

  • 新しいステージに向かう海洋温度差発電の国内および海外の動向 -再生可能エネルギーにおける安定電源の役割を目指して-; 2017年09月
    発表情報; 化学工学誌, 81, 9, 468-471
    著者; 池上康之
  • 世界に先駆けて沖縄・久米島で海洋温度差発電の実証を開始-再生可能エネルギーにおける安定的電源の役割を目指して-; 2016年08月
    発表情報; 産学官連携ジャーナル, 12, 8, 14-16
    著者; 池上康之
  • 海洋温度差発電; 2016年07月
    発表情報; 技術総合誌「オーム」, 103, 7, 4-9
    著者; 安永 健、池上康之
  • 海洋温度差発電ポテンシャル評価; 2015年11月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告「OTEC」, 20, 21-31
    著者; 森﨑敬史、安永 健、池上康之
  • 再生可能エネルギーにおける安定電源の役割を目指す海洋温度差発電の新しい展開:沖縄・久米島から始まった海洋温度差発電の系統連系; 2015年01月
    発表情報; 日本マリンエンジニアリング学会誌:(特集 海洋再生可能エネルギー開発最前線), 50, 1, 54-58
    著者; 池上 康之
  • 沖縄・久米島から始まる海洋温度差発電の新しい展開-再生可能エネルギーにおける安定的な電源の役割を目指してー; 2014年10月
    発表情報; 電子情報通信学会誌 特別小特集 グリーンエネルギーとICTー九州における取組みー, 97, 10(通号1085), 859-860
    著者; 池上 康之
  • プレート式蒸発器におけるアンモニア強制対流沸騰に関する研究(対向流・並行流による比較); 2014年09月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告「OTEC」, 19, 11-20
    著者; 有馬博史、小山幸平、池上康之
  • 系統連系が始まった我が国の海洋温度差発電の新しい展開と世界的な第二次ブーム:浮体技術を核として我が国からのOTECイノベーション; 2014年07月
    発表情報; Kanrin: bulletin of the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers, 55
    著者; 池上 康之
  • 系統連系が始まった海洋温度差発電の新しい展開と海外の動向; 2014年06月
    発表情報; 電気学会誌:特集 次世代再生可能エネルギー実用化への挑戦:ここまで来た!海洋エネルギー発電技術の最新動向, 134, 6, 350-355
    著者; 池上 康之
  • 沖縄から始まる海洋温度差発電の新しい展開ー自然エネルギーにおける安定的ベース電源を目指してー; 2014年01月
    発表情報; Techno-Ocean News, 52, 1-2
    著者; 池上 康之
  • 海洋温度差発電の新しいステージと課題 ー再生可能エネルギーのベース電源としてー; 2013年08月
    発表情報; 海洋理工学会誌, 19, 1, 49-55
    著者; 池上康之
  • 新しいステージに向かう海洋温度差発電の現状と展望-再生可能エネルギーのベース電源を目指して-; 2013年08月
    発表情報; 月刊ビジネスアイ エネコ 「地球環境とエネルギー」特集:洋上風力に続けるか!海洋エネルギーの可能性, 46, 8, 26-31
    著者; 池上 康之
  • 海洋温度差発電の技術と新しい展開-再生可能エネルギーのベース電源を目指して-; 2013年05月
    発表情報; 電気評論, 98, 7, 40-46
    著者; 池上 康之
  • 海に挑む!!海洋エネルギーは無限のポテンシャル③ 潮流・波力・温度差発電技術の開発動向~政府が本格実証フィールドの設置へ~; 2013年03月
    発表情報; 環境エネルギー産業情報 特集, 159(通号1896), 2-5
    著者; 経塚 雄策、永田 修一、池上 康之
  • 海洋温度差発電の新しいステージと課題:再生可能エネルギーのベース電源を目指して; 2013年01月
    発表情報; 海洋理工学会平成24年度春季大会シンポジウム特集 海からの再生可能エネルギーの課題, 19, 1
    著者; 池上 康之
  • 海洋温度差発電への挑戦と今後の展望; 2013年
    発表情報; ボイラ・ニュースー時の動き, 774, 1-3
    著者; 池上 康之
  • 国内外の海洋温度差発電の動向と展望:安定的な再生可能エネルギーを目指して; 2012年08月
    発表情報; 土木技術(特集 海洋再生可能エネルギー), 67, 8
    著者; 池上 康之
  • 海洋温度差発電の新しい展開と課題:安定的な再生可能エネルギーを目指して; 2012年07月
    発表情報; 冷凍(特集 再生可能エネルギーの現状と未来), 87, 1017
    著者; 池上 康之
  • 海洋温度差発電の実証研究に関する国内外の動向:安定的な再生可能エネルギーを求めて; 2012年07月
    発表情報; Marine engineering: journal of the Japan Institute of Marine Engineering, 47, 4(通号494)
    著者; 池上 康之
  • 新しい海洋温度差発電の展開と課題; 2012年05月
    発表情報; エネルギー・資源(特集 海からのエネルギー), 33, 3(通号193)
    著者; 池上 康之、門出 政則
  • 海洋温度差発電; 2012年03月
    発表情報; 特集 海洋再生可能エネルギーの現状とこれから(1), 41
    著者; 池上 康之
  • 海洋エネルギー発電; 2011年11月
    発表情報; ターボ機械(特集 分散電源としてのターボ機械の現状と展望), 39, 11(通号442)
    著者; 永田 修一、池上 康之
  • 海洋温度差発電の現状と展望(アンモニア/水を作動流体として用いたシステムへの挑戦); 2011年09月
    発表情報; 混相流(特集 資源と混相流ー新たなエネルギー利用(1)), 25, 3
    著者; 池上 康之
  • 海洋温度差発電の現状と展望ー我が国の2030年のロードマップへの貢献を目指して; 2011年07月
    発表情報; 配管技術, 53, 9(通号712)
    著者; 池上 康之
  • 大躍進する世界の海洋エネルギーの動きと日本の展望 ─今求められている海洋工学と沿岸技術─; 2010年01月
    発表情報; 沿岸技術「CDIT」特別講演会, 31
    著者; 池上 康之
  • アンモニア/水を用いた新しい海洋温度差発電システムの研究開発と地熱技術への適応; 2008年05月
    発表情報; 地熱技術, 33, 1・2(通号72)
    著者; 池上 康之
  • 波力発電と海洋温度差発電の現状と展望; 2008年03月
    発表情報; 建設の施工企画(特集 エネルギー), 697
    著者; 永田 修一、池上 康之
  • アンモニア/水を用いた新しい海洋温度差発電システムの研究開発と地熱技術への適応; 2008年
    発表情報; 地熱技術, 72, 33, 45-56
    著者; 池上康之

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • 海洋温度差発電の先進事例と導入に向けたポイント; 2017年02月
    発表情報; 鹿児島県「再生可能エネルギー施設導入に関する説明会」
    著者; 池上康之
  • 第17回海洋利用研究会講演; 2016年12月
    発表情報; 第17回海洋利用研究会講演
    著者; 池上康之
  • 佐賀が育んでくれた海洋温度差発電に学ぶ持続可能な社会のための挑戦と教育; 2016年11月
    発表情報; 第9回佐賀市校長園所長会における研修会
    著者; 池上康之
  • 新しいステージに向かう海洋温度差発電の現状と展望-再生可能エネルギーにおける安定的な電源の役割を目指して-; 2016年10月
    発表情報; 日本機械学会-海洋エネルギー利用技術研究開発の最前線 講習会-
    著者; 池上康之
  • 電力貯蔵手段としての水素に関する検討; 2016年09月
    発表情報; 化学工学会 第48回秋季大会
    著者; 池上康之,大野伸寛
  • 海洋エネルギーが切り拓く島の未来; 2016年05月
    発表情報; まち・ひと・しごと地方創生セミナー「わが町の挑戦」-小さな離島久米島からの大きな挑戦が今始まります-
    著者; 池上康之
  • 新しいステージに向かう海洋温度差発電の現状と挑戦ー安定的な再生可能エネルギーの役割を目指してー; 2016年01月
    発表情報; 主催:一般社団法人映像情報メディア学会 映像情報メディア学会技術報告 放送技術, 40, 1, 41-44
    著者; 池上 康之
  • Global innovation using OTEC for stable energy and sustainable water; 2015年07月
    発表情報; International Seminar and Exhibition on New Development on Ocean Energy in Asia Pasific
    著者; Yasuyuki Ikegami, Takeshi Yasunaga
  • 「伊万里が育んだ海洋エネルギーの現状と展望」; 2014年11月
    発表情報; 市政60周年記念 海洋深層水利活用市民セミナー
    著者; 池上康之
  • 「沖縄より始まった海洋温度差発電/海洋深層水利用の新しい展開と国内外の動向-再生可能エネルギーにおける安定的な電源の役割を目指して-」; 2014年06月
    発表情報; 日本海水学会第65年会シンポジウム「海洋エネルギー開発の現状と未来」
    著者; 池上康之
  • Future Prospect of OTEC Project and OTEC-Japan Consortium; 2014年04月
    発表情報; The 7th Annual Global Marine Renewable Energy Conference at the Red Lion Hotel, Seattle, Washington
    著者; Yasuyuki Ikegami and Yuji Awashima
  • 海洋再生可能エネルギーと水産業による地域活性化への期待と展望; 2014年03月
    発表情報; 第6回東京海洋大学 水産海洋プラットフォーム・フォーラム 「付加価値を生み出す水産技術と海洋再生可能エネルギー」 (発明会館ホール 東京)
    著者; 池上康之
  • 海の持つエネルギーを電気に変える仕組み(温度差発電); 2014年03月
    発表情報; 主催:公益社団法人日本船舶海洋工学会海洋教育推進委員会 第8回海洋教育フォーラム   やさしい海洋講座「海のエネルギーを電気に変える」  会場:記念艦「三笠」講堂(神奈川県横須賀市)
    著者; 池上康之 實原定幸
  • 海の持つエネルギーを電気に変える仕組み(温度差発電); 2014年02月
    発表情報; 主催:公益社団法人日本船舶海洋工学会海洋教育推進委員会,広島大学大学院工学研究科輸送・環境システム専攻  第6回海洋教育フォーラム やさしい海洋講座「海のエネルギーを電気に変える」  会場:呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム) 大和ホール 
    著者; 池上康之
  • 海洋温度差発電の現状と今後の展望  -再生可能エネルギーにおける安定的電源の役割を目指して- ; 2014年02月
    発表情報; 主催:一般社団法人 海洋産業研究会  「海洋自然エネルギー利用技術の実用化プロジェクト」 会場:新橋・一般社団法人海洋産業研究会 会議室
    著者; 池上康之
  • 実証試験を始めた海洋温度差発電の新しい展開および海外の最新動向 -再⽣可能エネルギーにおける安定的電源の役割を目指して-; 2013年12月
    発表情報; 主催:一般財団法人日本海事協会-「海洋再生可能エネルギーセミナー」- 場所:東京国際フォーラムホールB7
    著者; 池上康之
  • 実証試験を始めた海洋温度差発電の現状と課題および海外の動向 -再生可能エネルギーにおける安定的電源の役割を目指して-; 2013年12月
    発表情報; 主催:一般財団法人 大阪科学技術センタ-  地球環境技術推進懇談会循環・代謝型社会システム研究会  場所:佐賀大学海洋エネルギー研究センター
    著者; 池上康之
  • 世界のリーダーを目指す我が国の海洋再⽣可能エネルギーの挑戦; 2013年12月
    発表情報; 主催:(一社)産業環境管理協会、日本経済新聞社  「エコプロダクツ2013」  会場:東京ビッグサイト ◎スマート&グリーン 新たなエネルギーが拓く⽇本の未来
    著者; 池上康之
  • 系統連系を始めた海洋温度差発電の新しい展開および海外の最新動向 -再生可能エネルギーにおける安定的電源の役割を目指して-; 2013年11月
    発表情報; 海洋再生可能エネルギー セミナー(東京国際フォーラム)
    著者; 池上康之
  • 海洋資源利活用の現状~久米島で培われた海洋深層水利用の世界的実績と今後の展望~; 2013年11月
    発表情報; 主催:内閣府沖縄総合事務局,沖縄県久米島町 「しまのゆんたくin久米島」~【耕海興国 〜海洋資源⽴国のフロントランナー・久⽶島を目指して〜】 場所:イーフ情報プラザ セッション:基調報告 (全体会合)
    著者; 池上康之
  • 海の持つエネルギーを電気に変える仕組み(海洋温度差発電の原理); 2013年11月
    発表情報; 主催:公益社団法人 日本船舶海洋工学会 海洋教育推進委員会 共催:テクノオーシャン・ネットワーク 第5回海洋教育フォーラム:温度差に秘められた海のエネルギー  会場:神戸市立工業高等専門学校
    著者; 池上康之
  • 久米島海洋開発のメインである海洋深層水の複合利用について、国内外向け動向や方向正等に関する講演; 2013年11月
    発表情報; しまのゆんたくin久米島(内閣府沖縄総合事務局)
    著者; 池上康之
  • Overcoming Barrier in OTEC Development; 2013年10月
    発表情報; APEC CONFERENCE ON CLEAN, RENEWABLE AND SUSTAINABLE USE OF ENERGY Toward Energy Security for Sustainable and Equitable Development in Asia and The Pacific Region at Ayodya Resort Bali Hotel. on -PARALLEL SESSIONS 2 - CLEAN, RENEWABLE ENRGY TRACK- Ocean Energy Conversion(Challenes and Opportuniteis)
    著者; Yausyuki IKEGAMI
  • The future of OTEC; 2013年10月
    発表情報; OTEC Africa Conference 2013 at University of Boras, Sweden as Keynote speech
    著者; Sami Mutair and Yasuyuki IKEGAMI
  • New Stage of Ocean Thermal Energy Conversion in Japan and in the world; 2013年10月
    発表情報; World NAOE Forum 2013 & International Symposium on Marine and Offshore Renewable Energy (WNF & MORE2013) at The SASAKAWA Hall, Tokyo Japan on session -Achievements and Future Prospects of Marine and Offshore Renewable Energy Utilization Technology-
    著者; Yasuyuki IKEGAMI
  • 100 kW CC-OTEC Plant and Deep Ocean water Applications at Kumejima, Okinawa in Japan; 2013年09月
    発表情報; Asia Pacific Clean Energy Summit and Expo held jointly with Islands & Isolated Communities Congress and International OTEC Symposium at Hawai‘i Convention Center, Honolulu, Hawai‘i.
    著者; Yasuyuki IKEGAMI
  • 海洋温度差発電に学ぶ ~佐賀が育んでくれた持続可能な環境技術~; 2013年09月
    発表情報; 佐賀市立高木瀬公民館主催 高木瀬さが学講座~未来へつなぐ ふるさと佐賀の誇り~ 
    著者; 池上康之
  • 海洋エネルギーの産業化に向けた課題及び今後の可能性 ~アジアの中核的海洋産業戦略地域を目指して~ ; 2013年08月
    発表情報; 第10回 九州地域戦略会議 夏季セミナー 場所:宮崎観光ホテル(宮崎県宮崎市) 第1分科会の概要(テーマ・論点)  【テーマ】 「九州における再生可能エネルギーの産業化」
    著者; 池上 康之
  • New stage of OTEC with Netherlands and Japan - for Stable Energy & Sustainable Water Resource -; 2013年06月
    発表情報; オランダ大使館主催 再生海洋エネルギーセミナー・技術マッチメーク  場 所:横浜情報文化センター
    著者; Yasuyuki IKEGAMI
  • 沖縄/久米島における海洋温度差発電の全容と世界から見た久米島; 2013年06月
    発表情報; 主催:久米島町 海洋温度差発電(OTEC)実証施設完成記念講演会   会場:具志川農村環境改善センター
    著者; 池上康之
  • 沖縄県久米島から始まる海洋温度差発電/海洋深層水利用の新しいステージ ~沖縄県「海洋深層水の利用高度化に向けた発電利用実証事業」の現状報告~; 2013年05月
    発表情報; 海洋深層水利用学会2013年度定期総会 講演会(東京海洋大学)
    著者; 池上康之
  • Country Activity of Japan on Marine Renewable Energy; 2013年04月
    発表情報; The 6th Annual Global Marine Renewable Energy Conference -Introducing the Inaugural Marine Energy Technology Symposium- at Almas Temple 1315 ’K’ Street NW Washington, DC, USA
    著者; Yasuyuki IKEGAMI
  • 海の持つエネルギーを電気に変える仕組み~温度発電~; 2013年03月
    発表情報; 主催:日本船舶海洋工学会 海洋教育推進委員会 『第4回海洋教育フォーラム「みんなで海を知ろう!!『海のエネルギーを電気に変える』」 会場:東京海洋大学越中島キャンパス越中島会館
    著者; 池上康之
  • 新しい海洋温度差発電技術による沖縄・台湾の共創的持続発展の構築に向けて; 2008年11月
    発表情報; 第9回沖縄・台湾フォーラム
    著者; 池上康之


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.