只木 進一タダキ シンイチ

所属:
大学院工学系研究科 知能情報システム学専攻 知能情報システム学講座

著書

  • 数値シミュレーションの基本; 2000年
    発表情報; 甘利俊一、外山敬介編集「脳科学大辞典」(朝倉書店)
    著者; 只木 進一 (分担執筆)

原著論文

  • Characterizing and distinguishing free and jammed traffic flows from the distribution and correlation of experimental speed data; 2016年08月
    発表情報; New Journal of Physics, 18, 083022
    著者; Shin-ichi Tadaki, Macoto Kikuchi, Akihiro Nakayama, Akihiro Shibata, Yuki Sugiyama and Satoshi Yukawa
  • Quantitative explanation of circuit experiments and real traffic using the optimal velocity model; 2016年04月
    発表情報; New Journal of Physics, 18, 043040
    著者; Akihiro Nakayama, Macoto Kikuchi, Akihiro Shibata, Yuki Sugiyama, Shin-ichi Tadaki and Satoshi Yukawa
  • Critical Density of Experimental Traffic Jam; 2015年01月
    発表情報; Traffic and Granular Flow '13, 505
    著者; S. Tadaki, M. Kikuchi, M. Fukui, A. Nakayama, K. Nishinari, A. Shibata, Y. Sugiyama, T. Yosida and S. Yukawa.
  • Phase transition in traffic jam experiment on a circuit; 2013年10月
    発表情報; New Journal of Physics, 15, 103034
    著者; Shin-ichi Tadaki, Macoto Kikuchi, Minoru Fukui, Akihiro Nakayama, Katsuhiro Nishinari, Akihiro Shibata, Yuki Sugiyama, Taturu Yosida and Satoshi Yukawa
  • Fluctuation in e-mail sizes weakens power-law correlations in e-mail flow; 2013年09月
    発表情報; The European Physical Journal B, 86, 9, 371
    著者; Yoshitsugu Matsubara, Yasuhiro Hieida and Shin-ichi Tadaki
  • Effects of Fast Noises on Long-Range Correlations; 2011年01月
    発表情報; Computer Physics Communications, 182, 1, 237-239
    著者; Shin-ichi TADAKI
  • シングルサインオンに対応したネットワーク利用者認証システムの開発; 2010年03月
    発表情報; 情報処理学会論文誌, 51, 3, 1031-1039
    著者; 大谷誠, 江藤博文, 渡辺健次, 只木進一, 渡辺義明
  • Metastability in the formation of an experimental traffic jam; 2009年08月
    発表情報; New Journal of Physics, 11, 083025 1-083025 16
    著者; Akihiro Nakayama, Minoru Fukui, Macoto Kikuchi, Katsuya Hasebe, Katsuhiro Nishinari, Yuki Sugiyama, Shin-ichi Tadaki and Satoshi Yukawa
  • Detailed data of traffic jam experiment; 2009年05月
    発表情報; Traffic and Granular Flow '07 (Springer-Verlag, Berlin), 389-394
    著者; A. Nakayama, M. Fukui, K. Hasebe, M. Kikuchi, K. Nishinari, Y. Sugiyama, S. Tadaki and S. Yukawa
  • Packet flow and its temporal properties in the Internet; 2009年05月
    発表情報; Traffic and Granular Flow '07 (Springer-Verlag, Berlin), 745-750
    著者; S. Tadaki
  • "Error-based translation" as a new approach in learning Japanese particles for Indonesians; 2009年05月
    発表情報; Journal of Information and Systems in Education, 7, 1, 15-25
    著者; Saida Ulfa, Y. Okazaki, Y. Hieida, T. Hayashi, K. Watanabe and S. Tadaki
  • HTTP コネクションの監視により利用終了検知を行うネットワーク利用者認証システムの開発とその円滑な導入; 2009年03月
    発表情報; 情報処理学会論文誌, 50, 3, 1032-1042
    著者; 大谷誠, 江藤博文, 渡辺健次, 只木進一, 渡辺義明
  • Opengateとシングルサインオン; 2009年02月
    発表情報; 研究報告インターネットと運用技術(IOT), 2009, 21, 259264
    著者; 江藤 博文;大谷 誠;渡辺 健次;只木 進一
  • Traffic jam without bottleneck - Experimental evidence for the physical mechanism of forming a jam -; 2008年03月
    発表情報; New Journal of Physics, 10, 033001 1-7
    著者; Y. Sugiyama, M. Fukui, M. Kikuchi, K. Hasebe, A. Nakayama, K. Nishinari, S. Tadaki and S. Yukawa
  • An Intelligent Tutoring System with Error Based Translation in Learning Japanese Particles for Indonesians; 2007年07月
    発表情報; 8th International Conference on Information Technology Based Higher Education and Training, Kumamoto, Japan
    著者; Saida Ulfa, Yasuhisa Okazaki, Yasuhiro Hieida, Toshihiro Hayashi, Kenzi Watanabe, Shin-ichi Tadaki
  • Long-term power-law fluctuation in Internet traffic; 2007年04月
    発表情報; Journal of Physical Society of Japan, 76, 4, 044001-1- 044001-5
    著者; S. Tadaki
  • Scale-free features in the observed traffic flow; 2007年
    発表情報; Traffic and Granular Flow '05 (Springer-Verlag, Berlin ), 706-709
    著者; S. Tadaki, M. Kikuchi, A. Nakayama, K. Nishinari, A. Shibata, Y. Sugiyama and S. Yukawa
  • Effects of Bottlenecks on Vehicle Traffic; 2006年11月
    発表情報; Journal of the Physical Society of Japan, 75, 11, 114601-1- 114601-5
    著者; Syohei Yamamoto, Yasuhiro Hieida and Shin-ichi Tadaki
  • Power-Law Fluctuation in Expressway Traffic Flow: Detrended Fluctuation Analysis; 2006年03月
    発表情報; JOURNAL- PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN, 75, 3, 034002-1-034002-5
    著者; Tadaki, S / Kikuchi, M / Nakayama, A / Nishinari, K / Shibata, A / Sugiyama, Y / Yukawa, S
  • Implementation of IPv6 Functions for a Network User Authentication System Opengate; 2005年11月
    発表情報; ACM SIGUCCS 2005 Fall Conference (held in Monterey, California, November 6 - 9, 2005), 283-286
    著者; Makoto Otani, Katsuhiko Eguchi, Hirofumi Eto, Kenzi Watanabe, Shin-ichi Tadaki and Yoshiaki Watanabe
  • 利用者移動端末に対応した大規模ネットワークのOpengateによる構築と運用; 2005年04月
    発表情報; 情報処理学会論文誌, 46, 4, 922-929
    著者; 只木進一, 江藤博文, 渡辺健次, 渡辺義明
  • Observation, Theory and Experiment for Freeway Traffic as Physics of Many-Body System; 2005年
    発表情報; Traffic and Granular Flow '03 (Springer-Verlag, Berlin, 45-58
    著者; Y. Sugiyama, A. Nakayama, M. Fukui, K. Hasebe, M. Kikuchi, K. Nishinari, S. Tadaki and S. Yukawa
  • Fluctuation in Experssway Traffic Flow; 2005年
    発表情報; Traffic and Granular Flow '03 (Springer-Verlag, Berlin, 59-65
    著者; S. Tadaki, M. Kikuchi, A. Nakayama, K. Nishinari, A. Shibata, Y. Sugiyama and S. Yukawa
  • Opengateの公開端末への適用; 2004年09月
    発表情報; 学術情報処理研究, 8, 9-16
    著者; 安田伸一、羽石寛志、江藤博文、只木進一、渡辺健次、渡辺義明
  • 演習用Windows端末群のディスクレスによる安定運用; 2004年01月
    発表情報; 情報処理学会論文誌, 45, 1, 2-11
    著者; 江藤博文, 田中芳雄, 松原義継, 渡辺健次, 渡辺義明, 只木進一
  • 利用者移動端末に対応したネットワークの運用; 2004年01月
    発表情報; 情報処理学会シンポジウムシリーズ, 2004, 3, 85-90
    著者; 只木進一, 江藤博文, 渡辺健次, 渡辺義明
  • Traffic Flow as Physics of Many-Body System; 2004年
    発表情報; Transportation Systems 2003, Proceedings of the 10th IFAC Symposium (Elsevier), 335-340
    著者; Y. Sugiyama, M. Kikuchi, A. Nakayama, A. Nishinari, K. Shibata, S. Tadaki and S. Yukawa
  • Formation of Synchronized Flow at the Upper Stream of Bottleneck in Optimal Velocity Model; 2004年
    発表情報; Transportation Systems 2003, Proceedings of the 10th IFAC Symposium (Elsevier), 347-351
    著者; M. Kikuchi, Y. Sugiyama, S. Tadaki and S. Yukawa
  • Asymmetric Optimal Velocity Model; 2003年11月
    発表情報; Journal of Physical Society of Japan, 72, 11, 2754-2758
    著者; A. Okumura and S. Tadaki
  • Strategies for Migrating to IPv6 in Saga University; 2003年06月
    発表情報; 情報処理学会シンポジウムシリーズ , 2003, 9, 713-716
    著者; Ferry A. S., H. Eto, M. Otani, K. Watanabe and S. Tadaki
  • 大学における情報基盤整備の中核となる統合認証システム; 2003年01月
    発表情報; 情報処理学会シンポジウムシリーズ, 2003, 6, 43-48
    著者; 江藤博文、渡辺健次、只木進一、渡辺義明
  • Observational Aspects of Japanese Highway Traffic; 2003年
    発表情報; Traffic and Granular Flow '01 (Springer-Verlag, 2003), 243-256
    著者; S. Yukawa, M. Kikuchi, A. Nakayama, K. Nishinari, Y. Sugiyama and S. Tadaki
  • Long-Term Traffic Data from Japanese Expressway; 2003年
    発表情報; Traffic and Granular Flow '01 (Springer-Verlag, 2003), 257-262
    著者; M. Kikuchi, A. Nakayama, K. Nishinari, Y. Sugiyama, S. Tadaki and S. Yukawa
  • Congestion Induced by Bottlenecks in Two-lane Optimal Velocity Traffic Flow Model; 2003年
    発表情報; Traffic and Granular Flow '01 (Springer-Verlag, 2003), 211-220
    著者; S. Tadaki, M. Kikuchi, K. Nishinari, Y. Sugiyama and S. Yukawa
  • Asymmetric Optimal Velocity Model; 2003年
    発表情報; Traffic and Granular Flow '01 (Springer-Verlag, 2003), 115-118
    著者; A. Okumura and S. Tadaki
  • Analysis of congested flow at the upper stream of a tunnel; 2002年11月
    発表情報; Physica A Vol.315 No.1-2 (2002) 156-162, 315, 1-2, 156-162
    著者; S. Tadaki, K. Nishinari, M. Kikuchi, Y. Sugiyama and S. Yukawa
  • 高速道路交通流の実測データと二車線模型; 2002年06月
    発表情報; 応用数理, 12, 2, 17-25
    著者; 只木進一
  • 新しい教育情報基盤の実現に向けて~認証システムをベースとしてキャンパス規模のオープンネットワーク~; 2002年
    発表情報; 学術情報処理研究, 6, 13-20
    著者; 江藤博文, 只木進一, 渡辺健次, 渡辺義明
  • Observation of Congested Two-lane Traffic Caused by a Tunnel; 2002年
    発表情報; JOURNAL- PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN, 71, 9, 2326-2334
    著者; Tadaki, S.-i / Nishinari, K / Kikuchi, M / Sugiyama, Y / Yukawa, S
  • 公開端末及び利用者移動端末の認証システムとそのディスクレスマシンによる運用; 2001年
    発表情報; 学術情報処理研究, 5, 15-20
    著者; 只木進一, 江藤博文, 渡辺健次, 渡辺義明
  • 利用と管理が容易で適用範囲の広い利用者認証ゲートウェイシステムの開発; 2001年
    発表情報; 情報処理学会論文誌, 42, 12, 2802-2809
    著者; 渡辺義明, 渡辺健次, 江藤博文, 只木進一
  • Congested Flow Induced by Noise in Headway Measurements; 2001年
    発表情報; JOURNAL- PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN, 70, 6, 1842-1848
    著者; Uchida, T / Tadaki, S.-i
  • IMAP に対応した Web ベースメールクライアントWebMailerの開発; 2000年
    発表情報; 学術情報処理研究, 4, 35-43
    著者; 渡辺健次, 竹田暁彦, 只木進一
  • Noise Induced Congestion in Coupled map Optimal Velocity Model of Traffic Flow; 2000年
    発表情報; Y. Suzuki et al ed. Soft Computing in Industrial Applications (Springer, London), 383-391
    著者; S. Tadaki, M. Kikuchi, Y. Sugiyama and S. Yukawa
  • A universal e-mail environment - WebMailer : Web based e-mail client software supporting IMAP4 Protocol; 2000年
    発表情報; Proc. International ICSC Symposium on Interactive and Collaborative Computing (ICC'2000) (2000)
    著者; K. Watanabe, A. Takeda and S. Tadaki
  • Congestion in multi-lane coupled map traffic flow model; 2000年
    発表情報; M. Tokuyama and H. E. Stanley ed. Statistical Physics (AIP, 2000)
    著者; M. Kikuchi, Y. Sugiyama, S. Tadaki and S. Yukawa
  • Asymmetric Optimal Velocity Model for Traffic Flow; 2000年
    発表情報; Y. Hiwatari, Y. Oyanagi, Y. Okabe and H. Takayama ed. Proceedings of The 5th International Conference on Computational Physics (Progress of Theoretical Physics Supplement No.138) (2000)
    著者; M. Kikuchi, Y. Sugiyama, S. Tadaki and S. Yukawa
  • Congestion in Multi-lane Roads with Coupled Map Traffic Flow Model; 2000年
    発表情報; Y. Hiwatari, Y. Oyanagi, Y. Okabe and H. Takayama ed. Proceedings of The 5th International Conference on Computational Physics (Progress of Theoretical Physics Supplement No.138) (2000)
    著者; S. Tadaki, M. Kikuchi, Y. Sugiyama and S. Yukawa
  • 交通流の科学; 2000年
    発表情報; 日本物理学会誌, 55, 3, 166-171
    著者; 只木進一、菊池誠、杉山雄規、湯川諭
  • Noise Induced Congested Traffic Flow in Coupled Map Optimal Velocity Model; 1999年04月
    発表情報; JOURNAL- PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN, 68, 9, 3110-3114
    著者; Tadaki, S.-i / Kikuchi, M / Sugiyama, Y / Yukawa, S
  • Noise Induced Congested Traffic Flow in Coupled Map Optimal Velocity Model; 1999年
    発表情報; Proceedings of International Workshop on Soft Computing in Industry '99
    著者; S. Tadaki, M. Kikuchi, Y. Sugiyama and S. Yukawa
  • Coupled map traffic flow simulator based on optimal velocity functions; 1998年
    発表情報; M. Schreckenberg and D. E. Wolf ed. Traffic and Granular Flow '97 (Springer, 1998)
    著者; S. Tadaki, M. Kikuchi, Y. Sugiyama and S. Yukawa
  • UNIXとWindows の共存する教育用システムにおける利用者管理と端末管理; 1998年
    発表情報; 学術情報処理研究, 2, 14
    著者; 江藤博文, 小野隆久, 平良豊, 只木進一, 渡辺義明
  • Traffic Flow Simulator Based on Optimal Velocity Function; 1998年
    発表情報; M. Tokuyama and I. Oppenheim ed. Statistical Physics (World Scientific, Singapore, 1998)
    著者; M. Kikuchi, Y. Sugiyama, S. Tadaki and S. Yukawa
  • Coupled Map Traffic Flow Simulator Based on Optimal Velocity Functions; 1998年
    発表情報; JOURNAL- PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN, 67, 7, 2270-2276
    著者; Tadaki, S.-i / Kikuchi, M / Sugiyama, Y / Yukawa, S
  • Distribution of Jam Clusters in a Two-Dimensional Cellular Automaton Traffic Flow Model with Open Boundaries; 1997年
    発表情報; JOURNAL- PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN, 66, 3, 514-517
    著者; Tadaki, S.-i
  • Two-dimensional cellular automaton model of traffic flow with open boundaries; 1996年
    発表情報; PHYSICAL REVIEW -SERIES E-, 54, 3, 2409-2413
    著者; Tadaki, S.-i
  • Self-Organization in a Two-Dimensional Cellular Automaton Model of Traffic Flow; 1995年
    発表情報; JOURNAL- PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN, 64, 12, 4504-4508
    著者; Tadaki, S.-i / Kikuchi, M
  • Dynamical Phase Transition in One Dimensional Traffic Flow Model with Blockage; 1994年
    発表情報; Journal of Physical Soeity of Japan , 63, 10, 3609-3618
    著者; S. Yukawa, M. Kikuchi and S. Tadaki
  • Design of Pseudo-Random Patterns with Low Linear Dependence and Equi-Distribution; 1994年
    発表情報; Proceedings of The Third Asian Test Symposium (IEEE Computer Society Press, Los Alamitos, USA, 1994)
    著者; S. Matsufuji, S. Tadaki and T. Yamanaka
  • Orbits in One-dimensional Finite Linear Cellular Automata; 1994年
    発表情報; Physical Review E , 49, 2, 1168-1173
    著者; S. Tadaki
  • 分数計算を指導する知的 CAI システムの実現; 1994年
    発表情報; 電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界, J77-A, 3, 518-529
    著者; 渡辺, 健次 / 岡崎, 泰久 / 只木, 進一 / 近藤, 弘樹
  • Jam Phases in a Two-Dimensional Cellular Automaton Model of Traffic Flow; 1994年
    発表情報; Physical Review E, 50, 6, 4564-4570
    著者; S. Tadaki and M. Kikuchi
  • 微分計算における学習者の誤りとバギーモデル; 1993年09月
    発表情報; CAI学会誌, 10, 3, 91-101
    著者; 岡崎, 泰久 / 只木, 進一 / 近藤, 弘樹
  • Periodicity in One-dimensional Finite Linear Cellular Automata; 1993年
    発表情報; Progress of Theoretical Physics, 89, 2, 325-331
    著者; S. Tadaki and S. Matsufuji
  • Courseware Knowledge and Recognition of Strategies in an ITS for Guiding Fraction Calculation; 1992年
    発表情報; Proc. Pacific Rim Intern. Conf. on Artificial Intelligence `92, 1, 464-470
    著者; H. Kondo, Y. Okazaki, K. Watanabe and S. Tadaki
  • Quantum Field Theory in Two-dimensional Schwarzschild-de Sitter Spacetime. II; 1990年
    発表情報; Pregress of Theoretical Physics, 83, 6, 1126-1139
    著者; S. Tadaki and S. Takagi
  • Quantum Field Theory in Two-dimensional Schwarzschild-de Sitter Spacetime. I; 1990年
    発表情報; Pregress of Theoretical Physics, 83, 5, 941-952
    著者; S. Tadaki and S. Takagi
  • Cosmological Domain Walls Coupled to Gravity; 1990年
    発表情報; Physical Review D, 41, 10, 3047-3051
    著者; S. Tadaki and H. Ishihara
  • Classification of Conformal Cosmological Models; 1990年
    発表情報; Progress of Theoretical Physics, 83, 3, 491-498
    著者; S. Tadaki, M. Den, K. Ohnishi and Y. Yamada
  • Spectrum of Casimir Energy; 1989年
    発表情報; Progress of Theoretical Physics, 82, 4, 737-743
    著者; S. Tadaki and S. Takagi
  • Hadamard Regularization and Conformal Transformation; 1989年
    発表情報; Progress of Theoretical Physics, 81, 4, 891-903
    著者; S. Tadaki
  • Stress Tensor in de Sitter Space; 1988年
    発表情報; Progress of Theoretical Physics, 80, 4, 654-662
    著者; S. Tadaki
  • Renormalized Stress Tensor and Field Fluctuation in a Friedmann Universe; 1988年
    発表情報; Progress of Theoretical Physics, 79, 4, 790-799
    著者; S. Tadaki
  • Hadamard Regularization in Curved Spacetime; 1987年
    発表情報; Progress of Theoretical Physics, 77, 3, 671-680
    著者; S. Tadaki
  • Casimir Effect at Finite Temperature; 1986年
    発表情報; Progress of Theoretical Physics, 75, 2, 262-271
    著者; S. Tadaki and S. Takagi
  • Phenomenological Theory of the Equilibrium State of the System with a Black Hole and Radiation; 1985年
    発表情報; Progress of Theoretical Physics, 73, 1, 288-291
    著者; S. Tadaki and S. Takagi

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • マイクロブログに現れるDunbar数とその起源; 2016年12月
    発表情報; 第22回交通流と自己駆動粒子系シンポジウム, 25
    著者; 荒木直人、日永田泰啓、只木進一
  • Nagel-Schreckenbergモデルを用いた流量逆転の原因分析; 2016年12月
    発表情報; 第22回交通流と自己駆動粒子系シンポジウム, 53
    著者; 野田季宏、日永田泰啓、只木進一
  • 貴重書メタデータの設計図としての書誌オントロジーを適用したLinked Data; 2015年03月
    発表情報; 第35回セマンティックウェブとオントロジー研究会, SIG-SWO-035-08
    著者; 吉賀夏子、渡辺健次、只木進一
  • 書誌学的情報およびデータ入力を考慮した貴重書書誌オントロジーの構築; 2014年05月
    発表情報; 第28回人工知能学会全国大会, JSAI2014, 1G5-OS-19b-1
    著者; 吉賀夏子, 渡辺健次, 只木進一
  • 貴重書書誌の注記から抽出したメタデータのオントロジー構築及び書誌・美術関連Lined Dataと連携した検索システム構築; 2013年09月
    発表情報; ディジタル図書館, 45, 3-10
    著者; 吉賀夏子、渡辺健次、只木進一
  • 貴重書デジタルアーカイブの書誌オントロジーおよび Semantic Web 技術を活用した検索システムの 構築; 2013年06月
    発表情報; 第 27 回人工知能学会全国大会 (JSAI2013), 1N3-OS-10a-4in
    著者; 吉賀夏子, 渡辺健次, 只木進一
  • WebSocketによる終了検知を行うOpengateの開発; 2013年05月
    発表情報; 電子情報通信学会技術研究報告. ICM, 情報通信マネジメント, 113, 23, 121125
    著者; 大谷 誠、江藤 博文、渡辺 健次、只木 進一、渡辺 義明
  • A Visual Search System with Semantic Web Technologies on Digital Archives for Historical Documents; 2012年12月
    発表情報; International Conference on Convergence Content, 23-24
    著者; Natsuko Yoshiga, Kenzi Watanabe, Shin-ichi Tadaki
  • 認証基盤の効率化と「学認」への対応; 2012年05月
    発表情報; 情報処理学会研究報告, 2012, IOT17, 10
    著者; 只木進一,江藤博文,大谷誠,渡辺健次
  • Opengate を補完するMACアドレス認証システムOpengateM; 2012年03月
    発表情報; 情報処理学会研究報告, 2011, IOT-16
    著者; 渡辺義明、大谷誠、江藤博文、渡辺健次、只木進一
  • Opengate on Cloud; 2012年03月
    発表情報; Proceedings of The 26th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applicatioins (AINA-2012), W-ITIS Workshop, Fukuoka, Japan, March 26th - 29th (2012.3). 1027
    著者; Kenzi Watanabe, Makoto Otani, Shin-ichi Tadaki and Yoshiaki Watanabe
  • Analysis of power-law correlation of e-mail sending demands; 2011年12月
    発表情報; Proceedings of the 17th Symposium on Simulation of Traffic Flow, 105-108
    著者; Y. Matsubara, Y. Hieida and S. Tadaki
  • 交通渋滞形成実験における相転移; 2011年12月
    発表情報; 第17回交通流のシミュレーションシンポジウム論文集, 109-112
    著者; 只木進一、菊池誠、福井稔、中山章宏、西成活裕、柴田章博、杉山雄規、吉田立、湯川諭
  • フロアフィールドを用いた歩行者交差流のシミュレーション; 2011年12月
    発表情報; 第17回交通流のシミュレーションシンポジウム論文集, 113-116
    著者; 高橋大樹、日永田泰啓、只木進一
  • 情報系センターの停電対策と電源管理; 2011年10月
    発表情報; 情報処理学会研究会報告, 2011-IOT-15, 8-1-8-5
    著者; 只木進一, 田中芳雄, 小野隆久, 渡辺健次
  • プライベートクラウドによる電子メールサービスコストの削減とサービスレベルの改善; 2011年07月
    発表情報; 情報処理学会研究会報告, 2011-IOT-14, 8-1-8-6
    著者; 松原義継, 大谷誠, 江藤博文, 渡辺健次, 只木進一
  • シボレスに対応し全教職員が利用可能な「事務連絡ボード」; 2011年05月
    発表情報; 情報処理学会研究報告, 2011-IOT-13, 16-1-16-6
    著者; 吉賀夏子、江藤博文、大谷誠、渡辺健次、只木進一
  • 佐賀大学の新しい学術情報基盤 -仮想化、シンクライアント、シングルサインオン-; 2010年12月
    発表情報; 平成22年度情報教員研究集会論文集
    著者; 只木進一、大谷誠、江藤博文、渡辺健次
  • 仮想デスクトップ・画面転送型シンクライアントによる演習室端末システム(佐賀大学の新しいシステム紹介); 2010年10月
    発表情報; 情報処理学会研究会報告, 2010-IOT-11, 3-1
    著者; 只木進一, 田中芳雄, 松原義継, 日永田泰啓, 江藤博文, 渡辺健次
  • Greylistingに基づく迷惑メール対策の運用評価; 2010年10月
    発表情報; 情報処理学会研究報告. IOT, [インターネットと運用技術], 2010-IOT-11, 7, 1-6
    著者; 松原義継、大谷誠、日永田泰啓、只木進一
  • キャンパス情報ネットワークと仮想化ソリューション; 2010年09月
    発表情報; 学術情報処理研究, 14, 158-163
    著者; 大谷誠, 渡辺健次, 只木進一
  • 仮想環境によるSSO対応Opengateの構築とその運用; 2010年05月
    発表情報; 情報処理学会研究会報, 2010-IOT-9, 5-1-5-6
    著者; 大谷誠、江藤博文、渡辺健次、只木進一、渡辺義明
  • 歩行者対向流シミュレーションにおける斜め移動と分割線の効果; 2009年12月
    発表情報; 第15回交通流のシミュレーションシンポジウム論文集, 69-72
    著者; 高橋大樹, 日永田泰啓, 只木進一
  • ポータルサイトの強制表示とシングルサインオン; 2009年05月
    発表情報; 情報処理学会研究会報告, 2009-IOT-5, 6-1-6-6
    著者; 大谷誠, 江藤博文, 渡辺健次, 只木進一, 渡辺義明
  • 短時間ノイズのパワースペクトル及びDetrended Fluctuation Analysisへの影響; 2008年11月
    発表情報; 第14回交通流のシミュレーションシンポジウム論文集, 69-72
    著者; 只木進一
  • インターネット需要の長時間相関:電子メールの場合; 2008年11月
    発表情報; 第14回交通流のシミュレーションシンポジウム論文集, 73-75
    著者; 松原義継、日永田泰啓、只木進一
  • 新しいメールアドレスの柔軟な運用に向けて; 2008年09月
    発表情報; 学術情報処理研究, 12, 98-102
    著者; 江藤博文, 只木進一
  • UPKIイニシアティブサーバ証明書の認証ネットワークへの導入; 2008年09月
    発表情報; 学術情報処理研究, 12, 103-107
    著者; 大谷誠, 江藤博文, 渡辺健次, 只木進一, 渡辺義明
  • 全教員からの評価情報収集:成果と課題; 2008年09月
    発表情報; 学術情報処理研究, 12, 112-116
    著者; 只木進一, 遠藤隆, 船久保公一, 岸川芳之, 村山詩帆, 山田文弘
  • Opengateにおける名前解決の利用; 2008年09月
    発表情報; 情報処理学会研究会報告 2008-IOT-3, 2008, 87, 55-60
    著者; 大谷誠, 江藤博文, 渡辺健次, 只木進一, 渡辺義明
  • 大学における共通情報の集約:大学評価を機会に; 2008年09月
    発表情報; 情報処理学会研究会報告 2008-IOT-3, 2008, 87, 61-66
    著者; 只木進一, 遠藤隆, 船久保公一, 岸川芳之, 村山詩帆, 山田文弘
  • 情報センターと図書館の融合の行方 - 情報統合と活用 -; 2008年03月
    発表情報; View Point, 8, 54 - 58
    著者; 只木進一
  • 交通渋滞実験の詳細データ; 2007年12月
    発表情報; 第13回交通流のシミュレーションシンポジウム, 7-10
    著者; 中山章弘、福井稔、長谷部勝也、菊池誠、西成活裕、杉山雄規、只木進一、湯川諭
  • ネットワーク構造とその流量ゆらぎ; 2007年12月
    発表情報; 第13回交通流のシミュレーションシンポジウム, 41-44
    著者; 只木進一
  • HTTPコネクションの維持による利用終了検知を行うネットワーク利用者認証システムの開発とその運用; 2007年09月
    発表情報; 学術情報処理研究, 11, 87-91
    著者; 大谷誠、江藤博文、渡辺健次、只木進一、渡辺義明
  • ディスクレスSolarisによる演習端末の運用可能性; 2007年09月
    発表情報; 学術情報処理研究, 11, 115-119
    著者; 江藤博文、只木進一
  • HTTコネクションの維持による利用終了検知を行う新たなOpengateの導入とその運用; 2007年09月
    発表情報; 情報処理学会研究会報告 2007-DSM-47, 31-36
    著者; 大谷誠, 江藤博文, 渡辺健次, 只木進一, 渡辺義明
  • 情報系センターと附属図書館 - 連携と情報基盤の共通化 -; 2007年03月
    発表情報; View Point, 7, 38-41
    著者; 只木進一
  • HTTP Keep-Aliveによる利用終了検知機能を実装した新しいOpengateの開発; 2007年03月
    発表情報; 情報処理学会研究会報告2007-DSM-44, 65-70
    著者; 大谷誠, 江藤博文, 渡辺健次, 只木進一, 渡辺義明
  • ボトルネックによる渋滞形成; 2006年12月
    発表情報; 第12回交通流のシミュレーションシンポジウム, 53-56
    著者; 只木進一, 山元祥平, 日永田泰啓
  • IPv4/IPv6に対応したネットワーク利用者認証システムOpengateの改良; 2006年09月
    発表情報; 情報処理学会研究会報告 2006-DSM-43, 19-24
    著者; 大谷誠, 江藤博文, 渡辺健次, 只木進一, 渡辺義明
  • 総合情報基盤センター新システム概要; 2006年09月
    発表情報; 学術情報処理研究, 10, 75-80
    著者; 江藤博文、只木進一
  • 端末多重利用自動防止システム; 2006年09月
    発表情報; 学術情報処理研究, 10, 91-96
    著者; 松原義継、田中芳雄、江藤博文、只木進一
  • ネットワーク利用者認証システムOpengateの改良と運用について; 2006年09月
    発表情報; 学術情報処理研究, 10, 97-102
    著者; 大谷誠、江藤博文、渡辺健次、只木進一、渡辺義明
  • milter-greylistのための静的whitelistの自動生成; 2006年07月
    発表情報; 情報処理学会研究会報告2006-DSM-42, 43-45
    著者; 松原義継, 只木進一
  • ボトルネック上流の高密度一様流:流量保存による現象論; 2005年12月
    発表情報; 第11回交通流のシミュレーションシンポジウム, 33-36
    著者; 山元祥平, 日永田泰啓, 只木進一
  • Java Servletを用いたネットワーク利用者認証システムの開発; 2005年09月
    発表情報; 学術情報処理研究, 9, 85-89
    著者; 野村武志、當房新一、渡辺義明、渡辺健次、江藤博文、只木進一
  • PHPによる論文投稿システムの開発; 2005年09月
    発表情報; 学術情報処理研究, 9, 113-117
    著者; 江藤博文、吉賀夏子、只木進一
  • XMLを使った仕様書策定の効率化; 2005年08月
    発表情報; 情報処理学会研究会報告2005-DSM-38, 17-22
    著者; 只木進一
  • ボトルネック上流における渋滞形成; 2004年12月
    発表情報; 第10回交通流のシミュレーションシンポジウム, 57-60
    著者; 山元祥平, 日永田泰啓, 只木進一
  • Opengateを利用した公開端末の認証及び利用記録; 2004年07月
    発表情報; 情報処理学会研究会報告, 2004-DSM-33, 49 - 54
    著者; 只木進一、日永田泰啓、大月美佳、渡辺健次、渡辺義明
  • Opengateを利用した公開端末の認証及び利用記録; 2004年05月
    発表情報; 情報処理学会研究会報告2004-DSM-33, 65-70
    著者; 安田伸一, 羽石寛志, 渡辺健次, 渡辺義明, 江藤博文, 只木進一
  • 大規模分散ネットワーク環境における教育用計算機システム:Diskless Dual Boot編; 2004年03月
    発表情報; 情報処理, 45, 3, 250-254
    著者; 只木進一, 江藤博文, 渡辺健次, 渡辺義明
  • LDAPによる情報管理機能を有するウェブメールソフトウェアの開発; 2004年
    発表情報; 学術情報処理研究, 8, 83-88
    著者; 松原義継、只木進一
  • 大学データベースにおける教員基礎情報収集の問題点と解決法; 2004年
    発表情報; 情報処理学会研究会報告, 2004-DSM-34, 49-54
    著者; 只木進一、日永田泰啓、大月美佳、渡辺健次、渡辺義明
  • 大学統合時の情報システムの整備; 2003年11月
    発表情報; 情報処理学会研究会報告, 2003-DSM-31, 1-5
    著者; 江藤博文, 田中芳雄, 松原義継, 只木進一
  • ディスクレスWindows端末による演習室端末群の安定運用; 2003年04月
    発表情報; 情報処理学会研究会報告, 2003-DSM-29, 19-24
    著者; 江藤博文, 田中芳雄, 松原義継, 只木進一, 渡辺健次, 渡辺義明
  • 車線間相関 - 大型車の役割 -; 2002年11月
    発表情報; 第8回交通流のシミュレーションシンポジウム, 9
    著者; 菊池誠, 中山章宏, 西成活裕, 杉山雄規, 只木進一, 湯川諭
  • 東名高速道路における流量ゆらぎ; 2002年11月
    発表情報; 第8回交通流のシミュレーションシンポジウム, 13
    著者; 菊池誠, 杉山雄規, 只木進一, 中山章宏, 西成活裕, 湯川諭
  • 二車線路CMOV模型; 2002年11月
    発表情報; 第8回交通流のシミュレーションシンポジウム, 29
    著者; 長尾壮一郎, 只木進一, 日永田泰啓
  • 全学的な共通情報アクセス環境のための統合認証システム; 2002年10月
    発表情報; 情報処理学会研究会報告, 2002-DSM-27, 31-36
    著者; 江藤博文, 渡辺健次, 只木進一, 渡辺義明
  • UNIX環境とWindows環境を提供可能な教育用ディスクレス端末システム; 2002年
    発表情報; 情報処理学会研究会報告, 2002-DSM-25, 19-23
    著者; 江藤博文、只木進一
  • 交通渋滞は説明できるか?; 2001年02月
    発表情報; 京都大学数理解析研究所講究録, 1191, 84-89
    著者; 只木進一
  • WEBベース講義支援システムの開発; 2001年
    発表情報; 情報処理学会研究会報告, 2001-DSM-21, 25-30
    著者; 江藤博文、只木進一
  • Webブラウザを用いたDNS管理システムの開発; 2001年
    発表情報; 情報処理学会研究会報告, 2001-DSM-21, 31-36
    著者; 松原義継、只木進一
  • オンライン・シラバスの出力システムの開発; 2001年
    発表情報; 学術情報処理研究 , 5, 57-60
    著者; 日永田泰啓、只木進一、安田伸一、渡辺健次
  • 佐賀大学電子図書館システム「とんぼの眼」; 2001年
    発表情報; 学術情報処理研究 , 5, 81-86
    著者; 安田伸一、木村伸子、福井市男、只木進一
  • Webベースネットワーク運用システムの開発; 2001年
    発表情報; 情報処理学会研究会報告, 2001-DSM-24, 25-30
    著者; 江藤博文、只木進一
  • 1車線高速道路におけるトンネル上流の渋滞形成; 2000年11月
    発表情報; 第7回交通流のシミュレーションシンポジウム講演概要集, 14
    著者; 内田泰介, 只木進一
  • トンネル上流の渋滞形成 - 2車線モデルと実測の比較 -; 2000年11月
    発表情報; 第7回交通流のシミュレーションシンポジウム講演概要集, 21
    著者; 只木進一, 菊池誠, 杉山雄規, 湯川諭
  • 東名高速道路観測データからの知見(その2); 2000年11月
    発表情報; 第7回交通流のシミュレーションシンポジウム講演概要集, 21
    著者; 湯川諭, 西成活裕, 只木進一, 杉山雄規, 菊池誠
  • 利用者認証と利用記録機能を実現するゲートウェイシステムOpengateの開発; 2000年
    発表情報; 信学技報 IN-99-95, TM99-61, OFS99-48 (2000-01)
    著者; 渡辺健次、只木進一、江藤博文、渡辺義明
  • 情報処理教育における統一した電子メール利用環境の実現; 2000年
    発表情報; 信学技報 ET99-96 (2000-3)
    著者; 渡辺健次、竹田暁彦、只木進一
  • オンライン・シラバス; 2000年
    発表情報; 学術情報処理研究 , 4, 105-109
    著者; 安田伸一, 木村伸子, 福井市男, 只木進一
  • センターの利用者管理を支援するWebベース統合環境; 2000年
    発表情報; 学術情報処理研究 , 4, 111-118
    著者; 江藤博文, 渡辺健次, 只木進一, 渡辺義明
  • 非対称Optimal velocity 模型; 1999年11月
    発表情報; 第5回交通流のシミュレーションシンポジウム, 13
    著者; 菊池誠, 杉山雄規, 只木進一, 湯川諭
  • 流入のある高速道での渋滞形成; 1999年11月
    発表情報; 第5回交通流のシミュレーションシンポジウム, 17
    著者; 只木進一, 菊池誠, 杉山雄規, 湯川諭
  • 車間距離観測ノイズによる輻輳流; 1999年11月
    発表情報; 第5回交通流のシミュレーションシンポジウム, 51
    著者; 内田泰介, 只木進一
  • 東名高速道路観測データからの知見; 1999年11月
    発表情報; 第5回交通流のシミュレーションシンポジウム, 63
    著者; 湯川諭, 西成活裕, 只木進一, 杉山雄規, 菊池誠
  • 情報教育用システムにおける管理作業とその振り分け; 1999年
    発表情報; 学術情報処理研究 , 3, 97
    著者; 江藤博文, 渡辺健次, 只木進一, 渡辺義明
  • CMOVモデルと輻輳交通流形成; 1998年11月
    発表情報; 第5回交通流のシミュレーションシンポジウム, 49
    著者; 只木進一, 菊池誠, 杉山雄規, 湯川諭
  • TCP/IPを利用したWindowsNT リモートシャットダウン; 1998年
    発表情報; 情報処理学会研究会報告, 99-DSM-12, 61-66
    著者; 江藤博文、只木進一、渡辺義明
  • 最適速度関数に基づく結合写像交通流シミュレータ; 1997年11月
    発表情報; 第4回交通流のシミュレーションシンポジウム講演概要集, 19
    著者; 菊池誠, 杉山雄規, 只木進一, 湯川諭
  • パーソナルコンピュータを中心とした管理可能な情報処理教育環境の構築; 1997年
    発表情報; 情報処理学会研究会報告 97-DSM-8 (1997) pp.61 - 66.
    著者; 江藤博文、小野隆久、只木進一、渡邉義明
  • 開放交通網モデルのシミュレーション; 1996年11月
    発表情報; 第3回交通流のシミュレーションシンポジウム講演概要集, 18
    著者; 只木進一
  • Self-organization in a two-dimensional cellular automaton model of traffic flow; 1996年
    発表情報; 物性研究, 66, 3, 610-611
    著者; S. Tadaki
  • 二次元開放端CA交通流モデルにおける自己組織化; 1995年12月
    発表情報; 交通流のシミュレーションシンポジウム講演概要集, 28
    著者; 只木進一
  • 2次元交通量モデルにおける渋滞相の性質; 1994年12月
    発表情報; セルオートマトンモデルによる交通流のシミュレーションシンポジウム講演概要集, 27
    著者; 只木進一
  • 2 次元セルオートマトン交通量モデルにおける渋滞相の安定性; 1994年
    発表情報; 物性研究 Vol.6 No.2 (1994) pp.453
    著者; 只木進一、菊池誠
  • Schwarzschild 時空上の<Tμν>; 1987年
    発表情報; 素粒子論研究 Vol.6 No.2 (1987) pp.B87-B90
    著者; 只木進一

一般講演(学術講演を含む)

  • マイクロブログに現れるDunbar数とその起源; 2016年12月
    発表情報; 第22回交通流の自己駆動粒子径シンポジウム
    著者; 荒木直人、日永田泰啓、只木進一
  • Nagel-Schreckenbergモデルを用いた流量逆転の原因分析; 2016年12月
    発表情報; 第22回交通流と自己駆動粒子系シンポジウム
    著者; 野田季宏、日永田泰啓、只木進一
  • 古典籍データ中の非正規記述からの周辺情報抽出とその構造化; 2016年12月
    発表情報; 人文科学とコンピュータシンポジウ2016
    著者; 吉賀 夏子、只木 進一
  • 古典籍データ中の非正規記述からの周辺情報抽出とその構造化; 2016年12月
    発表情報; 人文科学とコンピュータシンポジウム2016 (国立情報学研究所,2016)
    著者; 吉賀 夏子、只木 進一
  • マイクロブログに現れるDunbar数とその起源; 2016年12月
    発表情報; 第22回交通流の自己駆動粒子径シンポジウム(京都大学、2016)
    著者; 荒木直人、日永田奏啓、只木進一
  • Nagel-Schreckenbergモデルを用いた流量逆転の原因分析; 2016年12月
    発表情報; 第22回交通流と自己駆動粒子系シンポジウム(京都大学, 2016)
    著者; 野田季宏、日永田奏啓、只木進一
  • SNSに現れるダンバー数とその起源 -データ分析とモデル化-; 2016年03月
    発表情報; 火の国情報シンポジウム2016
    著者; 荒木直人、只木進一、日永田泰啓
  • 貴重書メタデータの設計図としての書誌オントロジーを適用したLinked Data; 2015年03月
    発表情報; 第35回セマンティックウェブとオントロジー研究会
    著者; 吉賀夏子、渡辺健次、只木進一
  • 書誌学的情報およびデータ入力を考慮した貴重書書誌オントロジーの構築; 2014年05月
    発表情報; 第28回人工知能学会全国大会
    著者; 吉賀夏子, 渡辺健次, 只木進一
  • Critical density of experimental traffic jam; 2013年09月
    発表情報; Traffic and Granular Flow '13 (Sep. 25-27, 2013, Forschungszentrum Jeulich, Germany)
    著者; S. Tadaki, M, Kikuchi, M. Fukui, A. Nakayama, K. Nishinari, A. Shibata, Y. Sugiyama, T. Yosida and S. Yukawa
  • A MAC address based authentication system applicable to campus-scale network; 2013年09月
    発表情報; The 15th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS2013), Hiroshima, Japan (2013.09.27)
    著者; Yoshiaki Watanabe, Makoto Otani, Hirofumi Eto, Kenzi Watanabe and Shin-ichi Tadaki
  • 貴重書書誌の注記から抽出したメタデータのオントロジー構築及び書誌・美術関連Lined Dataと連携した検索システム構築; 2013年09月
    発表情報; 第45回ディジタル図書館ワークショップ(東京都)
    著者; 吉賀夏子、渡辺健次、只木進一
  • 貴重書デジタルアーカイブの書誌オントロジーおよび Semantic Web 技術を活用した検索システムの 構築; 2013年06月
    発表情報; 第 27 回人工知能学会全国大会 (JSAI2013)
    著者; 吉賀夏子, 渡辺健次, 只木進一
  • A Visual Search System with Semantic Web Technologies on Digital Archives for Historical documents; 2012年12月
    発表情報; International Conference on Convergence Content
    著者; Natsuko Yoshiga, Kenzi Watanabe, Shin-ichi Tadaki
  • 認証基盤の効率化と「学認」への対応; 2012年05月
    発表情報; 情報処理学会インターネットと運用技術研究会第17回研究会(秋田大学)
    著者; 只木進一,江藤博文,大谷誠,渡辺健次
  • 交通渋滞形成実験における相転移; 2011年12月
    発表情報; 第17回交通流のシミュレーションシンポジウム (名古屋大学、2011/12/8-9)
    著者; 只木進一、菊池誠、福井稔、中山章宏、西成活裕、柴田章博、杉山雄規、吉田立、湯川諭
  • 情報系センターの停電対策と電源管理; 2011年10月
    発表情報; 情報処理学会インターネットと運用技術研究会 (愛媛大学、2011年10月7日)
    著者; 只木進一, 田中芳雄, 小野隆久, 渡辺健次
  • プライベートクラウドによる電子メールサービスコストの削減とサービスレベルの改善; 2011年07月
    発表情報; 情報処理学会インターネットと運用技術研究会 (岡山大学、2011年7月15日)
    著者; 松原義継, 大谷誠, 江藤博文, 渡辺健次, 只木進一
  • シボレスに対応し全教職員が利用可能な「事務連絡ボード」; 2011年05月
    発表情報; 情報処理学会インターネットと運用技術研究会 (九州大学、2011年5月12日-13日)
    著者; 吉賀夏子、江藤博文、大谷誠、渡辺健次、只木進一
  • Vehicle Traffic Flow, Packet Flow and Human Behavior; 2011年03月
    発表情報; International Workshop on Information System for Social Innovation (The Institute of Statistical Mathematics, Tachikawa, Tokyo, 2011/2/28-3/4)
    著者; Shin-ichi TADAKI
  • 佐賀大学の新しい学術情報基盤 -仮想化、シンクライアント、シングルサインオン-; 2010年12月
    発表情報; 平成22年度情報教育研究集会
    著者; 只木進一、大谷誠、江藤博文、渡辺健次
  • 仮想デスクトップ・画面転送型シンクライアントによる演習室端末システム(佐賀大学の新しいシステム紹介); 2010年10月
    発表情報; 情報処理学会平成22年度第3回インターネットと運用技術研究会(2010/10, 大阪市立大学)
    著者; 只木進一, 田中芳雄, 松原義継, 日永田泰啓, 江藤博文, 渡辺健次
  • Rewiring through epidemic spreading; 2010年06月
    発表情報; Conference on Computational Physics 2010 (Trondheim, Norway)
    著者; S. Tadaki
  • Effects of Fast Noises on Long-Range Correlations; 2009年12月
    発表情報; Conference on Computational Physics 2009 (Kaohsiung, Taiwan)
    著者; S. Tadaki
  • 短時間ノイズのパワースペクトル及びDetrended Fluctuation Analysisへの影響; 2008年12月
    発表情報; 第14回交通流のシミュレーションシンポジウム (2008/11/28, 名古屋大学)
    著者; 只木進一
  • インターネット需要の長時間相関:電子メールの場合; 2008年12月
    発表情報; 第14回交通流のシミュレーションシンポジウム (2008/11/28, 名古屋大学)
    著者; 松原義継、日永田泰啓、只木進一
  • 全教員からの評価情報収集:成果と課題; 2008年09月
    発表情報; 学術情報処理研究集会 (2008/9/12, 高知大学)
    著者; 只木進一, 遠藤隆, 船久保公一, 岸川芳之, 村山詩帆, 山田文弘
  • 大学における共通情報の集約:大学評価を機会に; 2008年09月
    発表情報; 情報処理学会平成20年度第3回インターネットと運用技術研究会(2008/9/19, 国立情報学研究所)
    著者; 只木進一, 遠藤隆, 船久保公一, 岸川芳之, 村山詩帆, 山田文
  • Packet flow and its temporal properties on networks; 2007年06月
    発表情報; Traffic and Granular Flow 2007 (Paris)
    著者; S. Tadaki
  • ボトルネックによる渋滞形成; 2006年11月
    発表情報; 九州大学応用力学研究所研究集会「非線形波動現象における基礎理論、数値計算および実験のクロスオーバー」(九州大学)
    著者; 只木進一, 山元祥平, 日永田泰啓
  • インターネットパケット流の長時間ゆらぎ; 2006年03月
    発表情報; 日本物理学会第61回年次大会(愛媛大学・松山大学)
    著者; 只木進一
  • Scale-free features in the observed traffic flow; 2005年
    発表情報; Traffic and Granular Flow 2005(Berlin, Germany)
    著者; S. Tadaki, M. Kikuchi, A. Nakayama, K. Nishinari, A. Shibata, Y. Sugiyama and S. Yukawa
  • Slow stable traffic flow at the upper stream of bottleneck; 2004年09月
    発表情報; Conference on Computational Physics 2004 (Genoa, Italy)
    著者; S. Tadaki, M. Kikuchi, A. Nakayama, Y. Sugiyama and S. Yukawa
  • 交通流実測データ解析とシミュレーション; 2004年03月
    発表情報; 統計数理研究所共同研究会「乱流の統計理論とその応用」(2003/3/4-5)
    著者; 只木進一
  • 交通流時系列における特徴的時間スケール; 2004年03月
    発表情報; 日本物理学会第59回年次大会(九州大学)
    著者; 只木進一, 菊池誠, 中山章宏, 西成活裕, 柴田章博, 杉山雄規, 湯川諭
  • Fluctuation in Experssway Traffic Flow; 2003年10月
    発表情報; Traffic and Granular Flow '03 (TU Delft, Netherland)
    著者; M. Kikuchi, A. Nakayama, K. Nishinari, A. Shibata, Y. Sugiyama, S. Tadaki and S. Yukawa
  • Traffic Flow as Physics of Many-Body System; 2003年08月
    発表情報; CTS2003(10th IFAC Symposium on Control in Transportation Systems)Seikei University (Tokyo)
    著者; Y. Sugiyama, M. Kikuchi, A. Nakayama, A. Nishinari, K. Shibata, S. Tadaki and S. Yukawa
  • Formation of Synchronized Flow at the Upper Stream of Bottleneck in Optimal Velocity MOdel; 2003年08月
    発表情報; CTS2003(10th IFAC Symposium on Control in Transportation Systems)Seikei University (Tokyo)
    著者; M. Kikuchi, Y. Sugiyama, S. Tadaki and S. Yukawa
  • Computational Science -New tools for opening new research area-; 2003年05月
    発表情報; SIM2003(The 3rd Indonesian Scientific Meeting 2003) Saga University 2003/5
    著者; S. Tadaki
  • 高速道路交通流のゆらぎ; 2003年03月
    発表情報; 日本物理学会第58回年次大会(2003)(東北大学)
    著者; 菊池誠, 柴田章博, 杉山雄規, 只木進一, 中山章宏, 西成活裕, 湯川諭
  • 高速道路交通流の渋滞パターン; 2003年03月
    発表情報; 日本物理学会第58回年次大会(2003)(東北大学)
    著者; 菊池誠, 中山章宏, 西成活裕, 柴田章博, 杉山雄規, 只木進一, 湯川諭
  • 高速道交通流における大型車の役割; 2003年03月
    発表情報; 日本物理学会第58回年次大会(東北大学)
    著者; 菊池誠, 中山章宏, 西成活裕, 杉山雄規, 只木進一, 湯川諭
  • Properties of congestion at an upper stream of a tunnel; 2002年08月
    発表情報; Conference on Computational Physics (San Diego, USA)
    著者; S. Tadaki
  • Analysis of congested flow at the upper stream of a tunnel; 2001年11月
    発表情報; International Symposium on Slow Dynamical Processes in Nature (Seoul, Korea)
    著者; S. Tadaki, K. Nishinari, M. Kikuchi, Y. Sugiyama and S. Yukawa
  • 非対称最適速度交通流模型における渋滞形成; 2001年09月
    発表情報; 日本物理学会2001年秋季大会(徳島文理大学)
    著者; 奥村亜希子、只木進一
  • Coupled map traffic flow model for one-lane expressways with blockades; 2000年12月
    発表情報; Conference on Computational Physics 2000 (Gold Coast, Australia)
    著者; S. Tadaki, M. Kikuchi, Y. Sugiyama and S. Yukawa
  • セルオートマトン交通網模型 - 経路制御と渋滞形成 -; 1999年07月
    発表情報; 東北大学情報科学研究科セミナー
    著者; 只木進一
  • Congestion in Generalized Force Model of Traffic Flow; 1999年03月
    発表情報; 日本物理学会第54回年回(広島大学)
    著者; S. Tadaki and E. Schahverdiev
  • 雑音による輻輳交通流形成II; 1998年09月
    発表情報; 日本物理学会1998年秋の分科会(琉球大学・沖縄国際大学)
    著者; 只木進一、菊池誠、湯川諭、杉山雄規
  • Noise-induced congested flow in coupled map traffic flow model; 1998年06月
    発表情報; XXth IUPAP International Conference on Statistical Physics (Paris, France)
    著者; S. Tadaki, M. kikuchi, Y. Sugiyama and S. Yukawa
  • 結合写像型最適速度交通流モデル; 1998年03月
    発表情報; 東北大学物理教室セミナー
    著者; 只木進一
  • 雑音による輻輳交通流形成; 1998年03月
    発表情報; 日本物理学会第53回年会(東邦大学)
    著者; 只木進一、菊池誠、杉山雄規、湯川諭
  • Traffic flow simulator based on optimal velocity function; 1997年11月
    発表情報; 2nd Tohwa University International Meeting (Fukuoka, Japan)
    著者; M. Kikuchi, Y. Sugiyama, S. Tadaki and S. Yukawa
  • 最適速度関数を用いた結合写像型交通流シミュレータ; 1997年03月
    発表情報; 日本物理学会第52回年会(名城大学)
    著者; 只木進一、菊池誠、湯川諭、杉山雄規
  • 2次元開放端セルオートマトン交通流モデルにおける渋滞クラスタの形成; 1996年10月
    発表情報; 日本物理学会1996年秋の分科会(山口大学)
    著者; 只木進一
  • 2次元開放端セルオートマトン交通流モデルにおける自己組織化; 1996年04月
    発表情報; 日本物理学会第51回年会(金沢大学)
    著者; 只木進一
  • 交通流の2次元セルオートマトンによるモデル化 - 相転移と自己組織化 -; 1996年03月
    発表情報; 京都大学理学部物理第一教室セミナー
    著者; 只木進一
  • Self-organization in a two-dimensional cellular automaton model of traffic flow; 1995年11月
    発表情報; 1st Tohwa University Statistical Physics Meeting (Fukuoka, Japan)
    著者; S. Tadaki
  • 1次元有限線形セルオートマトンの周期が持つ階層構造; 1995年11月
    発表情報; 日本物理学会九州支部大会(鹿児島大学)
    著者; 只木進一
  • Jam phases in a two-dimensional cellular automaton model of traffic flow; 1995年08月
    発表情報; 19th IUPAP International Conference on Statistical Physics (Xiamen, China)
    著者; S. Tadaki and M. Kikuchi
  • 2次元セルオートマトン交通流モデルにおける渋滞相のフラクタル構造; 1995年03月
    発表情報; 日本物理学会第50回年会(神奈川大学)
    著者; 只木進一、菊池誠
  • 2次元交通量モデルにおける渋滞相の空間構造; 1994年11月
    発表情報; 日本物理学会九州支部大会(熊本大学)
    著者; 只木進一、菊池誠
  • 非等方二次元交通量モデルにおける渋滞; 1994年09月
    発表情報; 日本物理学会1994年秋の分科会(静岡大学)
    著者; 只木進一、菊池誠
  • 周期境界条件を持つ1次元線形セルオートマトンの周期性; 1994年09月
    発表情報; 日本物理学会1994年秋の分科会(静岡大学)
    著者; 只木進一
  • Periodic orbits of finite linear cellular automata; 1994年07月
    発表情報; BrisPhys '94 (Brisbane, Australia)
    著者; S. Tadaki
  • 2次元セルオートマトン交通量モデルにおける渋滞相の性質; 1994年03月
    発表情報; 日本物理学会第49回年会(福岡工業大学)
    著者; 只木進一、菊池誠
  • 2次元交通量モデルにおける渋滞相の性質; 1993年11月
    発表情報; 日本物理学会九州支部大会(九州工業大学)
    著者; 只木進一、菊池誠
  • Freeway Jam II : 二次元モデル; 1993年10月
    発表情報; 日本物理学会1993年秋の分科会(岡山大学)
    著者; 只木進一、菊池誠
  • 1次元有限線形セルオートマトンにおける周期性; 1993年03月
    発表情報; 日本物理学会1993年年会(東北大学)
    著者; 只木進一
  • 1次元有限線形セルオートマトンにおける周期性; 1992年11月
    発表情報; 日本物理学会九州支部大会(福岡教育大学)
    著者; 只木進一、松藤信哉
  • 曲がった時空上の<Tμν>;; 1990年
    発表情報; 数理研研究会「重力理論の量子論的研究」 (1990) (京都大学数理解析研究所)
    著者; 只木進一
  • Dynamics of Cosmological Domain Walls; 1990年
    発表情報; 日本物理学会第45回年会 (1990) (大阪大学)
    著者; 只木進一、石原秀樹
  • 分数計算を指導する知的CAI--分数の基礎概念と加減算の多重階層世界--; 1990年
    発表情報; 情報処理学会第41回全国大会 (1990) (東北大学)
    著者; 渡辺健次、只木進一、近藤弘樹、竹内 章、大槻説
  • 分数計算を指導する知的CAI --システム構成--; 1990年
    発表情報; 電気関係学会九州支部連合会大会 (1990) (九州工業大学)
    著者; 岡崎泰久、渡辺健次、只木進一、近藤弘樹、竹内 章、大槻説乎
  • 一様等方宇宙に埋め込まれたブラックホールからのホーキング輻射; 1989年
    発表情報; 日本物理学会第44回年会 (1989) (東海大学)
    著者; 只木進一、鎮目浩輔
  • Hawking Radiation from Cosmological Black Holes; 1989年
    発表情報; 12th International Conference on General Relativity and Gravitation (July 2-8, 1989) (University of Colorado)
    著者; S. Tadaki
  • 2次元Schwarzschild-de Sitter時空上の場の量子論; 1989年
    発表情報; 日本物理学会1989年秋の分科会 (1989) (宮崎大学)
    著者; 只木進一、高木 伸
  • Classification of Conformal Cosmological Models; 1989年
    発表情報; 日本物理学会1989年秋の分科会 (1989) (宮崎大学)
    著者; 大西浩次、田 光江、只木進一
  • Domain Walls Coupled to Gravity; 1989年
    発表情報; 日本物理学会1989年秋の分科会 (1989) (宮崎大学)
    著者; 石原秀樹、只木進一
  • Schwarzschild 時空上の<Tμν>;; 1987年
    発表情報; 基研短期研究会「宇宙論と相対論的天体現象」(1987) (京都大学基礎物理学研究所)
    著者; 只木進一
  • Schwarzschild 時空上の<Tμν>; II; 1987年
    発表情報; 日本物理学会第42回年会 (1987) (名古屋工業大学)
    著者; 只木進一
  • Friedmann 時空上のスカラー場; 1987年
    発表情報; 日本物理学会1987年秋の分科会 (1987) (宇都宮大学)
    著者; 只木進一
  • Hadamard正則化法とconformal変換; 1987年
    発表情報; 日本物理学会1988年秋の分科会 (1987) (愛媛大学)
    著者; 只木進一
  • Schwarzschild 時空上の<Tμν>;; 1986年
    発表情報; 日本物理学会1986年秋の分科会 (1986) (甲南大学)
    著者; 只木進一
  • ブラックホールと黒体輻射からなる系の平衡状態; 1984年
    発表情報; 日本物理学会1984年秋の分科会 (1984) (茨城大学)
    著者; 只木進一、高木 伸

その他講演

  • 大学の情報部門の事業継続計画にむけて; 2011年08月
    発表情報; TOPIC 講演会 (東北大学, 2010/8/3)
    著者; 只木進一
  • 佐賀大学におけるシングルサインオンの取り組みと今後の展望; 2011年02月
    発表情報; 情報サービス連携コンソーシアム第3回WG合同会合(2011/2/4, 国立情報学研究所)
    著者; 只木進一
  • 学術情報基盤の現状と課題 - 所有から利用へ -; 2009年11月
    発表情報; キャンパス情報基盤の運営における課題と展望 - クラウドサービス時代に向けて - (東京農工大学 国立情報学研究所 共催シンポジウム)
    著者; 只木進一
  • 大学情報システムの強化・効率化 -統合・アウトソーシング。協同化-; 2009年06月
    発表情報; CAUA FORUM 2009 (2009年6月25日、東京都)基調講演
    著者; 只木進一
  • ITは大学運営の効率化に寄与しているか?; 2008年10月
    発表情報; CAUA第7回合同研究会 (2008年10月24日、東京都)
    著者; 只木進一
  • 情報センターと図書館の融合の行方; 2007年06月
    発表情報; CAUA FORUM 2007 (2007/6/1 東京都)
    著者; 只木進一
  • 利用者用ネットワークと統合認証; 2006年01月
    発表情報; サイエンティフィック・システム研究会システム技術分科会2005年度第二回会合
    著者; 只木進一
  • シンクライアントで実現!コンピュータ管理コスト削減; 2005年11月
    発表情報; 2005 Business Solution EXPO in 汐留にてセミナー(東京都港区)
    著者; 只木進一

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • 認証統合を起点とした情報基盤整備:佐賀大学の事例; 2011年03月
    発表情報; 情報処理学会第74回全国大会イベント:大学認証基盤の運用経験から見えてきた効用と課題
    著者; 只木 進一


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.