教員活動データベース

氏 名大串 浩一郎フリガナオオグシ コウイチロウ
欧文氏名Koichiro OHGUSHI
所 属理工学部 理工学科 都市工学部門
職 名教授学位博士(工学)(1992年04月)
工学修士(1986年03月)
電子メールリンクティーチングポートフォリオ
ホームページ

教員詳細情報

研究分野・キーワード

  • 水工学

学歴

  • 1984年03月, 九州大学, 工学部, 水工土木学科, 卒業
  • 1986年03月, 九州大学, 工学研究科, 水工土木学専攻, 修士課程・博士前期課程, 修了

職歴

  • 1986年04月 - 1994年03月 佐賀大学理工学部 助手
  • 1994年04月 - 2007年03月 佐賀大学理工学部 助教授
  • 2005年04月 - 2010年03月 佐賀大学有明海総合研究プロジェクト 副プロジェクト長
  • 2007年04月 - 2010年03月 佐賀大学理工学部都市工学科 准教授
  • 2010年04月 - 2011年03月 佐賀大学大学院工学系研究科都市工学講座 准教授
  • 2010年04月 - 2012年03月 佐賀大学低平地沿岸海域研究センター 副センター長
  • 2011年04月 - 継続中 佐賀大学大学院工学系研究科都市工学専攻 教授
  • 2014年04月 - 2016年03月 佐賀大学低平地沿岸海域研究センター 副センター長
  • 2019年02月 - 2021年02月 トゥン フセイン オン マレーシア 大学 客員教授

専門分野

  • 水工学, 自然災害科学・防災学, 科学社会学・科学技術史, 環境動態解析, 持続可能システム

所属学会

  • 社団法人土木学会, 日本リモートセンシング学会, 国際低平地研究協会, 国際水理学協会

受賞歴

  • 平成17年度土木学会西部支部優秀講演賞 (2006年03月)
  • 平成19年度土木学会西部支部優秀講演賞 (2008年03月)
  • 平成16年度土木学会西部支部優秀講演賞 (2005年03月)
  • 土木学会西部支部研究発表会優秀講演賞 (2010年03月)
  • Best Paper Award, 9th International Symposium on Lowland Technology (ISLT2014) (2015年01月)

現在実施している研究テーマ

  • 在来知歴史学に関する研究
  • 伝統的治水技術に関する調査研究
  • 水域における拡散数値計算法の開発とその応用
  • 現地調査やモデルによる内湾の流動特性や水質・底質環境に関する研究
  • 衛星リモートセンシングによる内湾の水環境に関する調査研究
  • 陸域負荷推定のための現地調査とGIS解析
  • 低平地における洪水・氾濫解析

主要業績

著書

  • 気候変動下の水・土砂災害適応策  -社会実装に向けて-; 2016年11月
    発表情報; 佐賀低平地の洪水・高潮対策, 209-214
    著者; 編集:池田駿介・小松利光・馬場健司・望月常好 著者:各方面の専門家46名(大串浩一郎含む)
  • 新編 水理学; 2011年03月
    発表情報; 理工図書,ISBN 978-4-8446-0770-0
    著者; 小松利光・大串浩一郎・朝位孝二・夛田彰秀・大本照憲・松永信博・羽田野袈裟義・秋山壽一郎・矢野真一郎
  • 川の百科事典; 2009年01月
    発表情報; 川の百科事典,編者:高橋裕・岩屋隆夫・沖大幹・島谷幸宏・寶馨・玉井信行・野々村邦夫・藤芳素生,丸善株式会社,平成21年1月20日発行
    著者; 大串浩一郎
  • 佐賀の伝統的治水技術; 2007年08月
    発表情報; 水工学委員会・海岸工学委員会 編集:2007年度(第43回)水工学に関する夏期研修会講義集(Aコース)(土木学会), A-6-1-A-6-16
    著者; 大串浩一郎
  • リモセンによる水質測定; 2007年08月
    発表情報; 辻本哲郎 監修/河川環境管理財団 編:川の技術のフロント(技報堂出版), 58-59
    著者; 大串浩一郎
  • 計算機リテラシー(第3版); 2003年
    発表情報; オフィスツールの使い方,(佐賀大学全学教育センター情報処理部会編著)ムイスリ出版,第3章3.3, 38-46
    著者; 大串浩一郎

原著論文

  • A traditoinal flood management technology in Kase River basin, Japan; 2020年09月
    発表情報; E-proceedings of the 22nd IAHR-APD Congress, 1-6
    著者; Koichiro Ohgushi
  • Impact of climate change on tidal irrigation, Case study: Terantang irrigation unit, Indonesia; 2020年09月
    発表情報; E-proceedings of the 22nd IAHR-APD Congress, 1-8
    著者; Maya Amalia Achyadi, Koichiro Ohgushi and Toshihiro Morita
  • 筑後川の捷水路と旧蛇行部の治水・利水の効果に関する水理学的検討; 2019年11月
    発表情報; 土木学会論文集B1(水工学), Vol.75, No.2, I_469-I_474
    著者; 大串浩一郎・川原航・森田俊博
  • Role of Chikugo River's old meandering and inflowing tributaries with cut-off channels; 2019年09月
    発表情報; E-proceedings of the 38th IAHR Congress, Panama City, Panama, 2019, 4428-4438
    著者; Koichiro Ohgushi, Wataru Kawahara, Toshihiro Morita and Maya Amalia Achyadi
  • Climate change impact on irrigation water requirement in Barito Kuala South Kalimantan Indonesia; 2019年09月
    発表情報; E-proceedings of the 38th IAHR Congress, Panama City, Panama, 2019, 1476-1485
    著者; Maya Amalia Achyadi, Koichiro Ohgushi, Toshihiro Morita, Su Wai Thin and Wataru Kawahara
  • Rainfall-runoff simulation using SWAT model, A case study: Bago River basin in Myanmar; 2019年09月
    発表情報; E-proceedings of the 38th IAHR Congress, 3726-3733, Panama City, Panama, 2019, 3726-3733
    著者; Su Wai Thin, Koichiro Ohgushi and Toshihiro Morita
  • Impacts of future climate variability on hydrological processes in the upstream catchment of Kase River basin, Japan; 2019年01月
    発表情報; Applied Water Science, (2019) 9:18, 10
    著者; Preeti Pokhrel, Koichiro Ohgushi and Masafumi Fujita
  • 筑後川の捷水路と旧蛇行部の水理学的検討; 2018年11月
    発表情報; Proceedings of International Symposium on History of Indigenous Knowledge, Saga, Japan, 16-22
    著者; 大串浩一郎・川原航・森田俊博
  • Water availability in the primary canal of Terantang tidal irrigation units, Barito kuala south Kalimantan Province; 2018年09月
    発表情報; Proc. of the 21 IAHR-APD Congress 2018, pp.719-725
    著者; Maya Amalia Achyadi, Koichiro Ohgushi and Atika Wulandari
  • Risk to vehicle in a flood in consideration of flow direction; 2018年09月
    発表情報; Proc. of the 21 IAHR-APD Congress 2018, pp.981-989
    著者; Hideo Oshikawa, Takashi Oshima, Akihiro Hashimoto, Koichiro Ohgushi and Toshimitsu Komatsu
  • Characteristics of Chikugo River's old meandering with its inflowing tributaries; 2018年09月
    発表情報; Proc. of the 21 IAHR-APD Congress 2018, pp.1173-1180
    著者; Koichiro Ohgushi, Wataru Kawahara, Toshihiro Morita and Maya Amalia Achyadi
  • A study on the characteristics of Chikugo River's old meandering and its tributaries with their interactions and effects for the flood control and water use; 2018年09月
    発表情報; Proc. of the International Symposium on Lowland Technology, Hanoi, Vietnam
    著者; Wataru Kawahara, Koichiro Ohgushi, Toshihiro Morita and Maya Amalia Achyadi
  • A study on the characteristics of Chikugo River's old meandering and its tributaries with their interactions and effects for the flood control and water use; 2018年09月
    発表情報; Proc. of the International Symposium on Lowland Technology, Hanoi, Vietnam
    著者; Wataru Kawahara, Koichiro Ohgushi, Toshihiro Morita and Maya Amalia Achyadi
  • Flood simulations for Bago River basin using IFAS; 2018年09月
    発表情報; Proc. of the International Symposium on Lowland Technology,Hanoi, Vietnam, p.6 (USB)
    著者; Su Wai Thin, Win Win Zin and Koichiro Ohgushi
  • 筑後川の旧蛇行部と支川流入による治水と利水への効果の検討; 2018年06月
    発表情報; 河川技術論文集, 24, 523-528
    著者; 川原航・大串浩一郎・森田俊博
  • 流向を考慮した洪水氾濫時の自動車走行の危険性に関する研究; 2018年03月
    発表情報; 土木学会論文集B1(水工学), Vol.74, No.4, I_1519-I_1524
    著者; 押川英夫・大島祟史・橋本彰博・大串浩一郎・小松利光
  • A study on the adaptation measures against storm and flood damage in Saga, Japan; 2017年12月
    発表情報; Journal of Safety and Crisis Management, Vol.7, No.2, 30-37
    著者; Koichiro Ohgushi
  • 流水型ダムの洪水制御の簡易解析; 2017年02月
    発表情報; 土木学会論文集B1(水工学), 73, 4, I_1255-I_1260
    著者; 押川英夫・大串浩一郎・杉原裕司・小松利光
  • 佐賀市十間掘川の利活用に向けた水理学的検討; 2016年10月
    発表情報; Proceedings of International Symposium on History of Indigenous Knowledge, Saga, Japan, 11-18
    著者; 大串浩一郎・長幡侑樹
  • Numerical analysis of flow and sediment transport on the traditional water management sysytem in Ishiibi water diversion of Kase River, Japan; 2016年09月
    発表情報; Proceedings of the 20th Congress of the Asia Pacific Division of the International Association for Hydro Environment Engineering and Research (APD-IAHR), e-proceedings, Colombo, Sri Lanka, 7pages
    著者; Ohgushi, K., H.Oshikawa, Y.Tani and M.Kushibe
  • Estimation of actual evapotranspiration and its seasonal variation in Kase River basin; 2016年09月
    発表情報; Proceedings of 10th International Symposium on Lowland Technology, Mangalore, India, 516-522
    著者; Pokhrel, P. and K. Ohgushi
  • Evacuation and flood simulations in lowland area including embankment; 2016年09月
    発表情報; Proceedings of 10th International Symposium on Lowland Technology, Mangalore, India, 385-391
    著者; Morita, T. and K. Ohgushi
  • A study on Jobaru River basin management by numerical simulations of flooding and sediment deposition with field survey; 2016年07月
    発表情報; Lowland Technology International, 18, 1, 23-30
    著者; Ohgushi, K., H. Nakashima, T. Hino, T. Morita and T. Jansen
  • 若津港導流堤が筑後川下流域の流れ,塩分及び土砂輸送に及ぼす影響の定量的評価; 2016年03月
    発表情報; 土木学会論文集B1(水工学), 72, 4, I_373-I_378
    著者; 古賀勇気・大串浩一郎・押川英夫
  • Simultaneous simulations of flood and walking evacuation -A case Study in Kashima City, Japan-; 2015年12月
    発表情報; International Journal of Scientific Research, 4, 12, 400-402
    著者; Morita, T. and K. Ohgushi
  • 嘉瀬川の石井樋における流れと土砂輸送の特性に関する検討; 2015年11月
    発表情報; Proceedings of International Symposium on History of Indigenous Knowledge, Shenzhen, China (2015)., 23-31
    著者; 大串浩一郎・谷陽介
  • The effect of storm surge and tidal currents to sediment transport in the north Ariake Sea, Japan; 2015年06月
    発表情報; International Journal of Scientific Research, 4, 6, 295-301
    著者; Tommy Jansen and Koichiro Ohgushi
  • The computational analysis of flow and sediment transport in lower reach of Chikugo River, Japan for a quantitative evaluation of Wakatsu port training levee; 2015年06月
    発表情報; E-proceedings of the 36th IAHR World Congress, The Hague, the Netherlands (2015), 1-8
    著者; Koga, Y., K. Ohgushi and T. Jansen
  • Validation of the effect of landside water drainage in Ushizu River basin and future flood control measures; 2015年06月
    発表情報; E-proceedings of the 36th IAHR World Congress, The Hague, the Netherlands (2015), 1-8
    著者; Terao, H., K. Ohgushi
  • Flood and evacuation simulations considering the risk of evacuation route; 2015年06月
    発表情報; E-proceedings of the 36th IAHR World Congress,The Hague, the Netherlands (2015)., 1-7
    著者; Morita, T., K. Ohgushi
  • 陸域負荷が有明海の水環境に及ぼす影響; 2015年03月
    発表情報; 土木学会論文集B1(水工学), 71, 4, I_673-I_678
    著者; 緒方直人・大串浩一郎・手塚公裕
  • 若津港導流堤の定量的な機能評価のための筑後川下流域の流れと河床変動解析; 2015年03月
    発表情報; 土木学会論文集B1(水工学), 71, 4, I_703-I_708
    著者; 古賀勇気・大串浩一郎・Tommy Jansen
  • Functional evaluations of Jobaru River's open levee using geotechnical and hydraulic engineering approaches; 2014年09月
    発表情報; Proc. of the 4th Int. Symp. on History of Indigenous Knowledge, 30-44, Saga (2014), 30-44
    著者; Ohgushi, K., T. Hino and H. Nakashima
  • A quantitative evaluation of Wakatsu port training levee by computational analysis of flow and sediment transport in lower reach of Chikugo River, Japan; 2014年09月
    発表情報; Proc. of the 19th IAHR-APD Congress 2014, USB memory, 1-5, Hanoi, Vietnam (2014)
    著者; Ohgushi, K., Y. Koga and T. Jansen
  • Evacuation and flood simulations in the case that shelters are included in lowland area; 2014年09月
    発表情報; Proc. of the 9th Int. Symp. on Lowland Technology, 566-571, Saga (2014), 566-571
    著者; Morita, T., K. Ohgushi and A. H. Thambas
  • A study on river basin management in Jobaru River basin by computational simulations of flood and sediment transport and field geotechnical investigations; 2014年09月
    発表情報; Proc. of the 9th Int. Symp. on Lowland Technology, 559-565, Saga (2014), 559-565
    著者; Nakashima, H., K. Ohgushi, T. Hino, T. Morita and T. Jansen
  • 有明海流入主要河川の流入負荷特性; 2014年03月
    発表情報; 土木学会論文集B1(水工学), 70, 4, I_1231-I_1236
    著者; 緒方直人・大串浩一郎・手塚公裕
  • 有明海陸域からの流入負荷の流域依存特性; 2013年10月
    発表情報; 第41回環境システム研究論文発表会講演集, 545-550
    著者; 緒方直人・大串浩一郎・手塚公裕
  • Numerical simulations of flood and inundation using LP data in Jobaru River Basin; 2013年09月
    発表情報; Proc. of World Academy of Science, Engineering and Technology, International Journal of Civil Engineering, 7, 9, 86-91
    著者; H. Nakashima, T. Morita and K. Ohgushi
  • Geoslicer and its application for soil strata analysis; 2013年04月
    発表情報; Lowland Technology International, 15, 1, 2-9
    著者; Hino, T., T. Harianto, K. Ohgushi and T. Ichihara
  • 城原川野越・霞堤の効果検証のための洪水氾濫数値シミュレーション; 2013年03月
    発表情報; 土木学会論文集B1(水工学), 69, 4, I_1537-I_1542
    著者; 中島大斗・大串浩一郎・日野剛徳
  • 有明海における陸域負荷の長期変動の推定および赤潮発生に及ぼす流入水量の影響; 2013年03月
    発表情報; 土木学会論文集B1(水工学), 69, 4, I_1735-I_1740
    著者; 手塚公裕・大串浩一郎・緒方直人
  • 諫早湾調整池への海水導入を想定した実験による底質からのアンモニウム態窒素溶出量の見積もり; 2013年02月
    発表情報; 水環境学会誌, 36, 2, 49-56
    著者; 手塚公裕・伊藤祐二・片野俊也・加瑞・日野剛徳・速水祐一・大串浩一郎
  • 地盤工学的・水工学的アプローチによる城原川流域の伝統的治水に関する研究; 2012年10月
    発表情報; International Symposium on the History of Indigenous Knowledge(ISHIK2012), 121-128
    著者; 大串浩一郎・日野剛徳
  • Estimating water resources export from mountains dam watershed into Saga plain, Japan; 2012年09月
    発表情報; 8th International Symposium on Lowland Technology, Bali, Indonesia, September 2012
    著者; C. Supit and K. Ohgushi
  • A study on impact of storm surge by typhoon PAT(T198513) in Saga lowland and surroundings using hydrodynamic numerical modelling; 2012年09月
    発表情報; 8th International Symposium on Lowland Technology, Bali, Indonesia, September 2012
    著者; A. K. T. Dundu and K. Ohgushi
  • A PRACTICAL METHOD TO ESTIMATE MISSING DISCHARGE DATA; 2012年08月
    発表情報; Proceedings of IAHR-APD 2012, USB Memory
    著者; Masahiro Tezuka, Koichiro Ohgushi
  • AN ANALYSIS OF STORM SURGE IMPACT IN SAGA PLAIN, JAPAN; 2012年08月
    発表情報; Proc.of IAHR-APD 2012, Jeju, Koria
    著者; Ariestides K. T. Dundu, Koichiro Ohgushi
  • A STUDY ON THE FLOOD MANAGEMENT OF JOBARU RIVER BASIN BY GEOTECHNICAL AND HYDRAULIC ENGINEERING APPROACH; 2012年08月
    発表情報; Proceedings of IAHR-APD 2012, USB Memory
    著者; Koichiro Ohgushi, Jeffry Sumarauw and Takenori Hino
  • 諫早湾および隣接する調整池における底質の栄養塩分布; 2012年05月
    発表情報; 海の研究, 21, 3, 69-81
    著者; 手塚公裕・片野俊也・濱田孝治・加瑞・日野剛徳・速水祐一・伊藤祐二・大串浩一郎
  • Prediction of dam construction impacts on annual and peak flow rates in Kase River basin; 2012年02月
    発表情報; Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser.B1(Hydraulic Engineering), 68, 4, I_121-I_126
    著者; Cindy Supit, Koichiro Ohgushi
  • A study on impact of storm surge by typhoon in Saga lowland and surroundings using hydrodynamic numerical modelling; 2012年02月
    発表情報; IJCEE-IJENS, 12, 1, 30-35
    著者; Ariestides K.T. Dundu and Koichiro Ohgushi
  • Laboratory experimental study on reflection and transmission waves from horizontal hollow block breakwater; 2010年09月
    発表情報; Proc. of 7th Int. Symp. on Lowland Technology, 7, 682-687
    著者; Dundu, A.K.T., P.K.B. Assa, K. Ohgushi, O. Kato and J.P.A. Runtuwene
  • Water quality visualization of Isahaya Bay and reservoir by using GIS and remote sensing technique; 2010年09月
    発表情報; 
    著者; Ohgushi, K., M. Nagafuchi, J.S. Sumarauw, A.K.T. Dundu and C.J. Supit
  • A RUNOFF AND POLLUTANT LOAD MODEL OF THE ARIAKE SEA CATCHMENT AREA USING GIS; 2010年02月
    発表情報; Proc. of 17th Congress of Asia and Pacific Division of International Association of Hydraulic Engineering and Research, Auckland, New Zealand, 22-24, February, 2010., USB Memory, 6pages.
    著者; Koichiro Ohgushi, Yoshiaki Tsuruta and Hiroyuki Araki
  • GISと現地調査による佐賀東部水田地帯の水・物質の動態に関する研究; 2010年02月
    発表情報; 水工学論文集, 54, 1357-1362
    著者; 大串浩一郎・鶴田芳昭
  • 諫早湾内における低塩分水の挙動に関する現地観測; 2010年02月
    発表情報; 水工学論文集, 54, 1543-1548
    著者; 齋田倫範・田井明・橋本彰博・大串浩一郎・多田彰秀・松永信博・小松利光
  • 再懸濁特性マッピングに基づく有明海の懸濁物シミュレーション; 2009年11月
    発表情報; 土木学会論文集B2(海岸工学), B2-65, 1, 986-990
    著者; 濱田孝治・山本浩一・速水祐一・吉野健児・大串浩一郎・山口創一・片野俊也・吉田誠
  • Traditional Flood Management Technologies Adopted in the Saga and Kumamoto Plains of Japan in 17th Century; 2009年08月
    発表情報; Proc. of 33rd IAHR Congress, 33, 2405-2412
    著者; K. Ohgushi, H. Araki,Y. Shiraki and M. Kuroiwa
  • GISを用いた有明海流入河川流域の流出・負荷モデルの構築; 2009年06月
    発表情報; 河川技術論文集, 15, 201-206
    著者; 大串浩一郎・鶴田芳昭
  • A study on traditional flood control technology in the Kase River Basin using geographical information system; 2008年09月
    発表情報; Proc. of Int. Symp. on Lowland Technology, 539-544
    著者; Ohgushi, K. and M. Kuroiwa
  • 嘉瀬川と緑川における伝統的治水技術の比較研究; 2008年07月
    発表情報; 土木史研究講演集, 28, 77-82
    著者; 大串浩一郎,黒岩政秋,白木良幸
  • Benthic fauna of the inner part of Ariake bay: long-term changes in several ecological parameters; 2008年01月
    発表情報; Plankton and Benthos Research(Japanese Association of Benthology), 2, 4, 198-212
    著者; K.Yoshino, K. Yamamoto, Y. Hayami, T. Hamada, T. Kasagi, D. Ueno and K. Ohgushi
  • 有明海湾奥部における残差流の分布について; 2007年
    発表情報; 水工学論文集(土木学会), 51, 1469-1474
    著者; 大串浩一郎・速水祐一・濱田孝治・山本浩一・平川隆一
  • Forests and auxiliary levees for flood damage protection in the midstream of the Kase River and
    their influences on flood flows; 2007年
    発表情報; Proc. of the 32th IAHR Congress, CD-ROM,Italy, Venice(IAHR), 32
    著者; Ohgushi, K., Ikeda, K. and H.Araki
  • GISを用いた嘉瀬川流域における伝統的治水技術の検証; 2007年
    発表情報; 河川技術論文集(土木学会), 13, 439-444
    著者; 黒岩政秋・大串浩一郎
  • 有明海湾奥部における底泥の物性の変動特性に関する研究; 2007年
    発表情報; 海洋開発論文集(土木学会海洋開発委員会), 23, 531-536
    著者; 笠置尚史・山本浩一・吉野健児・速水祐一・濱田孝治・大串浩一郎
  • TERRA-ASTER画像を用いた有明海湾奥部の水質推定手法について; 2006年
    発表情報; 水工学論文集(土木学会), 50, 1405-1410
    著者; 大串浩一郎・荒木宏之
  • Residual current observations in the innermost part of the Ariake Sea; 2006年
    発表情報; Proc. of Int. Symposium on Lowland Technology, 391-395
    著者; K. Ohgushi, Y. Hayami, T. Hamada , K. Yamamoto and R. Hirakawa
  • The relationship between density distribution and residual current over the head of Ariake Sea; 2006年
    発表情報; Proceedings of Techno-Ocean 2006 / 19th JASNAOE Ocean Engineering Symposium (CD-ROM), 19
    著者; Hamada, T., Hayami, Y., Ohgushi, K., and Hirakawa, R.
  • 夏季の有明海奥部における懸濁物輸送とその水質への影響; 2006年
    発表情報; 海岸工学論文集(土木学会海洋開発委員会), 53, 956-960
    著者; 速水祐一,山本浩一,大串浩一郎,濱田孝治,平川隆一,宮坂仁,大森浩二
  • 有明海奥部における表層底質の分布特性と底質環境の形成要因; 2006年
    発表情報; 海岸工学論文集(土木学会海洋開発委員会), 53, 961-965
    著者; 山本浩一,速水祐一,笠置尚史,宮坂仁,大串浩一郎,吉野健児,平川隆一
  • 嘉瀬川中流域の水害防備林と前堤の現状と洪水流に及ぼす影響について; 2006年
    発表情報; 水工学論文集(土木学会), 50, 997-1002
    著者; 池田幸太郎・大串浩一郎
  • Water Quality Analysis on the Innermost Part of the Ariake Sea by Using Terra-Aster Satellite Images; 2005年09月
    発表情報; The 31st Congress of International Association for Hydraulic Research Seoul, Korea,, 4869-4877
    著者; K.Ohgushi and H.Araki
  • 嘉瀬川中流域の歴史的河川形状が洪水流に及ぼす影響について; 2005年06月
    発表情報; 河川技術論文集, 11, 381-386
    著者; 池田幸太郎・大串浩一郎
  • 嘉瀬川中流域の歴史的河川形状が洪水流に及ぼす影響について; 2005年
    発表情報; 河川技術論文集(土木学会), 11, 381-386
    著者; 池田幸太郎・大串浩一郎
  • 空中三角測量による地形情報を用いた牛津川流域の内水氾濫解析; 2004年06月
    発表情報; 河川技術論文集, 10, 233-236
    著者; 大串浩一郎、矢野真一郎、尾澤卓思、前田 力、廣松洋一、高瀬智
  • Application of the integrated water quality model for policy analysis in the Chikugo Basin and the Ariake Sea; 2004年
    発表情報; Proc. of the International Symposium on Lowland Technology (ISLT 2004), 470-474
    著者; V. Narumol, L. Winai, K. Koga, K. Ogushi, H. Maid, and H. Yamanishi
  • 現地観測による有明海港奥部の水質変動特性; 2004年
    発表情報; 水工学論文集, 48, 1279-1284
    著者; 大串浩一郎・酒見論・荒木宏之
  • Inundation Analysis of the Rokkaku River Basin Using Topographic Information Obtained from Digital Photogrammetry; 2004年
    発表情報; Proc. of the International Symposium on Lowland Technology(ISLT 2004), 431-434
    著者; K. Ohgushi and H. Araki
  • 北部有明海における流動・成層構造の大規模現地観測; 2004年
    発表情報; 海岸工学論文集, 51, 341-345
    著者; 小松利光、矢野真一郎、斎田倫範、松永信博、鵜崎賢一、徳永貴久、押川秀夫、浜田孝治、橋本彰博、武田 誠、浅井孝二、大串浩一郎、多田彰秀、西田修三、千葉 賢、中村武弘、堤 裕昭、西ノ首英之
  • Water Quality Monitoring of the Ariake Sea by Remote Sensing and Utilization of Field Observation; 2004年
    発表情報; Lowland Technology International, 6, 2, 1-9
    著者; K. Ohgushi, H. Maid and T.Y Gan
  • Retrieving seawater turbidity from Landsat TM data by regressions and an artificial neural network; 2004年
    発表情報; Int. J. Remote Sensing, 25, 21, 4593-4615
    著者; T. Y Gan, 0. A. Kalinga, K. Ohgushi and H. Maid
  • 六角川流域の浸水特性と治水対策に関する基礎的検討; 2003年06月
    発表情報; 河川技術論文集, 9, 155-160
    著者; 大串浩一郎, 矢野真一郎,島谷幸宏,泊耕一,中山雅文・高瀬智
  • A Water Quality Analysis of the Ariake Sea by Satellite Images and Field Investigation; 2003年04月
    発表情報; Proc. Of the 4th Regional Symposium on Infrastmcture Development in Civil Engineering, CD-ROM, Bangkok, Thailand, B5-27-B5-36
    著者; K.Ohgushi, H.Arai andT.Y.Gan
  • 衛星画像と現地観測に基づく有明海湾奥部の水質評価; 2003年02月
    発表情報; 水工学論文集, 47, 1261-1266
    著者; 大串浩一郎・馬場里美・荒木宏之, ThianYbwGAN
  • 筑後川水系及び有明海における水質モデルの開発; 2003年01月
    発表情報; 環境工学研究論文集, 40, 515-522
    著者; ナルモン ウォンタナ-スントーン,古賀憲一,荒木宏之,山西博幸,大串浩一郎
  • 佐賀平野における河川伝統技術の発掘と復元に関する研究; 2003年
    発表情報; 低平地研究, 12, 15-22
    著者; 田中秀子, 大串浩一郎, 岸原信義・小瀬圓吉

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • 鹿島市浜地区における水災害危険度の評価と住民の避難計画の検討; 2020年05月
    発表情報; 2019年度河川基金助成事業成果報告書(助成番号2019-5211-046), 1-34
    著者; 大串浩一郎
  • 令和元年8月佐賀豪雨災害調査報告書; 2020年05月
    発表情報; 土木学会水工学委員会令和元年8月佐賀豪雨災害調査団, 1-223
    著者; 大串浩一郎・押川英夫・日野剛徳・根上武仁・森田俊博・大本照憲・橋本彰博・朝位孝二・白水元・北川慶子・小松利光・矢野真一郎・田井明・西山浩司・岩崎理樹・井上卓也・旭一岳・竹林洋史・二瓶泰雄・鈴木誠二・田中亘・杉本知史・富田邦裕
  • 筑後川旧蛇行部と流入支川の役割に関する水工学的検討; 2019年05月
    発表情報; 平成30年度河川基金助成事業成果報告書(助成番号2018-5211-034)、1 - 15 (2019), 1-15
    著者; 大串浩一郎
  • 科学技術の発展と環境問題解決に向けた在来知歴史学的研究; 2019年03月
    発表情報; 平成30年度高橋産業経済研究財団助成金成果報告書(助成番号08-003-306)、1 - 4 (2019)
    著者; 大串浩一郎
  • 佐賀市十間堀川の利活用に向けた水理学的検討; 2018年08月
    発表情報; 平成29年度河川基金助成事業成果報告書(助成番号2017-5211-059), 1 - 13
    著者; 大串浩一郎
  • 大規模浸水のリスク管理と流域住民の被害最小化のための総合研究; 2016年03月
    発表情報; 河川砂防技術研究開発制度成果リポート, 1-18
    著者; 大串浩一郎・北川慶子・日野剛徳・猪八重拓郎
  • 嘉瀬川石井樋における流れと土砂輸送の特性について; 2015年06月
    発表情報; 土木史研究概要集, 35, 125-130
    著者; 大串浩一郎・谷陽介
  • 住民の防災意識を考慮した洪水氾濫時の避難シミュレーション; 2013年12月
    発表情報; 佐賀大学理工学集報, 42, 2, 1-7
    著者; 森田俊博・大串浩一郎
  • 城原川の流域治水理解のための洪水氾濫数値シミュレーション; 2013年06月
    発表情報; 佐賀大学理工学集報, 42, 1, 1-6
    著者; 中島大斗・大串浩一郎
  • 六角川水系牛津川の災害; 2013年02月
    発表情報; 平成24年7月九州北部豪雨災害調査団報告書、土木学会九州北部豪雨災害調査団, 77-83
    著者; 大串浩一郎
  • 佐賀平野および熊本平野における流域治水遺構の比較研究; 2009年06月
    発表情報; 平成20年度河川整備基金助成事業成果報告書(助成番号20-1213-008), 1-41
    著者; 大串浩一郎
  • 近世から現代に至る佐賀平野の流域治水に関する基礎的研究; 2008年06月
    発表情報; 平成19年度河川整備基金助成事業成果報告書(助成番号19-1213-006), 1-67
    著者; 大串浩一郎
  • 有明海湾奥部の残差流分布観測並びに土地利用GISを用いた筑後川流域の流出解析; 2007年05月
    発表情報; 佐賀大学有明海総合研究プロジェクト成果報告集(佐賀大学), 3, 93-100
    著者; 大串浩一郎・速水祐一・濱田孝治・山本浩一・平川隆一・鶴田芳昭
  • 佐賀平野における伝統的治水技術と地域計画の連携ならびに河川・水路を活用した水辺環境形成の方策に関する研究; 2007年
    発表情報; 平成16年度~18年度流域管理と地域計画の連携方策に関する共同研究成果報告書(佐賀大学)
    著者; 大串浩一郎・外尾一則・葛堅・島谷幸宏・岸原信義・平川隆一
  • 有明海湾奥部の残差流観測と衛星画像を用いた陸域・水域環境の推定; 2006年07月
    発表情報; 佐賀大学有明海総合研究プロジェクト成果報告集(佐賀大学), 2, 69-78
    著者; 大串浩一郎・速水祐一・濱田孝治・山本浩一・平川隆一
  • 閉鎖性内湾における水環境情報の評価システムに関する研究; 2005年07月
    発表情報; 佐賀大学有明海総合研究プロジェクト成果報告集(佐賀大学), 1
    著者; 大串浩一郎
  • 土木紀行 有明海湾奥の石積み開拓堤防 東与賀地区大搦堤防・授産社搦堤防; 2004年08月
    発表情報; 土木学会誌2004年8月号, 89, 8, 60-61
    著者; 大串浩一郎
  • 衛星画像を利用した有明海の水質評価アルゴリズムの開発; 2004年05月
    発表情報; 平成13~15年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書
    著者; 大串浩一郎
  • GISを活用した低平地の効果的な治水システム構築に関する研究; 2003年06月
    発表情報; 平成14年度河川整備基金助成事業、調査・試験・研究部門成果報告書
    著者; 大串浩一郎

一般講演(学術講演を含む)

  • Effects of temperature and precipitation on the irrigation water requirements for Terantang irrigation units in Barito Kuala, South Kalimantan, Indonesia; 2020年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会、九州大学(2020.3)
    著者; Maya Amalia Achyadi, Koichiro Ohgushi and Toshihiro Morita
  • Impact of land use changes on stream discharge by SWAT model; 2020年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会、九州大学(2020.3)
    著者; Su Wai Thin, Koichiro Ohgushi and Toshihiro Morita
  • 嘉瀬川中流部の水害防備林の洪水流に及ぼす治水の効果とリスクについて; 2020年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会、九州大学(2020.3)
    著者; 山﨑能侑・大串浩一郎・森田俊博
  • 六角川のポンプ排水による内・外水位への影響に関する検討; 2020年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会、九州大学(2020.3)
    著者; 小原浩瑛・大串浩一郎・森田俊博
  • 牛津川における遊水地の洪水調節による外水位の変化に関する検討; 2020年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会、九州大学(2020.3)
    著者; 松岡寬太朗・大串浩一郎・森田俊博
  • 令和元年8月佐賀豪雨における佐賀市の浸水特性に関する検討; 2020年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会、九州大学(2020.3)
    著者; 前田陽・大串浩一郎・森田俊博
  • 浜川・石木津川流域を対象とした流出解析並びに氾濫解析に基づく水災害リスクの検討; 2020年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会、九州大学(2020.3)
    著者; 早川暢浩・大串浩一郎・森田俊博
  • 災害調査団調査報告; 2019年12月
    発表情報; 令和元年8月佐賀豪雨災害調査団中間報告会、佐賀大学理工学部6号館2階多目的セミナー室、2019年12月7日
    著者; 大串浩一郎
  • Water availability analysis at present condition at Terantang irrigation unit in south Kalimantan, Indonesia; 2019年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会、長崎大学(2019.3)
    著者; Maya Amalia Achyadi, Koichiro Ohgushi and Toshihiro Morita
  • 佐賀市大溝雨水幹線水路の治水効果の検討; 2019年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会、長崎大学(2019.3)
    著者; 後藤諒祐・大串浩一郎・森田俊博
  • 嘉瀬川狭小部の土砂輸送特性に関する検討; 2019年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会、長崎大学(2019.3)
    著者; 石井宏平・大串浩一郎・森田俊博
  • GISを用いた嘉瀬川ダム建設が周辺水環境に与えた変化についての分析; 2019年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会、長崎大学(2019.3)
    著者; 石崎友大・大串浩一郎・森田俊博
  • 筑後川旧蛇行部の利水や治水の効果に関する研究; 2019年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会、長崎大学(2019.3)
    著者; 川原航・大串浩一郎・森田俊博
  • 低平地における内水氾濫リスクの検討-佐賀県鹿島市浜町地区を例として-; 2019年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会、長崎大学(2019.3)
    著者; 早川暢浩・大串浩一郎・森田俊博
  • 佐賀市十間堀川の利活用に向けた水理学的検討; 2018年08月
    発表情報; 平成30年度河川基金研究成果発表会、東京大学、8月3日、2018
    著者; 大串浩一郎
  • 都市の防災; 2018年07月
    発表情報; 平成30年度佐賀大学ジョイントセミナー講演会、佐賀県立三養基高等学校、7月12日、2018
    著者; 大串浩一郎
  • A Study on the 2017 Northern Kyushu torrential rain disaster using distributed runoff models; 2018年05月
    発表情報; The 7th Korea-Japan Crisis & Emergency Management Seminar & International Workshop, Saga, May 25-26, 2018
    著者; Koichiro Ohgushi, Syu Satoh and Toshihiro Morita
  • 筑後川右岸16kmの大曲に流入する中小河川の効果について; 2017年03月
    発表情報; 平成28年度土木学会西部支部研究発表会
    著者; 川原航・大串浩一郎
  • 嘉瀬川ダムにおける水質管理と河川環境; 2017年03月
    発表情報; 平成28年度土木学会西部支部研究発表会
    著者; 西田義史・大串浩一郎・野口剛志・森田俊博
  • Prediction of hydrologic impacts due to climate change scenarios in upstream catchment of Kase River basin; 2017年03月
    発表情報; Proceedings of JSCE Kyushu Branch Conference, Saga University
    著者; Preeti Pokhrel and K.Ohgushi
  • A study of the flood damage risk based on hte city planning system; 2016年12月
    発表情報; The 5th Korean-Japan Crisis & Emergency Management Seminar, Seitoku University, Japan
    著者; Koichiro Ohgushi and Takuro Inohae
  • 防災・減災の視点から見た高齢者施設・避難所等の配置; 2016年09月
    発表情報; 第2回避難所・避難生活学会,御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
    著者; 大串浩一郎
  • 3 次元流動モデルを用いた嘉瀬川・石井樋周辺の流れ特性の検討; 2016年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会,九州産業大学,(2016.3), II-004-II-005
    著者; 串部雅尚・大串浩一郎・押川英夫
  • 洪水時における筑後川下流域の流れや土砂輸送に及ぼす若津港導流堤の影響の定量的評価; 2016年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会,九州産業大学,(2016.3)., II-074-II-075
    著者; 古賀勇気・大串浩一郎・押川英夫
  • 六角川流域におけるポンプ排水の運転調整による外水位への影響に関する検討; 2016年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会,九州産業大学,(2016.3)., II-029-II-030
    著者; 寺尾寿信・大串浩一郎
  • 有明海の潮汐を考慮した佐賀市クリーク網の流れ解析; 2016年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会,九州産業大学,(2016.3)., II-046-II-047
    著者; 長幡侑樹・大串浩一郎・押川英夫
  • 佐賀平野の洪水氾濫による高齢者施設や避難所の浸水リスクに関する研究; 2016年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会,九州産業大学,(2016.3)., II-026-II-027
    著者; 白重伸・大串浩一郎・押川英夫
  • 若津港導流堤が筑後川下流域の流れ,塩分及び土砂輸送に及ぼす影響の定量的評価; 2016年03月
    発表情報; 土木学会水工学講演会(2016年3月14日~16日)、東北工業大学, 72, 4, I_373-I_378
    著者; 古賀勇気・大串浩一郎・押川英夫
  • The computational analysis of flow and sediment transport in lower reach of Chikugo River, Japan for a quantitative evaluation of Wakatsu port training levee; 2015年06月
    発表情報; 36th IAHR World Congress, , The Hague, the Netherlands (2015)., 1-7
    著者; Koga, Y., K. Ohgushi and T. Jansen
  • Validation of the effect of landside water drainage in Ushizu River basin and future flood control measures; 2015年06月
    発表情報; 36th IAHR World Congress, The Hague, the Netherlands (2015), 1-8
    著者; Terao, H., K. Ohgushi
  • Flood and evacuation simulations considering the risk of evacuation route; 2015年06月
    発表情報; 36th IAHR World Congress, The Hague, the Netherlands (2015), 1-7
    著者; Morita, T., K. Ohgushi
  • The effect of storm surge and tidal currents to sediment transport in the north Ariake Sea; 2015年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会講演概要集,琉球大学,(2015.3), II-050 - II-051
    著者; Tommy Jansen・Koichiro Ohgushi
  • Inundation simulations due to storm surge and high discharge in Saga lowland and coastal area of Ariake Sea; 2015年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会講演概要集,琉球大学,(2015.3), II-041-II-042
    著者; A. H. Thambas・Koichiro Ohgushi
  • 現地調査と自動観測データに基づく嘉瀬川ダム水質管理との河川環境に関する検討; 2015年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会講演概要集,琉球大学,(2015.3), II-007 - II-008
    著者; 古賀元久・大串浩一郎・野口剛志・緒方直人
  • 若津港導流堤の定量的な機能評価; 2015年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会講演概要集,琉球大学,(2015.3), II-031 - II-032
    著者; 古賀勇気・大串浩一郎・Tommy Jansen
  • 牛津川流域の治水施設による内水・外水低減効果の評価; 2015年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会講演概要集,琉球大学,(2015.3), II-021 - II-022
    著者; 寺尾寿信・大串浩一郎
  • 有明海における水質の陸域依存性について; 2015年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会講演概要集,琉球大学,(2015.3), II-061 - II-062
    著者; 緒方直人・大串浩一郎・手塚公裕
  • 浸水可能性を考慮した鹿島市浜町の洪水避難解析; 2015年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会講演概要集,琉球大学,(2015.3), II-023 - II-024
    著者; 森田俊博・大串浩一郎
  • 佐賀平野中南部の洪水氾濫における高齢者施設の浸水リスクに関する研究; 2015年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会講演概要集,琉球大学,(2015.3), II-022 - II-023
    著者; 石津聡・大串浩一郎・森田俊博
  • 嘉瀬川・石井樋の土砂輸送特性に関する考察; 2015年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会講演概要集,琉球大学,(2015.3), II-030 - II-031
    著者; 谷陽介・大串浩一郎
  • 陸域負荷が有明海の水環境に及ぼす影響; 2015年03月
    発表情報; 土木学会水工学講演会
    著者; 緒方直人・大串浩一郎・手塚公裕
  • 若津港導流堤の定量的な機能評価のための筑後川下流域の流れと河床変動解析; 2015年03月
    発表情報; 土木学会水工学講演会
    著者; 古賀勇気・大串浩一郎・Tommy Jansen
  • A quantitative evaluation of Wakatsu port training levee by computational analysis of flow and sediment transport in lower reach of Chikugo River, Japan; 2014年09月
    発表情報; The 19th IAHR-APD Congress 2014, Hanoi, Vietnam (2014)
    著者; Ohgushi, K., Y. Koga and T. Jansen
  • Evacuation and flood simulations in the case that shelters are included in lowland area; 2014年09月
    発表情報; The 9th Int. Symp. on Lowland Technology
    著者; Morita, T., K. Ohgushi and A. H. Thambas
  • A study on river basin management in Jobaru River basin by computational simulations of flood and sediment transport and field geotechnical investigations; 2014年09月
    発表情報; The 9th Int. Symp. on Lowland Technology
    著者; Nakashima, H., K. Ohgushi, T. Hino, T. Morita and T. Jansen
  • 筑後川下流域の流れと河床変動解析による若津港導流堤の定量的な機能評価; 2014年03月
    発表情報; 平成25年度土木学会西部支部研究発表会,福岡大学
    著者; 古賀勇気・大串浩一郎・Tommy Jansen
  • 洪水時における牛津川流域の排水機場の効果の検討; 2014年03月
    発表情報; 平成25年度土木学会西部支部研究発表会,福岡大学
    著者; 寺尾寿信・大串浩一郎・中島大斗
  • 有明海の赤潮発生に及ぼす陸域からの流入水量の影響; 2014年03月
    発表情報; 平成25年度土木学会西部支部研究発表会,福岡大学
    著者; 緒方直人・大串浩一郎・手塚公裕
  • 津波・高潮による有明海沿岸域の浸水リスクに関する数値解析; 2014年03月
    発表情報; 平成25年度土木学会西部支部研究発表会,福岡大学
    著者; 松田隆寛・大串浩一郎・Torry Dundu・Arthur Harris Thambus
  • 避難経路の危険性を考慮した洪水避難解析 ―佐賀県鹿島市浜地区を例として―; 2014年03月
    発表情報; 平成25年度土木学会西部支部研究発表会,福岡大学
    著者; 森田俊博・大串浩一郎
  • 嘉瀬川ダム貯水池が下流の水質に及ぼす影響について; 2014年03月
    発表情報; 平成25年度土木学会西部支部研究発表会,福岡大学
    著者; 石川未来・大串浩一郎・野口剛志・緒方直人
  • 土砂動態モデルを用いた城原川流域治水の機能評価; 2014年03月
    発表情報; 平成25年度土木学会西部支部研究発表会,福岡大学
    著者; 中島大斗・大串浩一郎・日野剛徳
  • 2つのダムを有する嘉瀬川上流域における水環境の変化について; 2013年03月
    発表情報; 平成24年度土木学会西部支部研究発表会,熊本大学
    著者; 古舘憲人・大串浩一郎・C.J.Supit・手塚公裕
  • 親水域の安全歩行から見た付着藻類の滑りやすさの定量的評価; 2013年03月
    発表情報; 平成24年度土木学会西部支部研究発表会,熊本大学
    著者; 手塚公裕・大串浩一郎
  • 有明海流入主要河川流域における流出率と流域特性の関係; 2013年03月
    発表情報; 平成24年度土木学会西部支部研究発表会,熊本大学
    著者; 緒方直人・大串浩一郎・手塚公裕
  • 津波・高潮による有明海湾奥沿岸域の浸水リスクに関する数値解析; 2013年03月
    発表情報; 平成24年度土木学会西部支部研究発表会,熊本大学
    著者; 松田隆寛・大串浩一郎・A.K.T. Dundu
  • 洪水氾濫時における浸水に対する盛土の影響に関する検討; 2013年03月
    発表情報; 平成24年度土木学会西部支部研究発表会,熊本大学
    著者; 森田俊博・大串浩一郎
  • 城原川野越・霞堤周辺堤内地における洪水氾濫解析; 2013年03月
    発表情報; 平成24年度土木学会西部支部研究発表会,熊本大学
    著者; 中島大斗・大串浩一郎
  • 牛津川牟田辺遊水地による洪水調節効果の評価; 2013年03月
    発表情報; 平成24年度土木学会西部支部研究発表会,熊本大学
    著者; 北島龍・大串浩一郎・中島大斗
  • 嘉瀬川ダムの河川環境に及ぼす影響に関する検討; 2013年03月
    発表情報; 平成24年度土木学会西部支部研究発表会,熊本大学
    著者; 木下詩章・大串浩一郎・手塚公裕・野口剛志
  • スウェーデン式サウンディング試験を用いた城原川「一番霞堤」一帯の地盤調査; 2013年03月
    発表情報; 平成24年度土木学会西部支部研究発表会,熊本大学
    著者; 永吉涼馬・日野剛徳・市原季彦・大串浩一郎
  • 嘉瀬川と本明川の水質変動に及ぼす河口堰と潮受堤防の影響; 2012年03月
    発表情報; 平成23年度土木学会西部支部研究発表会、鹿児島大学
    著者; 手塚公裕・大串浩一郎
  • 本明川における流域環境と負荷量の長期的な変動解析; 2012年03月
    発表情報; 平成23年度土木学会西部支部研究発表会、鹿児島大学
    著者; 松藤祐樹・大串浩一郎・手塚公裕
  • Dam Construction Impacts on Stream Flow and Nutrient Transport in Kase River Basin; 2012年03月
    発表情報; 平成23年度土木学会西部支部研究発表会、鹿児島大学
    著者; C. Supit and K. Ohgushi
  • 筑後川河口域における流動構造について; 2012年03月
    発表情報; 平成23年度土木学会西部支部研究発表会,鹿児島大学
    著者; 畑中恵太・大串浩一郎・平川隆一
  • Analysis on Curve Number, Land Use and Land Cover Change in the Jobaru River Basin; 2012年03月
    発表情報; 平成23年度土木学会西部支部研究発表会,鹿児島大学
    著者;  J. S. F. Sumarauw and K. Ohgushi
  • 北川の川坂砂州における出水に伴う植生破壊について; 2012年03月
    発表情報; 平成23年度土木学会西部支部研究発表会,鹿児島大学
    著者; 小南考輝・大串浩一郎・平川隆一・野口剛志・渡邊訓甫
  • 市街地における洪水氾濫水の挙動と避難の安全性に関する検討; 2012年03月
    発表情報; 平成23年度土木学会西部支部研究発表会,鹿児島大学
    著者; 森田俊博・大串浩一郎・平川隆一・渡邊訓甫
  • 若津港導流堤周辺の流れ特性について; 2012年03月
    発表情報; 平成23年度土木学会西部支部研究発表会,鹿児島大学
    著者; 古川久敏・大串浩一郎
  • 城原川野越・霞堤の本川洪水流への効果及び遊水地浸水の数値シミュレーション; 2012年03月
    発表情報; 平成23年度土木学会西部支部研究発表会,鹿児島大学
    著者; 中島大斗・大串浩一郎
  • 単一水制および連続水制が直下流部の流れ構造に及ぼす影響; 2012年03月
    発表情報; 平成23年度土木学会西部支部研究発表会,鹿児島大学
    著者; 松本祥平・大串浩一郎・平川隆一・渡邊訓甫
  • 嘉瀬川ダムの湛水による下流域の水質変化; 2012年03月
    発表情報; 平成23年度土木学会西部支部研究発表会,鹿児島大学
    著者; 梶野友貴・大串浩一郎・手塚公裕・野口剛志
  • 有明海における火山性地震による津波解析; 2012年03月
    発表情報; 平成23年度土木学会西部支部研究発表会,鹿児島大学
    著者; 松田隆寛・大串浩一郎
  • A Study on Influences of Typhoon to Rokkaku River and Kase River Estuary, Saga Prefecture, Japan; 2012年03月
    発表情報; 平成23年度土木学会西部支部研究発表会,鹿児島大学
    著者; A. K. T. Dundu and K. Ohgushi
  • 有明海流入河川の流量欠測データの補間方法について; 2011年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会(2011.3)
    著者; 油谷涼・大串浩一郎・手塚公裕
  • Analysis on land use and land cover changes in the Jobaru River Basin; 2011年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会(2011.3)
    著者; Jeffry Swingly Frans Sumarauw・Koichiro Ohgushi
  • 佐賀東部地区の水田・クリークの短期的・長期的な水質変化について; 2011年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会(2011.3)
    著者; 藤原昴祐・大串浩一郎・野口剛志
  • The Estimate on environmental change of Kase River Basin due to dam construction; 2011年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会(2011.3)
    著者; Cindy Supit・Koichiro Ohgushi
  • 嘉瀬川ダム建設工事によるダム上下流の水環境の変化について; 2011年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会(2011.3)
    著者; 渡口江梨子・大串浩一郎・野口剛志
  • Numerical simulation on effect of typhoon to water level and velocity field in the Ariake Sea; 2011年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会(2011.3)
    著者; Ariestides Dundu・Koichiro Ohgushi
  • Terra-Asterによる諫早湾と調整池の水質推定アルゴリズムの開発; 2011年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会(2011.3)
    著者; 永渕麻理絵・大串浩一郎
  • GIS と衛星画像による諫早湾と調整池の水質モニタリング; 2010年09月
    発表情報; 土木学会第65回年次学術講演会(平成22年9月), 2
    著者; 永渕麻理絵・大串浩一郎
  • 筑後川下流支川域における総合治水対策に関する検討-浸水特性と農地転用の構造-; 2010年09月
    発表情報; 土木学会第65回年次学術講演会(平成22年9月), CS11
    著者; 大串浩一郎・松尾拓磨・外尾一則
  • GIS とリモートセンシングを用いた諫早湾の水質評価; 2010年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会 (2010.3) II部門, 295-296
    著者; 永渕麻理絵・大串浩一郎
  • リモートセンシングによる筑後川感潮域での環境変動モニタリング検証; 2010年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会 (2010.3)崇城大学 II部門, 231-232
    著者; 久保 弦・大串浩一郎
  • 佐賀東部クリーク地帯の水田・クリーク間の水と物質の収支について; 2010年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会 (2010.3) II部門, 257-258
    著者; 古川竜一・大串浩一郎・野口剛志
  • 筑後川下流支川域における土地利用と浸水特性に関する研究; 2010年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会 (2010.3)崇城大学 II部門, 215-216
    著者; 松尾拓磨・大串浩一郎・外尾一則
  • GISを用いた嘉瀬川流域の伝統的治水技術に関する研究; 2009年09月
    発表情報; 土木学会第64回年次学術講演会(平成21年9月), CS11, 403-404
    著者; 大串浩一郎・黒岩政秋・野口剛志
  • 藩政時代における佐賀平野デルタ地帯の保全と開発に関する研究; 2009年09月
    発表情報; 土木学会第64回年次学術講演会(平成21年9月), CS11, 405-406
    著者; 岸原信義・大串浩一郎・岩山博
  • GISと水理解析を用いた城原川の野越しの活用に関する基礎的研究; 2009年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会講演概要集,II部門, 239-240
    著者; 松井浩,大串浩一郎
  • 矢部川を中心とした有明海に流入する主要河川の流出量・負荷量に関するGIS解析; 2009年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会講演概要集,II部門, 305-306
    著者; 橋本祐佑,大串浩一郎,野口剛志
  • 佐賀東部クリーク地帯における水田・クリーク間の水および物質の循環に関する研究; 2009年03月
    発表情報; 土木学会西部支部研究発表会講演概要集,II部門, 311-312
    著者; 富永大樹,大串浩一郎,野口剛志,松井浩,橋本祐佑
  • 嘉瀬川と緑川における伝統的治水技術の比較について; 2008年09月
    発表情報; 土木学会第63回年次学術講演会, CS11, 389-390
    著者; 大串浩一郎,黒岩政秋,白木良幸
  • 佐賀平野における流域治水の一環としての巨勢川瀬替に関する研究; 2008年09月
    発表情報; 土木学会第63回年次学術講演会, CS11, 391-392
    著者; 岸原信義,大串浩一郎,田中秀子
  • GISを用いた白川・緑川の流出解析ならびに流出負荷量の算定; 2008年03月
    発表情報; 平成19年度土木学会西部支部研究発表会(長崎)
    著者; 本谷麻衣子,大串浩一郎
  • 佐賀平野東部クリーク地帯における汚濁負荷の原単位について; 2008年03月
    発表情報; 平成19年度土木学会西部支部研究発表会(長崎)
    著者; 茶屋道祐輔,大串浩一郎
  • 秋季有明海湾奥部における底質の再懸濁に関する現地観測; 2008年03月
    発表情報; 平成19年度土木学会西部支部研究発表会(長崎)
    著者; 笠置尚史,山本浩一,速水祐一,濱田孝治,大串浩一郎
  • 緑川流域における堤外遊水地の治水効果に関する考察; 2008年03月
    発表情報; 平成19年度土木学会西部支部研究発表会(長崎)
    著者; 白木良幸,大串浩一郎,黒岩政秋
  • 嘉瀬川流域の伝統的治水技術に関する研究; 2008年03月
    発表情報; 平成19年度土木学会西部支部研究発表会(長崎)
    著者; 黒岩政秋,大串浩一郎,白木良幸
  • 佐賀大学海象観測塔における有明海湾奥の流れとその経年変化の評価; 2007年09月
    発表情報; 2007年度日本海洋学会秋季大会(沖縄)
    著者; 山口創一、濱田孝治、瀬口昌洋、大串浩一郎
  • 城原川の野越しの効果に関する基礎的研究; 2007年09月
    発表情報; 土木学会第62回年次学術講演会,共通セッション(広島市)
    著者; 大串浩一郎,前潟孝行,黒岩政秋
  • Forests and auxiliary levees for flood damage protection in the midstream of the Kase River and their influences on flood flows; 2007年07月
    発表情報; 32th IAHR Congress, Italy, Venice
    著者; Ohgushi, K., Ikeda, K. and H.Araki
  • 有明海湾奥部における底泥の物性の変動特性に関する研究; 2007年07月
    発表情報; 第33回(2008年度)海洋開発シンポジウム(長崎)
    著者; 笠置尚史・山本浩一・吉野健児・速水祐一・濱田孝治・大串浩一郎
  • GISを用いた嘉瀬川流域における伝統的治水技術の検証; 2007年06月
    発表情報; 2007年度河川技術に関するシンポジウム(東京)
    著者; 黒岩政秋・大串浩一郎
  • 2006年夏の有明海奥部における大規模貧酸素化; 2007年03月
    発表情報; 2006年度日本海洋学会春季大会(東京)
    著者; 濱田孝治,速水祐一,山本浩一,大串浩一郎,吉野健児,平川隆一,山田裕樹
  • 有明海湾奥部における残差流の分布について; 2007年03月
    発表情報; 第51回水工学講演会(東京)
    著者; 大串浩一郎,速水祐一,濱田孝治,山本浩一,平川隆一
  • GIS を用いた嘉瀬川中流域の流域保水機能に関する研究; 2007年03月
    発表情報; 平成18年度土木学会西部支部研究発表会(北九州)
    著者; 黒岩政秋,大串浩一郎
  • 有明海湾奥部における干潟-浅海域における底泥の輸送・再堆積に関する研究; 2007年03月
    発表情報; 平成18年度土木学会西部支部研究発表会(北九州)
    著者; 笠置尚史,山本浩一,吉野健児,速水祐一,濱田孝治,大串浩一郎,古賀勝喜
  • 有明海奥部における透明度の変動に関する研究; 2007年03月
    発表情報; 平成18年度土木学会西部支部研究発表会(北九州)
    著者; 前田和範,大串浩一郎,速水祐一
  • 2006年夏の有明海奥部における河川プリュームの挙動と貧酸素水塊の消長について; 2007年03月
    発表情報; 平成18年度土木学会西部支部研究発表会(北九州)
    著者; 山田裕樹,大串浩一郎,平川隆一,濱田孝治,山本浩一,速水祐一,吉野健児
  • 有明海の懸濁物質の沈降速度に関する基礎的研究; 2007年03月
    発表情報; 平成18年度土木学会西部支部研究発表会(北九州)
    著者; 安江洋介,大串浩一郎,山本浩一,速水祐一,濱田孝治
  • 有明海湾奥部における残差流の観測; 2006年09月
    発表情報; 第16回九州・山口地区海岸工学者の集い(北九州市)
    著者; 大串浩一郎,速水祐一,濱田孝治,山本浩一,平川隆一
  • 有明海湾奥部における底質分布特性に関する基礎的研究; 2006年09月
    発表情報; 第16回九州・山口地区海岸工学者の集い(北九州市)
    著者; 笠置尚史,山本浩一,速水祐一,大串浩一郎,平川隆一,西本潤
  • 有明海奥部における赤潮と透明度の経年変化について; 2006年09月
    発表情報; 2006年度日本海洋学会秋季大会講演(名古屋市)
    著者; 速水祐一, 山本浩一, 濱田孝治, 大串浩一郎
  • Residual current observations in the innermost part of the Ariake Sea; 2006年09月
    発表情報; Int. Symposium on Lowland Technology, 2006.(Saga)
    著者; K. Ohgushi, Y. Hayami, T. Hamada , K. Yamamoto and R. Hirakawa
  • 有明海湾奥部における底質分布特性に関する基礎的研究; 2006年09月
    発表情報; 土木学会第61回年次学術講演会(滋賀)
    著者; 笠置尚史,大串浩一郎,平川隆一,山本浩一,速水祐一,西本 潤
  • 嘉瀬川本川と堤内地の一体的な流域治水システムに関する考察; 2006年09月
    発表情報; 土木学会第61回年次学術講演会(滋賀)
    著者; 大串浩一郎,黒岩政秋,池田幸太郎
  • 有明海湾奥における海洋構造と残差流の観測; 2006年03月
    発表情報; 平成17年度土木学会西部支部研究発表会、宮崎, Ⅱ-005
    著者; 牧田 淳・大串浩一郎・平川隆一・速水祐一・山本浩一・濱田孝治
  • 秋季有明海奥部浅海域における懸濁物輸送; 2006年03月
    発表情報; 平成17年度土木学会西部支部研究発表会、宮崎, Ⅱ-007
    著者; 藤井健史・大串浩一郎・平川隆一・速水祐一・濱田孝治・山本浩一
  • 嘉瀬川中流部の竹林と前堤が洪水流に及ぼす影響について; 2006年03月
    発表情報; 平成17年度土木学会西部支部研究発表会、宮崎, Ⅱ-080
    著者; 池田幸太郎・大串浩一郎
  • 嘉瀬川左岸部の耳取川流域における流域治水に関する研究; 2006年03月
    発表情報; 平成17年度土木学会西部支部研究発表会、宮崎, Ⅱ-096
    著者; 黒岩政秋・池田幸太郎・大串浩一郎
  • 有明海湾奥部における底質分布特性に関する基礎的研究; 2006年03月
    発表情報; 平成17年度土木学会西部支部研究発表会、宮崎, Ⅶ-042
    著者; 笠置尚史・大串浩一郎・西本潤・平川隆一・山本浩一・速水祐一
  • 有明海湾奥部における残差流の観測; 2006年03月
    発表情報; 2006年度日本海洋学会春季大会、横浜, 249
    著者; 大串浩一郎・濱田孝治・速水祐一・山本浩一・平川隆一・牧田 淳
  • 数値モデルを用いた有明海湾奥の残差流に関する考察; 2006年03月
    発表情報; 2006年度日本海洋学会春季大会、横浜, 250
    著者; 濱田孝治・速水祐一・山本浩一・大串浩一郎・平川隆一
  • 有明海湾奥部における懸濁物輸送機構; 2006年03月
    発表情報; 2006年度日本海洋学会春季大会、横浜, 251
    著者; 速水祐一・山本浩一・大串浩一郎・濱田孝治・平川隆一・藤井健史
  • 夏季有明海湾奥における懸濁物質の粒度分布特性; 2006年03月
    発表情報; 2006年度日本海洋学会春季大会、横浜, 252
    著者; 山本浩一・速水祐一・大串浩一郎・笠置尚史
  • 有明海湾奥域における干潟・浅海域底質の分布特性; 2006年03月
    発表情報; 第40回日本水環境学会年会(仙台市)
    著者; 山本浩一, 速水祐一, 大串浩一郎, 吉野健児, 笠置尚史
  • 有明海奥部の密度構造と残差流; 2006年
    発表情報; 日本流体力学会誌「ながれ」25巻別冊(日本流体力学会年会 2006講演)
    著者; 濱田孝治, 速水祐一, 大串浩一郎, 山本浩一, 平川隆一
  • Water Quality Analysis on the Innermost Part of the Ariake Sea by Using Terra-Aster Satellite Images; 2005年09月
    発表情報; The 31st Congress of International Association for Hydraulic Research Seoul, Korea,
    著者; K.Ohgushi and H.Araki
  • 嘉瀬川中流域の歴史的河川形状が洪水流に及ぼす影響について; 2005年06月
    発表情報; 2005年度河川技術に関するシンポジウム、東京
    著者; 池田幸太郎・大串浩一郎
  • 準3次元流動モデルと現地観測に基づく有明海の流動特性に関する考察; 2005年03月
    発表情報; 平成16年度土木学会西部支部研究発表会、福岡
    著者; 酒見諭・大串浩一郎
  • TERRA-ASTER画像を用いた有明海の水質モニタリング; 2005年03月
    発表情報; 平成16年度土木学会西部支部研究発表会、福岡
    著者; 押川典由・大串浩一郎・野口剛志
  • ブランチ・ノードモデルを用いた六角川の洪水・氾濫解析; 2005年03月
    発表情報; 平成16年度土木学会西部支部研究発表会、福岡
    著者; 佐藤圭吾・大串浩一郎・池田幸太郎
  • 嘉瀬川中流部における治水遺構や河川形状が洪水流に及ぼす影響について; 2005年03月
    発表情報; 平成16年度土木学会西部支部研究発表会、福岡
    著者; 池田幸太郎・大串浩一郎
  • 現地観測と潮流シミュレーションによる有明海の流動・水質変動に関する考察; 2004年09月
    発表情報; 土木学会第59回年次学術講演会講演概要集, 愛知工業大学, 2-173
    著者; 酒見諭・大串浩一郎・野口剛志
  • 嘉瀬川尼寺堤外遊水地における流れ解析; 2004年09月
    発表情報; 土木学会第59回年次学術講演会講演概要集, 愛知工業大学, 2-147
    著者; 池田幸太郎・大串浩一郎・岸原信義
  • 藩政時代の嘉瀬川流域における流域管理と地域計画について; 2004年09月
    発表情報; 土木学会第59回年次学術講演会講演概要集, 愛知工業大学, CS4-004
    著者; 大串浩一郎・岸原信義・池田幸太郎・田中秀子
  • 低平地河川の流域治水と有明海の水環境評価について; 2004年08月
    発表情報; ㈱東京建設コンサルタント 九州支店技術検討会, 東京第一ホテル福岡
    著者; 大串浩一郎
  • 現地観測データを用いた有明海湾奥部の水質変動に関する考察; 2004年03月
    発表情報; 平成15年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,日本文理大学, B-64 - B-65
    著者; 酒見諭・大串浩一郎・野口剛志
  • 現地観測と衛星画像を用いた有明海の水質特性に関する検討; 2004年03月
    発表情報; 平成15年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,日本文理大学, B-66 - B-67
    著者; 諸永真美・大串浩一郎・酒見諭・坂本正義
  • 佐賀平野に残る治水遺構、特に嘉瀬川本川の堤外遊水地の機能に関する研究; 2004年03月
    発表情報; 平成15年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,日本文理大学, B-132 - B-133
    著者; 田中秀子・大串浩一郎・岸原信義
  • 一般曲線座標系を用いた嘉瀬川堤外遊水地における流れ解析; 2004年03月
    発表情報; 平成15年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,日本文理大学, B-134 - B-135
    著者; 池田幸太郎・大串浩一郎・岸原信義
  • 空中三角測量による地形情報を用いた六角川流域の内水氾濫解析; 2004年03月
    発表情報; 平成15年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,日本文理大学, B-154 - B-155
    著者; 深川恵美・大串浩一郎・野口剛志
  • ダム流域における土砂生産・流出特性の評価に関する研究; 2004年03月
    発表情報; 平成15年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,日本文理大学, B-190 - B-191
    著者; 角谷保・大串浩一郎・野村哲郎
  • 現地観測による有明海湾奥部の水質変動特性; 2004年
    発表情報; 水工学論文集
    著者; 大串浩一郎・酒見諭・荒木宏之
  • 空中三角測量による地形情報を用いた牛津川流域の内水氾濫解析; 2004年
    発表情報; 河川技術論文集
    著者; 大串浩一郎・矢野真一郎・尾澤卓思・前田力・廣松洋一・高瀬智
  • Inundation Analysis of the Rokkaku River Basin Using Topographic Information Obtained from Digital Photogrammetry; 2004年
    発表情報; Proc. of the International Symposium on Lowland Technology
    著者; K. Ohgushi and H. Araki
  • 北部有明海における流動・成層構造の大規模現地観測; 2004年
    発表情報; 海岸工学論文集
    著者; 小松利光・矢野真一郎・齋田倫範・松永信博・鵜崎賢一・徳永貴久・押川英夫・濱田孝治・橋本彰博・武田誠・朝位孝二・大串浩一郎・多田彰秀・西田修三・千葉賢・中村武弘・堤裕昭・西ノ首英之

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • 令和元年8月佐賀豪雨と今後の防災・減災について; 2020年08月
    発表情報; 第39回佐賀県地質調査業協会技術講演会、佐賀県地質調査業協会、アバンセホール
    著者; 大串浩一郎
  • 豪雨災害への対応等について; 2020年08月
    発表情報; 危機管理(BCP対策)セミナー、佐賀経済同友会・佐賀県経営者協会・佐賀商工会議所・佐賀県中小企業団体中央会、グランデはがくれ
    著者; 大串浩一郎
  • 令和元年度佐賀豪雨災害に関わるフィールドワーク; 2020年08月
    発表情報; 佐賀県立白石高等学校・武雄市・大町町
    著者; 大串浩一郎
  • 基調講演「六角川流域の治水対策を考える」; 2020年08月
    発表情報; 令和2年度第3回嘉瀬川交流塾討論会、さが水ものがたり館
    著者; 大串浩一郎
  • 令和元年8月佐賀豪雨災害、令和2年九州豪雨災害、そして今後の水災害への備え; 2020年07月
    発表情報; 聖徳大学キャンパス(オンライン講義)
    著者; 大串浩一郎
  • 令和元年8月佐賀豪雨災害と今後の水災害への備え; 2020年06月
    発表情報; 鳥栖市講演会、鳥栖市本町会館
    著者; 大串浩一郎
  • 令和元年8月佐賀豪雨災害と今後の水災害への備え; 2020年06月
    発表情報; 令和2年度佐賀県立白石高等学校進路講演会、白石高等学校
    著者; 大串浩一郎
  • 防災・減災の見える化について; 2019年12月
    発表情報; 第一回佐賀県・佐賀大学連携調整会議、佐賀県庁新館4階特別会議室、2019年12月20日(招待講演)
    著者; 大串浩一郎
  • 佐賀の水路を科学する; 2019年11月
    発表情報; 嘉瀬川交流塾11月例会、さが水ものがたり館、2019年11月16日(招待講演)
    著者; 大串浩一郎
  • 2019年8月佐賀豪雨災害調査団中間報告; 2019年11月
    発表情報; 河川災害シンポジウム、大宮ソニックシティ、2019年11月4日(招待講演)
    著者; 大串浩一郎
  • 2019年8月佐賀豪雨災害と今後の低平地水災害に対する備え; 2019年10月
    発表情報; 第21回DHI水理解析研究会、日比谷国際ビルコンファレンススクエア8D、2019年10月23日 (招待講演)
    著者; 大串浩一郎
  • これからの防災・減災を考える; 2019年10月
    発表情報; 南島原市河川防災講演会、ありえコレジヨホール、2019年10月17日(招待講演)
    著者; 大串浩一郎
  • 令和元年度佐賀大学ジョイントセミナー講演会; 2019年10月
    発表情報; 白石高等学校、2019年10月16日(招待講演)
    著者; 大串浩一郎
  • 2019年8月佐賀大水害について; 2019年10月
    発表情報; 河川環境を考えるシンポジウム、まえうみ市民の会、鹿島市民交流プラザかたらい3階大会議室、2019年10月14日(招待講演)
    著者; 大串浩一郎
  • A study on the adaptation measures against water-related disasters in Saga, Japan; 2019年03月
    発表情報; The Special Lecture on Civil Engineering, Universiti Tun Hussein Onn Malaysia, Batu Pahat, Johor, Malaysia, March 17, 2019
    著者; Koichiro Ohgushi
  • 佐賀平野大規模浸水危機管理; 2019年02月
    発表情報; 平成30年度佐賀県建築士会主催災害対策勉強会、「佐賀の災害に備える」、エスプラッツホール、2月9日、2019
    著者; 大串浩一郎
  • 佐賀の治水技術と今後の防災・減災 - 佐賀低平地の特性と治水技術、気候変動下の都市防災と減災 -; 2018年10月
    発表情報; 平成30年度日本環境土木工業会講習会、10月20日、佐賀市アバンセ、2018
    著者; 大串浩一郎
  • A study on the traditional flood management in Saga Plain, Japan; 2018年09月
    発表情報; The Special Lectures on Civil Engineering, Sam Ratulangi University, Manado, Indonesia, Sep. 7, 2018
    著者; Koichiro Ohgushi
  • A study on the traditional flood management in Saga Plain, Japan; 2018年09月
    発表情報; The Special Lectures on Civil Engineering, University of Lambung Mangkurat, Banjarbaru, Indonesia, Sep. 11, 2018
    著者; Koichiro Ohgushi
  • 土木遺産としてのデ・レイケ導流堤とその機能評価; 2016年11月
    発表情報; 平成28年度嘉瀬川交流塾,さが水ものがたり館
    著者; 大串浩一郎
  • 大規模浸水のリスク管理と流域住民の被害最小化のための総合研究; 2016年03月
    発表情報; 九州河川技術懇談会、福岡市、2016.3.10.
    著者; 大串浩一郎
  • 成富兵庫と加藤清正の治水の思想と技術; 2016年02月
    発表情報; 石井樋400年祭シンポジウム、佐賀市、2016.2.7.
    著者; 大串浩一郎
  • 低平地の形成と佐賀の伝統的治水; 2014年11月
    発表情報; 平成26年度放送大学面接授業、佐賀市アバンセ、2014.11.8
    著者; 大串浩一郎
  • 佐賀低平地の成り立ちと伝統的治水技術、並びに今後の多発する集中豪雨への適応策について; 2014年11月
    発表情報; 平成26年度九州支部消防長研修会、ホテルグランデはがくれ、佐賀市、2014.11.18
    著者; 大串浩一郎
  • 佐賀低平地の形成と伝統的治水技術、並びに今後の多発する集中豪雨への適応策について; 2014年11月
    発表情報; 平成26年度第2回流域治水勉強会、佐賀大学、2014.11.26
    著者; 大串浩一郎
  • 佐賀低平地の成り立ちと伝統的治水技術ならびに今後の大規模浸水に対する危機管理; 2014年09月
    発表情報; 平成26年度第2回宮崎県自然豊かな水辺の工法研究会、延岡総合文化センター(9月1日)、シーガイアコンベンションセンター(9月2日)、2014年9月1日~2日
    著者; 大串浩一郎
  • 佐賀低平地のなりたちと社会基盤の整備; 2014年07月
    発表情報; 日本ヒートアイランド学会、プレナリーセッション1、佐賀大学、2014.7.26
    著者; 大串浩一郎
  • River basin management for flooding and inundation using traditional flood control technology - Geotechnical and hydraulic approaches for quantitative evaluation of the technology -; 2013年10月
    発表情報; Proc. of 7th Int. Conf. on Crisis and Emergency Management, 224-233
    著者; K. Ohgushi and T. Hino
  • 佐賀平野の災害に備える(3)「嘉瀬川防災今昔物語」; 2013年10月
    発表情報; 嘉瀬川交流塾 第7回、さが水ものがたり館
    著者; 大串浩一郎
  • GISを用いた有明海流域からの汚濁負荷推定; 2011年03月
    発表情報; GIS1日セミナー、佐賀大学理工学部(2011.3.1)
    著者; 大串浩一郎
  • 佐賀大学有明海総合研究プロジェクトの成果 -コア研究1:水圏環境科学を中心として-; 2010年07月
    発表情報; 佐賀大学環境フォーラム講演(2010.7.8)
    著者; 大串浩一郎
  • 佐賀大学有明海総合研究プロジェクトの成果 -水圏環境科学を中心として-; 2010年05月
    発表情報; 県立広島大学大学院生命システム科学特別講義(2010.5.19)
    著者; 大串浩一郎
  • 佐賀平野の流域治水と城原川流域の将来像について; 2009年10月
    発表情報; 平成21年度低平地研究会(佐賀大学,2009年10月26日)
    著者; 大串浩一郎
  • 佐賀平野の伝統的治水; 2009年08月
    発表情報; 九州 川のオープンカレッジ (佐賀市金立 2009年8月28日)
    著者; 大串浩一郎
  • 佐賀平野の伝統的治水技術について; 2009年07月
    発表情報; 建設コンサルタンツ協会九州支部 平成21年度第1回勉強会(福岡市)
    著者; 大串浩一郎
  • 佐賀の伝統的治水技術; 2008年03月
    発表情報; 国土交通省九州地方整備局平成19年度第3回河川技術懇談会(佐賀市)
    著者; 大串浩一郎
  • 佐賀の伝統的治水技術; 2007年08月
    発表情報; 土木学会第43回水工学に関する夏期研修会(Aコース)(春日市)
    著者; 大串浩一郎


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.