氏 名井邑 智哉フリガナイムラ トモヤ
欧文氏名
所 属大学院学校教育学研究科 教育実践探究専攻
職 名准教授学位学士(教育学)(2006年03月)
博士(心理学)(2012年03月)
電子メールimuracc.saga-u.ac.jpリンクティーチングポートフォリオ
ホームページ

教員詳細情報

研究分野・キーワード

  • 時間管理,キャラクター・エデュケーション

学歴

  • 2012年03月, 広島大学大学院, 教育学研究科, 博士課程・博士後期課程, 修了

職歴

  • 2013年04月 - 2017年03月 精華女子短期大学 講師

専門分野

  • 教育心理学

所属学会

  • 日本心理学会, 中国四国心理学会, 日本学校メンタルヘルス学会, 日本発達心理学会

現在実施している研究テーマ

  • 児童生徒の品格(character strengths)に関する研究
  • 時間管理に関する研究

主要業績

原著論文

  • 児童用時間管理尺度の開発と信頼性・妥当性の検討; 2021年03月
    発表情報; 時間学研究, 11, 57-64.
    著者; 井邑智哉・岡崎善弘・高村真広・徳永智子
  • 時間管理の学び方に関する基礎的研究; 2020年03月
    発表情報; 佐賀大学大学院学校教育学研究科紀要, 4, 2-9
    著者; 井邑智哉・塚脇涼太
  • Relationship between types of forced laughter and mental health: Mediating effects of social support and self-concept clarity; 2020年
    発表情報; , 12, 1, 1-9
    著者; Tsukawaki, R., & Imura, T
  • The light and dark side of self-directed humor: The development and initial validation of the dual self-directed humor scale(DSDHS); 2020年
    発表情報; Personality and Individual Differences, 157, 1-8
    著者; Tsukawaki, R., & Imura
  • 夏休みの宿題に取り組む計画・実際の一致と取り組み方がストレスに与える影響; 2019年03月
    発表情報; 時間学研究, 9, 1-7
    著者; 岡崎善弘・井邑智哉・高村真広・徳永智子
  • Relationship between types of humor and stress response and wellbeing among children in Japan; 2019年
    発表情報; Asian Journal of Social Psychology, 22, 3, 281-289
    著者; Tsukawaki, R., Imura, T., Kojima, N., Furukawa, Y., & Ito, K.
  • The correlation between teachers’ humor and class climate: A study targeting primary and secondary school students; 2019年
    発表情報; International Journal of Humor Research
    著者; Tsukawaki, R., Imura, T., Kojima, N., Furukawa, Y., & Ito, K.
  • Preliminary Verification of Instructional Humor Processing Theory: Mediators between Instructor Humor and Student Learning.; 2019年
    発表情報; Psychological Reports, 1-13
    著者; Tsukawaki, R., & Imura, T.
  • In Japan, individuals of higher social class engage in other-oriented humor.; 2022年06月
    発表情報; , 12, 9704, https://doi.org/10.1038/s41598-022-13755-4.
    著者; Tsukawaki, R., Imura, T., & Hirakawa, M.
  • Causal relationship between the two dimensions of self-directed humor and depression, anxiety, and subjective well-being: A longitudinal study.; 2022年04月
    発表情報; , 196, 111729
    著者; Tsukawaki, R., Imura, T., & Hirakawa, M.
  • 親の時間管理支援に関する基礎的研究; 2022年03月
    発表情報; , 6, 110-116
    著者; 井邑智哉・塚脇涼太
  • 児童生徒の品格とWell-beingの関連−−縦断データを用いた検討−−; 2022年03月
    発表情報; , 6, 102-109
    著者; 井邑智哉・青木多寿子
  • 児童の時間管理が長期休暇中の学習に及ぼす影響; 2021年12月
    発表情報; , 12, 55-62
    著者; 井邑智哉・岡崎善弘・高村真広・徳永智子
  • Humor moderates the relationship between the extent to which people self-isolate and their depressive symptoms during lockdowns.; 2021年05月
    発表情報; , 49, e10248, https://doi.org/10.2224/sbp.10248
    著者; Tsukawaki, R. & Imura, T.
  • 保育者の品格が保育職への自律的職務態度に及ぼす影響(3)−−就職後8年未満の保育者を対象とした横断調査−−; 2021年03月
    発表情報; 佐賀大学大学院学校教育学研究科紀要, 5, 20-24.
    著者; 井邑智哉・安氏洋子・岡花祈一郎・阪木啓二
  • 特別支援教育専門性向上研修プログラムの開発; 2021年03月
    発表情報; 佐賀大学大学院学校教育学研究科紀要, 5, 81-92.
    著者; 日野久美子・井邑智哉・納富恵子・中山 健
  • Incremental validity of the dual self-directed humor scale in predicting psychological well-being: Beyond the big five personality traits and four humor styles.; 2021年00月
    発表情報; Current Psychology
    著者; Tsukawaki, R. & Imura, T.
  • 特別支援教育専門性尺度の作成と検討; 2020年03月
    発表情報; 佐賀大学大学院学校教育学研究科紀要, 4, 10-17
    著者; 日野久美子・井邑智哉・納富恵子・中山 健
  • Students’ perception of teachers' humor predicts their mental health; 2020年00月
    発表情報; Psychological Reports, 123, 6, 2538-2550.
    著者; Tsukawaki, R. & Imura,
  • 保育者の品格が保育職への自律的職務態度に及ぼす影響(2)−−保育者養成校卒業から就職後3ヶ月までの縦断調査−−; 2019年03月
    発表情報; 佐賀大学大学院学校教育学研究科紀要, 3, 1-6
    著者; 井邑智哉・安氏洋子・岡花祈一郎・阪木啓二
  • 教員の特別支援教育に関する専門性の資質・能力についての分類—専門性の高い教員を対象とした調査から−; 2019年03月
    発表情報; 佐賀大学大学院学校教育学研究科紀要, 3, 92-97
    著者; 日野久美子・井邑智哉・納富恵子・中山 健
  • 教員の特別支援教育に関する専門性の資質・能力についての分類—専門性の高い教員を対象とした調査から−−; 2019年03月
    発表情報; 佐賀大学大学院学校教育学研究科紀要, 3, 92-97
    著者; 日野久美子・井邑智哉・納富恵子・中山 健
  • 保育者の品格が保育職への自律的職務態度に及ぼす影響(1)−−保育者養成校在校生を対象とした調査−−; 2019年02月
    発表情報; 佐賀大学教育学部研究論文集, 3, 111-116
    著者; 井邑智哉・安氏洋子・岡花祈一郎・阪木啓二
  • 大学生における時間管理が学習習慣の形成に及ぼす影響; 2018年03月
    発表情報; 佐賀大学大学院学校教育学研究科紀要, 2, 13-20
    著者; 井邑智哉
  • 通常学校の特別支援教育担当教員の専門性向上のための教員研修に関する研究――教員の特別支援教育に関する専門性の資質・能力についての分類――; 2018年03月
    発表情報; 佐賀大学大学院学校教育学研究科紀要, 2, 40-49
    著者; 日野久美子・井邑智哉・納富恵子・中山 健
  • 保育者の継続的な就業に繋がる質的要因についての検討; 2018年02月
    発表情報; , 19, 17-23
    著者; 阪木啓二・安氏洋子・岡花祈一郎・井邑智哉
  • 品格がWell-beingに及ぼす影響過程ー自分らしくある感覚(本来感)からの検討ー; 2016年03月
    発表情報; 精華女子短期大学紀要, 42, 9-14
    著者; 井邑智哉・三好伸幸・渡邉和明
  • 承諾抵抗方略の使用に及ぼす文化的自己観の影響; 2015年03月
    発表情報; 精華女子短期大学紀要, 41, 1-5
    著者; 井邑智哉
  • 短期大学生における品格とWell-beingの関連; 2014年03月
    発表情報; 短期大学コンソーシアム九州紀要, 4, 13-18
    著者; 井邑智哉
  • ステレオタイプ脅威が数学成績に及ぼす影響; 2014年03月
    発表情報; 精華女子短期大学紀要, 40, 1-6
    著者; 井邑智哉
  • 児童生徒用品格尺度の信頼性と妥当性の検討; 2014年03月
    発表情報; 精華女子短期大学紀要, 40, 7-12
    著者; 井邑智哉・青木多寿子
  • 大学生の友人に対する援助要請意識と文化的自己感の関連; 2014年03月
    発表情報; 総合保健科学:広島大学保健管理センター研究論文集, 30, 15-19
    著者; 高田 純・井邑智哉・芥川 亘
  • Undergraduates who have a lower perception of controlling time fail to adjust time estimation even when given feedbask; 2013年08月
    発表情報; The online journal of new horaizons in education, 3, 36-40
    著者; Okazaki, Imura, Takamua, & Tokunaga
  • 承諾抵抗方略の使用に及ぼす視点取得の影響; 2013年03月
    発表情報; 対人コミュニケーション研究, 1, 55-64
    著者; 井邑智哉
  • 友人からの要求に対する児童の断り方と心理的ストレス反応,ポジティブ感情,友人からのソーシャルサポートとの関連; 2012年12月
    発表情報; 学校メンタルヘルス, 15, 1, 59-66
    著者; 井邑智哉・高田 純・塚脇涼太
  • 大学生におけるユーモア表出および社会的スキルと精神的健康との関係; 2012年12月
    発表情報; 学校メンタルヘルス, 15, 1, 79-86
    著者; 塚脇涼太・井邑智哉・平川 真
  • 友人からの要求に対する児童の断り方が心理的ストレス反応に及ぼす影響過程; 2012年12月
    発表情報; 広島大学大学院教育学研究科紀要 第三部(教育人間科学関連領域), 61, 143-148
    著者; 井邑智哉
  • 児童生徒への質問紙作成に関する注意点ーしなやかさ尺度の評定カテゴリー数からの検討ー; 2012年12月
    発表情報; 広島大学大学院教育学研究科紀要 第一部(学習開発関連領域), 61, 9-14
    著者; 青木多寿子・井邑智哉
  • 承諾抵抗方策の使用に及ぼす繰り返し承諾獲得の影響; 2012年03月
    発表情報; 対人社会心理学研究, 12, 23-29
    著者; 井邑智哉・深田博己
  • 小学生の時間管理タイプー冬休みの宿題の取り組みからー; 2012年03月
    発表情報; 広島大学心理学研究, 12, 263-267
    著者; 井邑智哉・岡崎善弘・徳永智子・高村真広
  • 要請者の用いる承諾獲得方略が抵抗者の承諾抵抗方略の使用に及ぼす影響ー抵抗者の認知や感情を媒介変数としてー; 2011年12月
    発表情報; 広島大学大学院教育学研究科 第三部(教育人間科学関連領域), 60, 153-162
    著者; 井邑智哉
  • 承諾抵抗方略の使用に及ぼす抵抗者の動機の影響; 2011年12月
    発表情報; 広島大学大学院教育学研究科紀要 第三部(教育人間科学関連領域), 60, 163-169
    著者; 井邑智哉・深田博己・樋口匡貴
  • 相手の地位要因と二者関係への影響要因が承諾抵抗方略使用に及ぼす影響; 2011年03月
    発表情報; 広島大学心理学研究, 11, 69-78
    著者; 井邑智哉・松田奈々・深田博己・樋口匡貴
  • 承諾抵抗方略の使用に及ぼす基本5要因の影響; 2010年12月
    発表情報; 広島大学大学院教育学研究科 第三部(教育人間科学関連領域), 59, 109-118
    著者; 井邑智哉・深田博己・樋口匡貴
  • 承諾抵抗方略の構造に関する研究; 2010年03月
    発表情報; 説得交渉学研究, 2, 29-39
    著者; 井邑智哉・樋口匡貴・深田博己
  • 承諾獲得方略の使用可能性ー承諾獲得方策の時系列的組み合わせー; 2010年03月
    発表情報; 広島大学心理学研究, 10, 47-52
    著者; 井邑智哉・平林奈津子・深田博己・樋口匡貴
  • インターネット社会関係資本の規定因と効果; 2010年03月
    発表情報; 広島大学心理学研究, 10, 53-59
    著者; 山崎祥一郎・井邑智哉・深田博己・塚脇涼太
  • 被告人の身体的魅力が裁判員の判断に及ぼす影響; 2009年03月
    発表情報; 広島大学心理学研究, 9, 247-263
    著者; 猪八重涼子・深田博己・樋口匡貴・井邑智哉
  • 大学生の就職活動における情報収集が進路探索行動に及ぼす影響; 2008年12月
    発表情報; 広島大学大学院教育学研究科紀要 第三部(教育人間科学関連領域), 57, 167-174
    著者; 樋口匡貴・塚脇涼太・蔵永 瞳・井邑智哉・深田博己

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • 時間管理と時間コントロール感,人生満足度,積極的な他者関係の関連; 2019年04月
    発表情報; 学校メンタルヘルス学会, 173-180
    著者; 井邑智哉・塚脇涼太
  • 時間管理尺度の作成と時間管理が心理的ストレス反応に及ぼす影響の検討; 2016年08月
    発表情報; 心理学研究, 87, 4, 374-383
    著者; 井邑智哉・岡崎善弘・高村真広・徳永智子
  • 承諾抵抗方略の発達的変化に関する研究; 2016年03月
    発表情報; 対人コミュニケーション研究, 4, 47-56
    著者; 井邑智哉
  • 児童生徒の品格とWell-beingの関連ーよい行為の習慣からの検討ー; 2013年08月
    発表情報; 心理学研究, 84, 3, 247-255
    著者; 井邑智哉・青木多寿子・高橋智子・野中陽一朗・山田剛史
  • 友人からの要求に対する大学生の断り方と時間コントロール感,心理的ストレス反応の関連; 2012年12月
    発表情報; 日本学校メンタルヘルス, 15, 2, 243-249
    著者; 井邑智哉


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.