詳細検索はこちら

大渡 啓介オオト ケイスケ

所属:
大学院工学系研究科 循環物質化学専攻 循環物質化学講座

著書

  • Chapter 5 Development of Novel Biosorbents for Gold and Their Application for the Recovery of Gold from Spent Mobile Phones; 2016年10月
    発表情報; The recovery of gold from secondary sources, 143-171
    著者; K. Inoue, M. Gurung, H. Kawakita, K. Ohto, D. Parajuli, B. Pangeni, S. Alam
  • 43 カリックスアレーンの応用; 2013年05月
    発表情報; トコトンやさしいイオン交換, 102-103
    著者; 大渡啓介
  • 65 有害陰イオンの回収; 2013年05月
    発表情報; トコトンやさしいイオン交換, 150-151
    著者; 大渡啓介、井上勝利
  • テーラーメイド型新規分離剤の開発について; 2012年03月
    発表情報; 『リサイクル・廃棄物事典』、5編近未来技術の開発と可能性 金属系の個別リサイクル5, 475-475
    著者; 大渡啓介
  • バイオマス系分離剤と人工合成系分離剤の役割分担; 2012年03月
    発表情報; 『リサイクル・廃棄物事典』、5編近未来技術の開発と可能性 生物系を利用したリサイクル6, 428-429
    著者; 大渡啓介、井上勝利
  • 第1章 溶液化学 環状化合物によるレアメタル分離; 2011年05月
    発表情報; レアメタル・希少金属リサイクル技術の最先端, 13-22
    著者; 大渡啓介
  • 第6章 カリックスアレーン化合物を用いた抽出; 2010年
    発表情報; 液液抽出を考える, 111-140
    著者; 大渡啓介
  • カリックスアレーンの応用; 2009年
    発表情報; 第5章 環境技術編 5-5 図解 最先端 イオン交換技術のすべて、日本イオン交換学会編、工業調査会, 306-309
    著者; 大渡啓介
  • 有害陰イオンの回収; 2009年
    発表情報; 第5章 環境技術編 5-7 図解 最先端 イオン交換技術のすべて、日本イオン交換学会編、工業調査会, 314-317
    著者; 大渡啓介、井上勝利

原著論文

  • Precious Metal Extraction with Thiol and Dithioether Derivatives of Trident Molecule; 2017年05月
    発表情報; Solvent Extr. Res. Dev., Jpn.,, 24, 2, 77-88
    著者; K. Ohto, H. Furugou, T. Yoshinaga, S. Morisada, H. Kawakita, K. Inoue
  • "Synthesis of a Novel Dibenzylamide Derivative of p-tert-Octylcalix[4]arene and its Extraction Properties Towards Noble Metal Ions"; 2017年04月
    発表情報; Aust. J. Chem., 70, 5, 450-455
    著者; J.-Y. Kim, Y. Priastomo, S. Morisada,H. Kawakita, K. Ohto, Y. Kim,
  • バイオマスを有効活用した使用済み携帯電話からのレアメタル回収技術の開発; 2017年02月
    発表情報; ケミカルエンジニヤリング, 62, 3, 33-38
    著者; 大渡啓介、井上勝利、グルン・マンジュ
  • Formaldehyde Removal by Using Solid Phase Extraction with an Imination Reaction on an Amine Type Trident Molecule-Impregnated Resin; 2016年05月
    発表情報; Solvent Extr. Res. Dev., Jpn.,, 23, 2, 181-186
    著者; K. Ohto, Y. Hashimoto, Y. Ueda, A. Yamashita, S. Morisada, H. Kawakita,
  • High extraction ability and selectivity of a tripodal pivalamide derivative for Pt(Ⅳ) from hydrochloric acid solutions; 2016年05月
    発表情報; Sep. Sci. Technol., 51, 15-16, 2700-2707
    著者; Y. Ueda, S. Morisada, H. Kawakita, K. Ohto
  • Hydrometallurgical Recovery of Precious Metals and Removal of Hazardous Metals Using Persimmon Tannin and Persimmon Wastes; 2016年01月
    発表情報; Metals, 5, 1921-1956
    著者; K. Inoue, M. Gurung, Y. Xiong, H. Kawakita, K. Ohto, S. Alam
  • Comprehensive Comparison of Alkali Metal Extraction with a Series of Calix[4]arene Derivatives with Propyl and/or Acetic Acid Groups; 2015年12月
    発表情報; J. Incl. Phenom. Macrocycl. Chem., 84, 1, 87-97
    著者; H. Sadamatsu, T. Hanada, S. Morisada, H. Kawakita, K. Ohto
  • Calix[4]​resorcinarene-​chitosan hybrid via amide bond formation; 2015年10月
    発表情報; Asian J. Chem., 27, 6, 2273-2276
    著者; Jumina; Siswanta, Dwi; Anggraeni, Mayliana; Mardian, Muhamad Idham Darusalam; Mulyono, Panut; Ohto, Keisuke
  • Intramolecular synergism for group separation extraction of trivalent rare earths with a cross type calix[4]arene with phosphonic and carboxylic acid bifunctionality; 2015年07月
    発表情報; J. Incl. Phenom. Macrocycl. Chem., 81, 3, 301-310
    著者; A. B. Chetry, T. Matsufuji, B. B. Adhikari, S. Morisada, H. Kawakita, K. Ohto, T. Oshima, Jumina
  • Allosteric Coextraction of Sodium and Metal Iions with Calix[4]arene Derivatives 3. –Effect of Propyl Groups on Size-discrimination for the Second Coextracted Ion-; 2015年06月
    発表情報; Solvent Extr. Ion Exch., 33, 3, 264-277
    著者; H. Sadamatsu, S. Morisada, H. Kawakita, K. Ohto,
  • Relationship between chemical structure and extraction efficiency toward palladium with ketonic derivatives of p-tert-octylcalix[4]arene in nitric acid media; 2015年06月
    発表情報; J. Incl. Phenom. Macrocycl. Chem., 82, 1-2, 25-32
    著者; J.-Y. Kim, S. Morisada, H. Kawakita, K. Ohto, Y. Kim
  • Synthesis of a cross phosphonic acid type calix[4]arene with two different spacers and its extractive separation of rare earth metals; 2015年06月
    発表情報; J. Incl. Phenom. Macrocycl. Chem., 82, 1-2, 33-41
    著者; M. Tanaka, S. Morisada, H. Kawakita, K. Inoue, K. Ohto
  • Effect of Interfacial Activity on Silver Extraction Rate with Calix[4]arene Derivatives in Nitrate Media; 2014年11月
    発表情報; J. Ion Exch., 25, 4, 136-140
    著者; J.-Y. Kim, S. Morisada, H. Kawakita, K. Ohto
  • Ferro- and antiferromagnetic coupling in a chlorido-bridged, tetranuclear Cu(II) complex; 2014年06月
    発表情報; Dalton Transactions, 43, 15, 5662-5666
    著者; M. Grosshauser, P. Comba, J.-Y. Kim, K. Ohto, P. Thuéry, Y.-H. Lee, Y. Kim, J. Harrowfield
  • Extractive removal of formaldehyde by using imination reaction with amine type of trident molecule; 2014年04月
    発表情報; Solvent Extr. Res. Dev., Jpn., 21, 2, 173-180
    著者; K. Ohto, A. Yamashita, Y. Ueda, R. Yamaguma, S. Morisada, H. Kawakita
  • Microreactor Extraction System with Macrocyclic Host Compounds for Rare Metal Recovery; 2014年04月
    発表情報; Int. J. Soc. Mat. Eng. Res., 20, 1, 92-96
    著者; K. Ohto, J.-Y. Kim, S. Morisada, M. Maeki, K. Yamashita, M. Miyazaki
  • p-tert-Butylcalix[6]arene hexacarboxylic acid conformational switching and octahedral coordination with Pb(II) and Sr(II); 2014年02月
    発表情報; Chem. Commun., 50, 1903-1905
    著者; B. B. Adhikari,K. Ohto, M. P. Schramm
  • Microreactor Extraction System with Macrocyclic Host Compounds for Rare Metal Recovery; 2013年11月
    発表情報; Proceeding of ICMR 2013 (The Seventh International Conference on Materials Engineering for Resources), 172-175
    著者; K. Ohto, J.-Y. Kim, S. Morisada, M. Maeki, K. Yamashita, M. Miyazaki
  • Solvent Extraction Behavior of Divalent Palladium Ion with Phenylurea Derivative of Trident Molecule; 2013年10月
    発表情報; Solvent Extr.Res.Dev., Jpn., 21, 1, 9-19
    著者; Y. Ueda, S. Morisada, H. Kawakita, K. Ohto
  • Highly selective and efficient extraction of two Pb2+ ions with a p-tert-butylcalix[6]arene hexaacarboxylic acid ligand: an allosteric effect in extraction; 2013年08月
    発表情報; RSC Advances, 3, 25950-25959
    著者; B. B. Adhikari, M. Gurung, A. B. Chetry, H. Kawakita, K. Ohto
  • The effect of phenoxy oxygen atoms on extremely high extraction ability and less separation efficiency of trivalent rare earth elements with tetraphosphonic acid derivative of calix[4]arene; 2013年06月
    発表情報; J.Incl.Phenom.Macrocycl.Chem., 77, 1-4, 363-373
    著者; K. Ohto, A. Takedomi, A. B. Chetry, S. Morisada, H. Kawakita, T. Oshima
  • Extraction of Pb2+ with p-tert-butylcalix[4]-, [5]-, [6]arene carboxylic acid ligands and their monomeric counterpart: a thermodynamic approach; 2013年05月
    発表情報; Solvent Extr. Ion Exch., 31, 1-17
    著者; B. B. Adhikari, M. Gurung, H. Kawakita, K. Ohto
  • Solvent Extraction Behavior of Silver Ion with Secondary Phenylamide Derivative of Trident Molecule; 2013年03月
    発表情報; Solvent Extr.Res.Dev., Jpn.,, 20, 53-63
    著者; Y. Ueda, S. Morisada, H. Kawakita, K. Ohto
  • Somepost-Werneriancoordinationchemistry; 2013年01月
    発表情報; Polyhedron, 52, 1190-1198
    著者; J. H. Cho, J. Harrowfield, J. Y. Kim, Y. Kim, Y. H. Lee, K. Ohto, P. Thuéry, M. S. Won, Arim Woo
  • Solid Phase Extraction, Preconcentration and Separation of Indium with Methylene Crosslinked Calix[4]- and Calix[6]arene Carboxylic Acid Resins; 2012年06月
    発表情報; Chem.Eng.Sci., 78, 144-154
    著者; B.B.Adhikari, M.Gurung, H.Kawakita, K.Ohto
  • Aluminum Group Extraction with Benzoic Acid – Acetic Acid Crossed Type Calix[4]arene Derivatives; 2012年05月
    発表情報; Solvent Extr.Res.Dev., Jpn.,, 18, 41-50
    著者; M. Kawashima, H. Kawakita, K. Ohto, Y. Shiwa
  • Selective Extraction of Precious Metal Ions with Novel Trident Molecules with Pyridyl Groups; 2012年05月
    発表情報; Sep.Sci.Technol., 47, 9, 1303-1309
    著者; R. Yamaguma, A. Yamashita, H. Kawakita, T. Miyajima, C. Takemura, K. Ohto, N. Iwachido
  • 分離分析試薬としてのカリックスアレーン; 2012年03月
    発表情報; 分析化学, 61, 3, 157-167
    著者; 大渡啓介
  • Allosteric coextraction of sodium and metal ions with calix[4]arene derivatives 2: First numerical evaluation for the allosteric effect on alkali metal extraction with crossed carboxylicacidtypecalix[4]arenes; 2011年11月
    発表情報; Talanta, 88, 121-128
    著者; T.Yoneyama, H.Sadamatsu, S.Kuwata, H. Kawakita, K. Ohto
  • Complexation and extraction behavior of trivalent indium with multiple proton ionizable p–t-butylcalix[5]arene pentacaarboxylic acid derivative: a new efficient solvent extraction reagent for indium,; 2011年09月
    発表情報; J.Incl.Phenom.Macrocycl.Chem., 71, 3,4, 479-487
    著者; B.B.Adhikari, M.Gurung, H.Kawakita, K.Ohto,
  • Preorganized, cone-conformational calix[4]arene possessing four propylenephosphonic acids with high extraction ability and separation efficiency for trivalent rare earth elements; 2011年09月
    発表情報; J.Incl.Phenom.Macrocycl.Chem.,, 71, 3,4, 489-497
    著者; K.Ohto, T.Matsufuji, T.Yoneyama, M.Tanaka, H.Kawakita, T.Oshima
  • Multiple proton ionizable calixarene derivatives with different ring sizes and complexation ability as efficient ionophores for complexation and solvent extraction of trivalent indium; 2011年08月
    発表情報; Analyst, 136, 4570-4579
    著者; B.B.Adhikari, M.Gurung, H.Kawakita, K.Ohto
  • Cation Complexation with p-tert-butylcalix[5]arene Pentacarboxylic Acid Derivative: An Allosteric Regulation of The First Metal Ion For Stepwise Extraction of The Second Ion; 2011年07月
    発表情報; Analyst, 136, 3758-3769
    著者; B.B.Adhikari, M.Gurung, H.Kawakita, K.Ohto
  • Methylene crosslinked calix[6]arene hexacaarboxylic acid resin: a highly efficient solid phase extractant for decontamination of lead bearing effluents; 2011年07月
    発表情報; J.Haz.Mat., 193, 200-208
    著者; B.B.Adhikari, M.Gurung, H.Kawakita, K.Ohto
  • Synthesis and application of a highly efficient polyvinylcalix[4]arene tetraacetic acid resin for adsorptive removal of lead from aqueous solutions; 2011年06月
    発表情報; Chem.Eng.J., 172, 341-353
    著者; B.B.Adhikari, M.Kanemitsu, H.Kawakita, Jumina, K.Ohto
  • Effect of π electrons on the detection of silver ions by ion-selective electrodes containing tripodal broom molecules as an ionophore; 2011年04月
    発表情報; Anal.Sci., 27, 389-393
    著者; C.Yamamoto, H.Seto, K.Ohto, H.Kawakita, H.Harada
  • Elucidation of Extraction Mechanism of Lead ion with Ether-Acetic Acid Crossed Type of Calix[4]arene Derivatives; 2010年07月
    発表情報; J.Ion Exch., 21, 3, 217-222
    著者; K.Ohto, A.Yoshitake, A.Matsufuji, T.Nakamura, H.Kawakita, H. Harada
  • Recovery of gold by means of adsorption accompanied by reduction using orange waste; 2010年07月
    発表情報; J.Ion Exch., 21, 3, 137-140
    著者; M.Abe, H.Kawakita, K.Ohto, K.Inoue
  • Metal ion recognition of keto-dextran produced by enzymatic reactions in solution and membrane; 2010年07月
    発表情報; J.Ion Exch.,, 21, 3, 147-152
    著者; H.Seto, H.Kawakita, K.Ohto
  • Solvent extraction of precious metals with quinolinocalix[4]arene; 2010年04月
    発表情報; , 17, 187-194
    著者; T.Yoneyama, K.Ohto, H.Harada, H.Kawakita
  • Allosteric effect of the first lead ion on stepwise extraction of the second lead ion with p-t-butylcalix[5]arene pentacarboxylic acid derivative; 2010年
    発表情報; Tetrahedron Lett., 51, 27, 3481-3485
    著者; B.B.Adhikari, K.Ohto, M.Gurung, H.Kawakita
  • Rheological properties of keto-sugars with high-density carbonyl groups; 2010年
    発表情報; Carbohydrate Polymers, 80, 4, 1183-1188
    著者; H.Seto, K.Ohto, H.Harada, N.Takisawa, H.Kawakita
  • Adsorption Behavior of Quaternary Amine Types of Lignophenol Compounds for Some Precious Metals; 2010年
    発表情報; Solvent Extr.Ion Exch., 28, 3, 403-414
    著者; K.Khunathai, D.Parajuli, K.Ohto, H.Kawakita, H.Harada, K.Inoue, K.Hirota, M.Funaoka
  • Solvent extraction and stripping of gold(III) from hydrochloric acid solution using vacuum pump oil; 2010年
    発表情報; Solv.Extr.Res.Dev.,Jpn., 17, 151-162
    著者; Y.Xiong, H.Kawakita, J.Inoue, M.Abe, K.Ohto, K.Inoue, H.Harada
  • Copper-ion adsorption and gold-ion reduction by polyphenols prepared by the enzymatic reaction of horseradish peroxidase; 2010年
    発表情報; J.Appl.Polym.Sci., 118, 1, 247-252
    著者; H.Kawakita, S.Nakano, K.Hamamoto, Y.Matsunaga, Y.Yoshimura, K.Ohto, K.Inoue
  • Selective adsorption of chromium(VI) from zinc(II) and other metal ions using persimmon waste gel; 2010年
    発表情報; Hydrometallurgy, 104, 2, 123-128
    著者; K.Inoue, H.Paudyal, H.Nakagawa, H.Kawakita, K.Ohto
  • Reduction of gold ions to gold particles by reusable soluble poly(tyramine) polymerized by horseradish peroxidase; 2010年
    発表情報; Ind.Eng.Chem.Res., 49, 22, 11582-11586
    著者; H.Kawakita, Y.Yoshimura, K.Ohto
  • 有明海底泥から抽出した付着藻類起因多糖含有溶液の特性に関する研究; 2010年
    発表情報; 化学工学論文集, 36, 4, 323-327
    著者; 原田 浩幸, 天野 佳正, 志岐 昌彦, 吉野 健児, 山本 浩一, 横山 勝英, 川喜田 英孝, 大渡 啓介
  • Recovery of Precious Metals by Selective Adsorption on Dimethylamine-Modified Persimmon Peel; 2010年
    発表情報; Waste and Biomass Valorization, 1, 3, 339-345
    著者; Y.Xiong, C.R.Adhikari, H.Kawakita, K.Ohto, H.Harada, K.Inoue
  • 転移酵素反応で生成した多糖類による膜の機能化; 2010年
    発表情報; 化学工業, 61, 12, 944-949
    著者; 瀬戸 弘一、大渡 啓介、川喜田英孝
  • Reversible extension and shrinkage of solvent-responsive dextran chains produced by enzymatic reaction; 2010年
    発表情報; J.Membr.Sci., 37, 1-2, 76-81
    著者; H,Seto, K.Ohto, H.Kawakita
  • ジルコニウムを担持させたみかん搾汁残渣およびペクチン酸によるリン酸イオンの吸着; 2009年
    発表情報; 化学工学論文集, 35, 1, 30-35
    著者; 井上潤一、Biplob Kumar Biswas, 川喜田英孝、大渡啓介、原田浩幸、井上勝利
  • Chestnut pellicle for the recovery of gold; 2009年
    発表情報; Biores. Technol., 100, 1000-1002
    著者; D.Parajuli, C.R.Adhikari, H.Kawakita, S.Yamada, K.Ohto, K.Inoue
  • Grape waste as a biosorbent for removing Cr(VI) from aqueous solution; 2009年
    発表情報; J.Haz.Mat., 163, 245-250
    著者; R.Chand, K.Narimura, H.Kawakita, K.Ohto,T.Watari, K.Inoue
  • A spirobiscalix[4]azacrown: synthesis and complexing properties; 2009年
    発表情報; Tetrahedron Letters, 50, 5, 540-543
    著者; A.Hamdi, Y.H.Lee, Y.Kim, K.A.K.Dewi, K.Ohto, R.Abidi, J.Vicens
  • Adsorption of amino acid derivatives on calixarene carboxylic acid impregnated resins; 2009年
    発表情報; Reactive & Functional Polymers, 69, 2, 105-110
    著者; T.Oshima, R.Saisho, K.Ohe, Y.Baba, K.Ohto
  • Selective recovery of precious metals by persimmon waste chemically modified with dimethylamine; 2009年
    発表情報; Bioresource Technology, 100, 18, 4083-4089
    著者; Y.Xiong, C.R.Adhikari, H.Kawakita, K.Ohto, K.Inoue, H.Harada
  • Total recovery of gold, palladium, and platinum using lignophenol derivative; 2009年
    発表情報; Minerals Engineering, 22, 13, 1173-1178
    著者; D.Parajuli, K.Khunathai, C.R.Adhikari, K.Inoue, K.Ohto, H.Kawakita, M.Funaoka, K.Hirota
  • Allosteric coextraction of sodium and metal ions with calix[4]arene derivatives 1; 2009年
    発表情報; Journal of Inclusion Phenomena and Macrocyclic Chemistry, 65, 1-2, 111-120
    著者; K.Ohto, H.Ishibashi, H.Kawakita, K.Inoue, T.Oshima
  • Preparation of calix[4]arene methylene crosslinked resins with 2-pyridyl pendant group and their adsorption behavior towards silver ion; 2009年
    発表情報; Journal of Inclusion Phenomena and Macrocyclic Chemistry, 65, 1-2, 121-128
    著者; B.B.Adhikari, N.Hashiguchi, K.Ohto, H.Kawakita, K.Inoue
  • Selective gold recovery using orange waste; 2009年
    発表情報; Separation Science and Technology, 44, 12, 2797-2805
    著者; H.Kawakita, M.Abe, J.Inoue, K.Ohto, H.Harada, K.Inoue
  • Effective removal and recovery of antimony using metal-loaded saponified orange waste; 2009年
    発表情報; Journal of Hazardous Materials, 172, 2-3, 721-728
    著者; B.K.Biswas, J.Inoue, H.Kawakita, K.Ohto, K.Inoue
  • Adsorption, preconcentration and separation of lead ions by novel calix[4]arene tetracarboxylic acid based polyvinyl resin; 2009年
    発表情報; Ion Exchange Letters, 2, 42-45
    著者; B.B.Adhikari, M.Kanemitsu, H.Kawakita, K.Ohto
  • Leaching of phosphorus from incinerated sewage sludge ash by means of acid extraction followed by adsorption on orange waste gel; 2009年
    発表情報; Journal of Environmental Sciences, 21, 12, 1753-1760
    著者; B.K.Biswas, K.Inoue, H.Harada, K.Ohto, H.Kawakita
  • Extraction of amino acid derivatives using calixarene amide derivatives; 2008年05月
    発表情報; Solvent Extraction Research and Development, Japan, 15, 89-98
    著者; T.Oshima, T.Ishii, Y.Baba, H.Higuchi, K.Ohto, K.Inoue
  • Solid phase extraction of silver ion by impregnated resins with p-tert-butylcalix[4]arene pyridyl derivatives; 2008年05月
    発表情報; Solvent Extraction Research and Development, Japan, 15, 99-110
    著者; N.Hashiguchi, M.Tanaka, K.Ohto, H.Kawakita, K.Inoue
  • Adsorption study of metal ions onto crosslinked seaweed Laminaria japonica; 2008年
    発表情報; Bioresouce Technology, 99, 32-37
    著者; K.N.Ghimire, K.Inoue, K.Ohto, T,Hayashida
  • Preparation of phosphorylated bacterial cellulose as an adsorbent for metal ions; 2008年
    発表情報; React.Funct.Polym., 68, 376-383
    著者; T.Oshima, K.Kondo, K.Ohto, K.Inoue, Y. Baba
  • Liquid membrane transport of cytochrome c using a calix[6]arene carboxylic acid derivative as a carrier; 2008年
    発表情報; J.Membr.Sci., 307, 284-291
    著者; T.Oshima, A.Suetsugu, Y. Baba, Y.Shikaze, K.Ohto, K.Inoue
  • 使用済み液晶パネルからのインジウムの回収; 2008年
    発表情報; 化学工学論文集, 34, 282-286
    著者; 井上勝利、西浦正紘、川喜田英孝、大渡啓介、原田浩幸
  • Pre-concentration and separation of heavy metal ions by chemically modified waste paper gel; 2008年
    発表情報; Chemosphere, 72, 2, 182-188
    著者; R.C.Adhikari, D.Parajuli, K.Inoue, K.Ohto, H.Kawakita
  • Adsorptive removal of As(V) and As(III) from water by a Zr(IV)-loaded orange waste gel; 2008年
    発表情報; J.Hazardous Mat., 154, 1-3, 1066-1074
    著者; B.K.Biswas, J.Inoue, K.Inoue, N.K.Ghimire, H.Harada, K.Ohto, H.Kawakita
  • Heavy metal removal from contaminated scallop waste for feed and fertilizer application; 2008年
    発表情報; Bioresouce Technology, 99, 7, 2436-2441
    著者; K.N.Ghimire, K.Huang, K.Inoue, K.Ohto, H.Kawakita, H.Harada, M.Morita
  • Adsorptive Separation of Metal Ions onto Phosphorylated Orange Waste; 2008年
    発表情報; Sep.Sci.Technol., 43, 2, 362-375
    著者; K.N.Ghimire, J.Inoue, K.Inoue, H.Kawakita, K.Ohto
  • Effect Removal of Arsenic with Lanthanum(III)- and Cerium(III)-loaded Oragnge Waste Gels; 2008年
    発表情報; Sep.Sci.Technol., 43, 2144-2165
    著者; B.K.Biswas, K.Inoue, K.N.Ghimire, H.Kawakita, K.Ohto, H.Harada
  • Multi-calixarenes with multidentate coordination sites; 2008年
    発表情報; J.Incl.Phenom.Macrocycl.Chem., 62, 1,2, 187-191
    著者; A.B.Othman, Y.H.Lee, K.Ohto, R.Abidi, Y.Kim, J.Vicens
  • TRANSPORT BEHAVIOR OF Cr(III), Cd(II), Pb(II), AND Ag(I) IONS THROUGH BULK LIQUID MEMBRANE CONTAINING p-tert-BUTYLCALIX[4]ARENE–TETRADIETHYLACETAMIDE AS ION CARRIER; 2008年
    発表情報; Indo. J.Chem, 8, 3, 300-306
    著者; Maming,Jumina, D.Siswanta,H.Sastrohamidjojo, K.Ohto
  • Dimethylamine-modified waste paper for the recobery of precious metals; 2008年
    発表情報; Environ. Sci. Technol., 42, 5486-5491
    著者; C.R.Adhikari, D.Parajuli, H.Kawakita, K.Inoue, K.Ohto, H.Harada
  • Reduction and accumulation of Au(III) by grape waste: A kinetic approach; 2008年
    発表情報; React. Funct. Polym., 68, 1194-1199
    著者; D.Parajuli, C.R.Adhikari, H.Kawakita, K.Kajiyama, K.Ohto, K.Inoue
  • Recovery of gold from hydrochloric acid by means of selective coagulation with persimmon extract; 2008年
    発表情報; Sep. Sci. Technol., 43, 2375-2385
    著者; H.Kawakita, R.Yamauchi, D.Parajuli, K.Ohto, H.Harada, K.Inoue
  • Recovery of gold from hydrochloric acid by using lemon peel gel; 2008年
    発表情報; Sep. Sci. Technol., 43, 2363-2374
    著者; D.Parajuli, H.Kawakita, K.Kajiyama, K.Ohto, H.Harada, K. Inoue
  • Removal and recovery of phosphorus from water by means of adsorption onto orange waste gel loaded with zirconium; 2008年
    発表情報; Biores. Technol., 99, 8685-8690
    著者; B.K.Biswas, K.Inoue, K.N.Ghimire, H.Harada, K.Ohto, H.Kawakita
  • Solvent Extraction of Several Metal Ions with A Novel Tripodal Type of Carboxylic Acid; 2008年
    発表情報; Solvent Extraction:Fundamentals to Industrial Applications, Proc.ISEC 2008, Int.Solv.Extr.Conf., 2, 1481-1486
    著者; K.Ohto, Y.Fujimoto, H.Furugou, H.Kawakita, H.Harada, K.Inoue
  • Recovery of precious metals by using chemically modified waste paper; 2008年
    発表情報; New Journal of Chemistry, 32, 9, 1634-1641
    著者; C.R.Adhikari, D.Parajuli, K.Inoue, K.Ohto, H.Kawakita, H.Harada
  • Extractive separation of rare earth ions by using calix[4]arene with isopropyl hydrogen phosphonate at upper rim; 2007年
    発表情報; Ars Sep. Acta, 4, 96-106
    著者; K.Ohto, T.Yamasaki, K.Inoue
  • Adsorption of rare earth metal ions on novel tripodal broom methylcarbamoylmethoxy acetic acid impregnated resin; 2007年
    発表情報; Ars Sep. Acta, 4, 27-36
    著者; T.Nakamura, K.Ohto, T.Oshima, K.Inoue
  • A solvent extraction kinetic study of silver ion with a crossed type carboxylic acid derivative of calix[4]arene; 2007年
    発表情報; Solvent Extraction Research and Development, Japan, 14, 145-150
    著者; Ohto, Keisuke; Terada, Masashi; Shiratsuchi, Koji; Cierpiszewski, Ryszard; Inoue, Katsutoshi
  • Leaching Kinetics of Cadmium from Scallop Waste by Dilute Sulfuric Acid Solution; 2007年
    発表情報; J.Chem.Eng.Jpn., 40, 9, 786-791
    著者; K.Huang, K.N.Ghimire, K.Inoue, K.Ohto, H.Kawakita, H.Harada, M.Morita
  • Adsorptive and Separation of Hexavalent Chromium by Using Adsorption Gel Prepared from Grape Residue; 2007年
    発表情報; J. Ion Exch., 18, 4, 398-403
    著者; K.Narimura, K. Inoue, K. Ohto, H. Harada, H. Kawakita
  • Adsorptive removal of arsenic by zirconium ion-loaded orange waste gel; 2007年
    発表情報; J. Ion Exch., 18, 4, 324-327
    著者; J. Inoue, K.N.Ghimire, K. Inoue, K. Ohto, H. Harada, H. Kawakita
  • Selective recovery of precious metals by a novel lignin gel; 2007年
    発表情報; J. Ion Exch., 18, 4, 352-355
    著者; K. Khunathai, D. Parajuli, C. R. Adhikari, H. Kawakita, K. Ohto, K. Inoue, M. Funaoka
  • Waste Paper gel for the mutual separation of heavy metals; 2007年
    発表情報; J. Ion Exch., 18, 4, 328-333
    著者; C. R. Adhikari, D. Parajuli, K. Inoue, K. Ohto, H. Kawakita
  • Adsorptive separation of arsenic and phosphorous from an aquatic environment using meta-loaded orange waste; 2007年
    発表情報; J. Ion Exch., 18, 4, 284-289
    著者; B.K. Biswas, K.N.Ghimire, K. Inoue, K. Ohto, H. Kawakita
  • Solvent Extraction of rare earth and precious metals with quaternary ammonium type of calix[4]arene; 2007年
    発表情報; J. Ion Exch., 18, 4, 240-245
    著者; K. Ohto, H. Ishii, H. Kawakita, H. Harada, K. Inoue
  • Recovery and Separation of Precious Metals Using Waste Paper; 2007年
    発表情報; Chem.Lett., 36, 10, 1254-1255
    著者; C.R.Adhikari, D.Parajuli, H.Kawakita, R.Chand, K.Inoue, K.Ohto
  • 一般廃棄物最終処分場から発生する回収塩溶液の電気分解による消毒用次亜塩素酸ナトリウム溶液の生成; 2007年
    発表情報; 下水道協会誌論文集, 44, 532, 91-99
    著者; 原田浩幸, 中村佳代,大村千敏,井上勝利,川喜田英孝,大渡啓介
  • Adsorption behavior of iminodiacetic acid type of chelating gel prepared from waste paper; 2007年
    発表情報; Sep.Sci.Technol., 42, 3, 579-590
    著者; R.A.Chaitanya, D.Parajuli,H.Kawakita, K.Inoue, K.Ohto, D.Fujiwara,
  • Enzymatic polymerization of o-phenylendiamine with cytochrome c activated by a calixarene derivative in organic media; 2007年
    発表情報; Biochem.Eng.J., 35, 1, 66-70
    著者; T.Oshima, M.Sato, Y.Shikaze, K.Ohto, K.Inoue, Y.Baba,
  • Adsorption Behavior of Waste Paper Gels Chemically Modified with Functional Groups of Primary Amine and Ethylenediamine for Some Metal Ions; 2007年
    発表情報; Solvent Extr.Ion Exch., 25, 6, 845-855
    著者; H.Kawakita, K.Inoue, K.Ohto, S.Shimada, K.Itayama,
  • Adsorptive Separation of Metallic Pollutants onto Waste Seaweeds, Porphyra Yezoensis and Ulva Japonica; 2007年
    発表情報; Sep.Sci.Technol., 42, 9, 2003-2018
    著者; N.K.Ghimire, K.Inoue,K.Ohto, T.Hayashida
  • Persimmon peel gel for the selective recovery of gold; 2007年
    発表情報; Hydrometallurgy, 87, 3-4, 133-139
    著者; D.Parajuli, H.Kawakita, K.Inoue, K.Ohto, K.Kajiyama
  • The adsorption of phosphate from an aquatic environment using metal-loaded orange waste; 2007年
    発表情報; J.Colloid Interface Sci., 312, 2, 214-223
    著者; B.K.Biswas, K.Inoue, K.N.Ghimire, S.Ohta, H.Harada, K.Ohto, H.Kawakita
  • Selective recovery of gold by novel lignin-based adsorption gels; 2006年
    発表情報; Industrial & Engineering Chemistry Research, 45, 1, 8-14
    著者; Parajuli, Durga; Adhikari, Chaitanya R.; Kuriyama, Masayuki; Kawakita, Hidetaka; Ohto, Keisuke; Inoue, Katsutoshi; Funaoka, Masamitsu
  • リンゴ朔汁残渣を有効利用したホタテガイ内臓廃棄物からのカドミウムの除去プロセスの開発; 2006年
    発表情報; 廃棄物学会論文誌, 17, 4, 299-304
    著者; 井上勝利、Kedar Nath Ghimire、黄 凱、大渡啓介、原田浩幸、川喜田英孝、森田穣
  • 古紙を利用したアミン型吸着剤の調製と金属イオンの吸着特性; 2006年
    発表情報; 廃棄物学会論文集, 17, 3, 243-249
    著者; 川喜田英孝、井上勝利、大渡啓介、板山恭子、ドュルガ・パラジュリ
  • Adsorption behavior of catecholamines on a calixarene carboxylic acid impregnated resin.; 2006年
    発表情報; Solvent Extraction Research and Development, Japan, 13, 123-129
    著者; Oshima, Tatsuya; Saisho, Ryota; Ohe, Kaoru; Baba, Yoshinari; Ohto, Keisuke.
  • Extraction Behavior of Catecholamines by Calixarene Carboxylic Acid Derivatives; 2006年
    発表情報; J. Incl. Phenom. Macrocycl. Chem., 55, 79-85
    著者; T. Oshima, K. Oishi, K. Ohto, K. Inoue
  • Regioselective synthesis of lipophilic dithiocarbamate derivatives of cellulose to prepare a novel solvent extraction reagent for selective extraction of palladium group metal (PGM) ions and Cu(II).; 2006年
    発表情報; Chemistry Letters, 35, 9, 1064-1065
    著者; Dhakal, Rabindra Prasad; Inoue, Katsutoshi; Ohto, Keisuke; Baba, Yoshinari
  • Adsorptive removal of uranium and thorium with a crosslinked persimmon peel gel; 2006年
    発表情報; J. Radioanal. Nucl. Chem., 267, 435-442
    著者; K. Inoue, H. Kawakita, K. Ohto, T. Oshima, H. Murakami
  • Phosphorylated Bacterial Cellulose for Adsorption of Metal ions; 2005年
    発表情報; Solvent Extraction for Sustainable Development, Proc.Int.Conf.Solv.Extr.2005, Beijing, 846-851
    著者; T.Oshima, K.Kondo, K.Ohto, K.Inoue
  • Solvent Extraction of Rare Earths with Novel Calix[4]arene Phosphonate Derivative; 2005年
    発表情報; Solvent Extraction for Sustainable Development, Proc.Int.Conf.Solv.Extr.2005, Beijing, 840-845
    著者; K.Ohto, T.Matsufuji, A.Tada, T.Oshima, K.Inoue
  • Selective Extraction and Recovery of Cytochrome c by Liquid-Liquid Extraction Using a Calix[6]arene Carboxylic Acid Derivative; 2005年
    発表情報; Langmuir, 21, 16, 7280-7284
    著者; Oshima, Tatsuya; Higuchi, Hiroaki; Ohto, Keisuke; Inoue, Katsutoshi; Goto, Masahiro
  • 生物処理された豚舎排水の脱色とりん除去の簡易処理; 2005年
    発表情報; 環境技術, 39, 9, 645-652
    著者; 原田浩幸、橋口純也、井上勝利、川喜田英孝、倉元厚一、大渡啓介
  • Adsorption of heavy metals on crosslinked lignocatechol: a modified lignin gel; 2005年
    発表情報; Reactive & Functional Polymers, 62, 2, 129-139
    著者; Parajuli, Durga; Inoue, Katsutoshi; Ohto, Keisuke; Oshima, Tatsuya; Murota, Atsushi; Funaoka, Masamitsu; Makino, Kenjiro
  • Solvent extraction of some metal ions with lipophilic chitin and chitosan; 2005年
    発表情報; Solvent Extraction and Ion Exchange, 23, 4, 529-543
    著者; Dhakal, Rabindra Prasad; Inoue, Katsutoshi; Yoshizuka, Kazuharu; Ohto, Keisuke; Yamada, Mariko; Seki, Sumito
  • Development of New Removal Process of Cadmium from Wastes of Scallops by Using Biomass Wastes; 2005年
    発表情報; Proc. 8th International Symposium on East Asian Resources Recycling Technology, 30, 6, 822-825
    著者; K.Inoue, L.Jelinek, K.Ohto, M.Morita
  • 架橋リグノスルホン酸の金属イオン吸着挙動; 2004年11月
    発表情報; 化学工学論文集, 30, 6, 822-825
    著者; 井上, 勝利 / 大渡, 啓介 / 大島, 達也 / 大西, 沙耶香 / 牧野, 賢次郎
  • A calix [6] arene amide derivative for extraction of guanidium compound and ammonium compound; 2004年06月
    発表情報; Proceeding of Ars Separatoria 2004
    著者; T. Oshima, H. Higuchi, K. Ohto, K. Inoue
  • 使用済み鋳型石膏より調製したヒドロキシアパタイトによるフッ化物イオンの吸着・除去; 2004年03月
    発表情報; 化学工学論文集, 30, 2, 206-210
    著者; 井上, 勝利 / 栗山, 正之 / 大渡, 啓介 / 大島, 達也 / 古田, 祥知子 / 牧野, 賢次郎
  • Adsorptive removal of cadmium from wastes of scallops by using orange or apple juice residue; 2004年
    発表情報; International Symposium on Green Technology for Resources and Materials Recycling, Proceedings, 140-147
    著者; K. Inoue, K.N. Ghimire, K. Ohto, T. Oshima, K. Makino, M. Morita
  • Solvent extraction of catechols with boron-containing reagents; 2004年
    発表情報; Solv. Extr. Res. Dev. Jpn, 11, 145-158
    著者; K. Inoue, Y. Koga, K. Ohto, K. Yoshizuka
  • Selective Extraction of Silver Ion with Proton Switchable calix [4] arene; 2004年
    発表情報; Chem.Lett., 34, 1, 80-81
    著者; H. Higuchi, T. Matsufuji, T. Oshima, K. Ohto, K. Inoue, T.T.-Ayush, and K. Gloe
  • Solvent extraction of rare earths with a novel phosphonate extractant providing a narrow coordination site; 2004年
    発表情報; Solv. Extr. Res. Dev. Jpn, 11, 121-134
    著者; K. Ohto, H. Nakagawa, H. Furutsuka, T. Shinohara, T. Nakamura, T. Oshima, K. Inoue
  • Extraction Mechanism of Lead Ion with p-Allylcalix[4]arene Tetracarboxlic Acid; 2004年
    発表情報; Ars Separatoria Acta, 3, 62-71
    著者; K.Ohto, T.Yokomoto, H.Higuchi, T.Oshima, K.Inoue, Jumina
  • バイオマスを活用した坑廃水からの砒素の除去; 2003年12月
    発表情報; 資源と素材 : 資源・素材学会誌, 119, 12, 767-771
    著者; 井上, 勝利 / GHIMIRE, Kedar Nath / 林田, 丈博 / 大島, 達也 / 大渡, 啓介 / 牧野, 賢次郎 / 窪木, 英二 / 橋本, 晃一
  • Preparation of Novel Crosslinking Type Resins Based on Calix [4] arene Tetracarboxylate with High Selectivity and High Loading Capacity for Lead Ion; 2003年
    発表情報; J.ion Exch., supplement, 14, 301-304
    著者; K.Ohto, T.Yamasaki, S .Wakisaka, T.Shinohara, K.Inoue
  • Protein Extraction and Stripping with Calixarene Derivatives; 2003年
    発表情報; JOURNAL OF ION EXCHANGE, 14, 373-376
    著者; Oshima, T / Higuchi, H / Ohto, K / Inoue, K / Goto, M
  • Effect of coexisting sodium ion on extractive separation of metal ions with calix [4] arene tetracarboxylic acid; 2002年
    発表情報; Ars Separatoria Acta, 1, 61-70
    著者; K.Ohto, A.Shioya, H.Higuchi, T.Oshima, K.Inoue
  • Silver ion selective electrode based on (2-pyridylmethoxy)-p-t-octylcalix [4] arene; 2002年
    発表情報; Ars Separatoria Acta , 1, 99-103
    著者; H.Higuchi, T.Shinohara, T.Oshima, K.Ohto, K.Inoue

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • 事例27 貴金属回収を目指したバイオマス(微細藻類など)の有効利用; 2016年11月
    発表情報; 地域生物資源産業化事例集, 85-87
    著者; 大渡啓介、川喜田英孝
  • 化学工学年鑑2013 5.分離操作 5.5抽出; 2013年10月
    発表情報; 化学工学, 77, 10, 702-703
    著者; 大渡啓介
  • 九州大学大学院工学研究院応用化学部門分子教室バイオプロセス化学講座(後藤・神谷研究室)を訪ねて; 2012年01月
    発表情報; 日本イオン交換学会誌, 23, 1, 2-3
    著者; 大渡啓介
  • 佐賀大学大学院工学系研究科分析化学系研究室を訪ねて; 2011年12月
    発表情報; ぶんせき, 444, 12, 725-727
    著者; 大渡啓介
  • 金属抽出の最新動向; 2009年
    発表情報; 分離技術誌, 39, 4, 230-235
    著者; 大渡啓介
  • カリックスアレーンを用いる分子認識化学; 2008年
    発表情報; 化学と教育, 56, 2, 68-71
    著者; 大渡啓介
  • 天然物を有効活用した 難分離性長寿命核種の分離技術の研究開発; 2008年
    発表情報; 平成18年度 文部科学省 原子力システム研究開発事業, 1-46
    著者; 大渡啓介
  • 国立大学法人 宮崎大学工学部物質環境化学科 資源環境化学講座(馬場・大島研究室)を訪ねて; 2008年
    発表情報; 日本イオン交換学会誌, 19, 1, 50-51
    著者; 大渡啓介
  • 第4回イオン交換国際会議(ICIE'07)報告; 2008年
    発表情報; 日本イオン交換学会誌, 19, 11, 36-44
    著者; 一國伸之、佐藤重明、國仙久雄、高柳弘昭、早下隆士、鈴木達也、中島靖、岡田哲男、熊田伸弘、大渡啓介、斉藤恭一
  • 天然物を有効活用した難分離性長寿命核種の分離技術の研究開発; 2008年
    発表情報; 平成19年度 文部科学省 原子力システム研究開発事業 成果報告書, 1-46
    著者; 大渡啓介
  • 穏和な条件下で水素ガスを吸蔵する大環状ホスト分子結晶; 2007年
    発表情報; ぶんせき, 11, 610-610
    著者; 大渡啓介
  • International Symposium on Ion Exchange in Korea (2006) and 22nd Annual Meeting of JAIE 報告; 2006年
    発表情報; 日本イオン交換学会誌, 18, 1, 28-30
    著者; 岡田哲男、熊田伸弘、鈴木憲子、大渡啓介
  • upper rim側4級硝酸アンモニウム型カリックス[4]アレーンによる希土類の抽出挙動; 2006年
    発表情報; 佐賀大学理工学部集報, 34, 2, 15-19
    著者; 大渡啓介、杉山良治、石井啓明、井上勝利
  • Extraction equilibrium of trivalent erbium, yttrium and holmium with dioleyl- and dioctyphosphoric acids; 2005年
    発表情報; 佐賀大学理工学部集報, 34, 1, 7-10
    著者; Ohto, Keisuke; Inoue, Katsutoshi; Goto, Masahiro; Nakashio, Fumiyuki; Kago, Tokihiro
  • ピリジニウム型カリックス[4]アレーン誘導体による金属アニオンの抽出; 2004年
    発表情報; 佐賀大学理工学部集報, 33, 2, 21-24
    著者; 大渡啓介、多伊良彰文、樋口浩隆、井上勝利

一般講演(学術講演を含む)

  • アミドおよびウレア型抽出試薬による4価白金の抽出機構に関する分光学的解析; 2017年03月
    発表情報; 化学工学会 第82年会
    著者; 上田祐生、森貞真太郎、川喜田英孝、近江健太郎、藤田光晴、Jan J. Weigand、大渡啓介
  • Mutual extractive separation of precious metals with calixarene derivatives using microreactor system; 2017年01月
    発表情報; 第19回連携大学院産学官交流セミナー
    著者; Y. S. Kurniawan, R. R. Sathuluri, K. Ohto, H. Kawakita, S. Morisada, W. Iwasaki, M. Miyazaki
  • Preparation of silver ion-selective electrodes containing calix[4]arene derivatives as an ionophores; 2016年12月
    発表情報; The 29th International Symposium on Chemical Engineering (ISChE 2016)
    著者; Takenori Shimojo, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • Preparation of resin based on calix[4]arene for palladium adsorption; 2016年12月
    発表情報; The 7th Liaoning University– Saga University Joint Seminar
    著者; Yoga Priastomo, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • Extraction of Platinum Group Metals with Tripodal Extractants; 2016年11月
    発表情報; The 11th Saga University - Daegu University Joint Seminar
    著者; Yuki Ueda, Erina Mizuki, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Jan J. Weigand, Keisuke Ohto
  • アミドおよびウレア型抽出試薬による塩酸媒体からの白金(Ⅳ)の抽出 - 工業的な観点における研究; 2016年11月
    発表情報; 第35回溶媒抽出討論会
    著者; 大渡啓介、上田祐生、森貞真太郎、川喜田英孝、近江健太郎、藤田光晴
  • アミドおよびウレア型抽出試薬による塩酸媒体からの白金(Ⅳ)の抽出 - 抽出機構の分光学的解析; 2016年11月
    発表情報; 第35回溶媒抽出討論会
    著者; 上田祐生、森貞真太郎、川喜田英孝、近江健太郎、藤田光晴、Jan J. Weigand、大渡啓介
  • Microreactor System for Precious Metal Ion Recovery with Calixarene Derivatives; 2016年10月
    発表情報; The 11th Saga University - Daegu University Joint Seminar
    著者; Ramachandra Rao Sathuluri, Yehezkiel S. Kurniawan, Wataru Iwasaki, Keisuke Ohto
  • Functionality and application of calixarene compounds for metal extraction; 2016年10月
    発表情報; The 11th Saga University - Daegu University Joint Seminar
    著者; K. Ohto
  • Phenylketone Functionalized p‐tert-Octylcalix[4]arene as Ionophore for Silver  Ion-selective Electrode; 2016年10月
    発表情報; The 11th Saga University - Daegu University Joint Seminar
    著者; Takenori Shimojo, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • Preparation of Palladium-Resin based on Calix[4]arene for Solid-State Hydrogen Storage; 2016年10月
    発表情報; The 11th Saga University - Daegu University Joint Seminar
    著者; Yoga Priastomo, Keisuke Ohto, Hidetaka Kawakita, Shintaro Morishada
  • Extraction of platinum group metals with nitrogenous extractants and its extraction mechanism analysis; 2016年09月
    発表情報; 4nd International conference on methods and materials for separation processes SEPARATION SCIENCE - THEORY AND PRACTICE 2016
    著者; Y. Ueda, S.Morisada, H. Kawakita, K.Ohto P53
  • Extraction of Platinum Group Chlorometalates from HCl solution with Tripodal Extractants; 2016年09月
    発表情報; Mitteldeutsches Anorganiker Nachwuchs Symposium (MANS-14)
    著者; Y. Ueda, E. Mizuki, S. Morisada, H. Kawakita, F. Hennersdorf, M. Wenzel, J.J. Weigand, K. Ohto
  • Tripodal Extractants for Platinum Group Chlorometalateds; 2016年09月
    発表情報; Whler-Tagung
    著者; Y. Ueda, E. Mizuki, S. Morisada, H. Kawakita, F. Hennersdorf, M. Wenzel, J.J. Weigand, K. Ohto
  • カリックス[4]アレーンモノホスホン酸誘導体によるアルカリ金属抽出挙動の検討; 2016年07月
    発表情報; 第53回化学関連支部合同大会
    著者; 黒岩春乃,森貞真太郎,川喜田英孝,大渡啓介
  • クエン酸を母体とした抽出試薬による金属イオンの抽出挙動の検討; 2016年07月
    発表情報; 第53回化学関連支部合同大会
    著者; 宮井翔太,森貞真太郎,川喜田英孝,大渡啓介
  • Gas adsorption property of calixarenes; 2016年07月
    発表情報; The 8th ISNSC (International Symposium on Nano & Supramolecular Chemistry
    著者; K. Ohto, B. B. Adhikari, H. Sadamatsu, S. Morisada, H. Kawakita, H. Endou
  • カリックス[4]アレーン誘導体をもちいたアルカリ金属抽出における構造解析; 2016年07月
    発表情報; 第33回九州分析化学若手の会 夏季セミナー
    著者; 黒岩春乃,森貞真太郎,川喜田英孝,大渡啓介
  • クエン酸を母体としたアミド基・カルボキシル基混合型抽出試薬の開発および金属イオンの抽出挙動の検討; 2016年07月
    発表情報; 第33回九州分析化学若手の会 夏季セミナー
    著者; 宮井翔太,森貞真太郎,川喜田英孝,大渡啓介
  • Solvent extraction of trivalent rare earths with acidic organophosphorus trident molecules; 2016年06月
    発表情報; Rare Earths 2016 in Sapporo, Japan
    著者; Keisuke Ohto, Hiroshi Murakami, Hiromasa Murashima, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Jan Weigand, Karsten Gloe
  • カリックス[4]アレーン誘導体によるリチウムの選択的抽出とイオン選択性電極への応用; 2016年03月
    発表情報; 化学工学会 第81年会
    著者; 大渡啓介、中本光、池田那奈、下條健典、川喜田英孝、森貞 真太郎
  • Function of calix[4]arene framework as host compounds for extractive metal separation; 2015年12月
    発表情報; 3rd international symposium on host compounds for separation and functionality in Saga
    著者; K. Ohto
  • Phosphonic derivative of C3 trident molecule for trivalent rare earth matal separation; 2015年12月
    発表情報; The 28th International Symposium on Chemical Engineering(ISChE 2014)
    著者; Hiroshi Murakami, Hiromasa Murasima, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • Extraction behavior of precious metal ions with trimethylacetamide type of trident molecule; 2015年12月
    発表情報; 
    著者; Yuki Ueda, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • Synthesis and antibacterial in-vitro test of N-phenyl pyrazoline compound from benzaldehyde and vanillin with acetophenone; 2015年12月
    発表情報; The 6th Saga University–Liaoning University Joint Seminar
    著者; Yoga Priastomo, Tutik Dwi Wahyuningsih, Deni Pranowo, Keisuke Ohto
  • Mutual extractive separation of precious metals with calixarene derivatives using microreactor system; 2015年11月
    発表情報; 
    著者; Keisuke Ohto, JeeYoung Kim, Hidetaka Kawakita, Sathuluri Ramachandra Rao, Masatoshi Maeki, Masaya Miyazaki
  • Solvent extraction of platinum group metals with pivalamidederivative of trident molecule; 2015年11月
    発表情報; 2015 TKJ Joint Meeting on Chemical Engineering
    著者; Yuki Ueda, ShintaroMorisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • Droplet-based microfluidic system as an efficient recovery of rare metal ions with calix[4]arene derivatives from acidic media; 2015年11月
    発表情報; 2015 TKJ Joint Meeting on Chemical Engineering
    著者; R. R. Sathuluri, M. Maeki, J.-Y. Kim, Yuki Ueda, K. Ohto, M. Miyazaki
  • Extractive separation of rare earth metals with 2-ethylhexylphosphonic acid type of trident molecule; 2015年11月
    発表情報; The 10th Daegu University -Saga University Joint Seminar
    著者; Hiroshi Murakami, Daisuke Fukumoto, Hiromasa Murashima, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • 金属分離剤の分子デザイン; 2015年10月
    発表情報; d.フェス
    著者; 大渡啓介
  • Adsorptive cadmium removal using dithiocarbamate type chitosans; 2015年10月
    発表情報; The 4th International Arsenic Symposium in MIYAZAKI
    著者; Keisuke Ohto, Shingo Ohta, Kai Huang, Hidetaka Kawakita, Katsutoshi Inoue
  • ピバルアミド型三脚状分子による塩酸媒体からの貴金属イオン抽出; 2015年10月
    発表情報; 第34回溶媒抽出討論会
    著者; 上田 祐生,森貞 真太郎,川喜田 英孝, 大渡 啓介
  • 2-エチルホスホン酸型三脚状分子による希土類金属の抽出; 2015年10月
    発表情報; 第34回溶媒抽出討論会
    著者; 大渡啓介、村上浩、福元大輔、森貞真太郎、川喜田英孝
  • Solvent extraction of precious metal ions with trimethylacetamide type of trident molecule; 2015年09月
    発表情報; 3RDSSTP (3RD INTERNATIONAL CONFERENCE ON METHODS AND MATERIALS FOR SEPARATION PROCESSES)
    著者; Yuki Ueda, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • PAPRIKA WASTE AS A BIOSORBENT FOR REMOVING HEAVY METALS FROM AQUEOUS SOLUTIONS; 2015年09月
    発表情報; 3RDSSTP (3RD INTERNATIONAL CONFERENCE ON METHODS AND MATERIALS FOR SEPARATION PROCESSES)
    著者; Ryszard Cierpiszewski, Joanna Dydczak, Tomasz Kalak, Keisuke Ohto
  • ホスト分子を用いたマイクロリアクター系での貴金属の抽出相互分離; 2015年09月
    発表情報; 
    著者; 大渡啓介、金芝瑛、川喜田英孝、SATHULURI RAMACHANDRA RAO、真栄城 正寿、宮崎 真佐也
  • Introduction of Saga University; 2015年09月
    発表情報; Lecture for student transfer and exchange program STEPs and UGM
    著者; K. Ohto
  • Droplet-based Microreactor System for An Efficient Recovery of Rare Metal Ions with Calix[4]arene Derivatives from Acidic Media; 2015年09月
    発表情報; 
    著者; R. R. Sathuluri, M. Maeki, Yuki Ueda, J.-Y. Kim, K. Ohto, M. Miyazaki
  • Solvent extraction of platinum group metal ions with the secondary amide type of trident molecules; 2015年08月
    発表情報; 
    著者; Yuki Ueda, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • 金属の新規分離剤の開発; 2015年07月
    発表情報; 産学官連携フォーラム2015
    著者; 大渡啓介
  • ピバルアミド型三脚状分子による貴金属イオンの溶媒抽出; 2015年07月
    発表情報; 上田祐生,森貞真太郎,川喜田英孝,大渡啓介
    著者; 上田祐生,森貞真太郎,川喜田英孝,大渡啓介
  • Droplet-based Microfluidic Reactor for Precious Metal Ion Recovery with Calix[4]arene Derivatives; 2015年07月
    発表情報; 3rd international symposium on host compounds for separation and functionality in Saga
    著者; Sathuluri Ramachandra Rao, Jee Young Kim, Masaya Miyazaki, Keisuke Ohto
  • Solvent extraction of PGMs from HCl media with pivalamide type of trident molecule; 2015年07月
    発表情報; 3rd international symposium on host compounds for separation and functionality in Saga
    著者; Yuki Ueda, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • Extractive Separation of Rare Eearth Metals with 2-Ethylhexylphosphonic Acid Type Trident Molecule; 2015年07月
    発表情報; 3rd international symposium on host compounds for separation and functionality in Saga
    著者; Hiroshi Murakami, Hiromasa Murashima Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • Selective Extraction of Lithium with Tripropyl-monoacetic Acid Derivative of Calix[4]arene; 2015年07月
    発表情報; 3rd international symposium on host compounds for separation and functionality in Saga
    著者; Haruno Kuroiwa, Hirotoshi Sadamatsu, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • 2-エチルへキシルホスホン酸型三脚状分子の開発と希土類金属の相互分離; 2015年06月
    発表情報; 第52回化学関連支部合同大会
    著者; 村上浩、大渡啓介
  • Droplet-based MicroreactorSystem for an Efficient Extraction and Recovery of Silver Ions with Calix[4]areneDerivatives; 2015年04月
    発表情報; 7th International Symposium on Microchemistry and Microsystems (ISMM2015)
    著者; R. R. Sathuluri, M. Maeki, J.-Y. Kim, Y. Ueda, K. Ohto, M. Miyazaki
  • Investigation of the Correlationship between Ag(I) Extraction Rate and Interfacial Activity with Various Types of Calix[4]arene Derivatives in Nitric Acid Media; 2014年12月
    発表情報; The 27th International Symposium on Chemical Engineering(ISChE 2014)
    著者; Jee Young Kim, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • アミド型三脚状抽出試薬による白金族金属抽出特性の評価; 2014年12月
    発表情報; 第33回溶媒抽出討論会
    著者; 上田祐生、森貞真太郎、川喜田英孝、大渡啓介
  • トリアルキルーモノ酢酸型カリックス[4]アレーンによるリチウムの選択的抽出と樹脂化への応用; 2014年12月
    発表情報; 第33回溶媒抽出討論会
    著者; 大渡啓介、定松浩俊、ビスワス・ビプロブ・クマール、森貞真太郎、川喜田英孝
  • Lithium Selective Adsorption on Impregnated Resin with Trialkyl - Monoacetic Acid Derivative of Calix[4]arene; 2014年11月
    発表情報; ICIE 2014 (International Conference of Ion Exchange)
    著者; Keisuke Ohto, Hirotoshi Sadamatsu, Takuya Hanada, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita
  • Solvent extraction of palladium(II) with neutral type of trident molecules; 2014年11月
    発表情報; ICIE 2014 (International Conference of Ion Exchange)
    著者; Yuki Ueda, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • Effect of Interfacial Activity on Silver Extraction Rate with Calix[4]arene Derivatives in Nitrate Media; 2014年11月
    発表情報; ICIE 2014 (International Conference of Ion Exchange)
    著者; JeeYoung Kim, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • Precious Metal Extraction with calix[4]arene derivatives by Using Microreactors; 2014年11月
    発表情報; ICIE 2014 (International Conference of Ion Exchange)
    著者; Keisuke Ohto, JeeYoung Kim, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Masatoshi Meki, Masaya Miyazaki
  • Alkali Earth Metal Extraction with Crosslinked Calix[4]arene; 2014年11月
    発表情報; The 9th Daegu University-Saga University Joint Symposium
    著者; Takuya Hanada, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • "Preparation of the Extractant Based on Trident Molecule with Phosphonic Acids for the Separation of Rare Earth Metals; 2014年11月
    発表情報; The 9th Daegu University-Saga University Joint Symposium
    著者; Hiroshi Murakami, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • Preparation of the Extractant Based on Citric Acid for Lithium Discrimination; 2014年11月
    発表情報; The 9th Daegu University-Saga University Joint Symposium
    著者; Shin Yamaguchi, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • Microreactor System with Calix[4]arene Derivatives for Silver Extraction; 2014年10月
    発表情報; The International Symposium on Preparative Chemistry of Advanced Matrials, 2014
    著者; K. Ohto
  • Cross-linking of monoacetic acid derivative of calix[4]arenes for alkali earth metal extraction; 2014年10月
    発表情報; The International Symposium on Preparative Chemistry of Advanced Matrials, 2014
    著者; T. Hanada, S. Morisada, H. Kawakita, K. Ohto
  • Solvent extraction of precious metal ions with phenylurea type of trident molecule; 2014年09月
    発表情報; ISEC2014 (20th International Solvent Extraction Conference 2014)
    著者; Y. Ueda, S. Morisada, H. Kawakita, K. Ohto
  • Lithium Discriminating Extraction with Tripropyl-Monoacetic Acid Derivative of Calix[4]arene; 2014年09月
    発表情報; ISEC2014 (20th International Solvent Extraction Conference 2014)
    著者; Keisuke Ohto, Hirotoshi Sadamatsu, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita
  • Precious metal extraction with trident molecules; 2014年09月
    発表情報; Microsymposium on Solvent Extraction
    著者; Y. Ueda, K. Ohto
  • 2級メチルアミド型三脚状分子による白金族金属の抽出特性; 2014年09月
    発表情報; 化学工学会第 46 回秋季大会
    著者; 上田祐生、森貞真太郎、川喜田英孝、大渡啓介
  • トリアルキルーモノ酢酸型カリックス[4]アレーン含浸樹脂によるリチウムの選択的固相抽出; 2014年09月
    発表情報; 化学工学会第 46 回秋季大会
    著者; 大渡啓介、定松浩俊、ビスワス・ビプロブ・クマール、森貞真太郎、川喜田英孝
  • 微小液滴を用いたカリックスアレーン誘導体による金属抽出システムの構築; 2014年09月
    発表情報; 化学工学会第 46 回秋季大会
    著者; 真栄城 正寿、金 芝瑛、上田 祐生、大渡 啓介、宮崎 真佐也
  • Solvent Extraction behavior of palladium(II) with methylamido, phenylamido, and phenyldiamido type of trident molecules; 2014年08月
    発表情報; The 6th ISNSC (International Symposium on Nano & Supramolecular Chemistry
    著者; Y, Ueda, S. Morisada, H. Kawakita, K. Ohto
  • 2級メチルアミド型三脚状分子による 白金族金属の抽出挙動の解明; 2014年07月
    発表情報; 第32回九州分析化学若手の会 夏季セミナー
    著者; 上田祐生,森貞真太郎, 川喜田英孝, 大渡啓介
  • EXTRACTIVE SEPERATION OF RARE EARTHS WITH ORGANOPHOSPHORUS ACID TYPE OF TRIDENT MOLECULES; 2014年06月
    発表情報; 第51回化学関連支部合同大会
    著者; Anup Basnet Chetry, Hiromasa Murashima, Shintaro Morisada, Hidekata Kawakita, Keisuke Ohto
  • 白金族金属の選択的回収を目的とした 新規三脚状抽出試薬の開発; 2014年06月
    発表情報; 平成26年度化学工学会九州支部学生賞審査会
    著者; 上田祐生
  • Adsorption of alkali metals using methylene cross-linked calix[4]arene resin; 2014年03月
    発表情報; The 4th Saga University–Liaoning University Joint Seminar
    著者; Takuya Hanada, Hirotoshi Sadamatsu, Shintarou Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • Extractive separation of precious metals with calix[4]arene derivatives and interfacial activity in liquid-liquid extraction system; 2014年03月
    発表情報; The 4th Saga University–Liaoning University Joint Seminar
    著者; Jee Young Kim,Shintaro Morisada, Keisuke Ohto
  • PHOSPHONATE DERIVATIVE OF C3 TRIDENT “BROOM” MOLECULE FOR TRIVALENT RARE EARTH METAL SEPERATION; 2014年03月
    発表情報; The 4th Saga University–Liaoning University Joint Seminar
    著者; Anup Basnet Chetry, Hiromasa Murashima, Shintaro Morisada, Keisuke Ohto
  • カリックス[4]アレーン誘導体をマイクロリアクター系に適用した金属抽出; 2014年03月
    発表情報; 化学工学会 第79年会
    著者; 大渡啓介、キム ジーヨン、森貞真太郎、真栄城 正寿、宮崎真佐也
  • アロフェンを母材としたIn,Ga吸着剤の開発; 2014年01月
    発表情報; 日本セラミックス協会第52回セラミックス基礎科学討論会
    著者; 志波雄三、大渡啓介
  • Studies on the extractive separation of precious metals with calix[4]arene derivatives and behavior of interfacial tension; 2013年12月
    発表情報; The 26th International Symposium on Chemical Engineering(ISChE 2013)
    著者; Jee Young Kim, Shintaro Morisada, Keisuke Ohto
  • Solvent extraction of precious metal ions with phenylurea derivative of trident molecule; 2013年12月
    発表情報; The 26th International Symposium on Chemical Engineering(ISChE 2013)
    著者; Yuki Ueda, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • Solvent extraction of aluminum group metals with benzoic acid of trident molecule; 2013年12月
    発表情報; The 26th International Symposium on Chemical Engineering(ISChE 2013)
    著者; Kaori Nose, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • Solvent extraction behavior of precious metal ions with phenylurea derivative of trident molecule; 2013年11月
    発表情報; 2013 Joint of Japan/Taiwan/Korea Chemical Engineering Conference
    著者; Yuki Ueda, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • Application of Microreactor System for Precious Metal Extraction with Calix[4]arene derivatives; 2013年11月
    発表情報; 2013 Joint of Japan/Taiwan/Korea Chemical Engineering Conference
    著者; Keisuke Ohto, JeeYoung Kim, Masatoshi Maeki, Kenichi Yamashita, Masaya Miyazaki
  • Solvent extraction behavior of aluminum group metals with benzoic acid of trident molecule; 2013年11月
    発表情報; 2013 Joint of Japan/Taiwan/Korea Chemical Engineering Conference
    著者; Kaori Nose, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • フェニルウレア型三脚状分子による貴金属イオンの溶媒抽出挙動; 2013年11月
    発表情報; 第32回溶媒抽出討論会
    著者; 上田祐生、森貞真太郎、川喜田英孝、大渡啓介
  • 安息香酸型三脚状分子による金属イオンの抽出挙動; 2013年11月
    発表情報; 第32回溶媒抽出討論会
    著者; 野瀬香織、森貞真太郎、川喜田英孝、大渡啓介
  • キレート能を抑制したカリックス[4]アレーンフルオロ酢酸誘導体による金属イオンの抽出; 2013年11月
    発表情報; 第32回溶媒抽出討論会
    著者; 大渡啓介、池田朋央、村上浩、森貞真太郎、川喜田英孝
  • カリックス[4]アレーンプロピル-酢酸誘導体によるアルカリ金属抽出特性; 2013年11月
    発表情報; 第32回溶媒抽出討論会
    著者; 定松浩俊、森貞真太郎、川喜田英孝、大渡啓介
  • ジフルオロ酢酸型カリックス[4]アレーン誘導体による金属イオンの抽出; 2013年10月
    発表情報; 第29回日本イオン交換研究発表会
    著者; 大渡啓介、池田朋央、村上浩、森貞新太郎、川喜田英孝
  • Adsorption of alkali metals using methylene-bridged calix[4]arene resin; 2013年10月
    発表情報; The 8th Daegu University-Saga University Joint Seminars
    著者; Takuya Hanada, Hirotoshi Sadamatsu, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • リン酸系官能基を有する三脚状分子による希土類の抽出; 2013年09月
    発表情報; 化学工学会 第45回秋季大会
    著者; 大渡啓介、村島敬昌、森貞真太郎、川喜田英孝
  • アミドおよびウレア型三脚状分子抽出試薬を用いた貴金属イオンの抽出特性評価; 2013年09月
    発表情報; 化学工学会 第45回秋季大会
    著者; 上田 祐生、森貞 真太郎、川喜田 英孝、大渡 啓介
  • Effect of Phenoxy Oxygen Atoms on Metal Extraction with Detuned Difluoroacetic Acid Derivative of Calix[4]arene; 2013年07月
    発表情報; 2nd International Symposium on Host Compounds for Separation and Functionality in Saga
    著者; Keisuke Ohto, Tomohisa Ikeda, Hiroshi Murakami, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita
  • Behavior of alkali metal extraction with calix[4]arene acetic acid - propyl derivatives; 2013年07月
    発表情報; 2nd International Symposium on Host Compounds for Separation and Functionality in Saga
    著者; Hirotoshi Sadamatsu, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • Studies on the kinetics and equilibrium of silver extraction with ketonic calix[4]arene; 2013年07月
    発表情報; 2nd International Symposium on Host Compounds for Separation and Functionality in Saga
    著者; Jee Young Kim, Keisuke Ohto
  • Extraction Behavior of Precious and Base Metals with Imidazole Derivative of Trident Molecules; 2013年07月
    発表情報; 2nd International Symposium on Host Compounds for Separation and Functionality in Saga
    著者; Shota Imabayashi, Keisuke Ohto, Shintaro Morisada
  • Solvent Extraction of Precious Metal Ions with Phenylurea Derivative of Trident Molecule; 2013年07月
    発表情報; 2nd International Symposium on Host Compounds for Separation and Functionality in Saga
    著者; Yuki Ueda, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • Newly designed highly efficient phosphoric acid extractant for rare earth metal cation; 2013年07月
    発表情報; 2nd International Symposium on Host Compounds for Separation and Functionality in Saga
    著者; Anup Basnet Chetry, Hiromasa Murashima, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • Availability of Microreactor Extraction System with Calixarene Derivatives for Rare Metal Separation; 2013年07月
    発表情報; 2nd International Symposium on Host Compounds for Separation and Functionality in Saga
    著者; Keisuke Ohto, Jee Young Kim, Shintaro Morisada, Masaya Miyazaki, Kenichi Yamashita, Yuuta Hatanaka, Masatoshi Maeki
  • Studies on the kinetics of silver extraction with ketonic calix[4]arene in modified Lewis cell system; 2013年07月
    発表情報; Satellite Symposium in Association with 5th International Symposium on Nano & Supramolecular Chemistry
    著者; Jee Young Kim, Keisuke Ohto
  • Extraction behavior of precious metal ions with phenylurea derivative of trident molecule; 2013年07月
    発表情報; Satellite Symposium in Association with 5th International Symposium on Nano & Supramolecular Chemistry
    著者; Yuki Ueda, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • Metal Extraction with Calix[4]arene Derivatives by Using Microreactor System; 2013年07月
    発表情報; 12th International Conference on Calixarenes (Calix 2013)
    著者; K.Ohto, J.-Y. Kim, Y.Hatanaka, M.Maeki, K.Yamashita, M.Miyazaki
  • フェニルウレア型三脚状分子による貴金属イオンの抽出特性; 2013年07月
    発表情報; 第31回九州分析化学若手の会 夏季セミナー
    著者; 上田祐生, 森貞真太郎, 川喜田英孝, 大渡啓介
  • 側鎖の異なる三脚状トリオール化合物による金属の抽出特性; 2013年07月
    発表情報; 第31回九州分析化学若手の会 夏季セミナー
    著者; 野瀬香織, 森貞真太郎, 川喜田英孝, 大渡啓介
  • EFFECT OF COORDINATIVELY-INERT ALKYL GROUPS ON SIZE-DISCRIMINATING EXTRACTION OF ALKALI METAL IONS WITH PROPYL-ACETIC ACID CROSSED TYPE CALIX[4]ARENE; 2013年06月
    発表情報; 2nd International conference on methods and materials for separation processes SEPARATION SCIENCE - THEORY AND PRACTICE 2013
    著者; K.Ohto, H.Sadamatsu, S.Morisada, H.Kawakita
  • AVAILABILITY OF MICROREACTOR EXTRACTION SYSTEM INCORPORATING CALIXARENE DERIVATIVES FOR RARE METAL SEPARATION; 2013年06月
    発表情報; 2nd International conference on methods and materials for separation processes SEPARATION SCIENCE - THEORY AND PRACTICE 2013
    著者; K.Ohto, J.-Y. Kim, S.Morisada, M.Miyazaki, K.Yamashita, Y.Hatanaka, M.Maeki
  • メチレン架橋型大環状樹脂によるアルカリ金属の吸着; 2013年06月
    発表情報; 第50回化学関連支部合同大会
    著者; 花田拓也、定松浩俊、森貞真太郎、川喜田英孝、大渡啓介
  • メチレン架橋型大環状樹脂によるアルカリ金属の吸着挙動; 2013年03月
    発表情報; 第15回化学工学会学生発表会【北九州大会(西日本地区)】
    著者; 花田拓也、定松浩俊、森貞真太郎、川喜田英孝、大渡啓介
  • Alkali metal extraction behavior with calix[4]arene acetic acid - propyl derivatives; 2012年12月
    発表情報; The 25th International Symposium on Chemical Engineering(ISChE)
    著者; Hirotoshi Sadamatsu, Shintaro Morisada, Hidetaka kawakita, Keisuke Ohto
  • Extraction behavior of multivalent metals by trident molecule of phosphoric acid type; 2012年12月
    発表情報; The 25th International Symposium on Chemical Engineering(ISChE)
    著者; Hiromasa Murashima, Keisuke Ohto, Hidetaka Kawakita, Shintaro Morisada
  • カリックスアレーンを担持したシリカ系複合体のIn,Ga吸着特性; 2012年11月
    発表情報; 無機マテリアル学会
    著者; 志波雄三、大渡啓介、川島真
  • 三脚状分子抽出剤を用いた貴金属の抽出特性評価; 2012年11月
    発表情報; 日本化学会西日本大会2012
    著者; 上田祐生、森貞真太郎、川喜田英孝、大渡啓介
  • マイクロリアクタを利用したカリックスアレーン誘導体による高効率希少金属分離; 2012年11月
    発表情報; 日本化学会西日本大会2012
    著者; 畑中雄太、真栄城正寿、山下健一、宮崎真佐也、大渡啓介
  • 新規三脚状トリオール化合物の開発及び金属の抽出特性; 2012年11月
    発表情報; 日本化学会西日本大会2012
    著者; 野瀬香織、森貞真太郎、川喜田英孝、大渡啓介
  • リン酸型ホウキ分子を用いた多価金属の抽出分離; 2012年11月
    発表情報; 日本化学会西日本大会2012
    著者; 村島敬昌、森貞真太郎、川喜田英孝、大渡啓介
  • フルオロカルボン酸型カリックス[4]アレーンの金属抽出に及ぼすフェノキシ酸素の影響; 2012年11月
    発表情報; 日本化学会西日本大会2012
    著者; 池田朋央、森貞真太郎、川喜田英孝、大渡啓介
  • カリックスアレーンを担持したシリカおよびアロフェン複合体のIn,Ga吸着特性; 2012年11月
    発表情報; 日本化学会西日本大会2012
    著者; 志波雄三、大渡啓介、川島真
  • マイクロリアクターを用いたカリックスアレーン誘導体による金属イオンの抽出; 2012年11月
    発表情報; 第30回溶媒抽出討論会
    著者; 大渡啓介、宮崎 真佐也、山下 健一、畑中 雄太、真栄城 正寿
  • リン酸型三脚状分子による希土類金属の抽出挙動; 2012年11月
    発表情報; 第30回溶媒抽出討論会
    著者; 大渡啓介、村島敬昌、森貞真太郎、川喜田英孝
  • ウレア型三脚状分子抽出剤による貴金属イオンの抽出特性; 2012年11月
    発表情報; 第30回溶媒抽出討論会
    著者; 上田祐生、森貞真太郎、川喜田英孝、大渡啓介
  • フルオロカルボン酸型カリックス[4]アレーンによる金属抽出におけるフェノキシ酸素の影響; 2012年11月
    発表情報; 第30回溶媒抽出討論会
    著者; 池田朋央、森貞真太郎、川喜田英孝、大渡啓介
  • カドミウム選択性を有するジチオカーバメート型三脚状分子の開発; 2012年10月
    発表情報; 第27回日本イオン交換研究発表会
    著者; 大渡啓介、今林翔大、森貞真太郎、川喜田英孝
  • Extraction behavior of precious metal ions with secondary phenyl amide derivative of trident molecule; 2012年09月
    発表情報; The international Symposium on Preparative Chemistry of Advanced Materials, 2012 (ISPCAM2012)
    著者; Yuki Ueda, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto
  • ジチオカーバメート型三脚状分子による亜鉛からのカドミウムの選択的抽出; 2012年09月
    発表情報; 化学工学会第43回秋季大会
    著者; 今林翔大、大渡啓介、川喜田英孝、森貞真太郎
  • 複素環型三脚状分子を用いた貴金属回収の抽出・分離; 2012年09月
    発表情報; 化学工学会第43回秋季大会
    著者; 大渡啓介、山隈龍馬、森貞真太郎、川喜田英孝、岩知道直行
  • マイクロリアクタでの大環状ホスト化合物による金属イオン抽出挙動の解析; 2012年09月
    発表情報; 化学工学会第43回秋季大会
    著者; 畑中 雄太、真栄城 正寿、山下 健一、宮崎 真佐也、大渡 啓介
  • プロピル-酢酸交差型カリックス[4]アレーンによるアルカリ金属錯体中の水分子の定量; 2012年07月
    発表情報; 第30回九州分析化学若手の会 夏季セミナー
    著者; 定松浩俊、川喜田英孝、森貞真太郎、大渡啓介
  • イミダゾール型三脚状分子を用いた貴金属の抽出; 2012年07月
    発表情報; 第30回九州分析化学若手の会 夏季セミナー
    著者; 今林翔大、川喜田英孝、森貞真太郎、大渡啓介
  • アミド型三脚状分子による貴金属抽出挙動の評価; 2012年07月
    発表情報; 第30回九州分析化学若手の会 夏季セミナー
    著者; 上田祐生、川喜田英孝、森貞真太郎、大渡啓介
  • アミド型三脚状分子による貴金属抽出特性の評価; 2012年06月
    発表情報; 第28回分析化学緑陰セミナー・旭川
    著者; 上田祐生、大渡啓介
  • ジチオカーバメート型三脚状分子によるカドミウムの選択的抽出; 2012年06月
    発表情報; 第48回化学関連支部合同大会
    著者; 今林翔大、大渡啓介
  • 新規三脚状トリオール化合物の開発及び三脚状トリオール化合物の抽出特性; 2012年06月
    発表情報; 第48回化学関連支部合同大会
    著者; 野瀬香織、大渡啓介
  • プロピル-酢酸交差型カリックス[4]アレーンによるアルカリ金属抽出に伴う水和水の定量; 2012年05月
    発表情報; 第72回分析化学討論会
    著者; 定松浩俊、川喜田英孝、大渡啓介
  • ピリジル型三脚状分子の貴金属抽出挙動と銀イオン選択性電極素子としての利用; 2012年05月
    発表情報; 第72回分析化学討論会
    著者; 大渡啓介、才原孝一、山隈龍馬、岩知道直行
  • アミド型三脚状ホウキ分子を用いた貴金属の選択的抽出; 2012年03月
    発表情報; 第14回化学工学会学生発表会西日本大会
    著者; 上田祐生、川喜田英孝、大渡啓介
  • Extraction Behavior of Metal Ions with Calix[4]arene Difluoroacetic Acids Derivatives; 2012年02月
    発表情報; The 2nd Saga University–Liaoning University Joint Seminar
    著者; T. Ikeda, K.Ohto, H.Kawakita
  • Extraction and isolation of metals on carboxylic acid type of broom molecule which don’t have oxygen; 2012年02月
    発表情報; The 2nd Saga University–Liaoning University Joint Seminar
    著者; M. Ito, K.Ohto
  • Syntheses and group of aluminum extraction of calix[4]arene derivatives with benzoic acid; 2011年12月
    発表情報; The 24th International Symposium on Chemical Engineering(ISChE)
    著者; M.Kawashima, K.Ohto, H.Kawakita
  • Extractive separation of precious metals by using tripodal molecules with heterocycles; 2011年12月
    発表情報; The 24th International Symposium on Chemical Engineering(ISChE)
    著者; R.Yamaguma, K.Ohto, H.Kawakita
  • カリックス[4]アレーンカルボン酸誘導体によるリチウムの分離; 2011年12月
    発表情報; 第4回化学工学3支部合同福井大会
    著者; 大渡啓介、西山晃平、定松浩俊、川喜田英孝
  • Alkali metal extraction mechanism of calix[4]arene acetic acid-propyl derivative; 2011年11月
    発表情報; The 6th Daegu University-Saga University Joint Symposium
    著者; H.Sadamatsu, H.Kawakita, K.Ohto
  • Extractive separation of rare earths with phosphoric acid type of trident molecule; 2011年11月
    発表情報; The 6th Daegu University-Saga University Joint Symposium
    著者; H.Murashima, H.Kawakita, K.Ohto
  • Alkali metal extraction with calix[4]arene acetic acid-propyl derivative; 2011年11月
    発表情報; Seminar by young chemists at Kosin University
    著者; H.Sadamatsu, H.Kawakita, K.Ohto
  • Extraction of rare earths with phosphoric acid type of trident molecule; 2011年11月
    発表情報; Seminar by young chemists at Kosin University
    著者; H.Murashima, H.Kawakita, K.Ohto
  • Synthesis and application of a highly efficient polyvinylcalix[4]arene tetraacetic acid resin for adsorptive lead removal; 2011年11月
    発表情報; Seminar on Globalization Program of Graduate School of Science and Engineering (GSSE), Saga University, - Invitation Program for Foreign Excellent Researchers -
    著者; B.B.Adhikali, M.Gurung, H.Kawakita, K.Ohto
  • Extraction behavior of alkali metal ions with calix[4]arene acetic acid - propyl derivative; 2011年11月
    発表情報; Seminar on Globalization Program of Graduate School of Science and Engineering (GSSE), Saga University, - Invitation Program for Foreign Excellent Researchers -
    著者; H.Sadamatsu, H.Kawakita, K.Ohto
  • Solvent extraction of trivalent rare earths with phosphoric acid type of trident molecule; 2011年11月
    発表情報; Seminar on Globalization Program of Graduate School of Science and Engineering (GSSE), Saga University, - Invitation Program for Foreign Excellent Researchers -
    著者; H.Murashima, H.Kawakita, K.Ohto
  • Extraction behavior of precious metals with amide derivative of trident compound; 2011年11月
    発表情報; Seminar on Globalization Program of Graduate School of Science and Engineering (GSSE), Saga University, - Invitation Program for Foreign Excellent Researchers -
    著者; Y.Ueda, R.Yamaguma,K.Ohto, H.Kawakita
  • Extraction behavior of alkali metal ions with calix[4]arene acetic acid - propyl derivative; 2011年11月
    発表情報; Seminar on Globalization Program of Graduate School of Science and Engineering (GSSE), Saga University, - Invitation Program for Foreign Excellent Researchers -
    著者; H.Sadamatsu, H.Kawakita, K.Ohto
  • リン酸型ホウキ分子による希土類金属の抽出・分離; 2011年11月
    発表情報; 2011年 日本イオン交換学会・日本溶媒抽出学会連合年会(第30回溶媒抽出討論会)
    著者; 今林翔大、大渡啓介、川喜田英孝
  • 複素環型三脚状ホウキ分子を用いた貴金属の選択的抽出; 2011年11月
    発表情報; 2011年 日本イオン交換学会・日本溶媒抽出学会連合年会(第30回溶媒抽出討論会)
    著者; 山隈龍馬、大渡啓介、川喜田英孝
  • アミド型三脚状ホウキ分子を用いた貴金属の選択的抽出; 2011年11月
    発表情報; 2011年 日本イオン交換学会・日本溶媒抽出学会連合年会(第30回溶媒抽出討論会)
    著者; 上田祐生、山隈龍馬、大渡啓介、川喜田英孝
  • アルキル-酢酸交差型カリックス[4]アレーンによるアルカリ金属の抽出分離; 2011年11月
    発表情報; 2011年 日本イオン交換学会・日本溶媒抽出学会連合年会(第30回溶媒抽出討論会)
    著者; 大渡啓介、定松浩俊、川喜田英孝
  • Development of adsorption technology for the recovery of rare metals from spent small size household electric and electronic appliances using biomass wastes; 2011年10月
    発表情報; A Special Symposium on Minor Rare Metals Recycling
    著者; K.Ohto, K.Inoue, K.Hirota, D.Parajuli
  • Metal Ion Adsorption Behaviors of Carbonized Microalgae Residues Prepared from a Byproduct of Biofuel Extraction Process; 2011年09月
    発表情報; 14th Asian Chemical Congress (14ACC)
    著者; K.Khunathai, K.Ohto, H.Kawakita, K.Inoue, M.Kurata, K.Atsumi
  • 安息香酸-酢酸交差型カリックス[4]アレーンによるアルミ族の抽出分離; 2011年09月
    発表情報; 化学工学会第43回秋季大会
    著者; 大渡啓介、川島真、川喜田英孝
  • リン酸型ホウキ分子を用いた希土類金属の抽出・分離; 2011年07月
    発表情報; 第48回化学関連支部合同大会
    著者; 村島 敬昌、大渡啓介
  • カリックス[4]アレーンカルボン酸誘導体によるアルミ族金属の抽出; 2011年07月
    発表情報; 第29回九州分析化学若手の会 夏季セミナー
    著者; 川島 真、大渡 啓介、川喜田 英孝
  • 複素環型三脚状分子を用いた貴金属の抽出・分離; 2011年07月
    発表情報; 第29回九州分析化学若手の会 夏季セミナー
    著者; 山隈龍馬、大渡啓介、川喜田英孝
  • リン酸型ホウキ分子の合成、及び希土類金属の抽出・分離; 2011年07月
    発表情報; 第29回九州分析化学若手の会 夏季セミナー
    著者; 村島敬昌、山隈龍馬、大渡 啓介、川喜田英孝
  • Preparation of tripodal pyridyl compounds for precious metal extraction; 2011年06月
    発表情報; 1st International conference on methods and materials for separation processes SEPARATION SCIENCE - THEORY AND PRACTICE 2011
    著者; K.Ohto, R.Yamaguma, H.Kawakita
  • Specific Metal Extraction with Calix[4]arene Carboxylic Acids Caused by Sodium Addition; 2011年06月
    発表情報; 1st International conference on methods and materials for separation processes SEPARATION SCIENCE - THEORY AND PRACTICE 2011
    著者; K.Ohto, H.Sadamatsu, S.Kuwata, T.Yoneyama, H.Ishibashi, H.Kawakita
  • ルイス塩基とβ-ジケトンによる協同抽出を利用したランタニド(III)の選択的分離; 2011年05月
    発表情報; 第28回希土類討論会
    著者; 玉城沙弥香、大渡啓介、矢島博文、長谷川佑子
  • Precious metal extraction property of calix[4]arene derivative; 2010年12月
    発表情報; The 23rd International Symposium on Chemical Engineering
    著者; T.Yoneyama, K.Ohto, H.Harada, H.Kawakita
  • Preparation of ion selective electrode by novel broom molecule; 2010年12月
    発表情報; The 23rd International Symposium on Chemical Engineering
    著者; K.Saihara, K.Ohto, H.Harada, H.Kawakita
  • Syntheses and aluminum group extraction of calix[4]arene derivative with benzoic acid; 2010年12月
    発表情報; The 23rd International Symposium on Chemical Engineering
    著者; M.Kawashima, K.Ohto, H.Harada, H.Kawakita
  • キノリン型calix[4]areneを用いた貴金属の抽出特性; 2010年11月
    発表情報; 2010年 日本化学会西日本大会
    著者; 米山 智暁・大渡 啓介・川喜田 英孝・原田 浩幸
  • 新規ピリジル系ホウキ分子を用いた貴金属(Ag,Pt,Pd)の選択的抽出; 2010年11月
    発表情報; 2010年 日本化学会西日本大会
    著者; 山隈 龍馬、大渡啓介、川喜田英孝
  • 酢酸-安息香酸交差型カリックス[4]アレーンによるアルミ族金属の抽出; 2010年11月
    発表情報; 2010年 日本化学会西日本大会
    著者; 川島真・大渡啓介・川喜田英孝
  • キノリン型calix[4]areneを用いた貴金属の抽出; 2010年11月
    発表情報; 第29回溶媒抽出討論会
    著者; 米山智暁、大渡啓介、川喜田英孝
  • 新規ピリジル系ホウキ分子を用いた貴金属の選択的抽出; 2010年11月
    発表情報; 第29回溶媒抽出討論会
    著者; 山隈龍馬、大渡啓介、川喜田英孝
  • プロピル-酢酸交差型カリックス[4]アレーンによるアルカリ金属抽出機構の解明; 2010年11月
    発表情報; 第29回溶媒抽出討論会
    著者; 大渡 啓介・定松 浩俊・川喜田 英孝
  • ピリジル型ホウキ分子による貴金属の抽出; 2010年09月
    発表情報; 化学工学会第42回秋季大会
    著者; 大渡啓介、山隈龍馬、川喜田英孝
  • カリックスアレーンカルボン酸誘導体によるインジウムの抽出およびイオン交換; 2010年09月
    発表情報; 
    著者; 大渡啓介、Adhikari Birendra Babu、川喜田英孝
  • Solvent extraction and separation of lead with p-tert-butylcalix[5]arene pentacarboxylic acid derivative; 2010年09月
    発表情報; 
    著者; Birendra B. Adhikari, K. Ohto*, M. Gurung, H. Kawakita
  • プロピル-酢酸交差型カリックス[4]アレーンによるアルカリ金属抽出機構の解明; 2010年09月
    発表情報; 日本分析化学会第59年会
    著者; 定松 浩俊・大渡 啓介・米山 智暁・川喜田 英孝・原田 浩幸
  • チオエーテル型三脚状分子による銀イオンの抽出; 2010年09月
    発表情報; 日本分析化学会第59年会
    著者; 大渡啓介、吉永 拓央、 川喜田英孝
  • Elucidation of Extraction Mechanism of Lead ion with Ether-Acetic Acid Crossed Type of Calix[4]arene Derivatives; 2010年07月
    発表情報; 
    著者; K.Ohto, A.Yoshitake, A.Matsufuji, T.Nakamura,H.Kawakita, H.Harada
  • Allosteric effect of the first lead ion on stepwise extraction of the second lead ion with p-tert-butylcalix[5]arenepentacarboxylic acid; 2010年07月
    発表情報; 第28回九州分析化学若手の会夏季セミナー
    著者; ビレンドラ・バブ・アディカリ、グルン・マンジュ、川喜田英孝、原田浩幸、大渡啓介
  • ピリジル型ホウキ分子を電極素子とする銀イオン選択性電極の開発; 2010年07月
    発表情報; 第28回九州分析化学若手の会夏季セミナー
    著者; 才原 孝一・大渡 啓介・川喜田 英孝・原田 浩幸
  • Quinolinocalix[4]areneを用いた貴金属の分離・回収; 2010年07月
    発表情報; 第28回九州分析化学若手の会 夏季セミナー
    著者; 米山 智暁・大渡 啓介・川喜田 英孝・原田 浩幸
  • カリックス[4]アレーン酢酸-安息香酸誘導体によるアルミ族金属の抽出; 2010年07月
    発表情報; 第28回九州分析化学若手の会 夏季セミナー
    著者; 川島 真・大渡 啓介・川喜田 英孝
  • プロピル-酢酸交差型カリックス[4]アレーンによるアルカリ金属の抽出挙動の解明; 2010年07月
    発表情報; 第28回九州分析化学若手の会 夏季セミナー
    著者; 定松 浩俊・大渡 啓介・川喜田 英孝・原田 浩幸
  • ピリジル型ホウキ分子を用いた貴金属の抽出・分離; 2010年07月
    発表情報; 第28回九州分析化学若手の会 夏季セミナー
    著者; 山隈 龍馬・大渡 啓介・川喜田 英孝
  • 大環状型抽出剤による希土類の抽出選択性に変化をもたらすナトリウム添加効果; 2010年05月
    発表情報; 第26回希土類討論会, 56, 190-191
    著者; 大渡啓介,花村知宏,川喜田英孝
  • Effect of π electrons on detection of silver ion-selective electrodes with tripodal broom molecules; 2009年12月
    発表情報; The 22nd International Symposium on Chemical Engineering
    著者; C.Yamamoto, K.Ohto, H.Kawakita
  • ホウキ型カルボン酸抽出剤によるガリウムの選択的抽出; 2009年11月
    発表情報; 第28回溶媒抽出討論会
    著者; 大渡 啓介、藤本 靖英、古郷宏明、川喜田 英孝
  • メチレン架橋型カリックス[4]アレーン-2-ピリジル樹脂による銀イオンの吸着; 2009年10月
    発表情報; 第25回日本イオン交換研究発表会
    著者; 大渡啓介、橋口直也、アディカリ・ビレンドラ・バブ、井上勝利
  • ホウキ型分子を用いた銀イオン選択性電極の電位応答に及ぼすπ電子の影響; 2009年10月
    発表情報; 第2回化学工学3支部合同北九州大会
    著者; 山本千尋、大渡啓介、川喜田英孝
  • 硫黄を含有するホウキ分子による銀イオンの抽出; 2009年10月
    発表情報; 第2回化学工学3支部合同北九州大会
    著者; 大渡啓介、吉永 拓央、古郷宏明、川喜田英孝
  • 交差型カリックス[4]アレーンのナトリウム取り込み挙動; 2009年07月
    発表情報; 第26回化学関連支部合同大会
    著者; 米山智暁、大渡啓介、田中雄大
  • アミン型ホウキ分子によるホルムアルデヒドの抽出除去; 2009年07月
    発表情報; 第26回化学関連支部合同大会
    著者; 山下葵洋、大渡啓介、川喜田英孝
  • Allosteric Extraction Behavior of Trivalent Rare Earth Metals with Calix[4]arene Carboxylic Acids Caused by Sodium Addition; 2009年07月
    発表情報; 10TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON CALIXARENES
    著者; K.Ohto, T.Hanamura, T.Yoneyama, H.Kawakita
  • Synthesis of calix[4]arene methylene crosslinked resins with 2-pyridyl groups and their adsorption behavior towards silver ion; 2009年07月
    発表情報; 10TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON CALIXARENES
    著者; B.B.Adhikari, N.Hashiguchi, K.Ohto, H.Kawakita, K.Inoue
  • Allosteric Extraction Behavior of Trivalent Rare Earth Metals with Calix[4]arene Carboxylic Acids Caused by Sodium Addition; 2009年07月
    発表情報; Post Calix 2009 Meeting in Saga -From Separation and Functionality-
    著者; T.YONEYAMA, T.HANAMURA, K.OHTO, H.KAWAKITA
  • Abnormal metal extraction with calix[4]arene tetracarboxylic acid caused by sodium addition; 2009年07月
    発表情報; Post Calix 2009 Meeting in Saga -From Separation and Functionality-
    著者; K.OHTO, S.KUWATA, T.YONEYAMA, H.KAWAKITA
  • アリル型ホウキ分子を用いた銀の溶媒抽出および銀イオン選択性電極の開発; 2009年05月
    発表情報; 第70回分析化学討論会
    著者; 山本千尋、大渡啓介、川喜田英孝、井上勝利
  • 真空ポンプ油による金の溶媒抽出; 2009年03月
    発表情報; 化学工学会第74年会、横浜国立大学
    著者; 阿部稔、川喜田英孝、大渡啓介、井上勝利
  • ナトリウム塩型ミカンジュースカス吸着剤の金属イオン吸着特性; 2009年03月
    発表情報; 化学工学会第74年会、横浜国立大学、2008.3.18-3.20
    著者; 才原孝一、井上勝利、川喜田英孝、大渡啓介、井上潤一
  • ミカンジュースカスを用いた金の吸着・回収; 2009年03月
    発表情報; 化学工学会第74年会、横浜国立大学
    著者; 阿部稔、川喜田英孝、大渡啓介、井上勝利
  • コンプレキサン型キトサン誘導体による希土類元素の相互分離; 2009年
    発表情報; 希土類, 54, 44-45
    著者; 井上勝利、大渡啓介
  • ホスホン酸型カリックス[4]アレーン誘導体による希土類金属イオンの抽出分離; 2009年
    発表情報; 第70回分析化学討論会
    著者; 大渡啓介、田中雄大、永塩綾乃、川喜田英孝、井上勝利
  • Adsorption, Preconcentration and Separation of Lead Ions By Vinylcalix[4]arene Tetracarboxylic Acid Resin; 2009年
    発表情報; 化学工学会第41回秋季大会
    著者; 大渡啓介、Birendra Babu ADHIKARI、金光将樹、川喜田英孝、井上勝利
  • アルデヒド除去能を有するアミン型ホウキ分子の開発; 2009年
    発表情報; 化学工学会第41回秋季大会
    著者; 山下 葵洋、大渡 啓介、川喜田 英孝、井上 勝利
  • ガリウムに選択性を示す三脚状分子の開発; 2009年
    発表情報; 化学工学会第41回秋季大会
    著者; 大渡 啓介、藤本 靖英、川喜田 英孝、井上 勝利
  • Adsorption of lead ion on vinylcalix[4]arene tetracarboxylic acid type of resin; 2008年12月
    発表情報; The 21th International Symposium on Chemical Engineering, Saga University
    著者; B.B.Adhikari, M.Kanemitsu, K.Ohto, H.Kawakita, H.Harada, K.Inoue
  • Separation and removal of chromium(VI) by adsorption prepared from persimmon peel; 2008年12月
    発表情報; The 21th International Symposium on Chemical Engineering, Sag University
    著者; H.Nakagawa, H.Kawakita, K.Ohto, H.Harada, K.Inoue
  • Development of chemical modified lignophenol gels and recovery of precious metals; 2008年12月
    発表情報; The 21th International Symposium on Chemical Engineering, Sag University
    著者; M.Matsueda, H.Kawakita, K.Ohto, H.Harada, K.Inoue
  • Preparation of silver ion selective electrode with allyl type of broom compound as electrode device; 2008年12月
    発表情報; The 21th International Symposium on Chemical Engineering, Saga University
    著者; C.Yamamoto, K.Ohto, H.Kawakita, H.Harada, K.Inoue
  • Silver Extraction by Using Allyl Type of Tripodal Broom Molecule and Preparation of Silver Ion Selective Electrode; 2008年10月
    発表情報; The 2nd Daegu University-Saga University Joint Symposium, 1108A Institute of Computer & Communication, Daegu University
    著者; C.Yamamoto, H.Fugugou, K.Ohto, H.Kawakita, H.Harada, K.Inoue
  • Recovery of indium spent flat-panel display with solvent-impregnated resins; 2008年09月
    発表情報; isec 2008, 317-322
    著者; K. Inoue, M. Nishiura, H. Kawakita, K. Ohto, H. Harada
  • メチレン架橋型カリックス[4]アレーンピリジル樹脂による銀イオンの吸着; 2008年09月
    発表情報; 化学工学会第40回秋季大会
    著者; 大渡啓介、橋口直也、川喜田英孝、原田浩幸、井上勝利
  • 硫黄含有ホウキ型分子による貴金属の抽出; 2008年09月
    発表情報; 化学工学会第40回秋季大会
    著者; 大渡啓介、古郷宏明、川喜田英孝、原田浩幸、井上勝利
  • 有機分子を多点認識するカリックス[4]アレーン誘導体の調製; 2008年09月
    発表情報; 化学工学会第40回秋季大会
    著者; 田中雄大、大渡啓介、川喜田英孝、井上勝利
  • 架橋型カリックス[4]アレーンピリジル樹脂による銀の吸着; 2008年08月
    発表情報; 化学工学会九州支部沖縄大会
    著者; 大渡啓介、橋口直也、川喜田英孝、原田浩幸、井上勝利
  • 4級アミン型のバイオマス系吸着剤の金属吸着特性; 2008年
    発表情報; 第24回日本イオン交換研究発表会、上智大学、2008.10.11
    著者; 中川恭嗣、Chaitanya Raj Adhikari, 井上勝利、川喜田英孝、大渡啓介、原田浩幸
  • 真空ポンプ油による金の溶媒抽出; 2008年
    発表情報; 第24回日本イオン交換研究発表会、上智大学、2008.10.11
    著者; 井上潤一、阿部稔、井上勝利、川喜田英孝、大渡啓介、原田浩幸
  • ミカン搾汁残渣を利用したアンチモン(III、V)の吸着・除去; 2008年
    発表情報; 第24回日本イオン交換研究発表会、上智大学、2008.10.11
    著者; 井上潤一、井上勝利、川喜田英孝、大渡啓介、原田浩幸
  • ADSORPTIVE SEPARATION, CONCENTRATION AND PURIFICATION OF PRECIOUS METALS USING LIGNOPHENOL COMPOUNDS: NOVEL ENVIRONMENTALLY BENIGN MATERIALS PREPARED FROM WOOD WASTES; 2008年
    発表情報; Hydrometallurgy 2008
    著者; K.Inoue, D.Parajuli, K.Khunathai, H.Kawakita, K.Ohto, M.Funaoka, S.Alam
  • Synthesis and rare earth metals extraction property of calix[4]arene carboxylic derivative in the absence or presence of sodium ions; 2007年12月
    発表情報; 第20回化学工学に関する国際シンポジウム九州—太田/忠南
    著者; T.Hanamura, K.Ohto, H.Kawakita, H.Harada, K.Inoue
  • Solvent extraction of metal ions with broom type ionophore containing sulfur atom; 2007年12月
    発表情報; 第20回化学工学に関する国際シンポジウム九州—太田/忠南
    著者; H.Furugou, K.Ohto, H.Kawakita, H.Harada, K.Inoue
  • Preparation of calyx[4]arene pyridyl type resins for photographic waste treatment; 2007年12月
    発表情報; 第20回化学工学に関する国際シンポジウム九州—太田/忠南
    著者; N.Hashiguchi, K.Ohto, H.Kawakita, K.Inoue
  • 銀に選択性を有するホウキ型チオエステル抽出剤の開発; 2007年11月
    発表情報; 第26回溶媒抽出討論会
    著者; 古郷宏明、大渡啓介、川喜田英孝、原田浩幸、井上勝利
  • ナトリウム添加により希土類抽出選択性の変化するカリックス[4]アレーンカルボン酸誘導体の開発; 2007年11月
    発表情報; 第26回溶媒抽出討論会
    著者; 花村知宏、大渡啓介、川喜田英孝、原田浩幸、井上勝利
  • カリックス[4]アレーンピリジル型含浸樹脂による銀の固液抽出; 2007年11月
    発表情報; 第26回溶媒抽出討論会
    著者; 橋口直也、大渡啓介、川喜田英孝・原田浩幸、井上勝利
  • ジチオカーバメート基を導入したキトサンによる金属の吸着分離特性; 2007年09月
    発表情報; 化学工学会第39回秋季大会
    著者; 太田慎吾、井上勝利、原田浩幸、大渡啓介、川喜田英孝
  • ピリジル型カリックス[4]アレーン含浸樹脂による銀の吸着挙動; 2007年09月
    発表情報; 化学工学会第39回秋季大会
    著者; 大渡啓介、橋口直也、川喜田英孝、原田浩幸、井上勝利
  • Na添加による希土類選択性の異なるカルボン酸系カリックス[4]アレーンの開発; 2007年09月
    発表情報; 化学工学会第39回秋季大会
    著者; 花村知宏、大渡啓介、川喜田英孝、原田浩幸、井上勝利
  • カルボン酸型ホウキ分子を用いたアルミニウム族の抽出; 2007年08月
    発表情報; 第24回日本分析化学会九州支部若手の会
    著者; 藤本靖英、大渡啓介、川喜田英孝、原田浩幸、井上勝利
  • p-ビニルカリックス[4]アレーンカルボン酸湯ウド応対の樹脂化と金属の吸着挙動; 2007年08月
    発表情報; 第18回化学工学会九州支部ケミカルエンジニア討論会
    著者; 金光将樹、大渡啓介、井上勝利、川喜田英孝
  • ジチオカーバメイト基を導入したキトサンによる金属の吸着分離特性; 2007年08月
    発表情報; 第18回化学工学会九州支部ケミカルエンジニア討論会
    著者; 太田慎吾、井上勝利、大渡啓介、川喜田英孝
  • Agに選択性を有するホウキ型イオノフォアの開発; 2007年08月
    発表情報; 第24回日本分析化学会九州支部若手の会
    著者; 古郷 宏明、大渡 啓介、井上 勝利、川喜田 英孝、原田 浩幸
  • Na添加による希土類選択性の異なる カリックス[4]アレーンカルボン酸誘導体の開発; 2007年08月
    発表情報; 第24回日本分析化学会九州支部若手の会
    著者; 花村 知宏・井上 勝利・大渡啓介・原田 浩幸・川喜田 英孝
  • カリックス[4]アレーンピリジル型含浸樹脂による銀の吸着挙動; 2007年08月
    発表情報; 第24回日本分析化学会九州支部若手の会
    著者; 橋口直也、大渡啓介、川喜田英孝・原田浩幸、井上勝利
  • カルボン酸—ピリジル交差型カリックス[4]アレーンを用いた金属の抽出特性; 2007年08月
    発表情報; 第24回日本分析化学会九州支部若手の会
    著者; 田中雄大、大渡啓介、川喜田英孝、井上勝利
  • カルボン酸型ホウキ分子によるアルミ族の抽出; 2007年07月
    発表情報; 第44回化学関連支部合同九州大会
    著者; 藤本靖英、大渡啓介、川喜田英孝、原田浩幸、井上勝利
  • 写真現像廃液処理のためのカリックス[4]アレーンピリジル型樹脂の開発; 2007年07月
    発表情報; 第44回化学関連支部合同九州大会
    著者; 橋口直也、大渡啓介、川喜田英孝、原田浩幸、井上勝利
  • ローワーリムにホスホン酸を有するカリックス[4]アレーンの金属抽出特性; 2007年03月
    発表情報; 化学工学会第72年会
    著者; 大渡啓介、武富昭人、川喜田英孝、原田浩幸、井上勝利
  • カルボン酸‐ピリジル交差型カリックス[4]アレーンによる金属の抽出; 2007年03月
    発表情報; 第9回化学工学会学生発表会
    著者; 田中雄大、武富昭人、大渡啓介、川喜田英孝、原田浩幸、井上勝利
  • Solvent extraction of rare earth and precious metals with quaternary ammonium type of calix[4]arene; 2007年01月
    発表情報; 第4回日本イオン交換国際学会
    著者; K.Ohto, H.Ishii, H.Kawakita, H.Harada, K.Inoue
  • Synthesis of calix[4]arene with phosphonic acid and extraction specificity of rare earth metals; 2006年12月
    発表情報; 第19回化学工学に関する国際シンポジウム九州—太田/忠南
    著者; A.Takedomi, K.Ohto, H.Kawakita. K.Inoue
  • Preparation of lithium ion selective electrode based on tripodal ether compound; 2006年11月
    発表情報; JTK化学工学国際会議
    著者; K.Ohto, A.Himuro, H.Higuchi, T.Nakamura, H.Kawakita, H.Harada, K.Inoue
  • 鉛抽出に及ぼすカリックス[4]アレーンカルボン酸のパラ位アルキル鎖の影響; 2006年11月
    発表情報; 化学工学会九州支部大会
    著者; 大渡啓介、金光将樹、川喜田英孝、原田浩幸、井上勝利
  • ホウキ型分子を用いたホウ素の抽出挙動; 2006年11月
    発表情報; 第25回溶媒抽出討論会
    著者; 武富昭人、中村隆秀、大渡啓介、川喜田英孝、井上勝利、大島達也
  • アミン型ホウキ分子によるMo,W,Vの抽出分離挙動; 2006年11月
    発表情報; 第25回溶媒抽出討論会
    著者; 古郷宏明、大渡啓介、井上勝利、川喜田英孝、原田浩幸
  • アミン型ホウキ分子によるMo,V,Wの抽出分離挙動; 2006年09月
    発表情報; 化学工学会第38回秋季大会
    著者; 古郷宏明, 大渡啓介,井上勝利,川喜田英孝,原田浩幸
  • カリックス[4]アレーンを基体としたホスホン酸系抽出剤の合成と希土類金属の抽出特性; 2006年09月
    発表情報; 化学工学会第38回秋季大会
    著者; 武富昭人、大渡啓介、川喜田英孝、井上勝利
  • エーテル型アルキルトリメチロール化合物を認識素子とするリチウム選択性電極の開発; 2006年09月
    発表情報; 化学工学会第38回秋季大会
    著者; 大渡啓介、氷室絢子、中村隆秀、川喜田英孝、原田浩幸、井上勝利
  • p-t-オクチルフェノキシカルボン酸誘導体による希土類金属の抽出に及ぼすNa添加効果; 2006年08月
    発表情報; 第24回日本分析化学会九州支部若手の会
    著者; 花村知宏,大渡啓介,原田浩幸,川喜田 英孝,井上 勝利
  • アミン型ホウキ分子によるMo,V,およびWの抽出分離挙動; 2006年08月
    発表情報; 第24回日本分析化学会九州支部若手の会
    著者; 古郷宏明, 大渡啓介,井上勝利,川喜田英孝,原田浩幸
  • テトラホスホン酸型カリックス[4]アレーンの合成と希土類金属の抽出特性; 2006年08月
    発表情報; 第24回日本分析化学会九州支部若手の会
    著者; 武富昭人,大渡啓介,井上勝利,川喜田英孝
  • カリックス[4]アレーンテトラ酢酸誘導体による鉛(II)抽出に及ぼすパラ位アルキル基の効果; 2006年08月
    発表情報; 第24回日本分析化学会九州支部若手の会
    著者; 金光将樹,大渡啓介,井上勝利,川喜田英孝,原田浩幸
  • 4級アンモニウム塩型カリックス[4]アレーン誘導体による希土類金属の抽出分離; 2006年07月
    発表情報; 第17回九州地区若手エンジニア討論会
    著者; 石井啓明、大渡啓介、川喜田英孝、原田浩幸、井上勝利
  • p-t-オクチルフェノキシカルボン酸誘導体による希土類金属の抽出に及ぼすNA添加効果; 2006年07月
    発表情報; 第43回化学関連支部合同九州大会
    著者; 花村知宏、大渡啓介、井上勝利、原田浩幸、川喜田英孝
  • アミン型ホウキ分子によるMo、V、Wの抽出分離挙動; 2006年07月
    発表情報; 第43回化学関連支部合同九州大会
    著者; 古郷宏明、大渡啓介、井上勝利、原田浩幸、川喜田英孝
  • 4級アンモニウム塩型カリックス[4]アレーン誘導体による希土類金属の抽出分離; 2006年07月
    発表情報; 第43回化学関連支部合同九州大会
    著者; 石井啓明、大渡啓介、井上勝利、原田浩幸、川喜田英孝
  • エーテル-酢酸交差型カリックス[4]アレーンによる鉛(II)イオンの抽出; 2006年03月
    発表情報; 化学工学会第71年会
    著者; 大渡啓介、吉武亜寿紗、池田朱里、大島達也、井上勝利
  • Effect of alkyl branch at upper rim of calix[4]arene tetraacetic acid derivative on lead (II) extraction; 2006年01月
    発表情報; International Symposium on Ion Exchange in Korea (2006) and 22nd Annual Meeting of JAIE
    著者; M. Kanemitsu, K. Ohto, H. Kawakita, H. Harada, K. Inoue
  • Synthesis of calix[4]arene with phosphonic acid and extraction specificity of rare earth metals; 2006年01月
    発表情報; International Symposium on Ion Exchange in Korea (2006) and 22nd Annual Meeting of JAIE
    著者; A.Takedomi, K. Ohto, H. Kawakita, K. Inoue
  • Lithium ion selective electrode based on ether type of tripodal compound; 2006年01月
    発表情報; International Symposium on Ion Exchange in Korea (2006) and 22nd Annual Meeting of JAIE
    著者; "K.Ohto, A. Himuro, H. Higuchi, T. Nakamura, H. Kawakita, K. Inoue"
  • エーテル-カルボン酸交差型カリックス[4]アレーンと金属イオンとの錯形成機構の解明; 2005年11月
    発表情報; 第21回日本イオン交換研究発表会
    著者; 大渡啓介、池田朱里、吉武亜寿紗、井上勝利、大島達也
  • 新規ホウキ型カルボン酸含浸樹脂の開発と希土類金属の吸着挙動; 2005年11月
    発表情報; 第21回日本イオン交換研究発表会
    著者; 中村隆秀、川喜田英孝、大渡啓介、井上勝利
  • ホスホン酸基を含むカリックス[4]アレーン誘導体による希土類の抽出分離; 2005年11月
    発表情報; 第24回溶媒抽出討論会
    著者; 大渡啓介、松藤孝志、武富昭人、川喜田英孝、井上勝利
  • ホウキ型トリフタルアミド酸抽出剤の合成と希土類金属の抽出特性; 2005年11月
    発表情報; 第24回溶媒抽出討論会
    著者; 中村隆秀、大渡啓介、川喜田英孝
  • Solvent Extraction of Trivalent Rare Earths with Novel Calix[4]arene Phosphonate Derivative; 2005年09月
    発表情報; International Solvent Extraction Conference 2005
    著者; K.Ohto, T.MATSUFUJI, A.TADA, K.INOUE, T.Oshima
  • テトラホスホン酸型カリックスアレーンの合成と希土類の抽出挙動; 2005年08月
    発表情報; 第23回九州分析化学若手の会夏季セミナー
    著者; 武富昭人、川喜田英孝、大渡啓介、井上勝利
  • ホウキ型フタルアミド酸誘導体の合成と希土類金属の抽出特性; 2005年08月
    発表情報; 第23回九州分析化学若手の会夏季セミナー
    著者; 中村隆秀、川喜田英孝、大渡啓介、井上勝利
  • 新規ホウキ型分子を抽出剤として用いた希土類金属の相互分離; 2005年07月
    発表情報; 第16回九州地区ケミカルエンジニア討論会
    著者; 中村隆秀、大渡啓介、井上勝利
  • Synthesis and extraction property of calix[4]arene with different functional groups; 2004年12月
    発表情報; 17th Symposium on Chem. Eng. Kyushu-Daejeon / Chungnam
    著者; T.Nakamura, K.Ohto, K.Inoue
  • Synthesis and extraction property of calix[4]arene with different functional groups; 2004年12月
    発表情報; 17th Symposium on Chem. Eng. Kyushu-Daejeon / Chungnam
    著者; T.Matsufuji, K.Ohto, T.Oshima, K.Inoue
  • Solvent extraction of metal ions with calixarene pyridyl derivatives; 2004年12月
    発表情報; 17th Symposium on Chem. Eng. Kyushu-Daejeon / Chungnam
    著者; H.Higuchi, T.Oshima, K.Ohto, K.Inoue, T.Tsend-Ayush, K.Gloe
  • p-アリルカリックス[4]アレーンカルボン酸誘導体による鉛の抽出; 2004年11月
    発表情報; 化学工学会沖縄大会
    著者; 大渡啓介、横本貴文、大島達也、井上勝利
  • テトラホスホン酸型カリックス[4]アレーンによる希土類の抽出分離; 2004年11月
    発表情報; 化学工学会沖縄大会
    著者; 松藤孝志、大渡啓介、井上勝利
  • p-アリルカリックス[4]アレーンカルボン酸誘導体による鉛の抽出挙動; 2004年11月
    発表情報; 第23回溶媒抽出討論会
    著者; 大渡啓介、横本貴文、樋口浩隆、大島達也、井上勝利, Jumina
  • A calix[6]arene amido derivative for extraction of guanidium compound and ammonium compound; 2004年06月
    発表情報; 第19回混合物分離の物理化学法に関する国際会議、ARS SEPARATORIA 2004
    著者; T.Oshima, H.Higuchi, K.Ohto, K.Inoue
  • Extraction mechanism of lead ion with p-allylcalix[4]arene tetracarboxylic acid; 2004年06月
    発表情報; 第19回混合物分離の物理化学法に関する国際会議、ARS SEPARATORIA 2004
    著者; K.Ohto, T.Yokomoto, H.Higuchi, T.Oshima, K.Inoue, Jumina

その他講演

  • 佐賀大学化学工学研究室の動向; 2016年08月
    発表情報; H28年度反応工学セミナー
    著者; 大渡啓介
  • テーラーメイド型金属分離剤の機能と理解、その応用; 2013年11月
    発表情報; 佐賀県高等学校理科教育研究大会 講演会
    著者; 大渡啓介
  • 貴金属回収のための新規分離剤開発に関する研究; 2013年09月
    発表情報; クラレ研究打合せ説明会
    著者; 上田 祐生、大渡啓介
  • ホスト分子による 希少金属オンサイト分離のためのマイクロリアクターシステムの構築; 2013年07月
    発表情報; 平成25年度環境研究総合推進費中間評価ヒアリング
    著者; 大渡啓介、森貞真太郎、宮崎真佐也、山下健一、真栄城正寿
  • レアメタル分離剤の開発; 2011年12月
    発表情報; クラウンリサーチ(株)臨時総会
    著者; 大渡啓介
  • 天然物を有効活用した難分離性長寿命核種の分離技術の研究開発; 2009年
    発表情報; 平成18年度採択 若手対象型研究開発課題に係る研究管理 革新的原子炉技術分野核燃料サイクル技術分野事後評価ヒアリング
    著者; 大渡啓介、竹下健二、大庭武泰、松村達郎
  • Development of Chemically Modified Lignophenol Gels and Recovery of Precious Metal; 2008年10月
    発表情報; The 2nd Daegu University-Saga University Joint Symposium, 1108A Institute of Computer & Communication, Daegu University
    著者; M.Matsueda, H.Kawakita, K.Ohto, H.Harada, K.Inoue

知的財産権の出願等(著作権は除く)

  • 白金抽出剤、白金の抽出方法、及び白金の回収方法; 2016年11月
    発表情報; , 特願2016-225239
    著者; 大渡啓介、上田祐生、近江健太郎、藤田光晴
  • 溶液中の陰イオン種の除去方法; 2014年01月
    発表情報; 特願2014-010580
    著者; 大渡啓介、井上勝利、ハリ パウディアル
  • 吸着剤及び貴金属の回収方法; 2013年09月
    発表情報; US 8,535,625
    著者; 大渡啓介、井上勝利、カンジャナ クナタイ、倉田稔、渥美欣也

その他

  • ホスト分子による 希少金属オンサイト分離のための マイクロリアクターシステムの構築; 2012年02月
    発表情報; 平成24年度環境研究総合推進費・補助金循環型社会形成推進研究事業(新規課題分)ヒアリング
    著者; 大渡啓介、宮崎真佐也

総説

  • 貴金属イオンに対する抽出試薬開発の動向; 2015年12月
    発表情報; ぶんせき, 492, 12, 534-544
    著者; 上田祐生、大渡啓介
  • Molecular Design and Metal Extraction Behavior of Calixarene Compounds as Host Extractants; 2013年12月
    発表情報; Ion Exch. Solv. Extr., 21, 81-127
    著者; K.Ohto
  • Review of the Extraction of Metal Cations with Calixarene Derivatives; 2010年04月
    発表情報; Solv.Extr.Res.Dev., Jpn., 17, 1-18
    著者; K.Ohto

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • Size-discriminative coextraction of sodium and other metal ions with calix[4]arene derivatives; 2017年01月
    発表情報; Daegu University Seminar
    著者; K. Ohto
  • 金属分離剤の分子設計のための構造効果と弱い相互作用に対する理解と応用; 2017年01月
    発表情報; 第3回「貴金属抽出分離研究会」
    著者; 大渡啓介
  • Metal separation with macrocyclic compounds and application; 2016年11月
    発表情報; Lecture at Superhoo Industries Company Ltd.
    著者; K. Ohto
  • Precious metal separation with calixarene derivatives using microreactor system; 2016年09月
    発表情報; 4nd International conference on methods and materials for separation processes SEPARATION SCIENCE - THEORY AND PRACTICE 2016
    著者; K.Ohto
  • Preparation history of phosphonic acid type extraction reagents for rare earth metals; 2016年05月
    発表情報; German-Japanese Symposium "Bridge Dresden-Japan“
    著者; K. Ohto
  • Metal separation property of macrocyclic and pseudomacrocyclic compounds as extraction reagents; 2015年12月
    発表情報; Pacifichem2015
    著者; K. Ohto
  • 金属抽出試薬としてのカリックスアレーン誘導体の分子設計; 2015年11月
    発表情報; 日本化学会九州支部設立100周年記念講演会
    著者; 大渡啓介
  • Structural effects of calixarne derivatives as extractive separating reagents; 2015年09月
    発表情報; 
    著者; K. Ohto
  • Solvent extraction of trivalent rare earths with phosphoric acid derivative of tripodal molecule; 2015年08月
    発表情報; The 7th ISNSC (International Symposium on Nano & Supramolecular Chemistry
    著者; Keisuke Ohto, Hiromasa Murashima, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita
  • Rare earth extraction with phosphonic type trident molecule; 2015年03月
    発表情報; Microsymposium on Solvent Extraction
    著者; K. Ohto
  • Overview about Past, Present and Future of International Partnership Program and Joint Seminar between College of Nat. Sci., Daegu University and Graduate School of Sci. and Eng., Saga University; 2015年
    発表情報; The 10th Daegu University -Saga University Joint Seminar
    著者; K. Ohto
  • Selective extraction of lithium with calix[4]arene derivatives; 2014年09月
    発表情報; Microsymposium on Solvent Extraction
    著者; K. Ohto
  • Microreactor System for Selective Extraction of Rare Metals by Using Calix[4]arene Derivatives; 2014年08月
    発表情報; The 6th ISNSC (International Symposium on Nano & Supramolecular Chemistry
    著者; Keisuke Ohto, JeeYoung Kim, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Masatoshi Maeki, Sathuluri Ramachandra Rao, Masaya Miyazaki
  • Novel ion-exchange resins containing calix[4]arene tetraacetic acid derivatives for selective lead(II) remival; 2013年12月
    発表情報; Seminar at Universitas Gadjah Mada
    著者; K. Ohto
  • Extractive Recovery of Rare Metals by Using Microreactor System with Macrocyclic Host Compounds; 2013年12月
    発表情報; Seminar at Universitas Gadjah Mada
    著者; K. Ohto
  • Microreactor extraction system with macrocyclic host compounds for rare metal recovery; 2013年11月
    発表情報; ICMR 2013(7th International Conference on Materials Engineering for Resources)
    著者; K. Ohto, JeeYoung Kim, Shintaro Morisada, Masatoshi Maeki, Kenichi Yamashita, Masaya Miyazaki
  • カリックスアレーンテトラ酢酸誘導体を組み込んだ4種の樹脂による鉛の吸着; 2013年09月
    発表情報; クラレ研究打合せ説明会
    著者; 大渡啓介
  • Preparation of Novel Resins Containing Tetraacetic Acid Type of Calix[4]arene and Their Lead Adsorption Behaviour; 2013年07月
    発表情報; Keynote Lecture at Memorial University and Newfoundland, St. John’s
    著者; K.Ohto
  • Effect of alkyl moiety on extractive selectivity of alkali metals with calix[4]arene acetic acid derivative; 2012年09月
    発表情報; The international Symposium on Preparative Chemistry of Advanced Materials, 2012 (ISPCAM2012)
    著者; Keisuke Ohto
  • Specific metal coextraction with carboxylic acid type of calix[4]arene caused by sodium addition; 2011年11月
    発表情報; The 6th Daegu University-Saga University Joint Seminars
    著者; K.Ohto
  • Novel resins containing calix[4]arene tetraacetic acid derivatives for lead(II) removal; 2011年06月
    発表情報; Invited lecture at Institute of Chemical Technology, Prague
    著者; K.Ohto
  • バイオマス系吸着剤によるランタノイドからアメリシウムの分離; 2010年09月
    発表情報; 第16回「分離変換・MAリサイクル」研究専門委員会 講演会
    著者; 大渡 啓介
  • Preparation of novel resins containing calix[4]arene tetraacetic acid derivatives with lead(II) selectivity; 2010年07月
    発表情報; Keynote lecture in ICIE'05(The 5th International Conference on Ion Exchange) University of Melbourne
    著者; Keisuke Ohto
  • Preparation of Lead Selective Ion Exchange Resins Containing Calix[4]arene Tetraacetic Acid; 2010年01月
    発表情報; Special lecture at Liaoning University
    著者; K.Ohto
  • Lead(II) Extraction with Ether-Acetic Acid Crossed Type Calix[4]arenes; 2010年01月
    発表情報; The 4st Daegu University and Saga University Joint Seminars
    著者; K.Ohto
  • Novel Broom Carboxylic Acid Type of the Extractant with Size Discriminating Effect for Gallium Ion; 2009年02月
    発表情報; The 4th Symposium on Separation Chemistry & Engineering
    著者; K. Ohto
  • ホスホン酸基を立体配置した大環状ホスト分子による希土類の抽出相互分離; 2009年
    発表情報; 希土類, 54, 42-43
    著者; 大渡啓介,田中雄大,川喜田英孝,井上勝利
  • ナトリウム添加によって生じるカリックス[4]アレーンカルボン酸誘導体の抽出異常性; 2007年
    発表情報; 第26回溶媒抽出討論会
    著者; 大渡啓介
  • 難分離性金属群の相互分離を目的とした新規化合物の開発とその応用; 2006年03月
    発表情報; Saga Fellows Club講演会
    著者; 大渡啓介
  • ホスト分子を用いた金属の相互分離; 2005年11月
    発表情報; 福岡県工業技術センター生物食品研究所 高度技術者招へい事業
    著者; 大渡啓介
  • Preparation of calix[4]arene compounds for mutual separation of rare earths; 2005年09月
    発表情報; 中国科学院長春応用化学研究所講演会
    著者; 大渡啓介
  • 難分離性元素を相互分離するための新規分離剤の開発; 2005年07月
    発表情報; 第42回化学関連支部合同九州大会
    著者; 大渡啓介


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.