樫澤 秀木カシザワ ヒデキ

所属:
経済学部 経済法学科 法政策講座

著書

  • Not in My Backyard-迷惑施設をめぐる法と政治-; 2015年
    発表情報; 
    著者; 樫澤 秀木
  • 地域から問う国家・社会・世界; 2000年11月
    発表情報; 環境問題と自治-福岡県宗像市を事例として-, 123-140
    著者; 樫澤秀木
  • 法の理論10; 1990年10月
    発表情報; 介入主義法の限界とその手続化-「法化」研究序説-
    著者; 樫澤秀木
  • 現代法社会学; 1989年04月
    発表情報; 西ドイツにおける「法化」論の展開, 79-94
    著者; 樫澤秀木

原著論文

  • 紛争処理とリスク・コミュニケーション; 2013年
    発表情報; 日本法社会学会編「法社会学」, 78, 195-214
    著者; 樫澤秀木
  • 「地域社会」を再考する; 2011年
    発表情報; 日本法社会学会 編「法社会学」, 74, 89-96
    著者; 樫澤秀木
  • コモンズと法:企画趣旨説明; 2010年
    発表情報; 日本法社会学会編「法社会学」, 73, 1-7
    著者; 樫澤秀木
  • 「法教育」は可能か― 一つの試論―; 2009年09月
    発表情報; 法社会学, 71, 90-103
    著者; 樫澤 秀木
  • 住民運動における「規範」の動員; 2004年
    発表情報; 西日本社会学会年報, 2, 41-53
    著者; 樫澤秀木
  • 権利主張を支援するもの (シンポジウム 構造変容と法社会学(3)法社会学における個と共同性の理論とその発展); 2000年
    発表情報; 法社会学, 52, 9-20
    著者; 樫沢, 秀木
  • 権利主張を支援するもの; 2000年
    発表情報; 法社会学, 52, 9-20
    著者; 樫澤 秀木
  • 法運動における「実体志向」と「プロセス志向」(2); 1995年
    発表情報; 法学論集(鹿児島大学), 30, 2, 157-190
    著者; 樫澤秀木
  • 法運動における「実体志向」と「プロセス志向」(1); 1994年
    発表情報; 法学論集(鹿児島大学), 30, 1, 129-160
    著者; 樫澤秀木
  • 介入主義法の限界とその手続化; 1990年
    発表情報; 法の理論, 10, 117-179
    著者; 樫澤秀木
  • The Limits of Interventionalist-Law and its Proceduralization; 1990年
    発表情報; , 10, 117-179
    著者; 

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • 「法化」社会のゆくえ―『法社会学』67号を編集して; 2008年
    発表情報; 書斎の窓, 7-12
    著者; 樫澤秀木
  • 諫早湾干拓・有明海異変を考える; 2008年
    発表情報; 佐賀大学経済学部地域経済研究センター調査研究報告書, 21, 13-30
    著者; 樫澤秀木
  • 環境アセスメントとコミュニケーション; 2007年
    発表情報; 21世紀COEプログラム『海洋エネルギーの先導的利用科学技術の構築 成果報告書』 , 71-76
    著者; 樫澤秀木
  • 企画趣旨説明; 2007年
    発表情報; 法社会学, 67, 1-6
    著者; 樫澤秀木
  • 環境紛争とコミュニケーション; 2006年
    発表情報; 平成14年度~17年度科学研究費補助金 基盤研究(C)(2) 課題番号14510196 研究成果報告書
    著者; 樫澤秀木
  • 有明海訴訟関係資料の収集とデータベースの整備; 2005年
    発表情報; 佐賀大学有明海総合研究プロジェクト成果報告集〔第1巻〕, 163-164
    著者; 樫澤秀木
  • 書評「阿部昌樹著『争訟化する地方自治』」; 2005年
    発表情報; 法社会学, 62, 167-174
    著者; 樫澤秀木
  • Substantive Orientation" and "Process Orientation" in the Legal Movements(2)"; 1995年
    発表情報; Law Review(Kagoshima Univ. ), 30, 2, 157-190
    著者; 
  • Substantive Orientation" and "Process Orientation" in the Legal Movements(1)"; 1994年
    発表情報; Law Review(Kagoshima Univ. ), 30, 1, 129-160
    著者; 

総説

  • 守備範囲を広めた法の役割は; 2005年
    発表情報; 法学セミナー(4月号), 68-69
    著者; 樫澤秀木
  • 法社会学会とはこういう学問だ; 2005年
    発表情報; 法学セミナー(4月号), 70-71
    著者; 樫澤秀木

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • リスク社会と紛争―諫早湾干拓紛争を素材にして―; 2016年11月
    発表情報; 法と経済学会
    著者; 樫澤 秀木


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.