詳細検索はこちら

吉賀 豊司ヨシガ トヨシ

所属:
農学部 応用生物科学科 生物資源制御学講座

著書

  • 「行動解析実験法」線虫学実験法; 2014年09月
    発表情報; 
    著者; 吉賀豊司
  • 線虫病; 2014年02月
    発表情報; 最新 昆虫病理学
    著者; 吉賀豊司
  • 線虫; 2009年
    発表情報; バイオロジカル・コントロール, 130-152
    著者; 吉賀豊司
  • 寄生と共生; 2008年07月
    発表情報; 
    著者; 吉賀豊司
  • 第14章 昆虫病原性線虫と共生細菌; 2003年06月
    発表情報; 石橋信義編「線虫の生物学」,東京大学出版会, 197-208
    著者; 吉賀, 豊司

原著論文

  • Transmission electron microscopic observation of body cuticle structures of phoretic and parasitic stages of Parasitaphelenchinae nematodes; 2017年06月
    発表情報; PLOS ONE
    著者; Taisuke Ekino^D, Toyoshi Yoshiga, Yuko Takeuchi-Kaneko, Natsumi Kanzaki
  • Pathogenicity of the axenic entomopathogenic nematode Steinernema carpocapsae against Galleria mellonella and Spodoptera litura larvae; 2016年12月
    発表情報; Nematological Research
    著者; Michinori Fuchi, Masaya Ono, Eizo Kondo, and Toyoshi Yoshiga
  • Involvement of Vitamin B6 Biosynthesis Pathways in the Insecticidal Activity of Photorhabdus luminescens; 2016年06月
    発表情報; Applied and Environmental Microbiology, 82, 3546-3553
    著者; Kazuki Sato, Toyoshi Yoshiga and Koichi Hasegawa
  • A simple and small‐scale hydroponic culture system for obtaining second‐stage juveniles of the root‐knot nematode; 2016年02月
    発表情報; Applied Entomology and Zoology, 51, 151-154
    著者; Toyoshi Yoshiga and Yuho Umezaki
  • Heterogeneity of the large subunit of ribosomal RNA gene sequences in a Halicephalobus gingivalis isolate; 2014年10月
    発表情報; Nematology, 16, 1233-1236
    著者; Toyoshi YOSHIGA , Ryusei KUWATA , Hikaru TAKAI and Kenichi NISHIMURA
  • Host orientation using volatiles in the phoretic nematode Caenorhabditis japonica; 2014年07月
    発表情報; The Journal of Experimental Biology, 217, 3197-3199
    著者; Etsuko Okumura and Toyoshi Yoshiga
  • First report of the thelastomatid nematode Leidynema appendiculata (Leidy 1850), isolated from the smokybrown cockroach Periplaneta fuliginosa.; 2014年06月
    発表情報; Acta Parasitologica, 59, 2, 219-228
    著者; Sota Ozawa, Cludia S. L. Vicente, Kazuki Sato, Toyoshi, Yoshiga, Natsumi Kanzaki, Koichi Hasegawa
  • Activated and inactivated immune responses in Caenorhabditis elegans against Photorhabdus luminescens TT01.; 2014年06月
    発表情報; SpringerPlus, 3, 274
    著者; Kazuki Sato, Toyoshi Yoshiga and Koichi Hasegawa.
  • Specialist versus generalist life histories and nucleotide diversity in Caenorhabditis nematodes.; 2014年01月
    発表情報; Proceedings of the Royal Society B., 281, 1777, 20132858
    著者; Shuning Li, Richard Jovelin, Toyoshi Yoshiga, Ryusei Tanaka, Asher D. Cutter
  • Conditions for disembarkation of Caenorhabditis japonica from its carrier insect Parastrachia japonensis.; 2013年06月
    発表情報; Nematol. Res., 43, 1-7
    著者; Okumura E, Tanaka R, Yoshiga T.
  • Xenorhabdus ishibashii sp. nov.: a bacterium from the entomopathogenic nematode Steinernema aciari.; 2013年05月
    発表情報; Int J Syst Evol Microbiol., 63, 1690-1695
    著者; Kuwata R, Qiu L-h, Wang W, Harada Y, Yoshida M, Kondo E, Yoshiga T.
  • Propagation of Caenorhabditis japonica in the nest of its carrier insect, Parastrachia japonensis.; 2013年03月
    発表情報; Zool. Sci., 30, 174-177
    著者; Okumura E, Ishikawa Y, Tanaka R, Yoshiga T.
  • Species-specific recognition of the carrier insect by dauer larvae of the nematode Caenorhabditis japonica.; 2013年02月
    発表情報; J Exp Biol., 216, 568-572
    著者; Okumura E, Tanaka R, Yoshiga T.
  • Negative gravitactic behavior of Caenorhabditis japonica dauer larvae; 2013年01月
    発表情報; J Exp Biol., 216, 1470-1474
    著者; Okumura E, Tanaka R, Yoshiga T.
  • Species-specific and female host-biased ectophoresy in the roundworm Caenorhabditis japonica.; 2013年01月
    発表情報; Naturwissenschaften, 100, 205-208
    著者; Yoshiga T, Ishikawa Y, Tanaka R, Hironaka M, Okumura E
  • Identification and characterization of host factors interacting with Bombyx mori nucleopolyhedrovirus ORF8.; 2012年06月
    発表情報;  J Microbiol., 50, 469-477
    著者; Kang W, Katsuma S, Matsuda-Imai N, Kurihara M, Yoshiga T, Shimada T, Matsumoto S.
  • Low survivorship of dauer larva in the nematode Caenorhabditis japonica, a potential comparative system for a model organism, C. elegans.; 2012年03月
    発表情報; Exp Gerontol., 47, 388-393
    著者; Tanaka R, Okumura E, Kanzaki N, Yoshiga T.
  • Survivorship of Caenorhabditis japonica dauer larvae naturally associated with the shield bug, Parastrachia japonensis; 2010年12月
    発表情報; Nematological Research, 40, 2, 47-52
    著者; Ryusei Tanaka, Etsuko Okumura, Toyoshi Yoshiga
  • A simple method to collect phoretically active dauer larvae of Caenorhabditis japonica.; 2010年06月
    発表情報; Nematological Research, 40, 1, 7-12
    著者; Ryusei Tanaka, Etsuko Okumura, Toyoshi Yoshiga
  • A simple method to collect phoretically active dauer larvae of Caenorhabditis japonica.; 2010年06月
    発表情報; , 40, 7-12
    著者; R.Tanaka,E.Okumura,T.Yoshiga
  • Identification and characterization of a novel gene involved in the trans-specific nematicidal activity of Photorhabdus luminescens LN2.; 2009年06月
    発表情報; Applied and Environmental Microbiology, 75, 4221-4223
    著者; X.Qiu,R.Han,X.Yan,M.Liu,L.Cao,T. Yoshiga,E.Kondo
  • Mutualistic association of Photorhabdus asymbiotica with Japanese heterorhabditid entomopathogenic nematodes; 2008年04月
    発表情報; , 10, 734-741
    著者; Kuwata,R.,T.Yoshiga,M.Yoshida,E.Kondo
  • Mutualistic association of Photorhabdus asymbiotica with Japanese heterorhabditid entomopathogenic nematodes; 2008年04月
    発表情報; Microbes and Infection, 10, 734-741
    著者; R.Kuwata,T.Yoshiga,M.Yoshida,E.Kondo
  • Detection of Halicephalobus gingivalis in soil nematode samples using PCR; 2007年
    発表情報; Japanese Journal of Nematology, 37, 2, 101-104
    著者; Yoshiga, T.
  • Phylogenetic relationships of Japanese Heterorhabditis nematodes and their symbiotic Photorhabdus bacteria; 2007年
    発表情報; Japanese Journal of Nematology, 37, 2, 39-50
    著者; Kuwata,R.,T.Yoshiga,M.Yoshida,E.Kondo
  • Granulomatous nephritis and meningoencephalomyelitis caused by Halicephalobus gingivalis in a pony gelding; 2007年
    発表情報; Journal of Veterinary Medical Science, 69, 1187-1190
    著者; Akagami,M.,T.Shibahara,T.Yoshiga,N.Tanaka,Y,Yaguchi,T.Onuki,T.Kondo,T.Yamanaka,M.Kubo
  • キク6品種の生育に及ぼすキタネグサレセンチュウ(Pratylenchus penetrans)の影響; 2007年
    発表情報; 日本線虫学会誌, 37, 11-19
    著者; 小松博樹,吉賀豊司,近藤栄造
  • Intraspecific variations and phylogenetic relationships of steinernematids isolated from Japan based on the sequences of the ITS region of the nuclear rRNA gene and the partial mitochondrial CO I gene; 2006年
    発表情報; Japanese Journal of Nematology, 36, 1, 11-21
    著者; Kuwata, R., M. Shigematsu, T. Yoshiga, M. Yoshida and E. Kondo
  • Phylogenetic analyses of Japanese steinernematid nematodes and Xenorhabdus bacteria; 2006年
    発表情報; Japanese Journal of Nematology, 36, 2, 75-85
    著者; Kuwata, R., M. Shigematsu, T. Yoshiga, M. Yoshida and E. Kondo
  • Coiling is Not Essential to Anhydrobiosis by Aphelenchus avenae on Agar Amended with Sucrose; 2006年
    発表情報; Journal of Nematology, 38, 1, 41-45
    著者; Otsubo, R., T. Yoshiga, E. Kondo and N. Ishibashi
  • Aedes aegypti transferrin. Gene structure, expression pattern, and regulation; 2005年
    発表情報; Insect Molecular Biology, 39, 61-70
    著者; Harizanova,N.,T.Georgieva,B.C.Dunkov,T.Yoshiga,J.H.Law
  • Infectivity and Post-Infection Development of Infective Juveniles Originating via Endotokia matricida in Entomopathogenic Nematodes; 2004年
    発表情報; APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 39, 1, 61-70
    著者; Baliadi, Y / Yoshiga, T / Kondo, E
  • Molecular cloning, expression and isolation of ferritins from two tick species-Ornithodoros moubata and Ixodes ricinus; 2003年
    発表情報; INSECT BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY, 33, 1, 103-113
    著者; Kopacek, P / Zdychova, J / Yoshiga, T / Weise, C / Rudenko, N / Law, J. H
  • Pheromone gland-specific fatty-acyl reductase of the silkmoth, Bombyx mori.; 2003年
    発表情報; Proc. Natl. Acad. Sci. USA., 100, 9156-9161
    著者; Moto, K., Yoshiga, T., Yamamoto, M., Takahashi, S., Okano, K., Ando, T., Nakata, T. and Matsumoto, S.
  • Generic diversity and community analysis of nematodes with particular reference to predaceous nematodes in a deciduous forest of Northern Kyushu, Japan; 2002年
    発表情報; INTERNATIONAL JOURNAL OF NEMATOLOGY, 12, 1, 46-54
    著者; Bilgrami, A. L / Khan, Z / Kondo, E / Yoshiga, T
  • Purification and Characterization of Biliverdin-Binding Vitellogenin From the Hemolymph of the Common Cutworm, Spodoptera litura; 2002年
    発表情報; ARCHIVES OF INSECT BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY, 50, 2, 97-106
    著者; Maruta, K / Yoshiga, T / Katagiri, C / Ochiai, M / Tojo, S
  • Aedes aegypti ferritin heavy chain homologue:feeding of iron or blood influences message levels, lengths and subunit abundance.; 2002年
    発表情報; Journal of Insect Science, 2, 1-10
    著者; Dunkov, B., Georgieva T., Yoshiga T., Hall, M. and Law J.H.
  • Development of endotokia matricida and emergence of originating infective juveniles of Steinernematid and heterorhabditid nematodes.; 2001年
    発表情報; Jap. J. Nematol., 31, 26-36
    著者; Baliadi,Y.,Yoshiga T.and Kondo E.
  • Attraction responses of Steinernema glaseri in the presence of plant roots and leaves.; 2001年
    発表情報; Annals of Plant Protection Sciences, 9, 258-263
    著者; Bilgrami,A.L.,Kondo,E.and Yoshiga,T.
  • Absolute and relative preferential attraction of Steinernema glaseri to excretory substances of insects; 2001年
    発表情報; INTERNATIONAL JOURNAL OF NEMATOLOGY, 11, 1, 27-34
    著者; Bilgrami, A. L / Kondo, E / Yoshiga, T
  • Host searching and attraction behaviour of Steinernema glaseri using Galleria mellonella as its host; 2001年
    発表情報; INTERNATIONAL JOURNAL OF NEMATOLOGY, 11, 2, 168-176
    著者; Bilgrami, A. L / Kondo, E / Yoshiga, T

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • Detection of Meloidogyne species from wild herbaceous plants in non-crop fields in northwest Kyushu, Japan; 2016年07月
    発表情報; Nematological Research
    著者; Yoko Ishibashi and Toyoshi Yoshiga
  • Axenic liquid static culture of entomopathogenic nematode Steinernema carpocapsae that was supplemented with a nematode-infected insect cadaver; 2016年06月
    発表情報; Nematological Research
    著者; Michinori Fuchi, Masaya Ono, Eizo Kondo and Toyoshi Yoshiga
  • 尿検体から多数の線虫が検出された79歳男性の1例; 2015年12月
    発表情報; 
    著者; 新井明治・西村恵子・宮内浩希・永田啓代・横田欣也・寺内正人・原田正和・吉賀豊司
  • Distinguishing between inactivated and dead second stage juveniles of Meloidogyne incognita using the NaOH method; 2015年07月
    発表情報; 
    著者; Yuki Harada and Toyoshi Yoshiga
  • A highly sensitive infection assay method for second-stage juveniles of root-knot nematodes using a one-week-old seedling; 2014年12月
    発表情報; Nematological Research, 44, 2, 37-42
    著者; Toyoshi Yoshiga

一般講演(学術講演を含む)

  • 昆虫病原性細菌Photorhabdus luminescensのビタミンB6生合成経路が病原性に及ぼす影響; 2016年03月
    発表情報; 第59回日本応用動物昆虫学会大会
    著者; 佐藤一輝・吉賀豊司・長谷川浩一
  • 非寄生性線虫Caenorhabditis elegansによる昆虫血球の捕食; 2016年03月
    発表情報; 第59回日本応用動物昆虫学会大会
    著者; 小野雅弥・吉賀豊司・早川洋一
  • 異なる生殖様式をもつニセフクロセンチュウ系統のITS領域の解析; 2016年03月
    発表情報; 第59回日本応用動物昆虫学会大会
    著者; 中江和紀・吉賀豊司
  • 菌食性線虫によるイモグサレセンチュウの増殖抑制効果; 2016年03月
    発表情報; 第59回日本応用動物昆虫学会大会
    著者; 原口悛輔・吉賀豊司
  • 尿検体から多数の線虫が検出された79歳男性の1例; 2015年12月
    発表情報; 
    著者; 新井明治・西村恵子・宮内浩希・永田啓代・横田欣也・寺内正人・原田正和・吉賀豊司
  • ベニツチカメムシ幼虫からの Caenorhabditis japonica の離脱; 2015年09月
    発表情報; 日本線虫学会 第 23 回大会
    著者; 吉賀豊司
  • Phenotypic analysis in attenuated virulence mutant of Photorhabdus luminescens; 2015年09月
    発表情報; 
    著者; Sato, K.・Yoshiga, T.・Hasegawa, K.
  • Insecticidal activity of the entomopathogenic nematode Heterorhabditis bacteriophora against three Periplaneta cockroaches; 2015年09月
    発表情報; 日本線虫学会 第 23 回大会
    著者; Hamaguchi, T. ・Sato, K.・Yamashita, Y. ・Ozawa, S. ・Yoshiga, T.・Hasegawa, K.
  • ベニツチカメムシ幼虫からの Caenorhabditis japonica の離脱; 2015年09月
    発表情報; 日本線虫学会 第 23 回大会
    著者; 吉賀豊司
  • 9 種ニンニク病原糸状菌上におけるニセネグサレセンチュウお よびイモグサレセンチュウの増殖; 2015年09月
    発表情報; 日本線虫学会 第 23 回大会
    著者; 原口悛輔・吉賀豊司
  • PCR によるニセフクロセンチュウの生殖様式系統の簡易識別法; 2015年09月
    発表情報; 日本線虫学会 第 23 回大会
    著者; 中江和紀・吉賀豊司
  • Caenorhabditis elegans の昆虫体内で発育; 2015年09月
    発表情報; 日本線虫学会 第 23 回大会
    著者; 小野雅弥・吉賀豊司
  • Phenotypic analysis in attenuated virulence mutant of Photorhabdus luminescens; 2015年09月
    発表情報; 
    著者; Sato, K.・Yoshiga, T.・Hasegawa, K
  • Screening and identification of Photorhabdus luminescens virulence-related genes using C. elegans as a model host.; 2015年06月
    発表情報; 20th International C. elegans Meeting
    著者; Sato, K., Yoshiga, T., Hasegawa, K.
  • 昆虫病原性線虫の低温下における宿主探索行動の観察; 2015年03月
    発表情報; 第59回日本応用動物昆虫学会大会
    著者; 間口洋輔・吉賀豊司・小池正徳
  • 昆虫病原性細菌Photorhabdus luminescensの新規病原性関連遺伝子の探索; 2015年03月
    発表情報; 第59回日本応用動物昆虫学会大会
    著者; 佐藤一輝・吉賀豊司・長谷川浩一
  • 非寄生性線虫に対する昆虫の生体防御反応; 2015年03月
    発表情報; 第59回日本応用動物昆虫学会大会
    著者; 小野雅弥・吉賀豊司
  • ベニツチカメムシ雌成虫に偏便乗する線虫の分布ならびに宿主特異性; 2015年03月
    発表情報; 第59回日本応用動物昆虫学会大会
    著者; 吉賀豊司・奥村悦子
  • 4 つの宿主体表化学物質に対する便乗線虫 Caenorhabditis japonica の誘引反応; 2014年09月
    発表情報; 2014年度日本線虫学会大会
    著者; 奥村悦子,小澤理香,吉賀豊司,竹内祐子
  • Education and dissemination about nematode in Japan; 2014年09月
    発表情報; Japan-Korea Joint Symposium on Nematology 2014
    著者; Toyoshi Yoshiga
  • Activated and inactivated immune responses in Caenorhabditis elegans against Photorhabdus luminescens TT01; 2014年07月
    発表情報; 
    著者; Kazuki Sato, Toyoshi Yoshiga, Koichi Hasegawa
  • Bacterial counterattack: Photorhabdus luminescens TT01 suppresses Caenorhabitis elegans defense response via insulin signal pathway; 2014年
    発表情報; 2014年度日本線虫学会大会(第22回大会)
    著者; Kazuki Sato・Kaname Tsutsumiuchi, Ami Shibata, Toyoshi Yoshiga・Koichi Hasegawa
  • ベニツチカメムシ親子間でのCaenorhabditis japonica耐久型幼虫の選好性; 2013年09月
    発表情報; 
    著者; 奥村悦子,小澤理香,吉賀豊司,竹内祐子
  • 外来種クロゴキブリPeriplaneta fuliginosaに寄生するThelastomatida科線虫の調査; 2013年09月
    発表情報; 第21回日本線虫学会
    著者; 小澤壮太,吉賀豊司,神崎菜摘,長谷川浩一
  • 線虫Caenorhabditis elegansに備わる免疫機構にはPhotorhabdus luminescence TT01に対して誘導されるものとされないものがある; 2013年09月
    発表情報; 第21回日本線虫学会
    著者; 佐藤一輝,吉賀豊司,長谷川浩一
  • Studies on attractive fraction derived from the body surcafe of the burrower bug, Parastrachia japonensis to its entomophilic nematode, Caenorhabditis japonica dauer larvae.; 2013年07月
    発表情報; Society of Nematologists, 52th annual meeting
    著者; Okumura Etsuko, D. Ueno, T. Yoshiga, and Y. Takeuhchi
  • CELLULAR AND MOLECULAR RESPONSES OF THE BACTERIOVOROUS NEMATODE CAENORHABDITIS ELEGANS AGAINST THE EPN-MUTUALISTIC BACTERIUM PHOTORHABDUS LUMINESCENS.; 2013年07月
    発表情報; Society of Nematologists, 52th annual meeting
    著者; Sato, K., T. Yoshiga, K. Hasegawa
  • 昆虫病原性線虫の共生細菌が他種線虫に対し発揮する病原性の解析; 2013年03月
    発表情報; 第57回応用動物昆虫学会
    著者; 佐藤一輝,吉賀豊司,長谷川浩一
  • 外来種ゴキブリ腸内寄生性線虫の分離と胚発生観察; 2013年03月
    発表情報; 第57回応用動物昆虫学会
    著者; 小澤壮太,佐藤一輝,Vicente Claudia,吉賀豊司,神崎菜摘,長谷川浩一
  • Negative gravitactic behavior of Caenorhabditis japonica dauer larvae; 2012年06月
    発表情報; 31th International Symposium of the European Society of Nematologists
    著者; Okumura, E., Tanaka, R. and Yoshiga, T.
  • ベニツチカメムシ随伴寺の線虫Caenorhabditis japonica耐久型幼虫の体表面構造; 2011年03月
    発表情報; 
    著者; 田中龍聖・奥村悦子・早田文・吉賀豊司 田中龍聖・奥村悦子・早田文・吉賀豊司
  • ネコブセンチュウの根内侵入におけるエンドグルカナーゼの重要性; 2011年03月
    発表情報; 
    著者; 古賀一生・橋口円海・吉賀豊司
  • 昆虫由来の誘引物質に対するCaenorhabditis japonica 耐久型幼虫の反応の違い; 2011年03月
    発表情報; 
    著者; 奥村悦子・小澤理香・田中龍聖・吉賀豊司
  • Short survival of dauer stage in Caenorhabditis japonica; 2010年09月
    発表情報; 
    著者; Ryusei Tanaka, Etsuko Okumura and Toyoshi Yoshiga
  • Caenorhabditis japonica dauer larvae are able to recognize odors from the host bug; 2010年09月
    発表情報; 
    著者; Etsuko Okumura, Rika Ozawa, Ryusei Tanaka and Toyoshi Yoshiga
  • 浸漬条件がサツマイモネコブセンチュウの根への侵入に与える影響; 2010年08月
    発表情報; 
    著者; 古賀一生・吉賀豊司
  • 乾燥耐性を有するCaenorhabditis sp.CJKの同定; 2010年08月
    発表情報; 
    著者; 右田浩平・田中龍聖・吉賀豊司
  • ベニツチカメムシのにおい成分分析とCaenorhabditis japonica耐久型幼虫の誘引反応; 2010年08月
    発表情報; 
    著者; 奥村悦子・小澤理香・田中龍聖・吉賀豊司
  • 日本産Steinernema 属線虫と共生関係をもつXenorhabdus 属細菌の同定; 2009年03月
    発表情報; 
    著者; 鍬田龍星・原田祐樹・吉田睦浩・近藤栄造・吉賀豊司
  • Caenorhabditis japonica耐久型幼虫がベニツチカメムシから離脱する要因; 2009年03月
    発表情報; 
    著者; 奥村悦子・田中龍聖・吉賀豊司・近藤栄造
  • Aphelenchus avenaeの土壌生残性における土壌細菌の影響; 2008年09月
    発表情報; 
    著者; 原田祐樹・吉賀豊司・近藤栄造
  • Caenorhabditis japonica耐久型幼虫がベニツチカメムシから離脱する要因; 2008年09月
    発表情報; 
    著者; 奥村悦子・田中龍聖・吉賀豊司・近藤栄造
  • 非休止状Caenorhabditis japonica耐久型幼虫の生存期間が短い原因は貯蔵脂質の消耗によるためか?; 2008年09月
    発表情報; 
    著者; 田中龍聖・奥村悦子・吉賀豊司・近藤栄造
  • Survival strategy of Caenorhabditis japonica dauer juveniles; 2008年07月
    発表情報; 
    著者; Tanaka R, Okumura E, Yoshiga T, Kondo E
  • ベニツチカメムシ随伴、非随伴時でのC. japonica耐久型幼虫の生存率の比較; 2008年03月
    発表情報; 第52回日本応用動物昆虫学会 宇都宮
    著者; 田中龍聖
  • 昆虫病原性線虫の感染態幼虫の運動性と体内のドーパミン濃度との関連性; 2008年03月
    発表情報; 第52回日本応用動物昆虫学会 宇都宮
    著者; 井上靖
  • Caenorhabditis japonica耐久型幼虫の宿主探索行動; 2008年03月
    発表情報; 第52回日本応用動物昆虫学会 宇都宮
    著者; 奥村悦子
  • 細菌食性線虫Caenorhabditis elegansが土壌細菌の増殖に及ぼす影響; 2008年03月
    発表情報; 第52回日本応用動物昆虫学会 つくば
    著者; 小賀野早苗
  • Caenorhabditis japonica耐久型幼虫のカメムシ随伴時および浸透圧処理によって変化するタンパク質の解析; 2007年09月
    発表情報; 第15回日本線虫学会大会 京都
    著者; 田中龍聖
  • 昆虫病原性線虫の共生細菌が宿主昆虫に及ぼす影響; 2007年09月
    発表情報; 第15回日本線虫学会大会 京都
    著者; 安松良恵
  • Caenorhabditis japonica耐久型幼虫の宿主探索行動; 2007年09月
    発表情報; 第15回日本線虫学会大会 京都
    著者; 奥村悦子
  • Rhabditida目線虫の耐久型幼虫におけるドーパミンのはたらき; 2007年07月
    発表情報; 第15回日本線虫学会大会 京都
    著者; 井上靖
  • 線虫からの生体アミンの検出と発育に伴う変化; 2007年03月
    発表情報; 第51回日本応用動物昆虫学会 広島
    著者; 井上靖
  • 人工培地上におけるCaenorhabditis japonicaの増殖方法; 2007年03月
    発表情報; 第51回日本応用動物昆虫学会 広島
    著者; 田中龍聖
  • 昆虫病原性線虫の共生細菌が宿主昆虫の脳に与える影響; 2007年03月
    発表情報; 第51回日本応用動物昆虫学会 広島
    著者; 安松良恵
  • クローバシストセンチュウの新たな培養法の検討; 2006年09月
    発表情報; 第14回日本線虫学会大会 つくば
    著者; 豊永佳弘
  • 特異的プライマーを用いたPCRによるHalicephalobus属線虫の検出; 2006年09月
    発表情報; 第14回日本線虫学会大会 つくば
    著者; 吉賀豊司
  • 日本産Steinernema属線虫から単離されたXenorhabdus属共生細菌の同定; 2006年09月
    発表情報; 第14回日本線虫学会大会 つくば
    著者; 鍬田龍星
  • Photorhabdus属細菌が宿主昆虫の脳へ与える影響; 2006年09月
    発表情報; 第14回日本線虫学会大会 つくば
    著者; 安松良恵
  • Caenorhabditis japonicaの耐久型幼虫の長期生存にべニツチカメムシが果たす役割; 2006年09月
    発表情報; 第14回日本線虫学会大会 つくば
    著者; 田中龍聖
  • 異なる食性を持つ線虫からの生体アミンの検出; 2006年02月
    発表情報; 九州病害虫研究会 福岡
    著者; 酒井京子
  • べニツチカメムシの繁殖期におけるCaenorhabditis japonicaの増殖; 2005年09月
    発表情報; 第13回日本線虫学会大会 佐賀
    著者; 吉賀豊司
  • べニツチカメムシに寄生するシヘンチュウ; 2005年09月
    発表情報; 第13回日本線虫学会大会 佐賀
    著者; 井龍友美
  • 房総半島南部から検出されたHeterorhabditis属昆虫病原性線虫について; 2005年09月
    発表情報; 第13回日本線虫学会大会 佐賀
    著者; 吉田睦浩
  • 日本産Heterorhabditis indicaから単離された新規Photorhabdus属細菌の性質; 2005年09月
    発表情報; 第13回日本線虫学会大会 佐賀
    著者; 鍬田龍星
  • 日本産Heterorhabditis indicaから単離されたPhotorhabdus属細菌の殺虫 活性の比較と宿主への影響; 2005年09月
    発表情報; 第13回日本線虫学会大会 佐賀
    著者; 安松良恵
  • 日本産Steinernema属線虫とXeonrhabdus属細菌の分子系統解析と親和性; 2005年03月
    発表情報; 
    著者; 吉賀豊司
  • ネグサレセンチュウに対するキクの反応と品種間差異; 2005年02月
    発表情報; 九州病害虫研究会 大分
    著者; 吉賀豊司
  • 昆虫病原性線虫から単離した共生細菌の殺虫活性の比較; 2005年02月
    発表情報; 九州病害虫研究会 大分
    著者; 儀本英二郎
  • Heterorhabditis indicaの発育に必須な共生細菌Photorhabdus luminescens遺伝子の同定; 2004年09月
    発表情報; 第12回日本線虫学会大会 福島
    著者; 鍬田龍星
  • 日本産Steinernema属線虫および共生細菌の系統関係; 2004年09月
    発表情報; 第12回日本線虫学会大会 福島
    著者; 重松学

その他講演

  • Phenotypic analysis in attenuated virulence mutant of Photorhabdus luminescens; 2015年09月
    発表情報; 日本線虫学会 第 23 回大会
    著者; Sato, K.・Yoshiga, T.・Hasegawa, K.

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • 昆虫病原性線虫/共生細菌感染に対する宿主の応答; 2010年09月
    発表情報; 
    著者; 吉賀豊司
  • 昆虫病原性線虫と細菌の相互依存的共生関係; 2006年09月
    発表情報; 第7回昆虫病理研究会シンポジウム 山梨
    著者; 吉賀豊司
  • Recent EPN research and application technology in Japan; 2006年06月
    発表情報; Summit workshop COST ACTION850 Germany
    著者; 吉賀豊司


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.