教員活動データベース

氏 名渕上 貴由樹フリガナフチカミ タカユキ
欧文氏名
所 属理工学部 理工学科 都市工学部門
職 名助教学位修士(工学)(2006年03月)
電子メールリンクティーチングポートフォリオ
ホームページ

教員詳細情報

研究分野・キーワード

  • 建築歴史・意匠

学歴

  • 2004年03月, 佐賀大学, 理工学部, 都市工学科, 卒業
  • 2006年03月, 佐賀大学, 工学系研究科, 都市工学専攻, 修士課程・博士前期課程, 修了
  • 2008年04月, 佐賀大学, 工学系研究科, システム生産科学専攻, 博士課程・博士後期課程, 中退

職歴

  • 2008年05月 - 2010年03月 佐賀大学理工学部都市工学科 助教
  • 2010年04月 - 継続中 佐賀大学大学院工学系研究科都市工学講座 助教
  • 2019年04月 - 継続中 佐賀大学教育研究院自然科学域理工学系建築環境デザインコース 助教

専門分野

  • 建築史・意匠, 都市計画・建築計画

所属学会

  • 日本生活文化史学会, 日本生活学会, 日本建築学会

現在実施している研究テーマ

  • 日本近代における住空間の変容過程

主要業績

著書

  • 日本の建築文化事典; 2020年01月
    発表情報; 
    著者; 平井聖 編集代表 後藤治 編集幹事
  • 鄙のデザイン; 2006年03月
    発表情報; 
    著者; 丹羽和彦+佐賀大学丹羽研究室

原著論文

  • A study on improvement of views across the sea from a modern remain of fortress in a National Park; 2018年03月
    発表情報; 5th International Conference on Civil and Urban Engineering
    著者; Takatoshi Yasuda, Nobuo Mishima, Takayuki Fuchikami
  • An analysis on illumination distribution and residents’ perception in a historic town for streetlight planning; 2018年03月
    発表情報; 5th International Conference on Civil and Urban Engineering (ICCUE 2018)
    著者; Raheon Min, Nobuo Mishima, and Takayuki Fuchikami
  • 敷地規模からみた二階建て住宅に対する提案の変化−明治後期〜昭和初期刊行の住宅関係単行本の言説にみる近代都市独立住宅の二階建てに関する研究-; 2017年09月
    発表情報; 生活文化史, 第72号, pp.24-73
    著者; 渕上貴由樹,内田青蔵
  • 居間の変化と客間・寝室の配置からみた二階建て住宅の理念形成−明治後期〜昭和初期刊行の住宅関係単行本の言説にみる近代都市独立住宅の二階建てに関する研究-; 2017年05月
    発表情報; 日本建築学会計画系論文集, 第82巻, 第735号, pp.1255-1264
    著者; 渕上貴由樹,内田青蔵
  • Distribution of American houses around the USA air force soon after the second world war in Fukuoka, Japan; 2017年03月
    発表情報; Proceedings of 4th International Conference on Civil and Urban Engineering, March, 2017,, pp256-261
    著者; Makoto Taniguchi, Nobuo Mishima, Takayuki Fuchikami
  • Characteristics and values as a source of the "UMANOSUKE FUNAKI ARCHIVES"; 2017年03月
    発表情報; Proceedings of 4th International conference on Civil and Urban Engineering, March, 2017
    著者; Kaori Inomata, Takayuki Fuchigami, and Nobuo Mishima
  • 学生のまちづくり参加能力向上に向けた評価尺度の開発; 2016年11月
    発表情報; 建築教育研究論文報告集, No.16, pp.13-18
    著者; 古賀智之、渕上貴由樹、三島伸雄
  • A Study on Student Education Program through Participation in a Community Event -Focusing on Lighting Project in Saga City-; 2015年12月
    発表情報; Proceedings of International Graduate Research Conference 2015, Chiang Mai University (iGRC2015)
    著者; Tomoyuki KOGA, Takayuki FUCHIKAMI, Nobuo MISHIMA
  • A simulation study on fire evacuation routes in primary stage for a historic canal residential area; 2015年10月
    発表情報; Proceedings of International Conference on Urban Planning and Architectural Design in Developing Countries, 462-471
    著者; Tanaporn Tanachawengsakul, Nobuo Mishima, Takayuki Fuchikami
  • Analysis of urban morphology and accessibility character to provide evacuation route in historic area; 2015年10月
    発表情報; Proceedings of International Conference on Urban Planning and Architectural Design in Developing Countries, 462-471
    著者; Nattasit Srinurak, Nobuo Mishima, Takayuki Fuchikami, Wittaya Duangthimad
  • 嬉野温泉街における空き物件を活用した食事・入浴・宿泊分散型回遊プログラムの導入可能性の検討; 2015年06月
    発表情報; Proceedings of EAROPH 2015 Regional Seminar in Ureshino, 90-99
    著者; ANAI Shoichiro, MISHIMA Nobuo, FUCHIKAMI Takayuki
  • A historical study of the inclusion of children's rooms during the modernization of Japanese detached houses; 2013年10月
    発表情報; Proceedings of the 4th Engineering, Project, and Production Management (EPPM2013), 502-511
    著者; Takayuki Fuchikami
  • 「舟木右馬之助文書」の全容とその性格; 2012年
    発表情報; 佐賀大学理工学集報, 41, 2, 7-14
    著者; 猪股香織, 渕上貴由樹
  • ダム事業がもたらす集落及び代替地の変容と形成 −家屋の移転状況と地域組織・活動の実態を中心として−; 2007年
    発表情報; 日本建築学会技術報告集, 25, 247-250
    著者; 後藤隆太郎, 渕上貴由樹, 丹羽和彦
  • わが国近代の住宅における「子供室」の出現とその推移について; 2006年12月
    発表情報; 佐賀大学理工学部集報, 35, 2, 19-24
    著者; 渕上貴由樹 石川宏樹 後藤隆太郎 丹羽和彦

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • 『建築九州選2018』選評および委員所感; 2019年03月
    発表情報; 
    著者; 
  • "持家"志向の高まりに関する研究-戦前期の日本電話建物株式会社を中心に-; 2017年03月
    発表情報; 平成26年度〜平成28年度科学研究費補助金(基盤研究C)研究成果報告書, pp.41-53
    著者; 内田青蔵, 安野彰, 須崎文代, 渕上貴由樹, 清直樹
  • 丹羽和彦先生を偲んで; 2012年03月
    発表情報; 建築史学, 60, 58-63
    著者; 渕上貴由樹
  • 2009年度日本建築学会九州支部建築文化事業報告「佐賀の建築50年−建築探検とシンポジウムが明かす佐賀建築の半世紀-」; 2010年03月
    発表情報; 
    著者; 丹羽和彦, 後藤隆太郎, 田口陽子, 渕上貴由樹

一般講演(学術講演を含む)

  • 仰木魯堂設計・近代数寄屋建築の室内意匠について ー柱寸法および組子割付寸法による分析ー; 2019年03月
    発表情報; 日本建築学会九州支部研究報告, 第58号, pp.677-680
    著者; 山本 絵里奈 、三島 伸雄、渕上 貴由樹
  • 瀬戸内海国立公園の特別地域における眺望確保手法の検討 ー視対象の人文・自然景観からの重み付けによる仮視点場の抽出ー; 2019年03月
    発表情報; 日本建築学会九州支部研究報告, 第58号, pp.353-356
    著者; 安田 貴俊 、三島 伸雄 、渕上 貴由樹
  • 有明海削節漁家旧荒木家住宅について; 2019年03月
    発表情報; 日本建築学会九州支部研究報告, 第58号, pp.545-548
    著者; 森永 一男、三島 伸雄、渕上 貴由樹
  • わが国近代の住宅における二階建て間取りに関する一考察 - 戦前期刊行の住宅関係単行本における接客用居室に着目して -; 2018年09月
    発表情報; 日本建築学会大会学術講演梗概集, pp.906-907
    著者; 渕上貴由樹、内田青蔵
  • 現代日本の一室空間形式の住宅にみられる「意識的境界」の発生要因; 2018年03月
    発表情報; 日本建築学会九州支部研究報告, No.57, pp.705-708
    著者; 森山拓弥、三島伸雄、渕上貴由樹
  • 辰野金吾設計の三楼門の軸にみる武雄温泉都市構想に関する研究; 2018年03月
    発表情報; 日本建築学会九州支部研究報告, No.57, pp.289-392
    著者; 岩男眞太郎、三島伸雄、渕上貴由樹
  • 西鉄春日原分譲地における米軍基地の存在の影響に関する研究; 2018年03月
    発表情報; 日本建築学会九州支部研究報告, No.57, pp.397-400
    著者; 谷口真、三島伸雄、渕上貴由樹
  • わが国近代における二階建て住宅の間取りに関する一考察 -戦前期刊行の住宅関係単行本に掲載された実例図面を中心に-; 2017年09月
    発表情報; 平成29年度日本生活文化史学会大会, pp.23-24
    著者; 渕上貴由樹,内田青蔵
  • 明治後期〜昭和初期の「住宅関係単行本」の言説にみる「居間」の機能変化に関する一考察; 2017年05月
    発表情報; 日本生活学会大会第44回研究大会発表梗概集, pp.30-31
    著者; 渕上貴由樹,内田青蔵
  • 居室の南面配置と居間の起居様式からみた二階建て住宅の間取りの変化-明治後期から昭和初期に刊行された住宅関係単行本の掲載図案を用いて -; 2017年03月
    発表情報; 日本建築学会九州支部研究報告 第56号, 2017年3月, No.56, pp.497-500
    著者; 渕上貴由樹, 内田青蔵
  • 「敷地規模」からみたわが国近代の中流層向け住宅の二階建てに関する一考察 -明治後期から昭和初期までに刊行された住宅関係単行本を史料として-; 2016年09月
    発表情報; 平成28年度日本生活文化史学会大会研究発表
    著者; 渕上貴由樹, 内田青蔵
  • わが国近代の住宅における「寝室」の二階配置について-明治後期から昭和初期に刊行された住宅関連書籍の記述を用いて-; 2016年08月
    発表情報; 日本建築学会大会学術講演梗概集(九州),2016年8月, pp.877-878
    著者; 渕上貴由樹,内田青蔵
  • 歴史的町並みの住民認識からみた中間組織による空き家利活用管理体制; 2016年08月
    発表情報; 
    著者; 住田裕美, 三島伸雄, 渕上貴由樹
  • 地目・等級からみた開墾会社永沢社による入植地整備 『明治三十二年 土地䑓帳 印旛郡八街村八街』を資料として; 2016年08月
    発表情報; 日本建築学会大会学術講演梗概集(九州),2016年8月, pp.155-156
    著者; 廣橋碧, 渕上貴由樹, 三島伸雄
  • 地方都市における民間活力導入に向けたPFI事業の可能性-応募数、VFMに着目して-; 2016年03月
    発表情報; 日本建築学会九州支部研究報告, 第55号, 445-448
    著者; 鷹取太洋・三島伸雄・渕上貴由樹
  • A STUDY ON MULTIMODAL ACCESS FOR FIRE EMERGENCY PLAN IN TRADITIONAL CANAL COMMUNITY KHLONG BANG LUANG; 2016年03月
    発表情報; 日本建築学会九州支部研究報告, 第55号, 489-492
    著者; TANACHAWENGSAKUL Tanaporn・FUCHIKAMI Takayuki・MISHIMA Nobuo
  • 伝統的茅葺き集落における延焼予測からみた避難場所の提案-安東市河回村を対象に-; 2016年03月
    発表情報; 日本建築学会九州支部研究報告, 第55号, 509-512
    著者; 埋金卓司・三島伸雄・渕上貴由樹
  • 階段位置・二階動線からみた近代和風邸宅における二階平面の変化; 2016年03月
    発表情報; 日本建築学会九州支部研究報告, 第55号, 613-616
    著者; 渕上貴由樹
  • 千葉県八街村小間子地区の入植地整備についてー明治32年土地台帳史料の基礎的整理ー; 2015年09月
    発表情報; 日本建築学会大会学術講演梗概集 (関東), 955-956
    著者; 廣橋碧・渕上貴由樹・三島伸雄
  • 地域イベントへの参画による学生教育プログラムに関する研究:ライティングプロジェクトに焦点をあてて; 2015年09月
    発表情報; 日本建築学会大会学術講演梗概集 (関東) , 119-120
    著者; 古賀智之・渕上貴由樹・三島伸雄
  • 鉄道線路跡地の土地利用転換に伴う周辺敷地の活用に向けた土地利用分析; 2015年03月
    発表情報; , 54, 269272
    著者; 筬島 智史;渕上 貴由樹;三島 伸雄
  • 協業化に伴う有明海沿岸海苔養殖漁家の家内作業場の変容実態; 2014年09月
    発表情報; 日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿), F-1, 763-764
    著者; 内田大資、渕上貴由樹、三島伸雄
  • 永沢社による入植地整備からみた八街村小間子地区の鍋島開墾について; 2014年09月
    発表情報; , F-1, 381-382
    著者; 廣橋碧、渕上貴由樹、三島伸雄
  • 7222 管理・運営手法にみる昭和50年代の公園内公共建築物の現状と課題(景観管理,都市計画,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会); 2014年09月
    発表情報; , 2014, 0, 479480
    著者; 鷹取 太洋;三島 伸雄;渕上 貴由樹
  • わが国近代における「最小限住宅」に関する建築専門家の対応; 2014年03月
    発表情報; 2013年度第53回日本建築学会九州支部研究報告集, 53, 525-528
    著者; 坂本良典, 渕上貴由樹, 田口陽子
  • 集約譲渡団地再生における緑を基調とした景観誘導の協議調整; 2014年03月
    発表情報; 日本建築学会九州支部研究報告集, 53, 473-476
    著者; 東晃平, 三島伸雄, 渕上貴由樹
  • 765 集約譲渡団地再生における緑を基調とした景観誘導の協議調整(都市計画); 2014年03月
    発表情報; , 53, 473476
    著者; 東 晃平;三島 伸雄;渕上 貴由樹;高橋 正樹
  • グアムのエンクローンチメント対策との比較にみる琉球Aサイン制度の先駆性; 2014年03月
    発表情報; 日本建築学会九州支部研究報告, 54号, 401-404
    著者; 喜納秀太, 渕上貴由樹, 三島伸雄
  • 『英和対訳袖珍辞書』の建設系用語について; 2013年03月
    発表情報; 日本建築学会研究報告九州支部第, 52, 541-544
    著者; 鳥巣綾美, 渕上貴由樹, 後藤隆太郎
  • 『西洋家作ひながた』における住宅室名関連用語について; 2013年03月
    発表情報; 日本建築学会九州支部研究報告, 52, 581-584
    著者; 渕上貴由樹
  • 「舟木右馬之助文書」について; 2012年03月
    発表情報; 日本建築学会九州支部研究報告, 51, 681-684
    著者; 猪股香織,渕上貴由樹,丹羽和彦
  • 大隈記念館にみる今井兼次の設計手法 −形態的モチーフと色光的モチーフによる建築表現−; 2011年03月
    発表情報; 日本建築学会九州支部研究報告, 50, 549-552
    著者; 山橋努,渕上貴由樹,丹羽和彦
  • 博多とその近傍における遊興空間の変遷と都市形成; 2011年03月
    発表情報; 日本建築学会九州支部研究報告, 50, 549-552
    著者; 猪股香織,渕上貴由樹,丹羽和彦
  • 住宅規模を考慮したわが国近代の内玄関の変遷; 2010年03月
    発表情報; pp.493-496日本建築学会九州支部研究報告 第49号 , 49, 493-496
    著者; 田中希、渕上貴由樹、丹羽和彦
  • 教団教育施設の動きと周辺の市街地整備 奈良県天理市を事例として; 2010年03月
    発表情報; 日本建築学会九州支部研究報告 第49号 2010年3月, 49, 577-580
    著者; 山口正弘、渕上貴由樹、丹羽和彦
  • 大隈記念館の佐賀市所蔵図面にみられる建築的特徴; 2009年08月
    発表情報; 日本建築学会大会学術講演梗概集(東北)、2009年8月、F-2分冊, 233-234
    著者; 山橋努、渕上貴由樹、丹羽和彦
  • 「おやさとやかた」による市街地の変容 奈良県天理市を事例とする新宗教都市の変容に関する研究 その2; 2009年08月
    発表情報; 日本建築学会大会学術講演梗概集(東北)、2009年8月、F-2分冊, 407-408
    著者; 山口正弘、渕上貴由樹、丹羽和彦
  • 大隈記念館の現存図面について; 2009年03月
    発表情報; 2008年度 第48回日本建築学会九州支部報告集, 857-860
    著者; 山橋努,渕上貴由樹,丹羽和彦
  • 文学作品の表記にみる佐賀の水辺空間; 2008年08月
    発表情報; 2008年度 日本建築学会大会(中国)学術講演梗概集, 577-578
    著者; 田中希, 丹羽和彦, 渕上貴由樹
  • 『米欧回覧実記』にみられる都市内道路の捉え方; 2008年03月
    発表情報; 日本建築学会九州支部研究報告, 47, 685-688
    著者; 黒岩 良美, 渕上 貴由樹, 丹羽 和彦
  • 教育施設としての如蘭塾の設計手法; 2008年03月
    発表情報; 日本建築学会九州支部研究報告, 47, 685-688
    著者; 永吉 哲也, 渕上 貴由樹, 後藤 隆太郎, 丹羽 和彦
  • 近代都市の形成過程に作用する宗教施設の動き −奈良県天理市を事例として−; 2008年03月
    発表情報; 日本建築学会九州支部研究報告, 47, 297-300
    著者; 山口正弘, 渕上貴由樹, 後藤 隆太郎, 丹羽 和彦
  • 近代佐賀城内における宅地化の過程; 2008年03月
    発表情報; 日本建築学会九州支部研究報告, 47, 285-288
    著者; 石元宏明, 渕上貴由樹, 後藤隆太郎, 丹羽 和彦
  • 日本二十六聖人殉教記念館資料館の空間構成に関する一考察; 2006年
    発表情報; 日本建築学会大会学術講演梗概集, 755-756
    著者; 綿屋康生,丹羽和彦,渕上貴由樹
  • 高度成長期の住宅作品にみる駐車スペースの扱いについて; 2005年
    発表情報; 日本建築学会大会学術講演梗概集, 207-208
    著者; 渕上貴由樹,後藤隆太郎,丹羽和彦

辞書等の編纂・データベース作成

  • 文化庁国立近現代建築資料館平成26年度委託事業 我が国近現代建築資料所在状況調査及び保存基準の提案報告書; 2015年03月
    発表情報; 
    著者; 一般社団法人 日本建築学会
  • 平成25年度文化庁委託事業我が国近現代建築資料の所在情報の概要把握と情報管理方法の提案調査研究報告書; 2014年03月
    発表情報; 佐賀県内の建築資料調査を担当
    著者; 日本建築学会建築歴史・意匠委員会近現代建築資料全国調査特別WG

政策形成等に関する調査

  • ⿅島市⺠会館改築計画の再構築に関るデザイン研究; 2018年03月
    発表情報; 
    著者; 三島伸雄、渕上貴由樹
  • 新鹿島市民会館(仮称)基本構想・基本計画; 2015年03月
    発表情報; 鹿島市, 1-57
    著者; 三島伸雄,渕上貴由樹

建築、デザイン

  • うれしのほほんコモンズ -駅前賑わい交流センター- の提案; 2019年08月
    発表情報; 嬉野市・佐賀大学共同研究公開発表会 嬉野市新幹線駅開発に付随する地方創生デザイン研究
    著者; 
  • Community-based Education Mall /第18回まちの活性化・都市デザイン競技 応募作品; 2016年01月
    発表情報; 公益財団法人 都市づくりパブリックデザインセンター
    著者; 三島伸雄,渕上貴由樹,古賀智之,日高祐太朗,カイ ミン モ,チワサシット ナッチャ, 猪股香織,内田大資
  • 嘉瀬川ダム管理庁舎(仮)意匠計画(基本計画及び基本設計); 2007年
    発表情報; 
    著者; 佐賀大学丹羽研究室+国土交通省嘉瀬川ダム工事事務所


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.