教員活動データベース

氏 名帯屋 洋之フリガナオビヤ ヒロユキ
欧文氏名Hiroyuki OBIYA
所 属理工学部 理工学科 都市工学部門
職 名教授学位博士(工学)(1998年09月)
工学修士(1994年03月)
電子メールリンクティーチングポートフォリオ
ホームページ

教員詳細情報

研究分野・キーワード

  • 構造解析、大変形解析、形態解析

学歴

  • 1992年03月, 佐賀大学, 理工学部, 建設工学科, 卒業
  • 1994年03月, 佐賀大学, 工学系研究科, 建設工学専攻, 修士課程・博士前期課程, 修了

職歴

  • 1994年04月 - 2000年03月 佐賀大学理工学部 助手
  • 2000年04月 - 2007年03月 佐賀大学理工学部 助教授
  • 2007年04月 - 2010年03月 佐賀大学理工学部 准教授
  • 2010年04月 - 2013年06月 佐賀大学大学院工学系研究科都市工学講座 准教授
  • 2013年07月 - 継続中 佐賀大学大学院工学系研究科都市工学専攻 教授

専門分野

  • 構造工学・地震工学・維持管理工学, 建築構造・材料, 計算科学

所属学会

  • 九州橋梁・構造工学研究会, 土木学会, 土木学会, 日本計算工学会, IASS

現在実施している研究テーマ

  • 三次元有限回転に関する研究
  • 石鹸膜要素による等張力曲面の形状決定
  • 薄板構造の幾何学的非線形解析
  • テンセグリティ構造の形態解析・変形挙動解析

主要業績

原著論文

  • 非線形要素力式を用いた超弾性体の大変位大変形解析に関する研究; 2018年12月
    発表情報; 第6回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム
    著者; 古賀 大輝、帯屋 洋之、Cho Kyi Soe、井嶋 克志
  • An accurate algorithm of numerical integration for computing seismic responses of inelastic structures; 2018年04月
    発表情報; International Journal of Integrated Engineering
    著者; M Miyahara, K Ijima, H Obiya and M Nizam
  • Potential function of element measurement for form-finding of wide sense tensegrity; 2018年04月
    発表情報; IOP Conference Series: Earth and Environmental Science 140(1),012131
    著者; Cho Kyi Soe, H Obiya, D Koga, M Nizam b Z and K Ijima
  • Mechanically rational forms of curved surface structures shaped from the uniform strain elements; 2018年04月
    発表情報; International Journal of Integrated Engineering, 10(2), pp. 87-92
    著者; K Tanaka, K Ijima, H Obiya and M Nizam
  • Mesh Optimization Based on A Process of Geometrical Nonlinear Analysis; 2018年04月
    発表情報; IOP Conference Series: Earth and Environmental Science 140(1),012131
    著者; Takuya Kawakami^M, H Obiya, Cho KyiSoe^M, M Nizam b Z and K Ijima
  • The evaluation of shear deformation for contact analysis with large displacement; 2018年04月
    発表情報; Journal of Physics: Conference Series, Series995 012018
    著者; Z M Nizam, H Obiya, K Ijima, A T S Azhar, Z A M Hazreek and M Z N Shaylinda
  • 幾何学的非線形構造解析理論を用いたメッシュ最適化についての検討; 2017年12月
    発表情報; 第5回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム
    著者; 川上拓也、帯屋洋之、Cho Kyi Soe、井嶋克志
  • An Orthotropic Membrane Model for the Large Deformation Analysis and Snapping Phenomena of the Dome Inflated; 2016年08月
    発表情報; MATEC Web of Conferences Volume 47, 6
    著者; Shohei Yamada, Katsushi Ijima, Hiroyuki Obiya and Muhammad Nizam Zakaria
  • A Numerical Case Study on Contact Analysis with Large Displacement; 2016年04月
    発表情報; MATEC Web of Conferences, Volume 47, 7
    著者; A. Yamasaki, H. Obiya, K. Ijima and Z. M. Nizam
  • 平面骨組大変位解析における接線幾何剛性の成分に関する検討; 2015年12月
    発表情報; 第3回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム
    著者; 岡﨑祐希、帯屋洋之、井嶋克志、川崎徳明
  • A Comparison for the Simulation of Frictionless Contact Problem with Large Displacement; 2015年07月
    発表情報; Applied Mechanics and Materials, ISSN:1662-7482,Vols.773-774,pp.257-261
    著者; Z.M.Nizam,H.Obiya,K.Ijima,A.T.S.Azhar
  • A SIMULATION OF CAT’S CRADLE BY GEOMETRICALLYNONLINEAR ANALYSIS WITH SLIDING NODES; 2014年07月
    発表情報; 11th World Congress on Computational Mechanics (WCCM XI)
    著者; Hiroyuki Obiya, ^MMidori Murayama, Katsushi Ijima, Koji Ishibashi and ^D Muhammad Nizam Bin Zakaria
  • Effect of Shear Deformation on Convergability of Simple Contact Analysis with Large Displacement; 2013年12月
    発表情報; APCOM & ISCM 11-14th December, 2013, Singapore
    著者; Z.M. Nizam, H. Obiya, K. Ijima, R. Tokubuchi, and K. Ishibashi
  • The robustness of Timoshenko beam in geometrically non-linear frame analysis; 2013年12月
    発表情報; APCOM & ISCM 11-14th December, 2013, Singapore
    著者; Ryota Tokubuchi, Hiroyuki Obiya, Katsushi Ijima, Noriaki Kawasaki, Z.M.Nizam
  • テンセグリティ仮想剛性構造の釣合解特性に関する数値実験的研究; 2012年09月
    発表情報; 土木学会論文集A2特集号, 68, 2, i45-i56
    著者; 帯屋洋之,モハメドニザムビンザカリア,井嶋克志,川崎徳明,松尾郁
  • Path Finding of Virtual Structure Composed Of Axial Force Line Elements; 2012年05月
    発表情報; Proceedings of IASS-APCS
    著者; Z. M. Nizam, A. Matsuo, H. Obiya and K. Ijima
  • Shape analysis for inflatable structures with water pressure by the simultaneous control; 2011年10月
    発表情報; STRACTURAL MEMBRANES, Int.Conf,on Textile Composites and Inflatable Structures
    著者; MUHAMMAD NIZAM BIN ZAKARIA, HIROYUKI OBIYA AND KATSUSHI IJIMA
  • Form-finding of extensive tensegrity using truss elements and axial force lines; 2011年10月
    発表情報; 
    著者; Aya Matsuo, Hiroyuki Obiya Katsushi Ijima
  • 線材置換を用いた張力場理論による膜構造物の有限変位応答に関する考察; 2011年04月
    発表情報; 構造工学論文集, 57A, 41-52
    著者; 井嶋克志,帯屋洋之,川崎徳明
  • 形態解析と釣合模型制作による構造力学感覚教育の試み; 2011年
    発表情報; 土木学会論文集H, 67, 1, 22-31
    著者; 帯屋洋之,石橋慶一,井嶋克志,川崎徳明
  • 剛体-軸力線要素モデルによるテンセグリティ構造の形態解析; 2010年09月
    発表情報; 応用力学論文集, 13, 47-56
    著者; 帯屋洋之,井嶋克志,川崎徳明,松永知子,松尾郁
  • トランスパラタルアーチの活性化が大臼歯に与える力系について 第2報 : 頬舌方向への力とモーメント; 2010年
    発表情報; 日本矯正歯科学会雑誌, 69, 3, 163-173
    著者; 原宏子,古賀義之,中島美紀,富永淳也,帯屋洋之,吉田教明
  • Shape Analyses for Isotonic Surfaces with Soap Film Elements and Axial Lines; 2010年
    発表情報; Proceedings of the International Association for Shell and Spatial Structures Symposium 2010, 1210-1221
    著者; Hiroyuki Obiya, Yusheng Wu, Katsushi Ijima
  • A Method of Replacing Membrane Structures by Flexible Cable Elements and the Large Deformation Analysis; 2010年
    発表情報; Proceedings of the International Association for Shell and Spatial Structures Symposium 2010, 2219-2228
    著者; Kota.Kido, Katsushi Ijima, Hiroyuki Obiya, Noriaki Kawasaki
  • An algorithm for contact problem with large deformation of plane frame structures; 2009年04月
    発表情報; 
    著者; Takuya Tsutsui, Hiroyuki Obiya, Katsushi Ijima
  • 空間柔ケーブルによる非抗圧縮膜構造モデルの有限変位解析; 2009年03月
    発表情報; 構造工学論文集, 55, A, 11-22
    著者; 井嶋克志,帯屋洋之,川崎徳明
  • Large Displacement Analysis of Sagged Nets in Three-Dimensional Space; 2007年
    発表情報; Third Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics in conjunction with Eleventh International Conference on the Enhancement and Promotion of Computational Methods in Engineering and Science(CD-ROM)
    著者; Tetsuaki Sato, Katsushi Ijima, Hiroyuki Obiya, Noriaki Kawasaki
  • A composite element of springs and rigid bars and its application to nonlinear frame analysis; 2007年
    発表情報; Third Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics in conjunction with Eleventh International Conference on the Enhancement and Promotion of Computational Methods in Engineering and Science(CD-ROM)
    著者; Katsushi Ijima, Hiroyuki Obiya, Makoto Kishimura, Yevgeniy Ostrikov
  • A Study on Multi-bifurcation Equilibrium Paths using the Tangent Stiffness Method; 2007年
    発表情報; Third Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics in conjunction with Eleventh International Conference on the Enhancement and Promotion of Computational Methods in Engineering and Science(CD-ROM)
    著者; Kouji Abe, Hiroyuki Obiya, Katsushi Ijima
  • 面内方向軸力線要素を用いた滑らかな石鹸膜形状の決定手法について; 2007年
    発表情報; 応用力学論文集(土木学会), 10, 27-36
    著者; 帯屋洋之,井嶋克志,村上卓志,川崎徳明,西村裕次
  • 多面体釣合解の石鹸膜近似特性に関する研究; 2007年
    発表情報; 膜構造研究論文集(日本膜構造協会), 20, 43-50
    著者; 西村裕次,帯屋洋之,井嶋克志,川崎徳明,新村徹平
  • トランスパラタルアーチの活性化が大臼歯に与える力系について 第1報 : 近遠心方向への力とモーメント; 2006年10月
    発表情報; 日本矯正歯科学会雑誌(日本矯正歯科学会), 65, 3, 174-181
    著者; 中島美紀,古賀義之,原宏子,帯屋洋之,吉田教明
  • 膜張力平均化サイマルコントロール法による石鹸膜形態解析; 2006年
    発表情報; 応用力学論文集(土木学会), 9, 33-40
    著者; 帯屋洋之,井嶋克志,西極春幸
  • 形状依存追従力を受ける膜構造物のための等張力曲面形状に関する研究; 2005年
    発表情報; 構造工学論文集(土木学会), 51A, 79-85
    著者; 帯屋洋之,井嶋克志,井口真一
  • 接線剛性法の求解特性を用いた多分岐釣合系の追跡; 2005年
    発表情報; 土木構造・材料論文集(九州橋梁・構造工学研究会), 21, 57-64
    著者; 門田和之,帯屋洋之,井嶋克志,井口真一,波照間弘之
  • 軸力線要素置換による任意境界形状最小曲面の形態解析; 2005年
    発表情報; 膜構造研究論文集(日本膜構造協会), 19, 49-54
    著者; 帯屋洋之,井嶋克志,村上卓志,西田博之,井口真一
  • 応答スペクトルを用いた単一任意形状桁の自身時最大衝突速度予測; 2004年03月
    発表情報; 構造工学論文集, 150A, 457-466
    著者; 井嶋克志、X. Liengson, 帯屋洋之
  • Element coordinates and the utility in large displacement analysis of a space frame; 2004年01月
    発表情報; Computer Modelingin Engineering , 4, 2, 283-248
    著者; K..Iima, H.Obiya, S.Iguchi nd S.Goto
  • Form and Structural Analysis of High-Rise Pneumatic Structures; 2004年
    発表情報; Proc. of the mt. Conf. on Computational & Experimental Engineering and Sciences (ICCEES 04), in CD-ROM,
    著者; H. Obiya,  K. Ijima, N. Kawasaki,  S. Iguchi
  • Moment-to-force ratios of closing loops during deactivation; 2004年
    発表情報; Kieferorthopadie, 18, 3, 175-182
    著者; Yoshida, N., Jost-Brinkmann, P.-G., Koga Y., Kobayashi, K, Obiya, H.,Peng, C-L.
  • サイマルコントロール法による膨張曲面の形態解析; 2002年
    発表情報; , 4, 37-47
    著者; 帯屋洋之,井嶋克志,荒牧軍治,川崎徳明
  • A Study on Geometrically and Materially non-linear Analysis of Space Frame Structures; 2002年
    発表情報; Proc.of 2nd Int. Conf. on Advances in Structural Engineering and Mechanics
    著者; Ijima,K.,Obiya,H.,Harada,T.,Iguchi,S
  • クロージングアーチワイヤー装着時にブラケットに生じる力系の解析; 2001年10月
    発表情報; 日本矯正歯科学会雑誌, 60, 2, 75-85
    著者; 古賀義之,吉田教明,中島美紀,三牧尚史,富樫久美子,小林和英,帯屋洋之
  • Folding analysis of reversal arch by the tangent stiffness method; 2001年
    発表情報; Structural Engineering and Mechanics, An International Journal, 11, 2, 211-219
    著者; Iguchi.S., Goto,S., Ijima,K., Obiya,H
  • A Study on preventing the fall of slew and curved bridge decks by using rubber bearings; 2001年
    発表情報; Structural Engineering and Mechanics, 11, 2, 347-362
    著者; Ijima,K., Obiya,H., Aramaki,G, Kawasaki,N.
  • A Computational and experimental study on seismic response of skew and curved decks pounding with abutments; 2001年
    発表情報; Proc. Of the first Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics, 1579-1584
    著者; Ijima,K., Liengson,X., Obiya,H.
  • ゴム支承支持された中小規模斜桁・曲線桁の地震時衝突応答と落橋防止; 2000年
    発表情報; , 647, 51, 217-228
    著者; 井嶋克志,帯屋洋之,錦織真樹,後藤茂夫
  • Advances in Computational Engineering and Sciences; 2000年
    発表情報; TECH SCIENCE PRESS, 1, 831-836
    著者; Ijima,K., Obiya,H., Iguchi,S, Goto,S
  • A Strict Compatibility in 3-D Large Deformational Analysis for Shell and/or Frame Structures; 2000年
    発表情報; Advances in Computational Engineering and Sciences, 1, 843-848
    著者; Obiya,H., Ijima,K.,Kawasaki,N
  • A Study on Multibifurcation performance of a steeple type arch; 2000年
    発表情報; Advances in Computational Engineering and Sciences, 2, 1579-1584
    著者; Iguchi.S., Goto,S., Ijima,K., Obiya,H
  • 多角形リングのたたみ込み手法に関する研究; 1999年
    発表情報; , 45, A, 311-319
    著者; 井口真一,後藤茂夫,井嶋克志,帯屋洋之,川崎徳明
  • Equilibrium form by geometrical stiffness control; 1999年
    発表情報; Proc. of Advances in Structural Engineering and Mechanics, 1, 445-450
    著者; Obiya,H., Ijima,K., Goto,S
  • Seismic Response with Collision of Skew Bridge and Curved One Supported by Rubber Bearing; 1999年
    発表情報; Proc. of Advances in Structural Engineering and Mechanics, 1, 777-782
    著者; Ijima,K., Obiya,H., Aramaki,G.
  • Folding analysis of reversal arch by the tangent stiffness method; 1999年
    発表情報;  Proc. Of APCOM’99, 375-380
    著者; Iguchi.S., Goto,S., Ijima,K., Obiya,H
  • 接線剛性法による薄板構造の大変形挙動解析; 1998年07月
    発表情報; 土木学会論文集, 598, 347-358
    著者; 帯屋洋之,後藤茂男,井嶋克志,井口真一
  • Application of the tangent stiffness method to 3-D structures using polyhedral elements,; 1997年
    発表情報; Computing in civil and building engineering, 1, 63-68
    著者; Obiya,H., Goto,S., Ijima,K., Iguchi,S.
  • Large deformation analysis of spatial folding by the tangent stiffness method; 1997年
    発表情報; , 1, 249-256
    著者; Iguchi,S, Goto,S., Ijima,K., Obiya,H.
  • Formfinding of single layer structure by measure potential function of element; 1997年
    発表情報; Structural morphology, 249-256
    著者; Ijima,K., Obiya,H.
  • 石鹸膜有限要素構造を先行状態とする膜構造初期形状決定に関する考察; 1996年
    発表情報; 膜構造研究論文集'96, 101-108
    著者; 劉磊,後藤茂男,帯屋洋之,井嶋克志
  • An interactive program for the analyses of membrane structure; 1996年
    発表情報; Research report on membrane structures '96, 109-116
    著者; Xi,W., Goto,S., Obiya,H, Liu.L, Ijima,K.
  • Equilibrium analysis of plane frame structures by the tangent stiffness method; 1995年
    発表情報; Stability of steel structures, 2, 305-312
    著者; Obiya,H., Goto,S., Ijima,K., Koga,K.
  • Stable forms of single layer latticed dome and its geometrically nonlinear analysis; 1995年
    発表情報; Stability of steel structures, 2, 67-74
    著者; Ijima,K., Obiya,H., Goto,S., Medved,G
  • 等張力曲面解析における接線幾何剛性; 1994年
    発表情報; 膜構造研究論文集'94, 77-86
    著者; 帯屋洋之,劉磊,井嶋克志,後藤茂男
  • 石鹸膜四面体要素による等張力曲面解析; 1994年
    発表情報; 膜構造研究論文集'94, 87-92
    著者; 劉磊,帯屋洋之,シーウエイ,後藤茂男

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • 剛棒・バネ一体型要素を用いた2次元複合非線形骨組構造解析; 2006年
    発表情報; 佐賀大学理工学部集報, 35, 2, 25-30
    著者; 佐野翔太郎,井嶋克志,帯屋洋之,川崎徳明
  • 水中膜構造物のための形態解析とその計算技法について; 2006年
    発表情報; 低平地研究, 15, 19-24
    著者; 帯屋洋之、西極春幸

一般講演(学術講演を含む)

  • 弛緩を伴うケーブル間の無摩擦接触を考慮した幾何学的非線形解析; 2015年03月
    発表情報; 平成26年度土木学会西部支部研究発表会
    著者; 岡崎祐希・日高功裕・帯屋洋之・井嶋克志・川崎徳明
  • Large deformational analyses for cable/net structure with frictionless contact; 2013年12月
    発表情報; 
    著者; M. Murayama, H. Obiya, K. Ijima, N. Kawasaki
  • 滑節点を有するケーブル要素による無摩擦大変位接触解析についての研究; 2013年12月
    発表情報; 第1 回九州橋梁・構造工学研究会シンポジウム論文集, 177-181
    著者; 村山 緑、モハマド ニザム、帯屋 洋之、井嶋 克志、川崎 徳明
  • 幾何学的非線形骨組解析におけるTimoshenko梁要素のロバスト性について; 2013年12月
    発表情報; , 7-12
    著者; 徳渕 涼太、帯屋 洋之、Z.M.Nizam 、井嶋 克志
  • 三次元リングのたたみ込み解析における接線剛性マトリックスの固有値に関する考察; 2008年09月
    発表情報; 
    著者; 安部光史・帯屋洋之・井嶋克志
  • 大規模テンセグリティ構造の形態解析; 2008年09月
    発表情報; 
    著者; 石橋靖亨・帯屋洋之・井嶋克志・坂井孝成
  • トラス軸力線構造系によるテンセグリティ構造の形態解析; 2007年09月
    発表情報; 平成19年度土木学会全国大会第62回年次講演会(広島)
    著者; 坂井孝成、帯屋洋之
  • 任意境界形状最小曲面を求めるための要素置換手法に関する研究; 2006年09月
    発表情報; 平成18年度土木学会全国大会第61回年次講演会(滋賀)
    著者; 村上卓志、帯屋洋之
  • バネ・剛棒一体型要素による2次元複合非線形骨組構造解析; 2006年09月
    発表情報; 平成18年度土木学会全国大会第61回年次講演会(滋賀)
    著者; 佐野翔太郎、帯屋洋之
  • 橋梁桁衝突振動応答の不確定性に関する実験的研究; 2005年09月
    発表情報; 平成17年度土木学会全国大会第60回年次講演会(東京)
    著者; 薩摩桂佑、帯屋洋之
  • 接線剛性マトリックスの固有値に基づく分岐釣合経路追跡; 2005年03月
    発表情報; 西部支部研究発表会(福岡)
    著者; 門田和之、帯屋洋之
  • 座屈後経路における超大変形解の特性に関する数値実験的研究; 2004年09月
    発表情報; 平成16年度土木学会全国大会第59回年次講演会(名古屋)
    著者; 門田和之、帯屋洋之


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.