詳細検索はこちら

折田 亮オリタ リヨウ

所属:
低平地沿岸海域研究センター

原著論文

  • 諫早湾における春季の底生動物の分布と底質の物理化学的環境要因の対応関係.; 2017年03月
    発表情報; 日本ベントス学会誌, 71, 1-9
    著者; 石松将武・小森田智大・折田亮・堤裕昭
  • Widespread dispersal and bio-accumulation of toxic microcystins in benthic marine ecosystems.; 2017年01月
    発表情報; Chemosphere, 167, 492-500
    著者; Umehara, A., Takahashi, T., Komorita, T., Orita, R., Choi, J. W., Takenaka, R., Mabuchi, R.,Park, H.D., Tsutsumi, H.
  • Implications of changes in the benthic environment and decline of macro-benthic communities in the inner part of Ariake Bay in relation to seasonal hypoxia.; 2015年11月
    発表情報; Plankton & Benthos Research, 10, 4, 187-201
    著者; Tsutsumi,H., Takamatsu, A., Nagata, S., Orita, R., Umehara, A., Komorita, T., Shibanuma, S., Takahashi,T., Komatsu, T., Montani, S.
  • Contribution of the development of the stratification of water to the expansion of Dead Zone: a sedimentological approach.; 2015年10月
    発表情報; Estuarine, Coastal and Shelf Science, 164, 204-213
    著者; Orita, R., Umehara, A., Komorita, T., Choi, J. W., Montani, S., Komatsu, T., Tsutsumi, H.
  • 諫早湾調整池からの高濁度排水が諫早湾内の短期的なアンモニア態窒素の挙動に与える影響; 2015年05月
    発表情報; 水環境学会誌, 38, 3, 75-80
    著者; 小森田智大・梅原亮・田井明・高橋徹・折田亮・堤裕昭
  • Short-term dynamics of cyanobacterial toxins (microcystins) following a discharge from a coastal reservoir in Isahaya Bay, Japan.; 2015年03月
    発表情報; Marine pollution bulletin, 92, 73-79
    著者; Umehara, A., Komorita, T., Tai, A., Takahashi, T., Orita, R., Tsutsumi, H.

一般講演(学術講演を含む)

  • 海中林の衰退に伴う底生動物群集の変化: 相模湾長井地先における人工礁・天然礁の比較; 2016年09月
    発表情報; 2016年度日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会
    著者; 折田亮・丹羽健太郎・澤山周平・黒木洋明・山本敏博・張成年・堀井豊充・澁野拓郎・鬼塚年弘・寺本航・早川淳・大土直哉・工藤孝浩・木下淳司
  • 活動報告: 多毛類若手の会; 2016年06月
    発表情報; 日本動物分類学会第52回大会
    著者; 冨岡森理・阿部博和・寺本航・折田亮・田中正敦・小林元樹・自見直人・荻野哲也・大森紹仁・幸塚久典・江良弘光・梶原宏
  • 有明海湾奥部における底生生物の餌利用の変化: 餌資源としての浮遊珪藻類の寄与.; 2015年09月
    発表情報; 2015年度日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会
    著者; 折田亮・岩瀬史和・小森田智大・一宮睦雄・堤裕昭
  • 諫早湾における底質環境の傾度および貧酸素化が底生動物群集に与える影響; 2015年09月
    発表情報; 2015年度日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会
    著者; 石松将武・小森田智大・折田亮・堤裕昭
  • 有明海における珪藻現存量および沈降量の季節変化; 2015年09月
    発表情報; 2015年度日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会
    著者; 岩瀬史和・折田亮・一宮睦雄・堤裕昭・小森田智大・鈴木利一
  • 撹乱強度に伴う優占二枚貝の機能の変化; 2015年03月
    発表情報; 第62回日本生態学会大会
    著者; 折田亮・小森田智大・一宮睦雄・堤裕昭
  • Impact of seasonal occurrence of hypoxia on the spatial distributions of bottom environment and macrobenthic communities.; 2014年10月
    発表情報; The Second Asian Marine Biology Symposium
    著者; Orita, R., Umehara, A., Komorita, T., Tsutsumi, H.
  • Widespread dispersal and accumulation of toxic substances, microcystins produced by freshwater cyanobacteria in Ariake Bay, the west coast of Kyushu, Japan.; 2014年10月
    発表情報; The Second Asian Marine Biology Symposium
    著者; Umehara, A., Takahashi, T., Komorita, T., Orita, R., Tsutsumi, H.
  • 諫早湾調整池におけるアオコの優占種変遷に関わる環境要因; 2014年09月
    発表情報; 日本陸水学会 第79回大会
    著者; 梅原亮・高橋徹・河田仁・冨岡典子・小森田智大・折田亮・竹中理佐・堤裕昭
  • 貧酸素強度の違いがヒメカノコアサリの個体群動態へ及ぼす影響; 2014年09月
    発表情報; 2014年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会
    著者; 折田亮・小森田智大・堤裕昭
  • 成層期および混合期における有明海奥部海域の底生生物群集の分布の比較; 2014年03月
    発表情報; 第61回日本生態学会大会
    著者; 折田亮・梅原亮・小森田智大・堤裕昭
  • 海底堆積物の分布から推定する有明海奥部における大規模な赤潮および貧酸素水の発生メカニズム; 2013年09月
    発表情報; 2013年度日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会
    著者; 堤裕昭・小森田智大・折田亮・門谷茂・田井明・小松利光
  • 異なる底質環境下の底生生物群集に対する貧酸素化の影響; 2013年09月
    発表情報; 2013年度日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会
    著者; 折田亮・小森田智大・堤裕昭
  • 諫早湾におけるアオコ毒素ミクロシスチンの底生生態系への蓄積; 2013年09月
    発表情報; 日本陸水学会第78回大会
    著者; 梅原亮・高橋徹・小森田智大・折田亮・堤裕昭
  • 密度成層の発達が有明海奥部海域の底質環境と底生生物群集へ及ぼす影響; 2013年06月
    発表情報; 不知火海・球磨川流域圏学会平成25年度研究発表会
    著者; 折田亮・小森田智大・堤裕昭
  • Influence of well-developed water stratification on the bottom environment and the macro-benthic community structure.; 2012年12月
    発表情報; The first Asian Marine Biology Symposium
    著者; Orita, R., Murasaki, M., Komorita, T., Tsutsumi, H.
  • Occurrence of red tides and hypoxic water in an encolsed coastal sea, Ariake Bay, without progressing of eutrophication.; 2012年12月
    発表情報; The first Asian Marine Biology Symposium
    著者; Tsutsumi, H., Komorita, T., Takahashi, T., Umehara, A., Orita, R., Montani, S.
  • 梅雨期に卓越する密度成層が沿岸閉鎖性海域のベントス群集へ与える影響; 2012年10月
    発表情報; 2012年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会
    著者; 折田亮・村崎公美・小森田智大・堤裕昭
  • 有明海奥部海域の海底堆積物および底生生物群集の分布の特徴から推測される近年の海水構造の変化; 2012年09月
    発表情報; 2012年度日本海洋学会秋季大会
    著者; 堤裕昭・小森田智大・折田亮・柴沼成一郎・門谷茂・高橋徹・小松利光
  • 有明海奥部における底生生物群集の特徴; 2011年09月
    発表情報; 2011年度日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会
    著者; 折田亮・堤裕昭・Jin-Woo Choi

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • マクロベントスにスポットを当てて沿岸海域の環境問題を考える.; 2017年06月
    発表情報; 佐賀環境フォーラム
    著者; 折田亮
  • 有明海奥部海域における底生生物群集の季節変化 〜季節的に発生する貧酸素水への応答〜; 2016年09月
    発表情報; 2016年度日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会公開シンポジウム
    著者; 折田亮・小森田智大・堤裕昭
  • 有明海奥部海域における底生生物群集と環境要因の空間的な関係 ~季節的に生じる貧酸素化の影響~; 2014年09月
    発表情報; 日本海洋学会2014年秋季大会シンポジウム: 有明海の現状と展望〜若手研究者からみた有明海〜
    著者; 折田亮・梅原亮・小森田智大・堤裕昭


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.