梅木 辰也ウメキ タツヤ

所属:
大学院工学系研究科 循環物質化学専攻 循環物質化学講座

著書

  • 超臨界流体中における金属錯体の挙動; 2012年05月
    発表情報; 錯体化学会選書8「錯体の溶液化学」(田端正明・横山晴彦編著) 第7章「特殊環境下の溶液錯体化学」1節, 249-257
    著者; 金久保光央、梅木辰也
  • 分離・精製プロセスへの応用; 2012年05月
    発表情報; 最先端材料システムワンポイントシリーズ2「イオン液体」 第2章, 23-37
    著者; 牧野貴至、梅木辰也、金久保光央

原著論文

  • Solvation Power of HFIP for the Hydrophilic and the Hydrophobic Moieties of L-leucine Studied by MD, IR, and NMR Techniques; 2017年03月
    発表情報; Journal of Molecular Liquids, 230, 261-270
    著者; T. To, Y. Hatomoto, T. Umecky, T. Takamuku
  • CO2 Absorption Properties and Mechanisms for 1-Ethyl-3-methylimidazolium Ether-functionalized Carboxylates; 2016年11月
    発表情報; Industrial & Engineering Chemistry Research, 55, 50, 12949-12961
    著者; T. Makino, T. Umecky, M. Kanakubo
  • Effect of Partial Pressure on CO2 Solubility in Ionic Liquid Mixtures of 1-Butyl-3-methylimidazolium Acetate and 1-Butyl-3-methylimidazolium Bis(trifluoromethanesulfonyl)amide; 2016年07月
    発表情報; Fluid Phase Equilibria, 420, 74-82
    著者; M. Kanakubo, T. Makino, T. Umecky, M. Sakurai
  • Hydrogen Bonding in Ethanol-Water and Trifluoroethanol-Water Mixtures Studied by NMR and Molecular Dynamics Simulation; 2016年05月
    発表情報; Journal of Molecular Liquids, 217, 3-11
    著者; M. Matsugami, R. Yamamoto, T. Kumai, M. Tanaka, T. Umecky, T. Takamuku
  • CO2 Solubility in and Physical Properties for Ionic Liquid Mixtures of 1-Butyl-3-methylimidazolium Acetate and 1-Butyl-3-methylimidazolium Bis(trifluoromethanesulfonyl)amide; 2016年05月
    発表情報; Journal of Molecular Liquids, 217, 112-119
    著者; M. Kanakubo, T. Makino, T. Umecky
  • Solvent-Dependent Properties and Higher-Order Structures of Aryl Alcohols + Surfactant Molecular Gels; 2016年05月
    発表情報; Langmuir, 32, 17, 4352-4360
    著者; S. Katsube, M. Kinoshita, K. Amano, T. Sato, Y. Katsumoto, T. Umecky, T. Takamuku, T. Kaji, M. Hiramoto, Y. Tsurunaga, K. Nishiyama
  • Effects of Tetrafluoroborate and Bis(trifluoromethylsulfonyl)amide Anions on the Microscopic Structures of 1-Methyl-3-octylimidazolium-based Ionic Liquids and Benzene Mixtures: A Multiple Approach by ATR-IR, NMR, and Femtosecond Raman-Induced Kerr Effect Spectroscopy; 2016年01月
    発表情報; Journal of Physical Chemistry B, 120, 3, 513-526
    著者; H. Shirota, S. Kakinuma, Y. Itoyama, T. Umecky, T. Takamuku
  • A Study of the Solvation Structure of L-Leucine in Alcohol-Water Binary Solvents through Molecular Dynamics Simulations and FT-IR and NMR Spectroscopy; 2015年10月
    発表情報; ChemPhysChem, 16, 15, 3190-3199
    著者; T. Takamuku, Y. Hatomoto, J. Tonegawa, Y. Tsutsumi, T. Umecky
  • Solvation Structure and Dynamics of Li+ in Lewis-basic Ionic Liquid of 1-Octyl-4-aza-1-azoniabicyclo[2.2.2]octane Bis(trifluoromethanesulfonyl)amide; 2015年09月
    発表情報; Journal of Molecular Liquids, 209, 557-562
    著者; T. Umecky, K. Suga, E. Masaki, T. Takamuku, T. Makino, M. Kanakubo
  • エネルギー分散型X線回折法による高温高圧下における塩化カルシウム水溶液の構造; 2015年03月
    発表情報; 分析化学, 64, 3, 203-210
    著者; 高椋利幸、Oscar F. Yagafarov、片山芳則、梅木辰也
  • Role of Water in Complexation of 1,4,7,10,13,16-hexaoxacyclooctadecane (18-crown-6) with Li+ and K+ in 1-ethyl-3-methylimidazolium Bis(trifluoromethanesulfonyl)amide Ionic Liquid; 2014年12月
    発表情報; Journal of Inclusion Phenomena and Macrocyclic Chemistry, 80, 3-4, 401-407
    著者; T. Umecky, T. Takamuku, R. Kanzaki, M. Takagi, E. Kawai, T. Matsumoto, T. Funazukuri
  • Structures of Naphthol-AOT Self-assembly Organogels and Their Application to Dispersing Media of Rare-Earth Complexes; 2014年12月
    発表情報; Chemistry Letters, 43, 12, 1861-1863
    著者; S. Katsube, T. Harada, T. Umecky, T. Takamuku, T. Kaji, M. Hiramoto, Y. Katsumoto, K. Nishiyama
  • Microscopic Interactions of the Imidazolium-based Ionic Liquid with Molecular Liquids Depending on Their Electron-donicity; 2014年11月
    発表情報; Physical Chemistry Chemical Physics, 16, 43, 23627-23638
    著者; T. Takamuku, H. Hoke, A. Idrissi, B. A. Marekha, M. Moreau, Y. Honda, T. Umecky, T. Shimomura
  • NMR Studies on Solution Structures of Methanol and Ethanol Saturated with CO2; 2014年10月
    発表情報; Journal of Solution Chemistry, 43, 9-10, 1539-1549
    著者; T. Umecky, T. Takamuku, T. Aida, T. Makino, T. Aizawa, M. Kanakubo
  • CO2 Solubilities in Ammonium Bis(trifluoromethanesulfonyl)amide Ionic Liquids: Effects of Ester and Ether Groups; 2014年05月
    発表情報; Journal of Chemical Engineeing Data, 59, 5, 1435-1440
    著者; T. Makino, M. Kanakubo, T. Umecky
  • CO2 Absorption Properties, Densities, Viscosities, and Electrical Conductivities of Ethylimidazolium and 1-Ethyl-3-Methylimidazolium Ionic Liquids; 2014年01月
    発表情報; Fluid Phase Equilibria, 362, 300-306
    著者; T. Makino, M. Kanakubo, Y. Masuda, T. Umecky, A. Suzuki
  • SANS, ATR-IR, and 1D- and 2D-NMR Studies on Mixing States of Imidazolium-based Ionic Lliquid and Aryl Solvents; 2013年12月
    発表情報; Physical Chemistry Chemical Physics, 15, 47, 20565-20576
    著者; T. Shimomura, S. Inoue, S. Kadohata, T. Umecky, T. Takamuku
  • Pressure-Volume-Temperature-Composition Relations for Carbon Dioxide + Pyrrolidinium-based Ionic Liquid Binary Systems; 2013年12月
    発表情報; Fluid Phase Equilibria, 360, 253-259
    著者; T. Makino, M. Kanakubo, T. Umecky, A. Suzuki, T. Nishida, J. Takano
  • Effects of Dissolved Water on Li+ Solvation in 1-ethyl-3-methylimidazolium Bis(trifluoromethanesulfonyl)amide Ionic Liquid Studied by NMR; 2013年12月
    発表情報; Journal of Physical Chemistry B, 117, 50, 16219-16226
    著者; T. Umecky, T. Takamuku, T. Matsumoto, E. Kawai, M. Takagi, T. Funazukuri
  • CO2 Solubility and Physical Properties of N-(2-hydroxyethyl)pyridinium Bis(trifluoromethanesulfonyl)amide; 2013年11月
    発表情報; Fluid Phase Equilibria, 357, 64-70
    著者; T. Makino, M. Kanakubo, T. Umecky, A. Suzuki
  • Effect of CO2 Dissolution on Electrical Conductivity and Self-diffusion Coefficients of 1-Butyl-3-methylimidazolium Hexafluorophosphate Ionic Liquid; 2013年11月
    発表情報; Fluid Phase Equilibria, 357, 76-79
    著者; T. Umecky, M. Kanakubo, T. Makino, T. Aizawa, A. Suzuki
  • Binary Diffusion Coefficients of Aqueous Straight-Chain Amino Acids at Infinitesimal Concentration and Temperatures from (298.2 to 333.2) K; 2013年10月
    発表情報; Journal of Chemical Engineeing Data, 58, 10, 2848-2853
    著者; K. Yui, Y. Noda, M. Koido, M. Irie, I. Watanabe, T. Umecky, T. Funazukuri
  • Binary Diffusion Coefficients of Aqueous Phenylalanine, Tyrosine Isomers, and Aminobutyric Acids at Infinitesimal Concentration and Temperatures from (293.2 to 333.2) K; 2013年07月
    発表情報; Journal of Chemical Engineeing Data, 58, 7, 1909-1917
    著者; T. Umecky, K. Ehara, S. Omori, T. Kuga, K. Yui, T. Funazukuri
  • Electrical Conductivities, Viscosities, and Densities of N-acetoxyethyl-N,N-dimethyl-N-ethylammonium and N,N-dimethyl-N-ethyl-N-methoxyethoxyethylammonium bis(trifluoromethanesulfonyl)amide and Their Non-Functionalized Analogues; 2013年02月
    発表情報; Journal of Chemical Engineeing Data, 58, 2, 370-376
    著者; T. Makino, M. Kanakubo, T. Umecky, A. Suzuki
  • SANS, Infrared, and 7Li and 23Na NMR Studies on Phase Separation of Alkali Halide–Acetonitrile–Water Mixtures by Cooling; 2013年02月
    発表情報; Journal of Physical Chemistry B, 117, 8, 2438-2448
    著者; H. Haramaki, T. Shimomura, T. Umecky, T. Takamuku
  • Electrical Conductivities, Viscosities, and Densities of N-methoxymethyl- and N-butyl-N-methylpyrrolidinium Ionic Liquids with the Bis(fluorosulfonyl)amide Anion; 2012年03月
    発表情報; Journal of Chemical Engineeing Data, 57, 3, 751-755
    著者; T. Makino, M. Kanakubo, T. Umecky, A. Suzuki, T. Nishida, J. Takano
  • Fluorination Effect on Rotational Correlation Times of Tris(b-diketonato)aluminum(III) in CO2 by 27Al NMR Relaxation Measurements; 2011年09月
    発表情報; Journal of Physical Chemistry B, 115, 36, 10622-10630
    著者; T. Umecky, M. Kanakubo, Y. Ikushima
  • Interactions of Perfluoroalkyltrifluoroborate Anions with Li Ion and Imidazolium Cation: Effects of Perfluoroalkyl Chain on Motion of Ions in Ionic Liquids; 2010年09月
    発表情報; Journal of Physical Chemistry B, 114, 35, 11390-11396
    著者; S. Tsuzuki, T. Umecky, H. Matsumoto, W. Shinoda, M. Mikami
  • New Ionic Liquids Containing Fluorosulfonyl(trifluoromethylsulfonyl)amide and 5-Phosphoniaspiro[4.4]nonan; 2010年07月
    発表情報; ECS Transactions, 33, 7, 35-40
    著者; H. Matsumoto, T. Umecky, S. Tsuzuki
  • Interactions of Perfluoroalkyltrifluoroborate Anions with Cations: Effects of Perfluoroalkyl Chain Length on Motion of Ions in Ionic Liquids; 2010年07月
    発表情報; ECS Transactions, 33, 7, 685-689
    著者; S. Tsuzuki, T. Umecky, H. Matsumoto
  • Ion Mobility of 1-Ethyl-3-methylimidazolium Tetrafluoroborate and 1-Ethyl-3-methylimidazolium Bis(trifluoromethylsulfonyl)amide Ionic Liquids; 2010年04月
    発表情報; ECS Transactions, 25, 39, 23-29
    著者; T. Umecky, Y. Saito, H. Matsumoto
  • Alkoxy Chains in Ionic Liquid Anions; Effect of Introducing Ether Oxygen into Perfluoroalkylborate on Physical and Thermal Properties; 2010年02月
    発表情報; Chemical Communications, 46, 10, 1730-1732
    著者; N. Teraswa, S. Tsuzuki, T. Umecky, Y. Saito, H. Matsumoto
  • Direct Measurements of Ionic Mobility of Ionic Liquids using the Electric Field Applying Pulsed Gradient Spin-Echo NMR; 2009年06月
    発表情報; Journal of Physical Chemistry B, 113, 25, 8466-8468
    著者; T. Umecky, Y. Saito, H. Matsumoto
  • Influence of Anion Structure on Transport Properties of Perfluorosulfonylamide Ionic Liquids; 2009年05月
    発表情報; ECS Transactions, 16, 49, 39-51
    著者; T. Umecky, Y. Saito, S. Tsuzuki, H. Matsumoto
  • Proton Conduction Properties of Sulfonicacid Type Polymer Gel Electrolytes; 2009年02月
    発表情報; Journal of Physical Chemistry C, 113, 7, 3021-3028
    著者; Y. Saito, T. Umecky, H. Omukai, S. Maeda, T. Kojima, T. Sakai
  • Low Melting and Electrochemically Stable Ionic Liquids Based on Asymmetric Fluorosulfonyl(trifluoromethylsulfonyl)amide; 2008年10月
    発表情報; Chemistry Letters, 37, 10, 1020-1021
    著者; H. Matsumoto, N. Terasawa, T. Umecky, S. Tsuzuki, H. Sakaebe, K. Asaka, K. Tatsumi
  • Effects of Hydroxyl Group on Binary Diffusion Coefficients of α-Amino Acids in Dilute Aqueous Solutions; 2008年03月
    発表情報; Fluid Phase Equilibria, 264, 1-2, 18-22
    著者; T. Umecky, S. Omori, T. Kuga, T. Funazukuri
  • Ionization Condition of Lithium Ionic Liquid Electrolytes under the Solvation Effect of Liquid and Solid Solvents; 2008年03月
    発表情報; Journal of Physical Chemistry B, 112, 11, 3357-3364
    著者; T. Umecky, Y. Saito, Y. Okumura, S. Maeda, T. Sakai
  • Existing Condition and Migration Property of Ions in Lithium Electrolytes with Ionic Liquid Solvent; 2007年10月
    発表情報; Journal of Physical Chemistry B, 111, 40, 11794–11802
    著者; Y. Saito, T. Umecky, J. Niwa, T. Sakai, S. Maeda
  • Infinite Dilution Binary Diffusion Coefficients of Several a-Amino Acids in Water over a Temperature Range from (293.2 to 333.2) K with the Taylor Dispersion Technique; 2006年09月
    発表情報; Journal of Chemical Engineeing Data, 51, 5, 1705-1710
    著者; T. Umecky, T. Kuga, T. Funazukuri
  • Solution Structures of 1-Butyl-3-methylimidazolium Hexafluorophosphate Ionic Liquid Saturated with CO2: Experimental Evidence of Specific Anion-CO2 Interaction; 2005年07月
    発表情報; Journal of Physical Chemistry B, 109, 29, 13847-13850
    著者; M. Kanakubo, T. Umecky, Y. Hiejima, T. Aizawa, H. Nanjo, Y. Kameda
  • Effects of Alkyl Chain on Transport Properties in 1-Alkyl-3-methylimidazolium Hexafluorophosphates; 2005年05月
    発表情報; Journal of Molecular Liquids, 119, 1-3, 77-81
    著者; T. Umecky, M. Kanakubo, Y. Ikushima
  • Water-Induced Acceleration of Transport Properties in Hydrophobic 1-Butyl-3-methylimidazolium Hexafluorophosphate Ionic Liquid; 2005年03月
    発表情報; Chemistry Letters, 34, 3, 324-325
    著者; M. Kanakubo, T. Umecky, T. Aizawa, Y. Kurata
  • Self-Diffusion Coefficients of 1-Butyl-3-methylimidazolium Hexafluorophosphate with Pulsed-Field Gradient Spin-Echo NMR Technique; 2005年02月
    発表情報; Fluid Phase Equilibria, 228-229, 329-333
    著者; T. Umecky, M. Kanakubo, Y. Ikushima
  • 高圧電気伝導度セルの製作と応用:イオン性液体の電気伝導度に及ぼす二酸化炭素の加圧効果; 2004年10月
    発表情報; 電気化学および工業物理化学, 72, 10, 703-705
    著者; 金久保光央、梅木辰也、相澤崇史、生島豊
  • High-Pressure 19F NMR Measurements of a Series of Fluorinated Benzenes in Supercritical Carbon Dioxide; 2004年06月
    発表情報; Journal of Solution Chemistry, 33, 6-7, 863-874
    著者; M. Kanakubo, T. Umecky, P. Raveendran, T. Ebina, Y. Ikushima
  • Experimental Determination of Reorientational Correlation Time of CO2 over a Wide Range of Density and Temperature; 2003年10月
    発表情報; Journal of Physical Chemistry B, 107, 43, 12003-12008
    著者; T. Umecky, M. Kanakubo, Y. Ikushima
  • 19F NMR Chemical Shifts of CF4 in CO2 over a Wide Pressure Range at Different Temperatures; 2003年01月
    発表情報; Magnetic Resonance in Chemistry, 41, 1, 75-76
    著者; M. Kanakubo, T. Umecky, T. Aizawa, Y. Masuda, Y. Ikushima
  • 9Be NMR Relaxation Measurements of Bis(acetylacetonato)beryllium(II) in Liquid and Supercritical Carbon Dioxide: A Clear Evidence of Near-Critical Solvation Effect on Rotational Correlation Time; 2002年10月
    発表情報; Journal of Physical Chemistry B, 106, 43, 11114-11119
    著者; T. Umecky, M. Kanakubo, Y. Ikushima
  • High-Pressure NMR Studies on Solvation Structure in Supercritical Carbon Dioxide; 2002年03月
    発表情報; Fluid Phase Equilibria, 194-197, 859-868
    著者; M. Kanakubo, T. Umecky, C. C. Liew, T. Aizawa, K. Hatakeda, Y. Ikushima
  • A Novel High-Pressure NMR Cell Consisting of Double Tube Structure for the Convenient On-Line Measurements; 2002年01月
    発表情報; Chemistry Letters, 31, 1, 118-119
    著者; T. Umecky, M. Kanakubo, Y. Ikushima, N. Saito, J. Yoshimura, H. Yamazaki, J. Yana
  • Determination of Anisotropic Solvation Structure of Octafluorotoluene in Supercritical Carbon Dioxide by Means of Solvent-Induced 19F NMR Chemical Shift; 2001年04月
    発表情報; Chemical Physics Letters, 338, 2-3, 95-100
    著者; M. Kanakubo, T. Umecky, H. Kawanami, T. Aizawa, Y. Ikushima, Y. Masuda

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • 電気化学反応追跡のための迅速な二次元NMR測定; 2015年11月
    発表情報; ぶんせき, 11, 505
    著者; 梅木辰也
  • CO2 Chemsorption Behavior of 1-Butyl-3-methylimidazolium Acetate in the Mixtures with 1-Butyl-3-methylimidazolium Bis(trifluoromethanesulfonyl)amide; 2015年08月
    発表情報; Proceedings of 7th Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation
    著者; M. Kanakubo, T. Makino, T. Umecky, M. Sakurai
  • Densities, Viscosities, and Electrical Conductivities of 1-Ethyl-3-methylimidazolium Ionic Liquids with 2,4-Pentandionate and 1,1,1-Trifluoro-2,4-pentandionate Anions; 2015年08月
    発表情報; Proceedings of 7th Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation
    著者; T. Umecky, M. Abe, T. Takamuku, T. Makino, M. Kanakubo
  • 二酸化炭素を溶質あるいは溶媒とする溶液構造; 2014年05月
    発表情報; 化学と教育, 62, 5, 238-239
    著者; 梅木辰也、金久保光央
  • CO2 Absorption Properties, Densities, Viscosities, and Electrical Conductivities of Ethylimidazolium and 1-Ethyl-3-Methylimidazolium Ionic Liquids; 2013年05月
    発表情報; Proceedings of 13th International Conference on Properties and Phase Equilibria for Product and Process Design (PPEPPD2013)
    著者; T. Makino, Y. Masuda, M. Kanakubo, T. Umecky, A. Suzuki
  • CO2 Solubility and Physical Properties of N-(2-hydroxyethyl)pyridinium bis(trifluoromethanesulfonyl)amide; 2012年09月
    発表情報; Proceedings of 6th Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation
    著者; T. Makino, M. Kanakubo, T. Umecky, A. Suzuki
  • CO2 Solubility and Physical Properties in Ionic Liquid Mixtures of 1-Butyl-3-methylimidazolium Acetate and Bis(trifluoromethanesulfonyl)amide; 2012年09月
    発表情報; Proceedings of 6th Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation
    著者; M. Kanakubo, T. Makino, T. Umecky, A. Suzuki, M. Sakurai
  • Effect of CO2 Dissolution on Electrical Conductivity and Self-diffusion Coefficients of 1-Butyl-3-methylimidazolium Hexafluorophosphate Ionic Liquid; 2012年09月
    発表情報; Proceedings of 6th Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation
    著者; T. Umecky, M. Kanakubo, T. Makino, T. Aizawa, A. Suzuki
  • NMR Study on CO2-Saturated Alcohol Systems; 2011年11月
    発表情報; Proceedings of 9th International Conference on Separation Science and Technology
    著者; T. Umecky, T. Aida, M. Kanakubo, T. Makino, T. Aizawa, A. Suzuki
  • Separation of Extremely Dilute CO2 Using Ionic Liquids; 2011年11月
    発表情報; Proceedings of 9th International Conference on Separation Science and Technology
    著者; M. Kanakubo, T. Umecky, T. Makino, A. Suzuki, M. Sakurai
  • High Pressure CO2 Absorption Properties of Ammonium Based Ionic Liquids Containing Oxygen Atoms; 2011年11月
    発表情報; Proceedings of 9th International Conference on Separation Science and Technology
    著者; T. Makino, M. Kanakubo, T. Umecky, A. Suzuki
  • Solubility of Carbon Dioxide in Glymes and Glyme-Li Salt Complex Solutions; 2011年11月
    発表情報; Proceedings of 9th International Conference on Separation Science and Technology
    著者; D. Kodama, M. Kanakubo, M. Kokubo, S. Hashimoto, T. Makino, T. Umecky, A. Suzuki, M. Kato
  • Ionic Transport Characteristics of Lithium Gel Electrolytes Containing the Ionic Liquid Solvent for Secondary Batteries; 2007年10月
    発表情報; Kobunshi, 56, 10, 820
    著者; T. Umecky
  • Effects of a Hydroxyl Group on Binary Diffusion Coefficients of a-Amino Acids in Dilute Aqueous Solutions; 2006年05月
    発表情報; Proceedings of 4th Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation
    著者; T. Umecky, S. Omori, T. Kuga, T. Funazukuri
  • NMR Studies on Lithium Complexes with Crown Ethers in 1-Ethyl-3-methylimidazolium Bis(trifluoromethanesulfonyl)imide; 2006年05月
    発表情報; Proceedings of 4th Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation
    著者; T. Umecky, E. Kawai, T. Matsumoto, T. Funazukuri
  • Construction of High-Pressure Apparatuses with High-Impact Engineering Plastics for Supercritical Fluid Solutions; 2005年06月
    発表情報; Proceedings of 14th International Conference on the Properties of Water and Steam, 451-454
    著者; M. Kanakubo, T. Umecky, T. Aizawa, Y. Ikushima, Y. Kameda
  • NMR Studies on Rotational Dynamics of Solute and Solvent Molecules in Supercritical Carbon Dioxide; 2003年05月
    発表情報; Proceedings of 3rd Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation
    著者; T. Umecky, M. Kanakabo, T.Aizawa, Y. Ikushima
  • Possibility of Tuning Liquid Solvents with Supercritical Carbon Dioxide; 2002年09月
    発表情報; Proceedings of 4th International Symposium on High Pressure Process Technology and Chemical Engineering
    著者; M. Kanakubo, T.Umecky, Y. Ikushima, N. Saito
  • 超臨界二酸化炭素のin-situ NMR測定法の開発; 2002年03月
    発表情報; 分離技術, 32, 2, 120-121
    著者; 梅木辰也、金久保光央、生島豊

一般講演(学術講演を含む)

  • アルコール添加による水溶液中のアミノ酸およびジペプチドの溶媒和構造の変化; 2016年11月
    発表情報; 第39回溶液化学シンポジウム
    著者; 藤貴弘、波戸本洋平、戸根川順子、堤陽一、梅木辰也、高椋利幸
  • イミダゾリウム系イオン液体-分子性液体混合溶液中におけるCo2+,Ni2+の錯形成に対するイオン液体アルキル鎖長依存性; 2016年11月
    発表情報; 第39回溶液化学シンポジウム
    著者; 櫻井裕之、川頭祐太郎、山田泰教、梅木辰也、小堤和彦、高椋利幸
  • グアニジンを用いたDeep Eutectic MixturesのCO2化学吸収; 2016年11月
    発表情報; 第39回溶液化学シンポジウム
    著者; 梅木辰也、後藤瑛裕、林直樹、高椋利幸
  • 擬プロトン性イオン液体の構造と特異なプロトン伝導機構; 2016年11月
    発表情報; 第48回溶融塩化学討論会
    著者; 渡辺日香里、梅木辰也、高椋利幸、亀田恭男、梅林泰宏
  • 水溶液中のアミノ酸およびジペプチドの溶媒和に対するフッ化アルコール添加の効果; 2016年09月
    発表情報; 第39回フッ素化学討論会
    著者; 藤貴弘、波戸本洋平、戸根川順子、堤陽一、梅木辰也、高椋利幸
  • イミダゾリウム系イオン液体分子性液体混合溶液中における遷移金属イオンの錯形成に対するイオン液体アルキル鎖長依存性; 2016年07月
    発表情報; 第53回化学関連支部合同九州大会
    著者; 櫻井裕之、川頭祐太郎、梅木辰也、小堤和彦、高椋利幸
  • 擬プロトン性イオン液体イミダゾール―酢酸混合物の液体構造とダイナミクス; 2015年11月
    発表情報; 第29回分子シミュレー ショ ン討論会
    著者; 渡辺日香里、梅木辰也、土井寛之、齊藤蒼思、高椋利幸、亀田恭男、梅林泰宏
  • イミダゾリウム系イオンと分子性液体混合溶液中におけるCo2+およびNi2+の錯形成平衡; 2015年10月
    発表情報; 第38回溶液化学シンポジウム
    著者; 川頭祐太郎、保家宇宙、山田泰教、梅木辰也、小堤和彦、高椋利幸
  • 水溶液中のロイシン分子の溶媒和構造に対するアルコール添加の効果; 2015年10月
    発表情報; 第38回溶液化学シンポジウム
    著者; 藤貴弘、波戸本洋平、戸根川順子、堤陽一、梅木辰也、高椋利幸
  • イミダゾリウム系イオン液体とベンゼンの混合に対する陰イオンの効果; 2015年10月
    発表情報; 第38回溶液化学シンポジウム
    著者; 高椋利幸、糸山ゆう、梅木辰也、柿沼翔平、城田秀明
  • カルボキシレート系イオン液体の高圧CO2吸収量とCO2吸収機構; 2015年10月
    発表情報; 第38回溶液化学シンポジウム
    著者; 牧野貴至、梅木辰也、金久保光央
  • 中性子回折実験とMDシミュレーションによるイミダゾール‐酢酸等量混合液体の液体構造とダイナミクス; 2015年10月
    発表情報; 第38回溶液化学シンポジウム
    著者; 渡辺日香里、梅木辰也、土井寛之、齊藤蒼思、高椋利幸、亀田恭男、梅林泰宏
  • カルボン酸系イオン液体のCO2吸収機構; 2015年10月
    発表情報; 第6回イオン液体討論会
    著者; 牧野貴至、梅木辰也、金久保光央
  • 擬プロトン性イオン液体イミダゾール―酢酸等量混合物の液体構造と超Arrheniusプロトン伝導; 2015年10月
    発表情報; 第6回イオン液体討論会
    著者; 渡辺日香里、梅木辰也、松上優、土井寛之、齊藤蒼思、神崎亮、高椋利幸、亀田恭男、梅林泰宏
  • 酢酸をアニオンとするイオン液体のCO2吸収特性; 2015年09月
    発表情報; 化学工学会第47回秋季大会
    著者; 牧野貴至、梅木辰也、亀田恭男、金久保光央
  • 2種類の異なるアニオンからなるイミダゾリウム系イオン液体混合溶液の物理化学的性質とCO2吸収特性; 2015年09月
    発表情報; 化学工学会第47回秋季大会
    著者; 金久保光央、牧野貴至、梅木辰也、桜井誠人
  • DBU-アルコール-CO2系の溶液構造に及ぼすアルキル基の構造効果; 2015年09月
    発表情報; 日本分析化学会第64年会
    著者; 梅木辰也、田中翔悟、亀崎義規、高椋利幸、牧野貴至、金久保光央
  • Complex Formation of Transition Metal Ions in Imidazolium-based Ionic Liquid-Molecular Liquid Binary Solvents; 2015年09月
    発表情報; EMLG/JMLG Annual Meeting 2015 “Molecular Liquids Meet Ionic Liquids: From Fundamentals to Applications”
    著者; T. Takamuku, Y. Kawazu, H. Hoke, Y. Yamada, T. Umecky, K. Ozutsumi
  • High Energy X-ray Scattering Studies on Liquid Structure of Pseudo-Protic Ionic Liquid N-Methylimidazole and Actic Acid Equimolar Mixture with the Aids of MD Simulations; 2015年09月
    発表情報; EMLG/JMLG Annual Meeting 2015 “Molecular Liquids Meet Ionic Liquids: From Fundamentals to Applications”
    著者; H. Doi, H. Watanabe, T. Sonnleitner, A. Nazet, S. Saito, K. Fujii, T. Umecky, T. Takamuku, Y. Kameda, R. Buchner, Y. Umebayashi
  • Possibility of Super Arrhenius Proton Conduction in Pseudo-Protic Ionic Liquids: Imidazole and Acetic Acid Equimolar Mixture; 2015年09月
    発表情報; EMLG/JMLG Annual Meeting 2015 “Molecular Liquids Meet Ionic Liquids: From Fundamentals to Applications”
    著者; Y. Umebayashi, H. Watanabe, T. Umecky, H. Doi, S. Saito, K. Fujii, T. Takamuku, Y. Kameda
  • CO2 Chemisorption Behavior of 1-Butyl-3-methylimidazolium Acetate in the Mixtures with 1-Butyl-3-methylimidazolium Bis(trifluoromethanesulfonyl)amide; 2015年08月
    発表情報; 7th Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation
    著者; M. Kanakubo, T. Makino, T. Umecky, M. Sakurai
  • Densities, Viscosities, and Electrical Conductivities of 1-Ethyl-3-methylimidazolium Ionic Liquids with 2,4-Pentandionate and 1,1,1-Trifluoro-2,4-pentandionate Anions; 2015年08月
    発表情報; 7th Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation
    著者; T. Umecky, M. Abe, T. Takamuku, T. Makino, M. Kanakubo
  • Possible Proton Conduction Mechanism in N-Methylimidazole and Acetic Acid Equimolar Mixture; the Pseudo-protic Ionic Liquid; 2015年08月
    発表情報; 34th International Conference on Solution Chemistry
    著者; H. Doi, H. Watanabe, T. Sonneleitner, S. Saito, K. Fujii, T. Umecky, T. Takamuku, Y. Kameda, R. Buchner, Y. Umebayashi
  • CO2 Absorption Properties for Acetate Ionic Liquids with Imidazolium, Ammonium, and Phosphonium Cations; 2015年08月
    発表情報; 34th International Conference on Solution Chemistry
    著者; T. Makino, T. Umecky, Y. Kameda, M. Kanakubo
  • イミダゾリウム系イオン液体中における遷移金属イオンと分子性液体との錯形成; 2015年07月
    発表情報; 第33回九州分析化学若手の会夏季セミナー
    著者; 川頭祐太郎、保家宇宙、梅木辰也、小堤和彦、高椋利幸
  • 脂肪族アルコール-水およびフッ化アルコール-水混合溶液中のロイシン分子の溶媒和構造; 2015年07月
    発表情報; 第33回九州分析化学若手の会夏季セミナー
    著者; 藤貴弘、波戸本洋平、利根川順子、堤陽一、梅木辰也、高椋利幸
  • イミダゾリウム系イオン液体中における遷移金属イオンと分子性液体との錯形成; 2015年06月
    発表情報; 第52回化学関連支部合同九州大会
    著者; 川頭祐太郎、保家宇宙、梅木辰也、小堤和彦、高椋利幸
  • 脂肪族アルコール-水およびフッ化アルコール‐水混合溶液中のロイシン分子の溶媒和構造; 2015年06月
    発表情報; 第52回化学関連支部合同九州大会
    著者; 藤貴弘、波戸本洋平、戸根川順子、堤陽一、梅木辰也、高椋利幸
  • Cation Effects on CO2 Absorption Behavior for Acetate Ionic Liquids; 2015年06月
    発表情報; 6th Congress on Ionic Liquids
    著者; T. Makino, T. Umecky, Y. Kameda, M. Kanakubo
  • NMRによるイミダゾール酢酸等量混合液体中の分子回転に関する研究; 2015年03月
    発表情報; 電気化学会第82回大会
    著者; 渡辺日香里、梅木辰也、土井寛之、高椋利幸、梅林泰宏
  • 低分子ゲル化剤の自己組織化による高次オルガノゲル構造形成と光学物性; 2015年03月
    発表情報; 日本化学会第95春季年会
    著者; 勝部翔太郎、天野賢史、佐藤高彰、勝本之晶、梅木辰也、高椋利幸、嘉治寿彦、平本昌宏、宮元展義、西山桂
  • イミダゾリウム系イオン液体と分子性液体との相互作用に対する電子供与性の効果; 2015年03月
    発表情報; 日本化学会第95春季年会
    著者; 高椋利幸、保家宇宙、Idrissi Abdenacer、Marekha Bogdan、Moreau Myriam、本田祐介、梅木辰也、下村拓也
  • PFG-NMRおよび高エネルギーX線回折によるイミダゾール-酢酸等量混合液体のイオン伝導機構に関する研究; 2014年11月
    発表情報; 第37回溶液化学シンポジウム
    著者; 渡辺日香里、梅木辰也、土井寛之、齊藤蒼思、神崎亮、亀田恭男、高椋利幸、梅林泰宏
  • 小さな芳香族分子が自己組織化したオルガノゲルの高次構造と発光物性; 2014年11月
    発表情報; 第37回溶液化学シンポジウム
    著者; 勝部翔太郎、天野賢史、佐藤高彰、梅木辰也、高椋利幸、勝本之晶、嘉治寿彦、平本昌宏、西山桂
  • 環状アルカンを溶媒として用いた低分子自己組織化オルガノゲルの構造; 2014年11月
    発表情報; 第37回溶液化学シンポジウム
    著者; 木下勝、宮元展義、梅木辰也、高椋利幸、嘉治寿彦、平本昌宏、鶴永陽子、西山桂
  • 低温におけるアルコール-水混合溶液のNMRケミカルシフトと水素結合数の相関; 2014年11月
    発表情報; 第37回溶液化学シンポジウム
    著者; 松上優、山本遼平、熊井隆、梅木辰也、高椋利幸
  • Pseudo-Protic Ionic Liquids N-メチルイミダゾール-酢酸等量混合液体の超Arrhenius的イオン伝導; 2014年11月
    発表情報; 第37回溶液化学シンポジウム
    著者; 土井寛之、渡辺日香里、齊藤蒼思、梅木辰也、高椋利幸、Thomas Sonnleitner、Richard Buchner、天羽優子、亀田恭男、梅林泰宏
  • カルボキシレート系イオン液体の物理化学的性質およびCO2吸収特性; 2014年11月
    発表情報; 第37回溶液化学シンポジウム
    著者; 牧野貴至、梅木辰也、金久保光央
  • β-ジケトナートをアニオンとするイオン液体のCO2化学吸収機構; 2014年11月
    発表情報; 第37回溶液化学シンポジウム
    著者; 梅木辰也、安陪光敏、高椋利幸、牧野貴至、金久保光央
  • イオン液体+CO2系のpVTおよび電気伝導度; 2014年11月
    発表情報; 第55回高圧討論会
    著者; 牧野貴至、梅木辰也、金久保光央
  • カルボン酸をアニオンとするイオン液体の物理化学的性質とCO2吸収特性; 2014年10月
    発表情報; 第5回イオン液体討論会
    著者; 牧野貴至、梅木辰也、金久保光央
  • 擬プロトン性イオン液体の超Arrheniusプロトン伝導の可能性; 2014年10月
    発表情報; 第5回イオン液体討論会
    著者; 梅林泰宏、渡辺日香里、梅木辰也、土井寛之、斎藤蒼思、高椋利幸
  • 磁場勾配NMRおよびab initio計算によるイミダゾール‐酢酸等量混合液体中のプロトン伝導機構に関する研究; 2014年10月
    発表情報; 第5回イオン液体討論会
    著者; 渡辺日香里、梅木辰也、土井寛之、都築誠二、齊藤蒼思、神崎亮、高椋利幸、梅林泰宏
  • 超強塩基DBUと低級アルコールの分子間相互作用に対するアルキル基効果; 2014年10月
    発表情報; 第5回イオン液体討論会
    著者; 梅木辰也、田中翔悟、亀崎義規、高椋利幸、牧野貴至、金久保光央
  • Predictive Correlation for Binary Diffusion Coefficients in Water at Ambient Pressure; 2014年10月
    発表情報; 10th International Conference on Separation Science and Technology (ICSST14)
    著者; T. Funazukuri, M. Taguchi, K. Yui, T. Umecky
  • β-ジケトナートをアニオンとするイオン液体のCO2化学吸収特性; 2014年09月
    発表情報; 日本分析化学会第63年会
    著者; 安陪光敏、梅木辰也、高椋利幸、牧野貴至、金久保光央
  • Raman分光および磁場勾配NMRによるイミダゾール‐酢酸等量混合液体の研究; 2014年09月
    発表情報; 2014年電気化学秋季大会
    著者; 渡辺日香里、梅木辰也、土井寛之、齊藤蒼思、神崎亮、高椋利幸、梅林泰宏
  • Mixing states of imidazolium-based ionic liquid in dimethyl sulfoxide, methanol, and acetonitrile studied by NMR, Raman, and ATR-IR techniques; 2014年09月
    発表情報; EMLG/JMLG Annual Meeting 2014 “Molecular Liquids and Soft Matter: from Fundamentals to Applications”
    著者; T. Takamuku, H. Hoke, A. Idrissi, T. Umecky, T. Shimomura
  • Solvation of Li+ in Lewis-basic ionic liquid of 1-octyl-4-aza-1-azoniabicyclo[2.2.2]octane bis(trifluoromethanesulfonyl)amide; 2014年09月
    発表情報; EMLG/JMLG Annual Meeting 2014 “Molecular Liquids and Soft Matter: from Fundamentals to Applications”
    著者; T. Umecky, K. Suga, E. Masaki, T. Takamuku, T. Makino, M. Kanakubo
  • Self-assembly organogels composed of phenol and naphthol + AOT in nonpolar solvents; 2014年09月
    発表情報; International Meeting on Applications of Statistical Mechanics of Molecular Liquid on Soft Matter
    著者; S. Katsube, T. Umecky, T. Takamuku, Y. Katsumoto, T. Kaji, M. Hiramoto, K. Nishiyama
  • Raman and NMR spectroscopic speciation analysis of proton carrier in imidazole and acetic acid equimolar mixture as pseudo-protic ionic liquids of new proton conductors; 2014年09月
    発表情報; RSC Tokyo International Conference 2014 - Analytical Technology Towards Future Society - International Conference Session, JASIS Conference
    著者; H. Watanabe, T. Umecky, H. Doi, S. Soito, R. Kanzaki, T. Takamuku, Y. Umebayashi
  • Self-assembly organogels composed of 2-naphthaol + AOT organogels in nonpolar solvents; 2014年07月
    発表情報; The 8th Mini-Sumposium on Liquids
    著者; S. Katsube, T. Umecky, T. Takamuku, Y. Katsumoto, T. Kaji, M. Hiramoto, K. Nishiyama
  • 1-octyl-4-aza-1-azoniabicyclo[2.2.2]octane系および1-octyl-3-methylimidazolium系イオン液体中におけるリチウムイオンの溶媒和と拡散挙動; 2014年06月
    発表情報; 第51回化学関連支部合同九州大会
    著者; 正木瑛二、菅謙太、梅木辰也、高椋利幸、牧野貴至、金久保光央
  • エネルギー分散型X線回折法による高温高圧における塩化カルシウム水溶液の構造; 2014年03月
    発表情報; 
    著者; 高椋利幸、Yagafarov Oscar、片山芳則、梅木辰也
  • 芳香族が有機溶媒中において自己組織化したオルガノゲルの構造:光学材料への展開; 2014年03月
    発表情報; 日本化学会第94春季年会
    著者; 勝部翔太郎、木下勝、梅木辰也、高椋利幸、勝本之晶、嘉治寿彦、平本昌宏、西山桂
  • 7Li, 23Na NMRで解明する塩化アルカリ-アセトニトリル-水混合溶液の相分離; 2013年10月
    発表情報; 第36回溶液化学シンポジウム
    著者; 高椋利幸、原槙宏樹、下村拓也、梅木辰也
  • アセトニトリル-水混合溶媒中での1,3-Butanediolの分子内水素結合形成によるコンフォメーション変化; 2013年10月
    発表情報; 第36回溶液化学シンポジウム
    著者; 日隈康仁、梅木辰也、高椋利幸
  • イオン液体-分子性液体混合溶液中における遷移金属イオンの溶媒和構造; 2013年10月
    発表情報; 第36回溶液化学シンポジウム
    著者; 保家宇宙、山田泰教、下村拓也、梅木辰也、高椋利幸
  • 低温における2,2,2-Trifluoroethanol-水およびEthanol-水混合溶液のNMRスペクトル; 2013年10月
    発表情報; 第36回溶液化学シンポジウム
    著者; 松上優、山本遼平、熊井隆、梅木辰也、高椋利幸
  • 疎水性イオン液体中における18-クラウン-6の錯形成に及ぼす水の影響; 2013年10月
    発表情報; 第36回溶液化学シンポジウム
    著者; 梅木辰也、高椋利幸、神崎亮、高木雅弥、川井英司、松本知也、船造俊孝
  • 超臨界及び液体状態中におけるトリス(アセチルアセトナト)アルミニウムの拡散係数の測定と相関; 2013年09月
    発表情報; 化学工学会第45回秋季大会
    著者; 孔昌一、渡辺昴、船造俊孝、梅木辰也
  • Solvation Structure of Ni(II) Ion in Imidazolium-based Ionic Liquid-Molecular Liquid Mixtures; 2013年07月
    発表情報; 33rd International Conference on Solution Chemistry
    著者; H. Hoke, Y. Yamada, T. Shimomura, T. Umecky, T. Takamuku
  • Water Concentration Dependences of NMR Longitudinal Relaxation Times and Self-diffusion Coefficients of Lithium Ion in Hydrophobic Ionic Liquid; 2013年07月
    発表情報; 33rd International Conference on Solution Chemistry
    著者; T. Umecky, T. Takamuku, M. Takagi, E. Kawai, T. Matsumoto, T. Funazukuri
  • NMR Studies on Solution Structures of Methanol and Ethanol Saturated with CO2; 2013年07月
    発表情報; 33rd International Conference on Solution Chemistry
    著者; T. Umecky, T. Takamuku, T. Aida, T. Makino, T. Aizawa, M. Kanakubo
  • アセトニトリル水混合溶媒中における1,3-Butanediolの分子内水素結合とコンフォメーション変化; 2013年07月
    発表情報; 第50回化学関連支部合同九州大会
    著者; 日隈康仁、梅木辰也、高椋利幸
  • 水-アセトニトリル混合溶媒中での1,3-Butanediol分子の溶媒和構造; 2013年07月
    発表情報; 第31回九州分析化学若手の会夏季セミナー
    著者; 日隈康仁、梅木辰也、高椋利幸
  • CO2 Absorption Properties, Densities, Viscosities, and Electrical Conductivities of Ethylimidazolium and 1-Ethyl-3-Methylimidazolium Ionic Liquids; 2013年05月
    発表情報; 13th International Conference on Properties and Phase Equilibria for Product and Process Design (PPEPPD2013)
    著者; T. Makino, Y. Masuda, M. Kanakubo, T. Umecky, A. Suzuki
  • イオン液体-分子性液体混合溶液中におけるNi(II)イオンの溶媒和; 2013年05月
    発表情報; 第73回分析化学討論会
    著者; 保家宇宙、山田泰教、下村拓也、梅木辰也、高椋利幸
  • 液体と超臨界流体に対するトリス(ヘキサフルオロアセチルアセトナト)アルミニウム(III)の拡散係数の測定及び相関; 2013年05月
    発表情報; 分離技術会年会2013
    著者; 渡邉昂、梅木辰也、船造俊孝、孔昌一
  • イミダゾリウム、アンモニウム、ピロリジニウム系イオン液体のCO2吸収量; 2013年03月
    発表情報; 電気化学会第80回大会
    著者; 牧野貴至、金久保光央、梅木辰也、鈴木明
  • イオン液体とベンゼン,トルエンおよびトリフルオロトルエンの混合状態; 2012年12月
    発表情報; 日本中性子科学会第12回年会
    著者; 高椋利幸、梅木辰也、井之上紗緒梨、門畑翔也、下村拓也
  • DBU-アルコール2成分溶液の混合状態; 2012年11月
    発表情報; 2012年日本化学会西日本大会
    著者; 亀崎義規、梅木辰也、高椋利幸、牧野貴至、金久保光央
  • βジケトナートをアニオンとするイオン液体の諸物性に及ぼすフッ素導入効果; 2012年11月
    発表情報; 2012年日本化学会西日本大会
    著者; 安陪光敏、梅木辰也、高椋利幸、牧野貴至、金久保光央
  • イオン液体-DMSO混合溶液中での遷移金属イオンの溶媒和構造; 2012年11月
    発表情報; 2012年日本化学会西日本大会
    著者; 保家宇宙、下村拓也、梅木辰也、高椋利幸
  • イミダゾリウム系イオン液体とベンゼン誘導体との混合状態に対する置換基効果; 2012年11月
    発表情報; 第35回溶液化学シンポジウム
    著者; 高椋利幸、下村拓也、梅木辰也、井之上紗緒梨、門畑翔也
  • イミダゾリウム系イオン液体C2mimTFSAと強い電子供与性をもつDMSOとの混合; 2012年11月
    発表情報; 第35回溶液化学シンポジウム
    著者; 保家宇宙、下村拓也、梅木辰也、高椋利幸
  • アセチルアセトナートをアニオンとするイオン液体の諸物性に及ぼすフッ素導入効果; 2012年11月
    発表情報; 第35回溶液化学シンポジウム
    著者; 安陪光敏、梅木辰也、高椋利幸、牧野貴至、金久保光央
  • NMRを用いたDBU-アルコール2成分混合溶液中の相互作用解明; 2012年11月
    発表情報; 第35回溶液化学シンポジウム
    著者; 亀崎義規、梅木辰也、高椋利幸、牧野貴至、金久保光央
  • イオン液体のCO2吸収量と物性に及ぼすエーテル基およびエステル基の影響; 2012年11月
    発表情報; 第35回溶液化学シンポジウム
    著者; 牧野貴至、金久保光央、梅木辰也、鈴木明
  • Substituent Effects on Mixing of Ionic Liquid with Benzene Derivatives; 2012年09月
    発表情報; EMLG/JMLG Annual Meeting “Molecular Association in Fluid Phases and at Fluid Interfaces”
    著者; T. Takamumu, T. Shimomura, S. Inoue, S. Kadohata, T. Umecky
  • CO2 Solubility and Physical Properties of N-(2-hydroxyethyl)pyridinium bis(trifluoromethanesulfonyl)amide; 2012年09月
    発表情報; 6th Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation
    著者; T. Makino, M. Kanakubo, T. Umecky, A. Suzuki
  • CO2 Solubility and Physical Properties in Ionic Liquid Mixtures of 1-Butyl-3-methylimidazolium Acetate and Bis(trifluoromethanesulfonyl)amide; 2012年09月
    発表情報; 6th Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation
    著者; M. Kanakubo, T. Makino, T. Umecky, A. Suzuki, M. Sakurai
  • Effect of CO2 Dissolution on Electrical Conductivity and Self-diffusion Coefficients of 1-Butyl-3-methylimidazolium Hexafluorophosphate Ionic Liquid; 2012年09月
    発表情報; 6th Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation
    著者; T. Umecky, M. Kanakubo, T. Makino, T. Aizawa, A. Suzuki
  • 分子レベルで観測するイミダゾリウム系イオン液体とベンゼン誘導体との混合; 2012年09月
    発表情報; 日本分析化学会第61年会
    著者; 高椋利幸、下村拓也、井之上紗緒梨、門畑翔也、梅木辰也
  • β-ジケトナートをアニオンとするイオン液体の密度、粘度、電気伝導度; 2012年09月
    発表情報; 化学工学会第44回秋季大会
    著者; 安陪光敏、梅木辰也、高椋利幸、牧野貴至、金久保光央
  • Solubility of Carbon Dioxide in Glymes and Glyme-Li Salt Complex Solutions at High Pressures; 2012年08月
    発表情報; 20th International Congress of Chemical and Process Engineering
    著者; D. Kodama, M. Kanakubo, T. Makino, M. Kokubo, S. Hashimoto, H. Arai, Y. Endo, T. Umecky, A. Suzuki, M. Kato
  • β-ジケトナートをアニオンとするイオン液体のキャラクタリゼーション; 2012年07月
    発表情報; 第30回九州分析化学若手の会夏季セミナー
    著者; 安陪光敏、梅木辰也、高椋利幸、牧野貴至、金久保光央
  • DBU-エタノール溶液の混合状態; 2012年07月
    発表情報; 第30回九州分析化学若手の会夏季セミナー
    著者; 亀崎義規、梅木辰也、高椋利幸、牧野貴至、金久保光央
  • イオン液体CnmimTFSAとベンゼン誘導体との混合状態の解明; 2012年07月
    発表情報; 第30回九州分析化学若手の会夏季セミナー
    著者; 門畑翔也、梅木辰也、高椋利幸、下村拓也
  • イミダゾリウム系イオン液体-DMSO溶液の混合状態; 2012年07月
    発表情報; 第30回九州分析化学若手の会夏季セミナー
    著者; 保家宇宙、下村拓也、梅木辰也、高椋利幸
  • ジグライム-リチウム錯塩溶液の二酸化炭素溶解度; 2012年06月
    発表情報; 分離技術会年会2012
    著者; 児玉大輔、新井浩也、遠藤康裕、下村拓也、牧野貴至、梅木辰也、金久保光央、鈴木明
  • 超塩基DBUとアルコールの混合状態の解明; 2012年06月
    発表情報; 第49回化学関連支部合同九州大会
    著者; 亀崎義規、梅木辰也、高椋利幸、牧野貴至、金久保光央
  • β-ジケトナートをアニオンとするイオン液体の物理化学的性質; 2012年06月
    発表情報; 第49回化学関連支部合同九州大会
    著者; 安陪光敏、梅木辰也、高椋利幸、牧野貴至、金久保光央
  • 強い電子供与性をもつDMSOとイオン液体C2mimTFSAの混合状態; 2012年06月
    発表情報; 第49回化学関連支部合同九州大会
    著者; 保家宇宙、下村拓也、梅木辰也、高椋利幸
  • イオン液体CnmimTFSAとベンゼン誘導体との混合状態に対するアルキル鎖長効果; 2012年06月
    発表情報; 第49回化学関連支部合同九州大会
    著者; 門畑翔也、下村拓也、梅木辰也、高椋利幸
  • NMR測定によるDBU-アルコール混合溶液の相互作用解明; 2012年05月
    発表情報; 第72回分析化学討論会
    著者; 亀崎義規、梅木辰也、高椋利幸、牧野貴至、金久保光央
  • イミダゾリウム系イオン液体とトリフルオロトルエンの混合に対するアルキル鎖の効果; 2012年05月
    発表情報; 第72回分析化学討論会
    著者; 門畑翔也、井之上紗緒梨、下村拓也、梅木辰也、高椋利幸
  • ピロリジニウム系イオン液体の粘性率・CO2吸収量およびガス選択性; 2012年03月
    発表情報; 化学工学会第77回年会
    著者; 牧野貴至、金久保光央、梅木辰也、鈴木明
  • イオン液体を用いた低エネルギー型CO2吸収分離プロセスの開発…宇宙での利用を目指して…; 2011年12月
    発表情報; 第53回宇宙科学技術連合講演会
    著者; 金久保光央、梅木辰也、牧野貴至、鈴木明、桜井誠人
  • アンモニウム系イオン液体+CO2系のp-V-T関係; 2011年12月
    発表情報; 第2回イオン液体討論会
    著者; 牧野貴至、金久保光央、梅木辰也、鈴木明
  • 強塩基+アルコール溶液からの低温廃熱を用いるCO2回収; 2011年12月
    発表情報; 第2回イオン液体討論会
    著者; 梅木辰也、金久保光央、牧野貴至、鈴木明、高椋利幸
  • Separation of Extremely Dilute CO2 Using Ionic Liquids; 2011年11月
    発表情報; 9th International Conference on Separation Science and Technology
    著者; M. Kanakubo, T. Umecky, T. Makino, A. Suzuki, M. Sakurai
  • High Pressure CO2 Absorption Properties of Ammonium Based Ionic Liquids Containing Oxygen Atoms; 2011年11月
    発表情報; 9th International Conference on Separation Science and Technology
    著者; T. Makino, M. Kanakubo, T. Umecky, A. Suzuki
  • Solubility of Carbon Dioxide in Glymes and Glyme-Li Salt Complex Solutions; 2011年11月
    発表情報; 9th International Conference on Separation Science and Technology
    著者; D. Kodama, M. Kanakubo, M. Kokubo, S. Hashimoto, T. Makino, T. Umecky, A. Suzuki, M. Kato
  • NMR Study on CO2-Saturated Alcohol Systems; 2011年11月
    発表情報; 9th International Conference on Separation Science and Technology
    著者; T. Umecky, T. Aida, M. Kanakubo, T. Makino, T. Aizawa, A. Suzuki
  • DBU―アルコール溶液のCO2吸収と放散; 2011年11月
    発表情報; 第34回溶液化学シンポジウム
    著者; 梅木辰也、金久保光央、牧野貴至、鈴木明、高椋利幸
  • イオン液体のCO2吸収特性に及ぼすカチオン種の影響; 2011年11月
    発表情報; 第34回溶液化学シンポジウム
    著者; 牧野貴至、金久保光央、梅木辰也、鈴木明
  • ジグライム+リチウム塩溶液の輸送現象とCO2吸収特性; 2011年11月
    発表情報; 第34回溶液化学シンポジウム
    著者; 金久保光央、遠藤康弘、児玉大輔、Thomas Sonnleitner、Richard Buchner、牧野貴至、梅木辰也、鈴木明
  • 種々のアルコール-水混合溶液中におけるL-ロイシンの溶媒和構造; 2011年11月
    発表情報; 第34回溶液化学シンポジウム
    著者; 波戸本洋平、戸根川順子、梅木辰也、高椋利幸
  • ベンゼン誘導体中におけるイオン液体のクラスター形成に対するベンゼン置換基の効果; 2011年11月
    発表情報; 第34回溶液化学シンポジウム
    著者; 下村拓也、井之上紗緒梨、梅木辰也、高椋利幸
  • 高圧NMR法を用いた二酸化炭素加圧下におけるアルコールの溶液構造; 2011年09月
    発表情報; 化学工学会第43回秋季大会
    著者; 梅木辰也、相田努、金久保光央、牧野貴至、相澤崇史、鈴木明
  • グライム-リチウム錯塩溶液の二酸化炭素吸収特性; 2011年09月
    発表情報; 化学工学会第43回秋季大会
    著者; 児玉大輔、金久保光央、橋本諭、牧野貴至、梅木辰也、鈴木明
  • ホスホニウム系イオン液体粘度の温度及び圧力依存性; 2011年09月
    発表情報; 化学工学会第43回秋季大会
    著者; 児玉大輔、金久保光央、大橋健介、Harris Kenneth R.、牧野貴至、梅木辰也、鈴木明、杉矢正、小玉春
  • Physicochemical Properties of Diglyme-Litium bis(trifluoromethanesulfonyl)amide Solutions; 2011年08月
    発表情報; 32nd International Conference on Solution Chemistry
    著者; M. Kanakubo, T. Sonnleitner, R. Buchner, D. Kodama, T. Makino, T. Umecky, A. Suzuki
  • NMR Relaxation Studies on 1-Alkyl-3-methylimidazolium Bis(trifluoromethane-sulfonyl)amide; 2011年08月
    発表情報; 32nd International Conference on Solution Chemistry
    著者; M. Kanakubo, K. R. Harris, S. Tsuzuki, T. Umecky, T. Makino, A. Suzuki
  • Absorption and Desorption Properties of CO2 in DBU-Alcohol Systems; 2011年08月
    発表情報; 32nd International Conference on Solution Chemistry
    著者; T. Umecky, M. Kanakubo, T. Makino, A. Suzuki, T. Takamuku
  • Development of CO2 Removal Technology under Extremely Dilute condition Using Ionic Liquids; 2011年06月
    発表情報; 4th Congress on Ionic Liquids
    著者; M. Kanakubo, T. Umecky, T. Makino, A. Suzuki, M. Sakurai
  • p-V-T Relations for Ammonium-Based Ionic Liquid + Carbon Dioxide Binary Systems; 2011年06月
    発表情報; 4th Congress on Ionic Liquids
    著者; T. Makino, M. Kanakubo, T. Umecky, A. Suzuki
  • CO2 Absorption Properties of Glyme-Li Salt Complex Solutions; 2011年06月
    発表情報; 4th Congress on Ionic Liquids
    著者; D. Kodama, M. Kanakubo, S. Hashimoto, T. Makino, T. Umecky, A. Suzuki
  • Temperature and Pressure Dependence of the Viscosity of Phosphonium Ionic Liquids; 2011年06月
    発表情報; 4th Congress on Ionic Liquids
    著者; D. Kodama, M. Kanakubo, K. Ohashi, K. R. Harris, T. Makino, T. Umecky, A. Suzuki, M. Sugiya, S. Kodama
  • イオン液体のハイブリッド化によるガス分離精製技術の高効率化; 2011年06月
    発表情報; 第11回GSCシンポジウム
    著者; 牧野貴至、梅木辰也、金久保光央、鈴木明
  • グライム-リチウム錯塩溶液の二酸化炭素溶解度; 2011年06月
    発表情報; 分離技術会年会2011
    著者; 児玉大輔、金久保光央、橋本諭、牧野貴至、梅木辰也、鈴木明
  • イオン液体による極低濃度CO2の吸脱着; 2011年06月
    発表情報; 生態工学会2011年次大会
    著者; 金久保光央、梅木辰也、牧野貴至、鈴木明、桜井誠人
  • ホスホニウム型イオン液体粘度の温度及び圧力依存性; 2011年01月
    発表情報; 第1回イオン液体討論会
    著者; 大橋健介、児玉大輔、金久保光央、K. R. Harris、牧野貴至、梅木辰也、鈴木明、小玉春、杉矢正、加藤昌弘
  • イオン液体を用いた極低濃度CO2の除去技術の開発; 2011年01月
    発表情報; 第1回イオン液体討論会
    著者; 金久保光央、梅木辰也、山﨑ふじみ、牧野貴至、鈴木明、桜井誠人
  • イオン液体+ガス系のp-V-T測定装置の開発; 2011年01月
    発表情報; 第1回イオン液体討論会
    著者; 牧野貴至、金久保光央、梅木辰也、鈴木明、岩崎克浩
  • 溶解度測定装置作製とグライムのCO2吸収特性; 2010年11月
    発表情報; 第31回日本熱物性シンポジウム
    著者; 児玉大輔、金久保光央、國保昌樹、橋本諭、加藤昌弘、牧野貴至、梅木辰也、鈴木明
  • シアノ系アニオンのイオン間相互作用の解析と MD シミュレーション; 2010年11月
    発表情報; 第51回電池討論会
    著者; 都築誠二、梅木辰也、松本一、篠田渉、三上益弘
  • エーテル酸素の導入がパーフルオロアルキルトリフルオロボレートのコンフォメーション、イオン間相互作用に与える影響; 2010年11月
    発表情報; 第51回電池討論会
    著者; 都築誠二、梅木辰也、松本一、篠田渉、三上益弘
  • New Ionic Liquids Containing Fluorosulfonyl(trifluoromethylsulfonyl)amide and 5-Phosphoniaspiro[4.4]nonan; 2010年10月
    発表情報; 218th ECS Meeting
    著者; H. Matsumoto, T. Umecky, S. Tsuzuki
  • Interactions of Perfluoroalkyltrifluoroborate Anions with Cations: Effects of Perfluoroalkyl Chain Length on Motion of Ions in Ionic Liquids; 2010年10月
    発表情報; 218th ECS Meeting
    著者; S. Tsuzuki, T. Umecky, H. Matsumoto
  • ホスホニウム系イオン液体の高圧粘度測定; 2010年10月
    発表情報; 第1回福島地区CEセミナー
    著者; 大橋健介、児玉大輔、加藤昌弘、金久保光央、牧野貴至、梅木辰也、鈴木明、小玉春、杉矢正
  • イオン液体ハイブリッド吸収液による二酸化炭素の分離回収技術の開発; 2010年09月
    発表情報; 化学工学会第42回秋季大会
    著者; 金久保光央、Thang Le Ngoc、梅木辰也、牧野貴至、鈴木明
  • イオン液体の粘性率と拡散係数の相関について; 2010年03月
    発表情報; 電気化学会第77回大会
    著者; 梅木辰也、都築誠二、松本一
  • イオン液体の直流電場印加NMR測定; 2010年03月
    発表情報; 電気化学会第77回大会
    著者; 梅木辰也、齋藤唯理亜、松本一
  • リチウムイオン液体電解質のイオン構造と伝導機構; 2009年12月
    発表情報; 第35回固体イオニクス討論会
    著者; 齋藤唯理亜、梅木辰也、松本一
  • 直流電場下におけるイオン液体の易動度に及ぼすアニオン構造の影響; 2009年11月
    発表情報; 第32回溶液化学シンポジウム
    著者; 梅木辰也、齋藤唯理亜、松本一
  • パーフルオロアルキルトリフルオロボレートの鎖長がイオンの拡散に与える影響:イオン間相互作用の解析と MD シミュレーション; 2009年11月
    発表情報; 第50回電池討論会
    著者; 都築誠二、梅木辰也、松本一、篠田渉、三上益弘
  • アルキル鎖への酸素の導入が四級アンモニウムのコンフォメーション、イオン間相互作用に与える影響; 2009年11月
    発表情報; 第50回電池討論会
    著者; 都築誠二、梅木辰也、松本一、篠田渉、三上益弘
  • Ion Mobility of 1-Ethyl-3-methylimidazolium Tetrafluoroborate and 1-Ethyl-3-methylimidazolium Bis(trifluoromethylsulfonyl)amide Ionic Liquids; 2009年10月
    発表情報; 216th ECS Meeting
    著者; T. Umecky, Y. Saito, H. Matsumoto
  • Charge Transfer Resistance on Lithium in Ionic Liquids Composed of Fluorosulfonyl(trifluoromethylsulfonyl)amide for Lithium Battery Electrolyte; 2009年10月
    発表情報; 216th ECS Meeting
    著者; H. Matsumoto, T. Umecky, H. Sakaebe, S. Tsuzuki, K. Tatsumi
  • 1-エチル-3-メチルイミダゾリウムをカチオンとするイオン液体の自己拡散係数と易動度; 2009年09月
    発表情報; 2009年電気化学秋季大会
    著者; 梅木辰也、齋藤唯理亜、松本一
  • Ion Diffusion of Perfluoroalkyltrifluoroborate Ionic Liquids by Pulsed-field Gradient NMR Technique; 2009年06月
    発表情報; 3rd Congress on Ionic Liquids
    著者; T. Umecky, Y. Saito, S. Tsuzuki, H. Matsumoto
  • Transport Properties of Ionic Liquids Composed of Perfluoroalkyltrifluoroborate Anions, CF3BF3-, C2F5BF3-, C3F7BF3-, and C4F9BF3-; 2009年05月
    発表情報; 3rd Congress on Ionic Liquids (Pre-Symposium)
    著者; T. Umecky, Y. Saito, S. Tsuzuki, H. Matsumoto
  • リチウムイオン液体電解質のイオン状態と伝導性; 2009年05月
    発表情報; 第58回高分子学会年次大会
    著者; 齋藤唯理亜、梅木辰也、奥村妥絵、前田誠二、境哲男
  • アミド系およびボレート系イオン液体の粘度,伝導度,自己拡散係数; 2009年03月
    発表情報; 電気化学会第76回大会
    著者; 梅木辰也、齋藤唯理亜、都築誠二、松本一
  • 電解液中における各種イオンの動的挙動に関する電場印加NMR研究; 2009年03月
    発表情報; 電気化学会第76回大会
    著者; 梅木辰也、齋藤唯理亜、松本一
  • 非対称アミドからなるイオン液体のリチウム二次電池電解質特性; 2009年03月
    発表情報; 電気化学会第76回大会
    著者; 松本一、梅木辰也、栄部比夏里、辰巳国昭
  • 非対称アミドアニオンとスピロ型カチオンからなるイオン液体の物性と電気化学特性; 2009年03月
    発表情報; 電気化学会第76回大会
    著者; 松本一、寺澤直弘、梅木辰也、都築誠二、栄部比夏里
  • エーテル酸素含有パーフルオロアルキルトリフルオロボレートからなるイオン液体の物性と電気化学特性; 2009年03月
    発表情報; 電気化学会第76回大会
    著者; 寺澤直弘、松本一、梅木辰也、都築誠二、栄部比夏里
  • プロトン導電性ゲル電解質の伝導機構; 2008年12月
    発表情報; 第34回固体イオニクス討論会
    著者; 齋藤唯理亜、梅木辰也、大向啓正、前田誠二、小島敏勝、境哲男
  • 電場印加条件下における磁場勾配NMR測定によるイオン易動度測定; 2008年11月
    発表情報; 第49回電池討論会
    著者; 梅木辰也、齋藤唯理亜、松本一、境哲男
  • Fluorosulfonyl(trifluoromethylsulfonyl)amideからなるイオン液体を用いたリチウム二次電池特性; 2008年11月
    発表情報; 第49回電池討論会
    著者; 梅木辰也、松本一、栄部比夏里、辰巳国昭
  • Low melting and Electrochemically Stable Ionic Liquids Based on Fluorosulfonyl(trifluoromethylsulfonyl)amide; 2008年11月
    発表情報; 第49回電池討論会
    著者; H. Matsumoto, N. Terasawa, S. Tsuzuki, T. Umecky, H. Sakaebe, K. Tatsumi
  • Influence of Anion Structure on Transport Properties of Perfluorosulfonylamide Ionic Liquids; 2008年10月
    発表情報; 214th ECS Meeting
    著者; T. Umecky, H. Matsumoto, S. Tsuzuki, Y. Saito, K. Tatsumi
  • プロトン導電性ゲル電解質の伝導機構の解明と設計; 2008年09月
    発表情報; 第57回高分子討論会
    著者; 齋藤唯理亜、大向啓正、梅木辰也、前田誠二、小島敏勝、境哲男
  • プロトン導電性ゲル電解質のイオン伝導機構; 2008年05月
    発表情報; 第57回高分子学会年次大会
    著者; 齋藤唯理亜、大向啓正、梅木辰也、前田誠二、小島敏勝、境哲男
  • プロトン導電性ゲル電解質のイオン伝導特性; 2008年03月
    発表情報; 電気化学会第75回大会
    著者; 齋藤唯理亜、梅木辰也、大向啓正、前田誠二、小島敏勝、境哲男
  • Ionic Conduction Mechanism of Lithium Gel Electrolytes Containing the Ionic Liquid Solvent for Secondary Batteries; 2007年12月
    発表情報; 10th Pacific Polymer Conference
    著者; T. Umecky, Y. Okumura, S. Maeda, Y. Saito, T. Sakai
  • Investigation of Proton Conduction Mechanism of Sulfonated Polymer Gel Electrolytes; 2007年12月
    発表情報; 2nd International Conference on Physics of Solid State Ionics
    著者; T. Umecky, H. Omukai, Y. Okumura, S. Maeda, T. Kojima, Y. Saito, T. Sakai
  • スルホン酸系プロトン導電体の伝導挙動; 2007年12月
    発表情報; 第33回固体イオニクス討論会
    著者; 梅木辰也、大向啓正、奥村妥絵、前田誠二、小島敏勝、齋藤唯理亜、境哲男
  • イオン液体を媒体とするシリカ分散系リチウムゲル電解質のイオン輸送物性; 2007年09月
    発表情報; 第56回高分子討論会
    著者; 梅木辰也、奥村妥絵、前田誠二、齋藤唯理亜、境哲男
  • ポリエチレングリコール性ポリマー系リチウム電解質の拡散挙動; 2007年05月
    発表情報; 第56回高分子学会年次大会
    著者; 梅木辰也、奥村妥絵、前田誠二、齋藤唯理亜、境哲男
  • リチウム塩を溶解したイオン液体の物性に及ぼす水の影響; 2007年03月
    発表情報; 化学工学会第72回年会
    著者; 松本知也、高木雅弥、川井英司、梅木辰也、船造俊孝
  • リチウム二次電池用イオン液体ゲル電解質のイオン伝導特性; 2007年03月
    発表情報; 電気化学会第74回大会
    著者; 梅木辰也、奥村妥絵、前田誠二、齋藤唯理亜、境哲男
  • NMR測定によるイミダゾリウム系イオン液体中のリチウムイオンの溶存状態の検討; 2006年11月
    発表情報; 第29回溶液化学シンポジウム
    著者; 松本知也、高木雅弥、川井英司、梅木辰也、船造俊孝
  • イオン液体中のアルカリ金属イオンと18-クラウン-6の錯形成挙動; 2006年11月
    発表情報; 第29回溶液化学シンポジウム
    著者; 高木雅弥、川井英司、松本知也、梅木辰也、船造俊孝
  • 水中における疎水性アミノ酸の相互拡散係数; 2006年11月
    発表情報; 第29回溶液化学シンポジウム
    著者; 荏原梢、大森茂佳、空閑智之、梅木辰也、船造俊孝
  • リチウム塩を溶解したアンモニウム系イオン液体のNMR測定; 2006年11月
    発表情報; 第29回溶液化学シンポジウム
    著者; 梅木辰也、松本知也、高木雅弥、川井英司、船造俊孝
  • 疎水性イオン液体中におけるリチウム塩の溶存状態に及ぼす水の影響; 2006年09月
    発表情報; 化学工学会第38回秋季大会
    著者; 松本知也、川井英司、高木雅弥、梅木辰也、船造俊孝
  • アミノ酪酸異性体の水中における相互拡散係数; 2006年09月
    発表情報; 化学工学会第38回秋季大会
    著者; 梅木辰也、大森茂佳、空閑智之、荏原梢、船造俊孝
  • 疎水性イオン液体中のリチウムと18-クラウン-6の錯形成挙動; 2006年09月
    発表情報; 日本分析化学会第55年会
    著者; 梅木辰也、高木雅弥、川井英司、松本知也、船造俊孝
  • Effects of a Hydroxyl Group on Binary Diffusion Coefficients of a-Amino Acids in Dilute Aqueous Solutions; 2006年05月
    発表情報; 4th Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation
    著者; T. Umecky, S. Omori, T. Kuga, T. Funazukuri
  • NMR Studies on Lithium Complexes with Crown Ethers in 1-Ethyl-3-methylimidazolium Bis(trifluoromethanesulfonyl)imide; 2006年05月
    発表情報; 4th Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation
    著者; T. Umecky, E. Kawai, T. Matsumoto, T. Funazukuri
  • 疎水性イオン液体中のリチウムと15-クラウン-5の錯形成反応に及ぼす水の影響; 2006年05月
    発表情報; 第67回分析化学討論会
    著者; 梅木辰也、川井英司、松本知也、船造俊孝
  • NMR分光法による非金属性イオン液体の体積磁化率; 2006年03月
    発表情報; 日本化学会第86回春季年会
    著者; 梅木辰也、松本知也、川井英司、船造俊孝
  • 水中におけるヒドロキシル基を有するa-アミノ酸の拡散係数; 2005年11月
    発表情報; 第28回溶液化学シンポジウム
    著者; 大森茂佳、空閑智之、津川雄己、梅木辰也、船造俊孝
  • 非イオン性界面活性剤を含むイオン液体の動的光散乱測定; 2005年11月
    発表情報; 第28回溶液化学シンポジウム
    著者; 松本知也、川井英司、梅木辰也、船造俊孝
  • イオン液体中におけるクラウンエーテルの錯形成反応に関する検討; 2005年11月
    発表情報; 第28回溶液化学シンポジウム
    著者; 川井英司、松本知也、梅木辰也、船造俊孝
  • 外部複基準法を用いたイオン液体の体積磁化率測定; 2005年11月
    発表情報; 第28回溶液化学シンポジウム
    著者; 梅木辰也、川井英司、松本知也、船造俊孝
  • 動的光散乱法を用いたイオン液体中における界面活性剤の拡散係数; 2005年09月
    発表情報; 化学工学会第37回秋季大会
    著者; 松本知也、梅木辰也、船造俊孝
  • Taylor法による水溶液中のモノアミノ酸の相互拡散係数; 2004年11月
    発表情報; 第27回溶液化学シンポジウム
    著者; 空閑智之、津川雄己、梅木辰也、船造俊孝
  • イオン性液体の電気伝導度に及ぼす超臨界二酸化炭素の加圧効果; 2004年11月
    発表情報; 第27回溶液化学シンポジウム
    著者; 金久保光央、梅木辰也、相澤崇史、倉田良明、冨田大輔、横山千昭
  • エンジニアリングプラスチックを用いた高圧X線セルの製作とその応用; 2004年11月
    発表情報; 第27回溶液化学シンポジウム
    著者; 金久保光央、池田拓史、梅木辰也、相澤崇史、倉田良明、亀田泰男
  • 異なる側鎖をもつアルキルイミダゾール系イオン性液体の回転ダイナミクス; 2004年11月
    発表情報; 第27回溶液化学シンポジウム
    著者; 金久保光央、竹林良浩、梅木辰也、相澤崇史、倉田良明
  • Self-Diffusion Coefficients of 1-Butyl-3-Methylimidazolium Hexafluorophosphate with Pulsed-Field Gradient Spin-Echo NMR Technique; 2004年05月
    発表情報; 10th International Conference on Properties and Phase Equilibria for Product and Process Design
    著者; T. Umecky, M. Kanakubo, Y. Ikushima
  • [bmim][PF6]+CO2系の粘性率; 2004年03月
    発表情報; 化学工学会第69回年会
    著者; 冨田大輔、熊谷昭文、梅木辰也、金久保光央、横山千昭
  • 極端条件下における核磁気共鳴法の開発と超臨界流体への応用; 2003年11月
    発表情報; 第42回NMR討論会
    著者; 梅木辰也、金久保光央、相沢崇史、増田善雄、生島豊
  • パスル磁場勾配NMR法によるアルキルイミダゾール系イオン性液体の自己拡散係数; 2003年10月
    発表情報; 第26回溶液化学シンポジウム
    著者; 梅木辰也、金久保光央、生島豊
  • Angular Momentum Transfers of Water in Supercritical Carbon Dioxide; 2003年09月
    発表情報; International Bunsen-Discussion "Dynamics of Molecular Phenomena in Supercritical Fluids"
    著者; T. Umecky, M. Kanakubo, Y. Ikushima
  • 高圧NMR法による超臨界二酸化炭素中の溶質と溶媒分子の回転ダイナミクス; 2003年09月
    発表情報; 化学工学会第36回秋季大会
    著者; 梅木辰也、金久保光央、生島豊
  • Development of High-Pressure Magnetic Resonance Imaging for In-Situ Observation of Supercritical Fluid Solutions; 2003年08月
    発表情報; 28th International Conference on Solution Chemistry
    著者; M. Kanakabo, T. Umecky, Y. Masuda, T. Aizawa, Y. Ikushima
  • NMR Relaxation and Diffusion Studies of 1-Buty1-3-Metylimidazolium Ionic Liquids; 2003年08月
    発表情報; 28th International Conference on Solution Chemistry
    著者; T. Umecky, M. Kanakubo, Y. Ikushima
  • High-Pressure NMR Studies on Solute-Solvent Interactions in Supercritical Carbon Dioxide; 2003年08月
    発表情報; 28th International Conference on Solution Chemistry
    著者; T. Umecky, M. Kanakubo, Y. Ikushima
  • NMR Studies on Rotational Dynamics of Solute and Solvent Molecules in Supercritical Carbon Dioxide; 2003年05月
    発表情報; 3rd Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation
    著者; T. Umecky, M. Kanakabo, T.Aizawa, Y. Ikushima
  • 超臨界二酸化炭素中における回転ダイナミクスの特異性; 2002年11月
    発表情報; 第41回NMR討論会
    著者; 梅木辰也、金久保光央、生島豊
  • 二酸化炭素を用いた高圧化での液体制御の試み; 2002年11月
    発表情報; 第41回NMR討論会
    著者; 金久保光央、梅木辰也、相澤崇史、生島豊
  • 超臨界水のその場測定観測を目的とした高温・高圧NMRプローブの開発; 2002年11月
    発表情報; 第41回NMR討論会
    著者; 金久保光央、梅木辰也、相澤崇史、生島豊、山崎博実、八名純三
  • 高圧流体のその場測定を目的としたNMR法の開発; 2002年11月
    発表情報; 第43回高圧討論会
    著者; 金久保光央、梅木辰也、生島豊
  • 高圧NMR法による超臨界二酸化炭素中の回転ダイナミクス; 2002年11月
    発表情報; 第43回高圧討論会
    著者; 梅木辰也、金久保光央、生島豊
  • 亜臨界および超臨界状態におけるメタノール/水二成分溶液のラマン散乱; 2002年11月
    発表情報; 第43回高圧討論会
    著者; 下平誠、梅木辰也、吉田亨次、氏本菊次郎、山口敏男
  • 亜臨界および超臨界状態におけるメタノール/水ニ成分溶液のラマン散乱; 2002年10月
    発表情報; 分子構造総合討論会2002
    著者; 下平誠、梅木辰也、吉田亨次、氏本菊次郎、山口敏男
  • Possibility of Tuning Liquid Solvents with Supercritical Carbon Dioxide; 2002年09月
    発表情報; 4th International Symposium on High Pressure Process Technology and Chemical Engineering
    著者; M. Kanakubo, T.Umecky, Y. Ikushima, N. Saito
  • 広い密度,温度範囲における気体,液体,超臨界二酸化炭素の回転相関時間; 2002年09月
    発表情報; 第25回溶液化学シンポジウム
    著者; 梅木辰也、金久保光央、生島豊
  • 超臨界二酸化炭素中におけるb-ジケトナト金属錯体の回転ダイナミクス; 2002年09月
    発表情報; 第25回溶液化学シンポジウム
    著者; 梅木辰也、金久保光央、生島豊
  • 高感度および高分解能を有する高圧NMRセルの試作と評価; 2002年05月
    発表情報; 第63回分析化学討論会
    著者; 梅木辰也、金久保光央、生島豊、斎藤功夫、吉村純子、山崎博実、八名純三
  • 高圧NMR法による超臨界二酸化炭素中のb-ジケトナト錯体の挙動; 2002年05月
    発表情報; 第63回分析化学討論会
    著者; 梅木辰也、金久保光央、生島豊
  • A Versatile Double-Tube Type of High-Pressure NMR Cell for Studies on Supercritical Fluid Solutions; 2002年03月
    発表情報; 2002 Pittsburgh Conference
    著者; M. Kanakubo, T. Umecky, Y. Ikushima, J. Yoshimura, H. Yamazaki, J. Yana
  • 高圧NMR分光法による超臨界二酸化炭素中におけるビス(アセチルアセトナト)ベリリウム(II)の回転相関時間; 2002年03月
    発表情報; 日本化学会第81回春季年会
    著者; 梅木辰也、金久保光央、生島豊
  • 超臨界二酸化炭素が液相へ及ぼす圧力効果に関して; 2002年03月
    発表情報; 日本化学会第81回春季年会
    著者; 金久保光央、梅木辰也、斎藤功夫
  • 亜臨界および超臨界状態におけるメタノール/水二成分溶液のラマン散乱; 2002年03月
    発表情報; 化学工学会第67回年会
    著者; 下平誠、梅木辰也、吉田亨次、氏本菊次郎、山口敏男
  • In Situ NMR法による超臨界二酸化炭素中のフッ素系芳香族化合物の溶媒和構造; 2001年11月
    発表情報; 第22回日本熱物性シンポジウム
    著者; 金久保光央、増田善雄、蛯名武雄、梅木辰也、相澤崇史、生島豊、畑田清隆、斎藤功夫
  • ポリマー材料を用いた高圧NMRセルの開発と応用; 2001年11月
    発表情報; 第40回NMR討論会
    著者; 金久保光央、梅木辰也、相澤崇史、増田善雄、生島豊、畑田清隆、斎藤功夫、吉村純子、山崎博実、八名純三
  • High-Pressure NMR Studies on Solvation Structure in Supercritical Carbon Dioxide; 2001年05月
    発表情報; 9th International Conference on Properties and Phase Equilibria for Product and Process Design
    著者; M. Kanakubo, C. C. Liew, T. Aizawa, T. Umecky, Y. Ikushima
  • 高温高圧下における水-メタノールおよび水-エタノール2成分溶液のX線構造解析; 1999年11月
    発表情報; 第40回高圧討論会
    著者; 梅木辰也、眞部幸代、吉田亨次、氏本菊次郎、山口敏男
  • 298~448 Kにおける水-メタノールおよび水-エタノール2成分溶液のX線構造解析; 1999年07月
    発表情報; 第36回化学関連支部合同九州大会
    著者; 梅木辰也、眞部幸代、吉田亨次、氏本菊次郎、山口敏男

その他講演

  • 擬プロトン性イオン液体の液体構造と超Arrheniusプトロン伝導; 2016年03月
    発表情報; 第6回グリーンケミストリー研究シンポジウム
    著者; 渡辺日香里、梅木辰也、土井寛之、齊藤蒼思、高椋利幸、亀田恭男、梅林泰宏
  • 複雑凝集系のNMR研究; 2012年03月
    発表情報; 第17回九州溶液化学懇談会
    著者; 梅木辰也
  • イオン液体を用いたCO2分離・回収技術; 2011年07月
    発表情報; CO2の分離・回収技術の最新動向
    著者; 金久保光央、牧野貴至、梅木辰也
  • 超臨界二酸化炭素中の回転ダイナミクス:臨界点近傍における特異性; 2002年12月
    発表情報; 平成14年度産業技術総合研究所超臨界流体研究センター研究講演会
    著者; 梅木辰也、金久保光央、生島豊
  • 核磁気共鳴法を用いた超臨界流体のその場測定法の観測; 2001年12月
    発表情報; 平成13年度産業技術総合研究所超臨界流体研究センター研究講演会
    著者; 金久保光央、梅木辰也

知的財産権の出願等(著作権は除く)

  • 共融混合物及びその用途; 2016年02月
    発表情報; 特願2016-028658
    著者; 梅木辰也、高椋利幸、後藤瑛裕
  • 酸性ガス吸収液及び該酸性ガス吸収液を用いる酸性ガスの選択的分離回収法; 2012年06月
    発表情報; 特許5916219
    著者; 牧野貴至、金久保光央、梅木辰也、岩崎克浩
  • 低温廃熱を利用して二酸化炭素を回収するガス分離回収方法; 2011年05月
    発表情報; 特開2012-236165
    著者; 梅木辰也、金久保光央、牧野貴至、井田博之、水上剛志
  • ガス分離回収装置及びガス分離回収方法; 2011年04月
    発表情報; 特開2012-217918
    著者; 丸山昌利、野田恵司、樽澤祐季、西島義明、金久保光央、牧野貴至、梅木辰也、南条弘
  • 低揮発性二酸化炭素吸収液およびガス分離方法; 2011年02月
    発表情報; 特許5678260
    著者; 金久保光央、牧野貴至、梅木辰也、児玉大輔
  • イオン液体を用いた環境浄化方法およびその装置; 2010年09月
    発表情報; 特許5585873
    著者; 金久保光央、牧野貴至、梅木辰也、桜井誠人、大西充
  • 高圧流体発生制御方法及びその装置; 2004年03月
    発表情報; 特開2005-246325
    著者; 金久保光央、梅木辰也、佐藤修、白井誠之、鳥居一雄
  • 電気伝導度測定セル及びその測定方法; 2003年08月
    発表情報; 特許4113949
    著者; 金久保光央、梅木辰也、生島豊
  • 流通型磁気共鳴検出器; 2002年10月
    発表情報; 特許3679087
    著者; 金久保光央、生島豊、畑田清隆、梅木辰也、相澤崇史、山崎博実、八名順三
  • 流通型磁気共鳴検出器; 2002年10月
    発表情報; 特許3679088
    著者; 金久保光央、生島豊、梅木辰也、相澤崇史、山崎博実、八名順三
  • 二重管構造型磁気共鳴試料容器; 2001年10月
    発表情報; 特許3687846
    著者; 金久保光央、梅木辰也、相澤崇史、生島豊、斎藤功夫、鳥居一雄、八名順三、山崎博実、吉村純子

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • CO2化学吸収液の探索と反応機構解明; 2017年01月
    発表情報; 第19回連携大学院産学官交流セミナー
    著者; 梅木辰也
  • CO2化学吸収液の探索と分子間相互作用の解明; 2016年07月
    発表情報; 第32回緑陰セミナー
    著者; 梅木辰也
  • 超強塩基DBU―低級アルコール―CO2混合系の溶液構造; 2016年03月
    発表情報; 電気化学会第83回大会
    著者; 梅木辰也
  • 超強塩基DBUと低級アルコールからなる溶液のCO2吸収・放散特性; 2015年10月
    発表情報; 第38回溶液化学シンポジウム プレシンポジウム
    著者; 梅木辰也、高椋利幸、牧野貴至、金久保光央
  • 環境低負荷型技術の高度化を指向した溶液中の分子間相互作用に関する研究; 2015年10月
    発表情報; 第38回溶液化学シンポジウム
    著者; 梅木辰也
  • 疎水性イオン液体中におけるLi+溶媒和構造と18-クラウン-6錯形成平衡に及ぼす水の影響; 2014年11月
    発表情報; 第3回錯体化学若手の会九州・沖縄支部勉強会
    著者; 梅木辰也
  • Influence of Water Dissolution on Lithium Ion Solvation in 1-Ethyl-3-methylimidazolium Bis(trifluoromethanesulfonyl)amide Ionic Liquid; 2013年09月
    発表情報; EMLG/JMLG Annual Meeting “Global Perspectives in the Structure and Dynamics in Liquids and Mixtures: Experiment and Simulation”
    著者; T. Umecky, T. Takamuku, M. Takagi, E. Kawai, T. Matsumoto, T. Funazukuri


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.