詳細検索はこちら

尾﨑 岩太オザキ イワタ

所属:
保健管理センター(鍋島)

著書

  • Vitamin K2のNF-κB活性化抑制過程におけるprotein kinase C isoformの役割; 2013年
    発表情報; 第15回Vitamin K & Aging研究会記録集 p63-67, エーザイ株式会社2013(東京), 63-67
    著者; 尾崎岩太, 夏京合, 松橋幸子, 斉婧言, 岩根紳治, 高橋宏和, 水田敏彦.
  • 肝硬変患者の補正HbA1c算出式の作成とその有用性の検討; 2013年
    発表情報; 第17回日本肝臓学会大会 2013.10.9-11 東京 肝臓54:A587(肝P-168), 2013.
    著者; 井手康史、磯田広史、小平俊一、蒲池紗央里、中下俊哉、岩根紳治、大枝敏、河口康典、江口有一郎、尾崎岩太、水田敏彦.
  •  肝疾患における糖代謝異常と内臓脂肪蓄積の重要性 肝臓フォーラム; 2012年03月
    発表情報; ‘11記録集 (編集:戸田剛太郎、沖田極) 2012 医事出版社, 169-182
    著者; 水田敏彦、江口有一郎、河口康典、高橋宏和、尾崎岩太
  • 酸化ストレスマーカー「血清d-ROMs値」とC型慢性肝炎の病態.; 2011年
    発表情報; 酸化ストレスと肝疾患 第7巻 139-144. 2011. メディカルトリビューン. 東京
    著者; 高橋宏和,岩根紳治,江口有一郎,水田敏彦,磯田広史,桑代卓也,大枝敏,河口康典,和泉賢一,安西慶三,尾崎岩太,藤本一眞.
  • Vitamin K2 のNF-κB抑制におけるProtein kinase C(PKC)の役割; 2009年
    発表情報; 第12回Vitamin K & Aging研究会記録集,東京, 155-160
    著者; 尾崎岩太, 夏京合, 浜島弘史, 岩根紳治, 松橋幸子, 河口康典, 江口有一郎, 水田敏彦
  • Vitamin K2のNF-κB抑制におけるProtein kinase C(PKC)の役割.; 2009年
    発表情報; Vitamin K & Aging研究会 2009.2.14 東京
    著者; 尾崎岩太,夏京合,浜島弘史,岩根紳治,松橋幸子,河口康典,江口有一郎,水田敏彦.
  • Programmed cell death 4.; 2008年
    発表情報; Encyclopedia of Cancer, 2nd Edition (Ed. by Manfred Shwab) p2432-2435.
    著者; Matsuhashi S, Ozaki I.
  • 細胞外マトリックス受容体インテグリンを介した肝癌細胞の増殖制御.; 2007年
    発表情報; 14回浜名湖シンポジウム記録集 消化器発癌における炎症・再生・細胞応答の悪割.(アークメディア), 5, 46-47
    著者; 尾崎岩太、浜島弘史、中島麻友美、張浩、松橋幸子、江口有一郎、安武努、水田敏彦、藤本一眞.
  • 肝癌細胞の増殖に対するVitamin K2と抗癌剤の併用に関する基礎的検討; 2006年
    発表情報; 第9回Vitamin K & Aging 研究会記録集(エーザイ株式会社), 31-34
    著者; 尾崎岩太、張浩、井手康史、江口有一郎、安武努、水田俊彦、山本匡介.
  • Vitamin K2の肝癌細胞におけるMMP発現抑制とその機序.; 2006年
    発表情報; 第9回Vitamin K & Aging 研究会記録集(エーザイ株式会社), 39-42
    著者; 井手康史、尾崎岩太、張浩、江口有一郎、安武努、水田俊彦.
  • メナテトレノン(Vitamin K2)による肝癌細胞増殖抑制の作用機序.; 2005年
    発表情報; 第8回Vitamin K & Bone研究会記録集(エーザイ株式会社), 79-81
    著者; 尾崎岩太, 水田敏彦, 張浩, 井手康史, 江口有一郎, 安武努, 山本匡介.
  • 新規癌抑制遺伝子Programmed cell death 4 (PDCD4)の肝癌における発現調節と機能.; 2005年
    発表情報; 第12回浜名湖シンポジウム記録集:消化器疾患における自然免疫 (innate immunity)(アークメディア), 26, 175-180
    著者; 尾崎岩太、張浩、浜島弘史、水田敏彦、松橋幸子、江口有一郎、安武努、山本匡介、藤本一眞.
  • ビタミンKによる肝細胸痛再発抑制機序の解明; 2004年
    発表情報; 第9回犬山シンポジウム記録集(アークメデイア), 77-81
    著者; 水田敏彦,尾崎岩太,山本匡介

原著論文

  • Clinical course of hepatitis B surface antigen-positive subjects following screening: A retrospective observational study from April 2008 to January 2013.; 2016年06月
    発表情報; 
    著者; Furukawa NE, Yamashita SI, Maeyama K, Oeda S, Iwane S, Hirai K, Ozaki I, Eguchi Y.
  • Effects of home-based exercise and branched-chain amino acids administration on the aerobic capacity and glycemic control in patients with cirrhosis.; 2016年05月
    発表情報; Hepatol Res
    著者; Nishida Y, Ide Y, Okada M, Otsuka T, Eguchi Y, Ozaki I, Tanaka K, Mizuta T
  • Clinical course of hepatitis B surface antigen-positive subjects following screening: A retrospective observational study from April 2008 to January 2013; 2015年10月
    発表情報; Hepatol Res. 2015 Oct 22. doi: 10.1111/hepr.12608.
    著者; Furukawa NE, Yamashita SI, Maeyama K, Oeda S, Iwane S, Hirai K, Ozaki I, Eguchi Y.
  • Sarcopenia is a risk factor for the recurrence of hepatocellular carcinoma after curative treatment.; 2015年07月
    発表情報; Hepatol Res. 2015 Jul 29. doi: 10.1111/hepr.12562. [Epub ahead of print] PMID: 26223826
    著者; Kamachi S, Mizuta T, Otsuka T, Nakashita S, Ide Y, Miyoshi A, Kitahara K, Eguchi Y, Ozaki I, Anzai K.
  • Japan Study Group for NAFLD (JSG-NAFLD). Pilot study of liraglutide effects in nonalcoholic steatohepatitis and nonalcoholic fatty liver disease with glucose intolerance in Japanese patients (LEAN-J).; 2015年05月
    発表情報; Hepatol Res., Hepatol Res. 2015 Mar;45(3):269-78. doi: 10.1111/hepr.12351. Epub 2014 May 28.PMID:24796231, 45(3):269-78
    著者; Eguchi Y, Kitajima Y, Hyogo H, Takahashi H, Kojima M, Ono M, Araki N, Tanaka K, Yamaguchi M, Matsuda Y, Ide Y, Otsuka T, Ozaki I, Ono N, Eguchi T, Anzai K
  • Pertussis outbreak in university students and evaluation of acellular pertussis vaccine effectiveness in Japan BMC Infectious Diseases (2015); 2015年
    発表情報; 15:45 DOI 10.1186/s12879-015-0777-3
    著者; M Hara, M Fukuoka, K Tashiro, I Ozaki, S Ohfuji, K Okada, T Nakano, W Fukushima and Y Hirota.
  • Efficacy and Safety of Telaprevir, Pegylated Interferon α-2b and Ribavirin Triple Therapy in Japanese Patients Infected with Hepatitis C Virus Genotype 1b; 2015年
    発表情報; Intern Med. 2015;54(20):2551-60. doi: 10.2169/internalmedicine.54.4817. Epub 2015 Oct 15. PMID:26466688
    著者; Kawaguchi Y, Iwane S, Kumagai T, Yanagita K, Yasutake T, Ide Y, Otsuka T, Eguchi Y, Ozaki I, Akiyama T, Kawazoe S, Mizuta T.
  • Impairment of health-related quality of life in patients with chronic hepatitis C is associated with insulin resistance.; 2014年02月
    発表情報; J Gastroenterol., 49(2), 317-23
    著者; Kuwashiro T, Mizuta T, Kawaguchi Y, Iwane S, Takahashi H, Oza N, Oeda S, Isoda H, Eguchi Y, Ozaki I, Anzai K, Fujimoto K.
  • Control of a tumor suppressor PDCD4: Degradation mechanisms of the protein in hepatocellular carcinoma cells.; 2014年
    発表情報; , Cell Signal. 2014;26(3), 603-610
    著者; Matsuhashi S, Hamajima H, Xia J, Zhang H, Mizuta T, Anzai K, Ozaki I.
  • Efficacy of ezetimibe for reducing serum low-density lipoprotein cholesterol levels resistant to lifestyle intervention in patients with non-alcoholic fatty liver disease.; 2014年
    発表情報; Hepatol Res., 2014 Jul;44, 7, 812-7
    著者; Oza N, Takahashi H, Eguchi Y, Kitajima Y, Kuwashiro T, Ishibashi E, Nakashita S, Iwane S, Kawaguchi Y, Mizuta T, Ozaki I, Ono N, Eguchi T, Fujimoto K, Anzai K.
  • 話しやすい職場は職員の疲労を軽減する.; 2014年
    発表情報; , Campus Health2014, 51(2), 211-216
    著者; 古川(江口)尚子, 尾崎岩太, 多胡雅毅, 武富弥栄子, 古川早苗, 安田郁, 木道圭子, 佐藤武, 江口有一郎, 山下秀一
  • Vitamin K2のNF-κB活性化抑制過程におけるprotein kinase C isoformの役割; 2013年
    発表情報; 
    著者; 尾崎岩太, 夏京合, 松橋幸子, 斉婧言, 岩根紳治, 高橋宏和, 水田敏彦
  • Immunogenicity and safety after booster vaccination of diphtheria, tetanus, and acellular pertussis in young adults: An open randomized controlled trial in Japan.; 2013年
    発表情報; Hara M, Okada K, Yamaguchi Y, Uno S, Otsuka Y, Shimanoe C, Nanri H, Horita M, Ozaki I, Nishida Y, Tanaka K.
    著者; Hara M, Okada K, Yamaguchi Y, Uno S, Otsuka Y, Shimanoe C, Nanri H, Horita M, Ozaki I, Nishida Y, Tanaka K.
  • Whole-body Insulin Resistance is Associated with Elevated Serum α-fetoprotein Levels in Patients with Chronic Hepatitis C.; 2013年
    発表情報;  Intern Med. 2013;52(21):2393-400.
    著者; Kawaguchi Y, Mizuta T, Eguchi Y, Sakurai E, Motomura Y, Isoda H, Kuwashiro T, Oeda S, Iwane S, Takahashi H, Anzai K, Ozaki I. 
  • Japan Nonalcoholic Fatty Liver Disease Study Group (JSG-NAFLD).; 2013年
    発表情報; The severity of nonalcoholic steatohepatitis is associated with substitution of adipose tissue in skeletal muscle. J Gastroenterol Hepatol. 2013; 28(9): 1507-14., 1507-1514
    著者; Kitajima Y, Hyogo H, Sumida Y, Eguchi Y, Ono N, Kuwashiro T, Tanaka K, Takahashi H, Mizuta T, Ozaki I, Eguchi T, Kimura Y, Fujimoto K, Anzai K
  • Downregulation of programmed cell death 4 (PDCD4) in tumorigenesis and progression of human digestive tract cancers.; 2013年
    発表情報; Tumour Biol. 2013; 34(6): 3879-85.
    著者; Ma G, Zhang H, Dong M, Zheng X, Ozaki I, Matsuhashi S, Guo K.
  • Survival advantage of radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma: Comparison with ethanol injection.; 2013年
    発表情報; Hepatogastroenterology. 2013 May 1;60(126): 1399-404.
    著者;  Oeda S, Mizuta T, Isoda H, Kuwashiro T, Iwane S, Takahashi H, Kawaguchi Y, Eguchi Y, Ozaki I, Tanaka K, Fujimoto K.
  • Transforming growth factor-α activates pancreatic stellate cells and may be involved in matrix metalloproteinase-1 upregulation.; 2013年
    発表情報; Lab Invest. 2013 ;93(6):720-32.
    著者; Tahara H, Sato K, Yamazaki Y, Ohyama T, Horiguchi N, Hashizume H, Kakizaki S, Takagi H, Ozaki I, Arai H, Hirato J, Jesenofsky R, Masamune A, Mori M.
  • An automated rapid detection system using the quenching probe method for detecting interleukin 28B and inosine triphosphatase single nucleotide polymorphisms in chronic hepatitis C.; 2013年
    発表情報; J Viral Hepat. 2013; 20(4):e124-6.
    著者; Takahashi H, Mizuta T, Oeda S, Isoda H, Nakashita S, Kawaguchi Y, Izumi N, Hirai M, Kurose K, Iwane S, Eguchi Y, Kimura S, Anzai K, Ozaki I.
  • The roles of PKC isoforms in the inhibition of NF-B activation by vitamin K2 in human hepatocellular carcinoma cells.; 2012年
    発表情報; J Nutr Biochem 2012; 23: 1668-1675.
    著者; Xia J, Matsuhashi S, Hmajima H, Iwane S, Takahashi H, Eguchi Y, Mizuta T, Fujimoto K, Ozaki I.
  • Efficacy of pegylated interferon plus ribavirin in combination with corticosteroid for two cases of combined hepatitis C and autoimmune hepatitis.; 2012年
    発表情報;  J Clin Gastroenterol 2012; 5: 141-145.
    著者; Oeda S, Mizuta T, Isoda H, Kuwashiro T, Oza N, Iwane S, Takahashi H, Kawaguchi Y, Eguchi Y, Toda S, Ozaki I,Anzai K, Fujimoto K.
  • 肝炎ウイルス検査受診率向上には医療者による個別の意義の説明が有効である.; 2012年
    発表情報; 肝臓 2012; 53(10): 591-601.
    著者; 堀江弘子、江口有一郎、中村隆典、水田敏彦、桑代卓也、岩本英里、古賀さやか、田代貴也、冨永智香子、黒木茂高、小野尚文、木下淳、本多義昭、駒田富佐夫、尾崎岩太、安西慶三、藤本一眞、江口尚久.
  • Expression patterns of the tumor suppressor PDCD4 and correlation with b-catenin expression gastric cancers.; 2011年
    発表情報; Oncol Rep 2011; 26(6): 1385-92.
    著者; Kakimoto T, Shiraishi R, Iwakiri R, Fujimoto K, Takahashi H, Hamajima H, Mizuta T, Ideguchi H, Toda S, Ozaki I, Matsuhashi S.
  • Body mass index is associated with age-at-onset of HCV-infected hepatocellular carcinoma patients.; 2011年
    発表情報; World J Gastroenterol. 2011; 17(7):914-21.
    著者; Akiyama T, Mizuta T, Kawazoe S, Eguchi Y, Kawaguchi Y, Takahashi H, Ozaki I, Fujimoto K. 
  • Post-challenge hyperglycemia is a significant risk factor for the development of hepatocellular carcinoma in patients with chronic hepatitis C.; 2011年
    発表情報; J Gastroenterol. 2011; 46(6): 790-8.
    著者; Takahashi H, Mizuta T, Eguchi Y, Kawaguchi Y, Kuwashiro T, Oeda S, Isoda H, Oza N, Iwane S, Izumi K, Anzai K, Ozaki I, Fujimoto K. 
  • Metabolic factors are associated with serum alanine aminotransferase levels in patients with chronic hepatitis C.; 2011年
    発表情報; J Gastroenterol. 2011; 46(4):529-535..
    著者; Kobayashi Y, Kawaguchi Y, Mizuta T, Kuwashiro T, Oeda S, Oza N, Takahashi H, Iwane S, Eguchi Y, Anzai K, Ozaki I, Fujimoto K.
  • The pathological role of visceral fat accumulation in steatosis, inflammation, and progression of nonalcoholic fatty liver disease.; 2011年
    発表情報; 
    著者; Eguchi Y, Mizuta T, Sumida Y, Ishibashi E, Kitajima Y, Isoda H, Horie H, Tashiro T, Iwamoto E, Takahashi H, Kuwashiro T, Soejima S, Kawaguchi Y, Oda Y, Emura S, Iwakiri R, Ozaki I, Eguchi T, Ono N, Anzai K, Fujimoto K, Koizumi S.
  • Vitamin K2 augments 5-fluorouracil-induced growth inhibition of human hepatocellular carcinoma cells by inhibiting NF-B activation.; 2011年
    発表情報;  Oncol Rep. 2011; 25(1):159-66.
    著者; Zhang H, Ozaki I, Hamajima H, Iwane S, Takahashi T, Kawaguchi Y, Eguchi Y, Yamamoto K, Mizuta T.
  • 1型高ウイルス量C型慢性肝炎に対するPEG-IFN+RBV治療における性差の解析―インスリン抵抗性と内臓脂肪蓄積の関連について―.; 2011年
    発表情報; 医学と薬学 2011: 66(3): 468
    著者; 岡田倫明,岩根紳治,高橋宏和,磯田広史,中下俊哉,江口有一郎,尾崎岩太,水田敏彦.
  • Presence of esophageal varices is a risk factor for non-hemorrhagic death of hepatocellular carcinoma patients treated with radiofrequency ablation.; 2010年
    発表情報; Hepatogastroenterology., 57, 3, 501-506
    著者; Ario K, Mizuta T, Eguchi Y, Kawaguchi Y, Oza N, Akiyama T, Iwane S, Takahashi H, Yasutake T, Ozaki I, Fujimoto K.
  • Age-related fat deposition in multifidus muscle could be a marker for nonalcoholic fatty liver disease.; 2010年
    発表情報;  J Gastroenterol. 2010 Feb;45(2):218-24
    著者; Kitajima Y, Eguchi Y, Ishibashi E, Nakashita S, Aoki S, Toda S, Mizuta T, Ozaki I, Ono N, Eguchi T, Arai K, Iwakiri R, Fujimoto K.
  • Whole-body insulin sensitivity index is a highly specific predictive marker for virological response to peginterferon plus ribavirin therapy in chronic hepatitis C patients with genotype 1b and high viral load.; 2010年
    発表情報; Dig Dis Sci. 2010; 55(1):183-9.
    著者; Mizuta T, Kawaguchi Y, Eguchi Y, Takahashi H, Ario K, Akiyama T, Oza N, Otsuka T, Kuwashiro T, Yoshimura T, Hisatomi A, Ozaki I.
  • Evaluation of acoustic radiation force impulse elastography for fibrosis staging of chronic liver disease: a pilot study.; 2010年
    発表情報; Liver Int 2010; 30(4):538-45.
    著者; Takahashi H, Ono N, Eguchi Y, Eguchi T, Kitajima Y, Kawaguchi Y, Nakashita S, Ozaki I, Mizuta T, Toda S, Kudo S, Miyoshi A, Miyazaki K, Fujimoto K.
  • Efficacy and safety of radiofrequency ablation for elderly hepatocellular carcinoma patients.; 2010年
    発表情報; Hepatol Res. 2010; 40(10): 997-1005.
    著者;  Takahashi H, Mizuta T, Kawazoe S, Eguchi Y, Kawaguchi Y, Otuka T, Oeda S, Ario K, Iwane S, Akiyama T, Ozaki I, Fujimoto K.
  • Modulation of the transforming growth factor-β1-induced Smad phosphorylation by the extracellular matrix receptor β1 integrin.; 2009年
    発表情報; Int. J. Oncol. 2009, 35, 6, 1441-1447
    著者; Hamajima H, Ozaki1 I, Zhang H, Iwane S, Kawaguchi Y, Eguchi Y, Matsuhashi S, Mizuta1 T, Matsuzaki K, Fujimoto K.
  • Hepatitis C virus infection enhances insulin resistance induced by visceral fat accumulation.; 2009年
    発表情報; Liver Int. 2009,, 29, 2, 213-220
    著者; Eguchi Y, Mizuta T, Ishibashi E, Kitajima Y, Oza N, Nakashita S, Iwane S, Takahashi H, Akiyama T, Ario K, Kawaguchi Y, Yasutake T, Iwakiri R, Ozaki I, Hisatomi A, Eguchi T, Ono N, Fujimoto K.
  • 佐賀県におけるC型肝炎ウイルス抗体陽性者の推移:1992年から2006年までの肝検診の結果と今後の動向予測.; 2009年
    発表情報; 肝臓 2009, 50, 3, 122-131
    著者; 尾崎岩太, 川添聖治, 中山利浩、古賀満明、前山豊明、古賀義孝、江崎武春、寺山理津子、古賀小百合、中山稔、平井賢治、堺隆弘、山本匡介、水田敏彦.
  • Interaction between cytochrome P4501A2 genetic polymorphism and cigarette smoking on the risk of hepatocellular carcinoma in a Japanese population.; 2009年
    発表情報; Carcinogenesis 2009;, 30, 10, 1729-34
    著者; Imaizumi T, Higaki Y, Hara M, Sakamoto T, Horita M, Mizuta T, Eguchi Y, Yasutake T, Ozaki I, Yamamoto K, Onohara S, Kawazoe S, Shigematsu H, Koizumi S, Kuso S, and Tanaka K.
  • Eradication of hepatitis C virus by interferon improves whole-body insulin resistance and hyperinsulinaemia in patients with chronic hepatitis C.; 2009年
    発表情報; Liver Int. 2009;, 29, 6, 871-877
    著者; Kawaguchi Y, Mizuta T, Oza N, Takahashi H, Ario K, Yoshimura T, Eguchi Y, Ozaki I, Hisatomi A, Fujimoto K.
  • A pilot trial of body weight reduction for nonalcoholic fatty liver disease with a home-based lifestyle modification intervention delivered in collaboration with interdisciplinary medical staff.; 2009年
    発表情報;  J. Gastroenterol. 2009;, 44, 12, 1203-8
    著者; Oza N, Eguchi Y, Mizuta T, Ishibashi E, Kitajima Y, Horie H, Ushirogawa M, Tsuzura T, Nakashita S, Takahashi H, Kawaguchi Y, Oda Y, Iwakiri R, Ozaki I, Eguchi T, Ono N, Fujimoto K.
  • Case-control study on cigarette smoking and the risk of hepatocellular carcinoma among Japanese.; 2008年
    発表情報;  Cancer Sci, 99, 93-97
    著者; Hara M, Tanaka K, Sakamoto T, Higaki Y, Mizuta T, Eguchi Y, Yasutake T, Ozaki I, Yamamoto K, Onohara S, Kawazoe S, Shigematsu H, Koizumi S.
  • TGF-b and hepatocellular carcinoma: reply.; 2008年
    発表情報; Hepatology, 47, 1095-1096
    著者; Matsuzaki K, Ozaki I.
  • Waist circumference corrlates with hepatic fat accumulation in male Japanese patients with non-alcoholic fatty liver diseases, but not in females.; 2008年
    発表情報; J Gastroenterol Hepatol, 23, 908-913
    著者; Ishibashi E, Eguchi Y, Eguchi T, Matsunobu A, Oza N, Nakashita S, Kitajima Y, Kuroki S, Ozaki I, Kawaguchi Y, Ide Y, Yasutake T, Iwakiri R, Mizuta T, Ono N, Fujimoto K.
  • Case-control study on cigarette smoking and the risk of hepatocellular carcinoma among Japanese.; 2008年
    発表情報; Cancer Sci, 99, 93-97
    著者; Hara M, Tanaka K, Sakamoto T, Higaki Y, Mizuta T, Eguchi Y, Yasutake T, Ozaki I, Yamamoto K, Onohara S, Kawazoe S, Shigematsu H, Koizumi S.
  • Interaction between interleukin-1beta -31T/C gene polymorphism and drinking and smoking habits on the risk of hepatocellular carcinoma among Japanese.; 2008年
    発表情報; Cacner Lett, 271, 98-104
    著者; Sakamoto T, Higaki Y, Hara M, Ichiba M, Horita M, Mizuta T, Eguchi Y, Yasutake T, Ozaki I, Yamamoto K, Onohara S, Kawazoe S, Shigematsu H, Koizumi S, Tanaka K.
  • 抗ウイルス治療中のB型慢性肝炎における血中HBV-DNAの評価〜コバスTaqMan HBV「オート」による検討; 2008年
    発表情報; 肝臓, 49, 483-484
    著者; 中下俊哉, 江口有一郎, 高橋宏和, 大座紀子, 桑代卓也, 河口康典, 黒木茂高, 尾崎岩太, 水田敏彦, 小野尚文, 江口尚久, 藤本一眞.
  • 臍部CTにおける多裂筋CT値は非アルコール性脂肪性肝疾患における食事・運動療法の効果を反映するか; 2008年
    発表情報; 薬理と治療, 63, S235-S237
    著者; 北島陽一郎,江口有一郎,石橋絵理子,大座紀子.中下俊哉,水田敏彦,尾崎岩太,藤本一真.堀江弘子,後川美智子,小野尚文,江口尚久,青木茂久,戸田修二,新井康平.
  • 肝生検後35年経過して発症し、経カテーテル的肝動脈塞栓術によって門脈圧亢進が著名に改善した肝内動脈瘻の1例.; 2008年
    発表情報; 肝臓, 49, 506-511
    著者; 大座紀子, 水田敏彦, 江頭秀哲, 野尻洋一, 有尾啓介, 秋山巧, 高橋宏和, 河口康典, 江口有一郎, 尾崎岩太, 工藤祥, 藤本一眞.
  • Menatetrenoen, a vitamin K2 analogue, inhibits hepatocellular carcinoma cells by suppressing cyclin D1 expression through the NF-kB activation inhibition.; 2007年
    発表情報; Clin Cancer Res, 13, 2236-2245
    著者; Ozaki I, Zhang H, Mizuta T, Ide Y, Eguchi Y, Yasutake Y, Sakamaki T, Pestell RG, Yamamoto K.
  • High-dose vitamin E and C supplementation prevents ribavirin-induced hemolytic anemia in patients with hepatitis C.; 2007年
    発表情報; Hepatol Res, 37, 317-324
    著者; Kawaguchi Y, Mizuta T, Takahashi K, Iwane S, Ario K, Kawazoe H, Hamaoka K, Eguchi Y, Yasutake T, Shigematsu H, Kawazoe S, Fukushima N, Ozaki I, Fujimoto K.
  • Expression patterns of programmed cell death 4 protein in normal human skin and some representative skin lesions.; 2007年
    発表情報; Exp Dermatol, 16, 179-184
    著者; Matsuhashi S, Narisawa Y, Ozaki I, Mizuta T.
  • Radiofrequency ablation with the real-time virtual sonography system for treating hepatocellular carcinoma difficult to detect by ultrasonography.; 2007年
    発表情報; J Clin Biochem Nutr, 40, 66-72
    著者; Kawazoe H, Eguchi Y, Mizuta T, Yasutake T, Ozaki I, Shimonishi T, Miyazaki K, Tamai T, Kato A, Kudo S, Fujimoto K.
  • Inverse association between coffee drinking and the risk of hepatocellular carcinoma: a case-control study in Japan.; 2007年
    発表情報; Cancer Sci, 98, 214-218
    著者; Tanaka K, Hara M, Sakamoto T, Higaki Y, Mizuta T, Eguchi Y, Yasutake T, Ozaki I, Yamamoto K, Onohara S, Kawazoe S, Shigematsu H, Koizumi S.
  • 劇症型で発症し、不幸な転帰をとった遅発型オルニチントランスカルバミラーゼ欠損症の1例.; 2007年
    発表情報; 日消誌, 104, 1752-1757
    著者; 安武努、長友大輔、水田敏彦、江口有一郎、熊谷貴文、有尾啓介、尾崎岩太、久野健夫、藤本一眞.
  • Antifibrotic effects of hepatocyte growth factor on scleroderma fibroblasts and analysis of its mechanism.; 2006年
    発表情報; Mod Rheumatol, 16, 364-371
    著者; Sheriff-Tadano R, Ohta A, Morito F, Mitamura M, Haruta Y, Koarada S, Tada Y, Nagasawa K, Ozaki I.
  • hOOG1 Ser326Cys polymorphism and risk of hepatocellular carcinoma among Japanese.; 2006年
    発表情報; J Epidemiology, 16, 233-239
    著者; Sakamoto T, Higaki Y, Hara M, Ichiba M, Horita M, Mizuta T, Eguchi Y, Yasutake T, Ozaki I, Yamamoto K, Onohara S, Kawazoe S, Shigematsu H, Koizumi S, Tanaka K.
  • Involvement of programmed cell death 4 in transforming growth factor-b1-induced apoptosis in human hepatocellular carcinoma.; 2006年
    発表情報; Oncogene, 25, 6101-6112
    著者; Zhang H, Ozaki I, Mizuta T, Hamajima H, Yasutake T, Eguchi Y, Ideguchi H, Yamamoto K, Matsuhashi S.
  • Visceral fat accumulation and insulin resistance are important factors for non-alcoholic fatty liver disease.; 2006年
    発表情報; J Gastroenterol, 41, 462-469
    著者; Eguchi Y, Eguchi T, Mizuta T, Ide Y, Yasutake T, Iwakiri R, Hisatomi A, Ozaki I, Yamamoto K, Kitajima Y, Kawaguchi Y, Kuroki S, Ono N.
  • The effect of menatetrenone, a vitamin K2 analog, on recurrence and survival in patients with hepatocellular carcinoma after curative treatment: a pilot study; 2006年
    発表情報; Cancer, 106, 867-872
    著者; Mizuta T, Ozaki I, Eguchi Y, Yasutake T, Kawazoe S, Fujimoto K, Yamamoto K.
  • High serum leptin is an independent risk factor for non-response in patients with low viremia to antiviral treatment in chronic hepatitis.; 2006年
    発表情報; World J Gastroenterol, 12, 556-560
    著者; Eguchi Y, Mizuta T, Yasutake T, Hisatomi A, Iwakiri R, Ozaki I, Fujimoto K.
  • Influence of alcohol consumption and gene polymorphisms of ADH2 and ALDH2 on hepatocellular carcinoma in a Japanese population.; 2006年
    発表情報; Int J Cancer., 118, 1501-1507
    著者; Sakamoto T, Hara M, Higaki Y, Ichiba M, Hoirta M, Mizuta T, Eguchi Y, Yasutake T, Ozaki I, Yamamoto K, Onohara S, Kawazoe S, Shigematsu H, Koizumi S, Tanaka K.
  • Expression of programmed cell death 4 and its clinicopathological significance in human pancreatic cance; 2005年
    発表情報; Zhongguo Yi Xue Ke Xue Yuan Xue Bao, 27, 597-600
    著者; Ma G, Guo KJ, Zhang H, Ozaki I, Matsuhashi S, Zheng XY, Dong M.
  • “アメフラシ”の卵を生食後, 急性肝障害を来した1例.; 2005年
    発表情報; 肝臓, 46, 658-662
    著者; 有尾啓介, 水田敏彦, 八田美幸, 熊谷貴文, 河口康典, 江口有一郎, 安武努, 久富昭孝, 尾崎岩太, 藤本一眞.
  • 皮質盲による視力低下を来した肝性脳症の1例; 2004年08月
    発表情報; 肝臓, 45, 8, 423-427
    著者; 江口, 有一郎 / 岩根, 紳治 / 川副, 広明 / 小林, 由実 / 安武, 努 / 水田, 敏彦 / 尾崎, 岩太 / 藤本, 一眞 / 山本, 匡介
  • 超音波で同定困難な肝細胞癌の局所治療に対する「Real-time Virtual Sonography」併用RFAの経験; 2004年06月
    発表情報; 肝臓, 45, 6, 329-330
    著者; 江口, 有一郎 / 水田, 敏彦 / 川副, 広明 / 小林, 由実 / 安武, 努 / 尾崎, 岩太 / 松延, 亜紀 / 玉井, 努 / 加藤, 明 / 工藤, 祥 / 藤本, 一眞 / 山本, 匡介
  • 超音波にて同定困難な肝細胞癌の局所治療における仮想超音波断層画像併用CO_2動注造影エコーの有用性; 2004年02月
    発表情報; 肝臓, 45, 2, 127-128
    著者; 川副, 広明 / 水田, 敏彦 / 江口, 有一郎 / 小林, 由実 / 安武, 努 / 尾崎, 岩太 / 山本, 匡介 / 藤本, 一眞 / 加藤, 明 / 工藤, 祥
  • 救命し得た Vibrio vulnificus 敗血症の一例; 2004年
    発表情報; 臨床と研究, 81, 299-302
    著者; 小林由実,水田敏彦,安武努,川副広明,江口有一郎,尾崎岩大,久富昭孝,青木洋介,中島幹夫,山本匡介
  • Gene therapy for human α1-antitrypsin deficiency in an animal model using SV40-derived vectors.; 2004年
    発表情報; Gastroenterology, 127, 1222-1232
    著者; Duan Y, Wu J, Zhu J, Liu S, 0zaki I, Strayer DS, Zern MA.
  • Transforming growth factor-β1-induced apoptosis is blocked by β1-integrin-mediated mitogen-activated protein kinase activation in human hepatoma cells.; 2004年
    発表情報; Cancer Sci., 95, 878-886
    著者; Zhang H, Ozaki I, Mizuta T, Yoshimura T, Matsuhashi S, Eguchi Y, Yasutake T, Hisatomi A, Sakai T, Yamamoto K.
  • Loss of PDCD4 expression in human lung cancer correlates with tumour progression and prognosis; 2003年
    発表情報; JOURNAL OF PATHOLOGY, 200, 5, 640-646
    著者; Chen, Y / Knosel, T / Kristiansen, G / Pietas, A / Garber, M. E / Matsuhashi, S / Ozaki, I / Petersen, I
  • Correlations between trait anxiety, personality and fatigue. Study based on the Temperament and Character Inventory.; 2003年
    発表情報; J Psychosom Res., 55, 493-500
    著者; Jiang N, Sato T, Hara T,Takedomi Y,Ozaki I,Yamada S.
  • Induction of multiple matrix metalloproteinase genes in human hepatocenular carcinoma by hepatocyte growth factor via a transcription fador Ets-1.; 2003年
    発表情報; Hepatol Res, 27, 289-301
    著者; Ozaki I, Mizuta T, Zhao G, Zhang H, Yoshimura T, Kawazoe S, Eguchi Y, Yasutake T,Hisatomi A,Sakai T,Yamamoto K.
  • 大学生保護者のHIV/STDに関する意識調査.; 2003年
    発表情報; 日本エイズ学会雑誌, 5, 76-81
    著者; 武富弥栄子,尾崎岩太,山田茂人,濱野香苗,井上悦子,佐野雅之,只野寿太郎.
  • The Relationship between Insulin Resistance and Polymorphisms of the Endothelial Nitric Oxide Synthase Gene in Patients with Coronary Artery Disease; 2003年
    発表情報; JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS, 10, 1, 43-47
    著者; Yoshimura, T / Hisatomi, A / Kajihara, S / Yasutake, T / Ogawa, Y / Mizuta, T / Ozaki, I / Utsunomiya, T / Yamamoto, K
  • Mechanism of b1-integrin-mediated hepatoma cell growth involves p27 and S-phase kinase-associated protein 2; 2003年
    発表情報; HEPATOLOGY, 38, 2, 305-313
    著者; Zhang, H / Ozaki, I / Mizuta, T / Yoshimura, T / Matsuhashi, S / Hisatomi, A / Tadano, J / Sakai, T / Yamamoto, K

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • シクロスポリンの併用が有効と考えられた急性発症重症型自己免疫性肝炎の1例.; 2010年
    発表情報;  肝臓 2010; 51: 549-556.
    著者; 桑代卓也, 河口康典, 大枝敏, 大座紀子, 高橋宏和, 江口有一郎, 尾崎岩太, 水田敏彦.
  • ペグインターフェロンα2a単独投与中に多型紅斑型薬疹を生じたC型慢性肝炎に対し天然型インターフェロンα製剤の投与によりウイルス排除が得られた1例.; 2010年
    発表情報; 肝臓 2010: 51: 112-118.
    著者; 高橋宏和, 江口有一郎, 上村春子, 井上卓也, 大座紀子, 桑代卓也, 河口康典, 井手康史, 水田敏彦, 尾崎岩太, 副島真一郎, 藤本一眞.
  • 診療サポートメモ「C型肝炎:検診からインターフェロン治療へ」; 2006年
    発表情報; 佐賀市医師会報, 362, 8-9
    著者; 尾崎岩太
  • 佐賀県における肝疾患対策の取り組み.; 2006年
    発表情報; 唐津東松浦医師会だより, 271, 5-6
    著者; 尾崎岩太

一般講演(学術講演を含む)

  • 肝癌細胞においてBCAAはPKCsを介してYAPを抑制する; 2016年11月
    発表情報; 第39回日本分子生物学会年会
    著者; 
  • Control mechanisms of a tumor suppressor PDCD4; Degradation of the protein is controlled in both systems of proteasome and autophagy; 2016年11月
    発表情報; 
    著者; Matsuhashi S, Manirujjaman Md, Xia J, GuoJ, Kojima M, Tanaka K, Takahashi H, Nishioka K, Anzai K, Ozaki I.
  • 佐賀大学B型肝炎対策11年間のワクチン接種から~現状と課題~; 2016年08月
    発表情報; 第46回九州地区大学保健管理研究協議会
    著者; 
  • 職業性ストレス簡易調査からみた大学医学部職員の退職に関与する因子の検討.; 2016年05月
    発表情報; 大阪市 Campus Health プログラム, 第54回全国大学保健管理研究集会2016
    著者; 
  • Extracellular matrices impair the IFN-α signaling via the β1-integrin-mediated signaling.; 2016年02月
    発表情報; Tokyo (Japan). Hepatol Int (2016), Hepatol Int (2016) 10 (Suppl 1) 
    著者; Takuya Kuwashiro, Iwata Ozaki, Shinji Iwane, SachikoMatsuhashi, Hiroshi Isoda, Futa Koga, Taiga Otsuka, Yuichiro, Eguchi, Keizo Anzai
  • NASHにおけるGLP-1受容体作動薬の膵β細胞保護作用に関する検討.; 2015年12月
    発表情報; 第41回日本肝臓学会西部会 2015.12.3-4. 名古屋 肝臓 2015; 56(suppl 3): A987.
    著者; 小島基靖, 桑代卓也, 岡田倫明, 高橋宏和, 松田やおい, 尾崎岩太, 田中賢一, 荒木紀匡, 北島陽一郎, 小野尚文, 江口尚久, 小野正文, 兵庫秀幸, 江口有一郎, 安西慶三.
  • PDCD4 knockdown inhibits cell growth by inefering cell cycle regulators via upregulation of p21 expression in hepatoma cells.; 2015年12月
    発表情報; 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学学会大会合同大会 2015.12.1-4. 神戸 抄録集1P0133.
    著者; Guo J, Xia J, Kuwashiro T, Kojima M, Ozaki I, Anzai K, Matsuhashi S.
  • 職業性ストレス調査の有用性:佐賀大学医学部における結果から.; 2015年09月
    発表情報; 第53回全国大学保健管理研究集会 2015.9.9-10. 盛岡 プログラム・抄録集 p82 F1-6., 抄録集 p82 F1-6.
    著者; 尾崎岩太, 安田郁, 古川早苗, 武富弥栄子, 小川康子, 福島雅子, 木道圭子, 佐藤武, 市場正良. 
  • 職業性ストレス調査の有用性.; 2015年08月
    発表情報; 第45回九州地区大学保健管理研究協議会 2015.8.19-21. 鹿児島
    著者; 
  • 細胞外マトリックスは細胞接着シグナルを介してインターフェロンシグナルを抑制する; 2015年05月
    発表情報; 2015.5.21-22. 熊本, 肝臓2015: 56(Suppl 1): A541.
    著者; 桑代卓也, 尾崎岩太, 岩根紳治, 松橋幸子, 大塚大河, 江口有一郎, 安西慶三.
  • 一般市民向け公開講座のアンケートから得られた来場者の背景と来場者増加, ニーズ向上の課題.; 2015年05月
    発表情報; 第51回日本肝臓学会総会
    著者; 
  • 食事運動療法による脂肪肝改善に骨格筋脂肪が与える影響.; 2015年05月
    発表情報; 第51回日本肝臓学会総会 2015.5.21-22. 熊本 肝臓2015: 56(Supll 1): A324., 肝臓2015: 56(Supll 1)
    著者; 北島陽一郎, 高橋宏和, 辻千賀, 尾崎岩太, 小野尚文, 江口尚久, 江口有一郎, 安西慶三.
  • 早期肝細胞癌根治治療後のインターフェロンによる抗ウイルス療法.; 2015年
    発表情報; 
    著者; 窪津祥仁, 大塚大河, 荒木紀匡, 蒲池沙央里, 磯田広史, 中下俊哉, 江口有一郎, 尾崎岩太,安西慶三.
  • Mechanisms of PKC-mediated enhancement of HIF-1α activity and its inhibition by Vitamin K2 in Hepatocellular carcinoma cells 65th Annual meeting of the AASLD.; 2014年11月
    発表情報; , 59 (4) Suppl, 817A (#1283)
    著者; Xia J, Ozaki I, Matsuhashi S, Qi J, Iwane S, Takahashi H, Eguchi Y, Mizuta T, Anzai K.
  • BCAA(Branched Chain Amino Acids)はPDCD4がん抑制遺伝子の発現を上昇させる; 2014年
    発表情報; 第36回日本分子生物学会年会 2013.12.3-6 神戸 #1P-0500.
    著者; Qi JIngyan、高橋宏和、浜島弘史、夏 京合、水田敏彦、安西慶三、尾崎岩太、松橋幸子
  • Utility of ferritin to predict anti-tumor effects of sorafenib treatment for hepatocellular carcinoma base on the perspective of ferroptosis.; 2014年
    発表情報; ILCA 2014 8th Annual Conference 2014, 2014.09.5-7, Kyoto,, 186
    著者; Nakashita S, Otsuka T, Kubotsu Y, Araki N, Kamachi S, lsoda H, Ozaki T, Mizuta T, Eguchi Y, Anzai K.
  • NASHにおける膵β細胞機能低下は骨格筋を委縮させ肝線維化を進展させる; 2014年
    発表情報; , 第50回日本肝臓学会総会, 2014.05.29-30 東京 肝臓, 2014; 55(Suppl A): O-386.
    著者; 北島陽一郎、高橋宏和、荒木紀匡、尾﨑岩太、藤本一眞、安西慶三、小野尚文、江口尚久、江口有一郎、角田圭雄、兵庫秀幸
  • リラグルチドは「肝筋連関」に作用しNASH病態を改善する; 2014年
    発表情報; 第18回日本肝臓学会大会, 2014;55(Suppl B)
    著者; 北島陽一郎、高橋宏和、松田やよい、小島基靖、尾﨑岩太、小野尚文、江口尚久、兵庫秀幸、藤本一眞、安西慶三
  • 大学生におけるBurgada型心電図の予後判定因子について.; 2014年
    発表情報; 第52回全国大学保健管理研究集会 2014.9.2-3 東京, 抄録集 p40(A-4-2).
    著者; 
  • GLP-1受容体作動薬の非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)進展抑制効果; 2014年
    発表情報; 第87回日本内分泌学会学術総会 福岡, P2-27-3
    著者; 小島基靖、松田やよい、岡田倫明、桑代卓也、山口美幸、尾﨑岩太、江口有一郎、安西慶三
  • 細胞外マトリックスはインターフェロンシグナルを抑制する; 2014年
    発表情報; 第50回日本肝臓学会総会 2014.05.29-30 東京, 肝臓2014; 55(Suppl A):O-50
    著者; 桑代 卓也、尾崎 岩太、岩根 紳治、松橋 幸子、大塚 大河、江口 有一郎、安西 慶三
  • 肝炎ウイルス検査,精密検査,肝炎治療の意思決定には,かかりつけ医,家族・知人・職場の勧めが有効である; 2014年
    発表情報; 第50回日本肝臓学会総会2014.05.29-30 東京, 肝臓2014; 55(Suppl A):O-1, 55(Suppl A):O-1
    著者; 岡田倫明、古川尚子、大枝 敏、河口康典、尾﨑岩太、安西慶三、江口有一郎.
  • 肝癌細胞における腫瘍抑制遺伝子Programmed cell death4(PDCD4)の増殖因子特異的リン酸化による発現調節メカニズム; 2014年
    発表情報; 第50回日本肝臓学会総会2014.05.29-30 東京, 肝臓2014, 55(Suppl A):O-85
    著者; 尾崎岩太, 浜島弘史, XIA Jinghe, QI Jingyan, 安西慶三, 水田敏彦, 松橋幸子.
  • 佐賀大学におけるメンタルスクリーニングの現状と課題(過去10年間の取り組みについて); 2014年
    発表情報; 第44回九州地区大学保健管理研究協議会 2014.8.21-22 九州工業大学(北九州市)
    著者; 福島雅子, 小川康子, 永渕久子, 武富弥栄子, 古川早苗, 安田郁, 木道圭子, 尾崎岩太, 佐藤武.
  • 大学職員を対象としたスクリーニング面接の取り組み; 2014年
    発表情報; 第44回九州地区大学保健管理研究協議会 2014.8.21-22 九州工業大学(北九州市)
    著者; 安田郁, 武富弥栄子, 古川早苗, 尾崎岩太, 小川康子, 福島雅子, 木道圭子, 佐藤武.
  • 高度肥満症を有するNASH合併T2DMへのリラグルチドの多面的効果; 2014年
    発表情報; 第4回肥満と消化器疾患研究会 2014.05.28 東京
    著者; 北島陽一郎、江口有一郎、高橋宏和、松田やよい、小島基靖、尾﨑岩太、小野尚文、江口尚久、兵庫秀幸、藤本一眞、安西慶三
  • NASHにおける膵β細胞機能低下と肝線維化進展; 2014年
    発表情報; 第22回肝病態生理研究会2014.05.31 東京
    著者; 北島陽一郎、高橋宏和、荒木紀匡、尾﨑岩太、藤本一眞、安西慶三、小野尚文、江口尚久、江口有一郎、角田圭雄、兵庫秀幸
  • 細胞外マトリックスはNFkBシグナルを介してインターフェロンシグナルを抑制する; 2014年
    発表情報; 第21回肝細胞研究会 2014.06.27-28 東京, プログラム抄録集p6
    著者; 桑代卓也、尾﨑岩太、岩根紳治、松橋幸子、大塚大河、江口有一郎、安西慶三
  • Mechanisms of PKC-mediated enhancement of HlF-1α activity and its inhibition by Vitamin K2 in HCC cell; 2014年
    発表情報; 第21回肝細胞研究会 2014.06.27-28 東京 プログラム, プログラム抄録集p61
    著者; 夏 京合、尾﨑岩太、松橋幸子、Qi Jingyang、岩根紳治、高橋宏和、江口有一郎、水田敏彦、安西慶三
  • 学校における疾病予防と保健管理; 2014年
    発表情報; 平成25年度教員免許更新講習会. 2015.8.29 佐賀大学医学部(佐賀市)
    著者; 尾崎岩太
  • B型C型肝炎の最新治療; 2014年
    発表情報; 平成26年度鳥栖市健康大学 鳥栖市保健センター(鳥栖市) 2014.9.25
    著者; 尾崎岩太
  • 高度肥満症を有するNASH合併2型糖尿病へのリラグルチルドの多面効果; 2014年
    発表情報; 第29回日本糖尿病合併症学会 2014.10.3-4 東京
    著者; 北島陽一郎、江口有一郎、高橋宏和、小島基靖、辻 千賀、尾﨑岩太、小野尚文、江口尚久、兵庫秀幸、藤本一眞、安西慶三
  • 脈管浸潤を伴う肝細胞癌に対するソラフェニブ療法とリザーバー動注療法; 2014年
    発表情報; 第9回日本肝がん分子標的治療研究会2014.1.25 東京 抄録集PD-3
    著者; 中下俊哉、大塚大河、辻千賀、蒲池紗央里、井手康史、有尾啓介、江口有一郎、柳田公彦、川添聖治、尾崎岩太、水田敏彦.
  • Estimation of mean plasma glucose level using conventional glucose metabolism and hepatic function markers in patients with liver cirrhosis.; 2013年
    発表情報; APASL Liver Week2013.7.6-10 Singapore, Final program 254, 2013
    著者; Ide Y, Isoda H, Takahashi S, Iwane S, Nakashita S, Kamachi S, Kohira T, Anzai K, Ozaki I, Mizuta T.
  • Development of a formula for estimating the daily average plasma glucose concentration in patients with liver cirrhosis and its clinical application.; 2013年
    発表情報; 64th Annual meeting of the AASLD. 2013.11.1-11.5 Washington, DC. Hepatology 2013; 57 (4) Suppl. A (#1380), 201
    著者; Ide Y, Mizuta T, Isoda H, Otsuka T, Nakashita S, Kamachi S,Tsuji C, Anzai K, Ozaki I.
  • Body weight reduction by life-style intervention can improve early virologic responses of peginterferon/ribavirin therapy in chronic hepatitis C patients with insulin resistance: A randomized controlled trial.; 2013年
    発表情報; 64th Annual meeting of the AASLD. 2013.11.1-11.5 Washington, DC. Hepatology 2013; 57 (4) Suppl. A (#1916).
    著者; Iwane S, Mizuta T, Kawaguchi Y, Takahashi H, Oza N, Oeda S, Kuwashiro T, Isoda H, Eguchi Y, Ozaki I.
  • The impact of sarcopenia on the recurrence of hepatocellular carcinoma in HCV-related liver cirrhosis.; 2013年
    発表情報; 64th Annual meeting of the AASLD 2013.11.1-11.5 Washington, DC. Hepatology 2013; 57 (4) Suppl. A (#2169).
    著者; Kamachi S, Ide Y, Tsuji C, Nakashita S, Otsuka T, Eguchi Y, Ozaki I, Miyoshi A, Kitahara K, Mizuta T.
  • Whole-body insulin resistance and IL28B polymorphism are independent factors contributing to SVR in PEG/RBV of HCV-infected patients with genotype 1.; 2013年
    発表情報; APASL Liver Week 2013.7.6-10 Singapore Final program 143(P048), 2013.
    著者; Kawaguchi Y, Mizuta T, Eguchi Y, Kohira T, Kamachi S, Kuwashiro T, Oeda S, Nakashita S, Iwane S, Ide Y, Ozaki I.
  • Post-sorafenib therapies for patients with advanced hepatocellular carcinoma are effective.; 2013年
    発表情報; ILCA 2013 Seventh Annual Conference2013.9.13-15 Washington DC.
    著者; Kawazoe S, Tanaka K, Murayama K, Oza N, Akiyama T, Kumagai T, Araki N,Otsuka T, Ozaki I, Mizuta T.
  • Adjuvant effect of administration of vitamin K2 combined with sorafenib in subjects with advanced hepatocellular carcinoma.; 2013年
    発表情報; ILCA 2013 Seventh Annual Conference 2013.9.13-15 Washington DC.
    著者; Nakashita S, Otsuka T, Tsuji C, Kamachi S, Ide Y, Kawazoe S, Eguchi Y, Ozaki I, Mizuta T.
  • The increase in poor lifestyle factors is a risk for hepatocellular carcinoma in patients with hepatitis C virus infection.; 2013年
    発表情報; 48th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver 2013.4.24-28 Amsterdam PROGRAMME Abstract No 664 (Poster): 168, 2013.
    著者;  Oeda S, Eguchi Y, Kohira S, Kamachi S, Furukawa N, Kuwashiro T, Nakashita S, Iwane S, Ide Y, Kawaguchi Y, Noda T, Ozaki I, Mizuta T, Iwakiri R, Anzai K.
  • Muscle adiposity influences viral response to pegylated interferon plus ribavirin treatment in patients with genotype 1 chronic hepatitis C.; 2013年
    発表情報; 64th Annual meeting of the AASLD. 2013.11.1-11.5 Washington, DC. Hepatology 2013;57 (4) Suppl. A (#1951).
    著者; Okada M, Mizuta T, Kitajima Y, Kawaguchi Y, Iwane S, Ide Y, Eguchi Y, Anzai K, Ozaki I.
  • A scoring method for management of sorafenib after radiological progression in advanced hepatocellular carcinoma.; 2013年
    発表情報;  ILCA 2013 Seventh Annual Conference 2013.9.13-15 Washington DC.
    著者; Otsuka T, Yanagita K, Nakashita S, Ario K, Kawasoe H, Kawazoe S, Kitahara K, Kato H, Eguchi Y, Mizuta T (Saga Liver Cancer Study Groupo)
  • Mitogen- and phosphorylation site-specific degradation mechanisms of tumor suppressor PDCD4 in human HCC cells.; 2013年
    発表情報; 
    著者; Ozaki I, Hamajima H, Xia J, Qi J, Mizuta T, Anzai K, Matsuhashi S.
  • PDCD4 knockdown inhibits cell growth by interfering cell cycle regulators in hepatoma cells; 2013年
    発表情報; 第36回日本分子生物学会年会 2013.12.3-6 神戸 #1P-0498.
    著者; Guo J, Xia J, Qi J、Kuwashiro T, Mizuta T, Ozaki I, Anzai K, Matsuhashi S.
  • 骨格筋の脂肪化はC型肝癌の再発に関与する; 2013年
    発表情報; 第49回日本肝臓学会総会 2013.6.6-7 東京 肝臓 54: A244(O-270), 2013.
    著者; 蒲池紗央里、中下俊哉、小平俊一、岩根紳治、井手康史、北島陽一郎、江口有一郎、安西慶三、尾崎岩太、水田敏彦
  • HbA1cは血清ALT値ではなく肝の脂肪化と関連する.; 2013年
    発表情報; 第56回日本糖尿病学会年次学術集会 2013.5.16-18 熊本 糖尿病 56 Supplement 1: S44(III-P-368), 2013.
    著者; 北島陽一郎、江口有一郎、田中賢一、高橋宏和、水田敏彦、尾崎岩太、小野尚文、江口尚久、藤本一眞、安西慶三.
  • NASHにおける線維化進展と骨格筋面積との関連; 2013年
    発表情報; 第34回日本肥満学会 2013.10.11-12 東京 肥満研究 19 supplement: 185(P-060), 2013.
    著者; 北島陽一郎、江口有一郎、高橋宏和、水田敏彦、尾崎岩太、小野尚文、江口尚久、角田圭雄、兵庫秀幸、藤本一眞、安西慶三
  • C型慢性肝炎における肝硬度(ARFI)と耐糖能の関連; 2013年
    発表情報; 第17回日本肝臓学会大会 2013.10.9-11 東京 肝臓54:A632(肝P-345), 2013.
    著者; 小平俊一、井手康史、蒲池紗央里、中下俊哉、岩根紳治、河口康典、江口有一郎、尾崎岩太、水田敏彦.
  • 細胞外マトリックスはNFkBシグナルを介してインターフェロンシグナルに影響する.; 2013年
    発表情報;  第36回日本分子生物学会年会 2013.12.3-6 神戸 #2P-0755.
    著者; 桑代卓也、尾崎岩太、夏 京合、松橋幸子、岡田倫明、江口有一郎、水田敏彦、安西慶三.
  • がん抑制遺伝子PDCD4の過剰発現はがん細胞のアポトーシスを誘導するが正常細胞には無効か?; 2013年
    発表情報; 第36回日本分子生物学会年会 2013.12.3-6 神戸 #1P-0527.
    著者; 松橋幸子、岡田倫明、大内田守、夏 京合、水田敏彦、安西慶三、尾崎岩太.
  • 進行肝細胞癌に対する化学療法におけるビタミンK2のアジュバント効果.; 2013年
    発表情報; 第49回日本肝臓学会総会 2013.6.6-7 東京 肝臓 54: A117(O-15), 2013.
    著者; 中下俊哉、蒲池紗央里、小平俊一、岩根紳治、井手康史、大塚大河、江口有一郎、川添聖治、安西慶三、尾崎岩太、水田敏彦.
  • C型肝炎からの肝発癌における肥満の関与; 2013年
    発表情報; 第34回日本肥満学会 2013.10.11-12 東京 肥満研究 19 supplement: 151(O-067), 2013.
    著者; 大枝敏、河口康典、井手康史、大塚大河、尾崎岩太、江口有一郎、水田敏彦、安西慶三.
  • Protein kinase C(PKC)による低酸素誘導HIF-1誘導増強効果とVitamin K2による調節.; 2013年
    発表情報; 第49回日本肝臓学会総会 2013.6.6-7 東京 肝臓 54: A260(P-9), 2013.
    著者; Xia J、尾崎岩太、Qi J、桑代卓也、岩根紳治、井手康史、江口有一郎、水田敏彦、安西慶三、松橋幸子
  • Mechanisms of PKC-mediated enhancement of HIF-1alpha activity and its inhibition by Vitamin K2; 2013年
    発表情報; 第36回日本分子生物学会年会 2013.12.3-6 神戸 #3P-0480.
    著者; Xia J、Ozaki I、Matsuhashi S、Qi J、 Iwane S、Takahashi H、Eguchi Y, Mizuta T、Anzai K
  • PEG-IFN+RBVの2剤治療で治療可能な症例の選別とBCAAの併用効果について; 2013年
    発表情報; 第101回日本消化器病学会九州支部例会2013.6.21-22 北九州 プログラム・抄録集:83(S5-03), 2013
    著者; 岩根紳治、小平俊一、蒲池紗央里、岡田倫明、磯田広史、大枝敏、中下俊哉、河口康典、江口有一郎、尾崎岩太、水田敏彦
  • C型慢性肝炎に対するPEG-IFN/RBV/TVR三剤併用療法の成績―佐賀県多施設共同研究―; 2013年
    発表情報; 第40回日本肝臓学会西部会 2013.12.6-7 岐阜 肝臓54 supplement(3): A787(-127), 2013
    著者; 河口康典、井手康史、熊谷貴文、柳田公彦、安武努、大塚大河、江口有一郎、川添聖治、尾崎岩太、水田敏彦
  • NASHの線維化進展例では骨格筋が脂肪化し、骨格筋量は減少する; 2013年
    発表情報; 筋細胞内脂肪・筋面積のCT解析より 第40回日本肝臓学会西部会 2013.12.6-7 岐阜 肝臓54 supplement(3): A794(-142), 2013.
    著者; 北島陽一郎、江口有一郎、荒木紀匡、高橋宏和、水田敏彦、尾崎岩太、小野尚文、江口尚久、角田圭雄、兵庫秀幸、藤本一眞、安西慶三.
  • 持続血糖測定装置(CGMS)によりDPP-4阻害薬の有効性が確認された肝硬変合併2型糖尿病の一例; 2013年
    発表情報; 第101回日本消化器病学会九州支部例会 2013.6.21-22 北九州 プログラム・抄録集:152(専55), 2013.
    著者; 小平俊一、井手康史、蒲池紗央里、中下俊哉、岩根紳治、河口康典、江口有一郎、尾崎岩太、水田敏彦.
  • 肝癌の初回診断ステージには日常診療におけるウイルス性肝疾患のマネジメントが影響する; 2013年
    発表情報; 第40回日本肝臓学会西部会 2013.12.6-7 岐阜 肝臓54 supplement(3): A809(O-171), 2013.
    著者; 大枝敏、河口康典、辻千賀、蒲池紗央里、岡田倫明、桑代卓也。古川尚子、中下俊哉、井手康史、大塚大河、江口有一郎、水田敏彦、尾崎岩太、安西慶三
  • バレニクリン酒石酸塩による薬物性肝障害が疑われた1例; 2013年
    発表情報; 第302回日本内科学会九州地方会 2013.08.24 別府 抄録集: 43(消化器3), 2013.
    著者; 辻千賀、中下俊哉、蒲池紗央里、井手康史、大塚大河、江口有一郎、尾崎岩太、水田敏彦
  • 脾臓に単独転移を来たしたBudd-Chiari症候群関連肝細胞癌の一例; 2013年
    発表情報; 第40回日本肝臓学会西部会 2013.12.6-7 岐阜 肝臓54 supplement(3): A817(P-8), 2013.
    著者; 辻千賀、蒲池紗央里、中下俊哉、大枝敏、井手康史、大塚大河、河口康典、江口有一郎、尾崎岩太、水田敏彦
  • ソラフェニブの長期投与が可能であった肝細胞癌の2症例と長期投与に寄与する因子の検討; 2013年
    発表情報; 第102回日本消化器病学会九州支部例会 201311.8-9 宮崎 プログラム・抄録集 132(専55), 2013.
    著者; 辻千賀、蒲池紗央里、中下俊哉、岡田倫明、大枝敏、井手康史、大塚大河、河口康典、江口有一郎、尾崎岩太、水田敏彦
  • 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ+ビタミンK2併用療法; 2013年
    発表情報; 第7回日本肝がん分子標的治療研究会 2013.1.19 岐阜 プログラム・抄録集:95(35), 2013.
    著者; 中下俊哉、小平俊一、蒲池紗央里、岩根紳治、井手康史、大塚大河、江口有一郎、川添聖治、尾崎岩太、水田敏彦
  • TACE不応肝細胞癌に対するソラフェニブ療法; 2013年
    発表情報; 第8回日本肝がん分子標的治療研究会 2013.6.22 石川県(和倉温泉)プログラム・抄録集:87(22), 2013.
    著者; 中下俊哉、大塚大河、辻千賀、蒲池紗央里、井手康史、江口有一郎、川添聖治、尾崎岩太、水田敏彦
  • 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ治療におけるビタミンK2併用の効果; 2013年
    発表情報; 第49回日本肝癌研究会 2013.7.11-12 東京 プログラム・抄録集 248(P113): 2013.
    著者; 中下俊哉、小平俊一、蒲池紗央里、岩根紳治、井手康史、大塚大河、江口有一郎、川添聖治、尾崎岩太、水田敏彦
  • 肝炎治療推進の阻害要因とは?~佐賀大学肝臓相談センターの相談事例から~; 2012年02月
    発表情報; 日本医療マネジメント学会第10回佐賀支部学術集会 2012.2.4 (佐賀) 抄録集: 48.
    著者; 泉夏美、水田敏彦、尾崎岩太、江口有一郎、宮崎耕治
  • Lower levels of insulin resistance influence antiviral effect ofpeginterferon plus ribavirin in chronic hepatitis C virus (genotype 1) infection.; 2012年
    発表情報; The 22nd Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL2012) 2012.2.16-19 PROGRAM p109 (PP13-033)
    著者; Iwane S, Okada M, Isoda H, Nakashita S, Takahashi H, Eguchi Y, Ozaki I, Mizuta T.
  • Mean Accordion Index and Whole-body Insulin Sensitivity Index are highly specific predictive markers for SVR to peginterferon plus ribavirin therapy in HCV-infected patients with genotype 1b and high viral load.; 2012年
    発表情報; The 10th JSH Single Topic Conference –Hepatitis C: Best Practice Based on Science- 2012.11.21-11.22
    著者; Kawaguchi Y, Mizuta T, Eguchi Y, Kohira T, Kamachi S, Kuwashiro T, Oeda S, Nakashita S, Iwane S, Ide Y, Ozaki I.
  • Comparison of transarterial chemoembolization therapy using epirubicin, cisplatin, and miriplatin for treatment of hepatocellular carcinoma: a propensity score analysis.; 2012年
    発表情報; 6th ILCA Annual Conference 2012.9.14-16 Final program & Book of Abstracts, p84 (P-205), 2012
    著者; Kawazoe S, Murayama K, Araki N, AkiyamaT, OtsukaT, Fujimoto M, Ozaki I, Mizuta T
  • Serum derivatives of reactive oxidative metabolites as a predictor of viral relapse after interferon therapy for chronic hepatitis C.; 2012年
    発表情報; AASLD 63rd The Liver Meeting 2012. 2012.11.9-11.13 Hepatology 56 (4) Suppl. 691A (#1034), 2012
    著者; Takahashi H, Mizuta T, Eguchi Y, Iwane S, Kohira T, Isoda H, Okada M, Nakashita S, Ozaki I, Anzai K.
  • Histological steatohepatitis-like change in patients with persistent alanine aminotransferase elevation during pegylated interferon therapy for chronic hepatitis C.; 2012年
    発表情報; AASLD 63rd The Liver Meeting 2012. 2012.11.9-11.13 Hepatology 56 (4) Suppl. 692A (#1036), 2012
    著者; Takahashi H, Mizuta T, Eguchi Y, Iwane S, Nakashita S, Isoda H, Kohira T, Ozaki I, Anzai K
  • Vitamin K2 suppresses NF-κB activation by inhibiting PKC signaling pathways in human hepatocellular carcinoma cells. The 5th International Symposium for Future Technology Creating Better; 2012年
    発表情報; Human Health and Society 2012.3.15-16 Program p62 (P-1)
    著者; Xia J, Matsuhashi S, Hamajima H, Iwane S, Takahashi H, Mizuta T, Fujimoto K, Anzai K, Ozaki I.
  • 持続血糖測定装置(CGMS)を用いた肝硬変の糖代謝異常へのLESの効果の検討; 2012年
    発表情報; 第48回日本肝臓学会総会 2012.6.7-8(金沢) 肝臓 2012;53 suppl(1):A335(OWS-272). 持続血糖測定装置(CGMS)を用いた肝硬変の糖代謝異常へのLESの効果の検討
    著者; 磯田広史、岡田倫明、中下俊哉、高橋宏和、岩根紳治、江口有一郎、水田敏彦、尾崎岩太、安西慶三、藤本一眞.
  • インスリン抵抗性を指標としたPEG-IFN+RBVの2剤併用で治癒できる難治性C型慢性肝炎症例の抽出; 2012年
    発表情報;  第16回日本肝臓学会大会 2012.10.10-11(神戸) 肝臓 2012;53 Suppl(2): A690(肝P-58).
    著者; 岩根紳治、岡田倫明、磯田広史、中下俊哉、高橋宏和、河口康典、江口有一郎、尾崎岩太、水田敏彦
  • インスリン抵抗性を指標としたPEG-IFN+RBVの2剤併用で治癒可能な難治性C型慢性肝炎の選別; 2012年
    発表情報; 第48回日本肝臓学会総会 2012.6.7-8 (金沢) 肝臓 2012;53 supplement(1):A359(OWS-319)
    著者; 岩根紳治、水田敏彦、岡田倫明、磯田広史、中下俊哉、高橋宏和、江口有一郎、尾崎岩太、安西慶三
  • 大学病院の非専門診療科のスクリーニング検査で判明した「HCV抗体陽性」患者のマネジメントの現状; 2012年
    発表情報;  第48回日本肝臓学会総会 2012.6.7-8(金沢) 肝臓 2012;53 supplement(1):A525(OWS-284), 2012
    著者; 江口尚子、江口有一郎、尾崎岩太、水田敏彦、安西慶三、藤本一眞、宮崎耕治
  • 大学医学部における職場のストレス:職業性ストレス簡易調査からみえる実態.; 2012年
    発表情報; 第50回全国大学保健管理研究集会 2012.10.17-18(神戸) Campus Health 2012: 49(4); 117(L9)
    著者; 尾崎岩太, 武富野弥栄子, 古川早苗, 岩本幸子, 福島雅子, 木道圭子, 佐藤武, 市場正良.
  • 肝細胞癌でのNF-κB活性化におけるprotein kinase C isoformの役割; 2012年
    発表情報; 第48回日本肝臓学会総会 2012.6.7-8(金沢) 肝臓2012; 53 supplement(1):A231(OWS-63).
    著者; 尾崎岩太、夏京合、松橋幸子、斉ジンヤン、岩根紳治、高橋宏和、江口有一郎、水田敏彦
  • C型慢性肝炎患者における全身のインスリン抵抗性は血清AFP値に関与する; 2012年
    発表情報; 第54回日本消化器病学会大会 2012.10.10-13(神戸) 日本消化器病学会雑誌2012;109 Suppl: A704(消P-19)
    著者; 河口康典、水田敏彦、江口有一郎、岡田倫明、磯田広史、中下俊哉、高橋宏和、岩根紳治、尾崎岩太
  • 高齢者肝癌に対するsorafenib療法の安全性および有用性; 2012年
    発表情報;  第98回日本消化器病学会総会 2012.4.19-21(東京) 日本消化器病学会雑誌 2012;109 supplement: A258 (O-163)
    著者; 中下俊哉、岡田倫明、磯田広史、岩根紳治、高橋宏和、大塚大河、江口有一郎、川添聖治、尾崎岩太、水田敏彦
  • 肝細胞癌に対するソラフェニブ療法とリザーバー動注療法(New FP療法)に関する比較検討; 2012年
    発表情報; 第54回日本消化器病学会大会2012.10.10-13(神戸) 日本消化器病学会雑誌2012;109 Suppl: A718(消P-75)
    著者; 中下俊哉、岡田倫明、磯田広史、高橋宏和、岩根紳治、大塚大河、江口有一郎、川添聖治、尾崎岩太、水田敏彦
  • 肝癌細胞におけるがん抑制遺伝子、PDCD4の発現調節:PDCD4蛋白質分解の調節; 2012年
    発表情報;  第35回日本分子生物学会年会 2012.12.11-14 (福岡) プログラム 1P-0367.
    著者; 浜島弘史、尾崎岩太、夏京合、桑代卓也、斉婧言、水田敏彦、安西慶三、松橋幸子
  • Vitamin K2 inhibits HIF-1α activity by suppressing PKC-δ in normoxic but not hypoxic level in hepatocellular carcinoma cells.; 2012年
    発表情報; 第35回日本分子生物学会年会 2012.12.11-14 (福岡) プログラム 4P-0283.
    著者; Xia JingHe、尾崎岩太、松橋幸子、斉婧言、岩根紳治、高橋宏和、江口有一郎、水田敏彦、安西慶三
  • C型慢性肝炎に対しPEG-IFN+Rib併用療法中にANCA関連血管炎を発症した1例; 2012年
    発表情報; 第99回日本消化器病学会九州支部例会 2012.6.29-30 (佐賀) プログラム・抄録集:98(086).
    著者; 磯田広史、高橋宏和、岩根紳治、水田敏彦、尾崎岩太、安西慶三、藤本一眞
  • C型慢性肝炎に対するIFN治療効果にはインスリン抵抗性、内臓脂肪蓄積、骨格筋脂肪化が関連する; 2012年
    発表情報; 第99回日本消化器病学会九州支部例会 2012.6.29-30 (佐賀) プログラム・抄録集:102(W1-05).
    著者; 井手康史、河口康典、岡田倫明、小平俊一、蒲池紗央里、桑代卓也、大枝敏、中下俊哉、岩根紳治、江口有一郎、尾崎岩太、水田敏彦
  • 肝がん死亡率日本一の汚名返上のための肝疾患センターの取り組み−ヒューマンネットワークによる地域ぐるみの連携システム−; 2012年
    発表情報; 第99回日本消化器病学会九州支部例会 2012.6.29-30 (佐賀) プログラム・抄録集:109(専09).
    著者; 江口有一郎、尾崎岩太、河口康典、江口尚子、水田敏彦、安西慶三、藤本一眞、宮崎耕治
  • 甲状腺機能亢進症に慢性肝障害を合併した1例; 2012年
    発表情報; 第99回日本消化器病学会九州支部例会 2012.6.29-30 (佐賀) プログラム・抄録集:97(081).
    著者; 小平俊一、高橋宏和、中下俊哉、磯田広史、岩根紳治、水田敏彦、尾崎岩太、江口有一郎、安西慶三
  • 医学部女子学生のOC服用実態調査; 2012年
    発表情報; 第42回九州地区大学保健管理協議会 2012.8.22~24(福岡).
    著者; 武富弥栄子、岩本幸子、福島雅子、永渕久子、木道圭子、尾崎岩太、佐藤 武
  • テラプレビルによる3剤併用療法中に心タンポナーデを来したC型慢性肝炎の1例; 2012年
    発表情報; 第100回日本消化器病学会九州支部例会 2012.11.2-3 (鹿児島) プログラム・抄録集:158(研14)
    著者; 辻千賀、岩根紳治、蒲池紗央里、小平俊一、中下俊哉、長友大輔、井手康史、河口康典、江口有一郎、尾崎岩太、水田敏彦
  • 卵巣腫瘍加療中に発症した肝炎症性偽腫瘍の1例; 2012年
    発表情報;  第100回日本消化器病学会九州支部例会 2012.11.2-3 (鹿児島) プログラム・抄録集:155(研02)
    著者; 山口彩絵、中下俊哉、小平俊一、蒲池紗央里、岩根紳治、井手康史、河口康典、藤田愛、野口光代、江口有一郎、尾崎岩太、水田敏彦
  • 肝細胞癌に対するソラフェニブ療法とリザーバー動注療法(New FP療法)の治療効果に関する比較検討; 2012年
    発表情報; 第48回日本肝癌研究会 2012.720-21 (金沢) プログラム・抄録集 P122: 205.
    著者; 中下俊哉、岡田倫明、磯田広史、岩根紳治、高橋宏和、江口有一郎、尾崎岩太、水田敏彦
  • Vitamin K2のNF-B活性化抑制過程におけるprotein kinase C isoformの役割.; 2012年
    発表情報; 第15回Vitamin K & Aging研究会 2012.2.18. 経団連会館(東京)抄録集P12.
    著者; 尾崎岩太, 夏京合, 松橋幸子, 斉婧言, 岩根紳治, 高橋宏和, 水田敏彦
  • NASHにおける多裂筋面積と線維化進展との関連; 2012年
    発表情報; 第49回日本肝臓学会総会2013.6.6-7 東京 肝臓 54: A125(O-31), 2013.
    著者; 北島陽一郎、江口有一郎、田中賢一、高橋宏和、水田敏彦、尾崎岩太、小野尚文、江口尚久、角田圭雄、兵庫秀幸、藤本一眞、安西慶三.
  • Presence and severity of esophageal varices are associated with nonhemorrhagic death in patients with hepatocellular carcinoma. ; 2011年
    発表情報; 5th ILCA Annual Conference  2011, 9, 2-4( )  Final programme & Book of Abstracts: p47
    著者; Ario K, Mizuta T, Eguchi Y, Kawaguchi Y, Oza N, Akiyama T, Iwane S, Takahashi H, Yasutake T, Ozaki I, Koga M, Fujimoto K. 
  • The decrease of intra-muscular adipose tissue content is an independent target for treatment of nonalcoholic steatohepatitis/nonalcoholic fatty liver disease.; 2011年
    発表情報; 46th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver. 2011, 3, 30-4, 3( ). J Hepatol 2011; 54 suppl: S333
    著者; Eguchi Y, Kitajima Y, Ono M, Mizuta T, Ishibashi E, Ozaki I, Oda Y, Ono N, Eguchi T, Anzai K, Iwakiri R, Koizumi S, Fujimoto K.
  • Is it possible to get rid of the worst mortality rate of hepatocellular carcinoma in Japan? Evaluation of the effect of interferon therapy on patients with chronic hepatitis C for the prevention of HCC through cooperation among doctors with various specialists in the local medical association.; 2011年
    発表情報; APASL 2nd Hepatocellular Carcinoma Conference 2011, 12, 1-3( ). Final Program & Abstract Book: p27.
    著者; Hirai K, Ozaki I, Mizuta T, Maeyama T.
  • The advantage in long-term survival of radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma patients: Historical comparison with ethanol injection.; 2011年
    発表情報; Digestive Disease Week (DDW) 2011. 2011, 5, 7-10( ). Gastroenterology 140(suppl 1): S-925.
    著者; Oeda S, Mizuta T, Isoda H, Kuwashiro T, Iwane S, Kawaguchi Y, Ozaki I, Fujimoto K.
  • Serum derivatives of reactive oxidative metabolites as a predictor of response to interferon therapy for chronic hepatitis C.; 2011年
    発表情報; AASLD 62nd The Liver Meeting 2011. 2011, 11, 4-8(San Francisco). 2011, 11, 4-8. Hepatology 54(suppl): 851A.
    著者; Takahashi H, Mizuta T, Eguchi Y, Iwane S, Ozaki I, Fujimoto K.
  • Role of PKC isoforms and PKD1 in the inhibition of NF-κB activation by a vitamin K2 in human hepatocellular carcinoma cells.; 2011年
    発表情報; AASLD 62nd The Liver Meeting 2011(San Francisco). 2011, 11, 4-8. Hepatology 54(suppl):715A.
    著者; Xia HJ, Ozaki I, Matsuhashi S, Hamajima H, Iwane S, Takahashi H, Eguchi Y, Mizuta T.
  • Novel Protein kinase C(PKC) isoformによる腫瘍抑制遺伝子PDCD4の発現調節; 2011年
    発表情報; 第47回日本肝臓学会総会 ワークショップ13. 2011.6.2-3. ホテルグランパシフィック(東京)肝臓 2011; 52: suppl(1): A
    著者; 尾崎岩太、浜島弘、夏京合、高橋宏和、岩根紳治、河口康典、江口有一郎、松橋幸子、水田敏彦.
  • 佐賀県における肝炎ウイルスキャリアと助成制度によるウイルス肝炎治療状況.; 2011年
    発表情報; 第15回日本肝臓学会大会 パネルディスカッション5. 2011.10.20-21. 福岡国際会議場(福岡)肝臓 2011; 52 suppl(2): A520.
    著者; 尾崎岩太, 平井賢治, 水田敏彦.
  • やっぱり大事!職場のコミュニケーション – 医学部における疲労度調査から.; 2011年
    発表情報; 第41回九州地区大学保健管理協議会 2011.8.17-19. 久留米大学筑水会館(久留米)
    著者; 尾崎岩太、江口有一郎、江口尚子、武富弥栄子、古川早苗、木道圭子、福島雅子、永渕久子、佐藤武.
  • 2010年佐賀大学医学部キャンパスにおける百日咳流行について.; 2011年
    発表情報; 第49回全国大学保健管理研究集会 2011.11.9-10. 海峡メッセ下関(下関)Campus Health 2011; 48(3): 91.
    著者; 尾崎岩太, 原めぐみ, 武富弥栄子, 福岡麻美, 田代克弥, 木道圭子, 古川早苗, 福島雅子, 永渕久子, 佐藤武.
  • 分岐鎖アミノ酸は肝と骨格筋に作用し肝硬変の病態を改善する.; 2011年
    発表情報; 第15回日本肝臓学会大会. 2011, 10, 20-21(福岡) 肝臓52(suppl.2): A642.
    著者; 北島陽一郎,江口有一郎,磯田広史,石橋絵理子,桑代卓也,高橋宏和,水田敏彦,尾崎岩太,安西慶三,小野尚文,藤本一眞,秋山巧,川添聖治,角田圭雄.
  • 非アルコール性脂肪肝炎の進展と骨格筋脂肪化の関連.; 2011年
    発表情報; 第32回日本肥満学会( ). 2011, 9, 23-24. 日本肥満学会会誌 17(suppl): 162.
    著者; 北島陽一郎,江口有一郎,水田敏彦,磯田広史,岡田倫明,桑代卓也,高橋宏和,尾崎岩太,安西慶三,小野尚文,江口尚久,角田圭雄,木村友希,兵庫秀幸,藤本一眞.
  • 非アルコール性脂肪性肝疾患での骨格筋脂肪化進展と非侵襲的肝線維化予測モデルとの関連.; 2011年
    発表情報; 第47回日本肝臓学会総会 2011, 6, 2-3. 肝臓 52(suppl 1): A187.
    著者; 北島陽一郎,江口有一郎,水田敏彦,磯田広史,岡田倫明,桑代卓也,高橋宏和,尾崎岩太,安西慶三,小野尚文,江口尚久,角田圭雄,木村友希,兵庫秀幸,小泉俊三,藤本一眞.
  • がん抑制遺伝子,PDCD4をノックダウンすると肝癌細胞のアポトーシスを誘導する.; 2011年
    発表情報; 第34回日本分子生物学会年会 2011, 12, 13-16.
    著者; 松橋幸子,夏京合,薦田洋,高橋宏和,岩根紳治,水田敏彦,安西慶三,藤本一眞,尾崎岩太.
  • C型慢性肝炎に対するインターフェロン治療における内臓脂肪蓄積の意義.; 2011年
    発表情報; 第32回日本肥満学会 2011, 9, 23-24. 日本肥満学会会誌 17(suppl): 162.
    著者; 水田敏彦,岡田倫明,岩根紳治,高橋宏和,江口有一郎,磯田広史,中下俊哉,尾崎岩太,藤本一眞.
  • 内臓脂肪蓄積はC型慢性肝炎に対するPEG-IFN+RBV治療の抗ウイルス効果に影響を与える; 2011年
    発表情報; 第15回日本肝臓学会大会 2011, 10, 20-21. 肝臓52(suppl.2): A658.
    著者; 岡田倫明,高橋宏和,岩根紳治,桑代卓也,磯田広史,大枝敏,中下俊哉,江口有一郎,尾崎岩太,水田敏彦.
  • C型慢性肝炎に対するIFN治療における酸化ストレスマーカーd-ROMS測定の意義.; 2011年
    発表情報; 第97回日本消化器病学会総会. 2011, 5, 13-15. 日本消化器病学会雑誌 108(supplt):A232.
    著者; 高橋宏和,江口有一郎,水田敏彦,岩根紳治,桑代卓也,大枝敏,磯田広史,河口康典,和泉賢一,安西慶三,尾崎岩太,藤本一眞.
  • 消化器がんの浸潤・転移とがん抑制遺伝子、PDCD4の機能.; 2011年
    発表情報; 第22回日本消化器癌発生学会総会 2011, 11, 25-26. プログラム・抄録集:56.
    著者; 高橋宏和,柿本隆志,白石良介,岩切龍一,藤本一眞,浜島弘史,岩根紳治,水田敏彦,尾崎岩太,松橋幸子.
  • 酸化ストレスマーカーを用いたC型慢性肝炎に対するインターフェロン療法の効果予測.; 2011年
    発表情報; 第47回日本肝臓学会総会 2011, 6, 2-3. 肝臓 52(suppl 1): A202.
    著者; 高橋宏和,水田敏彦,岩根紳治,江口有一郎,磯田広史,桑代卓也,大枝敏,河口康典,和泉賢一,安西慶三,尾崎岩太,藤本一眞.
  • 短期間で2度C型急性肝炎を発症した一例.; 2011年
    発表情報; 第97回日本消化器病学会総会 2011, 5, 13-15. 日本消化器病学会雑誌 108(supplt):A246.
    著者; 竹下枝里,磯田広史,岩根紳治,桑代卓也,大枝敏,河口康典,江口有一郎,水田敏彦,尾崎岩太,藤本一眞.
  • Kuroda S, Ozaki I. Role of PKC isoforms in the inhibition of NF-κB activation by a vitamin K2 in human hepatocell; 2011年
    発表情報; 第34回日本分子生物学会年会 2011, 12, 13-16. プログラム: 358
    著者; Xia J, Matsuhashi S, Hamajima H, Iwane S, Takahashi H, Mizuta T, Fujimoto K,
  • PEG-IFNα2a/Ribavirin併用療法中に急激な血小板減少を来したC型慢性肝炎の1例.; 2011年
    発表情報; 第97回日本消化器病学会九州支部例会. 2011, 6, 24-25. プログラム・抄録集: 177.
    著者; 荒木紀匡,磯田広史,桑代卓也,大枝敏,高橋宏和,岩根紳治,江口有一郎,水田敏彦,尾崎岩太,藤本一眞.
  • Wilson病に認めた肝細胞癌の1例.; 2011年
    発表情報; 第98回日本消化器病学会九州支部例会 2011, 11, 18-19. プログラム・抄録集: 174.
    著者; 荒木紀匡,磯田広史,岡田倫明,中下俊哉,高橋宏和,岩根紳治,江口有一郎,水田敏彦,尾崎岩太,藤本一眞.
  • インスリン抵抗性を示すC型慢性肝炎に対する食事・運動療法の有用性.; 2011年
    発表情報; 第98回日本消化器病学会九州支部例会. 2011, 11, 18-19. プログラム・抄録集: 96(シンポジウム)
    著者; 岩根紳治,河口康典,岡田倫明,磯田広史,中下俊哉,高橋宏和,江口有一郎,尾崎岩太,水田敏彦.
  • かかりつけ医におけるC型慢性肝炎に対するインターフェロン治療の現状; 2011年
    発表情報; 第39回日本肝臓学会西部会. 2011, 12, 9-10. 肝臓52(suppl.3): A919.
    著者; 岡田倫明,小野尚史,磯田広史,中下俊哉,江口有一郎,水田敏彦,尾崎岩太,江口尚久,藤本一眞.
  • ピルフェニドンによる薬物性肝障害の一例.; 2011年
    発表情報; 第98回日本消化器病学会九州支部例会. 2011, 11, 18-19. プログラム・抄録集: 171.
    著者; 横尾摩耶,岡田倫明,田代宏樹,磯田広史,中下俊哉,高橋宏和,岩根紳治,高橋浩一郎,尾崎岩太,水田敏彦,藤本一眞.
  • 肝細胞癌の予後における食道静脈瘤の意義について-RFA治療症例の予後因子、死因分析より-; 2011年
    発表情報; 第47回日本肝癌研究会. 2011, 7, 28-29. プログラム・抄録集: 267
    著者; 有尾啓介,水田敏彦,江口有一郎,河口康典,大座紀子,秋山巧,岩根紳治,高橋宏和,安武努,尾崎岩太,藤本一眞,古賀満明.
  • 1型高ウイルス量C型慢性肝炎に対するPEG-IFN+RBV治療における性差の解析―インスリン抵抗性と内臓脂肪蓄積の関連について―.; 2011年
    発表情報; 第7回消化器病における性差医学・医療研究会. 2011, 7, 23. プログラム・抄録集: P-28
    著者; 岡田倫明,岩根紳治,高橋宏和,磯田広史,中下俊哉,江口有一郎,尾崎岩太,水田敏彦.
  • C型慢性肝炎における皮下・内臓脂肪細胞径の意義.; 2011年
    発表情報; 第8回酸化ストレスと肝研究会. 2011, 11, 27.
    著者; 高橋宏和,江口有一郎,岩根紳治,中下俊哉,磯田広史,岡田倫明,和泉賢一,蘆田健二,水田敏彦,安西慶三,尾崎岩太,戸田修二,藤本一眞.
  • C型肝炎の線維化進展例における高血糖発現の機序.; 2011年
    発表情報; 第13回肝不全治療研究会 2011, 9, 16. プログラム・抄録集: P‐18.
    著者; 高橋宏和,水田敏彦,江口有一郎,岩根紳治,岡田倫明,磯田広史,和泉賢一,蘆田健二,安西慶三,尾崎岩太.
  • Excessive visceral fat accumulation plays both roles as the first and second hit in the pathogenesis and progression of nonalcoholic fatty liver disease.; 2010年
    発表情報; 45th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver 2010.4.14-18 Vienna, Austria Journal of Hepatology, 52 (Supplement No 1), S144 (P-346), 2010
    著者; E Ishibashi, Y Eguchi, T Mizuta, Y Kitajima, Y Kawaguchi, T Kuwashiro, Matsunaga Y, Y Oda, I Ozaki, K Anzai, R Iwakiri, N Ono, T Eguchi, S Koizumi, K Fujimoto
  • Regulation of tumor suppressor programmed cell death 4 (PDCD4) by protein kinase C isoforms in human hepatocellular carcinoma cells.; 2010年
    発表情報; 4th ILCA Annual Conference 2010.9.10-12 Montreal, Canada Final programme & Book of Abstracts, p35 (P-056), 2010
    著者; H Hamajima, I Ozaki, S Iwane, H Takahashi, X Jinghe, Y Kawaguchi, Y Eguchi, S Matsuhashi, T Mizuta, K Fujimoto
  • Differences in survival prognosis in patients with hepatocellular carcinoma according to treatment era.; 2010年
    発表情報; 4th ILCA Annual Conference 2010.9.10-12 Montreal, Canada Final programme & Book of Abstracts, p69 (P-179), 2010
    著者; T Kuwashiro, H Isoda, S Oeda, S Iwane, Y Kawaguchi, Y Eguchi, I Ozaki, T Mizuta
  • Good survival prognosis in overweight hepatocellular carcinoma patients.; 2010年
    発表情報; 4th ILCA Annual Conference 2010.9.10-12 Montreal, Canada Final programme & Book of Abstracts, p71 (P-185), 2010
    著者; S Oeda, H Isoda, T Kuwashiro, S Iwane, Y Kawaguchi, Y Eguchi, I Ozaki, T Mizuta
  • Novel protein kinase C (PKC) isoforms PKC-δ and ε promote degradation of tumor suppressor programmed cell death 4 (PDCD4) in human hepatoma cells.; 2010年
    発表情報; AASLD 61th The Liver Meeting 2010. 2010.10.29-11.2 Boston, MA Final program, p155 (#569), 2010
    著者; Iwata Ozaki, Hiroshi Hamajima, Jinghe Xia, Hirokazu Takahashi, Shinji Iwane, Yasunori Kawaguchi, Yuichiro Eguchi, Sachiko Matsuhashi, Toshihiko Mizuta
  • Whole-body insulin sensitivity is strongly associated with serum alpha-fetoprotein levels in patients with chronic hepatitis C.; 2010年
    発表情報; AASLD 61th The Liver Meeting 2010. 2010.10.29-11.2 Boston, MA Final program, p174 (#748), 2010
    著者; Yasunori Kawaguchi, Toshihiko Mizuta, Hiroshi Isoda, Takuya Kuwashiro, Satoshi Oeda, Shinji Iwane, Hirokazu Takahashi, Yuichiro Eguchi, Iwata Ozaki
  • Visceral adiposity influences the antiviral effect of pegylated interferon plus ribavirin treatment for refractory chronic hepatitis C.; 2010年
    発表情報; AASLD 61th The Liver Meeting 2010. 2010.10.29-11.2 Boston, MA Final program, p196 (#926), 2010
    著者; Toshihiko Mizuta, Yasunori Kawaguchi, Yuichiro Eguchi, Hirokazu Takahashi, Shinji Iwane, Takuya Kuwashiro, Satoshi Oeda, Hiroshi Isoda, Iwata Ozaki
  • An insulin resistance (IR)-oriented intervention program for chronic hepatitis C (CHC) patients can improve the virologic response to pegylated interferon (PEG-IFN) plus ribavirin (RBV) therapy: a prospective study.; 2010年
    発表情報; AASLD 61th The Liver Meeting 2010. 2010.10.29-11.2 Boston, MA Final program, p199 (#949), 2010
    著者; Toshihiko Mizuta, Yasunori Kawaguchi, Yuichiro Eguchi, Hirokazu Takahashi, Shinji Iwane, Takuya Kuwashiro, Satoshi Oeda, Hiroshi Isoda, Iwata Ozaki
  • Data mining revealed clinical feature profiling associated with staging of non HBV- and non HCV-related hepatocellular carcinoma.; 2010年
    発表情報; AASLD 61th The Liver Meeting 2010. 2010.10.29-11.2 Boston, MA Final program, p296 (#1828), 2010
    著者; Takumi Kawaguchi, Hiroshi Yatsuhashi, Hiroshi Watanabe, Hideki Saitsu, Kazuhiko Nakao, Akinobu Taketomi, Satoshi Ohta, Akinari Tabaru, Kenji Takenaka, Toshihiko Mizuta, Kenji Nagata, Yasuji Komorizono, Kunitaka Fukuizumi, Masataka Seike, Shuichi Matsumoto, Tatsuji Maeshiro, Hirohito Tsubouchi, Toyokichi Muro, Osami Inoue, Mutoo Akahashi, Michio Sata
  • Whole-body insulin sensitivity index is a useful predictive marker for recurrence of hepatocellular carcinoma after curative treatment.; 2010年
    発表情報; 18th UEGW2010. 2010.10.23-27 Barcelona, Spain GUT 59 supplement III, A130 (P0118), 2010
    著者; T Akiyama, T Mizuta, S Kawazoe, H Takahashi, S Nakashita, M Fujimoto, T Otsuka
  • Efficacy of transcatheter arterial chemoembolization therapy using CDDP in iodinized oil for treatment of hepatocellular carcinoma: comparison with epirubicin regimens.; 2010年
    発表情報; 18th UEGW2010. 2010.10.23-27 Barcelona, Spain GUT 59 supplement III, A209 (P0499), 2010
    著者; S Kawazoe, S Nakashita, T Akiyamam, T Otsuka, M Fujimoto, I Ozaki, T Mizuta
  • Insulin resistance is a main exacerbated factor of health-related quality of life (QOL) in chronic hepatitis C patients.; 2010年
    発表情報; 18th UEGW2010. 2010.10.23-27 Barcelona, Spain GUT 59 supplement III, A323 (P1077), 2010
    著者; T Kuwashiro, T Mizuta, H Isoda, S Oeda, S Iwane, Y Kawaguchi, Y Eguchi, I Ozaki, K Fujimoto
  • Metabolic diseaseとしてのC型肝炎に対する生活習慣への介入効果; 2010年
    発表情報; 第107回日本内科学会総会 2010.4.9-11 東京 日本内科学会雑誌 99 supplement:25(124)
    著者; 河口康典,水田敏彦,江口有一郎,尾崎岩太
  • 非アルコール性脂肪性肝疾患患者に対する食事運動療法前後の鉄代謝の変動; 2010年
    発表情報; 第96回日本消化器病学会総会 2010.4.22-24 新潟 日本消化器病学会雑誌 107 supplement: A227(085), 2010
    著者; 大座紀子,水田敏彦,藤本一眞,石橋絵理子,北島陽一郎,桑代卓也,大枝敏,高橋宏和,河口康典,小野尚文,江口尚久,尾崎岩太,江口有一郎
  • Insulin resistance-oriented intervention programにより難治性C型慢性肝炎のPEG-IFN+ribavirin治療効果は改善する; 2010年
    発表情報; 第46回日本肝臓学会総会 2010.5.27-28 山形 肝臓 51suppl(1):A158(O-77), 2010
    著者; 水田敏彦,河口康典,江口有一郎,大座紀子,大枝敏,桑代卓也,尾崎岩太
  • PEG-IFN/Ribavirin併用療法の副作用の推移-PEG-IFNα2aとPEG-IFNα2bの比較; 2010年
    発表情報; 第46回日本肝臓学会総会 2010.5.27-28 山形 肝臓 51suppl(1):A236(O-233), 2010
    著者; 磯田広史,江口有一郎,河口康典,水田敏彦,尾崎岩太,江口尚久,小野尚文,藤本一眞
  • トランスアミナーゼ上昇を特定健診の質問表から抽出する-「体重増加」・「早食い」は非アルコール性脂肪性肝疾患を疑う; 2010年
    発表情報; 第46回日本肝臓学会総会 2010.5.27-28 山形 肝臓 51suppl(1):A389(P-240), 2010
    著者; 江口有一郎,水田敏彦,石橋絵理子,北島陽一郎,堀江弘子,高橋宏和,副島修,吉岡経明,松永諭,河口康典,尾崎岩太,小野尚文,江口尚久,小泉俊三,藤本一眞
  • 内臓肥満に影響する食習慣-男性は「早食い」,女性は「早食い・ドカ食い・ながら食い」; 2010年
    発表情報; 第31回日本肥満学会 2009.10.1-2 前橋 肥満研究16 Supplement:136(O-086), 2010
    著者; 副島修,江口有一郎,水田敏彦,堀江弘子,北島陽一郎,黒木茂高,尾崎岩太,安西慶三,小野尚文,江口尚久,小田康友,江村正,小泉俊三,藤本一眞
  • 血清ALT値は血清脂質と内臓脂肪蓄積に影響を受けている; 2010年
    発表情報; 第31回日本肥満学会 2009.10.1-2 前橋 肥満研究16 Supplement:178(P-179), 2010
    著者; 磯田広史,江口有一郎,水田敏彦,堀江弘子,北島陽一郎,黒木茂高,尾崎岩太,安西慶三,小野尚文,江口尚久,小泉俊三,藤本一眞
  • 細胞接着分子β1-インテグリンによる増殖因子のシグナル伝達への関与の解析; 2010年
    発表情報; 第14回日本肝臓学会大会2010.10.13-14 横浜 肝臓51 Supplement(2):A509(肝W15-5), 2010
    著者; 岩根紳治,尾崎岩太,藤本一眞
  • 非アルコール性脂肪性肝炎の進展と骨格筋脂肪化との臓器関連; 2010年
    発表情報; 第14回日本肝臓学会大会2010.10.13-14 横浜 肝臓51 Supplement(2):A553(肝P-109), 2010
    著者; 北島陽一郎,江口有一郎,磯田広史,石橋絵理子,大座紀子,桑代卓也,大枝敏,高橋宏和,河口康典,水田敏彦,尾崎岩太,安西慶三,小野尚文,江口尚久,小泉俊三,藤本一眞,角田圭雄
  • 非アルコール性脂肪性肝疾患に対する食事運動療法における臨床検査値の改善に要する時間的差異; 2010年
    発表情報; 第14回日本肝臓学会大会2010.10.13-14 横浜 肝臓51 Supplement(2):A556(肝P-122), 2010
    著者; 江口有一郎,水田敏彦,北島陽一郎,石橋絵理子,大座紀子,高橋宏和,桑代卓也,大枝敏,河口康典,尾崎岩太,安西慶三,小野尚文,江口尚久,藤本一眞,小泉俊三
  • インスリン感受性良好な難治性C型慢性肝炎(genotype 1bかつ≧5.0logIU/ml)に対するペグインターフェロンα2a,リバビリン併用療法の効果; 2010年
    発表情報; 第14回日本肝臓学会大会2010.10.13-14 横浜 肝臓51 Supplement(2):A592(肝P-267), 2010
    著者; 河口康典,水田敏彦,桑代卓也,大枝敏,大座紀子,江口有一郎,尾崎岩太
  • 「生存年齢」からみた肝細胞癌の予後の検討; 2010年
    発表情報; 第14回日本肝臓学会大会2010.10.13-14 横浜 肝臓51 Supplement(2):A618(肝P-371), 2010
    著者; 大枝敏,桑代卓也,大座紀子,河口康典,江口有一郎,尾崎岩太,水田敏彦
  • 時代的変遷からみた肝細胞癌治療と予後の変化; 2010年
    発表情報; 第14回日本肝臓学会大会2010.10.13-14 横浜 肝臓51 Supplement(2):A619(肝P-376), 2010
    著者; 桑代卓也,大枝敏,大座紀子,河口康典,江口有一郎,尾崎岩太,水田敏彦
  • 1型高ウイルス量C型慢性肝炎に対するPEG-IFNα-2a/Ribavirin併用療法の治療成績-多施設共同研究-; 2010年
    発表情報; 第14回日本肝臓学会大会2010.10.13-14 横浜 肝臓51 Supplement(2):A539(肝P-53), 2010
    著者; 藤崎邦夫,水田敏彦,梶原英二,杉和洋,中尾一彦,坪内博仁
  • PKC-εノックダウンによるヒト肝がん細胞の増殖抑制; 2010年
    発表情報; 第33回日本分子生物学会年会 2010.12.7-10 神戸 プログラムp***(4P-0396)
    著者; 夏 京合,尾崎 岩太,浜島 弘史,高橋 宏和,岩根 紳治,河口 康典,水田 敏彦,藤本 一真,松橋 幸子
  • C型慢性肝疾患における生活習慣是正の重要性; 2010年
    発表情報; 第95回日本消化器病学会九州支部例会(消PD2-3) 2010.6.18-19 北九州
    著者; 河口康典,水田敏彦,江口有一郎,尾崎岩太
  • ステロイド先行インターフェロン療法にて良好な治療効果が得られたHCV-RNA陽性自己免疫性肝炎の2症例; 2010年
    発表情報; 第95回日本消化器病学会九州支部例会(消160) 2010.6.18-19 北九州
    著者; 大枝敏,桑代卓也,大座紀子,河口康典,江口有一郎,尾崎岩太,水田敏彦
  • 胃全摘後に発症したNASHの1例; 2010年
    発表情報; 第95回日本消化器病学会九州支部例会(消167) 2010.6.18-19 北九州
    著者; 磯田広史,江口有一郎,河口康典,尾崎岩太,水田敏彦,小野尚文,江口尚久,藤本一眞
  • ミグリトールにより脂肪肝の改善がみられた2型糖尿病合併脂肪性肝炎の一例; 2010年
    発表情報; 第95回日本消化器病学会九州支部例会(研50) 2010.6.18-19 北九州
    著者; 樋高秀憲,桑代卓也,大枝敏,大座紀子,河口康典,江口有一郎,尾崎岩太,水田敏彦,藤本一眞
  • C型急性肝炎の2例; 2010年
    発表情報; 第290回日本内科学会九州地方会 2010.8.28 佐賀
    著者; 井上周,桑代卓也,磯田広史,大枝敏,岩根紳治,河口康典,江口有一郎,水田敏彦,尾崎岩太,藤本一眞
  • 胆管空腸吻合術後繰り返す胆管炎に合併した肝炎症性偽腫瘍の一例; 2010年
    発表情報; 第96回日本消化器病学会九州支部例会 2010.11.12-13 沖縄 プログラム・抄録集:p166 (専37), 2010
    著者; 岡田倫明,小野尚文,磯田広史,江口有一郎,尾崎岩太,水田敏彦,江口尚久,藤本一眞
  • C型慢性肝炎に対するPeg-IFN+Ribavirin併用療法中に抑うつ状態を呈し,IFNβ+Ribavirin併用療法に変更し治療継続できた2症例; 2010年
    発表情報; 第96回日本消化器病学会九州支部例会 2010.11.12-13 沖縄 プログラム・抄録集:p189 (研60), 2010
    著者; 横尾麻耶,磯田広史,江口有一郎,大枝敏,桑代卓也,岩根紳治,河口康典,水田敏彦,尾崎岩太,小野尚文,江口尚久,中山真一,藤本一眞
  • 特異な超音波所見を呈したガス産生菌による肝膿瘍の一例; 2010年
    発表情報; 第96回日本消化器病学会九州支部例会 2010.11.12-13 沖縄 プログラム・抄録集:p189 (研92), 2010
    著者; 井上佳奈子,岩根紳治,磯田広史,桑代卓也,大枝敏,河口康典,江口有一郎,尾崎岩太,水田敏彦
  • 非アルコール性脂肪性肝疾患における血清トランスアミナーゼ値の意義-メタボリックシンドロームの動脈硬化危険因子との関連-.; 2009年10月
    発表情報; 第13回日本肝臓学会大会 2009.10.14-15 京都. 肝臓50 Supplement(2):A534(肝P-202)
    著者; 江口有一郎,水田敏彦,藤本一眞,石橋絵理子,北島陽一郎,尾崎岩太,小野尚文,江口尚久.
  • C型慢性肝炎患者におけるALT値にはインスリン感受性とともに性差・加齢が影響する。; 2009年
    発表情報; 肝臓, 49, A297
    著者; 高橋宏和、水田敏彦、石橋絵理子、大座紀子、秋山巧、河口康典、江口有一郎、尾崎岩太.
  • Body mass index influences onset age and prognosis of hepatocellular in patients with chronichapatitis C.; 2009年
    発表情報; ILCA’s Third Annual Conference 2009.9.4-6 Milano, Italy. Books of abstract:p39(P-083), 39-39
    著者; Akiyama T, Mizuta T, Kawazoe S, Takahashi H, Otsuka T, Eguchi Y, Kawaguchi Y, Keisuke Ario K, Ozaki I.
  • 減量による非アルコール性脂肪性肝疾患の肝脂肪化の改善は血清アミノトランスフェラーゼ低下率で予測が可能である.; 2009年
    発表情報; 第95回日本消化器病学会総会 2009.5.7-5.9 札幌. 日本消化器病学会雑誌 106 Supplement:A208(233), 208-233
    著者; 江口有一郎,水田敏彦,藤本一真,石橋絵理子,中下俊哉,尾崎岩太,小野尚文,江口尚久.
  • がん抑制タンパク質Programmed cell death 4(PDCD4)のPKCによる調節.; 2009年
    発表情報; 第32回日本分子生物学会年会 2009.12.9-12 横浜. プログラムp723(3P-0490), 723-723
    著者; 浜島弘史,岩根紳治,夏京合,河口康典,江口有一郎,水田敏彦,藤本一眞,尾崎岩太,松橋幸子.
  • Modulation of transforming growth factor-beta1-induced Smad phosphorylation by extracellular matrix receptor beta1-integrin.; 2009年
    発表情報; ILCA’s Third Annual Conference 2009.9.4-6 Milano, Italy. Books of abstract: p29 (P-042)
    著者; Hamajima H, Ozaki I, Iwane S, Takahashi H, Kawaguchi Y, Eguchi Y, Matsuhashi S, Mizuta T, Fujimoto K.
  • 若年者に発症し急速に増悪した多発肝腫瘍の一例.; 2009年
    発表情報; 第94回日本消化器病学会九州支部例会(研72) 2009.11.27-28 熊本
    著者; 井上周,大座紀子,桑代卓也,大枝敏,河口康典,江口有一郎,尾崎岩太,水田敏彦.
  • Serum triglyceride level as a metabolic risk factor was independently associated with serum aminotransferase level in nonalcoholic fatty liver disease patients with central obesity.; 2009年
    発表情報; 44th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver 2009.4.22-26 Copenhagen, Denmark Journal of Hepatology 50(supplement No.1): S362 (p-998), 2009, 998-998
    著者; Ishibashi E, Eguchi Y, Mizuta T, Kitajima Y, Oza N, Nakashita S, Matsunobu A, Takahashi H, Kawaguchi Y, Ozaki I, Iwakiri R, Eguchi T, Ono N, Fujimoto K.
  • The change in serum aminotransferase level achieved by weight reduction predicts the improvement of liver steatosis in patients with nonalcoholic fatty liver disease.; 2009年
    発表情報; 44th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver 2009.4.22-26 Copenhagen, Denmark Journal of Hepatology 50(supplement No.1): S360 (p-992), 2009, 992-992
    著者; Ishibashi E, Eguchi Y, MizutaT, Kitajima Y, Oza N, Nakashita S, Matsunobu A,. Takahashi H, Kawaguchi Y, Ozaki I, Iwakiri R, Eguchi T, Ono N, Fujimoto K.
  • 非アルコール性脂肪性肝疾患における血清ALT値の意義―メタボリック症候群との関連―.; 2009年
    発表情報; 第30回日本肥満学会 2009.10.9-10 浜松. 肥満研究15 Supplement:186(O-072), 2009.
    著者; 磯田広史,江口有一郎,水田敏彦,石橋絵理子,北島陽一郎,大座紀子,高橋宏和,尾崎岩太,江口尚久,藤本一眞.
  • バルプロ酸により高アンモニア血症を認めたC型慢性肝炎の1例.; 2009年
    発表情報; 第93回日本消化器病学会九州支部例会(研30) 2009.6.19-20 福岡
    著者; 岩崎めぐみ,高橋宏和,岡田竜一郎,大座紀子,桑代卓也,河口康典,江口有一郎,水田敏彦,尾崎岩太,藤本一眞.
  • インスリン抵抗性を示すC型慢性肝炎患者に対する生活習慣への介入がペグインターフェロン/リバビリン併用療法の効果に与えるインパクト.; 2009年
    発表情報; 第13回日本肝臓学会大会 2009.10.14-15 京都. 肝臓50 Supplement(2):A535(肝P-127), 2009
    著者; 河口康典,水田敏彦,福山惠,松田野利子,桑代卓也,大座紀子,高橋宏和,江口有一郎,尾崎岩太,小野尚文,藤本一眞.
  • Long-term results of multiple needle insertion radiofrequency thermal ablation technique for large hepatocellular carcinoma.; 2009年
    発表情報; ILCA’s Third Annual Conference 2009.9.4-6 Milano, Italy. Books of abstract: p57 (P-158)
    著者; Kawazoe S, Nakashita T, Akiyama T, Ario K, Otsuka T, Ozaki I, Mizuta T.
  • 非アルコール性脂肪性肝疾患のインスリン抵抗性改善には内臓脂肪減量と筋脂肪化軽減が重要である.; 2009年
    発表情報; 第30回日本肥満学会 2009.10.9-10 浜松. 肥満研究15 Supplement:159(O-017), 200
    著者; 北島陽一郎,江口有一郎,磯田広史,石橋絵理子,堀江弘子,後川美智子,尾崎岩太,水田敏彦,江口尚久,藤本一眞.
  • C型慢性肝炎患者のQOLに寄与する因子の検討.; 2009年
    発表情報; 第95回日本消化器病学会総会 2009.5.7-5.9 札幌. 日本消化器病学会雑誌 106 Supplement: A279 (520), 2009
    著者; 桑代卓也,水田敏彦,尾崎岩太,江口有一郎,河口康典,高橋宏和,大座紀子.
  • 高齢者肝細胞癌におけるラジオ波焼灼術後生存に寄与する因子の検討.; 2009年
    発表情報; 第13回日本肝臓学会大会 2009.10.14-15 京都. 肝臓50 Supplement(2):A571(肝P-272), 2009
    著者; 桑代卓也,高橋宏和,大枝敏,大座紀子,秋山巧,有尾啓介,大塚大河,河口康典,江口有一郎,川添聖治,水田敏彦,尾崎岩太,藤本一眞.
  • アルコール性肝硬変を背景とした肝細胞癌の1例.; 2009年
    発表情報; 第286回日本内科学会九州地方会(消化器2.127) 2009.8.22 鹿児島
    著者; 三根正,大枝敏,桑代卓也,大座紀子,河口康典,江口有一郎,尾崎岩太,水田敏彦.
  • 非アルコール性脂肪性肝疾患における血清トランスアミナーゼ値の意義―メタボリックシンドロームとの関連の検討―.; 2009年
    発表情報; 第52回日本糖尿病学会年次学術集会 2009.5.21-24 東京. 糖尿病 52 Supplement 1: S-283 (III-P-249), 2009
    著者; 水田敏彦,江口有一郎,石橋絵理子,尾崎岩太,吉村達,久富昭孝.
  • リバビリン・インターフェロン併用療法によるC型慢性肝炎治療における溶血性貧血のビタミンEによる抑制; 2009年
    発表情報; 第12回Vitamin E Update Forum 2009.8.31 東京
    著者; 水田敏彦,河口康典,高橋宏和,岩根紳治,有尾啓介,川副広明,江口有一郎,安武努,福島範子,川添聖治,尾崎岩太.
  • Plummer-Vinson症候群に合併した原発性胆汁性肝硬変の一例; 2009年
    発表情報; 第38回日本肝臓学会西部会 2009.12.4-5 米子. 肝臓 50: suppl. A806 (P-113), 2009
    著者;  岡田倫明,大座紀子,高橋宏和,中馬隆広,桑代卓也,河口康典,江口有一郎,尾崎岩太,水田敏彦,藤本一眞.
  • C型慢性肝炎患者のインスリン抵抗性に性差が与える影響; 2009年
    発表情報; 第5回消化器病における性差医学・医療研究会 2009.7.25 大阪
    著者; 岡田倫明,高橋宏和,桑代卓也,大枝敏,大座紀子,河口康典,江口有一郎,尾崎岩太,水田敏彦.
  • 自己免疫性肝炎発症を契機に肝不全を呈した3症例の検討.; 2009年
    発表情報; 第38回日本肝臓学会西部会 2009.12.4-5 米子. 肝臓 50: suppl. A802 (P-105), 2009
    著者; 大枝敏,河口康典,桑代卓也,大座紀子,高橋宏和,岩根紳治,江口有一郎,尾崎岩太,水田敏彦.
  • A prospective pilot trial of body weight reduction for nonalcoholic fatty liver disease with a home-based lifestyle modification intervention.; 2009年
    発表情報; EASL Special Conference-NAFLD/NASH and Related Metabolic Disease- 2009.9.24-26 Bologna, Italy. Poster:257
    著者; Oza N, Eguchi Y, Ishibashi E, Kitajima Y, Horie H, Ushirogawa M, Nakashita S, Takahashi H, Isoda H, Kawaguchi Y, Ozaki I, Ono N, Iwakiri R, Mizuta T, Eguchi T, Fujimoto K.
  • 非アルコール性脂肪性肝疾患に対する減量治療の継続を困難にする要因の検討; 2009年
    発表情報; 第95回日本消化器病学会総会 2009.5.7-5.9 札幌. 日本消化器病学会雑誌 106 Supplement: A209 (237), 2009
    著者; 大座紀子,江口有一郎,石橋絵理子,北島陽一郎,中下俊哉,松延亜紀,高橋宏和,河口康典,水田敏彦,尾崎岩太,小野尚文,江口尚久,藤本一真.
  • アイエーコールⓇ動注と5-FU全身投与併用が奏功した高度進行肝細胞癌の1例.; 2009年
    発表情報; 第45回日本肝癌研究会 2009.7.3-4 福岡. プログラム・抄録集 P-301 (385)
    著者; 大座紀子,水田敏彦,桑代卓也,高橋宏和,河口康典,江口有一郎,尾崎岩太.
  • 肝細胞癌におけるがん抑制遺伝子PDCD4のprotein kinase C (PKC)による発現調節; 2009年
    発表情報; 第5回広島肝臓プロジェクト研究センターシンポジウム 2009.7.24 広島
    著者; 尾崎岩太,浜島弘史,夏京合,岩根紳治,河口康典,江口有一郎,松橋幸子,水田敏彦
  • 佐賀県における肝炎診療ネットワークとインターフェロン治療助成状況.; 2009年
    発表情報; 第13回日本肝臓学会大会2009.10.14-15 京都. 肝臓50 Supplement(2):A486(肝W7-2), 2009
    著者; 尾崎岩太,平井賢治,水田敏彦.
  • 肝癌細胞におけるVitamin K2によるNF-κB活性化抑制機序:Protein kinase Cによる調節.; 2009年
    発表情報;  第45回日本肝臓学会総会 2009.6.4-5 神戸. 肝臓 50 Supplement (1): A171(O-95), 2009
    著者; 尾崎岩太,夏京合,浜島弘史,岩根紳治,松橋幸子,河口康典,江口有一郎,水田敏彦.
  • Modulation of transforming growth factor-β1-induced Smad phosphorylation by extracellular matrix receptor β1-integrin leads to epithelial-to-mesenchymal transitions of hepatoma cells.; 2009年
    発表情報; AASLD 60th The Liver Meeting 2009. 2009.10.30-11.3 Boston, MA. Hepatology 50(4): suppl 621A(672), 2009
    著者;  Ozaki I, Hamajima H, Iwane S, Xia J, Kawaguchi Y, Eguchi Y, Matsuhashi S, Mizuta T.
  • 佐賀大学新入生における感染症抗体価の推移.; 2009年
    発表情報; 第47回全国大学保健管理研究集会. 2009.9.16-17(札幌)Campus Health 2009; 46(3): 67.
    著者; 尾崎岩太、武富弥栄子、塚本祐子、木道圭子、福島雅子、永渕久子、佐藤武.
  • Glucose intolerance is an independent risk factor for development of hepatocellular carcinoma in patients with chronic hepatitis C.; 2009年
    発表情報; ILCA’s Third Annual Conference 2009.9.4-6 Milano, Italy. Books of abstract: p8 (O-007)
    著者; Takahashi H, Mizuta T, Kuwashiro T, Oeda S, Ooza N, Hamajima H, Kawaguchi Y, Eguchi Y, Ozaki I, Fujimoto K.
  • C型慢性肝炎に対するPEG-IFN製剤投与中におけるALT持続異常例の病理学的検討.; 2009年
    発表情報; 第45回日本肝臓学会総会 2009.6.4-5 神戸肝臓 50 Supplement (1): A141(O-36), 2009
    著者; 高橋宏和,水田敏彦,桑代卓也,大座紀子,河口康典,岩根紳治,松延亜紀,尾崎岩太,藤本一眞.
  • 自己免疫性肝炎の経過中に発症した薬物性肝障害の1例; 2009年
    発表情報; 第286回日本内科学会九州地方会(消化器1.124) 2009.8.22 鹿児島
    著者; 田中格子,桑代卓也,河口康典,大枝敏,大座紀子,江口有一郎,尾崎岩太,水田敏彦,藤本一眞.
  • Involvement of PKC-activating NF-B pathway inhibition in the hepatocellular carcinoma growth suppression by menatetrenone, a vitamin K2 analogue.; 2009年
    発表情報; BIT Life Sciences’ 2nd Annual World Cancer Congress 2009 2009.6.22-25 Beijing Poster:533, 2009
    著者; Xia J, Matsuhashi S, Zhang H, Ide Y, Mizuta T, Fujimoto K, Ozaki I.
  • Menatetrenone, a vitamin K2 analogue inhibits NF-κB activation via the inhibition of PKC activation in human hepatocellular carcinoma cells.; 2009年
    発表情報; 第32回日本分子生物学会年会 2009.12.9-12 横浜. プログラムp723(3P-0489)
    著者; 夏京合,松橋幸子,Zhang H,岩根紳治,浜島弘史,水田敏彦,藤本一眞,尾崎岩太
  • 佐賀県肝炎ウイルス検診15年の結果からみた今後の動向予測と対策; 2008年
    発表情報; 肝臓, 49, A153
    著者; 尾崎岩太,平井賢治,水田敏彦
  • C型慢性肝炎はウイルス排除によりインスリン過分泌と全身的インスリン抵抗性が改善する; 2008年
    発表情報; 糖尿病, 51, S334
    著者; 水田敏彦,河口康典,吉村達,江口有一郎,高橋宏和,秋山巧,大座紀子,尾崎岩太,久富昭孝
  • 腫瘍抑制遺伝子Programmed cell death 4 (PDCD4) のProtein kinase C (PKC)による調節; 2008年
    発表情報; 肝臓, 49, A352
    著者; 尾崎岩太,浜島弘史,中島麻友美,夏京合,河口康典,江口有一郎,松橋幸子,水田敏彦
  • HCV感染は全身のインスリン抵抗性およびインスリン過分泌を惹起する; 2008年
    発表情報; 肝臓, 49, A214
    著者; 河口康典,水田敏彦,大座紀子,秋山巧,高橋宏和,江口有一郎,尾崎岩太
  • 脂肪性肝疾患における多裂筋脂肪化と肝機能およびインスリン抵抗性との関連について; 2008年
    発表情報; 肥満研究, 14, S188
    著者; 北島陽一郎,江口有一郎,石橋絵理子,堀江弘子,後川美智子,水田敏彦,尾崎岩太,久富昭孝,江口尚久,藤本一眞
  • 鶏の生食が原因と思われた集団食中毒について; 2008年
    発表情報; Campus Health, 45, 3, 76
    著者; 木道圭子, 福島雅子, 永渕久子, 武富弥栄子, 尾崎岩太, 佐藤武
  • Role of PKC in the inhibition of NF-kappaB activation by menatetrenone, a vitamin K2 analogue in human hepatocellular carcinoma cells.; 2008年
    発表情報; BMB2008 program
    著者; Xia J, Matsuhashi S, Zhang H, Ide Y, Hamajima H, Mizuta T, Fujimoto K, Ozaki I
  • PKCδによるProgramed cell death 4 (PDCD4)のタンパク質レベルでの調節; 2008年
    発表情報; BMB2008 Program
    著者; 浜島弘史,岩根紳治,張浩,河口康典,江口有一郎,松橋幸子,藤本一眞,水田敏彦,尾崎岩太
  • インテグリン過剰発現系を用いた細胞接着シグナル解析:Smadシグナルに対する修飾機構; 2008年
    発表情報; BMB2008 Program
    著者; 尾崎岩太,浜島弘史,岩根紳治,張浩,河口康典,江口有一郎,松橋幸子,水田敏彦
  • インテグリンによるインターフェロン/JAK-STAT Pathwayの制御; 2008年
    発表情報; BMB2008 Program
    著者; 岩根紳治,浜島弘史,張浩,河口康典,江口有一郎,松橋幸子,水田敏彦,藤本一眞,尾崎岩太
  • Visceral fat accumulation and insulin resistance are risk factors for increase in ALT in chronic hepatitis C in males but not in females.; 2008年
    発表情報; Gastroenterology, S1929
    著者; Matsunobu A, Eguchi Y, Ishibashi E, Oza N, Kitajima Y, Iwane S, Akiyama T, Ario K, Yasutake T, Iwakiri R, Ozaki I, Mizuta T, Fujimoto K
  • Minimal visceral fat accumulation is a prerequisite for a persistent normal serum ALT level in chronic hepatitis C patients.; 2008年
    発表情報; Gastroenterology, S2065
    著者; Oza N, Eguchi Y, Nakashita S, Ishibashi E, Eguchi T, Matsunobu A, Kitajima Y, Kuroki S, Ozaki I, Kawaguchi Y, Ide Y, Yasutake T, Iwakiri R, Mizuta T, Ono N, Fujimoto K
  • Waist circumference correlates with hepatic fat accumulation in male Japanese patients with nonalcoholic fatty liver disease, but not in females.; 2008年
    発表情報; Gastroenterology, M1766
    著者; Oza N, Ishibashi E, Eguchi Y, Nakashita S, Eguchi T, Matsunobu A, Kitajima Y, Kuroki S, Ozaki I, Kawaguchi Y, Ide Y, Yasutake T, Iwakiri R, Mizuta T, Ono N, Fujimoto K
  • Evaluation of radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma in elderly patients.; 2008年
    発表情報; Gut, Gut, 57, A88
    著者; Takahashi H, Mizuta T, Kawazoe S, Otsuka T, Ario K, Oza N, Akiyama T, Iwane S, Kawaguchi Y, Eguchi Y, Ozaki I, Fujimoto K
  • Gender and aging influence the association between serum aminotransferase levels and systemic insulin sensitivity in patients with chronic hepatitis C.; 2008年
    発表情報; Gut, 57, A292
    著者; Takahashi H, Mizuta T, Eguchi Y, Ishibashi E, Oza N, Iwane S, Akiyama T, Ide Y, Kawaguchi Y, Ozaki I, Fujimoto K
  • Pivotal role of protein kinase C (PKC)-δ in the regulation of tumor suppressor programmed cell death 4 (PDCD4) in human hepatocellular carcinoma cells.; 2008年
    発表情報; Hepatology, 48, 4, 412
    著者; Hamajima H, Ozaki I, Iwane S, Xia H-J, Kawaguchi Y, Eguchi Y, Matsuhashi S, Mizuta T
  • Age and gender affected the relationship between visceral fat and hepatic fat accumulation in patients with nonalcoholic fatty liver disease.; 2008年
    発表情報; Hepatology, 48, 4, 1149
    著者; Eguchi Y, Mizuta T, Ishibashi E, Oza N, Takahashi H, Nakashita S, Kitajima Y, Kawaguchi Y, Iwakiri R, Ono N, Eguchi T, Ozaki I, Fujimoto K
  • Hepatitis C virus infection enhances insulin resistance induced by visceral fat accumulation.; 2008年
    発表情報; Hepatology, 48, 4, 1075
    著者; Eguchi Y, Mizuta T, Ishibashi E, Eguchi T, Matsunobu A, Oza N, Nakashita S, Kitajima Y, Takahashi H, Kawaguchi Y, Iwakiri R, Ozaki I, Ono N, Fujimoto K
  • Modulation of TGF-β1-induced Smad signaling by ECM receptor β1-integrin.; 2008年
    発表情報; The 28th Sapporo Cancer Seminar International Symposium
    著者; Hamajima H, Ozaki I, Zhang H, Ide Y, Kawaguchi Y, Eguchi Y, Matsuhashi S, Mizuta T
  • 佐賀県における肝炎ウイルス感染者の推移:佐賀県肝検診の結果から.; 2007年12月
    発表情報; 第37回日本肝臓学会西部会(長崎)
    著者; 尾崎岩太、河口康典、江口有一郎、平井賢治、山本匡介、水田敏彦.
  • Whole body, not only liver, insulin sensitivity is strongly associated with an early and sustained virologic response to peg-interferon plus ribavirin treatment in patients with chronic hepatitis C genotype 1b and high viral load.; 2007年11月
    発表情報; Whole body, not only liver, insulin sensitivity is strongly associated with an early and sustained virologic response to peg-interferon plus ribavirin treatment in patients with chronic hepatitis C genotype 1b and high viral load. (Boston)
    著者; Mizuta T, Eguchi Y, Kawaguchi Y, Ario K, Takahashi H, Iwane S, Oza N, Ozaki I.
  • Eradication of HCV by interferon leads to improvements in whole-body insulin sensitivity.; 2007年11月
    発表情報; 58th Annual Meeting of the American Association of the Study of the Liver Diseases.(Boston)
    著者; Kawaguchi Y, Mizuta T, Eguchi Y, Yasutake T, Ario K, Takahashi H, Iwane S, Ozaki I.
  • 大学医学部職員の勤務状況―疲労蓄積度調査から.; 2007年10月
    発表情報; 第45回全国大学保健管理研究集会(大分)
    著者; 尾崎岩太, 武富弥栄子, 長澤宣之, 黒岩淑子, 江村正, 市場正良, 岡崎幸生, 十時忠秀, 福島雅子, 永渕久子, 木道圭子, 佐藤武.
  • C型慢性肝炎の進展およびIFN治療効果における全身的インスリン抵抗性の重要性.; 2007年10月
    発表情報; 第11回日本肝臓学会大会(神戸)
    著者; 水田敏彦, 江口有一郎, 有尾啓介, 安武努, 岩根紳冶, 秋山巧, 尾崎岩太.
  • 肥満とRA系降圧剤は肝癌治療の予後に影響を与える.; 2007年10月
    発表情報; 第11回日本肝臓学会大会 (神戸)
    著者; 有尾啓介, 水田敏彦, 秋山巧, 岩根紳冶, 江口有一郎, 安武努, 尾崎岩太, 藤本一眞.
  • 細胞外マトリックス受容体インテグリンを介した肝癌細胞の増殖制御.; 2007年05月
    発表情報; 第43回日本肝臓学会総会(東京)
    著者; 尾崎岩太、浜島弘史、張浩、井手康史、江口有一郎、安武努、水田敏彦.
  • 血清ALT値正常C型慢性肝炎患者は内臓脂肪蓄積が少ない.; 2007年05月
    発表情報; 第43回日本肝臓学会総会(東京)
    著者; 大座紀子, 石橋絵理子, 水田敏彦, 江口有一郎, 安武努, 岩根紳冶, 秋山巧, 有尾啓介, 尾崎岩太, 藤本一眞.
  • 肝癌に対するラジオ波治療の予後因子の検討-特に生活習慣の関与について; 2007年05月
    発表情報; 第43回日本肝臓学会総会
    著者; 有尾啓介, 水田敏彦, 岩根紳冶, 秋山巧, 江口有一郎, 安武努, 尾崎岩太, 藤本一眞.
  • 高ウイルス量のC型慢性肝炎ウイルスに対するリバビリン併用IFN-β短期連日投与の検討.; 2007年04月
    発表情報; 第93回日本消化器病学会総会(青森)
    著者; 有尾啓介, 水田敏彦, 河口康典, 松延亜紀, 大座紀子, 秋山巧, 岩根紳冶, 安武努, 江口有一郎, 尾崎岩太, 小野尚文, 江口尚久, 藤本一眞.
  • 化学療法時の予防的ラミブジン投与終了後にB型肝炎急性増悪を認めた一例.; 2007年04月
    発表情報; 第93回日本消化器病学会総会(青森)
    著者; 岩根紳冶, 江口有一郎, 秋山巧, 有尾啓介, 安武努, 尾崎岩太, 水田敏彦, 藤本一眞.
  • Inhibition of MMPs expression by vitamin K2 through PKC pathway in human hepatocellular carcinoma cells.; 2007年04月
    発表情報; 42nd Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver (Barcelona)
    著者; Ide Y, Zhang H, Mizuta T, Eguchi Y, Yasutake T, Hisatomi A, Ozaki I.
  • Systemic insulin resistance influences hepatic inflammation in patients with chronic hepatitis C.; 2007年04月
    発表情報; 42nd Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver(Barcelona)
    著者; Mizuta T, Eguchi Y, Yasutake T, Ario K, Iwane S, Akiyama T, Ide Y, Ozaki I, Fujimoto K.
  • Inhibition of MMPs expression by vitamin K2 through PKC pathway in human HCC cells.; 2007年03月
    発表情報; 17th Asian Pacific Association for the Study of the Liver conference(京都)
    著者; Ide Y, Zhang H, Mizuta T, Eguchi Y, Yasutake T, Hisatomi A, Ozaki I.
  • Radiofrequency ablation therapy for HCC over 3 nodules and over 30 mm in size.; 2007年03月
    発表情報; 17th Asian Pacific Association for the Study of the Liver conference(京都)
    著者; Kawazoe S, Takahashi H, Kawaguchi Y, Shigematsu H, Mizuta T, Ozaki I.
  • Insulin resistance in skeletal muscle is associated with steatosis in non-alcoholic fatty liver.; 2007年03月
    発表情報; 17th Asian Pacific Association for the Study of the Liver conference(京都)
    著者; Eguchi Y, Ishibashi E, Matsunobu A, Oza N, Kitajima Y, Mizuta T, Ozaki I, Iwakiri R, Hisatomi A, Ono N, Eguchi T, Fujimoto K.
  • Protein kinase C (PKC)による癌抑制遺伝子PDCD4 (Programmed Cell Death 4)の発現調節.; 2006年12月
    発表情報; 分子生物学会2006フォーラム(名古屋)
    著者; 中島麻友美、浜島弘史、水田敏彦、松橋幸子、藤本一眞、尾崎岩太.
  • Vitamin K2 augments 5-fluorouracil-induced growth inhibition of human hepatocellular carcinoma cells by inhibiting NF-kB activation.; 2006年11月
    発表情報; 57th Annual meeting of American Association for the Study of Liver diseases.(Boston)
    著者; Ozaki I, Zhang H, Mizuta T, Ide Y, Eguchi Y, Yasutake T, Yamamoto K.
  • 尿糖陽性者の糖尿病リスクについての検討.; 2006年10月
    発表情報; 第44回全国大学保健管理研究集会(東京)
    著者; 木道圭子、福島雅子、永渕久子、武富弥栄子、尾崎岩太、佐藤武.
  • College Mental Health Questionnaire(CMHQ)の開発.; 2006年10月
    発表情報; 第44回全国大学保健管理研究集会(東京)
    著者; 佐藤武、福島雅子、永渕久子、木道圭子、武富弥栄子、尾崎岩太.
  • 医学部学生におけるムンプス、風疹、麻疹、水痘抗体価の年次推移.; 2006年10月
    発表情報; 第44回全国大学保健管理研究集会(東京)
    著者; 尾崎岩太、武富弥栄子、福島雅子、永渕久子、木道圭子、佐藤武.
  • Ursodeoxycholic acid suppresses disease reactivation after steroid withdrawal in patients with autoimmune hepatitis.; 2006年09月
    発表情報; 24th biennial meeting of the International Association for the Study of the Liver (IASL)(Cairo)
    著者; Yasutake T, Mizuta T, Eguchi K, Ario K, Kumagai T, Ozaki I, Fujimoto K.
  • 医学部学生のHIV/STIに関するアンケート調査.; 2006年08月
    発表情報; 第36回九州地区大学保健管理研究協議会(長崎)
    著者; 武富弥栄子、尾崎岩太、木道圭子、福島雅子、永渕久子、佐藤武.
  • Inhibition of transforming growth factor-b-induced apoptosis and Smad signaling by extracellular matrix through b1-integrin.; 2006年06月
    発表情報; 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress.(Kyoto)
    著者; Hamajima H, Zhang H, Nakashima M, Mizuta T, Eguchi Y, Yasutake T, Fijimoto K, Ozaki I.
  • 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress.(Kyoto); 2006年06月
    発表情報; 
    著者; Matsuhashi S, Hamajima H, Nakashima M, Ozaki I, Mizuta T, Fujimoto K.
  • S-phase specific suppression of PDCD4 tumor suppressor in the cell cycle of HeLa cells.; 2006年06月
    発表情報; 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress.(Kyoto)
    著者; Ozaki I, Kakimoto T, Nakashima M, Hamajima H, Mizuta T, Fujimoto K, Matsuhashi S.
  • ビタミンK2による肝癌細胞増殖抑制作用の分子機構.; 2006年05月
    発表情報; 第42回日本肝臓学会総会(京都)
    著者; 尾崎岩太、水田敏彦、張浩、井手康史、江口有一郎、安武努、山本匡介.
  • C型肝炎の活動性にはインスリン抵抗性が関与する.; 2006年05月
    発表情報; 第42回日本肝臓学会総会(京都)
    著者; 熊谷貴文、水田敏彦、有尾啓介、江口有一郎、安武努、尾崎岩太、藤本一眞.
  • 非アルコール性脂肪性肝疾患の肝脂肪沈着の程度と関連する因子としての赤血球、ヘモグロビン、ヘマトクリットについての検討.; 2006年05月
    発表情報; 第42回日本肝臓学会総会(京都)
    著者; 松延亜紀、江口有一郎、石橋絵理子、水田敏彦、尾崎岩太、久富昭孝、藤本一眞、江口尚久、小野尚文.
  • Inhibition of transforming growth factor-b-induced apoptosis and Smad signaling by extracellular matrix through b1-integrin.; 2006年05月
    発表情報; AGA Digestive Disease Week 2006.(Los Angels)
    著者; Hamajima H, Zhang H, Nakashima M, Mizuta T, Eguchi Y, Yasutake T, Fijimoto K, Ozaki I.
  • Insulin resistance influence hepatic inflammation in patients with chronic hepatitis C.; 2006年05月
    発表情報; AGA Digestive Disease Week 2006.(Los Angels)
    著者; Ario K, Mizuta T, Eguchi Y, Kumagai T, Yasutake T, Ozaki I, Fujimoto K.
  • 血清アポリポ蛋白C3とインスリン分泌能、インスリン感受性の関連.; 2006年05月
    発表情報; 第49回日本糖尿病学会年次学術集会(東京)
    著者; 久富昭孝、吉村達、安武努、水田敏彦、尾崎岩太、藤本一眞.
  • 進行したC型慢性肝炎に対するIFN少量長期投与とSNMC併用療法の検討.; 2006年04月
    発表情報; 第92回日本消化器病学会総会(北九州)
    著者; 有尾啓介、水田敏彦、熊谷貴文、安武努、江口有一郎、尾崎岩太、藤本一眞.
  • 不幸な転帰をとった遅発型オルニチントランスカルバミラーゼ欠損症の一男性例.; 2006年04月
    発表情報; 第92回日本消化器病学会総会(北九州)
    著者; 長友大輔、安武努、水田敏彦、江口有一郎、有尾啓介、熊谷貴文、尾崎岩太、久野健夫、藤本一眞.
  • β1-インテグリンによるアポトーシス関連遺伝子PDCD4の発現調節.; 2005年12月
    発表情報; 第28回日本分子生物学会年会(福岡)
    著者; 浜島弘史, 尾崎岩太, 中島麻友美, 張浩, 水田敏彦, 江口有一郎, 安武努, 松橋幸子, 藤本一眞.
  • Vitamin K2 inhibits human hepatocellular carcinoma cell growth by suppressing cyclin D1 expression through inhibition of NF-kB activation.; 2005年11月
    発表情報; 56th Annual meeting of American Association for the Study of Liver diseases.(SanFrancisco)
    著者; Ide Y, Ozaki I, Zhang H, Mizuta T, Eguchi Y, YasutakeT, Hisatomi A, and Yamamoto K.
  • Body mass index influences hepatic function and survival prognosis in patients with HCV-related Hepatocellular carcinoma.; 2005年11月
    発表情報; 56th Annual meeting of American Association for the Study of Liver diseases.(SanFrancisco)
    著者; Mizuta T, Ozaki I, Ide Y, Yamamoto K.
  • Vitamin K2による肝癌細胞増殖抑制機序の解明.; 2005年06月
    発表情報; 第41回日本肝臓学会総会(大阪)
    著者; 水田敏彦, 尾崎岩太, 井手康史, 安武努, 江口有一郎, 熊谷貴文, 八田美幸, 山本匡介.
  • Programmed cell death 4 (PDCD4)遺伝子はTGF-b1による肝癌細胞のアポトーシス誘導に関与する.; 2005年06月
    発表情報; 第41回日本肝臓学会総会(大阪)
    著者; 尾崎岩太, 張浩, 浜島弘史, 水田敏彦, 井手康史, 江口有一郎, 安武努, 山本匡介, 松橋幸子.
  • C型慢性肝炎に対するribavirin+IFN療法における高用量vitamin C+E併用効果の検討.; 2005年06月
    発表情報; 第41回日本肝臓学会総会(大阪)
    著者; 高橋宏和, 水田敏彦, 川添聖治, 安武努, 江口有一郎, 重松宏尚, 福島範子, 浜岡和宏, 尾崎岩太, 山本匡介.
  • Vitamin K2の肝癌細胞におけるMMP発現抑制とその機序.; 2005年06月
    発表情報; 第41回日本肝臓学会総会(大阪)
    著者; 井手康史, 尾崎岩太, 張浩, 水田敏彦, 江口有一郎, 安武努, 山本匡介.
  • Transforming growth factor-b1-induced apoptosis is blocked by b1-integrin-mediated mitogen-activated protein kinase activation in human hepatoma cells; 2005年05月
    発表情報; 第37回日本結合組織学会学術大会(富山)
    著者; Ozaki I, Zhang H, Mizuta T, Hamajima H, Eguchi Y, Yasutake T, Matsuhashi S, Sakai T, Yamamoto K.
  • PDCD4によるアポトーシス誘導とその調節.; 2004年12月
    発表情報; 第27回分子生物学会年会(神戸)
    著者; 松橋幸子, 張浩, 浜島弘史, 中島麻友美, 加藤祐子, 尾崎岩太, 山本匡介.
  • 脂肪肝における脂肪沈着は内臓脂肪量と相関する.; 2004年10月
    発表情報; 第8回日本肝臓学会大会(福岡)
    著者; 江口有一郎, 水田敏彦, 川副広明, 小林由実, 井出康史, 安武努, 尾崎岩太, 小野尚文, 江口尚久, 藤本一真, 山本匡介.
  • 超音波同定困難な肝細胞癌の局所治療に対する「Real-time Virtual Sonography」併用RFAの有用性.; 2004年10月
    発表情報; 第8回日本肝臓学会大会(福岡)
    著者; 川副広明, 江口有一郎, 水田敏彦, 松延亜紀, 小林由実, 井出康史, 安武努, 尾崎岩太, 玉井努, 加藤明, 工藤祥, 藤本一真, 山本匡介.
  • Effective and long-term in vivo destruction of human a1-antitrypsin mRNA by a ribozyme delivered by an SV40-derived vector system.; 2004年10月
    発表情報; 55th Annual meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (Boston)
    著者; Duan Y, Wu J, Ozaki I, Strayer DS, Zern MA.
  • Involvement of a novel apoptosis-related gene, programmed cell death 4, in transforming growth factor-beta 1-induced apoptosis in human hepatocellular carcinoma.; 2004年10月
    発表情報; 55th Annual meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (Boston)
    著者; Ozaki I, Zhang H, Mizuta T, Hamajima H, Yasutake T, Eguchi Y, Yamamoto K, Matsuhashi S.
  • 肝癌細胞におけるVitamin K2と抗癌剤の併用に関する基礎的検討.; 2004年06月
    発表情報; 第40回日本肝臓学会総会(浦安)
    著者; 張浩, 尾崎岩太, 水田敏彦, 江口有一郎, 安武努, 山本匡介.
  • . Vitamin K2による肝癌治療 –その肝癌細胞増殖抑制機序の解明.; 2004年06月
    発表情報; 第40回日本肝臓学会総会(浦安)
    著者; 水田敏彦, 尾崎岩太, 山本匡介.
  • 新規アポトーシス関連遺伝子PDCD4 (Programmed cell death 4)遺伝子の肝癌における発現とその機能.; 2004年06月
    発表情報; 第40回日本肝臓学会総会(浦安)
    著者; 尾崎岩太, 張浩, 浜島弘史, 水田敏彦, 江口有一郎, 安武努, 山本匡介, 松橋幸子.
  • 肝障害度B肝癌に対する経皮的ラジオ波焼灼術の治療成績.; 2004年06月
    発表情報; 第40回日本肝臓学会総会(浦安)
    著者; 川添聖治, 増崎亮太, 重松宏尚, 小野原信吾, 水田敏彦, 尾崎岩太, 山本匡介.
  • Suppressive effect of menatetrenone, a vitamin K2 analog, on recurrence of hepatocellular carcinoma and improved patient survival.; 2004年05月
    発表情報; 105th Annual Meeting of the American Gastroenterological Association.(SanFrancisco)
    著者; Mizuta T, Ozaki I, Yasutake T, Eguchi Y, Kawazoe S, Yamamoto K.
  • 肝発癌時の肝機能に影響を及ぼす因子の検討.; 2004年04月
    発表情報; 第90回日本消化器病学会総会
    著者; 川副広明, 水田敏彦, 江口有一郎, 安武努, 小林由実, 尾崎岩太, 山本匡介.
  • 労働安全衛生法に対する準備はどこまで整ったか?大学再編後の現状.; 2004年03月
    発表情報; 第6回フィジカルヘルスフォーラム(徳島)
    著者; 尾崎岩太.
  • 細胞周期におけるPDCD4遺伝子発現の制御; 2003年12月
    発表情報; 第26回日本分子生物学会年会.2003,12,10-13.第26回日本分子生物学会年会 講演要旨集:275.
    著者; 松橋幸子,浜島弘史,亀井恭平,石本佳子,張浩,尾崎岩太,山本匡介
  • ヘパトーマにおけるPDCD4を経て誘導されるアポトーシスシグナル伝達系; 2003年12月
    発表情報; 第26回日本分子生物学会年会.2003,12,10-13.第26回日本分子生物学会年会講演要旨集:137.
    著者; 張浩,尾崎岩太,浜島弘史,山本匡介,松橋幸子
  • ライフスキルを取り入れたHIV/STD 教育啓発活動の教育効果; 2003年11月
    発表情報; 第17回日本エイズ学会学術集会.2003.11.27-29.日本エイズ学会誌5.424.
    著者; 武富弥栄子,尾崎岩太,山田茂人,内川洋子,佐野雅之
  • SV40-derived ribozyme construct mediates effective destruction of human α1-antitrypsin transcripts in a transgenic mouse model; 2003年10月
    発表情報; 54th Annual meeting of the american association for the study of liver diseases. 2003, 10, 24-28. Hepatology 38(Suppl. 1):229A.
    著者; Duan Y, Wu J, Ozaki I, Strayer DS, Zern MA
  • HIV/STD 教育における大学生ピアサポート活動; 2003年10月
    発表情報; 第41回全国大学保健管理研究集会.2003.10.1-2.Campus Health 40:53
    著者; 武富弥栄子,尾崎岩太,山田茂人
  • Protection of transforming factor-beta1-induced apoptosis by beta1-integrin in human hepatoma cells; 2003年10月
    発表情報; 54th Annual meeting of the american association for the study of liver diseases. 2003, 10, 24-28. Hepatology 38(Sppl. 1):568A
    著者; Ozaki I,Zhang H,Mizuta T,Yoshimura T,Matsuhashi S,Eguchi Y,Yasutake T,Hisatomi A,Yamamoto K
  • VitaminK2の肝細胞癌再発抑制機序の解析および生存予後に与える影響; 2003年05月
    発表情報; 第39回日本肝臓学会総会.2003,5,22-23.肝臓44(Suppl. 1):A67.
    著者; 水田敏彦,尾崎岩太,張浩,安武努,江口有一郎,川副広明,小林由実,山本匡介
  • 細胞外基質受容体β-1インテグリンによる肝癌細胞のTGF-β1によるアポトーシスの制御; 2003年05月
    発表情報; 第39回日本肝臓学会総会.2003,5,22-23.肝臓44(Suppl. 1):A91.
    著者; 尾崎岩太,張浩,水田敏彦,松橋幸子,江口有一郎,安武努,久富昭孝,堺隆弘,山本匡介
  • 肝細胞増殖因子(HGF)の肝癌細胞に対するSkp-2を介した増殖抑制機構とインテグリンによる修飾; 2003年05月
    発表情報; 第39回日本肝臓学会総会.2003,5,22-23.肝臓44(Suppl. 1):A163.
    著者; 張浩,尾崎岩太,水田敏彦,松橋幸子,江口有一郎,安武努,久富昭孝,堺隆弘,山本匡介
  • 冠動脈疾患患者におけるeNOS 遺伝子変異(-786T → C 変異,Glu298Asp変異)とインスリン抵抗性の検討; 2003年01月
    発表情報; 第9回日本未病システム学会.2003,1,11.第9回日本未病システム学会抄録集:33.
    著者; 吉村達,久富昭孝,安武努,小川洋子,水田敏彦,尾崎岩太,宇都宮俊徳,山本匡介

その他講演

  • 佐賀県のC型肝炎2016. Abbie合同会社研修会; 2016年11月
    発表情報; 
    著者; 
  • HIVと肝炎ウイルス- 抗ウイルス薬の歴史-; 2016年06月
    発表情報; AIDS文化フォーラム in 佐賀
    著者; 尾崎岩太
  • 透析患者におけるC型肝炎治療.; 2016年05月
    発表情報; 透析患者の肝炎治療を考える会
    著者; 尾崎岩太
  • 佐賀県のウイルス肝炎の現況; 2016年03月
    発表情報; 平成27年度佐賀県肝疾患対策員会
    著者; 
  • 佐賀県の肝炎ウイルス感染と肝炎治療の現況.; 2016年01月
    発表情報; 平成27年度第2回佐賀県肝癌対策医会
    著者; 
  • 佐賀エイズ問題研究会から思春期ネットワーク佐賀(SNS)ヘ 佐賀の地域性:HIVとHCVの経緯から; 2015年02月
    発表情報; AIDS文化フォーラム in 佐賀 2015.2.21-22 佐賀大学(佐賀市)
    著者; 尾崎岩太.
  • 病院で働き始める前に. 佐賀大学医学部附属病院看護師オリエンテーション; 2015年
    発表情報; 2015.4.10 佐賀大学医学部附属病院(佐賀市)
    著者; 尾崎岩太
  • C型肝炎に対するインターフェロンフリー治療に関する講習会 ; 2015年
    発表情報; 2015.10.15 鳥栖保健福祉事務所(鳥栖市), 21015.10.16 杵藤保健福祉事務所(武雄市)
    著者; 尾崎岩太.
  • 佐賀県の肝疾患の現状. 平成25年度佐賀県地域肝炎コーディネーター養成研修会; 2015年
    発表情報; 
    著者; 尾崎岩太. 
  • 佐賀県におけるC型肝炎治療の肝癌予防効果; 2014年
    発表情報; 佐賀ソブリアード発売記念講演会 創世(佐賀市)2014.1.24.
    著者; 尾崎岩太.
  • 病院で働き始める前に. 佐賀大学医学部附属病院看護師オリエンテーション; 2014年
    発表情報; 佐賀大学医学部附属病院看護師オリエンテーション.
    著者; 尾崎岩太
  • 肝炎公費助成制度の現状; 2014年
    発表情報; 佐賀県肝癌対策医会 マリトピア(佐賀市) 2014.7.31
    著者; 尾崎岩太.
  • 佐賀県の肝疾患の現状; 2014年
    発表情報; 平成25年度佐賀県地域肝炎コーディネーター養成研修会 2014.10.4-5 佐賀大学医学部(佐賀市
    著者; 尾崎岩太.
  • 佐賀県の肝疾患の現状.; 2014年
    発表情報; 平成25年度佐賀県地域肝炎コーディネーター養成講座 e-learning. 2014.11.5, 2014.12.10 佐賀大学医学部(佐賀市)
    著者; 
  • K. Extracellualr matrices (ECMs) weaken the interferon-alpha (IFN-a) signaling through the modulation of nuclear factor kappa B (NFkB) signaling.; 2013年
    発表情報; The 20th Annual Meeting of the Japanese Sociaty for the Research of Hepatic Cells (第20回肝細胞研究会)2013.9.26-27, Osaka Proceedings: 87(P-19), 2013.
    著者; Kuwashiro T, Ozaki I, Matsuhashi S, Ide Y, Otsuka T,Mizuta T,Anzai
  • 佐賀県の肝疾患の現状; 2012年
    発表情報; 佐賀県肝癌撲滅フォーラム世話人会 2012.1.17 ホテルマリターレ創世(佐賀市)
    著者; 尾崎岩太
  • 佐賀県における肝炎助成制度によるインターフェロン治療の現状.; 2012年
    発表情報; 佐賀県医師会肝癌部会研修会 2012.1.27 佐賀県医師会成人病予防センター(佐賀市)
    著者; 尾崎岩太
  • 佐賀県の肝疾患の現状.; 2012年
    発表情報; 佐賀県肝炎コーディネーター養成研修会. 2012. 11.28; 11.30; 12.5 佐賀大学肝疾患センター(佐賀市)
    著者; 尾崎岩太.
  • 実習の安全管理:感染予防を中心に; 2012年
    発表情報; 医学科4年 臨床入門. 2012.1.23
    著者; 尾崎岩太.
  • 医学生の健康管理; 2012年
    発表情報; 医学科3年 地域医療 Unit 1 PBL講義. 2011.4.21.
    著者; 尾崎岩太
  • 主題科目 ニュートリッション&フィットネス講義; 2012年
    発表情報; 医学部1年. 2012.5.11, 2012.10.31
    著者; 尾崎岩太.
  • 佐賀県の肝疾患対策への取り組み2011.; 2011年
    発表情報; 佐賀県検診実務者研修会 2011.3.3 佐賀県医師会成人病センター(佐賀市)
    著者; 尾崎岩太.
  • 佐賀県のウイルス性肝炎:検診と治療の現状.; 2011年
    発表情報; 佐賀県肝炎専門医療従事者研修会 2011.3.23 アバンセ(佐賀市)
    著者; 尾崎岩太
  • 病院で働き始める前に.; 2011年
    発表情報; 佐賀大学医学部附属病院看護師オリエンテーション. 2011.4.6
    著者; 尾崎岩太
  • 佐賀県におけるウイルス肝炎疫学の現状.; 2011年
    発表情報; 佐賀県透析医部会学術講演会 2011.4.21 ホテルマリターレ創世(佐賀市)
    著者; 尾崎岩太
  • 佐賀県の肝疾患の現状. もっと知ろう肝臓病のこと:栄養の常識・非常識すべて教えます.; 2011年
    発表情報; 第11回佐賀県県民公開講座 2011.6.25 アバンセ(佐賀市)
    著者; 尾崎岩太
  • 感染症から見える時代の変化.; 2011年
    発表情報; 武雄高校ジョインとセミナー 2011.7.14 武雄高校(武雄市)
    著者; 尾崎岩太
  • 学校における疾病予防と保健管理.; 2011年
    発表情報; 平成23年度教員免許更新講習会. 2011.8.24 佐賀大学医学部(佐賀市)
    著者; 尾崎岩太
  • ウイルス性肝炎:治療のリスクとベネフィット.; 2011年
    発表情報; 神埼市郡医師会講演会 2011.9.5 竹下(神埼市)
    著者; 尾崎岩太

総説

  • Vitamin K and hepatocellular carcinoma: The basic and clinic. World J Clin Cases.; 2015年
    発表情報; 2015 Sep 16;3(9):757-64.
    著者; Xia J, Mizuta T, Ozaki I.
  • 肝癌とビタミンK2; 2015年
    発表情報; Clinical Calcium 2015; 25(11):, 1645-1651
    著者; 水田敏彦, 尾崎岩太.
  • 肝炎診療体制-肝炎対策基本法をうけて; 2014年
    発表情報; , 日内会誌, 11-18
    著者; 江口有一郎, 前山恵士郎, 尾崎岩太, 平井賢治.
  • Regulation of TGF-β1-induced pro-apoptotic signaling by growth factors and extracellular matrix receptor integrins in the liver.; 2011年
    発表情報; Frontiers in Physiology 2011, 2: 78-85
    著者; Ozaki I, Hamajima H, Matsuhashi S, Mizuta T.
  • Hepatocellular carcinoma and vitamin K; 2008年
    発表情報; Vitamins and hormones, 78, 435-440
    著者; Mizuta T, Ozaki I
  • Hepatocellular carcinoma and vitamin K.; 2008年
    発表情報; Vitamins and hormones, 78, 435-440
    著者; Mizuta T, Ozaki I
  • 肝細胞癌とビタミンK.; 2007年
    発表情報; Pharma Medica, 25, 123-127
    著者; 水田敏彦、尾崎岩太.
  • 思春期の子供を持つ親へのHIVと性に関するプログラムの実態.; 2007年
    発表情報; 日本エイズ学会誌, 9, 158-166
    著者; 永松美雪、尾崎岩太、武富弥栄子、佐藤武.
  • ビタミンKの新規臨床応用〜肝癌〜.; 2007年
    発表情報; Clinical Calcium, 43, 1693-1699
    著者; 水田敏彦、尾崎岩太.

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • Visceral fat accumulation is the first and second hit pathogenesis for development of nonalcoholic fatty liver disease.; 2010年
    発表情報; The 2nd International Forum of the 96th Annual Meeting of the Japanese Society of Gastroenterology 2010.4.23-24 Niigata
    著者; Yuichiro Eguchi, Toshihiko Mizuta, Yasunori Kawaguchi, Iwata Ozaki, Naofumi Ono, Takahisa Eguchi, Kazuma Fujimoto
  • Regulation of tumor suppressor PDCD4 by transforming growth factor-β1 and exterecellular matrix integrin in human hepatocellular carcinoma.; 2007年12月
    発表情報; BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学学会大会合同大会) ワークショップ:PDCD4と癌(横浜)
    著者; Ozaki I
  • Regulation of programmed cell death 4 (PDCD4) by protein kinase C.; 2007年12月
    発表情報; BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学学会大会合同大会) ワークショップ:PDCD4と癌(横浜)
    著者; Hamajima H, Ozaki I, Nakashima M, Xia J, Mizuta T, Matsuhashi S.


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.