教員活動データベース

氏 名大島 一里フリガナオオシマ カズサト
欧文氏名Kazusato OHSHIMA
所 属農学部 生物資源科学科 生物科学コース
職 名教授学位農学博士(1989年09月)
農学修士(1984年03月)
電子メールリンクティーチングポートフォリオ
ホームページhttp://plantvirology.ag.saga-u.ac.jp/
http://www.ag.saga-u.ac.jp/labs/virus.html
http://www.ag.saga-u.ac.jp/staffs/ohshima.html

教員詳細情報

研究分野・キーワード

  • 植物病理学,植物ウイルス病学,ウイルス学,分子進化学

学歴

  • 1982年03月, 東京農工大学, 農学部, 植物防疫学科, 卒業
  • 1984年03月, 北海道大学, 農学研究科, 農業生物学, 修士課程・博士前期課程, 修了
  • 1984年11月, 北海道大学, 農学研究科, 農業生物学専攻, 博士課程・博士後期課程, 中退

職歴

  • 1984年12月 - 1992年04月 北海道大学農学部 助手
  • 1992年05月 - 1996年03月 佐賀大学農学部 助手
  • 1993年04月 - 1996年03月 鹿児島大学大学院連合農学研究科(兼務) 助手
  • 1996年04月 - 2004年03月 佐賀大学農学部 助教授
  • 1997年04月 - 2002年03月 鹿児島大学大学院連合農学研究科(兼務) 助教授
  • 2004年04月 - 継続中 佐賀大学農学部 教授
  • 2004年04月 - 9999年99月 鹿児島大学大学院連合農学研究科(兼務) 教授
  • 2006年12月 - 2007年03月 鹿児島大学農学部(兼務,非常勤) 講師
  • 2007年04月 - 2008年03月 佐賀大学 応用生物科学科長
  • 2007年04月 - 9999年99月 日本植物病理学会評議員
  • 2007年04月 - 9999年99月 九州病害虫研究会評議員
  • 2007年10月 - 2015年09月 佐賀大学 学長補佐
  • 2008年02月 - 2008年02月 九州大学大学院生物資源環境科学府(兼務,非常勤) 学位論文調査委員
  • 2008年02月 - 2008年02月 神戸植物防疫所(兼務) 講師
  • 2008年04月 - 2009年03月 日本植物病理学会九州部会長
  • 2009年04月 - 2009年09月 佐賀大学理工学部 講師
  • 2010年04月 - 2010年09月 東京農工大学大学院農学府(兼務,非常勤) 講師
  • 2010年10月 - 2011年03月 東京大学大学院農学研究科(兼務,非常勤) 講師
  • 2010年10月 - 2011年03月 鹿児島大学農学部(兼務,非常勤) 講師
  • 2011年02月 - 9999年99月 社団法人農林水産技術情報教会(兼務) 農林水産省競争的資金審査専門評価委員
  • 2011年04月 - 2019年09月 佐賀大学 教育研究評議員
  • 2011年04月 - 2012年03月 名古屋大学大学院農学研究科(兼務,非常勤) 非常勤講師
  • 2011年05月 - 2021年03月 佐賀県植物防疫協会 評議員
  • 2012年01月 - 2013年12月 日本植物病理学会編集委員長 編集委員長
  • 2012年11月 - 2012年11月 沖縄植物防疫所 非常勤講師
  • 2013年04月 - 2019年09月 佐賀大学農学部 副学部長
  • 2014年04月 - 2016年03月 日本学術振興会平成26~27年度外国人特別研究員審査 教授
  • 2014年10月 - 2014年10月 門司植物防疫所 講師
  • 2016年04月 - 2017年03月 植物防疫所調査研究報告会講評委員
  • 2018年01月 - 9999年99月 日本ウイルス学会評議員
  • 2020年01月 - 2021年03月 佐賀県植物防疫協会副会長
  • 2020年01月 - 9999年99月 日本ウイルス学会 理事
  • 2020年04月 - 2021年03月 佐賀大学付属図書館 館長
  • 2020年04月 - 継続中 佐賀大学 教育研究評議員
  • 2021年04月 - 継続中 佐賀大学農学部長・農学系長・農学研究科長 部長(学部長含む)

専門分野

  • 植物保護科学, 園芸科学, 環境農学(含ランドスケープ科学), 自然共生システム, ゲノム生物学

所属学会

  • 日本植物病理学会, 日本ウイルス学会, 九州病害虫研究会, The Society of General Microbiology, アメリカ植物病理学会, アメリカ微生物学会

受賞歴

  • 日本植物病理学会学会賞 (2013年03月)
  • 佐賀県学術奨励賞 (2004年01月)
  • 日本植物病理学会学術奨励賞 (1992年05月)

現在実施している研究テーマ

  • 植物ウイルスのワクチンに関する研究
  • 植物ウイルスの分子進化と生態
  • 植物病理学

これまでの研究テーマ

  • 植物ウイルスのモノクローナル抗体に関する研究
  • 植物ウイルスの遺伝子構造に関する研究

主要業績

著書

  • 分子系統と分岐年代解析法; 2019年08月
    発表情報; 日本植物病理学会感染生理談話会論文集, 54, 109-118
    著者; 川久保修佑・大島一里
  • 健康野菜としてのノビルの可能性.; 2018年05月
    発表情報; 農業と園芸
    著者; 石丸幹二・大島一里・福田伸二
  • Spatial and temporal evolution of potyviruses; 2016年03月
    発表情報; 12th PSJ Plant Virus Disease Workshop, 12, 17-22
    著者; Ohshima K.
  • カブモザイクウイルスの起源と拡散年代:種の壁を乗り越えて.; 2015年12月
    発表情報; 植物防疫, 69巻 (12), 810-813
    著者; 大島一里
  • 植物ウイルスの拡散:農業史及び人類移動との時間的関連.; 2015年12月
    発表情報; ウイルス, 65:(2), 229-238
    著者; 大島一里
  • The 'emergence' of turnip mosaic virus was probably a 'gene-for-quasi-gene' event.; 2015年01月
    発表情報; Current Opinion in Virology, 10, 20-26
    著者; Gibbs, A. J., Nguyen, H. D., Ohshima, K.
  • 本邦のジャガイモYウイルス系統について.; 2013年11月
    発表情報; 植物防疫, 11, 623-630
    著者; 小川哲治・眞岡哲夫・大島一里
  • Studies on the molecular evolution of potyviruses.; 2013年09月
    発表情報; Journal of General Plant Pathology, 79, 6, 448-452
    著者; Ohshima, K.
  • ポティウイルスの分子進化的研究; 2013年08月
    発表情報; 日本植物病理学会・学会賞受賞講演要旨
    著者; 大島一里
  • 植物感染性ポティウイルスの進化;集団遺伝構造の調査; 2012年
    発表情報; ウイルス, 62, 151-160
    著者; 大島一里
  • Potyviruses and the digital revolution.; 2010年10月
    発表情報; Annual Review of Phytopathology, 48, 205-223
    著者; Gibbs, A. J. and K. Ohshima, 2010.
  • カブモザイクウイルスの分子進化と生態.; 2009年01月
    発表情報; 植物防疫, 63, 1, 21-25
    著者; 大島一里
  • ポティウイルスの進化生態と宿主特異性. 植物-病原体相互作用の理解に基づく病害制御の新視点; 2009年
    発表情報; 植物感染生理談話会論文集, 45, 64-74
    著者; 大島一里
  • ジャガイモ塊茎えそ病の発生生態と防除; 2008年09月
    発表情報; 植物防疫, 62, 9, 481-484
    著者; 小川哲治・仲川晃生・佐山 充・大島一里
  • Origin and evolution of viruses 2nd Edition. More about plant virus evolution; past, present and future. Domingo, E., Parrish, C. R. and Holland, J. J. eds. Elsevier,; 2008年
    発表情報; , 229-249
    著者; Gibbs, A. J., K. Ohshima, M. Gibbs and F. Garcia-Arenal
  • Turnip mosaic virus; 2007年
    発表情報; G. Rao ed.:In Molecular Diagnosis of Plant Viruses(Studium Press, Houstan, Taxas, USA), in press
    著者; K. Ohshima
  • 植物ウイルスの進化がみえてきた; 2003年02月
    発表情報; 科学と生物, 41, 125-128
    著者; 大島一里
  • Monoclonal antibodies: viruses; 1995年12月
    発表情報; Molecular Methods in Plant Pathology. CRC Press, Boca Raton (Florida), 413 - 430
    著者; Ohshima, K.
  • Production of resistant plant using antibody gene; 1994年01月
    発表情報; Plant Protection (in Japanese), 48, 258 – 261
    著者; Ohshima, K., A. K. Inoue and E. Shikata
  • Monoclonal antibodies to plant viruses; 1989年10月
    発表情報; PhD thesis, Hokkaido University (No. 3628)
    著者; Ohshima, K.

原著論文

  • Genomic analysis of the brassica pathogen turnip mosaic potyvirus reveals its spread along the former trade routes of the Silk Road; 2021年03月
    発表情報; PNAS, Vol. 118, No. 12, e2021221118
    著者; Shusuke Kawakubo, Fangluan Gao, Simon Y. W. Ho, Kazusato Ohshima
  • The evolutionary history and global spatio-temporal dynamics of potato virus Y; 2020年08月
    発表情報; Virus Evolution, veaa056, https://doi.org/10.1093/ve/veaa056
    著者; Fangluan Gao, Shusuke Kawakubo, Simon Y W Ho, Kazusato Ohshima
  • Glucose esters of caffeic acid from Allium macrostemon Bunge. Japanese journal of food chemistry and safety.; 2020年03月
    発表情報; Japanese journal of food chemistry and safety, in press.
    著者; Nakayama H, Matsuo Y, Tanaka T, Ohshima K, Fukuda S, Ishimaru K.
  • Glucose esters of caffeic acid from Alliummacrostemon Bunge. Japanese journal of food chemistry and safety.; 2020年03月
    発表情報; Japanese journal of food chemistry and safety
    著者; Nakayama H, Matsuo Y, Tanaka T, Ohshima K, Fukuda S, Ishimaru K.
  • The potyviruses: An evolutionary synthesis is emerging.; 2020年01月
    発表情報; Viruses, 12, (2), 132; https://doi.org/10.3390/v12020132 - 22 Jan
    著者; Gibbs AJ, Hajizadeh M, Ohshima K, Jones RAC
  • The phylogenetic relationships and genetic structure of populationsof Turnip mosaic virus in Turkey.; 2019年12月
    発表情報; European Journal of Plant Pathology, 156., 559-569.
    著者; Korkmaz S, Cevik B, Karanfil A, Onder S, Ohshima K.
  • Potato virus Y; the Andean connection.; 2019年07月
    発表情報; Virus Evolution, in press
    著者; Fuentes S, Jones RAC, Matsuoka H, Ohshima K, Kreuze J, Gibbs AJ.
  • Pepper veinal mottle virus in Japan is closely related to isolates from other Asian countries, butmore distantly to most of those from Africa.; 2019年
    発表情報; Virus Genes, in press
    著者; Laina JA, Matsumoto K, Setoyama T, Kawano S, Ohshima K.
  • Effects of infection by Turnip mosaic virus on the population growth of generarist and specialist aphid vectors onturnip plants.; 2018年06月
    発表情報; PLoS ONE, 13(7)
    著者; Adachi S, Honma T, Yasaka R, Tymchyshyn O, Ohshima K, Tokuda M.
  • Complete genome sequences of seven Peanut stunt virus strains from Japan.; 2018年06月
    発表情報; Microbiol Resour Announc, 7:e00952-18.
    著者; Takahashi H. Ogawa, A, Inoue S, Yasaka R, Ohshima K, Ugaki, M, Suzuki M.
  • 日本各地で採集したノビルのフェノール類含量; 2018年04月
    発表情報; 日本食品化学学会誌
    著者; 石丸幹二・臼井彩夏・大島一里・福田伸二
  • First evidence of the occurrence of Turnip mosaic virus in Ukraine and molecular characterization of its isolate.; 2018年03月
    発表情報; Journal of Phytopathology
    著者; Shevchenko O, Yasaka R, Tymchyshyn O, Shevchenko T, Ohshima K.
  • The genetic diversity of narcissus viruses related to turnip mosaic virus blur arbitrary boundaries used to discriminate potyvirus species.; 2018年01月
    発表情報; PLoS ONE 13(1) e0190511. https://doi.org/10.1371/journal.pone.0190511
    著者; Ohshima K, Mitoma S, Gibbs AJ.
  • First genome sequence of shallot latent carlavirus from Allium macrostemon Bunge.; 2017年08月
    発表情報; Genome Announcements, Aug 17;5(33).
    著者; Ohshima K, Okamura K, Yasaka R, Fukuda S, Ishimaru K, Tomitaka Y, Yamashita K.
  • The time of emergence and spread of turnip mosaic virus.; 2017年04月
    発表情報; Scientific Reports, 7: 4240, DOI:10.1038/s41598-017-01934-7.
    著者; Yasaka R, Fukagawa H, Ikematsu M, Soda H, Korkmaz S, Golnaraghi A, Katis N, Ho SYW, Gibbs A J, Ohshima K.
  • ICTV Virus Taxonomy Profile: Potyviridae.; 2017年03月
    発表情報; Journal of General Virology, 98, 352-354
    著者; Wylie SJ, Adams M, Chalam C, Kreuze J, López-Moya J, Ohshima K, Praveen S, Rabenstein F, Stenger D, Wang A, Zerbini FM, ICTV Consortium
  • The phylogenetics of the global population of potato virus Y and its necrogenic recombinants.; 2017年02月
    発表情報; Virus Evolution, Mar 2;3(1):vex002. doi: 10.1093/ve/vex002.
    著者; Gibbs A, Ohshima K, Yasaka R. Mohammadi M, Gibbs M. Jones R.
  • Ferulic acid esters of oligo-glucose from Allium macrostemon.; 2017年01月
    発表情報; Natural Product Communications, 12, 89-91
    著者; Usui A., Y. Matsuo, T. Tanaka, K. Ohshima, S. Fukuda, T. Mine, H. Nakayama, K. Ishimaru
  • Phenolic constituents from Allium macrostemon Bunge.; 2017年00月
    発表情報; The Japanese Journal of Pharmacognosy
    著者; Usui A, Matsuo Y, Tanaka T, Ohshima K, Fukuda S, Ishimaru K.
  • Ferulic acid esters of glucosylglucose from Allium macrostemon Bunge; 2016年09月
    発表情報; Journal of Asian Natural Products Research, DOI: 10.1080/10286020.2016.1213722
    著者; Usui A, Matsuo Y, Tanaka T, Ohshima K, Fukuda S, Mine T, Yakashiro I, Ishimaru K.
  • Evolutionary rates and genetic diversities of mixed potyviruses in Narcissus.; 2016年09月
    発表情報; Infection, Genetics and Evolution, 45, 213-223.
    著者; Ohshima K, Nomiyama R, Mitoma S, Honda Y, Yasaka R, Tomimura K.
  • First genome sequence of wild onion symptomless virus, a novel member of potyvirus in the turnip mosaic virus phylogenetic group.; 2016年07月
    発表情報; Genome Announcements, 4, (4), e00851-16.
    著者; Ohshima K, Korkmaz S, Mitoma S, Nomiyama R, Honda Y.
  • Genetic structure of populations of sugarcane streak mosaic virus in China: Comparison with the populations in India.; 2016年01月
    発表情報; Virus Research, 211, 103-116
    著者; He Z, Yasaka R, Li W, Li S, Ohshima, K.
  • Temporal analysis of reassortment and molecular evolution of Cucumber mosaic virus: Extra clues from its segmented genome; 2016年01月
    発表情報; Virology, 487, 188-197
    著者; Ohshima K, Matsumoto K, Yasaka R, Nishiyama M, Soejima K, Korkmaz S, Ho SYW, Gibbs AJ, Takeshita M.
  • Chilli pepper rugose mosaic disease caused by Pepper veinal mottle virus occurs on Ishigaki Island, Japan.; 2016年01月
    発表情報; Journal of General Plant Pathology, 82(1), 57-60
    著者; Matsumoto K, Yasaka R, Setoyama T, Kawano, S, Ohshima K.
  • First report of Scallion mosaic virus on wild Japanese garlic (Allium macrostemon) in Japan.; 2016年01月
    発表情報; Journal of General Plant Pathology, 82(1), 61-64
    著者; Ohshima K, Muraoka S, Yasaka R, Adachi S, Tokuda M.
  • Tobamoviruses have probably co-diverged with their eudicotyledonous hosts for at least 110 million years; 2015年12月
    発表情報; Virus Evolution,, 1(1), vev019
    著者; Gibbs AJ, Wood J, Garcia-Arenal F, Ohshima K, Armstrong JS.
  • Phylodynamic evidence of the migration of turnip mosaic potyvirus from Europe to Australia and New Zealand.; 2015年03月
    発表情報; Journal of General Virology, 96, 7010713, 701-713
    著者; Yasaka, R., Ohba, K., Schwinghamer, M.W., Fletcher, J., Ochoa-Corona, F.M., Thomas, J. E. Ho, S. Y. W., Gibbs, A. J., Ohshima, K.
  • Molecular variability of Sugarcane streak mosaic virus in China based on an analysis of the P1 and CP protein coding regions.; 2014年05月
    発表情報; Archives of Virology, 159, 5, 1149-1154
    著者; He, Z., W. Li, R. Yasaka, Y. Huang, Z. Zhang, K. Ohshima and S. Li, 2014.
  • The temporal evolution and global spread of Cauliflower mosaic virus, a Plant Pararetrovirus..; 2014年01月
    発表情報; PLoS ONE, 9(1), Jan, e85641., 9
    著者; Yasaka, R., H. D. Nguyen, S. Y. W. Ho., S. Duchene, S. Korkmaz, N. Katis, H. Takahashi, A. Gibbs, K. Ohshima
  • Multilocus sequence analysis of 'Candidatus Phytoplasma asteris' strain and the genome analysis of Turnip mosaic virus coinfecting oilseed rape.; 2014年
    発表情報; Journal of Applied Microbiology, 117, 774-785
    著者; M. Š. Musić, H. D. Nguyen, S. Černi, ð. Mamula, K. Ohshima and D. Škorić
  • Attenuated mutants of Potato virus Y necrotic strain produced by nitrous acid treatment and mutagenesis-in-tissue culture methods.; 2013年04月
    発表情報; European Journal of Plant Pathology, 135, 745-760
    著者; Ogawa, T., S. Nakamura, M. Sayama and K. Ohshima
  • Inactivation characteristics of Bacillus thuringiensis spore in liquid using atmospheric torch plasma using oxygen.; 2013年02月
    発表情報; Vacuum, 88, 173-176
    著者; Hayashi, N., Y. Akiyoshi, Y. Kobayashi, K. Kanda, K. Ohshima and M. Goto.
  • Turnip mosaic potyvirus probably first spread to Eurasian brassica crops from wild orchids about 1000 years ago.(メディア報道あり); 2013年02月
    発表情報; PLoS ONE, 8(2), e55336. doi:10.1371/journal.pone.0055336.
    著者; Nguyen, H. D., Y. Tomitaka, S. Y. W. Ho, S. Duchene, H-J. Vetten, D. Lesemann, J. A. Walsh, A. J. Gibbs and K. Ohshima.
  • Genetic variation of the Turnip mosaic virus population of Vietnam: A case study of founder, regional and local influences.; 2013年01月
    発表情報; Virus Research, 171, 138-149
    著者; Nguyen, H. D., H. T. N. Tran and K. Ohshima
  • Partial biological and molecular characterization of Tomato yellow fruit ring virus isolates from potato.; 2012年06月
    発表情報; The Plant Pathology Journal, 28, 390-400
    著者; Pourrahim, R., Golnaraghi, A., Farzadfar, Sh. and K. Ohshima
  • Infection dynamics in viral spread and interference under the synergism between Cucumber mosaic virus and Turnip mosaic virus.; 2012年
    発表情報; Molecular Plant-Microbe Interactions, 25, 19-27
    著者; Takeshita, M., E. Koizumi, M. Noguchi, K. Sueda, H. Shimura, N. Ishikawa, H. Matsuura, K. Ohshima, T. Natsuaki, S. Kuwata, N. Furuya, K. Tsuchiya and C. Masuta
  • Genetic structure and variability of East Asian Passiflora virus population in Amami-O-shima, Japan.; 2012年
    発表情報; Journal of Phytopathology, 160, 404-411
    著者; Fukumoto, T., M. Nakamura, K. Ohshima and H. Iwai
  • The genetic structure of populations of Potato virus Y in Japan; based on the analysis of 20 full genomic sequences.; 2012年
    発表情報; Journal of Phytopathology, 160, 661-673
    著者; Ogawa, T., A. Nakagawa, T. Hataya and K. Ohshima
  • 鹿児島県奄美地方の塊茎えそ病を示すジャガイモから分離したジャガイモウイルスのゲノム構造.; 2011年
    発表情報; 九州病害虫研究会報, 57, 19-25
    著者; 小川哲治・仲川晃生・大島一里
  • Nucleotide bias of DCL and AGO in plant anti-virus gene silencing.; 2010年09月
    発表情報; Protein & Cell, 1, 847-858
    著者; Ho, T., L. Wang, L. Huang, Z. Li, D. W. Pallett, T. Dalmay, K. Ohshima, J. A. Walsh and H. Wang.
  • The evolutionary trajectory of turnip mosaic virus populations adapting to a new host.(メディア報道あり); 2010年03月
    発表情報;  Journal of General Virology, 91, 788-801
    著者; Ohshima, K., S. Akaishi, H. Kajiyama, R. Koga and A. J. Gibbs
  • Comparisons among isolates of Sweet potato feathery mottle virus using complete genomic RNA sequences.; 2010年
    発表情報;  Archives of Virology, 155, 795-800
    著者; Yamasaki, S., J. Sakai, S. Fuji, S. Kamisoyama, K. Emoto, K. Ohshima and K. Hanada
  • Molecular characterization of Turnip mosaic virus isolates from Brassicaceae weeds.; 2009年
    発表情報; European Journal of Plant Pathology, 124, 45-55
    著者; Farzadfar, S., Y. Tomitaka^D, M. Ikematsu^M, A. R. Golnaraghi, R. Pourrahim and K. Ohshima
  • Molecular variability and genetic structure of the population of Soybean mosaic virus based on the analysis of complete genome sequences.; 2009年
    発表情報; Virology, 393, 91-103
    著者; Seo, J-K., K. Ohshima, H-G. Lee, M. So, H-S. Choi, S-H. Lee, S-H. Sohn and K-H. Kim
  • Occurrence and Molecular Characterization of Turkish Isolates of Turnip mosaic virus; 2008年12月
    発表情報; Plant Pathology, 57, 1155-1162
    著者; Korkmaz, S., Y. Tomitaka^D, S. Onder and K. Ohshima
  • Genetic structure of a population of Potato virus Y inducing potato tuber necrotic ringspot disease in Japan; comparison with North American and European populations; 2008年
    発表情報; Virus Research, 131, Feb, 199-212
    著者; Ogawa T., Y.Tomitaka, A. Nakagawa and K. Ohshima
  • The prehistory of potyviruses: their initial radiation was during the dawn of agriculture.; 2008年
    発表情報; PLoS ONE, 3, 6, 1-11
    著者; Gibbs, A. J., K. Ohshima, M. J. Phillips and M. Gibbs
  • Partial Biological and Molecular Characterization of Cauliflower mosaic virus Isolates in Iran; 2007年10月
    発表情報; Plant Pathology Journal, 6, Oct, 291-298
    著者; Farzadfar, Shirin, A. Ahoonmanesh, G. H. Mosahebi, K. Ohshima, M. Koohi-Habibi, R. Pourrahim and A. R. Golnaraghi
  • Distribution and some biological properties of Cauliflower mosaic virus isolates from Iranian cauliflower fields.; 2007年10月
    発表情報; Applied Entomology and Phytopathology, 75, 1‐25
    著者; Farzadfar, Sh., Mosahebi, Gh., Ahoonmanesh, A., Koohi, M., Ohshima, K., Pourrahim, R., Golnaraghi, A. R.
  • Partial biological and molecular characterization of Cauliflower mosaic virus isolates in Iran.; 2007年08月
    発表情報; Plant Pathology Journal, 6, 291‐298
    著者; Farzadfar, Sh., Ahoonmanesh, A., Mosahebi, Gh., Ohshima, K., Koohi‐Habibi, M., Pourrahim, R., Golnaraghi, A. R.
  • The genetic structure of populations of Turnip mosaic virus in Kyushu and central Honshu, Japan.; 2007年06月
    発表情報; Journal of General Plant Pathology, 73, 197-208
    著者; Tomitaka, Y.^D, T. Yamashita and K. Ohshima
  • The variable codons of H3 influenza A virus haemagglutinin genes; 2007年
    発表情報; Archives of Virology, 152, 11-24
    著者; Gibbs, M. J., P. Wayper, M. L. A. Fourment, J. T. Wood, K. Ohshima, J. S. Armstrong and A. J. Gibbs
  • Incidence and distribution of Tomato yellow fruit ring virus on soybean in Iran.; 2007年
    発表情報; Plant Pathology Journal, 6, 1, 14-21
    著者; Golnaraghi, A. R., R. Pourrahim, S. Farzadfar, K. Ohshima, N. Shahraeen and A. Ahoonmanesh
  • Patterns of recombination in Turnip mosaic virus genomic sequences indicate hotspots of recombination; 2007年
    発表情報; Journal of General Virology, 88, 298-315
    著者; Ohshima, K., Y. Tomitaka, J. T. Wood, Y. Minematsu, H. Kajiyama, K. Tomimura and A. J. Gibbs
  • First report of Turnip mosaic virus on Brassicaceae crops in Turkey; 2007年
    発表情報; Plant Pathology, 56, Aug, 719
    著者; Korkmaz, S., S. Onder, Y. Tomitaka and K. Ohshima
  • A phylogeographic study of the Turnip mosaic virus population in east Asia reveals an ‘emergent’ lineage in Japan; 2006年
    発表情報; Molecular Ecology, 15, 4437-4457
    著者; Tomitaka, Y. and K. Ohshima
  • Mutations in Turnip mosaic virus genomes that have adapted to Raphanus sativus; 2005年
    発表情報; JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 86, 2, 501-510
    著者; Tan, Z / Gibbs, A. J / Tomitaka, Y / Sanchez, F / Ponz, F / Ohshima, K
  • Reservoir Weed Hosts for Turnip mosaic virus in Iran; 2005年
    発表情報; PLANT DISEASE, 89, 3, 339
    著者; Farzadfar, S / Ohshima, K / Pourrahim, R / Golnaraghi, A. R / Sajedi, S / Ahoonmanesh, A
  • Occurrence of Turnip mosaic virus on ornamental crops in Iran; 2005年
    発表情報; PLANT PATHOLOGY, 54, 2, 261
    著者; Farzadfar, S / Ohshima, K / Pourrahim, R / Golnaraghi, A. R / Jalali, S / Ahoonmanesh, A
  • カンキツに発生するリンゴステムグルービングウイルスの大腸菌発現外被タンパク質に対する抗血清の作製と酵素結合抗体法による診断への利用; 2004年05月
    発表情報; 日本植物病理學會報, 70, 2, 123-127
    著者; 井手, 洋一 / 黒木, 健児 / 田代, 暢哉 / 真籠, 洋 / 吉川, 信幸 / 大島, 一里
  • RNA-silencing of the introduced coat protein gene of Turnip mosaic virus confers the broad spectrum resistance in transgenic Arabidopsis; 2004年
    発表情報; Phytopathology, 94, 730-736
    著者; Nomura, K., K. Ohshima, T. Anai, H. Uekusa and N. Kita
  • Inter- and intralineage recombinants are common in natural populations of Turnip mosaic virus; 2004年
    発表情報; JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 85, 9, 2683-2696
    著者; Tan, Z / Wada, Y / Chen, J / Ohshima, K
  • Comparisons of the genetic structure of populations of Turnip mosaic virus in West and East Eurasia; 2004年
    発表情報; VIROLOGY, 330, 2, 408-423
    著者; Tomimura, K / pak, J / Katis, N / Jenner, C. E / Walsh, J. A / Gibbs, A. J / Ohshima, K
  • The phylogeny of Turnip mosaic virus/comparisons of 38 genomic sequences reveal a Eurasian origin and a recent ‘emergence’in east Asia; 2003年
    発表情報; Molecular Ecology, 12, 2099-2111
    著者; Tomimura, K., A. J. Gibbs, C. E. Jenner, J. A. Walsh and K. Ohshima
  • The Dual Role of the Potyvirus P3 Protein of Turnip mosaic virus as a Symptom and Avirulence Determinant in Brassicas; 2003年
    発表情報; MOLECULAR PLANT MICROBE INTERACTIONS, 16, 9, 777-784
    著者; Jenner, C. E / Wang, X / Tomimura, K / Ohshima, K / Ponz, F / Walsh, J. A
  • Molecular evolution of Turnip mosaic virus: evidence of host adaptation, genetic recombination and geographical spread; 2002年
    発表情報; Journal of General Virology, 83, 1511-1521
    著者; Ohshima,K.,Y.Yamaguchi,R.Hirota,T.Hamamoto,K.Tomimura,Z.Tan,T.Sano,F. Azuhata, J. A. Walsh, J. Fletcher, J. Chen, A. Gera and A. Gibbs
  • Mutations in Turnip mosaic virus P3 and Cylindrical Inclusion Proteins Are Separately Required to Overcome Two Brassica napus Resistance Genes; 2002年
    発表情報; VIROLOGY, 300, 1, 50-59
    著者; Jenner, C. E / Tomimura, K / Ohshima, K / Hughes, S. L / Walsh, J. A
  • Turnip mosaic virus determinants of virulence for Brassica napus resistance genes; 2002年
    発表情報; PLANT PROTECTION SCIENCE, 38, 1, 155-157
    著者; Jenner, C. E / Sanchez, F / Tomimura, K / Ohshima, K / Ponz, F / Walsh, J. A
  • Phylogenetic analysis of hop and grapevine isolates of hop stunt viroid supports a grapevine origin for hop stunt disease; 2001年06月
    発表情報; Virus Genes, 22, 53 - 59
    著者; Sano, T., R. Mimura and K. Ohshima
  • Comparative biological and serological properties of two isolates of Japanese Zucchini yellow mosaic virus; 2001年
    発表情報; Bangladesh Journal of Plant Pathology, 17, 39-43
    著者; Kundu, A. K., K. Ohshima and N. Sako
  • Potato Tuber Necrotic Ringspot Disease Occurring in Japan: Its Association with Potato virus Y Necrotic Strain; 2001年
    発表情報; Plant Disease, 10, 1109-1115
    著者; Ohshima, K., K. Sako, C. Hiraishi, A. Nakagawa, K. Matsuo, T. Ogawa, E. Shikata and N. Sako
  • Varietal resistance to potato tuber necrosis among Japanese potato cultivars; 2000年12月
    発表情報; Kyushu Plant Protection Research (in Japanese), 46, 31 – 36
    著者; Nakagawa, A., Y. Suga, Y. Mukaida, K. Ohshima, A. Yamanami, T. Ogawa and K. Matsuo,
  • Cross-reactive and major virus-specific epitopes are located at the N-terminal halves of the cylindrical inclusion proteins of turnip mosaic and zucchini yellow mosaic potyviruses; 2000年12月
    発表情報; Archives of Virology, 145, 1437 - 1447
    著者; Kundu, A. K., K. Ohshima, N. Sako and H. Yaegashi
  • Comparative study on genomes of two Japanese Melon necrotic spot virus isolates; 2000年06月
    発表情報; Acta Virologica, 44, 309 - 314
    著者; Ohshima, K., T. Ando, N. Motomura, K. Matsuo and N. Sako
  • Effect of infection by aphids at each growth stage of potato on incidence of potato tuber necrosis; 1999年12月
    発表情報; Kyushu Plant Protection Research (in Japanese), 45, 24 – 26
    著者; Nakagawa, A., Y. Suga, Y. Mukaida and K. Ohshima
  • Nucleotide sequences of the cylindrical inclusion protein genes of two Japanese zucchini yellow mosaic virus isolates; 1999年12月
    発表情報; Acta Virologica, 43, 57 - 62
    著者; Kundu, A. K., K. Ohshima, N. Sako and H. Yaegashi
  • Accumulation of helper component/proteinase and coat protein of turnip mosaic virus in intact plants; 1999年10月
    発表情報; Acta Virologica, 43, 31 - 37
    著者; Ohshima, K.
  • Comparison of coat protein epitopes of two zucchini yellow mosaic virus isolates; 1998年12月
    発表情報; Acta Virologica, 42, 167 - 173
    著者; Kundu, A. K., K. Ohshima and N. Sako
  • Detection by reverse transcription and polymerase chain reaction of melon necrotic spot virus strains distributed in Japan; 1998年12月
    発表情報; Annals of the Phytopathological Society of Japan, 64, 208 - 212
    著者; Matsuo, K., T. Ando, K. Ohshima and N. Sako
  • Nucleotide sequences of the coat protein genes of two Japanese zucchini yellow mosaic virus isolates; 1998年06月
    発表情報; Acta Virologica, 41, 297 - 301
    著者; Kundu, A. K., K. Ohshima and N. Sako
  • Complete nucleotide sequence and synthesis of infectious in vitro transcripts from a full-length cDNA clone of a rakkyo strain of tobacco mosaic virus; 1996年07月
    発表情報; Archives of Virology, 141, 885 - 900
    著者; Chen, J., Y. Watanabe, N. Sako, K. Ohshima and Y. Okada
  • The complete nucleotide sequence of turnip mosaic virus RNA Japanese strain; 1996年05月
    発表情報; Archives of Virology, 141, 1991 - 1997
    著者; Ohshima, K., M. Tanaka and N. Sako
  • Mapping of host range restriction of the rakkyo strain of tobacco mosaic virus in Nicotiana tabacum cv. Bright Yellow; 1996年03月
    発表情報; Virology, 226, 198 - 204
    著者; Chen, J., Y. Watanabe, N. Sako, K. Ohshima and Y. Okada
  • Specific detection of the rakkyo strain of tobacco mosaic virus by reverse – transcription and polymerase chain reaction; 1996年02月
    発表情報; Annals of the Phytopathological Society of Japan, 62, 513 – 516
    著者; Chen, J., N. Sako, K. Ohshima and Y. Watanabe
  • Generation of antiserum reactive with the 30K movement protein of the tobacco mosaic virus rakkyo strain; 1996年
    発表情報; Bulletin of the Faculty of Agriculture, Saga University, 81, 19 - 26
    著者; Chen, J., N. Sako, K. Ohshima and Y. Watanabe
  • Nucleotide sequence of grapevine viroid: a grapevine isolate of hop stunt viroid; 1995年12月
    発表情報; Proceedings of Japan Academy, 61, 265 - 268
    著者; Sano, T., K. Ohshima, I. Uyeda, E. Shikata, T. Meshi and Y. Okada
  • Molecular cloning and nucleotide sequences of heavy and light chain genes of a monoclonal antibody to potato virus Y coat protein; 1994年12月
    発表情報; Annals of the Phytopathological Society of Japan, 60, 600 – 607
    著者; Ohshima, K., A. Matsuura, T. Nakaya, E. Shikata, K. Kikuchi and I. Kimura
  • Nucleotide sequences and expression in Escherichia coli of the coat protein genes from two strains of melon necrotic spot virus; 1994年08月
    発表情報; Archives of Virology, 138, 149 - 160
    著者; Ohshima, K., K. Matsuo and N. Sako
  • Characterization and strain identification of a potato virus Y isolate non-reactive with monoclonal antibodies specific to the ordinary and necrotic strains; 1994年03月
    発表情報; Intervirology, 37, 12 - 19
    著者; Hataya, T., A. K. Inoue, K. Ohshima and E. Shikata
  • Nucleotide sequence of the coat protein and 30K protein genes of tobacco mosaic virus – rakkyo strain locally infecting Nicotiana tabacum L. cv. Bright Yellow; 1994年02月
    発表情報; Annals of the Phytopathological Society of Japan, 60, 186 - 195
    著者; Kwon, S-B., N. Sako and K. Ohshima
  • Nucleotide sequences of coat protein and 17K protein genes for a potato leafroll virus Japanese isolate; 1993年12月
    発表情報; Annals of the Phytopathological Society of Japan, 59, 204 - 208
    著者; Ohshima, K., T. Nakaya, T. Matsumura, E. Shikata and I. Kimura
  • Molecular cloning, sequencing, and expression in Escherichia coli of the potato virus Y cytoplasmic inclusion gene; 1993年07月
    発表情報; Archives of Virology,, 128, 15 - 28
    著者; Ohshima, K., A. K. Inoue and E. Shikata
  • Rice dwarf virus genome segment 10 encodes a nonstructural protein: immunological evidence; 1992年12月
    発表情報; Journal of the Faculty of Agriculture Hokkaido University, 65, 351 - 357
    著者; Matsumura, T., I. Uyeda, K. Ohshima, J. Harjosdarmo and E. Shikata
  • Production and characteristics of strain common antibodies against a synthetic polypeptide corresponding to the C-terminal region of potato virus Y coat protein; 1992年06月
    発表情報; Journal of Virological Methods, 40, 265 - 274
    著者; Ohshima, K., T. Nakaya, A. K. Inoue, T. Hataya, Y. Hayashi and E. Shikata
  • Comparison of biological properties, serological characteristics and amino acid sequences of coat protein between potato virus Y ordinary strain and necrotic strain; 1991年06月
    発表情報; Annals of the Phytopathological Society of Japan (in Japanese), 57, 615 – 622
    著者; Ohshima, K., T. Hataya, T. Sano, A. K. Inoue and E. Shikata
  • Relationship between hybridoma screening procedures and the characteristics of monoclonal antibodies for use in direct double antibody sandwich ELISA for the detection of plant viruses; 1990年12月
    発表情報; Annals of the Phytopathological Society of Japan, 56, 569 – 576
    著者; Ohshima, K., J. Harjosdarmo, Y. Ishikawa and E. Shikata
  • Polymerase chain-reaction- mediated cloning and expression of the coat protein gene of potato virus Y in Escherichia coli; 1990年11月
    発表情報; Virus Genes, 4, 339 - 350
    著者; Hataya, T., T. Sano, K. Ohshima and E. Shikata
  • Production and application of monoclonal antibodies specific to ordinary strain and necrotic strain of potato virus Y; 1990年10月
    発表情報; Annals of the Phytopathological Society of Japan (in Japanese), 56, 508 - 514
    著者; Ohshima, K., A. K. Inoue, Y. Ishikawa, E. Shikata and T. Hagita
  • On the screening procedures of ELISA for monoclonal antibodies against three luteoviruses; 1990年06月
    発表情報; Annals of the Phytopathological Society of Japan, 56, 219 - 228
    著者; Ohshima, K. and E. Shikata
  • Size of dsRNA genome segments of rice dwarf and rice ragged stunt viruses determined by electron microscopy; 1990年04月
    発表情報; Journal of Electron Microscopy, 39
    著者; Uyeda, I., S. Y. Lee, G. W. Leng, G. M. Ao, Z. P. Deng, X. S. Liang, K. Ohshima and E. Shikata
  • Nucleotide sequence of the capsid protein gene of bean yellow mosaic virus chlorotic spot strain; 1990年02月
    発表情報; Journal of the Faculty of Agriculture Hokkaido University, 64, 152 - 163
    著者; Takahashi, T., I. Uyeda, K. Ohshima and E. Shikata
  • Nucleotide sequence of rice dwarf virus genome segment 9; 1989年12月
    発表情報; Journal of General Virology, 70, 1297 - 1300
    著者; Uyeda, I., H. Kudo, T. Takahashi, T. Sano, K. Ohshima, T. Matsumura and E. Shikata
  • Production and characterization of monoclonal antibodies against rice dwarf virus; 1989年12月
    発表情報; Journal of the Faculty of Agriculture Hokkaido University, 64, 107 - 115
    著者; Harjosudarmo, J., K. Ohshima, I. Uyeda and E. Shikata
  • Characterization of monoclonal antibodies against tobacco necrotic dwarf virus; 1989年10月
    発表情報; Annals of the Phytopathological Society of Japan, 55, 420 – 426
    著者; Ohshima, K., I. Uyeda and E. Shikata
  • Comparative studies on host range and the infectivity of hop stunt viroid – cucumber isolate (cucumber pale fruit viroid) native RNA and its cDNA; 1988年12月
    発表情報; Archives of Phytopathological Pflanzenschutz, 24, 475 - 484
    著者; Ohshima, K., T. Sano, I. Uyeda and E. Shikata
  • Physical and chemical properties of Japanese isolate of barley yellow dwarf virus; 1988年10月
    発表情報; Journal of the Faculty of Agriculture Hokkaido University, 63, 363 - 372
    著者; Takahashi, T., M. Kojima, K. Ohshima, I. Uyeda and E. Shikata
  • Production and characteristics of monoclonal antibodies to potato leafroll virus; 1988年10月
    発表情報; Journal of the Faculty of Agriculture Hokkaido University, 63, 373 – 383
    著者; Ohshima, K., I. Uyeda and E. Shikata
  • Comparison of direct and indirect ELISA among different isolates of BYMV; 1987年12月
    発表情報; Journal of the Faculty of Agriculture Hokkaido University, 63, 277 - 286
    著者; Sato, A., K. Ohshima, T. Sano, I. Uyeda and E. Shikata
  • A viroid resembling hop stunt viroid in grapevines from Europe, the United States and Japan; 1986年12月
    発表情報; Journal of General Virology, 67, 1673 - 1678
    著者; Sano, T., K. Ohshima, T. Hataya, I. Uyeda, E. Shikata, T-G. Chou, T. Meshi and Y. Okada
  • Nucleotide sequence of rice dwarf virus genome segment 10; 1986年10月
    発表情報; Proceedings of Japan Academy,, 63, 227 - 230
    著者; Uyeda, I., T. Matsumura, T. Sano, K. Ohshima and E. Shikata
  • Infection of barley mesophyll protoplasts with barley yellow dwarf virus; 1984年12月
    発表情報; Memoirs of the Faculty of Agriculture, Hokkaido University (in Japanese), 14, 98 – 103
    著者; Ohshima, K., A. Matsubara, I. Uyeda and E. Shikata

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • Ohshima K.; 2016年03月
    発表情報; 12th PSJ Plant Virus Disease Workshop, 12, 17-22
    著者; Spatial and temporal evolution of potyviruses
  • ICTV taxonomic proposal 2015.002aP.A.v2.Poacevirus. Create species Caladenia virus A in the genus Poacevirus, family Potyviridae.; 2015年01月
    発表情報; http://www.ictvonline.org/proposals-15/2015.002aP. A.v2.Poacevirus.pdf
    著者; Wylie SJ, Adams MJ, Kreuze JF, Lopez-Moya JJ, Ohshima K, Rabenstein F, Stenger DC, Wang A, Zerbini FM,
  • ICTV taxonomic proposal 2014.005aP.A.v1. Tritimovirus_sp. Create 1 new species inthe genus Tritimovirus, family Potyviridae.; 2014年01月
    発表情報; 
    著者; Rabenstein F, Adams MJ, Kreuze, JF, Lopez-Moya JJ, Ohshima K, et al,
  • New Editorial Office; 2012年
    発表情報; Journal of General Plant Pathology
    著者; Kazusato Ohshima
  • 生態学からみた植物ウイルスの拡散:ユーラシア大陸そして九州; 2006年
    発表情報; 九防協年会, 2005, 16-21
    著者; 大島一里
  • Field survey of four potato viruses in autumn cropping potato at Nagasaki prefecture; 1999年12月
    発表情報; Kyushu nogyo kenkyu (in Japanese), 61, 70
    著者; Ogawa, T., K. Uchikawa, K. Matsuo, A. Nakagawa and K. Ohshima

一般講演(学術講演を含む)

  • カブモザイクウイルスの進化速度推定; 2019年03月
    発表情報; 
    著者; 川久保 修佑, 大島 一里
  • カブモザイクウイルス日本集団の組換え型; 2019年03月
    発表情報; 
    著者; 松岡弘記・冨高保弘・大島一里
  • 東アジア諸国におけるカブモザイクウイルスの組換え体について; 2018年11月
    発表情報; 
    著者; 平野優徳・松岡弘記・大島一里
  • カブモザイクウイルスのユーラシア大陸における出現中心からアジアへの拡散経路; 2018年03月
    発表情報; 日本植物病理学会本大会
    著者; 八坂亮祐・大島一里
  • Molecular characterization of pepper veinal mottle virus Japanese isolates; 2018年03月
    発表情報; 日本植物病理学会本大会
    著者; 
  • カブモザイクウイルス分子系統グループの遺伝的多様性と分子進化; 2018年03月
    発表情報; 日本植物病理学会本大会
    著者; ^B 松岡弘記・^M三苫真一郎・大島一里
  • カブモザイクウイルス分子系統集団の置き換わりに野生イヌガラシがおよぼす影響; 2018年02月
    発表情報; 九州病害虫研究会
    著者; 安達修平・本間智己・松田浩輝・中林ゆい・八坂亮祐・大島一里・徳田誠
  • The time of emergence and dissemination of turnip mosaic virus; 2017年07月
    発表情報; Internation Congress of Virology
    著者; Ryosuke Yasaka・Savas Korkmaz・Alireza Golnaraghi・Nikolaos Katis・Simon Ho・Adrian Gibbs・Kazusato Ohshima
  • カブモザイクウイルスの同義置換部位を用いた塩基置換速度および分岐年代の推定; 2017年04月
    発表情報; 
    著者; 八坂亮祐, 大島一里
  • カブモザイクウイルス侵入時期の年代推定: 長崎産の一分離株を例として; 2017年02月
    発表情報; 九州病害虫研究会
    著者; 八坂亮祐, 大島一里
  • 野生宿主植物からダイコンへのTuMVの伝搬時期と広食性・狭食性アブラムシが果たす役割; 2017年02月
    発表情報; 九州病害虫研究会
    著者; 安達修平・尋木優平・吉田一貴・八坂亮祐・大島一里・徳田誠
  • ノビルにおけるシャロット潜在ウイルスの初発生; 2016年11月
    発表情報; 日本植物病理学会九州部会
    著者; 岡村輝太・八坂亮祐・大島一里
  • 小アジアとその周辺諸国におけるカブモザイクウイルスの拡散時期; 2016年11月
    発表情報; 日本植物病理学会九州部会
    著者; 八坂亮祐・大島一里
  • Seasonal occurrence of TuMV and potential aphid vectors in Kyushu, Japan; 2016年06月
    発表情報; 
    著者; Shuhei Adachi・Tomoki Honma・Ryosuke Yasaka・Kazusato Ohshima・Makoto Tokuda
  • ノビルのフェノール成分解析と生育地域別の含量調査; 2016年03月
    発表情報; 
    著者; 臼井彩夏・石丸幹二・福田伸二・大島一里・松尾洋介・田中隆
  • カブモザイクウイルスの南アジアから東アジアへと続く拡散経路とその時期について; 2016年03月
    発表情報; 
    著者; 八坂亮祐・Charith Raj Adkar-Purushothama・Seint San Aye・Tin Aye Aye Naing・古屋成人・李世訪・大島一里
  • ラッカセイ矮化ウイルスP1系統は外被タンパク質がジベレリンの減少を介してラッカセイを矮化させる; 2016年03月
    発表情報; 
    著者; 高橋宏幸・中嶋正敏・小川愛海・根津修・八坂亮祐・大島一里・宇垣正志・鈴木匡
  • 野外におけるTuMV感染動態調査から見えてきた予期せぬ媒介者の可能性; 2016年03月
    発表情報; 
    著者; 安達修平・本間智己・八坂亮祐・大島一里・徳田誠
  • ラッカセイ矮化ウイルスP1系統は外被タンパク質がジベレリンの減少を介してラッカセイを矮化させる; 2016年03月
    発表情報; 日本植物病理学会本大会
    著者; 高橋宏幸、中嶋正敏、小川愛海、根津修、八坂亮祐、大島一里、宇垣正志、鈴木匡
  • 日本産 Narcissus degeneration virus の全ゲノム構造の決定と海外産株との比較; 2016年02月
    発表情報; 
    著者; 吉田麻衣・野見山玲衣・富永 薫・三苫真一郎・大島一里
  • 日本におけるNarcissus late season yellows virusの発生生態と遺伝集団; 2016年02月
    発表情報; 
    著者; 野見山玲衣・大島一里
  • Temporal and spatial evolution of a plant virus viewed from agriculture development: A case study of Turnip mosaic virus; 2015年11月
    発表情報; 
    著者; 八坂亮祐・大島一里
  • タイ王国におけるカブモザイクウイルスの生物学的・遺伝学的性質; 2015年11月
    発表情報; 
    著者; 八坂亮祐・Maneechoat P.・Chiemsombat P.・竹下稔・大島一里
  • 罹病スイセンから得られたカブモザイクウイルス分子系統グループの新種ウイルス様配列; 2015年11月
    発表情報; 
    著者; 三苫 真一郎・野見山 玲衣・大島 一里
  • 西日本における Narcissus late season yellows virus の発生生態と遺伝学的多様性; 2015年03月
    発表情報; 
    著者; 野見山玲衣・大島一里
  • 組換え時期の推定; オーストラリアおよびニュージーランド産カブモザイクウイルス集団を例として; 2015年03月
    発表情報; 
    著者; 八坂亮祐・大庭希歩・大島一里
  • 非永続伝搬型植物病原性ウイルスは、媒介アブラムシの敵か味方か?; 2015年03月
    発表情報; 
    著者; 安達修平・本間智己・八坂亮祐・大島一里・徳田 誠
  • 組換えラッカセイわい化ウイルスを用いたラッカセイわい化因子の解析; 2015年03月
    発表情報; 日本植物病理学会本大会
    著者; 高橋宏幸,根津修,八坂亮祐,大島一里,宇垣正志,鈴木匡
  • アジアにおけるカブモザイクウイルスの時間尺度と拡散経路解析; 2015年02月
    発表情報; 
    著者; 八坂亮祐・Huy Duc Nguyen・大島一里
  • 2013年に採集した台湾産カブモザイクウイルスのゲノムグループについて; 2015年02月
    発表情報; 
    著者; 吉山浩毅・八坂亮佑・大島一里
  • 日本産スイセン黄色条斑ウイルスの全塩基配列; 2014年11月
    発表情報; 
    著者; 三苫 真一郎・本田 裕貴・大島 一里
  • 日本におけるPepper veinal mottle virusの初発生; 2014年11月
    発表情報; 
    著者; 松本 康佑・八坂 亮祐・瀬戸山 保・河野 伸二・大島 一里
  • キュウリモザイクウイルスゲノムの進化速度; 2014年08月
    発表情報; 
    著者; 松本康佑・副島健太・西山舞・竹下稔・八坂亮祐・大島一里1
  • ユーラシア大陸におけるカブモザイクウイルス拡散の起点; 2014年06月
    発表情報; 
    著者; 八坂亮祐・深川裕史・池末睦・早田裕子・大島一里
  • 九州地方におけるScallion mosaic virusの遺伝的多様性; 2014年06月
    発表情報; 
    著者; 村岡聡史・三苫真一郎・八坂亮祐・大島一里
  • キュウリモザイクウイルス移行タンパク質と外被タンパク質遺伝子の進化速度の評価; 2014年06月
    発表情報; 
    著者; 松本康佑・副島健太・西山舞・竹下稔・八坂亮祐・大島一里
  • 1999 - 2002 年と 2009 - 2012 年に単一圃場で発生したカブモザイクウイルス集団の比較; 2014年02月
    発表情報; 
    著者; 古藤早紀・里本裕規・大島一里
  • 九州地方の罹病スイセンから検出されたポティウイルスについて; 2014年02月
    発表情報; 
    著者; 野見山玲衣・本田裕貴・富永薫・藤田美帆・大島一里
  • ジャガイモYウイルス塊茎えそ系統分離株から組織培養法により作出した弱毒株の宿主反応と干渉作用; 2014年02月
    発表情報; 
    著者; 小川哲治・茶谷正孝・眞岡哲夫・佐山充・間宮幹士・大西 昇・中村茂雄・大島一里
  • 日本の野生ノビルに感染していたScallion mosaic virusの初報告について; 2013年11月
    発表情報; 
    著者; 村岡聡史・八坂亮祐・大島一里
  • 九州地方で発生が認められたNarcissus late season yellows virusとNarcissus degeneration virusについて; 2013年11月
    発表情報; 
    著者; 本田裕貴・富永薫・野見山玲衣・村岡聡史・松本康佑・里本裕規・八坂亮祐・大島一里
  • 植物2本鎖DNAウイルスであるカリフラワーモザイクウイルスの集団変動; 2013年03月
    発表情報; 
    著者; 八坂亮祐・Nguyen, H. D.・Ho, Y. W. S.・高橋英樹・大島一里
  • オーストラリアとニュージーランドにおけるカブモザイクウイルスの多様性; 2013年03月
    発表情報; 
    著者; 大庭希歩・Schwinghamer, M.・Fletcher, J.・大島一里
  • 単一圃場の罹病ダイコンから 10 年間以上にわたり採集したカブモザイクウイルスの進化速度の評価(学生優秀発表賞); 2013年03月
    発表情報; 
    著者; 里本裕規・前田貢輝・Nguyen, H. D.・大島一里 (学生優秀発表賞)
  • 罹病スイセンからのカブモザイクウイルスグループのウイルスの検出; 2013年03月
    発表情報; 
    著者; 本田裕貴・廣末雄一郎・冨村健太・大島一里
  • 韓国におけるカブモザイクウイルス分離株の遺伝的多様性; 2012年11月
    発表情報; 
    著者; 大庭希歩・古賀涼子・Oksun Kim・Hong-Soo Choi・Jang-Kyung Choi・上田重文・大島一里
  • 我が国に発生しているラッカセイわい化ウイルスの分子系統解析; 2012年11月
    発表情報; 
    著者; 八坂亮祐・小坂能尚・穴井豊昭・大島一里
  • The Evolutionary and Epidemiological Dynamics of Turnip mosaic virus; 2012年03月
    発表情報; 
    著者; Nguyen, D. H., Ho, S. Y. W., Gibbs, A. J., and Ohshima, K.
  • 中国北部地方におけるカブモザイクウイルス集団 ; 2012年03月
    発表情報; 
    著者; 八坂亮祐・Nguyen. D. H.・李世訪・大島一里
  • 本邦の罹病アブラナ科植物から採集したキュウリモザイクウイルスの遺伝集団構造; 2012年03月
    発表情報; 
    著者; 副島健太, 西山 舞, 竹下 稔, 大島一里
  • ポティウイルス系統樹にみられるカブモザイクウイルスグループ内のウイルス調査; 2012年03月
    発表情報; 
    著者; 本田裕貴, 副島健太, 大島一里
  • 本邦産ジャガイモYウイルス普通系統分離株のゲノム構造; 2012年03月
    発表情報; 
    著者; 小川哲治・仲川晃生3・大島一里
  • 植物体内における口針型ウイルスのゲノム集団の構成; 2012年03月
    発表情報; 
    著者; 里本裕規, Nguyen, H. D., 大島一里
  • 広島県のジャガイモから採集したジャガイモYウイルスのゲノム構造とジャガイモでの病徴; 2012年01月
    発表情報; 
    著者; 小川哲治・仲川晃生3・大島一里
  • ジャガイモYウイルス塊茎えそ系統分離株から低温処理により得られたタバコ弱毒株の性状; 2011年03月
    発表情報; 日本植物病理学会
    著者; 小川哲治^D・Nguyen, H. D.^D・佐山 充・大島一里
  • Dating the Evolutionary Dynamics of Turnip mosaic virus; 2011年03月
    発表情報; 日本植物病理学会
    著者; Nguyen, D. H. and Ohshima, K.
  • The Genetic Structures of Populations of Cauliflower mosaic virus in Greece, Iran, Turkey and Japan; 2011年03月
    発表情報; 日本植物病理学会
    著者; Shirin Farzadfar, Ali Reza Golnaraghi, Reza Pourrahim, Ryosuke Yasaka^B, Savas Korkmaz, Nikos Katis, Hideki Takahashi, and Kazusato Ohshima3
  • 中東におけるカブモザイクウイルスの系統地理学的研究; 2011年03月
    発表情報; 日本植物病理学会
    著者; 深川 裕史^M・副島 健太^B・明石 真幸^M・池末 睦^M・Shirin Farzadfar*・Savas Korkmaz**・大島 一里
  • 我が国のカブモザイクウイルスが感染した罹病アブラナ科植物から採集したキュウリモザイクウイルス; 2011年03月
    発表情報; 日本植物病理学会
    著者; 西山 舞・竹下 稔*・副島健太・大島一里
  • 西山 舞^M・藤井幸子^B・大島一里; 2010年08月
    発表情報; 九州病害虫研究会
    著者; チェコ共和国東部の罹病カリフラワーから採集したカブモザイクウイルス分離株のゲノム構造
  • 日本におけるカブモザイクウイルスとキュウリモザイクウイルスの混合感染; 2010年08月
    発表情報; 日本植物病理学会感染生理談話会
    著者; 西山 舞^M・ 竹下 稔・ 長野佑美^B・ 大島一里
  • イラン・イスラム共和国におけるカブモザイクウイルスのゲノム型グループ; 2010年08月
    発表情報; 日本植物病理学会感染生理談話会
    著者; 深川 裕史^M・Shirin Farzadfar・大島 一里
  • Biological and Molecular Characterization of Turnip mosaic virus Isolates in Vietnam; 2010年04月
    発表情報; 日本植物病理学会
    著者; Nguyen, D. H.^D, Tran, T. N. H., Takeshita, H.^B and Ohshima, K.
  • Biological and molecular characterization of nine Cauliflower mosaic virus isolates from cruciferous plants in Iran; 2010年04月
    発表情報; 日本植物病理学会
    著者; Shirin Farzadfar, Reza Pourrahim, Gholam Hossein Mosahebi, Ali Reza Golnaraghi, Kazusato Ohshima
  • Sequence comparison of different Iranian isolates of Tomato yellow fruit ring virus from potato; 2010年04月
    発表情報; 日本植物病理学会
    著者; Ali Reza Golnaraghi, Reza Pourrahim, Shirin Farzadfar, Kazusato Ohshima
  • ジャガイモYウイルス塊茎えそ系統分離株から亜硝酸処理により得られたタバコ弱毒株の分子性状; 2010年04月
    発表情報; 日本植物病理学会
    著者; 小川哲治^D・冨髙保弘^D・Huy, D.N.^D・佐山充・大島一里*
  • The Complete Nucleotide Sequences of Turnip mosaic virus Isolates Infecting Brassica juncea in Nepal.; 2009年11月
    発表情報; 日本植物病理学会九州部会
    著者; Nguyen, D.H.^D, Tran, T.N.H. and Ohshima, K.
  • トルコ共和国エーゲ海沿岸地方の罹病カブから採集したカブモザイクウイルス2分離株のゲノム構造; 2009年11月
    発表情報; 日本植物病理学会九州部会
    著者; 深川裕史^M・Korkmaz, S.*・大島一里
  • ジャガイモYウイルス塊茎えそ系統分離株から得られた複数のタバコおよびジャガイモ弱毒株の分子性状; 2009年03月
    発表情報; 日本植物病理学会
    著者; 小川哲治・冨髙保弘・Huy, D.N.^M ・茶谷正孝・眞岡哲夫・佐山充・間宮幹士・大西 昇・中村茂雄・大島一里
  • ジャガイモYウイルス塊茎えそ系統弱毒株実用化のためのマイクロチューバーの利用; 2009年03月
    発表情報; 日本植物病理学会
    著者; 間宮幹士・大西 昇・小川哲治・茶谷正孝・眞岡哲夫・佐山 充・大島一里
  • ジャガイモYウイルス塊茎えそ系統弱毒株保有マイクロチューバーの圃場における干渉効果; 2009年03月
    発表情報; 日本植物病理学会
    著者; 眞岡哲夫・佐山 充・小川哲治・茶谷正孝・間宮幹士・大西 昇・大島一里
  • Molecular Characterization of four Turnip mosaic virus isolates Collected from Brassica and Raphanus Plants in North Vietnam; 2009年03月
    発表情報; 日本植物病理学会
    著者; Huy, D.N.^M, Takeshita, H. and Ohshima, K.
  • 四国と九州地方のBrassica属植物から採集したカブモザイクウイルスの遺伝的比較; 2008年01月
    発表情報; 九州病害虫研究会
    著者; 古賀涼子・藪 正利・冨高保弘・生咲 巌・石川浩一・大島一里
  • イラン・イスラム共和国エスファハン地方のダイコンから採集したカブモザイクウイルス分離株のゲノム構造; 2008年01月
    発表情報; 九州病害虫研究会
    著者; 池末 睦・山口 梢・明石真幸・冨髙保弘・Shirin Farzadfar・大島一里
  • ダイコンに適応させたカブモザイクウイルスの準種に見られた平行進化置換; 2007年03月
    発表情報; 日本植物病理学会
    著者; 明石真幸・大島一里
  • 本邦におけるジャガイモYウイルス塊茎えそ分離株集団の遺伝構造; 2007年03月
    発表情報; 日本植物病理学会
    著者; 小川哲治・冨高保弘・仲川晃生・大島一里*
  • ギリシャのBrassica属植物から採集したカブモザイクウイルス集団の遺伝構造; 2007年03月
    発表情報; 日本植物病理学会
    著者; 早田裕子・冨高保弘・Nikos Katis・John A. Walsh・大島一里
  • 近畿および中国地方におけるカブモザイクウイルスbasal-BR集団の遺伝構造; 2007年03月
    発表情報; 日本植物病理学会
    著者; 冨高保弘・大島一里
  • ダイコンに適応させたカブモザイクウイルス集団の遺伝的ボトルネック; 2007年03月
    発表情報; 日本植物病理学会
    著者; 明石真幸・梶山裕美・大島一里
  • 長野県の塊茎えそ症状を示すジャガイモから分離されたジャガイモYウイルスの塩基配列; 2007年02月
    発表情報; 九州病害虫研究会
    著者; 小川哲治・冨高保弘・平田憲二・仲川晃生・大島一里
  • 徳之島から採集したジャガイモYウイルス塊茎えそ分離株の全塩基配列解析; 2007年02月
    発表情報; 九州病害虫研究会
    著者; 冨高保弘・小川哲治・仲川晃生・大島一里
  • 九州および本州中央部におけるカブモザイクウイルスの「出現」集団の遺伝構造; 2006年10月
    発表情報; 日本植物病理学会
    著者; 冨高保弘・大島一里
  • ダイコン一植物体内に見られたカブモザイクウイルスの準種について; 2006年10月
    発表情報; 日本植物病理学会
    著者; 梶山裕美・明石真幸・大島一里
  • ジャガイモYウイルス塊茎えそ弱毒変異株のジャガイモでの干渉効果; 2006年05月
    発表情報; 日本植物病理学会
    著者; 小川哲治・佐山充・茶谷正孝・大島一里
  • ダイコンに適応させたカブモザイクウイルスゲノムに見られたハプロタイプ; 2006年05月
    発表情報; 日本植物病理学会
    著者; 梶山裕美・大島一里
  • カブモザイクウイルスゲノムの組換えパターンは組換えホットスポットを示唆する; 2006年05月
    発表情報; 日本植物病理学会
    著者; 大島一里・冨高保弘
  • 集団遺伝学的な解析は日本におけるカブモザイクウイルスの突発的な拡散を明らかにする; 2006年05月
    発表情報; 日本植物病理学会
    著者; 冨高保弘・大島一里
  • 混合感染におけるキュウリモザイクウイルス(CMV)の空間的移行動態解析; 2006年05月
    発表情報; 日本植物病理学会
    著者; 平野恵美子・末廣典子・夏秋知英・増田 税・大島一里・竹下 稔・古屋成人・髙浪洋一
  • 発光遺伝子を発現するカブモザイクウイルス(TuMV)とキュウリモザイクウイルス(CMV)の感染植物内における挙動; 2006年05月
    発表情報; 日本植物病理学会
    著者; 野口真季子・末廣典子・平野恵美子・夏秋知英・増田 税・大島一里・竹下 稔・古屋成人・髙浪洋一

辞書等の編纂・データベース作成

  • ノビルウイルス病; 2019年01月
    発表情報; インターネット版 日本植物病害大事典 病害新情報
    著者; 大島一里
  • ジャガイモ塊茎えそ病; 2019年01月
    発表情報; インターネット版 日本植物病害大事典 病害新情報
    著者; 大島一里・小川哲治
  • カブモザイクウイルス; 2015年11月
    発表情報; 植物ウイルス大事典. 朝倉書店, pp.905.
    著者; 大島一里
  • Dictionary of plant disease and insect; Potato leafroll and mosaic disease; 2000年
    発表情報; Dictionary of plant disease and insect, Asakurashoten, p60 – 63
    著者; Ohshima, K.

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • 分子系統と分岐年代解析法; 2019年08月
    発表情報; 感染生理談話会論文集, 印刷中
    著者; 川久保 修佑^B,大島 一里
  • 植物ウイルスの分子進化:起源そして農業史との関連性; 2016年12月
    発表情報; 福岡県保健環境研究所
    著者; 大島一里
  • Spatial and temporal evolution of potyviruses.; 2016年03月
    発表情報; 第12回植物ウイルス病研究会
    著者; 大島一里
  • Plant virus evolution and emergence; 2014年12月
    発表情報; ミャンマー国立イエジン農業大学
    著者; Kazusato Ohshima
  • Plant virus evolution and emergence; 2014年10月
    発表情報; ウクライナ国立キエフ大学
    著者; Kazusato Ohshima
  • 最近発見した新規ポティウイルスと分子系統から予測される診断用核酸配列; 2014年10月
    発表情報; 農水省門司植物防疫所
    著者; 
  • ポティウイルスの分子進化学的研究.(学会賞受賞者講演); 2013年03月
    発表情報;  日本植物病理学会,学会賞講演
    著者; 大島一里
  • Molecular Evolution and Ecology of Plant Viruses; 2012年11月
    発表情報; 中国湖南大学
    著者; 
  • Molecular Evolution of Potyviruses; Turnip mosaic virus and Potato Virus Y; 2012年11月
    発表情報; 中国昆明サトウキビ研究所
    著者; Kazusato Ohshima
  • Molecular Evolution and Ecology of Plant Viruses; 2012年11月
    発表情報; 雲南農業大学
    著者; Kazusato Ohshima
  • 分子生態学から覗いた植物ウイルスの起源地からの拡散; 2012年10月
    発表情報; 農水省沖縄植物防疫所
    著者; 大島一里
  • Molecular Evolution and Ecology of Plant Viruses; 2011年10月
    発表情報; 中国農業科学院植物保護研究所
    著者; 
  • Molecular Evolution and Ecology of Plant Viruses; 2011年10月
    発表情報; 中国新疆農業大学
    著者; Kazusato Ohshima
  • ポティウイルスの進化生態と宿主特異性; 2009年08月
    発表情報; 植物感染生理談話会
    著者; 大島一里
  • ゲノム情報から追跡した植物ウイルスの進化・生態・拡散; 2008年02月
    発表情報; 神戸植物防疫所
    著者; 大島一里
  • Genetic structures of the populations of Turnip mosaic virus; 2007年10月
    発表情報; イラン農業省PPDRI講演会
    著者; 冨高保弘・大島一里
  • Molecular evolution of potyviruses; 2007年10月
    発表情報; イラン農業省PPDRI講演会
    著者; 大島一里
  • 生態学からみた植物ウイルスの拡散:ユーラシア大陸そして九州; 2006年05月
    発表情報; 九防協年報2005
    著者; 大島一里
  • 分子進化の2大推進力から見たカブモザイクウイルスの遺伝的集団; 2006年03月
    発表情報; 北海道大学
    著者; 大島一里
  • 植物ウイルスの分子進化; 2003年02月
    発表情報; 青森県農林総合研究センターグリーンバイオセンター講演会
    著者; 
  • Molecular evolution of Turnip mosaic virus; 2002年11月
    発表情報; Horticulture International UK (Warwick University)
    著者; 
  • ジャガイモのウイルス; 1996年00月
    発表情報; 長崎県バイオテクノロジーセミナー
    著者; 


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.