氏 名松本 明子フリガナマツモト アキコ
欧文氏名Akiko Matsumoto
所 属医学部 医学科 社会医学講座
職 名准教授学位博士(医学)(2008年12月)
電子メールmatsumoacc.saga-u.ac.jpリンクティーチングポートフォリオ
ホームページhttps://www.sagasocialmed.org/

教員詳細情報

研究分野・キーワード

  • 衛生学・公衆衛生学・毒性学

学歴

  • 1999年03月, 産業医科大学, 医学部, 卒業

職歴

  • 1999年06月 - 2000年05月 産業医科大学病院 修練医(臨床研修医)
  • 2000年06月 - 2002年11月 産業医科大学 医学部 衛生学講座 助手
  • 2002年04月 - 2007年03月 佐賀大学医学部医学科社会医学講座 助手
  • 2002年12月 - 2003年09月 佐賀医科大学 社会医学講座 (環境医学分野) 助手
  • 2007年04月 - 2009年12月 佐賀大学医学部医学科社会医学講座 助教
  • 2009年11月 - 2010年11月 コロラド大学 (米国) 薬学部 薬理科学講座 分子毒性学分野 訪問研究員
  • 2011年12月 - 継続中 佐賀大学医学部医学科社会医学講座 講師

専門分野

  • 衛生学・公衆衛生学, 疫学・予防医学, 消化器内科学, 精神神経科学, 環境・衛生系薬学

所属学会

  • 日本衛生学会, 日本産業衛生学会, 日本内科学会

現在実施している研究テーマ

  • ALDH2遺伝子多型が与える健康影響に関する研究
  • 尿中代謝物測定法に関する研究
  • ALDHスーパーファミリーに関する研究

主要業績

著書

  • 資料 許容濃度等の勧告(2021年度); 2021年09月
    発表情報; 産業衛生学雑誌, 63, 5, 179-211
    著者; *野見山 哲生, 圓藤 吟史, 圓藤 陽子, 河合 俊夫, 岸 玲子, 田中 茂, 長野 嘉介, 那須 民江, 矢野 栄二, 東 賢一, 石竹 達也, 市場 正良, 市原 学, 伊藤 昭好, 岩澤 聡子, 大前 和幸, 奥田 裕計, 加藤 貴彦, 上島 通浩, 苅田 香苗, 川本 俊弘, 日下 幸則, 熊谷 信二, 祖父江 友孝, 竹下 達也, 武林 亨, 原 邦夫, 福島 哲仁, 保利 一, 堀江 正知, 宮内 博幸, 宮川 宗之, 森本 泰夫, 山野 優子, 横山 和仁, 伊藤 由起, 上山 純, 梅田 ゆみ, 佐藤 一博, 諏訪園 靖, 竹内 靖人, 竹内 文乃, 塚原 照臣, 辻 真弓, 内藤 久雄, 中野 真規子, 松本 明子, 山内 武紀, 荒木 敦子, 上野 晋, 奥田 昌之, 各務 竹康, 原田 浩二, 堀口 兵剛, 山本 健也, 日本産業衛生学会許容濃度等に関する委員会(2020年度)
  • 慢性炎症予防における生活習慣と遺伝的個体差の影響の検討; 2018年03月
    発表情報; 大和証券ヘルス財団研究業績集 , 41, 117-123
    著者; 松本 明子, 田中 恵太郎, 市場 正良, 原 めぐみ, 西田 裕一郎, 島ノ江 千里
  • ピスフェノールAジグリシジルエーテル.荻野景規,小栗一太 編:環境化学物質代謝とその周辺.; 2003年
    発表情報; (日本公衆衛生協会), 35-44
    著者; 川本 俊弘,松本 明子
  • ビスフェノールA; 2003年
    発表情報; 
    著者; 環境化学物質の代謝とその周辺

原著論文

  • Association of Vaccine Confidence and Hesitancy in Three Phases of COVID-19 Vaccine Approval and Introduction in Japan ; 2022年03月
    発表情報; Vaccines (Basel), 10, 3, 423
    著者; *Mikiko Tokiya, Megumi Hara, Akiko Matsumoto, Mohammad Said Ashenagar, Takashi Nakano, Yoshio Hirota
  • Comparison of CLEIA and ELISA for SARS-CoV-2 Virus Antibodies after First and Second Dose Vaccinations with the BNT162b2 mRNA Vaccine ; 2022年03月
    発表情報; Vaccines (Basel), 10, 4, 487
    著者; Mohammad Said Ashenagar, Akiko Matsumoto, Hironori Sakai, Mikiko Tokiya, Megumi Hara, Yoshio Hirota
  • ALDH2 polymorphism rs671 is a predictor of PD-1/PD-L1 inhibitor efficacy against thoracic malignancies ; 2021年05月
    発表情報; BMC Cancer, 21, 1, 584
    著者; Akiko Matsumoto, Chiho Nakashima, Shinya Kimura, Eizaburo Sueoka, Naoko Aragane
  • Perceived stress, depressive symptoms, and cortisol-to-cortisone ratio in spot urine in 6878 older adults; 2021年03月
    発表情報; Psychoneuroendocrinology, 125, 105125
    著者; ○Shimanoe C, Matsumoto A, Hara M, Akao C, Nishida Y, Horita M, Nanri H, Higaki Y, Tanaka K
  • Whole-body insulin resistance and energy expenditure indices, serum lipids, and skeletal muscle metabolome in a state of lipoprotein lipase overexpression ; 2021年02月
    発表情報; Metabolomics, 17, 3, 26
    著者; ○Yuichiro Nishida, Kazutoshi Nishijima, Yosuke Yamada, Hiroaki Tanaka, Akiko Matsumoto, Jianglin Fan, Yoichi Uda, Hajime Tomatsu, Hiroyuki Yamamoto, Kenjiro Kami, Shuji Kitajima, Keitaro Tanaka
  • Occupational exposure limits for acetaldehyde, 2-bromopropane, glyphosate, manganese and inorganic manganese compounds, and zinc oxide nanoparticle, and the biological exposure indices for cadmium and cadmium compounds and ethylbenzene, and carcinogenicity, occupational sensitizer, and reproductive toxicant classifications ; 2021年01月
    発表情報; J Occup Health, 63, 1, e12294
    著者; Committee for Recommendation of Occupational Exposure Limits, Japan Society for Occupational Health(Masayoshi Ichiba and Akiko Matsumoto et al)
  • 遺伝子型により個別化された認知機能障害予防法の検討; 2019年12月
    発表情報; 上原記念生命科学財団研究報告集, 33, 1-5
    著者; 松本 明子
  • Occupational exposure limits for cumene, 2,4-dichlorophenoxy acetic acid, silicon carbide whisker, benzyl alcohol, and methylamine, and carcinogenicity, occupational sensitizer, and reproductive toxicant classifications.; 2019年07月
    発表情報; J Occup Health. , 61, 4, 328-330
    著者; *Araki A, Azuma K, Endo G, Endo Y, Fukushima T, Hara K, Harada K, Hori H, Horie S, Ichiba M, Ichihara G, Ikeda M, Ito A, Ito Y, Iwasawa S, Kakumu T, Kamijima M, Karita K, Katoh T, Kawai T, Kawamoto T, Kumagai S, Kusaka Y, Matsumoto A, et al.
  • Ethanol induces skin hyperpigmentation in mice with aldehyde dehydrogenase 2 deficiency.; 2019年04月
    発表情報; Chem Biol Interact. , 302, 61-66
    著者; Matsumoto A, Ito S, Wakamatsu K, Ichiba M, Vasiliou V, Akao C, Song BJ, Fujita M.
  • Acetaldehyde administration induces salsolinol formation in vivo in the dorsal striatum of Aldh2-knockout and C57BL/6N mice.; 2018年10月
    発表情報; Neurosci Lett. , 685, 50-54
    著者; *Ito A, Jamal M, Ameno K, Tanaka N, Takakura A, Kawamoto T, Kitagawa K, Nakayama K, Matsumoto A, Miki T, Kinoshita H.
  • Occupational Exposure Limits for ethylidene norbornene, ethyleneimine, benomyl, and 2,3-epoxypropyl methacrylate, and classifications on carcinogenicity; 2018年07月
    発表情報; J Occup Health. , 60, 4, 333-335
    著者; Committee for Recommendation of Occupational Exposure Limits, Japan Society for Occupational Health, Araki A, Azuma K, Endo G, Endo Y, Fukushima T, Hara K, Hori H, Horie S, Horiguchi H, Ichiba M, Ichihara G, Ikeda M, Ishitake T, Ito A, Ito Y, Iwasawa S, Kakumu T, Kamijima M, Karita K, Katoh T, Kawai T, Kawamoto T, Kumagai S, Kusaka Y, Matsumoto A, et al
  • Variability and reliability of POPs concentrations in multiple breast milk samples collected from the same mothers; 2018年06月
    発表情報; Environ Sci Pollut Res Int. , 25, 17, 16309-16315
    著者; 〇Kakimoto R, Ichiba M, Matsumoto A, Nakai K, Tatsuta N, Iwai-Shimada M, Ishiyama M, Ryuda N, Someya T, Tokumoto I, Ueno D
  • Concentration determination of urinary metabolites of N,N-dimethylacetamide by high-performance liquid chromatography-tandem mass spectrometry; 2018年03月
    発表情報; J Occup Health. , 60, 2, 140-147
    著者; Yamamoto S, Matsumoto A, Yui Y, Miyazaki S, Kumagai S, Hori H, Ichiba M
  • Occupational exposure limits for ethylene glycol monobutyl ether, isoprene, isopropyl acetate and propyleneimine, and classifications on Occupational exposure limits for ethylene glycol monobutyl ether, isoprene, isopropyl acetate and propyleneimine, and classifications on carcinogenicity, occupational sensitizer and reproductive toxicant.; 2017年
    発表情報; J Occup Health. , 59, 4, 364-366
    著者; *Azuma K, Endo G, Endo Y, Fukushima T, Hara K, Hori H, Horie S, Horiguchi H, Ichiba M, Ichihara G, Ikeda M, Ishitake T, Ito A, Ito Y, Iwasawa S, Kamijima M, Karita K, Katoh T, Kawai T, Kawamoto T, Kishi R, Kumagai S, Kusaka Y, Matsumoto A, Miyagawa M, Miyauchi H, Morimoto Y, Nagano K, Naito H, Nakajima T, Nomiyama T, Okuda H, Omae K, Sakurai H, Sato K, Sobue T, Suwazono Y, Takebayashi T, Takeshita T, Takeuchi A, Takeuchi A, Tanaka M, Tanaka S, Tsukahara T, Tsunoda M, Ueno S, Ueyama J, Umeda Y, Yamano Y, Yamauchi T, Yano E.
  • Aldehyde dehydrogenase 1B1: a novel immunohistological marker for colorectal cancer.; 2017年
    発表情報; Br J Cancer. , 117, 10, 1537-1543
    著者; Matsumoto A, Arcaroli J, Chen Y, Gasparetto M, Neumeister V, Thompson DC, Singh S, Smith C, Messersmith W, Vasiliou V.
  • Development of suitable method for large-scale urinary glucocorticoid analysis by liquid chromatography-mass spectrometry.; 2017年
    発表情報; J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci. , 1057, 62-69
    著者; Matsumoto A, Shimanoe C, Tanaka K, Ichiba M, Hara M.
  • Chronic Glutathione Depletion Confers Protection against Alcohol-induced Steatosis: Implication for Redox Activation of AMP-activated Protein Kinase Pathway.; 2016年
    発表情報; Sci Rep., 6, 29743
    著者; * Chen Y, Singh S, Matsumoto A, Manna SK, Abdelmegeed MA, Golla S, Murphy RC, Dong H, Song BJ, Gonzalez FJ, Thompson DC, Vasiliou V.
  • Heme oxygenase 1 protects ethanol-administered liver tissue in Aldh2 knockout mice.; 2016年
    発表情報; Alcohol, 52, 49-54
    著者; Matsumoto A, Thompson DC, Chen Y, Vasiliou V, Kawamoto T, Ichiba M
  • ALDH1B1 links alcohol consumption and diabetes.; 2015年
    発表情報; Biochem Biophys Res Commun., 463, 4, 768-73
    著者; *Singh S, Chen Y, Matsumoto A, Orlicky DJ, Dong H, Thompson DC, Vasiliou V.
  • Ethanol reduces lifespan, body weight, and serum alanine aminotransferase level of aldehyde dehydrogenase 2 knockout mouse.; 2014年
    発表情報; Alcohol Clin Exp Res. , 38, 7, 1883-93
    著者; Matsumoto A, Vasiliou V, Kawamoto T, Tanaka K, Ichiba M.
  • Aldehyde dehydrogenase 2 deficiency ameliorates alcoholic fatty liver but worsens liver inflammation and fibrosis in mice.; 2014年
    発表情報; Hepatology. , 60, 1, 146-57
    著者; *Kwon HJ, Won YS, Park O, Chang B, Duryee MJ, Thiele GE, Matsumoto A, Singh S, Abdelmegeed MA, Song BJ, Kawamoto T, Vasiliou V, Thiele GM, Gao B.
  • Aldehyde dehydrogenase 3A1 protects airway epithelial cells from cigarette smoke-induced DNA damage and cytotoxicity.; 2014年
    発表情報; Free Radic Biol Med. , 68, 80-6
    著者; *Jang JH, Bruse S, Liu Y, Duffy V, Zhang C, Oyamada N, Randell S, Matsumoto A, Thompson DC, Lin Y, Vasiliou V, Tesfaigzi Y, Nyunoya T.
  • Aldehyde dehydrogenase 3A1 protects airway epithelial cells from cigarette smoke‐induced DNA damage and cytotoxicity.; 2013年
    発表情報; Free Radic Biol Med. Epub ahead of print
    著者; *Jang JH, Bruse S, Liu Y, Duffy V, Zhang C, Oyamada N, Randell S, Matsumoto A, Thompson DC, Lin Y, Vasiliou V, Tesfaigzi Y, Nyunoya T.
  • Simultaneous measurement of urinary total nicotine and cotinine as biomarkers of active and passive smoking among Japanese individuals.; 2013年
    発表情報; Environ Health Prev Med., 18, 3, 244-250
    著者; Matsumoto A, Matsumoto A, Ichiba M, Payton NM, Oishi H, Hara M.
  • Aldehyde dehydrogenases in cellular responses to oxidative/electrophilic stress.; 2013年
    発表情報; Free Radic Biol Med., 56, 89-101
    著者; *Singh S, Brocker C, Koppaka V, Chen Y, Jackson BC, Matsumoto A, Thompson DC, Vasiliou V.
  • Aldehyde dehydrogenase 1B1 (ALDH1B1) is a potential biomarker for human colon cancer.; 2011年
    発表情報; , 405, 2, 173-9
    著者; Chen Y, Orlicky DJ, Matsumoto A, Singh S, Thompson DC, Vasiliou V.
  • Enzyme-linked immunosorbent assay of nicotine metabolites; 2010年
    発表情報; , 15, 4, 211–216
    著者; Matsumoto A, Ino T, Ohta M, Otani T, Hanada S, Sakuraoka A, Matsumoto A, Ichiba M, Hara M.
  • Increased formation of gastric N(2)-ethylidene-2'-deoxyguanosine DNA adducts in aldehyde dehydrogenase-2 knockout mice treated with ethanol.; 2009年02月
    発表情報; Mutat Res., 673, 1, 74-77
    著者; Nagayoshi H, Matsumoto A, Nishi R, Kawamoto T, Ichiba M, Matsuda T.
  • Effects of 5-week ethanol feeding on the liver of aldehyde dehydrogenase 2 knockout mice.; 2008年10月
    発表情報; Pharmacogenet Genomics., 18, 10, 847-852
    著者; Matsumoto A, Kawamoto T, Mutoh F, Isse T, Oyama T, Kitagawa K, Nakayama KI, Ichiba M.
  • Single-dose ethanol administration downregulates expression of cytochrome p450 2E1 mRNA in aldehyde dehydrogenase 2 knockout mice.; 2007年
    発表情報; Alcohol, 41, 8, 587-589
    著者; Matsumoto A, Kawamoto T, Horita M, Takahashi T, Isse T, Oyama T, Ichiba M.
  • Increased formation of hepatic N2-ethylidene-2'-deoxyguanosine DNA adducts in aldehyde dehydrogenase 2-knockout mice treated with ethanol.; 2007年
    発表情報; Carcinogenesis, 28, 11, 2363-2366
    著者; Matsuda T, Matsumoto A, Uchida M, Kanaly RA, Misaki K, Shibutani S, Kawamoto T, Kitagawa K, Nakayama KI, Tomokuni K, Ichiba M.
  • Analysis of urinary metabolites of polycyclic aromatic hydrocarbons in incineration workers.; 2007年
    発表情報; J Occup Health, 49, 2, 159-164
    著者; Ichiba M, Ogawa Y, Mohri I, Kondoh T, Horita M, Matsumoto A, Yoshida R, Matsumoto Y, Saito H, Ohba K, Yamashita Z, Tomokuni K.
  • Lack of aldehyde dehydrogenase ameliorates oxidative stress induced by single-dose ethanol administration in mouse liver.; 2007年
    発表情報; Alcohol, 41, 1, 57-59
    著者; Matsumoto A, Ichiba M, Horita M, Yamashita Z, Takahashi T, Isse T, Oyama T, Kawamoto T, Tomokuni K.
  • Decreasing urinary PAH metabolites and 7-methylguanine after smoking cessation.; 2006年
    発表情報; Int Arch Occup Environ Health., 79, 7, 545-549
    著者; Ichiba M, Matsumoto A, Kondoh T, Horita M, Tomokuni K.
  • Urinary 8-hydoxydeoxyguanosine (8-OHdG) and plasma malondialdehyde (MDA) levels in Aldh2 knock-out mice under acetaldehyde exposure.; 2005年
    発表情報; Ind Health, 44, 1, 179-183
    著者; Ogawa M, Isse T, Oyama T, Kunugita N, Yamaguchi T, Kinaga T, Narai R, Matsumoto A, Kim YD, Kim H, Uchiyama I, Kawamoto T.
  • Identification of cytochrome P450 isoforms involved in 1-hydroxylation of pyrene.; 2004年
    発表情報; Environ Res., 94, 3, 262-266
    著者; Kim YD,Todoroki H,Oyama T,Isse T,Matsumoto A,Yamaguchi T,Kim H,Uchiyama I,Kawamoto T
  • Identification of cytochrome P450 isoforms involved in 1-hydroxylation of pyrene.; 2004年
    発表情報; Environ Res., 94, 3, 262-266
    著者; Kim YD,Todoroki H,Oyama T,Isse T,Matsumoto A,Yamaguchi T,Kim H,Uchiyama I,Kawamoto T
  • Effects of Genetic Polymorphism of Drug Metabolizing Enzymes on Smoking and Drinking.; 2003年
    発表情報; J. UOEH., 25, Suppl, 97-106
    著者; Kawamoto T, Isse T, Kunugita N, Yang M, Kitagawa K, Suenaga R, Matsumoto A, Oyama T
  • アルデヒド脱水素酵素2(Aldh2)ノックアウトマウスのアルコール医学研究への応用.; 2003年
    発表情報; 日本アルコール精神医学雑誌 , 10, 3-10
    著者; 川本 俊弘,北川 恭子,一瀬 豊日,松本 明子,山口 哲右,鈴木 理恵,小川 真規,本長 健,松野 康二,欅田 尚樹,小山 倫浩
  • Bisphenol A levels in human urine.; 2003年
    発表情報; Environ. Health Perspect., 111, 1, 101-104
    著者; Matsumoto A, Kunugita N, Kitagawa K, Isse T, Oyama T, Foureman GL, Morita M, Kawamoto T
  • Lung Cancer and CYP1A1 or GSTM1 Polymorphisms.; 2003年
    発表情報; Environmental Health and Preventive Medidne., 7, 6, 230-234
    著者; Oyama T, Kagawa N, Kim YD, Matsumoto A, Isse T, Kawamoto T
  • A case-case study comparing the usefulness of serum trace elements (Cu,Zn and Se)and tumor markers (CEA,SCC and SLX) in non-small cell lung cancer patients.; 2003年
    発表情報; Anticancer Res., 23, 1B, 605-612
    著者; Oyama T, Kawamoto T, Matsuno K, Osaki T, Matsumoto A, Isse T, Nakata S, Ozaki S, Sugaya M, Yasuda M, Yamashita T, Takenoyama M, Sugio K, Yasumoto K
  • Evidence based prevention (EBP):evidence-based approach to prevention of lung cancer by application of cytochrome 2E1 polymorphism.; 2003年
    発表情報; Anticancer Res., 23, 1731-1738
    著者; Oyama T, Matsumoto A, Isse T, Kim YD, Ozaki S, Ozaki T, Sugio K, Yasumoto K, Kawamoto T

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • Evolutionary divergence and functions of the human interleukin (IL) gene family.; 2010年
    発表情報; , 5, 1, 30-55
    著者; 
  • 佐賀環境フォーラムにおけるシックスクール問題への取り組み; 2009年01月
    発表情報; Nippon Eiseigaku Zasshi., 64, 1, 26-31
    著者; 市場正良, 高橋達也, 山下善功, 高石恵子, 西村晃一, 蒲池将史, 近藤敏弘, 松本明子, 上野大介, 宮島徹
  • 喫煙・受動喫煙のバイオロジカルモニタリングに関する研究; 2007年
    発表情報; 総括・分担研究報告書「がん予防に資する未成年等における包括的たばこ対策に関する研究」, 125-127
    著者; 松本明子、原めぐみ

一般講演(学術講演を含む)

  • アセトアルデヒド脱水素酵素2 (ALDH2) 欠失はマウス喘息を増悪させる; 2021年12月
    発表情報; 第44回日本分子生物学会年会(ハイブリッド形式開催), 2021, 12, 1-3(現地/オンライン開催)
    著者; 澤田孟志, 吉本怜子, 松本明子, 牧野優徳, 髙玮琦, 本田裕子, 内野加穂, 古賀龍之介, 福山哲平, 城戸瑞穂
  • Effects of high intensity local exposure to 26.5 GHz-millimeter-waves on neuronal cells in rat brain; 2021年09月
    発表情報; BioEM2021(hybrid model), 2021, 9, 26-30
    著者; *Ijima E, Ishitake T, Hirata A, Kodera S, Matsumoto A, Hikage T, Masuda H
  • Ethanol induces melanocyte proliferation, melanin pigmentation, and DNA damage in Aldh2 KO mice; 2021年09月
    発表情報; PASPCR 2021 Annual Meeting(hybrid event), 2021, 9, 22-25
    著者; *Yamauchi T, Matsumoto A, Zhai Z, Gao B, Song BJ, Ito S, Wakamatsu K, Brash DE, Fujita M
  • O13-02.午前尿の遊離コルチゾールコルチゾン比は日本人中高年の健康状態を示すバイオマーカー; 2021年03月
    発表情報; 第91回日本衛生学会学術総会(完全オンライン開催), 2021, 3, 6- 8(LIVE配信), 2021, 3, 9-22(オンデマンド配信)
    著者; 松本 明子, 島ノ江 千里, 原 めぐみ, 赤尾 千穂, 西田 裕一郎, 市場 正良, 田中 恵太郎
  • 飲酒したALDH2変異型保有者の栄養摂取について; 2021年
    発表情報; 第31回日本疫学会学術総会(WEB開催), 2021, 1,27-29(リアルタイム配信), 2021, 1, 28- 3,12(オンデマンド配信)
    著者; ○林田 寛之, 松本 明子, 原 めぐみ, 西田 裕一郎, 島ノ江 千里, 田中 恵太郎
  • Ethanol induces melanin pigmentation and cyclobutene pyrimidine dimers (CPD) in ALDH2 KO mice; 2020年06月
    発表情報; 第24回国際色素細胞学会(On program booklet), 2020, 6, 18-21
    著者; *Yamauchi T, Matsumoto A, Ito S, Wakamatsu K, Suzuki T, Zhai Z, Fujita M
  • 変異型ALDH2遺伝子保有者におけるT細胞免疫抑制; 2020年03月
    発表情報; 第90回日本衛生学会学術総会(誌上開催), 2020, 3, 26 - 28
    著者; 松本 明子, 寺島 裕也, 遠田 悦子, 赤尾 千穂, 三宅 靖延, 松尾 恵太郎, 島ノ江 千里, 西田 裕一郎, 原 めぐみ, 田中 恵太郎, 市場 正良, 荒金 尚子, 末岡 榮三朗
  • メタボリックシンドロームと心理ストレスバイオマーカーとの関連; 2020年03月
    発表情報; 第90回日本衛生学会学術総会(誌上開催), 2020, 3, 26 - 28
    著者; ○島ノ江 千里, 松本 明子, 赤尾 千穂, 原 めぐみ, 西田 裕一郎, 堀田 美加子, 市場 正良, 田中 恵太郎
  • The role of ethanol and ALDH2 in activating melanocytes.; 2019年
    発表情報; 4th Alcohol and Cancer Conference, 2019, 4, 14-18
    著者; *Yamauchi T, Matsumoto A, Ito S, Wakamatsu K, Suzuki T, Zhai Z, Fujita M.
  • Ethanol induces skin hyperpigmentation in mice with aldehyde dehydrogenase 2 deficiency.; 2019年
    発表情報; 77th Annual SID Meeting, 2019, 5, 8-11
    著者; *Yamauchi T, Matsumoto A, Ito S, Wakamatsu K, Suzuki T, Fujita M.
  • The role of ethanol and ALDH2 in activating melanocytes.; 2019年
    発表情報; PASPCR Annual Meeting 2019, 2019, 10, 2-4
    著者; *Yamauchi T, Matsumoto A, Ito S, Wakamatsu K, Suzuki T, Zhai Z, Fujita M.
  • ALDH2多型の新規表現型:飲酒誘導性皮膚色素沈着; 2019年
    発表情報; 第89回日本衛生学会学術総会, 2019, 2, 1-3
    著者; 松本明子、原俊哉、伊藤祥輔、島ノ江千里、若松一雅、杠岳文、吉森智香子、武藤岳夫、遠藤光一、原めぐみ、赤尾千穂、市場正良、藤田真由美
  • 尿中糖質コルチコイドの LC-MS/MS 定量法の確立; 2019年
    発表情報; 2019年度日本産業衛生学会九州地方会学会, 2019, 7, 12-13
    著者; 赤尾千穂、島ノ江千里、田中恵太郎、市場正良、原めぐみ、松本明子
  • 変異型ALDH2の新規表現型:飲酒誘導性メラニン沈着; 2019年
    発表情報; Aldh2ノックアウトマウス学会 第19回研究会, 2019, 7, 19
    著者; ○島ノ江千里、原俊哉、赤尾千穂、杠岳文、吉森智香子、武藤岳夫、遠藤光一、原めぐみ、市場正良、松本明子
  • 変異型ALDH2の新規表現型―T細胞性免疫抑制の研究; 2019年
    発表情報; Aldh2ノックアウトマウス学会 第19回研究会, 2019, 7, 19
    著者; 松本明子、赤尾千穂、味志綾子、松田和子 、三宅靖延、島ノ江千里、荒金尚子、松尾恵太郎、市場正良、末岡榮三朗
  • 肝障害マーカーにおけるALDH2多型と飲酒の交互作用; 2019年
    発表情報; Aldh2ノックアウトマウス学会 第19回研究会, 2019, 7, 19
    著者; 松本明子、赤尾千穂、市場正良、島ノ江千里、西田裕一郎、原めぐみ、田中恵太郎
  • A novel phenotype of ALDH2 polymorphism: alcohol-induced skin pigmentation; 2018年
    発表情報; AIRIG2018 - 2018 Alcohol and Immunology Research Interest Group (AIRIG) meeting, 2018, 1, 26
    著者; Matsumoto A, Hara T, Shimanoe C, Yuzuriha T, Yoshimori C, Muto T, Endo K, Hara M, Ichiba M, Konakahara T, Yajima I, Vasiliou V, Song BJ, Fujita M
  • Alcohol-induced skin pigmentation: a novel phenotype of ALDH2 gene variant; 2018年
    発表情報; Carbonyl 2018 Meeting, 2018, 7, 17-20
    著者; Matsumoto A, Ito S, Hara T, Wakamatsu K, Suzuki T, Abe Y, Shimanoe C, Yuzuriha t, Yoshimori C, Muto T, Endo K, Hara M, Ichiba M, Vasiliou V, Song BJ, Fujita M
  • ALDH2遺伝子多型の予防医学的重要性; 2018年
    発表情報; 第88回日本衛生学会学術総会, 2018, 3, 22-24
    著者; 松本明子
  • 液体クロマトグラフ-質量分析法によるN,N-ジメチルアセトアミド尿中代謝物の測定法; 2018年
    発表情報; 第46回産業中毒・生物学的モニタリング研究会, 2018,11,30-12.1
    著者; *山本忍,松本明子,由井夕湖,宮崎将太,保利一,市場正良
  • A novel phenotype of ALDH2 polymorphism: drinking-induced skin pigmentation; 2017年
    発表情報; IPCC(The International Pigment Cell Conference )2017, 2017, 8, 26-30
    著者; Matsumoto A, Hara T, Shimanoe C, Yuzuriha T, Yoshimori C, Muto T, Endo K, Hara M, Ichiba M, Konakahara T, Yajima Y, Vasiliou V, Song BJ, Fujita M
  • 飲酒により誘導される皮膚色素沈着の研究; 2017年
    発表情報; 平成29年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会, 2017,9,8-9
    著者; 松本明子、原俊哉、島ノ江千里、吉森智香子、武藤岳夫、遠藤光一、原めぐみ、市場正良、杠岳文
  • ストレスチェク制度における医師面接指導の有用性について; 2017年
    発表情報; 第90回日本産業衛生学会, 2017,5,11-13
    著者; 宮崎博喜,味志綾子,松本明子,市場正良
  • HbA1cの季節変動を考慮した健康診断や保健指導の重要性; 2017年
    発表情報; 平成29年度日本産業衛生学会九州地方会学会, 2017,7,14-15
    著者; 髙木佑介,味志綾子,松本明子,市場正良
  • Significance of defective polymorphism of aldehyde dehydrogenase 2 gene (ALDH2) in prenatal toxicology; 2016年
    発表情報; 5th Conference on Prenatal Programming and Toxicity (pptoxV), 2016, 11, 13-16
    著者; Matsumoto A
  • 欠損型ALDH2遺伝子の新規表現型 -飲酒誘導性の皮膚色素沈着-; 2016年
    発表情報; 第27回日本色素細胞学会学術大会, 2016, 11, 12-13
    著者; 松本明子、島ノ江千里、原俊哉、吉森 智香子、 武藤 岳夫、遠藤 光一、原 めぐみ、市場 正良、杠 岳文
  • ストレスチェク制度における医師面接指導の自験例について; 2016年
    発表情報; 平成28年日本産業衛生学会九州地方会学会, 2016,7,22-23
    著者; 宮崎博喜,味志綾子、松本明子,市場正良
  • LC-MS/MSによる尿中グルココルチコイド類の同時測定法の確立; 2016年
    発表情報; 第86回日本衛生学会学術総会, 2016, 5 11-13
    著者; 島ノ江千里、原めぐみ、田中恵太郎、市場正良、松本明子
  • N,N-ジメチルアセトアミド尿中代謝物測定法の開発~液体クロマトグラフを用いた分析条件の検討~; 2016年
    発表情報; 第89回日本産業衛生学会, 2016/5/24-27
    著者; 山本 忍,松本 明子,宮崎 博喜,市場 正良,保利 一
  • 液体クロマトグラフ法によるN,N-ジメチルアセトアミドの尿中代謝物測定法の開発; 2016年
    発表情報; 平成28年日本産業衛生学会九州地方会学会, 2016/7/22-23
    著者; 山本忍,松本 明子,由井 夕湖,宮崎 将太,重黒木 明,宮崎 博喜,市場 正良,保利 一
  • 学校教室内の空気環境とその対策(4); 2015年
    発表情報; 第85回日本衛生学会学術総会, 2015.3.26-28
    著者; 市場正良,溝内重和,宮崎博喜,松本明子,近藤敏弘,上野大介
  • 長期飲酒したAldh2遺伝子欠損マウスに生じる皮膚色素沈着; 2015年
    発表情報; 第85回日本衛生学会学術総会, 2015.3.26-28
    著者; 松本明子、小中原猛雄、藤田真由美、市場正良
  • 多環芳香族炭化水素類のバイオマーカーに関する研究:尿中未変化体濃度2; 2015年
    発表情報; 第88回日本産業衛生学会, 2015.5.13-16
    著者; 市場正良、山本 忍、山野優子、原 邦夫、宮崎博喜、松本明子、花岡知之、潘 国偉、中館俊夫
  • 飲酒とALDH2欠損によって生じる色素沈着症の研究; 2015年
    発表情報; 第26回日本色素細胞学会学術大会, 2015.11.14-15
    著者; 松本明子、小中原猛雄、市場正良、矢嶋伊知郎、Vasilis Vasiliou、藤田真由美
  • 有機溶剤等曝露量のリアルタイムモニタリングとウエラブルカメラの併用によるリスクアセスメント法; 2015年
    発表情報; 平成27年度日本産業衛生学会九州地方会学会, 2015.7.11-12
    著者; 市場正良,久米修二,竹内靖人,海福雄一郎,山下浩平,三原充久,松本明子,宮崎博喜,近藤敏弘
  • エタノールはAldh2ノックアウトマウスの寿命を量依存的に短縮する; 2014年
    発表情報; 第84回日本衛生学会, 2014,5,25-27
    著者; 松本明子、田中恵太郎、市場正良
  • 学校教室内の空気環境とその対策(4); 2014年
    発表情報; 第84回日本衛生学会, 2014,5,25-27
    著者; 市場正良,溝内重和,宮崎博喜,松本明子,唐喜順、志岐朋恵、近藤敏弘,寺東宏明,高椋利幸,上野大介
  • 多環芳香族炭化水素類のバイオマーカーに関する研究3:尿中未変化体濃度; 2014年
    発表情報; 第87回日本産業衛生学会, 2014/5/21-24
    著者; 市場正良、山本 忍、山野優子、原 邦夫、宮崎博喜、松本明子、花岡知之、潘 国偉、中館俊夫
  • 職域における慢性腎臓病(CKD)対策の重要性とその課題; 2014年
    発表情報; 平成26年日本産業衛生学会九州地方会学会, 2014/6/20-21
    著者; 宮﨑博喜,廣田美樹,三隅幸子,味志綾子,松本明子,市場正良
  • ALDH2の基礎知識; 2014年
    発表情報; 第17回 Aldh2 ノックアウトマウス学会, 2014,11,28
    著者; 松本明子
  • エタノール投与がAldh2ノックアウトマウスの肝臓に与える影響; 2014年
    発表情報; 第17回 Aldh2 ノックアウトマウス学会, 2014,11,28
    著者; 三隅幸子、松本明子
  • Aldh2遺伝子欠損が血中レプチン濃度に与える影響の検討; 2014年
    発表情報; 第17回 Aldh2 ノックアウトマウス学会, 2014,11,28
    著者; 加地崇裕、松本明子
  • アルデヒド脱水素酵素1B1(ALDH1B1)は良好な大腸がんマーカーとなり得る; 2013年
    発表情報; 第83回日本衛生学会, 2013, 3, 24-26
    著者; 松本明子、Ying Chen、市場正良、Vasilis Vasiliou
  • 太陽光発電の発電量に影響を及ぼす気象因子; 2013年
    発表情報; 第83回日本衛生学会, 2013, 3, 24-26
    著者; 松尾裕康,藤田雄二,宮崎博喜,松本明子,市場正良
  • 中国における一般住宅室内環境調査; 2013年
    発表情報; 第83回日本衛生学会, 2013, 3, 24-26
    著者; 唐喜順,志岐朋恵,大田裕介,久保田玲奈,友清仁美,松尾裕康,山本 忍,宮崎博喜,松本明子,市場正良
  • N,N-ジメチルアセトアミドの生物学的モニタリング; 2013年
    発表情報; 第86回日本産業衛生学会, 2013, 5, 15-17
    著者; 山本 忍, 天野 有康, 中村 正, 濱野 和可子, 森 浩司, 金村 茂, 廣瀬 隆穂, 木戸 誠二郎, 錦織 千賀, 竹嶋 淳, 関 顯, 杉山 浩貴, 山内 恒幸, 圓藤 陽子, 宮崎 博喜, 松本 明子, 市場 正良
  • 学校教室内の空気環境とその対策(3); 2013年
    発表情報; 室内環境学会九州支部研究発表会, 2013.1.25
    著者; 市場正良,宮崎博喜,松本明子,大田裕介,久保田玲奈,友清仁美,松尾裕康,山本忍,志岐朋恵,唐喜順,近藤敏弘,寺東宏明,上野大介
  • Aldh2欠損により生じるエタノール長期曝露後の皮膚色素沈着; 2013年
    発表情報; 第16回Aldh2ノックアウトマウス学会, 2013, 9, 26
    著者; 加地崇裕, 松本明子
  • タバコ煙の生物学的モニタリング; 2008年11月
    発表情報; 日本産業衛生学会第41回生物学的モニタリング ・バイオマーカー研究会
    著者; 松本茜子 原めぐみ 松本明子 仁志蘭子 大石浩隆 市場正良 

  • Single-dose ethanol administration downregulates expression of cytochrome p450 2E1 mRNA in aldehyde dehydrogenase 2 knockout mice.; 2008年10月
    発表情報; 2nd World Conference on Magic Bullets (Ehrlich II). N�rnberg, Germany.
    著者; Matsumoto A, Kawamoto T, Isse T, Oyama T, Ichiba M.
  • ニコチン摂取のバイオロジカルモニタリング; 2008年09月
    発表情報; アルコール・薬物依存 関連学会合同学術総会 2008/9/18-19 横浜
    著者; 松本明子
  • 喫煙・受動喫煙量のバイオロジカルモニタリング; 2008年07月
    発表情報; 日本産業衛生学会地方会 産業衛生学雑誌(1341-0725)50巻5号 Page153(2008.09)
    著者; 松本明子, 松本茜子, 大石浩隆, 市場正良, 原めぐみ
  • アルデヒド脱水素酵素2遺伝子多型が及ぼす生体影響の基礎的検討.; 2008年03月
    発表情報; 日本衛生学会総会. 日本衛生学雑誌 63(2)588. 熊本3,28-3,2008
    著者; 松本明子, 川本俊弘, 高橋達也, 堀田美加子, 一瀬豊日, 小山倫浩, 市場正良.
  • 佐賀環境フォーラムにおけるシックスクール問題への取り組み; 2007年
    発表情報; 日本衛生学会総会
    著者; 市場正良、高橋達也、山下善功、高石恵子、西村晃一、蒲池将史、近藤敏弘、松本明子、上野大介、宮島徹
  • アルデヒド脱水素酵素2多型が及ぼす生体影響の基礎的検討; 2007年
    発表情報; 日本衛生学会総会
    著者; 松本明子、川本俊弘、高橋達也、堀田美加子、一瀬豊日、小山倫浩、市場正良
  • ALDH2 transgenic knockout mice dislike alcohol drinking and receive more severe acetaldehyde toxicity.; 2007年
    発表情報; 11th congress of Eueopean Society for Biomedical Research on Alcoholism
    著者; Isse T, Kitagawa K, Matsuda T, Matsumoto A, Oyama T, Kawamoto T
  • 飲酒が与える肝組織への影響におけるALDH2遺伝子多型の役割; 2007年
    発表情報; 日本アルコール・薬物医学会等合同学術総会
    著者; 松本明子
  • アルデヒド脱水素酵素2ノックアウトの呼吸器系組織におけるアセトアルデヒド感受性; 2007年
    発表情報; 日本産業衛生学会
    著者; 小山倫浩, 一瀬豊日, PhamThi Thu Phuong, 小川真規, 山口哲右, 木長健, 松本明子, 市場正良, 欅田尚樹, 川本俊弘
  • Aldh2ノックアウトマウスにおけるCYP2E1発現の検討; 2006年
    発表情報; 日本衛生学会総会
    著者; 松本明子(佐賀大学 医学部社会医学), 市場正良, 堀田美加子, 山下善功, 一瀬豊日, 小山倫浩, 川本俊弘, 友国勝麿
  • 不活性化ALDH2保持者で飲酒時に肝細胞壊死が抑制される可能性; 2005年
    発表情報; 第34回有機溶剤中毒研究会
    著者; 松本明子、市場正良、堀田美加子、川本俊弘、友国勝麿
  • 不活性型ALDH2により飲酒によるトランスアミナーゼの上昇が抑制される可能性; 2005年
    発表情報; 第76回日本衛生学会総会
    著者; 松本明子, 市場正良, 堀田美加子, 武藤文博, 一瀬豊日, 小山倫浩, 川本俊弘, 友国勝麿
  • 肺癌におけるチトクロームP450 (CYP) 発現の意義; 2005年
    発表情報; 第5回分子予防環境医学研究会
    著者; 小山倫浩、一瀬豊日、村上朋絵、小川真規、山口哲右、木長 健、松本明子、市場正良、北川恭子、欅田尚樹、川本俊弘
  • Aldh2ノックアウトマウスを用いたアルコール性肝障害の検討; 2005年
    発表情報; 第33回有機溶剤中毒研究会
    著者; 松本明子、市場正良、堀田美加子、武藤文博、川本俊弘、友国勝麿
  • 気管支上皮内チトクロムP450(CYP)発現プロファイルはタバコ煙曝露のバイオマーカーとなりうるか?; 2005年
    発表情報; 第4回日本予防医学会
    著者; 小山倫浩、一瀬豊日、村上朋絵、小川真規、山口哲右、木長 健、松本明子、市場正良、北川恭子、欅田尚樹、川本俊弘
  • アルデヒド脱水素酵素2ノックアウトマウスによるアセトアルデヒド急性毒性の検討; 2005年
    発表情報; 日本産業衛生学会九州地方会
    著者; 一瀬豊日, 小山倫浩, 欅田尚樹, 松野康二, 松本明子, 市場正良, 小川真規, 木長健, 奈良井理恵, 村上朋絵, 山口哲右, 友国勝麿, 川本俊弘
  • 焼却炉作業者の多環芳香族炭化水素類曝露調査; 2005年
    発表情報; 第78回日本産業衛生学会
    著者; 市場正良,松本明子,友国勝麿,小川康恭、毛利一平、斉藤宏之、平田 衛、中田光紀、北村文彦
  • ALDH2遺伝子多型でアルコール性肝障害が緩和される可能性; 2004年
    発表情報; 第74回日本衛生学会
    著者; 松本明子, 市場正良, 堀田美加子, 武藤文博, 北川恭子, 一瀬豊日, 小山倫浩, 川本俊弘, 友国勝麿
  • アルコールによる多環芳香族炭化水素DNA付加体形成への影響; 2004年
    発表情報; 第75回日本衛生学会
    著者; 市場正良,松本明子,堀田美加子,近藤敏弘,花岡知之,小山倫浩,川本俊弘,友国勝麿
  • 気管支上皮におけるチトクローム酵素(CYP)の発現; 2004年
    発表情報; 第77回日本産業衛生学会
    著者; 小山倫浩, 一瀬豊日, 小川真規, 山口哲右, 鈴木理恵, 木長健, 欅田尚樹, 松本明子, 八嶋康典, 尾崎真一, 川本俊弘
  • アセトアルデヒド吸入曝露によるAldh2ノックアウトマウス及び野生型マウスの尿中8-OHdG濃度の変化; 2004年
    発表情報; 第78回日本産業衛生学会
    著者; 小川真規, 小山倫浩, 一瀬豊日, 山口哲右, 木長健, 鈴木理恵, 松本明子, 北川恭子, 欅田尚樹, 川本俊弘
  • 病院病理部の労働環境; 2004年
    発表情報; 第77回日本産業衛生学会
    著者; 市場正良,松本明子,友国勝麿

総説

  • 個人の内因性抗酸化能に応じた強度別身体活動量の検討; 2020年09月
    発表情報; デサントスポーツ科学, 41, 25 - 32
    著者; ○原 めぐみ, 松本 明子
  • 許容濃度等の勧告(2020年度); 2020年09月
    発表情報; 産業衛生学雑誌, 62, 5, 198-230
    著者; *野見山 哲生, 池田 正之, 圓藤 吟史, 圓藤 陽子, 大前 和幸, 河合 俊夫, 岸 玲子, 小泉 昭夫, 櫻井 治彦, 佐藤 洋, 田中 茂, 田中 正敏, 長野 嘉介, 那須 民江, 矢野 栄二, 市場 正良, 市原 学, 奥田 裕計, 加藤 貴彦, 上島 通浩, 苅田 香苗, 川本 俊弘, 日下 幸則, 熊谷 信二, 祖父江 友孝, 竹下 達也, 武林 亨, 原 邦夫, 福島 哲仁, 保利 一, 宮川 宗之, 森本 泰夫, 山野 優子, 横山 和仁, 東 賢一, 伊藤 由起, 岩澤 聡子, 上野 晋, 上山 純, 梅田 ゆみ, 佐藤 一博, 諏訪園 靖, 竹内 靖人, 塚原 照臣, 角田 正史, 内藤 久雄, 中野 真規子, 原田 浩二, 堀口 兵剛, 松本 明子, 村田 勝敬, 山内 武紀, 石竹 達也, 伊藤 昭好, 竹内 文乃, 堀江 正知, 宮内 博幸, 荒木 敦子, 奥田 昌之, 各務 竹康, 山本 健也, 日本産業衛生学会許容濃度等に関する委員会(2019年度)
  • 労働衛生 Monthly Topics(第3回)お酒を飲める人と飲めない人 : 健康管理はどう違う?; 2020年03月
    発表情報; 安全と健康, 71, 3, 292 - 295
    著者; 松本 明子
  • The Bidirectional Effect of Defective ALDH2 Polymorphism and Disease Prevention.; 2019年07月
    発表情報; Adv Exp Med Biol. , 1193, 69-87
    著者; Matsumoto A.
  • 奨励賞受賞論文 アルデヒド脱水素酵素2(ALDH2)遺伝子多型の予防医学的重要性; 2018年01月
    発表情報; 日本衛生学雑誌, 73, 1, 9-20
    著者; 松本明子
  • Glutathione and Transsulfuration in Alcohol-Associated Tissue Injury and Carcinogenesis.; 2018年
    発表情報; Adv Exp Med Biol. , 1032, 37-53
    著者; *Chen Y, Han M, Matsumoto A, Wang Y, Thompson DC, Vasiliou V.
  • Roles of defective ALDH2 polymorphism on liver protection and cancer development.; 2016年
    発表情報; Environ Health Prev Med, 21, 6, 395-402
    著者; Matsumoto A, Thompson DC, Chen Y, Kitagawa K and Vasiliou V
  • 血清肝逸脱酵素値における飲酒とALDH2 遺伝子多型の交互作用; 2015年
    発表情報; 細胞, 47, 14, 37-38
    著者; 松本明子
  • Expression of cytochrome P450 in non-small cell lung cancer.; 2008年05月
    発表情報; Front Biosci., 1, 13, 5787-5793
    著者; Oyama T, Sugio K, Isse T, Matsumoto A, Nose N, Uramoto H, Nozoe T, Morita M, Kagawa N, Osaki T, Muto M, Yasumoto K, Kawamoto T.

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • 基調講演「ALDH2多型研究の基礎と展望」; 2019年
    発表情報; Aldh2ノックアウトマウス学会 第19回研究会, 2019, 7, 19
    著者; 松本明子
  • 奨励賞受賞講演1疾病予防に資するバイオマーカーの研究; 2017年
    発表情報; 第87回日本衛生学会学術総会, 2017,3,26-28
    著者; 松本明子
  • 遺伝子多型の動物モデルを用いた解析から個人の医療・予防のへの展望; 2007年
    発表情報; 日本衛生学会遺伝子健康行動研究会企画シンポジウム
    著者; 川本 俊弘1、小山倫浩1、一瀬豊日1、市場正良2、松本明子2、王 瑞生3、小川真規4、圓藤陽子4、欅田尚樹5、北川恭子6
  • Hepatocyte necrosis is inhibited in ethanol administered transgenic mice lacking aldehyde dehydrogenase 2 activit; 2006年
    発表情報; the 8th International Symposium of Aldh2 Knockout Mouse Research
    著者; Akiko Matsumoto, Masayoshi Ichiba, Katsumaro Tomokouni
  • (シンポジウムALDH2と食道癌)Aldh2ノックアウトマウスのアセトアルデヒド・エタノール皮下投与によるp53異常; 2005年
    発表情報; 第6回Aldh2ノックアウトマウス学会、第4回室内環境学会との合同大会
    著者; 小山倫浩、一瀬豊日、村上朋絵、小川真規、山口哲右、木長 健、松本明子、市場正良、北川恭子、欅田尚樹、川本俊弘
  • (シンポジウムアルデヒドによる臓器障害の基礎研究)アルコール性肝障害におけるアセトアルデヒドの役割; 2005年
    発表情報; 第6回Aldh2ノックアウトマウス学会、第4回室内環境学会との合同大会
    著者; 松本明子、市場正良、堀田美加子、武藤文博、川本俊弘、友国勝麿


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.