詳細検索はこちら

渡邉 啓一ワタナベ ケイイチ

所属:
農学部附属アグリ創生教育研究センター

原著論文

  • The chitin-binding capability of Cy-AMP1 from cycad is essential to antifungal activity; 2009年05月
    発表情報; Journal of Peptide Science, 15, 492-497
    著者; S. Yokoyama, Y. Iida, Y. Kawasaki, Y. Minami, K. Watanabe and F. Yagi
  • Purification, characterization, and sequencing of antimicrobial peptides, Cy-AMP1, Cy-AMP2, and Cy-AMP3, from the Cycad (Cycas revoluta) seeds; 2008年12月
    発表情報; Peptides, 29, 12, 2110-2117
    著者; S. Yokoyama, K. Kato, A. Koba, Y. Minami, K. Watanabe and F. Yagi
  • Crystallization and preliminary X-ray crystallographic studies of a psychrophilic subtilisin-like protease from Antarctic Pseudoalteromonas sp. strain AS-11.; 2005年
    発表情報; Acta Cryst., F61, Pt 3, 308-311
    著者; Dong,D.,T.Ihara,H.Motoshima and K.Watanabe
  • Amino Acid Sequence and Antimicrobial Activity of Chitin-Binding Peptides, Pp-AMP 1 and Pp-AMP 2, from Japanese Bamboo Shoots (Phyllostachys pubescens); 2005年
    発表情報; BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 69, 3, 642-645
    著者; Fujimura, M / Ideguchi, M / Minami, Y / Watanabe, K / Tadera, K
  • DNA Cleavage by Good’s Buffers in the Presence of Au(III).; 2005年
    発表情報; Bull. Chem. Soc. Jpn., 78, 7, 1263-1269
    著者; Tabata, M., A. Habib and K. Watanabe
  • Purification, characterization, and sequencing of novel antimicrobial peptides,Tu-AMP 1and Tu-AMP 2, from Bulbs of Tulip (Tulipa gesneriana L.).; 2004年
    発表情報; Biosci. Biotech. Biochem., 68, 571-577
    著者; Fujimura, M., Y. Minami, M. Ideguchi, K. Watanabe and K. Tadera
  • Purification,characterization, and sequencing of a novel type of antimicrobial peptides, Fa-AMP1and Fa-AMP2, from seeds of buckwheat (Fagopyrum esculentum Moench.).; 2003年
    発表情報; Biosci. Biotech. Biochem., 67, 1636-1642
    著者; Fujimura,M.,Y.Minami,K.Watanabe and K.Tadera
  • Genomic clones encoding two isoforms of pokeweed antiviral protein in seeds (PAP-S1and S2) and N-glycosidase activities of their recombinant proteins on ribosomes and DNA in comparison with other isoforms.; 2002年
    発表情報; J. Biochem., 131, 225-231
    著者; Honjo, E., D. Dong, H. Motoshima and K.Watanabe
  • Real-time kinetic analyses of the interaction of ricin toxin A-chain with ribosome prove a conformational change involved in complex formation.; 2002年
    発表情報; J. Biochem., 131, 267-275
    著者; Honjo, E., K. Watanabe and T. Tsukamoto
  • A New Crystal Form of the NK1 Splice Variant of HGF/SF Demonstrates Extensive Hinge Movement and Suggests That the NK1 Dimer Originates by Domain Swapping; 2002年
    発表情報; JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY, 319, 2, 283-288
    著者; Watanabe, K / Chirgadze, D. Y / Lietha, D / de Jonge, H / Blundell, T. L / Gherardi, E

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • SAGA・LS におけるタンパク質結晶の長波長X線回折実験の試み; 2008年07月
    発表情報; 放射光(日本放射光学会誌), 21, 4, 194-203
    著者; 河本正秀,清水伸隆,馬場清喜,平田邦生,石地耕太朗,隅谷和嗣,本島浩之,岡島敏浩,熊坂崇,渡邉啓一,山本雅貴

一般講演(学術講演を含む)

  • Fluorescence studies on the flexibility and substrate-induced conformational changes of the psychrophilic and mesophilic acetate kinases; 2010年03月
    発表情報; 日本農芸化学会大会
    著者; Md Ablu Kashem TANG, Hiroyuki MOTOSHIMA, Keiichi WATANABE
  • Subtilisin CarlsbergのP209A変異により基質結合ループの柔軟性が変化する; 2010年03月
    発表情報; 日本農芸化学会大会
    著者; 淵田直樹、有田沙織、本島浩之、渡邉啓一
  • 等温滴定カロリメトリーによる低温細菌Pseudoalteromonas sp. AS-131と大腸菌由来ピルビン酸キナーゼのアロステリック調節因子リボース5-リン酸との結合解析; 2009年10月
    発表情報; 2009年度日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部、日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学会西日本支部合同沖縄大会
    著者; 三角かな恵、長野沙織、本島浩之、渡邉啓一
  • Fluorescence studies on fluctuation and stability of acetate kinases from Escherichia coli and psychrotrophic Shewanella species; 2009年10月
    発表情報; 2009年度日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部、日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学会西日本支部合同沖縄大会
    著者; Md. Abul Kashem Tang、本島浩之、渡邉啓一
  • Subtilisin CarlsbergのP209G変異がβ8-9間ターンの局所的揺らぎに及ぼす影響のトリプトファン蛍光解析; 2009年10月
    発表情報; 第82回 日本生化学大会
    著者; 淵田直樹、熊井洋平、有田沙織、本島浩之、西本悦子、渡邉啓一
  • 南極産好冷細菌由来 Pseudoalteromonas sp. AS-131由来グルコキナーゼの性質; 2009年09月
    発表情報; 第33回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム
    著者; 中山 智彦、小川 温子、本島 浩之、渡邉 啓一
  • Subtilisin Carlsbergにおけるβ8-9間の構造の柔軟性と活性や熱安定性の関係の変異体解析; 2009年09月
    発表情報; 第33回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム
    著者; 有田沙織、淵田直樹、本島浩之、渡邉啓一
  • Subtilisin CarlsbergのP209G変異がβ8-9間ターンの局所的揺らぎに及ぼす影響の 定常状態及び高速時間分割トリプトファン蛍光解析; 2009年09月
    発表情報; 第33回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム
    著者; 淵田直樹、熊井洋平、有田沙織、本島浩之、西本悦子、渡邉啓一
  • 南極産好冷細菌Pseudoalteromonas sp. AS-131由来グルコース 6-リン酸デヒドロゲナーゼの機能解析; 2009年09月
    発表情報; 第33回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム
    著者; 山口真須美、加藤田麻衣、松林阿希奈、本島浩之、渡邉啓一
  • Mutational evidence that flexibility of the turn between β8-9 strands in subtilisins contributes to higher activity and thermolability; 2009年08月
    発表情報; 1st-Yellow Sea Rim Liaison Lectures & Meeting on Life & Food Science
    著者; Saori ARITA, Naoki FUCHITA, Hiroyuki MOTOSHIMA and Keiichi WATANABE
  • Steady-state and time-resolved tryptophan fluorescence studies prove that P209G mutation enhances the local fluctuation of the turn between β8-9 strands of subtilisin Carlsberg; 2009年08月
    発表情報; 1st-Yellow Sea Rim Liaison Lectures & Meeting on Life & Food Science
    著者; Naoki FUCHITA, Youhei KUMAIb, Saori ARITAb, Hiroyuki MOTOSHIMA, Etsuko NISHIMOTO and Keiichi WATANABE
  • Structural and Functional characterization of Glucokinase from Escherichia coli K-12 and psychrotrophic Pseudoalteromonas sp. AS-131; 2009年08月
    発表情報; 1st-Yellow Sea Rim Liaison Lectures & Meeting on Life & Food Science
    著者; Tomohiko NAKAYAMA, Atsuko OGAWA, Hiroyuki MOTOSHIMA and Keiichi WATANABE
  • Acetate kinase from psychrotrophic Shewanella species is more flexible than that from mesophilic Escherichia coli; 2009年08月
    発表情報; 1st-Yellow Sea Rim Liaison Lectures & Meeting on Life & Food Science
    著者; Md. Abul Kashem TANG, Hiroyuki MOTOSHIMA, and Keiichi WATANABE
  • Purification and characterization of glucose 6-phosphate dehydrogenase from an Antarctic psychrotroph Pseudoalteromonas sp. AS-131; 2009年08月
    発表情報; 1st-Yellow Sea Rim Liaison Lectures & Meeting on Life & Food Science
    著者; Masumi YAMAGUCHI, Mai KATOUDA, Akina MATSUBAYASHI, Hiroyuki MOTOSHIMA and Keiichi WATANABE
  • Subtilisin Carlsberg の活性部位外に位置するβ8、9ストランド間ターンの柔軟性を上げることによって、触媒活性が上昇する; 2009年05月
    発表情報; 日本生化学会九州支部例会
    著者; 淵田直樹、有田沙織、本島浩之、渡邉 啓一
  • 南極産好冷細菌Pseudoalteromonas sp. AS-131由来グルコキナーゼは熱安定性の高い低温適応酵素である; 2009年05月
    発表情報; 日本生化学会九州支部例会
    著者; 小川温子、中山智彦、本島浩之、渡邉啓一
  • 南極産好冷細菌 Pseudoalteromonas sp. AS-131由来グルコース 6-リン酸デヒドロゲナーゼの低温に適応した性質; 2009年05月
    発表情報; 日本蛋白質科学会年会
    著者; 山口真須美、加藤田麻衣、本島浩之、渡邉啓一
  • トリプトファン蛍光を用いたsubtilisin Carlsbergのβ8-9間ターンにおける局所的ゆらぎ解析のためのW112F/Y208W/P209G変異体; 2009年05月
    発表情報; 日本蛋白質科学会年会
    著者; 淵田直樹、熊井洋平、近藤明香、有田沙織、本島浩之、渡邉啓一
  • Mutational analyses of the relationship between activity and local flexibility in the surface turn regions of subtilisin Carlsberg; 2009年03月
    発表情報; 2009 International Students Academic Presentation
    著者; Naoki Fuchita, Saori Arita, Hiroyuki Motoshima and Keiichi Watanabe
  • Subtilisin Carlsbergのβ8-9ストランド間PTN配列におけるGly置換が熱安定性や活性に及ぼす影響; 2009年03月
    発表情報; 日本農芸化学会大会
    著者; 有田沙織、淵田直樹、本島浩之、渡邉啓一
  • 南極産好冷細菌Shewanella sp. AS-11由来無機ピロリン酸分解酵素の大腸菌による発現、精製及び酵素学的性質; 2009年03月
    発表情報; 日本農芸化学会大会
    著者; 岩崎翔平、烏山春佑、本島浩之、渡邉啓一
  • マベガイ由来新規抗菌ペプチドの精製および諸性質; 2009年03月
    発表情報; 日本農芸化学会大会
    著者; 下川倫子、南 雄二、渡邉啓一、八木史郎
  • Subtilisin Carlsbergのターン構造中におけるプロリンのグリシンへの置換及びグリシンループの挿入が活性と安定性に及ぼす影響; 2008年12月
    発表情報; 日本生化学大会
    著者; 淵田直樹、有田沙織、熊井洋平、本島浩之、渡邉啓一
  • Activity and stability of subtilisin Carlsberg mutants with increased flexibility at turn regions; 2008年10月
    発表情報; the 2nd Joint Symposium of Daegu University and Saga University
    著者; Naoki Fuchita, Saori Arita, Hiroyuki Motoshima and Keiichi Watanabe
  • 南極産好冷細菌由来グルコキナーゼの大腸菌による発現と酵素学的性質; 2008年09月
    発表情報; 日本農芸化学会西日本支部大会
    著者; 小川温子、中山智彦、柿本賢ノ輔、本島博之、渡邉啓一
  • Studies for S-SAD method using various wavelength at SPring-8 and SAGA-LS; 2008年08月
    発表情報; IUCr08208, XXI Congress and General Assembly of the International Union of Crystallography
    著者; Masahide Kawamoto, Nobutaka Shimizu, Seiki Baba, Kunio Hirata, Koutaro Ishiji, Kazushi Sumitani, Toshihiro Okajima, Hiroyuki Motoshima, Keiichi Watanabe, Takashi Kumasaka and Masaki Yamamoto
  • 好冷細菌Pseudoalteromonus sp.AS-131由来グルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼの大腸菌による発現と性質; 2008年05月
    発表情報; 日本生化学会九州支部例会
    著者; 山口真須美、本島浩之、渡邉啓一
  • Subtilisin Carlsbergのβ8-9ストランド間ターンにおけるGlyへの置換及びGlyの挿入による活性や熱安定性への影響; 2008年05月
    発表情報; 日本生化学会九州支部例会
    著者; 有田沙織、淵田直樹、本島浩之、渡邉啓一
  • Subtilisin CarlsbergのPro残基のGly残基への置換が活性と安定性に及ぼす影響; 2008年03月
    発表情報; 日本農芸化学会大会
    著者; 淵田直樹、有田沙織、本島浩之、渡邉啓一
  • 好冷細菌及び大腸菌由来ピルビン酸キナーゼのアロステリックな性質と構造の関係; 2008年03月
    発表情報; 日本農芸化学会大会
    著者; 生田淳也、足立一紗、本島浩之、渡邉啓一
  • 佐賀 LS⋅BL15 におけるタンパク結晶のX線回折実験; 2007年12月
    発表情報; 日本結晶学会2007年度年会
    著者; 河本正秀・清水伸隆・馬場清喜・平田邦生・石地耕太朗・隅谷和嗣・岡島敏浩・本島浩之・渡邉啓一・熊坂崇・山本雅貴
  • Structural and functional characterizations of acetate kinases from E. coli and psychrotrophic Shewanella species; 2007年09月
    発表情報; 日本農芸化学会中四国・西日本支部合同大会
    著者; Md. Abul Kashem Tang、岩崎翔平、田上潤、本島浩之、 渡邉啓一
  • Crystal Structure of Psychrophilic Subtilisin-Like Protease with an Insert Domain Provides New Insights into Structural Basis of Cold-Adaptation; 2007年07月
    発表情報; The 21st Symposium of The Protein Society
    著者; K. Watanabe, D. Dong, T. Kubori, N. Fuchita, S. Arita, J. Ikuta, H. Motoshima
  • 好冷細菌Pseudoalteromonas sp. AS-131と大腸菌由来ピルビン酸キナーゼのアロステリックな性質の比較; 2007年05月
    発表情報; 日本生化学会平成19年度九州支部例会
    著者; 生田淳也、本島浩之、渡邉啓一
  • トマトの受容体BRI1/SR160におけるシステミンとブラシノライド結合部位は異なる; 2007年03月
    発表情報; 日本農芸化学会大会
    著者; 飯笹英一、高尾省子、工藤隆大、渡邉啓一、永野幸生
  • 好冷細菌 Pseudoalteromonas sp. AS-131 由来ピルビン酸キナーゼの発現 ・精製及び酵素学的性質; 2007年03月
    発表情報; 日本農芸化学会大会
    著者; 生田淳也、本島浩之、渡邉啓一
  • Subtilisin のβ8-β9ストランド間ターンにおけるP209G変異により低温活性が上昇する; 2007年03月
    発表情報; 日本農芸化学会大会
    著者; 久堀剛資、生田淳也、渕田直樹、本島浩之、渡邉啓一
  • subtilisin CarlsbergのSer97における変異が活性に及ぼす影響; 2006年09月
    発表情報; 日本農芸化学会西日本支部および日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会
    著者; 渕田直樹、生田淳也、久堀剛資、本島浩之、渡邉啓一
  • 南極産好冷細菌由来酢酸キナーゼの 大腸菌による発現と酵素学的性質; 2006年09月
    発表情報; 日本農芸化学会西日本支部および日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会
    著者; 岩崎翔平、Md. Abul Kashem Tang、生田淳也、田上潤、本島浩之、渡邉啓一
  • Subtilisin様プロテアーゼの構造と低温適応; 2006年09月
    発表情報; 食品酵素化学研究会第6回学術講演会
    著者; 董 党紅、生田淳也、本島浩之、渡邉啓一
  • 大腸菌‐枯草菌‐酵母シャトルベクターの構築とタンパク質工学的利用; 2006年03月
    発表情報; 日本農芸化学会大会
    著者; 生田淳也、久堀剛資、淵田直樹、本島浩之、渡邉啓一
  • 乳酸デヒドロゲナーセの構造と低温適応; 2006年03月
    発表情報; 日本農芸化学会大会
    著者; 本島浩之、井口絵美子、原真美、渡邉啓一
  • サチライシンCarlsbergの触媒基近傍に存在するSer223のAlaへの変異は、活性部位の柔軟性を低下させ、低親和性カルシウム結合部位の柔軟性を増加させる; 2005年10月
    発表情報; 日本生化学会大会
    著者; 生田淳也、本島浩之、渡邉啓一
  • 大腸菌‐バシルス‐酵母シャトルベクターの構築と組換えタンパク質の分泌生産; 2005年10月
    発表情報; 日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部合同大会
    著者; 久堀剛資、生田淳也、飯笹英一、本島浩之、永野幸生、渡邉啓一
  • 南極産好冷細菌Pseudoalteromonas sp. AS-11由来サチライシン様プロテアーゼApa1の構造と低温適応; 2005年03月
    発表情報; 日本農芸化学会大会
    著者; 董 党紅、生田 淳也、本島 浩之、渡邉 啓一
  • 新規低温適応サチライシン様プロテアーゼの結晶構造; 2004年11月
    発表情報; 第3回タンパク3000プロジェクトシンポジウム
    著者; 董 党紅、本島浩之、渡邉啓一
  • Crystal Structure of Psychrophilic Subtilisin-like Protease Apa1 from Antarctic Psychrotroph Pseudoalteromonas sp. AS-11 at 1.8 � Resolution; 2004年10月
    発表情報; 日本生化学会大会
    著者; Danghong Dong, Hiroyoki Motoshima, Tokuo Ihara, and Keiichi Watanabe
  • サチライシンCarlsbergの触媒Ser残基近傍の分子内水素結合と活性や安定性の関係; 2004年10月
    発表情報; 日本農芸化学会西日本支部・北海道支部合同大会
    著者; 生田淳也, 三浦雅博, 本島浩之, 渡邉啓一
  • Crystallization of an Antarctic Psychrophilic Subtilisin-Like Protease; 2004年06月
    発表情報; 第10回国際生体高分子結晶学会議
    著者; Dong, D., Ihara, T., Motoshima, H. and Watanabe, K
  • 南極産好冷細菌Pseudoalteromonas sp. AS-11 由来サチライシン様プロテアーゼの精製、結晶化及び予備的X線結晶解析; 2004年05月
    発表情報; 日本生化学会九州支部例会
    著者; 董 党紅、井原督雄、本島浩之、渡邉啓一
  • Crystal Structure of Alginate Lyase from Pseudoalteromonas sp. No.272; 2004年04月
    発表情報; 第1回環太平洋国際タンパク質科学会議
    著者; Hiroyuki Motoshima, Yoshiko Iwamoto, Tatsuya Oda, Tsuyoshi Muramatsu, Keiichi Watanabe

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • 酵素構造の柔軟性、動きと触媒反応機構-低温適応酵素からの洞察-; 2009年09月
    発表情報; 高分子学会 バイオ・高分子研究会
    著者; 渡邉啓一
  • Structure and function of cold-adapted enzymes: insight into structural motion and catalytic mechanism; 2009年08月
    発表情報; 1st-Yellow Sea Rim Liaison Lectures & Meeting on Life & Food Science
    著者; Keiichi Watanabe
  • 九州シンクロトロン光研究センターの現状; 2005年06月
    発表情報; 第5回日本蛋白質科学会年会
    著者; 渡邉啓一
  • 南極産好冷細菌由来サチライシン様プロテアーゼの構造と低温適応機構; 2005年01月
    発表情報; 中性子生体ナノマシン研究会・バイオナノ研究会合同研究会
    著者; 渡邉啓一
  • 演題1:Conformational flexibility required for catalytic efficiency of psycrophilic enzymes at low temperatures、演題2:Present state of Kyushu (Saga) Synchrotron Light Research Center; 2004年06月
    発表情報; 中国科学院高能物理学研究所講演会
    著者; 渡邉啓一
  • Conformational flexibility required for catalytic efficiency of psycrophilic enzymes at low temperatures; 2004年06月
    発表情報; 中国農業大学生物科学カレッジ講演会
    著者; 渡邉啓一


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.