清田 勝Masaru Kiyota

所属:
大学院工学系研究科 都市工学専攻 都市工学講座

著書

  • 都市の交通計画; 2006年
    発表情報; 共立出版, 115-127
    著者; 樗木武、中村宏、梶田佳孝、櫨川知彦、船原幸信、清田勝、河野雅也、吉武哲信、辰巳浩
  • 土木施工(建設工学シリーズ); 2000年10月
    発表情報; 森北出版
    著者; 藤原, 東雄 / 青砥, 宏 / 石橋, 孝治 / 清田, 勝

原著論文

  • Tool for Analyzing Activity of Evacuating and Supporting People- Where arre you now? Are you fine? -; 2016年05月
    発表情報; , Conference of Korea Contents Association, May 2016, 247-248
    著者; Yukuo Hayashida, Masaru Kiyota, Nobuo Mishima, Yong-sun Oh, Jaesoo Yoo
  • Availability of Wearble Heart Beat Rate Data on Analyzing Daily Sleeping; 2015年05月
    発表情報; , Proc. of Korea Contents Association Conference, vol. 2015, No.5
    著者; Yukuo Hayashida, Takeshi Sato, Keioko Kidou, Masaru Kiyota, Jaesoo Yoo, Yong-sun Oh, Keiko Kitagawa
  • 大型商業施設を対象にしたパーキングパーミット制度の限界と身障者用駐車施設の新しい設計コンセプト; 2014年10月
    発表情報; 都市計画学一般研究論文集, 49, 1
    著者; ^D 陸 維特、清田 勝、石橋 孝治
  • 乗降部の幅員と入庫方向を考慮した身障者用駐車施設の新しい設計法; 2014年10月
    発表情報; 交通工学論文集(分野1) 49巻,4号(2014年10月掲載決定), 49, 4, 52-61
    著者; ^D陸維特・松川健二・清田勝・石橋孝治・林田行雄
  • Analysis of Experience with Formalizing Handicapped Parking System; 2014年09月
    発表情報; Transportation Research Part F, 26, 62-71
    著者; ^DWeite Lu, Upali Vandebona and Masaru Kiyota
  • Reconfiguration of Handicapped Parking Spaces to Maximize Utilization of Available Space; 2014年
    発表情報; International Journal of Engineering and Technology     , 7, 2
    著者; ^D Weite Lu, Upali Vandebona and Masaru Kiyota
  • パーキングパーミット制度におけるプラスワン運動の有用性と課題について; 2013年09月
    発表情報; 交通工学研究発表論文集、No.32, CD, 2012
    著者; ^D陸維特・清田勝・石橋孝治
  • 罰則のないパーキングパーミット制度の課題と改善に向けての取組み; 2011年01月
    発表情報; 交通工学, 46, 1, 66-76
    著者; 清田勝、林田行雄、前田明子
  • 分岐・屈折部における新たな視覚障害者誘導用ブロック敷設の提案; 2011年01月
    発表情報; , 47, 3, 57-65
    著者; 齊藤健治、中山正教、清田勝
  • 罰則のないパーキングパーミット制度の有効性と課題; 2009年10月
    発表情報; , 40, 1, 69-76
    著者; 清田勝、林田行雄、前田明子
  • サイン曲線弓形と台形という形状の違いがハンプ上を通過する小型貨物車から発生する衝撃音へ与える影響; 2009年07月
    発表情報; 
    著者; 渡辺義則、清田勝、寺町賢一、出川智久
  • サイン曲線弓型ハンプで跳躍する車から発生する衝撃音の測定とそれを考慮した沿道騒音の予測; 2008年01月
    発表情報; , 39, 2, 31-38
    著者; 渡辺義則、寺町賢一、清田勝、竹下真二
  • 車いす肘関節運動と駆動力によるハンプのバア度評価; 2007年04月
    発表情報; 人間工学, 43, 3, 117-123
    著者; 斎藤健治・細谷聡・清田勝
  • サイン曲線ハンプの速度抑制効果と適正間隔; 2006年
    発表情報; 交通科学, 36, 2, 77-84
    著者; 清田勝・斉藤健治・古賀勝喜
  • 地方都市の鉄道駅へ向かう自転車利用者の経路選択について; 2006年
    発表情報; 交通科学, 36, 2, 29-35
    著者; 寺町賢一・渡辺義則・清田勝
  • 自転車走行環境の評価と整備の方向性; 2006年
    発表情報; 交通科学, 36, 2, 3-12
    著者; 清田勝・斎藤健治・渡辺義則
  • 歩行者と自転車の共用空間における歩行者の危険度評価; 2006年
    発表情報; 交通工学, 40, 1, 75-83
    著者; 清田勝、外井哲志、梶田佳孝、松岡淳
  • 人優先のみちづくり地区交通環境改善への取り組み; 2005年09月
    発表情報; 道路, 775, 18-23
    著者; 清田, 勝
  • ハンプを主体にした交通安全対策の有効性; 2005年
    発表情報; 土木計画学研究・論文集, 22, 4, 823-830
    著者; 清田勝、斎藤健治、渡辺義則、伊藤昌明
  • プローブ自転車による自転車歩行者道のバリア調査; 2005年
    発表情報; 土木計画学研究・論文集, 22, 1, 177-182
    著者; 斎藤健治、清田勝
  • 乗降部の幅員と入庫方向を考慮した身障者用駐車施設の新しい設計法; 2004年11月
    発表情報; 交通工学論文集(分野1) Vol.49,No.4(2014年10月掲載決定), 49, 4, 52
    著者; ^D 陸維徳、清田勝、石橋幸治
  • 自転車利用者の視点から見た持続可能な共生社会における循環、社会福祉・健康、教育; 2004年
    発表情報; Human Interface, 6, 1, 8
    著者; 斎藤健治・清田勝
  • ハンドルと車体のふれから見た高齢者の自転車走行の特徴; 2003年10月
    発表情報; 人間工学, 39, 5, 241-249
    著者; 斎藤, 健治 / 井上, 伸一 / 細谷, 聡 / 清田, 勝


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.