永尾 晃治ナガオ コウジ

所属:
農学部 生命機能科学科 食糧科学講座

著書

  • 食環境を利用したメタボリックシンドロームの予防・改善の可能性; 2016年08月
    発表情報; 粥状動脈硬化症,戸田隆義編, 134-142
    著者; 永尾晃治,柳田晃良
  • イノシトールリン脂質、脂肪細胞特異的トリグリセリドリパーゼ、必須脂肪酸、ペリリピン、プロテクチン、リポキシン、レゾルビン; 2015年05月
    発表情報; 栄養・食糧学用語辞典[第2版],日本栄養・食糧学会編
    著者; 永尾晃治,その他
  • 油脂と健康; 2013年01月
    発表情報; 人と食と自然シリーズ3・脂肪の功罪と健康,建帛社,京都健康フォーラム監修・河田照雄編, 29-47
    著者; 柳田晃良,永尾晃治
  • Docosahexaenoic acid containing phosphatidylcholine alleviates obesity-related disorders in obese rats.; 2011年05月
    発表情報; Omega-3 Oils: Applications in Functional Foods, ed. by EM. Hernandez, M. Hosokawa,AOCS press, USA, 205-212
    著者; Shirouchi B., K. Nagao,T. Yanagita
  • Dietary Phosphatidylinositol in Metabolic Syndrome; 2010年
    発表情報; Biocatalysis and Biomolecular Engineering, ed. by C.T. Hou, J.R. Shaw, 165-173
    著者; Shirouchi B., K. Nagao,T. Yanagita
  • ビタミンの生理作用、ミネラルの生理作用; 2010年
    発表情報; 新版・現代の栄養化学, 柳田晃良、福田亘博、池田郁男編, 三共出版, 71-110
    著者; 永尾晃治 他
  • 共役リノール酸の健康影響; 2008年
    発表情報; 食品機能性の科学,産業技術サービスセンター,大澤俊彦、斉藤衛郎、清水誠、津志田藤二郎編, 555-558
    著者; 柳田晃良,永尾晃治
  • Evaluation of the physiological function of docosahexaenoic acid in diet-induced lipodystrophy model mice.; 2008年
    発表情報; Biocatalysis and Bioenergy, ed. by C.T. Hou, J.R. Shaw, John Wiley & Sons, Inc., USA, 405-415
    著者; T. Yanagita, K. Nagao
  • Biological effects of conjugated-linoleic acid.; 2007年
    発表情報; Fatty Acids in Foods and Their Health Implications III., ed. by C.K. Chow (CRC press, USA), 825-836
    著者; Y.S. Huang, T. Yanagita, K. Nagao, K. Koba
  • Conjugated linoleic acid in hypertension.; 2006年04月
    発表情報; Advances in conjugated linoleic acid research III., ed. by M.P. Yurawecz, J.K.G. Kramer, O. Gudmundsen, M.W. Pariza, S. Banni (AOCS press, USA), 171-181
    著者; T. Yanagita, K. Nagao, N. Inoue, Y.M. Wang
  • 脂質の栄養と機能.; 2006年
    発表情報; 栄養・食糧学データハンドブック,日本栄養・食糧学会編, 83-85
    著者; 柳田晃良,永尾晃治
  • Dietary conjugated linoleic acid and metabolic syndromes.; 2006年
    発表情報; Dietary Fats and Risk of Chronic Disease., ed. by Y.S. Huang, T. Yanagita, H. Knapp (AOCS press, USA), 80-91
    著者; K. Nagao, Y.M. Wang, N. Inoue, Yanagita T
  • 共役脂肪酸の生理機能; 2004年11月
    発表情報; 高橋是太郎編「水産機能性脂質 : 給源・機能・利用(水産学シリーズ ; 142)」,恒星社厚生閣, 133-144
    著者; 柳田, 晃良 / 王, 玉明 / 永尾, 晃治
  • Effects of conjugated linoleic acid isomers on obesity and lipid metabolism in obese rats.; 2003年
    発表情報; Essential Fatty Acids and Eicosanoids,ed.by Y.S. Huang, S.J. Lin, P.C. Huang( AOCS press, USA), 348-352
    著者; T. Yanagita, K. Nagao, Y.M. Wang

原著論文

  • Pterostilbene, a dimethylated analog of resveratrol, promotes energy metabolism in obese rats.; 2017年05月
    発表情報; J. Nutr. Biochem., 43, 5, 151-155
    著者; K. Nagao, T. Jinnouchi, S. Kai, T. Yanagita
  • Soy protein isolate suppresses lipodystrophy-induced hepatic lipid accumulation in model mice.; 2017年02月
    発表情報; J. Oleo Sci., 66, 2, 161-169
    著者; K. Nagao, A. Matsumoto, S. Kai, T. Kayashima, T. Yanagita
  • Japanese Traditional Dietary Fungus Koji Aspergillus Oryzae Functions as a Prebiotic for Blautia Coccoides through Glycosylceramide.; 2016年08月
    発表情報; SpringerPlus, 5, 1321, 1-10
    著者; H. Hamajima, H. Matsunaga, A. Fujikawa, T. Sato, S. Mitsutake, T. Yanagita, K. Nagao, J. Nakayama, H. Kitagaki
  • Probiotic Lactobacillus gasseri SBT2055 improves glucose tolerance and reduces body weight gain in rats by stimulating energy expenditure.; 2016年07月
    発表情報; Britsh Journal of Nutrition, 116, 3, 451-458
    著者; B. Shirouchi, K. Nagao, M. Umegatani, A. Shiraishi, Y.Morita, S. Kai, T. Yanagita, A. Ogawa, Y. Kadooka, M. Sato
  • Chemical analysis of the sugar moiety of monohexosylceramide contained in koji, Japanese traditional rice fermented with Aspergillus.; 2016年02月
    発表情報; Fermentation, 2, 2, 1-9
    著者; H. Hamajima, H. Matsunaga, M. Yamashiro, S. Tan, S. Kumagai, N. Hayashi, K. Nagao, S. Mitsutake, H. Kitagaki
  • Trans-octadecenoic acid positional isomers have different accumulation and catabolism properties in mice.; 2015年11月
    発表情報; J. Oleo Sci., 64, 11, 1159-1167
    著者; F. Beppu, M. Asanuma, Y. Kawamura, T. Nagai, K. Yoshinaga, H. Mizobe, K. Kojima, S. Kasatani, K. Nagao, A. Kubo, J. Kanda, N. Gotoh
  • Generation of tetracosahexaenoic acid in marine organisms.; 2015年07月
    発表情報; J. Oleo Sci., 64, 7, 721-727
    著者; R. Suo, H. Li, K. Yoshinaga, T. Nagai, H. Mizobe, K. Kojima, K. Nagao, F. Beppu, N. Gotoh
  • Glucosylceramide Contained in Koji Mold-Cultured Cereal Confers Membrane and Flavor Modification and Stress Tolerance to Saccharomyces cerevisiae during Coculture Fermentation; 2015年06月
    発表情報; Appl. Environ. Microb., 81, 11, 3688-3698
    著者; K. Sawada, T. Sato, H. Hamajima, L. Jayakody, M. Hirata, M. Yamashiro, M. Tajima, S. Mitsutake, K. Nagao, K. Tsuge, F. Abe, K. Hanada,.H. Kitagaki
  • Soy β-conglycinin improves obesity-induced metabolic abnormalities in a rat model of nonalcoholic fatty liver disease.; 2015年02月
    発表情報; Obes. Res. Clin. Prac., 9, 2, 168-174
    著者; S. Wanezaki, N. Tachibana, M. Nagata, S. Saito, K. Nagao, T. Yanagita, M. Kohno
  • Differential effects of triacylglycerol positional isomers containing n-3 series highly unsaturated fatty acids on lipid metabolism in C57BL/6J mice.; 2015年01月
    発表情報; J. Nutr. Biochem., 26, 1, 57-63
    著者; K. Yoshinaga, K. Sasaki, H. Watanabe, K. Nagao, N. Inoue, B. Shirouchi, T. Yanagita, T. Nagai, H. Mizobe, K. Kojima, F. Beppu, N. Gotoh
  • A comparison of the lipid-lowering effects of four different n-3 highly unsaturated fatty acids in HepG2 cells.; 2014年10月
    発表情報; J. Oleo Sci., 63, 10, 979-985
    著者; K. Naga, K. Nakamitsu, H. Ishida, K. Yoshinaga, T. Nagai, H. Mizobe, K. Kojima, T. Yanagita, F. Beppu, N. Goto
  • Impact of fasting time on hepatic lipid metabolism in nutritional animal studies.; 2014年09月
    発表情報; Biosci. Biotechnol. Biochem., 74, 9, 1584-1591
    著者; I.Ikeda, K. Metokia, T. Yamahiraa, M. Kato, N. Inoue, K. Nagao, T. Yanagita, H. Shirakawa
  • Quantitaion and structural determination of glucosylceramides contained in sake lees.; 2014年01月
    発表情報; J. Oleo Sci., 63, 1, 15-23
    著者; K. Takahashi, K. Izumi, E. Nakahata, M. Hirata, K. Sawada, K. Tsuge, K. Nagao, H. Kitagaki
  • Unavailability of liver triacylglycerol increases serum cholesterol concentration induced by dietary cholesterol in exogenously hypercholesterolemic (ExHC) rats.; 2014年01月
    発表情報; Lipids Health Dis., 13, 19, 1-11
    著者; Y. Tanaka, K. Nagao, H. Nakagiri, T. Nagaso, Y. Iwasa, H. Mori, M. Asahina, K. Imaizumi, M. Sato
  • Dietary phosphatidylinositol prevents the concanavalin A-induced hepatitis via the suppression of immune-mediated liver injury.; 2013年09月
    発表情報; Mol. Nutr. Food Res., 57, 9, 1671-1679
    著者; M. Inafuku, K. Nagao, A. Inafuku, T. Yanagita, N. Taira, T. Toda, H. Oku
  • Effect of dietary resveratrol on the metabolic profile of nutrients in obese OLETF rats.; 2013年02月
    発表情報; Lipids Health Dis., 12, 8, 1-6
    著者; K. Nagao, T. Jinnouchi, S. Kai, T. Yanagita
  • Effect of Mukitake mushroom (Panellus serotinus) on the pathogenesis of lipid abnormalities in obese, diabetic ob/ob mice.; 2013年02月
    発表情報; Lipids Health Dis., 12, 12, 1-6
    著者; N. Inoue, M. Inafuku, B. Shirouchi, K. Nagao, T. Yanagita
  • Structural Determination of Glucosylceramides in the Distillation Remnants of Shochu, the Japanese Traditional Liquor, and Its Production by Aspergillus kawachii.; 2012年11月
    発表情報; J. Agrc. Food Chem., 60, 46, 11473-11482
    著者; M. Hirata, T. Tsuge, L. Jayakody, Y. Urano, K. Takahashi, K. Sawada, S. Inaba, K. Nagao, H. Kitagaki:
  • Mechanisms underlying the decreased hepatic triacylglycerol and cholesterol by dietary bitter melon extract in the rat.; 2012年05月
    発表情報; Lipids, 47, 5, 495-503
    著者; GV. Senanayake, N. Fukuda, S. Nshizono, YM. Wang, K. Nagao, T. Yanagita, M. Iwamoto, H. Ohta
  • Effects of lotus root (edible rhizome of Nelumbo nucifera) on the deveolopment of nonalcoholic fatty liver disease in obese diabetic db/db mice.; 2012年03月
    発表情報; Biosci. Biotechnol. Biochem., 76, 3, 462-466
    著者; Y. Tsuruta, K. Nagao, B. Shirouchi, S. Nomura, K. Tsuge, K. Koganemaru, T. Yanagita
  • Protective effects of fractional extracts from Panellus serotinus on nonalcoholic fatty liver disease in obese, diabetic db/db mice; 2012年01月
    発表情報; Britsh Journal of Nutrition, 107, 5, 639-646
    著者; M. Inafuku, K. Nagao, S. Nomura, B. Shirouchi, N. Inoue, N. Nagamori, H. Nakayama, T. Toda, T. Yanagita
  • Effect of Vaccinium ashei reade leaf extracts on lipid metabolism in obese OLETF rats.; 2011年12月
    発表情報; Biosci. Biotechnol. Biochem., 75, 12, 2304-2308
    著者; N. Inoue, K. Nagao, S. Nomura, B. Shirouchi, M. Inafuku, H. hirabaru, N. Nakahara, S. Nishizono, T. Tanaka, T. Yanagita
  • Effect of liver X receptor agonist on deposition and lymphatic absorption of plant sterols in stroke-prone spontaneously hypertensive rats that have a mutation in ATP-binding cassette transporter g5.; 2011年12月
    発表情報; Biosci. Biotechnol. Biochem., 75, 12, 2359-2363
    著者; T. Hamada, M. Kudo, M. Sato, N. Inoue, K. Nagao, K. Imaizumi, I. Ikeda
  • Polyphenolic extract of lotus root (edible rhizome of Nelumbo nucifera) alleviates hepatic steatosis in obese diabetic db/db mice.; 2011年12月
    発表情報; Lipids Health Dis., 10, 202, 1-8
    著者; Y. Tsuruta, K. Nagao, S. Kai, T. Yoshimura, K. Tsuge, K. Koganemaru, T. Yanagita
  • Screening of soy protein-derived hypotriglyceridemic di-peptides in vitro and in vivo; 2011年05月
    発表情報; Lipids Health Dis., 10, 85, 1-10
    著者; N. Inoue, K. Nagao, K. Sakata, N. Yamano, PER. Gunawardena, SY. Han, T. Matsui, T. Nakamori, H. Furuta, K. Takamatsu, T. Yanagita
  • Physiological effects of dietary PIPS soybean-derived phospholipid in obese Zucker (fa/fa) rats.; 2010年11月
    発表情報; Biosci. Biotechnol. Biochem., 74, 11, 2333-2335
    著者; B. Shirouchi, K. Nagao, K. Furuya, M. Shiojiri, X. Liu, T. Yanagita
  • Effects of citrus auraptene (7-geranyloxycoumarin) on hepatic lipid metabolism in vitro and in vivo.; 2010年08月
    発表情報; J. Agric. Food Chem., 58, 16, 9028-9032
    著者; K. Nagao, N. Yamano, B. Shirouchi, N. Inoue, S. Murakami, T. Sasaki, T. Yanagita
  • Physiological functions of iso-type short-chain fatty acid and omega 3 polyunsaturated fatty acids containing oil in obese OLETF rats.; 2010年06月
    発表情報; J. Oleo Sci., 59, 6, 299-305
    著者; B. Shirouchi, K. Nagao, K. Furuya, T. Nagai, K. Ichioka, S. Tokairin, Y. Iida, T. Yanagita
  • Mukitake mushroom (Panellus serotinus) alleviates nonalcoholic fatty liver disease through the suppression of monocyte chemoattractant protein 1 production in db/db mice.; 2010年05月
    発表情報; J. Nutr. Biochem., 21, 5, 418-423
    著者; K. Nagao, N. Inoue, M. Inafuku, B.Shirouchi, T. Morooka, S.Nomura, N. Nagamori, T. Yanagita
  • Dietary saponins of sea cucumber alleviate orotic acid-induced fatty liver in rats via PPAR alpha and SREBP-1c signaling.; 2010年03月
    発表情報; Lipids Health Dis., 9, 25, 1-9
    著者; XQ.Hu, YM. Wang, JF. Wang, Y. Xue, ZJ. Li, K. Nagao, T. Yanagita, CH. Xue
  • Effect of Three Kinds of Highly Purified n-3 Series Highly Unsaturated Fatty Acids on Lipid Metabolism in C57BL/KsJ-db/db Mice.; 2009年11月
    発表情報; J. Agrc. Food Chem., 57, 22, 11047-11054
    著者; N. Gotoh, K.Nagao, S. Onoda, B. Shirouchi, K. Furuya, T. Nagai, H. Mizobe, K. Ichioka, H. Watanabe, T. Yanagita, S. Wada
  • Dietary soy protein isolate and its undigested high molecular fraction upregulate hepatic ATP-binding cassette transporter G5 and ATP-binding cassette transporter G8 mRNA and increase biliary secretion of cholesterol in rats.; 2009年06月
    発表情報; J. Nutr. Sci. Vitaminol., 55, 3, 252-256
    著者; I. Ikeda, M. Kudo, T. Hamada, K. Nagao, Y. Oshiro, M. Kato, T. Sugawara, T. Yamahira, H. Ito, S. Tamaru, M. Sato, K. Imaizumi, S. Nagaoka, T. Yanagita
  • Linoleic acid-menthyl ester reduces the secretion of apolipoprotein B100 in HepG2 cells.; 2009年04月
    発表情報; J. Oleo Sci., 58, 4, 171-175
    著者; N. Inoue, N. Yamano, K. Sakata, K. Arao, T. Kobayashi, T. Nagao, Y. Shimada, K. Nagao, T. Yanagita
  • The sulfated polysaccharide porphyran reduces apolipoprotein B100 secretion and lipid synthesis in HepG2 cells.; 2009年02月
    発表情報; Biosci. Biotechnol. Biochem., 73, 2, 447-449
    著者; N. Inoue, N. Yamano, K. Sakata, K. Nagao, Y. Hama, T. Yanagita
  • Effect of dietary phosphatidylinositol on cholesterol metabolism in Zucker (fa/fa)rats.; 2009年
    発表情報; J. Oleo Sci., 58, 3, 111-115
    著者; B. Shirouchi, K. Nagao, K. Furuya, N. Inoue, M. Inafuku, M. Nasu, K. Otsubo, S. Koga, H. Matsumoto, T. Yanagita
  • Taurine reduces the secretion fo apolipoprotein B100 and lipids in HepG2 cells.; 2008年10月
    発表情報; Lipids Health Dis., 7, 38, 1-6
    著者; T. Yanagita, SY. Han, Y. Hu, K. Nagao, H. Kitajima, S. Murakami
  • Effect of leptin infusion on insulin sensitivity and lipid metabolism in diet-induced lipodystrophy model mice; 2008年
    発表情報; Lipids Health Dis., 7, 8, 1-7
    著者; K. Nagao , N. Inoue , Y. Ujino , K. Higa , B. Shirouchi , Y.M. Wang, T. Yanagita,
  • Dietary phosphatidylinositol prevents the development of nonalcoholic fatty liver disease in Zucker (fa/fa)rats.; 2008年
    発表情報; J. Agrc. Food Chem., 56, 7, 2375-2379
    著者; B. Shirouchi, K. Nagao, N. Inoue, K. Furuya, S. Koga, H. Matsumoto,
  • Effect of Vaccinium ashei reade leaves on lipid metabolism in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty rats.; 2008年
    発表情報; Biosci. Biotechnol. Biochem., 72, 6, 1619-1622
    著者; K. Nagao, K. Higa, B. Shirouchi,S. Nomura, N. Inoue, M. Inafuku, T. Yanagita
  • Cholesterol lowering effect of sulfur-containing amino acids added to soybean protein diet in rats.; 2008年
    発表情報; J. Nutr. Sci. Vitaminol., 54, 6, 448-453
    著者; M.Taniguchi, K. Nagao, K. Inoue, K. Imaizumi
  • Effect of dietary omega 3-PC on obesity-related disorders in obese OLETF rats.; 2007年
    発表情報; J. Agrc. Food Chem., 55, 17, 7170-7176
    著者; B. Shirouchi, K. Nagao, N. Inoue, T. Ohkubo, H. Hibino, T. Yanagita
  • Effect of Vaccinium ashei reade leaves on angiotensin converting enzyme activity in vitro and on systolic blood pressure of spontaneously hypertensive rats in vivo.; 2007年
    発表情報; Biosci. Biotechnol. Biochem., 71, 9, 2335-2337
    著者; H. Sakaida, K. Nagao, K. Higa, B. Shirouchi, N. Inoue, F. Hidaka, T. Kai, T. Yanagita
  • Consumption of Pork-liver Protein Hydrolysate Reduces Body Fat in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty Rats by Suppressing Hepatic Lipogenesis.; 2006年
    発表情報; Biosci. Biotechnol. Biochem., 70, 1, 112-118
    著者; M. Shimizu, S. Tanabe, F. Morimatsu, K. Nagao, T. Yanagita, N. Kato, T. Nishimura
  • Isomer-specific anti-obese and hypolipidemic properties of conjugated linoleic acid in obese OLETF rats.; 2006年
    発表情報; Biosci. Biotechnol. Biochem., 70, 2, 355-362
    著者; Y.M. Wang, K. Nagao, N. Inoue, Y. Ujino, Y. Shimada, T. Nagao, T. Iwata, T. Kamegai, Y. Yamauchi-Sato, T. Yanagita
  • Campest-5-en-3-one, an oxidized derivative of campesterol, activates PPARα, promotes energy consumption and reduces visceral fat deposition in rats.; 2006年
    発表情報; Biochim. Biophys. Acta, 1760, 5, 800-807
    著者; I. Ikeda, R. Konno, T. Shimizu, T. Ide, N. Takahashi, T. Kawada, K. Nagao, N. Inoue, T. Yanagita, T. Hamada, Y. Morinaga, H. Tomoyori, K. Imaizumi, K. Suzuki
  • Dietary conjugated linoleic acid lowered tumor necrosis factor-alpha content and altered expression of genes-related to lipid metabolism and insulin sensitivity in the skeletal muscle of Zucker rats.; 2006年
    発表情報; J. Agrc. Food Chem., 54, 20, 7935-7939
    著者; N. Inoue, K. Nagao, Y.M. Wang, H. Noguchi, B. Shirouchi, T. Yanagita
  • Dietary conjugated linoleic acid alleviates nonalcoholic fatty liver disease in Zucker (fa/fa)rats.; 2005年
    発表情報; J. Nutr., 135, 1, 9-13
    著者; K. Nagao, N. Inoue, Y.M. Wang, B. Shirouchi, T. Yanagita
  • Dietary gallate esters of tea catechins reduce deposition of visceral fat, hepatic triacylglycerol and activities of hepatic enzymes related to fatty acid synthesis in rats.; 2005年
    発表情報; Biosci. Biotechnol. Biochem., 69, 5, 1049-1053
    著者; I. Ikeda, R. Hamamoto, K. Uzu, K. Imaizumi, K. Nagao, T.Yanagita,Y. Suzuki,M. Kobayashi, T. Kakuda
  • Dietary Phosphatidylcholine alleviates fatty liver induced by orotic acid.; 2005年
    発表情報; Nutrition, 21, 7-8, 868-874
    著者; Y. Buang,Y.M.Wang,J.Y.Cha,K.Nagao,T.Yanagita
  • Conjugated fatty acids in food and their health benefits.; 2005年
    発表情報; J. Biosci. Bioeng., 100, 152-157
    著者; K. Nagao, T. Yanagita
  • Short-term feeding of conjugated linoleic acid does not induce hepatic steatosis in C57 BL/6J mice.; 2005年
    発表情報; J. Nutr. Sci. Vitaminol., 51, 6, 440-444
    著者; Y.M. Wang, K. Nagao, Y. Ujino, K. Sakata, K. Higa, N. Inoue and T. Yanagita
  • Conjugated linoleic acid-induced fatty liver can be attenuated by combination with docosahexaenoic acid in C57BL/6N mice.; 2005年
    発表情報; J. Agrc. Food Chem., 53, 24, 9629-9633
    著者; T. Yanagita,Y.M.Wang,K.Nagao,Y.Ujino,and N.Inoue
  • Alleviation of Fatty Liver by alpha-Linolenic Acid.; 2004年
    発表情報; J. Nutr. Sci. Vitaminol., 50, 4, 272-276
    著者; Y. Buang, J.Y. Cha, K. Nagao, Y.M. Wang, N. Inoue, T. Yanagita
  • Conjugated linoleic acid prevents the development of essential hypertension in spontaneously hypertensive rats.; 2004年
    発表情報; Biochem. Biophys. Res. Commun., 323, 2, 679-684
    著者; N. Inoue, K. Nagao, J. Hirata, Y.M. Wang, T. Yanagita
  • The 9cis, 11trans, 13cis isomer of conjugated linolenic acid reduces apolipoprotein B100secretion and triacylglycerol synthesis in HepG2 cells.; 2004年
    発表情報; Biosci. Biotechnol. Biochem., 68, 12, 2643-2645
    著者; K. Arao, H. Yotsumoto, S.Y. Han, K. Nagao, T. Yanagita
  • Dietary effect of pomegranate seed oil rich in 9cis, 11trans, 13cis conjugated linolenic acid on lipid metabolism in obese, hyperlipidemic OLETF Rats.; 2004年
    発表情報; Lipids Health Dis., 24, 1-7
    著者; K. Arao, Y.M.Wang, N. Inoue, J.Hirata, J.Y.Cha,K.Nagao, T.Yanagita
  • Comparison of the effects of triacylglycerol-CLA and free fatty acid-CLA on hepatic lipid metabolism in OLETF obese rats.; 2003年
    発表情報; J. Oleo Sci., 52, 3, 121-128
    著者; Y. M. Wang, S.M.Rahman, K.Nagao, K.Arao, N.Inoue, T.Yanagita
  • Conjugated linoleic acid reduces hepatic microsomal triacylglycerol transfer protein activity and hepatic triacylglycerol mass in obese rats.; 2003年
    発表情報; J. Oleo Sci., 52, 3, 129-134
    著者; Y.M. Wang, S.M. Rahman, K. Nagao, S.Y. Han, Y. Buang, J.Y. Cha, T. Yanagita
  • The 10trans, 12cis isomer of conjugated linoleic acid suppresses the development of hypertension in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty rats.; 2003年
    発表情報; Biochem. Biophys. Res. Commun., 306, 1, 134-138
    著者; K. Nagao, N. Inoue, Y.M. Wang, Y. Buang, J. Hirata, T. Nagao, Y. Shimada, T. Matsui,T.Yanagita
  • The 10trans, 12cis isomer of conjugated linoleic acid promotes energy metabolism in OLETF rats.; 2003年
    発表情報; Nutrition, 19, 7-8, 652-656
    著者; K. Nagao, Y.M. Wang, N. Inoue, S.Y. Han, Y. Buang, T. Noda, N. Kouda, H. Okamatsu, T. Yanagita
  • Purification of conjugated linoleic acid isomers through a process Including lipase-catalyzed selective esterification.; 2003年
    発表情報; Biosci. Biotechnol. Biochem., 67, 6, 1429-1433
    著者; T. Nagao, Y. YamauchiI-Sato, Y. Shimada, T. Iwata, K. Nagao, T. Yanagita, S. Adachi,A.Sugihara
  • Conjugated linoleic acid enhances plasma adiponectin level and alleviates hyperinsulinemia and hypertension in Zucker diabetic fatty (fa/fa)rats.; 2003年
    発表情報; Biochem. Biophys. Res. Commun., 310, 562-566
    著者; K. Nagao, N. Inoue, Y.M. Wang, T. Yanagita
  • S-Propyl-cystein sulfoxide and DL-methionine sulfoxide inhibit the secretion of apolipoprotein B100 and lipids in HepG2 cells.; 2002年
    発表情報; J. Oleo Sci., 51, 51, 243-250
    著者; S.Y. Han,Y.M.Wang,N. Fukuda,K.Nagao, T.Yanagita
  • Sterol efflux to apolipoprotein A-I originates from caveolin-rich microdomains and potentiates PDGF-dependent protein kinase activity.; 2002年
    発表情報; Biochemistry, 41, 15, 4929-4937
    著者; P.E. Fielding, J.S.Russel, T.A.Spencer, H.Hakamata, K.Nagao, C.J.Fielding
  • Feeding unsaponifiable compounds from rice bran oil dose not alter hepatic mRNA abundance for cholesterol metabolism-related proteins in hypercholesterolemic rats.; 2001年
    発表情報; Biosci. Biotech. Biochem., 65, 371-377
    著者; K. Nagao, M. Sato, M. Takenaka, M. Ando, M. Iwamoto, K. Imaizumi
  • A two-step mechanism for free cholesterol and phospholipid efflux from human vascular cells to apolipoprotein A-1.; 2000年
    発表情報; Biochemistry, 39, 14113-14120
    著者; P.E. Fielding, K. Nagao, H. Hakamata, G. Chimini, C.J. Fielding
  • Superiority of dietary safflower oil over olive oil in lowering serum cholesterol and increasing hepatic mRNAs for the LDL receptor and cholesterol 7lpha-hydroxylase in exogenously hypercholesterolemic (ExHC) rats.; 2000年
    発表情報; Biosci. Biotech. Biochem., 64, 1111-1117
    著者; M. Sato, S. Yoshida, K. Nagao, K. Imaizumi
  • Lymphatic lipid transport is not impaired in ageing rat intestine.; 2000年
    発表情報; Mech. Ageing. Dev., 113, 219-225
    著者; H. Hayashi, Y. Sato, S. Kanai, M. Masuda, M. Ohta, A. Funakoshi, K. Nagao, K. Imaizumi, K. Miyasaka
  • Application of the random arbitrary primed polymerase chain reaction differential display method to isolate genes of cholesterol metabolism-related proteins from rat liver.; 2000年
    発表情報; Biosci. Biotech. Biochem., 64, 1058-1060
    著者; M. Sato, S. Yoshida, K. Nagao, S. Nishizono, M. Kusaba, M.C. Hung, I. Ikeda, K. Imaizumi
  • Effect of gemfibrozil on triacylglycerol synthesis and secretion by liver and lipoprotein lipase activity in adipose tissue of rats.; 1999年
    発表情報; Comp. Biochem. Physiol., 124B, 289-294
    著者; K. Nagao, M. Sakono, M. Nakayama, T. Hirakawa, K. Imaizumi
  • Ethanol-extracted soy protein isolate results in elevation of serum cholesterol in exogenously hypercholesterolemic rats.; 1999年
    発表情報; Lipids, 34, 713-716
    著者; W. Ni, S. Yoshida, Y. Tsuda, K. Nagao, M. Sato, K. Imaizumi
  • Gemfibrozil reduces non-high-density lipoprotein cholesterol in exogenously hypercholesterolemic (ExHC) rats fed a high-cholesterol diet.; 1998年
    発表情報; Comp. Biochem. Physiol., 120B, 579-586
    著者; K. Nagao, S. Yoshida, H. Nakagiri, M. Sakono, M. Sato, K. Imaizumi
  • Exogenously hypercholesterolemic rats, compared with their progenitor Sprague-Dawley rats, have altered mRNAs for cholesterol 7lpha-hydroxylase and low-density-lipoprotein receptor and activities of cholesterol 7lpha-hydroxylase and acyl-CoA:cholesterol acyltransferase in the liver in response to dietary cholesterol.; 1997年
    発表情報; Comp. Biochem. Physiol., 118B, 949-955
    著者; K. Nagao, M. Sakono, H. Sakurai, M. Sato, K. Imaizumi
  • Comparison between dietary soybean protein and casein of the inhibiting effect on atherogenesis in the thoracic aorta of hypercholesterolemic (ExHC) rats treated with experimental hypervitamin D.; 1997年
    発表情報; Biosci. Biotech. Biochem., 61, 514-519
    著者; M. Sakono, T. Fukuyama, W.H. Ni, K. Nagao, H.R. Ju, M. Sato, N. Sakata, H. Iwamoto, K. Imaizumi
  • Lymphatic transport of cholesterol in normocholesterolemic rats treated with pravastatin, an inhibitor of HMG-CoA reductase.; 1996年
    発表情報; Atherosclerosis, 124, 95-102
    著者; M. Sakono, T. Ibi, K. Nagao, I. Ikeda, K. Yamamoto, K. Imaizumi
  • Low protein diets posttranscriptionally repress apolipoprotein B expression in rat liver.; 1996年
    発表情報; J. Nutr. Biochem., 7, 381-385
    著者; M. Sato, K. Nagao, M. Sakono, H. Ogawa, K. Yamamoto, K. Imaizumi
  • Repression of fat-dependent intestinal apo A-IV mRNA abundance by medium chain triacylglycerols and proteins, and elevation by carbohydrates of fat-dependent apo A-IV transport in suckling rat pups.; 1995年
    発表情報; J. Nutr. Sci. Vitaminol., 41, 293-306
    著者; M. Satoh, K. Nagao, T. Hayami, M. Sugano, K. Imaizumi

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • 脂質の栄養と代謝; 2014年12月
    発表情報; オレオサイエンス, 14, 12, 563-567
    著者; 永尾晃治
  • エレクトロスプレーイオン化質量分析(ESI-MS/MS)による芋焼酎粕に含まれるグルコシルセラミドの構造決定; 2014年07月
    発表情報; 日本醸造協会誌, 109, 7, 535-542
    著者; 澤田和敬、中畑絵里子、柘植圭介、平田みよ、髙峯和則、永尾晃治、北垣浩志
  • ω3脂肪酸の栄養化学; 2013年02月
    発表情報; BIO INDUSTRY, 30, 2, 5-10
    著者; 永尾晃治
  • メタボリックシンドロームにおける機能性脂質の活用; 2012年03月
    発表情報; 生物試料分析, 35, 2, 113-118
    著者; 永尾晃治
  • 機能性脂質とメタボリックシンドローム.; 2012年01月
    発表情報; 食と健康を支援する, 2, 179-185
    著者; 永尾晃治
  • ムキタケ(Panellus serotinus)の抗メタボリックシンドローム作用; 2010年12月
    発表情報; New Food Industry, 52, 12, 13-17
    著者; 柳田晃良,永尾晃治
  • 機能性油脂によるメタボリックシンドロームの予防・改善に関する研究; 2010年02月
    発表情報; 日本栄養・食糧学会誌, 63, 1, 3-7
    著者; 永尾晃治
  • 共役リノール酸の臨床的課題; 2009年
    発表情報; The Lipid, 20, 1, 78-81
    著者; 柳田晃良,永尾晃治
  • 機能性油脂によるメタボリックシンドロームの予防・改善; 2008年
    発表情報; 科学と工業, 82, 10, 493-498
    著者; 永尾晃治,柳田晃良
  • 脂質代謝改善作用を持つ大豆たん白質由来ペプチドの検索.; 2008年
    発表情報; 大豆タンパク質研究, 11, 99-104
    著者; 永尾晃治,井上奈穂,坂田幸大郎,山野尚美,松井利郎,柳田晃良
  • CLAの生理活性と応用.; 2007年
    発表情報; Foodstyle21, 11, 5, 46-51
    著者; 井上奈穂,永尾晃治,柳田晃良
  • リン脂質研究の新展開.DHA-PCの抗メタボリックシンドローム作用.; 2007年
    発表情報; フードリサーチ, 12, 32-35
    著者; 城内文吾,永尾晃治,柳田晃良
  • ポルフィランの栄養生理機能に関する研究.; 2007年
    発表情報; 佐賀大学有明海総合研究プロジェクト成果報告集, 3, 139-142
    著者; 柳田晃良,山野尚美,坂田幸大郎,井上奈穂,永尾晃治
  • 機能性脂質.; 2006年
    発表情報; 化学と生物, 44, 8, 563-568
    著者; 柳田晃良 池田郁男,永尾晃治
  • 魚卵由来リン脂質の栄養生理機能に関する研究.; 2006年
    発表情報; 佐賀大学有明海総合研究プロジェクト成果報告集, 2, 111-114
    著者; 柳田晃良,城内文吾,永尾晃治
  • コレステロールの吸収および排泄に関与する輸送たん白質の機能に及ぼす大豆たん白質の影響.; 2006年
    発表情報; 大豆タンパク質研究, 9, 108-112
    著者; 池田郁男,工藤真理子,永尾晃治,浜田忠輝,大城陽子,菅原隆史,山平崇,今泉勝己,柳田晃良
  • ナルトビエイの栄養生理機能に関する研究; 2005年
    発表情報; 佐賀大学有明海総合研究プロジェクト成果報告集, 1, 137-140
    著者; 柳田晃良,永尾晃治,王玉明
  • 共役リノール酸の新規栄養生理機能; 2004年
    発表情報; 日本栄養・食糧学会誌, 57, 2, 105-109
    著者; 永尾晃治,柳田晃良
  • 共役リノール酸の体脂肪低下作用; 2003年
    発表情報; 食品工業, 46, 18-24
    著者; 柳田晃良,永尾晃治
  • ExHCラットにおける食事性高コレステロール血症を発症する遺伝子変異の同定; 2003年
    発表情報; 脂質生化学研究, 45, 258-261
    著者; 佐藤匡央,朝比奈誠,長曽俊郎,永尾晃治,今泉勝己
  • 共役リノール酸の抗肥満・抗高脂血症作用とその機序; 2003年
    発表情報; 肥満研究, 9, 194-196
    著者; 柳田晃良,永尾晃治
  • バイオマーカーを用いた疾病発病リスクの評価.; 1999年
    発表情報; 化学と生物, 37, 394-395
    著者; 永尾晃治
  • カゼインへのアルギニンの添加はアポE欠損マウスの動脈硬化の進展を抑制する.; 1998年
    発表情報; 大豆タンパク質研究, 1, 102-105
    著者; 倪偉華,津田恭征,佐藤匡央,永尾晃治
  • 外因性高コレステロール血症(ExHC)ラットにおけるコレステロール代謝の遺伝的制御機構に関する研究.; 1995年
    発表情報; 脂質生化学研究, 37, 195-198
    著者; 永尾晃治,窄野昌信,今泉勝己

一般講演(学術講演を含む)

  • 拘束ストレス負荷マウスに対するカルノシン酸の抗ストレス効果の検討; 2017年05月
    発表情報; 日本家政学会第69回大会
    著者; Nong Quynh Nga、萱島知子、畑中悠花、柴田紗知、上野純弥、永尾晃治、松原主典
  • 日本の伝統発酵食品に含まれている麹グルコシルセラミド含量の解析; 2017年03月
    発表情報; 日本農芸化学会2017年度大会
    著者; 酒谷真以、Ferdouse Jannatul、阪本真由美、浜島弘史、柘植圭介、西向めぐみ、柳田晃良、永尾晃治、光武進、北垣浩志
  • 麹グルコシルセラミドの腸内細菌叢への影響; 2016年09月
    発表情報; 第68回日本生物工学会大会
    著者; 藤川彩美、佐藤友哉、浜島弘史、柳田晃良、光武進、永尾晃治、中山二郎、北垣浩志
  • ローズマリー成分カルノシン酸の摂取が拘束ストレス負荷マウスに与える影響; 2016年05月
    発表情報; 日本家政学会第68回全国大会
    著者; 畑中悠花、萱島知子、筆本悠希、柴田紗知、上野純弥、永尾晃治、松原主典
  • トランス脂肪酸異性体間の組織への蓄積と異化効率の違い; 2016年05月
    発表情報; 第70回日本栄養・食糧学会大会
    著者; 別府史章、浅沼公晴、河村芳徳、永井利治、吉永和明、溝部帆洋、小島浩一、笠井聡、永尾晃治、久保篤史、神田穣太、後藤直宏
  • Lactobacillus gasseri SBT2055摂取がラットのエネルギー代謝および糖代謝に及ぼす影響; 2016年05月
    発表情報; 第70回日本栄養・食糧学会大会
    著者; 城内文吾、梅ヶ谷南、白石彩、森田有紀子、甲斐俊一、永尾晃治、柳田晃良、小川哲弘、門岡幸男、佐藤匡央
  • 和食に共通して含まれる麹グリコシルセラミドが腸内細菌叢に及ぼす影響の解析; 2016年03月
    発表情報; 日本農芸化学会2016年度大会
    著者; 佐藤友哉、譚政、中山二郎、浜島浩史、光武進、永尾晃治、北垣浩志
  • 日本の発酵食品に含まれている麹セラミドの機能性について; 2015年10月
    発表情報; 2015年国際酒文化・科学技術研討会
    著者; 譚政、浜島弘史、永尾晃治、光武進、北垣浩志
  • 麹グルコシルセラミドの腸管における代謝及び腸内細菌への影響解析; 2015年10月
    発表情報; 第67回日本生物工学会大会
    著者; 佐藤友哉、浜島弘史、譚政、木村俊之、光武進、永尾晃治、中山二郎、北垣浩志
  • レスベラトロールおよびそのアナログであるプテロスチルベンは異なる経路を介して動脈硬化症の進展を抑制する; 2015年10月
    発表情報; 平成27年度日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学会西日本支部合同大会
    著者; 有馬優子、城内文吾、馬場龍栄、永尾晃治、柳田晃良、佐藤匡央
  • 魚油由来サプリメントおよび医薬品摂取に伴うポリ塩化ビフェニル曝露量の評価; 2015年08月
    発表情報; 日本脂質栄養学会第24回大会
    著者; 仲井邦彦、上野大介、永尾晃治、佐久間一郎
  • Detection of glycosylceramide species of koji Aspergillus oryzae by ESI-MS/MS and fragment ion analysis; 2015年05月
    発表情報; 12th Asian congress of nutrition
    著者; H. Hamajima, S. Mitsutake, K. Nagao, H. Kitagaki
  • Mukitake mushroom (Panellus serotinus) alleviates nonalcoholic fatty liver disdase and inflammation in db/db mice; 2015年05月
    発表情報; H. Hamajima, S. Mitsutake, K. Nagao, H. Kitagaki
    著者; H. Hamajima, S. Mitsutake, K. Nagao, H. Kitagaki
  • Dietary Resveratrol Alleviates Atherosclerotic Lesions in Apolipoprotein E-deficient Mice: Comparison with Pterostilbene, a Resveratrol Analog; 2014年09月
    発表情報; The XXVIIth International Conference on Polyphenols & The 8th Tannin Conference
    著者; B. Shirouchi, R. Baba, T. Kato, K. Nagao, T. Yanagita, M.Sato
  • レンコンの節・部位ごとにおける栄養成分および抗酸化性評価; 2014年08月
    発表情報; 日本調理科学会平成26年度大会
    著者; 鶴田裕美、柘植圭介、吉村臣史、澤田和敬、永尾晃治、柳田晃良
  • レンコンポリフェノール分画物の機能性に関する研究; 2014年06月
    発表情報; 第51回化学関連支部合同九州大会
    著者; 鶴田裕美、柘植圭介、吉村臣史、柳田晃良、永尾晃治
  • レスベラトロールはアナログであるプテロスチルベンよりも動脈硬化症の進展を抑制する; 2013年10月
    発表情報; 平成25年度日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学西日本支部合同大会
    著者; 馬場龍栄、加藤拓也、城内文吾、永尾晃治、柳田晃良、佐藤匡央
  • β-コングリシニンペプチドが肥満ラットの病態発症に及ぼす影響; 2013年10月
    発表情報; 平成25年度日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学西日本支部合同大会
    著者; 齊藤森太郎、和根崎 智、橘 伸彦、柳田晃良、永尾晃治
  • n-3 PUFA 含有複合脂質摂取が肥満マウスの病態および体脂肪酸組成に及ぼす影響; 2013年10月
    発表情報; 平成25年度日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学西日本支部合同大会
    著者; 仲光和佐、柘植圭介、鶴田裕美、吉村臣史、柳田晃良、永尾晃治
  • オゾン化脂質の肥満誘発性脂肪肝改善作用; 2013年09月
    発表情報; 第52回日本油化学会
    著者; 永尾晃治、仲光和佐、小島浩一、永井利治、柳田晃良
  • Beneficial effects of dietary phospholipids on metabolic syndrome.; 2013年09月
    発表情報; 20th International congress of nutrition, Granada (Spain)
    著者; T. Yanagita, B. Shirouchi, K. Nagao
  • Increase of serum cholesterol level induced by dietary cholesterol involves secretion of triacylglycerol from liver in EXHC rats.; 2013年09月
    発表情報; 20th International congress of nutrition, Granada (Spain)
    著者; Y. Tanaka, K. Nagao, H. Nakagiri, T. Nagaso, Y. Iwasa, H.Mori, M.Asahina, K. Imaizumi, M. Sato
  • Leaf extract of dietary blueberry (vaccinium ashei read) prevents fatty liver in ob/ob mice.; 2013年09月
    発表情報; 20th International congress of nutrition, Granada (Spain)
    著者; S. Nishizono, K. Nagao, M. Koga, M Yoshimura, T. Kai, H. Kataoka, N.Fukuda
  • βコングリシニンペプチドの栄養生理作用に関する研究; 2013年07月
    発表情報; 第50回化学関連支部合同九州大会
    著者; 齊藤森太郎、和根崎智、橘伸彦、柳田晃良、永尾晃治
  • In vitro および in vivo 実験系を用いた食品成分の脂質低下作用評価; 2013年07月
    発表情報; 第50回化学関連支部合同九州大会
    著者; 仲光和佐、柳田晃良、永尾晃治
  • 天然物由来成分が肥満誘発性病態に及ぼす影響; 2013年07月
    発表情報; 第50回化学関連支部合同九州大会
    著者; 永尾晃治、齊藤森太郎、杉山大二朗、塙雅明 、柳田晃良
  • Functional lipids and risk of metabolic syndrome.; 2013年05月
    発表情報; 104th American oil chemist’ society annual meeting & expo, Montreal (Canada)
    著者; Teruyoshi Yanagita, Koji Nagao
  • Physiological functions of dietary ozonated-olive oil in mice.; 2013年05月
    発表情報; 104th American oil chemist’ society annual meeting & expo, Montreal (Canada)
    著者; Koji Nagao, Masami Sakoh, Shunichi Kai, Koichi Kojima, Toshiharu Nagai, Teruyoshi Yanagita
  • 食餌性リン脂質がコンカナバリンA誘導性肝炎の進展に及ぼす影響; 2013年05月
    発表情報; 第67回日本栄養・食糧学会大会
    著者; 稲福征志、永尾晃治、柳田晃良、屋宏典
  • ドコサペンタエン酸の代謝に関する研究; 2012年11月
    発表情報; 日本油化学会フレッシュマンサミットTOKYO2012
    著者; 石田弘樹、小野田悟、永尾晃治、城内文吾、古屋健太、永井俊治、溝部帆洋、吉永和明、小島浩一、渡邊浩幸、柳田晃良、後藤直宏
  • Functional lipids for the prevention of fatty liver and inflammation.; 2012年10月
    発表情報; World Congress on Oleo Science & 29th ISF Congress
    著者; Teruyoshi Yanagita, Koji Nagao
  • キノコの1種ムキタケの抗肥満、脂肪肝予防および炎症予防作用; 2012年10月
    発表情報; 第33回日本肥満学会
    著者; 柳田晃良、永尾晃治
  • ノリ由来複合脂質摂取が肥満マウスの病態発症に及ぼす影響; 2012年09月
    発表情報; 平成24年度日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本農芸化学会西日本支部合同大会
    著者; 古賀美里、柘植圭介、鶴田裕美、吉村臣史、川内怜、柳田晃良、永尾晃治
  • オゾン化脂質摂取がマウスの脂質代謝に及ぼす影響; 2012年09月
    発表情報; 平成24年度日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本農芸化学会西日本支部合同大会
    著者; 迫尾昌美、小島浩一、永井利治、柳田晃良、永尾晃治
  • プテロスチルベンが肥満ラットのエネルギー代謝に及ぼす影響; 2012年09月
    発表情報; 平成24年度日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本農芸化学会西日本支部合同大会
    著者; 陣内智行、甲斐俊一、柳田晃良、永尾晃治
  • 分離大豆たんぱく質による脂肪萎縮症誘発性脂肪肝の改善作用に関する研究; 2012年09月
    発表情報; 平成24年度日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本農芸化学会西日本支部合同大会
    著者; 松本明子、甲斐俊一、柳田晃良、永尾晃治
  • ムキタケ熱水抽出物の抗炎症作用に関する研究; 2012年09月
    発表情報; 平成24年度日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本農芸化学会西日本支部合同大会
    著者; 仲光和佐、浜島弘史、柳田晃良、永尾晃治
  • 大豆β-コングリシニンによる肥満誘発性脂肪肝の改善作用に関する研究; 2012年09月
    発表情報; 平成24年度日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本農芸化学会西日本支部合同大会
    著者; 齊藤森太郎、陣内智行、和根崎智、小嶋真紀子、橘伸彦、柳田晃良、永尾晃治
  • Rabbiteye blueberry (Vaccinium ashei Reade) leaf prevents metabolic syndrome.; 2012年09月
    発表情報; 10th Euro Fed Lipid Congress
    著者; Shoko Nishizono, Takanori Kai, Nao Inoue, Koji Nagao, Takashi Tanaka, Teruyoshi Yanagita, Nobuhiro Fukuda
  • アポE欠損マウスにおける動脈硬化症に及ぼすプテロスチルベンおよびレスベラトロールの影響; 2012年06月
    発表情報; 第49回化学関連支部合同九州大会
    著者; 馬場龍栄、加藤拓也、城内文吾、永尾晃治、柳田晃良、佐藤匡央
  • ノリ由来脂質成分の抗炎症作用; 2012年06月
    発表情報; 第49回化学関連支部合同九州大会
    著者; 柘植圭介, 古賀美里、鶴田裕美、佐藤真佐恵 、吉村臣史、永尾晃治、石川祐子
  • レンコンポリフェノール摂取が肥満・糖尿病マウスの病態発症に及ぼす影響; 2012年06月
    発表情報; 第49回化学関連支部合同九州大会
    著者; 鶴田裕美、甲斐俊一、柘植圭介、吉村臣史、永尾晃治、柳田晃良
  • 大豆βコングリシニンが肥満ラットの脂質代謝に及ぼす影響; 2012年06月
    発表情報; 第49回化学関連支部合同九州大会
    著者; 齊藤森太郎、陣内智行、和根崎智、小嶋真紀子、橘伸彦、永尾晃治、柳田晃良
  • 肝臓モデル細胞を用いた食品由来脂質低下成分の検索; 2012年06月
    発表情報; 第49回化学関連支部合同九州大会
    著者; 仲光和佐、柘植圭介、鶴田裕美、吉村臣史、永尾晃治、柳田晃良
  • 脂肪萎縮症誘発性脂肪肝に対する食事成分の影響; 2012年06月
    発表情報; 第49回化学関連支部合同九州大会
    著者; 松本明子、甲斐俊一、永尾晃治、柳田晃良
  • レスベラトロールの抗肥満作用に関する研究; 2012年06月
    発表情報; 第49回化学関連支部合同九州大会
    著者; 陣内智行、甲斐俊一、永尾晃治、柳田晃良
  • オゾン化脂質の脂肪肝改善作用に関する研究; 2012年06月
    発表情報; 第49回化学関連支部合同九州大会
    著者; 迫尾昌美、甲斐俊一、永尾晃治、小島浩一、永井利治、柳田晃良
  • ノリ由来脂質成分の抽出と組成分析; 2012年06月
    発表情報; 第49回化学関連支部合同九州大会
    著者; 古賀美里、柘植圭介、鶴田裕美、吉村臣史、犬塚伸幸、永尾晃治、柳田晃良
  • 食事誘導性高コレステロール血症モデルラットにおけるトリアシルグリセロール代; 2012年06月
    発表情報; 第54回日本脂質生化学会
    著者; 田中愛健、永尾晃治、佐藤匡央、今泉勝己
  • Physiological functions of dietary ozonated-olive oil in obese rats.; 2012年05月
    発表情報; 103rd American oil chemist’ society annual meeting & expo, Long beach (USA)
    著者; Koji Nagao, Masami Sakoh, Shunichi Kai, Koichi Kojima, Toshiharu Nagai, Teruyoshi Yanagita
  • Blueberry (Vaccinium ashei) leaf and the prevention of metabolic syndrome.; 2011年11月
    発表情報; ISNFF 2011 Conference and exhibition
    著者; Shoko Nishizono, Nao Inoue, Koji Nagao, Hiroshi Sakaida, Takanori Kai, Teruyoshi Yanagita, Hirohito Tsubouchi, Hiroaki Kataoka, Nobuhiro Fukuda
  • Lactobacillus gasseri SBT 2055による抗肥満作用機序の解明; 2011年09月
    発表情報; 平成23年度日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学会西日本支部合同大会
    著者; 白石彩、森田有紀子、甲斐俊一、永尾晃治、柳田晃良、門岡幸生、城内文吾、佐藤匡央
  • 分離大豆たんぱく質摂取が脂肪萎縮症モデル動物の脂肪肝発症に及ぼす影響; 2011年09月
    発表情報; 平成23年度日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学会西日本支部合同大会
    著者; 松本明子、甲斐俊一、永尾晃治、柳田晃良
  • レスベラトロールが肥満モデルラットのエネルギー代謝に及ぼす影響; 2011年09月
    発表情報; 平成23年度日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学会西日本支部合同大会
    著者; 陣内智行、甲斐俊一、永尾晃治、柳田晃良
  • オゾン化脂質摂取が肥満ラットの病態発症に及ぼす影響; 2011年09月
    発表情報; 平成23年度日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学会西日本支部合同大会
    著者; 迫尾昌美、甲斐俊一 、永尾晃治、小島浩一、永井利治、柳田晃良
  • リン脂質の塩基部分含有食が肥満ラットの病態発症に及ぼす影; 2011年09月
    発表情報; 平成23年度日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学会西日本支部合同大会
    著者; 古賀美里、甲斐俊一、永尾晃治、柳田晃良
  • Dietary chicken peptide may ameliorate metabolic syndrome.; 2011年07月
    発表情報; XI Asian Congress of Nutrition 2011
    著者; Kazunari Koba, Teruyoshi Yanagita, Koji Nagao, Kouhei Oohashi
  • Functional lipids and the prevention of metabolic syndrome.; 2010年12月
    発表情報; Pacifichem 2010
    著者; Teruyoshi Yanagita, Koji Nagao
  • 大豆由来リン脂質含有食が肥満モデルラットの病態発症に及ぼす影響; 2010年09月
    発表情報; 第64回日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会
    著者; 甲斐俊一、城内文吾、永尾晃治、柳田晃良
  • Identification of Soy Protein-Derived Hypolipidemic Peptides Using in Vitro and in Vivo Systems.; 2010年05月
    発表情報; 101th American oil chemist’ society annual meeting & expo (Phoenix)
    著者; Koji Nagao, Nao Inoue, Kotaro Sakata, Naomi Yamano, Pathma Gunawardena, Toshiro Matsui, Toshihiro Nakamori, Hitoshi Furuta, Kiyoharu Takamatsu, Teruyoshi Yanagita
  • 「ムキタケ分画物摂取が肥満・糖尿病モデル動物の病態発症に及ぼす影響」; 2010年05月
    発表情報; 第64回日本栄養・食糧学会大会(徳島)
    著者; 永尾晃治、稲福征志、野村沙織、城内文吾、井上奈穂、柳田晃良
  • 「ラットのコレステロール代謝に及ぼすホスファチジルセリンの影響」; 2010年05月
    発表情報; 第64回日本栄養・食糧学会大会(徳島)
    著者; 岩間久美、都築毅、井上奈穂、林雅弘、永尾晃治、柳田晃良、池田郁男
  • 「レンコン摂取が肥満・糖尿病マウスの病態発症に及ぼす影響; 2009年03月
    発表情報; 日本農芸化学会2009年度大会(福岡)
    著者; 鶴田裕美、野村沙織、城内文吾、小金丸和義、永尾晃治、柳田晃良
  • 「大豆タンパク質由来脂質低下ペプチド配列の検索」; 2008年11月
    発表情報; 第62回日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会(長崎)
    著者; 山野尚美、井上奈穂、永尾晃治、松井利郎、中森俊宏、古田均、高松清治、柳田晃良
  • 「チキンペプチドが自然発症性高血圧ラットの病態発症に及ぼす影響」; 2008年11月
    発表情報; 第62回日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会(長崎)
    著者; 古屋健太、城内文吾、永尾晃治、中島啓輔、柳田晃良
  • 「ブルーベリー葉熱水抽出物分画物の栄養生理作用に関する研究」; 2008年11月
    発表情報; 第62回日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会(長崎)
    著者; 野村沙織、永尾晃治、西園祥子、田中隆、境田博至、甲斐孝憲、柳田晃良
  • 「エイペプチド摂取が肥満ラットの病態発症に及ぼす影響」; 2008年07月
    発表情報; 第45回化学関連支部合同九州大会(北九州)
    著者; 古屋健太、曽根健太郎、城内文吾、永尾晃治、柳田晃良
  • 「オーラプテンの脂質低下作用に関する研究」; 2008年07月
    発表情報; 第45回化学関連支部合同九州大会(北九州)
    著者; 山野尚美、井上奈穂、永尾晃治、柳田晃良
  • 「ブルーベリー葉の血圧低下作用に関する研究」; 2008年07月
    発表情報; 第45回化学関連支部合同九州大会(北九州)
    著者; 野村沙織、比嘉康貴、井上奈穂、永尾晃治、境田博至、甲斐孝憲、柳田晃良
  • 「ホスファチジルイノシトール摂取が肥満・糖尿病ラットの脂質代謝に及ぼす影響」; 2008年05月
    発表情報; 第62回日本栄養・食糧学会大会(埼玉)
    著者; 城内文吾、永尾晃治、古屋健太、大坪一政、古賀晋治、松本英之、柳田晃良
  • Alleviation of metabolic syndrome with bioactive lipids; 2008年05月
    発表情報; 98th American oil chemist’ society annual meeting & expo (Seattle, USA)
    著者; B. Shirouchi, K. Nagao, T. Yanagita
  • 「ムキタケ摂取が肥満・糖尿病モデル動物の病態発症に及ぼす影」; 2008年03月
    発表情報; 日本農芸化学会2008年度大会 (名古屋)
    著者; 永尾晃治、井上奈穂、稲福征志、野村沙織、師岡孝典、柳田晃良
  • 「食餌ホスファチジルイノシトールの栄養生理機能に関する研究」; 2008年03月
    発表情報; 日本農芸化学会2008年度大会 (名古屋)
    著者; 城内文吾、永尾晃治、古屋健太、古賀晋治、松本英之、柳田晃良
  • 「ホスファチジルイノシトール摂取は非アルコール性脂肪肝を改善する」; 2007年09月
    発表情報; 第61回日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会 (熊本)
    著者; 城内文吾、永尾晃治、井上奈穂、古屋健太、古賀晋治、松本英之、柳田晃良
  • 「短鎖脂肪酸および多価不飽和脂肪酸含有構造脂質の生理作用に関する研究」; 2007年07月
    発表情報; 第44回化学関連支部合同九州大会 (北九州)
    著者; 城内文吾、永尾晃治、井上奈穂、柳田晃良
  • Physiological function of dietary PI in obese, diabetic Zucker rats.; 2007年05月
    発表情報; 98th American oil chemist’ society annual meeting & expo (Quebec)
    著者; Bungo Shirouchi, Koji Nagao, Shinji Koga, Hideyuki Matsumoto, Teruyoshi Yanagita
  • Screening of soy protein-derived hypolipidemic peptides using in vitro and in vivo system.; 2007年05月
    発表情報; 98th American oil chemist’ society annual meeting & expo (Quebec)
    著者; Nao Inoue, Koji Nagao, Toshiro Matsui, Toshihiro Nakamori, Hitoshi Furuta, Kiyoharu Takamatsu, Teruyoshi Yanagita
  • Food factors and risk of life-style related diseases.; 2007年05月
    発表情報; 98th American oil chemist’ society annual meeting & expo (Quebec)
    著者; Teruyoshi Yanagita, Koji Nagao
  • 「ブルーベリー葉乾燥粉末が肥満ラットの脂質代謝に及ぼす影響」; 2007年05月
    発表情報; 第61回日本栄養・食糧学会大会 (京都)
    著者; 井上奈穂、比嘉康貴、野村沙織、境田博至、甲斐孝憲、永尾晃治、柳田晃良
  • 「PS高含有大豆リン脂質の栄養生理機能に関する研究」; 2007年05月
    発表情報; 第61回日本栄養・食糧学会大会 (京都)
    著者; 城内文吾、永尾晃治、古屋健太、塩尻正俊、劉暁麗、柳田晃良
  • 「大豆タンパク質はラット肝臓のABCG5およびABCG8mRNA発現を増加させる」; 2007年03月
    発表情報; 日本農芸化学会2007年度大会 (東京)
    著者; 池田郁男、工藤真理子、永尾晃治、濱田忠輝、大城陽子、菅原隆史、山平崇、今泉勝己、柳田晃良
  • 「食餌PIが肥満・糖尿病モデルZuckerラットの病態発症に及ぼす影響」; 2007年03月
    発表情報; 日本農芸化学会2007年度大会 (東京)
    著者; 城内文吾、永尾晃治、松本英之、古賀晋治、柳田晃良
  • 「ポルフィランがHepG2細胞の脂質代謝に及ぼす影響」; 2007年03月
    発表情報; 日本農芸化学会2007年度大会 (東京)
    著者; 井上奈穂、坂田幸大郎、山野尚美、濱洋一郎、永尾晃治、柳田晃良
  • 「ナルトビエイタンパク質の栄養生理機能に関する研究」; 2006年09月
    発表情報; 平成18年度日本農芸化学会西日本支部及び日本栄養食糧学会九州・沖縄支部合同大会 (佐賀)
    著者; 師岡孝典、金海麗、王玉明、城内文吾、永尾晃治、柳田晃良
  • 「ドコサヘキサエン酸含有リン脂質の栄養生理機能に関する研究」; 2006年09月
    発表情報; 平成18年度日本農芸化学会西日本支部及び日本栄養食糧学会九州・沖縄支部合同大会 (佐賀)
    著者; 城内文吾、永尾晃治、井上奈穂、大久保剛、日比野英彦、柳田晃良
  • 「カツオ肝臓由来エキスの栄養生理機能に関する研究」; 2006年09月
    発表情報; 平成18年度日本農芸化学会西日本支部及び日本栄養食糧学会九州・沖縄支部合同大会 (佐賀)
    著者; 比嘉康貴、金海麗、王玉明、城内文吾、眞子勝、諏訪達雄、永尾晃治、柳田晃良
  • 「脂肪吸収を阻害する旨を標榜するダイエット食品の効能評価試験」; 2006年09月
    発表情報; 平成18年度日本農芸化学会西日本支部及び日本栄養食糧学会九州・沖縄支部合同大会 (佐賀)
    著者; 坂田幸大郎、比嘉康貴、井上奈穂、永尾晃治、柳田晃良
  • 「共役リノール酸摂取が糖尿病ラットの骨格筋における糖・脂質代謝変動に及ぼす影響」; 2006年07月
    発表情報; 第43回化学関連支部合同九州大会 (北九州)
    著者; 井上奈穂、永尾晃治、王玉明、柳田晃良
  • 「トリグリセリド型DHAが肥満ラットの病態発症に及ぼす影響」; 2006年07月
    発表情報; 第43回化学関連支部合同九州大会 (北九州)
    著者; 城内文吾、永尾晃治、井上奈穂、大久保剛、日比野英彦、柳田 晃良
  • 「栄養生理機能を持つ大豆タンパク質由来ペプチド配列の検索」; 2006年07月
    発表情報; 第43回化学関連支部合同九州大会 (北九州)
    著者; 坂田幸大郎、井上奈穂、永尾晃治、松井利郎、中森俊宏、古田均、高松清治、柳田晃良
  • 「肥満モデルOLETFラットの病態発症に及ぼすパントテン酸欠乏の影響」; 2006年07月
    発表情報; 第43回化学関連支部合同九州大会 (北九州)
    著者; 比嘉康貴、野口洋樹、永尾晃治、柳田晃良
  • 「リノール酸メンチルエステルの生理作用に関する研究」; 2006年05月
    発表情報; 日本農芸化学会2006年度大会 (京都)
    著者; 井上奈穂、永尾晃治、荒尾恵介、坂田幸大郎、安田紀美子、岩田敏夫、柳田晃良
  • Conjugated linoleic acid-induced fatty liver can be attenuated by combination with docosahexaenoic acid in C57BL/6N mice.; 2006年05月
    発表情報; 97th American oil chemist' society annual meeting & expo (St. Louis)
    著者; T Yanagita, YM Wang, K Nagao, Y Ujino, B Shirouchi, N Inoue, YS Huang
  • Effect of short-term feeding of conjugated linoleic acid in C57BL/6J mice.; 2006年05月
    発表情報; 97th American oil chemist' society annual meeting & expo (St. Louis)
    著者; N Inoue, YM Wang, K Nagao, Y Ujino, K Sakata, K Higa, T Yanagita
  • Effect of leptin injection on hepatic steatosis and insulin resistnace in diet-induced lipodystrophy model mice.; 2006年05月
    発表情報; 97th American oil chemist' society annual meeting & expo (St. Louis)
    著者; K Nagao, N Inoue, Y Ujino, K Higa, T Yanagita
  • 「DHA含有リン脂質が肥満ラットの病態発症に及ぼす影響」; 2006年05月
    発表情報; 第60回日本栄養・食糧学会大会 (静岡)
    著者; 城内文吾、永尾晃治、井上奈穂、大久保剛、日比野英彦、柳田晃良
  • 「大豆タンパク質由来脂質低下ペプチドの検索」; 2006年05月
    発表情報; 第60回日本栄養・食糧学会大会 (静岡)
    著者; 井上奈穂、永尾晃治、坂田幸大郎、松井利郎、中森俊宏、古田均、高松清治、柳田晃良
  • 「食餌誘発性Lipodystrophyモデルマウスに及ぼすレプチン投与の影響」; 2006年03月
    発表情報; 日本農芸化学会2006年度大会 (京都)
    著者; 永尾晃治、宇治野陽子、井上奈穂、王玉明、柳田晃良
  • 大豆タンパク質由来SCP-LD3親水性画分からの脂質低下ペプチドの検索; 2005年11月
    発表情報; 第59回日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会
    著者; 井上奈穂、永尾晃治、Pathma Gunawardena、松井利郎、中森俊宏、古田均、柳田晃良
  • パントテン酸欠乏が肥満誘発性病態発症に及ぼす影響; 2005年11月
    発表情報; 第59回日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会
    著者; 野口洋樹、比嘉康貴、永尾晃治、柳田晃良
  • 共役リノール酸の短期間摂取がマウスの脂質代謝に及ぼす影響; 2005年11月
    発表情報; 第59回日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会
    著者; 宇治野陽子、井上奈穂、王玉明、永尾晃治、柳田晃良
  • タウリンが肥満ラットの脂質代謝に及ぼす影響; 2005年11月
    発表情報; 第59回日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会
    著者; 城内文吾、師岡孝典、永尾晃治、柳田晃良
  • 糖尿病モデルZuckerラットの脂肪肝発症に対する共役リノール酸の改善作用; 2005年09月
    発表情報; 日本脂質栄養学会第14回大会
    著者; 柳田晃良、王玉明、井上奈穂、城内文吾、永尾晃治
  • 糖尿病モデルZuckerラットの病態発症に対する共役リノール酸摂取の影響; 2005年09月
    発表情報; 第44回日本油化学会年会
    著者; 永尾晃治、井上奈穂、王玉明、城内文吾、野口洋樹、柳田晃良
  • Beneficial biological activity of conjugated linoleic acid in obese rats.; 2005年09月
    発表情報; 6th World congress and exhibition of the international society for fat research
    著者; T Yanagita, K Nagao, N Inoue, YM Wang
  • リノール酸メンチルエステルがヒト肝臓由来HepG2細胞の脂質代謝に及ぼす影響; 2005年05月
    発表情報; 第59回日本栄養・食糧学会大会
    著者; 荒尾恵介、井上奈穂、王玉明、永尾晃治、小林敬、岩田敏夫、柳田晃良
  • 食餌ドコサヘキサエン酸が肥満ラットの病態発症に及ぼす影響; 2005年05月
    発表情報; 第59回日本栄養・食糧学会大会
    著者; 井上奈穂、平田純一、野口洋樹、坂田幸大郎、比嘉康貴、王玉明、永尾晃治、柳田晃良
  • Hypotensive effect of conjugated linoleic acid.; 2005年05月
    発表情報; 96th American oil chemist’ society annual meeting & expo
    著者; N Inoue, K Nagao, YM Wang, T Yanagita
  • Dietary conjugated linoleic acid alleviates non-alcoholic fatty liver disease in Zucker (fa/fa) rats.; 2005年05月
    発表情報; 96th American oil chemist’ society annual meeting & expo
    著者; K Nagao, N Inoue, YM Wang, B Shirouchi, T Yanagita
  • The 9cis,11trans,13cis isomer of conjugated linolenic acid reduces apolipoprotein B100 secretion and triacylglycerol synthesis in HepG2 cells.; 2005年05月
    発表情報; 96th American oil chemist’ society annual meeting & expo
    著者; T Yanagita, K Arao, K Nagao, H Yotsumoto, SY Han
  • 肥満ラットにおける共役リノール酸の組織中含有量と生理作用の関係; 2005年03月
    発表情報; 日本農芸化学会2005年度大会
    著者; 井上奈穂、平田純一、野口洋樹、坂田幸大郎、比嘉康貴、王玉明、永尾晃治、柳田晃良
  • 共役リノール酸がZuckerラットの骨格筋における病態発症関連遺伝子の発現に及ぼす影響; 2005年03月
    発表情報; 日本農芸化学会2005年度大会
    著者; 永尾晃治、王玉明、井上奈穂、柳田晃良
  • マウスにおける高濃度CLA誘発脂肪肝に対するDHAの効果; 2005年03月
    発表情報; 日本農芸化学会2005年度大会
    著者; 王玉明、宇治野陽子、荒谷伸、井上奈穂、永尾晃治、柳田晃良
  • SHRの本態性高血圧発症に及ぼす共役リノール酸の影響; 2004年11月
    発表情報; 第58回日本栄養・食糧学会西日本支部大会
    著者; 井上奈穂、永尾晃治、平田純一、王玉明、柳田晃良
  • 共役リノール酸が肥満ラットの各脂肪中脂肪酸組成に及ぼす影響; 2004年11月
    発表情報; 第58回日本栄養・食糧学会西日本支部大会
    著者; 平田純一、王玉明、野口洋樹、坂田幸大郎、比嘉康貴、井上奈穂、永尾晃治、柳田晃良
  • 共役リノール酸によるアディポネクチン量、遺伝子発現の亢進と肥満誘発性高血圧発症の抑制; 2004年09月
    発表情報; 第25回日本肥満学会大会
    著者; 柳田晃良、永尾晃治、井上修二
  • 共役リノール酸異性体による肥満ラットの高血圧発症の抑制; 2004年05月
    発表情報; 第58回日本栄養・食糧学会大会
    著者; 井上奈穂、永尾晃治、王玉明、平田純一、島田裕司、永尾寿浩、松井利郎、柳田晃良
  • 共役リノール酸が自然発症高血圧ラット(SHR)の病態発症に及ぼす影響; 2004年05月
    発表情報; 第58回日本栄養・食糧学会大会
    著者; 永尾晃治、井上奈穂、王玉明、柳田晃良
  • 共役リノール酸異性体が肥満ラットの脂肪組織における遺伝子発現に及ぼす影響; 2004年05月
    発表情報; 第58回日本栄養・食糧学会大会
    著者; 王玉明、井上奈穂、永尾晃治、柳田晃良
  • Conjugated linoleic acid enhances plasma adiponectin level and alleviates hyperinsulinemia and hypertension in Zucker diabetic fatty (fa/fa) rats.; 2004年05月
    発表情報; 95th American oil chemist’ society annual meeting & expo
    著者; T Yanagita, K Nagao, N Inoue, YM Wang
  • Effect of conjugated linoleic acid isomers on gene expressions related to lipid metabolism.; 2004年05月
    発表情報; 95th American oil chemist’ society annual meeting & expo
    著者; YM Wang, K Nagao, N Inoue, Y Shimada, T Nagao, T Iwata, T Kamegai, T Yanagita
  • The 10trans, 12cis isomer of conjugated linoleic acid suppresses the development of hypertension in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty rats.; 2004年05月
    発表情報; 5th American oil chemist’ society annual meeting & expo
    著者; N Inoue, K Nagao, YM Wang, T Yanagita
  • 共役リノール酸が肥満モデルZuckerラットの血圧上昇に及ぼす影響; 2004年03月
    発表情報; 日本農芸化学会2004年度大会
    著者; 井上奈穂、永尾晃治、王玉明、柳田晃良
  • 共役リノール酸が肥満モデルZuckerラットの脂質代謝に及ぼす影響; 2004年03月
    発表情報; 日本農芸化学会2004年度大会
    著者; 永尾晃治、井上奈穂、王玉明、城内文吾、柳田晃良
  • 外因性高コレステロール血症(ExHC)ラット特異的ラットにおける肝臓での脂質代謝関連遺伝子の発現; 2004年03月
    発表情報; 日本農芸化学会2004年度大会
    著者; 朝比奈誠、佐藤匡央、永尾晃治、今泉勝己
  • 共役リノール酸異性体による肥満ラットの高血圧発症の抑制; 2003年11月
    発表情報; 第24回日本肥満学会大会
    著者; 柳田晃良、永尾晃治、井上修二
  • The 10trans,12cis-isomer of conjugated linoleic acid promotes energy metabolism in OLETF rats.; 2003年10月
    発表情報; 25th World congress and exhibition of the international society for fat research
    著者; T Yanagita, YM Wang, K Nagao
  • リパーゼを用いた共役リノール酸の異性体の高度精製; 2003年09月
    発表情報; 第55回日本生物工学会大会
    著者; 永尾寿浩、山内良枝、杉原耿雄、岩田敏夫、永尾晃治、柳田晃良、安達修二、島田裕司
  • 共役リノール酸の抗肥満・抗高脂血症に関する研究; 2003年09月
    発表情報; 第57回日本栄養・食糧学会西日本支部大会
    著者; 井上奈穂、永尾晃治、王玉明、柳田晃良
  • Alleviation of obesity and hyperlipidemia by the conjugated linoleic acid isomer in obese rat.; 2003年09月
    発表情報; XIIIth International symposium on atherosclerosis
    著者; K Nagao, YM Wang, N Inoue, T Yanagita
  • ExHCラットにおける食事性高コレステロール血症を発症する遺伝子変異の同定; 2003年06月
    発表情報; 第45回日本脂質生化学研究会集会
    著者; 佐藤匡央、朝比奈誠、長曽俊郎、永尾晃治、今泉勝己
  • 共役リノール酸異性体が肥満ラットの脂肪酸不飽和化に与える影響について; 2003年05月
    発表情報; 第57回日本栄養・食糧学会大会
    著者; 永尾晃治、王玉明、井上奈穂、永尾寿浩、島田裕司、岩田敏夫、柳田晃良
  • 大豆タンパク質由来ペプチド分画物が肥満ラットの脂質代謝に及ぼす影響; 2003年05月
    発表情報; 第57回日本栄養・食糧学会大会
    著者; 井上奈穂、永尾晃治、韓瑞瑛、中森俊宏、古田均、柳田晃良
  • タマネギエキスおよび含硫化合物がラット体脂肪および脂質代謝に及ぼす影響; 2003年05月
    発表情報; 第57回日本栄養・食糧学会大会
    著者; 王玉明、韓瑞瑛、山口直弥、阿武尚彦、永尾晃治、柳田晃良
  • The 10trans,12cis-isomer of conjugated linoleic acid promotes energy metabolism and improves obesity and lipid metabolism in obese OLETF rats.; 2003年05月
    発表情報; 94th American oil chemist’ society annual meeting & expo
    著者; T Yanagita, K Nagao, YM Wang, N Inoue, T Nagao, Y Shimada
  • 10t,12c-共役リノール酸が肥満ラットの病態発症に与える影響; 2003年04月
    発表情報; 日本農芸化学会2003年度大会
    著者; 永尾晃治、王玉明、井上奈穂、永尾寿浩、島田裕司、柳田晃良
  • オロチン酸誘発脂肪肝と低脂血症の発症にはミクロソームTG転送タンパク質阻害が関与する; 2003年04月
    発表情報; 日本農芸化学会2003年度大会
    著者; 柳田晃良、王玉明、車載英、鶴田裕美、永尾晃治、井上修二
  • タマネギ由来の含硫アミノ化合物がヒト肝由来HepG2細胞の脂質代謝に及ぼす影響; 2003年04月
    発表情報; 日本農芸化学会2003年度大会
    著者; 韓瑞瑛、永尾晃治、柳田晃良
  • 大豆タンパク質由来ペプチド分画物がHepG2細胞における脂質代謝に及ぼす影響; 2003年04月
    発表情報; 日本農芸化学会2003年度大会
    著者; 井上奈穂、永尾晃治、韓瑞瑛、中森俊宏、古田均、柳田晃良
  • 肥満ラットの脂質代謝に及ぼす大豆タンパク質由来ペプチドの影響; 2002年11月
    発表情報; 第56回日本栄養・食糧学会西日本支部大会
    著者; 井上奈穂、永尾晃治、槙峠賢政、吉原めぐみ、王玉明、中森俊宏、古田均、柳田晃良
  • 共役リノール酸の抗肥満・抗高脂血症作用の機序; 2002年10月
    発表情報; 第23回日本肥満学会大会
    著者; 柳田晃良、永尾晃治
  • 5-カンペステノンの抗肥満・抗脂血症作用のメカニズムの検討; 2002年10月
    発表情報; 第23回日本肥満学会大会
    著者; 池田郁夫、永尾晃治、柳田晃良、今野里恵、鈴木邦夫
  • Prevention of fatty liver by alpha-linolenic acid.; 2002年09月
    発表情報; 5th International congress on essential fatty acids and eicosanoids
    著者; K Nagao, JY Cha, SY Han, YM Wang, N Inoue, H Yotsumoto, T Yanagita
  • 大豆タンパク質ペプチドが肥満ラットのトリグリセリド代謝に及ぼす影響; 2002年07月
    発表情報; 第56回日本栄養・食糧学会大会
    著者; 永尾晃治、韓瑞瑛、山口直弥、王玉明、中森俊宏、柳田晃良
  • 共役リノール酸(CLA)が肥満ラットのエネルギー代謝に及ぼす影響; 2002年07月
    発表情報; 第56回日本栄養・食糧学会大会
    著者; 王玉明、永尾晃治、野田恒行、甲田哲之、岡松洋、柳田晃良
  • 糖尿病自然発症GKラットの糖・脂質代謝に対する食餌因子の影響; 2002年07月
    発表情報; 第56回日本栄養・食糧学会大会
    著者; 関野あずさ、岡純、大坂寿雅、永尾晃治、柳田晃良、森田豊彦、井上修二
  • Conjugated linoleic acid prevents obesity with enhanced energy metabolism in obese/diabetic model OLETF rats; 2002年05月
    発表情報; 3rd American oil chemist’ society annual meeting & expo
    著者; K Nagao, YM Wang, T Yanagita
  • Prevention of obesity and hyperlipidemia by trans-10,cis-12 conjugated linoleic acid in obesity/diabetic model rats.; 2002年05月
    発表情報; 93rd American oil chemist’ society annual meeting & expo
    著者; T Yanagita, YM Wang, K Nagao, N Inoue, SM Rahman
  • 大豆タンパク質由来ペプチドがHepG2細胞の脂質・リポタンパク質代謝に及ぼす影響; 2002年03月
    発表情報; 日本農芸化学会2002年度大会
    著者; 永尾晃治、韓瑞瑛、中森俊宏、柳田晃良
  • 10t,12c-共役リノール酸による肥満及び高脂血症の抑制作用; 2002年03月
    発表情報; 日本農芸化学会2002年度大会
    著者; 王玉明、永尾晃治、井上奈穂、田代伸次、三浦冴香、柳田晃良
  • 共役リノール酸と抗肥満; 2002年03月
    発表情報; 日本農芸化学会2002年度大会
    著者; 柳田晃良、永尾晃治、王玉明
  • 糖尿病自然発症GKラットに対する食餌因子の影響; 2002年02月
    発表情報; 第16回日本糖尿病動物研究会
    著者; 関野あずさ、岡純、大坂寿雅、永尾晃治、柳田晃良、森田豊彦、井上修二
  • 海藻由来D-システノールによる脂質低下作用のメカニズムに関する研究; 2001年09月
    発表情報; 日本栄養・食糧学会西日本支部大会
    著者; 永尾晃治、韓瑞瑛、王玉明、牛島正典、平山伸、柳田晃
  • Effect of CLA-TG on obesity and hyperlipidemia in OLETF rats; 2001年08月
    発表情報; 17th International congress of nutrition
    著者; T Yanagita, SM Rahman, YM Wang, K Nagao
  • Anti-hyperlipidemic activity of conjugated linoleic acid is associated with the reduction of hepatic MTP activity in obese rats; 2001年06月
    発表情報; 1st International conference on conjugated linoleic acid (CLA)
    著者; T Yanagita, SM Rahman, YM Wang, K Nagao
  • Conjugated linoleic acid reduces hepatic MTP activity and triglyceride concentration in OLETF rats; 2001年05月
    発表情報; 92nd American oil chemist’ society annual meeting & expo
    著者; T Yanagita, SM Rahman, YM Wang, K Nagao, K Arao
  • 外因性高コレステロール血症(ExHC)ラット特異的における脂肪酸合成酵素(FAS)のUSFによる転写調節について; 2001年03月
    発表情報; 日本農芸化学会2001年度大会
    著者; 佐藤匡央、永尾晃治、岩佐泰恵、長曽俊郎、今泉勝己
  • Lymphatic lipid transport is not impaired in aging rat intestine.; 2000年04月
    発表情報; Experimental Biology 2000
    著者; H Hayashi, Y Sato, S Kanai, M Masuda, M Ohta, A Funakoshi, K Nagao, K Imaizumi, K Miyasaka
  • ExHCラットの高コレステロール血症と脂肪酸合成酵素(FAS)遺伝子の転写調節との関連について; 2000年03月
    発表情報; 日本農芸化学会2000年度大会
    著者; 佐藤匡央、永尾晃治、吉田晋、友寄博子、今泉勝己
  • 食餌タウリンのコレステロール代謝に及ぼす影響; 1999年03月
    発表情報; 本農芸化学会1999年度大会
    著者; 吉玉亜矢子、窄野昌信、福田亘博,山本匡介、村上茂、永尾晃治、吉田晋、佐藤匡央、今泉勝己
  • ディファレンシャルディスプレイ(DD)法を用いた外因性高コレステロール血症(ExHC)ラット特異的に発現する遺伝子の検索; 1999年03月
    発表情報; 日本農芸化学会1999年度大会
    著者; 佐藤匡央、吉田晋、永尾晃治、今泉勝己
  • カゼインへのアルギニン添加はアポE欠損マウスの動脈硬化の進展を抑制する; 1998年08月
    発表情報; 第1回大豆たんぱく質研究会
    著者; 倪偉華、津田恭征、佐藤匡央、永尾晃治、今泉勝己
  • 外因性高コレステロール血症に及ぼすペルオキシソームプロリファレーターの影響; 1998年06月
    発表情報; 第2回生物機能研究会
    著者; 永尾晃治、吉田晋、中桐英明、池田郁夫、今泉勝己
  • 食餌脂肪の違いが外因性高コレステロール血症(ExHC)ラットにおけるコレステロール代謝に及ぼす影響; 1998年04月
    発表情報; 第52回日本栄養・食糧学会大会
    著者; 佐藤匡央、吉田晋、中桐英明、永尾晃治、今泉勝己
  • 外因性高コレステロール血症(ExHC)ラットにおけるコレステロール代謝に及ぼすGemfibrozil投与の影響; 1998年03月
    発表情報; Kyushu Lipid Club’98
    著者; 永尾晃治、今泉勝己
  • 外因性高コレステロール血症(ExHC)ラットのコレステロール代謝に及ぼすペルオキシソームプロリファレーターの影響; 1998年03月
    発表情報; 日本農芸化学会1998年度大会
    著者; 永尾晃治、吉田晋、中桐英明、佐藤匡央、今泉勝己
  • 外因性高コレステロール血症(ExHC)ラットにおけるコレステロール代謝関連タンパク質の発現; 1997年03月
    発表情報; 日本農芸化学会1997年度大会
    著者; 永尾晃治、窄野昌信、今泉勝己
  • 外因性高コレステロール血症(ExHC)ラットにおけるコレステロール代謝の遺伝的制御機構に関する研究; 1995年06月
    発表情報; 第37回日本脂質生化学研究会集会
    著者; 永尾晃治、窄野昌信、今泉勝己
  • 外因性高コレステロール血症(ExHC)ラットにおけるコレステロール代謝の遺伝的制御機構に関する研究; 1995年06月
    発表情報; 日本農芸化学会1995年度大会
    著者; 永尾晃治、窄野昌信、今泉勝己
  • ラット肝臓と小腸のアポリポタンパク質mRNAレベルに及ぼす食餌カゼイン、乳清タンパク質の影響; 1995年05月
    発表情報; 第49回日本栄養・食糧学会大会
    著者; 佐藤匡央、永尾晃治、小川博、今泉勝己

知的財産権の出願等(著作権は除く)

  • 肝機能障害予防改善剤; 2017年06月
    発表情報; 特許第6153241号
    著者; 柳田晃良、永尾晃治、小島浩一、永井利治
  • 肥満及び/又はメタボリックシンドロームの予防又は治療のための医薬組成物; 2017年03月
    発表情報; 特許第6103971号
    著者; 柳田晃良、永尾晃治、杉山大二朗、塙雅明、真船英一
  • 腸内Blautia coccoides増殖刺激剤、不安改善剤および腸炎治療剤.; 2016年02月
    発表情報; 特願2016-032300
    著者; 北垣浩志、永尾晃治、中山二郎
  • 腸内Blautia coccoides増殖刺激剤、不安改善剤および腸炎治療剤; 2016年02月
    発表情報; 特願2016-032300
    著者; 北垣浩志、永尾晃治、中山二郎
  • 新規ペプチド分解物; 2014年08月
    発表情報; 特許第5589176号
    著者; 柳田晃良、永尾晃治、柘植圭介、鶴田裕美、高橋勝則、末次哲也、三好友美
  • 肝VLDL合成抑制用経口組成物; 2013年10月
    発表情報; 特願2013-217140
    著者; 柳田晃良 、永尾晃治 、村上茂 、小川伸一
  • ゴマ由来の経口組成物; 2013年06月
    発表情報; 特願2013-123869
    著者; 柳田晃良、永尾晃治、村上茂
  • アディポネクチン上昇剤; 2013年05月
    発表情報; 特許第5273722号
    著者; 柳田晃良・永尾晃治、古賀晋治・松本英之
  • ペプチド性脂質低下剤; 2013年05月
    発表情報; 特許第5270239号
    著者; 柳田晃良、永尾晃治、中森俊宏、古田均、高松清治
  • 肥満及び/又はメタボリックシンドロームの予防又は治療のための医薬組成物; 2013年02月
    発表情報; 特願2013-024846
    著者; 柳田晃良、永尾晃治、杉山大二朗、塙雅明、真船英一
  • 肥満及び/又はメタボリックシンドロームの予防又は治療剤; 2012年05月
    発表情報; 特願2012-113364
    著者; 柳田晃良、永尾晃治、杉山大二朗、塙雅明、真船英一
  • 脂質代謝改善用組成物; 2011年11月
    発表情報; 特許第4854253号
    著者; 柳田晃良、永尾晃治、荒尾恵介、井上奈穂、王玉明、岩田敏夫
  • 肝機能障害予防改善剤; 2011年08月
    発表情報; 特願2011-179202
    著者; 柳田晃良、永尾晃治、小島浩一、永井利治
  • ペプチド混合物、その製造法及びこれを用いたアポリポ蛋白質B分泌抑制剤; 2009年07月
    発表情報; 特許第4345338号
    著者; 柳田晃良、永尾晃治、井上奈穂、韓瑞瑛、中森俊宏、古田均
  • アディポネクチン上昇剤及びアディポネクチン上昇用飲食品; 2008年09月
    発表情報; 特開2008-201741
    著者; 柳田晃良、永尾晃治
  • ペプチド性脂質低下剤; 2008年07月
    発表情報; 特願2008-177843
    著者; 柳田晃良、永尾晃治、中森俊宏、古田均、高松清治
  • 新規ペプチド分解物; 2008年06月
    発表情報; 特願2008-155078
    著者; 柳田晃良、永尾晃治、柘植圭介、鶴田裕美、高橋勝則、末次哲也、三好友美
  • アディポネクチン上昇剤; 2008年02月
    発表情報; PCT/JP2008/051629
    著者; 柳田晃良、永尾晃治
  • 鶏由来ペプチド、アディポネクチン上昇用飲食品、及びアディポネクチン上昇剤; 2007年09月
    発表情報; 特願2007-242423
    著者; 柳田晃良、永尾晃治、中島啓輔
  • アディポネクチン上昇剤.; 2007年02月
    発表情報; 特願2007-23797
    著者; 柳田晃良・永尾晃治、古賀晋治・松本英之
  • アディポネクチン上昇剤及びアディポネクチン上昇用飲食品; 2007年02月
    発表情報; 特願2007-41063
    著者; 柳田晃良、永尾晃治
  • アディポネクチン上昇剤; 2006年11月
    発表情報; 特開2006-306866
    著者; 柳田晃良・永尾晃治、日比野英彦・大久保剛
  • 内臓脂肪蓄積抑制食品; 2006年11月
    発表情報; 特開2006-304792
    著者; 柳田晃良・永尾晃治、日比野英彦・大久保剛
  • 脂質代謝改善用組成物; 2005年09月
    発表情報; 特願2005-288401
    著者; 柳田晃良、永尾晃治、荒尾恵介、井上奈穂、王玉明、岩田敏夫

総説

  • Functional lipids in metabolic syndrome.; 2015年05月
    発表情報; J. Nutr. Sci. Vitaminol., 61, S, 159-161
    著者; K. Nagao , T. Yanagita
  • Medium-chain fatty acids: Functional lipids for the prevention and treatment of the metabolic syndrome.; 2010年03月
    発表情報; Pharm. Res., 61, 3, 208-212
    著者; K. Nagao , T. Yanagita,
  • Functional lipids and the prevention of the metabolic syndrome.; 2008年
    発表情報; Asia Pac. J. Clin. Nutr, 17, S4, 185-187
    著者; T. Yanagita, K. Nagao
  • Bioactive lipids in metabolic syndrome.; 2008年
    発表情報; Prog. Lipid Res., 47, 2, 127-146
    著者; K. Nagao , T. Yanagita,
  • Conjugated fatty acids in food and their health benefits.; 2005年
    発表情報; J. Biosci. Bioeng., 100, 2, 152-157
    著者; K. Nagao, T. Yanagita

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • メタボ予防における佐賀県産品の可能性; 2017年07月
    発表情報; 「さがフード&コスメラボ」キックオフセミナー
    著者; 永尾晃治
  • 脂質構造異性体とメタボリックシンドローム; 2017年05月
    発表情報; 第71回日本栄養・食糧学会大会シンポジウム
    著者; 永尾晃治、柳田晃良
  • コレステロール代謝と食事; 2016年09月
    発表情報; 第118回食用加工油脂技術研究会
    著者; 永尾晃治
  • 食品の機能性について-佐賀の特産食材を中心に-; 2016年06月
    発表情報; 「食道楽さが」研修会
    著者; 永尾晃治
  • Functional lipids in metabolic syndrome; 2015年05月
    発表情報; 12th Asian congress of nutrition
    著者; K. Nagao, T. Yanagita
  • 生活習慣病の予防・改善に向けた機能性油脂活用の試み; 2015年05月
    発表情報; 平成27年度日本農芸化学会西日本支部例会
    著者; 永尾晃治
  • 高オレイン酸大豆の機能性; 2014年10月
    発表情報; 「徐福フロンティアラボ」ミニシンポジウム
    著者; 永尾晃治
  • 食事脂質とアディポネクチン; 2014年06月
    発表情報; 第68回日本栄養・食糧学会大会シンポジウム
    著者; 永尾晃治
  • 機能性脂質によるメタボリックシンドロームの予防・改善への試み; 2014年06月
    発表情報; 日本油化学会油脂産業技術部会セミナー
    著者; 永尾晃治
  • Omega3-PUFA containing lipids in metabolic syndrome.; 2014年05月
    発表情報; 105th American oil chemist' society annual meeting & expo
    著者; K. Nagao
  • オメガ3脂肪酸の栄養化学; 2014年03月
    発表情報; 2014年度日本農芸化学会大会シンポジウム
    著者; 永尾晃治
  • 大豆の機能性と生活習慣病の予防・改善; 2013年11月
    発表情報; 「徐福フロンティアラボ」ミニシンポジウム
    著者; 永尾晃治
  • 食環境によるメタボリックシンドロームの予防・改善への試み; 2013年11月
    発表情報; 日本栄養・食糧学会第46回中国・四国支部大会シンポジウム
    著者; 永尾晃治
  • 食環境によるアディポサイトカイン産生調節を介したメタボリックシンドロームの予防・改善に関する研究; 2013年07月
    発表情報; 第2回三島海雲学術賞受賞講演会
    著者; 永尾晃治
  • 徐福ラボにおける食品機能性に関する研究〜佐賀県産品の可能性〜; 2012年11月
    発表情報; 佐賀大学図書館月間2012文化講演会
    著者; 永尾晃治
  • 脂質の機能性とメタボリックシンドローム; 2012年10月
    発表情報; 日本油化学会関東支部平成24年度第2回油化学セミナー
    著者; 永尾晃治
  • 機能性脂質による肥満誘発性病態の予防・改善; 2012年07月
    発表情報; 第87回ニューフロンティア材料部会例会
    著者; 永尾晃治
  • 食事脂質とメタボリックシンドローム; 2012年05月
    発表情報; 日本栄養・食料学会第66回大会ランチョンセミナー
    著者; 永尾晃治
  • 機能性脂質とメタボリックシンドローム; 2012年01月
    発表情報; 佐賀健康科学研究シンポジウム
    著者; 永尾晃治
  • 機能性食品とメタボリックシンドローム; 2011年11月
    発表情報; 「徐福フロンティアラボ」ミニシンポジウム in 伊万里
    著者; 永尾晃治
  • 食事脂質による肥満誘発性病態の予防・改善; 2011年05月
    発表情報; 第65回日本栄養・食糧学会大会シンポジウム
    著者; 永尾晃治
  • 油脂の機能性とメタボリックシンドロームの予防・改善; 2011年01月
    発表情報; 日本生物工学会学際的脂質創生研究部会講演会
    著者; 永尾晃治
  • 機能性脂質の働きとメタボリックシンドロームの予防・改善; 2010年11月
    発表情報; 日本ビタミン学会市民公開講演会
    著者; 永尾晃治
  • 機能性脂質によるメタボリックシンドロームの予防・改善に関する基礎的研究; 2010年08月
    発表情報; 日本油化学会関西支部講演会
    著者; 永尾晃治
  • 佐賀特産農作物でメタボリックシンドロームを予防する; 2010年06月
    発表情報; 佐賀大学学長経費事業成果報告公開シンポジウム
    著者; 永尾晃治
  • 食品成分を用いたメタボリックシンドローム予防・改善への試み; 2010年04月
    発表情報; 日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部市民公開講演会(長崎)
    著者; 永尾晃治
  • Prevention and alleviation of metabolic syndrome with bioactive phospholipids.; 2009年05月
    発表情報; 100th American oil chemist' society annual meeting & expo (Orland)
    著者; K. Nagao, B. Shirouchi, N. Inoue, M. Inafuku, T. Yanagita
  • (Award Lecture) Effect of dietary DHA-PC on lipid metabolism in obese rats.; 2009年05月
    発表情報; 100th American oil chemist' society annual meeting & expo (Orland)
    著者; B. Shirouchi, K. Nagao, N. Inoue, K. Furuya, S. Koga, H. Matsumoto, T. Yanagita
  • (奨励賞受賞講演)機能性脂質によるメタボリックシンドロームの予防・改善に関する研究; 2009年05月
    発表情報; 第63回日本栄養・食糧学会大会(長崎)
    著者; 永尾晃治
  • Bioactive lipids in metabolic syndrome; 2008年
    発表情報; 99th American oil chemist' society annual meeting & expo (Seattle, USA)
    著者; K. Nagao
  • メタボリックシンド開発部門 ロームを予防する食品成分の発見; 2007年
    発表情報; 第1回佐賀大学ビジネスコミュニティーネットワーク (佐賀)
    著者; 永尾晃治
  • Effect of dietary DHA-PC on lipid metabolism in obese rats.; 2007年
    発表情報; 98th American oil chemist’ society annual meeting & expo (Quebec, Canada)
    著者; K. Nagao
  • メタボリックシンドロームを予防・改善する機能性食品の開発; 2007年
    発表情報; 独立行政法人科学技術振興機構産学連携推進事業本部主催「健康・長寿関連新技術説明会」(名古屋)
    著者; 永尾晃治
  • 機能性脂質による生活習慣病の予防と改善; 2006年
    発表情報; 平成18年度佐賀大学医食同源プロジェクトおよび日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同講演会 (佐賀)
    著者; 永尾晃治
  • Effect of dietary DHA on lipid metabolism in diet-induced lipodystrophy mice; 2006年
    発表情報; 7th International conference and exhibition on nutraceuticals and functional foods (Reno,USA)
    著者; K. Nagao
  • 共役脂肪酸の栄養生理機能; 2005年
    発表情報; 平成17年度日本生物工学会大会 (茨城)
    著者; 永尾晃治
  • 食環境による生活習慣病の予防と改善; 2005年
    発表情報; 第202回佐賀ハイテク研究会 (佐賀)
    著者; 永尾晃治
  • 食事脂肪酸による肥満誘発性病態発症の予防・改善に関する研究; 2005年
    発表情報; 平成16年度日本農芸化学会西日本支部総会 (福岡)
    著者; 永尾晃治
  • Physiological functions of conjugated linoleic acids.; 2004年05月
    発表情報; 95th American oil chemist’ society annual meeting & expo
    著者; K Nagao, T Yanagita


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.