教員活動データベース

氏 名柏田 知美フリガナカシワダ トモミ
欧文氏名KASHIWADA TOMOMI
所 属医学部 医学科 内科学講座
職 名助教学位博士(医学)(2011年09月)
電子メールリンクティーチングポートフォリオ
ホームページ

教員詳細情報

研究分野・キーワード

  •  

学歴

  • 2001年03月, 佐賀医科大学, 医学部, 医学科, 卒業
  • 2011年09月, 佐賀大学, 医学系研究科, 医科学専攻, 博士課程・博士後期課程, 修了

職歴

  • 2001年05月 - 2002年05月 佐賀大学医学部附属病院 医員(研修医)
  • 2002年06月 - 2003年05月 唐津赤十字病院 研修医
  • 2003年06月 - 2004年05月 財団法人厚生年金事業振興団 九州厚生年金病院 レジデント
  • 2004年06月 - 2005年03月 三菱化学(株)黒崎事業所附属病院(三菱化学病院) 医師
  • 2005年04月 - 2006年03月 佐賀大学医学部附属病院一般・消化器外科 医員
  • 2006年04月 - 2008年03月 武雄市立武雄市民病院 医師
  • 2008年04月 - 2010年03月 佐賀大学医学部附属病院一般・消化器外科 医員
  • 2010年04月 - 2012年03月 佐賀大学医学部附属病院外来化学療法室 医員
  • 2012年04月 - 2014年03月 佐賀大学医学部地域医療支援学講座 寄附講座助教
  • 2014年04月 - 2015年04月 佐賀大学医学部附属病院 病院助教
  • 2015年05月 - 継続中 佐賀大学医学部医学科 助教

専門分野

  • 消化器内科学, 病態検査学, 消化器外科学, 内科学一般(含心身医学), 外科学一般

所属学会

  • 日本臨床腫瘍学会

現在実施している研究テーマ

  • 消化器癌に対する個別化治療の開発に関する研究

主要業績

原著論文

  • Detection of KRAS Mutations in plasma DNA using a fully automated rapid detection system in colorectal cancer patients; 2017年
    発表情報; Pathol Oncol Res., 23, 4, 737-744
    著者; Hosoya K, Matsusaka S, Kashiwada T, Suzuki K, Ureshino N, Sato A, Miki Y, Kitera K, Hirai M, Hatake K, Kimura S, Sueoka-Aragane N

一般講演(学術講演を含む)

  • Propensity Score Analysis of Regorafenib Versus Trifluridine/Tipiracil in Patients with Metastatic Colorectal Cancer Refractory to Standard Chemotherapy (REGOTAS): A Japanese Society for Cancer of the Colon and Rectum Multicenter Observational Study; 2017年
    発表情報; 2017 ASCO Annual Meeting, Chicago, IL from June 2-6, 2017
    著者; *Shota Fukuoka, Toshikazu Moriwaki, Hiroya Taniguchi, Atsuo Takashima, Yosuke Kumekawa, Takeshi Kajiwara, Kentaro Yamazaki, Taito Esaki, Akitaka Makiyama, Tadamichi Denda, Yukimasa Hatachi, Takeshi Suto, Naotoshi Sugimoto, Kenji Katsumata, Toshiaki Ishikawa, Tomomi Kashiwada, Eiji Oki, Satoshi Yuki, Masahiko Gosho, Yasuhiro Shimada
  • Trastuzumab beyond first progression in cases of HER2-positive advanced gastric or gastro-esophageal junction cancer: Initial results from KSCC1105, a trastuzumab observational cohort study.; 2017年
    発表情報; 2017 ASCO Annual Meeting, Chicago, IL from June 2-6, 2017
    著者; *Akitaka Makiyama, Mototsugu Shimokawa, Tomomi Kashiwada, Ikuo Takahashi, Yasunori Emi, Tetsuya Kusumoto, Kazuharu Yamamoto, Hiroshi Ishikawa, Yuji Negoro, Eiji Oki, Hiroshi Saeki, Yoshihiro Kakeji, Hideo Baba, Yoshihiko Maehara
  • Trastuzumab beyond first progression in cases of HER2-positive advanced gastric or gastro-esophageal junction cancer: Initial results from KSCC1105, a trastuzumab observational cohort study. ; 2017年
    発表情報; 2017 Gastrointestinal Cancers Symposium, 2017/1/19-21 San Francisco, CA in USA
    著者; *Akitaka Makiyama, Mototsugu Shimokawa, Tomomi Kashiwada, Ikuo Takahashi, Yasunori Emi, Tetsuya Kusumoto, Kazuharu Yamamoto, Hiroshi Ishikawa, Yuji Negoro, Eiji Oki, Hiroshi Saeki, Yoshihiro Kakeji, Hideo Baba, Yoshihiko Maehara
  • ラムシルマブ投与後4週間以内に緊急手術を施行された2例; 2017年
    発表情報; 第15回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2017/7/27-29, 神戸
    著者; 原田陽平、小宮一利、柏田知美、荒金尚子、木村晋也
  • HER2陽性胃癌に対するトラスツズマブ併用療法の多施設共同コホート研究(KSCC1105); 2017年
    発表情報; 第55回日本癌治療学会学術集会, 2017/10/20-22
    著者; *岩槻 政晃, 牧山 明資, 柏田 知美, 高橋 郁雄, 江見 泰徳, 楠本 哲也, 山本 一治, 石川 啓, 根来 裕二, 下瀬 堯之, 沖 英次, 佐伯 浩司, 掛地 吉弘, 馬場 秀夫, 前原 喜彦
  • A case with cancer of unknown primary diagnosed pathologically retroperitoneal squamous cell carcinoma.; 2015年
    発表情報; 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2015.7.16-18
    著者; Hiroaki Kitamura, Tomomi Kashiwada, Kazutoshi Komiya, YukihikoNakayma, Takahiko Nakazono, Yukari Takase, Naoko Aragane, Shinya Kimura
  • 原発不明の両側卵巣印環細胞癌; 2015年
    発表情報; 第309回日本内科学会九州地方会例会, 2015,5,30
    著者; 北村浩晃、柏田知美、小宮一利、大隈恵美、高瀬ゆかり、荒金尚子、木村晋也
  • A case with cancer of unknown primary diagnosed pathologically retroperitoneal squamous cell carcinoma.; 2014年
    発表情報; 第73回日本癌学会学術総会, 2014.9.25-27
    著者; Hiroaki Kitamura, Tomomi Kashiwada, Kazutoshi Komiya, YukihikoNakayma, Takahiko Nakazono, Yukari Takase, Naoko Aragane, Shinya Kimura
  • テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合抗癌剤(TS-1)調剤における保険薬局の抱える問題点と今後の薬薬連携の構築; 2014年
    発表情報; 第24回日本医療薬学会, 2014.9.27-28
    著者; ○古野龍也, 持永早希子, 江本晶子, 柏田知美, 荒金尚子, 木村晋也, 藤戸博
  • Three cases of hemodialysis patients with advanced gastric cancer treated with Paclitaxel and nab paclitaxel; 2014年
    発表情報; 第12回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2014.7.17-19
    著者; Kashiwada T、Aragane N、Kimura S
  • 進行胃癌における悪心・嘔吐対策と予後との関連性の検討; 2014年
    発表情報; 第52回日本癌治療学会学術集会, 2014.8.28-30
    著者; 柏田 知美, 荒金 尚子, 能城 浩和, 木村 晋也
  • 当院におけるNeuroendocrine carcinomaに対する治療成績; 2014年
    発表情報; 第2回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会, 2014.9.20
    著者; 柏田知美, 北村浩晃、荒金尚子, 能城浩和、木村晋也


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.