教員活動データベース

氏 名島ノ江 千里フリガナシマノエ チサト
欧文氏名SHIMANOE Chisato
所 属医学部 附属病院 臨床研究センター
職 名特任准教授学位博士(医学)(2014年03月)
電子メールchisatoscc.saga-u.ac.jpリンクティーチングポートフォリオ
ホームページhttp://www.hospital.med.saga-u.ac.jp/chiken/about/staff/index.html
https://researchmap.jp/chara/
http://www.prevent.med.saga-u.ac.jp

教員詳細情報

研究分野・キーワード

  • 疫学、予防医学、精神健康、行動医学、精神神経内分泌免疫学、臨床薬理学

学歴

  • 2011年03月, 佐賀大学, 医学系研究科, 臨床薬剤学, 修士課程・博士前期課程, 修了
  • 2014年03月, 佐賀大学, 医科学研究科, 医科学専攻, 博士課程・博士後期課程, 修了

職歴

  • 2014年04月 - 2018年05月 佐賀大学医学部医学科 助教
  • 2018年06月 - 継続中 佐賀大学医学部附属病院 臨床研究センター 特任准教授

専門分野

  • 応用健康科学, 疫学・予防医学, 衛生学・公衆衛生学, 内科学一般(含心身医学), 精神神経科学

所属学会

  • 国際行動医学会(International Society of Behavioral Medicine), 国際疫学会 (International Epidemiological Association), 日本疫学会, 日本行動医学会, 日本衛生学会

受賞歴

  • 第20回日本行動医学会学術総会優秀演題賞 (2013年03月)
  • 医療薬学フォーラム/ クリニカルファーマシーシンポジウム優秀ポスター賞 (2010年07月)
  • 第22回日本行動医学会学術総会優秀演題賞 (2015年10月)

現在実施している研究テーマ

  • 心理社会的因子と生活習慣病に関与する尿中バイオマーカーの検討
  • 生活習慣病の危険因子と防御因子に関する疫学的研究
  • 心理社会的因子と生活習慣病に関与する血中バイオマーカーにおける疫学的研究

主要業績

原著論文

  • A genome-wide association study of coping behaviors suggests FBXO45 is associated with emotional expression; 2019年02月
    発表情報; Genes, Brain and Behavior, 18, 2, -
    著者; Shimanoe, C.; Hachiya, T.; Hara, M.; Nishida, Y.; Tanaka, K.; Sutoh, Y.; Shimizu, A.; Hishida, A.; Kawai, S.; Okada, R.; Tamura, T.; Matsuo, K.; Ito, H.; Ozaki, E.; Matsui, D.; Ibusuki, R.; Shimoshikiryo, I.; Takashima, N.; Kadota, A.; Arisawa, K.; Uemura, H.; Suzuki, S.; Watanabe, M.; Kuriki, K.; Endoh, K.; Mikami, H.; Nakamura, Y.; Momozawa, Y.; Kubo, M.; Nakatochi, M.; Naito, M.; Wakai, K.
  • Habitual Light-intensity Physical Activity and ASC Methylation in a Middle-aged Population; 2019年09月
    発表情報; International journal of sports medicine, 40, 10, 670 - 677
    著者; Nishida, Yuichiro; Hara, Megumi; Higaki, Yasuki; Taguchi, Naoto; Nakamura, Kazuyo; Nanri, Hinako; Horita, Mikako; Shimanoe, Chisato; Yasukata, Jun; Miyoshi, Nobuyuki; Yamada, Yosuke; Higashimoto, Ken; Soejima, Hidenobu; Tanaka, Keitaro
  • Independent relationships of daily life activity and leisure-time exercise with metabolic syndrome and its traits in the general Japanese population; 2019年06月
    発表情報; Endocrine, 64, 3, 552 - 563
    著者; Uemura, Hirokazu; Katsuura-Kamano, Sakurako; Iwasaki, Yuki; Arisawa, Kokichi; Hishida, Asahi; Okada, Rieko; Tamura, Takashi; Kubo, Yoko; Ito, Hidemi; Oze, Isao; Shimanoe, Chisato; Nishida, Yuichiro; Nakamura, Yasuyuki; Takashima, Naoyuki; Suzuki, Sadao; Nakagawa-Senda, Hiroko; Nishimoto, Daisaku; Takezaki, Toshiro; Mikami, Haruo; Nakamura, Yohko; Furusyo, Norihiro; Ikezaki, Hiroaki; Ozaki, Etsuko; Koyama, Teruhide; Kuriki, Kiyonori; Endoh, Kaori; Naito, Mariko; Wakai, Kenji
  • Association of genetic risk score and chronic kidney disease in a Japanese population; 2019年06月
    発表情報; Nephrology, 24, 6, 670 - 673
    著者; Fujii, Ryosuke; Hishida, Asahi; Nakatochi, Masahiro; Furusyo, Norihiro; Murata, Masayuki; Tanaka, Keitaro; Shimanoe, Chisato; Suzuki, Sadao; Watanabe, Miki; Kuriyama, Nagato; Koyama, Teruhide; Takezaki, Toshiro; Shimoshikiryo, Ippei; Arisawa, Kokichi; Katsuura-Kamano, Sakurako; Takashima, Naoyuki; Turin, Tanvir C.; Kuriki, Kiyonori; Endoh, Kaori; Mikami, Haruo; Nakamura, Yohko; Oze, Isao; Ito, Hidemi; Kubo, Michiaki; Momozawa, Yukihide; Kondo, Takaaki; Naito, Mariko; Wakai, Kenji
  • Genomewide association study of leisure-time exercise behavior in Japanese Adults; 2018年12月
    発表情報; Medicine and Science in Sports and Exercise, 50, 12, 2433 - 2441
    著者; Hara, Megumi; Hachiya, Tsuyoshi; Sutoh, Yoichi; Matsuo, Keitaro; Nishida, Yuichiro; Shimanoe, Chisato; Tanaka, Keitaro; Shimizu, Atsushi; Ohnaka, Keizo; Kawaguchi, Takahisa; Oze, Isao; Matsuda, Fumihiko; Ito, Hidemi; Kawai, Sayo; Hishida, Asahi; Okada, Rieko; Sasakabe, Tae; Hirata, Akie; Ibusuki, Rie; Nindita, Yora; Furusyo, Norihiro; Ikezaki, Hiroaki; Kuriyama, Nagato; Ozaki, Etsuko; Mikami, Haruo; Nakamura, Yohko; Suzuki, Sadao; Hosono, Akihiro; Katsuura-Kamano, Sakurako; Arisawa, Kokichi; Kuriki, Kiyonori; Endoh, Kaori; Takashima, Naoyuki; Kadota, Aya; Nakatochi, Masahiro; Momozawa, Yukihide; Kubo, Michiaki; Naito, Mariko; Wakai, Kenji
  • Effectiveness of monovalent and pentavalent rotavirus vaccines in Japanese children; 2018年08月
    発表情報; Vaccine, 36, 34, 5187 - 5193
    著者; Kaoru Araki, Kaoru Araki, Megumi Hara, Takeshi Tsugawa, Chisato Shimanoe, Yuichiro Nishida, Muneaki Matsuo, Keitaro Tanaka
  • Coping strategy and social support modify the association between perceived stress and C-reactive protein: a longitudinal study of healthy men and women; 2018年05月
    発表情報; Stress, 21, 3, 237 - 246
    著者; Shimanoe C, Hara M, Nishida Y, Nanri H, Otsuka Y, Horita M, Yasukata J, Miyoshi N, Yamada Y, Higaki Y, Tanaka K
  • Influence of single-nucleotide polymorphisms in PPAR-δ, PPAR-γ, and PRKAA2 on the changes in anthropometric indices and blood measurements through exercise-centered lifestyle intervention in Japanese middle-aged men; 2018年03月
    発表情報; International Journal of Molecular Sciences, 19, 3, -
    著者; Nishida Y, Iyadomi M, Tominaga H, Taniguchi H, Higaki Y, Tanaka H, Horita M, Shimanoe C, Hara M, Tanaka K
  • Deployment-related difficulties of Japanese disaster relief workers by mission duration: a cross-sectional study; 2018年03月
    発表情報; Health Emergency and Disaster Nursing,, 5, 40-47
    著者; Noguchi N, Inoue S, Shimanoe C, Akinaga K, Ueno M, Takahashi H, Shincu K
  • Perceived Stress, Depressive Symptoms, and Oxidative DNA Damage; 2018年01月
    発表情報; Psychosomatic Medicine, 80, 1, 28 - 33
    著者; Shimanoe C, Hara M, Nishida Y, Nanri H, Horita M, Yamada Y, Li YS, Kasai H, Kawai K, Higaki Y, Tanaka K
  • 医学科大学入門科目の"進化形"としての「医療入門」; 2018年
    発表情報; 佐賀大学全学教育機構紀要 / 佐賀大学全学教育機構 [編], 6, 9 - 15
    著者; 江村 正;島ノ江 千里;藤井 可;大坪 芳美;坂本 麻衣子;小田 康友;Emura S.;Shimanoe C.;Fujii T.;Ohtsubo Y.;Sakamoto M.;Oda Y.;佐賀大学医学部附属病院卒後臨床研修センター、地域医療科学教育研究センター;佐賀大学医学部社会医学講座予防医学分野;熊本市総務局行政管理部労務厚生課;佐賀大学医学部地域医療科学教育研究センター;佐賀大学医学部地域医療科学教育研究センター、全学教育機構;佐賀大学医学部地域医療科学教育研究センター
  • Genetic variants of RAMP2 and CLR are associated with stroke; 2017年09月
    発表情報; Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 24, 12, 1267 - 1281
    著者; Koyama T, Kuriyama N, Ozaki E, Matsui D, Watanabe I, Takeshita W, Iwai K, Watanabe Y, Nakatochi M, Shimanoe C, Tanaka K, Oze I, Ito H, Uemura H, Katsuura-Kamano S, Ibusuki R, Shimoshikiryo I, Takashima N, Kadota A, Kawai S, Sasakabe T, Okada R, Hishida A, Naito M, Kuriki K, Endoh K, Furusyo N, Ikezaki H, Suzuki S, Hosono A, Mikami H, Nakamura Y, Kubo M, Wakai K
  • Development of suitable method for large-scale urinary glucocorticoid analysis by liquid chromatography–mass spectrometry; 2017年07月
    発表情報; Journal of Chromatography B: Analytical Technologies in the Biomedical and Life Sciences, 1057, 62 - 69
    著者; Matsumoto A, Shimanoe C, Tanaka K, Ichiba M, Hara M
  • Development and validation of the Humanitarian Aid Difficulty Scale for Japanese healthcare workers; 2016年12月
    発表情報; Nursing and Health Sciences, 18, 4, 442 - 449
    著者; 
  • Intensity-specific effect of physical activity on urinary levels of 8-hydroxydeoxyguanosine in middle-aged Japanese; 2016年11月
    発表情報; Cancer Science, 107, 11, 1653 - 1659
    著者; Hara M, Nishida Y, Shimanoe C, Otsuka Y, Nanri H, Yasukata J, Miyoshi N, Yamada Y, Horita M, Kawai K, Li YS, Kasai J, Kasai H, Higaki Y, Tanaka K
  • What Kinds of Skills Are Necessary for Physicians Involved in International Disaster Response?; 2016年08月
    発表情報; Prehospital and Disaster Medicine, 31, 4, 397 - 406
    著者; Noguchi N, Inoue S, Shimanoe C, Shibayama K, Matsunaga H, Tanaka S, Ishibashi A, Shinchi K
  • Estimating rotavirus vaccine effectiveness in Japan using a screening method; 2016年05月
    発表情報; Human Vaccines and Immunotherapeutics, 12, 5, 1244 - 1249
    著者; Araki K, Hara M, Sakanishi Y, Shimanoe C, Nishida Y, Matsuo M, Tanaka K
  • Factors associated with nursing activities in humanitarian aid and disaster relief; 2016年03月
    発表情報; PLoS ONE, 11, 3, -
    著者; Noguchi N, Inoue S, Shimanoe C, Shibayama K, Shinchi K
  • Perceived stress and coping strategies in relation to body mass index: Cross-sectional study of 12,045 Japanese men and women; 2015年02月
    発表情報; PLoS ONE, 10, 2, -
    著者; Shimanoe C, Hara M, Nishida Y, Nanri H, Otsuka Y, Nakamura K, Higaki Y, Imaizumi T, Taguchi N, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Tanaka K
  • Factors associated with non-participation in a face-to-face second survey conducted 5 years after the baseline survey; 2015年01月
    発表情報; Journal of Epidemiology, 25, 2, 117 - 125
    著者; Hara M, Shimanoe C, Otsuka Y, Nishida Y, Nanri H, Horita M, Yasukata J, Miyoshi N, Yamada Y, Higaki Y, Tanaka K
  • Dietary patterns and serum gamma-glutamyl transferase in Japanese men and women; 2015年01月
    発表情報; Journal of Epidemiology, 25, 5, 378 - 386
    著者; Nanri H, Hara M, Nishida Y, Shimanoe C, Nakamura K, Higaki Y, Imaizumi T, Taguchi N, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Kokaze A, Tanaka K
  • Gender-Specific Associations of Perceived Stress and Coping Strategies with C-Reactive Protein in Middle-Aged and Older Men and Women; 2014年10月
    発表情報; International Journal of Behavioral Medicine, 21, 5, 821 - 832
    著者; Shimanoe C, Otsuka Y, Hara M, Nanri H, Nishida Y, Nakamura K, Higaki Y, Imaizumi T, Taguchi N, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Tanaka K
  • Immunogenicity and safety after booster vaccination of diphtheria, tetanus, and acellular pertussis in young adults: An open randomized controlled trial in Japan; 2013年12月
    発表情報; Clinical and Vaccine Immunology, 20, 12, 1799 - 1804
    著者; Hara M, Okada K, Yamaguchi Y, Uno S, Otsuka Y, Shimanoe C, Nanri H, Horita M, Ozaki I, Nishida Y, Tanaka K
  • ポートフォリオ図を利用した外来がん化学療法のための「薬物療法パスシート」の作成; 2012年12月
    発表情報; 日本医療マネジメント学会雑誌, 13, 3, 116122
    著者; 島ノ江 千里;持永 早希子;溝上 泰仁
  • 患者のヘルスリテラシーの問題意識と薬局薬剤師によるカウンセリングの活用との関連性の検討; 2011年
    発表情報; 医療薬学, 37, 1, 112
    著者; 島ノ江 千里;平野 和裕;中野 行孝;田中 恵太郎;藤戸 博
  • 外来がん化学療法患者の支援における地域薬剤師の問題点についての検討; 2010年12月
    発表情報; 日本医療マネジメント学会雑誌, 11, 3, 189195
    著者; 島ノ江 千里;持永 早希子;平野 和裕

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • 佐賀大学におけるキャンパス・ソーシャルワーカー制度 : 制度導入から現在までの2年間の分析 (特集 大学生とメンタルヘルス : 保健管理センターのチャレンジ); 2014年05月
    発表情報; , 56, 5, 385389
    著者; 佐藤 武;花田 陽子;島ノ江 千里
  • 入選 地域薬-薬連携による調剤方法の統一化--「調剤ガイドライン」の作成 (日本薬学会医療薬科学部会公募論文 薬-薬-薬連携により飛躍した薬剤師業務); 2004年10月
    発表情報; , 46, 11, 20672072
    著者; 島ノ江 千里

一般講演(学術講演を含む)

  • Alcohol-induced skin pigmentation: a novel phenotype of ALDH2 gene variant; 2018年
    発表情報; Carbonyl 2018 Meeting, 2018, 7, 17-20
    著者; ○Matsumoto A, Ito S, Toshiya Hara, Kazumasa Wakamatsu, Tamio Suzuki, Yuko Abe, Chisato Shimanoe, Takefumi Yuzuriha, Chikako Yoshimori, Takeo Muto, Kouichi Endo, Megumi Hara, Masayoshi Ichiba, Vasilis Vasiliou, Byoung-Joon Song, Mayumi Fujita
  • 教育歴と精神ストレスおよび抑うつとの関連について:J-MICC study SAGA ; 2018年
    発表情報; 第28回日本疫学会学術総会, 2018.2.1-3
    著者; 島ノ江 千里、原 めぐみ、西田 裕一郎、南里 妃名子、安方 惇、山田陽介、桧垣靖樹、田中 恵太郎
  • 5年間の精神ストレスとCRPの関連は、対処行動や社会的支援の変化により異なる; 2018年
    発表情報; 第88回日本衛生会学術総会, 2018.3.22-24
    著者; 島ノ江 千里、原 めぐみ、西田 裕一郎、南里 妃名子、安方 惇、三好信行、山田陽介、桧垣靖樹、田中 恵太郎
  • 症例対照研究(test-negative design, hospital control)によるロタウィルスワクチンの有効性評価; 2018年
    発表情報; 第28回日本疫学会学術総会, 2018.2.1-3
    著者; ○荒木薫、原 めぐみ、島ノ江 千里、西田 裕一郎、松尾宗明、廣田良夫、田中恵太郎
  • 日常身体活動とPYCARD遺伝子メチル化の縦断的関連; 2018年
    発表情報; 第28回日本疫学会学術総会, 2018.2.1-3
    著者; ○西田 裕一郎、原 めぐみ、桧垣靖樹、田口尚人、島ノ江 千里、南里 妃名子、中村和代、今泉猛、坂本龍彦、安方 惇、三好伸幸、山田陽介、堀田美加子、東元健、副島英伸、新地浩一、田中 恵太郎
  • 日本人成人の余暇時間の運動に関するGWAS研究:J_MICC study; 2018年
    発表情報; 第28回日本疫学会学術総会, 2018.2.1-3
    著者; ○原 めぐみ、八谷剛史、西田 裕一郎、島ノ江 千里、清水厚志、田中恵太郎、J_MICC study Group
  • Relationship of genetic and clinical factors and prevalence of CKD in a Japanese population: J-MICC Study.; 2017年
    発表情報;  ASHG 2017 Annual Meeting - American Society of Human Genetics 67th Annual Meeting, 2017, 11, 17-21
    著者; *Fujii R, Hishida A, Nakatochi M, Furusho N, Ikezaki H, Okada R, Kawai S, Sasakabe T, Tanaka K, Shimanoe C, Suzuki S, Hosono A, Koyama T, Kuriyama N, Ibusuki R, Shimoshikiryo I, Uemura H, Katsuura-Kamano S, Takashima N, Turin TC, Kuriki K, Endoh K, Mikami H, Nagase H, Oze I, Ito H, Kubo M, Kondo T, Naito M, Wakai K.
  • Mitochondrial haplogroups modify the effect of physical activity on urinary levels of 8-hydroxydeoxyguanosine in middle-aged Japanese subjects ; 2017年
    発表情報; The 21st International Epidemiology Association (IEA) ,World Congress of Epidemiology (WCE2017), 2017, 8, 19-22
    著者; Hara M, Nishida Y, Fuku N, Shimanoe C, Nanri H, Taguchi N, Kawai K, Li YS, Kasai H, Higaki Y, Tanaka K.
  • A novel phenotype of ALDH2 polymorphism: drinking-induced skin pigmentation; 2017年
    発表情報; IPCC 2017, 2017, 8, 26-30
    著者; Matsumoto A, Hara T, Shimanoe C, Yuzuriha T, Yoshimori C, Muto T, Endo K, Hara M, Ichiba M, Konakahara T, Yajima I, Vasiliou V, Song BJ, Fujita M
  • Association between objectively measured physical activity and methylation of PYCARD gene in the Japanese general population.; 2017年
    発表情報; The 21st International Epidemiology Association (IEA) ,World Congress of Epidemiology (WCE2017), 2017, 8, 19-22
    著者; Nishida Y, Higaki Y, Taguchi N, Hara M, Nakamura K, Nanri H, Imaizumi T, Sakamoto T, Horita M, Shinchi K, Shimanoe C, Higashimoto K, Soejima H, Tanaka K
  • Factors Associated with Nursing Activities in Humanitarian Aid and Disaster Relief; 2017年
    発表情報; The 20th EAFONS(East Asian Forum of Nursing Scholars) in HongKong, 2017, 3, 9-10
    著者; *Noguchi N, Inoue S, Shimanoe C, Shibayama K, Shinchi K.
  • Perceived stress, depressive state, and oxidative DNA damage in a general Japanese population. ; 2017年
    発表情報; The 21st International Epidemiology Association (IEA) ,World Congress of Epidemiology (WCE2017), 2017, 8, 19-22
    著者; Shimanoe C, Hara M, Nishida Y, Nanri H, Horita M, Yamada Y, Li Y S, Kasai H, Kawai K, Higaki Y, Tanaka K
  • ミトコンドリアハプログループ D が身体活動量と尿中8OHdG濃度の関連に及ぼす影響; 2017年
    発表情報; 第27回日本疫学会学術総会, 2017, 1, 25-27
    著者; 原めぐみ, 西田裕一郎, 福典之, 田口尚人, 島ノ江千里, 堀田美加子, 河井一明, 李云善, 葛西順, 葛西宏, 檜垣靖樹, 田中恵太郎.
  • 飲酒により誘導される皮膚色素沈着の研究; 2017年
    発表情報; 平成29年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会, 2017, 9, 8-9
    著者; ○松本明子、原俊哉、島ノ江千里、吉森智香子、武藤岳夫、遠藤光一、原めぐみ、市場正良、杠岳文
  • ミトコンドリアゲノム多型と身体活動が血中アディポネクチン濃度に及ぼす影響; 2017年
    発表情報; 第27回日本疫学会学術総会, 2017, 1, 25-27
    著者; 西田裕一郎、原めぐみ、福典之、田口尚人、堀田美加子、島ノ江千里、桧垣靖樹、田中恵太郎
  • 精神ストレスと睡眠の質の関連における情緒的支援の影響は、就業状況によって異なる ; 2017年
    発表情報; 第23回日本行動医学会学術総会, 2017, 3, 17-18
    著者; 島ノ江 千里、原 めぐみ、西田 裕一郎、南里 妃名子、安方 惇、山田陽介、桧垣靖樹、田中 恵太郎
  • 精神ストレスと睡眠の関連におけるストレス防御因子(社会的支援・対処行動)の影響:J-MICC study SAGA ; 2017年
    発表情報; 第27回日本疫学会学術総会, 2017, 1, 25-27
    著者; 島ノ江 千里、原 めぐみ、西田 裕一郎、南里 妃名子、安方 惇、山田陽介、桧垣靖樹、田中 恵太郎
  • LC-MS/MSによる尿中グルココルチコイド類の同時測定法の確立; 2016年05月
    発表情報; 第86回日本衛生学会学術総会, 2016, 5, 11-13
    著者; 島ノ江 千里、原 めぐみ、市場正良、田中 恵太郎、松本明子
  • 長期的な自覚ストレスとDNA酸化損傷 (尿中8OHdG)との関連は抑うつの高さによって 異なる:J-MICC study SAGA; 2016年01月
    発表情報; 第26回日本疫学会学術総会, 2016, 1, 21-23
    著者; 島ノ江 千里、原 めぐみ、西田 裕一郎、大塚康子、南里 妃名子、堀田 美加子、安方 淳、三好信行、山田陽介、Yun-Shan Li、河井一明、葛西 宏、桧垣靖樹、田中 恵太郎
  • 加齢とhOGG1遺伝子プロモーター領域のメチル化の関連; 2016年
    発表情報; 第26回日本疫学会学術総会, 2016, 1, 21-23
    著者; 原めぐみ、西田裕一郎、島ノ江千里、堀田美加子、田中恵太郎
  • 欠損型ALDH2 遺伝子の新規表現型:飲酒誘導性の皮膚色素沈着; 2016年
    発表情報; 第27回日本色素細胞学会学術大会, 2016, 11, 12-13
    著者; 松本明子、島ノ江千里、原俊哉、吉森智香子、武藤岳夫、遠藤光一、原めぐみ、市場正良、杠岳文
  • Outcomes of postoperative radiotherapy for pelvic lymph node-positive uterine cervical cancer: A multi-institutional survey in Japan; 2015年11月
    発表情報; 第28回日本放射線腫瘍学会学術大会, 2015/11/19-21
    著者; 〇Tokumaru S, Uno T, Kaneyasu Y, Kazumoto T, Harima Y, Noda S, Niibe Y, Shimanoe C, Toita T
  • ラモトリギンの皮膚障害に関するリスク因子の検討と発現時期の調査; 2015年11月
    発表情報; 第25回日本医療薬学会年会, 2015/11/21-23
    著者; 傍示 幸、祖川 倫太郎、持永 早希子、島ノ江 千里、田崎正信、原 英夫
  • 5年間の自覚ストレスとDNA損傷マーカー(8OHdG)との関連;J-MICC study SAGA; 2015年10月
    発表情報; 第22回日本行動医学会学術総会, 2015/10/15-16
    著者; 島ノ江 千里、原 めぐみ、西田 裕一郎、大塚康子、南里 妃名子、堀田 美加子、安方 淳、三好信行、山田陽介、Yun-Shan Li、河井一明、葛西 宏、桧垣靖樹、 田中 恵太郎
  • Significant interaction between ADIPOQ gene and higher BMI on HbA1c levels in a Japanese general population; 2015年01月
    発表情報; 第25回日本疫学会学術総会 2015,1,21-23
    著者; Shimanoe C, Higaki Y, Nishida Y, Hara M, Nanri H, Nakamura K, Imaizumi T, Sakamoto T, Taguchi N, Horita M, Shinchi K, Tanaka K, J-MICC Study Group
  • Association between moderate/vigorous intensity of physical activity and urinary levels of 8-hydroxydeoxyguanosine in middle-aged Japanese men and women; 2015年
    発表情報; 第25回日本疫学会学術総会, 2015, 1, 21-23
    著者; Hara M, Nishida Y, Shimanoe C, Otsuka Y, Nanri H, Higaki Y, Horita M, Kawai K, Li YS, Kasai J, Kasai H, Tanaka K.
  • Longitudinal relationships of perceived stress and coping strategies with C-reactive protein in middle-aged and older men and women.; 2014年10月
    発表情報; WPA Section on Epidemiology and Public Health Meeting 2014,10,16-18
    著者; Shimanoe C, Hara M, Nishida Y, Nanri H, Otsuka Y, Horita M, Yasukata J, Miyoshi N, Yamada Y, Higaki Y, Shinchi K, Tanaka K,
  • コーホート研究の第二次調査への非参加者の特徴:J-MICC Study佐賀地区.; 2014年01月
    発表情報; 第24回日本疫学会学術総会 2014, 1, 23-25
    著者; 原めぐみ, 西田裕一郎, 南里妃名子, 大塚康子, 島ノ江千里, 堀田美加子, 桧垣靖樹, 新地浩一, 田中恵太郎
  • 職業クラスと心疾患リスク因子との関連について:J-MICC-SAGA Study.; 2014年01月
    発表情報; 第24回日本疫学会学術総会 2014, 1, 23-25
    著者; 島ノ江千里, 原めぐみ, 西田裕一郎, 大塚康子, 南里妃名子, 桧垣靖樹, 中村和代, 今泉猛, 田口尚人, 坂本龍彦, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎
  • 佐賀大学におけるキャンパス・ソーシャルワーカー制度のあり方 : 制度導入から現在までの2年間の実績と評価 (平成25年度 第35回全国大学メンタルヘルス研究会 キャンパスメンタルヘルス : その移ろいと移ろわぬもの); 2013年
    発表情報; , 35, 7782
    著者; 花田 陽子;島ノ江 千里;山本 あゆみ
  • Perceive stress, coping strategies and C-reactive protein in middle-aged and older adults.; 2013年
    発表情報; World Psychiatric Association International Congress 2013, 2013.10.27-30
    著者; Shimanoe C, Hara M, Nanri H, Nishida Y, Otsuka Y, Higaki Y, Nakamura K, Imaizumi T, Shinchi K, Tanaka K
  • ストレス対処行動とBMIとの関連:J-MICC Study(佐賀地区); 2013年
    発表情報; 第23回日本疫学会学術総会, 2013.1.24-26
    著者; 島ノ江千里, 原めぐみ, 大塚康子, 南里妃名子, 西田裕一郎, 桧垣靖樹, 中村和代, 今泉猛, 田口尚人, 坂本龍彦, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎
  • 睡眠時間とHbA1cの関連:J-MICC Study(佐賀地区); 2013年
    発表情報; 第23回日本疫学会学術総会, 2013.1.24-26
    著者; 大塚康子, 徳田拓巳, 原めぐみ, 島ノ江千里, 南里妃名子, 西田裕一郎, 桧垣靖樹, 中村和代, 今泉猛, 田口尚人, 坂本龍彦, 堀田美加子, 新地浩一, 田中恵太郎
  • 自覚ストレスとhs-CRP値の関連-J-MICC Study(佐賀地区)-; 2012年01月
    発表情報; 第22回日本疫学会学術総会, 2012.1.26-28
    著者; 島ノ江千里、南里妃名子、原めぐみ、西田裕一郎、桧垣靖樹、中村和代、今泉猛、田口尚人、坂本龍彦、堀田美加子、新地浩一、田中恵太郎
  • 佐賀大学におけるキャンパス・ソーシャルワーカー制度 : 制度導入から現在までの実績と評価 (平成23年度 第33回全国大学メンタルヘルス研究会 キャンパスにおけるメンタルヘルス不調の原因と対策); 2011年
    発表情報; , 33, 3033
    著者; 花田 陽子;島ノ江 千里;岩本 利恵
  • P1-471 TPN製剤における電解質投与等に関する意識調査(一般演題 ポスター発表,栄養管理・NST,臨床から学び臨床へと還元する医療薬学); 2010年10月
    発表情報; , 20
    著者; 林 章浩;島ノ江 千里;岡橋 朋世;水田 敏彦;藤戸 博
  • O4-16 患者のヘルスリテラシーの問題意識と薬局薬剤師によるカウンセリングの活用との関連性の検討(一般演題 口頭発表,薬剤管理指導・情報提供,臨床から学び臨床へと還元する医療薬学); 2010年10月
    発表情報; , 20
    著者; 島ノ江 千里;平野 和裕;中野 行孝;田中 恵太郎;藤戸 博
  • P-455 薬薬連携強化への試み : 院外処方せんに関する問題点とその対策; 2002年09月
    発表情報; , 12
    著者; 斉田 哲也;江口 佳徳;奥平 献;池田 雅彦;栗山 萬太郎;春野 忠美;片江 富貴子;西久保 誠;野口 敬介;松澤 義浩;山岡 久泰;島ノ江 千里;中野 行孝;藤戸 博;森 昌斗

その他

  • J-MICC-SAGA study 職業クラスの高い男性の心疾患危険因子は肥満; 2014年02月
    発表情報; Medical Tribune 2014, 2,13 VOL47 NO.7 p4
    著者; 島ノ江千里

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • A novel phenotype of ALDH2 polymorphism: alcohol-induced skin pigmentation; 2018年
    発表情報; AIRIG2018 - 2018 Alcohol and Immunology Research Interest Group (AIRIG) meeting, 2018, 1, 26
    著者; ○Matsumoto A, Hara T, Chisato Shimanoe, Takefumi Yuzuriha, Chikako Yoshimori, Takeo Muto, Kouichi Endo, Megumi Hara, Masayoshi Ichiba, Takeo Konakahara, Ichiro Yajima, Vasilis Vasiliou, Byoung-Joon Song, Mayumi Fujita
  • 日本人のストレス対処行動とFBXO45遺伝子との関連:J-MICC GWAS; 2018年
    発表情報; 第3回 遺伝統計セミナー『ゲノムコホート研究における遺伝統計学』, 2018/8/2-3
    著者; 島ノ江千里
  • 心理学と疫学の融合:健康に対する生物学的アプローチ「心理社会的因子と生活習慣病に介在するバイオマーカーの疫学的検討ー日本多施設共同コホート研究(JMICC-study)SAGA-; 2017年09月
    発表情報; 日本心理学会第81回大会(シンポジウム), 2017, 9, 20-22
    著者; 島ノ江千里
  • 骨盤リンパ節転移を有する子宮頸癌術後放射線療法/化学放射線療法: 全国調査; 2016年10月
    発表情報; 第54回日本癌治療学会学術集会, 2016, 10, 20-22
    著者; 徳丸 直郎、若月 優、宇野 隆、兼安 祐子、楮本 智子、播磨 洋子、野田 真永、新部 譲、島ノ江 千里、戸板 孝文
  • 心理ストレスおよび対処行動と血中バイオマーカーの関連 J-MICC Study-SAGAによる疫学的検討; 2014年11月
    発表情報; 第21回日本行動医学会学術総会(シンポジウム)2014年11月22-23
    著者; 島ノ江千里、原めぐみ、西田裕一郎、田中恵太郎


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.