江里口 誠エリグチ マコト

所属:
医学部 附属病院 神経内科

著書

  • alpha Pix enhances mutant huntingtin aggregation.; 2009年
    発表情報; J Neurol Sci. 2010 Mar 15;290(1-2):80-5. Epub 2009 Dec 6.
    著者; Eriguchi M, Mizuta H, Luo S, Kuroda Y, Hara H, Rubinsztein DC

原著論文

  • Basal Ganglia Cerebral Microbleeds and Global Cognitive Function: The Kashima Scan Study.; 2015年
    発表情報; J Stroke Cerebrovasc Dis., 24, 2, 431-9
    著者; Yakushiji Y, Noguchi T, Charidimou A, Eriguchi M, Nishihara M, Hara M, Nanri Y, Horikawa E, Nishiyama M, Werring DJ, Hara H.
  • Norms of the Mini-Mental state Examination for Japanese subjects that underwent comprehensive brian examinations: the Kashima Scan Study.; 2014年
    発表情報; Intern Med. , 53, 21, 2447-53
    著者; Yakushiji Y, Horikawa E, Eriguchi M, Nanri Y, Nishihara M, Hirotsu T, Hara H.
  • Topography and associations of perivascular spaces in healthy adults: the Kashima scan study. ; 2014年
    発表情報; Neurology. , 83, 23, 2116-23
    著者; Yakushiji Y, Charidimou A, Hara M, Noguchi T, Nishihara M, Eriguchi M, Nanri Y, Nishiyama M, Werring DJ, Hara H.
  • Basal Ganglia Cerebral Microbleeds and Global Cognitive Function: The Kashima Scan Study.; 2014年
    発表情報; J Stroke Cerebrovasc Dis., 24, 2, 431-9
    著者; Yakushiji Y, Noguchi T, Charidimou A, Eriguchi M, Nishihara M, Hara M, Nanri Y, Horikawa E, Nishiyama M, Werring DJ, Hara H.
  • Immunopathological significance of ovarian teratoma in patients with anti-N-methyl-D-aspartate receptor encephalitis; 2013年
    発表情報; Europian neurology, 71, 1-2, 42-48
    著者; Emi Tabata, Masanori Masuda,Makoto Eriguchi, Masatoshi Yokoyama, Yoshiyuki Takahashi, Keiko Tanaka, Motohiro Yukitake, Etuo Horikawa,Hideo Hara, MD, PhD.
  • Stroke scale items associated with neurologic deterioration within 24 hours after recombinant tissue plasminogen activator therapy.; 2013年
    発表情報; J Stroke Cerebrovasc Dis., 22, 7, 1117-1124
    著者; 〇Nanri Y, Yakushiji Y, Hara M, Eriguchi M, Okada R, Yukitake M, Hara H.
  • A cese of Marinesco-Sjogren syndrome: MRI observations of skeltal muscles, bone metabolism, and treatment with testosterone and risedronate.; 2011年
    発表情報; Intern Med , 50, 2, 145-149
    著者; Fujitake J, Komatsu Y, Hataya Y, Nishikawa A, Eriguchi M, Mizuta H, Hayashi M
  • Marked cerebral atrophy is correlated with kidney dysfunction in nondisabled adults.; 2010年
    発表情報; Hypertens Res , 33, 12, 1232-1237
    著者; Yakushiji Y, Nanri Y, Hirotsu T, Nishihara M, Hara M, Nakajima J,Eriguchi M, Nishiyama M, Hara H, Node K
  • Identification of a new homozygous frameshift insertion mutation in the SIL1 gene in 3 Japanese patients with Marinesco-Sjogren syndrome.   ; 2008年
    発表情報; J Neurol Sci., 270, 197-200
    著者; Eriguchi M○, Mizuta H, Kurohara K, Fujitake J, Kuroda Y.
  • Fukutin gene mutations cause dilated cardiomyopathy with minimal muscle weakness; 2008年
    発表情報; Annals of neurology, 60, 5, 597-602
    著者; Murakami T,Hayashi YK,Noguchi S,Ogawa M,Nonaka I,Tanabe Y,Ogino M,Takada F,Kotooka N,Campbell KP,Osawa M,Nishino I
  • プリオン病―最近の知見感染対策; 2003年
    発表情報; 老年精神医学雑誌, 714, 1502-1507
    著者; 江里口誠,黒原和博,黒田康夫
  • Interferon therapy-responsive brain metabolic abnormalities in a case of adult-onset subacute sclerosing panencephalitis evaluated by1H-MRS analysis.; 2003年
    発表情報; J Neurol Sci, 207, 59-63
    著者; Takashima H,Eriguchi M,Nakamura T,Satoh J,Kuroda Y,Udono H,Uchino A

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • Worsening cervical epidural hamatoma after tissue plasminogen activator administration for stroke like symptoms; 2016年
    発表情報; Spine (Phila Pa 1976)., 41, 7, E437-40
    著者; ○Morimoto T, Yoshihara T, Yakushiji Y, Eriguchi M, Hara H, Sonohata M, Mawatari M
  • Thrombolysis-related multiple lobar hemorrhages in cerebral amyloid angiopathy with extensive strictly lobar cerebral microbleeds; 2016年
    発表情報; Internal medicine
    著者; Makoto Eriguchi, Yusuke Yakushiji, Jun Tanaka Masashi Nishihara, Hideo Hara
  • Is multiple sclerosis an autoimmune disease?; 2012年
    発表情報; Autoimmune Dis.
    著者; Wootla B, Eriguchi M, Rodriguez M
  • central pontine and extrapontine myelinolysisのMRI所見を呈した、大酒家に生じたビタミンB12欠乏症の1例; 2007年
    発表情報; 臨床神経学, 47, 4
    著者; 永石彰子、雪竹基弘、黒田康夫
  • 頚部血管超音波検査がもやもや病の診断に有用であった1例; 2007年
    発表情報; 臨床神経学, 47, 7
    著者; 安田千春、薬師寺祐介、高瀬幸徳、黒田康夫
  • Fukutin gene mutations cause dilated cardiomyopathy with minimal muscle weakness; 2007年
    発表情報; Annals of neurology, 60, 5
    著者; Mizuta H,Kurohara K,Kosugi M,Yakushiji Y,Okada R, Yukitake M, Hasegawa Y,Yamaguchi S,Kuroda Y
  • 3-Methylglutaconic aciduria typeI causes leukoencephalopathy of adult onset; 2006年
    発表情報; , 67, 10
    著者; Mizuta H,Kurohara K,Kosugi M,Yakushiji Y,Okada R, Yukitake M, Hasegawa Y,Yamaguchi S,Kuroda Y
  • Gyral abnormalities in the early stage of superior sagittal sinus thrombosis; 2005年
    発表情報; European radiology, 15, 8
    著者; Uchino A,Sawada A,Takase Y,Nishihara M,Kurohara K,Kuroda Y,Kudo S

一般講演(学術講演を含む)

  • 神経疾患の診断等について; 2017年
    発表情報; 難病医療費助成制度における難病指定医研修会, 2017.1.15
    著者; 江里口誠
  • CT 1stに引き続くMRI撮像中脳梗塞rt-PA療法の臨床的効果; 2016年
    発表情報; 第57回日本神経学会学術大会, 2016/5/18-21
    著者; 鈴山耕平, 薬師寺祐介, 井手俊宏, 田中淳, 江里口誠, 原英夫
  • 微小脳出血の数はrt-PA静注療法施行群に比べ非施行群で多い傾向がある; 2016年
    発表情報; 第41回日本脳卒中学会総会/第45回日本脳卒中の外科学会学術集会/第32回スパズム・シンポジウム, 2016/4/14-16
    著者; 田中淳、藥師寺祐介、野口智幸*、江里口誠、原英夫
  • 看護師による簡易版NIHSSの妥当性; 2016年
    発表情報; 第41回日本脳卒中学会総会/第45回日本脳卒中の外科学会学術集会/第32回スパズム・シンポジウム, 2016.4.14-16
    著者; ○蒲池俊介,江里口誠,藥師寺祐介,吉田志存,今泉香織,草場裕,片岡典子,蒲原千明,山田春奈,原英夫,原田由美子
  • 自力での体動が困難でADLに介助を要するALS患者の欲求と入院時の対応; 2016年
    発表情報; 第4回 日本難病医療ネットワーク学会学術集会, 2016.11.18-19
    著者; ○古川愛子,江里口誠,内川舞,浦河美加子,登川誠也,前田香織,嘉村顕,中迫正臣,植田友貴,小柳みどり,松島淳,溝口惠,鈴山耕平,持永周子,原英夫
  • 免疫療法が有効だったMorvan症候群の一例; 2016年
    発表情報; 第213回日本神経学会九州地方会, 2016.3.12
    著者; 鈴山耕平, 江里口誠,薬師寺祐介, 渡邊修,原英夫
  • LaminB1関連常染色体優性遺伝性白質脳症の1家系; 2016年
    発表情報; 第214回日本神経学会九州地方会, 2016/6/25
    著者; 小野南月,江里口誠,田畑絵美,薬師寺祐介,池内健,原英夫
  • 脳梗塞発症1年後に異常行動を呈し、神経梅毒の診断に至った一例; 2016年
    発表情報; 第216回日本神経学会九州地方会, 2016/12/17
    著者; 池田宗平,江里口誠,藤井由佳,薬師寺祐介,原英夫
  • 若年性認知症の理解について; 2016年
    発表情報; 若年性認知症講演, 2016.9.11
    著者; 江里口誠,原英夫
  • 医科における摂食嚥下のメカニズム 多職種との連携へ; 2016年
    発表情報; 佐賀県高齢者等摂食嚥下回復連携推進事業, 2016.9.24
    著者; 江里口誠
  • 在宅療養生活の環境作りと家族介護者への支援の必要性について; 2016年
    発表情報; 平成28年度日本ALS協会佐賀支部通常総会, 2016.7.3
    著者; 江里口誠
  • ALS患者とコミュニケーション; 2016年
    発表情報; 難病コミュニケーションシンポジウムin 佐賀, 2016.11.13
    著者; 江里口誠
  • 神経疾患の診断等について; 2016年
    発表情報; 難病医療費助成制度における難病指定医研修会, 2016.5.22
    著者; 江里口誠
  • CPSSとKPSS; 2016年
    発表情報; 平成28年度佐賀脳卒中病院前救護研修会, 2016.9.14
    著者; 江里口誠
  • 歯科医師認知症対応 基本知識編; 2016年
    発表情報; 平成28年度歯科医師認知症対応力向上研修, 2016.12.3
    著者; 江里口誠
  • The concept of “total small vessel disease score” in healthy adults: validation in the Kashima Scan Study.; 2015年
    発表情報; The European Stroke Organisation Conference 2015 (ESOC2015), 2015 4. 17-19
    著者; Yakushiji Y, Charidimou A, Hara M, Eriguchi M, Noguchi T, Nishihara M, Nanri Y, MD, Nishiyama M, Werring D.J., Horikawa E, Hara H
  • 健常人における血管周囲腔拡大の分布とその関連因子: the Kashima Scan Study ; 2015年
    発表情報; 第40回 日本脳卒中学会総会(STROKE 2015), 2015. 3.26-29
    著者; 薬師寺祐介, Charidimou A, Werring DJ, 野口智幸, 西原正志, 南里悠介, 江里口誠, 中島順子, 原英夫
  • Basal Ganglia Cerebral Microbleeds and Global Cognitive Function: The Kashima Scan Study; 2015年
    発表情報; 第56回日本神経学学術大会, 2015. 5.20-23
    著者; 薬師寺祐介, 野口智幸, 江里口誠, 西原正志,原めぐみ, 南里悠介, 堀川悦夫, 西山雅則,原 英夫
  • 急性期脳卒中安静度拡大アルゴズム使用の安全性についての検証; 2015年
    発表情報; 第40回 日本脳卒中学会総会(STROKE 2015), 2015. 3.26-29
    著者; 〇児玉祥一、江里口誠、南里悠介、田中淳、藥師寺祐介、浅見豊子、原英夫
  • 急性期脳卒中患者に対する嚥下内視鏡検査を用いた嚥下機能評価は経口摂取獲得可能な患者の予測に寄与する; 2015年
    発表情報; 第40回 日本脳卒中学会総会(STROKE 2015), 2015. 3.26-29
    著者; 溝口惠、江里口誠、前田香織、皆良田貴之、南里悠介、田中淳、藥師寺祐介、浅見豊子、原英夫
  • 脳アミロイド血管症における血栓溶解療法関連多発皮質下出血の一例; 2015年
    発表情報; 第112回日本内科学会総会・講演会, 2015.4.10-12
    著者; 野下祥太郎、江里口誠、藥師寺祐介、北島雄人、森法道、田中淳、原英夫
  • 当院におけるALS患者への在宅療養支援、地域・訪問スタッフとの連携; 2015年
    発表情報; 第3回日本難病医療ネットワーク学会学術集会, 2015.11.13-14
    著者; 〇登川誠也、江里口誠、前田香織、山口香織、松島淳、嘉村顕、溝口惠、植田友貴、古川愛子、小柳みどり、中迫正臣、浅見豊子、原英夫
  • 筋萎縮性側索硬化症患者に対する当院の取り組み; 2015年
    発表情報; 第3回日本難病医療ネットワーク学会学術集会, 2015.11.13-14
    著者; 〇前田香織、江里口誠、登川誠也、山口香織、嘉村顕、鈴山耕平、古川愛子、重松知子、植田友貴、小柳みどり、浅見豊子、原英夫
  • 簡易版NIHSSによりrt-PA静注療法後24時間の神経学的評価を安全に行える.; 2015年
    発表情報; 第56回日本神経学学術大会, 2015. 5.20-23
    著者; 井手俊宏 藥師寺祐介  田中淳 江里口誠 森法道 溝口惠 田畑絵美 小杉雅史 原英夫
  • 急性の意識障害、ミオクローヌスを生じCJDと鑑別を要した慢性アルコール関連脳症の1例; 2015年
    発表情報; 第209回日本神経学会九州地方会, 2015.3.14
    著者; 中山賢人, 田畑絵美, 井手俊宏, 薬師寺祐介, 森法道, 溝口恵, 小杉雅史 , 江里口誠, 原英夫
  • Topography of enlarged Perivascular Spaces and Cerebral Microbleeds in adults without neurological disorder - the population-based Kashima Scan Study -; 2014年
    発表情報; The 23rd European Stroke Conference., 2014, 5, 6-9
    著者; Yakushiji Y, Charidimou A, Werring D.J, Noguchi T, Nishihara M, Nanri Y, Eriguchi M, Nakajima J, Hara H
  • Topography of perivascular spaces in neurologically healthy adults: the Kashima scan study; 2014年
    発表情報; 4th International CAA Conference in London, 2014, 9, 18-20
    著者; Yakushiji Y, Charidimou A, Hara M, Noguchi T, Nishihara M, Eriguchi M, Nanri Y, MD, Nishiyama M, Werring D.J., Hara H
  • Adult case with isolated complex III deficiency of the mitochondrial respiratory chain presenting acute encephalopathy; 2014年
    発表情報; Joint Congress of European Neurology, 2014.5.31-6.3
    著者; M Eriguchi, M.Yukitake, T.Oka, Y.Shigematu, H.Sugie, I.Nishino, K.Murayama, H.Hara
  • 脳梗塞発症に関連した頸動脈超音波検査所見の経時的変化を追えた高安病の一例; 2014年
    発表情報; 第39回日本脳卒中学会総会, 2014.3.13-15
    著者; 江里口誠, 南里悠介, 薬師寺祐介, 原英夫
  • 嚥下内視鏡検査と摂食嚥下療法が急性期脳卒中患者にもたらす影響; 2014年
    発表情報; 第39回日本脳卒中学会総会, 2014.3.13-15
    著者; 溝口惠, 江里口誠, 前田香織, 皆良田貴之, 南里悠介, 田中淳, 薬師寺祐介, 浅見豊子, 原英夫
  • 急性期脳梗塞に対しブリッジング療法を行った症例のSVSの有無と予後との検討; 2014年
    発表情報; 第55回日本神経学会総会, 2014.5,21~24
    著者; 井手俊宏、江里口誠、緒方敦之、松島俊夫、原英夫
  • 頸椎症と鑑別を要した 背髄サルコイドーシスの1例; 2014年
    発表情報; 第208回日本神経学会九州地方会, 2014,12, 20
    著者; ○松尾絵美, 井手俊宏, 田畑絵美, 森法道, 溝口惠, 小杉雅史, 江里口誠, 藥師寺祐介, 原英夫
  • 若年性の視覚的認知障害を示した一例; 2014年
    発表情報; 第207回日本神経学会九州地方会, 2014.9.20
    著者; 森法道, 小野南月, 江里口誠, 堀川悦夫, 原英夫
  • CIDPと鑑別が困難であったPOEMs症候群の1例; 2014年
    発表情報; 第205回日本神経学会九州地方会, 2014/3/22
    著者; 岩﨑めぐみ 田畑絵美 井手俊宏 小野南月 小杉雅史 江里口誠 雪竹基弘 原英夫
  • DaTスキャンによる評価を行ったEPM/CPMの1例; 2014年
    発表情報; 第206回日本神経学会九州地方会, 2014/6/28
    著者; 西田一輝 井手俊宏 田畑絵美 森 法道 溝口 恵 小杉雅史 江里口誠 原 英夫
  • Immunopathological significance of ovarian teratoma in patients with anti-N-methyl-D-aspartate receptor encephalitis; 2013年
    発表情報; World Congress of Neurology - Wien 2013, Saturday 21st September 2013 to Thursday 26th September 2013
    著者; Emi Tabata, Masanori Masuda,Makoto Eriguchi, Masatoshi Yokoyama, Yoshiyuki Takahashi, Keiko Tanaka, Motohiro Yukitake, Etuo Horikawa,Hideo Hara, MD, PhD.
  • 非痙攣性てんかん重責で発症しQUIC法が診断に有用だった孤発性Creutzfeldt-Jakob disease(CJD)の一例; 2013年
    発表情報; 第18回 日本神経感染症学会総会学術集会, 2013年10月11日-12日
    著者; 〇小川始至夏, 江里口誠, 岡孝之, 小杉雅史, 佐藤克也,雪竹基弘, 原 英夫
  • 定型的な画像所見を呈し、新規GFAP遺伝子変異が示唆された成人発症Alexander病の1家系; 2013年
    発表情報; 第54回日本神経学会学術大会 東京国際フォーラム, 2013年5月29~6月1日       
    著者; 岡孝之,小副川学、江里口誠、薬師寺祐介、吉田誠克、水田依久子、斉藤光象、原英夫
  • Perry症候群の1剖検例; 2013年
    発表情報; 第201回日本神経学会 九州地方会, 2013/3/16
    著者; 岡孝之,増田正憲,江里口誠,小野南月,雪竹基弘,原英夫
  • 急激な脳浮腫を来した脳症の一例; 2013年
    発表情報; 第203回日本神経学会 九州地方会, 2013/9/7
    著者; 江里口誠, 中城博子, 岡孝之, 鈴山耕平, 田中淳,小杉雅史,雪竹基弘 , 原英夫
  • 脳梗塞としてrt-PAを投与した 脊髄硬膜外血腫の1例; 2013年
    発表情報; 第202回日本神経学会九州地方会, 2013/6/29
    著者; ○中城博子、岡孝之、江里口誠、行元崇弘、森本忠嗣、吉原智仁、原英夫
  • 血栓溶解療法施行後速やかに血管内治療を施行可能であった一例; 2013年
    発表情報; 脳血管治療懇話会, 2013/1/26
    著者; 江里口誠 岡孝之, 緒方敦之, 松島俊夫, 原英夫
  • 脳梗塞超急性期rt‐PA静注療法の現状; 2013年
    発表情報; 平成25年度 佐賀脳卒中病院前救護研修会, 2013/7/3
    著者; 江里口誠,南里悠介,薬師寺祐介,原英夫
  • 当院における非弁膜症性心房細動を伴う 虚血性脳血管障害の二次予防の現状; 2013年
    発表情報; 佐賀Network Meeting, 2013/9/30
    著者; 江里口誠
  • 詰まっておこる脳卒中; 2013年
    発表情報; 第7回佐賀県脳卒中市民公開講座, 2013/11/24
    著者; 江里口誠
  • 高血圧診療のすべて; 2013年
    発表情報; 平成25年度第1回(通算第65回)佐賀医学会・日医生涯教育講座プログラム, 2013/11/30
    著者; 江里口誠
  • 高齢成人発症2型シトルリン血症の1例; 2013年
    発表情報; 日本内科学会:第303回九州地方会, 2013年11月16日
    著者; 小野南月,田畑絵美,井手俊宏,田中 淳,小杉雅史,江里口誠,雪竹基弘,原 英夫
  • 下肢末端切断例に対して作製した義足の工夫―サイム切断例およびショパール・リスフラン切断例の2症例について―; 2009年10月
    発表情報; 第25回日本義肢装具学会学術大会 2009.10.31
    著者; 山之内直也、浅見豊子、竹下淳子、江里口誠、秋山菜奈絵、児玉香奈子、有薗洋一
  • 多手指関節に対する矯正用手指装具の試作; 2009年10月
    発表情報; 第25回日本義肢装具学会学術大会 2009.10.31.
    著者; *坂田亮二、有薗洋一、浅見豊子、畠中健二、江里口誠、山之内直也
  • 当院における心臓リハビリテーションの現状と課題; 2009年10月
    発表情報; 第31回国立大学法人リハビリテーションコ・メディカル学術大会 2009.10.18.
    著者; 竹井健夫、田中信廣、児玉祥一、野仲真理子、人見聡美、直塚博行、東島直生、塚原都代、江里口誠、山之内直也、浅香真知子、浅見豊子
  • 当院の心大血管手術症例に対する心臓リハビリテーションの現状; 2009年09月
    発表情報; 第4回九州心臓リハビリテーション研究会 2009.9.12.
    著者; 人見聡美、野仲真理子、児玉祥一、浅香真知子、田中信廣、浅見豊子
  • 四肢壊疽後の四肢末端切断例に対するリハビリテーションアプローチの経験-2症例を通して―; 2009年06月
    発表情報; 第46回日本リハビリテーション医学会学術集会 2009.6.5.
    著者; 山之内直也、浅見豊子、児玉香奈子、竹下淳子、江里口誠、秋山菜奈絵
  • 脳生体信号を用いた単純コミュニケーション手段の構築; 2009年03月
    発表情報; 平成20年度日本生体医工学会九州支部学術講演会 VOL.2C2,, 57. 2009.3., 2, 57
    著者; ○杉 剛直、庵原考博,杉 剛直,江里口 誠,浅見豊子,中村政俊
  • 当院における心大血管疾患リハビリテーションの現状と課題; 2009年
    発表情報; 第26回日本リハビリテーション医学会九州地方会 2009.9.13.
    著者; 永野智子、山之内直也、浅香真知子、江里口誠、浅見豊子
  • 各種治療に抵抗性を示したNMDA受容体抗体陽性の奇形腫関連脳炎の一例.; 2008年12月
    発表情報; こころの健康科学研究事業 2008.12.5
    著者; ○江里口誠,田畑絵美,光武里織,南里悠介,小副川学,薬師寺祐介,岡田竜一郎,水田治男、雪竹基弘
  • 機械的頸部絞扼後に発症し,前脊髄動脈症候群・上位頚髄障害をきたした外傷性椎骨動脈解離の一例; 2008年12月
    発表情報; 第184回日本神経学会九州地方会
    著者; ○福田誠,薬師寺祐介,光武里織,南里悠介,岡田竜一郎,江里口誠,水田治男,雪竹基弘 
  • ALS様の症状を呈した大脳皮質基底核変性症(CBD)の1例; 2008年09月
    発表情報; 第183回日本神経学会九州地方会 2008.9.20 臨床神経学, 48, 4, 296
    著者; ○南里悠介,薬師寺祐介,安田千春,光武里織,江里口誠,小副川学,岡田竜一郎,水田治男,雪竹基弘 
  • 小児に対する上腕筋電義手導入の経験.; 2008年06月
    発表情報; 第45回日本リハビリテーション医学会学術集会 2008.6.4  The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 45, 201
    著者; 江里口誠、浅見豊子、秋山奈菜絵、兒玉香菜子、竹下淳子
  • 経食道心エコーで左心耳内血栓の消失と心筋気絶の改善を確認しえた心原性脳塞栓症の一例; 2008年06月
    発表情報; 第182回日本神経学会九州地方会 2008.6.14 臨床神経学, 48, 9, 695
    著者; ○高松裕一郎,薬師寺祐介,南里悠介,光武里織,江里口誠,岡田竜一郎,水田治男,雪竹基弘,黒田康夫
  • Signet-ring cell carcinomaを合併したステロイド反応性筋炎の一例; 2008年06月
    発表情報; 第182回日本神経学会九州地方会 2009/6/14 臨床神経学, 48, 9, 699
    著者; ○安田千春,薬師寺祐介,南里悠介,江里口誠,雪竹基弘,黒田康夫,西野十三
  • Marinesco-Sjogren syndromeの新たなSIL1遺伝子異常の同定; 2008年05月
    発表情報; 第49回日本神経学会総会 2008.5.15-17 臨床神経学, 48, 12, 1240
    著者; 江里口誠,水田治男,黒原和博,藤竹純子,黒田康夫
  • 1肢に2年間限局して緩徐に進行したと考えられる,筋萎縮性側索硬化症の1例; 2008年03月
    発表情報; 第181回日本神経学会九州地方会 2008.3.15, 48, 8, 613
    著者; ○小柳祐希子,岡田竜一郎,光武里織,南里悠介,江里口誠,薬師寺祐介,水田治男,雪竹基弘,黒田康夫
  • New concept of walker for walking disorders in Parkinson’s disease patients.; 2008年
    発表情報; th Mediterranean Congress of Physical and Rehabilitation Medicine.
    著者; ○Asami T. Eriguch M Akiyama N, Kodama K, Yamanouchi N. and Asami A
  • ALS患者の介護者における介護負担感.; 2008年
    発表情報; 第23回日本リハビリテーション医学会九州地方会 2008.6.4 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 45, 7, 192
    著者; ○秋山菜奈絵、浅見豊子、江里口誠、兒玉香菜子、黒田康夫、西村謙一、新郷修二、平松克輝、三原睦子
  • ハンチントン病の原因遺伝子、huntingtin蛋白に結合する新たな因子の同定、解析; 2007年
    発表情報; 日本神経学会総会
    著者; 江里口誠
  • MRSA敗血症が合併したPosterior Reversible Encephalopathy syndromeの一例; 2007年
    発表情報; 日本神経感染症学会総会
    著者; 江里口誠
  • 脳卒中急性期における嚥下評価導入前後での呼吸器感染症合併の変化; 2007年
    発表情報; 日本リハビリテーション学会九州地方会
    著者; 江里口誠
  • 亜急性に性格変化、意識障害をきたした可逆性辺縁系脳炎の一例; 2007年
    発表情報; 日本神経学会地方会
    著者; 杉山馨
  • ハンチントン病の原因遺伝子、huntingtin蛋白に結合する新たな因子の同定、解析; 2007年
    発表情報; 日本神経学会総会
    著者; 江里口誠
  • Elsberg症候群の尿閉における中枢性脱髄の関与について; 2007年
    発表情報; 日本神経学会総会
    著者; 江里口誠
  • 嗜眠性脳炎の一例; 2006年
    発表情報; 日本神経学会地方会
    著者; 江里口誠
  • 脳卒中急性期の嚥下評価導入前後での呼吸器感染症合併の変化; 2006年
    発表情報; 日本脳卒中学会総会
    著者; 江里口誠
  • パーキンソン病用歩行器の開発と臨床応用における検討; 2006年
    発表情報; 日本リハビリテーション学会地方会
    著者; 江里口誠
  • 肝性脳症を呈したRendu-Osler-Weber病の一例; 2006年
    発表情報; 日本神経学会地方会
    著者; 戸山信吾
  • 小脳失調症状を合併した髄膜炎に伴う急性尿閉(Elsberg症候群)の2例; 2005年
    発表情報; 日本神経感染症学会総会
    著者; 江里口誠
  • 失調症状とミオクローヌスを伴ったElsberg症候群の一例; 2004年
    発表情報; 日本神経学会地方会
    著者; 江里口誠
  • 地誌的障害を伴う記憶障害を呈した左脳梁膨大後域梗塞の一例; 2004年
    発表情報; 日本神経学会地方会
    著者; 峰のぞみ

総説

  • 要注意!高血圧など循環器慢性疾患を合併している脳血栓の患者の急変を見逃すな 脳血栓(ラクナ、アテローム)治療; 2015年
    発表情報; 脳の看護実践 2015年, 10・11月
    著者; 江里口誠、藥師寺祐介、原英夫
  • 【脳、神経疾患の新しい課題】神経系感染症の診断と治療; 2004年
    発表情報; 医学と薬学, 52, 3
    著者; 黒田康夫

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • 日本脳卒中学会・日本脳卒中の外科学会 合同シンポジウム 脳卒中先制医療 脳ドック、無症候性疾患治療、遺伝子診断」演題名 脳小血管病を包括する概念 "Total small vessel disease score"の検証 -The Kashima Scan Study-; 2016年
    発表情報; 第41回日本脳卒中学会総会/第45回日本脳卒中の外科学会学術集会/第32回スパズム・シンポジウム, 2016/4/14-16
    著者; 藥師寺 祐介, 江里口 誠,西原 正志, 野口 智幸, 南里 悠介, 原 英夫
  • 日本脳ドック学会 学会支援研究: 脳ドック受診者における“Total small vessel disease score”と脳卒中・認知症に関する縦断的研究(中間報告); 2016年
    発表情報; 第25回日本脳ドック学会総会, 2016/6/9-10
    著者; 藥師寺 祐介, 江里口誠,南里悠介, 溝口恵, 西原 正志, 野口智幸, 原英夫
  • 認知症と糖尿病(糖尿病治療の近未来); 2015年
    発表情報; 日医生涯教育協力講座, 2015.1.17
    著者; 江里口誠
  • 神経難病の基礎知識(難病医療法の概要について); 2015年
    発表情報; 平成26年度訪問従業者研修会, 2015.1.20
    著者; 江里口誠
  • コミュニケーション支援が必要な神経難病の基礎知識; 2015年
    発表情報; 平成26年度佐賀県難病医療従事者研修会, 2015.2.28
    著者; 江里口誠
  • ALSの最新治療と治療研究の最新情報について; 2015年
    発表情報; 日本ALS協会佐賀県支部通常総会, 2015.7.19
    著者; 江里口誠
  • 医科における摂食嚥下、そして歯科にもとめられること; 2015年
    発表情報; 第1回摂食嚥下スペシャリスト養成研修会, 2015.8.30
    著者; 江里口誠
  • 佐賀大学における脳卒中診療の現状; 2015年
    発表情報; 武田薬品社内講演, 2015.9.4
    著者; 江里口誠
  • CPSSとKPSS; 2015年
    発表情報; 平成27年度佐賀脳卒中病院前救護研修会, 2015.9.15
    著者; 江里口誠
  • 神経疾患の診断等について; 2015年
    発表情報; 難病医療費助成制度における難病指定医研修会, 2015.11.22
    著者; 江里口誠
  • 神経疾患の診断等について; 2015年
    発表情報; 難病医療費助成制度における難病指定医研修会, 2015.11.29
    著者; 江里口誠


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.