染谷 孝ソメヤ タカシ

所属:
農学部 生物環境科学科 資源循環生産学講座

著書

  • Soil tillage effects on N2 fixing bacteria and their communities; 2011年
    発表情報; Soil Tillage and Microbial Activities, pp. 1-18
    著者; Seneviratne, G., M.L.M.A.W. Weerasekara, K. P. K. Jayakody, and T. Someya
  • 堆肥化促進微生物資材の動向と評価---蛍光染色法などによる評価; 2007年07月
    発表情報; 肥料土つくり資材大辞典, 1031-1042
    著者; 染谷 孝
  • 堆肥の衛生管理に向けて; 2006年07月
    発表情報; 食品循環資源最適利用マニュアル, 177-180
    著者; 染谷 孝
  • 7-8バイオマス資源と病原性微生物; 2005年
    発表情報; 環境保全百科(丸善)
    著者; 染谷孝
  • 3章微生物生態学の方法,4章微生物生態学が描き出す新しい微生物像; 2004年
    発表情報; 日本微生物生態学会教育研究部会 編:微生物生態学入門-地球環境を支えるミクロの生物圏-(日科技連出版社), 57-70,117-122
    著者; 染谷孝
  • 堆肥施用と病原菌汚染; 2003年
    発表情報; 農業技術体系土壌肥料編:追録14号(農文協), 第7-①巻, 資材64の84-98
    著者; 染谷孝・井上興一
  • 堆肥化促進微生物資材の動向と評価―蛍光染色法などによる評価; 2002年
    発表情報; 農業技術体系土壌肥料編:追録第13号(農文協), 第7-①巻, 資材94の1の2-13
    著者; 染谷孝

原著論文

  • Exposure assessment of organophosphorus and organobromine flame retardants via indoor dust from elementary schools and domestic houses; 2015年
    発表情報; Chemosphere, 123, 17-25
    著者; Mizouchi, S., Ichiba, M., Takigami, H., Kajiwara, N., Takamuku, T., Miyajima, T., Kodama, H., Someya, T., Ueno, D.
  • 小学校室内環境における未規制VOCs濃度の現状把握; 2014年
    発表情報; 室内環境, 17, 2, 69-79
    著者; 溝内 重和, 市場 正良, 宮島 徹, 兒玉 宏樹, 高椋 利幸, 染谷 孝, 上野 大介
  • Double-color fluorescence in situ hybridization (FISH) for the detection of Bacillus anthracis spores in environmental samples with a novel permeabilization protocol; 2013年
    発表情報; Journal of Microbiological Methods, 93, 177-184
    著者; Weerasekaraa, M.L.M.A.W., Ryuda, N., Miyamoto, H., Okumura, T., Ueno, D., Inoue, K., Someya, T.
  • Suppressive effects of hydroxyapatite-like compounds added to soil on cadmium uptake by plants; 2012年12月
    発表情報; Environ. Control in Biol., 50, 4, 383-392
    著者; Islam,Md. Shoffikul, Daisuke Ueno1, Takashi Someya1 and Koichi Inoue
  • Immobilization of cadmium in soil by newly developed apatite-like compounds prepared from oyster shells; 2012年03月
    発表情報; Environ. Control in Biol., 50, 1, 81-89
    著者; Islam, S. Md., Daisuke Ueno, Takashi Someya and Koichi Inoue
  • Soil solarization in a greenhouse for controlling fecal contamination; 2011年12月
    発表情報; Environ. Control in Biol., 49, 4, 187-190
    著者; Wu, Shengjin, Motoki Nishihara, Yoshie Kawasaki, Akitoshi Yokoyama, Kei Matsuura, Tomohiro Koga, Noriko Ryuda, Daisuke Ueno, Koichi Inoue and Takashi Someya
  • Visualization and Direct Counting of Individual Denitrifying Bacterial Cells in Soil by nirK -Targeted Direct in situ PCR; 2011年03月
    発表情報; Microbes Environ, 26, 1, 74-80
    著者; Ryuda, Noriko, Tomoyoshi Hashimoto, Daisuke Ueno, Koichi Inoue, and Takashi Someya
  • CTC-SYBR GreenI二重蛍光染色法による土壌中の呼吸活性陽性菌の定量; 2010年04月
    発表情報; 土と微生物, 64, 1, 18-24
    著者; 龍田典子・王暁丹・上野大介・井上興一・染谷 孝
  • Spatial distribution of hexabromocyclododecanes(HBCDs), polybrominated diphenyl ethers(PBDEs)and organochlorines in bivalves from Japanese coastalwaters; 2010年
    発表情報; Chemosphere, 78, 1213-1219
    著者; Ueno, D., T. Isobe, K. Ramu, S. Tanabe, M. Alaee, C. Marvin, K. Inoue, T. Someya, T. Miyajima, H. Kodama, H. Nakata
  • CIELAB color variables as indicators of compost stability; 2009年12月
    発表情報; Waste Management, 29, 12, 2969-2975
    著者; Khan, Mohammad Ashik Iqbal, Kihachi Ueno, Sakae Horimoto, Fuminori Komai, Takashi Someya, Koichi Inoue, Kinji Tanaka, Yoshitaka Ono
  • Direct viable count combined with fluorescence in situ hybridization (DVC-FISH) for specific enumeration of viable Escherichia coli in cow manure.; 2009年
    発表情報; Microbes Environ, 24, 1, 33-38
    著者; Wu, Shengjin, Daisuke Ueno, Koichi Inoue, and Takashi Someya
  • Inactivation of Escherichia coli in soil by solarization.; 2009年
    発表情報;  Soil Science and Plant Nutrition, 55, 2, 258-263
    著者; Wu, Shengjin, Motoki Nishihara, Yoshie Kawasaki, Akitoshi Yokoyama, Kei Matsuura,Tomohiro Koga,Daisuke Ueno, Koichi Inoue and Takashi Someya
  • 油脂分解菌を用いた厨房排水の浄化に関する研究; 2009年
    発表情報; 環境技術, 38, 11, 801-809
    著者; 龍 田 典 子・横 堀 加 奈 里・井 上 綾 ・案 浦 謙 二・手 嶋 功・上 野 大 介・井 上 興 一・染 谷 孝
  • 有用成分導入による水耕葉菜類の味質改善および機能性の強化について; 2008年02月
    発表情報; 佐賀大彙報, 93, 127-132
    著者; 永岡尚子・田淵玲子・中原光久・上野大介・染谷 孝・井上興一
  • Is Histoplasma capsulatum a native inhabitant of Japan?; 2008年
    発表情報; Microbiology and Immunology., 52, 9, 455-459
    著者; Kikuchi, Ken, Takashi Sugita, Koichi Makimura, Kensaku Urata, Takashi Someya, Takashi Sasaki, Katsuhiko Kamei, Masakazu Niimi, Keiichi Hiramatsu, and Yoshimasa Uehara
  • 産地判別を目的とした水耕レタス類へのヨウ素の標識について; 2007年09月
    発表情報; 植物環境工学, 19, 3, 137-140
    著者; 白 光潔・中原光久・村瀬治比古・上野大介・赤尾勝一郎・染谷 孝・井上興一
  • Rapid and automated enumeration of viable bacteria in compost using a micro-colony auto counting system; 2007年
    発表情報; Journal of Microbiological Methods, 71, 1-6
    著者; Wang, Xiaodan, Nobuyasu Yamaguchi, Takashi Someya, Masao Nasu
  • 特殊含鉄資材からの鉄成分溶出量と持続性及びその肥効試験について; 2006年
    発表情報; 佐賀大学農学部彙報, 91, 29-35
    著者; 松元祐子・笹本博彦・染谷 孝・井上興一
  • 産地特定のための水耕野菜への元素導入によるマーキングシステムの開発(第1報)---単一元素導入の浸漬処理とレタス可食部の無機元素濃度との関係---; 2006年
    発表情報; 植物環境工学, 18, 4, 299-305
    著者; 白 光潔・中原光久・村瀬治比古・上野大介・赤尾勝一郎・染谷 孝・井上興一
  • 産地特定のための水耕野菜への元素導入によるマーキングシステムの開発(第2報)---元素の組み合わせによる処理とレタス類への導入量との関係---; 2006年
    発表情報; 植物環境工学, 18, 4, 306-311
    著者; 白 光潔・中原光久・村瀬治比古・上野大介・赤尾勝一郎・染谷 孝・井上興一
  • バイオバリアによる地下水中塩素化脂肪族炭化水素(CAHs)の自然減衰促進(その2) : 微生物環境の変化と脱塩素化メカニズムについて; 2005年05月
    発表情報; 地下水学会誌, 47, 2, 217-233
    著者; 中島, 誠 / 武, 暁峰 / 茂野, 俊也 / 染谷, 孝 / 西垣, 誠
  • 窒素源の種類および濃度がコマツナの生育および硝酸態窒素含量に及ぼす影響; 2005年
    発表情報; 佐賀大学農学部彙報, 90, 23-30
    著者; 満塩博起・中原光久・染谷孝・井上興一
  • 蛍光染色法及び培養法による各種堆肥中の細菌の定量; 2005年
    発表情報; 日本土壌肥料学会誌, 76, 401-410
    著者; グン春明・越田淳一・井上興一・染谷孝
  • Survival of pathogenic bacteria in compost with special reference to Escherichia coli.; 2005年
    発表情報; Journal of Environmental Sciences, 17, 770-774
    著者; Gong Chun-ming, Koichi Inoue, Shunji Inanaga, Takezo Udou and Takashi Someya
  • 各種堆肥中における大腸菌群等の生残; 2005年
    発表情報; 日本土壌肥料学会誌, 76
    著者; グン春明・越田淳一・森山典子・王暁丹・有働武三・井上興一・染谷孝
  • Trichosporon species isolated from guano samples obtained from bat-inhabited caves in Japan; 2005年
    発表情報; Appl. Environ. Microbiol, 71, 7626-7629
    著者; Sugita, T., K. Kikuchi, K. Makimura, K. Unoue, T. Someya, K Kamei, M. Niimi, and Y. Uehara
  • ステビア配糖体溶液の根部浸漬による水耕レタスの味質改善; 2004年03月
    発表情報; 植物工場学会誌, 16, 1, 16-19
    著者; 井上, 興一 / 村瀬, 治比古 / 小倉, 東一 / 中原, 光久 / 染谷, 孝
  • Bacterial Community Structure Analysis of Biofilm in Yakult Water Treatment System.; 2004年
    発表情報; Proceedings of the International Symposium on Identification and Use of Microbial Resources for Sustainable Agriculture(Kumamoto), 104-105
    著者; Tani,A.,Y.Nakamura,T.Sato,K.Sakai,K.Inoue and T.Someya
  • Specificity and Sensitivity of Probes for Fluorescence in situ Hybridization.; 2004年
    発表情報; Proceedings of the International Symposium on Identification and Use of Microbial Resources for Sustainable Agriculture(Kumamoto), 62-63
    著者; Wang, X., T. Sato, K. Inoue, and T. Someya
  • Application of a Lipolytic Bacterium Aeromonas sp.KHU to Waste Water Treatment at Greastraps.; 2004年
    発表情報; Proceedings of the International Symposium on Identification and Use of Microbial Resources for Sustainable Agriculture(Kumamoto), 102-103
    著者; Moriyama,N., A. Inoue, Ka. Yokobori, I. Teshima, K. Inoue, and T. Someya
  • Biosafety Assessment of Manure and Agricultural field by Fluorescence in situ Hybridization (FISH).; 2004年
    発表情報; Proceedings of the International Symposium on Identification and Use of Microbial Resources for Sustainable Agriculture(Kumamoto), 42-49
    著者; Someya, T., Chun-Ming Gong, and Koichi Inoue
  • Extraction of Bacterial Cells from Soil by Centrifugation.; 2004年
    発表情報; Proceedings of the International Symposium on Identification and Use of Microbial Resources for Sustainable Agriculture(Kumamoto), 60-61
    著者; Ikeda, H., X. Wang, K. Inoue, and T. Someya
  • Rapid and Specific Detection of Escherichia coli in Soil by Fluorescence in situ Hybridization.; 2004年
    発表情報; Proceedings of the International Symposium on Identification and Use of Microbial Resources for Sustainable Agriculture(Kumamoto), 64-65
    著者; Gong, C., X. Wang, H. Ikeda, K. Inoue and T. Someya
  • Amelioration of subsoil acidity in a nonallophanic andosol by organic calcium salts-An interaction between Ca salts and soil Al and the root growth of wheat in the subsoil layer-.; 2004年
    発表情報; Proceedings of the 6th International Symposium on Plant-Soil Interactions at Low pH. (H.Matsumoto et al.ed.), 312-313
    著者; Inoue K.,Mitsushio H.,Nagaoka N.and Someya T.
  • Recent topics on the biosafety control of composting.; 2003年
    発表情報; Proceedings of the Japan/Taiwan Symposium on Molecular Biology of Functional Regulation in Plant and Microbe (N. Sako et al. ed.) Saga University, Saga, 27-28
    著者; Someya,T.,Gong,C.,avd Inoue,K.
  • Quinone profiling of bacterial populations developed in the surfacee layer of volcanic mudflow deposits from Mt. Pinatuba (the Philippines).; 2003年
    発表情報; Soil Biol. Biochem, 35, 1155-1158
    著者; Ohta H., K. Ogiwara, E. Murakami, H. Takahashi, M. Sekiguchi, K. Koshida, T.Someya, W. Morishita, J. D. Rondal, R. N. Concepcion, M. Yoshida, M. Watanabe
  • ポリ乳酸エステルを用いた嫌気性微生物分解の促進による地下水中塩素化脂肪族炭化水素(CAHs)の浄化; 2002年12月
    発表情報; 地下水学会誌, 44, 4, 295-314
    著者; 中島, 誠 / 武, 暁峰 / 茂野, 俊也 / 内山, 裕夫 / 染谷, 孝 / 西垣, 誠
  • The observation and a quantitative evaluation of viable but non-culturable bacteria in potable groundwater using epifluorescence microscopy (Korean with Eng. sum.).; 2002年
    発表情報; Korean Journal of Microbiology, 38, 180-185
    著者; Kim,I., Someya, T., and Whang, K.
  • 水耕ホウレンソウによるダイオキシン類吸収と葉部への移行; 2002年
    発表情報; 佐賀大学農学部彙報, 87, 105-110
    著者; 井上興一・江頭直義・野馬幸夫・染谷孝
  • 窒素源を尿素あるいはアミノ酸にした場合の水耕レタスの生育と葉部硝酸含量; 2002年
    発表情報; 佐賀大学農学部彙報, 87, 111-119
    著者; 井上興一・本西誠亮・満塩博起・染谷孝
  • Monitoring of oil-degrading bacteria in soil by the oil-specific direct viable count method.; 2001年
    発表情報; Proceedings of the workshop on nutrient methabolism and bio-remediation, Kyushu University.
    著者; Someya,T.and K.Yokobori

一般講演(学術講演を含む)

  • 重金属固定化のための新規アパタイト化合物の開発; 2011年04月
    発表情報; 2011 年度日本土壌肥料学会九州支部春季例会
    著者; イスラム・ソフクル、上野大介、染谷 孝、井上興一
  • 水耕液には原生動物が存在し外来菌を捕食排除する; 2011年04月
    発表情報; 2011 年度日本土壌肥料学会九州支部春季例会, 2011年4月, 福岡
    著者; 豊増一彦、龍田典子、上野大介、井上興一、染谷孝
  • 食品廃棄物を用いた高品質家禽用発酵飼料における香気成分の解析; 2011年04月
    発表情報; 2011 年度日本土壌肥料学会九州支部春季例会, 2011年4月, 福岡.
    著者; 久保田玲奈、高浜祥紀、麻生茂幸、今泉宏、染谷孝、井上興一、上野大介
  • 数種の希少元素に対する葉菜類の吸収・移行および生育応答; 2011年04月
    発表情報; 2011 年度日本土壌肥料学会九州支部春季例会, 2011年4月, 福岡.
    著者; 溝上耕子、山口美穂、大窪かおり、上野大介、染谷 孝、井上興一
  • 農業用水中の大腸菌O157のマイクロコロニーFISH/蛍光抗体法による自動定量法の開発; 2010年11月
    発表情報; 日本微生物生態学会第25回大会(つくば)
    著者; 染谷 孝、原田陽介、樋口智也、上野大介、井上興一
  • 農業用水中の大腸菌O157のマイクロコロニーFISH/蛍光抗体法による自動定量法の開発; 2010年11月
    発表情報; 日本微生物生態学会第25回大会, 2010年11月, つくば.
    著者; 染谷 孝、原田陽介、樋口智也、上野大介、井上興一
  • 水耕液に接種した大腸菌の葉菜類内部への侵入の可否と水耕液中での消長; 2010年09月
    発表情報; 日本土壌肥料学会2010年度大会(札幌)
    著者; 染谷 孝・谷山義行・中原光久・上野大介・井上興一
  • 水耕液に接種した大腸菌の葉菜類内部への侵入の可否と水耕液中での消長.; 2010年09月
    発表情報; 日本土壌肥料学会2010年度大会, 2010年9月, 札幌.
    著者; 染谷 孝・谷山義行・中原光久・上野大介・井上興一
  • 食品廃棄物による高品質家禽用リサイクル飼料の開発; 2010年05月
    発表情報; 平成22年度廃棄物資源循環学会九州支部発表会, 2010年5月,福岡(優秀ポスター発表賞受賞)
    著者; 高浜 祥紀・麻生 茂幸・今泉 宏・田川 政敏・上野 大介・井上 興一・染谷 孝
  • 一般流通堆肥からの各種ヒト病原菌及び病原指標菌の検出; 2010年04月
    発表情報; 2010 年度日本土壌肥料学会九州支部春季例会, 2010年4 月, 宮崎
    著者; 犬伏 歩・原田 陽介・甲斐 憲郎・小窪 正人・赤木 康・木嶋 伸行・上野 大介・井上 興一・染谷 孝
  • ポット栽培土壌に接種した大腸菌の動向; 2010年04月
    発表情報; 2010 年度日本土壌肥料学会九州支部春季例会, 2010年4 月, 宮崎
    著者; 甲斐憲郎・西原基樹・小窪正人・赤木康・谷山義行・上野大介・井上興一・染谷孝
  • 水耕液中の大腸菌生存に及ぼす原生動物の影響; 2010年04月
    発表情報; 2010 年度日本土壌肥料学会九州支部春季例会, 2010年4 月, 宮崎
    著者; 豊増一彦・上野大介・小野あいこ・中原光久・高橋忠夫・井上興一・染谷 孝
  • シチメンソウおよびアイスプラントのカドミウム吸収特性について; 2010年04月
    発表情報; 2010 年度日本土壌肥料学会九州支部春季例会, 2010年4 月, 宮崎
    著者; 林 友美・柴田結子・的場貴祐・中原光久・上野大介・染谷 孝・井上興一
  • Synthetic musk fragrances in human breast milk and adipose tissue from Japan; 2009年11月
    発表情報; Interdisciplinary symposium on environmental chemistry, vol. 2, Environmental research in Asia for establishing a scientist's network, Tokyo, Japan, November 2009, 247-252.
    著者; Ueno, D., Moribe, M., Inoue, K., Someya, T., Ryuda, N., Ichiba, M., Miyajima, T., Kunisue, T., In, H., Maruo, K., Nakata, H.
  • マイクロコロニーFISHによる堆肥中の大腸菌自動測定の高感度化の検討; 2009年11月
    発表情報; 日本微生物生態学会第24回大会,2009年11月,広島.
    著者; 犬伏 歩・樋口智也・那須正夫・上野大介・井上興一・染谷 孝
  • 葉菜類の水耕培養液における大腸菌の培養法および非培養法(マイクロコロニーFISH)による動態解析; 2009年11月
    発表情報; 日本微生物生態学会第24回大会,2009年11月,広島
    著者; 谷山義行・上野大介・井上興一・染谷 孝
  • 平尾台不動洞地域、洞窟気象、煙追跡; 2009年09月
    発表情報; 日本洞窟学会第34回大会,2009年9月,美祢市
    著者; 浦田健作・染谷 孝・下村哲也・成清正朗・石田登規男・樋高昭子
  • 平尾台における洞窟事故防止と救助の取り組み; 2009年09月
    発表情報; 日本洞窟学会第34回大会,2009年9月,美祢市
    著者; 田中孝宜・浦田健作・染谷 孝
  • 葉菜類の水耕培養液に接種した大腸菌の動態:作物体への移行の可否および水耕液中での生残性; 2009年09月
    発表情報; 日本土壌肥料学会2009年大会,2009年9月,京都
    著者; 谷山義行・酒見誠一・呉 聖進・上野大介・井上興一・染谷 孝
  • マイクロコロニーFISH自動測定装置による堆肥中の大腸菌およびサルモネラの生菌数計測; 2009年06月
    発表情報; 日本土壌微生物学会2009年度大会,2009年6月,福岡
    著者; 呉 聖進・犬伏 歩・樋口智也・那須正夫・上野 大介・井上 興一・染谷 孝
  • 日本人母乳および脂肪組織中人工香料の蓄積現状と取り込み経路の推定; 2009年06月
    発表情報; 第18回環境化学討論会, 2009年6月つくば, 116-117.
    著者; 上野大介, 井上興一, 染谷 孝, 龍田典子, 宮島 徹, 兒玉宏樹, 市場正良, 国末達也, 尹 浩信, 丸尾圭志, 中田晴彦
  • Evaluation of florescence in situ hybridization as a rapid tool for specific detection of B. anthracis in soil with a pair of novel oligonucleotide probes.; 2009年06月
    発表情報; The Annual Meeting of Japanese Society of Soil Microbiology, June 2009, Fukuoka
    著者; Anjani Wathsala Weerasekara, Noriko Ryuda, Daisuke Ueno, Koichi Inoue, Hiroshi Miyamoto, Tetsu Okumura and Takashi Someya
  • Rapid and automated enumeration of viable Escherichia coli and Salmonella in soil and manure using a micro-colony automatic counting system (MACS); 2009年05月
    発表情報; The First Korea-Japan Symposium on Microbial Ecology, May 2009,Jeju, Korea.
    著者; Takashi Someya, Ayumi Inubushi, Shengjin Wu, Tomoya Higuchi, Masao Nasu, Daisuke Ueno, and Koichi Inoue
  • Development of new permeabilization protocol for rapid and simple identification of B. anthracis spores by florescence in situ hybridization with a pair of novel oligonucleotide probes; 2009年05月
    発表情報;  The First Korea-Japan Symposium on Microbial Ecology, May 2009,Jeju, Korea
    著者; Anjani Wathsala Weerasekara, Noriko Ryuda, Daisuke Ueno, Koichi Inoue, Hiroshi Miyamoto, Tetsu Okumura and Takashi Someya
  • 培地のケイ酸濃度と水耕葉菜類の硝酸濃度および生育との関係; 2009年05月
    発表情報; 2009 年度日本土壌肥料学会春季九州支部会, 2009年5月,佐賀
    著者; 酒見誠一, 溝上耕子,上野大介, 染谷 孝,中原光久,井上興一
  • クエン酸水素カルシウムおよび試製微量要素肥料の肥効について; 2009年05月
    発表情報; 2009 年度日本土壌肥料学会春季九州支部会, 2009年5月,佐賀
    著者; 川村美裕, 溝上耕子, 竹下絵莉香, 上野大介, 染谷 孝, 井上興一
  • 大腸菌の生残性に対する作物根圏分泌物の影響; 2009年05月
    発表情報; 2009 年度日本土壌肥料学会春季九州支部会, 2009年5月,佐賀
    著者; 豊増一彦, 谷山義行, 犬伏歩, 中原光久, 染谷 孝, 井上興一, 上野大介
  • 農業資材としてのクリーク底泥における重金属および残留農薬の安全性評価; 2009年05月
    発表情報; 
    著者; 野島宏明, 蒲池将士, 西岡英樹, 松崎亮平, 宮島徹, 兒玉宏樹, 三原実, 染谷 孝, 井上興一, 上野大介
  • 大腸菌の生残性に対する作物根圏分泌物の影響; 2009年05月
    発表情報; 2009 年度日本土壌肥料学会春季九州支部会,2009年5月,佐賀
    著者; 豊増 一彦・上野大介・井上興一・染谷 孝
  • 培養法およびμC-FISH法による市販堆肥中の大腸菌等の検出; 2009年05月
    発表情報; 2009 年度日本土壌肥料学会春季九州支部会,2009年5月,佐賀
    著者; 染谷 孝・前田征弥・犬伏 歩・呉 聖進・上野大介・井上興一
  • ヤクルト方式排水処理システム生物膜の細菌群集構造解析; 2008年11月
    発表情報; 日本微生物生態学会第24 回大会(2008年11月, 札幌)
    著者; 川野菜弥香・吉元建司・木村一雅・上野大介・井上興一・染谷 孝
  • A sensitive florescence in situ hybridization (FISH) for the discrimination of Bacillus anthracis from closely related B .cereus and B.thuringiensis and the specific detection in air samples; 2008年11月
    発表情報; The 24th Annual Meeting of Japanese Society for Microbial Ecology (Nov. 2008, Sapporo)
    著者; Weerasekara Anjani, Noriko Ryuda, Daisuke Ueno, Kouichi, Inoue, Hiroshi Miyamoto and Takashi Someya
  • マイクロコロニーFISHによる土壌中の大腸菌の生菌数自動測定; 2008年11月
    発表情報; 日本微生物生態学会第24 回大会(2008年11月, 札幌)
    著者; 犬伏 歩・呉 聖進・松浦 敬・上野大介・井上興一・染谷 孝
  • 揮発性抗菌物質生産細菌による糸状菌の発育抑制; 2008年11月
    発表情報; 日本微生物生態学会第24 回大会(2008年11月, 札幌)
    著者; 谷山義行・案浦謙二・山本 優・上野大介・井上興一・染谷 孝
  • レタスおよびコマツナの土壌に接種した大腸菌の動態; 2008年10月
    発表情報; 2008 年度日本土壌肥料学会九州支部秋季例会(2008年10月, 鹿児島)
    著者; 川野菜弥香・西原基樹*・甲斐 憲郎*・赤木 康*・呉 聖進・古賀智大・上野大介・井上興一・染谷 孝
  • 土壌中における大腸菌の生残に及ぼす土壌常在微生物の影響; 2008年06月
    発表情報; 日本土壌微生物学会2008 年度大会(静岡,2008年6月)
    著者; 呉 聖進、上野大介、井上興一、染谷 孝
  • レタスおよびコマツナの水耕培養液中に接種した大腸菌の動態; 2008年04月
    発表情報; 2008 年度日本土壌肥料学会九州支部春季例会(2008年4月24日, 鹿児島)
    著者; 谷山義行,酒見誠一,呉 聖進,古賀智大,上野大介,井上興一,染谷 孝
  • Development、bacterial、procedures、soil、manure、application、fluorescence 、situ; 2008年
    発表情報; The 12 International Symposium on Microbial Ecology, Australia.
    著者; Takashi Someya, Hideaki Ikeda, Shengjin Wu, Noriko Ryuda, Daisuke Ueno and Koichi Inoue
  • Enumeration of denitrifying bacteria in soil by NirK gene targeted direct in situ PCR.; 2008年
    発表情報; The 12 International Symposium on Microbial Ecology, Australia
    著者; Noriko Ryuda, Tomoyoshi Hashimoto, Daisuke Ueno, Koichi Inoue, and Takashi Someya
  • Microcolony fluorescence in situ hybridization (μC-FISH) for specific enumeration of viable E.coli in soil.; 2007年09月
    発表情報; 日本微生物生態学会第23 回大会(2007年9月, 松山)
    著者; Shengjin Wu, Kei Matsuura, Daisuke Ueno, Koichi Inoue and Takashi Someya
  • Direct in situ PCR for the specific enumeration of Verotoxin-producing E.coli in soil.; 2007年09月
    発表情報; 日本微生物生態学会第23 回大会(2007年9月, 松山)
    著者; Koga,T., Noriko Ryuda, Daisuke Ueno, Koichi Inoue and Takashi Someya
  • Microbial ecology and community structure analysis of methanogenic archaea of practical methane fermentation of food waste.; 2007年09月
    発表情報; 第23回日本微生物生態学会大会(2007年9月、松山)
    著者; Ide, K., S. Takagi, K. Inoue and T.Someya
  • Bacterial characterization of food waste composting as determined by plate count and fluorescence microscopy.; 2007年09月
    発表情報; 第23回日本微生物生態学会大会(2007年9月、松山)
    著者; Kamihara, M., T. Fukuda*, D. Ueno K. Inoue and T. Someya
  • 土壌中のVNC大腸菌の動態; 2007年08月
    発表情報; 日本土壌肥料学会2007年度大会(2007年8月、東京).
    著者; 染谷 孝、呉 聖進、古賀智大、松浦 敬、上野大介、井上興一
  • 生ごみの堆肥化過程における各種微生物の動態; 2007年04月
    発表情報; 日本土壌肥料学会九州支部春季例会(2007年4月、福岡)
    著者; 神原麻依子,福田俊明,上野大介、井上興一,染谷 孝
  • 露地畑土壌の太陽熱消毒による微生物的安全化; 2007年04月
    発表情報; 日本土壌肥料学会九州支部春季例会(2007年4月、福岡)
    著者; 松浦敬,古賀智大,呉聖進,西原基樹,川崎佳栄,横山明敏,上野大介,井上興一,染谷孝
  • 土壌における大腸菌の高精度検出・定量と生理状態; 2007年03月
    発表情報; 日本細菌学会2006年度大会ワークショップ「環境中の細菌を迅速・高精度に検出する」(2007年3月、大阪)
    著者; 染谷 孝,呉 聖進,松浦 敬,古賀智大,上野大介,井上興一
  • Fluorescence in situ hybridizationによる白紋羽病菌の特異的迅速検出法の開発; 2007年03月
    発表情報; 2006年度日本植物病理学会大会(2007年3月29日,宇都宮)
    著者; 原口真実,中森 学,名嶋裕子,井手洋一,田代暢哉,草場基章,上野大介,井上興一,染谷 孝
  • 微生物資材の各種糸状菌に対する遠隔抗菌活性; 2007年03月
    発表情報; 2006年度日本植物病理学会大会(2007年3月29日,宇都宮)
    著者; 案浦謙二・上野大介・井上興一・染谷 孝
  • 実用プラントによる食品廃棄物のメタン発酵に関する微生物学的研究; 2006年11月
    発表情報; 第17回廃棄物学会研究発表会(2006年11月20日〜22日,北九州)
    著者; 井手健太郎,高木修一,高山大樹,井上興一,染谷 孝
  • マイクロコニー検出装置を用いたマイクロコロニーFISHによる土壌および堆肥中の大腸菌の新規迅速定量法の検討; 2006年10月
    発表情報; 日本微生物生態学会第22 回大会(2006年10月, 東京)
    著者; 松浦 敬,上野大介,井上興一,那須正夫,染谷 孝
  • 牛糞及び土壌中における大腸菌のVNC状態の解析; 2006年10月
    発表情報; 日本微生物生態学会第22 回大会(2006年10月, 東京)
    著者; 呉 聖進, 松浦 敬, 古賀智大, 上野大介, 井上興一, 染谷 孝
  • アオサの乳酸発酵における非培養法 (DGGE法)及び培養法による主要菌群の推定; 2006年10月
    発表情報; 日本微生物生態学会第22 回大会(2006年10月, 東京)
    著者; 小代智之,上野大介,井上興一,茂野俊也,染谷 孝
  • マイクロコロニー蛍光in situハイブリダイゼーションによる堆肥中の大腸菌の動態解析; 2006年10月
    発表情報; 日本微生物生態学会第22回大会(2006年10月, 東京)
    著者; 王 暁丹・山口進康・染谷 孝・那須正夫
  • 特殊含鉄資材からの鉄成分溶出量およびその肥効について; 2006年09月
    発表情報; 日本土壌肥料学会2006年度大会講演要旨集52, p.154. (2006年9月、秋田)
    著者; 松元祐子・山本有里・笹本博彦・上野大介・染谷 孝・井上興一
  • 水耕葉菜類への元素導入によるデジタルマーキングシステムの開発-元素の組み合わせによる処理と葉菜類への導入量との関係-; 2006年09月
    発表情報; 日本土壌肥料学会2006年度大会講演要旨集52, p.177. (2006年9月、秋田)
    著者; 白 光潔・中原光久・上野大介・赤尾勝一郎・染谷 孝・井上興一
  • 水耕葉菜類の味質改善および機能性強化について; 2006年09月
    発表情報; 日本園芸学会2006年度大会(2006年9月、長崎)
    著者; 田淵玲子・永岡尚子・中原光久・上野大介・染谷 孝・井上興一
  • Isolation of white-rot fungus capable of endosulfan.; 2006年06月
    発表情報; 日本菌学会50周年記念大会講演要旨集,(2006年6月3, 4日, 千葉市青葉の森芸術文化ホール)
    著者; Kiijanuhuck, J., Someya.T., Gadd,G. M., Sihanonth, P., Vangnai, A. S. and Piapukiew, J.
  • Microbial Development in Food Waste Composting in Two Regions of Thailand.; 2006年06月
    発表情報; 日本土壌微生物学会2006年度仙台大会講演要旨集,(2006年6月10〜12日, 仙台)
    著者; Sihanonth, P., Piapukiew, J., Kamihara, M., Inoue, K. and Someya, T.
  • 牛糞及び畑土壌中で大腸菌はVNC状態で長期間生残する; 2006年06月
    発表情報; 日本土壌微生物学会2006年度仙台大会,(2006年6月10〜12日, 仙台)
    著者; 古賀 智大、松浦 敬、Gong-Chun-ming、池田英彰、井上 興一 、染谷 孝
  • タイ国のアブラヤシ堆肥の微生物学的特性; 2006年06月
    発表情報; 日本土壌微生物学会2006年度仙台大会,(2006年6月10〜12日, 仙台)
    著者; 神原 麻依子、Gong Chun-ming、Shengjin, W.、 Sihanonth, P.、 Pianukiw, J.、 井上 興一、染谷 孝
  • 加温処理たい肥の無機化特性とレタスに対する施用効果; 2006年05月
    発表情報; 日本土壌肥料学会九州支部春季例会講演要旨集,(2006年5月, 宮崎)
    著者; 西原 基樹、川崎 佳栄、横山 明敏、橋本 知義、染谷 孝
  • 人工汚染堆肥を施用したハウス土壌中の大腸菌のDVC-FISH法及び培養法による検出と太陽熱消毒効果の判定; 2006年05月
    発表情報; 日本土壌肥料学会九州支部春季例会講演要旨集,(2006年5月, 宮崎)
    著者; 松浦 敬、古賀 智大、横山 明敏、西原 基樹、井上 興一、染谷 孝
  • nirK遺伝子を標的としたdirect in situ PCR法による土壌中の脱窒菌の可視化および定量; 2005年10月
    発表情報; 第21回日本微生物生態学会,2005年10月30日〜11月2日(福岡)
    著者; 森山 典子、Gong Chunming、橋本 知義、井上 興一、染谷 孝
  • 牛糞及び牛糞堆肥中の大腸菌のFISHによる生残性の追跡; 2005年10月
    発表情報; 第21回日本微生物生態学会,2005年10月30日〜11月2日(福岡)
    著者; 松浦 敬、古賀 智大、Gong Chunming、橋本 知義、井上 興一、染谷 孝
  • FISH法およびPCR-DGGE法によるヤクルト方式水処理システム生物膜の細菌群集構造解析; 2005年10月
    発表情報; 第21回日本微生物生態学会,2005年10月30日〜11月2日(福岡)
    著者; 谷 梓、田中 克幸、井上 興一、染谷 孝
  • 土壌試料からの細菌細胞の高回収率分画法:分画前後の細菌群集構造の比較検討; 2005年10月
    発表情報; 第21回日本微生物生態学会,2005年10月30日〜11月2日(福岡)
    著者; 池田 英彰、井上 興一、染谷 孝
  • Direct in situ PCR法による土壌における脱窒菌の高感度迅速検出法の開発; 2005年05月
    発表情報; 日本土壌肥料学会九州支部春季例会講演要旨集,2005年5月(佐賀)
    著者; 森山 典子、Gong Chunming、井上興一、橋本 知義、染谷 孝
  • パイロットプラントによる生ごみのメタン発酵におけるメタン生成菌および乳酸菌等の動態に関する研究; 2005年05月
    発表情報; 日本土壌肥料学会九州支部春季例会講演要旨集,2005年5月(佐賀)
    著者; 高山 大樹、高木 修一、井上 興一、染谷 孝
  • FISHによる土壌の大腸菌の高感度特異的検出; 2005年05月
    発表情報; 日本土壌肥料学会九州支部春季例会講演要旨集,2005年5月(佐賀)
    著者; グン 春明、井上 興一、染谷 孝
  • アオサのメタン発酵における乳酸菌の分離・同定に関する研究; 2005年05月
    発表情報; 日本土壌肥料学会九州支部春季例会講演要旨集,2005年5月(佐賀)
    著者; 小代 智之、井上 興一、茂野 俊也、染谷 孝
  • 生ごみ堆肥の有用放線菌の分離およびその有機物分解能に関する研究; 2005年05月
    発表情報; 日本土壌肥料学会九州支部春季例会講演要旨集,2005年5月(佐賀)
    著者; 田川 毅明、Cong Chunming、森山 典子、井上 興一、染谷 孝
  • 含鉄資材の肥効試験およびこの資材からの鉄成分溶出量と持続性について; 2005年05月
    発表情報; 日本土壌肥料学会九州支部春季例会講演要旨集,2005年5月(佐賀)
    著者; 松元祐子・中原光久・染谷 孝・井上興一
  • 野菜へのデジタルマーキング元素導入によるトレーサビリティの確立; 2005年05月
    発表情報; 日本土壌肥料学会九州支部春季例会講演要旨集,2005年5月(佐賀)
    著者; 白 光潔、中原 光久、染谷 孝、井上 興一

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • 植物を助け、廃棄物を資源に変える土の微生物; 2010年05月
    発表情報; 日本土壌微生物学会公開シンポジウム「土の微生物−地球を支える小さな生き物たち」東京
    著者; 染谷 孝
  • 火星での堆肥化施設を考える; 2010年03月
    発表情報; 宇宙農業サロン, 2010年3月12日, 東京(招待講演)
    著者; 染谷 孝
  • 堆肥の安全衛生面における病原指標菌の好感度検出法の開発及び動態解明; 2009年11月
    発表情報; 平成 21 年度家畜ふん尿処理利用研究会,2009年11月,つくば(招待講演)
    著者; 染谷 孝
  • 土壌や堆肥中の有害菌を光らせて検出する新しい衛生検査法〜使えるマイクロコロニーFISH 法〜; 2009年06月
    発表情報; 日本土壌微生物学会2009年度大会,2009年6月,福岡(招待講演)
    著者; 染谷 孝
  • 地域で進める微生物生態学の応用研究; 2006年10月
    発表情報; 日本微生物生態学会第22回大会シンポジウム「微生物生態学から社会へのアウトプット」(招待講演, 2006年10月, 東京)
    著者; 染谷 孝


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.