教員活動データベース

氏 名永野 幸生フリガナナガノ ユキオ
欧文氏名NAGANO Yukio
所 属総合分析実験センター
職 名准教授学位博士(農学)(1993年03月)
電子メールnaganocc.saga-u.ac.jpリンクティーチングポートフォリオ
ホームページhttp://www.iac.saga-u.ac.jp/lifescience/
https://scholar.google.co.jp/citations?user=hhJ3mBoAAAAJ&hl=ja&oi=sra

教員詳細情報

研究分野・キーワード

  • 分子生物学・生化学

学歴

  • 1988年03月, 京都大学, 農学部, 食品工学科, 卒業
  • 1990年03月, 京都大学, 農学研究科, 食品工学専攻, 修士課程・博士前期課程, 修了
  • 1993年03月, 京都大学, 農学研究科, 食品工学専攻, 博士課程・博士後期課程, 修了

職歴

  • 1994年04月 - 1997年02月 滋賀医科大学医学部 助手
  • 1997年03月 - 1999年03月 名古屋大学農学部 助手
  • 1999年04月 - 2002年10月 名古屋大学大学院生命農学研究科 助手
  • 2002年11月 - 2007年03月 佐賀大学総合分析実験センター 助教授
  • 2005年04月 - 2007年03月 鹿児島大学大学院連合農学研究科(兼務) 助教授
  • 2007年04月 - 継続中 佐賀大学総合分析実験センター 准教授
  • 2007年04月 - 9999年99月 鹿児島大学大学院連合農学研究科(兼務) 准教授

専門分野

  • 応用生物化学, 園芸科学, 応用分子細胞生物学, ゲノム生物学, 食生活学

所属学会

  • 日本農芸化学会, 園芸学会, 日本分子生物学会, 日本生化学会, 日本植物細胞分子生物学会, 日本植物生理学会, 日本植物脂質科学研究会, NGS現場の会, 日本ゲノム編集学会, 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム

現在実施している研究テーマ

  • ゲノム・トランスクリプトーム解析
  • 高等植物の生体分子受容機構

これまでの研究テーマ

  • 高効率遺伝子組換え法

主要業績

原著論文

  • Phylogenetic relationships of Aurantioideae (Rutaceae)based on RAD-Seq; 2018年01月
    発表情報; Tree Genetics & Genomes 14:6 (2018)
    著者; Yukio Nagano, Takashi Mimura, Nobuhiro Kotoda,Ryoji Matsumoto, Atsushi J. Nagano, Mie N. Honjo, Hiroshi Kudoh, Masashi Yamamoto
  • Transcriptome analysis reveals key roles of AtLBR-2 in LPS-induced defense responses in plants.; 2017年12月
    発表情報; BMC Genomics 18:995 (2017)
    著者; Sayaka Iizasa, Ei'ichi Iizasa, Keiichi Watanabe, Yukio Nagano
  • RAD-Seq analysis of typical and minor Citrus accessions, including Bhutanese varieties; 2016年11月
    発表情報; Breeding Science, 66, 797-807
    著者; Tshering Penjor, Takashi Mimura, Nobuhiro Kotoda, Ryoji Matsumoto, Atsushi J. Nagano, Mie N. Honjo, Hiroshi Kudoh, Masashi Yamamoto, Yukio Nagano
  • Arabidopsis LBP/BPI related-1 and-2 bind to LPS directly and regulate PR1 expression; 2016年06月
    発表情報; Scientific reports, 6, 27527
    著者; Sayaka Iizasa, Ei'ichi Iizasa, Sawako Matsuzaki, Hiroyuki Tanaka, Yutaka Kodama,Keiichi Watanabe, and Yukio Nagano
  • Complete Genome Sequence of Bacillus thuringiensis Serovar Tolworthi Strain Pasteur Institute Standard; 2015年07月
    発表情報; , 3, 4, e00710-15
    著者; Kohzo Kanda, Kaede Nakashima, Yukio Nagano
  • Characterization of chloroplast matK sequences of Citrus tachibana and Citrus depressa, two indigenous species in Japan; 2014年12月
    発表情報; Advances in Horticultural Science, 28, 2, 95-99
    著者; Yukio Nagano, Sayuri Inafuku-Teramoto, Misako Hashimoto, Takashi Mimura, Ryoji Matsumoto, Masashi Yamamoto
  • ブータン王国における在来カンキツ類の調査とその葉緑体DNA分析; 2014年10月
    発表情報; 園芸学研究, 13, 4, 307-314
    著者; Tshering Penjor, 永野幸生, 三村高史, 松本亮司, 山本雅史
  • Characterization of limes (Citrus aurantifolia) grown in Bhutan and Indonesia using high-throughput sequencing.; 2014年04月
    発表情報; Scientific Reports, 4, 4853
    著者; Tshering Penjor, Takashi Mimura, Ryoji Matsumoto, Masashi Yamamoto, Yukio Nagano
  • Phylogenetic Relationships of Citrus and Its Relatives Based on matK Gene Sequences.; 2013年04月
    発表情報; PLoS ONE, 8, 4, e62574
    著者; Tshering Penjor, Masashi Yamamoto, Miki Uehara, Manami Ide, Natsumi Matsumoto, Ryoji Matsumoto, Yukio Nagano
  • Ultra-Low Background DNA Cloning System; 2013年02月
    発表情報; PLOS ONE, 8, 2, e56530
    著者; Kenta Goto, Yukio Nagano
  • Phylogenetic relationships of Citrus and its relatives based on rbcL gene sequences; 2010年12月
    発表情報; Tree Genetics & Genomes, 6, 6, 931-939
    著者; Tshering Penjor, Toyoaki Anai, Yukio Nagano, Ryoji Matsumoto and Masashi Yamamoto
  • Direct Binding of a Plant LysM Receptor-like Kinase, LysM RLK1/CERK1, to Chitin in Vitro; 2010年01月
    発表情報; THE JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 285, 5, 2996-3004
    著者; 飯笹英一、光富勝、永野幸生
  • Yeast-based recombineering of DNA fragments into plant transformation vectors by one-step transformation; 2007年
    発表情報; Plant Cell Reports, 26, 12, 2111-2117
    著者; Yukio Nagano, Syoko Takao, Takahiro Kudo, Ei'ichi Iizasa, Toyoaki Anai
  • Highly efficient yeast-based in vivo DNA cloning of multiple DNA fragments and the simultaneous construction of yeast/ Escherichia coli shuttle vectors.; 2006年01月
    発表情報; Biotechniques, 40, 1, 79-83
    著者; Ei'ichi Iizasa, Yukio Nagano

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • 遺伝子組換え実験に関わる大学遺伝子協の活動; 2015年11月
    発表情報; バイオサイエンスとインダストリー, 73, 6, 490-493
    著者; 永野幸生
  • 相同組換えで色々できちゃうDNAクローニング; 2015年10月
    発表情報; 生物工学会誌, 93, 10, 623-626
    著者; 永野幸生・飯笹英一
  • Plant acetyl-CoA carboxylase: structure, biosynthesis, regulation, and gene manipulation for plant breeding.; 2004年
    発表情報; Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 68, 6, 1175-1184
    著者; Yukiko Sasaki, Yukio Nagano
  • 脂質代謝―脂肪酸合成について―; 2003年
    発表情報; 蛋白質核酸酵素, 48, 15, 2113-2120
    著者; 永野幸生・佐々木幸子

知的財産権の出願等(著作権は除く)

  • 組換えDNA分子作製法; 2005年03月
    発表情報; 
    著者; 永野幸生、飯笹英一


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.