速水 祐一ハヤミ ユウイチ

所属:
低平地沿岸海域研究センター

著書

  • 魚貝類の生息環境としての有明海とその変動特性.大嶋雄治(編) 豊穣の海・有明海の現状と課題; 2012年09月
    発表情報; 
    著者; 速水祐一
  • Increase of winter diatom bloom in the inner area of the Aliake Sea: Does the sediment property change enhance the phytoplankton production?; 2007年
    発表情報; Chemical pollution and environmental change, 363-366
    著者; Hayami,Y,Yamamoto,K.,and Hamada,T
  • 有明海奥部における透明度の変動に関する研究; 2007年
    発表情報; 平成18年度土木学会西部支部研究発表会
    著者; 前田和範,大串浩一郎,速水祐一
  • Review of some physical processes in Lake Hovsgol; 2006年
    発表情報; The geology, biodiversity and ecology of Lake Hovsgol (Mongolia), Ed. C. E. Goulden et al. Backhuys Publishers, Leiden, 115-124
    著者; Y. Hayami, M. Kumagai, M. Maruo, T. Sekino, S. Tsujimura and J. Urabe
  • Recent rize of water level on Lake Hobsgol in Mongolia; 2006年
    発表情報; The geology, biodiversity and ecology of Lake Hovsgol (Mongolia), Ed. C. E. Goulden et al. Backhuys Publishers, Leiden., 77-92
    著者; M. Kumagai, J. Urabe, G. Goulden, N. Soninkhishig, D. Hadbaatar, S. Tsujimura, Y. Hayami, T. Sekino and M. Maruo
  • Some biological and chemical characteristics of Lake Hovsgol; 2006年
    発表情報;  The geology, biodiversity and ecology of Lake Hovsgol (Mongolia), Ed. C. E. Goulden et al. Backhuys Publishers, Leiden., 387-402
    著者; Urabe, J., T. Sekino, Y. Hayami, M. Maruo, S. Tsujimura, M. Kumagai, B. Boldgiv and C. E. Goulden
  • 「内部サージ」,「熱拡散」,「レイヤーモデル」; 2006年
    発表情報; 陸水の辞典
    著者; 日本陸水学会

原著論文

  • 有明海奥部の2定点における底層水の生物学的酸素消費と化学的酸素消費; 2016年03月
    発表情報; 土木学会論文集B2(海岸工学), 72, 1, 12-21
    著者; 徳永貴久・速水祐一・木元克則
  • Isahaya Bay, fresh water lake to an estuary again; 2016年01月
    発表情報; Marine Pollution Bulletin, 102, 2, 250-255
    著者; Yuichi Hayami and Takaharu Hamada
  • Long term variation in transparency in the inner area of Ariake Sea; 2015年09月
    発表情報; Estuarine, Coastal and Shelf Science, 163, 290-296
    著者; Yuichi Hayami, Kazunori Maeda, and Takaharu Hamada
  • カキ礁による有明海貧酸素水塊の抑制効果; 2015年08月
    発表情報; 沿岸海洋研究, 53, 1, 25-38
    著者; 山口創一・速水祐一・ 木元克則
  • 塩分センサーによって得られた塩分計測値に及ぼす懸濁物質の影響に関する基礎的研究; 2015年03月
    発表情報; 土木学会論文集B2(海岸工学), 571, 1, 69-77
    著者; 徳永貴久・速水祐一
  • Effect of nutrient concentration and salinity on diel vertical migration of Chattonella marina (Raphidophyceae); 2014年04月
    発表情報; Marine Biology Research, 10, 1007-1018
    著者; Toshiya Katano, Makoto Yoshida, Souichi Yamaguchi, Kenji Yoshino, Takaharu Hamada, Masumi Koriyama and Yuichi Hayami
  • 諫早湾干拓潮受堤排水門の開門の影響予測及び開門方法への提言; 2014年03月
    発表情報; 海と空, 89, 3, 115-124
    著者; 濱田孝治・速水祐一・Adi Nugraha・山口創一・郡山益実
  • Community assembly by limited recruitment in a hypoxia-stressed soft bottom: A case study of macrobenthos in Ariake Bay; 2014年03月
    発表情報; Plankton and Benthos Research, 9, 1, 57-66
    著者; Kenji Yoshino, Toshiya Katano, Yuji Ito, Takaharu Hamada Naoki Fujii and Yuichi Hayami
  • 有明海奥部の植物プランクトンの季節変化:特に夏季,冬季の有害赤潮と環境要因の関連について; 2014年02月
    発表情報; 日本プランクトン学会報, 61, 1, 8-14
    著者; 片野俊哉・吉野健児・伊藤祐二・速水祐一
  • 有明海奥部におけるシャットネラの発芽シスト数と赤潮との関連; 2014年02月
    発表情報; 日本プランクトン学会報, 61, 8-14
    著者; 片野俊哉・吉野健児・伊藤祐二・速水祐一
  • Isahaya Bay, Freshwater Lake to an Estuary Again; 2013年10月
    発表情報; Proceedings of Global Congress on ICM: Lessons to Address New Challenges, 505-512
    著者; Y. Hayami and T. Hamada
  • Seasonal variation of water column nutrients in the inner area of Ariake Bay, Japan: the role of muddy sediments; 2013年08月
    発表情報; Environmental Monitoring and Assesment, 185, 6831-6846
    著者; Masumi Koriyama, Yuichi Hayami, Akane Koga, Koichi Yamamoto, Alim Isnansetyo, Takaharu Hamada, Kenji Yoshino, Toshiya Katano and Soichi Yamaguchi
  • 有明海奥部の植物プランクトンの季節変化:特に夏季,冬季の有害赤潮と環境要因の関連について; 2013年08月
    発表情報; 沿岸海洋研究, 51, 1, 53-64
    著者; 片野俊也・吉野健児・伊藤祐二・速水祐一
  • Decreases in turbidity during neap tides initiate late winter bloom of Eucampia zodiacus in a macrotidal embayment; 2013年08月
    発表情報; Journal of Oceanography, 69, 4, 467-479
    著者; Yuji Ito, Toshiya Katano, Naoki Fujii, Masumi Koriyama, Kenji Yoshino and Yuichi Hayami
  • 諫早湾調整池への海水導入を想定した実験による底質からのアンモニウム態窒素溶出量の見積もり; 2013年02月
    発表情報; 水環境学会誌, 36, 2, 49-56
    著者;  手塚公裕・伊藤祐二・片野俊也・加瑞・日野剛徳・速水祐一・大串浩一郎
  • Morphological variation of pallial organs at sites of differing turbidity: a case study of an arcid bivalve; 2013年01月
    発表情報; Journal of the Marine Biological Association of the United Kingdom, 93, 4, 1009-1015
    著者; Kenji Yoshino, Toshiya Katano, Yuichi Hayami, Takaharu Hamada, and Genta Kobayashi
  • 干潟域における3つの大規模干拓,その共通点と相違点:諫早・シファ・セマングム; 2012年12月
    発表情報; Environmental Law and Policy, 21, 3, 69-81
    著者; 速水祐一
  • 諫早湾および隣接する調整池における底質の栄養塩分布; 2012年05月
    発表情報; 海の研究, 21, 3, 69-81
    著者; 手塚公裕・片野俊也・濱田孝治・加瑞・日野剛徳・速水祐一・伊藤祐二・大串浩一郎
  • Wax and wane of Chattonella (Raphidophyceae) bloom with special reference to competition between Skeletonema (Bacillariophyceae) in the Ariake Sea, Japan; 2012年05月
    発表情報; Journal of Oceanography, 68, 4, 497-507
    著者; Toshiya Katano, Kenji Yoshino, Tadashi Matsubara and Yuichi Hayami
  • 海象観測タワーデータに基づく筑後川エスチュアリー下部の海洋構造の季節・大潮小潮周期変化; 2012年01月
    発表情報; 海の研究, 21, 1, 1-16
    著者; 伊藤祐二・速水祐一・片野俊也・郡山益実
  • 2008年夏に発生した有明海における青潮を伴う湧昇の再現とその発生メカニズム; 2011年11月
    発表情報; 土木学会論文集B2(海岸工学), 67, 2, 836-840
    著者; 山口創一・速水祐一・前谷寛・経塚雄策
  • 有明海の懸濁物質輸送シミュレーション; 2011年11月
    発表情報; 土木学会論文集B2(海岸工学), 67, 2, 511-515
    著者; 濱田孝治, 山口創一, 山本浩一, 速水祐一, 吉野健児, 大串浩一郎, 片野俊也, 吉田誠, 平川隆一
  • Diel vertical migration and cell division of bloom-forming dinoflagellate Akashiwo sanguinea in the Ariake Sea, Japan; 2011年05月
    発表情報; lankton Benthos Res, 6, 2, 92-100
    著者; Toshiya Katano, Makoto Yoshida, Souichi Yamaguchi, Takaharu Hamada, Kenji Yoshino & Yuichi Hayam
  • Effects of hypoxia and organic enrichment on estuarine macrofauna in the inner part of Ariake Bay; 2010年09月
    発表情報;  Hydrobiologia 652:23–38., 652, 23-38
    著者; Yoshino K. Hamada T., Yamamoto K., Hayami Y., Yamaguchi S. and Ohgushi S.
  • Phytoplankton dynamics in Lake Biwa during the 20th century: complex responses to climate variation and changes in nutrient status; 2010年
    発表情報; J. Paleolimnology, 44, 1, 69-83
    著者; Narumi K. Tsugeki, Jotaro Urabe, Yuichi Hayami, Michinobu Kuwae, Masami Nakanishi
  • 有明海湾奥における出水後の低塩分水塊の挙動およびその水質への影響; 2009年
    発表情報; 沿岸海洋研究, 46, 2, 161-173
    著者; 山口創一・速水祐一
  • 有明海奥部における栄養塩濃度分布の季節変化; 2009年
    発表情報; 海岸工学論文集, 56, 991-995
    著者; 速水祐一・山本浩一・濱田孝治・郡山益美・古賀あかね・吉野健児・吉田誠・片野俊也・山口創一
  • 有明海奥部の干潟・浅海域底泥における窒素・リンの季節変化; 2009年
    発表情報; , 56, 1031-1035
    著者; 郡山益実・瀬口昌洋・古賀あかね・アリム イスナンセテョ・速水祐一・山本浩一・濱田孝治・吉野健児
  • 再懸濁特性マッピングに基づく有明海の懸濁物シミュレーション; 2009年
    発表情報; 海岸工学論文集, 56, 986-990
    著者; 濱田孝治・山本浩一・速水祐一・吉野健児・大串浩一郎・山口創一・片野俊也・吉田誠
  • 有明海奥部筑後川河口沖における流れの季節および経年変動; 2009年
    発表情報; 海岸工学論文集, 56, 436-439
    著者; 山口創一・濱田孝治・速水祐一・瀬口昌洋・大串浩一郎
  • 有明海・諫早湾における底泥の再懸濁速度の分布特性に関する研究; 2009年
    発表情報; 環境工学研究論文集, 46, 613-621
    著者; 山本浩一・速水祐一・笠置尚史・濱田孝治・吉野健児・大串浩一郎・平川隆一・横山勝英
  • Fixation of Chattonella antiqua, and C. marina (Raphidophyceae) using Hepes-buffered paraformaldehyde and glutaraldehyde for flow cytometry and light microscopy; 2009年
    発表情報; Phycologia, 48, 473-479
    著者; Toshiya Katano, Makoto Yoshida, Juyun Lee, Myung-Soo Han, Yuichi Hayami
  • Observation of anoxic water mass in a tropical reservoir, Cirata Reservoir, in Java, Indonesia; 2008年04月
    発表情報; Limnology, 9, 81-87
    著者; Yuichi Hayami, Koji Ohmori, Kenji Yoshino and Yudhi S. Garno
  • Changes in the abundance and composition of picophytoplankton in relation to the occurrence of a Kyucho and a bottom intrusion in the Bungo Channel, Japan; 2008年
    発表情報; Estuarine Coastal and Shelf Sciences, 76, 293-303
    著者; Hirose M., Katano T., Hayami Y., Kaneda A., Kohama T., Takeoka, H. and Nakano S.
  • 有明海奥部の貧酸素水塊 -形成機構と長期変動-; 2007年
    発表情報; 月刊海洋, 39, 1, 22-28
    著者; 速水祐一
  • Increase of winter diatom bloom in the inner area of the Ariake Sea: Does the sediment property change enhance the phytoplankton production?; 2007年
    発表情報; Proceedings of COE International Symposium 2006: Pioneering Studies of Young Scientists on Chemical Pollution and Environmental Change, 363-366
    著者; Hayami, Y., K. Yamamoto and T. Hamada
  • 有明海湾奥部における残差流の分布について; 2007年
    発表情報; 水工学論文集, 51, 1469-1474
    著者; 大串浩一郎・速水祐一・濱田孝治・山本浩一・平川隆一
  • 有明海湾奥部における底泥の物性の変動特性に関する研究; 2007年
    発表情報; 海洋開発論文集, 23, 531-536
    著者; 笠置尚史・山本浩一・吉野健児・速水祐一・濱田孝治・大串浩一郎
  • 有明海奥部における貧酸素水塊の形成・解消過程の観測; 2007年
    発表情報; 海岸工学論文集, 54, 1121-1125
    著者; 濱田孝治,速水祐一,山本浩一,吉野健児,大串浩一郎,平川隆一,山田裕樹
  • Benthic fauna of the inner part of Ariake Bay: ling-term change in several ecological parameters; 2007年
    発表情報; Plankton and Benthos Research, 2, 198-212
    著者; Yoshino K., Yamamoto K., Hayami Y., Hamada T., Kasagi T., Ueno D. and Ohgushi K.
  • Jellyfish patch formation investigated by aerial photography and drifter experiment; 2007年
    発表情報; Journal of Oceanography, 63, 761-773
    著者; S. Magome, T. Yamashita, T. Kohama, A. Kaneda, Y. Hayami, S. Takahashi and H. Takeoka
  • 夏季の有明海奥部における懸濁物輸送とその水質への影響; 2006年
    発表情報; 海岸工学論文集, 53, 956-960
    著者; 速水祐一・山本浩一・大串浩一郎・濱田孝治・平川隆一・宮坂仁・大森浩二
  • Occasional intensification of semidiurnal internal tide in Bungo Channel, Japan; 2006年
    発表情報; Geophysical Research Letters, 33, L14607
    著者; Yuji Kawamura, Yuichi Hayami, Takeshi Kohama, Atsushi Kaneda,and Hidetaka Takeoka1
  • Sedimentary records of multidecadal-scale variation if diatom variability in the Bungo Channel, Japan, associated with the Pacific Decadal Oscillation; 2006年
    発表情報; Journal of Oceanography, 62, 657-666
    著者; Kuwae,M.,A.Yamashita,Y.Hayami,A.Kaneda,T.Sugimoto,Y.Inouchi,A.Amano and H.Takeoka
  • 有明海奥部における表層底質の分布特性と底質環境の形成要因; 2006年
    発表情報; 海岸工学論文集, 53, 961-965
    著者; 山本浩一・速水祐一・笠置尚史・宮坂仁・大串浩一郎・吉野健児・平川隆一
  • Sand banks contribute to the production of coastal waters by making a habitat for benthic microalgae in the sublittoral zone: food web analyses in Aki-Nada using stable isotopes; 2006年
    発表情報;  Plankton and Benthos Research, 1, 155-163
    著者; Yoshino K., Miyasaka H., Kawamura Y., Genkai-Kato M., Okuda N., Hayami Y., Ito S., Fukumori K., Sekiguchi T., Ohnishi H., Ohmori K., and Takeoka H.
  • The relationship between density distribution and residual current over the head of Ariake Sea.; 2006年
    発表情報; Proceedings of Techno-Ocean 2006 / 19th JASNAOE Ocean Engineering Symposium. (CD-ROM), Paper No.192
    著者; Hamada,T, Y.Hayami, K. Ohgushi, R. Hirakawa
  • Residual current observations in the innermost part of the Aliake Sea; 2006年
    発表情報; Proc. of Int. Symposium on Lowland Technology, 391-395
    著者; Ohgushi,K.,Hayami,Y,Hamada,T.,Yamamoto,K.and Hirakawa,R.
  • 豊後水道における外洋起源栄養塩の供給機構とその生態系への影響; 2005年
    発表情報; 沿岸海洋研究, 43, 143-150
    著者; 速水祐一,兼田淳史,小波剛,中野伸一,武岡英隆
  • 瀬戸内海における環境の長期変動; 2005年
    発表情報; 沿岸海洋研究, 42, 45-50
    著者; 武岡英隆,速水祐一,兼田淳史
  • 宇和海・北灘湾におけるクロロフィルa濃度の季節・経年変動; 2005年
    発表情報; 水産海洋研究, 69, 1-9
    著者; 速水祐一・扇山舟・山田正徳・山田政彦・竹村公宏・武岡英隆
  • Hayami Y., Ougiyama S., Koizumi, T and Takeoka H.; 2004年
    発表情報; Korean Journal of Limnology, 37, 455-461
    著者; Modeling the variation in phytoplankton population in a embayment affected by periodic intrusions of outer water
  • Modeling the variation in phytoplankton population in a embayment affected by periodic intrusions of outer water; 2004年
    発表情報; Korean Journal of Limnology, 37, 455-461
    著者; Hayami Y., Ougiyama S., Koizumi, T and Takeoka H.

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • シンポジウム「沿岸高解像モデルの現在と未来(2)-物質循環と生態系の解明に向けて」のまとめ; 2015年08月
    発表情報; , 53, 1, 1-2
    著者; 齊藤宏明・速水祐一
  • 有明海の潮汐・潮流の長期変化; 2015年02月
    発表情報; 日本の科学者, 50, 2, 70-74
    著者; 速水祐一・ 田井明
  • シンポジウム「沿岸海域における懸濁物質・海底表層堆積物の動態研究の現在」のまとめ; 2013年08月
    発表情報; 沿岸海洋研究, 51, 1, 1-2
    著者; 速水祐一・八木宏
  • 有明海観測タワーの自動モニタリング技術とその活用事例; 2012年03月
    発表情報; 学会誌「EICA」, 16, 4, 16-20
    著者; 伊藤祐二・片野俊也・速水祐一・藤井直紀
  • 浅海定線調査データをどう読むか-有明海における海洋モニタリング-; 2008年
    発表情報; 水産海洋研究, 72, 4, 332-333
    著者; 速水祐一・山口創一
  • 有明海奥部の貧酸素水塊; 2007年
    発表情報; 海洋と生物, 29, 6, 577-584
    著者; 速水祐一
  • 有明海奥部における物質輸送と低次生態系の動態について-2年目の成果-; 2007年
    発表情報; 有明海総合研究プロジェクト成果報告集, 3, 71-80
    著者; 速水祐一 他
  • 有明海奥部の貧酸素水塊-形成機構と長期変動-; 2007年
    発表情報; 有明海総合研究プロジェクト成果報告集, 3, 81-86
    著者; 速水祐一
  • 有明海奥部における底泥の再懸濁・沈降に関する研究; 2007年
    発表情報; 有明海総合研究プロジェクト成果報告集, 3, 1-8
    著者; 山本浩一 他
  • 有明海奥部浅海域のベントス相の長期的変動; 2007年
    発表情報; 有明海総合研究プロジェクト成果報告集, 3, 21-28
    著者; 吉野健児 他
  • 有明海奥部における流れと懸濁物輸送-現地観測と数値モデルによる考察-; 2007年
    発表情報; 有明海総合研究プロジェクト成果報告集, 3, 87-92
    著者; 濱田孝治 他
  • 有明海ノリ養殖場における一潮汐間の珪藻・渦鞭毛藻類の時空間変動; 2007年
    発表情報; 有明海総合研究プロジェクト成果報告集, 3, 101-110
    著者; 加(槻木)玲美 他
  • 有明海奥部の残差流分布観測並びに土地利用GISを用いた筑後川流域の流出解析; 2007年
    発表情報; 有明海総合研究プロジェクト成果報告集, 3, 93-100
    著者; 大串浩一郎 他
  • 筑後川感潮域における水理特性と物質輸送; 2007年
    発表情報; 有明海総合研究プロジェクト成果報告集, 3, 111-114
    著者; 平川隆一 他
  • 有明海奥部の貧酸素水塊 -形成機構と長期変動-; 2007年
    発表情報; 月刊海洋, 39, 1, 22-28
    著者; 速水祐一
  • 琵琶湖の中の巨大波と急潮; 2006年
    発表情報; 日本水産資源保護協会月報, 497, 3-6
    著者; 藤原建紀・速水祐一
  • 有明海奥部における物質輸送と低次生態系の動態について-初年度の成果-; 2006年
    発表情報; 有明海総合研究プロジェクト成果報告集, 2, 37-46
    著者; 速水祐一 他
  • 有明海奥部干潟域の珪藻; 2006年
    発表情報; 有明海総合研究プロジェクト成果報告集, 2, 55-58
    著者; 加(槻木)玲美・後藤敏一・吉野健児・速水祐一
  • 数値モデルを用いた有明海湾奥の残差流に関する考察; 2006年
    発表情報; 有明海総合研究プロジェクト成果報告集, 2, 63-68
    著者; 濱田孝治・速水祐一・山本浩一・大串浩一郎・平川隆一
  • 有明海湾奥部の残差流観測と衛星画像を用いた陸域・水域環境の推定; 2006年
    発表情報; 有明海総合研究プロジェクト成果報告集, 2, 69-78
    著者; 大串浩一郎・速水祐一・濱田孝治・山本浩一・平川隆一
  • 夏季の有明海奥部における懸濁物輸送とその水質への影響; 2006年
    発表情報; 有明海総合研究プロジェクト成果報告集, 2, 89-94
    著者; 平川隆一・速水祐一・山本浩一・大串浩一郎・濱田孝治・宮坂仁・大森浩二
  • 有明海湾奥における底質環境の形成要因に関する研究; 2006年
    発表情報; 有明海総合研究プロジェクト成果報告集, 2, 1-6
    著者; 山本浩一 他
  • 有明海湾奥部におけるベントス相; 2006年
    発表情報; 有明海総合研究プロジェクト成果報告集, 2, 21-24
    著者; 吉野健児・山本浩一・速水祐一・大串浩一郎・平川隆一
  • Continuous Monitoring System of Coastal Environment in the Bungo Channel; 2004年
    発表情報; Proceedings of International Symposium on Long-term Variations in the Coastal Environments and Ecosystems., 221-226
    著者; Hayami et al
  • 瀬戸内海における窒素・リンの存在量とその長期変動; 2004年
    発表情報; 海と空, 80, 75-78
    著者; 速水祐一・碓井澄子・武岡英隆

一般講演(学術講演を含む)

  • 有明海の現在~鹿島沿岸海域環境の調査報告~; 2016年11月
    発表情報; 鹿島市ラムサール条約湿地登録1周年記念シンポジウム 「有明海の現在と未来」
    著者; 速水祐一
  • 有明海奥部におけるCOD・DIN 収支の長期変化; 2016年09月
    発表情報; 日本海洋学2016年度会秋季大会
    著者; 速水祐一
  • Decadal scale variation in bottom DO and COD dynamics in the inner area of Ariake Sea, Japan; 2016年08月
    発表情報; EMECS11 – Sea Coasts XXVI Joint Conference
    著者; Yuichi Hayami
  • 有明海奥部における夏季の溶存酸素濃度とCOD収支の長期変化; 2016年05月
    発表情報; JPGU Meeting 2016
    著者; 速水祐一
  • 有明海における沿岸水温・塩分の長期連続観測; 2016年03月
    発表情報; 2016年度日本海洋学会春季大会
    著者; 速水祐一
  • 強混合エスチュアリー有明海・六角川における貧酸素化; 2015年09月
    発表情報; 2015年度日本海洋学会秋季大会
    著者; 速水祐一・和田実・郡山益実・荒巻裕・伊藤毅史
  • 有明海の物理環境 -二枚貝漁場としての視点から-; 2014年09月
    発表情報; 
    著者; 速水祐一
  • 有明海における潮汐潮流の長期変化; 2014年09月
    発表情報; 日本科学者会議第20回総合学術研究集会
    著者; 速水祐一・田井明
  • 有明海における貧酸素の長期変化; 2014年09月
    発表情報; 2014年度日本海洋学会秋季大会
    著者; 速水祐一・木元克則・徳永貴久
  • 有明海における ADCP を用いた海底付近における浮泥の動態の観測; 2014年03月
    発表情報; 
    著者; 速水祐一・徳永貴久・下田力
  • 有明海における貧酸素水塊の数値シミュレーション-現状とカキ礁を用いた対策-; 2013年11月
    発表情報; 2013年度水産海洋学会研究発表大会
    著者; 速水祐一・山口創一・木元克則
  • Isahaya Bay, Freshwater Lake To An Estuary Again; 2013年11月
    発表情報; EMECS 10 - MEDCOAST 2013 Joint Conference
    著者; Yuichi HAYAMI and Takaharu HAMADA
  • 有明海における浅海定線調査データの代表性について; 2008年
    発表情報; 2008年度日本海洋学会春季大会
    著者; 速水祐一,山口創一
  • 有明海・筑後川感潮域での懸濁物質の沈降特性; 2008年
    発表情報; 2008年度日本海洋学会春季大会
    著者;  山本浩一,横山勝英,山田文彦,安江洋介,速水祐一
  • 夏季の有明海における大潮小潮周期の底層貫入現象に関する研究; 2008年
    発表情報; 2008年度日本海洋学会春季大会
    著者; 眞鍋智昭,速水祐一,山口創一,万田敦昌,経塚雄策
  • 秋季有明海湾奥部における底質の再懸濁に関する現地観測; 2008年
    発表情報; 平成19年度土木学会西部支部研究発表会
    著者; 笠置尚史,山本浩一,速水祐一,濱田孝治,大串浩一郎
  • 諫早湾から有明海奥部への懸濁物輸送; 2007年
    発表情報; 2007年度日本海洋学会秋季大会
    著者; 速水祐一,濱田孝治,山本浩一,吉野健児
  • 有明海湾奥における懸濁物質輸送の季節変動特性; 2007年
    発表情報; 2007年度日本海洋学会秋季大会
    著者;  山本浩一,速水祐一,濱田孝治,吉野健児,笠置尚史,古賀勝喜,山田文彦
  • 数値モデルによる有明海奥部の懸濁物輸送に関する考察; 2007年
    発表情報; 2007年度日本海洋学会秋季大会
    著者; 濱田孝治,速水祐一,山本浩一,横山勝英
  • Environmental and Biological Factors Associated with the Red Tide Increase in the Ariake Sea, Japan; 2007年
    発表情報; ERF2007
    著者; Hayami, Y., Tsugeki, K, N., and Shuto, T.
  • チラタ湖(インドネシア)における貧酸素水塊.; 2007年
    発表情報; 日本陸水学会第72回大会
    著者; 速水祐一,大森浩二,吉野健児,Yudhi S. Garno.
  • 沿岸定線調査データをどうよむか-有明海における海洋モニタリング-; 2007年
    発表情報; 2007年度九州沖縄地区合同シンポジウム「沿岸海洋モニタリングの現状と課題」
    著者; 速水祐一,山口創一
  • 海域研究者からノンポイント汚染研究者に望むこと-有明海では-; 2007年
    発表情報; 第11回水環境学会ノンポイント汚染委員会ワークショップ
    著者; 速水祐一
  • 有明海湾奥部干潟域の微細藻類に関する研究; 2007年
    発表情報; 2007年日本珪藻学会第28回大会
    著者; 槻木(加)玲美・後藤敏一・谷幸則・吉野 健児・速水祐一
  • 有明海湾奥部干潟-浅海域で確認された小型のThalassiosiraceae 珪藻3種(Minidiscus chilensis Rivera, Thalassiosira curviseriata Takano, T. laevis Y. H. Gao & Z. D. Cheng); 2007年
    発表情報; 2007年日本珪藻学会第28回大会
    著者; 藤敏一・槻木(加)玲美・速水祐一・吉野 健児
  • 有明海における透明度の経年変動について; 2007年
    発表情報; 2007年度日本海洋学会春季大会
    著者; 速水祐一,前田和範,大串浩一郎
  • 有明海ノリ養殖場における大潮時の一次生産者の時空間変動; 2007年
    発表情報; 2007年度日本海洋学会春季大会
    著者; 槻木(加)玲美,山本浩一,速水祐一,谷幸則,吉野健児,濱田孝治
  • 有明海奥部の密度フロントにおける懸濁物質の再懸濁・沈降特性; 2007年
    発表情報; 2007年度日本海洋学会春季大会
    著者;  山本浩一,速水祐一,槻木(加)玲美,濱田孝治,安江洋介,大串浩一郎,山田文彦
  • 2006年夏の有明海奥部における大規模貧酸素化; 2007年
    発表情報; 2007年度日本海洋学会春季大会
    著者; 濱田孝治,速水祐一,山本浩一,大串浩一郎,吉野健児,平川隆一,山田裕樹
  • 有明海奥部の密度構造と残差流; 2007年
    発表情報; MECモデルワークショップ(第6回)
    著者; 濱田孝治,速水祐一,山本浩一,大串浩一郎,平川隆一
  • 有明海湾奥部における残差流の分布について; 2007年
    発表情報; 第51回水工学講演会
    著者; 大串浩一郎,速水祐一,濱田孝治,山本浩一,平川隆一
  • 有明海湾奥部における干潟-浅海域における底泥の輸送・再堆積に関する研究; 2007年
    発表情報; 平成18年度土木学会西部支部研究発表会
    著者;  笠置尚史,山本浩一,吉野健児,速水祐一,濱田孝治,大串浩一郎,古賀勝喜
  • 2006年夏の有明海奥部における河川プリュームの挙動と貧酸素水塊の消長について; 2007年
    発表情報; 平成18年度土木学会西部支部研究発表会
    著者;  山田裕樹,大串浩一郎,平川隆一,濱田孝治,山本浩一,速水祐一,吉野健児
  • 有明海の懸濁物質の沈降速度に関する基礎的研究; 2007年
    発表情報; 平成18年度土木学会西部支部研究発表会
    著者; 安江洋介,大串浩一郎,山本浩一,速水祐一,濱田孝治
  • 有明海奥部における透明度の変動に関する研究; 2007年
    発表情報; 平成18年度土木学会西部支部研究発表会
    著者; 前田和範,大串浩一郎,速水祐一
  • 有明海奥部における赤潮と透明度の経年変化について; 2006年
    発表情報; 2006年度日本海洋学会秋季大会
    著者; 速水祐一, 山本浩一, 濱田孝治, 大串浩一郎
  • 干潟・浅海域を含む有明海奥部における流動観測; 2006年
    発表情報; 2006年度日本海洋学会秋季大会
    著者; 濱田孝治, 速水祐一, 山本浩一.
  • 冬季有明海干潟域における懸濁物質の輸送特性; 2006年
    発表情報; 2006年度日本海洋学会秋季大会
    著者;  山本浩一, 濱田孝治, 速水祐一, 山田文彦
  • 有明海奥部の密度構造と残差流; 2006年
    発表情報; 日本流体力学会年会
    著者; 濱田孝治, 速水祐一, 大串浩一郎, 山本浩一, 平川隆一
  • Residual current observations in the innermost part of the Ariake Sea,; 2006年
    発表情報; int. Symposium on Lowland Technology 2006
    著者;  Ohgushi, K., Hayami, Y., Hamada, T., Yamamoto, K. and Hirakawa, R.,
  • 有明海湾奥部における底質分布特性に関する基礎的研究; 2006年
    発表情報; 土木学会第61回年次学術講演会
    著者; 笠置尚史,大串浩一郎,平川隆一,山本浩一,速水祐一,西本 潤
  • 有明海湾奥部における残差流の観測; 2006年
    発表情報; 第16回九州・山口地区海岸工学者の集い
    著者; 大串浩一郎,速水祐一,濱田孝治,山本浩一,平川隆一
  • 有明海湾奥部における底質分布特性に関する基礎的研究; 2006年
    発表情報; 第16回九州・山口地区海岸工学者の集い
    著者; 笠置尚史,山本浩一,速水祐一,大串浩一郎,平川隆一,西本潤
  • Increase of winter diatom bloom in the inner area of the Ariake Sea: Does the sediment property change enhance the phytoplankton production?,; 2006年
    発表情報; 21st century COE in Ehime University Coastal Marine Environmental Research International Symposium 2006
    著者;  Hayami, Y., Yamamoto, K., and Hamada, T
  • 有明海奥部の貧酸素水塊-形成機構と長期変動-; 2006年
    発表情報; 貧酸素水塊ワークショップ-発生状況と発生機構・予測-
    著者; 速水祐一
  • Distribution of the surface sediment of tidal flat and offshore in the inner part of the Ariake Sea, Japan; 2006年
    発表情報; EMECS7.2006
    著者; Yamamoto,K.,Hayami,Y.,Kasagi,T.,Ohgushi,K.,Yoshino,K and Hirakawa,R
  • 秋季有明海奥部浅海域における懸濁物輸送; 2006年
    発表情報; 平成17年度土木学会西部支部研究発表会
    著者; 藤井健史・大串浩一郎・平川隆一・速水祐一・山本浩一・濱田孝治
  • 有明海湾奥における海洋構造と残差流の観測.; 2006年
    発表情報; 平成17年度土木学会西部支部研究発表会
    著者; 牧田淳・大串浩一郎・平川隆一・速水祐一・山本浩一・濱田孝治
  • 有明海湾集部における底質分布特性に関する基礎的研究; 2006年
    発表情報; 平成17年度土木学会西部支部研究発表会
    著者; 笠置尚史,山本浩一,速水祐一,大串浩一郎,平川隆一
  • 夏季有明海湾央における懸濁物質の粒度分布特性; 2006年
    発表情報; 2006年度海洋学会春季大会
    著者; 山本浩一,速水祐一,大串浩一郎,笠置尚史
  • 有明海湾奥部における残差流の観測; 2006年
    発表情報; 2006年度海洋学会春季大会
    著者; 大串浩一郎,濱田孝治,速水祐一,山本浩一,平川隆一,牧田淳
  • 有明海集部における懸濁物輸送機構; 2006年
    発表情報; 2006年度海洋学会春季大会
    著者; 速水祐一,山本浩一,大串浩一郎,藤井健史
  • 数値モデルを用いた有明海湾奥の残差流に関する考察; 2006年
    発表情報; 2006年度海洋学会春季大会
    著者; 濱田孝治,速水祐一,山本浩一,大串浩一郎,平川隆一
  • 有明海湾奥域における干潟・浅海域底質の分布特性; 2006年
    発表情報; 第40回日本水環境学会年会
    著者; 山本浩一,速水祐一,大串浩一郎,吉野健児,笠置尚史
  • Hypoxic water mass in Lampung Bay, Indonesia.; 2005年
    発表情報; International Workshop on Coastal Water Environments and Fish Culture.
    著者; Hayami, Y., Omori, K., Dwi Santoso, A., Riyadi, A., Muawanah and Takeoka, H
  • Observation of current and tide in Hurun Bay, South Lampung; 2005年
    発表情報; International Workshop on Coastal Water Environments and Fish Culture.
    著者; Riyadi, A., Seitiawan, A. and Hayami, Y.
  • Mathematical model analysis on coastal ecosystems: Sustainable usage of a coastal ecosystem. International Workshop on Coastal Water Environments and Fish Culture.; 2005年
    発表情報; International Workshop on Coastal Water Environments and Fish Culture.
    著者; Omori, K., Hayami, Y., Ohnishi, H., Okuda, N. and Takeoka H
  • The mechanism of phytoplankton bloom induced by periodic intrusions of shelf slope water in Kitanada Bay, Bungo Channel, Japan.; 2005年
    発表情報; ASLO summer meeting 2005
    著者; Hayami, Y., Koizumi, T., Kohama, T., Kaneda, A., Nakano S. and Takeoka, H
  • Particulate matter transport between mudflat and offshore water in Ariake Sea; 2005年
    発表情報; 2nd Japan-Korea joint symposium on limnology
    著者; Hayami, Y., Yamamoto, K. and Ohgushi, K
  • 有明海奥部における干潟-沖合域の物質輸送; 2005年
    発表情報; 日本陸水学会第70回大会
    著者; 速水祐一・山本浩一・大串浩一郎
  • 底入り潮にともなったADCP音響散乱物質の輸送; 2005年
    発表情報; 2005年度日本海洋学会秋季大会
    著者; 天間浩之・速水祐一・谷川貴之・武岡英隆
  • 北灘湾における半日周期内部潮汐II; 2005年
    発表情報; 2005年度日本海洋学会秋季大会
    著者; 川村有二・速水祐一・小濱剛・兼田淳史・武岡英隆.
  • 海底堆積物記録に基づく20世紀のレジームシフトに対する豊後水道の珪藻生産量変動; 2005年
    発表情報; 2005年度日本海洋学会秋季大会
    著者; 加三千宣・山下亜純・速水祐一・兼田淳史・井内美郎・武岡英隆
  • 豊後水道における外洋起源栄養塩の供給機構とその生態系への影響; 2005年
    発表情報; 沿岸海洋シンポジウム(2005年度春季)
    著者; 速水祐一・兼田淳史・小濱剛・中野伸一・武岡英隆
  • 豊後水道・下波湾における基礎生産の推定方法; 2004年
    発表情報; 2004年度水産海洋学会研究発表大会
    著者; 速水祐一・野口朋宏・槙岡加奈子・山下亜純・加三千宣・武岡英隆
  • Continuous Monitoring System of Coastal Environment in the Bungo Channel; 2004年
    発表情報; International Symposium on Long-term Variations in the Coastal Environments and Ecosystems
    著者; Y.Hayami, Kohama, T., Teshima, R., Fukumori, K., Kaneda, A.and Takeoka, H
  • 宇和海・北灘湾における急潮の観測; 2004年
    発表情報; 2004年度日本海洋学会秋季大会
    著者; 速水祐一・小泉統義・小濱剛・兼田淳史 ・中野伸一・武岡英隆
  • Modeling the variation in phytoplankton population in a embayment affected by periodic intrusions of outer water; 2004年
    発表情報; The 1st Korea-Japan Joint Limnology Symposium.
    著者; Yuichi Hayami, Shu Ougiyama, Tsuneyoshi Koizumi and Hidetaka Takeoka
  • インドネシア・ランプン湾における貧酸素水塊; 2004年
    発表情報; 2004年度日本海洋学会春季大会
    著者; 速水祐一・大森浩二・Arif Dwi Santoso・Tusy Agustine Adibroto・武岡英隆

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • 有明海の環境に関する研究の現状と問題点; 2012年09月
    発表情報; 第15回日本水環境学会シンポジウム
    著者; 速水祐一
  • 有明海奥部の貧酸素水塊 –形成機構と長期変動-; 2006年
    発表情報; 「伊勢湾の貧酸素化と再生」シンポジウム
    著者; 速水祐一


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.