氏 名森貞 真太郎フリガナモリサダ シンタロウ
欧文氏名Shintaro Morisada
所 属理工学部 理工学科 化学部門
職 名准教授学位博士(工学)(2005年03月)
修士(工学)(2001年03月)
電子メールリンクティーチングポートフォリオ
ホームページhttp://chemeng.chem.saga-u.ac.jp/

教員詳細情報

研究分野・キーワード

  • コロイド・界面工学,微粒子工学,液相吸着,計算機シミュレーション

学歴

  • 1999年03月, 京都大学, 工学部, 工業化学科, 卒業
  • 2001年03月, 京都大学, 工学研究科, 化学工学専攻, 修士課程・博士前期課程, 修了
  • 2005年03月, 京都大学, 工学研究科, 化学工学専攻, 博士課程・博士後期課程, 修了

職歴

  • 2001年04月 - 2002年02月 富士写真フイルム株式会社 研究員
  • 2005年04月 - 2007年03月 東京工業大学 大学院総合理工学研究科 化学環境学専攻 助手
  • 2007年04月 - 2012年01月 東京工業大学 大学院総合理工学研究科 化学環境学専攻 助教
  • 2012年02月 - 2018年03月 佐賀大学大学院工学系研究科循環物質化学専攻循環物質化学講座 准教授
  • 2015年03月 - 2016年02月 Wageningen University 客員研究員
  • 2018年04月 - 継続中 佐賀大学理工学部理工学科化学部門 准教授

専門分野

  • 化工物性・移動操作・単位操作, 複合材料・表界面工学, ナノ構造化学, 物理化学, 機能物性化学

所属学会

  • 化学工学会, 粉体工学会, 日本化学会コロイドおよび界面部会, 日本吸着学会, 国際コロイド及び界面化学会(International Association of Colloid and Interface Scientists)

受賞歴

  • 日本吸着学会奨励賞(カルゴンカーボンジャパン賞) (2014年10月)
  • 日本素材物性学会山崎賞(論文賞) (2014年06月)
  • IAP Award (2008年06月)
  • 粉体工学会ベストプレゼンテーション賞 (2005年05月)

現在実施している研究テーマ

  • 高分子ブラシによる表面改質を利用した非最密充填コロイド粒子膜の創製とその構造制御
  • 感温性高分子ゲルを保護剤とした液相還元法による金属ナノ粒子の形態制御
  • 温度応答型界面活性マイクロゲルの開発
  • 感温性高分子吸着剤の開発
  • 水溶液中における両親媒性分子およびコロイド粒子の計算機シミュレーション
  • 天然由来高分子を用いたゲル吸着剤による貴金属吸着分離に関する研究

主要業績

著書

  • Silver Extraction and Recovery with Macrocyclic and Tripodal Compounds”; 2018年04月
    発表情報; Silver Recovery from Assorted Spent Sources, Chapter 9, pp. 275-302, World Scientific (ISBN: 978-1-78634-457-1)
    著者; Keisuke Ohto, Yuki Ueda, Ramachandra Rao Sathuluri, Hidetaka Kawakita, Shintaro Morisada, and Katsutoshi Inoue
  • 感温性高分子ゲルの吸着剤への応用; 2018年02月
    発表情報; ゲル化・増粘剤の使い方、選び方 事例集, 第15章, 第1節, pp. 661-669, (株)技術情報協会 (ISBN: 978-4-86104-691-9-3043 )
    著者; 森貞真太郎
  • 液相吸着の特徴; 2015年10月
    発表情報; 吸着・分離材料の設計、性能評価と新しい応用, 第1章, 第2節, pp. 20-27, (株)技術情報協会 (ISBN: 978-4-86104-597-4)
    著者; 森貞真太郎
  • 高分子系; 2014年11月
    発表情報; 吸着剤・吸着プロセスの開発動向-エネルギー・環境問題解決のために-, 第I編, 第4章, pp. 57-70, シーエムシー出版 (ISBN: 978-4-7813-0979-8)
    著者; 森貞真太郎
  • ビスフェノールAの吸脱着回収; 2014年10月
    発表情報; ゲルテクノロジーハンドブック~機能設計・評価・シミュレーションから製造プロセス・製品化まで~, 第4編, 第2章, 第10節, 544-548, (株)エヌ・ティー・エス (ISBN: 978-4-86469-074-4)
    著者; 森貞真太郎
  • 両親媒性分子集合体の計算機シミュレーション; 2008年07月
    発表情報; 機能性微粒子の高機能化・新展開・用途開発, 機能性微粒子分科会編, 化学工学シンポジウムシリーズ, 80, 163-169
    著者; 森貞真太郎,新戸浩幸

原著論文

  • Allosteric Extraction of a Second Gallium Anion Assisted by the First, Loaded onto a Fluorinated Secondary Amide Reagent; 2022年01月
    発表情報; Sep. Purif. Technol., 278, 1, 119036
    著者; Gehui Pang, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Takeshi Hanamoto, Tatsuya Umecky, Keisuke Ohto, and Xi-Ming Song
  • Effective Extraction of Pt(IV) as [PtCl6]2 from Hydrochloric Acid Using a Simple Urea Extractant; 2021年12月
    発表情報; Sep. Purif. Technol., 277, 15, 119456
    著者; Yuki Ueda, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Marco Wenzel, Jan J. Weigand, and Keisuke Ohto
  • Improved Precious Metal Adsorption by Introduction of Carboxylic Acid Groups on Methylene Crosslinked Calix[4]arene Resin Matrix; 2021年10月
    発表情報; J. Incl. Phenom. Macrocycl. Chem., 101, 1-2, 51-61
    著者; Yoga Priastomo, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Jumina Jumina
  • Stepwise Recovery of Molybdenum, Vanadium, and Tungsten with Amino-Type “Trident” Molecule by Stripping; 2021年09月
    発表情報; Sovent Extr. Ion Exch., 39, 5-6, 512-532
    著者; Keisuke Ohto, Hiroaki Furugou, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Ken-ichi Isono, and Katsutoshi Inoue
  • Effects of Precipitated Size of Water-Soluble Amide-Containing Polymers and Pore Size of Filters on Recovery of Pd Nanoparticles Dispersed in Acetone Solution Including Colloidal Polymer; 2021年09月
    発表情報; Sovent Extr. Ion Exch., 39, 5-6, 639-654
    著者; Wataru Kasaishi, Juzo Oyamada, Shintaro Morisada, Keisuke Ohto, and Hidetaka Kawakita
  • New Concept for the Study of the Fluid Dynamics of Lithium Extraction Using Calix[4]arene Derivatives in T-Type Microreactor Systems; 2021年05月
    発表情報; Separations, 8, 5, 70
    著者; Yehezkiel Steven Kurniawan, Ramachandra Rao Sathuluri, Keisuke Ohto, Wataru Iwasaki, Hidetaka Kawakita, , Shintaro Morisada, Masaya Miyazaki, and Jumina Jumina
  • Recovery of Filtered Particles by Elastic Flat-Sheet Membrane with Cross Flow; 2021年02月
    発表情報; Membranes, 11, 2, 71
    著者; Manoka Miyoshi, Shintaro Morisada, Keisuke Ohto, and Hidetaka Kawakita
  • Gold Recovery from Precious Metals in Acidic Media by Using Human Hair Waste as a New Pretreatment-Free Green Material; 2021年02月
    発表情報; J. Environ. Chem. Eng., 9, 1, 104724
    著者; Dan Yu, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Koichi Sakaguchi, Satoshi Osada, Keisuke Ohto, Katsutoshi Inoue, Xi-Ming Song, Guolin Zhang, and Ramachandra Rao Sathuluri
  • Filtration of Elastic Polymers and Spherical Gels through a Silica-Deposited Layer on a Porous Membrane; 2021年01月
    発表情報; Membranes, 11, 1, 22
    著者; Takanori Hidane, Hidemi Kitani, Shintaro Morisada, Keisuke Ohto, Hidetaka Kawakita, and Sachiko Furuta
  • Dewatering of Algal Suspension Using Microfiltration with Cross Flow in the Presence of Magnetite as a Filter Aid; 2020年07月
    発表情報; Biotechnol. Prog., 36, 4, e2979
    著者; Hidemi Kitani, Mikihide Demura, Shintaro Morisada, Keisuke Ohto, and Hidetaka Kawakita
  • Dynamic Recovery of Palladium Particles Dispersed in a Polymer-Containing Acetone Solution by Precipitation of 2-(Dimethylamino)ethyl Methacrylate and Styrene Copolymers; 2020年07月
    発表情報; J. Chem. Eng. Jpn., 53, 7, 280-286
    著者; Takafumi Kajiwara, Wataru Kasaishi, Shintaro Morisada, Keisuke Ohto, and Hidetaka Kawakita
  • Size-Dependent Separation of Graphene Oxide by Deformation of Packed-Gel in a Chromatographic Column; 2020年05月
    発表情報; Sep. Sci. Technol., 55, 7, 1356-1363
    著者; Yuji Takaoka, Shohei Esaki, Koichi Sakaguchi, Tomotsumi Fujisawa, Masashi Unno, Shintaro Morisada, Keisuke Ohto, and Hidetaka Kawakita
  • Extraction of Scandium and Other Rare Earth Elements with a Tricarboxylic Acid Derivative of Tripodal Pseudcalix[3]arene Prepared from a New Phenolic Tripodal Framework; 2019年11月
    発表情報; Sep. Purif. Technol., 226, 1, 259-266
    著者; Keisuke Ohto, Nako Fuchiwaki, Tsutomu Yoshihara, Anup Basnet Chetry, Shintaro Morisada, and Hidetaka Kawakita
  • Extremely High Extraction Ability of Bisphosphonic Acid Type Extraction Reagent for a Series of Rare Earth Metal Ions; 2019年08月
    発表情報; J. Incl. Phenom. Macrocycl. Chem., 94, 3-4, 241-248
    著者; Keisuke Ohto, Masashi Yamamoto, Shintaro Morisada, and Hidetaka Kawakita
  • Solvent Extraction Kinetics of Ag(I) with Methyl Ketonic p-Tertoctylcalix[4]arene in the Modified Lewis Cell Technique; 2019年08月
    発表情報; J. Incl. Phenom. Macrocycl. Chem., 94, 3-4, 219-227
    著者; Jee Young Kim, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, and Keisuke Ohto
  • Selective Cesium Adsorptive Removal on Using Crosslinked Tea Leaves; 2019年07月
    発表情報; Processes, 7, 7, 412
    著者; Dan Yu, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, Katsutoshi Inoue, Xi-Ming Song, and Guolin Zhang
  • Synthesis of Macrocyclic Polyphenol Resin by Methylene Crosslinked Calix[4]arene (MC-[4]H) for the Adsorption of Palladium and Platinum Ions; 2019年06月
    発表情報; New J. Chem., 43, 21, 8015-8023
    著者; Yoga Priastomo, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Jumina Jumina
  • Separation of Pb(II) Ion with Tetraacetic Acid Derivative of Calix[4]arene by using Droplet-based Microreactor System; 2019年05月
    発表情報; Indones. J. Chem., 19, 2, 368-375
    著者; Yehezkiel Steven Kurniawan, Mizuki Ryu, Ramachandra Rao Sathuluri, Wataru Iwasaki, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, Msatoshi, Maeki, Masaya Miyazaki, and Jumina Jumina
  • Size Separation of Silica Particles using a Magnetite-Containing Gel-Packed Column; 2019年04月
    発表情報; Processes, 7, 4, 201
    著者; Manoka Miyoshi, Kosuke Takayanagi, Shintaro Morisada, Keisuke Ohto, Hidetaka Kawakita, and Shoichiro Morita
  • A Rapid and Efficient Lithium-Ion Recovery from Seawater with Tripropylmonoacetic Acid Calix[4]arene Derivative Employing Droplet-Based Microreactor System; 2019年03月
    発表情報; Sep. Purif. Technol., 211, 1, 925-934
    著者; Yehezkiel Steven Kurniawan, Ramachandra Rao Sathuluri, Keisuke Ohto, Wataru Iwasaki, Hidetaka Kawakita, Shintaro Morisada, Masaya Miyazaki, and Jumina Jumina
  • Microfluidic Reactor for Pb(II) Ion Extraction and Removal with an Amide Derivative of Calix[4]arene Supported by Spectroscopic Studies; 2018年11月
    発表情報; Microchem. J., 142, 1, 377-384
    著者; Yehezkiel Steven Kurniawan, Ramachandra Rao Sathuluri, Wataru Iwasaki, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, Masaya Miyazaki, and Jumina Jumina
  • Palladium Particle Recovery from Nitrile Butadiene Rubber Dissolved in Acetone through Precipitation of Poly(2-(dimethylamino)ethyl methacrylate); 2018年08月
    発表情報; Hydrometallurgy, 179, 1, 73-78
    著者; Takafumi Kajiwara, Shintaro Morisada, Keisuke Ohto, and Hidetaka Kawakita
  • Comparison of Interfacial Behavior and Silver Extraction Kinetics with Various Types Calix[4]arene Derivatives at Heterogeneous Liquid-Liquid Interfaces; 2018年07月
    発表情報; J. Chromatgr. A, 1558, 107-114
    著者; Jee Young Kim, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, and Keisuke Ohto
  • Silver Extraction with Sulfide Type Trident Compounds; 2018年05月
    発表情報; Solvent Extr. Res. Dev., Jpn., 25, 2, 71-78
    著者; Keisuke Ohto, Takuyou Yoshinaga, Hiroaki Furugou, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, and Katsutoshi Inoue
  • Recovery of Filtered Graphene Oxide Residue Using Elastic Gel Packed in a Column by Cross Flow; 2018年04月
    発表情報; Processes, 6, 5, 43
    著者; Yuji Takaoka, Manoka Miyoshi, Koichi Sakaguchi, Shintaro Morisada, Keisuke Ohto, and Hidetaka Kawakita
  • Droplet-Based Microreactor System for Stepwise Recovery of Precious Metal Ions from Real Metal Waste with Calix[4]arene Derivatives; 2018年04月
    発表情報; Sep. Sci. Technol., 53, 8, 1261-1272
    著者; Ramachandra Rao Sathuluri, Yehezkiel Steven Kurniawan, Jee Young Kim, Masatoshi Maeki, Wataru Iwasaki, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Masaya Miyazaki, and Keisuke Ohto
  • Extractive Separation of Trivalent Rare Earth Metal Ions with Phenylphosphoric Acid Type of Trident Molecule for Rare Metal Recovery; 2018年03月
    発表情報; Int. J. Soc. Mater. Eng. Resour., 23, 1, 36-41
    著者; Keisuke Ohto, Hiromasa Murashima, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Marco Wenzel, Jan J. Weigand, and Karsten Gloe
  • Temperature-Responsive Pickering Foams Stabilized by Poly(N-isopropylacrylamide) Nanogels; 2018年02月
    発表情報; Adv. Powder Technol., 29, 2, 266-272
    著者; Yosuke Horiguchi, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • Filtration of Colloidal Particles Using Compacted-Gel-Media Packed in a Column; 2017年11月
    発表情報; J. Chem. Eng. Jpn., 50, 11, 815-820
    著者; Yuji Takaoka, Shintaro Morisada, Keisuke Ohto, and Hidetaka Kawakita
  • New Trident Molecule with Phosphoric Acid Functionality for Trivalent Rare Earth Extraction; 2017年11月
    発表情報; Indones. J. Chem., 17, 3, 491-499
    著者; Keisuke Ohto, Hiromasa Murashima, Hiroshi Murakami, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Marco Wenzel, Jan J. Weigand, and Karsten Gloe
  • Precious Metal Extraction with Thiol and Dithioether Derivatives of a Trident Molecule; 2017年06月
    発表情報; Solvent Extr. Res. Dev., Jpn., 24, 2, 77-88
    著者; Keisuke Ohto, Hiroaki Furugou, Takuyou Yoshinaga, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, and Katsutoshi Inoue
  • Synthesis of a Novel Dibenzylamide Derivative of p-tert-Octylcalix[4]arene and its Extraction Properties Towards Noble Metal Ions; 2017年05月
    発表情報; Aust. J. Chem., 70, 5, 450-455
    著者; Jee Young Kim, Yoga Priastomo, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Yang Kim
  • Filtration and Recovery of Starch Granules Using Assembled Magnetite Filter; 2016年12月
    発表情報; Chem. Eng. Process., 110, 1, 128-133
    著者; Haruki Tanaka, Shintaro Morisada, Keisuke Ohto, and Hidetaka Kawakita
  • High Extraction Ability and Selectivity of a Tripodal Pivalamide Derivative for Pt(IV) from Hydrochloric Acid Solutions; 2016年08月
    発表情報; Sep. Sci. Technol., 51, 15-16, 2700-2707
    著者; Yuki Ueda, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, and Keisuke Ohto
  • Hydrodynamic Chromatography Using Flow of a Highly Concentrated Dextran Solution through a Coiled Tube; 2016年08月
    発表情報; Carbohyd. Polym., 146, 1, 109-114
    著者; Yoichi Miyagawa, Shintaro Morisada, Keisuke Ohto, and Hidetaka Kawakita
  • Adsorption and Elution of Glucuronic Acid and Chondroitin Sulfate Using Amino-Group-Containing Shperical Gel; 2016年07月
    発表情報; J. Appl. Glycosci., 63, 3, 69-75
    著者; Izumi Nakashima, Akari Kishida, Yuji Takaoka, Shintaro Morisada, Keisuke Ohto, Hidetaka Kawakita, Wataru Iwasaki, Ramachandra Rao Sathuluri, and Masaya Miyazaki
  • Formaldehyde Removal by Using Solid Phase Extraction with an Imination Reaction on an Amine Type Trident Molecule-Impregnated Resin; 2016年05月
    発表情報; Solvent Extr. Res. Dev., Jpn., 23, 2, 181-186
    著者; Keisuke Ohto, Yuuki Hashimoto, Yuki Ueda, Ayahiro Yamashita, Shintaro Morisada, and Hidetaka Kawakita
  • Comprehensive Comparison of Alkali Metal Extraction with a Series of Calix[4]arene Derivatives with Propyl and/or Acetic Acid Groups; 2016年01月
    発表情報; J. Incl. Phenom. Macrocycl. Chem., 84, 1-2, 87-97
    著者; Hirotoshi Sadamatsu, Takuya Hanada, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, and Keisuke Ohto
  • Fabrication of Non-Close-Packed Colloidal Monolayers by Convective Self-Assembly Using Cationic Polyelectrolyte-Grafted Silica Particles; 2015年10月
    発表情報; Colloid Polym. Sci., 293, 10, 2985-2993
    著者; Shintaro Morisada, Shoko Kojima, Takahiro Sumi, Hidetaka Kawakita, and Keisuke Ohto
  • Synthesis of a Cross Phosphonic Acid Type Calix[4]arene with Two Different Spacers and its Extractive Separation of Rare Earth Metals; 2015年06月
    発表情報; J. Incl. Phenom. Macrocycl. Chem., 82, 1-2, 33-41
    著者; Masahiro Tanaka, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Katsutoshi Inoue, and Keisuke Ohto
  • Relationship between Chemical Structure and Extraction Efficiency toward Palladium with Ketonic Derivatives of p-tert-Octylcalix[4]arene in Nitric Acid Media; 2015年06月
    発表情報; J. Incl. Phenom. Macrocycl. Chem., 82, 1-2, 25-32
    著者; Jee Young Kim, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Yang Kim
  • Intramolecular Synergism for Group Separation Extraction of Trivalent Rare Earths by a Cross Type Calix[4]arene with Phosphonic and Carboxylic Acid Bifunctionality; 2015年04月
    発表情報; J. Incl. Phenom. Macrocycl. Chem., 81, 3-4, 301-310
    著者; Anup Basnet Chetry, Takashi Matsufuji, Birendra Babu Adhikari, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, Tatsuya Oshima, and Jumina Jumina
  • Allosteric Coextraction of Sodium and Metal Ions with Calix[4]arene Derivatives 3. Effect of Propyl Groups on Size-Discrimination for the Second Coextracted Ion; 2015年04月
    発表情報; Sovent Extr. Ion Exch., 33, 3, 264-277
    著者; Hirotoshi Sadamatsu, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, and Keisuke Ohto
  • Selective Extraction of Ga(III) with p-t-Butylcalix[4]arene Tetrahydroxamic Acid; 2015年01月
    発表情報; Solvent Extr. Res. Dev., Jpn., 22, 1, 25-35
    著者; Anup Basnet Chetry, Birendra Babu Adhikari, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, and Keisuke Ohto
  • Preparation of 1,2,3-Triazole-Containing Resins for Adsorption of Palladium Ions; 2015年01月
    発表情報; Sovent Extr. Ion Exch., 33, 1, 56-64
    著者; Atsunori Nozoe, Shintaro Morisada, Keisuke Ohto, and Hidetaka Kawakita
  • Effect of Interfacial Activity on Silver Extraction Rate with Calix[4]arene Derivatives in Nitrate Media; 2014年11月
    発表情報; J. Ion Exch., 25, 4, 136-140
    著者; Jee Young Kim, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, and Keisuke Ohto
  • Germanium Recovery Using Ion-Exchange Membrane and Solvent Extraction; 2014年11月
    発表情報; J. Ion Exch., 25, 4, 88-92
    著者; Hidetaka Kawakita, Shintaro Morisada, and Keisuke Ohto
  • Aqueous Two-Phase Extraction System Using an Assembled Dextran-Conjugated Magnetite Prepared by the Dextransucrase Reaction; 2014年08月
    発表情報; J. Appl. Glycosci., 61, 3, 89-92
    著者; Daiki Nagata, Shintaro Morisada, Keisuke Ohto, and Hidetaka Kawakita
  • Latex Beads Deposition on Porous Membrane for the Filtration of Colloid Particle; 2014年06月
    発表情報; Adv. Chem. Eng. Res., 3, 1, 72-76
    著者; Yuji Takaoka, Shintaro Morisada, Keisuke Ohto, and Hidetaka Kawakita
  • Microreactor Extraction System with Macrocyclic Host Compounds for Rare Metal Recovery; 2014年04月
    発表情報; Int. J. Soc. Mater. Eng. Resour., 20, 1, 92-96
    著者; Keisuke Ohto, Jee Young Kim, Shintaro Morisada, Masatoshi Maeki, Kenichi Yamashita, and Masaya Miyazaki
  • Extractive Removal of Formaldehyde by Using an Imination Reaction with a Trident Amine Type Molecule; 2014年03月
    発表情報; Solvent Extr. Res. Dev., Jpn., 21, 2, 173-180
    著者; Keisuke Ohto, Ayahiro Yamashita, Yuki Ueda, Ryoma Yamaguma, Shintaro Morisada, and Hidetaka Kawakita
  • Papain Activity in Dextran Solution for Keratin Hydrolysis; 2014年03月
    発表情報; Adv. Enzyme Res., 2, 2, 49-53
    著者; Nanami Hara, Shintaro Morisada, Keisuke Ohto, and Hidetaka Kawakita
  • Size Filtration of Starch Granules by Novel Assembled-Magnetite Membrane in Open Flow; 2014年01月
    発表情報; Sci. Technol., 4, 1, 5-8
    著者; Haruki Tanaka, Yushi Uno, Shintaro Morisada, Keisuke Ohto, and Hidetaka Kawakita
  • Solvent Extraction Behavior of Divalent Palladium Ion with Phenylurea Derivative of Trident Molecule; 2014年01月
    発表情報; Solvent Extr. Res. Dev., Jpn., 21, 1, 9-19
    著者; Yuki Ueda, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, and Keisuke Ohto
  • Recovery of Germanium from Waste Solar Panels Using Ion-Exchange Membrane and Solvent Extraction; 2014年01月
    発表情報; Miner. Eng., 55, 181-185
    著者; Keisuke Kuroiwa, Shin-ichiro Ohura, Shintaro Morisada, Keisuke Ohto, Hidetaka Kawakita, Yoshiyasu Matsuo, and Daisuke Fukuda
  • Assembled-Magnetite Membrane for Recovery of Starch Granules in an Open Flow; 2013年12月
    発表情報; Chem. Eng. Res. Des., 91, 12, 2743-2747
    著者; Yushi Uno, Shintaro Morisada, Keisuke Ohto, and Hidetaka Kawakita
  • The Effect of Phenoxy Oxygen Atoms on Extremely High Extraction Ability and Less Separation Efficiency of Trivalent Rare Earth Elements with Tetraphosphonic Acid Derivative of Calix[4]arene; 2013年12月
    発表情報; J. Incl. Phenom. Macrocycl. Chem., 77, 1-4, 363-373
    著者; Keisuke Ohto, Akihito Takedomi, Anup Basnet Chetry, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, and Tatsuya Oshima
  • Germanium Recovery by Catechol Complexation and Subsequent Flow through Membrane and Bead-Packed Bed Column; 2013年08月
    発表情報; J. Chem. Technol. Biot., 88, 8, 1468-1472
    著者; Hiroaki Takemura, Shintaro Morisada, Keisuke Ohto, Hidetaka Kawakita, Yoshiyasu Matsuo, and Daisuke Fukuda
  • Solvent Extraction Behavior of Silver with the Secondary Phenylamide Derivative of the Trident Molecule; 2013年03月
    発表情報; Solvent Extr. Res. Dev., Jpn., 20, 1, 53-63
    著者; Yuki Ueda, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, and Keisuke Ohto
  • Surface Modification of Hydrophobic Sphere with Dextran Generated from Enzymatic Reaction for Adsorption Site; 2013年03月
    発表情報; Advanced Chem. Eng. Res., 2, 1, 20-25
    著者; Daiki Nagata, Shintaro Morisada, Keisuke Ohto, and Hidetaka Kawakita
  • N-Aminoguanidine Modified Persimmon Tannin: A New Sustainable Material for Selective Adsorption, Preconcentration and Recovery of Precious Metals from Acidic Chloride Solution; 2013年02月
    発表情報; Bioresour. Technol., 129, 108-117
    著者; Manju Gurung, Birendra Babu Adhikari, Shintaro Morisada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, Katsutoshi Inoue, and Shafiq Alam
  • Zr担持型zeolite吸着剤の多孔質特性を活用したリンの除去; 2012年09月
    発表情報; 化学工学論文集, 38, 5, 329-333
    著者; 大浦 誠一郎,原田 浩幸,川喜田 英孝,大渡 啓介,森貞 真太郎
  • Improved Adsorption and Separation of Palladium(II) and Platinum(IV) in Strong Hydrochloric Acid Solutions Using Thiocyanate-Retaining Tannin Gel”; 2012年05月
    発表情報; J. Appl. Polym. Sci., 126, S2, E478-E483
    著者; Shintaro Morisada, Yoen-Ho Kim, Shinpei Yakuwa, Takeshi Ogata, and Yoshio Nakano
  • Adsorption Recovery of Rhodium(III) in Acidic Chloride Solutions by Amine-Modified Tannin Gel; 2012年05月
    発表情報; J. Appl. Polym. Sci., 126, S2, E34-E38
    著者; Shintaro Morisada, Tetsuzen Rin, Takeshi Ogata, Yoen-Ho Kim, and Yoshio Nakano
  • Preparation of Thiocyanate-Retaining Tannin Gel for Adsorption Recovery of Palladium from Strong Hydrochloric Acid Solutions; 2011年10月
    発表情報; Ind. Eng. Chem. Res., 50, 22, 12366-12371
    著者; Shintaro Morisada, Yoen-Ho Kim, Shinpei Yakuwa, Takeshi Ogata, and Yoshio Nakano
  • Temperature-Swing Adsorption of Proteins in Water Using Cationic Copolymer-Grafted Silica Particles; 2011年10月
    発表情報; Ind. Eng. Chem. Res., 50, 22, 12358-12365
    著者; Shintaro Morisada, Ken-ichiro Namazuda, Shitoka Suzuki, Noriko Kikuchi, Haruka Kanda, Yoshitsugu Hirokawa, and Yoshio Nakano
  • Preparation of Adsorbent for Phosphate Recovery from Aqueous Solutions Based on Condensed Tannin Gel; 2011年08月
    発表情報; J. Hazard. Mater., 192, 2, 698-703
    著者; Takeshi Ogata, Shintaro Morisada, Yasumi Oinuma, Yoshimi Seida, and Yoshio Nakano
  • Adsorption Removal of Boron in Aqueous Solutions by Amine-Modified Tannin Gel; 2011年07月
    発表情報; Water Res., 45, 13, 4028-4034
    著者; Shintaro Morisada, Tetsuzen Rin, Takeshi Ogata, Yoen-Ho Kim, and Yoshio Nakano
  • Investigation of Temperature-Swing Adsorption of Aromatic Compounds in Water Using Polyampholyte Gels with Hydrophilic Nonionic Groups; 2011年03月
    発表情報; J. Appl. Polym. Sci., 119, 5, 2968-2973
    著者; Shintaro Morisada, Hiroko Suzuki, Yoshitsugu Hirokawa, and Yoshio Nakano
  • Improved Adsorption Behaviors of Amine-Modified Tannin Gel for Palladium and Platinum Ions in Acidic Chloride Solutions; 2011年01月
    発表情報; Ind. Eng. Chem. Res., 50, 4, 1875-1880
    著者; Shintaro Morisada, Yoen-Ho Kim, Takeshi Ogata, Yoshie Marutani, and Yoshio Nakano
  • Implicit Solvent Model Simulations of Surfactant Self-Assembly in Aqueous Solutions; 2010年05月
    発表情報; J. Phys. Chem. B, 114, 19, 6337-6343
    著者; Shintaro Morisada and Hiroyuki Shinto
  • Temperature-Swing Adsorption of Proteins in Water Using N-Isopropylacrylamide Copolymer Gel Particles; 2010年01月
    発表情報; Advanced Powder Technol., 21, 1, 28-33
    著者; Shintaro Morisada, Ken-ichiro Namazuda, Haruka Kanda, Yoshitsugu Hirokawa, and Yoshio Nakano
  • Improvement of Pd(II) Adsorption Performance of Condensed-Tannin Gel by Amine Modification; 2009年10月
    発表情報; Chem. Lett., 38, 10, 956-957
    著者; Yoen-Ho Kim, Md. Nazmul Alam, Yoshie Marutani, Takeshi Ogata, Shintaro Morisada, and Yoshio Nakano
  • Temperature-Swing Adsorption of Aromatic Compounds in Water Using Polyampholyte Gel; 2008年10月
    発表情報; Adsorption, 14, 4-5, 621-628
    著者; Shintaro Morisada, Hiroko Suzuki, Saki Emura, Yoshitsugu Hirokawa, and Yoshio Nakano
  • Revised Implicit Solvent Model for the Simulation of Surfactants in Aqueous Solutions. 2. Modeling of Charged Headgroups at Oil-Water Interface; 2007年05月
    発表情報; J. Chem. Theory Comput., 3, 3, 1163-1171
    著者; Shintaro Morisada, Hiroyuki Shinto, and Ko Higashitani
  • 陰溶媒モデルを用いた電解質水溶液中におけるコロイド粒子間力の分子動力学計算; 2005年09月
    発表情報; 化学工学論文集, 31, 5, 295-300
    著者; 森貞 真太郎,村西 健嗣,新戸 浩幸,東谷 公
  • Interactions between Colloidal Particles in NaCl Aqueous Solutions: Molecular Dynamics Simulations with an Implicit Solvent Model; 2005年09月
    発表情報; Advanced Powder Technol., 16, 5, 473-494
    著者; Shintaro Morisada, Kenji Muranishi, Hiroyuki Shinto, and Ko Higashitani
  • Potentials of Mean Force for Hydrophilic-Hydrophobic Solute Pairs in Water; 2005年07月
    発表情報; J. Chem. Eng. Jpn., 38, 7, 465-477
    著者; Hiroyuki Shinto, Shintaro Morisada, and Ko Higashitani
  • Revised Implicit Solvent Model for the Simulation of Surfactants in Aqueous Solutions; 2005年06月
    発表情報; J. Phys. Chem. B, 109, 23, 11762-11769
    著者; Shintaro Morisada, Hiroyuki Shinto, and Ko Higashitani
  • A Reexamination of Mean Force Potentials for the Constituent Ion Pairs of Tetramethylammonium Chloride in Water; 2004年11月
    発表情報; J. Chem. Eng. Jpn., 37, 11, 1345-1356
    著者; Hiroyuki Shinto, Shintaro Morisada, and Ko Higashitani
  • Langevin Dynamics Simulations of Cationic Surfactants in Aqueous Solutions Using Potentials of Mean Force; 2004年03月
    発表情報; Langmuir, 20, 5, 2017-2025
    著者; Hiroyuki Shinto, Shintaro Morisada, Minoru Miyahara, and Ko Higashitani
  • A Reexamination of Mean Force Potentials for the Methane Pair and the Constituent Ion Pairs of NaCl in Water; 2003年01月
    発表情報; J. Chem. Eng. Jpn., 36, 1, 57-65
    著者; Hiroyuki Shinto, Shintaro Morisada, Minoru Miyahara, and Ko Higashitani

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • 温度応答型界面活性マイクロゲルの開発; 2017年06月
    発表情報; ホソカワ粉体工学振興財団年報, 24, 119
    著者; 森貞真太郎
  • 吸着等温線の測定テクニック -液相吸着-; 2016年10月
    発表情報; Adsorption News, 30, 3, 22-26
    著者; 尾形剛志,森貞真太郎
  • 機能性高分子を利用した液相吸着剤の開発; 2015年10月
    発表情報; Adsorption News, 29, 3
    著者; 
  • 貴金属を対象としたバイオマス吸着剤の化学的改質; 2015年02月
    発表情報; Petrotech, 38, 2, 85-89
    著者; 森貞真太郎
  • 改良型タンニンゲルによる強塩酸からの貴金属イオンの吸着; 2014年07月
    発表情報; Adsorption News, 28, 2, 3-9
    著者; 森貞真太郎
  • アミン改質タンニンゲルによる貴金属イオンの吸着; 2013年10月
    発表情報; 粉体工学会誌, 50, 10, 751-758
    著者; 森貞 真太郎
  • 計算機粉体工学の課題と展望 3. 分子スケールのシミュレーション; 2013年04月
    発表情報; 粉体工学会誌, 49, 4, 291-301
    著者; 新戸浩幸,森貞真太郎
  • Core-to-Core Program Young Researchers Meeting 2008 in Germany 参加報告; 2009年07月
    発表情報; 粉体工学会誌, 46, 7, 553-554
    著者; 森貞真太郎
  • 水溶液中における界面活性剤とコロイド粒子の計算機シミュレーション; 2005年09月
    発表情報; 粉体工学会誌, 42, 9, 653
    著者; 森貞真太郎
  • International Conference on Surface and Colloid Science (コロイド・界面科学国際会議)に参加して; 2004年05月
    発表情報; 粉体工学会誌, 41, 5, 386
    著者; 森貞真太郎
  • 分子動力学計算に基づく平均力ポテンシャルを用いた界面活性剤水溶液のブラウン動力学シミュレーション; 2002年11月
    発表情報; 物性研究, 79, 2, 226-227
    著者; 森貞真太郎,新戸浩幸,宮原 稔,東谷 公

一般講演(学術講演を含む)

  • Formation Mechanism of PNIPAM Copolymer Nanogels with Thermogelling Ability; 2021年10月
    発表情報; 8th Asian Particle Technology Symposium (APT2021), P3-16, Osaka, Japan (on-line)
    著者; Kiko Shoyama, Shinya Ogawa, Saki Yamaguchi, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • Fabrication of Non-Close-Packed Colloidal Monolayers Using SiO2@Polyelectrolyte Gel; 2021年10月
    発表情報; 8th Asian Particle Technology Symposium (APT2021), P6-08, Osaka, Japan (on-line)
    著者; Sena Kumamoto, Fumiya Kuhara, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • 乳化重合法による昇温型ゲル化剤PNIPAMコポリマーナノゲルの1ステップ合成; 2021年09月
    発表情報; 第72回コロイドおよび界面化学討論会,P069,オンライン
    著者; 庄山季子,小川真矢,山口早紀,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • SiO2@高分子電解質ゲルを用いた移流集積による非最密充填構造の粒子膜作製; 2021年09月
    発表情報; 第72回コロイドおよび界面化学討論会,P106,オンライン
    著者; 熊本聖菜,久原郁也,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • 高分子電解質ゲルをシェル層とするコア-シェル型シリカ粒子を用いた非最密充填単粒子膜の作製; 2021年09月
    発表情報; 化学工学会第52回秋季大会,PA235,オンライン
    著者; 熊本聖菜,久原郁也,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • SiO2@高分子電解質ゲルを用いた移流集積法による粒子膜の作製; 2021年07月
    発表情報; 第58回化学関連支部合同九州大会,CE-2-053,オンライン
    著者; 熊本聖菜,久原郁也,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • PNIPAMゲル微粒子を用いたPickering Foamの安定性に対する粒子サイズの影響; 2021年07月
    発表情報; 第58回化学関連支部合同九州大会,CE-2-054,オンライン
    著者; 西山莉瑚,三好璃甫,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • PNIPAMコポリマーナノゲル分散液の昇温型ゾル-ゲル転移挙動; 2021年06月
    発表情報; 粉体工学会2021年度春期研究発表会,S-2,オンライン
    著者; 庄山季子,小川真矢,山口早紀,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • 昇温型ゾル-ゲル転移を示すPNIPAMコポリマーナノゲルの形成メカニズムの検討; 2021年03月
    発表情報; 化学工学会第86年会,PE332,オンライン
    著者; 庄山季子,小川真矢,山口早紀,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • PNIPAMコポリマーナノゲル分散液の昇温型ゾル-ゲル転移挙動の検討; 2020年12月
    発表情報; 化学工学会九州支部オンライン学生発表会,A020,オンライン
    著者; 小川真矢,庄山季子,山口早紀,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • PNIPAMコポリマーナノゲルによる気泡の安定化とオンデマンド消泡挙動の検討; 2020年09月
    発表情報; 化学工学会第51回秋季大会,H116,オンライン
    著者; 森貞真太郎,畑田日奈子,立石瑠菜,川喜田英孝,大渡啓介
  • PNIPAMコポリマーナノゲル分散液の昇温型ゲル化挙動に対する共重合比の影響; 2020年09月
    発表情報; 化学工学会第51回秋季大会,PA201,オンライン
    著者; 小川真矢,庄山季子,山口早紀,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • Synthesis of Pt Nanoparticles by Liquid-Phase Reduction in the Presence of Coexisting Solutes; 2020年01月
    発表情報; The 10th Saga University-Liaoning University Joint Seminar, P37, Saga University, Saga, Japan
    著者; Takaaki Ishihara, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • Temperature-Dependent Defoaming Behavior of Pickering Foams Stabilized by Poly(N-isopropylacrylamide) Nanogels; 2020年01月
    発表情報; The 10th Saga University-Liaoning University Joint Seminar, P19, Saga University, Saga, Japan
    著者; Hinako Hatada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • Fabrication of Non-Close-Packed Colloidal Monolayers by Convective Self-Assembly and their Application to Mesolens Arrays; 2020年01月
    発表情報; The 10th Saga University-Liaoning University Joint Seminar, P16, Saga University, Saga, Japan
    著者; Natsuki Okubo, Miki Hayashi, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • Fabrication of Mesolens Arrays Using Non-Close-Packed Colloidal Monolayers; 2019年11月
    発表情報; 2019 Japan/Taiwan/Korea Chemical Engineering Conference, P-29, Housensou, Beppu, Japan
    著者; Natsuki Okubo, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • Effects of Coexisting Solutes on the Morphology of Pt Nanoparticles Prepared by Liquid Phase Reduction with PNIPMA Nanogels; 2019年11月
    発表情報; 2019 Japan/Taiwan/Korea Chemical Engineering Conference, P-27, Housensou, Beppu, Japan
    著者; Takaaki Ishihara, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • 移流集積法による非最密充填単粒子膜作製における表面張力の影響; 2019年11月
    発表情報; 第6回九州地区大学-高専若手研究者研究・教育セミナー,S4,九州大学
    著者; 井ノ上拳,猪岡弥々,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • 感温性ナノゲルの界面吸着によって安定化された気泡のオンデマンド消泡挙動; 2019年11月
    発表情報; 第33回日本吸着学会研究発表会,P-31,名古屋大学
    著者; 畑田日奈子,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • Fabrication of Mesolens Arrays Using Non-Close-Packed Colloidal Monolayers Prepared by Convective Self-Assembly; 2019年10月
    発表情報; The 3rd Tri-U International Joint Symposium 2019, P-23, Saga University, Saga, Japan
    著者; Natsuki Okubo, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • Temperature-Responsive Foams Stabilized by Poly(N-isopropylacrylamide) Nanogels; 2019年09月
    発表情報; The 18th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2019), D422, Sapporo Convention Center, Sapporo, Japan
    著者; Shintaro Morisada, Hinako Hatada, Yosuke Horiguchi, Hidetaka Kawakita, and Keisuke Ohto
  • Preparation of Mesolens Array Using Non-Close-Packed Colloidal Monolayers; 2019年09月
    発表情報; The 18th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2019), PD225, Sapporo Convention Center, Sapporo, Japan
    著者; Natsuki Okubo, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • SiO2@高分子電解質ゲルを用いた移流集積法による非最密充填単粒子膜の作製; 2019年07月
    発表情報; 第56回化学関連支部合同九州大会,CE-2-008,北九州国際会議場
    著者; 久原郁也,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • Control of Defoaming Temperature of Pickering Foams Stabilized by Poly(N-isopropylacylamide) Copolymer Nanogels; 2018年12月
    発表情報; The 1st International Co-operative Seminar of Post-graduate Program for Global Advancement (1st ISC-PPGA), P11, Saga University, Saga, Japan
    著者; Hinako Hatada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • Temperature-Responsive Foams Stabilized by Poly(N-isopropylacrylamide) Copolymer Nanogels; 2018年12月
    発表情報; The 31st International Symposium on Chemical Engineering (ISChE2018), PD01, Chiang Mai University, Chiang Mai, Thailand
    著者; Hinako Hatada, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • 高分子電解質修飾シリカ粒子を用いた単粒子膜作製における基板表面の親・疎水性の影響; 2018年09月
    発表情報; 化学工学会第50回秋季大会,PA211,鹿児島大学
    著者; 林 実樹,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • カチオン性高分子ゲルをシェルとするコアシェル型シリカ粒子の合成と粒子膜への応用; 2018年07月
    発表情報; 第29回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会,32,阿蘇プラザホテル
    著者; 久原郁也,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • Poly(N-isopropylacrylamide)ナノゲルを保護剤としたPtナノ粒子合成における共存イオンの影響; 2018年07月
    発表情報; 第29回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会,31,阿蘇プラザホテル
    著者; 石原孝明,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • 高分子電解質修飾シリカ粒子からなる非最密充填単粒子膜を用いたメゾレンズアレイの作製; 2018年07月
    発表情報; 第29回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会,30,阿蘇プラザホテル
    著者; 大久保夏樹,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • SI-ATRP法による高分子電解質修飾シリカ粒子合成および移流集積法による粒子膜作製; 2018年07月
    発表情報; 第29回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会,29,阿蘇プラザホテル
    著者; 林 実樹,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • 共重合比による界面活性ナノゲルの温度応答性制御; 2018年06月
    発表情報; 第55回化学関連支部合同九州大会,CE-3-039,北九州国際会議場
    著者; 畑田日奈子,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • Temperature-Responsive Pickering Foams Stabilized by Poly(N-isopropylacrylamide) nanogels; 2018年05月
    発表情報; 16th Conference of the International Association of Colloid and Interface Scientists (IACIS2018), FM3-1326, Postillion Convention Centre, Rotterdam, The Netherlands
    著者; Shintaro Morisada, Yosuke Horiguchi, Hinako Hatada, Hidetaka Kawakita, and Keisuke Ohto
  • Preparation of Non-Close-Packed Colloidal Monolayers on Hydrophobized Glass Substrates by Convective Self-Assembly Using Polyelectrolyte-Grafted Silica Particles; 2018年03月
    発表情報; The 8th Saga University-Liaoning University Joint Seminar, P09, Saga University, Saga, Japan
    著者; Miki Hayashi, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • Preparation of Non-Close-Packed Colloidal Monolayers on Hydrophobic Substrates by Convective Self-Assembly Process; 2017年12月
    発表情報; The 30th International Symposium on Chemical Engineering (ISChE2017), PRO-P01, KAIST, Daejeon, Korea
    著者; Miki Hayashi, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • 高分子電解質修飾シリカ粒子を用いた非最密充填単粒子膜の作製; 2017年12月
    発表情報; 粉体工学会2017年度第2回西日本談話会,九州工業大学
    著者; 森貞真太郎,川喜田英孝,大渡啓介
  • トリアミノ型三脚状分子を修飾したシリカゲル吸着剤の開発; 2017年07月
    発表情報; 第28回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会,26,ホテル湯の児 海と夕やけ
    著者; 福田幸太郎,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • 温度応答性を示す界面活性マイクロゲルの開発; 2017年07月
    発表情報; 第28回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会,25,ホテル湯の児 海と夕やけ
    著者; 畑田日奈子,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • 非最密充填単粒子膜を用いたメゾレンズアレイの作製; 2017年07月
    発表情報; 第28回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会,24,ホテル湯の児 海と夕やけ
    著者; 大久保夏輝,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • 高分子電解質修飾シリカ粒子の鎖長制御と非最密充填単粒子膜の作製; 2017年07月
    発表情報; 第28回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会,22,ホテル湯の児 海と夕やけ
    著者; 林 実樹,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • 高分子電解質修飾シリカ粒子および疎水性基板を用いた非最密充填単粒子膜の作製; 2017年07月
    発表情報; 第54回化学関連支部合同九州大会,CE-1-022,北九州国際会議場
    著者; 林 実樹,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • 温度応答型界面活性マイクロゲルの開発; 2017年03月
    発表情報; 化学工学会第85年会,F304,芝浦工業大学
    著者; 森貞真太郎,堀口洋佑,川喜田英孝,大渡啓介
  • 高分子電解質修飾シリカ粒子を用いた非最密充填コロイド粒子膜の作製; 2016年12月
    発表情報; 国際粉体工業展東京2016,15,東京ビッグサイト
    著者; 森貞真太郎
  • Effect of the Substrate Hydrophilicity on Colloidal Layers Prepared by Convective Self-Assembly Process; 2016年12月
    発表情報; The International Symposium on Preparative Chemistry of Advanced Materials (ISPCAM 2016), P03, Liaoning University, Shenyang, China
    著者; Miki Hayashi, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • 高分子修飾シリカ粒子を用いた移流集積における粒子-基板間相互作用の影響; 2016年07月
    発表情報; 第27回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会,32,休暇村志賀島
    著者; 林 実樹,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • Fabricatoin of Colloidal Layers through Convective Self-Assembly Using Cationic or Anionic Polyelectrolyte-Grafted Silica Particles; 2015年12月
    発表情報; The 6th Saga University-Liaoning University Joint Seminar, P-08, Saga University, Saga, Japan
    著者; Takahiro Sumi, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • Effect of Bubbles on Pt Nanocube Synthesis by Liquid-Phase Reduction; 2015年12月
    発表情報; The 6th Saga University-Liaoning University Joint Seminar, P-07, Saga University, Saga, Japan
    著者; Shunsuke Shuto, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • Preparation of Pt Nanocubes by Liquid-Phase Reduction Using Poly(N-isopropylacrylamide) Nanogels; 2015年11月
    発表情報; 2015 Taiwan/Korea/ Japan Joint Meeting on Chemical Engineering, P2-008, Kaohsiung, Taiwan
    著者; Shunsuke Shuto, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • Colloidal Layer Fabrication by Convective Self-Assembly Using Polyelectrolyte-Grafted Silica Particles; 2015年11月
    発表情報; 2015 Taiwan/Korea/Japan Joint Meeting on Chemical Engineering, P1-033, Kaohsiung, Taiwan
    著者; Takahiro Sumi, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • Ptナノキューブの液相還元合成における気泡の影響; 2015年09月
    発表情報; 化学工学会第47回秋季大会,ZB2P41,北海道大学
    著者; 首藤俊介,前田悠介,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • 高分子電解質修飾シリカ粒子を用いた移流集積法による単粒子膜の作製; 2015年09月
    発表情報; 化学工学会第47回秋季大会,ZB2P21,北海道大学
    著者; 角 崇弘,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • Effect of Bubbles on Pt Nanoparticle Shapes Prepared by Liquid-Phase Reduction; 2015年07月
    発表情報; 3rd International Symposium on Host Compounds for Separation and Functionality in Saga, P-16, Saga University, Saga, Saga, Japan
    著者; Shunsuke Shuto, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • Effect of Substrate Surface Charge on the Structures of Silica Particle Films Prepared by Convective Self-Assembly; 2015年07月
    発表情報; 3rd International Symposium on Host Compounds for Separation and Functionality in Saga, P-14, Saga University, Saga, Saga, Japan
    著者; Takahiro Sumi, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • 高分子電解質修飾シリカ粒子を用いた粒子膜作製における基板電荷の影響; 2015年07月
    発表情報; 第26回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会,65,伊万里グランドホテル
    著者; 角 崇弘,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • ゲル微粒子を保護剤としたPtナノ粒子の液相還元合成における気泡の影響; 2015年07月
    発表情報; 第26回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会,64,伊万里グランドホテル
    著者; 首藤俊介,前田悠介,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • Non-Close-Packed 2D Colloidal Array Prepared by Using Polymer-Grafted Silica Particles; 2015年06月
    発表情報; The 5th International Colloids Conference 2015, P157, Amsterdam, the Netherlands
    著者; Shintaro Morisada, Shoko Kojima, Takahiro Sumi, Hidetaka Kawakita, and Keisuke Ohto
  • 高分子修飾シリカ粒子を用いた単粒子膜の作製と膜構造に対する基板電荷の影響; 2015年06月
    発表情報; 第52回化学関連支部合同九州大会,CE-1-0021,北九州国際会議場
    著者; 角 崇弘,牟田諭司,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • ハイドロゲル微粒子を保護剤としたPtナノ粒子合成における気泡の影響; 2015年06月
    発表情報; 第52回化学関連支部合同九州大会,CE-1-0016,北九州国際会議場
    著者; 首藤俊介,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • Preparation of Non-Close-Packed Colloidal Array by Convective Self-Assembly Using Polymer-Grafted Silica Particles; 2015年05月
    発表情報; The 15th Conference of the International Association of Colloid and Interface Scientists (IACIS 2015), O-311, Mainz, Germany
    著者; Shintaro Morisada, Shoko Kojima, Satoshi Muta, Hidetaka Kawakita, and Keisuke Ohto
  • Preparation of Non-Close-Packed Colloidal Array Using Polymer-Grafted Silica Particles; 2014年12月
    発表情報; The 27th International Symposium on Chemical Engineering (ISChE 2014), PC-09, Putra World Trade Center, Kuala Lumpur, Malaysia
    著者; Nanami Hara, Satoshi Muta, Hidetaka Kawakita, and Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • Effect of Substrate Surface Charge on the Structures of Silica Particle Films Prepared by Convective Self-Assembly; 2014年11月
    発表情報; The 9th Saga University Daegu University Joint Seminar, P-9, Saga University, Saga, Japan
    著者; Takahiro Sumi, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • 液相還元法によるPtナノ粒子合成における気泡の影響; 2014年11月
    発表情報; 粉体工学会2014年度秋期研究発表会,BP-37,東京ビッグサイト
    著者; 首藤俊介,前田悠介,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • Effect of Air Bubbles on Pt Nanocube Formation by Liquid-Phase Reduction; 2014年11月
    発表情報; The 9th Saga University Daegu University Joint Seminar, P-8, Saga University, Saga, Japan
    著者; Shunsuke Shuto, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • Effect of Inonic Surfactants on Pt Nanocube Synthesis by Liquid-Phase Reduction with Poly(N-isopropylacrylamide); 2014年10月
    発表情報; The International Symposium on Preparative Chemistry of Advanced Materials (ISPCAM 2014), P-03, Liaoning University, Shenyang, China
    著者; Yuusuke Maeda, Shifumi Hirao, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • 感温性高分子と界面活性剤を用いた液相還元法によるPtナノキューブの合成; 2014年09月
    発表情報; 化学工学会第46回秋季大会,ZC2P64,九州大学
    著者; 前田悠介,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • 鎖長を制御した高分子修飾シリカ粒子からなる非最密充填コロイド粒子膜の作製; 2014年09月
    発表情報; 化学工学会第46回秋季大会,ZC2P52,九州大学
    著者; 原奈菜美,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • カチオン性高分子修飾シリカ粒子を利用した非最密充填構造の粒子膜作製; 2014年09月
    発表情報; 第65回コロイドおよび界面化学討論会,P150,東京理科大学
    著者; 原奈菜美,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • Preparation of Pt Nanocubes by Liquid-Phase Reduction with Poly(N-isopropylacrylamide) and Sodium Dodecyl Sulfate; 2014年08月
    発表情報; The 15th IUMRS-International Conference in Asia (IUMRS-ICA 2014), D13-P26-007, Fukuoka University, Fukuoka, Japan
    著者; Yuusuke Maeda, Shifumi Hirao, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • 温度応答型界面活性ゲル微粒子の開発; 2014年07月
    発表情報; 第25回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会,41,ANAホリデイ・インリゾート宮崎
    著者; 堀口洋佑,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • アニオン性高分子修飾シリカ粒子を用いた移流集積法のよるコロイド粒子膜の作製; 2014年07月
    発表情報; 第25回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会,40,ANAホリデイ・インリゾート宮崎
    著者; 角 崇弘,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • 気泡液膜を利用したPtナノ粒子の形態制御; 2014年07月
    発表情報; 第25回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会,39,ANAホリデイ・インリゾート宮崎
    著者; 首藤俊介,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • 移流集積法によるシリカ粒子膜構造への基板電荷の影響; 2014年06月
    発表情報; 第51回化学関連支部合同九州大会,CE-2-067,北九州国際会議場
    著者; 角 崇弘,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • Adsorption Behavior of N-Isopropylacrylamide Copolymer Gel for Pd(II) in Hydrochloric Acid; 2014年03月
    発表情報; The 4th Saga University Liaoning University Joint Seminar, P-10, Saga University, Saga, Japan
    著者; Yuusuke Maeda, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • Temperature-Swing Adsorption of Pd(II) by N-Isopropylacrylamide Copolymer Gel; 2013年11月
    発表情報; 2013 Kyushu-Seibu/Pusan-Kyeongnam Joint Symposium on High Polymers (16th) and Fibers (14th), P123, Saga University, Saga, Japan
    著者; Yuusuke Maeda, Hidetaka Kawakita, Keisuke Ohto, and Shintaro Morisada
  • 感温性高分子ゲルを用いたPd(II)の温度スイング吸着; 2013年11月
    発表情報; 第27回日本吸着学会研究発表会,P-18,千葉大学
    著者; 前田悠介,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • 感温性高分子ゲルによるPd(II)吸着特性の検討; 2013年09月
    発表情報; 化学工学会第45回秋季大会,ZE2P30,岡山大学
    著者; 前田悠介,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • 高分子修飾シリカ粒子を用いた移流集積法による非最密充填単粒子膜の作製; 2013年07月
    発表情報; 第24回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会,75,亀の井ホテル別府店
    著者; 角 崇弘,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • 感温性高分子ゲルを用いた液相還元法によるPtナノキューブの合成; 2013年07月
    発表情報; 第24回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会,74,亀の井ホテル別府店
    著者; 首藤俊介,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • 感温性高分子および界面活性剤を保護剤としたPtナノロッドの合成; 2013年07月
    発表情報; 第24回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会,73,亀の井ホテル別府店
    著者; 前田悠介,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • 鎖長制御した高分子修飾シリカ粒子による非最密充填コロイド粒子膜の創製; 2013年07月
    発表情報; 第24回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会,72,亀の井ホテル別府店
    著者; 原奈菜美,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • 感温性高分子ゲルによるPd(II)の温度スイング吸着・分離; 2013年03月
    発表情報; 第15回化学工学会学生発表会,O22,北九州市立大学
    著者; 前田裕介,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • 感温性高分子ゲルによる貴金属イオンの温度スイング吸着; 2012年07月
    発表情報; 第23回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会,57,北九州八幡ロイヤルホテル
    著者; 前田裕介,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • 感温性高分子ゲルによる白金ナノ粒子の温度スイング吸着; 2011年11月
    発表情報; 第25回日本吸着学会研究発表会,P-15,沖縄産業支援センター
    著者; 森貞真太郎,飯野秀章,廣川能嗣,中野義夫
  • 電解質水溶液中における界面活性剤自己組織化の分子シミュレーション; 2011年09月
    発表情報; 化学工学会第43回秋季大会,B304,名古屋工業大学
    著者; 森貞真太郎,新戸弘幸
  • 感温性ゲル微粒子を保護剤とした液相還元法による白金ナノキューブの合成; 2011年03月
    発表情報; 4大学ナノ・マイクロファブリケーションコンソーシアム拠点形成シンポジウム,川崎市産業振興会館
    著者; 森貞真太郎,渡部 純,清田佳美,渡辺隆行
  • 乳化重合ゲル微粒子を利用した白金ナノ粒子の液相還元合成; 2011年03月
    発表情報; 化学工学会第76年会,L107,東京農工大学
    著者; 森貞真太郎,渡部 純,清田佳美,中野義夫,渡辺隆行
  • 界面活性剤水溶液の大規模シミュレーションを可能とする陰溶媒モデルの開発; 2010年12月
    発表情報; 材料化学システム工学討論会2010,22,京都大学
    著者; 森貞真太郎,新戸弘幸
  • 感温性高分子ゲルを保護剤とした液相還元法による白金ナノキューブの合成; 2010年12月
    発表情報; 材料化学システム工学討論会2010,39,京都大学
    著者; 渡部 純,森貞真太郎,清田佳美,中野義夫,渡辺隆行
  • Implicit Solvent Model Simulations of Amphiphilic Molecules in Aqueous Solutions; 2010年11月
    発表情報; JSPS Core-to-Core 2010 World Network Seminar on Advanced Particle Science and Technology, Miyako Messe Kyoto, Japan
    著者; Shintaro Morisada and Hiroyuki Shinto
  • 感温性高分子ゲルを保護剤とした液相還元法による白金ナノキューブの形成機構の検討; 2010年11月
    発表情報; 粉体工学会2010年度秋期研究発表会,BP-23,東京ビッグサイト
    著者; 渡部 純,森貞真太郎,清田佳美,中野義夫,渡辺隆行
  • タンニンゲルによる硝酸からの貴金属の吸着分離; 2010年11月
    発表情報; 第24回日本吸着学会研究発表会,P-41,石巻専修大学
    著者; 神田晴香,森貞真太郎,中野義夫,渡辺隆行
  • Ptナノ粒子作成に用いる温度応答性高分子保護剤の界面構造の検討; 2010年11月
    発表情報; 第24回日本吸着学会研究発表会,P-33,石巻専修大学
    著者; 渡部 純,清田佳美,森貞真太郎,中野義夫,渡辺隆行
  • Implicit Solvent Model Simulations of Surfactant Self-Assembly in Aqueous Solutions; 2010年09月
    発表情報; International Conference on Nanoscopic Colloid and Surface Science, 102, Chiba, Japan
    著者; Shintaro Morisada and Hiroyuki Shinto
  • タンニンゲルによる硝酸水溶液中でのPd(II)吸着特性の検討; 2010年09月
    発表情報; 化学工学会第42回秋季大会,G115,同志社大学
    著者; 神田晴香,森貞真太郎,渡辺隆行,中野義夫
  • Implicit Solvent Model for Computer Simulations of Surfactant Self-Assembly in Aqueous Solutions; 2010年08月
    発表情報; JSPS Core-to-Core Program: Researcher Exchange with Swiss Federal Institute of Technology, Zurich, Switzerland
    著者; Shintaro Morisada and Hiroyuki Shinto
  • アミノ基修飾タンニンゲルによるRh(III)の吸着特性の検討; 2010年03月
    発表情報; 化学工学会第75年会,L201,鹿児島大学
    著者; 森貞真太郎,林 哲全,金 演鎬,西村健二,中野義夫
  • アミノ基修飾によるタンニンゲルのホウ素吸着特性の改良; 2009年12月
    発表情報; 材料化学システム工学討論会2009,26,東京大学
    著者; 森貞真太郎,林 哲全,金 演鎬,中野義夫
  • Large Scale Simulations of Amphiphilic Molecules in Water Using an Implicit Solvent Model; 2009年11月
    発表情報; JSPS Core-to-Core Program: Researcher Exchange with Max Planck Institute for Polymer Research, Mainz, Germany
    著者; Shintaro Morisada and Hiroyuki Shinto
  • アミノ基修飾タンニンゲルによる水溶液中からのホウ素の吸着分離; 2009年11月
    発表情報; 第23回日本吸着学会研究発表会,P-11,豊橋技術科学大学
    著者; 林 哲全,金 演鎬,森貞真太郎,中野義夫
  • Implicit-Solvent Model Simulations of Amphiphilic Molecules in Water; 2009年09月
    発表情報; JSPS Core-to-Core Program: Researcher Exchange with University of Florida, Gainesville, USA
    著者; Shintaro Morisada and Hiroyuki Shinto
  • 陰溶媒モデルを用いた界面活性剤水溶液の分子動力学シミュレーション; 2009年09月
    発表情報; 化学工学会第41回秋季大会,W313,広島大学
    著者; 森貞真太郎,新戸浩幸
  • アミノ基修飾タンニンゲルによるホウ素吸着特性の検討; 2009年09月
    発表情報; 化学工学会第41回秋季大会,I203,広島大学
    著者; 林 哲全,金 演鎬,森貞真太郎,中野義夫
  • 両性高分子電解質ゲルによる芳香族化合物の温度スイング吸着; 2009年06月
    発表情報; 分離技術会年会2009,S4-P01,明治大学
    著者; 森貞真太郎,鈴木浩子,廣川能嗣,中野義夫
  • アミン基修飾タンニンゲル吸着剤によるのホウ素の分離回収; 2009年06月
    発表情報; 分離技術会年会2009,S4-P02,明治大学
    著者; 林 哲全,金 演鎬,森貞真太郎,中野義夫
  • 吸脱着機能を付与したアミン基修飾タンニンゲルによるPd(II)/Pt(IV)の高効率分離回収; 2009年03月
    発表情報; 化学工学会第74年会,H319,横浜国立大学
    著者; 丸谷由恵,金 演鎬,森貞真太郎,中野義夫
  • アミン基修飾タンニンゲルによるPd(II)/Pt(IV)の分離回収および吸脱着特性; 2009年01月
    発表情報; 2009年高分子材料開発のための俯瞰的シンポジウム,19,京都大学
    著者; 金 演鎬,丸谷由恵,森貞真太郎,中野義夫
  • 水溶液中における両親媒性高分子挙動の分子シミュレーション解析; 2009年01月
    発表情報; 2009年高分子材料開発のための俯瞰的シンポジウム,38,京都大学
    著者; 堤 玲志,森貞真太郎,中野義夫
  • Development of Temperature-Sensitive Adsorbent for Proteins in Aqueous Solutions; 2008年12月
    発表情報; JSPS Core-to-Core Program: Young Researchers Meeting, Erlangen, Germany
    著者; Shintaro Morisada, Shitoka Suzuki, Ken-ichiro Namazuda, Yoshitsugu Hirokawa, and Yoshio Nakano
  • Development of Temperature-Responsive Adsorbent for Proteins in Aqueous Solution; 2008年11月
    発表情報; 8th Japan-Korea Symposium on Materials & Interface, P-43, Sapporo, Japan
    著者; Ken-ichiro Namazuda, Shitoka Suzuki, Shintaro Morisada, Yoshitsugu Hirokawa, and Yoshio Nakano
  • Shape Control of Pt Nanoparticles Utilizing Poly(N-isopropylacrylamide); 2008年11月
    発表情報; 8th Japan-Korea Symposium on Materials & Interface, P-93, Sapporo, Japan
    著者; Yoshiaki Tanaka, Shintaro Morisada, Yoshitsugu Hirokawa, and Yoshio Nakano
  • タンニン/鉄複合吸着剤によるリン吸着特性の評価; 2008年10月
    発表情報; 第22回日本吸着学会研究発表会,P-17,九州大学
    著者; 生沼安美,尾形剛志,森貞真太郎,清田佳美,中野義夫
  • Implicit-Solvent Model for the Computer Simulations of Amphiphilic Molecules in Water; 2008年09月
    発表情報; JSPS Core-to-Core Program: Researcher Exchange with University of Leeds, Leeds, UK
    著者; Shintaro Morisada and Hiroyuki Shinto
  • アミン基修飾タンニンゲルによる酸性溶液中のPd(II)およびPt(IV)の選択的分離・回収; 2008年09月
    発表情報; 化学工学会第40回秋季大会,Y114,東北大学
    著者; 丸谷由恵,金 演鎬,森貞真太郎,中野義夫
  • コロイド粒子表面における両親媒性高分子吸着挙動の分子シミュレーション; 2008年09月
    発表情報; 化学工学会第40回秋季大会,Y103,東北大学
    著者; 堤 玲志,森貞真太郎,中野義夫
  • 三次元高分子ゲルネットワークを基盤とするミクロ反応場の形成; 2008年09月
    発表情報; 田中豊一記念シンポジウム2008,42,アルカディア市ヶ谷
    著者; 中野義夫,廣川能嗣,清田佳美,森貞真太郎,田中良明
  • Temperature-Swing Adsorption of Proteins in Water Using Polymer-Grafted Silica Particles; 2008年06月
    発表情報; 5th International Conference on Interfaces Against Pollution (IAP 2008), 178, Kyoto, Japan
    著者; Shintaro Morisada, Shitoka Suzuki, Ken-ichiro Namazuda, Yoshitsugu Hirokawa, and Yoshio Nakano
  • アミン基修飾によるタンニンゲルのPd(II)吸着能の改良; 2008年06月
    発表情報; 分離技術会年会2008,S3-P16,明治大学
    著者; 丸谷由恵,金 演鎬,森貞真太郎,中野義夫
  • 環境水中からのリン資源回収に向けたタンニン/鉄複合吸着剤の開発; 2008年06月
    発表情報; 分離技術会年会2008,S3-P15,明治大学
    著者; 生沼安美,尾形剛志,森貞真太郎,清田佳美,中野義夫
  • 感温性高分子グラフトシリカによるタンパク質吸着挙動の検討; 2008年06月
    発表情報; 分離技術会年会2008,S3-P14,明治大学
    著者; 鯰田健一朗,鈴木 淑,森貞真太郎,廣川能嗣,中野義夫
  • 感温性高分子を保護剤とした白金ナノ粒子合成における反応温度と粒子形状の関係; 2008年03月
    発表情報; 化学工学会第73年会,P206,静岡大学
    著者; 田中良明,森貞真太郎,清田佳美,廣川能嗣,中野義夫
  • 陰溶媒モデルを用いた水溶液中における両親媒性高分子の計算機シミュレーション; 2008年03月
    発表情報; 化学工学会第73年会,Q124,静岡大学
    著者; 堤 玲志,森貞真太郎,中野義夫
  • ポリマー修飾シリカ粒子を用いた非最密充填構造を有する単粒子膜の作製; 2008年03月
    発表情報; 化学工学会第73年会,Q113,静岡大学
    著者; 小島翔子,森貞真太郎,廣川能嗣,中野義夫
  • 感温性高分子グラフトシリカによるタンパク質の温度スイング吸着・分離; 2008年03月
    発表情報; 化学工学会第73年会,P106,静岡大学
    著者; 鯰田健一朗,鈴木 淑,森貞真太郎,廣川能嗣,中野義夫
  • タンニン/無機複合化による高容量リン吸着剤の開発; 2008年03月
    発表情報; 化学工学会第73年会,O116,静岡大学
    著者; 生沼安美,尾形剛志,森貞真太郎,清田佳美,中野義夫
  • 感温性高分子ゲルによる液中ナノ粒子の吸着分離・除去; 2008年03月
    発表情報; 化学工学会第73年会,O115,静岡大学
    著者; 飯野秀章,森貞真太郎,廣川能嗣,中野義夫
  • アミン基修飾タンニンゲルを用いた酸性溶液からのPdの分離・回収; 2008年03月
    発表情報; 化学工学会第73年会,O114,静岡大学
    著者; 丸谷由恵,金 演鎬,森貞真太郎,中野義夫
  • アミン基修飾タンニンゲル(Amine-modified Tannin Gel, ATG)のPd(II)吸着特性向上; 2008年01月
    発表情報; 2008年高分子材料開発のための俯瞰的シンポジウム,4,東京工業大学
    著者; 金 演鎬,Md. Nazmul Alam,丸谷由恵,森貞真太郎,中野義夫
  • Temperature-Swing Adsorption of Proteins Using Polymer-Grafted Silica Particles; 2007年12月
    発表情報; JSPS Core-to-Core Program: Young Researchers Symposium, Melbourne, Australia
    著者; Shintaro Morisada, Shitoka Suzuki, Yoshitsugu Hirokawa, and Yoshio Nakano
  • 陰溶媒モデルを用いた高分子電解質水溶液の分子シミュレーション; 2007年11月
    発表情報; 第21回分子シミュレーション討論会,232P,金沢歌劇座
    著者; 森貞真太郎,堤 玲志,中野義夫
  • タンパク質の分離・回収プロセスに向けた感温性高分子吸着剤の開発; 2007年09月
    発表情報; 第21回日本吸着学会研究発表会,2-15,東京大学
    著者; 森貞真太郎,鈴木 淑,廣川能嗣,中野義夫
  • Temperature-Swing Adsorption of Aromatic Compounds in Water Using Polyampholyte Gel; 2007年05月
    発表情報; The 9th International Conference on Fundamentals of Adsorption (FOA9), 64, Sicily, Italy
    著者; Shintaro Morisada, Hiroko Suzuki, Yoshitsugu Hirokawa, and Yoshio Nakano
  • 両性高分子電解質ゲルによる芳香族化合物の吸脱着特性の検討; 2007年03月
    発表情報; 化学工学会第72年会,B114,京都大学
    著者; 森貞真太郎,鈴木 浩子,廣川能嗣,中野義夫
  • 感温性高分子ゲルを用いた芳香族化合物の吸脱着特性評価; 2007年01月
    発表情報; 2007年高分子材料開発のための俯瞰的シンポジウム,20,東京大学
    著者; 森貞真太郎,鈴木浩子,廣川能嗣,中野義夫
  • Temperature-Swing Adsorption of Phenols in Water Using Novel Polymer Gel Adsorbent; 2006年12月
    発表情報; JSPS Core-to-Core Program: Young Researchers' Meeting, 45, Kyoto, Japan
    著者; Shintaro Morisada, Hiroko Suzuki, Yoshitsugu Hirokawa, and Yoshio Nakano
  • Reversible Adsorption of Aromatic Compounds Using Temperature-Sensitive Polymer Gels; 2006年10月
    発表情報; 7th Korea-Japan Symposium on Materials, 18(P-2), Gyeongju, Korea
    著者; Shintaro Morisada, Hiroko Suzuki, Yoshitsugu Hirokawa, and Yoshio Nakano
  • Implicit-Solvent Model for the Computer Simulation of Surfactant Systems; 2006年09月
    発表情報; JSPS Core-to-Core Program: Researcher Exchange with University of Florida, Gainesville, USA
    著者; Hiroyuki Shinto, Shintaro Morisada, and Ko Higashitani
  • 高分子ゲル吸着剤による疎水性化合物の吸着挙動に対する温度依存性の検討; 2006年09月
    発表情報; 第20回日本吸着学会研究発表会,P-11,大阪教育大学
    著者; 鈴木浩子,森貞真太郎,廣川能嗣,中野義夫
  • 芳香族化合物に対するイオン性高分子ゲル吸着剤の特性評価; 2006年09月
    発表情報; 化学工学会第38回秋季大会,Vb028,福岡大学
    著者; 鈴木浩子,森貞真太郎,廣川能嗣,中野義夫
  • 感温性高分子を用いたタンパク質の分離・回収プロセスの検討; 2006年09月
    発表情報; 化学工学会第38回秋季大会,Vb027,福岡大学
    著者; 鈴木 淑,森貞真太郎,廣川能嗣,中野義夫
  • ポリマー修飾シリカ粒子によるタンパク質の可逆的吸脱着; 2006年09月
    発表情報; 第59回コロイドおよび界面化学討論会,P167,北海道大学
    著者; 鈴木 淑,森貞真太郎,廣川能嗣,中野義夫
  • 感温型高分子ゲルによる芳香族化合物の吸着特性評価; 2005年09月
    発表情報; 第19回日本吸着学会研究発表会,1-11,京都大学
    著者; 森貞真太郎,中野義夫
  • 感温型SSS-VBTAゲルの構造と環境汚染物質の吸脱着挙動; 2005年09月
    発表情報; 化学工学会第37回秋季大会,A320,岡山大学
    著者; 森貞真太郎,中野義夫
  • 両親媒性分子自己集合の新規な分子シミュレーション手法; 2005年09月
    発表情報; 第58回コロイドおよび界面化学討論会,1C01,宇都宮大学
    著者; 新戸浩幸,森貞真太郎,東谷 公
  • A Novel Method for the Computer Simulation of Surfactant Self-Assembly; 2005年06月
    発表情報; 79th ACS Colloid and Surface Science Symposium, 11-04, Potsdam, USA
    著者; Hiroyuki Shinto, Shintaro Morisada, and Ko Higashitani
  • コロイド粒子周りのイオン分布と粒子間力の分子シミュレーション解析; 2005年05月
    発表情報; 粉体工学会2005年度春期研究発表会,BP-9,東京大学
    著者; 森貞真太郎,村西健嗣,新戸浩幸,東谷 公
  • 陰溶媒モデルを用いた界面活性剤水溶液の大規模シミュレーション; 2005年03月
    発表情報; 化学工学会第70年会,B118,名古屋大学
    著者; 森貞真太郎,新戸浩幸,東谷 公
  • 界面活性剤水溶液系の分子シミュレーション: 粗視化モデルvs陰溶媒モデル; 2004年12月
    発表情報; 第18回分子シミュレーション討論会,310L,京都大学
    著者; 新戸浩幸,森貞真太郎,東谷 公
  • 水溶液中におけるコロイド粒子間力の計算機シミュレーション; 2004年09月
    発表情報; 第57回コロイドおよび界面化学討論会,P168,山口東京理科大学
    著者; 森貞真太郎,村西健嗣,新戸浩幸,東谷 公
  • Langevin Dynamics Simulations of n-Decyltrimethylammonium Chloride in Aqueous Solutions Using Potentials of Mean Force; 2004年01月
    発表情報; Joint Meeting: International Conference of Molecular Simulation (ICMS) and Computational Science Workshop 2004 (CSW2004), 129-130, Tsukuba, Japan
    著者; Shintaro Morisada, Hiroyuki Shinto, Minoru Miyahara, and Ko Higashitani
  • 陽イオン界面活性剤の自己組織化の計算機シミュレーション; 2003年10月
    発表情報; 粉体工学会2003年度秋期研究発表会,S1-7,大阪
    著者; 新戸浩幸,森貞真太郎,宮原 稔,東谷 公
  • ランジュバン動力学法を用いたコロイド粒子周りにおけるイオン雰囲気の検討; 2003年10月
    発表情報; 粉体工学会2003年度秋期研究発表会,S2-2,大阪
    著者; 森貞真太郎,村西健嗣,新戸浩幸,宮原 稔,東谷 公
  • コロイド粒子周りにおける溶質分布のランジュバン動力学シミュレーション; 2003年10月
    発表情報; 第26回溶液化学シンポジウム,P12,立命館大学
    著者; 森貞真太郎,村西健嗣,新戸浩幸,宮原 稔,東谷 公
  • Large-Scale Computer Simulations of Surfactant Solutions Using Mean Force Potentials; 2003年09月
    発表情報; The 11th International Conference on Surface and Colloid Science, 316, Iguassu Falls, Brazil
    著者; Shintaro Morisada, Hiroyuki Shinto, Minoru Miyahara, and Ko Higashitani
  • ランジュバン動力学法による水溶液中コロイド粒子周りのイオン分布; 2003年09月
    発表情報; 化学工学会第36回秋季大会,X1P15,東北大学
    著者; 村西健嗣,森貞真太郎,新戸浩幸,宮原 稔,東谷 公
  • 固液界面におけるイオン分布のランジュバン動力学計算; 2003年09月
    発表情報; 第56回コロイドおよび界面化学討論会,P153,徳島大学
    著者; 森貞真太郎,村西健嗣,新戸浩幸,宮原 稔,東谷 公
  • カチオン性界面活性剤ミセルのランジュバン動力学シミュレーション; 2003年09月
    発表情報; 第56回コロイドおよび界面化学討論会,1C05,徳島大学
    著者; 森貞真太郎,新戸浩幸,宮原 稔,東谷 公
  • 界面活性剤水溶液の計算機シミュレーション; 2003年03月
    発表情報; 化学工学会第68年会,K107,東京大学
    著者; 森貞真太郎,新戸浩幸,宮原 稔,東谷 公
  • 水中における種々の溶質間の平均力ポテンシャル; 2002年12月
    発表情報; 第16回分子シミュレーション討論会,120P,新潟ユニゾンプラザ
    著者; 森貞真太郎,新戸浩幸,宮原 稔,東谷 公
  • 平均力ポテンシャルに基づく界面活性剤水溶液の大規模シミュレーションの試み; 2002年09月
    発表情報; 第25回溶液化学シンポジウム,2P11,大阪大学
    著者; 森貞真太郎,新戸浩幸,宮原 稔,東谷 公
  • 界面活性剤の計算機シミュレーション: ランジュバン動力学法とモンテカルロ法; 2002年09月
    発表情報; 化学工学会第35回秋季大会,S332,神戸大学
    著者; 森貞真太郎,新戸浩幸,宮原 稔,東谷 公
  • 分子動力学計算に基づく平均力ポテンシャルを用いた界面活性剤水溶液のブラウン動力学シミュレーション; 2002年07月
    発表情報; 2002年度基研研究会「ソフトマターの物理学」,京都大学
    著者; 森貞真太郎,新戸浩幸,宮原 稔,東谷 公
  • 水中における界面活性剤の自己組織化の計算機シミュレーション; 2001年09月
    発表情報; 化学工学会第34回秋季大会,M124,北海道大学
    著者; 森貞真太郎,新戸浩幸,宮原 稔,東谷 公
  • 平均力ポテンシャルを用いた界面活性剤水溶液のブラウン動力学シミュレーション; 2001年01月
    発表情報; 第14回分子シミュレーション討論会,2P32,名古屋大学
    著者; 森貞真太郎,新戸浩幸,宮原 稔,東谷 公
  • 静電擬液膜(ESPLIM)における液滴分散挙動および物質移動のモデル化; 1999年09月
    発表情報; 化学工学会第32回秋季大会,S316,金沢大学
    著者; 伊藤大輔,森貞真太郎,谷垣昌敬

知的財産権の出願等(著作権は除く)

  • 触媒回収方法; 2017年05月
    発表情報; 特願2016-104561
    著者; 中井章人,古川一法,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • 触媒成分の分離方法; 2016年07月
    発表情報; 特願2016-142184
    著者; 中川章人,川喜田英孝,大渡啓介,森貞真太郎
  • ゲルマニウムの回収方法; 2012年06月
    発表情報; 特願2012-146564
    著者; 川喜田英孝,森貞真太郎,大渡啓介,野副厚訓

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • オンデマンド消泡を可能とする温度応答型界面活性ナノゲルの開発; 2019年09月
    発表情報; シナジーセミナー・総合分析実験センターセミナー,佐賀大学
    著者; 森貞真太郎
  • Temperature-Responsive Pickering Foams Stabilized by Poly(N-isopropylacrylamide) Copolymer Nanogels; 2018年11月
    発表情報; The 13th Korea-Japan Symposium on Materials and Interfaces (13th KJSMI), OL-03, Haeundae Grand Hotel, Busan, Korea
    著者; Shintaro Morisada
  • 高分子電解質修飾シリカ粒子の自己集積課程を利用したコロイド粒子膜の構造制御; 2018年07月
    発表情報; 粉体工学会2018年度第1回西日本談話会,九州工業大学
    著者; 森貞真太郎
  • 機能性高分子を用いた液相吸着剤の開発; 2017年08月
    発表情報; 第27回吸着シンポジウム: 吸着夏の学校,ホテルメイプルイン幕張,千葉
    著者; 森貞真太郎
  • Fabrication of Non-Close-Packed Colloidal Layers by Convective Self-Assembly Using Polyelectrolyte-Grafted Silica Particles; 2016年12月
    発表情報; The International Symposium on Preparative Chemistry of Advanced Materials (ISPCAM 2016), L01, Liaoning University, Shenyang, China
    著者; Shintaro Morisada,
  • 機能性高分子を利用した液相吸着剤の開発; 2014年10月
    発表情報; 第28回日本吸着学会研究発表会,1A-1,北海道大学
    著者; 森貞真太郎
  • Implicit Solvent Model Simulations of Amphiphiles in Aqueous Solutions; 2014年10月
    発表情報; The International Symposium on Preparative Chemistry of Advanced Materials (ISPCAM 2014), L-03, Liaoning University, Shenyang, China
    著者; Shintaro Morisada
  • 両親媒性分子水溶液の新規な分子シミュレーション; 2014年02月
    発表情報; 第16回連携大学院産学官交流セミナー,佐賀大学
    著者; 森貞真太郎
  • 水溶液中における両親媒性分子集合体の新規な分子シミュレーション; 2013年09月
    発表情報; 化学工学会第45回秋季大会,S104,岡山大学
    著者; 森貞真太郎
  • 液相吸着の基礎と応用; 2013年09月
    発表情報; 第22回吸着シンポジウム: 吸着夏の学校,長良川スポーツクラブ,岐阜
    著者; 森貞真太郎
  • 陰溶媒モデルを用いた両親媒性分子集合体の計算機シミュレーション; 2012年08月
    発表情報; 反応工学セミナー,川棚グランドホテル,山口
    著者; 森貞真太郎
  • 機能性高分子吸着剤の開発 -金属イオンからナノ粒子まで-; 2012年04月
    発表情報; Φχβセミナー,佐賀大学
    著者; 森貞真太郎
  • 感温性高分子ゲル微粒子を保護剤とした液相還元法による白金ナノ粒子の形態制御; 2011年08月
    発表情報; 材料化学システム工学討論会2011,東京大学
    著者; 森貞真太郎
  • 低環境負荷型ゲル吸着剤による貴金属の分離・回収; 2011年01月
    発表情報; 理工系女性研究者プロモーションプログラム(Leap)第10回男性研究者・女性研究者合同発表会,東京工業大学,神奈川
    著者; 森貞真太郎
  • 機能性高分子を利用した吸着剤の開発 -イオンからナノ粒子まで-; 2009年05月
    発表情報; (社)表面技術協会 第30回『ナノテク部会』研究会,東京理科大学
    著者; 森貞真太郎
  • 種々の高分子を利用した感温性吸着剤の開発; 2008年07月
    発表情報; 2008年度第1回粉体操作に伴う諸現象に関する勉強会,グリーンホテル三ヶ根,愛知
    著者; 森貞真太郎
  • 界面活性剤水溶液やコロイド粒子分散系の計算機シミュレーション; 2005年07月
    発表情報; 産業技術総合研究所 ソフトナノシステムGrセミナー,産業技術総合研究所,筑波
    著者; 森貞真太郎
  • 水中における種々の溶質間の平均力ポテンシャル; 2003年02月
    発表情報; 京都大学大学院理学研究科化学専攻セミナー「液体のひろば12」,京都大学
    著者; 森貞真太郎


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.