詳細検索はこちら

寺東 宏明テラトウ ヒロアキ

所属:
総合分析実験センター

原著論文

  • Effects of irradiation on bone invasion of breast cancer cells; 2017年09月
    発表情報; J Thai Assoc Radiat Oncol, 23, 2, 23-33
    著者; Srimawong P, Sawajiri M, Terato H, Maruyama K, Tanimoto K
  • Effects of carbon ion irradiation via periostin on breast cancer cell invasion of the microenvironment; 2016年10月
    発表情報; Journal of Radiology and Radiation Therapy, 4, 1, 1060
    著者; Preeyaporn Srimawong, Masahiko Sawajiri, Hiroaki Terato, Kouichi Maruyama, Keiji Tanimoto
  • Oxidative DNA damage caused by pulsed discharge with cavitation on the bactericidal function; 2015年08月
    発表情報; J Phys D Appl Phys, 48, 365401
    著者; Kudo K, Ito H, Ihara S, Terato H
  • 放電プラズマ併用方式によるプランクトンおよび大腸菌処理; 2015年05月
    発表情報; 電気学会論文誌A(基礎・材料・共通部門誌), 135, 6, 357-365
    著者; 猪原哲,伊藤博徳,小林倫宣,井上侑子,寺東宏明,玉川雅章
  • Role of isolated and clustered DNA damage and the post-irradiating repair process in the effects of heavy ion beam irradiation; 2015年05月
    発表情報; J Radiat Res, 56, 3, 446-455
    著者; Tokuyama Y, Furusawa Y, Ide H, Yasui A, Terato H
  • 水中キャビテーション・放電プラズマ併用方式によるプランクトンおよび大腸菌処理; 2015年05月
    発表情報; 電気学会論文誌A(基礎・材料・共通部門誌), 135, 6, 357-365
    著者; 猪原哲,伊藤博徳,小林倫宣,井上侑子,寺東宏明,玉川雅章
  • Quantitative analysis of oxidative DNA damage induced by high-voltage pulsed discharge with cavitation; 2015年01月
    発表情報; J Electrostat, 73, 131-139
    著者; Kudo K, Ito H, Ihara S, Terato H
  • Quantitative analysis of oxidative DNA damage induced by high-voltage pulsed discharge with cavitation.; 2015年01月
    発表情報; J Electrostat, 73, 131-139
    著者; Kudo K, Ito H, Ihara S, Terato H
  • 佐賀大学医学部RI実験施設縮小改修および関連する変更について; 2014年06月
    発表情報; , 13, 1, 62-68
    著者; 伊藤富生, 江崎弘幸, 古川幸子, 寺東宏明
  • Quantitative characteristics of clustered DNA damage in irradiated cells by heavy ion beams.; 2014年02月
    発表情報; J Radiat Res, 55, i89-i90
    著者; Terato H, Shimazaki-Tokuyama Y, Inoue Y, Furusawa Y
  • パルスパワー印加における球根の発芽率とグルコース濃度の変化; 2013年02月
    発表情報; 電気学会論文誌A, 133, 2, 64-65
    著者; 猪原哲,山口将太,金子憂樹,寺東宏明
  • Characterization and Radio-Resistant Function of Manganese Superoxide Dismutase of Rubrobacter radiotolerans.; 2011年11月
    発表情報; Journal of Radiation Research, 52, 735-742
    著者; Terato, H., Suzuki, K., Nishioka, N., Okamoto, A., Shimazaki-Tokuyama, Y., Inoue, Y. and Saito, T.
  • Homologous recombination but not nucleotide excision repair plays a pivotal role in tolerance to DNA-protein crosslinks in mammalian cells.; 2009年10月
    発表情報; Journal of Biological Chemistry, 284, 27065-27076
    著者; Nakano, T., Katafuchi, A., Matsubara, M., Terato, H., Tsuboi, T., Masuda, T., Tatsumoto, T., Pack, S. –P., Makino, K., Croteau, D., Van Houten, B., Iijima, K., Tauchi, H. and Ide, H.
  • Genetic analysis of repair and damage tolerance mechanisms for DNA-protein cross-links in Escherichia coli.; 2009年09月
    発表情報; Journal of Bacteriology, 191, 5657-5668
    著者; Salem, A. M. H., Nakano, T., Takuwa, M., Matoba, N., Tsuboi, T., Terato, H., Yamamoto, K., Yamada, M., Nohmi, T. and Ide, H.
  • Comparison of the activities of bacteria and mammalian nucleotide excision repair systems for DNA-protein crosslinks.; 2009年09月
    発表情報; Nucleic Acids Symposium Series, 53, 225-226
    著者; Nakano, T., Salem, A. M. H., Terato, H., Pack, S.-P., Makino, K. and Ide, H.
  • Repair of DNA-protien crosslink damage: Coordinted actions of nucleotide excision repair and homologous recombination.; 2008年09月
    発表情報; Nucleic Acids Symposium Series, 52, 57-58
    著者; Ide, H., Nakano, T., Salem, A. M. H., Terato, H., Pack S. P. and Makino, K.
  • Quantitative analysis of isolated and clustered DNA damage induced by gamma-rays, carbon ion beams, and iron ion beams.; 2008年04月
    発表情報; Journal of Radiation Research, 49, 2, 133-146
    著者; Terato, H., Tanaka, R., Nakaarai, Y., Nohara, T., Doi, Y., Iwai, S., Hirayama, R., Furusawa, Y. and Ide, H.

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • Comparison of the activities of bacteria and mammalian nucleotide excision repair systems for DNA-protein crosslinks; 2009年09月
    発表情報; Nucleic Acids Symp. Ser., 53, 225-226
    著者; Nakano, T., Salem, A. M. H., Terato, H., Pack, S.-P., Makino, K., Ide, H
  • Analysis for complexity of clustered DNA damage generated by heavy ion beams.; 2008年09月
    発表情報; Nucleic Acids Symposium Series, 52, 443-444
    著者; Terato, H., Watari, H., Shimazaki, Y., Hirayama, R., Furusawa, Y. and Ide, H.
  • Repair of DNA-protein crosslink damage: Coordinated actions of nucleotide excision repair and homologous recombination; 2008年09月
    発表情報; Nucleic Acids Symp. Ser., 52, 57-58
    著者; Ide, H., Nakano, T., Salem, A. M. H., Terato, H., Pack, S.-P., Makino, K.

一般講演(学術講演を含む)

  • Repair for clustered DNA damage induced by heavy ion beam irradiation; 2016年11月
    発表情報; The 10th 3R Symposium
    著者; Terato H, Tokuyama Y, Mori K
  • 水中放電プラズマによる酸化DNA損傷と突然変異; 2016年11月
    発表情報; 日本環境変異原学会第45回大会
    著者; 德山由佳、工藤健一、境智弘、伊藤博則、猪原哲
  • 水中キャビテーション・放電プラズマ併用型リアクタによる殺菌特性について; 2016年10月
    発表情報; プラズマ/パルスパワー/放電合同研究会
    著者; 境智弘、猪原哲、德山由佳、寺東宏明
  • 水中キャビテーション・放電プラズマ併用型リアクタの水処理効果の改善について; 2016年10月
    発表情報; プラズマ/パルスパワー/放電合同研究会
    著者; 境智弘、猪原哲、寺東宏明
  • 重粒子放射線により生じるクラスターDNA損傷の修復動態と変異解析; 2016年10月
    発表情報; 日本放射線影響学会第59回大会
    著者; 德山由佳, 平山亮一, 寺東宏明
  • 水中放電プラズマによって生じるDNA損傷とその変異原性; 2015年11月
    発表情報; 日本環境変異原学会 第44回大会
    著者; 寺東宏明、工藤健一、伊藤博徳、猪原哲
  • Clustered and isolated oxidative DNA damages induced by atomic reactor neutron radiations; 2015年05月
    発表情報; 15th International Congress of Radiation Research
    著者; Hiroaki TERATO, Ken-ichi KUDO, Kanae MORI, Yuka TOKUYAMA, Hiroki TANAKA, Takeshi SAITO
  • Clustered DNA damag by heaby ion beams irradiation and the post-irradiationg repair process; 2015年05月
    発表情報; 15th International Congress of Radiation Research
    著者; Yuka Tokuyama, Yoshiya Furusawa, Hiroshi Ide, Akira Yasui, Hiroaki Terato
  • 佐賀大学医学部RI実験施設縮小改修および関連する変更について; 2014年12月
    発表情報; 日本放射線安全管理学会第13回学術大会
    著者; 伊藤富生、江崎弘幸、古川幸子、寺東宏明
  • Mass spectrometric analysis or oxidative DNA damages induced by high LET ionizing radiations; 2014年11月
    発表情報; The 41st International Symposium on Nucleic Acids Chemistry
    著者; Ken-ichi Kudo, Kanae Mori, Yuka Tokuyama, Takeshi Saito, Hiroki Tanaka, Hiroaki Terato
  • 重粒子線照射によるクラスターDNA損傷の生成とその修復; 2014年10月
    発表情報; 日本放射線影響学会第57回大会
    著者; 徳山由佳、平山亮一、古澤佳也、井出博、寺東宏明
  • 水中放電プラズマによる大腸菌殺菌へのDNA酸化損傷の寄与; 2014年10月
    発表情報; 日本放射線影響学会第57回大会
    著者; 工藤健一、伊藤博徳、猪原 哲、寺東宏明
  • 放射線の乳がん骨転移におよぼす影響; 2014年10月
    発表情報; 日本放射線影響学会第57回大会
    著者; 5. 澤尻昌彦、Srimawong Preeyaporn、丸山耕一、寺東宏明、谷本啓二
  • 佐賀大学における放射線教育の取り組み; 2014年10月
    発表情報; 平成26年度放射線安全取扱部会年次大会
    著者; 6. 森加奈恵、徳山由佳、近藤敏弘、伊藤富生、寺東宏明
  • 放電プラズマのDNA損傷生成と生物効果について; 2014年06月
    発表情報; 第51回放射線影響懇話会
    著者; 工藤健一、伊藤博徳、猪原 哲、寺東宏明
  • 重粒子によって生じるクラスター塩基損傷の修復について; 2014年06月
    発表情報; 第51回放射線影響懇話会
    著者; 徳山由佳、平山亮一、古澤佳也、寺東宏明
  • 重粒子線照射の乳がん細胞の転移におよぼす影響; 2013年10月
    発表情報; 本放射線影響学会第56回大会,青森,2013.10.18-20
    著者; 澤尻昌彦,スリマウォング・プリーヤポーン,錦織良,寺東宏明,丸山耕一,谷本啓二
  • 重粒子線照射された細胞のクラスターDNA損傷および孤立DNA損傷生成収率; 2013年10月
    発表情報; 日本放射線影響学会第56回大会,青森,2013.10.18-20
    著者; 徳山由佳,古澤佳也,寺東宏明
  • 中等度放射線耐性菌Kocuria rosea のゲノム解析; 2013年10月
    発表情報; 日本放射線影響学会第56回大会,青森,2013.10.18-20
    著者; 鈴木克之,寺田峻,吉本一至,工藤健一,寺東宏明
  • 放電プラズマによる酸化DNA損傷の分析; 2013年07月
    発表情報; 第50回放射線影響懇話会,佐賀,2013.7.27
    著者; 工藤健一,伊藤博徳,猪原哲,寺東宏明
  • 重粒子線によって生じる細胞内DNA損傷の定量分析; 2013年07月
    発表情報; 第50回放射線影響懇話会,佐賀,2013.7.27
    著者; 徳山由佳,寺東宏明,古澤佳也,井出博
  • Quantitative characteristics of clustered DNA damage in irradiated cells by heavy ion beams.; 2013年05月
    発表情報; Heavy Ion in Therapy and Space Radiation Symposium 2013. 2013.5.15-18, in Chiba, Japan
    著者; Hiroaki TERATO, Yuka SHIMAZAKI-TOKUYAMA, Yuko INOUE, Ken-ichi KUDO, Yoshiya FURUSAWA
  • 放電プラズマにより生成する酸化DNA損傷の分析; 2013年05月
    発表情報; 日本放射線影響学会第56回大会,青森,2013.10.18-20
    著者; 工藤健一,伊藤博徳,猪原哲,寺東宏明
  • 学校教室内の空気環境とその対策(3); 2013年01月
    発表情報; 第6回室内環境学会九州支部研究発表会,福岡
    著者; 市場正良,宮崎博喜,松本明子,大田裕介,久保田玲奈,友清仁美,松尾裕康,山本忍,志岐朋恵,唐喜順,近藤敏弘,寺東宏明,上野大介
  • 重粒子線誘発クラスターDNA損傷の細胞内生成収率と生物効果の解明; 2012年09月
    発表情報; 第55回 日本放射線影響学会大会,仙台
    著者; 寺東宏明,島崎-徳山由佳,井上侑子,工藤健一,井出博,古澤佳也
  • 重粒子線照射細胞中に生じるクラスターDNA損傷の定量的分析; 2012年09月
    発表情報; 第26回日本宇宙生物科学会学術集会,徳島
    著者; 寺東宏明,島崎−徳山由佳,井上侑子,森加奈恵,井出博,古澤佳也
  • Quantitative analysis of chromosomal clustered DNA damage in cultured cells irradiated by heavy particle beams.; 2012年06月
    発表情報; 12th International Workshop on Radiation Damage to DNA, Prague, Czech Republic, 2012.6.2-7
    著者; Hiroaki TERATO, Yuka SHIMAZAKI-TOKUYAMA, Yuko INOUE, Yoshiya FURUSAWA
  • 学校教室内の空気環境測定とその対策; 2012年03月
    発表情報; 第81回日本衛生学会(日衛誌Vol.66, p.461),東京
    著者; 井上明子,上野大介,近藤敏弘,寺東宏明,岡島俊哉,石崎妃呂美,壹岐聡一朗,市場正良
  • Rubrobacter radiotoleransの放射線抵抗性におけるスーパーオキサイドディスムターゼの関与; 2012年02月
    発表情報; 第46回京都大学原子炉実験所学術講演会
    著者; 寺東宏明,徳山由佳,井上侑子,鈴木克之,齊藤毅
  • 粒子線によって発生する細胞内DNA損傷生成収率の解析; 2011年11月
    発表情報; 第54回日本放射線影響学会大会
    著者; 島崎-徳山由佳,井上侑子,古澤佳也,井出博,寺東宏明
  • 重粒子放射線によって生じるDNA損傷収率の線質依存性; 2011年10月
    発表情報; 第44回日本保健物理学会研究発表会
    著者; 寺東宏明,徳山由佳,井上侑子,平山亮一,古澤佳也,井出博
  • Yields of clustered DNA damage induced by heavy particle beams under various conditions.; 2010年11月
    発表情報; 37th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Yokohama, Japan, 2010.11.10-12
    著者; Shimazaki-Tokuyama, Y., Inoue, Y., Hirayama, R., Furusawa, Y., Ide, H. and Terato, H.
  • 放射性耐性細菌Rubrobacter radiotoleransのスーパーオキサイドディスムターゼの遺伝子構造と遺伝子産物の機能; 2010年10月
    発表情報; 第53回日本放射線影響学会大会,京都,2010.10.20-22
    著者; 寺東宏明,島崎-徳山由佳,井上侑子,齊藤剛,西岡伸紘,岡本敦志,鈴木克之
  • DNA-タンパク質クロスリンク損傷の修復機構; 2010年10月
    発表情報; 第53回日本放射線影響学会大会,京都,2010.10.20-22
    著者; 中野敏彰,川添淳也,大内綾,寺東宏明,飯島健太,田内広,井出博
  • 粒子線によって生じるクラスターDNA損傷の収率と性質; 2010年09月
    発表情報; 第24回日本宇宙生物科学会大会,仙台,2010.9.17-18
    著者; 寺東宏明,島崎-徳山由佳,井上侑子,平山亮一,古澤佳也,井出博
  • 放射性耐性細菌Rubrobacter radiotoleransのスーパーオキサイドディスムターゼの機能と遺伝子構造; 2010年09月
    発表情報; 第34回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム,宗像,2010.9.9-11
    著者; 寺東宏明,徳山由佳,井上侑子,近藤敏弘
  • 学校教室内の空気環境と児童の自覚症状との関係; 2010年05月
    発表情報; 日本衛生学会誌, 65, 348
    著者; 近藤敏弘,上野大介,寺東宏明,岡島俊哉,石崎妃呂美,井上明子,上野裕之,甲斐今日子,西條泰明,市場正良
  • 学校教室内の空気環境と児童の自覚症状との関係; 2010年05月
    発表情報; 第80回日本衛生学会,仙台
    著者; 近藤敏弘,上野大介,寺東宏明,岡島俊哉,石崎妃呂美,井上明子,上野裕之,甲斐今日子,西條泰明,市場正良
  • 重粒子線によるクラスターDNA損傷の特徴; 2009年11月
    発表情報; 第52回日本放射線影響学会大会,広島,2009.11
    著者; 島崎-徳山由佳,平山亮一,古澤佳也,井出博,寺東宏明
  • DNA-タンパク質クロスリンク損傷の修復機構; 2009年11月
    発表情報; 第52回日本放射線影響学会大会,広島,2009.11
    著者; 中野敏彰,増田佑,寺東宏明,飯島健太,田内広,井出博
  • 微視的線量分布からみたDNA二本鎖切断のLET依存性; 2009年11月
    発表情報; 第52回日本放射線影響学会大会,広島,2009.11
    著者; 渡邉立子,平山亮一,横谷明徳,寺東宏明,鶴岡千鶴,江口−笠井清美,古澤佳也,小林克己
  • Repair and damage tolerance mechanisms for DNA-protein crosslinks in Escherichia coli; 2009年11月
    発表情報; 第52回日本放射線影響学会大会,広島,2009.11
    著者; Amir, S., Nakano, T., Takuwa, M., Terato, H., Yamamoto, K., Yamada, M., Nohmi, T. and Ide, H.
  • DNA-タンパク質クロスリンク損傷の修復および回避機構に関する遺伝学的研究; 2009年11月
    発表情報; 日本環境変異原学会 第38回大会,静岡,2009.11
    著者; 井出博,Amir Salem,中野敏彰,澤和美菜子,寺東宏明,山本和生,山田雅巳,能美健彦
  • 哺乳類細胞におけるDNA-タンパク質クロスリンク損傷修復機構; 2009年11月
    発表情報; 日本環境変異原学会 第38回大会,静岡,2009.11
    著者; 中野敏彰,増田 佑,寺東宏明,飯島健太,田内広,井出博
  • 抗がん剤が誘発するDNA-タンパク質クロスリンク損傷の修復; 2009年10月
    発表情報; 第68回日本癌学会学術総会,2009.10. 1-3
    著者; 井出博,寺東宏明
  • Comparison of the activities of bacteria and mammalian nucleotide excision repair systems for DNA-protein crosslinks.; 2009年09月
    発表情報; 6th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Takayama, Japan, 2009. 9.27 – 10.1
    著者; Nakano, T., Salem, A. M. H., Terato, H., Pack, S.-P., Makino, K. and Ide, H.
  • DNA修復欠損細胞のDNA-タンパク質クロスリンク誘発剤感受性; 2008年12月
    発表情報; 第31回日本分子生物学会年会,第81回日本生化学会大会合同大会
    著者; 井出博,A. Salem, 中野敏彰,坪井智宏,寺東宏明
  • 重粒子線生物効果におけるクラスターDNA損傷の量的効果の実験的解析; 2008年11月
    発表情報; 第51回日本放射線影響学会大会
    著者; 島崎-徳山由佳,田中瑠理,中新井祐介,平山亮一,古澤佳也,井出博,寺東宏明
  • Repair and tolerance pathways to DNA-protein crosslink damage in Escherichia coli.; 2008年11月
    発表情報; 第51回日本放射線影響学会大会
    著者; Amir, S., Matoba, N., Tsuboi, T., Terato, H., Yamamoto, K., Yamada, M., Nohmi, T. and Ide, H.
  • 高等真核生物におけるDNA-タンパク質クロスリン損傷の修復機構; 2008年11月
    発表情報; 第51回日本放射線影響学会大会
    著者; 中野敏彰,寺東宏明,井出博
  • 環境汚染物質によって生じるDNA-蛋白質クロスリンク損傷の検出と解析; 2008年11月
    発表情報; 日本産業衛生学会第41回生物学的モニタリング・バイオマーカー研究会
    著者; 寺東宏明,中野敏彰,井出博
  • 抗がん剤および変異原物質により誘発されるDNA-タンパク質クロスリンク損傷の修復機構; 2008年10月
    発表情報; 第67回日本癌学会学術総会
    著者; 井出博,寺東宏明
  • Analysis for complexity of clustered DNA damage generated by heavy ion beams.; 2008年09月
    発表情報; 35th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Kyoto, Japan
    著者; Terato, H., Watari, H., Shimazaki-Tokuyama, Y., Hirayama, R., Furusawa, Y. and Ide, H.
  • Repair of DNA-protein crosslink damage: Coordinted actions of nucleotide excision repair and homologous recombination.; 2008年09月
    発表情報; 35th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Kyoto, Japan
    著者; Ide, H., Nakano, T., Salem, A. M. H., Terato, H., Pack S. P. and Makino, K.
  • Property of Clustered DNA Damage Produced by Heavy Ion Beams and the Molecular Mechanism of its Biological Effects.; 2008年06月
    発表情報; 10th International Workshop on Radiation Damage to DNA, Fukushima, Japan
    著者; Terato, H., Ohshima, M., Takuwa, M., Yoshimura, Y., Shiroyama, S., Hirayama, R., Furusawa, Y. and Ide, H.

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • 生物界に普遍的な機構の一つであるDNA修復について; 2015年11月
    発表情報; 日本動物学会・植物学会・生態学会佐賀県支部合同シンポジウム
    著者; 寺東宏明
  • 放射線の種類によるDNA損傷生成収率の変化-実験データを元に; 2013年09月
    発表情報; 第23回日本数理生物学会大会,浜松,2013.9.11-13(シンポジウム2. 放射線によるDNA損傷問題の周辺-数理モデルの可能性と役割)
    著者; 寺東宏明
  • 重粒子線の生物研究への応用II 重粒子線で生じる遺伝子損傷の正体は?; 2011年07月
    発表情報; 第48回アイソトープ・放射線研究発表会
    著者; 寺東宏明
  • Genotoxicities of Deaminated Guanine Lesions and their Repair Mechanisms.; 2010年01月
    発表情報; The 4th Daegu University and Saga University Joint Seminars, 2010, 1
    著者; Terato, H., Nakano, T., Pack, S-.P., Makino, K. and Ide, H.
  • DNA二本鎖切断はLET増加に伴い増加するのか?減少するのか?:(2)減少するという立場からの考察; 2009年11月
    発表情報; 第52回日本放射線影響学会大会,広島,2009.11
    著者; 寺東宏明
  • 5-ホルミルウラシルDNAグリコシラーゼの基質認識特異性について; 2009年09月
    発表情報; 第33回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム,唐津,2009.9.10-12
    著者; 寺東宏明
  • 放射線生物影響におけるクラスターDNA損傷の量的,質的効果の実験的解明へのアプローチ; 2008年11月
    発表情報; 第51回日本放射線影響学会大会
    著者; 寺東宏明,島崎-徳山由佳,渡裕美,田中瑠理,中新井祐介,野原智紀,平山亮一,古澤佳也,井出博


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.