吉野 健児ヨシノ ケンジ

所属:
低平地沿岸海域研究センター

原著論文

  • Importance of patch size variation for the population persistence of a decapod crustacean in seagrass beds.; 2017年
    発表情報; Marine Ecology Progress Series, 570, 157-171
    著者; Y. Shinomiya, S. Chiba, M. Kanamori, S. Hashizume, K. Yoshino, S. Goshima
  • Life history of Sternaspis costata (Sternaspidae: Polychaeta) in Ariake Bay, Japan; 2016年
    発表情報; Journal of Marine Biological Association of the UK, 3, 96, 647-655
    著者; K. Yoshino, M. Nagayoshi, M. Sato, T. Katano, Y. Ito, N. Fujii, T. Hamada, Y. Hayami
  • Adaptation in the peripheral habitat: intraspecific variation in osmoregulatory traits in an estuarine hermit crab Pagurus minutus; 2014年05月
    発表情報; Journal of Shellfish Research, 33, 1, 53-59
    著者; Yoshino K., Koga T., Taniguchi K, Tasaka R
  • Community assembly by limited recruitment in a hypoxia-stressed soft bottom: A case study of macrobenthos in Ariake Bay.; 2014年
    発表情報; Plankton & Benthos Research, 9, 57-66
    著者; Yoshino K., Katano T., Ito Y., Hamada T., Fujii N., Hayami Y.
  • 諫早湾調整池の調査; 2013年01月
    発表情報; 陸水學雜誌, 74, 1, 2931
    著者; 片野 俊也;吉野 健児;速水 祐一
  • Maladaptive sex ratio adjustment by a sex-changing shrimp in selective-fishing environments.; 2013年
    発表情報; Journal of Animal Ecology, 82, 632-641
    著者; Chiba S., Yoshino K., Kanaiwa M., Kawajiri T., Goshima S.
  • Morphological variation of pallial organs at sites of differing turbidity: a case study of an arcid bivalve.; 2013年
    発表情報; Journal of the Marine Biological Association of the United Kingdom, 93, 1009-1015
    著者; Yoshino K., Katano T., Hayami Y., Hamada T., Kobayashi G.
  • Intertidal bare mudflats subsidize subtidal production through the outwelling of benthic microalgae.; 2012年
    発表情報; Estuarine, Coastal and Shelf Science, 109, 138-143
    著者; Yoshino K., Tsugeki N., Amano Y., Hayami Y., Hamaoka H., Omori K
  • Chelipeds are the real weapon: cheliped size is a more effective determinant than body size in male-male competition for mates in a hermit crab.; 2011年
    発表情報; Behavioral Ecology and Sociobiology, 65, 1825-1832
    著者; Yoshino K., Koga T., Fukuda Y.
  • 有明海の懸濁物質輸送シミュレーション; 2011年
    発表情報; 土木学会論文集B2(海岸工学), 67, 2, I_511I_515
    著者; 濱田 孝治;山口 創一;山本 浩一;速水 祐一;吉野 健児;大串 浩一郎;片野 俊也;吉田 誠;平川 隆一
  • 有明海底泥から抽出した付着藻類起因多糖含有溶液の特性に関する研究; 2010年07月
    発表情報; 化学工学論文集, 36, 3, 323327
    著者; 原田 浩幸;天野 佳正;志岐 昌彦;吉野 健児;山本 浩一;横山 勝英;川喜田 英孝;大渡 啓介
  • Effects of hypoxia and organic enrichment on estuarine macrofauna in the inner part of Ariake Bay; 2010年
    発表情報; Hydrobiologia, 65, 23-38
    著者; Yoshino K, Hamada T, Yamamoto K, Hayami Y, Yamaguchi S, Ohgushi K
  • The effect of ethanol fixation on stable isotope signatures in benthic organisms; 2010年
    発表情報; Plankton & Benthos Research, 5, 79-82
    著者; Yoshino K., Amano Y., Fukumori K., Hamaoka H., Ohmori K.
  • Temporal changes in the reproductive population structures and males' secondary sexual character of the hermit crab Diogenes nitidimanus.; 2010年
    発表情報; Ecological Research, 25, 1007-1017
    著者; Koga T., Yoshino K., Fukuda Y.
  • 有明海底泥および筑後川底泥中の全糖量とその底泥安定化に及ぼす影響; 2010年
    発表情報; 土木学会論文集B2(海岸工学), 66, 1, 12261230
    著者; 原田 浩幸;横山 勝英;天野 佳正;吉野 健児;川喜田 英孝
  • 瀬戸内海生態系を対象とする底生微細藻類研究の経過と今後の課題(シンポジウム:浅海域生態系における底生微細藻の役割); 2009年08月
    発表情報; 沿岸海洋研究, 47, 1, 1927
    著者; 山口 一岩;吉野 健児;福森 香代子;門谷 茂;Hitomi Yamaguchi;Kenji Yoshino;Kayoko Fukumori;Shigeru Montani;愛媛大学沿岸環境科学研究センター環境動態解析分野:(現)岡山理科大学工学部人間環境科学研究室;佐賀大学有明海総合研究プロジェクト;京都大学生態学研究センター;北海道大学大学院水産科学研究院・環境科学院
  • 有明海湾奥部干潟域のマクロベントス相.; 2009年
    発表情報; 日本ベントス学会誌, 64, 15-24
    著者; 吉野健児・山本浩一・速水祐一・濱田孝治・山口創一・大串浩一郎
  • 有明海奥部の干潟・浅海域底泥における窒素・リンの季節変化; 2009年
    発表情報; 土木学会論文集B2(海岸工学), 65, 1, 10311035
    著者; 郡山 益実;瀬口 昌洋;古賀 あかね;アリム イスナンセテョ;速水 祐一;山本 浩一;濱田 孝治;吉野 健児
  • 有明海奥部泥干潟における栄養塩濃度分布の季節変化; 2009年
    発表情報; 日本陸水学会 講演要旨集, 74, 0, 104104
    著者; 速水 祐一;山本 浩一;濱田 孝治;郡山 益実;古賀 あかね;吉野 健児;吉田 誠;片野 俊也;山口 創一;瀬口 昌洋
  • 有明海湾奥部における懸濁物質濃度変動特性に関する研究; 2008年
    発表情報; 海洋開発論文集, 24, 1081-1086
    著者; 山本浩一・速水祐一・笠置尚史・濱田孝治・吉野健児・山田文彦
  • 2006年夏季の有明海奥部における大規模貧酸素化; 2008年
    発表情報; 海の研究, 17, 5, 371-377
    著者; 濱田孝治・速水祐一・山本浩一・大串浩一郎・吉野健児・平川隆一・山田裕樹
  • Benthic fauna of the inner part of Ariake Bay: long-term changes in several ecological parameters; 2007年
    発表情報; Plankton & Benthos Research, 2, 198-212
    著者; Yoshino K, Yamamoto K, Hayami Y, Hamada T, Kasagi T, Ueno D, Ohgushi K
  • 有明海奥部における貧酸素水塊の形成・解消過程の観測; 2007年
    発表情報; Doboku Gakkai Ronbunshuu B, 2, 4, 198212
    著者; 濱田 孝治;速水 祐一;山本 浩一;吉野 健児;大串 浩一郎;平川 隆一;山田 裕樹
  • チラタ湖(インドネシア)における貧酸素水塊; 2007年
    発表情報; 日本陸水学会 講演要旨集, 72, 0, 183183
    著者; 速水 祐一;大森 浩二;吉野 健児;Garno Yudhi
  • 有明海大授搦干潟における底泥の再懸濁および沈降に関する現地観測; 2007年
    発表情報; 海洋開発論文集, 23, 11591164
    著者; 山本 浩一;槻木-加 玲美;速水 祐一;吉野 健児;濱田 孝治;山田 文彦
  • 有明海湾奥部における底泥の物性の変動特性に関する研究; 2007年
    発表情報; 海洋開発論文集, 23, 531536
    著者; 笠置 尚史;山本 浩一;吉野 健児;速水 祐一;濱田 孝治;大串 浩一郎
  • 有明海奥部における表層底質の分布特性と底質環境の形成要因; 2006年
    発表情報; 海岸工学論文集, 53, 961965
    著者; 山本 浩一;速水 祐一;笠置 尚史;宮坂 仁;大串 浩一郎;吉野 健児;平川 隆一
  • Delayed copulation as a means of female choice by the hermit crab Pagurus filholi.; 2006年
    発表情報; Journal of Ethology, 24, 213-218
    著者; Yamanoi, T., Yoshino, K., Kon, K., Goshima, S.
  • Sand banks contribute to the productivity of coastal waters by making habitat for benthic microalgae in sublittoral zone: food web analyses in Aki-Nada using stable isotopes.; 2006年
    発表情報; Plankton and Benthos Research, 1, 155-163
    著者; Yoshino, K., Miyasaka, H., Kawamura, Y., Genkai-Kato, M., Okuda, N., Hayami, Y., Ito, S., Fukumori, K., Sekiguchi, T., Ohnishi, H., Ohmori, K., Takeoka, H.
  • Thermal changes in the gastric evacuation rate of the freshwater sculpin, Cottus nozawae Snyder.; 2005年
    発表情報; Limnology, 6, 169-172
    著者; Miyasaka, H., Kawaguchi, Y., Genkai-Kato, M., Yoshino, K., Ohnishi, H., Kuhara, N., Shibata, Y., Tamate, T., Taniguchi, Y., Urabe, H., Nakano S.
  • Effects of shell fit on the efficacy of mate guarding behaviour in male hermit crabs.; 2004年
    発表情報; Journal of Marine Biological Association of the United Kingdom, 84, 1203-1208.
    著者; Yoshino, K., Ozawa, M., Goshima, S
  • Sexual dominance in hermit crab shell fights: asymmetries in owner-intruder status, crab size and resource value between sexes.; 2002年
    発表情報; Journal of Ethology, 20, 63-69
    著者; Yoshino, K., Goshima S
  • Fighting escalation independent of cost-benefit relationship with shell resource quality in hermit crab Pagurus filholi.; 2002年
    発表情報; Benthos Research, 57, 45-49
    著者; Yoshino, K., Goshima, S.
  • Temporal reproductive patterns within a breeding season of the hermit crab Pagurus filholi: effects of crab size and shell species.; 2002年
    発表情報; Marine Biology, 141, 1069-1075
    著者; Yoshino, K., Goshima, S., Nakao, S.
  • Sexual difference in shell use in the hermit crab Pagurus filholi (De Man) from northern Japan.; 2001年
    発表情報; Crustacean Research, 30, 55-64.
    著者; Yoshino, K., Goshima, S., Nakao, S.
  • Functional roles of gastropod shells in the hermit crab Pagurus filholi: effects of shell size and species on fitness.; 2001年
    発表情報; Benthos Research, 56, 87-93.
    著者; Yoshino, K., Goshima S.
  • Effects of sex ratio on egg extrusion frequency and mating behavior of the spiny king crab Paralithodes brevipes (Decapoda: Lithodidae).; 2000年
    発表情報; , 479-482., 479-482.
    著者; Wada, S., Ashidate, M., Yoshino, K., Sato, T., Goshima, S.
  • Maturity in male stone crab Hapalogaster dentata (Anomura: Lithodidae) and its application for fishery management.; 2000年
    発表情報; Journal of Crustacean Biology, 20, 641-646.
    著者; Goshima, S., Kanazawa, M., Yoshino, K., Wada, S.
  • The interaction between shell size and shell species preferences of the hermit crab Pagurus filholi.; 1999年
    発表情報; Benthos Research, 54, 37-44.
    著者; Yoshino, K., Goshima, S., Nakao, S.

一般講演(学術講演を含む)

  • 有明海北西海域のヨコエビ群集; 2016年10月
    発表情報; 
    著者; 吉野健児・藤井直紀・木村圭・片野俊也・伊藤祐二
  • サルボウの住み着きによる底質・水質改善効果; 2016年09月
    発表情報; 
    著者; 吉野健児・濱田孝治
  • テナガツノヤドカリは捕食者の存在そのものにストレスを受けるか?; 2015年11月
    発表情報; 日本動物行動学会第34回大会
    著者; 深野祥平・古賀庸憲・吉野健児
  • テナガツノヤドカリDiogenes nitidimanusは捕食者の存在によりストレスを受けるか?; 2015年09月
    発表情報; 2015年日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会
    著者; 深野祥平・古賀庸憲・吉野健児
  • 有明海湾奥部におけるサルボウ浮遊幼生と着底稚貝の動向; 2015年03月
    発表情報; 日本生態学会第62回大会 鹿児島 2015年3月
    著者; 吉野健児・藤井直紀・濱田孝治
  • ハクセンシオマネキにおける2つの交尾様式の成功度と巣穴装飾形質の関連; 2014年11月
    発表情報; 日本動物行動学会第33回大会 長崎 2014年11月
    著者; 吉野健児・古賀庸憲・山田純代
  • Alternative mating behaviors in a fiddler crab: female response to males with and without burrow ornamentation.; 2014年09月
    発表情報; IAA & CSJ Joint International Conference on Crustacea, Sapporo Japan, September 20-26.
    著者; Yoshino K, Koga T, Yamada S
  • テナガツノヤドカリが対捕食者反応として雄の二次的形質を縮小させる?; 2014年03月
    発表情報; 日本生態学会第61回大会、広島 2014年3月
    著者; 井上明子・深野祥平・古賀庸憲・吉野健児
  • 和歌川河口におけるユビナガホンヤドカリの塩分耐性と浸透圧調節能力のサイト間変異; 2013年11月
    発表情報; 日本甲殻類学会第51回大会、札幌 2013年11月
    著者; 吉野健児・古賀庸憲・谷口浩一・田坂玲
  • コメツキガニの巣穴を巡る闘争行動:ステータスにより異なる戦略; 2013年11月
    発表情報; 日本動物行動学会第32回大会、広島 2013年11月
    著者; 古賀庸憲・吉野健児・熊谷直紀・池田早登司
  • 有明海におけるダルマゴカイの生活史生態; 2013年10月
    発表情報; 2013年日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会、仙台 10月
    著者; 吉野健児・片野俊也・伊藤祐二・濱田孝治・藤井直紀・速水祐一
  • Benthic community organization in the inner part of Ariake Bay.; 2012年12月
    発表情報; he First Asian Marine Biology Symposium, Phuket, Thaniland, December, 2012.
    著者; Yoshino, K., Katano, T., Ito, Y., Fujii, N., Hamada, T., Hayami Y.
  • 有明海湾奥部ベントス群集の季節変動パターンと形成要因; 2012年10月
    発表情報; 2012年日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会、千葉 10月
    著者; 吉野健児・片野俊也・伊藤祐二・濱田孝治・藤井直紀・速水祐一
  • コメツキガニの巣穴を巡る闘争行動:闘争時間から何が分かるか?; 2012年03月
    発表情報; 第 59回日本生態学会・ 第5回EAFES(東アジア生態学会連合)大会・大津・2012年3月
    著者; 古賀庸憲, 吉野健児, 熊谷直喜, 池田早登司
  • Size- and sex-selective fishing leads to maladaptive sex ratio adjustment by a sex-change shrimp.; 2011年09月
    発表情報; American Fisheries Society 141st Annual Meeting, Seattle, Washington USA. September, 2011.
    著者; Chiba, S., Yoshino, K., Kanaiwa, M., Goshima, S.
  • コメツキガニの巣穴を巡る闘争行動:主に闘争時間について; 2011年09月
    発表情報; 日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会・高知・2011年9月
    著者; 古賀庸憲・吉野健児・池田早登司
  • Cheliped size is a more effective determinant than body size in competition for mates in a hermit crab.; 2011年06月
    発表情報; TCS summer meeting, Honolulu, Hawaii. June 2011.
    著者; Yoshino, K., Koga, T., Oki, S.
  • Contests for multifunctional resources: the effects of qualitatively different factors on resource values and animal personality.; 2011年06月
    発表情報; Ocypodid Biology, symposium at TCS summer meeting, Honolulu, Hawaii. June 2011.
    著者; Koga, T., Yoshino, K., Ikeda, S.
  • 有明海湾奥部のサルボウ軟体部形態の種内変異と懸濁物環境; 2011年04月
    発表情報; 日本貝類学会・福岡・2011年4月
    著者; 吉野健児・片野俊也・速水祐一・濱田孝治・小林元太. 
  • Hypoxic impacts on the benthic community in Ariake Bay; 2011年02月
    発表情報; ASLO, aquatic science meeting, San Juan, Puerto Rico. February 2011.
    著者; Yoshino, K., Katano, T., Hamada, T., Ito, Y., Hayami, Y.
  • 有明海湾奥部におけるサルボウ形態の種内変異; 2010年10月
    発表情報; 日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会,・千葉・2010年10月
    著者; 吉野健児・片野俊也・濱田孝治・速水祐一
  • 有明海湾奥部海域のベントス群集における安定同位体解析; 2009年11月
    発表情報; 日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会・函館・2009年11月
    著者;  吉野健児・山本浩一・加玲美・速水祐一
  • ホンヤドカリPagurus filholiの貝殻探索行動の性差; 2008年11月
    発表情報; 日本甲殻類学会第46回大会
    著者; 吉野健児・五嶋聖治
  • 有明海湾奥部干潟域におけるマクロベントス相; 2008年09月
    発表情報; 日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会講演要旨集
    著者; 吉野健児・山本浩一・速水祐一・濱田孝治・山口創一・大串浩一郎

その他講演

  • 有明海湾奥部におけるベントスの動向; 2014年09月
    発表情報; 2014年日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会、自由集会、広島 2014年9月
    著者; 吉野健児

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • 有明海湾奥部ベントス群集の現在とその形成過程; 2016年03月
    発表情報; 第 4回前海を考えるシンポジウム~鹿島まえうみの調査研究のいま~
    著者; 吉野健児
  • ホンヤドカリの貝殻利用の性差とその背景; 2010年
    発表情報; 日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会・千葉・2010年10月
    著者; 吉野健児
  • Sexual difference in shell species use from similar-sized individuals of the hermit crab Pagurus filholi.; 2009年
    発表情報; TCS summer meeting & CSJ annual meeting, Tokyo, Japan. October 2009.
    著者; Yoshino, K., Goshima, S.


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.