古賀 弘毅コガ ヒロキ

所属:
全学教育機構

著書

  • 佐賀西部方言を「科学」しよう!; 2011年03月
    発表情報; , 1-116
    著者; 古賀弘毅
  • A grammar of case: the head of a semantic filler, but a nominative morpheme; 2000年03月
    発表情報; PhD dissertation, Department of Linguistics, University of Illinois at Urbana-Champaign, 1-185
    著者; Koga, Hiroki
  • Text coherence and readers' knowledge; 1994年05月
    発表情報; Division of International Language, University of Illinois at Urbana-Champaign, 1-109
    著者; Hiroki Koga

原著論文

  • A Descriptive Generalization of Apocope of /u/ and /r/ and Compensatory Geminates of the Non-past Forms; 2016年03月
    発表情報; 佐賀大学全学教育機構紀要, 4, 19-34
    著者; 古賀弘毅
  • 母音化しない硬口蓋歯茎弾き音/r/; 2015年03月
    発表情報; 全学教育機構紀要, 第3号, 1-13
    著者; 
  • The non-vocalizing alveolar tap /r/; 2015年03月
    発表情報; 全学教育機構紀要, 3, 1-13
    著者; KOGA, Hiroki
  • Another allomorph of the negative affix readjusted with a juncture segment at the initial; 2014年03月
    発表情報; 全学教育機構紀要, 2, 73-82
    著者; KOGA, Hiroki
  • The contraction of the unmarked tense morpheme duplicated due to prosodic minimality; 2013年09月
    発表情報; Book of Abstracts of 1st international symposium `Morphology and its Interfaces', Universite Lille 3, Lille, France, 57-60
    著者; ,lga
  • The morphologically regressively assimilated consonants; 2013年01月
    発表情報; International conference on phonetics and phonology 2013, Tokyyo
    著者; 
  • An allomorph of the negative affix readjusted with the junture consonant; 2012年11月
    発表情報; 「地域学への提言」、佐賀大学研究プロジェクト「地域学」創出のための医文理融合型研究報告書(研究代表:山本長次), 157-165
    著者; 古賀弘毅
  • Verbal negative forms with the affix readjusted with the juncture consonant; 2012年
    発表情報; 第145回日本言語学会予稿集、九州大学開催, 280-284
    著者; 古賀弘毅
  • Past affix' selection of verbal stems; 2012年
    発表情報; Proceedings of the 19th international conference on Head-Driven Phrase Structure Grammar, CSLI Publications, Stanford University, CA USA, 232-250
    著者; KOGA, Hiroki
  • Affixes' selections of verbal stems/forms; 2011年11月
    発表情報; 日本言語学会第143大会予稿集, 256-261
    著者; 古賀弘毅
  • Surface constraints on multiple occurrences of the tense expletive; 2010年07月
    発表情報; Proceedings of workshop on morphology and formal grammar, 36-40
    著者; Koga, Hiroki and Koji Ono
  • Consecutive occurrences of the tense expletive: in case of a 'shorter' event-describing morpheme plus /s/; 2010年03月
    発表情報; 佐賀大学留学生センター紀要, 9, 1-14
    著者; Koga, Hiroki
  • Surface constraints on multiple default morphemes of tense; 2009年09月
    発表情報; Proceedings of the 9th international conference on tense, aspect and modality (Chronos 9), Universite Paris-Diderot & University of Chicago Center in Paris, 112-113
    著者; 古賀弘毅、小野浩司
  • 佐賀弁の分析から日本語全般の分析へ; 2007年03月
    発表情報; 第3回人工頭脳工学シンポジウム, 22-23
    著者; 古賀弘毅
  • 言語教育力開発のための文法パーサー実装; 2007年
    発表情報; 第4回日本語教育とコンピューター国際会議 CD, 3-B6, 1-4
    著者; 古賀弘毅
  • Case phrases `left alone' before complementizers, and the semantics of case forms; 2006年03月
    発表情報; 講演論文集、第2回人工頭脳工学シンポジウム、佐賀大学, 26-27
    著者; 古賀弘毅
  • Tense absence in clauses of copula lexically incorporating adjective; 2004年03月
    発表情報; 佐賀大学留学生センター紀要, 4, 17-32
    著者; Koga, Hiroki
  • A constraint-based grammar of case: to correctly predict case phrases occurring without their head verb; 2003年10月
    発表情報; Proceedings of 17th Pacific Asia Conference of Language, Information and Computation (PACLIC 17), Santosa, Singapore, 351-361
    著者; Koga, Hiroki
  • 制約に基づく格の文法:述語復元現象; 2001年03月
    発表情報; 日本語教育論集、関西外国語大学留学生別科, 11, 61-85
    著者; 古賀弘毅
  • An analysis of the semantics of connective /ga/ 'but' with the use of possible worlds; 2000年03月
    発表情報; 関西外国語大学留学生別科紀要, 10, 107-114
    著者; Koga, Hiroki
  • English 'tough' sentence analysis of Japanese 'intransitivized' verbal gerund + 'Ar' ('be') sentences; 1998年
    発表情報; Studies in the Linguistic Science, 28, 1, 137-157
    著者; Koga, Hiroki

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • 佐賀西部方言における追加の「ら」入りの否定形の実証研究; 2012年03月
    発表情報; 研究報告書。佐賀大学研究プロジェクト「地域学」創出のための医文理融合型研究, 5-6
    著者; 古賀弘毅
  • 英語上達の処方箋・理系英語教育者からのメッセージ・第10回「『私の研究は重要だ!』と人に伝える英語表現」; 2008年06月
    発表情報; 『化学』、京都:京都化学同人, 63, 40-41
    著者; 古賀弘毅
  • 補文標識の直前に残された格句と、格形式の意味論; 2006年03月
    発表情報; 第2回人工頭脳工学シンポジウム, 26-27
    著者; 古賀弘毅

一般講演(学術講演を含む)

  • Compensatory geminates in Japanese dialects; 2015年08月
    発表情報; Phonological forum 2015 (Phonological society of Japan), Osaka University at Toyonaka
    著者; 古賀弘毅
  • 尾子音の不生起に対する代償としての長音化と重子音; 2014年12月
    発表情報; 福岡言語学会(Fukuoka Linguistic Circle)
    著者; 
  • 佐賀西部方言の266個の動詞の否定形:追加の「ら」入りの否定形は、どのような言語的環境で生起するか; 2011年09月
    発表情報; 「『地域学』創出のための医文理融合型研究」の2011年度第2回公開研究会
    著者; 古賀弘毅
  • 志を持つこと:周りと関わって生きることから; 2010年01月
    発表情報; 佐賀県小城市芦刈中学校・立志式
    著者; 該当なし
  • 補語(語幹)が差異化された接辞:可能形態と時制の無標形態; 2009年12月
    発表情報; 人工頭脳工学研究会、佐賀大学理工学部にて
    著者; 古賀弘毅
  • 佐賀西部方言を「科学しよう!」シリーズ(4)「佐賀西部方言の可能文「インドネシア語の読みゆっ」はなぜ非文か:可能形態と時制の無標形態との補語(語幹)が差異化された接辞」; 2009年11月
    発表情報; 平成21年度 佐賀大学経済学部・ゆっつらーと館街角大学座学コース第21回
    著者; 該当なし
  • Surface constraints on multiple default morphemes of tense; 2009年09月
    発表情報; Proceedings of 9th International Conference on Tense, Asepect Modality, Universite Paris-Diderot-Paris 7 & University of Chicago Center in Paris, 112-113
    著者; Koga, Hiroki and Koji Ono
  • Surface constraints on multiple default morphemes of tense; 2009年07月
    発表情報; Morphology and Lexicon Forum 2009 (MLF 2009)、東北大学
    著者; Koga, Hiroki and Koji Ono
  • 佐賀弁を科学しよう!(3):関係節:佐賀弁文法の構文解析器における実用化; 2007年12月
    発表情報; 佐賀大学「ゆっつらーと街角大学」2007年度第29回
    著者; 古賀弘毅
  • 言語学における野外手法:インドネシアのブギス語; 2007年06月
    発表情報; 佐賀大学公開講座「人工頭脳工学研究会」07年度前期第5回
    著者; 古賀弘毅
  • 時制の一般化された統語・意味論と境界面の制約; 2006年12月
    発表情報; 福岡言語学会(FLC)平成18年度第3回例会
    著者; 古賀弘毅
  • 佐賀弁と標準語の時制と動詞の形態:佐賀弁文法の構文解析器における実用化(2); 2006年12月
    発表情報; 第33回人工頭脳工学研究会
    著者; 古賀弘毅
  • 佐賀弁を科学しよう!(2):動詞と時制:佐賀弁文法の構文解析器における実用化; 2006年06月
    発表情報; 平成18年度第16回佐賀大学・ゆっつら~と街角大学
    著者; 平成18年度第16回佐賀大学・ゆっつら~と街角大学
  • 生成言語学への導入:言語学の知見を使って、脳における文法の発展を想像してみよう; 2006年03月
    発表情報; 第2回人工頭脳工学シンポジウム
    著者; 古賀弘毅
  • 補文標識の前に残された格句と、格形式の意味論; 2006年01月
    発表情報; 人工頭脳工学研究会・平成17年度公開講座後期編第21回
    著者; 古賀弘毅
  • インドネシア・ムラユー語を習得しよう:言語学の「野外手法」の体験; 2005年10月
    発表情報; 平成17年度第24回佐賀大学・ゆっつら~と街角大学
    著者; 古賀弘毅
  • Tense absence at copula lexically incorporating adjective; 2005年09月
    発表情報; 米国イリノイ大学アーバナ・シャンぺーン校言語学部の週間セミナー
    著者; 古賀弘毅
  • Tense absence at copula lexically incorporating adjective; 2005年06月
    発表情報; 人工頭脳工学研究会・平成17年度公開講座前期編第13回
    著者; 古賀弘毅
  • Tense absence at copula lexically incorporating adjective; 2005年04月
    発表情報; 福岡言語学会(FLC)平成17年度例会
    著者; 古賀弘毅
  • 佐賀弁を科学しよう!:佐賀弁文法の構文解析器における実用化; 2004年06月
    発表情報; 平成16年度佐賀大学・ゆっつら~と街角大学
    著者; 古賀弘毅

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • A Grammar of Tense and Verb Morphemes with the Standard Japanese and the Saga Dialect as its Initial Scope; 2007年09月
    発表情報; 意味論研究会・慶応大学グローバルCOEプログラム「論理と感性の先端的教育研究拠点」共催
    著者; 古賀弘毅
  • 佐賀弁を科学しよう!:日本語の客観的な分析手法を習得する; 2004年10月
    発表情報; 佐賀県国際交流ボランティア研修会日本語支援ボランティア養成講座
    著者; 古賀弘毅


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.