教員活動データベース

氏 名武富 紳也フリガナタケトミ シンヤ
欧文氏名Shinya TAKETOMI
所 属理工学部 機械システム工学科
職 名准教授学位博士(工学)(2006年03月)
電子メールtaketomime.saga-u.ac.jpリンクティーチングポートフォリオ
ホームページhttp://www.me.saga-u.ac.jp/sentan/

教員詳細情報

研究分野・キーワード

  • 機械材料・材料力学,材料強度学,水素脆化

学歴

  • 2001年03月, 東北大学, 工学部, 卒業
  • 2003年03月, 東北大学, 工学研究科, 機械知能工学専攻, 修士課程・博士前期課程, 修了
  • 2006年03月, 東北大学, 工学研究科, バイオロボティクス専攻, 博士課程・博士後期課程, 修了

職歴

  • 2006年04月 - 2006年09月 東北大学 21COEフェロー
  • 2006年10月 - 2008年03月 京都大学 産学連携研究員
  • 2008年04月 - 2011年03月 京都大学 特定助教
  • 2011年04月 - 継続中 佐賀大学大学院工学系研究科機械システム工学専攻 准教授
  • 2015年03月 - 2016年02月 シュトゥットガルト大学 客員研究員

専門分野

  • 機械材料・材料力学, 構造・機能材料, 金属物性・材料, ナノ材料工学

所属学会

  • 日本金属学会, 日本計算力学連合, 日本鉄鋼協会, 日本材料強度学会, 日本機械学会, 日本材料学会

受賞歴

  • 日本機械学会奨励賞(研究) (2011年04月)

現在実施している研究テーマ

  • 水素脆化機構解明に向けた研究
  • 金属中の水素の存在状態に関する研究

主要業績

原著論文

  • Hydrogen-related phenomena due to decreases in lattice defect energies—Molecular dynamics simulations using the embedded atom method potential with pseudo-hydrogen effects; 2014年09月
    発表情報; Computational Materials Science, 92, 362-371
    著者; Ryosuke Matsumoto, Shoichi Seki, Shinya Taketomi, Noriyuki Miyazaki
  • 水素がα鉄中の空孔の生成と拡散挙動に及ぼす影響の第一原理計算:水素助長ひずみ誘起空孔機構に関する考察; 2014年02月
    発表情報; 材料, 63, 2, 182-187
    著者; 松本龍介,西口直,武富紳也,宮崎則幸
  • Molecular Statics Study of the Effect of Hydrogen on Edge Dislocation Motion in Alpha-Fe; 2014年01月
    発表情報; Hydrogen- Materials Interactions, Proceedings of the 2012 International Hydrogen Conference; Eds. Brian Somerday, Petros Sofronis, ASME press, 765-770
    著者; Shinya Taketomi, Ryosuke Matsumoto and Noriyuki Miyazaki
  • Influence of Hydrogen on the Cohesive Energies of Al/Si and Al/Mg2Si Interfaces; 2014年01月
    発表情報; Hydrogen- Materials Interactions, Proceedings of the 2012 International Hydrogen Conference; Eds. Brian Somerday, Petros Sofronis, ASME press, 757-763
    著者; Ryosuke Matsumoto, Tatsuhiro Enomoto, Shinya Taketomi, Noriyuki Miyazaki
  • Hydrogen Concentration Estimation Based on Density Functional Theory in Aluminum and Alpha Iron under Gaseous Hydrogen Environments; 2012年03月
    発表情報; Transactions of the Materials Research Society of Japan, 37, 1, 1-6
    著者; Yasuyuki Sakagami, Ryosuke Matsumoto, Dario Alfe’, Shinya Taketomi Tatsuhiro Enomoto and Noriyuki Miyazaki
  • 擬似的に水素の影響を考慮した鉄EAMポテンシャルの作成と水素ぜい化の分子動力学シミュレーション; 2012年02月
    発表情報; 材料, 61, 2, 175-182
    著者; 関章一,松本龍介,井上義規,武富紳也,宮崎則幸
  • Hydrogen-Grain Boundary Interaction in Fe, Fe-C, and Fe-N Systems; 2011年10月
    発表情報; Progress in Nuclear Science and Technology, 2, 9-15
    著者; Ryosuke Matsumoto, Marika Riku, Shinya Taketomi and Noriyuki Miyazaki
  • Atomistic Study of the Competitive Relationship between Edge Dislocation Motion and Hydrogen Diffusion in Alpha Iron; 2011年05月
    発表情報; Journal of Materials Research, 26, 10, 1269-1278
    著者; Shinya Taketomi, Ryosuke Matsumoto, Noriyuki Miyazaki
  • Hydrogen Diffusion Analyses of a Cracked Steel pipe under Internal Pressure; 2011年03月
    発表情報; International Journal of Hydrogen Energy, 36, 1037-1045
    著者; Kazunori Takayama, Ryosuke Matsumoto, Shinya Taketomi, Noriyuki Miyazaki
  • 水素拡散凝集の力学的制御法とそれに基づく小型試験片による水素脆化敏感性評価試験法の提案; 2011年01月
    発表情報; 日本材料強度学会誌, 44, 4, 59-69
    著者; 大見敏仁,横堀壽光,武富紳也
  • 第一原理計算に基づくAl中の格子欠陥まわりの水素占有率の評価; 2010年08月
    発表情報; 材料, 59, 8, 596-603
    著者; 榎本龍博,松本龍介,武富紳也,宮崎則幸
  • 水素ガス環境下のα鉄における粒界凝集エネルギーに関する原子シミュレーション; 2010年08月
    発表情報; 材料, 59, 8, 589-595
    著者; 陸茉莉花,松本龍介,武富紳也,宮崎則幸
  • Theoretical Clarification of Facet like Fracture in Hydrogen Embrittlement; 2010年01月
    発表情報; Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering, 4, 1, 12-23
    著者; Shinya Taketomi, A. Toshimitsu Yokobori, Jr.
  • Atomistic Study of the effect of Hydrogen on Dislocation emission from a mode II Crack Tip in Alpha Iron; 2010年01月
    発表情報; International Journal of Mechanical Science, 52, 334-338
    著者; Shinya Taketomi, Ryosuke Matsumoto, Noriyuki Miyazaki
  • Atomistic Simulations of Hydrogen Embrittlement; 2009年12月
    発表情報; International Journal of Hydrogen Energy, 34, 9597-9584
    著者; Ryosuke Matsumoto, Shinya Taketomi, Sohei Matsumoto, Noriyuki Miyazaki
  • Estimation of Hydrogen Distribution Around Dislocations Based on First Principle Calculations; 2009年08月
    発表情報; Effect of Hydrogen on Materials, 663-670
    著者; Ryosuke Matsumoto, Shinya Taketomi, Noriyuki Miyazaki
  • Atomistic Study of Hydrogen Diffusion around a Dislocation in Alpha Iron; 2009年08月
    発表情報; Effects of Hydrogen on Materials, 655-662
    著者; Shinya Taketomi, Ryosuke Matsumoto, Noriyuki Miyazaki
  • Influence of the Shear Strain on the Hydrogen Trapped in Bcc-Fe: A First-principles-based Study; 2009年07月
    発表情報; Scripta Materialia, 60, 7, 555-558
    著者; Ryosuke Matsumoto, Yoshinori Inoue, Shinya Taketomi, Noriyuki Miyazaki
  • モードIき裂近傍における転位群と水素の力学的相互作用による水素脆化発現機構; 2008年09月
    発表情報; 日本機械学会論文集A編, 74, 745, 1271-1277
    著者; 武富紳也,横堀壽光
  • Corrosion Fatigue Crack Growth Rate (CFCGR) for Petroleum Refining Pressure Vessel Materials (2.25Cr-1Mo Steel); 2008年09月
    発表情報; Corrosion, 64, 9, 744-750
    著者; Shinya Taketomi, A. Toshimitsu Yokobori, Jr., Kenichi Takei, Yoru Wada, Yasuhiko Tanaka, Tadao Iwadate
  • Atomistic Study of Hydrogen Distribution and Diffusion around a {112}<111> Edge Dislocation in Alpha Iron; 2008年08月
    発表情報; Acta Materialia, 56, 3761-3769
    著者; Shinya Taketomi, Ryosuke Matsumoto, Noriyuki Miyazaki
  • α鉄における{112}<111>刃状転位近傍の水素占有位置に関する原子モデルを用いた研究; 2008年08月
    発表情報; 材料, 57, 8, 768-773
    著者; 武富紳也,松本龍介,宮崎則幸
  • Transient Hydrogen Diffusion Analyses Coupled with Crack-Tip Plasticity under Cyclic Loading; 2008年07月
    発表情報; International Journal of Pressure Vessels and Piping, 85, 540-549
    著者; Hirokazu Kotake, Ryosuke Matsumoto, Shinya Taketomi, Noriyuki Miyazaki
  • Atomistic Simulation of the Effects of Hydrogen on the Mobility of Edge Dislocation in Alpha Iron; 2008年02月
    発表情報; Journal of Materials Science, 43, 3, 1166-1169
    著者; Shinya Taketomi, Ryosuke Matsumoto, Noriyuki Miyazaki
  • 鈍化き裂まわりの非定常な水素拡散-弾塑性連成解析; 2008年01月
    発表情報; 日本機械学会論文集A編, 74, 737, 28-36
    著者; 小竹広和,松本龍介,武富紳也,宮崎則幸
  • The Effect of the Interaction between Dislocations and Hydrogen Around a Crack Tip on Hydrogen Embrittlement Under Cyclic Loading Condition; 2007年01月
    発表情報; Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering, 1, 1, 126-139
    著者; Shinya Taketomi, A. Toshimitsu Yokobori, Jr., Shuichi Takagi
  • Mechanism of Hydrogen Embrittlement Due to the Interaction of a Crack, Moving dislocations and Hydrogen Cluster; 2004年08月
    発表情報; Key Engineering Materials, 261-263, 937-942
    著者; Shinya Taketomi, A. Toshimitsu Yokobori, Jr., Tetsuo Shoji
  • The Mechanism of Hydrogen Embrittlement on the Basis of the Interaction Model of Dislocations and Hydrogen around a Crack Tip; 2004年03月
    発表情報; Strength, Fracture and Complexity an International Journal, 3, 95-109
    著者; A. Toshimitsu Yokobori, Jr., Shinya Taketomi, Jechang Ha, Tetsuo Shoji, G. F. Li
  • 巨視き裂, 転位群と水素の相互作用解析に基づく腐食環境下での延性材料における劈開破壊発現機構; 2003年03月
    発表情報; 日本材料強度学会誌, 37, 1, 1-5
    著者; 横堀壽光,河済昌, 庄子哲雄, 武富紳也, G.F.Li

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • 転位の運動に及ぼす水素濃度の影響評価; 2016年03月
    発表情報; 2014年度 研究助成金受給者 研究報告集 公益財団法人 日揮・実吉奨学会 2016, 33, 158-162
    著者; 武富紳也
  • 第19回分子動力学シンポジウム開催報告; 2014年09月
    発表情報; 材料, 63, 9, 690-690
    著者; 武富紳也
  • 周期構造を有するマグネシウム合金の変形/破壊に関するボトムアップシミュレーション; 2012年03月
    発表情報; 公益財団法人 カシオ科学振興財団 研究助成 成果報告論文集(平成26年度), 37-38
    著者; 武富紳也,只野裕一
  • 転位と水素の相互作用に着目した水素脆化の研究; 2011年07月
    発表情報; 日本機械学会材料力学部門ニュースレター, 35, 8-9
    著者; 武富紳也

一般講演(学術講演を含む)

  • α鉄中の{112}<111>刃状転位の運動速度に及ぼす水素の影響に関する原子シミュレーション; 2016年09月
    発表情報; 日本鉄鋼協会第172回秋季講演大会
    著者; 武富紳也,萩原世也
  • SPH法による弾塑性解析2015年11月; 2015年11月
    発表情報; 日本機械学会第28回計算力学講演会
    著者; 白濱智大, 萩原世也, 武富紳也, 只野裕一, 田中智行
  • Elastic-plastic smoothed particle hydrodynamics method for fluid-structure interaction analysis; 2015年09月
    発表情報; IV International Conference on Particle-Based Methods, Fundamentals and Applications, Particles 2015
    著者; Seiya Hagihara, Tomohiro Shirahama, Shinya Taketomi, Yuichi Tadano, Satoyuki Tanaka
  • Calculation of Stress Intensity Factor Using Meshfree Method with Dynamic Bubble System; 2015年07月
    発表情報; 13th U.S. National Congress on Computational Mechanics
    著者; Seiya Hagihara, Yutaka Hayama, Shinya Taketomi, Yuichi Tadano
  • 有限要素法によるキャスタブル耐火物の乾燥工程における三次元熱―圧力連成解析; 2015年06月
    発表情報; 耐火物技術協会第28回年次学術講演会
    著者; 萩原世也, 富永陽介, 白濵智大, 武富紳也
  • SPH法による弾塑性構成則の検討; 2015年06月
    発表情報; 日本計算工学会計算工学講演会
    著者; 萩原世也, 白濱智大, 武富紳也, 只野裕一, 田中智行
  • Smoothed particle hydrodynamics method for fluid-structure interaction analysis - elastic-plastic analysis of structure -; 2015年04月
    発表情報; 1st Pan American Congress on Computational Mechanics
    著者; Seiya Hagihara, Tomohiro Shirahama, Shinya Taketomi, Yuichi Tadano, Satoyuki Tanaka
  • Hydrogen Enhanced Slip Plane Fracture in Alpha Iron; 2015年03月
    発表情報; EUROMECH Colloquium 577
    著者; S.Taketomi, R.Matsumoto and S.Hagihara
  • SPH法を用いた構造弾塑性シミュレーション; 2014年11月
    発表情報; 第27回計算力学講演会
    著者; 白濱智大, 萩原世也, 武富紳也, 只野裕一, 田中智行
  • Meshfree method with restricting bubble radius for nodal relocation method; 2014年07月
    発表情報; 11th World Congress on Computational Mechanics (WCCMXI)
    著者; S.Hagihara, Y.Hayama, S.Taketomi and Y.Tadano
  • 弾塑性SPH法の検討; 2014年06月
    発表情報; 日本計算工学会計算工学講演会
    著者; 萩原世也、府本翔、武富紳也、只野裕一
  • α鉄中の水素拡散係数に及ぼす応力勾配の影響; 2014年05月
    発表情報; 第19回分子動力学シンポジウム
    著者; 本山武士,武富紳也,萩原世也
  • α鉄のパイエルす障壁と表面エネルギーに及ぼす静水圧の影響に関する分子静力学解析; 2014年05月
    発表情報; 第19回分子動力学シンポジウム
    著者; 片山慧士,丹羽郁帆,武富紳也,萩原世也
  • Smoothed particle hydrodynamics method for elastic-plastic structure; 2014年04月
    発表情報; International Conference on Computational Methods 2014 (ICCM2014)
    著者; S.Hagihara, S.Fumoto, T.Shirahama, S.Taketomi, Y.Tadano and S.Tanaka
  • 人工膝関節の屈曲に関わる形状的要因に関する検討; 2014年03月
    発表情報; 日本機械学会九州支部第67期総会・講演会講演論文集(2013), 212
    著者; 峰松元気, 萩原世也, 武富紳也, 只野裕一, 廣川俊二
  • Adaptive meshfree method with adding and moving nodes for calculation of stress intensity factors; 2013年12月
    発表情報; 5th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics
    著者; S.Hagihara, Y.Hayama, S.Taketomi and Y.Tadano
  • マグネシウムの線膨張率・表面エネルギーの温度依存性に関する原子シミュレーション; 2013年11月
    発表情報; 日本機械学会 第26回計算力学講演会
    著者; 池田将郎,武富紳也,萩原世也
  • SPH法による構造弾塑性解析の検討; 2013年11月
    発表情報; 日本機械学会 第26回計算力学講演会
    著者; 府本翔,萩原世也,武富紳也,只野裕一
  • 打ち抜き加工における延性破壊条件の適用に関する検討; 2013年11月
    発表情報; 日本機械学会 第26回計算力学講演会
    著者; 井手勇輝,田中徹,萩原世也,森孝信,武富紳也,只野裕一
  • き裂問題におけるアダプティブEFGMの解析精度向上の検討; 2013年11月
    発表情報; 日本機械学会 第26回計算力学講演会
    著者; 下原竜太郎,萩原世也,葉山裕,武富紳也,只野裕一
  • 現実的水素濃度条件下におけるα鉄刃状転位の運動に関する原子シミュレーション; 2013年09月
    発表情報; 日本機械学会九州支部鹿児島講演会
    著者; 武富紳也,内田和宏,萩原世也
  • 不定形耐火物の乾燥過程における水蒸気圧の有限要素法解析; 2013年09月
    発表情報; 日本機械学会九州支部鹿児島講演会
    著者; 萩原世也,神尾英俊,葉山裕,武富紳也,只野裕一
  • Visco-elastic SPH method applied to analysis of human head subjected to impacts; 2013年07月
    発表情報; 12th U.S. National Congress on Computational Mechanics (USNCCM12), (2013), 78
    著者; S. Hagihara , S. Fumoto, Y. Hayama1 S. Taketomi and Y. Tadano
  • Dislocation Dynamics Analysis of Hydrogen Embrittlement in Alpha Iron Based on Atomistic Investigations; 2013年06月
    発表情報; 13th International Conference on Fracture, ICF13
    著者; S.Taketomi, H.Imanishi, R.Matsumoto and N.Miyazaki
  • α鉄中の刃状転位の運動に及ぼす水素濃度の影響に関する分子静力学解析; 2013年06月
    発表情報; 第18回分子動力学シンポジウム
    著者; 武富紳也,内田和宏,松本龍介,萩原世也,宮崎則幸
  • EFG法における誤差評価後の節点再配置における移動制限の検討; 2013年06月
    発表情報; 第18回計算工学講演論文集 E-7-1
    著者; 萩原世也,下原竜太郎,葉山裕,武富紳也,只野裕一
  • Adaptive meshfree method with nodal relocation restricting bubble radius applied to crack problems; 2013年05月
    発表情報; International Conference on Computational & Experimental Engineering and Science 2013
    著者; S.Hagihara, Y.Hayama, S.Taketomi and Y.Tadano
  • Adaptive EFG Method with Nodal Relocation for Crack Problems –Bubble Radius and Error Related Approach-; 2012年10月
    発表情報; JSME-CMD ICMS2012
    著者; S.Hagihara, Y.Hayama, S.Taketomi and Y.Tadano
  • アダプティブEFGMにおける節点移動でのバブル半径の影響; 2012年10月
    発表情報; 日本機械学会第25回計算力学講演会
    著者; 下原竜太郎,萩原世也,葉山裕,武富紳也,只野裕一
  • SPH法によるイメージベースド人体頭部の衝撃解析―頭部モデルについての検討―; 2012年10月
    発表情報; 日本機械学会第25回計算力学講演会
    著者; 府本翔,萩原世也,葉山裕,武富紳也,只野裕一
  • α鉄中における応力勾配下での水素拡散エネルギー障壁に関する基礎的検討; 2012年10月
    発表情報; 日本機械学会第25回計算力学講演会
    著者; 武富紳也,木村慎吾,松本龍介,萩原世也,宮崎則幸
  • Molecular Statics Study of the Effect of Hydrogen on Edge Dislocation Motion in Alpha-Fe; 2012年09月
    発表情報; 2012 International Hydrogen Conference (Hydrogen-Materials Interactions)
    著者; S.Taketomi, R.Matsumoto, N.Miyazaki
  • Molecular Dynamics Study of Influence of Hydrogen-Affected Lattice-Defects Energies on Deformation Behaviors of Alpha-Fe; 2012年09月
    発表情報; 2012 International Hydrogen Conference (Hydrogen-Materials Interactions)
    著者; R.Matsumoto, S.Seki, S.Taketomi and N.Miyazaki
  • 転位の易動度に及ぼす水素の影響~計算によるアプローチのレビュー~; 2012年08月
    発表情報; 日本鉄鋼協会(「水素脆化研究の基盤としての材料中の水素解析」フォーラム)
    著者; 松本龍介,武富紳也,宮崎則幸
  • α鉄の転位集積すべり面破壊に及ぼす水素の影響に関する分子静力学解析; 2012年06月
    発表情報; 第17回分子動力学シンポジウム
    著者; 武富紳也, 上田一雄, 松本龍介, 萩原世也, 宮崎則幸
  • α鉄中の水素拡散に及ぼす応力勾配の影響に関する原子モデルを用いた基礎的検討; 2012年03月
    発表情報; 日本機会学会 九州支部 第65期総会・講演会
    著者; 武富紳也,萩原世也
  • α鉄中の転位射出に及ぼす水素の影響; 2012年03月
    発表情報; 東洋大学計算力学研究センター第7回計算力学シンポジウム
    著者; 宮崎則幸, 武富紳也, 松本龍介
  • Development of EAM Potential for Fe with Pseudo-hydrogen Effects and Molecular Dynamics Simulations of Nanoindentation; 2011年12月
    発表情報; The 13 th International Conference on Electronics Materials and Packaging (EMAP2011)
    著者; S.Seki, R.Matsumoto, S.Taketomi and N.Miyazaki
  • 水素の影響を含んだ鉄EAMポテンシャルを用いたナノインデンテーションの分子動力学シミュレーション; 2011年12月
    発表情報; 第21回日本MRS学術シンポジウム
    著者; 松本龍介,関章一,武富紳也,宮崎則幸
  • 擬似的に水素の影響を考慮した鉄EAMポテンシャルによる水素脆化の分子動力学シミュレーション; 2011年10月
    発表情報; 第24回計算力学講演会
    著者; 関章一,松本龍介,武富紳也,宮崎則幸
  • メタダイナミクス法を用いたα鉄中の刃状転位運動の温度依存性に関する解析; 2011年10月
    発表情報; 第24回計算力学講演会
    著者; 神垣沙奈,松本龍介,武富紳也,宮崎則幸
  • Hydrogen Segregation in Al/Si Interface and its Influence on the Cohesive Energy; 2011年09月
    発表情報; 2011 World Congress on Advances in Structural Engineering and Mechanics (ASEM’11)
    著者; R.Matsumoto, T.Enomoto, S.Taketomi and N.Miyazaki
  • Molecular Dynamics Analyses of Crack Growth Behavior in Iron Using EAM Potential Fitted for Hydrogen Effected Defect Energies; 2011年08月
    発表情報; International Workshop on Computational Mechanics of Materials (IWCMM21)
    著者; R.Matsumoto, S.Seki, S.Taketomi and N.Miyazaki
  • 離散転位力学法を用いた水素環境下における転位群とき裂の相互作用解析; 2011年05月
    発表情報; 第1回マルチスケールマテリアルモデリングシンポジウム(第16回分子動力学シンポジウム)
    著者; 武富紳也,今西保奈美,松本龍介,宮崎則幸
  • メタダイナミクス法を用いたα鉄中の転位運動の解析; 2011年05月
    発表情報; 第1回マルチスケールマテリアルモデリングシンポジウム(第16回分子動力学シンポジウム)
    著者; 神垣沙奈,松本龍介,武富紳也,宮崎則幸
  • 水素ガス環境における金属材料中への水素固溶量の第一原理計算; 2011年05月
    発表情報; 第1回マルチスケールマテリアルモデリングシンポジウム(第16回分子動力学シンポジウム)
    著者; 松本龍介,坂上恭之,武富紳也,宮崎則幸
  • Al中の格子欠陥と水素の相互作用に関する第一原理計算; 2011年05月
    発表情報; 第1回マルチスケールマテリアルモデリングシンポジウム(第16回分子動力学シンポジウム)
    著者; 松本龍介,榎本龍博,武富紳也,宮崎則幸
  • 擬似的に水素の影響を考慮した鉄EAMポテンシャルの作成とそれを用いた分子動力学解析; 2011年05月
    発表情報; 第1回マルチスケールマテリアルモデリングシンポジウム(第16回分子動力学シンポジウム)
    著者; 関章一,松本龍介,武富紳也,宮崎則幸

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • Multi Scale simulation of Ductile to Brittle Transition in Alpha Iron: Dislocation Dynamics based on the Atomic Analyses; 2015年10月
    発表情報; The 3rd International Workshops on Advances in Computational Mechanics (IWACOM-III)
    著者; Shinya Taketomi, Keishi Katayama, Seiya Hagihara
  • Atomistic Study of Hydrogen Embrittlement; 2015年03月
    発表情報; 
    著者; Shinya Taketomi
  • 塑性変形の原子レベルシミュレーション; 2013年06月
    発表情報; 塑性加工学会九州支部,第33期支部総会
    著者; 武富紳也
  • 水素脆化プロセスの原子シミュレーション; 2013年04月
    発表情報; M& M
    著者; 武富紳也
  • 鉄の水素脆性に及ぼす環境・力学因子の影響; 2012年11月
    発表情報; 第142回 日本材料学会破壊力学部門委員会
    著者; 武富紳也
  • 環境・力学効果に着目した水素脆化メカニズム; 2011年11月
    発表情報; 日本材料学会 第57回強度設計・安全性評価部門委員会
    著者; 武富紳也
  • ミクロ・メゾスケールシミュレーションによるα鉄の水素脆化メカニズムの考察; 2011年11月
    発表情報; 日本鉄鋼協会 「水素脆化研究の基盤としての材料中の水素の解析」フォーラム
    著者; 武富紳也


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.