詳細検索はこちら

木村 圭キムラ ケイ

所属:
低平地沿岸海域研究センター

著書

  • Marine protist virus (Chapter 20); 2015年
    発表情報; Marine protest, in press
    著者; Yuji Tomaru, Kei Kimura, Keizo Nagasaki

原著論文

  • Occurrence of the planktonic bloom-forming marine diatom Chaetoceros tenuissimus Meunier and its infectious viruses in western Japan.; 2017年07月
    発表情報; Hydrobiologia, in press
    著者; Tomaru Yuji, Toyoda Kenske, Kimura Kei
  • Effects of temperature and salinity on diatom cell lysis by DNA and RNA viruses.; 2017年04月
    発表情報; Aquat Microb Ecol., 79, 79-83
    著者; Kimura K, Tomaru Y
  • Bothrosome Formation in Schizochytrium aggregatum (Labyrinthulomycetes, Stramenopiles) during Zoospore Settlement.; 2016年12月
    発表情報; Protist, in press
    著者; Iwata I, Kimura K, Tomaru Y, Motomura T, Koike K, Koike K, Honda D
  • Phosphotriesterase activity in marine bacteria (Phaeobacter, Ruegeria, and Thalassospira).; 2016年08月
    発表情報; Int Biodeterior Biodegradation., 115, 186-191
    著者; Yamaguchi H, Arisaka H, Seki M, Adachi M, Kimura K, Tomaru Y
  • イメージサイトメトリーを用いた有害赤潮原因渦鞭毛藻の死細胞検出技術の開発.; 2016年01月
    発表情報; 水産技術, 8, 37-44
    著者; 外丸裕司,木村圭,山口晴生
  • Rapid quantification of viable cells of the planktonic diatom Chaetoceros tenuissimus and associated RNA viruses in culture.; 2016年01月
    発表情報; Plankton Benthos Res., 11, 9-16
    著者; Tomaru Y, Kimura K
  • 滅菌処理した表面微細凸凹寒天培地による有害赤潮藻類の培養.; 2016年01月
    発表情報; 日本藻類学会誌, in press
    著者; 山口晴生,早川由真,関美紀,足立真佐雄,木村圭,外丸裕司
  • Discovery of Two Novel Viruses Expands the Diversity of Single-Stranded DNA and Single-Stranded RNA Viruses Infecting a Cosmopolitan Marine Diatom; 2015年
    発表情報; Appl Environ Microbiol, 81, 1120-1131
    著者; Kei Kimura, Yuji Tomaru
  • RNA sequencing revealed numerous polyketide synthase gene in the harmful dinoflagellate Karenia mikimotoi.; 2015年
    発表情報; PLOS ONE, 10, e0142731
    著者; Kimura K, Okuda S, Nakayama K, Shikata T, Takahashi F, Yamaguchi H, Skamoto S, Yamaguchi M, Tomaru Y
  • Coculture with marine bacteria confers resistance to complete viral lysis of diatom cultures; 2014年
    発表情報; Aquat Microb Ecol, 73, 69-80
    著者; Kei Kimura, Yuji Tomaru
  • Temperature alters algicidal activity of DNA and RNA viruses infecting Chaetoceros tenuissimus Meunier; 2014年
    発表情報; Aquat Microb Ecol, 73, 171-183
    著者; Yuji Tomaru, Kei Kimura, Haruo Yamaguchi
  • Establishment of a bacterial expression system and immunoassay platform for the major capsid protein of HcRNAV, a dinoflagellate-infecting RNA virus; 2013年
    発表情報; Microbes Environ, 27, 483-489
    著者; Kei Wada, Kei Kimura, Akifumi Hasegawa, Keiichi Fukuyama, Keizo Nagasaki
  • Isolation and characterization of a single-stranded RNA virus that infects the marine planktonic diatom Chaetoceros sp. (SS08-C03); 2013年
    発表情報; Phycol Res, 61, 27-36
    著者; Yuji Tomaru, Kensuke Toyoda, Kei Kimura, Yoshitake Takao, Sakurada Kiyonari, Natuko Nakayama, Keizo Nagasaki
  • A unique method for culturing diatoms on agar plates; 2013年
    発表情報; Plankton Benthos Res, 8, 1-3
    著者; Kei Kimura, Yuji Tomaru
  • Isolation and characterization of a single-stranded DNA virus infecting the marine diatom Chaetoceros sp. strain SS628-11 isolated from western Japan; 2013年
    発表情報; PloS one, 8, e82013
    著者; Kei Kimura, Yuji Tomaru
  • New single-stranded DNA virus with a unique genomic structure that infects marine diatom Chaetoceros setoensis; 2013年
    発表情報; Scientific Reports, 3, 3337
    著者; Yuji Tomaru, Kensuke Toyoda, Hidekazu Suzuki, Tamotsu Nagumo, Kei Kimura, Yoshitake Takao
  • Isolation and characterization of a single-stranded DNA virus infecting the marine planktonic diatom Chaetoceros sp. (TG07-C28); 2012年
    発表情報; Plankton Benthos Res, 7, 20-28
    著者; Kensuke Toyoda, Kei Kimura, Naotsugu Hata, Natsuko Nakayama, Keizo Nagasaki, Yuji Tomaru
  • First evidence for the existence of pennate diatom viruses; 2012年
    発表情報; ISME J, 6, 1445-1448
    著者; Yuji Tomaru, Kensuke Toyoda, Kei Kimura, Naotsugu Hata, Mikihide Yoshida, Keizo Nagasaki
  • Ultrastructural observation of natural field phytoplankton cells by using rapid freezing and freeze substitution; 2012年
    発表情報; Plankton Benthos Res, 7, 126-134
    著者; Kei Kimura, Yuji Tomaru, Keizo Nagasaki
  • Disappearance of male mitochondrial DNA after the four-cell stage in sporophytes of the isogamous brown alga Scytosiphon lomentaria (Scytosiphonaceae, Phaeophyceae); 2010年
    発表情報; J Phycol, 46, 143-152
    著者; Kei Kimura, Chikako Nagasato, Kazuhiro Kogame, Taizo Motomura
  • Cytoplasmic inheritance of organelles in brown algae; 2010年
    発表情報; J Plant Res, 123, 185-192
    著者; Taizo Motomura, Chikako Nagasato, Kei Kimura
  • The Ectocarpus genome and the independent evolution of multicellularity in the brown algae; 2010年
    発表情報; Nature, 465, 617-621
    著者; J, Mark Cock,,, 73 peoples ,,,Kei Kimura et. al
  • Sperm mitochondrial DNA elimination in the zygote of the oogamous brown alga Undaria pinnatifida (Laminariales, Phaeophyceae); 2010年
    発表情報; Cytologia, 75, 353-361
    著者; Kei Kimura, Chikako Nagasato, Shinya Uwai, Taizo Motomura
  • Homologs of the Sexually Induced Gene 1 (sig1) Product constitute the Stramenopile Mastigonemes; 2007年
    発表情報; Protist, 158, 77-88
    著者; Daiske Honda, Takanori Shono, Kei Kimura, Satoshi Fujita, Mineo Iseki, Yumiko Makino, Akio Murakami

一般講演(学術講演を含む)

  • Dynamics of Chaetoceros tenuissimus and its infectious viruses for five years in Hiroshima Bay; 2017年08月
    発表情報; The 15th International Congress of Protistology
    著者; Kei Kimura, Yuji Tomaru
  • Effects of temperature and salinity on virus-mediated diatom cell death; 2017年08月
    発表情報; The 15th International Congress of Protistology
    著者; Yuji Tomaru, Kei Kimura
  • Optimum environmental conditions for virus mediated diatom cell lysis are highly diverse among virus species and isolates; 2017年07月
    発表情報; Molecular Life of Diatoms 2017
    著者; Yuji Tomaru, Kei Kimura
  • Dynamics of Chaetoceros tenuissimus and its infectious viruses for five years in Hiroshima Bay; 2017年07月
    発表情報; Molecular Life of Diatoms 2017
    著者; Kei Kimura, Yuji Tomaru
  • 冬季有明海における珪藻Skeletonema群集の種動態解明; 2017年03月
    発表情報; 日本藻類学会第41回大会
    著者; 木村圭,松原賢,吉武愛子,堀恭子,三根崇幸
  • 海産珪藻Chaetoceros tenuissimusはウイルスとともに西日本沿岸域に広く分布する; 2017年03月
    発表情報; 日本藻類学会第41回大会
    著者; 外丸裕司,木村圭,豊田健介
  • 本邦沿岸域における海産浮遊性珪藻Chaetoceros tenuissimusと本種感染性ウイルスの分布; 2017年03月
    発表情報; 平成28年度日本水産学会春季大会
    著者; 外丸裕司,木村圭,豊田健介
  • 長期調査による珪藻とそれに感染するウイルスの生態学的関係の解明; 2016年10月
    発表情報; 日本微生物生態学会第31回大会
    著者; 木村圭,外丸裕司
  • 広島湾における長期高頻度調査に基づいた珪藻とウイルスの生態学的研究; 2016年09月
    発表情報; 2016年日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会
    著者; 木村圭,外丸裕司
  • Observation of zoospore settlement focusing on the development of actin filaments (Labyrinthulea, Stramenopiles).; 2016年06月
    発表情報; Protist-2016
    著者; Izumi Iwata , Kei Kimura, Yuji Tomaru, Taizo Motomura, Kanae Koike, Kazuhiro Koike
  • 長期間にわたる高頻度調査に基づいた珪藻とウイルスの生態学的研究; 2016年03月
    発表情報; 日本藻類学会第40回大会
    著者; 木村圭,外丸裕司
  • イメージサイトメーターを用いた赤潮藻Karenia mikimotoiの死細胞検出; 2016年03月
    発表情報; 日本藻類学会第40回大会
    著者; 外丸裕司,木村圭,山口晴生
  • ラビリンチュラ類を特徴付けるボスロソームの形成過程におけるアクチンの局在の変化の観察; 2016年03月
    発表情報; 日本藻類学会第40回大会
    著者; 岩田いづみ,木村圭,外丸裕司,本村泰三,小池香苗,小池一彦,本多大輔
  • 小型珪藻個Chaetoceros tenuissimusの生細胞とそれに感染するRNAウイルスの簡易計数法の開発; 2016年03月
    発表情報; 2015年度海洋学会大会春季大会
    著者; 外丸裕司,木村圭
  • NASBA法と核酸クロマトグラフを用いた赤潮原因珪藻の簡易生理状態判定キットの開発~リン酸塩欠乏状態の場合~; 2016年03月
    発表情報; 平成27年度日本水産学会春季大会
    著者; 外丸裕司,山口晴生,木村圭,滝野ちあき,宇治家武史
  • 小型珪藻Chaetoceros tenuissimusとそれに感染するRNAウイルスCtenRNAVの簡易計数法の開発; 2016年03月
    発表情報; 平成27年度日本水産学会春季大会
    著者; 外丸裕司,木村圭
  • 表面微細凸凹寒天培地による有害赤潮藻類の培養の試み; 2016年03月
    発表情報; 平成27年度日本水産学会春季大会
    著者; 山口晴生,早川由真,関美樹,足立真佐雄,木村圭,外丸裕司
  • 寄生性真核微生物は貝毒対策の救世主となるか?; 2015年09月
    発表情報; 平成27年度日本水産学会秋季大会シンポジウム
    著者; 山口峰生,坂本節子,木村圭,加賀新之助,加賀克昌,内記公明
  • Basic characteristic of marine diatom viruses and their ecology.; 2015年07月
    発表情報; Molecular Life of Diatoms 2015
    著者; Yuji Tomaru, Kei Kimura
  • Intraspecies host specificity of DNA/RNA viruses that infect marine planktonic diatom Chaetoceros tenuissimus.; 2015年07月
    発表情報; Molecular Life of Diatoms 2015
    著者; Kei Kimura, Yuji Tomaru
  • 遊走細胞着生時における形態変化の観察 −ボスロソームの形成過程について−; 2015年07月
    発表情報; ラビリンチュラ・シンポジウム
    著者; 岩田いづみ,木村圭,外丸裕司,本村泰三,本多大輔
  • 珪藻とウイルスの生理・生態学:珪藻はウイルスと共存する?; 2015年04月
    発表情報; つくば藻類・プロティストフォーラム
    著者; 木村圭
  • 珪藻Chaetoceros tenuissimusとDNA/RNAウイルスの感染特異性; 2015年03月
    発表情報; 日本藻類学会第39回大会
    著者; 木村圭,外丸裕司
  • 珪藻個体群のウイルス感受性は増殖フェーズによって変化するか?; 2015年03月
    発表情報; 日本藻類学会第39回大会
    著者; 外丸裕司,木村圭
  • 珪藻個体群はウイルス存在下でも直ちに崩壊しない; 2015年03月
    発表情報; 日本海洋学会2015年度春季大会
    著者; 外丸裕司,木村圭
  • 珪藻Chaetoceros tenuissimusに感染するDNA/RNAウイルスの感染特異性と感染を支配する要因; 2015年
    発表情報; 日本微生物生態学会第30回大会
    著者; 木村圭,外丸裕司

総説

  • Marine diatom viruses and their hosts: Resistance mechanisms and population dynamics; 2015年
    発表情報; Perspective in Phycology, in press
    著者; Yuji Tomaru, Kei Kimura, Kensuke Toyoda
  • 珪藻ウイルスの生態学 〜ガラスの鎧を持つ生物に感染するウイルス〜; 2015年
    発表情報; 生物の科学 遺伝, 69, 4, 284-289
    著者; 外丸裕司, 木村圭
  • 海洋真核性微細藻類ウイルスの現状と生態学的研究; 2015年
    発表情報; ウイルス, in press
    著者; 木村圭, 外丸裕司

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • 珪藻とウイルスの生理・生態学:珪藻はウイルスと共存する?; 2015年04月
    発表情報; つくば藻類・プロティストフォーラム
    著者; 木村圭
  • 珪藻Chaetoceros tenuissimusとそれに感染するウイルスの鬩ぎ合いと共生関係; 2015年
    発表情報; 日本微生物生態学会第30回大会
    著者; 木村圭,外丸裕司


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.