詳細検索はこちら

萱島 知子カヤシマ トモコ

所属:
教育学部 学校教育講座

著書

  • 小学校家庭科の授業をつくる 理論・実践の基礎知識、第Ⅲ部第9章「食生活の基礎知識」(pp.148-150、 152-157、 166-167); 2017年05月
    発表情報; 学術図書出版
    著者; 浅井玲子、増田仁、竹下浩子、山本奈美、財津庸子、土屋善和、伊波富久美、山口明美、柳昌子、小島郷子、永田晴子、小野寺泰子、萱島知子、甲斐今日子、都甲由紀子、國吉真哉、澤島智明
  • 家庭科の授業をつくる-授業技術と基礎知識-小学校編、第Ⅲ部第2章「食生活の基礎知識」(pp.141-156)  ; 2009年05月
    発表情報; 学術図書
    著者; 中屋紀子・柳昌子(編)、赤碕真弓、赤星礼子、井川佳子、市原俊和、小川裕子、甲斐今日子、萱島知子、貴志倫子、小島郷子、小林久美、澤島智明、永田晴子、長山芳子、増田仁、吉原崇恵

原著論文

  • Soy protein isolate suppresses lipodystrophy-induced hepatic lipid accumulation in model mice.; 2017年02月
    発表情報; Journal of Oleo Science, 66, 2, 161-169
    著者; Kouji Nagao, Akiko Matsumoto, Shunichi Kai, Tomoko Kayashima, Teruyoshi Yanagita
  • Carnosic acid protects starvation-induced SHSY5Y cell death through Erk1/2 and Akt pathways, autophagy, and FoxO3a; 2016年06月
    発表情報; International Journal of Food Sciences and Nutrition, Jul 19, 1-6
    著者; Sachi Shibata, Hiroyuki Ishitobi, Shigeru Miyaki, Tomohiro Kawaoka, Tomoko Kayashima & Kiminori Matsubara
  • Cecal succinate elevated by some dietary polyphenols may inhibit colon cancer cell proliferation and angiogenesis.; 2014年05月
    発表情報; Journal of Agricultural and Food Chemistry, 62, 24, 5589-5594
    著者; Haraguchi Tomoaki, Kayashima Tomoko, Okazaki Yukako, Inoue Junji, Mineo Shigeru, Matsubara Kiminori, Sakaguchi Ei, Yanaka Noriyuki, Kato Norihisa
  • 家庭科における食情報に関する授業開発:高等学校「家庭基礎」における生徒の記述分析から; 2013年12月
    発表情報; 日本教科教育学会誌, 36, 3, 49-57
    著者; 萱島知子,高橋美与子,鈴木明子
  • Antiangiogenic effect of carnosic Acid and carnosol, neuroprotective compounds in rosemary leaves.; 2012年01月
    発表情報; Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 76, 1, 115-119
    著者; Tomoko Kayashima, Kiminori Matsubara
  • Consumption of vitamin B6 reduces colonic damage and protein expression of HSP70 and HO-1, the anti-tumor targets, in rats exposed to 1,2-dimethylhydrazine; 2011年07月
    発表情報; Oncology Letters, 2, 1243-1246
    著者; Tomoko Kayashima, Kenta Tanaka, Yukako Okazaki, Kiminori Matsubara, Noriyuki Yanaka, Norihisa Kato
  • Synthesis and biological evaluation of vitamin K derivatives as angiogenesis inhibitor; 2010年09月
    発表情報; Bioorganic and Medicinal Chemistry, 18, 17, 6305-6309
    著者; Tomoko Kayashima, Masaharu Mori, Ryo Mizutani, Kazuyuki Nishio, Kouji Kuramochi, Kazunori Tsubaki, Hiromi Yoshida, Yoshiyuki Mizushina, Kiminori Matsubara
  • Inhibitory effects of vitamin K3 on DNA polymerase and angiogenesis; 2008年11月
    発表情報; International Journal of Molecular Medicine, 22, 3, 381-387
    著者; Kiminori Matsubara, Tomoko Kayashima, Masaharu Mori, Hiromi Yoshida, Yoshiyuki Mizushina
  • 消費者雑誌にみる食品の機能性の記事に関する研究; 2008年09月
    発表情報; 日本食生活学会誌 = Journal for the integrated study of dietary habits, 19, 2, 124131
    著者; 萱島 知子;井川 佳子
  • Dietary lectin lowers serum cholesterol and raises fecal neutral sterols in cholesterol-fed rats; 2005年
    発表情報; Journal of Nutritional Science and Vitaminology, 51, 5, 343-348
    著者; Tomoko Kayashima,Yukako Okazaki,Tetsuyuki Katayama,Kanji Hori
  • 高コレステロール食摂取ラットにおける食餌レクチンの血清コレステロール低下作用; 2004年
    発表情報; , 21, 4349
    著者; 萱島 知子;片山 徹之
  • Effect of dietary phytic acid on hepatic activities of lipogenic and drug metabolizing enzymes in rats fed 1,1,1-trichloro-2,2-bis(P-chlorophenyl) ethane (DDT); 2003年
    発表情報; Nutrition Research, 23, 8, 1089-1096
    著者; Yukako Okazaki, Tomoko Kayashima, Tetsuyuki Katayama
  • Oxalic acid is available as a natural antioxidant in some systems; 2002年
    発表情報; Biochimica et Biophysica Acta, 1573, 1, 1-3
    著者; Tomoko Kayashima, Tetsuyuki Katayama

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • ノビルの利用状況に関する調査; 2017年08月
    発表情報; 佐賀大学教育学部研究論文集, 第2集, 第1号, 43-49
    著者; 萱島知子、越智彩子
  • だしに関する食生活の現状:大学生を対象とした調査から; 2017年01月
    発表情報; 佐賀大学教育学部研究論文集, 1, 2, 63-70
    著者; 武藤 嘉則,萱島 知子
  • ローズマリー成分カルノシン酸の血管新生抑制作用と皮膚保護作用; 2012年
    発表情報; アロマリサーチ, 13, 319-322
    著者; 松原主典、萱島知子
  • 家庭科の学習内容に関する一考察--食情報の取り扱いを中心に; 2006年
    発表情報; , 55, 399408
    著者; 萱島 知子

一般講演(学術講演を含む)

  • 拘束ストレス負荷マウスに対する カルノシン酸の抗ストレス効果の検討; 2017年05月
    発表情報; 日本家政学会第69回大会(奈良女子大学), p.137
    著者; Nong Quynh Nga、萱島知子、畑中悠花、柴田紗知、上野純弥、永尾晃治、松原主典
  • ローズマリーのハーブティー摂取が心拍変動・筋温・エネルギー代謝に与える影響; 2016年10月
    発表情報; 2016(平成28年)年度(社)日本家政学会九州支部第62回大会(鹿児島大学), 要旨集 p.14
    著者; 萱島知子、吉野将史、Nong Quynh Nga、町田正直
  • 大学生のだしに関する食生活の実態調査; 2016年05月
    発表情報; 日本家政学会平成28年度大会(金城学院大学)
    著者; 武藤嘉則,萱島知子
  • ローズマリー成分カルノシン酸の摂取が拘束ストレス負荷マウスに与える影響; 2016年05月
    発表情報; 日本家政学会平成28年度大会(金城学院大学)
    著者; 畑中悠花,萱島知子,筆本悠希,柴田紗知,上野純弥,永尾晃治,松原主典
  • カルノシン酸の新規作用機構と脳機能保護効果; 2016年03月
    発表情報; 日本農芸化学会2016年大会(札幌コンベンションセンター)
    著者; 柴田紗知, 石飛博之,味八木茂, 萱島知子, 川岡 知博, 松原主典
  • あごだし調理による鶏肉団子の脂質酸化抑制効果に関する検討; 2015年05月
    発表情報; 日本家政学会平成27年度大会(アイーナ いわて県民情報交流センター)
    著者; 萱島知子,古賀有貴,中島公大,伊豆英恵,冨永美穂子
  • 低用量のエタノール摂取による変形性関節症予防効果; 2015年03月
    発表情報; 日本農芸化学会2015年大会(岡山大学)
    著者; 柴田紗知, 味八木茂, 石飛博之,萱島知子, 伊豆英恵, 藤井力, 松原主典
  • 少量アルコール摂取の健康機能―変形性関節症予防効果に着目して―; 2014年08月
    発表情報; 日本調理科学会平成26年度大会(県立広島大学)
    著者; 柴田紗知, 味八木茂, 萱島知子, 伊豆英恵, 藤井力, 松原主典
  • ローズマリー成分の卵巣腫瘍細胞に対する抑制効果; 2014年05月
    発表情報; 日本家政学会第66回大会(北九州国際会議場)
    著者; 河原咲子,萱島知子,松原主典
  • カルノシン酸の神経細胞保護作用機構と経口摂取による効果の検討; 2013年05月
    発表情報; 日本家政学会第65回大会(昭和女子大学)
    著者; 柴田紗知,丸橋里紗,萱島知子,松原主典
  • 大学生の食情報の受けとり方とその課題; 2013年05月
    発表情報; 日本家政学会第65回大会(昭和女子大学)
    著者; 萱島知子,田島彩央李
  • カルノシン酸及びスルフォラファンの神経細胞保護作用機序; 2013年03月
    発表情報; 日本農芸化学会2013年大会(東北大学)
    著者; 柴田紗知,萱島知子,松原主典
  • ローズマリー成分カルノシン酸の神経細胞保護作用とその作用機序; 2012年09月
    発表情報; 日本農芸化学中四国支部第35回講演会(例会)(高知大学)
    著者; 柴田紗知,萱島知子,松原主典  
  • あごだしの抗酸化効果に関する検討; 2012年09月
    発表情報; 日本家政学会 九州支部 第59回大会(尚絅大学)
    著者; 土井香織,冨永美穂子,萱島知子
  • ローズマリー成分カルノシン酸の神経細胞保護作用; 2012年05月
    発表情報; 日本家政学会第64回大会(大阪市立大学)
    著者; 柴田紗知,萱島知子,松原主典
  • Antiangiogenic effect of carnosic acid and carnosol, neuroprotective compounds in rosemary leaves; 2011年11月
    発表情報; International Society for Nutraceuticals and Functional Foods(ロイトン札幌)
    著者; Tomoko Kayashima, Sachi Shibata, Kiminori Matsubara


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.