安永 健ヤスナガ タケシ

所属:
海洋エネルギー研究センター

著書

  • 造水技術ハンドブック<追補版>; 2014年04月
    発表情報; 10 エネルギー回収装置, 93-95
    著者; 編集企画委員会編集

原著論文

  • サイクル解析に基づいた海洋温度差発電ポテンシャルモデルの構築; 2017年08月
    発表情報; システム制御情報学論文集, 30, 8, 297-304
    著者; 松田吉隆,浦吉大輝,杉剛直,後藤聡,森崎敬史,安永健,池上康之
  • Liquid Level Control of Separator in an OTEC Plant with Uehara Cycle; 2016年12月
    発表情報; Trans of the institute system, control and Information Engineer, 29, 12, 353-543
    著者; Yoshitaka Matsuda, Satoru Goto, Takenao Sugi, Takafumi Morisaki, Takeshi Yasunaga and Yasuyuki Ikegami
  • THE VISUALIZATION OF PHASE CHANGE PHENOMENA IN HERRINGBONE TYPE PLATE HEAT EXCHANGER USING 3D-PRINTER; 2016年08月
    発表情報; The 27th ISTP (International Symposium on Transport Phenomena)
    著者; M. NAKAMURA, Y. KAWABATA, T. YASUNAGA and Y. IKEGAMI
  • ウエハラサイクルを用いた海洋温度差発電プラントのシミュレーションモデル構成; 2009年02月
    発表情報; 電気学会論文誌. B, 129, 2, 272282
    著者; 後藤 聡;本嶋 良樹;杉 剛直;安永 健;池上 康之;中村 政俊
  • スプレーフラッシュ蒸発式海水淡水化システムのシミュレーションモデル構成; 2008年08月
    発表情報; 電気学会論文誌. B, 128, 8, 993999
    著者; 後藤 聡;山本 雄史;杉 剛直;安永 健;池上 康之;中村 政俊
  • アンモニア/水を作動流体としてシェル&プレート式熱交換器を用いた海洋温度差発電の性能評価 : 熱源の温度および流量の影響(熱工学,内燃機関,動力など); 2008年02月
    発表情報; 日本機械学會論文集. B編, 74, 738, 445452
    著者; 安永 健;池上 康之;門出 政則
  • ウエハラサイクルを用いた海洋温度差発電の作動流体の最適組成に関する研究; 2006年02月
    発表情報; 日本海水学会誌, 60, 1, 3946
    著者; 池上 康之;安永 健;原田 英光
  • ウエハラサイクルを用いた海洋温度差発電システムの性能試験; 2006年02月
    発表情報; 日本海水学会誌, 60, 1, 3238
    著者; 池上 康之;安永 健;原田 英光

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • 久米島における海洋温度差発電複合利用のための海洋調査; 2016年10月
    発表情報; OTEC, 21, 26-34
    著者; 池上 康之, 安永 健,浦田 和也,西村 龍馬,鎌野 忠,西田 哲也
  • 海洋温度差発電ポテンシャル評価; 2015年07月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 20, 2131
    著者; 森﨑 敬史;安永 健;池上 康之
  • アンモニア/水を作動流体として用いた30KW OTECシステムの性能評価--熱源の温度および流量の影響; 2008年03月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 13, 8794
    著者; 安永 健;池上 康之;門出 政則
  • アンモニア/水を作動流体として用いた30KW OTECシステムの性能評価--アンモニア/水の組成の影響; 2008年03月
    発表情報; 佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC, 13, 95102
    著者; 安永 健;池上 康之;麻生 裕之;門出 政則

一般講演(学術講演を含む)

  • ランキンサイクルを用いたOTEC発電システムの設計手法に関する研究; 2017年06月
    発表情報; 第22回動力・エネルギー技術シンポジウム, E125
    著者; 野口 貴史, 安永 健, 森崎 敬史, 中野 裕貴, 池上 康之
  • OTECの有効熱エネルギーに関する研究; 2017年06月
    発表情報; 第22回動力・エネルギー技術シンポジウム, E124
    著者; 安永 健, 森﨑 敬史, 池上 康之
  • 海底熱水温度差発電システムの性能解析に関する研究; 2017年06月
    発表情報; 第22回動力・エネルギー技術シンポジウム, E126
    著者; Parametric Analysis of Thermal Energy Conversion System Using Submarine Hydrothermal
  • 2段ランキンサイクル海洋温度差発電プラントのシミュレータに基づく遠隔操作Webアプリケーション開発; 2016年12月
    発表情報; 第17回システムインテグレーション部門講演会(SI2016), 544-548
    著者; 松田吉隆,杉剛直,後藤聡,森崎敬史,安永健,池上康之,江頭成人
  • Model Construction of Warm Water Temperature of Heat Source in an OTEC Experimental Plant via Stochastic Process; 2016年11月
    発表情報; The 48th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, 4, 5, 70-75
    著者; Yoshitaka Matsuda, Satoru Goto, Takenao Sugi, Takafumi Morisaki, Takeshi Yasunaga, Yasuyuki Ikegami
  • プレート式熱交換器における液相への空気混入による熱伝達促進; 2016年10月
    発表情報; 熱工学コンファレンス2016講演論文集, C112
    著者; Sami Mutair, Takeshi Yasunaga, Takafumi Morisaki, Yasuyuki Ikegami
  • 多段ランキンサイクルにおける熱源間温度差と最大出力に関する研究; 2016年10月
    発表情報; 熱工学コンファレンス2016講演論文集, D214
    著者; 森崎敬史,安永健,池上康之
  • プレート式熱交換器における蒸発および凝縮現象の可視化に関する研究(入口クオリティの影響); 2016年10月
    発表情報; 熱工学コンファレンス2016講演論文集, C111
    著者; 中村 真嘉, 川畑 佑介, 安永 健, 池上 康之
  • 海洋熱エネルギーを利用した海水淡水化システムの最大回収率に関する研究; 2016年06月
    発表情報; 日本海水学会大会講演要旨, 70, 3, 2016
    著者; 安永健,Sami Mutair, 森崎敬史,池上康之
  • 多段ランキンサイクルを用いた海洋温度差発電の海水取水量低減化に関する研究; 2016年06月
    発表情報; 第21回動力・エネルギーシンポジウム講演論文集, 2016, E123
    著者; 野口貴史,中野裕貴,森崎敬史,安永健,池上康之
  • 多段ランキンサイクルを用いたOTEC発電システムの設計手法に関する研究; 2016年06月
    発表情報; 第21回動力・エネルギーシンポジウム講演論文集, E124
    著者; 安永健,森崎敬史,楠田英介,中野裕貴,池上康之
  • The Advanced Technology and The Future Concept for OTEC in Japan and The World; 2016年03月
    発表情報; Island Environment and Climate Change in Asia-Pacific Region
    著者; Takeshi Yasunaga
  • 海洋温度差発電実験プラント温熱源の温水温度実験データを用いた動的モデル構築; 2016年
    発表情報; 自動制御連合講演会講演論文集, 59, 0, 748752
    著者; 島田 典;松田 吉隆;杉 剛直;後藤 聡;森崎 敬史;安永 健;池上 康之
  • 海洋温度差発電プラント遠隔監視システムのユーザインターフェイス機能の向上; 2016年
    発表情報; 自動制御連合講演会講演論文集, 59, 0, 3944
    著者; 上野 智広;松田 吉隆;杉 剛直;後藤 聡;森崎 敬史;安永 健;池上 康之;江頭 成人
  • 多段ランキンサイクルを用いたOTECによる海水流量低減の検討; 2015年11月
    発表情報; 海洋深層水利用学会全国大会
    著者; 安永健,森崎敬史,池上康之
  • 久米島海洋深層水を利用した海水淡水化装置の連続運転; 2015年11月
    発表情報; 海洋深層水利用学会全国大会
    著者; 池上康之,岩崎君夫,安永健,浦田和也,兼島盛吉
  • Multi-Stage Cycle for Advanced OTEC System in Saga University; 2015年09月
    発表情報; 3rd Int. OTEC Symposium
    著者; Takeshi YASUNAGA, Takafumi MORISAKI and Yasuyuki IKEGAMI
  • 低温度差発電のエクセルギーと熱機関の最大出力を用いた評価方法の検討; 2015年09月
    発表情報; 熱工学コンファレンス, C134
    著者; 安永健,森崎敬史,池上康之
  • 多段ランキンサイクルにおける伝熱性能と段数の影響; 2015年08月
    発表情報; 日本機械学会九州支部長崎講演会, E15
    著者; 楠田英佑,森崎敬史,安永健,池上康之
  • プレート式熱交換器の二相状態における可視化と伝熱性能; 2015年07月
    発表情報; 日本機械学会九州支部長崎講演会, E17
    著者; 中村真嘉,川畑佑介,安永健,池上康之
  • D117 アンモニア/水を作動流体として用いた海洋温度差発電システムに関する実験的研究(温度差・太陽,OS-2 自然エネルギー(1),一般講演,地球温暖化防止と動力エネルギー技術); 2008年06月
    発表情報; , 2008, 13, 185186
    著者; 池上 康之;麻生 裕之;安永 健;稲富 純一;後藤 寛和
  • D116 低温度差エネルギーを利用した再生可能システムの評価(温度差・太陽,OS-2 自然エネルギー(1),一般講演,地球温暖化防止と動力エネルギー技術); 2008年06月
    発表情報; , 2008, 13, 183184
    著者; 池上 康之;安永 健
  • アンモニア/水を作動流体としてシェル&プレート式熱交換器を用いた海洋温度差発電の性能評価 : 熱源の温度および流量の影響(熱工学,内燃機関,動力など); 2008年02月
    発表情報; , 74, 738, 445452
    著者; 安永 健;池上 康之;門出 政則
  • Comparison between Kalina Cycle and Conventional OTEC System Using Ammonia-water Mixtures as Working Fluid; 2007年07月
    発表情報; 17th International Offshore and Polar Engineering Conference
    著者; Hiroyuki Aso, Takeshi Yasunaga, Yasuyuki Ikegami
  • OS2-22 アンモニア/水を用いた海洋温度差発電システムにおける組成の影響(OS2 自然エネルギー,循環型社会における動力エネルギー技術); 2007年06月
    発表情報; , 2007, 12, 367368
    著者; 池上 康之;麻生 裕之;安永 健;萬田 裕一;稲富 純一
  • OS2-23 アンモニア/水を用いた海洋温度差発電システムにおけるサイクルの検討(OS2 自然エネルギー,循環型社会における動力エネルギー技術); 2007年06月
    発表情報; , 2007, 12, 369370
    著者; 麻生 裕之;安永 健;稲富 純一;池上 康之
  • 2007S-OS2-1 ウエハラサイクルを用いた海洋温度差発電におけるアンモニア/水の組成がシステムに及ぼす影響(オーガナイズドセッション(OS2):リニューアブルエネルギー); 2007年05月
    発表情報; , 4, 3738
    著者; 池上 康之;麻生 裕之;安永 健;萬田 裕一;稲富 純一
  • Effect of the variation of heat source inlet and outlet temperatures on the performance of the Rankine and the Kalina cycles in OTEC; 2007年
    発表情報; Ocean Energy Symposium 2007 & International Seminar on Ocean Energy, 63-65
    著者; Takeshi Yasunaga, Yasuyuki Ikegami
  • Performance and economical analyses of benchmark plant for selective lithium recovery from seawater; 2007年
    発表情報; The 4th International Conference on Ion Exchange (ICIE’07)
    著者; Kazuharu Yoshizuka, Holba Mark, Takeshi Yasunaga, Yasuyuki Ikegami, Gottfried J.
  • 216 アンモニア/水を用いた海洋温度差発電用プレート式蒸発器の性能試験(O.S.4-I,O.S.4:自然エネルギー利用技術); 2006年10月
    発表情報; , 2006, 7374
    著者; 池上 康之;麻生 裕之;安永 健;久保 香織;萬田 裕一
  • 4-11.ウエハラサイクルを用いた海洋温度差発電システムにおける熱源の影響およびサイクル特性((4)海洋,その他,Session 4 新エネルギー); 2006年08月
    発表情報; , 15, 291292
    著者; 安永 健;原田 英光;池上 康之
  • CHARACTERISTICS AND ESTIMATION OF OCEAN THERMAL ENERGY CONVERSION SYSTEM USING UEHARA CYCLE; 2006年
    発表情報; RENEWABLE ENERGY 2006
    著者; Takeshi Yasunaga, Yasuyuki Ikegami
  • Experimental Performance Evaluation of Ocean Thermal Energy Conversion System Using Uehara Cycle; 2006年
    発表情報; RENEWABLE ENERGY 2006
    著者; Yasuyuki Ikegami, Takeshi Yasunaga
  • Dreams and Problems as an Future Energy Researcher; 2006年
    発表情報; Inter-COE International Symposium on Energy Systems, 44-45
    著者; Takeshi Yasunaga
  • OS2-15 アンモニア/水を用いた海洋温度差発電システムの実験(OS2 自然エネルギー); 2005年06月
    発表情報; , 2005, 10, 203204
    著者; 池上 康之;安永 健;原田 英光;上原 春男
  • OS2-14 アンモニア/水を用いた海洋温度差発電の最適組成に関する研究(OS2 自然エネルギー); 2005年06月
    発表情報; , 2005, 10, 201202
    著者; 池上 康之;安永 健;上原 春男
  • Effect of Regenerator Heat Transfer Performance on the Cycle Thermal Efficiency of OTEC Using Ammonia - Water as Working Fluid; 2005年06月
    発表情報; 15th International Offshore and Polar Engineering Conference
    著者; Yasuyuki Ikegami, Takeshi Yasunaga, Haruo Uehara, H.
  • Performance Improvement of Ocean Thermal Energy Conversion System using Ammonia / Water Mixtures as Working Fluid; 2005年
    発表情報; 6th KSME-JSME Thermal and Fluids Engineering Conference, JK.07
    著者; Yasuyuki Ikegami, Takeshi Yasunaga, Haruo Uehara

知的財産権の出願等(著作権は除く)

  • 水処理システム及び水処理方法; 2017年03月
    発表情報; 特開2017-42765(P2017-42765A)
    著者; 
  • 水処理システム及び水処理方法; 2015年01月
    発表情報; 特開2015-13238(P2015-13238A)
    著者; 田畑雅之, 伊藤嘉晃, 松井克憲, 徳永貴一, 池卓, 竹内和久, 岩橋英夫, 安永健, 岸正弘
  • 水処理システム; 2015年01月
    発表情報; 特開2015-13237(P2015-13237A)
    著者; 橋本裕太,岩橋英夫,松井克憲,徳永貴一,安永健,田畑雅之,伊藤嘉晃,竹内和久,合田康秀
  • 逆浸透膜装置; 2014年09月
    発表情報; 特開2014-161807
    著者; 安永健、徳永貴一
  • 逆浸透膜装置及びその運転方法; 2014年09月
    発表情報; 特開2014-161797(P2014-161797A)
    著者; 徳永貴一、安永健、伊藤嘉晃、橋本裕太
  • 逆浸透膜装置の運転方法; 2014年09月
    発表情報; 特開2014-159006(P2014-159006A)
    著者; 徳永貴一、安永健、
  • モジュール浮体発電装置; 2014年08月
    発表情報; 特開2014-151712(P2014-151712A)
    著者; 吉田正、安永健、林健太郎、三浦正美
  • 波力発電装置およびその制御方法; 2013年09月
    発表情報; 特開2013-181433(P2013-181433A)
    著者; 安永健、谷口昇、後藤正人、藤田京孝、内田聡、林健太郎
  • 波力発電装置およびこれを備えた浮体構造物ならびに波力発電装置の制御方法; 2013年08月
    発表情報; 特開2013-164013(P2013-164013A)
    著者; 安永健、谷口昇、後藤正人、林健太郎、池末俊一、太田真、岩崎聡
  • 波力発電装置およびその制御方法; 2013年08月
    発表情報; 特開2013-155610(P2013-155610A)
    著者; 吉田正、安永健、谷口昇、林健太郎、高崎周二、三浦正美
  • 波力発電装置; 2013年08月
    発表情報; 特開2013-155609(P2013-155609A)
    著者; 林健太郎、安永健、岩崎聡
  • 逆浸透膜装置及びその運転方法; 2013年02月
    発表情報; 特開2014-161797(P2014-161797A)
    著者; 徳永貴一,安永健,伊藤嘉晃,橋本裕太
  • 逆浸透膜装置の運転方法; 2013年02月
    発表情報; 特開2014-159006(P2014-159006A)
    著者; 徳永貴一,安永健
  • 波力発電装置; 2012年11月
    発表情報; 特開2012-215121(P2012-215121A)
    著者; 安永健、林健太郎、池末俊一、太田真、三浦正美、鷹本靖欣、小林由則、橋本秀昭、金子祥三、橋本彰
  • 波力発電装置; 2012年10月
    発表情報; 特開2012-207652(P2012-207652A)
    著者; 安永健、林健太郎、池末俊一、太田真、三浦正美、鷹本靖欣、小林由則、橋本秀昭、金子祥三、橋本彰
  • 波力発電装置; 2012年10月
    発表情報; 特開2012-207652(P2012-207652A)
    著者; 安永健、林健太郎、池末俊一、太田真、三浦正美、鷹本靖欣、小林由則、橋本秀昭、金子祥三、橋本彰
  • 波力発電装置の固有振動調整機構; 2012年10月
    発表情報; 特開2012-207651(P2012-207651A)
    著者; 林健太郎、安永健、池末俊一、太田真、三浦正美、鷹本靖欣、小林由則、橋本秀昭、金子祥三、橋本彰
  • 波力発電装置; 2011年
    発表情報; , 特開2011-117311
    著者; 池末俊一,安永健,太田真

総説

  • 海洋温度差発電; 2016年08月
    発表情報; 技術総合誌「オーム」, 103, 7, 4-9
    著者; 安永 健、池上康之

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • Global innovation using OTEC for stable energy and sustainable water; 2015年07月
    発表情報; International Seminar and Exhibition on New Development on Ocean Energy in Asia Pasific
    著者; Yasuyuki Ikegami, Takeshi Yasunaga


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.