宮﨑 耕治ミヤザキ コウジ

所属:
佐賀大学

著書

  • 診断に苦慮した胆嚢腫瘤の1例; 2009年06月
    発表情報; 第51回佐賀胆・膵研究会 2009.6.1
    著者; 北川浩、浦田雅子、神谷尚彦、北原賢二、宮﨑耕治
  • 胆嚢・胆管結石症; 2009年
    発表情報; 消化器疾患最新の治療 2009-2010,378-380, 378-380
    著者; 大塚隆生、宮﨑耕治
  • 胸・腹水の管理; 2009年
    発表情報; 消化器外科,983-986, 983-986
    著者; 三好篤、宮﨑耕治
  • 肝癌 症例12 C型慢性肝炎の経過中肝癌を発見され手術を勧められた65歳男性; 2009年
    発表情報; ケースで学ぶ栄養管理の思考プロセス,119-129, 119-129
    著者; 三好篤、宮﨑耕治
  • 胆道癌の予後予測因子・スコア; 2009年
    発表情報; 臨床外科,21-29, 21-29
    著者; 神谷尚彦、宮﨑耕治
  • II.各論 A.ヘルニア 1.鼠径・大腿ヘルニア C.McVay法; 2009年
    発表情報; 臨床雑誌「外科」,1292-1298, 1292-1298
    著者; 三好篤、明石道昭、能城浩和、宮﨑耕治
  • 下部直腸手術における視野展開の工夫:骨盤底挙上器について; 2008年
    発表情報; 手術
    著者; 中房祐司、大塚隆生、三好篤、田中雅之、神谷尚彦、宮﨑耕治
  • IV. 消化器外科 5.胆道癌に対する拡大手術の適応と限界; 2007年01月
    発表情報; 林紀夫・日比紀文・上西紀夫・下瀬川徹 編集:Annual Review 消化器 2007(中外医学社)
    著者; 宮崎耕治
  • 18 胆管細胞癌; 2007年
    発表情報; 菅野健太郎・上西紀夫・井廻道夫 編集:消化器疾患最新の治療 2007-2008(南江堂)
    著者; 宮崎耕治
  • 試験開腹手術; 2006年11月
    発表情報; 桑野博行編集「卒後5年でマスターする消化器標準手術」,メジカルビュー社, 359-364
    著者; 大塚, 隆生 / 宮崎, 耕治
  • 急性汎発性腹膜炎手術; 2006年11月
    発表情報; 桑野博行編集「卒後5年でマスターする消化器標準手術」,メジカルビュー社, 349-358
    著者; 中房, 祐司 / 宮崎, 耕治
  • 肝機能の評価と対策、腎機能の評価と対策、出血傾向の評価と対策、内分泌機能の評価と対策; 2006年07月
    発表情報; 川崎誠治 [ほか] 編集「新臨床外科学(第4版)」,医学書院, 158-165
    著者; 宮崎, 耕治
  • 総胆管十二指腸(空腸)吻合術; 2006年
    発表情報; 手術, 68, 1565-1569
    著者; 宮崎耕治
  • 胆嚢癌の手術; 2006年
    発表情報; 手術-ここ30年の変化 手術増刊号, 60, 10, 1533-1538
    著者; 宮崎耕治
  • 消化管不全; 2005年
    発表情報; 外科治療, 92, 5, 1014-1019
    著者; 中房祐司、宮崎耕治
  • 進展様式に基づいた胆嚢癌手術のこつと工夫; 2005年
    発表情報; 日外会誌, 106, 4, 286-290
    著者; 宮崎耕治
  • 腹膜・後腹膜腫瘍; 2005年
    発表情報; 講義録 消化器病学, 631-633
    著者; 宮崎耕治
  • 胆嚢・胆管癌; 2005年
    発表情報; 消化器疾患最新の治療2005-2006, 407-410
    著者; 宮崎耕治
  • 高度慢性肝炎・肝硬変患者の周術期輸液・栄養管理と注意点; 2004年
    発表情報; 消化器外科(へるす出版,東京), 27, 453-457
    著者; 宮崎耕治
  • 胆嚢癌に対する手術(2)進行胆嚢癌の手術; 2004年
    発表情報; コンセンサス癌治療, 3, 2, 84-87
    著者; 宮崎耕治
  • 消化器癌のコンセンサス-早期および進行胆嚢癌の治療; 2004年
    発表情報; 消化器外科, 27, 11, 1811-1818
    著者; 宮崎耕治
  • 進行胆嚢癌の手術; 2004年
    発表情報; コンセンサス癌治療, 3, 2, 84-87
    著者; 宮崎耕治
  • 乳房痛(排膿・出血を含む).; 2003年09月
    発表情報; 滝健治[ほか]編「救急外来診療で役立つ症候からの鑑別診断の進めかた」,羊土社, 233-235
    著者; 中房, 祐司 / 宮崎, 耕治
  • 胆石・胆嚢炎.; 2003年
    発表情報; 上西紀夫,平田公一編:消化器外科勤務スタッフマニュアル(中外医学社), 441-446
    著者; 宮崎耕治
  • 胆道癌.; 2003年
    発表情報; 上西紀夫,平田公一編:消化器外科勤務スタッフマニュアル(中外医学社), 447-455
    著者; 宮崎耕治
  • 膵腫瘍および膵内分泌腫瘍の病態・診断・治療.; 2003年
    発表情報; 平成14年度後期日本消化器外科学会教育集会テキスト(日本消化器外科学会教育集会編), 71-80
    著者; 宮崎耕治
  • 糸結び.; 2003年
    発表情報; 新ベッドサイド処置アトラス 消化器外科4月臨時増刊号(へるす出版), 26, 6, 696-701
    著者; 宮崎耕治
  • 書評「癌についての505の質問に答える」; 2003年
    発表情報; 小川道雄編:癌と化学療法(へるす出版), 30, 8, 1210
    著者; 宮崎耕治
  • Fibrolamenar hepatocellular carcinoma の一切除例 臨床と病理からみた肝癌類似病変症例集.; 2003年
    発表情報; 九州肝臓外科研究会編(九州肝臓外科研究会・肝癌類似病変小委員会), 81-86
    著者; 眞方紳一郎,北原賢二,渡辺恵子,宮崎耕治
  • 急性消化器疾患の保存的対応について; 2002年02月
    発表情報; 瀧健治, 西村謙一, 十時忠秀編著「救急医学 : 救急患者の初期対応と以後の治療方針」,新興医学出版社, 101-108
    著者; 阪本, 雄一郎 / 宮崎, 耕治
  • 総胆管結石症; 2002年
    発表情報; 外科 特集/外科エンサイクロペディア, 64, 1532
    著者; 宮崎耕治
  • イレウスの病態と診断; 2002年
    発表情報; 消化器の臨床, 5, 5, 516-520
    著者; 佐藤清治、中房祐司、宮崎耕治
  • 肝切除後における各種サイトカインの変動とステロイド投与; 2002年
    発表情報; 臨床外科, 57, 7, 915-919
    著者; 北原賢二、松山悟、森倫人、真方紳一郎、神谷尚彦、阪本雄一郎、宮崎耕治
  • 肝胆膵領域疾患における門脈合併切除再建; 2002年
    発表情報; 手術, 56, 6, 769-773
    著者; 宮崎耕治、眞方伸一郎、北原賢二、森倫人
  • 消化器癌におけるDNA修復機構とその破綻の関与; 2002年
    発表情報; 外科治療, 86, 1, 108-109
    著者; 宮崎耕治
  • 侵襲からみた臓器不全の病態ー手術と臓器不全; 2001年
    発表情報; 現代医療, 33, 18(2824)-23(2829)
    著者; 中房祐司、宮崎耕治
  • APACHE IIスコアを用いた急性血液浄化療法の効果判定の検討; 2001年
    発表情報; ICUとCCU, 25, S141-143
    著者; 阪本雄一郎、佐藤清治、宮崎耕治、池田裕次、酒見隆信
  • 大腸癌肝転移の治療; 2001年
    発表情報; 小川道雄編「消化器外科最新の進歩」, 125-137
    著者;  宮崎耕治
  • 胆管・胆嚢管走向異常の診断; 2000年
    発表情報; 消化器画像, 2, 4, 441-446
    著者; 宮崎耕治
  • 急性相反応--全身性炎症反応; 1999年03月
    発表情報; 小川道雄, 齋藤英昭編集「外科分子病態学」,医学書院, 92-98
    著者; 北島, 吉彦 / 宮崎, 耕治
  • 肝・胆・膵手術の周術期管理 肝内結石症の手術; 1999年
    発表情報; 外科治療, 80, 228-231
    著者; 宮崎耕治
  • 酸塩基電解質異常; 1998年
    発表情報; 消化器外科 新術前術後管理マニュアル, 21, 5, 600-601
    著者; 北原賢二、宮崎耕治
  • 感染と臓器不全; 1997年01月
    発表情報; 小川道雄, 斎藤英昭編集「臨床侵襲学 : 臨床に生かす侵襲学のすべて」,へるす出版, 407-418
    著者; 北島, 吉彦 / 宮崎, 耕治
  • 胆管癌ー病態、症状; 1997年
    発表情報; 消化器外科ナーシング 秋期増刊, 172-178
    著者; 森倫人、吉原久美子、宮崎耕治
  • 病棟急変時の病態と処置3 発熱; 1996年
    発表情報; 消化器外科 NURSING, 1, 6, 70-73
    著者; 吉原久美子、稲富かおる、椛島久美子、伊山明宏、宮崎耕治
  • 膵頭十二指腸切除術の適応と術式の要点; 1995年
    発表情報; 迫田晃郎、高田忠敬編, 103-111
    著者;  宮崎耕治、久次武晴
  • III術後管理の実際:外胆嚢瘻造設術; 1995年
    発表情報; 外科治療, 72, 812-814
    著者; 宮崎耕治、久次武晴
  • 肝門部胆管癌に対する肝左三区域・尾状葉合併切除術; 1994年
    発表情報; 手術, 48, 1, 65-69
    著者; 宮崎耕治、北原賢二、堤宣翁、森倫人、笹富英三郎、久次武晴
  • 肝内結石症; 1993年
    発表情報; 玉熊正悦、松尾裕編 別冊医学のあゆみ消化器疾患ーstate of arts (II). 肝・胆・膵, 385-387
    著者; 久次武晴、宮崎耕治
  • Extended operation for intrahepatic cholangiocarcinoma.; 1992年
    発表情報; New Frontiers of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery., 351-354
    著者; K.Miyazaki, M.Katoh, H.Satoh, N.Sakaguchi, T.Hisatsugu
  • Pancreatoduodenectomy with portalreconstruction for cancer of duodenal papilla with chronic pancreatitis.; 1992年
    発表情報; New Frontiers of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, 259-261
    著者; K.Miyazaki,Y.Hirohashi, H.Satoh, S.Satoh, T.Hisatsugu
  • 胆道上皮細胞の初代培養とその応用; 1990年10月
    発表情報; 谷内昭, 永森静志編集「細胞レベルからみた消化器の機能」,日本医学館, 33-38
    著者; 宮崎, 耕治
  • 肝、胆のう細胞; 1987年01月
    発表情報; 三井洋司 [ほか] 編著「機能細胞の分離と培養」,丸善, 192-205
    著者; 宮崎, 耕治
  • ヒト肝実質細胞の単離培養法; 1985年08月
    発表情報; 遠藤浩良監修「実験医学のための動物培養細胞利用集成」,R& Dプランニング, 164-189
    著者; 宮崎, 耕治 / 高木, 良三郎
  • Clinical features and classification of hepatolithiasis.; 1984年
    発表情報; Intrahepatic Caliculi, 115-128
    著者; F.Nakayama, T.Furusawa, T.Nakama and K.Miyazaki
  • 成人肝細胞の単離及び初代培養; 1981年03月
    発表情報; 平山次郎 [ほか]編「消化器病学最近のトピックス」,東洋書店, 214-220
    著者; 宮崎, 耕治
  • Kupffer細胞の分離と分離Kupffer細胞の遊走能測定法; 1980年
    発表情報; 免疫実験操作法 IX, 2871-2874
    著者; 片野光男、宮崎耕治、安蘓正和、鳥巣要道

原著論文

  • 転移性大腸癌に対するS-1/CPT-11併用療法:生存期間に関与する因子; 2009年
    発表情報; 日本大腸肛門病学会雑誌62,3:147-153, 62, 3, 147-153
    著者; *中房祐司、隅健次、矢ヶ部知美、宮﨑耕治
  • Active neovascularization and possible vascular-centric development of gastric and periscapuar elastofibromas; 2009年
    発表情報; Virchows Arch 454,2:181-188, 454, 2, 181-188
    著者; Kai K.Kusano K. Sakai M.Tabuchi M.Yunotani S.Miyazaki K.
  • 子宮体癌術後13年目に右胃大網動脈起始部リンパ節再発をきたし、腹腔鏡下に切除した1例; 2009年
    発表情報; 日本臨床外科学会雑誌 70,4:250-254, 70, 4, 250-254
    著者; *村上聡一郎、大塚隆生、北島吉彦、佐藤清治、中房祐司、宮﨑耕治
  • Efficacy of Major Hepatectomy for Large Hepatocellular Carcinoma; 2009年
    発表情報; Hepato-Gastroenterology 56:768-772, 56, 768-772
    著者; Miyoshi A, Takahashi T,Otsuka T, Kohya N,Miyazaki K.
  • 敗血症における臓器障害指標としてのプロカルシトニン値測定の意義; 2009年
    発表情報; 日本腹部救急医学会雑誌29,5:723-727, 29, 723-727
    著者; 平木将紹、三好篤、佐藤清治、橋口和義、中房祐司、宮﨑耕治
  • Improvement of glucose metabolism after a pencreatoduodenectomy; 2009年
    発表情報; Pancreas 38,6:700-705, 38, 6, 700-705
    著者; *Ohtsuka T,Kitahara K,Kohya N, Miyoshi A,Miyazaki K.
  • Hypoxia-inducible factor-1α expression predicts the response to 5-fluorouracil-based adjuvant chemotherapy in advanced gastric cancer; 2009年
    発表情報; Oncology Reports 22,4:693-699, 22, 4, 693-699
    著者; Nakamura J, Kitajima YKai K, Mitsuno M, Ide T,Hashiguchi K, Hiraki M,Miyazaki K.
  • 放射線併用Gemcitabine化学療法が奏効した切除不能肝門部胆管癌の1例; 2009年
    発表情報; 癌と化学療法 36,10:1753-1755, 36, 10, 1753-1755
    著者; 神谷尚彦、橋口和義、矢ヶ部知美、三好篤、大塚隆生、北原賢二、宮﨑耕治
  • 心膜開窓・大網充填術が有効であった食道癌化学放射線治療後難治性心嚢液貯留の1例; 2009年
    発表情報; 日本臨床外科学会雑誌70,10:2984-2988, 70, 10, 2984-2988
    著者; 平木将紹、佐藤清治、田中雅之、古賀清和、中房祐司、宮﨑耕治
  • A long-time survivor of alpha-fetoprotein-producing gastric cancer successfully treated by fluoropyrimidine-based chemotherapy: a case study; 2009年
    発表情報; Clin J Gastroenterol 2:331-337, 2, 331-337
    著者; Hiraki M , Sato S, Kai K,Ohtsuka T,Kohya N,Kitajima Y,Nakafusa Y,Tokunaga O, Miyazaki K.
  • CpG island methylation of BNIP3 predicts resistance against S-1/CPT-11 combined therapy in colorectal cancer patients; 2009年
    発表情報; ONCOLOGY REPORTS 23.1:191-197, 23, 1, 191-197
    著者; Hiraki M,Kitajima Y,Nakafusa Y,Nakamura J,Hashiguchi K, Sumi K,Noshiro H,Miyzaki K.
  • Infectious complications after gastric cancer surgery accelerate a rapid hepatic recurrence; 2009年
    発表情報; Hepato-Gastroenterology 56,94-95:1277-1280, 56, 1277-1280
    著者; *Ohtsuka T,Kitajima Y,Takahashi T,Sato S,Miyoshi A,Kohya N,Kitahara K,Nakafusa Y,Miyazaki K
  • Fibroadenoma of the gallbladder with borderline malignancy:a poorly recognized gallbladder tumor; 2009年
    発表情報; J Hepatobiliary Pancreat Surg 16,6:874-877, 16, 6, 874-877
    著者; *Magata S,Kai K,Mori M,Edakuni O,Tokunaga O,Miyazaki K.
  • 完全内臓逆位症に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術に際し3D-CT画像構築が特殊な解剖形態解析に有用であった1例; 2009年
    発表情報; 日本内視鏡外科学会雑誌 14,6:717-723, 14, 6, 717-723
    著者; *村上聡一郎、大塚隆生、高橋知秀、神谷尚彦、中房祐司、宮﨑耕治
  • 血液透析患者に対しFOLFIRI療法,Bevacizumab併用FOLFOX4療法を施行した、粘膜下腫瘍様直腸癌の1例; 2009年
    発表情報; 日本臨床外科学会雑誌70,12:145-149, 70, 12, 145-149
    著者; *田中智和、甲斐敬太、鮫島隆一郎、矢ヶ部伸也、湯ノ谷誠二、宮﨑耕治
  • Aberrant Gene Methylation in the Lymph Nodes Provides a Possible Marker for Diagnosing Micrometastasis in Gastric Cancer; 2009年
    発表情報; Annals of surgical oncology
    著者; Hiraki M,Kitajima Y,Sato S,Mitsuno M,Koga Y,Nakamura J,Hashiguchi K,Noshiro H,Miyazaki K
  • False positive findings for tumor markers after curative gastrectomy for gastric cancer.; 2008年
    発表情報; Dig Dis Sci, 53, 73-79
    著者; Ohtsuka T, Sato S, Kitajima Y, Tanaka M, Nakafusa Y, Miyazaki K
  • Expression of the hMLHI gene is a possible predictor for the clinical response to 5-fluorouracil after a surgical resection in colorectal cancer; 2008年
    発表情報; Oncology Reports, 1341, 1571-1576
    著者; *Ide T , Kitajima Y , Ohtaka K ,Mitsuno M , Nakafusa Y, Miyazaki K
  • 術後壊死性筋膜炎症例の検討; 2008年
    発表情報; 日本腹部救急医学会誌, 28, 5, 649-654
    著者; 三好篤、中房祐司、佐藤清治、宮﨑耕治
  • Ribonucleotide reductase subunit M1 is a possible chemoresistance marker to gemcitabine in biliary tract carcinoma; 2008年
    発表情報; Oncology Reports, 20, 279-286
    著者; Ohtaka K , Kohya N ,Sato K , Kitajima Y ,Ide T , Mitsuno M,Miyazaki K
  • Role of ASC in hypoia-mediated cell death in pancreatic cancer; 2008年
    発表情報; Molecular Medicine Reports, 1, 827-831
    著者; Ohtsuka T, Mitsuno M , Kitajima Y , Ide T , Sam W Lee , Miyazaki K
  • Different roles of tumor marker monitoring after curative resections of gastric and colorectal cancer; 2008年
    発表情報; Dig Dis Sci, 53, 1537-1543
    著者; Ohtsuka T , Nakafusa Y , Sato S , Kitajima Y , Tanaka M , Miyazaki K
  • Induction of hepatocyte growth factor activator gene expression under hypoxia activates the hepatocyte growth factor/c-Met system via hypoxia inducible factor-1 in pancreatic cancer; 2008年
    発表情報; Cancer Science, 99, 7, 1341-1341
    著者; Kitajima Y ,Ide T , Ohtsuka T , Miyazaki K
  • Phase I/II study of combination therapy with S-1 and CPT-11 for metastatic colorectal cancer; 2008年
    発表情報; Molecular Medicine Reports, 1, 925-930
    著者; Nakafusa Y , Tanaka M , Ohtsuka T ,Miyoshi A , Kohya N , Kitajima Y , Sato S , Mochinaga S , Dohi S, Miyazaki K
  • False positive findings for tumor markers after curative gastrectomy for gastric cancer.; 2008年
    発表情報; Dig Dis Sci, 53, 73-79
    著者; Ohtsuka T, Sato S, Kitajima Y, Tanaka M, Nakafusa Y, Miyazaki K
  • MeCP2 knockdown reveals DNA methylation-independent gene repression of target genes in living cells and a bias in the cellular location of target gene products; 2008年
    発表情報; Genes Genet. Syst., 83, 199-208
    著者; Yakabe S , Soejima H , Yatsuki H ,Tominaga H , Wei Zhao, Higashimoto K ,Joh K ,Kudo S ,Miyazaki K ,Mukai T
  • Intrahepatic multicystic biliary hamartoma: Report of a case.; 2008年
    発表情報; Hepatology Research, 38, 629-634
    著者; Kai K, Takahashi T, Miyoshi A, Yasui T, Tokunaga O, Miyazaki K
  • An autopsy case of granulocyte-coklony stimulating-factor-producing extrahepatic bile duct carcinoma; 2008年
    発表情報; World J Gastroenterol, 14, 18, 2924-2927
    著者; *Matsuyama S ,Shimonishi T ,Yoshimura H , Higaki K , Nasu K , Toyooka M , Aoki S , Watanabe K , Sugihara H
  • Bleeding and stenosis caused by reflux esophagitis was not common in emergency endoscopic examinations: a retrospective patient chart review at a single institution in Japan.; 2008年
    発表情報; J Gastroenterol, 43, 4, 265-269
    著者; Yamaguchi M, Iwakiri R, Yamaguchi K, Mizuta T, Shimoda T, Sakata Y, Hisatomi A, Mizuguchi M, Sato S, Miyazaki K, Fujimoto K
  • Bile leakage after hepatic resection successfully treated by a percutaneous transhepatic portal embolization: Report of a case.; 2008年
    発表情報; Surg Today, 38, 668-671
    著者; *Sadakari Y, Miyoshi A, Ohtsuka T, Kohya N, Takahashi T, Matsumoto K, Miyazaki K
  • どこまで切除するか--両・悪性境界型腫瘍性病変--「胆管腫瘍」 Biliary neoplasm; 2008年
    発表情報; Surgery Frontier, 264-270
    著者; 大塚隆生、甲斐敬太、宮﨑耕治
  • What’s New in SURGERY FRONTIER 炎症と発癌(4)HIF-1α; 2008年
    発表情報; Surgery Frontier, 304-306
    著者; 北島吉彦、宮﨑耕治
  • 術後壊死性筋膜炎症例の検討; 2008年
    発表情報; 日本腹部救急医学会誌, 28, 5, 649-654
    著者; 三好篤、中房祐司、佐藤清治、宮﨑耕治
  • 胆道再建術; 2008年
    発表情報; 消化器外科, 31, 13, 2005-2014
    著者; 大塚隆生、明石道昭、神谷尚彦、北原賢二、宮﨑耕治
  • 術中血管造影のうち血栓除去術で治癒した上腸間膜動脈閉塞症の1例; 2007年08月
    発表情報; 日本消化器外科学会雑誌, 40, 8, 1520-1524
    著者; 大塚隆生、中川内章、下西智徳、古賀清和、岡崎幸生、中房祐司、宮崎耕治
  • 進行胆嚢癌に対する術前三次元画像に基づいた肝(S4a+5)・胆嚢±肝外胆管切除・リンパ節郭清術; 2007年05月
    発表情報; 手術(金原出版), 61, 6, 804-808
    著者; 宮崎耕治、中村淳、神谷尚彦
  • 医原性十二指腸乳頭損傷に対する1治験例; 2007年01月
    発表情報; 日消外会誌, 40, 1, 44-49
    著者; 中村淳、大塚隆生、北島吉彦、中房祐司、宮崎耕治
  • 医原性十二指腸乳頭損傷に対する一治験例; 2007年
    発表情報; 日消外会誌, 40, 44-49
    著者; 中村淳、大塚隆生、北島吉彦、中房祐司、宮崎耕治
  • Radiofrequency ablation with the real-time virtual sonography system for treating hepatocellular carcinoma difficult to detect by ultrasonography.; 2007年
    発表情報; J Clin Biochem Nutr, 40, 66-72
    著者; Kawasoe H, Eguchi Y, Mizuta T, Yasutake T, Ozaki I, Shimonishi T, Miyazaki K, Tamai T, Kato A, Kudo S, Fujimoto K
  • Multiple inflammatory pseudotumor of the liver, mimicking cholangiocarcinoma with tumor embolus in the hepatic vein: report of a case.; 2007年
    発表情報; Surg Today, 37, 6, 530-533
    著者; K.Kai, S.Matsuyama, T.Ohtsuka, K.Kitahara, D.Mori, K.Miyazaki
  • Helicobacter pylori infection is an independent risk factor for Runx3 methylation in gastric cancer.; 2007年
    発表情報; Oncol Rep, 19, 197-202
    著者; Kitajima Y, Ohtaka K, Mitsuno M, Tanaka M, Sato S, Nakafusa Y, Miyazaki K
  • CPT(SN-38) Chemotherapy may be Selectively Applicable to Biliary Tract Cancer with Low hMLH1 Expresion; 2007年
    発表情報; Anticancer research, 27, 865-872
    著者; Ken Sato, Yoshihiko Kitajima, Naohiko Kohya, Yasuo Koga, Kazuma Ohtaka, Kohji Miyazaki
  • 無水エタノール ablation にて閉鎖できた難知性瘻孔の4症例; 2007年
    発表情報; 日本外科感染症学会雑誌, 4, 1, 143-147
    著者; 松山悟、佐藤清治、下西智徳、光野真由美、甲斐敬太、中房祐司、宮崎耕治
  • The hypoxic environment in tumor-stromal cells accelerates pancreatic cancer progression via the activation of paracrine hepatocyte growth factor/c-Met signaling.; 2007年
    発表情報; Ann. Surg. Oncol, 14, 9, 2600-2607
    著者; Takao Ide, Yoshihiko Kitajima, Atsushi Miyoshi, Takao Ohtsuka, Mayumi Mitsuno, Kazuma Ohtaka, Kohji Miyazak
  • 経口避妊薬非内服女性に生じた巨大肝細胞腺腫の1例; 2007年
    発表情報; 診断病理, 24, 3, 332-334
    著者; 甲斐敬太、三好篤、貞苅良彦、高橋知秀、宮崎耕治、徳永藏
  • Quantitative double-fluorescence immunohistochemistry (qDFIHC),a polot study analyzing 5-FU sensitive markers thymidylate synthase, dihydropyrimidine dehydrogenase and orotate phosphoribosyl transferases in gastric cancer tissue specimens; 2007年
    発表情報; Cancer Letters, 258, 45-54
    著者; Keita Kai, Yoshihiko Kitajima, Masatsugu Hiraki, Seiji Satoh, Masayuki Tanaka, Yuji Nakafusa, Osamu Tokunaga, Kohji Miyazaki
  • Comparison of the Postoperative Outcome after a Pancreatodunectomy using the Billroth I and II Type of Reconstruction; 2007年
    発表情報; Hepato-Gastroenterology, 54, 1570-1574
    著者; Takao Ohtsuka, Kenji Kitahara, Satoru Matsuyama, Tomonori Shimonishi, Yuji Nakafusa, Kohji Miyazaki
  • Aberrant methylation of p16predicts candidates for 5-fluorouracil-based adjuvant therapy in gastric cancer patients; 2007年
    発表情報; J Gastroenterol, 42, 866-873
    著者; Mayumi Mitsuno, Yoshihiko Kitajima, Takao Ide, Kazuma Ohtaka, Masayuki Tanaka, Seiji, Satoh, and Kohji Miyazaki
  • Successful wound management for infected perineum in recurrent rectal cancer by a two-step operation using muscle flaps: a case report; 2007年
    発表情報; Hepato-Gastroenterology, 54, 1679-1681
    著者; Yuji Nakafusa, Shigeto mtsushita, Tomonori Shimonishi, Tetsushi Uemura, Yusuke Tomiyama, Kohji Miyazaki
  • 進行直腸癌の進展度診断におけるMRIの意義 -CTとMRIの比較から-; 2007年
    発表情報; 癌の臨床(篠原出版社), 53, 7, 451-455
    著者; 中房祐司、大塚隆生、田中雅之、三好篤、北島吉彦、佐藤清治、水口昌伸、岩切龍一、宮崎耕治
  • 十二指腸病変に白血球除去療法が奏功した潰瘍性大腸炎の一例; 2007年
    発表情報; Gastroenterol Endoscopy, 49, 6, 1425-1432
    著者; 中原伸、岩切龍一、雨森貞浩、坂田資尚、大谷顕史、緒方伸一、綱田誠司、水口昌伸、中房祐司、宮崎耕治、藤本一眞
  • Cerebral lipiodol embolism; a complication of transcatheter arterial chemoembolization for hepatocellular carcinoma.; 2007年
    発表情報; Cardiovasc Intervent Radio, 30, 3, 512-514
    著者; Matsumoto K, Nojiri J, Takase Y, Egashira Y, Azama S, Kato A, Kitahara K, Miyazaki K, Kudo S
  • Endoscopic hemostasis for bleeding gastric varice treated by combination of variceal ligation and sclerotherapy with N-butyl-2-cyanoacrylate.; 2007年
    発表情報; J Gastroenterol, 42, 528-532
    著者; Sugimoto N, Watanabe K, Watanabe K, Ogata S, Shimoda R, Sakata H, Eguchi Y, Mizuta T, Iwakiri R. Nojiri J, Mizuguchi M, Kudo S, Miyazaki K, Fujimoto K
  • Primary colonic malignant melanoma.; 2006年
    発表情報; Pathol. Int., 56, 744-748
    著者;  Mori D, Satoh T, Nakafusa Y, Tanaka M, Miyazaki K, Tokunaga O
  • Hypoxia accelerates cancer invasion of hepatoma cells by upregulating MMP expression in HIF-1α-independent manner.; 2006年
    発表情報; Int. J. Oncol. , 29, 1533-1539
    著者; Miyoshi A, Kitajima Y, IdeT, Ohtaka K, Nagasawa H, Uto Y, Hori H, Miyazaki K
  • Significance of pancreatic exocrine function in the perioperative management of pancreatoduodenectomy.; 2006年
    発表情報; Hepatogastroenterol., 53, 71, 788-791
    著者; Ohtsuka T, Kitahara K, Matsuyama S, Shimonishi T, Nakafua Y, Miyazaki K
  • Aberrant promoter hypermethylation in biliary tract cancinoma.; 2006年
    発表情報; J. Hepatobiliary Pancreat Surg., 13, 296-305
    著者; Kohya N, Koga Y, Kitajima, Miyazaki K
  • Tumor-stromal interaction under hypoxia increases invasiveness of pancreas cancer cells through HGF-c-Met pathway.; 2006年
    発表情報; Int. J. Cancer., 119, 2750-2759
    著者; Ide T, Kitajima Y, Miyoshi A, Ohtsuka T, Mitsuno M, Ohtaka K, Koga Y, Miyazaki K
  • Ethanol injection for ablation of an intractable digestive tract fistula: report of a case.; 2006年
    発表情報; Surg. Today, 36, 744-746
    著者; Matsuyama S, Sato S,Yoda Y, Kai K, Mitsuno M, Nakafusa Y. Miyazaki K
  • Deficient expression of DPD gene is caused by epigenetic modification in biliary tract cancer cell and showed high sensitivity to 5-FU treatment.; 2006年
    発表情報; Int. J. Oncol., 29, 2, 429-435
    著者; Sato K, Kitajima Y, Miyoshi A, Koga Y, Miyazaki K
  • Iliac lymph node metastasis of an unknown primary tumor: Report of a case.; 2006年
    発表情報; Surg. Today, 36, 655-658
    著者; Matsuyama S, Nakafusa Y, Tanaka M, Yoda S, Mori D, Miyazaki K
  • Gastrointestinal function and quolity of life after pyolus-preserving pancreatoduodenectomy.; 2006年
    発表情報; J. Hepatobliary Pancreat Surg. , 13, 3, 218-224
    著者; Ohtsuka T, Tanaka M, Miyazaki K
  • Esophageal carcinoma with humoral hypercalcemia and leucocytosis successfully treated by the two-term operation: report of a case.; 2006年
    発表情報; Esophagus, 3, 13-17
    著者; Nakata K, Sato S, Ohtsuka T, Tanaka M, Shimonishi T, Nakafusa Y, Miyazaki K
  • The significance of aberrant CHFR methylation for clinical response to microtubule inhibitors in gastric cancer.; 2006年
    発表情報; J. Gastroenterol, 41, 133-139
    著者; Koga Y, Kitajima Miyoshi A,Sato K,Sato S, Miyazaki K
  • Methylation-induced silencing of ASC and effect of expressed ASC on p53-mediated chemosensitivity in colorectal cancer.; 2006年
    発表情報; Oncogene, 25, 1807-1811
    著者; Ohtsuka T, Xiao-Fang Liu, Koga Y, Kitajima Y, Nakafusa Y, Sam W Lee, Miyazaki K
  • Expression of new human inorganic pyrophosphatase in thyroid disease: Its intimate association with hyperthyroidism.; 2006年
    発表情報; Biocem. Bioph. Res. Co., 341, 687-692
    著者; Koike E, Toda S, Yokoi F, Izuhara K, Koike N, Itoh K, Miyazaki K, Sugihara H
  • Crohn病の大量出血例に広範囲小腸切除を施行し、術後の短腸症候群を回避できた1例; 2006年
    発表情報; Gastroenterological Endoscopy, 48, 12, 2780-2785
    著者; 坂田資尚、岩切龍一、綱田誠司、吉川敦、大谷響、下田良、坂田祐之、山口加奈子、藤瀬剛弘、大塚隆生、中房祐司、宮崎耕治、青木茂久、藤本一眞
  • 侵襲をめぐるQ&A 抗炎症性サイトカインにはどのようなものがあり、侵襲に対する生体反応の過程でそれぞれどのような役割を果たしているのですか?; 2006年
    発表情報; Surgery Frontier, 13, 104-108
    著者; 北島吉彦、宮崎耕治
  • 9年間の経過観察を経て肝嚢胞腺癌と診断された1例; 2006年
    発表情報; 胆と膵, 27, 8, 607-611
    著者; 仲田興平、大塚隆生、北原賢二、三好 篤、神谷尚彦、松山悟、宮崎耕治
  • 膵頭十二指腸切除術後の膵機能の推移および術後経過への影響; 2006年
    発表情報; 胆膵の生理機能, 22, 11-15
    著者; 大塚隆生、田中雅夫、山口幸二、中房祐司、宮崎耕治
  • 術前・術後に必要な処置 皮下注射、筋肉注射; 2006年
    発表情報; 消化器外科, 29, 403-406
    著者; 三好篤、宮崎耕治
  • 十二指腸下降脚GISTに対する膵頭温存十二指腸部分切除術の一例; 2006年
    発表情報; 手術, 60, 1, 111-117
    著者; 仲田興平、大塚隆生、北原賢二、中房祐司、宮崎耕治
  • Differential expression of Janus Kinase 3(JAK3), Matrix metalloprotease 13 (MMP13), Heat Shock protein 60 (HSP60) and Mouse Double Minute 2 (MDM2) in Human colorectal cancer progression --Using Human Cancer c DNA microarrays.; 2005年
    発表情報; Pathol.Res.Pract, 201, 12, 777-789
    著者; Mori D, Nakafusa Y, Miyazaki K, Tokunaga O
  • The effect of O6-methylguanine-DNA methyltransferase (MGMT) and mismatch repair gene (hMLH1) status on the sensitivity to 1-(4-amino-2methyl-5-pyrimidinyl)methyl-3-(2-chloroethyl)-3-nitrosourea(ACNU) in gallbladder carcinoma cells.; 2005年
    発表情報; Anticancer Res., 25, 4021-4028
    著者; K.Sato, Y,Kitajima, Y.Koga, K.Miyazaki
  • Tumor progression through epigenetic gene silencing of MGMT in human biliary tract cancers.; 2005年
    発表情報; Ann. Surg. Oncol., 12, 5, 354-363
    著者;  Koga Y,Kitajima Y, Kohya N, Miyoshi A, Sato K, Hagiwara A, Kitahara K, Miyazaki K
  • Allelic loss of DNA repair gene OGG1 against oxidative damage in the esophageal squamous carcinoma.; 2005年
    発表情報; Oncol. Reports, 13, 1009-1016
    著者; Hagiwara A, Kitajima Y, Sato S, Miyazaki K
  • Deficient MGMT and proficient hMLH1 expression renders gallbladder carcinoma cells sensitive to alkylating agent through G2-M Cel cycle arrest.; 2005年
    発表情報; Int. J. Oncol., 26, 1653-1661
    著者; K.Sato. Y.Kitajima, N,Kohya, A.Miyoshi, K.Miyazaki
  • Cancer prevention with green tea polyphenols for the general population and patients following cancer treatment.; 2005年
    発表情報; Current Cancer Therapy Reviews, 1, 109-114
    著者; Fujiki H,Suganuma M, Matsuyama S, Miyazaki K
  • Cisplatin represses transcriptional activity from the minimal promoter of the O6-methylguanine methyltransferase gene and increases sentivity of human gallbladder cancer cells to 1-(4-amino-2-methyl-5-pyrimidinyl methyl-3-2-chloroethyl)-3-nitrosourea.; 2005年
    発表情報; Oncol Reports, 13, 899-906
    著者; Sato K, Kitajima Y,Nakagawachi T, Soejima H, Miyoshi A, Koga Y, Miyazaki K
  • Snail accelerates cancer invasion by upregulating MMP expression and is associated with portal invasion and intrahepatic metastasis leading to poor prognosis of hepatocellular carcinoma.; 2005年
    発表情報; Br. J. Cancer, 92, 252-258
    著者; Miyoshi A, Kitajima Y, Kido S, Shimonishi T, Matsuyama S, Kitahara K, Miyazaki K
  • 大腸癌肝転移の肝切除後再発の検討--残肝再発と肝外再発の危険因子について; 2005年
    発表情報; 癌の臨床 , 51, 8, 621-626
    著者; 松山悟、中房祐司、大塚隆生、北原賢二、下西智徳、田中雅之、宮崎耕治
  • 膵頭十二指腸切除術周術期管理における膵外分泌機能の意義; 2005年
    発表情報; , 21, 47-51
    著者; 大塚隆生、北原賢二、松山悟、下西智徳、中房祐司、宮崎耕治
  • 嚢胞性膵腫瘍の2例; 2005年
    発表情報; 消化器画像, 7, 409-415
    著者;  明石道昭、大塚隆生、森大輔、北原賢二、松山悟、下西智徳、中房祐司、宮崎耕治
  • 輪状膵に合併したIPMTの一例; 2005年
    発表情報; 日臨外会誌, 66, 931-934
    著者; 平木将紹、大塚隆生、北原賢二、田村智章、本山健太郎、宮崎耕治
  • ネフローゼ症候群合併進行胃癌の1手術例; 2005年
    発表情報; 日消外会誌, 38, 490-495
    著者; 井手貴雄、佐藤清治、田中雅之、北島吉彦、中房祐司、宮崎耕治
  • 胆嚢癌術式選択の理論的根拠 : ss癌を中心に; 2004年04月
    発表情報; 日本消化器外科学会雑誌, 37, 4, 360-368
    著者; 宮崎, 耕治 / 北原, 賢二 / 森, 倫人 / 松山, 悟 / 下西, 智徳
  • 胆管癌の術後肝転移に対しUFT単剤療法が著効した1例; 2004年
    発表情報; 癌と化学療法 , 31, 1, 113-115
    著者; 松山 悟,北原賢二,平野達也,眞方紳一郎,下西智徳,森 倫人,宮崎耕治
  • 局所進行大腸癌における周囲臓器浸潤の予後因子としての意義; 2004年
    発表情報; 日本消化器外科学会雑誌, 39, 1517-1524
    著者; 中房祐司,北島吉彦,佐藤清治,田中雅之,田中聡也,宮崎耕治
  • 糖尿病を合併する患者の術前検査と術前処置; 2004年
    発表情報; 外科治療, 91, 666-671
    著者; 大塚隆生,宮崎耕治
  • Gallbladder cancers rarely overexpress HER-2/neu, demonstrated by Hercep test.; 2004年
    発表情報; Oncology Reports, 11, 815-819
    著者; Matsuyama S,Kitajima Y,Sumi K,Mori D,Satoh T,Miyazaki K
  • Snail and SIP1 increase invasion by upregulating MMP family in hepatocellular carcinoma cells.; 2004年
    発表情報; British Joumal of Cancer, 90, 1265-1273
    著者; Miyoshi A.Kitajima Y.Jiao W.Sumi K.Sato K.Hagiwara A.Koga Y.Miyazaki K
  • Modification of lymph node dissection for colon cancer by clinical diagnosis.; 2004年
    発表情報; Hepatogastroenterology, 51, 722-726
    著者; Nakafusa Y,Tanaka T,Kitajima Y,Sato S,Hirohashi Y,Miyazaki K
  • Comparison of multivisceral resection and standard operation for localy advanced colorectal cancer: Analysis of prognostic factors for short-term and long-term outcome.; 2004年
    発表情報; Dig. Colon Redum, 47, 2005-2063
    著者; Nakafusa Y,Tanaka T,Tanaka M,Kitajima Y,Sato S,Miyazaki K
  • Silencing of imprinted CDKN1C gene expression is Associated with loss of histone H3 lysine 9 methylation at DMR-LIT1 in esophageal cancer.; 2004年
    発表情報; Oncogene, 23, 2380-2388
    著者; Soejima H,Nakagawachi T,Zhao W,Higashimoto K,Urano T,Matsukura S,Kitajima Y,Takeuchi M,Nakayama M,Oshimura M,Miyazaki K,Joh K,Mukai T
  • Loss of estrogen receptor βexpression at cancer front correlates with tumor progression and poor prognosis of gallbladder cancer.; 2004年
    発表情報; Oncology Reports, 12, 979-984
    著者; Sumi K,Matsuyama S,Kitajima Y,Miyazaki K
  • 食道癌術後の重篤合併症併発例の検討; 2003年07月
    発表情報; 日本腹部救急医学会雑誌, 23, 5, 721-727
    著者; 三好, 篤 / 佐藤, 清治 / 古賀, 靖大 / 阪本, 雄一郎 / 北島, 吉彦 / 中房, 祐司 / 宮崎, 耕治
  • 敗血症へと進展した蜂窩織炎性結腸炎の1例; 2003年01月
    発表情報; 日本臨床外科学会雑誌, 64, 1, 126-130
    著者; 萩原, 淳 / 中房, 祐司 / 濱本, 隆浩 / 佐藤, 清治 / 宮崎, 耕治
  • 縁茶によるがん予防-臨床応用に向けて.; 2003年
    発表情報; 癌の臨床, 49, 3, 197-202
    著者; 藤木博太,菅沼雅美,松山 悟,宮崎耕治,今井一枝,中地敬
  • UFT単剤療法が著効した胆嚢癌術後大動脈リンパ節再発の1例.; 2003年
    発表情報; 癌と化学療法, 30, 4, 547-549
    著者; 松山 悟,武井雅典,木戸伸一,眞方紳一郎,本山健太郎,北原賢二,宮崎耕治
  • 肝転移を伴う膵頭部癌に対する切除を含めた治療戦略.; 2003年
    発表情報; 消化器外科, 26, 1773-1778
    著者; 宮崎耕治,松山 悟
  • The relationship between primary gastric B-cell lymphoma and immunoglobulin heavy chain (IgH) gene rearrangement-a histopathological study of primary gastric lymphomas.; 2003年
    発表情報; Pathol. Res. Pract., 199, 647-658
    著者; Kido S, Miyazaki K, Tokunaga O
  • Loss of expression of DNA repair enzymes MGMT, hMLH1 and hMSH2 during tumor progression in gastric cancer.; 2003年
    発表情報; Gastric Cancer., 6, 86-95
    著者; Kitajima Y,Miyazaki K,Matsukura S, Tanaka M, Sekiguchi M
  • Mature adipocytes,but not preadipocytes,promote the growth of breast carcinoma cells collagen gel matrix culture through cancer-stromal cell interactions.; 2003年
    発表情報; J. Pathol. , 201, 2, 221-228
    著者; Manabe Y, Toda S, Miyazaki K, Sugihara H
  • Combined loss of expression of O6-methylguanine-DNA methyltransferase and hMLH1 accelerates progression of hepatocellular carcinoma.; 2003年
    発表情報; J. Surg. Oncol., 82, 3, 194-200
    著者; Matsukura S, Miyazaki K,Yakushiji H, Ogawa A, Chen Y, Sekiguchi M
  • CpG methylation of MGMT and hMLH1 promoter in hepatocellular carcinoma associated with hepatitis viral infection.; 2003年
    発表情報; Br. J. Cancer., 88, 4, 521-529
    著者; Matsukura S, Soejima H, Nakagawachi T, Yakushiji H, Ogawa A, Hukuhara M, Miyazaki K,Nakabeppu Y, Sekiguchi M, Mukai T
  • Silencing effect of CpG island hypermethylation and histone modifications on O6-methylguanine-DNA methyltransferase (MGMT)gene expression in human cancer.; 2003年
    発表情報; Oncogene., 22, 8835-8844
    著者; Nakagawachi T, Soejima H,Urano T, W Zhao, Higashimoto K, Satoh Y, Matsukura S, Kudo S,Kitajima Y, Harada H,Furukawa K, Matsuzaki H, Emi M, Nakabeppu Y, Miyazaki K,Sekiguchi M, Mukai T
  • Combined evaluation of mucin antigen and E-cadherin expression is a useful biomarker to apply minimany invasive therapy to gastric carcinoma.; 2003年
    発表情報; Br. J. Surg., 90, 95-101
    著者; Tanaka M, Kitajima Y, Sato S, Miyazaki K
  • The relationship between primary gastric B-cell lymphoma and immunoglobulin heavy chain (IgH) gene rearrangement - a histopathological study of primary gastric lymphomas.; 2003年
    発表情報; Pathol.Res.Pract, 199, 647-658
    著者; S.Kido, K.Miyazaki, O.Tokunaga
  • Identification of Novel Cellular Targets in Biliary Tract Cancers using Global Gene Expression Technology.; 2003年
    発表情報; Am. J. Pathol., 163, 1, 217-229
    著者; D E. Hansel,, A Rahman, M Hidalgo, P J. Thuluvath, K.D. Lillemoe,R Shulick,J-L Ku, J-G Park, K Miyazaki,R Ashfaq, I I. Wistuba,R,Varma, L Hawthorne, J Geradts, P Argani, A Maitra
  • Effects of E-Cadherin Transfection on Gene Expression of a Gallbladder Carcinoma Cell Line: Repression of Mts1/S100A4 Gene Expression.; 2003年
    発表情報; Int.J.Cancer, 104, 44-53
    著者; N.Kohya,Y.Kitajima, W.Jiao, K.Miyazaki
  • 肝転移を伴う膵頭部癌に対する切除を含めた治療戦略; 2003年
    発表情報; 消化器外科, 26, 1773-1778
    著者; 宮崎耕治、松山悟
  • 食道癌術後の重篤合併症併発例の検討; 2003年
    発表情報; 日腹救急医誌, 23, 721-727
    著者; 三好篤、佐藤清治、古賀靖大、阪本雄一郎、北島吉彦、中房祐司、宮崎耕治
  • UFT単剤療法が著効した胆嚢癌術後大動脈リンパ節再発の1例; 2003年
    発表情報; 癌と化学療法, 30, 4, 547-549
    著者; 松山悟、武井雅典、木戸伸一、眞方紳一郎、本山健太郎、北原賢二、宮崎耕治
  • Benign Nonepithelial Fibroma in the Pancreas.; 2002年
    発表情報; J. Hepatobiliary Pancreat Surg. , 9, 646-649
    著者; M.Mori, K.Miyazaki, K.Motoyama, K.Kitahara
  • Focal Pancreatic Hemorrhage Mimicking Pancreas Carcinoma with Lymph Node metastasis.; 2002年
    発表情報; J Hepatobiliary Pancr Surg, 9, 642-645
    著者; H.Hayashi, S.Matsuyama, G.Edakuni, M.Tanaka, S.Magata, K.Motoyama, K.Kitahara, K.Miyazaki
  • Mutation Analysis of K-ras and β-catenin Genes Related to O6-Methylguanine-DNA Methyltransferase and Mismatch Repair Protein Status in Human Gallbladder Carcinoma.; 2002年
    発表情報; Internat.J.Molecul.Med., 11, 65-69
    著者; N.Kohya, Y.Kitajima, K.Kitahara, K.Miyazaki
  • Deficient Expression of O6-Methylguanin-DNA Methyltransferase Combined with Mismatch Repair Proteins hMLH1 and hMSH2 Is Related to Poor Prognosis in Human Biliary Tract Carcinoma.; 2002年
    発表情報; Ann Surg Oncol, 9, 4, 371-379
    著者; N.Kohya, K.Miyazaki, S.Matsukura, H.Yakushiji, Y.Kitajima, K.Kitahara, M.Fukuhara, Y.Nakabeppu, M.Sekiguchi
  • Abnormal Expression of E-cadherin and β-catenin may be a Biomarker of Submucosal Invasion and Lymph Node Metastasis: Impairment of Cell-Cell Adhesion Molecules Differs Between Two Histologic Types of Early Gastric Cancer.; 2002年
    発表情報; Br J Surg, 89, 236-244
    著者; M.Tanaka, Y.Kitajima, G.Edakuni, S.Satoh, K.Miyazaki
  • Inverse correlation between E-cadherin and Snail expression in hepatocellular carcinoma cell lines in vitro and in vivo.; 2002年
    発表情報; Br.J.Cancer, 86, 98-101
    著者; W.Jiao, K.Miyazaki, Y.Kitajima
  • 鈍的肝・脾損傷における外傷分類の検討; 2002年
    発表情報; 日本外傷学会雑誌, 16, 4, 308-313
    著者; 阪本雄一郎、北原賢二、佐藤清治、宮崎耕治
  • Bruton型γグロブリン血症に合併した若年性直腸癌の1例; 2002年
    発表情報; 日臨外会誌, 63, 2, 150-154
    著者; 三好篤、田中聡也、廣橋喜美、佐藤清治、中房祐司、宮崎耕治
  • Expression and Prognostic Significance of O6-methylguanine-DNA methyltransferease in Hepatocellular, Gastric and Breast Cancers.; 2001年
    発表情報; Ann.Surg.Oncol., 8, 10, 807-816
    著者; S.Matsukura, K.Miyazaki, H.Yakushiji, A.Ogawa, K.Hariyama,Y.Nakabeppu, M.Sekiguchi
  • Human T-cell lymphotrophic virus-associated primary gastric lymphoma.; 2001年
    発表情報; Dig.Dis.Sci., 46, 7, 1381-1386
    著者; H.Sakata, R.Iwakiri, T.Koyama, T.Yoshida, K.Okamoto, K.Miyazaki, TM.Mizuguchi, S.Kudo, O.Tokunaga, K.Fujimoto
  • Exogenous Expression of E-cadherin in Gallbladder Carcinoma Cell Line G-415 Restores Its Cellular Polarity and Differentiation.; 2001年
    発表情報; Int J.Oncol., 19, 1099-1107
    著者; W.Jiao, K.Miyazaki, Y.Kitajima
  • The Role of E-cadherin in the Differentiation of Gallbladder Cancer Cells.; 2001年
    発表情報; Cell Tissue Res., 306, 117-128
    著者; S.Mukai, K.Miyazaki, H.Yakushiji
  • Critical role of typeIV collagen in the growth of bile ducct carcinoma. - In vivo and in vitro studies.; 2001年
    発表情報; Pathol.Res.Pract., 197, 585-596
    著者; Y.Chen, T.Satoh, E.Sasatomi, K.Miyazaki, O.Tokunaga
  • Combined Evaluation of NGF and p75NGFR expression s is a biomarker for predicting prognosis in human invasive ductal breast carcinoma.; 2001年
    発表情報; Oncol.Rep., 8, 973-980
    著者; Y.Sakamoto, Y.Kitajima,G.Edakuni, E.Sasatomi, T.Hamamoto,K.Miyazaki
  • Composite glandular-endocrine cell carcionoma of the common bile duct.; 2001年
    発表情報; Pathol. Int. , 51, 487-490
    著者; G.Edakuni, E.Sasatomi, T Satoh, O.Tokunaga, K.Miyazaki
  • Expression of melnoma Antigen-Encoding gene-1 Predicts lymph node Involvement in Early Gastric Carcinomas.; 2001年
    発表情報; Dig.Dis.Sci. , 46, 262-267
    著者; A.Kuwahara, M.Katano, M.Nakamura, T.Morisaki, K.Miyazaki, K.Fujimoto
  • Expression of Trk tyrosin kinase receptor is a biologic marker for proliferation and perineural invasion of human pancreatic ductal adenocarcinoma.; 2001年
    発表情報; Oncol. Rep., 8, 477-484
    著者; Y.Sakamoto, Y.Kitajima,G.Edakuni, E.Sasatomi, M.Mori, K.Kitahara, K.Miyazaki
  • Expression of endogenous galectin-1 and galectin-3 in intrahepatic cholamgiocarcinoma.; 2001年
    発表情報; Hum. Pathol., 32, 3, 302-310
    著者; T.Shimonishi, K.Miyazaki, N.Kono, H.Sabit, K.Tsuneyama, K.Harada, J.Hirabayashi, K.Kasai, Y.Nakanuma
  • Expression of the hepatocyte growth factor/c-Met pathway is increased at the cancer front in Cancer Front in breast carcinoma.; 2001年
    発表情報; Pathol Internat, 51, 172-178
    著者; G.Edakuni, K.Miyazaki, O.Tokunaga
  • Fibrolamellar heapatocellular carcinomaの一切除例; 2001年
    発表情報; 肝臓, 42, 8, 414-419
    著者; 眞方紳一郎、北原賢二、渡辺恵子、宮崎耕治
  • 進行直腸癌治療における側方郭清の位置づけ; 2001年
    発表情報; 日消外会誌, 34, 10, 1512-1521
    著者; 中房祐司、廣橋喜美、田中聡也、北島吉彦、佐藤清治、宮崎耕治
  • Primary intestinal T-cell lymphoma resembling lymphomatous polyposis: report of a case; 2000年
    発表情報; Virchows Arch., 437, 4, 450-453
    著者; Ogawa A, Fukushima N, Satoh T, Kishikawa M, Miyazaki K, Tokunaga O
  • Precancerous Conditions of Gallbladder Carcinoma: Overview of Histopathologic Characteristics and Molecular Genetic Findings.; 2000年
    発表情報; J.Hepatobiliary Pancreat.Surg., 7, 556-567
    著者; E.Sasatomi, O.Tokunaga, K.Miyazaki
  • Abnormal Distribution of Collagen Type IV in Extrahepatic Bile Duct Carcinoma.; 2000年
    発表情報; Pathol.Int., 50, 884-890
    著者; Y.Chen, E.Sasatomi, T.Satoh, K.Miyazaki, O.Tokunaga
  • Up-regulation of Fas Ligand at Early Stages and Down-regulation of Fas at Progressed Stages of Intrahepatic Cholangiocarcinoma Reflect Evasion From Immune Surveillance.; 2000年
    発表情報; Hepatology, 32, 761-769
    著者; T.Shimonishi, K. Isse, F. Shibata, I. Aburatani, K.Tsuneyama, H.Sabit, K.Harada, K.Miyazaki, Y.Nakanuma
  • Cytokeratin profile relates to histological subtypes and intrahepatic location of intrahepatic cholangiocarcinoma and primary sites of metastatic adenocarcinoma of the liver.; 2000年
    発表情報; Histopathology, 37, 55-63
    著者; T.Shimonishi, K.Miyazaki, Y.Nakanuma
  • Establishment and characterization of hilar bile duct carcinoma cell line and cell strain.; 2000年
    発表情報; J.Hepatobiliary Pancreat Surg., 7, 417-425
    著者; W.Jiao, H.Yakushiji. A.Ogawa, Y.Kitajima, K.Miyazaki
  • Factors affecting the morphogenesis of the gallbladder.; 2000年
    発表情報; Cell Tissue Res., 300, 331-344
    著者; M.Mori, K.Miyazaki
  • 特発性血小板減少性紫斑病を併存した十二指腸乳頭部癌の1例; 2000年
    発表情報; 日臨外会誌, 61, 12, 3243-3247
    著者; 田中聡也、北原賢二、中村哲也、宮崎耕治
  • 胆嚢癌におけるE型カドヘリン, αカテニンの発現性と予後; 2000年
    発表情報; 日消外会誌, 33, 584-589
    著者; 森倫人、宮崎耕治、北原賢二、向井伸介、本山健太郎、枝國源一郎
  • Cyclin D1 is a possible predictor of sensitivity to chemoradiotherapy for esophageal squamous cell carcinoma.; 1999年
    発表情報; Anticancer Res., 19, 5515-5522
    著者; R.Samejima, Y.Kitajima, S.Yunotani, K.Miyazaki
  • Laparoscopic Splenectomy for a Giant Splenic Epidermoid Cyst: Report of a Case.; 1999年
    発表情報; Surg.Today , 29, 1268-1272
    著者; Y.Sakamoto, S.Yunotani, G.Edakuni, M.Mori, A.Iyama, K.Miyazaki
  • New Therapeutic Strategy for Gastric Carcinoma: A Two-Step Evaluation of Malignant Potential from Its Molecular Biologic and Pathologic Characteristics.; 1999年
    発表情報; J.Surg.Oncol., 72, 142-149
    著者; A.Kuwahara, M.Katano, M.Nakamura, K.Fujimoto, K.Miyazaki, M.Mori, T.Morisaki
  • Functional mutation of DNA polymeraseβ found in human gastric cancer - inability of the base excision repair in vitro.; 1999年
    発表情報; Mut.Res ( DNA Repair )., 435, 121-128
    著者; A.Iwanaga, M.Ouchida, K.Miyazaki, K.Hori,T.Mukai
  • DNA mismatch repair deficiency in curatively resected sextuple primary cancers in different organs: a molecular case report.; 1999年
    発表情報; Cancer Letters, 142, 17-22
    著者; H.Yakushiji, S.Mukai, S.Matsukura, S.Sato, A.Ogawa, E.Sasatomi, K.Miyazaki
  • Distribution of newly formed vessels in human colorectal carcinomas with microangiography.; 1999年
    発表情報; Colorectal Diseases, 1, 88-100
    著者; A.Ogawa, K.Miyazaki, O.Tokunaga
  • 鈍的腹部外傷後の遅発性大腸狭窄による横行結腸穿孔の1例; 1999年
    発表情報; 日腹救医会誌, 19, 8, 1045-1048
    著者; 阪本雄一郎、佐藤清治、小川明臣、北原賢二、宮崎耕治
  • 術前化学療法施行中に胃気管支瘻を合併した胃悪性リンパ腫の一切除例; 1999年
    発表情報; 日消外会誌 , 32, 2360-2364
    著者; 陳永晰、佐藤清治、森大輔、枝國源一郎、北原賢二、樋高克彦、宮崎耕治
  • 鈍的肝損傷の検討ー特にIIIb型肝損傷の治療方針について; 1999年
    発表情報; 日腹救急医学誌, 19, 4, 481-487
    著者;  阪本雄一郎、森倫人、佐藤建、北原賢二、佐藤清治、宮崎耕治
  • 絞扼性イレウスにおける補助診断としてのSIRS判定の有用性; 1999年
    発表情報; 日消外会誌, 32, 5, 1179-1183
    著者; 阪本雄一郎、伊山明宏、佐藤清治、宮崎耕治
  • 術前のChemolipiodolizationと術後のEtoposido/Cisplatinの肝動脈注入が有効であった直腸小細胞癌多発肝転移の1切除例; 1999年
    発表情報; 癌と化学療法, 26, 4, 543-547
    著者; 阪本雄一郎、北島吉彦、小川明臣、樋高克彦、宮崎耕治
  • 核出術を施行した巨大食道平滑筋腫の1例; 1999年
    発表情報; 外科, 60, 1227-1229
    著者; 鮫島隆一郎、湯ノ谷誠二、真鍋靖史、小川明臣、宮崎耕治、原田貞美
  • Intrahepatic cholangiocarcinoma showing mixed differentiation: A case report.; 1998年
    発表情報; Histopathology , 33, 488-490
    著者; T.Shimonishi, H.Sugawara, K.Miyazaki, Y.Nakanuma
  • Localization of vascular endothelial growth factor in synovial membrane mast cells: examination with "multilabelling subtraction immunostaining".; 1998年
    発表情報; Virchows Archive, 433, 567-570
    著者; T.Yamada,M.Sawatsubashi, H.Yakushiji, Y.Itoh, G.Edakuni, M.Mori, L.Robert, K.Miyazaki
  • Transforming growth factor β1 ( TGF-β1) is a preoperative prognostic indicator inadvanced gastric carcinoma.; 1998年
    発表情報; B.J.Cancer, 78, 1373-1378
    著者; M.Nakamura, M.Katano, A.Kuwahara, K.Fujimoto, K.Miyazaki, T.Morisaki, M.Mori
  • Expression of interleukin(IL)-12 mRNA in gastric carcinoma specimens: Cellular Antitumor Immune Responses.; 1998年
    発表情報; J.Surg.Oncol., 67, 11-17
    著者; M.Ktatano, M.Nakamura, A.Kuwahara, K.Fujimoto, H.Matsunaga, K.Miyazaki, T.Morisaki
  • Prognostic value of platelet-derived factor(PDGF-A) in gastric carcinoma.; 1998年
    発表情報; Ann.Surg., 227, 365-371
    著者; M.Katano, M.Nakamura, K.Fujimoto, K.Miyazaki, T.Morisaki
  • 術前、術中に診断し得なかった脾原発悪性リンパ腫の1例; 1998年
    発表情報; 日臨外会誌, 59, 2161-2165
    著者; 萩原淳、湯ノ谷誠二、佐藤敏美、宮崎耕治
  • 予後規定因子からみた肝細胞癌切除後の治療方針; 1998年
    発表情報; 日臨外会誌, 59, 10, 2477-2483
    著者; 森倫人、宮崎耕治、佐藤建、北原賢二、堤宣翁、阪本雄一郎、笹富英三郎
  • 術前Low Dose FP療法により癌細胞の消失をみたStage IV進行胃癌の1例; 1998年
    発表情報; 癌と化学療法, 25, 1955-1958
    著者; 中川内哲治、湯ノ谷誠二、中村光成、鮫島隆一郎、志田知之、米満伸久、江口尚久、宮崎耕治
  • 真性腸石を合併した回腸重複症の1例; 1998年
    発表情報; 日消外会誌, 31, 2099-2103
    著者; 久保真、湯ノ谷誠二、向井伸介、鮫島隆一郎、小川明臣、宮崎耕治
  • 胃悪性リンパ腫手術症例の臨床的検討-neoadjuvant chemotherapyの有用性-; 1998年
    発表情報; 日外科系連合学会誌, 23, 644-648
    著者; 佐藤清治、森倫人、北原賢二、伊山明宏、廣橋喜美、北島吉彦、湯ノ谷誠二、小川明臣、宮崎耕治
  • 急性腹症、他臓器不全を呈し血液浄化法にて対応したhemophagocytic syndrome (HPS)の1例; 1998年
    発表情報; 救急医学, 22, 866-869
    著者; 藤崎大整、柴田恵介、中村恵、宮園素明、黄泰奉、池田裕次、富吉義幸、酒見隆信、宮崎耕治
  • 術前に脾転移を認めた進行胃癌の1例; 1998年
    発表情報; 消化器外科, 21, 1265-1268
    著者; 阪本雄一郎、小川明臣、樋高克彦、宮崎耕治
  • 慢性透析患者に発症した壊死性虚血性小腸炎の1例; 1998年
    発表情報; 日臨外会誌, 59, 1561-1563
    著者; 中村哲也、伊山明宏、中村光成、森倫人、宮崎耕治
  • 診断が困難であった胆道発育型細小肝細胞癌の1例; 1998年
    発表情報; 肝臓, 39, 396-400
    著者; 松山悟、宮崎耕治、森倫人、北原賢二
  • 肝吸虫症に合併した肝内胆管癌の1例; 1998年
    発表情報; 胆と膵, 19, 315-318
    著者; 神谷尚彦、伊山明宏、向井伸介、笹富英三郎、宮崎耕治
  • Primary malignant melanoma of the rectum: Report of a case.; 1997年
    発表情報; Surg.Today, 27, 1167-1169
    著者; A.Ogawa, M.Takano, K.Takagi, O.Tokunaga, K.Miyazaki
  • Altered microsatellites in incomplete-type intestinal metaplasia adjacent to primary gastric cancers.; 1997年
    発表情報; J. Clin. Pathol., 50, 10, 841-846
    著者; T.Hamamoto, H.Yokozaki, S.Semba, W.Yasui, S.Yunotani, K.Miyazaki, E.Tahara
  • Endoscopic ultrasonography for demonstrating los of multiple-layer pattern of the thickened gallbladder wall in the preoperative diagnosis of gallbladder carcinoma.; 1997年
    発表情報; Eur Radiol, 7, 1323-1327
    著者; Mizuguchi M, Kudo S, Fukahori T, Matsuo Y, Miyazaki K, Tokunaga O, Koyama T, Fujimoto K
  • Polypoid Adenomyoma of the Gallbladder; 1997年
    発表情報; J.Gastroenterol., 32, 704-707
    著者; E.Sasatomi, K.Miyazaki, M.Mori, T.Satoh, S.Nakano, O.Tokunaga
  • Ultrastructural demonstration of mast cells in varicose veins of lower limbs: presence of mast cell-mediated mechanism.; 1997年
    発表情報; J.Cardiovasc.Surg., 38, 1-4
    著者; T.Yamada, H.Yamamoto, A.Ogawa, K.Miyazaki, O.Tokunaga, T.Itoh
  • イレウスにて発症したSpiegel ヘルニアのRichter型嵌頓の1例; 1997年
    発表情報; 日臨外医会誌, 58, 2695-2699
    著者; 松倉史朗、湯ノ谷誠二、中間輝次、宮崎耕治、江口尚久
  • 術後2年目に妊娠・出産により増悪し再発死した多発早期胃癌の1例; 1997年
    発表情報; 日臨外医会誌, 58, 6, 1260-1264
    著者; 廣橋喜美、佐藤清治、宮崎耕治、笹富英三郎、原田貞美、溝口哲郎
  • サイトカインによる胆嚢癌増殖形態の検討; 1997年
    発表情報; 消化器癌の発生と進展, 9, 375-380
    著者; 向井伸介、森倫人、北島吉彦、笹富英三郎、宮崎耕治
  • 早期胃癌のリンパ節転移予測因子としてのplatelet derived growth factor Aの意義; 1997年
    発表情報; Biotherapy, 11, 5, 685-687
    著者; 中村光成、片野光男、藤本一真、宮崎耕治、桑原淳生、森崎隆
  • 胆嚢癌・前癌病変の細胞動態; 1997年
    発表情報; 消化器外科, 24, 6, 661-667
    著者; 笹富英三郎、徳永蔵、宮崎耕治
  • 進行性核上麻痺にS字状結腸癌を合併した1例; 1997年
    発表情報; 日臨外医会誌, 58, 855-859
    著者; 向井伸介、堤宣翁、佐藤清治、樋高克彦、宮崎耕治
  • 慢性透析患者に対し根治手術を施行した進行食道癌の1例; 1997年
    発表情報; 日臨外医会誌, 58, 795-799
    著者; 鮫島隆一郎、湯ノ谷誠二、真方紳一郎、濱本隆浩、宮崎耕治、原田貞美
  • Spontaneous apoptosis in gallbladder carcinoma. Relationships with clinicopathologic factors, expression of E-cadherin, bcl-2 protooncogen, and p53 oncosuppressor gene.; 1996年
    発表情報; Cancer , 78, 2101-2110
    著者; E.Sasatomi, O.Tokunaga, K.Miyazaki
  • Spontaneous apoptosis in gallbladder cancer: Relationships with expression of Bax, Bcl-X and Mcl-1 proteins.; 1996年
    発表情報; Recent Advances in Gastroenterological Carcinogenesis, 1, 825-829
    著者; E.Sasatomi, O.Tokunaga, F.Yamasaki, H.Ishida, M.Mori, K.Miyazaki
  • 妊婦に対する腹壁吊り上げ法による腹腔鏡下胆嚢摘出術の一例; 1996年
    発表情報; JSES, 1, 5, 422-425
    著者; 隅健次、湯ノ谷誠二、伊山明宏、宮崎耕治、久次武晴
  • 感染症の検査; 1996年
    発表情報; 臨床外科増刊号, 51, 11, 453-455
    著者; 伊山明宏、宮崎耕治
  • Hepatopancreatoduodenectomy for squamous and adenosquamous carcinoma of the gallbladder.; 1995年
    発表情報; Hepato-gastroenterol., 42, 47-50
    著者; K.Miyazaki, N.Tsutsumi, K.Kitahara, M.Mori, E.Sasatomi, O.Tokunaga, T.Hisatsugu
  • WDHA症候群を呈した悪性膵島腫瘍を伴った多発性内分泌腺腫症I型の一例; 1995年
    発表情報; 胆と膵, 16, 865-870
    著者; 薬師寺浩之、宮崎耕治、笹富英三郎、中城博見、久次武晴、戸田修二、杉原甫
  • Mirizzi症候群を呈した黄色肉芽腫性胆嚢炎の一例; 1995年
    発表情報; 内科, 75, 343-346
    著者; 鐘ヶ江寿美子、深沢伸至、山城清二、吉原幸次郎、小泉俊三、宮崎耕治、久次武晴、福井次矢
  • Dubin-Johoson 症候群に発生した肝細胞癌と男性乳癌の一例; 1995年
    発表情報; 肝胆膵, 30, 729-733
    著者; 薬師寺宏之、宮崎耕治、北原賢二、久次武晴
  • Effects of ethanol on the DNA damage induced by two carciogenic nitrosamines.; 1994年
    発表情報; Oncol.Rep., 1, 903-905
    著者; N.Tsutsumi, K.Miyazaki
  • Benign gallbladder lesions mimicking cancer infiltrating the liver.; 1994年
    発表情報; J.Hepato-.Biliary .Pancreat.Surg., 1, 273-279
    著者; K.Miyazaki, N.Tsutsumi, E.Sasatomi, K.Kitahara, Michito Mori, Osamu TokunagaT, Hisatsugu
  • In vitro release of vasoactive intestinal polypeptide and pancreatic polypeptide from human VIPoma cells amd its inhibition by somatostatin analogue (SMS 201-995).; 1994年
    発表情報; Surgery, 115, 713-717
    著者; Y.Yasunami, A.Funakoshi, S.Ryu, H.Shinozaki, A.Jimi, K.Miyazaki, S.Ikeda
  • Enhancing effect of ethanol on aflatoxin B1-induced DNA damage in glutathione depleted rat hepatocytes.; 1994年
    発表情報; Internat.J.Oncol., 4, 123-127
    著者; N.Tsutsumi, K.Miyazaki
  • 胆嚢癌におけるc-met 蛋白発現に関する病理組織学的検討; 1994年
    発表情報; 消化器癌の発生と進展, 6, 217-222
    著者; 笹富英三郎、徳永藏、宮崎耕治、久次武晴
  • 肝動脈リザーバーによる動注化学療法が有効であったH3胃癌の一治験例; 1994年
    発表情報; 癌と化学療法, 21, 2183-2186
    著者; 堤宣翁、樋高克彦、宮崎耕治、久次武晴
  • ovarian immature teratoma の横隔膜転移巣において retroconversion の認められた1例; 1994年
    発表情報; 日臨外医会誌, 55, 7, 1771-1774
    著者; 薬師寺浩之、宮崎耕治、馬島英明、久次武晴、笹富英三郎
  • 肝細胞癌におけるUFTおよび5’-DFURの腫瘍組織内移行度の比較検討; 1994年
    発表情報; 癌と化学療法, 21, 5, 641-645
    著者; 宮崎耕治、薬師寺浩之、北原賢二、森倫人、笹富英三郎、堤宣翁、廣橋喜美、岩永章成、伊山明宏、深川博、久次武晴
  • 小腸穿孔で発症した肝転移を伴う小腸平滑筋肉腫の1治験例; 1993年
    発表情報; 日臨外医会誌, 54, 11, 2850-2853
    著者; 中城博見、宮崎耕治、中村哲也、湯ノ谷誠二、堤宣翁、下西智徳、久次武晴
  • コラーゲンゲルを利用した胆道癌細胞の培養と株化; 1993年
    発表情報; 消化器癌の発生と進展, 5, 375-379
    著者;  志村英生、伊達和彦、宮崎耕治、田中雅夫
  • C型肝炎に対するインターフェロン投与中に急速増大した肝外発育型肝細胞癌症例; 1993年
    発表情報; 肝胆膵, 27, 4, 609-614
    著者; 馬島英明、宮崎耕治、井本昭彦、久次武晴、尾崎岩太、山本匡介、堺隆弘、原岡誠司、笹富英三郎、徳永藏
  • 肝細胞癌と肝外胆管癌の同時性重複癌の一例; 1993年
    発表情報; 日臨外医会誌, 54, 1, 170-174
    著者; 薬師寺浩之、宮崎耕治、竹田虎彦、佐藤清治、佐藤裕、久次武晴、原岡誠司
  • 膵管非愈合に合併した推測される膵貯留嚢包の一治験例; 1992年
    発表情報; 胆と膵, 13, 11, 1209-1213
    著者; 竹田虎彦、宮崎耕治、湯ノ谷誠二、薬師寺浩之、笹富英三郎、久次武晴、松本伸二
  • 同時性胆管肺重複癌の1切除例; 1992年
    発表情報; 日臨外医会誌, 53, 9, 2208-2213
    著者; 佐藤裕、宮崎耕治、薬師寺浩之、湯ノ谷誠二、伊山明宏、原岡誠司、久次武晴
  • アルコール性肝硬変における化学発癌の可能性とその機序(第II報); 1992年
    発表情報; 消化器癌の発生と進展, 4, 375-377
    著者; 堤宣翁、宮崎耕治、伊達和彦
  • 肝内結石症の手術; 1992年
    発表情報; 消化器外科, 15, 1285-1294
    著者; 宮崎耕治、久次武晴
  • 化学発癌物質スクリーニングモデルとしての肝細胞/in situ ニックトランスレーション法とその応用; 1992年
    発表情報; 肝臓, 33, 2, 161-166
    著者; 堤宣翁、宮崎耕治、永渕一光、伊達和彦
  • 胆石症として手術された胆嚢癌の治療方針; 1992年
    発表情報; 消化器外科, 15, 1, 59-65
    著者; 宮崎耕治、久次武晴
  • Modulation of the genotoxicity of azathioprine by intracellular glutathion in hepatocytes.; 1991年
    発表情報; J.Cancer Res.Oncol., 117, 321-325
    著者; K.Nagafuchi, K.Miyazaki
  • 胆道粘膜上皮細胞の初代培養 -胆道癌化学発癌物質検出のためのスクリーニング法-; 1991年
    発表情報; 消化器癌, 1, 4, 521-524
    著者; 宮崎耕治
  • 画像上との鑑別に苦慮した乳頭部 adenofibromatous hyperplasia の1例; 1991年
    発表情報; 胆と膵, 12, 997-1002
    著者; 佐藤裕、湯ノ谷誠二、宮崎耕治、深川博、樋高克彦、原田貞美、久次武晴
  • 異所性胆嚢、総胆管結石を伴った肝右葉形成不全症の一治験例; 1991年
    発表情報; 胆道, 5, 75-81
    著者; 佐藤裕、北原賢二、鮫島隆一郎、宮崎耕治、久次武晴
  • アルコール性肝硬変における化学発癌の可能性とその機序; 1991年
    発表情報; 消化器癌の発生と進展, 3, 381-384
    著者; 堤宣翁、宮崎耕治、永渕一光、伊達和彦
  • 胆道系重複癌の1切除例と本邦報告例の検討; 1991年
    発表情報; 胆と膵, 12, 2, 223-231
    著者;  佐藤裕、北原賢二、中城博美、宮崎耕治、原田貞美、久次武晴
  • 肝・胆道癌の研究における細胞培養; 1991年
    発表情報; 組織培養, 17, 1, 26-29
    著者; 宮崎耕治、堤宣翁、伊達和彦、永渕一光
  • Unscheduled DNA synthesis after treatment with 20-methylcholanthrene and N-nitrosodimethylamine in primary culture of human gallbladder epithelial cells.; 1990年
    発表情報; Mutation Res., 235, 81-84
    著者; K.Miyazaki, M.Lu and F.Nakayama
  • 胆道腫瘍の超音波診断; 1990年
    発表情報; 臨床と研究, 67, 6, 1711-1717
    著者; 宮崎耕治、久次武晴
  • Stimulation of DNA synthesis in hepatocytes by Kupffer cells after partial hepatectomy.; 1989年
    発表情報; Hepatology, 9, 405-410
    著者;  F.Katsumoto, K.Miyazaki and F,Nakayama
  • Familial occurrence of anomalous pancreaticobiliary duct union associated with gallbladder neoplasms.; 1989年
    発表情報; Am.J.Gastroenterol., 84, 176-181
    著者; K.Miyazaki, K.Date, S.Imamura, Y.Ogawa and F.Nakayama
  • 胆道癌化学発癌物質検出のための培養胆道上皮細胞/アルカリ溶出法; 1989年
    発表情報; 日本消化器病学会雑誌, 86, 11, 2540-2544
    著者; 宮崎耕治、呂明徳、堤宣翁、中野修治、永渕一光、中山文夫
  • 持続動注化学療法により著効を示した直腸癌の肝両葉転移の一例; 1989年
    発表情報; 癌と化学療法, 16, 7, 2445-2448
    著者; 井久保丹、宮崎耕治
  • 術式別にみた術前・術後管理.肝内結石症手術; 1989年
    発表情報; 消化器外科, 12, 6, 909-912
    著者; 宮崎耕治、中山文夫
  • 肝内結石症完全截石13年後に発症した肝内胆管癌の一例; 1989年
    発表情報; 胆と膵, 10, 743-747
    著者; 呂明徳、宮崎耕治、宮本和幸、松隈哲人、中山文夫
  • 胆道癌関連発癌物質の検出モデルとしての胆管上皮細胞の分離と培養; 1989年
    発表情報; 日本外科学会雑誌, 90, 3, 404-408
    著者; 呂明徳、宮崎耕治、吉富聰一、中山文夫
  • Primary culture of bovine bile duct epithelial cells as a useful tool for detection of genotoxic agents in relation to bile duct cancer.; 1988年
    発表情報; Mutation Res., 194, 73-79
    著者; M.Lu, K.Miyazaki, S.Yoshitomi and F.Nakayama
  • Use of ultrasound risk score in the timing of operative intervention for acute cholecystitis.; 1988年
    発表情報; Arch.Surg., 123, 487-489
    著者; K.Miyazaki, A.Uchiyama and F.Nakayama
  • Bypass procedures for bile duct cancer.; 1988年
    発表情報; World J.Surg., 12, 64-67
    著者; K.Miyazaki, K.Nagafuchi, F.Nakayama
  • Radical operation for middle and distal bile duct cancers.; 1988年
    発表情報; World J.Surg., 12, 60-63
    著者; F.Nakayama, K.Miyazaki and K.Nagafuchi
  • 道癌化学発癌物質のスクリーニング法の開発と応用に関する研究; 1988年
    発表情報; 消化器外科, 11, 12, 1834
    著者; 宮崎耕治
  • TAE止血後二期的肝切除による原発性肝癌破裂の一治験例; 1988年
    発表情報; 消化器外科, 11, 9, 1545-1548
    著者; 横畑和紀、宮崎耕治、今村秀、中村和夫、森崎隆、許斐康煕、中山文夫
  • 肝内結石症に続発した肝内胆管癌の一例; 1988年
    発表情報; 外科診療, 30, 9, 1275-1278
    著者; 伊達一彦、宮崎耕治、一宮仁、中山文夫
  • 胆道癌の外科治療; 1988年
    発表情報; 日本臨床, 46, 934-940
    著者; 古賀明俊、山内昌一郎、籾井真二、宮崎耕治、中山文夫
  • 胆管内への著明な伸展をみた乳頭部腺腫の一例; 1988年
    発表情報; 胆と膵, 9, 4, 491-495
    著者; 大島章、宮崎耕治、山口幸二、中山文夫
  • Electrohydraulic lithotripsy of intrahepatic stones during choledochoscopy.; 1987年
    発表情報; Surgery, 102, 852-856
    著者; S.Matsumoto, M.Tanaka, H.Yoshimoto, K.Miyazaki, S.Ikeda, F.Nakayama
  • Demonstration and maintenance of mucus secretion in cultured human gallbladder epithelial cells.; 1987年
    発表情報; In Vitro Cell. Develop.Biol., 23, 559-566
    著者; S.Yoshitomi, K.Miyazaki and F.Nakayama
  • Etiologic significance of anatomic variations in the main intrahepatic bile ducts in hepatolithiasis.; 1987年
    発表情報; Acta Radiol., 28, 285-288
    著者; A.Koga, K.Watanabe, S.Takiguchi, K.Miyazaki and F.Nakayama
  • Bile acid metabolism in isolated rat hepatocytes studied by gas liquid chromatography-mass spectrometry-selected ion monitoring.; 1987年
    発表情報; J.Biochem., 101, 1429-1436
    著者; M.Aso, K.Miyazaki, J.Yanagisawa and F.Nakayama
  • Endoscopic sphincterotomy in patients with difficult cannulation: Use of an antegrade guide.; 1986年
    発表情報;  Endoscopy, 18, 87-89
    著者; M.Tanaka, S.Matsumoto, S.Ikeda, K.Miyazaki and S.Yamauchi
  • Hepatoithiasis in east Asia. Retrospective study.; 1986年
    発表情報; Dig,Dis.Sci., 31, 21-26
    著者; F.Nakayama, R.D.Soloway, T.Nakama, K,Miyazaki, H.Ichimiya, P.C.Sheen, C.G.Ker, G.B.Ong, T.K.Choi, J.Boey, W.C.Foong, E.C.Tang, K.H.Tung and C.N.Lee
  • 全内蔵逆位症に合併した肝内結石症の一例; 1986年
    発表情報; 消化器外科, 9, 11, 1701-1705
    著者; 宮崎耕治、内山明彦、張振寰、松本伸二、中山文夫
  • 回腸原発性リンパ腫瘍の一例; 1986年
    発表情報; Gatroenterol.Endoscopy, 28, 1, 150-153
    著者; 今薗靖博、那須繁、西原秀一郎、益田龍彦、田中晃、吉田浩樹、山内孝、三澤正、宮崎耕治
  • 膵胆管合流異常に合併した胆嚢癌の一例; 1986年
    発表情報; 胆と膵, 7, 3, 353-357
    著者; 内山明彦、宮崎耕治、山口幸二、中山文夫
  • フィブリン接着剤とフィブロガミンの併用により治癒せしめた難治性胆汁瘻の一例; 1986年
    発表情報; 外科診療, 28, 3, 374-376
    著者; 内山明彦、宮崎耕治、中山文夫
  • Hepatolithiasis associated with cholangiocarcinoma.Possible etiologic significance.; 1985年
    発表情報; Cancer, 55, 2826-2829
    著者; A.Koga, H.Ichimiya, K.Yamaguchi, K.Miyazaki and F.Nakayama
  • 急性無石胆嚢炎; 1985年
    発表情報; 胆と膵, 6, 11, 1475-1481
    著者;  宮崎耕治、内山明彦、中山文夫
  • 術後胆管狭窄の予防と対策; 1985年
    発表情報; 手術, 39, 9, 993-998
    著者; 中山文夫、宮崎耕治、内山明彦
  • 腸型ベーチェット病の5例; 1985年
    発表情報; 日本消化器外科学雑誌, 18, 7, 1731-1734
    著者; 中房祐司、宮崎耕治、中山文夫
  • 肝臓、胆道手術の術後管理 肝内結石症; 1985年
    発表情報; 外科治療, 52, 6, 253-256
    著者; 宮崎耕治、古賀明俊、中山文夫
  • Effect of chenodeoxycholic and ursodeoxycholic acids on isolated adult human hepatocytes.; 1984年
    発表情報; Dig.Dis.Sci., 29, 1123-1130
    著者; K.Miyazaki, F.Nakayama, A.Koga
  • Choice of treatment of hepatolithiasis based on pathological findings.; 1984年
    発表情報; World J.Surg., 8, 36-40
    著者; A.Koga, K.Miyazaki, H.Ichimiya and F.Nakayama
  • 肝内結石症の病型分類と治療; 1984年
    発表情報; 臨床と研究, 61, 2976-2980
    著者;  古賀明俊、宮崎耕治、一宮仁、中山文夫
  • 肝内結石症; 1983年
    発表情報; 臨床医, 9, 9, 1385-1387
    著者; 古賀明俊、宮崎耕治、一宮仁、中山文夫
  • 培養技術講座 成人肝実質細胞の単離培養法; 1983年
    発表情報; 組織培養, 9, 6, 223-225
    著者; 宮崎耕治、安蘓正和、吉富聰一、勝本富士夫
  • 肝内結石症の定義と分類; 1982年
    発表情報; 肝胆膵, 4, 3, 329-336
    著者; 中山文夫、古沢悌二、中間輝次、古賀明俊、宮崎耕治、一宮仁
  • Chemotaxis of Kupffer cells isolated from rodent liver.; 1981年
    発表情報; Microbiol.Immunol., 25, 1059-1066
    著者; M.Katano, K.Miyazaki, M.Aso and M.Torisu
  • Isolation and primary culture of adult human hepatocytes. Ultrastructural and functional studies.; 1981年
    発表情報; Cell Tissue Res., 218, 13-21
    著者; K.Miyazaki, R.Takaki, F.Nakayama, S.Yamauchi, A.Koga and S.Todo
  • 肝臓の単離細胞培養法; 1981年
    発表情報; 組織培養, 7, 2, 46-52
    著者; 宮崎耕治、高木良三郎、安蘓正和
  • Hernia through the foramen Winslow.; 1977年
    発表情報; Jap.J.Surg, 7, 151-157
    著者; R.Ohkuma and K.Miyazaki
  • 石灰乳胆汁の3例; 1977年
    発表情報; 日臨外会誌, 38, 4, 475-478
    著者; 宮崎耕治、大熊隆介
  • 乳幼児にみられた結腸および直腸若年性ポリー プの2例; 1976年
    発表情報; 日臨外会誌, 37, 6, 905-908
    著者; 大熊隆介、宮崎耕治、黒木信善

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • 耐糖能障害とともにCEA値が推移した胃癌術後腫瘍マーカー偽陽性の1例; 2009年
    発表情報; 日本臨床外科学会雑誌,70,1,62-65, 70, 1, 62-65
    著者; 大塚隆生、佐藤清治、北島吉彦、中房祐司、宮﨑耕治
  • 嚢胞内乳頭癌の形態を示した乳腺neuroendocrine ductal carcinoma in situの1例; 2009年
    発表情報; 日本臨床外科学会雑誌,70,1,34-38, 70, 1, 34-38
    著者; 中房祐司、甲斐敬太、矢ヶ部知美、小池健太、宮﨑耕治
  • 腸間膜奇形腫の1例; 2009年
    発表情報; 日本臨床外科学会雑誌,70,1,224-227, 70, 1, 224-227
    著者; 橋口和義、神谷尚彦、松山悟、中房祐司、佐藤敏美、宮﨑耕治
  • 胃癌術後再発に対しS-1(一次治療)と5'-DFUR+Paclitaxel(二次治療)がともに有効で継続している1症例; 2009年
    発表情報; 癌と化学療法,36,5,851-854, 36, 5, 851-854
    著者; 北島吉彦、矢ヶ部知美、大塚隆生、田中雅之、佐藤清治、中房祐司、宮﨑耕治

一般講演(学術講演を含む)

  • 当科における完全鏡視下肝切除の工夫; 2009年12月
    発表情報; 第90回日本腹部救急医学会総会 2009.12.3-5 第22回日本内視鏡外科学会総会抄録集,601, 601
    著者; 三好篤、北原賢二、小林毅一郎、神谷尚彦、能城浩和、宮﨑耕治
  • 下部直腸癌に対する腹腔鏡下内肛門括約筋切除; 2009年12月
    発表情報; 第91回日本腹部救急医学会総会 2009.12.3-5 第22回日本内視鏡外科学会総会抄録集,131, 131
    著者; 隅健次、能城浩和、小林毅一郎、宮﨑耕治
  • 確立されつつある新たな治療戦略に基づいた小腸癌腹腔鏡下手術の経験; 2009年12月
    発表情報; 第92回日本腹部救急医学会総会 2009.12.3-5 第22回日本内視鏡外科学会総会抄録集,588, 588
    著者; 浦田雅子、小林毅一郎、三好篤、、隅健次、能城浩和、宮﨑耕治
  • ポート位置変更と超音波凝固切開装置の使用による安全な腹腔鏡下胆嚢摘出術; 2009年12月
    発表情報; 第89回日本腹部救急医学会総会 2009.12.3-5  第22回日本内視鏡外科学会総会抄録集,414, 414
    著者; 小林毅一郎、能城浩和、久保洋、政次俊宏、古賀靖大、三好篤、隅健次、北原賢二、北島吉彦、宮﨑耕治
  • 肝炎症性偽腫瘍の3例; 2009年11月
    発表情報; 第74回日本腹部救急医学会総会 2009.11.19-21  第71回総会日程・抄録(第70巻増刊号),677, 677
    著者; 古賀浩木、三好篤、甲斐敬太、神谷尚彦、北原賢二、能城浩和、宮﨑耕治
  • 腹腔鏡下幽門側胃切除術における術者と助手の役割分担; 2009年11月
    発表情報; 第75回日本腹部救急医学会総会 2009.11.19-21 第71回総会日程・抄録(第70巻増刊号),467, 70, 467
    著者; 小林毅一郎、能城浩和、久保洋、政次俊宏、古賀靖大、三好篤、隅健次、神谷尚彦、北原賢二、北島吉彦、宮﨑耕治
  • こだわりの手術手技 -胆・膵-5; 2009年11月
    発表情報; 第76回日本腹部救急医学会総会 2009.11.19-21 第71回総会日程・抄録(第70巻増刊号)司会, 70
    著者; 宮﨑耕治
  • Hanging maneuverを応用した肝切除術; 2009年11月
    発表情報; 第77回日本腹部救急医学会総会 2009.11.19-21 第71回総会日程・抄録(第70巻増刊号),456, 70, 456
    著者; 三好篤、北原賢二、神谷尚彦、能城浩和、宮﨑耕治
  • 胸部食道癌に対する腹臥位鏡視下食道切除術; 2009年11月
    発表情報; 第78回日本腹部救急医学会総会 2009.11.19-21 第71回総会日程・抄録(第70巻増刊号),337,特別演題, 70, 337
    著者; 能城浩和、小林毅一郎、政次俊宏、久保洋、宮﨑耕治
  • 外科手術後にたこつぼ型心筋症による心停止を来した2例; 2009年11月
    発表情報; 第79回日本腹部救急医学会総会 2009.11.19-21 第71回総会日程・抄録(第70巻増刊号)、583, 70, 583
    著者; *田中智和、神谷尚彦、北島吉彦、矢ヶ部知美、北原賢二、宮﨑耕治
  • 女医4割&外科危機時代への提言; 2009年11月
    発表情報; 第80回日本腹部救急医学会総会 2009.11.19-21 第71回総会日程・抄録(第70巻増刊号)、355, 70, 355
    著者; 矢ヶ部知美、浦田雅子、能城浩和、宮﨑耕治
  • 上部消化管通過障害に対するダブルルーメン消化管用チューブの有用性; 2009年11月
    発表情報; 第81回日本腹部救急医学会総会 2009.11.19-21 第71回総会日程・抄録(第70巻増刊号)、588, 70, 588
    著者; 浦田雅子、三好篤、山地康大郎、隅健次、北島吉彦、北原賢二、能城浩和、宮﨑耕治
  • Gemcitabine耐性胆道癌細胞株におけるTranilastのApoptosis誘導作用の検討; 2009年11月
    発表情報; 第82回日本腹部救急医学会総会 2009.11.26-27 プログラム・抄録集,120, 120
    著者; 橋口和義、北島吉彦、平木将紹、中村淳、能城浩和、宮﨑耕治
  • 胃癌における腹腔洗浄液のDNAメチル化と腹膜播種予測に関する検討; 2009年11月
    発表情報; 第83回日本腹部救急医学会総会 2009.11.26-27 プログラム・抄録集,86, 86
    著者; 平木将紹、北島吉彦、中村淳、橋口和義、能城浩和、宮﨑耕治
  • 胆嚢癌の浸潤形式とTumor infiltrating lymphocyte(TIL)の検討; 2009年11月
    発表情報; 第84回日本腹部救急医学会総会 2009.11.26-27 プログラム・抄録集,119, 119
    著者; 甲斐敬太、神谷尚彦、徳永藏 、北原賢二、三好篤、能城浩和、宮﨑耕治
  • 消化器癌の基礎と臨床:胃癌-2; 2009年11月
    発表情報; 第85回日本腹部救急医学会総会 2009.11.26-27 プログラム・抄録集,座長
    著者; 宮﨑耕治
  • 胃癌におけるHIF-1 αの発現と5-FU抵抗性についての検討; 2009年11月
    発表情報; 86回日本腹部救急医学会総会 2009.11.26-27 プログラム・抄録集,127, 127
    著者; 中村淳、北島吉彦、甲斐敬太、橋口和義、平木将紹、能城浩和、宮﨑耕治
  • 原発性卵巣癌との鑑別が問題となった卵巣転移を伴う大腸原発粘液癌の一例; 2009年11月
    発表情報; 第87回日本腹部救急医学会総会 2009.11.6-7 第64回日本大腸肛門病学会学術集会抄録号(第62巻9号),779, 62, 9, 779
    著者; 甲斐敬太、隅健次、宮﨑耕治
  • 直腸癌手術に対する肥満の影響; 2009年11月
    発表情報; 第88回日本腹部救急医学会総会 2009.11.6-7 第64回日本大腸肛門病学会学術集会抄録号(第62巻9号),646, 62, 9, 646
    著者; 隅健次、矢ヶ部知美、甲斐敬太、宮﨑耕治
  • 食道胃接合部に発生したBarrett上皮原発の印環細胞癌の1例; 2009年11月
    発表情報; 第94回日本消化器病学会九州支部例会 2009.11.27-28 プログラム・抄録集,162, 162
    著者; 古賀浩木、小林毅一郎、渋木太郎、明石道昭、北島吉彦、能城浩和、宮﨑耕治
  • 下大静脈ガス血症を伴った腸管壊死の1例; 2009年11月
    発表情報; 第94回日本消化器病学会九州支部例会 2009.11.27-28 プログラム・抄録集,115, 115
    著者; 永松伊織、政次俊宏、山地康大郎、青木茂久、隅健次、能城浩和、宮﨑耕治
  • Gemcitabine耐性胆道癌細胞株におけるTranilastのApoptosis誘導機構についての検討; 2009年10月
    発表情報; 第65回日本腹部救急医学会総会 2009.10.1-3 日本癌学会学術集会プログラム,288, 288
    著者; 橋口和義、北島吉彦、平木将紹、中村淳、光野真由美、宮﨑耕治
  • 大腸癌組織のDNAメチル化とS1/CPT11併用療法に対する抗癌剤感受性の検討; 2009年10月
    発表情報; 第66回日本腹部救急医学会総会 2009.10.1-3 日本癌学会学術集会プログラム,129, 129
    著者; 平木将紹、北島吉彦、中村淳、橋口和義、隅健次、中房祐司、宮﨑耕治
  • メラノーマにおけるDNAメチル化と遺伝子発現情報の統合による新規分子マーカーの同定; 2009年10月
    発表情報; 第67回日本腹部救急医学会総会 2009.10.1-3 日本癌学会学術集会プログラム,128, 128
    著者; 古賀靖大、Mattia Pelizzola、北島吉彦、Elaine Cheng、Michael Krauthammer、AnnetteM.Molinaro、宮﨑耕治、Ruth Halaban、ShermanM.Weissman
  • メチル化酵素Set9によるPCAF分子リジン残基のメチル化; 2009年10月
    発表情報; 第68回日本腹部救急医学会総会 2009.10.1-3 日本癌学会学術集会プログラム,89, 89
    著者; 政次俊宏、山本健、宮﨑耕治、
  • HIF-1α発現は胃癌において5-FUの効果予測因子となる; 2009年10月
    発表情報; 第69回日本腹部救急医学会総会 2009.10.1-3 日本癌学会学術集会プログラム,84 , 84
    著者; 中村淳、北島吉彦、甲斐敬太、橋口和義、平木将紹、宮﨑耕治
  • 乳癌補助化学療法としてのFEC100,ドセタキセル(70)の忍容性及び安全性についての検討; 2009年10月
    発表情報; 第70回日本腹部救急医学会総会 2009.10.22-24 日本癌治療学会学術集会プログラム号,569, 569
    著者; 小池健太、北原賢二、古賀浩木、能城浩和、宮﨑耕治
  • 口演32 肝臓 手術療法; 2009年10月
    発表情報; 第71回日本腹部救急医学会総会 2009.10.22-24 第47回日本癌治療学会学術集会プログラム号,64,座長, 64
    著者; 宮﨑耕治
  • 上部消化管の癌に対する鏡視下手術の現状; 2009年10月
    発表情報; 第72回日本腹部救急医学会総会 2009.10.22-24 日本癌治療学会学術集会プログラム号,273,シンポジウム, 273
    著者; 能城浩和、小林毅一郎、北島吉彦、内山明彦、田中雅夫、宮﨑耕治
  • 進行・再発大腸癌に対する外来化学療法における重篤な有害事象の検討 ; 2009年10月
    発表情報; 第73回日本腹部救急医学会総会2009.10.22-24 第47回日本癌治療学会学術集会プログラム号,586, 586
    著者; 矢ヶ部知美、隅健次、土肥佐和子、能城浩和、宮﨑耕治
  • 「進行・再発大腸癌における治療戦略~抗体医薬品の位置づけ~」筑波大学大学院 人間総合科学研究科臨床医学系消化器内科 教授 兵頭 一之介先生; 2009年09月
    発表情報; 進行大腸癌治療シンポジウム-アバスチンの現状と今後ー 2009.9.4
    著者; 宮﨑耕治
  • 進行再発大腸癌に対するmFOLFOX6+Bevacizumab療法の検討; 2009年09月
    発表情報; 進行大腸癌治療シンポジウム-アバスチンの現状と今後ー 2009.9.4
    著者; 矢ヶ部知美、隅健次、古賀靖大、小林毅一郎、神谷尚彦、三好篤、能城浩和、宮﨑耕治
  • 「消化器癌に対する鏡視下手術のUpdate」 佐賀大学医学部 一般・消化器外科 診療教授 能城浩和; 2009年09月
    発表情報; 第32回佐賀県消化器癌懇話会 2009.9.11
    著者; 宮﨑耕治
  • NASH肝癌の病理学的検討と糖質、脂質の局在について; 2009年07月
    発表情報; 第58回日本腹部救急医学会総会 2009.7.3-4 プログラム・抄録集,227, 227
    著者; 甲斐敬太、三好篤、神谷尚彦、北原賢二、能城浩和、徳永藏、宮﨑耕治
  • 超音波診断ガイドラインに基づく非浸潤乳管癌の超音波像; 2009年07月
    発表情報; 第59回日本腹部救急医学会総会 2009.7.3-4 460, 460
    著者; 小池健太、中房祐司、田中智和、森泰寿、宮﨑耕治
  • 当院における破裂肝癌の検討 ; 2009年07月
    発表情報; 第60回日本腹部救急医学会総会 2009.7.3-4 プログラム・抄録集,309, 309
    著者; 古賀浩木、三好篤、北原賢二、神谷尚彦、能城浩和、宮﨑耕治
  • 口演2 肝癌初回治療後長期生存症例の検討; 2009年07月
    発表情報; 第61回日本腹部救急医学会総会 2009.7.3-4 プログラム・抄録集,座長
    著者; 宮﨑耕治
  • 肝細胞癌に対する肝切除後10年生存症例の検討; 2009年07月
    発表情報; 第62回日本腹部救急医学会総会 2009.7.3-4 プログラム・抄録集,211, 211
    著者; 三好篤、北原賢二、甲斐敬太、神谷尚彦、能城浩和、宮﨑耕治
  • 肝門部胆管癌における断端陽性例と局所再発についての検討; 2009年07月
    発表情報; 第63回日本腹部救急医学会総会2009.7.16-18 日程・抄録集600, 600
    著者; 甲斐敬太、神谷尚彦、北原賢二、大塚隆生、三好篤、中房祐司、宮﨑耕治
  • 門脈腫瘍栓合併肝細胞癌に対する治療戦略; 2009年07月
    発表情報; 第64回日本腹部救急医学会総会 2009.7.16-18 日程・抄録集345, 345
    著者; 三好篤、北原賢二、大塚隆生、神谷尚彦、宮﨑耕治、
  • 多中心性発生再発をきたし再切除を行ったNASH肝癌の1例; 2009年07月
    発表情報; 第31回九州肝臓外科研究会 2009.7.25
    著者; 北川浩、三好篤、北原賢二、能城浩和、宮﨑耕治
  • VIO systemを用いた肝切除術 2009.7.25; 2009年07月
    発表情報; 第31回九州肝臓外科研究会
    著者; 三好篤、北原賢二、永松伊織、古賀浩木、神谷尚彦、能城浩和、宮﨑耕治
  • 「Anatomical vs.non-anatomical hepatic resection」長崎大学 移植・消化器外科 兼松 隆之先生; 2009年07月
    発表情報; 第31回九州肝臓外科研究会 2009.7.25 特別講演
    著者; 宮﨑耕治
  • 胆管腫瘍を伴う肝細胞癌の一切除例; 2009年07月
    発表情報; 第31回九州肝臓外科研究会 2009.7.25
    著者; 永松伊織、三好篤、甲斐敬太、北原賢二、能城浩和、宮﨑耕治
  • 特別講演「大腸癌化学療法における新たな幕開け」東京医科歯科大学 大学院 応用腫瘍学講座 准教授 植竹宏之先生; 2009年07月
    発表情報; 佐賀大腸がんセミナー 2009.7.10
    著者; 宮﨑耕治
  • 食道癌(胸骨後ルート胃管再建)術後の肝門部胆管癌症例に対する術式の工夫; 2009年06月
    発表情報; 第55回日本腹部救急医学会総会 2009.6.10-12 プログラム・抄録集271, 271
    著者; 北原賢二、神谷尚彦、三好篤、大塚隆生、小林毅一郎、田中智和、宮﨑耕治
  • 胆道癌に対する化学療法による長期生存例の検討; 2009年06月
    発表情報; 第56回日本腹部救急医学会総会 2009.6.10-12 プログラム・抄録集310, 310
    著者; 神谷尚彦、大塚隆生、三好篤、北原賢二、宮﨑耕治
  • 当科における肝切離の工夫(VIO systemとHarmonic scalpelを用いた肝切離法); 2009年06月
    発表情報; 第57回日本腹部救急医学会総会 2009.6.10-12 プログラム・抄録集253, 253
    著者; 三好篤、北原賢二、大塚隆生、神谷尚彦、宮﨑耕治
  • 診断に苦慮した胆嚢腫瘤の1例; 2009年06月
    発表情報; 第51回佐賀胆・膵研究会 2009.6.1
    著者; 北川浩、浦田雅子、神谷尚彦、北原賢二、宮﨑耕治
  • 術前に小腸癌と確定診断し、低侵襲手術をし得た1例; 2009年06月
    発表情報; 第31回佐賀県消化器癌懇話会 2009.6.15
    著者; 浦田雅子、小林毅一郎、、北島吉彦、能城浩和、宮﨑耕治
  • 「HER2陽性乳癌の治療戦略」 京都大学大学院医学研究科 外科学講座乳腺外科学 教授 戸井雅和先生; 2009年06月
    発表情報; 佐賀ハーセプチン研究会 2009.6.26
    著者; 宮﨑耕治
  • 巨大後腹膜脂肪肉腫の1例; 2009年05月
    発表情報; 第46回九州外科学会 2009.5.28-29 合同プログラム・抄録集,70, 70
    著者; 浦田雅子、三好篤、北原賢二、北島吉彦、中房祐司、宮﨑耕治
  • The significance of aderrant methylation in lymph node of gastric cancer; 2009年04月
    発表情報;  AACR 100th Annual Meeting 2009  2009.4.18-22
    著者; Hiraki M,Kitajima Y,Mitsuno M,Nakamura J,Hashiguchi K, Sato S, Miyazaki K.
  • 胆道癌細胞株におけるTraniastのGemcit-abine感受性増強作用; 2009年04月
    発表情報; 第46回日本腹部救急医学会総会 2009.4.2-4 第110巻臨時増刊号(2),235, 110, 2, 235
    著者; 橋口和義、北島吉彦、光野真由美、平木将紹、中村淳、神谷尚彦、中房祐司、宮﨑耕治
  • 胆嚢癌におけるTumor buddingと脱分化の検討; 2009年04月
    発表情報; 第47回日本腹部救急医学会総会 2009.4.2-4 第110巻臨時増刊号(2),235 , 110, 2, 235
    著者; 甲斐敬太、神谷尚彦、北原賢二、大塚隆生、三好篤、中房祐司、宮﨑耕治
  • 胆道癌細胞株におけるTraniastのGemcit-abine感受性増強作用; 2009年04月
    発表情報; 第46回日本腹部救急医学会総会 2009.4.2-4 第110巻臨時増刊号(2),235, 110, 2, 235
    著者; 橋口和義、北島吉彦、光野真由美、平木将紹、中村淳、神谷尚彦、中房祐司、宮﨑耕治
  • Quantitative double fluorescence IHC(qDFIHC)による胃癌術前化学療法のS-1感受性予測診断; 2009年04月
    発表情報; 第48回日本腹部救急医学会総会 2009.4.2-4 第110巻臨時増刊号(2),401, 110, 2, 401
    著者; 北島吉彦、橋口和義、甲斐敬太、平木将紹、中村淳、中房祐司、宮﨑耕治
  • 胆道癌におけるO 6-Methylguanin-DNA Methyltransferase(MGMT)およびhMLH1発現と予後との検討; 2009年04月
    発表情報; 第49回日本腹部救急医学会総会 2009.4.2-4  第110巻臨時増刊号(2),760, 110, 2, 760
    著者; 神谷尚彦、甲斐敬太、北原賢二、北島吉彦、宮﨑耕治
  • 当科におけるNASH肝癌症例の検討; 2009年04月
    発表情報; 第50回日本腹部救急医学会総会 2009.4.2-4 第110巻臨時増刊号(2),483, 110, 2, 483
    著者; 三好篤、甲斐敬太、大塚隆生、神谷尚彦、北原賢二、中房祐司、宮﨑耕治
  • 大腸癌イレウスに対する経肛門的イレウス管の有用性と問題点の検討; 2009年04月
    発表情報; 第51回日本腹部救急医学会総会 2009.4.2-4 第110巻臨時増刊号(2),812, 110, 2, 812
    著者; 迎洋輔、隅健次、古賀浩木、矢ヶ部知美、中房祐司、宮﨑耕治
  • 低酸素誘導性因子(HIF)-1α発現は5-FU系薬剤による胃癌術後化学療法の効果予測因子となる; 2009年04月
    発表情報; 第52回日本腹部救急医学会総会 2009.4.2-4 第110巻臨時増刊号(2),96, 110, 2, 96
    著者; 中村淳、北島吉彦、甲斐敬太、橋口和義、平木将紹、中房祐司、宮﨑耕治
  • 血友病B患者に対する肝切除術の経験; 2009年04月
    発表情報; 第53回日本腹部救急医学会総会 2009.4.2-4 第110巻臨時増刊号(2),804, 110, 2, 804
    著者; 奥山桂一郎、浦田雅子、三好篤、北原賢二、中房祐司、宮﨑耕治
  • 外科医にとって魅力的な勤務体系の構築には何が必要か?; 2009年04月
    発表情報; 第54回日本腹部救急医学会総会 2009.4.2-4 第110巻臨時増刊号(2),212, 110, 2, 212
    著者; 矢ヶ部知美、浦田雅子、中房祐司、宮﨑耕治
  • 脾湾側横行結腸癌に対する腹腔鏡下結腸切除術; 2009年04月
    発表情報; 第19回福岡大腸手術手技研究会 2009.4.10
    著者; *中房祐司、隅健次、宮﨑耕治
  • 胃癌所属リンパ節のDNAメチル化診断の意義; 2009年03月
    発表情報; 第81回日本胃癌学会総会 2009.3.4-6  日本胃癌学会総会記事,219, 219
    著者; 平木将紹、北島吉彦、橋口和義、中村 淳、佐藤清治、中房祐司、宮﨑耕治
  • S-1による胃癌術前化学療法の感受性予測診断についての検討; 2009年03月
    発表情報; 第81回日本胃癌学会総会 2009.3.4-6 日本胃癌学会総会記事239, 239
    著者; 北島吉彦、橋口和義、甲斐敬太、大塚隆生、小林毅一郎、中房祐司、宮﨑耕治
  • GIST; 2009年03月
    発表情報; 第81回日本胃癌学会総会 2009.3.4-6 日本胃癌学会総会記事239,司会, 239
    著者; 宮﨑耕治
  • 残胃の癌の臨床病理学的検討と治療; 2009年03月
    発表情報; 第81回日本胃癌学会総会 2009.3.4-6 日本胃癌学会総会記事,307, 307
    著者; 矢ヶ部知美、北島吉彦、大塚隆生、佐藤清治、中房祐司、宮﨑耕治
  • 教育シンポジウム 大学病院長の立場から; 2009年03月
    発表情報; 第45回日本腹部救急医学会総会  2009.3.12-13 プログラム・抄録
    著者; 宮﨑耕治
  • 左側大腸癌イレウス治療の検討; 2009年03月
    発表情報; 第45回日本腹部救急医学会総会 2009.3.12-13 プログラム・抄録,260, 260
    著者; 隅健次、中房祐司、矢ヶ部知美、小林毅一郎、三好篤、大塚隆生、宮﨑耕治
  • 特別講演「乳房再建とアート 2009」 国際医療福祉大学 形成外科 教授 酒井 成身先生; 2009年02月
    発表情報; 第12回佐賀乳癌研究会 2009.2.20
    著者; 宮﨑耕治
  • 肝門部胆管癌における術式の工夫; 2008年11月
    発表情報; 第70回日本臨床外科学会総会, 398
    著者; 北原賢二、神谷尚彦、三好篤、大塚隆生、小林毅一郎、田中智和、森泰寿、中房祐司、宮﨑耕治
  • 切除不能進行大腸癌に対しmFOLFOX6による術前化学療法は奏効し切除可能となった2例; 2008年11月
    発表情報; 第70回日本臨床外科学会総会, 514
    著者; 古賀浩木、隅健次、中房祐司、宮﨑耕治
  • 当科における切除不能膵頭部領域癌に対するダブルバイパス術の工夫; 2008年11月
    発表情報; 第70回日本臨床外科学会総会, 520
    著者; 田中智和、大塚隆生、小林毅一郎、三好篤、神谷尚彦、北原賢二、中房祐司、宮﨑耕治
  • 鑑別を要した膵嚢胞性疾患の4例; 2008年11月
    発表情報; 第70回日本臨床外科学会総会, 637
    著者; 森泰寿、大塚隆生、小林毅一郎、三好篤、神谷尚彦、北原賢二、中房祐司、宮﨑耕治
  • T2直腸癌の特徴とリンパ節転移; 2008年11月
    発表情報; 第70回日本臨床外科学会総会, 755
    著者; 矢ヶ部知美、隅健次、中房祐司、宮﨑耕治
  • 大腸癌肝転移に対する肝切除後再発の検討; 2008年11月
    発表情報; 第33回日本大腸校門病学会九州地方会, 48
    著者; 矢ヶ部知美、中房祐司、松山悟、隅健次、三好篤、宮﨑耕治
  • 初再発部位と再発発見法からみた大腸癌術後サーベイランス; 2008年10月
    発表情報; 第63回日本大腸肛門病学会学術集会, 619
    著者; 中房祐司、矢ヶ部知美、隅健次、明石道昭、宮﨑耕治
  • 胃癌転移巣におけるメチル化診断の意義; 2008年10月
    発表情報; 第67回日本癌学会学術集会, 176
    著者; 平木将紹、北島吉彦、橋口和義、中村淳、光野真由美、佐藤清治、中房祐司、宮﨑耕治
  • 蛍光二重免疫染色法(qDFIHC)による胃癌化学療法の適応診断; 2008年10月
    発表情報; 第67回日本癌学会学術集会, 391
    著者; 橋口和義、北島吉彦、甲斐敬太、平木将紹、中村淳、神谷尚彦、徳永藏、宮﨑耕治
  • 胃癌先進部におけるHIF-1αの発現とリンパ節転移; 2008年10月
    発表情報; 第67回日本癌学会学術集会, 420
    著者; 中村淳、北島吉彦、甲斐敬太、橋口和義、光野真由美、平木将紹、宮﨑耕治
  • 抗腫瘍効果誘導メカニズムにおけるIL27のT細胞および樹状細胞に対する2つの働き; 2008年10月
    発表情報; 第67回日本癌学会学術集会, 198
    著者; 篠崎由香里、宮﨑耕治、吉田裕樹
  • 70歳以上高齢者乳癌の臨床病理学的検討; 2008年09月
    発表情報; 第16回日本乳癌学会学術総会, 312
    著者; 小池健太、中房祐司、江頭玲子、中園貴彦、徳丸直郎、甲斐敬太、山崎文郎、徳永蔵、宮﨑耕治
  • 当院におけるtriple negative乳癌の検討; 2008年09月
    発表情報; 第16回日本乳癌学会学術総会, 440
    著者; 中房祐司、小池健太、甲斐敬太、宮﨑耕治
  • 腹腔鏡手術により子宮癌幽門リンパ節再発およびS状結腸癌・上行結腸癌を切除した症例; 2008年09月
    発表情報; 第21回日本内視鏡外科学会総会, 294
    著者; 中房祐司、大塚隆生、村上聡一郎、北島吉彦、三好篤、神谷尚彦、佐藤清治、宮﨑耕治
  • 3D-CT画像構築が特殊な解剖形態解析に有用であった完全内臓逆位症に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術の1例; 2008年09月
    発表情報; 第21回日本内視鏡外科学会総会, 324
    著者; 大塚隆生、高橋知秀、村上聡一郎、神谷尚彦、三好篤、佐藤清治、中房祐司、宮﨑耕治
  • 当院におけるtriple negative乳癌の検討; 2008年09月
    発表情報; 第16回日本乳癌学会学術総会, 440
    著者; 中房祐司、小池健太、甲斐敬太、宮﨑耕治
  • Quantitative double fluorescence IHC (qDFIHC)による胃癌術後化学療法の適応診断; 2008年08月
    発表情報; 第19回日本消化器癌発生学会, 127
    著者; 橋口和義、北島吉彦、甲斐敬太、平木将紹、中村淳、中房祐司、徳永藏、宮崎耕治
  • 膵癌におけるTranilastのRRM1発現抑制効果に基づいたTranilast+Gemcitabine(dFdC)併用療法の可能性; 2008年08月
    発表情報; 第19回日本消化器癌発生学会, 134
    著者; 北島吉彦、光野真由美、橋口和義、中村淳、平木将紹、大塚隆生、神谷尚彦、宮﨑耕治
  • 胆道癌におけるGemcitabine感受性マーカーの検討; 2008年08月
    発表情報; 第19回日本消化器癌発生学会, 136
    著者; 中村淳、神谷尚彦、橋口和義、甲斐敬太、大高和真、光野真由美、平木将紹、北島吉彦、宮﨑耕治
  • 胃癌患者の血液・腹水におけるp16およびCHFR遺伝子メチル化検索の意義; 2008年08月
    発表情報; 第19回日本消化器癌発生学会, 173
    著者; 平木将紹、北島吉彦、光野真由美、橋口和義、中村淳、中房祐司、宮﨑耕治
  • 大腸癌における術中大量出血と術後再発; 2008年07月
    発表情報; 第63回日本消化器外科学会総会, 427
    著者; 中房祐司、大塚隆生、田中雅之、三好篤、神谷尚彦、北島吉彦、佐藤清治、宮﨑耕治
  • 胆嚢癌におけるStage別標準術式の検討; 2008年07月
    発表情報; 第63回日本消化器外科学会総会, 469
    著者; 神谷尚彦、三好篤、大塚隆生、北原賢二、宮﨑耕治
  • 偽陽性からみた胃癌および大腸癌根治術後の腫瘍マーカー測定の意義; 2008年07月
    発表情報; 第63回日本消化器外科学会総会, 488
    著者; 大塚隆生、中房祐司、佐藤清治、北島吉彦、宮﨑耕治
  • 再発肝癌症例に対する再肝切除の意義; 2008年07月
    発表情報; 第63回日本消化器外科学会総会, 549
    著者; 三好篤、高橋知秀、大塚隆生、神谷尚彦、北原賢二、宮﨑耕治
  • 肝転移巣の切迫破裂を契機に診断された胃原発hepatoid adenocarcinoma の一例; 2008年07月
    発表情報; 第30回九州肝臓外科研究会, 22
    著者; 浦田雅子、三好篤、大塚隆生、神谷尚彦、北原賢二、宮﨑耕治
  • HCV関連細胞癌に対する治療戦略; 2008年07月
    発表情報; 第30回九州肝臓外科研究会, 50
    著者; 三好篤、北原賢二、浦田雅子、大塚隆生、神谷尚彦、宮﨑耕治
  • 尾側膵腫大病変の1例; 2008年06月
    発表情報; 第49回佐賀胆・膵研究会
    著者; 森泰寿、大塚隆生、小林毅一郎、三好篤、神谷尚彦、北原賢二、宮﨑耕治
  • mFOLFOX6が奏功し、原発巣切除可能となった進行直腸癌の1例; 2008年06月
    発表情報; 第29回佐賀県消化器癌懇話会
    著者; 隅健次、三宅修輔、矢ヶ部知美、田中雅之、北島吉彦、中房祐司、宮﨑耕治
  • 術後5年以上生存例における進行胆嚢癌治療の検討; 2008年05月
    発表情報; 第108回日本外科学会定期学術集会, 164
    著者; 神谷尚彦、三好篤、大塚隆生、宮﨑耕治
  • 低酸素環境下での膵癌における癌抑制遺伝子ASCの役割およびASC遺伝子導入の効果; 2008年05月
    発表情報; 第108回日本外科学会定期学術集会, 196
    著者; 大塚隆生、井手貴雄、光野真由美、北島吉彦、中房祐司、宮﨑耕治
  • 胆道癌細胞株におけるTranilastのRRM1発現抑制効果を介したGemcitabine感受性補強作用; 2008年05月
    発表情報; 第108回日本外科学会定期学術集会, 236
    著者; 橋口和義、光野真由美、北島吉彦、大高和真、平木将紹、中村淳、神谷尚彦、中房祐司、宮﨑耕治
  • 胆道癌細胞株におけるGemcitabine感受性マーカーの検討; 2008年05月
    発表情報; 第108回日本外科学会定期学術集会, 237
    著者; 中村淳、神谷尚彦、橋口和義、甲斐敬太、大高和真、光野真由美、平木将紹、北島吉彦、宮﨑耕治
  • S-1による胃癌術後化学療法後再発と癌抑制遺伝子p16発現との相関解析; 2008年05月
    発表情報; 第108回日本外科学会定期学術集会, 252
    著者; 北島吉彦、光野真由美、平木将紹、田中雅之、佐藤清治、中房祐司、宮﨑耕治
  • 膵癌に対するRRM1を分子標的としたTranilast+Gemcitabine併用療法の可能性; 2008年05月
    発表情報; 第108回日本外科学会定期学術集会, 351
    著者; 光野真由美、北島吉彦、平木将紹、橋口和義、中村淳、神谷尚彦、宮﨑耕治
  • 3D CT simulationによる門脈分岐形態の把握と系統的肝切除の有用性; 2008年05月
    発表情報; 第108回日本外科学会定期学術集会, 433
    著者; 三好篤、高橋知秀、大塚隆生、神谷尚彦、宮﨑耕治
  • 進行直腸癌の進展度診断におけるMRIの意義:MRIとCTの比較から; 2008年05月
    発表情報; 第108回日本外科学会定期学術集会, 476
    著者; 中房祐司、大塚隆生、田中雅之、三好篤、神谷尚彦、高橋知秀、北島吉彦、佐藤清治、宮﨑耕治
  • 胃癌組織のCHFR遺伝子メチル化とタキサン系抗癌剤感受性との比較検討; 2008年05月
    発表情報; 第108回日本外科学会定期学術集会, 606
    著者; 平木将紹、北島吉彦、古賀靖大、光野真由美、橋口和義、中村淳、田中雅之、佐藤清治、中房祐司、宮﨑耕治
  • 非B非C型肝細胞癌切除例の検討; 2008年05月
    発表情報; 第44回 日本肝癌研究会, 148
    著者; 三好篤、高橋知秀、大塚隆生、神谷尚彦、北原賢二、宮﨑耕治
  • 症例; 2008年05月
    発表情報; 第44回 日本肝癌研究会, 140
    著者; 甲斐敬太、三好篤、高橋知秀、三宅修輔、徳永藏、宮崎耕治
  • 進行胆嚢癌に対する肝S4a5切除におけるMDCTバーチャル画像を用いた門脈走行の術前予測の有用性について; 2008年05月
    発表情報; 第20回日本肝胆膵外科学会・学術集会, 149
    著者; 神谷尚彦、三好篤、大塚隆生、宮﨑耕治
  • 3D CT simulationによる肝内門脈分岐形態と系統的肝切除; 2008年05月
    発表情報; 第20回日本肝胆膵外科学会・学術集会, 180
    著者; 三好篤、高橋知秀、三宅修輔、大塚隆生、神谷尚彦、宮﨑耕治
  • 当科における中期及び長期生存肝細胞癌症例の検討; 2008年05月
    発表情報; 第20回日本肝胆膵外科学会・学術集会, 263
    著者; 三宅修輔、三好篤、高橋知秀、大塚隆生、神谷尚彦、宮﨑耕治
  • 上腹部消化器癌術後の感染性合併症は早期肝転移再発の危険因子である; 2008年05月
    発表情報; 第20回日本肝胆膵外科学会・学術集会, 296
    著者; 大塚隆生、佐藤清治、北島吉彦、三好篤、神谷尚彦、高橋知秀、中房祐司、宮﨑耕治
  • Protein ratio of OPRT/TS or OPRT/(TS+DPD) evaluated by quantiative double fluorescence immunohistochemistry is a useful tool to predict drug efficacy of S-1 for gastric cancer.; 2008年04月
    発表情報; AACR annual meeting 2008, 363
    著者; Kai K, Kitajima Y, Hashiguchi K ,Tokunaga O , Miyazaki K
  • Possible mechanism of chemo-resistance under hypoxia and the effect of expressed ASC on hypoxia-mediated cell death in pancreatic cancer.; 2008年04月
    発表情報; AACR annual meeting 2008, 15
    著者; Ohtsuka T , Mitsuno M ,Ide T , Kitajima Y , Miyazaki K
  • Tranilast increased the drug effect of gemcitabine via protain degradation of RRM1 in pancreatic cancer cells.; 2008年04月
    発表情報; AACR annual meeting 2008, 794
    著者; Kitajima Y , Mitsuno M, Hashiguchi K , Nakamnura J , Hiraki M , Miyazaki K
  • 胃癌穿孔に対し保存的加療後に根治術を施行した2例; 2008年04月
    発表情報; 第45回九州外科学会, 50
    著者; 三宅修輔、三好篤、大塚隆生、北島吉彦、佐藤清治、中房祐司、宮﨑耕治
  • 子宮癌術後13年目に右胃大網道脈領域リンパ節再発を来した一例; 2008年04月
    発表情報; 第45回九州外科学会, 73
    著者; 村上聡一郎、大塚隆生、佐藤清治、中房祐司、宮﨑耕治
  • 敗血症における臓器障害指標としてのプロカルトシニン値測定の意義; 2008年03月
    発表情報; 第44回 日本腹部救急医学会, 258
    著者; 平木将紹、三好篤、橋口和義、北島吉彦、佐藤清治、中房祐司、宮﨑耕治
  • 3D-CT シュミレーション後に根治術を行った難治性小腸瘻の1例; 2008年03月
    発表情報; 第44回 日本腹部救急医学会, 73
    著者; 森戸清人、三好篤、貞苅良彦、北島吉彦、佐藤清治、中房祐司、宮﨑耕治
  • 胃癌切除後のS-1化学療法中の赤血球大球化; 2008年02月
    発表情報; 第80回日本胃癌学会総会, 165
    著者; 三宅修輔、大塚隆生、佐藤清治、北島吉彦、中房祐司、宮﨑耕治
  • Quantitative double fluorescence IHC (qDFIHC)による胃癌術後化学療法の適応診断; 2008年02月
    発表情報; 第80回日本胃癌学会総会, 171
    著者; 北島吉彦、甲斐敬太、橋口和義、田中雅之、佐藤清治、中房祐司、宮﨑耕治
  • 切除不能幽門側胃癌に対する不完全空置的胃空調吻合術+Roux en Y法; 2008年02月
    発表情報; 第80回日本胃癌学会総会, 275
    著者; 佐藤清治、大塚隆生、田中雅之、三好篤、神谷尚彦、北島吉彦、中房祐司、宮﨑耕治
  • 切除不能、再発大腸癌に対するS-1/CPT-11併用療法; 2007年11月
    発表情報; 第62回日本大腸肛門病学会学術集会(東京都)
    著者; 中房祐司、宮崎耕治
  • 胆道癌細胞株におけるイニマチブを用いた分子標的治療の可能性; 2007年11月
    発表情報; 第18回日本消化器癌発生学会総会(札幌市)
    著者; 中村淳、北島吉彦、平木将紹、橋口和義、光野真由美、神谷尚彦、宮崎耕治
  • 5FUによる胃癌術後化学療法の感受性予測マーカーRとしてのp16遺伝子メチル化の意義; 2007年11月
    発表情報; 第18回日本消化器癌発生学会総会(札幌市)
    著者; 光野真由美、北島吉彦、平木将紹、橋口和義、佐藤清治、中房祐司、宮崎耕治
  • 低酸素環境と膵癌の高浸潤能 (Activation of HGF, HGFA and c-Met interaction in pancreatic cancer under hypoxia); 2007年11月
    発表情報; 第18回日本消化器癌発生学会総会(札幌市)
    著者; 北島吉彦、井手貴雄、大塚隆生、三好篤、神谷尚彦、宮崎耕治
  • 蛍光二重免疫染色を用いたTS、DPD、OPRTの新しい定量的発現解析による感受性予測法; 2007年11月
    発表情報; 第18回日本消化器癌発生学会総会(札幌市)
    著者; 橋口和義、甲斐敬太、北島吉彦、佐藤清治、田中雅之、中房祐司、徳永藏、宮崎耕治
  • 当施設における内括約筋切除(ISR)を伴う超低位前方切除術の経験; 2007年11月
    発表情報; 第32回日本大腸肛門病学会九州地方会(大分市)
    著者; 中房祐司、大塚隆生、三好篤、田中雅之、神谷尚彦、北島吉彦、佐藤清治、宮崎耕治
  • 外科医の求める大腸癌外来化学療法; 2007年11月
    発表情報; 第69回日本臨床外科学会総会(横浜市)
    著者; 中房祐司、田中雅之、大塚隆生、三好篤、神谷尚彦、高橋知秀、北島吉彦、佐藤清治、宮崎耕治
  • 消化器癌に合併した上腸間膜動脈狭窄に対する血行再建術; 2007年11月
    発表情報; 第69回日本臨床外科学会総会(横浜市)
    著者; 高橋知秀、大塚隆生、神谷尚彦、久保洋、土井一義、古川浩二郎、佐藤清治、宮崎耕治
  • 消化器外科領域の感染症に対するプロカルシトシニン測定の意義; 2007年11月
    発表情報; 第69回日本臨床外科学会総会(横浜市)
    著者; 平木将紹、三好篤、橋口和義、北島吉彦、佐藤清治、中房祐司、宮崎耕治
  • 膵癌細胞における低酸素環境下でのHGFA発現誘導とHGF/c-Met活性化機序; 2007年10月
    発表情報; 第66回日本癌学会学術総会(横浜市)
    著者; 北島吉彦、井手貴雄、光野真由美、大塚隆生、神谷尚彦、宮崎耕治
  • MeCP2による多面的遺伝子発現抑制; 2007年10月
    発表情報; 第66回日本癌学会学術総会(横浜市)
    著者; 矢ヶ部伸也、副島英伸、宮崎耕治、向井常博
  • Quantitative double fluorescence immunohistochemistry is useful to predict drug efficacy of S-1 gastric cancer.; 2007年10月
    発表情報; 第66回日本癌学会学術総会(横浜市)
    著者; 橋口和義、北島吉彦、甲斐敬太、平木将紹、中村淳、光野真由美、神谷尚彦、徳永藏、宮崎耕治
  • Isolation of aberrant gene methylation determining recurrence from 5-FU-based asjuvant chemotherapy for gastric cancer.; 2007年10月
    発表情報; 第66回日本癌学会学術総会(横浜市)
    著者; 光野真由美、北島吉彦、中村淳、橋口和義、田中雅之、佐藤清治、中房祐司、宮崎耕治
  • 胆道癌におけるMGMTおよびhMLH1の発現と新規経口アルキル化剤Temozolomideに対する感受性の検討; 2007年10月
    発表情報; 第66回日本癌学会学術総会(横浜市)
    著者; 神谷尚彦、大高和真、佐藤建、北島吉彦、宮崎耕治
  • Gemcitabineに対する感受性マーカーの検討; 2007年10月
    発表情報; 第66回日本癌学会学術総会(横浜市)
    著者; 中村淳、神谷尚彦、橋口和義、光野真由美、大高和真、北島吉彦、宮崎耕治
  • 胆道癌細胞株を用いたGemcitabineに対する感受性マーカーの検討; 2007年10月
    発表情報; 第49回日本消化器病学会大会(神戸市)
    著者; 中村淳、神谷尚彦、橋口和義、光野真由美、大高和真、北島吉彦、宮崎耕治
  • 胆道癌におけるMGMTおよびhMLH1の発現と新規経口アルキル化剤Temozolomideに対する感受性の検討対するGemcitabine化学療法におけるRRM1遺伝子発現の検討; 2007年10月
    発表情報; 第11回日本肝臓学会大会(神戸市)
    著者; 神谷尚彦、大高和真、宮崎耕治
  • 3D CT simulationを用いた肝細胞癌に対する解剖学的肝切除; 2007年10月
    発表情報; 第11回日本肝臓学会大会(神戸市)
    著者; 三好篤、宮崎耕治
  • 3D-imaging oriented surgery for complicated cholangiocellular carcinoma associated with hepatolithiasis; 2007年08月
    発表情報; International Surgical Week ISW 2007(Montreal)
    著者; K. Miyazaki, N. Kohya, A. Miyoshi
  • Evaluation of Extended Resection for T2 and T3 Gallbladder Cancer; 2007年08月
    発表情報; International Surgical Week ISW 2007(Montreal)
    著者; N. Kohya, A Miyoshi, T. Ohtsuka , K Miyazaki
  • Long-term outcome of major hepatic resection for large hepatocellular carcinoma; 2007年08月
    発表情報; International Surgical Week ISW 2007(Montreal)
    著者; A. Miyoshi, N. Kohya, K. Miyazaki
  • 神経内分泌腫瘍像を伴う乳癌の2例; 2007年07月
    発表情報; 第15回日本乳癌学会学術集会(横浜市)
    著者; 中房祐司、與田幸恵、下西智徳、濱本隆浩、宮崎耕治
  • 胃癌術後化学療法の再発予測因子としての癌特異的メチル化の意義; 2007年07月
    発表情報; 第62回日本消化器外科学会定期学術総会(東京都)
    著者; 北島吉彦、光野真由美、佐藤清治、田中雅之、中房祐司、宮崎耕治
  • 進行・再発胆道癌に対する放射線併用 Gemcitabine 化学療法及び RRM1 発現の検討; 2007年07月
    発表情報; 第62回日本消化器外科学会定期学術総会(東京都)
    著者; 神谷尚彦、大高和真、中村淳、橋口和義、大塚隆生、三好篤、高橋知秀、北島吉彦、宮崎耕治
  • 当院での進行再発膵癌に対する外来化学緩和療法の現況:緩和医療チーム介入による効果; 2007年07月
    発表情報; 第62回日本消化器外科学会定期学術総会(東京都)
    著者; 大塚隆生、佐藤英俊、神谷尚彦、高橋知秀、中房祐司、宮崎耕治
  • 直腸手術における骨盤底部視野展開の工夫; 2007年07月
    発表情報; 第62回日本消化器外科学会定期学術総会(東京都)
    著者; 中房祐司、大塚隆生、三好篤、田中雅之、神谷尚彦、高橋知秀、北島吉彦、佐藤清治、宮崎耕治
  • 肝細胞癌術後の早期・多発肝内再発の予測と対策; 2007年07月
    発表情報; 第62回日本消化器外科学会定期学術総会(東京都)
    著者; 三好篤、高橋知秀、大塚隆生、神谷尚彦、中房祐司、宮崎耕治
  • 3D CT simulation を用いた解剖学的肝切除の有用性; 2007年07月
    発表情報; 第29回九州肝臓外科研究会(福岡市)
    著者; 三好篤、高橋知秀、森松克哉、大塚隆生、神谷尚彦、宮崎耕治
  • 診断が困難であった肝嚢胞性腫瘍の一例; 2007年07月
    発表情報; 第29回九州肝臓外科研究会(福岡市)
    著者; 森松克哉、三好篤、甲斐敬太、高橋知秀、大塚隆生、神谷尚彦、宮崎耕治
  • Budd-Chiari 症候群に合併した肝細胞癌の一例; 2007年07月
    発表情報; 第29回九州肝臓外科研究会(福岡市)
    著者; 久保洋、三好篤、甲斐敬太、高橋知秀、大塚隆生、神谷尚彦、宮崎耕治
  • 十二指腸癌に合併した上腸間膜動脈狭窄に対する血行再建術; 2007年06月
    発表情報; 第19回日本肝胆膵外科学会・学術集会(横浜市)
    著者; 高橋知秀、神谷尚彦、久保洋、古川浩二郎、宮崎耕治
  • 胆管分流術後の肝手術時感染性合併症; 2007年06月
    発表情報; 第19回日本肝胆膵外科学会・学術集会(横浜市)
    著者; 大塚隆生、神谷尚彦、三好篤、高橋知秀、宮崎耕治
  • 肉眼型を考慮した肝細胞癌治療戦略; 2007年06月
    発表情報; 第19回日本肝胆膵外科学会・学術集会(横浜市)
    著者; 三好篤、高橋知秀、大塚隆生、神谷尚彦、宮崎耕治
  • 進行・再発胆道癌に対する Gemcitabine 化学療法及び RRM1 発現の検討; 2007年06月
    発表情報; 第19回日本肝胆膵外科学会・学術集会(横浜市)
    著者; 神谷尚彦、大高和真、大塚隆生、三好篤、高橋知秀、宮崎耕治
  • 同時性多発小腸GISTの一例; 2007年06月
    発表情報; 第89回日本消化器病学会九州支部例会(福岡市)
    著者; 三宅修輔、平木将紹、大塚隆生、甲斐敬太、森大輔、北島吉彦、佐藤清治、中房祐司、宮崎耕治
  • 化学放射線療法が奏功した食道原発小細胞癌の一例; 2007年06月
    発表情報; 第89回日本消化器病学会九州支部例会(福岡市)
    著者; 森戸清人、平木将紹、田中雅之、佐藤清治、甲斐敬太、北島吉彦、中房祐司、宮崎耕治
  • 術前診断に苦慮した膵腫瘍の一例; 2007年06月
    発表情報; 第27回佐賀県消化器癌懇話会(佐賀大学医学部)
    著者; 三宅修輔、大塚隆生、神谷尚彦、高橋知秀、宮崎耕治
  • 膵嚢胞性腫瘍の一切除例; 2007年06月
    発表情報; 第27回佐賀県消化器癌懇話会(佐賀大学医学部)
    著者; 森松克哉、三好篤、大塚隆生、神谷尚彦、高橋知秀、宮崎耕治
  • 2度の治療方針に難渋し、炎症性仮性動脈瘤破裂をきたした一例; 2007年06月
    発表情報; 第61回日本食道学会学術集会(横浜市)
    著者; 佐藤清治、田中雅之、平木将紹、與田幸恵、松山悟、徳丸直郎、宮崎耕治
  • 食道癌科学放射線治療後の難治性心嚢液貯留に対し心膜開窓・大網重鎮術を施行した一例; 2007年06月
    発表情報; 第61回日本食道学会学術集会(横浜市)
    著者; 平木将紹、田中雅之、古賀清和、大坪諭、北島吉彦、佐藤清治、中房祐司、宮崎耕治
  • 症例; 2007年06月
    発表情報; 第43回日本肝癌研究会(東京都)
    著者; 甲斐敬太、高橋知秀、安井隆晴、三好篤、徳永藏、宮崎耕治
  • 肝切除を施行した肝嚢胞性腫瘍の検討; 2007年06月
    発表情報; 第43回日本肝癌研究会(東京都)
    著者; 三好篤、高橋知秀、甲斐敬太、大塚隆生、神谷尚彦、中房祐司、宮崎耕治
  • 診断が困難であった肝嚢胞性腫瘤の一例; 2007年06月
    発表情報; 第47回佐賀胆・膵研究会(佐賀大学医学部)
    著者; 森松克哉、三好篤、甲斐敬太、高橋知秀、大塚隆生、神谷尚彦、宮崎耕治
  • 蛍光二重免疫染色を用いたTS、DPD、OPRTの新しい定量的発現解析による感受性予測法; 2007年04月
    発表情報; 第107回日本外科学会定期学術集会(大阪市)
    著者; 甲斐敬太、北島吉彦、平木将紹、佐藤清治、田中雅之、中房祐司、宮崎耕治
  • 胆道癌におけるMGMTの発現と新規経口アルキル化剤 Temozolomide (TMZ) に対する感受性の検討; 2007年04月
    発表情報; 第107回日本外科学会定期学術集会(大阪市)
    著者; 大高和真、神谷尚彦、佐藤建、井手貴雄、光野真由美、宮崎耕治
  • Trainilast による膵癌化学療法耐性獲得抑制の可能性(抗癌剤/Tranilast併用療法の可能性); 2007年04月
    発表情報; 第107回日本外科学会定期学術集会(大阪市)
    著者; 光野真由美、北島吉彦、井手貴雄、大高和真、神谷尚彦、宮崎耕治
  • 膵癌に対するHIF-1 をtargetとした分子標的治療の可能性; 2007年04月
    発表情報; 第107回日本外科学会定期学術集会(大阪市)
    著者; 井手貴雄、北島吉彦、三好篤、光野真由美、大塚隆生、大高和真、宮崎耕治
  • 進行・再発胃癌に対する Gemcitabine 化学療法及び放射線療法併用の検討; 2007年04月
    発表情報; 第107回日本外科学会定期学術集会(大阪市)
    著者; 神谷尚彦、大塚隆生、三好篤、高橋知秀、宮崎耕治
  • 直腸癌の深達度診断における EUS の役割; 2007年04月
    発表情報; 第107回日本外科学会定期学術集会(大阪市)
    著者; 中房祐司、大塚隆生、三好篤、佐藤建、田中雅之、神谷尚彦、高橋知秀、北島吉彦、佐藤清治、宮崎耕治
  • 胃癌患者の血清中 KGF 値の臨床的意義; 2007年04月
    発表情報; 第107回日本外科学会定期学術集会(大阪市)
    著者; 北島吉彦、光野真由美、大高和真、井手貴雄、神谷尚彦、田中雅之、佐藤清治、中房祐司、宮崎耕治
  • 佐賀大学附属病院における胃癌外来化学療法の現状; 2007年03月
    発表情報; 第79回日本胃癌学会総会(名古屋市)
    著者; 佐藤清治、田中雅之、松永尚、土肥佐和子、北島吉彦、中房祐司、宮崎耕治
  • 高度進行胃癌に対するPaclitaxel/S-1併用化学療法; 2007年03月
    発表情報; 第79回日本胃癌学会総会(名古屋市)
    著者; 田中雅之、佐藤清治、北島吉彦、中房祐司、宮崎耕治
  • 進行・再発胃癌に対する2nd lineとしてのPaclitaxel療法の検討; 2007年03月
    発表情報; 第79回日本胃癌学会総会(名古屋市)
    著者; 佐藤清治、田中雅之、大塚隆生、北島吉彦、安井隆晴、中房祐司、宮崎耕治
  • 重症感染症・敗血症に対するプロカルシトニン測定の意義; 2007年03月
    発表情報; 第43回日本腹部救急医学会総会(東京都)
    著者; 平木将紹、三好篤、橋口和義、北島吉彦、佐藤清治、中房祐司、宮崎耕治
  • 当科における術後壊死性筋膜炎症例の検討; 2007年03月
    発表情報; 第43回日本腹部救急医学会総会(東京都)
    著者; 三好篤、佐藤清治、平木将紹、安井隆晴、田中雅之、中房祐司、宮崎耕治
  • 発症早期に血栓溶解療法を行い救命しえた急性上腸間膜道脈血栓症の1例; 2007年03月
    発表情報; 第43回日本腹部救急医学会総会(東京都)
    著者; 安井隆晴、三好篤、野尻淳一、松本幸一、佐藤清治、北島吉彦、中房祐司、宮崎耕治
  • The efficacy of major hepatic resection for Large Hepatocellular carcinoma; 2007年03月
    発表情報; First Biennial Congress of the Asian-Pacific Hepato-Pancreato-Biliary Association(Fukuoka)
    著者; Atsushi Miyoshi, Tomohide Takahashi, Takao Ohtsuka, Naohiko Kohya, Kohji Miyazaki
  • Evaluation of Extended Resection for T2 and T3 Gallbladder Cancer; 2007年03月
    発表情報; First Biennial Congress of the Asian-Pacific Hepato-Pancreato-Biliary Association(Fukuoka)
    著者; Naohiko Kohya, Kenji itahara, Atsushi Miyoshi, Takao Ohtsuka, Kohji Miyaszaki
  • Improvement of glucose metabolism after pancreatoduodenectomy; 2007年03月
    発表情報; First Biennial Congress of the Asian-Pacific Hepato-Pancreato-Biliary Association(Fukuoka)
    著者; Takao Ohtsuka, Tomohide Takahashi, Atsushi Miyoshi, Naohiko Kohya, Yuji Nakafusa, Kohji Miyazaki
  • 十二指腸乳頭部カルチノイドの一例; 2007年03月
    発表情報; 第44回九州外科学会(福岡市)
    著者; 與田幸恵、大塚隆生、甲斐敬太、三好篤、神谷尚彦、高橋知秀、北島吉彦、佐藤清治、中房祐司、宮崎耕治
  • 短期間に再発を来した胆石イレウスの一例; 2007年03月
    発表情報; 第44回九州外科学会(福岡市)
    著者; 久保洋、田中雅之、北島吉彦、佐藤清治、中房祐司、宮崎耕治
  • Anatomic Resection for Hepatocellular Carcinoma Using the 3D CT Simulation; 2007年03月
    発表情報; 17th APASL Conference(Kyoto)
    著者; Atsushi Miyoshi, Tomohide Takahashi, Takao Ohtsuka, Naohiko Kohya, Kohji Miyazaki
  • ERCP for the Patients after a Distal Gastrectomy; 2007年03月
    発表情報; 17th APASL Conference(Kyoto)
    著者; Takao Ohtsuka, Naohiko Kohya, Atsushi Miyoshi, Tomohide Takahashi, Kohji Miyazaki
  • 癌特異的遺伝子メチル化と胃癌術後化学療法感受性との相関解析; 2007年02月
    発表情報; 第40回制癌剤研究会(横浜市)
    著者; 光野真由美、北島吉彦、佐藤清治、田中雅之、大高和真、井手貴雄、中房祐司、宮崎耕治
  • 胆道癌に対するRRM1発現状況とGemcitabineに対する感受性の検討; 2007年02月
    発表情報; 第40回制癌剤研究会(横浜市)
    著者; 大高和真、神谷尚彦、佐藤建、北島吉彦、橋口和義、井手貴雄、光野真由美、中村淳、宮崎耕治
  • 5-FUによる大腸癌術後補助化学療法の感受性マーカーとしてのDNA修復遺伝子の発現意義; 2007年02月
    発表情報; 第40回制癌剤研究会(横浜市)
    著者; 北島吉彦、井手貴雄、大高和真、光野真由美、中房祐司、宮崎耕治
  • MP直腸癌における郭清範囲縮小(253番・側方郭清省略)の妥当性; 2007年01月
    発表情報; 第66回大腸癌研究会(埼玉)
    著者; 中房祐司、宮崎耕治
  • 癌細胞のMGMT サイレンシングに関わるエピジェネテイック機構の解析.; 2003年12月
    発表情報; 第26回日本分子生物学会年会 プログラム・抄録集:111(口演O4R-7)., 10-13
    著者; 趙衛,副島英伸,中川内哲治,東元健,宮崎耕治,向井常博
  • CpG island高メチル化およびヒストン修飾によるMGMT の転写抑制機構.; 2003年10月
    発表情報; 日本人類遺伝学会 第48回大会,東アジア人類遺伝学会第3回大会 プログラム・抄録集:163(口演,O-180), 22-24
    著者; 副島英伸,中川内哲治,趙衛,東元健,原田晴仁,江見充,宮崎耕治,関口睦夫,向井常博
  • 食道癌におけるp57KIP2の発現減少はインプリンティング調節領域DMR-LIT1のヒストンH3リジン9 脱メチル化に関連する.; 2003年10月
    発表情報; 日本人類遺伝学会第48回大会,東アジア人類遺伝学会第3回大会 プログラム・抄録集:163(口演,O-183)., 22-24
    著者; 副島英伸,中川内哲治,趙衛,東元健,松倉史朗,押村光雄,宮崎耕治,城圭一郎,向井常博
  • CpG island高メチル化およびヒストン修飾によるMGMT の転写抑制機構.; 2003年09月
    発表情報; 第62回日本癌学会総会 日本癌学会総会記事:388(ポスター,2375-PA), 25-27
    著者; 中川内哲治,副島英伸,浦野健,古川鋼一,江見充,関口睦夫,宮崎耕治,向井常博
  • CDDP によるMGMT 転写抑制機序に着目した新規modulation therapyの可能性.; 2003年09月
    発表情報; 第62回日本癌学会総会 日本癌学会総会記事:320-321(ポスター,1491-PA)., 25-27
    著者; 佐藤健,北島吉彦,萩原淳,三好篤,古賀靖大,中川内哲治,副島英伸,向井常博,宮崎耕治
  • 食道癌におけるp57KIP2のエピジェネティック調節機構.; 2003年09月
    発表情報; 第62回日本癌学会総会 日本癌学会総会記事:133-134(口演,1277-OP)., 22-24
    著者; 副島英伸,浦野健,松倉史朗,中川内哲治,北島吉彦,押村光雄,古川鋼一,宮崎耕治,向井常博
  • Epigenetic control of imprinted p57KIP2 gene expression due to DMR-LIT1 functioning as a putative imprinting control region in esophageal cancer; 2003年01月
    発表情報; Gordon Research Conference,Cancer Genetics and Epigenetics (poster,2.7). Holiday Inn,Ventura,California, USA, 5-10
    著者; Soejima H,Yatsuki H, Joh K,Matsukura S, Zhao W,Higashimoto K,Kitajima Y,Miyazaki K, Mukai T

その他講演

  • 急速な増大傾向を示した腹腔内腫瘤の1例; 2009年05月
    発表情報; 第46回九州外科学会 2009.5.28-29 合同プログラム・抄録集,71, 71
    著者; 三宅修輔、神谷尚彦、甲斐敬太、三好篤、北原賢二、中房祐司、宮﨑耕治
  • 地域医療を守るために; 2008年07月
    発表情報; 国立病院機構嬉野病院講演
    著者; 宮﨑耕治
  • 日本外科学会生涯教育セミナー「外科領域におけるリスク・マネージメント‐インフォームドコンセントの取り方‐」; 2008年04月
    発表情報; 第45回九州外科学会, 9
    著者; 宮﨑耕治

知的財産権の出願等(著作権は除く)

  • 癌治療薬; 2007年09月
    発表情報; 特願2007-243792
    著者; 宮崎耕治
  • 蛍光二重染色による蛋白定量法(優先権主張); 2007年06月
    発表情報; 特願2007-161817
    著者; 北島吉彦、宮崎耕治、徳永藏、甲斐敬太

総説

  • 腹臥位食道切除術; 2009年
    発表情報; 手術
    著者; 能城浩和、小林毅一郎、政次俊宏、宮﨑耕治
  • 大腸癌関連穿孔; 2009年
    発表情報; 臨床雑誌 「外科」71,7:707-713, 71, 7, 707-713
    著者; 隅健次、宮﨑耕治
  • 下部直腸手術における視野展開の工夫:骨盤底挙上器について; 2008年
    発表情報; 手術, 62, 7, 977-981
    著者; 中房祐司、大塚隆生、三好篤、田中雅之、神谷尚彦、宮﨑耕治
  • What’s New in SURGERY FRONTIER 炎症と発癌(4)HIF-1α; 2008年
    発表情報; Surgery Frontier, 15, 3, 304-306
    著者; 北島吉彦、宮﨑耕治
  • どこまで切除するか--両・悪性境界型腫瘍性病変--「胆管腫瘍」 Biliary neoplasm; 2008年
    発表情報; Surgery Frontier, 15, 3, 264-270
    著者; 大塚隆生、甲斐敬太、宮﨑耕治
  • 膵内分泌腫瘍の診断と内科的治療; 2008年
    発表情報; 膵臓, 23, 6, 691-696
    著者; 大塚隆生、宮﨑耕治
  • 膵内分泌腫瘍の診断と内科的治療; 2008年
    発表情報; 膵臓, 23, 6, 691-696
    著者; 大塚隆生、宮﨑耕治
  • CTP-11を用いた胆道癌治療; 2007年11月
    発表情報; 肝胆膵(アークメディア), 55, 5, 1025-1031
    著者; 宮崎耕治、北島吉彦、佐藤建
  • 侵襲をめぐるQ&A Q15 肝細胞増殖因子 (hepatocyte drowth factor: HGF) はどこで作られ、がん細胞にはどのような影響を与えるのですか?; 2007年06月
    発表情報; Surgery Frontier(メディカルレビュー社), 14, 3, 102(220)-105(223)
    著者; 北島吉彦、宮崎耕治
  • 乳管鏡の実際; 2007年06月
    発表情報; 日本臨牀 2007年6月臨時増刊号:乳癌(日本臨牀社), 917, 291-293
    著者; 中房祐司、宮崎耕治、黒木祥司
  • 外傷性肝損傷; 2007年
    発表情報; 消化器外科(へるす出版), 30, 7, 1059-1066
    著者; 三好篤、高橋知秀、宮崎耕治

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • 第70回特別企画3「外科医の志望者を増やすためにやるべきことは」 外科医トレーニングプログラムの再考(専門医制度を含む); 2008年11月
    発表情報; 第70回日本臨床外科学会総会, 249
    著者; 宮﨑耕治
  • 第70回特別企画3「外科医の志望者を増やすためにやるべきことは」 外科医トレーニングプログラムの再考(専門医制度を含む); 2008年11月
    発表情報; 第70回日本臨床外科学会総会, 249
    著者; 宮﨑耕治
  • 医療崩壊を防ぐために; 2008年07月
    発表情報; 医師会パネルディスカッション「公立病院改革」
    著者; 宮﨑耕治
  • 外科医・治療のバランス; 2007年11月
    発表情報; 第2回佐賀西部地区外科系懇談会
    著者; 宮崎耕治
  • 胆嚢癌の治療戦略 ―臨床と研究から―; 2007年11月
    発表情報; 第12回外科病態治療研究会(大阪市)
    著者; 宮崎耕治
  • 消化器癌・治療のバランス; 2007年03月
    発表情報; 香川術後管理談話会
    著者; 宮崎耕治


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.