詳細検索はこちら

青木 一アオキ ハジメ

所属:
大学院工学系研究科 物理科学専攻 物理科学講座

原著論文

  • Realizing three generations of the Standard Model fermions in the type IIB matrix model; 2014年05月
    発表情報; Journal of High Energy Physics, 1405, 131
    著者; Hajime Aoki, Jun Nishimura, Asato Tsuchiya
  • Evolution of vacuum fluctuations generated during and before inflation; 2014年05月
    発表情報; Pysical Review D, 89, 103536
    著者; Hajime Aoki, Satoshi Iso, Yasuhiro Sekino
  • Probability distribution over some phenomenological models in the matrix model compactified on a torus; 2013年09月
    発表情報; Progress of Theoretical and Experimental Physics, 9, 0903B04
    著者; H. Aoki
  • Probability of the standard model appearance from a matrix model; 2013年02月
    発表情報; Physical Review D, 87, 046002
    著者; H.Aoki
  • Revisiting the naturalness problem: Who is afraid of quadratic divergences?; 2012年07月
    発表情報; Physical Review D, 86, 013001
    著者; H.Aoki and S.Iso
  • Chiral fermions and the standard model from the matrix model compactified on a torus; 2011年03月
    発表情報; Progress of Theoretical Physics, 125, 3, 521-536
    著者; Hajime Aoki
  • Ginsparg-Wilson relation on a fuzzy 2-sphere for adjoint matter; 2010年10月
    発表情報; Physical Review D, 82, 085019
    著者; Hajime Aoki
  • Construction of a topological charge on fuzzy S2�S2 via Ginsparg-Wilson relation; 2009年12月
    発表情報; Physical Review D, 80, 125006
    著者; Hajime Aoki, Yoshiko Hirayama and Satoshi Iso
  • Dominance of a single topological sector in gauge theory on non-commutative geometry; 2009年09月
    発表情報; JHEP, 0909, 084
    著者; Hajime Aoki, Jun Nishimura and Yoshiaki Susaki
  • Finite-matrix formulation of gauge theories on a non-commutative torus with twisted boundary conditions,; 2009年04月
    発表情報; JHEP, 0904, 055
    著者; Hajime Aoki, Jun Nishimura and Yoshiaki Susaki
  • Index theorem in spontaneously symmetry-broken gauge theories on a fuzzy 2-sphere; 2008年07月
    発表情報; Physical Review D, 78, 2, 025028(15pages)
    著者; Hajime Aoki, Yoshiko Hirayama, and Satoshi Iso
  • Probability distribution of the index in gauge theory on 2d non-commutative geometry; 2007年10月
    発表情報; JHEP, 710, 024(17pages)
    著者; H.Aoki, J.Nishimura and Y.Susaki
  • Ginsparg-Wilson Dirac operator in monopole backgrounds on the fuzzy 2-sphere; 2007年
    発表情報; Phisical Review D, 75, 085021(14pages)
    著者; H.Aoki, S.Iso and T.Maeda
  • The index of the overlap Dirac operator on a discretized 2d non-commutative torus; 2007年
    発表情報; JHEP, 702, 033(23pages)
    著者; H.Aoki, J.Nishimura and Y.Susaki
  • Dynamical Generation of a Nontrivial Index on the Fuzzy 2-Sphere; 2005年
    発表情報; Phisical Review D, 71, 045017(10pages)
    著者; H.Aoki, S.Iso, T.Maeda and K.Nagao
  • Ginsparg-Wilson relation and 't Hooft-Polyakov monopole on fuzzy 2-sphere; 2004年
    発表情報; NUCLEAR PHYSICS B, 684, 1/2, 162-182
    著者; Aoki, H / Iso, S / Nagao, K
  • Chiral Anomaly on Fuzzy 2-Sphere; 2003年
    発表情報; Phisical Review D, 67, 065018(17pages)
    著者; H.Aoki, S.Iso and K.Nagao
  • Ginsparg-Wilson Relation, Topological Invaliants and Finite Noncommutative Geometry; 2003年
    発表情報; Phisical Review D, 67, 085005(5pages)
    著者; H.Aoki, S.Iso and K.Nagao

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • Phenomenological studies in the matrix models; 2014年09月
    発表情報; Fortschritte der Physik, 62, 9, 771-775
    著者; Hajime Aoki
  • Index Theorem in Finite Noncommutative Geometry; 2007年
    発表情報; Progress of Theoretical Physics Supplement, 171, 228-231
    著者; H.Aoki
  • Topologically nontrivial gauge configurations on the non-commutative geometries; 2006年
    発表情報; 素粒子論研究, 113, 1, 85
    著者; H.Aoki
  • 行列模型とギンスパーグ・ウィルソン関係式; 2005年
    発表情報; 素粒子論研究, 111, 6, 26-33
    著者; 青木一
  • Dynamical generation of a nontrivial index on the fuzzy 2-sphere; 2005年
    発表情報; 素粒子論研究, 111, 6, F34-35
    著者; 前田敏治
  • 余次元空間に広がる新しい素粒子物理; 2003年
    発表情報; パリティー(丸善), 18, 3, 4-12
    著者; 青木一
  • Ginsparg-Wilson Relation,Topological Invariants, and Finite Noncommutative Geometry; 2003年
    発表情報; Soryushiron Kenkyu (Kyoto), 107, 5, 42
    著者; H.Aoki

一般講演(学術講演を含む)

  • Particle physics, String theory and Matrix model; 2017年01月
    発表情報; 13th Yonsei-Saga Joint Seminar
    著者; Hajime Aoki
  • Evolution of Vacuum Fluctuations of an Ultra-Light Massive Scalar Field generated during and before Inflation; 2015年03月
    発表情報; 日本物理学会第70 回年次大会
    著者; 青木一、磯暁
  • Evolution of Vacuum Fluctuations of an Ultra-Light Massive Scalar Field generated during and before Inflation; 2015年01月
    発表情報; KEK Theory Workshop 2015
    著者; Hajime Aoki
  • インフレーション中および以前に生成された真空揺らぎの時間発展; 2014年09月
    発表情報; 日本物理学会秋季大会, 佐賀大学本庄キャンパス
    著者; 青木一、磯暁、関野恭弘
  • Phenomenological studies in the matrix models; 2013年09月
    発表情報; Corfu Summer Institute 2013, Corfu, Greece
    著者; Hajime Aoki
  • 標準模型が行列模型からいかに現れるか; 2013年01月
    発表情報; 京都大学素粒子論研究室セミナー
    著者; 青木一
  • ウィルソン流繰りこみ群から階層性問題を再考する--2次発散は恐れるな--; 2012年03月
    発表情報; 九州大学セミナー
    著者; 青木一
  • How Standard model can appear from the matrix model; 2012年02月
    発表情報; Kavli Institute for Theoretical Physics, University of California Santa Barbara, Novel Numerical Methods for Strongly Coupled Quantum Field Theory and Quantum Gravity
    著者; Hajime Aoki
  • 行列模型から標準模型; 2011年10月
    発表情報; 首都大学東京セミナー
    著者; 青木一
  • Ginsparg-Wilson relation on a fuzzy 2-sphere for adjoint matter; 2010年12月
    発表情報; 京都大学基礎物理学研究所セミナー
    著者; Hajime Aoki
  • Chiral Fermions and the Standard Model from the Matrix Model Compactified on a Torus; 2010年12月
    発表情報; KEK workshop on string phenomenology
    著者; Hajime Aoki
  • A quest for the Ultimate Theory; 2010年11月
    発表情報; 7th Yonsei-Saga Joint Seminar
    著者; Hajime Aoki
  • 随伴物質についてのファジー球面上でのギンスパーグ・ウィルソン関係式; 2010年09月
    発表情報; 岡山光量子科学研究所セミナー
    著者; 青木 一
  • 行列模型におけるトポロジーの研究; 2010年04月
    発表情報; 九州大学素粒子論研究室セミナー
    著者; 青木 一
  • 行列模型におけるトポロジーの研究; 2009年12月
    発表情報; 佐賀大学理論セミナー
    著者; 青木 一
  • Particle Physics and a Quest for the Ultimate Theory; 2008年11月
    発表情報; 5th Yonsei-Saga Joint Seminar
    著者; Hajime Aoki
  • Index theorem in gauge theories on noncommutative geometries; 2008年06月
    発表情報; 九州大学素粒子論研究室セミナー
    著者; 青木一
  • Index theorem in gauge theories on noncommutative geometries; 2008年06月
    発表情報; 岡山光量子化学研究所セミナー
    著者; 青木一
  • Finite N matrix formulation of non-commutative gauge theory with twisted boundary condition; 2008年03月
    発表情報; 日本物理学会第63回年次大会
    著者; 青木一、西村淳、壽崎義明
  • Index Theorem in spontaneously symmetry-broken gauge theories on fuzzy 2-sphere; 2008年03月
    発表情報; 日本物理学会 第63回年次大会
    著者; 青木一、磯暁、平山善子
  • Index Theorem in gauge theory on fuzzy 2-sphere; 2007年12月
    発表情報; 第113回日本物理学会九州支部例会
    著者; 青木一、平山善子
  • 格子非可換トーラス上のゲージ理論における境界条件のツイストと非自明な指数の実現について; 2007年03月
    発表情報; 日本物理学会春季大会
    著者; 青木一、西村淳、壽崎義明
  • 格子非可換トーラス上のゲージ理論における境界条件のツイストと非自明な指数の実現について; 2007年03月
    発表情報; KEK 理論研究会2007
    著者; 青木一、西村淳、壽崎義明
  • Topological aspects of gauge theory on noncommutative geometry; 2007年01月
    発表情報; 大阪大学素粒子論研究室セミナー
    著者; 青木一
  • Twisted boundary condition, rectangular matrices,and a non-trivial index in gauge theory on a discretized non-commutative torus; 2006年12月
    発表情報; 基研研究会「場の量子論の基礎的諸問題と応用 --場の理論のトポロジー的側面--」
    著者; 青木一、西村淳、壽崎義明
  • Topological Aspects of Gauge Theory on Noncommutative Geometry; 2006年11月
    発表情報; 21st Nishinomiya Yukawa Memorial Symposium
    著者; H.Aoki
  • Topological Aspects of Gauge Theory on Noncommutative Geometry; 2006年10月
    発表情報; The Joint Meeting of Pacific Region Particle Physics Communities
    著者; H.Aoki
  • Topologically nontrivial gauge configurations on the non-commutative geometries; 2006年04月
    発表情報; 名古屋大学素粒子論研究室セミナー
    著者; 青木一
  • The index theorem in gauge theory on a discretized 2d noncommutative torus; 2006年03月
    発表情報; 日本物理学会 第61回年次大会
    著者; 青木一、西村淳、壽崎義明
  • Topologically nontrivial gauge configurations on the non-commutative geometries; 2005年12月
    発表情報; 基研研究会 Fundamental Problems and Applications of Quantum Field Theory
    著者; H.Aoki
  • Existence of topologically nontrival configurations on a noncommutative torus; 2005年09月
    発表情報; 日本物理学会 秋季大会
    著者; 青木一、西村淳、壽崎義明
  • Ginsparg-Wilson Dirac operator in the monopole on the fuzzy 2-sphere; 2005年09月
    発表情報; 日本物理学会 秋季大会
    著者; 青木一, 磯暁, 前田敏治
  • Matirx Models and Ginsparg-Wilson relation; 2005年08月
    発表情報; 福岡工業大学研究会「弦と場のダイナミクスと宇宙」
    著者; 青木一
  • Dynamical Generation of a nontrivial Index on the Fuzzy 2-Sphere; 2005年03月
    発表情報; KEK研究会
    著者; 青木一
  • ファジィ球面上のダイナミクスによる非自明なインデックスの生成; 2005年03月
    発表情報; 日本物理学会 第60回年次大会
    著者; 青木一, 磯暁, 永尾敬一, 前田敏治
  • Matrix Models and Ginsparg Wilson relation; 2004年12月
    発表情報; 基研研究会「格子ゲージ理論の新しい芽と発展」
    著者; 青木一
  • Dynamical generation of a nontrivial index on the fuzzy 2-sphere; 2004年12月
    発表情報; 基研研究会「格子ゲージ理論の新しい芽と発展」
    著者; 青木一, 磯暁, 永尾敬一, 前田敏治

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • Phenomenological studies in the matrix models; 2014年03月
    発表情報; Workshop 2014 “TeV-scale physics after the discovery of the Higgs particle”, 東京女子大学
    著者; Hajime Aoki
  • Evolution of vacuum fluctuations generated during and before inflation; 2014年02月
    発表情報; KEK Theory Workshop 2014
    著者; Hajime Aoki
  • 行列模型からの標準模型や現象論的模型の出現; 2013年03月
    発表情報; KEK理論研究会2013、高エネルギー加速器研究機構
    著者; 青木一
  • 行列模型からの標準模型の出現; 2012年09月
    発表情報; 研究会「離散的手法による場と時空のダイナミクス」、 理化学研究所(和光本所)
    著者; 青木一
  • From the matrix model to the standard model; 2008年03月
    発表情報; KEK理論研究会
    著者; 青木一
  • Matirx Models and Ginsparg-Wilson relation; 2005年08月
    発表情報; 福岡工業大学研究会「弦と場のダイナミクスと宇宙」
    著者; 青木一
  • 弦理論と行列模型; 2005年03月
    発表情報; 佐賀大学数理科学科集中講義
    著者; 青木一
  • Matrix Models and Ginsparg Wilson relation; 2004年12月
    発表情報; 基研研究会「格子ゲージ理論の新しい芽と発展」
    著者; 青木一


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.