兒玉 浩明コダマ ヒロアキ

所属:
大学院工学系研究科 循環物質化学専攻 循環物質化学講座

著書

  • 生命の化学; 2001年04月
    発表情報; 
    著者; 安藤祥司、熊本栄一、兒玉浩明、高崎洋三

原著論文

  • Syntheses and Biological Activities of Heterodimeric Formyl Peptides Cross-Linked with Amino Acid Residues; 2017年03月
    発表情報; Peptide Science 2016, 2016, 100
    著者; R. Kai, K. Kurihara, Y. Katafuchi, S. Koga, S. Osada, M. Jelokhani-Niaraki, H. Kodama
  • Effect of Hinge Sequence on the Ion Channel Activity of Aib-Containing Synthetic Peptides; 2017年03月
    発表情報; Peptide Science 2016, 2016, 103
    著者; Y. Watanabe, A. Kawasetsu, S. Osada, M. Jelokhani-Niaraki, H. Kodama
  • Coadministration of the FNIII14 peptide synergistically augments the anti-cancer activity of chemotherapeutic drugs by activating pro-apoptotic Bim; 2016年09月
    発表情報; PLoS One, 11, e0162525
    著者; T. Iyoda, Y. Nagamine, Y. Nakane, Y. Tokita, S. Akari, K. Otsuka, M. Fujita, K. Itagaki, Y. Takizawa, H. Orita, T. Owaki, J. Taira, R. Hayashi, H. Kodama, F. Fukai
  • 「多面的・総合的評価」に向けた佐賀大学の入試改革; 2016年03月
    発表情報; 大学入試研究ジャーナル, 26, 23-28
    著者; 西郡大・園田泰正・兒玉浩明
  • Peptide Deformylase Processable Triazole-containing Formyl Peptide Mimetics; 2016年02月
    発表情報; Pept. Sci. 2015, 159-162
    著者; H.Osako, J.Taira, Y. Higashimoto, H. Kodama, S. Osada
  • Promotion of cell adhesion by low-molecular-weight hydrogel by Lys based amphiphile; 2015年02月
    発表情報; Mater. Sci. Eng. C, 47, 345-350
    著者; T. Suga, S. Osada, T. Narita, Y. Oishi, H. Kodama
  • Antitumor activities of Au(I) complexed with bisphosphines in HL-60 cells; 2014年08月
    発表情報; J. Inorg. Biochem., 137, 109-114
    著者; R. Hayashi, K. Nakatsui, D. Sugiyama, T. Kitajima, N. Oohara, M. Sugiya, S. Osada, H. Kodama
  • Development of Potent Antagonists for Formyl Peptide Receptor 1 Based on Boc-Phe-D-Leu-Phe-D-Leu-Phe-OH; 2014年08月
    発表情報; Bioorg. Med. Chem., 22, 3824-3828
    著者; R. Hayashi, T. Kitajima, H. Mizuguchi, M. Fujimoto, A. Yamaguchi, S. Koga, Y. Koga, S. Osada, H. Kodama
  • Tenascin-C-derived peptide TNIIIA2 highly enhances cell survival and Platelet-derived Growth Factor (PDGF)-dependent cell proliferation through potentiated and sustained activation of integrin α5β1; 2014年07月
    発表情報; J. Biol. Chem., 289, 17699-17708
    著者; R. Tanaka, Y. Seki, Y. Saito, S. Kamiya, M. Fujita, H. Okutsu, T. Iyoda, T. Takai, T. Owaki, H. Yajima, J. Taira, R. Hayashi, H. Kodama, T. Matsunaga, F. Fukai
  • Raman Optical Activity of a Cyclic Dipeptide Analyzed by Quantum Chemical Calculations Combined with Molecular Dynamics Simulations; 2014年06月
    発表情報; J. Phys. Chem. B, 118, 6767-6774
    著者; H. Urago, T. Suga, T. Hirata, H. Kodama, M. Unno
  • Ion channel formation by charged cyclic peptides; 2013年04月
    発表情報; Peptide Science 2012, 2012, 195-198
    著者; T. Suga, S. Osada, H. Kodama
  • Structure-activity relationship of a transmembrane peptide derived from formyl peptide receptor 1; 2013年04月
    発表情報; Peptide Science 2012, 2013, 221-224
    著者; R. Hayashi, R. Yamaguchi, Y. Koga, I. Fujita, S. Osada, Y. Hamasaki, H. Kodama
  • A formyl peptide substituted with a conformationally constrained phenylalanine residue evokes a selective immune response in human neutrophils; 2013年01月
    発表情報; Bioorg. Med. Chem., 21, 3, 668-675
    著者; R. Hayashi, M. Miyazaki, S. Osada, H. Kawasaki, I. Fujita, Y. Hamasaki, H. Kodama
  • The cell adhesion and proliferation activities of a peptide derived from human tenascin-C are dependent on two Ile residues; 2012年08月
    発表情報; Bioorg. Med. Chem., 20, 15, 4608-4613
    著者; R. Hayashi, S. Miura, Y Saito, S. Osada, T. Iyoda, F. Fukai, H. kodama
  • Formation of ion-selective channel using cyclic tetrapeptides.; 2012年
    発表情報; Peptides, 20, 1, 42-46
    著者; T. Suga, S. Osada, H. Kodama
  • Structural requirements essential for elastin coacervation: favorable spatial arrangements of valine ridges on the three-dimensional structure of elastin-derived polypeptide (VPGVG)n; 2011年11月
    発表情報; J. Pept. Sci., 17, 11, 735-743
    著者; I. Maeda, Y. Fukumoto, T. Nose, Y. Shimohigashi, T. Nezu, Y. Terada, H. Kodama, K. Kaibara, K. Okamoto
  • Significance of Intermolecular Hydrogen-Bonding to Form Ion Channel by the Cyclic Tetrapeptide cyclo(D-Ala-Dap)2; 2011年09月
    発表情報; Peptides, 2011, 191-192
    著者; T. Suga, S. Osada, H. Kodama
  • Fluoroalkene modification of mercaptoacetamide-based histone deacetylase inhibitors; 2010年01月
    発表情報; Bioorg. Med. Chem., 18, 605-611
    著者; S. Osada S. Sano, M. Ueyama, Y. Chuman, H. Kodama, K. Sakaguchi
  • Apoptotic death of hematopoietic tumor cells through potentiated and sustained adhesion to fibronectin via VLA-4.; 2010年
    発表情報; J. Biol. Chem., 285, 7006-7015
    著者; Y. Saito, T. Owaki, T. Matsunaga, M. Saze, S. Miura, M. Maeda, M. Eguchi, R. Tanaka, J. Taira, H. Kodama, S. Goto, Y. Niitsu, H. Terada, F. Fukai
  • Modifications on amphiphilicity and cationicity of unnatural amino acid containing peptides for improvement of antimicrobial activity against pathogenic bacteria.; 2010年
    発表情報; J. Pept. Sci., 16, 607-612
    著者; J. Taira, Y. Kida, H. Yamaguchi, K. Kuwano, Y. Higashimoto, H. Kodama
  • Trans-Bilayer Ion Conduction by Proline Containing Cyclic Hexapeptides and Effects of Amino Acid Substitutions for The Ion Conducting Properties; 2010年
    発表情報; Bull. Chem. Soc. Jpn., 83, 683-688
    著者; J. Taira, S. Osada, R. Hayashi, T. Ueda, M. Jelokhani-Niaraki, H. Aoyagi, H. Kodama
  • VLA-5-mediated Adhesion to Fibronectin Accelerates Hemin-stimulated Erythroid Differentiation of K562 Cells through Induction of VLA-4 Expression; 2009年05月
    発表情報; J. Biol. Chem., 284, 19817-19825
    著者; R. Tanaka, T. Owaki, S. Kamiya, T. Matsunaga, K. Shimoda, H. Kodama, R. Hayashi, T. Abe, Y. P. Harada, M. Shimonaka, H. Yajima, H. Terada, F. Fukai
  • Synthesis and Biological Activity of Dimeric Chemotactic Peptide Antagonist; 2009年03月
    発表情報; Peptide Science 2008, 253-256
    著者; D. Sugiyama, Y. Hirakawa, S. Osada, I. Fujita, Y. Hamasaki, H. Kodama
  • Insight into Methionine Side-chain Recognition by the FPR Utilizing Sulfur Mimetics; 2009年03月
    発表情報; Peptide Science 2008, 249-252
    著者; S. Osada, D. Sugiyama, M. Sato, Y. Hamasaki, I. Fujita, H. Kodama
  • Synthesis and Priming Activities of Cyclic Peptides, Hymenamides; 2009年03月
    発表情報; Peptide Science 2008, 2008, 239-242
    著者; M. Onai, D. Sugiyama, S. Osada, I. Fujita, Y. Hamasaki, H. Kodama
  • Synthesis and Biological Activity of Alamethicin Analogs Enhanced by Electrostatic Interaction; 2009年03月
    発表情報; Peptide Science 2008, 245-248
    著者; S. Imamura, T. Suga, J. Taira, S. Osada, H. Kodama
  • Synthesis and Biological Activity of Cyclic Peptide, Hymenamide Analogs; 2009年03月
    発表情報; Peptides, 2009, 323-324
    著者; Y. Shiki, M. Onai, D. Sugiyama, S. Osada, I. Fujita, and H. Kodama
  • Synthesis and Biological Activity of Transmembrane Peptides Derived from FPR Family Receptors; 2009年03月
    発表情報; Peptides, 2008, 331-332
    著者; D. Sugiyama, R. Hayashi, S. Osada, Y. Hamasaki, I. Fujita, and H. Kodama
  • Modifications of Hydrophobic Value and Hydrophobic Moment Value of Cationic Model Peptides for Conversion of Peptide-Membrane Interactions; 2008年06月
    発表情報; Bull. Chem. Soc. Jpn., 81, 733-739
    著者; J. Taira, S. Furukawa, T. Hatakeyama, H. Aoyagi, H. Kodama
  • Synthesis and biological activity of synthetic peptide MMK-1 analogs; 2008年03月
    発表情報; Peptides Science 2007, 2007, 269-272
    著者; D. Sugiyama, S. Osada, I. Fujita, Y. Hamasaki, and H. Kodama
  • Synthesis and ion conductance of cervinin peptides; 2008年03月
    発表情報; Peptides Science 2007, 2007, 277-280
    著者; J. Ito, J. Taira, S. Osada, F. Kato, and H. Kodama
  • Antiadhesive Sites Present in the Fibronectin TypeIII-Like Repeats of Human Plasma Fibronectin; 2008年03月
    発表情報; Peptide Science 2007, 325-328
    著者; T. Naito, S. Miura, Y, Saito, T.Owaki, R. Hayashi, J. Taira, H. Kodama, M. Ueki, H. Sugimaoto, F. Fukai
  • Ion-channel formation assisted by electrostatic interhelical interaction in covalently dimerized amphiphilic helical peptides; 2008年
    発表情報; Biochemistry, 47, 12, 3705-3714
    著者; J. Taira, M. Jelokhani-Niaraki, S. Osada, F. Kato, and H. Kodama
  • Enhancement of ion channel formation by electrostatic interaction incorporated in dimeric helical peptide; 2008年
    発表情報; Peptides Science 2007, 2007, 285-288
    著者; J. Taira, S. Osada, M. Jelokhani-Niaraki, T. Ehara, and H. Kodama
  • Structural Profiles for Coacervation of Elastin-derived Polypeptides; 2008年
    発表情報; Peptide Science 2007, 219-222
    著者; I. Maeda, Y. Fukumoto, T. Nose, Y. Shimohigashi, T.Nezu, Y.Terada, H. Kodama, K. Kaibara, K. Okamoto
  • Combination therapy of an anticancer drug with the FNIII14 peptide of fibronectin effectively overcomes cell adhesion-mediated drug resistance of acute myelogenous leukemia; 2008年
    発表情報; Leukemia, 22, 353-360
    著者; T. Matsunaga, F. Fukai, S. Miura, Y. Nakane, T. Owaki, H. Kodama, M. Tanaka, T. Nagaya, R. Takimoto, T. Takayama, Y. Niitsu
  • Antiadhesive Sites Present in the Fibronectin Type III-like Repeats of Human Plasma Fibronectin,; 2007年
    発表情報; Biol. Pharm. Bull., 30, 891-897
    著者; S. Miura, S. Kamiya, Y. Saito, S. Wada, R. Hayashi, J. Taira, H. Kodama, H. Yajima, M. Ueki, and F. Fukai
  • A peptide Derived from Tenascin-C Induces Beta1 Integrin Activation Through Syndecan-4.; 2007年
    発表情報; J. Biol. Chem., 282, 34929-34937
    著者; Y. Saito, H. Imazeki, S. Miura, T. Yoshimura, H. Okutsu, Y. Harada, T. Ohwaki, O. Nagao, S. Kamiya, R. Hayashi, H. Kodama, H. Handa, T. Yoshida, F. Fukai
  • Combination therapy of an anticancer drug with the FNIII14 peptide of fibronectin effectively overcomes cell adhesion-mediated drug resistance of acute myelogenous leukemia.; 2007年
    発表情報; Leukemia, 22, 353-360
    著者; T Matsunaga, F Fukai, S Miura, Y Nakane, T Owaki, H Kodama, M Tanaka, T Nagaya, R Takimoto, T Takayama, Y Niitsu, Y Niitsu
  • Superoxide Production in Human Neutrophils Is Enhanced by Treatment with Transmembrane Peptides Derived from Human Formyl Peptide Receptor; 2006年06月
    発表情報; J. Biochem., 139, 6, 981-988
    著者; R. Hayashi, S. Osada, M. Yoshiki, D. Sugiyama, I. Fujita, Y. Hamasaki, and H. Kodama
  • Facile synthesis of (S)-5,5-Difluoronorleucine and its incorporation in biologically active peptides as an methionine mimetic; 2006年
    発表情報; Heterocycles, 67, 421-431
    著者; S. Osada, T. Ishimaru, H. Kawasaki, H. Kodama
  • Effect of Ring Size Alteration for Ion Channel Activities of Cyclic Peptides; 2006年
    発表情報; Peptides Science 2005, 245-248
    著者; J. Taira, S. Osada, M. Jelokhani-Niaraki, T. Ehara, and H. Kodama
  • Signal Transduction of Chemotactic Non-Formyl Peptide and Selective for Formyl Peptide Receptor; 2006年
    発表情報; Peptides Science 2005, 249-252
    著者; M. Yoshiki, R. Hayashi, D. Sugiyama, S. Osada, I. Fujita, Y. Hamasaki, and H. Kodama
  • Synthesis of Transmembrane Peptides Derived from Human Formyl Peptide Receptor and Influence on Biological Activities of Human Neutrophils; 2006年
    発表情報; Peptides Science 2005, 241-244
    著者; R. Hayashi, D. Sugiyama, M. Yoshiki, S. Osada, I. Fujita, Y. Hamasaki, and H. Kodama
  • Characterization of active sequence in the integrin-activating tenascin-C (TN III) and its cell surface mediator; 2006年
    発表情報; Peptides Science 2005, 349-352
    著者; T. Yoshimura, S. Miura, Y. Saito, H. Okutsu, R. Hayashi, H. Kodama and F. Fukai
  • Ion channel activities and mechanisms of ion conduction about cyclic hexapeptides; 2006年
    発表情報; Peptides: Understanding Biology Using Peptides, 607-608
    著者; J. Taira, R. Hayashi, S. Osada, T. Ehara and H. Kodama
  • Synthesis and biological activities of praline rich cyclic heptapeptide Hymemanide B analogs; 2006年
    発表情報; Peptides: Understanding Biology Using Peptides, 609-610
    著者; Y. Shiki, J. Taira, A. Nakamura, S. Osada and H. Kodama
  • Synthesis and biological activities of fMLP analogs containing 2, 3-cyclopropane amino acid derivatives; 2006年
    発表情報; Peptides: Understanding Biology Using Peptides, 613-614
    著者; D. Sugiyama, R. Hayashi, H. Kawasaki, H. Kodama, S. Osada, M. Zaitsu and I. Fujita
  • Activation of Beta1 Integrins by the FNIII14 Analogous Peptide Induces Programmed Cell Death of Malignant Cell Types; 2005年03月
    発表情報; Peptide Science 2004, 237-240
    著者; H. Imazeki, S. Miura, R. Hayashi, H. Kodama, and F. Fukai
  • Ion-Channel Properties of Cyclic Hexapeptide cyclo(Pro-Xxx-Yyy)2; 2005年
    発表情報; Peptide Science 2004, 531-534
    著者; J. Taira, S. Osada, R. Hayashi, M. Yoshiki, S. Tatebe, T. Ueda, T. Ehara, and H. Kodama
  • Solid-Phase Synthesis of Tyrosine-Containing Cyclic Peptides; 2005年
    発表情報; Peptide Science 2004, 535-538
    著者; A. Nakamura, S. Tatebe, J. Taira, S. Osada, H. Ohba, S. Yasuda, and H. Kodama
  • Synthesis and Biological Activity of Urease-Related Peptides Generated from Helicobacter Pylori; 2005年
    発表情報; Peptide Science 2004, 573-576
    著者; M. Yoshiki, K. Tsuge, T. Yoshimura, K. Koganemaru, I. Fujita, Y. Hamasaki, S. Osada, and H. Kodama
  • L-5,5-Difluoronorleucine as an Oxidation-Resistant Methionine Mimic: Facile Synthesis and its Application on Chemotactic Peptide, fMLP; 2005年
    発表情報; Peptide Science 2004, 641-644
    著者; S. Osada, H. Kawasaki, T. Ishimaru, M. Yoshiki, Y. Hamasaki, I. Fujita, and H. Kodama
  • Ion Channel Activities and Mechanisms of Ion Conduction about Cyclic Hexapeptides; 2005年
    発表情報; Biopolimers (Peptide Science), 80, 581
    著者; J. Taira, R. Hayashi, S. Osada, T. Ehara, and H. Kodama
  • Synthesis and Biological Activities of Proline Rich Cyclic Heptapeptide Hymemanide B Analogs; 2005年
    発表情報; Biopolimers (Peptide Science), 80, 581-582
    著者; Y. Shiki, J. Taira, A. Nakamura, S. Osada, and H. Kodama
  • Synthesis and Biological Activities of fMLP Analogs Containing 2, 3-Cyclopropane Amino Acid Derivatives; 2005年
    発表情報; Biopolimers (Peptide Science), 80, 582
    著者; D. Sugiyama, R. Hayashi, H. Kawasaki, H. Kodama, S. Osada, M. Zaitsu, and I. Fujita
  • Synthesis of a Fluoroalkene Isoster of Acetyllysine; 2004年
    発表情報; Peptide Science 2003, 413-416
    著者; S. Osada, H. Kodama
  • Synthesis and Calcium Binding of Oligomeric Tropoelastin Analogs; 2004年
    発表情報; Peptides, Peptide Revolution: Genomics, Proteomics and Therapeutics, 474-475
    著者; H. Kodama, S. Ueno, S. Osada, I. Maeda, K. Okamoto, M. Kondo
  • Second transmembrane domain of human uncoupling protein 2 is essential for its anion channel formation; 2004年
    発表情報; FEBS Lett., 577, 299-304
    著者; H. Yamaguchi, M. Jelokhani-Niaraki, H. Kodama
  • Structure-Activity Relationship of Model Peptides Capable of Ion Channel Formation; 2004年
    発表情報; Peptide Science 2003, 331-332
    著者; S. Fukukawa, T. Niidome, T. Hatakeyama, H. Aoyagi, H. Kodama
  • Synthesis and Ion-Channel Activity of Assembled Aib-Model Peptides; 2004年
    発表情報; Peptide Science 2003, 327-330
    著者; J. Taira (M 2), S. Osada, M. Jelokhani-Niaraki, H. Kodama
  • Synthesis and Properties of TN III Peptide Analogs Derived from Type III Repeat of Tenascin C; 2004年
    発表情報; Peptide Science 2003, 289-292
    著者; R. Hayashi (D 2), S. Miura, Y. Saito, F. Fukai, H. Kodama
  • Programmed Cell Death of Malignant Cell Types through Integrin Signal Activation; 2004年
    発表情報; Peptide Science 2003, 123-126
    著者; H. Imazeki, S. Miura, T. Isaka, R. Hayashi, H. Kodama, F. Fukai
  • Elastin-derived Peptide: Structure, Functions and Mechanisms; 2004年
    発表情報; Peptide Science 2003, 31-34
    著者; I. Maeda, M. P. P. Briones, M. Nishihara, H. Kodama, M. Kondo, T. Nezu, Y. Terada, K. Okamoto
  • 新機能創出をめざした新規アミノ酸・ペプチドの化学合成; 2003年09月
    発表情報; 生物工学会誌, 81, 9, 382-385
    著者; 長田, 聰史 / 兒玉, 浩明
  • Synthesis of Chemotactic Peptide Analogs with a Photoaffinity Cross-linker as New Probes for Analysis of Receptor-Ligand Interaction.; 2003年
    発表情報; Protein, Pept. Lett, 10, 147 - 153
    著者; M. Shibue, M. Yoshiki, M. Miyazaki, I. Fujita, S. Osada, S. Yasuda, H. Nakamura, Y. Hamasaki, M. Kondo, H. Maeda, H. Kodama, H. Shimizu
  • Structure-Activity Relationship of Designed Ion-Channel Peptides; 2003年
    発表情報; Peptide Science 2002, 235-236
    著者; S. Furukawa, T. Niidome, T. Hatakeyama, H. Aoyagi, H. Yamaguchi, H. Kodama
  • Synthesis and Chemotaxis of fMLP analogs and Nonformylated peptides; 2003年
    発表情報; Peptides Science 2002, 269-272
    著者; M. Yoshiki, H. Kawasaki, R. Hayashi, S. Osada, I. Fujita, Y. Hamasaki H. Kodama
  • Effect of α, α-Dialkyl Amino Acids on the Protease Resistance of Peptides; 2003年
    発表情報; Biosci. Biotechnol. Biochem., 67, 2269-2272
    著者; H. Yamaguchi, H. Kodama, S. Osada, F. Kato, M. Jelokhani Niaraki, M. Kondo
  • Synthesis and Calcium Binding of Oligomeric Tropoelastion Analogs; 2003年
    発表情報; Biopolymers, Peptide Science, 17, 320
    著者; H. Kodama, S. Ueno, S. Osada, I. Maeda, K. Okamoto, M. Kondo

一般講演(学術講演を含む)

  • 芳香族アミノ酸をもつペプチドの合成と二次構造; 2017年07月
    発表情報; 第54回化学関連支部合同九州大会
    著者; 重富敬太、長田聰史、Masoud Jelokhani-Niaraki、兒玉浩明
  • 芳香族アミノ酸を含むモデルペプチドの合成とペプチド会合; 2017年05月
    発表情報; 平成29年度日本生化学会九州支部例会
    著者; 重富敬太、長田聰史、Masoud Jelokhani-Niaraki、兒玉浩明
  • 多面的評価を目的とした大学入学試験へのデジタルコンテンツの利用; 2017年03月
    発表情報; 日本化学会 第 97 春季年会
    著者; 兒玉浩明・長田聰史・坂口幸一・山口明徳・松高和秀・園田泰正・西郡 大
  • 環状テトラペプチドの持つ官能基とイオン選択性; 2016年11月
    発表情報; 2016年日本化学会中国・四国支部大会
    著者; 渡邉裕大、長田聰史、兒玉浩明
  • ホルミルペプチドのヘテロ二量体化による機能性および生物活性の変化; 2016年11月
    発表情報; 2016年日本化学会中国・四国支部大会
    著者; 甲斐涼太、兒玉浩明
  • Syntheses and Biological Activities of Heterodimeric Formyl Peptides Cross-Linked with Amino Acid Residues; 2016年10月
    発表情報; 第53回ペプチド討論会
    著者; R. Kai, K. Kurihara, Y. Katafuchi, S. Koga, S. Osada, M. Jelokhani-Niaraki, H. Kodama
  • Effect of Hinge Sequence on the Ion Channel Activity of Aib-Containing Synthetic Peptides; 2016年10月
    発表情報; 第53回ペプチド討論会
    著者; Y. Watanabe, A. Kawasetsu, S. Osada, M. Jelokhani-Niaraki, H. Kodama
  • トリアゾール含有peptide deformylase阻害剤の合成と評価; 2016年07月
    発表情報; 第53回化学関連支部合同九州大会
    著者; 古川 旺、平 順一、兒玉浩明、長田聰史
  • Peptide deformylaseに認識されるトリアゾール含有擬ペプチド性基質の探索; 2016年07月
    発表情報; 第54回化学関連支部合同九州大会
    著者; 児玉美瑳、平 順一、兒玉浩明、長田聰史
  • ホルミルペプチドヘテロ二量体の生物活性における架橋残基の効果; 2016年07月
    発表情報; 第55回化学関連支部合同九州大会
    著者; 甲斐涼太、栗原滉季、長田聰史、兒玉浩明
  • 光架橋アミノ酸を含むFPR2アンタゴニストの構造活性相関; 2016年07月
    発表情報; 第56回化学関連支部合同九州大会
    著者; 矢津田祐介、栗原滉季、兒玉浩明、長田聰史
  • 両性イオンをもつ環状テトラペプチドの合成とイオンチャネル活性; 2016年07月
    発表情報; 第57回化学関連支部合同九州大会
    著者; 渡邉裕大、長田聰史、兒玉浩明
  • 多面的・総合的評価に向けたタブレット入試の検討~「佐賀大学版CBT」の実現に向けて~; 2016年06月
    発表情報; 平成 28 年度全国大学入学者選抜研究連絡協議会大会
    著者; 西郡大・山口明徳・松高和秀・長田聡史・坂口幸一・福井寿雄・髙森裕美子・園田泰正・兒玉浩明
  • Glu残基で架橋したホルミルペプチドヘテロ二量体の合成と生物活性; 2016年05月
    発表情報; 平成28年度 日本生化学会九州支部例会
    著者; 甲斐涼太、長田聰史、兒玉浩明
  • 折れ曲がり配列を持つAibペプチドの合成とイオンチャンネル活性; 2016年03月
    発表情報; 日本化学会 第96春季年会(2016年3月26日、同志社大学、京田辺市)
    著者; 川節あかね、渡邉裕大、Jelokhani-Niaraki Masoud、長田聰史、兒玉浩明
  • Agonistic and Antagonistic properties of triazole-containing non-formyl peptides against formyl peptide receptor; 2016年03月
    発表情報; 日本化学会 第96春季年会(2016年3月26日、同志社大学、京田辺市)
    著者; K. Arima, K. Kurihara, H. Kodama, S. Osada
  • Peptide deformylase processable triazole-containing formyl peptide mimetics; 2015年11月
    発表情報; The 52nd Japanese Peptide Symposium (Nov. 16, 2015, Chuo Community Center, Hiratsuka)
    著者; H. Osako, J. Taira, Y. Higashimoto, H. Kodama, S.Osada
  • Z体選択的フルオロオレフィン合成のための新規Julia反応剤; 2015年06月
    発表情報; 第52回化学関連支部合同九州大会(2015年6月27日、北九州国際会議場、北九州)
    著者; 川島季晋、兒玉浩明、長田聰史
  • S-リボシルホモシステインミミックの合成研究; 2015年06月
    発表情報; 第52回化学関連支部合同九州大会(2015年6月28日、北九州国際会議場、北九州)
    著者; 矢野孝行、兒玉浩明、長田聰史
  • Peptide deformylaseによって活性化されるMetAP阻害候補化合物; 2015年06月
    発表情報; 第52回化学関連支部合同九州大会(2015年6月29日、北九州国際会議場、北九州)
    著者; 大迫拓輝、兒玉浩明、長田聰史
  • 環状オクタペプチドの側鎖構造とイオンチャネル活性; 2015年06月
    発表情報; 第52回化学関連支部合同九州大会(2015年6月30日、北九州国際会議場、北九州)
    著者; 渡邉裕大、川節あかね、長田聰史、兒玉浩明
  • 異なるFPRサブタイプに選択性を持つペプチド二量体の鎖長依存性; 2015年06月
    発表情報; 第52回化学関連支部合同九州大会(2015年6月31日、北九州国際会議場、北九州)
    著者; 栗原滉季、片渕友加里、古賀裕也、長田聰史、兒玉浩明
  • GPCR ヘテロマーを構成するプロトマーの機能検索; 2014年11月
    発表情報; 2014年日本化学会中国四国支部大会
    著者; 片渕友加里、古賀裕也、林 良、長田聰史、藤田一郎、兒玉浩明
  • アラメチシン型イオンチャンネル形成因子の検索; 2014年11月
    発表情報; 2014年日本化学会中国四国支部大会
    著者; 川節あかね、林 良、長田聰史、兒玉浩明
  • ホルミルペプチドアンタゴニスト WRW4の構造活性相関 ; 2014年11月
    発表情報; 2014年日本化学会中国四国支部大会
    著者; 山口 彩、古賀裕也、林 良、藤田一郎、長田聰史、兒玉浩明
  • 2つの FPR と相互作用するヘテロ二量体ペプチドの one-pot 合成; 2014年11月
    発表情報; 2014年日本化学会中国四国支部大会
    著者; 栗原滉季、片渕友加里、古賀裕也、長田聰史、兒玉浩明
  • イオンチャネルを形成する環状オクタペプチドの合成と性質; 2014年11月
    発表情報; 2014年日本化学会中国四国支部大会
    著者; 渡邉裕大、川節あかね、小栁侑也、長田聰史、兒玉浩明
  • サブタイプ選択的ホルミルペプチドの二量体合成と生物活性; 2014年10月
    発表情報; 第87回日本生化学会大会
    著者; 片渕 友加里、古賀 裕也、 林 良、長田 聰史、藤田 一郎、兒玉 浩明
  • Pro残基をもつAibモデルペプチドの合成とイオンチャンネル活性; 2014年10月
    発表情報; 第87回日本生化学会大会
    著者; 川節 あかね、林 良、 平 順一、 東元 祐一郎、 長田 聰史、 兒玉 浩明
  • 好中球プライミングを引き起こすFPR1膜貫通ペプチドの活性発現構造の検索; 2014年06月
    発表情報; 第51回化学関連支部合同九州大会(2013年6月28日、北九州国際会議場、北九州市)
    著者; 古賀裕也、林 良、長田聰史、藤田一郎、浜崎雄平、兒玉浩明
  • N末端にPro残基をもつペプチドの合成とイオンチャンネル活性; 2014年06月
    発表情報; 第51回化学関連支部合同九州大会(2013年6月28日、北九州国際会議場、北九州市)
    著者; 川節あかね、小柳侑也、林 良、長田聰史、兒玉浩明
  • FPR選択的アゴニスト二量体の合成と生物活性; 2014年06月
    発表情報; 第51回化学関連支部合同九州大会(2013年6月28日、北九州国際会議場、北九州市)
    著者; 片渕友加里、瀬戸知歩、古賀脩一朗、古賀裕也、林 良、長田聰史、藤田一郎、浜崎雄平、兒玉浩明
  • Boc-FlFlFの5位アミノ酸置換アナログの合成と生物活性; 2014年06月
    発表情報; 第51回化学関連支部合同九州大会(2013年6月28日、北九州国際会議場、北九州市)
    著者; 山口彩、古賀裕也、古賀脩一郎、林 良、藤田一郎、浜崎雄平、長田聰史、兒玉浩明
  • ジベンジル型SAHAアナログの合成と生理活性評価; 2014年06月
    発表情報; 第51回化学関連支部合同九州大会(2013年6月28日、北九州国際会議場、北九州市)
    著者; 田久保伸弥、林 良、長田聰史、兒玉浩明
  • PDFで活性化されるMetAP阻害剤の探索; 2014年06月
    発表情報; 第51回化学関連支部合同九州大会(2013年6月28日、北九州国際会議場、北九州市)
    著者; 大迫拓輝、林 良、兒玉浩明、長田聰史
  • Substitution of Phe Residues in a Formyl Peptide Receptor 1 Selective Antagonist Boc- FlFlF with Cyclohexylalanine Causes an Increase in the Inhibitory Activity; 2013年11月
    発表情報; 4th Asia-Pacific International Peptide Symposium/50th Japanese Peptide Symposium
    著者; R. Hayashi, H. Mizuguchi, Y. Koga, S. Osada, I. Fujita, Y. Hamasaki, H. Kodama
  • Synthesis and Antagonist Activities of Formyl Peptide Receptor 1 Selective Antagonist Boc-FlFlF Analogs with Substitution in the First Phe Residue; 2013年11月
    発表情報; 4th Asia-Pacific International Peptide Symposium/50th Japanese Peptide Symposium
    著者; Y. Koga, T. Kitajima, R. Hayashi, S. Osada, I. Fujita, Y. Hamasaki, H. Kodama
  • 好中球プライミングを引き起こすFPR膜貫通ドメインペプチドの構造活性相関; 2013年11月
    発表情報; 2013年日本化学会中国四国支部大会
    著者; 古賀裕也、林 良、長田聰史、藤田一郎、浜崎雄平、兒玉浩明
  • GPCR二量体の機能解明を目的としたfMLP二量体の合成と受容体選択性; 2013年11月
    発表情報; 2013年日本化学会中国四国支部大会
    著者; 古賀脩一朗、林 良、藤田一郎、浜崎雄平、長田聰史、兒玉浩明
  • 環状ペプチドによるイオンチャネル活性における環サイズの影響; 2013年11月
    発表情報; 2013年日本化学会中国四国支部大会
    著者; 小柳侑也、林 良、長田聰史、兒玉浩明
  • FPR1選択的アゴニストの二量体ペプチドの合成と生物活性; 2013年11月
    発表情報; 2013年日本化学会中国四国支部大会
    著者; 山口 彩、古賀裕也、古賀脩一朗、林 良、藤田一郎、浜崎雄平、長田聰史、兒玉浩明
  • cyclo(D-Ala-Dap-D-Ala-Glu)の合成とイオンチャネル活性; 2013年11月
    発表情報; 2013年日本化学会中国四国支部大会
    著者; 川浪 文、小柳侑也、林 良、長田聰史、兒玉浩明
  • Proを含むAibペプチドの合成とイオンチャネル活性; 2013年11月
    発表情報; 2013年日本化学会中国四国支部大会
    著者; 川節あかね、小柳侑也、林 良、長田聰史、兒玉浩明
  • FPR1選択的アゴニストの二量体ペプチドの合成と生物活性; 2013年11月
    発表情報; 2013年日本化学会中国四国支部大会
    著者; 瀬戸知歩、古賀脩一朗、古賀裕也、林 良、藤田一郎、浜崎雄平、長田聰史、兒玉浩明
  • 2つのFPR選択的ヘテロペプチドの合成と生物活性; 2013年11月
    発表情報; 2013年日本化学会中国四国支部大会
    著者; 片渕友加里、古賀脩一朗、古賀裕也、林 良、藤田一郎、浜崎雄平、長田聰史、兒玉浩明
  • ジアゾ転移試薬を用いたトリアゾール含有生理活性ペプチドの合成; 2013年11月
    発表情報; 2013年日本化学会中国四国支部大会
    著者; 城野竜彦、大迫拓輝、宮崎真佐也、林 良、兒玉浩明、長田聰史
  • Alpha-D-グルコースによるチオール系HDAC阻害剤のプロドラッグ体合成と生理活性評価; 2013年11月
    発表情報; 2013年日本化学会中国四国支部大会
    著者; 坂本 瞳、林 良、兒玉浩明、長田聰史
  • 非加水分解性ユニットとしてケト基を導入したリン酸化セリンミミックの合成研究; 2013年11月
    発表情報; 2013年日本化学会中国四国支部大会
    著者; 中山 圭、林 良、兒玉浩明、長田聰史
  • S-リボシルホモシステインミミックの合成研究; 2013年11月
    発表情報; 2013年日本化学会中国四国支部大会
    著者; 矢野孝行、溝上大樹、林 良、兒玉浩明、長田聰史
  • 好中球プライミングを引き起こすFPR膜貫通ドメインペプチドの構造活性相関; 2013年11月
    発表情報; 2013年日本化学会中国四国支部大会
    著者; 古賀裕也、林 良、長田聰史、藤田一郎、浜崎雄平、兒玉浩明
  • 2,3-bis(tert-butyl(methyl)phosphino)quinoxaline金(I)錯体の抗腫瘍活性メカニズムの解明; 2013年09月
    発表情報; 第86回日本生化学大会
    著者; 林 良、中對一博、北島健貴、大原宣彦、杉矢正、兒玉浩明
  • 環状デカペプチドの合成とイオンチャネル活性; 2013年07月
    発表情報; 第50回化学関連支部合同九州大会
    著者; 小柳侑也、林 良、長田聰史、兒玉浩明
  • 膜貫通ドメインペプチドによるFPRプライミング活性の構造活性相関; 2013年07月
    発表情報; 第50回化学関連支部合同九州大会
    著者; 古賀裕也、林 良、長田聰史、藤田一郎、浜崎雄平、兒玉浩明
  • Psammaplin A アナログの合成研究; 2013年07月
    発表情報; 第50回化学関連支部合同九州大会
    著者; 松坂 慧、山下亜裕美、林 良、兒玉浩明、長田聰史
  • ケトホスホン酸型リン酸化セリンミミックの合成研究; 2013年07月
    発表情報; 第50回化学関連支部合同九州大会
    著者; 中山 圭、林 良、兒玉浩明、長田聰史
  • ヒトテネシン-C由来ペプチドの細胞接着活性及び細胞生存活性は2つのIle 残基に依存する; 2013年05月
    発表情報; 平成25年度日本生化学会九州支部例会
    著者; 林 良、三浦将吾、斎藤陽平、深井文雄、兒玉浩明
  • FPR1 高親和性アゴニストfMLP二価リガンドの生物活性評価; 2013年05月
    発表情報; 平成25年度日本生化学会九州支部例会
    著者; 古賀脩一朗、林 良、長田聰史、兒玉浩明
  • 環状ペンタペプチドによるイオンチャネル形成への尿素の影響; 2012年12月
    発表情報; 第85回日本生化学会大会(12月14−16日、福岡国際会議場・マリンメッセ福岡、福岡)
    著者; 菅 虎雄、長田聰史、兒玉浩明
  • 2,3-bis(tert-butyl(methyl)phosphino)quinoxalineを有する金(I)錯体の抗腫瘍活性; 2012年12月
    発表情報; 第85回日本生化学会大会(12月14−16日、福岡国際会議場・マリンメッセ福岡、福岡)
    著者; 林 良、中對一博、北島健貴、大原宣彦、杉山大輔、兒玉浩明
  • Ion channel formation by charged cyclic peptides; 2012年11月
    発表情報; 第49回ペプチド討論会(11月7-9日、かごしま県民交流センター、鹿児島)
    著者; 菅 虎雄、長田聰史、兒玉浩明
  • Structure-activity relationship of a transmembrane peptide derived from formyl peptide receptor 1; 2012年11月
    発表情報; 第49回ペプチド討論会(11月7-9日、かごしま県民交流センター、鹿児島)
    著者; 林 良、山口 遼、古賀裕也、藤田一郎、長田聰史、濱崎雄平、兒玉浩明
  • ホルミルペプチド受容体アンタゴニストBoc-FlFlF-OHの1位アミノ酸残基を置換したアナログの合成と生物活性; 2012年11月
    発表情報; 2012年日本化学会西日本大会(11月10-11日、佐賀大学、佐賀)
    著者; 北島健貴、藤本美樹、林 良、藤田一郎、浜崎雄平、長田聰史、兒玉浩明
  • 糖鎖保護型HDAC阻害剤の合成と生理活性評価; 2012年11月
    発表情報; 2012年日本化学会西日本大会(11月10-11日、佐賀大学、佐賀)
    著者; 坂本瞳、山下亜裕美、林 良、兒玉浩明、長田聰史
  • ペプチドのN末端アジド化/フイスゲン反応を経由したFPRアンタゴニストの探索; 2012年11月
    発表情報; 2012年日本化学会西日本大会(11月10-11日、佐賀大学、佐賀)
    著者; 城野竜彦、北島健貴、林 良、兒玉浩明、長田聰史
  • ラマン円偏光二色性分光によるジペプチドのコンフォメーション解析; 2012年11月
    発表情報; 2012年日本化学会西日本大会(11月10-11日、佐賀大学、佐賀)
    著者; 浦郷寛康、菅 虎雄、兒玉浩明、海野雅司
  • S’1側鎖にフッ素アミノ酸を導入したPDF阻害剤の合成; 2012年11月
    発表情報; 2012年日本化学会西日本大会(11月10-11日、佐賀大学、佐賀)
    著者; 北村裕美、沖谷麻里江、林 良、平 順一、東元祐一郎、兒玉浩明、長田聰史
  • 好中球走化性因子ホルミルペプチドfMLPの二量化におけるリンカー部位の影響; 2012年11月
    発表情報; 2012年日本化学会西日本大会(11月10-11日、佐賀大学、佐賀)
    著者; 古賀脩一朗、北島健貴、林 良、藤田一郎、浜崎雄平、長田聰史、兒玉浩明
  • ホルミルペプチド受容体FPR2の膜貫通部分由来ペプチドの合成とヒト好中球の活性酸素放出能に与える影響; 2012年11月
    発表情報; 2012年日本化学会西日本大会(11月10-11日、佐賀大学、佐賀)
    著者; 古賀裕也、林 良、藤田一郎、浜崎雄平、長田聰史、兒玉浩明
  • 環状ペプチドcyclo(D-Ala-Lys)nの合成とチャネル活性評価; 2012年11月
    発表情報; 2012年日本化学会西日本大会(11月10-11日、佐賀大学、佐賀)
    著者; 小柳侑也、菅 虎雄、阿南裕也、長田聰史、兒玉浩明
  • ペプチドデフォルミラーゼ阻害を標的としたfMLP誘導体; 2012年11月
    発表情報; 2012年日本化学会西日本大会(11月10-11日、佐賀大学、佐賀)
    著者; 髙田稔也、沖谷麻里江、林 良、平 順一、東元祐一郎、兒玉浩明、長田聰史
  • 海洋海綿由来環状ペプチドHymenamide類のヒト好中球の生理活性に与える影響と構造機能相関; 2012年11月
    発表情報; 2012年日本化学会西日本大会(11月10-11日、佐賀大学、佐賀)
    著者; 鶴 将、小内美佳、林 良、藤田一郎、浜崎雄平、長田聰史、兒玉浩明
  • ホルミルペプチド受容体アンタゴニストBoc-FlFlF-OHの1位Bpa残芳香環が阻害活性に与える影響; 2012年11月
    発表情報; 2012年日本化学会西日本大会(11月10-11日、佐賀大学、佐賀)
    著者; 藤本美樹、北島健貴、林 良、藤田一郎、浜崎雄平、長田聰史、兒玉浩明
  • AdoHcy加水分解酵素阻害を標的としたS-アデノシルホモシステインミミックの合成研究; 2012年11月
    発表情報; 2012年日本化学会西日本大会(11月10-11日、佐賀大学、佐賀)
    著者; 溝上大樹、小林千恵、林 良、兒玉浩明、長田聰史
  • Ion channel formation by cyclic homo-L-pentapeptide: cyclo(L-Gln)5; 2012年08月
    発表情報; 244th American Chemical Society National Meeting & Exposition(8月19-23日、Philadelphia, USA)
    著者; 菅 虎雄、長田聰史、兒玉浩明
  • 酵素固定化マイクロリアクターによる効率的アフィニティータグ切断法; 2012年07月
    発表情報; 第49回化学関連支部合同九州大会(6月30日、北九州国際会議場、福岡)
    著者; 浅海裕也、古賀裕也、山口 浩、渡口啓史、関 清彦、光富 勝、兒玉浩明、宮崎真佐也
  • フッ素化アミノ酸を用いたEcPDFのP1′認識部位における相互作用の推察; 2012年07月
    発表情報; 第49回化学関連支部合同九州大会(6月30日、北九州国際会議場、福岡)
    著者; 北村裕美、沖谷麻里江、林 良、平 順一、東元祐一郎、兒玉浩明、長田聰史
  • シスチンを架橋剤とした遊走ペプチドfMLP二量体の合成と生物活性; 2012年07月
    発表情報; 第49回化学関連支部合同九州大会(6月30日、北九州国際会議場、福岡)
    著者; 古賀脩一朗、北島健貴、林 良、長田聰史、兒玉浩明
  • ホルミルペプチド受容体膜貫通ドメインに由来する高疎水性ペプチドの合成; 2012年07月
    発表情報; 第49回化学関連支部合同九州大会(6月30日、北九州国際会議場、福岡)
    著者; 古賀裕也、山口 遼、林 良、長田聰史、藤田一郎、浜崎雄平、兒玉浩明
  • 環状ペプチドの構造とイオンチャネル活性; 2012年07月
    発表情報; 第49回化学関連支部合同九州大会(6月30日、北九州国際会議場、福岡)
    著者; 小柳侑也、阿南裕也、菅 虎雄、長田聰史、兒玉浩明
  • 疎水性チオール系HDAC阻害剤の水溶化保護と細胞増殖抑制効果; 2012年07月
    発表情報; 第49回化学関連支部合同九州大会(6月30日、北九州国際会議場、福岡)
    著者; 坂本瞳、林 良、山下亜裕美、兒玉浩明、長田聰史
  • ジアゾ転移試薬を用いたペプチドN-末端アジド化による生理作用物質の探索; 2012年07月
    発表情報; 第49回化学関連支部合同九州大会(6月30日、北九州国際会議場、福岡)
    著者; ^M城野竜彦、林 良、^M沖谷麻里江、兒玉浩明、長田聰史
  • 環状テトラペプチドと環状ペンタペプチドが形成するイオンチャネルに関する尿素分子の影響; 2012年07月
    発表情報; 第49回化学関連支部合同九州大会(6月30日、北九州国際会議場、福岡)
    著者; ^D菅 虎雄、長田聰史、兒玉浩明
  • 基質ペプチドを基盤とするEcPDFおよび HsPDF阻害剤の創成; 2012年07月
    発表情報; 第49回化学関連支部合同九州大会(6月30日、北九州国際会議場、福岡)
    著者; 髙田稔也、沖谷麻里江、長田聰史、平 順一、東元祐一郎、兒玉浩明
  • S-アデノシルホモシステインミミックの合成研究; 2012年07月
    発表情報; 第49回化学関連支部合同九州大会(6月30日、北九州国際会議場、福岡)
    著者; 溝上大樹、林 良、兒玉浩明、長田聰史
  • ヘベイン様キチン結合性ペプチド Ac-AMP の抗菌特性; 2012年07月
    発表情報; 第26回キチン・キトサンシンポジウム(7月12-13日、北海道大)
    著者; 関 清彦、百島亜紀、大山裕夏、菅 虎雄、上田敏久、兒玉浩明、光富 勝
  • Insight into the interactions at the P1’ site of EcPDF by the application of a fluorine scan; 2012年06月
    発表情報; 日本ケミカルバイオロジー学会 第7回年会(6月7-9日、京都大学、京都)
    著者; 北村裕美、沖谷麻里江、林 良、平 順一、東元祐一郎、兒玉浩明、長田聰史
  • N-Acylpolyamines as an alpha-helix mimetic disrupting p53-binding to E3 ubiquitin ligase HDM2 and its homolog HDMX; 2012年06月
    発表情報; 日本ケミカルバイオロジー学会 第7回年会(6月7-9日、京都大学、京都)
    著者; 林 良、D. Wang、原 利明、S. R. Durell、L. M. Miller Jenkins、長田聰史、兒玉浩明、D. H. Appella、E. Appella
  • 環状ペンタペプチドcyclo(L-Gln)5によるイオンチャネル形成; 2012年05月
    発表情報; 
    著者; 菅 虎雄、長田聰史、兒玉浩明
  • 脱リン酸化酵素 PPM1D の選択的環状ペプチド阻害剤の合成と評価; 2012年05月
    発表情報; 平成24年度日本生化学会九州支部例会(5月26-27日、福岡大学、福岡)
    著者; 林 良、田上 款、S. R. Durell、D. K. Chatterjee、L. M. Miller Jenkins、D. H. Appella、E. Appella
  • マイクロ化学デバイスを用いた効率的アフィニティータグ切断法の開発; 2012年05月
    発表情報; 平成24年度日本生化学会九州支部例会(5月26-27日、福岡大学、福岡)
    著者; 浅海裕也、古賀裕也、山口 浩、渡口啓史、関 清彦、光富 勝、兒玉浩明、宮崎真佐也
  • Lysベースの超分子ハイドロゲルによる細胞接着; 2012年03月
    発表情報; 日本化学会第92春季年会
    著者; 菅 虎雄・長田 聰史・兒玉 浩明
  • イオンチャネル形成における環状テトラペプチドの側鎖電荷の影響; 2012年03月
    発表情報; 日本化学会第92春季年会
    著者; 阿南 裕也・菅 虎雄・長田 聰史・兒玉 浩明
  • チオール系HDAC阻害剤の二重標的保護化; 2012年03月
    発表情報; 日本化学会第92春季年会
    著者; 山下 亜裕美,長田 聰史・兒玉 浩明・坂本 瞳
  • バクテリア由来ペプチド修飾型EcPDF阻害剤の合成と活性評価; 2012年03月
    発表情報; 日本化学会第92春季年会
    著者; 沖谷 麻里江・林 良・北村 裕美・城野 竜彦・平 順一・東元 祐一郎,長田 聰史・兒玉 浩明
  • FPRリガンドの作用様式におけるMet残基側鎖ミミック幾何異性体の構造的優先度; 2011年11月
    発表情報; 2011年日本化学会西日本大会
    著者; 高畠 亮,長田 聰史,兒玉 浩明
  • チオール系酵素阻害剤をS-S架橋させた代謝拮抗薬の細胞増殖抑制相乗効果; 2011年11月
    発表情報; 2011年日本化学会西日本大会
    著者; 山下 亜裕美,長田 聰史,兒玉 浩明
  • EcPDF阻害を目指したN末端修飾バクテリア由来ペプチド; 2011年11月
    発表情報; 2011年日本化学会西日本大会
    著者; 沖谷 麻里江,平 順一,東元 祐一郎,長田 聰史,兒玉 浩明
  • ジフルオロメチレン基導入試薬の改良合成ならびにフッ素化アミノ酸合成への適用; 2011年11月
    発表情報; 2011年日本化学会西日本大会
    著者; 木宮 隆行,川野 貴史,長田 聰史,兒玉 浩明
  • 環状ヘキサ及びオクタペプチドの合成とイオンチャネル活性 ; 2011年11月
    発表情報; 2011年日本化学会西日本大会
    著者; 小栁侑也, 阿南裕也,菅虎雄,長田聰史,兒玉浩明
  • ホルミルペプチド二量体の架橋構造の活性への影響; 2011年11月
    発表情報; 2011年日本化学会西日本大会
    著者; 古賀脩一朗,北島健貴,山口遼,長田聰史,藤田一郎,浜崎雄平,兒玉浩明
  • ホルミルペプチドアンタゴニストの構造活性相関; 2011年11月
    発表情報; 2011年日本化学会西日本大会
    著者; 北島健貴,山口遼,長田聰史,藤田一郎,浜崎雄平,兒玉浩明
  • ジフルオロメチレン基導入試薬の簡易合成とフッ素化アミノ酸合成への適用; 2011年07月
    発表情報; 第48回化学関連支部合同九州大会
    著者; 木宮 隆行,川野 貴史,長田 聰史,兒玉 浩明
  • S-S架橋したチオール系代謝拮抗薬二量体のHL-60細胞増殖抑制効果; 2011年07月
    発表情報; 第48回化学関連支部合同九州大会
    著者; 山下 亜裕美,長田 聰史,兒玉 浩明
  • ペプチドホルミラーゼ阻害を標的としたバクテリア由来ペプチドの合成; 2011年07月
    発表情報; 第48回化学関連支部合同九州大会
    著者; 沖谷 麻里江,平 順一,東元 祐一郎,長田 聰史,兒玉 浩明
  • fMLPメチオニン残基側鎖ミミックの幾何異性によるFPRに対する作用様式の変化; 2011年07月
    発表情報; 第48回化学関連支部合同九州大会
    著者; 高畠 亮,長田 聰史,兒玉 浩明
  • 環状テトラペプチドcyclo(D-Ala-Dap-D-Ala-Dap)によるイオンチャネル形成における分子間水素結合の重要性; 2011年07月
    発表情報; 第48回化学関連支部合同九州大会
    著者; 菅 虎雄,長田 聰史,兒玉 浩明
  • 環状テトラペプチドcyclo(D-Ala-Ala)2 のイオンチャネル活性とイオン選択性; 2011年07月
    発表情報; 第48回化学関連支部合同九州大会
    著者; 阿南 裕也,菅 虎雄, 長田 聰史,兒玉 浩明
  • 二量化アゴニストおよびアンタゴニストとホルミルペプチド受容体の相互作用; 2011年07月
    発表情報; 第48回化学関連支部合同九州大会
    著者; 山口 遼,杉山 大輔,長田 聰史,藤田 一郎,浜崎 雄平,兒玉 浩明
  • Bpa を含むFPR アンタゴニストの合成と生物活性; 2011年07月
    発表情報; 第48回化学関連支部合同九州大会
    著者; 北島 健貴,山口 遼,長田 聰史,藤田 一郎,浜崎 雄平,兒玉 浩明
  • FPR2 選択的アンタゴニストWKYMVM の二量化と好中球活性化の架橋鎖依存性; 2011年07月
    発表情報; 第48回化学関連支部合同九州大会
    著者; 内村 恵梨子,北島 健貴,山口 遼,長田 聰史,藤田 一郎,浜崎 雄平,兒玉 浩明
  • Significance of Intermolecular Hydrogen-Bonding to Form Ion Channel by the Cyclic Tetrapeptide cyclo(D-Ala-Dap)2; 2011年06月
    発表情報; 22nd American Peptide Symposium
    著者; T. Suga, S. Osada, H. Kodama
  • Synthesis and biological activity of fMLP analogs based on the 1st residue replacement by fluorine containing Met mimic; 2010年12月
    発表情報; The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (2010 PacifiChem), 16, 277-282
    著者; R. Takabatake, D. Sugiyama, S. Osada, Y. Hamasaki, I. Fujita, H. Kodama
  • Contribution of hydrophobic side-chain in cyclic tetrapeptide forming ion channel; 2010年12月
    発表情報; 5th International Peptide Symposium/47th Japanese Peptide Symposium
    著者; Torao Suga, Satoshi Osada, Hiroaki Kodama
  • R. Takabatake, Ryo Yamaguchi, Satoshi Osada, Hiroaki Kodama; 2010年12月
    発表情報; 5th International Peptide Symposium/47th Japanese Peptide Symposium
    著者; The elucidation of the conformational requirements for methionine side-chain interaction with FPR by using fluorinated fMLP analogs
  • Structural modification of 2-aminoisobutylic acid containing peptides toward an acquiring of antimicrobial activities against pathogenic bacteria; 2010年12月
    発表情報; 5th International Peptide Symposium/47th Japanese Peptide Symposium
    著者; J.Taira, Y. Kida, H. Yamaguchi, K. Kuwano, Y. Higashimoto, H. Kodama
  • 菅 虎雄、長田聰史、兒玉浩明; 2010年12月
    発表情報; BMB2010
    著者; Evaluation of Ion Channel Forming by High Hydrophobic Cyclic Tetrapeptides
  • Synthesis and biological activity of short chain peptaibol cervinin A; 2010年12月
    発表情報; The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (2010 PacifiChem)
    著者; Y. Kuriyama, T. Suga, S. Osada, H. Kodama
  • Synthesis and biological activities of Cathelicidin pepties LL37 in human neutrophiles; 2010年12月
    発表情報; The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (2010 PacifiChem)
    著者; H. Shinmachi, R. Yamaguchi, D. Sugiyama, S. Osada, I. Fujita, Y. Hamasaki, H. Kodama
  • Synthesis and biological activities of dimeric formyl peptide antagonists; 2010年12月
    発表情報; The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (2010 PacifiChem)
    著者; R. Yamaguchi, D. Sugiyama, S. Osada, I. Fujita, Y. Hamasaki, H. Kodama
  • Regulation of ion channel forming based on cyclic peptides; 2010年12月
    発表情報; The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (2010 PacifiChem)
    著者; T. Suga, S. Osada, H. Kodama
  • Synthesis and biological activity of fMLP analogs based on the 1st residue replacement by fluorine containing Met mimic; 2010年12月
    発表情報; The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (2010 PacifiChem)
    著者; R. Takabatake, D. Sugiyama, S. Osada, Y. Hamasaki, I. Fujita, H. Kodama
  • Hybrid inhibitors consisting of both thiol-based FTase and HDAC inhibitors; 2010年12月
    発表情報; The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (2010 PacifiChem)
    著者; S. Osada, S. Sano, K. Sakaguchi, H. Kodama
  • ヒトホルミルペプチド受容体上のペプチド結合部位の検索; 2010年11月
    発表情報; 2010年日本化学会西日本大会
    著者; 山口 遼、杉山大輔、宮崎真佐也、新町洋文、長田聰史、藤田一郎、浜崎雄平、兒玉浩明
  • 環状ペプチドのイオンチャネル形成と側鎖構造依存性; 2010年11月
    発表情報; 2010年日本化学会西日本大会
    著者; 阿南裕也、菅 虎雄、長田聰史、兒玉浩明
  • ヒト好中球受容体FPR2選択的ペプチドの二量体の合成と生物活性; 2010年11月
    発表情報; 2010年日本化学会西日本大会
    著者; 内村恵梨子、山口 遼、新町洋文、長田聰史、藤田一郎、浜崎雄平、兒玉浩明
  • イオンチャンネル形成ペプチドcervinin類の生理活性; 2010年07月
    発表情報; 第47回化学関連支部合同九州大会
    著者; 栗山友希・菅虎雄・長田聰史・兒玉浩明
  • ヒト白血病細胞HL-60のホルミルペプチド受容体サブタイプの検索; 2010年07月
    発表情報; 第47回化学関連支部合同九州大会
    著者; 山口遼・新町洋文・長田聡史・藤田一郎・浜崎雄平・兒玉浩明
  • ヒト好中球遊走活性ペプチドLL37の活性発現構造の検索; 2010年07月
    発表情報; 第47回化学関連支部合同九州大会
    著者; 新町洋文・山口遼・杉山大輔・長田聰史・藤田一郎・浜崎雄平・兒玉浩明
  • フッ素導入した好中球活性ペプチドfMLPのアナログ合成と生理活性; 2010年07月
    発表情報; 第47回化学関連支部合同九州大会
    著者; 高畠亮・杉山大輔・長田聰史・浜崎雄平・藤田一郎・兒玉浩明
  • ホルミルペプチド受容体サブタイプ選択的ペプチドの二量化と生物活性; 2010年07月
    発表情報; 第47回化学関連支部合同九州大会
    著者; 赤尾千穂・平河雄喜・山口遼・新町洋文・杉山大輔・長田聰史・藤田一郎・浜崎雄平・兒玉浩明
  • 脂質膜の電荷分布に依存しない環状テトラペプチドによるイオンチャネル形成; 2010年07月
    発表情報; 菅 虎雄、長田聰史、兒玉浩明
    著者; 菅 虎雄、長田聰史、兒玉浩明
  • α,β-不飽和エステル合成に用いるスルホキシド反応剤の改良; 2010年07月
    発表情報; 第47回化学関連支部合同九州大会
    著者; 木宮隆行・高畠亮・長田聡史・兒玉浩明
  • ヒトCathelicidinペプチドLL37アナログの合成と生物活性; 2010年07月
    発表情報; 2010年日本化学会西日本大会
    著者; 新町洋文、山口 遼、杉山大輔、長田聰史、藤田一郎、浜崎雄平、兒玉浩明
  • チャネル形成ペプチドCervininAの構造活性相関; 2010年07月
    発表情報; 2010年日本化学会西日本大会
    著者; 開 静香、栗山友希、菅 虎雄、長田聰史、兒玉浩明
  • ヒト好中球遊走ペプチドアンタゴニストの構造活性相関; 2010年07月
    発表情報; 2010年日本化学会西日本大会
    著者; 北島健貴、山口 遼、新町洋文、長田聰史、藤田一郎、浜崎雄平、兒玉浩明
  • 環状ペプチド性イオンチャネルのアミノ酸残基置換による電荷組み換え活性制御; 2010年05月
    発表情報; 平成22年度日本生化学会九州支部例会
    著者; 菅 虎雄、長田聰史、兒玉浩明
  • 含フッ素メチオニンミミックの合成とfMLPアナログの生理活性; 2010年05月
    発表情報; 日本ケミカルバイオロジー学会第5回年会
    著者; 高畠亮、杉山大輔、長田聰史、浜崎雄平、藤田一郎、兒玉浩明
  • 生体防御ペプチドLL-37関連ペプチドの合成と生物活性; 2009年11月
    発表情報; 日本化学会西日本大会2009, 愛媛大学城北キャンパス, 松山市, 平成21年11月7 - 8日
    著者; 新町洋文, 杉山大輔, 長田聰史, 藤田一郎, 浜崎雄平, 兒玉浩明
  • FPRアンタゴニストダイマーの生物活性における鎖長依存性; 2009年11月
    発表情報; 日本化学会西日本大会2009, 愛媛大学城北キャンパス, 松山市, 平成21年11月7 - 8日
    著者; 平河雄喜, 杉山大輔, 長田聰史, 藤田一郎, 浜崎雄平, 兒玉浩明
  • イオンチャンネルペプチドcervinin 類の構造活性相関; 2009年11月
    発表情報; 日本化学会西日本大会2009, 愛媛大学城北キャンパス, 松山市, 平成21年11月7 - 8日
    著者; 栗山友希・菅 虎雄・長田聰史・兒玉浩明
  • γ炭素とイオウ原子をフルオロアルケンユニットで置換したメチオニンアナログ; 2009年11月
    発表情報; 第46回ペプチド討論会, 北九州国際会議場、北九州市, 2009年11月4 - 6日
    著者; 長田聰史, 高畠 亮, 杉山大輔, 浜崎雄平, 藤田一郎, 兒玉浩明
  • 環状テトラペプチドが形成するイオンチャネル活性におけるアミノ酸配列依存性; 2009年11月
    発表情報; 第46回ペプチド討論会, 北九州国際会議場、北九州市, 2009年11月4 - 6日
    著者; 菅 虎雄、平 順一、長田聰史、兒玉浩明
  • 二量化遊走アンタゴニストの受容体サブタイプ選択性; 2009年11月
    発表情報; 第46回ペプチド討論会, 北九州国際会議場, 北九州市, 2009年11月4 - 6日
    著者; 杉山大輔, 平河雄喜, 新町洋文, 長田聰史, 藤田一郎, 浜崎雄平, 兒玉浩明
  • 環状テトラペプチドが形成するナノチューブバンドル型イオンチャネルの大型分子透過への応用; 2009年10月
    発表情報; 第82回日本生化学会大会、2009年10月21-24日、神戸ポートアイランド
    著者; 菅 虎雄, 長田聰史, 兒玉浩明
  • 環状ペプチド性イオンチャネルの小分子透過への応用; 2009年10月
    発表情報; 日本食品科学工学会西日本支部合同大会、2009年10月30-31日、琉球大学千原キャンパス
    著者; 菅虎雄、長田聰史、兒玉浩明
  • 高活性二量化アンタゴニストの受容体選択性; 2009年07月
    発表情報; 
    著者; 平河雄喜, 杉山大輔, 長田聰史, 藤田一郎, 浜崎雄平, 兒玉浩明
  • 二量化アンタゴニストの合成とその作用様式; 2009年07月
    発表情報; 第46回化学関連支部合同九州大会, 北九州国際会議場, 北九州市, 平成20年7月5日
    著者; 杉山大輔, 平河雄喜, 長田聰史, 藤田一郎, 浜崎雄平, 兒玉浩明
  • ナノチューブバンドル構造を形成する環状ペプチド性イオンチャネルの解析; 2009年07月
    発表情報; 第46回化学関連支部合同九州大会, 北九州国際会議場, 北九州市, 平成20年7月5日
    著者; 菅虎雄、平順一、長田聰史、兒玉浩明
  • 短鎖ペプタイボール類の合成とイオンチャンネル活性; 2009年07月
    発表情報; 第46回化学関連支部合同九州大会, 北九州国際会議場, 北九州市, 平成20年7月5日 第46回化学関連支部合同九州大会, 北九州国際会議場, 北九州市, 平成20年7月5日
    著者; 栗山友希、菅虎雄、伊東純子、長田聡史、兒玉浩明
  • 非ホルミルペプチド性活性因子の合成と好中球遊走活性; 2009年07月
    発表情報; 第46回化学関連支部合同九州大会, 北九州国際会議場, 北九州市, 平成20年7月5日
    著者; 新町洋文, 杉山大輔, 長田聰史, 藤田一郎, 浜崎雄平, 兒玉浩明
  • 海洋海綿Hymenamide類の好中球活性化に関する研究; 2009年05月
    発表情報; 日本ケミカルバイオロジー学会第4回年会, 神戸市産業振興センター, 神戸市, 平成21年5月18 - 19日
    著者; 杉山大輔, 小内美佳, 長田聰史, 藤田一郎, 浜崎雄平, 兒玉浩明
  • メチオニン修飾fMLPアナログの合成と生理活性; 2009年05月
    発表情報; 日本ケミカルバイオロジー学会第4回年会, 神戸市産業振興センター, 神戸市, 平成21年5月18 - 19日
    著者; 佐藤桃子, 新町洋文, 杉山大輔, 兒玉浩明, 藤田一郎, 浜崎雄平, 長田聰史
  • fMLPアンタゴニストの二量化とヒト好中球での生物活性; 2009年03月
    発表情報; 日本化学会第89春季年会, 日本大学理工学部船橋キャンパス, 船橋市, 平成21年3月27 - 30日
    著者; 杉山大輔, 平河雄喜, 長田聰史, 浜崎雄平, 藤田一郎, 兒玉浩明
  • ウレアーゼ由来ペプチドの合成とヒト好中球遊走活性; 2009年03月
    発表情報; 日本化学会第89春季年会, 日本大学理工学部船橋キャンパス, 船橋市, 平成21年3月27 - 30日
    著者; 新町洋文, 杉山大輔, 長田聰史, 藤田一郎, 浜崎雄平, 兒玉浩明
  • Boc-Phe-(D-Leu-Phe)2の二量化と生物活性; 2009年03月
    発表情報; 日本化学会第89春季年会, 日本大学理工学部船橋キャンパス, 船橋市, 平成21年3月27 - 30日
    著者; 平河雄喜, 杉山大輔, 長田聰史, 藤田一郎, 浜崎雄平, 兒玉浩明
  • ペプタイボール類の合成と生物活性; 2009年03月
    発表情報; 日本化学会第89春季年会, 日本大学理工学部船橋キャンパス, 船橋市, 平成21年3月27 - 30日
    著者; 栗山友希、菅 虎雄、伊東純子、長田聰史、兒玉浩明
  • 二量化ホルミルペプチドアンタゴニストの合成と生物活性; 2008年05月
    発表情報; 日本ケミカルバイオロジー研究会第3回年会
    著者; 杉山大輔,柴田大介,長田聰史,藤田一郎,浜崎雄平,兒玉浩明
  • 非加水分解性アミドミミックを組み込んだHDAC阻害剤; 2008年03月
    発表情報; 日本化学会第88春季年会 (立教大学)
    著者; 佐野 聡, 長田聰史, 兒玉浩明, 上山真理子, 中馬吉郎, 坂口和靖
  • 短鎖ペプタイボールcervininアナローグの合成と脂質膜との相互作用; 2008年03月
    発表情報; 日本化学会第88春季年会 (立教大学)
    著者; 伊東純子, 平 順一, 長田聰史, 加藤富民雄, 兒玉浩明
  • GPCR型受容体の膜貫通ペプチドの合成と好中球活性化; 2008年03月
    発表情報; 日本化学会第88春季年会 (立教大学)
    著者; 杉山大輔, 柴田大介, 長田聰史, 藤田一郎, 浜崎雄平, 兒玉浩明
  • 二量化FPRアンタゴニストの合成とヒト好中球への作用; 2008年03月
    発表情報; 日本化学会第88春季年会 (立教大学)
    著者; 柴田大介, 杉山大輔, 長田聰史, 藤田一郎, 浜崎雄平, 兒玉浩明
  • 多量体トロポエラスチンモデルペプチドと生体二価イオンとの相互作用; 2008年03月
    発表情報; 日本化学会第88春季年会
    著者; 鶴田知子, 長田聰史, 前田衣織, 岡元孝二, 兒玉浩明
  • 海洋性環状ペプチドの生理活性の探索; 2008年02月
    発表情報; 第10回連携大学院産学官交流セミナー 産業技術総合研究所九州センター(佐賀)
    著者; 兒玉浩明, 小内美佳, 杉山大輔, 柴田大介, 長田聰史, 大庭英樹
  • 細胞内還元力を利用するハイブリッド阻害剤の合成; 2008年02月
    発表情報; 第10回連携大学院産学官交流セミナー 産業技術総合研究所九州センター(佐賀)
    著者; 佐野 聡, 杉山大輔, 長田聰史, 大庭英樹, 兒玉浩明
  • Synthesis and biological activity of transmembrane peptides derived from membrane proteins; 2008年01月
    発表情報; The 1st Saga University and Daegu University Joint Seminar
    著者; D. Sugiyama, D. Shibata, S. Osada, I. Fujita, Y. Hamasaki, H. Kodama
  • Synthesis and biological activities of natural cyclic peptides; 2008年01月
    発表情報; The 1st Saga University and Daegu University Joint Seminar
    著者; M. Onai, D. Sugiyama, D. Shibata, S. Osada, I. Fujita, Y. Hamasaki, H. Kodama
  • Synthesis of HDAC-FTase hybrid inhibitors and their HL60 cell growth-inhibitory activity; 2008年01月
    発表情報; The 1st Saga University and Daegu University Joint Seminar
    著者; S. Sano, D. Sugiyama, S. Osada, H. Kodama
  • 両親媒性ヘリックスダイマーの脂質膜への集積とイオン透過ポア形成; 2007年12月
    発表情報; 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会・合同大会
    著者; 平 順一, 長田聰史, M. Jelokhani-Niaraki, 頴原嗣尚, 兒玉浩明
  • Effects of subtype selective agonists for primed neutrophils by FPR transmembrane peptides; 2007年12月
    発表情報; 第4回武田科学振興財団薬科学シンポジウム (シェラトン都ホテル東京)
    著者; 杉山大輔, 林 良, 長田聰史, 浜崎雄平, 藤田一郎, 兒玉浩明
  • 会合様式の異なる両親媒性ヘリックスペプチドの抗菌活性と作用機構; 2007年11月
    発表情報; 2007年日本化学会西日本大会 (岡山大学)
    著者; 平 順一, 長田聰史, M. Jelokhani-Niaraki, 加藤富民雄, 兒玉浩明
  • 疎水性相互作用を期待した環状ペプチドのイオンチャンネル活性; 2007年11月
    発表情報; 2007年日本化学会西日本大会
    著者; 今村聡子, 平 順一, 長田聰史, 兒玉浩明
  • on-line dimer型イオンチャンネル形成ペプチドcervininの合成と生理活性; 2007年11月
    発表情報; 2007年日本化学会西日本大会
    著者; 伊東純子, 平 順一, 長田聰史, 加藤富民雄, 兒玉浩明
  • カチオン性異常アミノ酸を導入した環状テトラペプチドの合成と性質; 2007年11月
    発表情報; 2007年日本化学会西日本大会
    著者; 菅 虎雄, 今村聡子, 平 順一, 長田聰史, 兒玉浩明
  • 化学架橋したトロポエラスチンモデルペプチドの合成と性質; 2007年11月
    発表情報; 2007年日本化学会西日本大会
    著者; 鶴田知子, 長田聰史, 前田衣織, 岡元孝二, 兒玉浩明
  • チオール基修飾によるHDAC-FTaseハイブリッド阻害剤の合成研究; 2007年11月
    発表情報; 2007年日本化学会西日本大会
    著者; 佐野 聡, 長田聰史, 兒玉浩明
  • 新規エラスターゼ阻害剤としての天然環状ペプチドの構造と好中球との相互作用; 2007年11月
    発表情報; 2007年日本化学会西日本大会
    著者; 小内美佳, 志岐康弘, 杉山大輔, 長田聰史, 藤田一郎, 兒玉浩明
  • ホルミルペプチド受容体選択的アンタゴニストの二量化と生物活性; 2007年11月
    発表情報; 2007年日本化学会西日本大会
    著者; 柴田大介, 杉山大輔, 長田聰史, 藤田一郎, 浜崎雄平, 兒玉浩明
  • ホルミルペプチド受容体選択的リガンドを用いた好中球プライミングの検討; 2007年11月
    発表情報; 2007年日本化学会西日本大会
    著者; 杉山大輔, 長田聰史, 藤田一郎, 浜崎雄平, 兒玉浩明
  • サブタイプ選択的fMLPアンタゴニストの合成と好中球への影響; 2007年11月
    発表情報; 2007年日本化学会西日本大会
    著者; 平河雄喜, 柴田大介, 杉山大輔, 長田聰史, 藤田一郎, 浜崎雄平, 兒玉浩明
  • fMLPアンタゴニストBocMLFにおけるN端保護基の生理活性への影響; 2007年11月
    発表情報; 2007年日本化学会西日本大会
    著者; 佐藤桃子, 柴田大介, 杉山大輔, 長田聰史, 藤田一郎, 浜崎雄平, 兒玉浩明
  • Cervininペプチドの合成とイオン透過機構; 2007年11月
    発表情報; 第44回ペプチド討論会
    著者; 伊東純子, 平 順一, 長田聰史, 加藤富民雄, 兒玉浩明
  • ヘリックス二量体ペプチド中への静電相互作用の導入によるイオンチャンネル形成の促進; 2007年11月
    発表情報; 第44回ペプチド討論会
    著者; 平 順一, 長田聰史, M. Jelokhani-Niaraki, 頴原嗣尚, 兒玉浩明
  • 合成ペプチドMMK-1アナログの合成と生物活性; 2007年11月
    発表情報; 第44回ペプチド討論会
    著者; 杉山大輔, 長田聰史, 藤田一郎, 浜崎雄平, 兒玉浩明
  • 両親媒性二量化ペプチドの膜摂動活性の系統的解析; 2007年07月
    発表情報; 第44回化学関連支部合同九州大会
    著者; 平 順一, 長田聰史, M. Jelokhani-Niaraki, 加藤富民雄, 兒玉浩明
  • 短鎖ペプタイボール類の合成と脂質膜との相互作用; 2007年07月
    発表情報; 第44回化学関連支部合同九州大会
    著者; 伊東純子, 平 順一, 長田聰史, 加藤富民雄, 兒玉浩明
  • イオンチャンネル形成を目的とした環状テトラおよびオクタペプチドの合成; 2007年07月
    発表情報; 第44回化学関連支部合同九州大会
    著者; 今村聡子, 平 順一, 長田聰史, 兒玉浩明
  • FPR膜貫通ペプチドのHL-60への作用; 2007年07月
    発表情報; 第44回化学関連支部合同九州大会
    著者; 杉山大輔, 長田聰史, 藤田一郎, 浜崎雄平, 兒玉浩明
  • 脱感作を利用したホルミルペプチドアンタゴニストのサブタイプ選択性の評価; 2007年07月
    発表情報; 第44回化学関連支部合同九州大会
    著者; 柴田大介, 杉山大輔, 林 良, 長田聰史, 藤田一郎, 浜崎雄平, 兒玉浩明
  • 海綿由来環状ペプチドHymenamide類の合成と生物活性; 2007年07月
    発表情報; 第44回化学関連支部合同九州大会
    著者; 小内美佳, 志岐康弘, 杉山大輔, 長田聰史, 藤田一郎, 浜崎雄平, 兒玉浩明
  • 架橋領域を持つトロポエラスチンモデルペプチドの合成と疎水場形成評価; 2007年07月
    発表情報; 第44回化学関連支部合同九州大会
    著者; 鶴田知子, 長田聰史, 兒玉浩明, 前田衣織, 岡元孝二
  • チオール基修飾による新規FTase阻害剤の合成研究; 2007年07月
    発表情報; 第44回化学関連支部合同九州大会
    著者; 佐野 聡, 大仁田淳, 池上実佐, 長田聰史, 兒玉浩明
  • Conformational effects of cyclic hexapeptides for ion channel properties; 2007年06月
    発表情報; 20th American Peptide Society Symposium
    著者; J. Taira, S. Imamura, S. Osada, M. Jelokhani-Niaraki, T. Ehara, H. Kodama
  • Ion channel formation of dimeric peptide enhanced by electrostatic interaction; 2007年06月
    発表情報; 20th American Peptide Society Symposium
    著者; J. Taira, S. Osada, M. Jelokhani-Niaraki, T. Ehara, H. Kodama
  • Synthesis and biological activity of transmembrane peptides derived from FPR family receptors; 2007年06月
    発表情報; 20th American Peptide Society Symposium
    著者; D. Sugiyama, R. Hayashi, S. Osada, Y. Hamasaki, I. Fujita, H. Kodama
  • Synthesis and biological activity of cyclic peptide, hymenamide analogs; 2007年06月
    発表情報; 20th American Peptide Society Symposium
    著者; Y. Shiki, M. Onai, D. Sugiyama, S. Osada, I. Fujita, H. Kodama
  • ヘリックス二量体ペプチドの会合状態変化による膜摂動活性への影響; 2007年05月
    発表情報; 平成19年度日本生化学会九州支部例会
    著者; 平順一, 長田聰史, 加藤富民雄, 兒玉浩明
  • 高度活性化物質探索を目的としたプライミング好中球の調製; 2007年05月
    発表情報; 平成19年度有明海総合研究プロジェクト成果報告会
    著者; 杉山大輔, 林 良, 柴田大介, 長田聰史, 藤田一郎, 浜崎雄平, 兒玉浩明
  • ホルミルペプチド受容体由来の膜貫通部位ペプチドによる好中球作用の調節; 2007年05月
    発表情報; 日本ケミカルバイオロジー研究会第2回年会
    著者; 杉山大輔, 林 良, 長田聰史, 藤田一郎, 浜崎雄平, 兒玉浩明
  • プロリンを含む短鎖ペプタイボールの類の合成とイオンチャンネル活性; 2007年03月
    発表情報; 日本化学会第87春季年会
    著者; 伊東純子、平順一、長田聰史、加藤富民雄、兒玉浩明
  • 受容体膜貫通ペプチドの合成と好中球活性化; 2007年03月
    発表情報; 日本化学会第87春季年会
    著者; 杉山大輔、柴田大介、藤田一郎、浜崎雄平、長田聰史、兒玉浩明
  • イオンチャンネル構造体の構築制御を目指したヘリックスペプチド二量体の合成と生物活性; 2007年03月
    発表情報; 日本化学会第87春季年会
    著者; 平順一、長田聰史、Jelokhani-Niaraki Masoud、頴原嗣尚、兒玉浩明
  • グリコシルアミノ酸ミミックの合成; 2007年01月
    発表情報; 第9回連携大学院産学官交流セミナー
    著者; 佐野聡、長田聰史、大庭英樹、兒玉浩明
  • 種々のβターン構造を有する環状ペプチドのイオンチャンネル活性; 2006年11月
    発表情報; 2006年日本化学会西日本大会
    著者; 平 順一、長田聰史、頴原嗣尚、兒玉浩明
  • 短鎖ペプタイボールcervinin類の合成と酸処理の安定性; 2006年11月
    発表情報; 2006年日本化学会西日本大会
    著者; 伊東純子、平順一、長田聰史、加藤富民雄、兒玉浩明
  • 疎水性アミノ酸を含む環状ペプチドの好中球への作用; 2006年11月
    発表情報; 2006年日本化学会西日本大会
    著者; 志岐康弘、平順一、長田聰史、兒玉浩明
  • 架橋トロポエラスチン前駆体の合成と生体イオンとの相互作用; 2006年11月
    発表情報; 2006年日本化学会西日本大会
    著者; 鶴田知子、志岐康弘、長田聰史、前田衣織、岡元孝二、兒玉浩明
  • 遊走ペプチドfMLPのC末端修飾と生物活性; 2006年11月
    発表情報; 2006年日本化学会西日本大会
    著者; 柴田大介、杉山大輔、林良、長田聰史、藤田一郎、兒玉浩明
  • 光架橋剤を導入したホルミルペプチド受容体由来ペプチドの合成と性質; 2006年11月
    発表情報; 2006年日本化学会西日本大会
    著者; 杉山大輔、林良、長田聰史、藤田一郎、兒玉浩明
  • フルオロアルケン構造を利用したHDAC阻害剤の合成研究; 2006年11月
    発表情報; 2006年日本化学会西日本大会
    著者; 佐野聡、長田聰史、兒玉浩明
  • Comparison study of ion chanel activities of homo-dimerized and hetero-dimerized amphiphilic helical model peptides; 2006年11月
    発表情報; International Conference of 43rd Japanese Peptide Symposium and 4th Peptide Engineering Meeting
    著者; J. Taira, S. Osada, M. Jelokhani-Niaraki, T. Ehara and H. Kodama
  • Synthesis of FPR-derived transmembrane peptides containing photoaffinity amino acid; 2006年11月
    発表情報; International Conference of 43rd Japanese Peptide Symposium and 4th Peptide Engineering Meeting
    著者; D. Sugiyama, R. Hayashi, S. Osada, I. Fujita, Y. Hamasaki and H. Kodama
  • Synthesis and biological activity of non-formyl chemotactic peptide analogs as a tool for neutrophil formyl peptide receptor interaction; 2006年11月
    発表情報; International Conference of 43rd Japanese Peptide Symposium and 4th Peptide Engineering Meeting
    著者; M. Yoshiki, R. Hayashi, D. Sugiyama, I. Fujita, Y. Hamasaki and H. Kodama
  • 異常アミノ酸含有ヘリックスペプチドの擬似的二量化とイオンチャンネル活性; 2006年08月
    発表情報; 第18回若手研究者のためのセミナー
    著者; 平 順一、長田聰史、頴原嗣尚、兒玉浩明
  • Synthesis and Structural Properties of Cross-linked Amphiphilic Helix Peptides Containing Unusual Amino Acid; 2006年08月
    発表情報; 20th Symposium of The Protein Society
    著者; H. Kodama, J. Taira, S. Osada, T. Ehara
  • 脱感作法を用いたホルミルペプチド受容体サブタイプの識別; 2006年07月
    発表情報; 第43回化学関連支部合同九州大会
    著者; 杉山大輔、林良、吉木政弘、長田聰史、兒玉浩明、藤田一郎、浜崎 雄平
  • 好中球エラスターゼ放出の評価と阻害剤の研究; 2006年07月
    発表情報; 第43回化学関連支部合同九州大会
    著者; 志岐康弘、平順一、長田聰史、兒玉浩明
  • Aib-Pro配列を含むペプチドの固相合成法の検討; 2006年07月
    発表情報; 第43回化学関連支部合同九州大会
    著者; 伊東純子、志岐康弘、長田聰史、兒玉浩明
  • 遊走ペプチドfMLPのC末端修飾におけるスペーサーの効果; 2006年07月
    発表情報; 第43回化学関連支部合同九州大会
    著者; 柴田大介、杉山大輔、林 良、長田聰史、兒玉浩明、藤田一郎、浜崎雄平
  • トロポエラスチンの架橋配列を持つモデルペプチドの合成と性質; 2006年07月
    発表情報; 第43回化学関連支部合同九州大会
    著者; 鶴田知子、志岐康弘、長田聰史、兒玉浩明、前田衣織、岡元孝二
  • 非加水分解性フルオロアルケンを利用したHDAC阻害剤の合成研究; 2006年07月
    発表情報; 第43回化学関連支部合同九州大会
    著者; 佐野聡、長田聰史、兒玉浩明
  • ファルネシルトランスフェラーゼ阻害を目指した含硫アミノ酸ミミックの合成; 2006年07月
    発表情報; 第43回化学関連支部合同九州大会
    著者; 長田聰史,池上実佐,兒玉浩明
  • イオンチャンネルペプチドデザインを目的とした機能性コア配列の検討; 2006年07月
    発表情報; 第43回化学関連支部合同九州大会
    著者; 平順一、長田聰史、頴原嗣尚、兒玉浩明
  • Effect of synthetic peptides derived from formyl peptide receptor on superoxide anion productionin human neutrophils; 2006年06月
    発表情報; 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, and 11th FAOBMB Congress
    著者; R. Hayashi, D. Sugiyama, M. Yoshiki, S. Osada, I. Fujita, Y. Hamasaki, and H. Kodama
  • 非天然アミノ酸含有人工イオンチャンネルペプチドへの機能性ドメインの組み込みとその効果; 2006年05月
    発表情報; 2006年度日本生化学会九州支部例会
    著者; 平順一、渋江光邦、長田聰史、頴原嗣尚、兒玉浩明
  • ホルミルペプチド受容体由来ペプチドによる好中球のプライミン; 2006年05月
    発表情報; 2006年度日本生化学会九州支部例会
    著者; 林良、杉山大輔、長田聰史、藤田一郎、浜崎雄平、兒玉浩明
  • 受容体機能を調節するホルミルペプチド受容体由来膜貫通ペプチドの合成; 2006年03月
    発表情報; 日本化学会第86春季年会
    著者; 林良、杉山大輔、長田聰史、藤田一郎、浜崎雄平、兒玉浩明
  • 抗腫瘍性環状ペプチドyunnaninsの合成と性質; 2006年03月
    発表情報; 日本化学会第86春季年会
    著者; 中村綾、志岐康弘、長田聰史、兒玉浩明
  • 非加水分解性フルオロアルケンを有するグルコシルアスパラギンミミックの合成研究; 2006年03月
    発表情報; 日本化学会第86春季年会
    著者; 長田聰史、兒玉浩明
  • 蛍光ラベルペプチドを用いたレセプターの光架橋; 2006年01月
    発表情報; 第8回連携大学院産学官交流セミナー
    著者; 林良、杉山大輔、柴田大介、長田聰史、大庭英樹、安田誠二、兒玉浩明
  • CF2 substitution on sulfur atom in methionine residue: Distinct fMLP agonistic/antagonistic behavior by N-formyl/N-t-buthyloxycarbonyl switching; 2005年12月
    発表情報; Pacifichem 2005
    著者; S. Osada, D. Sugiyama, H. Kawasaki, Y. Hamasaki, I. Fujita, and H. Kodama
  • Fluoroolefin mimicking at acetyllysine side-chain amide: preparation of Boc- and Fmoc-protected 2-amino-8-fluoro-7-nonenic acid; 2005年12月
    発表情報; Pacifichem 2005
    著者; S. Osada, A. Soichi, K. Sakaguchi. C. W. Anderson, and H. Kodama
  • Structures and Ion-Channel Activities of Cyclic Peptide Channel Nanotube; 2005年12月
    発表情報; Pacifichem 2005
    著者; J. Taira, R. Hayashi, S. Osada, T. Ehara, and H. Kodama
  • Synthesis and Elastase-Release Inhibition of Hymenamide B Analogs for Human Neutrophiles; 2005年12月
    発表情報; Pacifichem 2005
    著者; Y. Shiki, J. Taira, A. Nakamura, S. Osada, and H. Kodama
  • Synthesis and Antagonistic Activities of fMLP Analogs Containing Conformationaly Restricted Amino Acid Derivatives; 2005年12月
    発表情報; Pacifichem 2005
    著者; D. Sugiyama, R. Hayashi, M. Yoshiki, S. Osada, I. Fujita, Y. Hamasaki, and H. Kodama
  • Synthesis and Biological Properties of Transmembrane Peptides Derived from G Protein-Coupled Receptor; 2005年11月
    発表情報; The 17th Japan-Korea Joint seminar for young Organic Chemists
    著者; R. Hayashi, D. Sugiyama, M. Yoshiki, S. Osada, I. Fujita, Y. Hamasaki, and H. Kodama
  • Effect of Anti-Parallel Dimerization for Ion Channel Properties of Helical Model Peptides; 2005年11月
    発表情報; The 17th Japan-Korea Joint seminar for young Organic Chemists
    著者; J. Taira, S. Osada, M. Jelokhani-Niaraki, and H. Kodama
  • Synthesis of Cyclic Peptides Derived from Marine Sponges; 2005年11月
    発表情報; The 17th Japan-Korea Joint seminar for young Organic Chemists
    著者; Y. Shiki, J. Taira, A. Nakamura, S. Osada, and H. Kodama
  • Structure-Activity Relationships of Human Formyl Peptide Receptor Antagonist Containing Cycropropane Derivatives; 2005年11月
    発表情報; The 17th Japan-Korea Joint seminar for young Organic Chemists
    著者; D. Sugiyama, R. Hayashi, H. Kawasaki, H. Kodama, S. Osada, M. Zaitsu, and I. Fujita
  • Synthesis of Transmembrane Peptides Derived from Human Formyl Peptide Receptor and Influence on Biological Activities of Human Neutrophils; 2005年10月
    発表情報; 第42回ペプチド討論会
    著者; R. Hayashi, D. Sugiyama, M. Yoshiki, S. Osada, I. Fujita, Y. Hamasaki, and H. Kodama
  • Effect of Ring Size Alteration for Ion Channel Activities of Cyclic Peptides; 2005年10月
    発表情報; 第42回ペプチド討論会
    著者; J. Taira, S. Osada, M. Jelokhani-Niaraki, T. Ehara, and H. Kodama
  • Signal Transduction of Chemotactic Non-Formyl Peptide and Selective for Formyl Peptide Receptor; 2005年10月
    発表情報; 第42回ペプチド討論会
    著者; M. Yoshiki, R. Hayashi, D. Sugiyama, S. Osada, I. Fujita, Y. Hamasaki, and H. Kodama
  • 環状ペプチドのイオンチャンネル形成における構成アミノ酸残基数の影響; 2005年10月
    発表情報; 2005年日本化学会西日本大会
    著者; 平順一,長田聰史,頴原嗣尚,兒玉浩明
  • 環状ペプチドHymenamide類の合成と酵素放出阻害作用; 2005年10月
    発表情報; 2005年日本化学会西日本大会
    著者; 志岐康弘,平順一,中村綾,長田聰史,兒玉浩明
  • FPR選択的ペプチドの合成と好中球の活性化; 2005年10月
    発表情報; 2005年日本化学会西日本大会
    著者; 杉山大輔,林良,長田聰史,兒玉浩明,藤田一郎,浜崎雄平
  • アセチルリジン側鎖ミミック構造の効率的合成; 2005年10月
    発表情報; 2005年日本化学会西日本大会
    著者; 祖一亜希,長田聰史,児玉浩明
  • Investigation of Essential Amino Acids of Cell Adhesion Peptide Derived from Tenascin C; 2005年10月
    発表情報; 第78回日本生化学会大会
    著者; R. Hayashi, S. Miura, Y. Saitio, F. Fukai, and H. Kodama
  • Ion Channel Activities Effected by Alteration about Hydrophobicities and Ring Size of Cyclic Peptides; 2005年10月
    発表情報; 第78回日本生化学会大会
    著者; J. Taira, S. Osada, M. Jelokhani-Niaraki, T. Ehara, and H. Kodama
  • Enhancement of Chemotaxis for Human Neutrophils by Pretreatment with Porphyran; 2005年10月
    発表情報; 第78回日本生化学会大会
    著者; M. Yoshiki, K. Tsuge, T. Yoshimura, K. Koganemaru, I. Fujita, Y. Hamasaki, and H. Kodama
  • シクロプロパンアミノ酸を含むfMLPアンタゴニストの合成と性質; 2005年07月
    発表情報; 第42回化学関連支部合同九州大会
    著者; 杉山大輔,川崎 寛,林 良,長田聰史,兒玉浩明,財津正文,藤田一郎
  • 高等植物由来環状ペプチドyunnanin類の合成と性質; 2005年07月
    発表情報; 第42回化学関連支部合同九州大会
    著者; 中村綾,長田聰史,兒玉浩明
  • アセチルリジン側鎖フルオロオレフィンミミック構造の効率的構築; 2005年07月
    発表情報; 第42回化学関連支部合同九州大会
    著者; 祖一亜希,長田聰史,兒玉浩明
  • N-グリコシルアスパラギン酸ミミックの合成研究; 2005年07月
    発表情報; 第42回化学関連支部合同九州大会
    著者; 長田聰史,兒玉浩明
  • 異常アミノ酸含有ヘリックスペプチドの二量化とイオンチャンネル活性; 2005年07月
    発表情報; 第42回化学関連支部合同九州大会
    著者; 平順一,頴原嗣尚,長田聰史,兒玉浩明
  • Aib-Pro配列に富む短鎖ペプタイボールcervininの合成と性質; 2005年07月
    発表情報; 第42回化学関連支部合同九州大会
    著者; 古賀啓太,平順一,林良,長田聰史,兒玉浩明
  • 抗腫瘍作用を持つ環状ペプチドHymenamide Bアナログの固相合成と性質; 2005年07月
    発表情報; 第42回化学関連支部合同九州大会
    著者; 志岐康弘,平 順一,中村 綾,長田聰史,兒玉浩明
  • ホルミルペプチド受容体由来ペプチドの合成と生物活性; 2005年07月
    発表情報; 第42回化学関連支部合同九州大会
    著者; 林良,杉山大輔,吉木政弘,長田聰史,藤田一郎,浜崎雄平,兒玉浩明
  • Ion Channel Activities and Mechanisms of Ion Conduction about Cyclic Hexapeptides; 2005年06月
    発表情報; 19th American peptide symposium
    著者; J. Taira, R. Hayashi, S. Osada, T. Ehara, and H. Kodama
  • Synthesis and Biological Activities of Proline Rich Cyclic Heptapeptide Hymemanide B Analogs; 2005年06月
    発表情報; 19th American peptide symposium
    著者; Y. Shiki, J. Taira, A. Nakamura, S. Osada, and H. Kodama
  • Synthesis and Biological Activities of fMLP Analogs Containing 2,3-Cyclopropane Amino Acid Derivatives; 2005年06月
    発表情報; 19th American peptide symposium
    著者; D. Sugiyama, R. Hayashi, H. Kawasaki, H. Kodama, S. Osada, M. Zaitsu, and I. Fujita
  • アミノ酸組成より見た有明海生物環境の考察; 2005年05月
    発表情報; 佐賀大学有明海総合研究プロジェクト成果報告集, 1, 131-135
    著者; 兒玉浩明, 林 良, 中村 綾, 西本 潤, 長田聰史
  • テネシン由来ペプチドのアミノ酸置換体アナログ合成による活性発現構造の検索; 2005年05月
    発表情報; 平成17年度日本生化学会九州支部例会
    著者; 林 良, 三浦将吾, 斉藤陽平, 深井文雄, 兒玉浩明
  • 環状ヘキサペプチドのイオン透過特性と構造活性相関; 2005年05月
    発表情報; 平成17年度日本生化学会九州支部例会
    著者; 平順一,林良,長田聰史,兒玉浩明,頴原嗣尚
  • Difluoromethylene group can act as a sulfur mimetic in methionine-containing chemotactic peptide; 2005年04月
    発表情報; 2nd Workshop on New Trends in Supramolecular Chemsitry
    著者; S. Osada, H. Kawasaki, T. Ishimaru, M. Yoshiki, Y. Hamasaki, I. Fujita, and H Kodama
  • Synthesis and Cell Adhesion Activities of TN III Peptide Analogs Derived from Tenascin C for Photoaffinity Cross-Linking; 2005年04月
    発表情報; 2nd Workshop on New Trends in Supramolecular Chemsitry
    著者; R. Hayashi, S. Miura, Y. Saito, F. Fukai, and H. Kodama
  • Structure-Activity Relationships of Channel Forming Cyclopeptides; 2005年04月
    発表情報; 2nd Workshop on New Trends in Supramolecular Chemsitry
    著者; J. Taira, R. Hayashi, S. Osada, T. Ehara, and H. Kodama
  • Synthesis of peptoids/peptide-peptoid hybrids containing a phosphonic acid moiety in the side-chain; 2005年03月
    発表情報; The 229th ACS National Meeting
    著者; T. Hara, .R. Hayashi, H. Yamaguchi, E. Appella, H. Kodama, D. H. Appella
  • 環状ヘキサペプチドのイオンチャンネル活性とイオン透過機構; 2005年03月
    発表情報; 日本化学会第85春季年会
    著者; 平順一,林良,長田聰史,兒玉浩明
  • ピロリ菌が産出するウレアーゼをモデルとしたペプチドの合成と生理活性; 2005年03月
    発表情報; 日本化学会第85春季年会
    著者; 吉木政弘,杉山大輔,柘植圭介,吉村臣史,小金丸和義,藤田一郎,長田聰史,兒玉浩明
  • シクロプロパンアミノ酸を含むfMLPのプライミング活性; 2005年03月
    発表情報; 日本化学会第85春季年会
    著者; 兒玉浩明,杉山大輔,吉木政弘,長田聰史,在津正文,藤田一郎
  • アミノ酸組成より見た有明海生物環境の考察; 2005年03月
    発表情報; 平成16年度佐賀大学有明海総合研究プロジェクト成果公開シンポシウム
    著者; 兒玉浩明,林良,西本潤,長田聰史
  • 抗腫瘍作用を有する海洋性環状ペプチドの検索; 2005年01月
    発表情報; 佐賀大学・産業技術総合研究所九州センター連携大学院10周年記念講演会
    著者; 兒玉浩明, 志岐康弘, 平 順一, 安田誠二, 大庭英樹
  • 天然環状ペプチドの固相合成と構造機能相関研究; 2005年01月
    発表情報; 佐賀大学・産業技術総合研究所九州センター連携大学院10周年記念講演会
    著者; 中村綾,長田聰史,大庭英樹,兒玉浩明,安田誠二
  • Solid Phase Synthesis of Cyclic Peptides Containing Tyr Residue; 2004年11月
    発表情報; 16th Japan-Korea Joint Seminar for Young Organic Chemists
    著者; Aya Nakamura, Satoshi Tatebe, Junichi Taira, Satoshi Osada, Hideki Ooba, Seiji Yasuda, Hiroaki Kodama
  • Ion-channel properties of cyclic peptides; 2004年11月
    発表情報; 16th Japan-Korea Joint Seminar for Young Organic Chemists
    著者; Junichi Taira, Ryo Hayashi, Masahiro Yoshiki, Satoshi Osada, Hiroaki Kodama
  • Synthesis of Dimeric Tropoelastin Analogs, H-(Val-Pro-Gly-Val-Gly)n-Gly-Gly-Cys-NH2; 2004年11月
    発表情報; 16th Japan-Korea Joint Seminar for Young Organic Chemists
    著者; Hiroaki Kodama, Satoshi Osada, Iori Maeda, Koji Okamoto
  • Synthesis of helical peptides containing Met residres; 2004年11月
    発表情報; 16th Japan-Korea Joint Seminar for Young Organic Chemists
    著者; Kanako Oku, Junichi Taira, Satoshi Osada, and Hiroaki Kodama
  • Application of Oxidation-Resistant Methionine Mimic on Chemotactic Formyl-Methionyl Peptide; 2004年11月
    発表情報; 16th Japan-Korea Joint Seminar for Young Organic Chemists
    著者; Satoshi Osada, Hiroshi Kawasaki, Takako Ishimaru, Masahiro Yoshiki, Yuhei Hamasaki, Ichiro Fujita, Hiroaki Kodama
  • Activation of Beta1 Integrin by The FNIII14 Analogous Peptide Induces Programmed Cell Death of Malignant Cell Types; 2004年10月
    発表情報; The First Asia-Pacific International Peptide Symposium and the 41st Japanese Peptide Symposium (APIPS/JPS)
    著者; Hisae Imazeki, Shogo Miura, Ryo Hayashi, Hiroaki Kodama, and Fumio Fukai
  • Ion-Channel Properties of Cyclic Hexapeptide cyclo(Pro-Xxx-Yyy)2; 2004年10月
    発表情報; The First Asia-Pacific International Peptide Symposium and the 41st Japanese Peptide Symposium (APIPS/JPS)
    著者; Junichi Taira, Satoshi Osada, Ryo Hayashi, Masahiro Yoshiki, Satoshi Tatebe, Toshihisa Ueda, Tuguhisa Ehara, Hiroaki Kodama
  • Solid-Phase Synthesis of Tyrosine-Containing Cyclic Peptides; 2004年10月
    発表情報; The First Asia-Pacific International Peptide Symposium and the 41st Japanese Peptide Symposium (APIPS/JPS)
    著者; Aya Nakamura, Satoshi Tatebe, Junichi Taira, Satoshi Osada, Hideki Ooba, Seiji Yasuda, Hiroaki Kodama
  • Synthesis and Biological Activity of Urease-related Peptides Generated from Helicobacter Pylori; 2004年10月
    発表情報; The First Asia-Pacific International Peptide Symposium and the 41st Japanese Peptide Symposium (APIPS/JPS)
    著者; Masahiro Yoshiki, Keisuke Tsuge, Takashi Yoshimura, Kazuyoshi Koganemaru, Ichiro Fujita, Yuhei Hamasaki, Satoshi Osada, Hiroaki Kodama
  • L-5,5-Difluoronorleucine as an Oxidation-Resistant Methionine Mimic: Facile Synthesis and Its Application on Chemotactic Peptide, fMLP; 2004年10月
    発表情報; The First Asia-Pacific International Peptide Symposium and the 41st Japanese Peptide Symposium (APIPS/JPS)
    著者; Satoshi Osada, Hiroshi Kawasaki, Takako Ishimaru, Masahiro Yoshiki, Yuhei Hamasaki, Ichiro Fujita, Hiroaki Kodama
  • リン酸化セリンミミックの効率的合成研究; 2004年10月
    発表情報; 日本化学会西日本大会2004
    著者; 江頭久美子,長田聰史,井出段 航,兒玉浩明
  • 5-Fluoronorleucine及び5,5-Difluoronorleucineの合成と生理活性ペプチドへの導入; 2004年10月
    発表情報; 日本化学会西日本大会2004
    著者; 石丸貴子,長田聰史,兒玉浩明
  • アセチルリジン側鎖アミドミミック分子の立体選択的合成; 2004年10月
    発表情報; 日本化学会西日本大会2004
    著者; 祖一亜希,長田聰史,兒玉浩明
  • 側鎖の酸化還元による両親媒性ペプチドの構造変化; 2004年10月
    発表情報; 日本化学会西日本大会2004
    著者; 奥佳奈子,平 順一,長田聰史,兒玉浩明
  • 環状ヘキサペプチドの立体構造とイオン輸送能; 2004年10月
    発表情報; 日本化学会西日本大会2004
    著者; 平順一,林 良,吉木政弘,長田聰史,兒玉浩明
  • 海洋性環状ペプチドファケリスタチン類の合成と性質; 2004年10月
    発表情報; 日本化学会西日本大会2004
    著者; 中村綾,長田聰史,大庭英樹,兒玉浩明
  • Synthesis and properties of photoaffinity probe containing cell adhesion peptides derived from tenascin C; 2004年10月
    発表情報; The 77th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society
    著者; Ryo Hayashi, Syougo Miura, Youhei Saito, Fumio Fukai and Hiroaki kodama
  • Syhnthesis and biological activity of ion-channel peptides containing unusual amino acid; 2004年10月
    発表情報; The 77th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society
    著者; Junichi Taira, Satoshi Osada, Tsuguhisa Ehara and Hiroaki Kodama
  • Synthesis and properties of Aib-peptide containing Met and Met(O) residues; 2004年10月
    発表情報; The 77th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society
    著者; Kanako Oku, Junichi Taira, Satoshi Osada, Fumio Kato and Hiroaki Kodama
  • ヒト脱共役タンパク質ファミリーの第二膜貫通ドメインの合成と性質; 2004年09月
    発表情報; 2004日本生化学会九州支部例会
    著者; 平順一・山口浩・M. Jelokhani-Niaraki・長田聰史・兒玉浩明
  • ヒト脱共役タンパク質ファミリーの第二膜貫通ドメインの合成と性質; 2004年08月
    発表情報; 第42回化学関連支部合同九州大会
    著者; 平順一・山口浩・M. Jelokhani-Niaraki・兒玉浩明
  • (E)-2-Amino-8-fluoro-7-nonenoic acid (Afn)の立体選択的合成; 2004年07月
    発表情報; 第41回化学関連支部合同九州大会
    著者; 祖一亜紀、長田聰史、兒玉浩明
  • 5,5-Difluoronorleucineの合成とメチオニンエンケファリンへの導入; 2004年07月
    発表情報; 第41回化学関連支部合同九州大会
    著者; 石丸貴子、長田聰史、兒玉浩明
  • 細胞外マトリックスタンパク質テネシン由来ペプチドの合成と生理活性; 2004年07月
    発表情報; 第41回化学関連支部合同九州大会
    著者; 林良・三浦将吾・斉藤陽平・深井文雄・兒玉浩明
  • Tyr側鎖を架橋した環状ペプチドの固相合成; 2004年07月
    発表情報; 第41回化学関連支部合同九州大会
    著者; 中村綾、建部悟史、平順一、長田聰史、大庭英樹、安田誠二、兒玉浩明
  • 細胞伸展活性を有するテネシン部分ペプチドの合成と構造機能相関; 2004年05月
    発表情報; 2004日本生化学会九州支部例会
    著者; 林良・三浦将吾・深井文雄・兒玉浩明


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.