詳細検索はこちら

大塚 泰史オオツカ ヤスフミ

所属:
医学部 医学科 小児科学講座

著書

  • 小児慢性腎臓病患児に対する食事療法; 2015年
    発表情報; 今日の小児治療指針第16版 総編集 水口雅 市橋光 崎山弘, pp610-611
    著者; 大塚泰史
  • 第二部一般療法第一章浮腫の管理; 2013年
    発表情報; 小児特発性ネフローゼ症候群診療ガイドライン2013 日本小児腎臓病学会編集, 診断と治療社 東京
    著者; 大塚泰史
  • 「遺伝学的検査の種類と出し方」; 2010年
    発表情報; 小児科臨床ピクシス「小児のネフローゼと腎炎」2010 中山書店 , 24-27
    著者; 大塚泰史

原著論文

  • Successful Treatment of Transplantation-associated Atypical Hemolytic Uremic Syndrome With Eculizumab; 2017年05月
    発表情報; Journal of Pediatric Hematology/Oncology
    著者; Hasegawa, Daiichiro; Saito, Atsuro; Nino, Nanako; Uemura, Suguru; Takafuji, Satoru; Yokoi, Takehito; Kozaki, Aiko; Ishida, Toshiaki; Kawasaki, Keiichiro; Yasumi, Takahiro; Sakata, Naoki; Ohtsuka, Yasufumi; Hirase, Satoshi; Mori, Takeshi; Nishimira, Noriyuki; Kusumoto, Mayumi; Ogawa, Yoshiharu; Tominaga, Kenta; Nakagawa, Taku; Kanda, Kyoko; Tanaka, Ryojiro; Kosaka, Yoshiyuki
  • Identification of consensus motifs associated with mitotic recombination and clinical characteristics in patients with paternal uniparental isodisomy of chromosome 11.; 2016年
    発表情報; Hum Mol Genet., 25, 7, 1406-19
    著者; Ohtsuka Y, Higashimoto K, Oka T, Yatsuki H, Jozaki K, Maeda T, Kawahara K, Hamasaki Y, Matsuo M, Nishioka K, Joh K, Mukai T, Soejima H.
  • Postoperative Atypical Hemolytic Uremic Syndrome Treated Successfully with Eculizumab; 2016年
    発表情報; Internal Medicine, 55, 9, 11711175
    著者; Yasuda Shunichiro;Yamamoto Masahide;Fukuda Tetsuya;Ohtsuka Yasufumi;Miura Osamu
  • P0338-22-AM 小児においてシクロスポリンとミコナゾールゲルの薬物間相互作用を評価した1症例(薬物相互作用,ポスター発表,一般演題,医療薬学の進歩と未来-次の四半世紀に向けて-); 2015年10月
    発表情報; 日本医療薬学会年会講演要旨集, 25
    著者; 南 智香子;祖川 倫太郎;大塚 泰史;持永 早希子;田崎 正信;松尾 宗明;原 英夫
  • Clinical practice guideline for pediatric idiopathic nephrotic syndrome 2013: general therapy; 2015年02月
    発表情報; Clinical and Experimental Nephrology, 19, 1, 3453
    著者; Kaku, Yoshitsugu; Ohtsuka, Yasufumi; Komatsu, Yasuhiro; Ohta, Toshiyuki; Nagai, Takuhito; Kaito, Hiroshi; Kondo, Shuji; Ikezumi, Yohei; Tanaka, Seiji; Matsumoto, Shinsuke; Sako, Mayumi; Tsuruga, Kazushi; Nakanishi, Koichi; Kamei, Koichi; Saito, Hiroshi; Fujinaga, Shuichiro; Hamasaki, Yuko; Chikamoto, Hiroko; Ishikura, Kenji; Iijima, Kazumoto
  • Autosomal recessive cystinuria caused by genome-wide paternal uniparental isodisomy in a patient with Beckwith-Wiedemann syndrome; 2015年01月
    発表情報; Clinical Genetics, 88, 3, 261266
    著者; Ohtsuka, Y.; Higashimoto, K.; Sasaki, K.; Jozaki, K.; Yoshinaga, H.; Okamoto, N.; Takama, Y.; Kubota, A.; Nakayama, M.; Yatsuki, H.; Nishioka, K.; Joh, K.; Mukai, T.; Yoshiura, K. I.; Soejima, Hidenobu
  • Comprehensive and quantitative multilocus methylation analysis reveals the susceptibility of specific imprinted differentially methylated regions to aberrant methylation in Beckwith-Wiedemann syndrome with epimutations; 2014年01月
    発表情報; Genetics in Medicine, 16, 12, 903912
    著者; Maeda, Toshiyuki; Maeda, Toshiyuki; Higashimoto, Ken; Jozaki, Kosuke; Yatsuki, Hitomi; Nakabayashi, Kazuhiko; Makita, Yoshio; Tonoki, Hidefumi; Okamoto, Nobuhiko; Takada, Fumio; Ohashi, Hirofumi; Migita, Makoto; Kosaki, Rika; Matsubara, Keiko; Ogata, Tsutomu; Matsuo, Muneaki; Hamasaki, Yuhei; Hamasaki, Yuhei; Ohtsuka, Yasufumi; Nishioka, Kenichi; Joh, Keiichiro; Mukai, Tsunehiro; Hata, Kenichiro; Soejima, Hidenobu
  • A novel de novo point mutation of the OCT-binding site in the IGF2/H19-imprinting control region in a Beckwith-Wiedemann syndrome patient; 2014年01月
    発表情報; Clinical Genetics, 86, 6, 539544
    著者; Higashimoto, K.; Jozaki, K.; Kosho, T.; Matsubara, K.; Fuke, T.; Yamada, D.; Yatsuki, H.; Maeda, T.; Ohtsuka, Y.; Nishioka, K.; Joh, K.; Koseki, H.; Ogata, T.; Soejima, H.
  • Comprehensive and quantitative multilocus methylation analysis reveals the susceptibility of specific imprinted differentially methylated regions to aberrant methylation in Beckwith-Wiedemann syndrome with epimutations.; 2014年
    発表情報; Genet Med. , 16, 12, 903-12
    著者; Maeda T, Higashimoto K, Jozaki K, Yatsuki H, Nakabayashi K, Makita Y, Tonoki H, Okamoto N, Takada F, Ohashi H, Migita M, Kosaki R, Matsubara K, Ogata T, Matsuo M, Hamasaki Y, Ohtsuka Y, Nishioka K, Joh K, Mukai T, Hata K, Soejima H
  • Alport syndrome caused by a COL4A5 deletion and exonization of an adjacent AluY. ; 2014年
    発表情報; Mol Genet Genomic Med. , 2, 5, 451-3
    著者; *Nozu K, Iijima K, Ohtsuka Y, Fu XJ, Kaito H, Nakanishi K, Vorechovsky I
  • Autosomal recessive cystinuria caused by genome-wide paternal uniparental isodisomy in a patient with Beckwith-Wiedemann syndrome.; 2014年
    発表情報; Clin Genet. doi: 10.1111/cge.12496.
    著者; Ohtsuka Y, Higashimoto K, Sasaki K, Jozaki K, Yoshinaga H, Okamoto N, Takama Y, Kubota A, Nakayama M, Yatsuki H, Nishioka K, Joh K, Mukai T, Yoshiura KI, Soejima H
  • 抗CFH 抗体陽性およびCFHR1 遺伝子欠失を伴うDEAP-HUS の1 例; 2014年
    発表情報; 日本小児腎臓病学会雑誌, 26, 2, 285291
    著者; 岡 政史;大塚 泰史;稲田 由紀子;佐藤 忠司;吉田 瑶子;藤村 吉博;Xinping Fan;宮田 敏行;濱崎 雄平
  • Homozygous deletion of DIS3L2 exon 9 due to non-allelic homologous recombination between LINE-1s in a Japanese patient with Perlman syndrome; 2013年
    発表情報; Eur J Hum Genet.
    著者; ○Ken Higashimoto, Toshiyuki Maeda, Junichiro Okada, Yasufumi Ohtsuka, Kensaku Sasaki, Akiko Hirose, Makoto Nomiyama, Toshimitsu Takayanagi, Ryuji Fukuzawa, Hitomi Yatsuki, Kayoko Koide, Kenichi Nishioka, Keiichiro Joh, Yoriko Watanabe, Koh-ichiro Yoshiura and Hidenobu Soejima
  • A novel de novo point mutation of the OCT-binding site in the IGF2/H19-imprinting control region in a Beckwith-Wiedemann syndrome patient.; 2013年
    発表情報; Clin Genet. doi: 10.1111/cge.12318.
    著者; ○Higashimoto K, Jozaki K, Kosho T, Matsubara K, Fuke T, Yamada D, Yatsuki H, Maeda T, Ohtsuka Y, Nishioka K, Joh K, Koseki H, Ogata T, Soejima H.
  • Homozygous deletion of DIS3L2 exon 9 due to non-allelic homologous recombination between LINE-1s in a Japanese patient with Perlman syndrome.; 2013年
    発表情報; Eur J Hum Genet., 21, 11, 1316-1319
    著者; ○Higashimoto K, Maeda T, Okada J, Ohtsuka Y, Sasaki K, Hirose A, Nomiyama M, Takayanagi T, Fukuzawa R, Yatsuki H, Koide K, Nishioka K, Joh K, Watanabe Y, Yoshiura K, Soejima H.
  • 抗CFH抗体陽性およびCFHR1遺伝子欠失を伴うDEAP-HUSの1例; 2013年
    発表情報; 日本小児腎臓病学会雑誌, 26, 2, 285-291
    著者; ○岡 政史, 大塚 泰史, 稲田 由紀子, 佐藤 忠司, 吉田 瑶子, 藤村 吉博, Fan Xinping, 宮田 敏行, 濱崎 雄平
  • A novel de novo point mutation of the OCT-binding site in the IGF2/H19-imprinting control region in a Beckwith-Wiedemann syndrome patient.; 2013年
    発表情報; Clin Genet. , 86, 6, 539-44
    著者; ○Higashimoto K, Jozaki K, Kosho T, Matsubara K, Fuke T, Yamada D, Yatsuki H, Maeda T, Ohtsuka Y, Nishioka K, Joh K, Koseki H, Ogata T, Soejima H
  • Homozygous deletion of DIS3L2 exon 9 due to non-allelic homologous recombination between LINE-1s in a Japanese patient with Perlman syndrome.; 2013年
    発表情報; Eur J Hum Genet., 21, 11, 1316-9
    著者; ○Higashimoto K, Maeda T, Okada J, Ohtsuka Y, Sasaki K, Hirose A, Nomiyama M, Takayanagi T, Fukuzawa R, Yatsuki H, Koide K, Nishioka K, Joh K, Watanabe Y, Yoshiura K, Soejima H
  • A notable case report of May-Hegglin anomaly with immune complex-related nephropathy: A genetic and histological analysis; 2011年03月
    発表情報; Clinical Nephrology, 75, 3, 255262
    著者; Ohtsuka, Y.; Kanaji, T.; Nishi, M.; Sakai, N.; Sato, T.; Aoki, S.; Wakayama, K.; Nakazato, S.; Hisano, S.; Sado, Y.; Kawachi, H.; Izuhara, K.; Hamasaki, Y.
  • A notable case report of May-Hegglin anomaly with immune complex-related nephropathy:a genetic and histological analysis; 2011年
    発表情報; Clinical Nephrology , 75, 3, 255-262
    著者; Y. Ohtsuka, T. Kanaji, M. Nishi, N. Sakai, T. Sato, S. Aoki, K. Wakayama,S. Nakazato, S. Hisano, Y. Sado, H. Kawachi, K. Izuhara and Y. Hamasaki
  • 小児腎移植におけるミコフェノール酸モフェチルの多施設共同オープンラベル臨床試験―有効性・安全性,薬物動態の評価―:—有効性・安全性,薬物動態の評価—; 2011年
    発表情報; 日本小児腎臓病学会雑誌, 24, 1, 3646
    著者; 飯島 一誠;佐古 まゆみ;木村 利美;服部 元史;亀井 宏一;野津 寛大;宍戸 清一郎;相川 厚;森田 研;後藤 芳充;和田 尚弘;大塚 泰史;長田 道夫;斉藤 真梨;本田 雅敬;土田 尚;中村 秀文
  • MALL-NPHP1遺伝子欠失を認めたSenior-Loken症候群の1例; 2011年
    発表情報; 日本小児腎臓病学会雑誌, 24, 2, 236240
    著者; 石松 菜那;大塚 泰史;岡 政史;濱崎 雄平;青木 茂久;杉本 圭相;竹村 司
  • 血漿交換療法が奏効した巣状分節性糸球体硬化症の1例; 2010年04月
    発表情報; 日本小児腎臓病学会雑誌 = Japanese journal of pediatric nephrology, 23, 1, 4752
    著者; 大塚 泰史;岡 政史;酒井 菜那;佐藤 忠司;青木 茂久;濱崎 雄平
  • LAMP法により早期に検出した,急性腎不全を合併したYersinia pseudotuberculosis感染症の1例; 2010年
    発表情報; 日本小児腎臓病学会雑誌, 23, 2, 102106
    著者; 酒井 菜那;大塚 泰史;岡 政史;市丸 智浩;田代 克弥;佐藤 忠司;濱崎 雄平;中嶋 洋
  • Detection by multiplex ligation-dependent probe amplification of large deletion mutations in the COL4A5 gene in female patients with Alport syndrome; 2009年08月
    発表情報; Pediatric Nephrology, 24, 9, 17731774
    著者; Nozu, Kandai; Krol, Rafal Przybyslaw; Nakanishi, Koichi; Yoshikawa, Norishige; Nozu, Yoshimi; Ohtsuka, Yasufumi; Iijima, Kazumoto; Matsuo, Masafumi
  • Detection of large deletion mutations in the COL4A5 gene of female Alport syndrome patients; 2008年11月
    発表情報; Pediatric Nephrology, 23, 11, 20852090
    著者; Nozu, Kandai; Przybyslaw Krol, Rafal; Ohtsuka, Yasufumi; Nakanishi, Koichi; Yoshikawa, Norishige; Nozu, Yoshimi; Kaito, Hiroshi; Kanda, Kyoko; Hashimura, Yuya; Hamasaki, Yuhei; Iijima, Kazumoto; Matsuo, Masafumi
  • Human uric acid transporter 1 gene analysis in familial renal hypo-uricemia associated with exercise-induced acute renal failure; 2007年04月
    発表情報; Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 49, 2, 235237
    著者; OHTSUKA YASUFUMI;ZAITSU MASAFUMI;ICHIDA KIMIYOSHI;ISOMURA NAOKO;TSUJI KOSUKE;SATO TADASHI;HAMASAKI YUHEI
  • ハプロタイプ解析と直接シークエンス法にて新たなPKHD 1遺伝子変異を同定したARPKDの1例; 2006年08月
    発表情報; 日本小児腎不全学会雑誌 : 小児腎不全研究会記事, 26, 175177
    著者; 飯島 一誠;大塚 泰史;中山 真紀子;亀井 宏一;田崎 英範;鈴木 輝明;松岡 健太郎;奥山 虎之;北村 明子;塚口 裕康;野津 寛大;付 学軍
  • 重症心身障害児(者)施設におけるアデノウイルス7型感染症流行の経験; 2000年09月
    発表情報; 日本小児科学会雑誌, 104, 9, 925930
    著者; 上村 孝子;川下 智子;大塚 泰史;田中 裕治;楠生 亮
  • 当科における尿路感染症入院患者118例の検討; 2000年08月
    発表情報; 日本小児腎不全学会雑誌 : 小児腎不全研究会記事, 20, 260261
    著者; 野原 薫;大塚 泰史;二宮 誠
  • 11. 後腹膜原発の巨大脂肪腫の 1 例(第 36 回九州小児外科学会); 1999年
    発表情報; 日本小児外科学会雑誌, 35, 5
    著者; 村上 研一;菊池 二郎;大塚 泰史;川上 清;松木田 純香;末吉 和宣;高松 英夫

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • Complete remission of thrombotic microangiopathy after treatment with eculizumab in a patient with non-Shiga toxin-associated bacterial enteritis: A case report.; 2016年
    発表情報; Medicine (Baltimore)., 95, 27, e4104
    著者; *Omura T, Watanabe E, Otsuka Y, Yoshida Y, Kato H, Nangaku M, Miyata T, Oda S.
  • Postoperative Atypical Hemolytic Uremic Syndrome Treated Successfully with Eculizumab.; 2016年
    発表情報; Intern Med., 55, 9, 1171-5
    著者; *Yasuda S, Yamamoto M, Fukuda T, Ohtsuka Y, Miura O.
  • 心原性ショックを契機に発見された乳児高安病の一例.; 2014年
    発表情報; 日本小児高血圧研究会誌(1344-0217), 11, 1, p.p.26-29
    著者; 宮村文弥、稲田由紀子、熊本 崇、田代克弥、大塚泰史、渡辺まみ江、浜崎雄平
  • 中学校心臓検診での心電図異常を契機に発見された腎血管性高血圧の一例.; 2014年
    発表情報; 日本小児高血圧研究会誌(1344-0217), 11, 1, p.p.16-20
    著者; 岡 政史、大塚泰史、宮村文弥、熊本 崇、田代克弥、濱崎雄平、江頭秀哲
  • 溶連菌感染症の関与が疑われた急性尿細管間質性腎炎の1例; 2014年
    発表情報; 日本小児腎不全学会雑誌(1341-5875), 34, p.p.172-174
    著者; *島袋 渡、郭 義胤、久野 敏、田代 克弥、大塚 泰史、中嶋 洋
  • 低出生体重が発症因子と考えられた巣状分節性糸球体硬化症の一例.; 2010年
    発表情報; 発達腎研究会誌 , 18, 1, 18-22
    著者; 大塚泰史, 青木茂久, 酒井菜那, 岡政史, 石井清久, 佐藤忠司, 浜崎雄平.
  • 血漿交換療法が奏効した巣状分節性糸球体硬化症の1例; 2010年
    発表情報; 日本小児腎臓病学会雑誌 , 23, 1, 47-52
    著者; 大塚泰史, 岡政史, 酒井菜那, 佐藤忠司, 青木茂久, 濱崎雄平.

一般講演(学術講演を含む)

  • An analysis of thrombotic microangiopathy associated with complement factor H antibody in Japanese.; 2016年
    発表情報; XXVIth International complement workshop, 2016.9.4-8
    著者; Ohtsuka Y, Oka M, Jinnouchi K, Ohgushi H, Sato T, Matsuo M
  • 非典型溶血性尿毒症症候群を合併したNEMO遺伝子異常症の1例; 2016年
    発表情報; 第119回日本小児科学会学術集会, 2016.5.13-15
    著者; *今村秀明、山元綾子、阪口嘉美、織田真悠子、此元隆雄、南学正臣、宮田敏行、大塚泰史、布井博幸
  • エクリズマブが著効した抗H因子抗体陽性非典型溶血性尿毒症症候群(DEAP-HUS)の1例; 2016年
    発表情報; 第59回日本腎臓学会学術総会, 2016.6.17-19
    著者; *今村秀明、此元隆雄、阪口嘉美、織田真悠子、大塚泰史、吉田瑶子、加藤秀樹、南学臣、宮田敏行、布井博幸
  • LAMP法を用いたYersinia pseudotuberculosis感染症の解析; 2016年
    発表情報; 第119回日本小児科学会学術集会, 2016.5.13-15
    著者; 大塚泰史、田代克弥、陣内久美子、大串栄彦、佐藤忠司、松尾宗明
  • ADCK4遺伝子異常によるステロイド抵抗性ネフローゼ症候群の兄弟例; 2016年
    発表情報; 第51回日本小児腎臓病学会学術集会, 2016.7.7-9
    著者; 大塚泰史、佐藤忠司、飯田千晶、岡 政史、陣内久美子、大串栄彦、田代克弥、松尾宗明
  • Tip Variantを呈した巣状分節性糸球体硬化症の1例; 2016年
    発表情報; 第74回佐賀小児科地方会, 2016.4.16
    著者; 森田 駿、大塚泰史、大串栄彦、陣内久美子、岡 政史、佐藤忠司、青木茂久、久野 敏
  • MERSを合併した急性巣状細菌性腎炎の1例におけるサイトカインの検討; 2016年
    発表情報; 第75回佐賀小児科地方会・第199回日本小児科学会長崎地方会合同地方会, 2016.7.24
    著者; 冨野広通、大塚泰史、在津正文、陣内久美子、大串栄彦、岡 政史、佐藤忠司、布井博幸、松尾宗明
  • MERSを合併した急性巣状細菌性腎炎一症例におけるサイトカインの検討; 2016年
    発表情報; 第24回日本逆流性腎症フォーラム, 2016.2.6
    著者; 大塚泰史、在津正文、陣内久美子、大串栄彦、岡 政史、佐藤忠司、東武昇平、野口満、布井博幸、松尾宗明
  • Anti-VUR手術後に一過性偽性低アルドステロン症を合併したprune berry症候群の一例; 2016年
    発表情報; 第13回九州小児泌尿器科研究会, 2016.2.13
    著者; 大塚泰史、東武昇平、岡 政史、大串栄彦、陣内久美子、野口 満、松尾宗明
  • 間葉性異形成胎盤の分子遺伝学的解析; 2015年
    発表情報; 第23回日本胎盤学会学術集会・第33回日本絨毛性疾患研究会, 2015.11.5-6
    著者; ○青木早織、東元 健、樋高秀憲、渡邊英孝、大塚泰史、三嶋博之、吉浦孝一郎、八木ひとみ、西岡憲一、城圭一郎、大場 隆、片渕秀隆、副島英伸
  • 胎児期から管理された馬蹄腎および後部尿道弁の1例; 2015年
    発表情報; 第24回日本小児泌尿器科学会総会・学術集会, 2015.7.1-3
    著者; *永瀬 圭、大塚泰史、松尾宗明、野口 満、東武昇平、魚住二郎、津田兼之介、田中征治
  • VUR indexは果たして自然治癒予測に有用か?; 2015年
    発表情報; 第24回日本小児泌尿器科学会総会・学術集会, 2015.7.1-3
    著者; ○野口 満、南里麻己、東武昇平、大塚泰史、魚住二郎
  • 非志賀毒素産生性菌による腸炎を契機に発症しエクリズマブが奏功した血栓性微小血管症の一例; 2015年
    発表情報; 第52回日本補体学会学術集会, 2015.8.21-22
    著者; *大村 拓、渡邉栄三、大塚泰史、吉田瑶子、加藤秀樹、南学正臣、織田成人
  • Thromboticmicroangiopathyにおける抗CFH抗体と原因遺伝子の解析; 2015年
    発表情報; 第58回日本腎臓学会学術総会, 2015.6.5-7
    著者; 大塚泰史、岡 政史、陣内久美子、佐藤忠司、松尾宗明、進藤岳郎、木村晋也、川崎 誠二、末岡榮三朗
  • Thromboticmicroangiopathyにおける抗CFH抗体と原因遺伝子の解析; 2015年
    発表情報; 日本小児腎臓病学会学術集会第50回記念大会, 2015.6.18-20
    著者; 大塚泰史、岡 政史、陣内久美子、佐藤忠司、松尾宗明、進藤岳郎、木村晋也、川崎誠二、末岡榮三郎
  • LAMP法を用いたYersinia pseudotuberculosis感染症の解析; 2015年
    発表情報; 日本小児腎臓病学会学術集会第50回記念大会, 2015.6.18-20
    著者; 大塚泰史、田代克弥、徳永美緒子、陣内久美子、岡 政史、佐藤忠司、松尾宗明
  • Thrombotic microangiopathyにおける抗CFH抗体の解析; 2015年
    発表情報; 第52回日本補体学会学術集会, 2015.8.21-22
    著者; 大塚泰史、岡 政史、陣内久美子、佐藤忠司、進藤岳郎、木村晋也、川崎誠二、末岡榮三朗、松尾宗明
  • 本邦における非典型溶血性尿毒症症候群の臨床像; 2015年
    発表情報; 第52回日本補体学会学術集会, 2015.8.21-22
    著者; 大塚泰史、岡 政史、陣内久美子、佐藤忠司、進藤岳郎、川崎誠二、末岡榮三朗、木村晋也、松尾宗明
  • Beckwith-Wiedemann症候群の原因となる片親性父性ダイソミーの切断点領域の解析; 2015年
    発表情報; 日本人類遺伝学会第60回大会, 2015.10.14-17
    著者; 大塚泰史、岡岳彦、川原弘三、八木ひとみ、東元健、副島英伸
  • 高アンモニア血症に対して早期に体外循環治療を施行できたカルバミルリン酸合成酵素欠損症の一例; 2015年
    発表情報; 第12回九州先天代謝異常研究会, 2015.8.8
    著者; 稲田由紀子、大塚泰史、垣内俊彦、岡政史、陣内久美子、横田吾郎、小野晋康、松本志郎、阪本靖介、松尾宗明
  • 高アンモニア血症に対して早期に体外循環治療を施行できたカルバミルリン酸合成酵素欠損症の一例; 2015年
    発表情報; 第29回九州小児ネフロロジー研究会, 2015.7.11-12
    著者; 大塚泰史、稲田由紀子、垣内俊彦、岡政史、陣内久美子、横田吾郎、小野晋康、松本志郎、阪本 靖介、松尾宗明
  • 急性巣状細菌性腎炎を合併した可逆性脳梁膨大部病変を有する脳炎/脳症の一例; 2015年
    発表情報; 第351回福岡小児神経研究会, 2015.2.28
    著者; ○冨野広通、田島大輔、大塚泰史、松尾宗明
  • 尿細管間質性腎炎による急性腎不全を合併したYersinia pseudotuberculosis感染症の一例.; 2014年
    発表情報; 第49回日本小児腎臓病学会学術集会, 2014.6.5-7
    著者; *濱田太立、綾 邦彦、澤田真理子、田中紀子、好川貴久、藤原充弘、能登原憲司、大塚泰史、武田修明、新垣義夫
  • 胎児内両側精巣捻転を疑った一例.; 2014年
    発表情報; 第23回日本小児泌尿器科学会総会・学術集会, 2014.7.9-11
    著者; ○南里麻己、有働和馬、東武昇平、野口 満、岡 政史、大塚泰史、濱崎雄平
  • 治療経過中に手背静脈血栓を生じた抗リン脂質抗体陽性の全身性エリテマトーデスの一例.; 2014年
    発表情報; 第24回日本小児リウマチ学会総会・学術集会, 2014.10.3-5
    著者; 尾形善康、溝口達弘、米良智子、大塚泰史、岡政史、大串栄彦、今吉美代子、松尾宗明
  • 血清クレアチニンおよび血清シスタチンCを用いた極低出生体重児の9歳時における腎機能の検討.; 2014年
    発表情報; 第49回日本小児腎臓病学会学術集会, 2014.6.5-7
    著者; 岡 政史、大塚泰史、陣内久美子、江頭智子、高柳利光、濱崎雄平
  • 小児腎臓医からみた成人腎Fabry病スクリーニング.; 2014年
    発表情報; 第49回日本小児腎臓病学会学術集会, 2014.6.5-7
    著者; 大塚泰史、中村公俊、服部希世子、岡 政史、陣内久美子、佐藤忠司、濱崎雄平
  • 間欠性水腎症の1幼児例.; 2014年
    発表情報; 第49回日本小児腎臓病学会学術集会, 2014.6.5-7
    著者; 佐藤忠司、木村亜由美、古賀大介、小野晋康、西川小百合、岡政史、大塚泰史、野口満、魚住二郎
  • 血漿交換が有効であった治療抵抗性川崎病の乳児例.; 2014年
    発表情報; 第69回佐賀小児科地方会, 2014.4.5
    著者; 飯田千晶、土井大人、中村拓自、岡政史、熊本崇、谷口一登、大塚泰史、西村真二、田代克弥、濱崎雄平
  • 出生前情報により良好に管理できたカルバミルリン酸合成酵素欠損症の一例.; 2014年
    発表情報; 第69回佐賀小児科地方会, 2014.4.5
    著者; 稲田由紀子、岡政史、小野晋康、大塚泰史、横田吾郎、浜崎雄平
  • 炎症性腸疾患における炎症マーカーの検討.; 2014年
    発表情報; 第70回佐賀小児科地方会・第193回日本小児科学会長崎地方会合同地方会, 2014.7.27
    著者; 垣内俊彦、安心院法樹、大塚泰史、尾形善康、松尾宗明、青木知信
  • 小児炎症性腸疾患における臨床症状と炎症マーカーの検討.; 2014年
    発表情報; 第104回日本消化器病学会九州支部例会・第98回日本消化器内視鏡学会九州支部例会, 2014.12.5-6
    著者; 垣内俊彦、安心院法樹、大塚泰史、尾形善康、松尾宗明、青木知信
  • 新生児・乳児消化管アレルギーの一例.; 2014年
    発表情報; 第69回佐賀小児科地方会, 2014.4.5
    著者; 古賀佳代、大塚奏史、山本修一、濱崎雄平
  • 極低出生体重児の9歳時での腎機能と周産期リスク因子の検討.; 2014年
    発表情報; 第70回佐賀小児科地方会・第193回日本小児科学会長崎地方会合同地方会, 2014.7.27
    著者; 岡 政史、大塚泰史、陣内久美子、江頭智子、高柳俊光
  • 学校検診で見つかった 腎血管性高血圧症の一例; 2013年
    発表情報; 九州小児泌尿器研究会, 2013.2.18
    著者; 山元芽衣、田代克弥、大塚泰史、岡政史、大串栄彦、佐藤忠司、浜崎雄平
  • DEAP(deficiency of CFHR plasma proteins and autoantibody-positive form)-HUSの一例; 2013年
    発表情報; 第8回九州沖縄腎カンファレンス, 2013.3.9
    著者; 岡 政史, 大塚 泰史, 稲田 由紀子, 大串 栄彦, 石松 菜那, 佐藤 忠司, 濱崎 雄平
  • Treatment of cisplatin overdose in pediatric case.; 2013年
    発表情報; 16th congress of the International Pediatric Nephrology Association., 2013.8.30-9.3
    著者; Yasufumi Ohtsuka, Masafumi Oka, Junya Eto, Masanori Nishi, Yuhei Hamasaki.
  • A case of DEAP-HUS; 2013年
    発表情報; 16th congress of the International Pediatric Nephrology Association., 2013.8.30-9.3
    著者; ○Masafumi Oka, Yasufumi Ohtsuka, Yuhei Hamasaki.
  • An infant with postrenal acute renal failure due to bilateral urolithiasis after a one-week episode of infectious enterocolitis.; 2013年
    発表情報; The 27th Congress of International Pediatric Association, 24-29 August 2013
    著者; *Tadashi Sato, Natsuko Nishi, Masafumi Oka, Yasufumi Otsuka, Yuhei Hamasaki
  • Participation of Endoplasmic Reticulum Stress in the Pathogenesis of Spontaneous Glomerulosclerosis - Role of Intra-Renal Angiotensin System.; 2013年
    発表情報; 16th congress of the International Pediatric Nephrology Association, 2013.8.30-9.3
    著者; *Tadashi Sato, Masafumi Oka, Yasufumi Otsuka, Mohammad A Aminzadeh, Nosratola D Vaziri
  • シスチン尿症を伴うゲノムワイド父性片親性ダイソミー症例の遺伝子解析; 2013年
    発表情報; 第48回日本小児腎臓病学会学術集会, 2013.06.28-29
    著者; 大塚泰史、佐々木健作、城崎幸介、東元健、岡本伸彦、高間 勇一、窪田 昭男、松本富美中山 雅弘、吉浦孝一郎、副島英伸.
  • シスチン尿症を伴うゲノムワイド父性片親性ダイソミー症例の遺伝子解析; 2013年
    発表情報; 第58回日本人類遺伝学会, 2013.11.20-23.
    著者; 大塚泰史、佐々木健作、城崎幸介、東元健、岡本伸彦、高間 勇一、窪田 昭男、松本富美中山 雅弘、吉浦孝一郎、副島英伸.
  • シスプラチン過量投与に対する治療経験; 2013年
    発表情報; 第48回日本小児腎臓病学会学術集会, 2013.06.28-29
    著者; ○陣内 久美子, 大塚 泰史, 岡 政史, 江藤 潤也, 西 眞範, 木村 晋也, 一戸 辰夫, 力武 修一, 池田 裕次, 中原 由紀子, 浜崎 雄平
  • 痙攣を繰り返したGitelman症候群の男児例; 2013年
    発表情報; 第48回日本小児腎臓病学会学術集会, 2013.06.28-30
    著者; ○岡 政史, 大塚 泰史, 陣内 久美子, 大串 栄彦, 宮村 文弥, 熊本 崇, 田代 克弥, 佐藤 忠司, 濱崎 雄平
  • 当院で経験した基質拡張型βラクタマーゼ(ESBL)産生菌による小児尿路感染症例の検討; 2013年
    発表情報; 第66回佐賀小児科地方会, 2013.08
    著者; ○阿部 淳, 岡 政史, 大塚 泰史, 浜崎 雄平
  • 心原性ショックを契機に発見された乳児高安病の一例; 2013年
    発表情報; 第20回小児高血圧研究会, 2013.09.15
    著者; ○宮村文弥、稲田由紀子、熊本崇、田代克弥、岡政史、大塚泰史、渡辺まみえ、浜崎雄平
  • 当院における血液浄化療法17症例の検討; 2013年
    発表情報; 第27回九州小児ネフロロジー研究会, 2013.07.20-21
    著者; ○岡 政史、大塚 泰史、陣内 久美子、大串 栄彦、佐藤 忠司、濱崎 雄平
  • The relationship between paternal uniparental disomy and clinical features in patients with Beckwith-Wiedemann syndrome.; 2012年
    発表情報; American Society of Human Genetics Annual Meeting, 2012.11.5-10.
    著者; Yasufumi Ohtsuka, Kosuke Jozaki, Toshiyuki Maeda, Hitomi Yatsuki, Ken Higashimoto, Hidenobu Soejima.
  • Beckwith-Wiedemann症候群における片親性父性ダイソミーの多様性と臨床症状との関連; 2012年
    発表情報; 第6回日本エピジェネティック研究会, 2012.5.14-15
    著者; 大塚泰史、前田寿幸、城崎幸介、八木ひとみ、東元健、副島英伸
  • シスプラチン過量投与に対する治療経験; 2012年
    発表情報; 第54回日本小児血液・がん学会学術集会, 2012.11.30-12.2
    著者; 森永 久美子, 江藤 潤也, 大塚 泰史, 西 眞範, 濱崎 雄平, 木村 晋也, 一戸 辰夫, 力武 修一, 池田 裕次, 中原 由紀子
  • 重層扁平上皮に覆われた先天性尿道ポリープの一例; 2012年
    発表情報; 第21回日本小児泌尿器科学会, 2012.7.4-6
    著者; ○有働 和馬, 佐藤 勇司, 岡 政史, 大塚 泰史, 野口 満, 魚住 二郎
  • 当科での尿路感染症疑い症例に対する取り組み 尿路奇形診断のために; 2012年
    発表情報; 第21回日本小児泌尿器科学会, 2012.7.4-6
    著者; 岡 政史、 大塚 泰史
  • 抗Factor H抗体陽性を示したAtypical HUSの一例; 2012年
    発表情報; 第47回日本小児腎臓病学会, 2012.6.29-30
    著者; 岡 政史, 大塚 泰史, 稲田 由紀子, 大串 栄彦, 石松 菜那, 佐藤 忠司, 濱崎 雄平
  • 腎糸球体硬化症の発症機序としての細胞内網内系(ER)ストレスの関わりと腎内アンギオテンシン系; 2012年
    発表情報; 第55回日本腎臓学会, 2012.6.1-3
    著者; *佐藤 忠司, 岡 政史, 大塚 泰史, Vaziri Nosratola D
  • ノロウイルス腸炎を発症し尿路結石による急性腎不全をきたした1例; 2012年
    発表情報; 第66回国立病院総合医学会, 2012.11.16-17
    著者; *佐藤 忠司, 内田 伸宏, 一ノ瀬 文男, 飯田 千晶, 小野 晋康, 岡 政史, 大塚 泰史, 西 奈津子
  • 手術後に意識障害、けいれんを来した10歳男児例; 2012年
    発表情報; 第54回日本小児神経学会, 2012.5.17-19
    著者; 大串 栄彦, 大塚 泰史, 松尾 宗明, 濱崎 雄平
  • 抗Factor H抗体にて発症したatypical HUS(aHUS)の一例; 2012年
    発表情報; 第64回日本小児科学会佐賀地方会・第187回日本小児科学会長崎地方会合同地方会, 2012.8.12
    著者; 大塚泰史、岡政史、稲田由紀子、石松菜那、佐藤忠司、濱崎雄平.
  • けいれんを来したGitelman症候群の一例; 2012年
    発表情報; 第26回九州小児ネフロロジー研究会, 2012.7.7-8
    著者; 岡 政史, 大塚 泰史, 大串 栄彦, 佐藤 忠司, 濱崎 雄平
  • 当科での尿路感染症疑い症例に対する取り組み 尿路奇形診断のために; 2012年
    発表情報; 第63回日本小児科学会佐賀地方会, 2012.4.7
    著者; 岡 政史、 大塚 泰史
  • ソフトドリンクケトアシドーシスに急性膵炎を合併したダウン症女児の1例; 2012年
    発表情報; 第63回日本小児科学会佐賀地方会, 2012.4.7
    著者; 土井 大人, 尾形 善康, 大塚 泰史, 松尾 宗明, 浜崎 雄平
  • A notable case report of May-Hegglin anomaly with immune complex-related nephropathy:a genetic and histological analysis.; 2010年09月
    発表情報; the IPNA 15th International Congress August 29 – September 2, 2010
    著者; Y. Ohtsuka, T. Kanaji, M. Nishi, N. Sakai, T. Sato, S. Aoki, K. Wakayama,S. Nakazato, S. Hisano, Y. Sado, H. Kawachi, K. Izuhara and Y. Hamasaki。
  • 小児眼窩・上顎洞膿瘍の1症例.; 2010年08月
    発表情報; 日本鼻科学会 2010.8.26-28
    著者; 鈴木久美子, 倉富勇一郎, 重松正仁, 大塚泰史, 井之口昭.
  • Alport症候群5例の診断および臨床的検討.; 2010年07月
    発表情報; 日本小児腎臓病学会 2010.7.2-3
    著者; 大塚泰史, 岡政史, 酒井菜那, 佐藤忠司, 濱崎雄平, 野津寛大

その他講演

  • 血漿交換を施行した川崎病の乳児例.; 2014年
    発表情報; 第13回九州川崎病研究会, 2014.5.31
    著者; 飯田千晶、土井大人、中村拓自、岡政史、熊本崇、谷口一登、大塚泰史、西村真二、田代克弥、濱崎雄平
  • 出生前情報により高アンモニア血症を早期に治療できたCPS1欠損症の一例.; 2014年
    発表情報; 第48回佐賀周産期カンファレンス, 2014.3.3
    著者; 稲田由紀子、岡政史、大塚泰史、横田吾郎
  • 乳児期、硬結として触れる精巣に石灰化と萎縮を認めた男児の診断について.; 2014年
    発表情報; 第11回九州小児泌尿器研究会, 2014.2.15
    著者; 岡 政史、大塚泰史、濱崎雄平、野口 満、魚住二郎
  • インフルエンザによるThrombotic microangiopathyが疑われた一例.; 2014年
    発表情報; 福岡小児腎疾患治療研究会, 2014.11.29
    著者; 大塚泰史、岩永晃、陣内久美子、岡政史、佐藤忠司、松尾宗明

総説

  • Japanese Society for Pediatric Nephrology; Japanese Society for Pediatric Nephrology. Clinical practice guideline for pediatric idiopathic nephrotic syndrome 2013: medical therapy.; 2015年
    発表情報; Clin Exp Nephrol, 19, 1, 6-33
    著者; *Ishikura K, Matsumoto S, Sako M, Tsuruga K, Nakanishi K, Kamei K, Saito H, Fujinaga S, Hamasaki Y, Chikamoto H, Ohtsuka Y, Komatsu Y, Ohta T, Nagai T, Kaito H, Kondo S, Ikezumi Y, Tanaka S, Kaku Y, Iijima K
  • Japanese Society for Pediatric Nephrology. Clinical practice guideline for pediatric idiopathic nephrotic syndrome 2013: general therapy.; 2015年
    発表情報; Clin Exp Nephrol, 19, 1, 34-53
    著者; *Kaku Y, Ohtsuka Y, Komatsu Y, Ohta T, Nagai T, Kaito H, Kondo S, Ikezumi Y, Tanaka S, Matsumoto S, Sako M, Tsuruga K, Nakanishi K, Kamei K, Saito H, Fujinaga S, Hamasaki Y, Chikamoto H, Ishikura K, Iijima K


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.