詳細検索はこちら

甲斐 敬太カイ ケイタ

所属:
医学部 附属病院 病理部

著書

  • A case of mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma of the gastrointestinal tract showing extensive plasma cell differentiation with prominent Russell bodies.; 2014年
    発表情報; World Clinical Case Report. , 1665-1669
    著者; ○Kai K, Miyahara M, Tokuda Y, Kido S, Masuda M, Takase Y, Tokunaga O.
  • Usual and unusual gross appearance of hepatocellular carcinomas; 2012年
    発表情報; Hepatocellular Carcinoma: Clinical Research. by Lau J.W.Y., INTEC, 155-180
    著者; Kai K, Miyoshi A, Kitahara K, Miyazaki K, Noshiro H, Tokunaga O
  • 【どこまで切除するか 良・悪性境界型腫瘍性病変】 胆管腫瘍; 2008年09月
    発表情報; Surgery Frontier, 15, 40-46
    著者; 大塚隆生、甲斐敬太、宮崎耕治

原著論文

  • Cytokeratin immunohistochemistry improves interobserver variability between unskilled pathologists in the evaluation of tumor budding in T1 colorectal cancer.; 2016年
    発表情報; Pathol Int., 66, 2, 75-82
    著者; Kai K, Aishima S, Aoki S, Takase Y, Uchihashi K, Masuda M, Nishijima-Matsunobu A, Yamamoto M, Ide K, Nakayama A, Yamasaki M, Toda S.
  • Regulation and clinical significance of the hypoxia-induced expression of ANGPTL4 in gastric cancer.; 2016年
    発表情報; Oncol Lett., 11, 2, 1026-1034
    著者; 〇Kubo H, Kitajima Y, Kai K, Nakamura J, Miyake S, Yanagihara K, Morito K, Tanaka T, Shida M, Noshiro H.
  • Palsy of the recurrent laryngeal nerves in association with an ultrasonic activated device during thoracoscopic esophagectomy with three-field lymphadenectomy.; 2016年
    発表情報; Esophagus, 13, 4, 351–360
    著者; 〇Noshiro H, Kai K, Yoda Y, Kono H, Uchiyama A
  • New molecular staging with G-factor supplements TNM classification in gastric cancer: a multicenter collaborative research by the Japan Society for Gastroenterological Carcinogenesis G-Project committee.; 2015年
    発表情報; Gastric Cancer., 18, 1, 119-28
    著者; *Sawada T, Yashiro M, , Miyazaki K, Kai K, et al.
  • The value of trefoil factor 3 expression in predicting the long‑term outcome and early recurrence of colorectal cancer.; 2015年
    発表情報; Int J Oncol., 46, 2, 563-8
    著者; ○Morito K, Nakamura J, Kitajima Y, Kai K, Tanaka T, Kubo H, Miyake S, Noshiro H.
  • Analysis of Extrahepatic Multiple Primary Malignancies in Patients with Hepatocellular Carcinoma according to Viral Infection Status.; 2012年
    発表情報; Int J Hepatol., 2012, 495950
    著者; Kai K, Miyoshi A, Kitahara K, Masuda M, Takase Y, Miyazaki K, Noshiro H, Tokunaga O.
  • Clinicopathologic features of advanced gallbladder cancer associated with adenomyomatosis.; 2011年12月
    発表情報; Virchows Arch. 2011; , 459, 6, 573-580
    著者; Kai K, Ide T, Masuda M, Kitahara K, Miyoshi A, Miyazaki K, Noshiro H, Tokunaga O.
  • Tumor budding and dedifferentiation in gallbladder carcinoma: potential for the prognostic factors in T2 lesions.; 2011年10月
    発表情報; Virchows Arch. 2011; , 459, 4, 449-456
    著者; Kai K, Kohya N, Kitahara K, Masuda M, Miyoshi A, Ide T, Tokunaga O, Miyazaki K, Noshiro H.
  • 肝腫瘤として発見された多形腺腫由来癌の術後肝転移の1例; 2011年07月
    発表情報; 診断病理 2011; , 28, 3, 171-177
    著者; 甲斐敬太, 戸田修二, 神谷尚彦, 佐藤慎太郎, 三好篤, 北原賢二, 久保洋, 能城浩和, 徳永藏
  • 非硬変肝に多中心性に発生したNASH由来肝細胞癌の2例; 2011年06月
    発表情報; 日本臨床外科学会雑誌. 2011; , 72, 6, 1508-1515
    著者; 甲斐敬太, 三好篤, 北原賢二, 神谷尚彦, 徳永藏, 能城浩和
  • 乳腺原発扁平上皮癌6例の臨床病理学的検討; 2011年06月
    発表情報; 乳癌の臨床.2011; , 26, 3, 377-382
    著者; 田渕正延, 甲斐敬太
  • Expression of hypoxic marker CA IX is regulated by site-specific DNA methylation and is associated with the histology of gastric cancer.; 2011年02月
    発表情報; Am J Pathol. 2011; , 178, 2, 515-524
    著者; Nakamura J, Kitajima Y, Kai K, Hashiguchi K, Hiraki M, Noshiro H, Miyazaki K.
  • 二相性を有するPelioid type of Hepatocellular carcinomaの1例; 2011年02月
    発表情報; 肝臓. 2011; , 52, 2, 112-119
    著者; 甲斐敬太, 三好篤, 江頭秀哲, 久保洋, 北原賢二, 磯田広史, 水田敏彦, 入江裕之, 能城浩和, 徳永藏
  • A complete response in small cell carcinoma of the esophagus treated by S-1/Cisplatin combined chemotherapy and radiotherapy; 2010年12月
    発表情報; J Gastrointest Cancer, 41, 275-280
    著者; Hiraki M, Tanaka M, Sato S, Kai K, Morito K, Kobayashi K, Noshiro H, Tokunaga O, Miyazaki K
  • Endoglin (CD105) expression and angiogenesis status in small cell lung cancer; 2010年11月
    発表情報; Pathology – Research and Practice, 206, 725-730
    著者; Takase Y, Kai K, Masuda M, Akashi M, Tokunaga O
  • Ribonucleotide reductase subunit M1 assessed by quantitative double-fluorescence immunohistochemistry predicts the efficacy of gemcitabin in biliary tract carcinoma; 2010年10月
    発表情報; Int J of Oncology, 37, 845-852
    著者; Nakamura J, Kohya N, Kai K, Ohtaka K, Hashiguchi K, Hiraki M, Kitajima Y, Tokunaga O, Noshiro H, Miyazaki K
  • Gallbladder carcinoma with a large monolocular cystic cancerous component; 2010年09月
    発表情報; Oncology Letters, 1, 995-998
    著者; Hiraki M, Yakushiji H, Hashiguchi K, Harada S, Kohya N, Kai K, Yamaguchi K, Mori D, Irie K, Tokunaga O, Noshiro H, Miyazaki K
  • Immunohistochemical and molecular genetic analyses of multiple sporadic gastrointestinal stromal tumors; 2010年09月
    発表情報; World J Gastrointest Oncol., 2, 364-368
    著者; Hiraki M, Kitajima Y, Ohtsuka T, Kai K, Miyake S, Koga Y, Mori D, Noshiro H, Tokunaga O, Miyazaki K.
  • HIF-1alpha is an unfavorable determinant of relapse in gastric cancer patients who underwent curative surgery followed by adjuvant 5-FU chemotherapy; 2010年09月
    発表情報; Int J Cancer., 127, 1158-1171
    著者; Nakamura J, Kitajima Y, Kai K, Hashiguchi K, Hiraki M, Noshiro H, Miyazaki K.
  • A quantitative evaluation of the determinant proteins for S-1 responsiveness in a biopsy specimen assists in patient selection to neoadjuvant therapy in cases of advanced gastric cancer; 2010年08月
    発表情報; Int J of Oncology, 37, 257-264
    著者; Hashiguchi K, Kitajima Y, Kai K, Hiraki M, Nakamura J, Tokunaga O, Noshiro H, Miyazaki K
  • Hard Metal Lung Diseaseの1例; 2010年07月
    発表情報; 診断病理, 27, 244-247
    著者; 明石道昭、朴 美花、甲斐敬太、酒井真紀、小柳孝太郎、徳永 藏
  • 血管造影後に高度の自然壊死を来した肝細胞癌の2例; 2010年06月
    発表情報; 肝臓, 51, 312-318
    著者; 甲斐敬太、三好 篤、有尾啓介、北原賢二、水田敏彦、川添聖治、入江裕之、徳永 藏、能城浩和、宮崎耕治
  • 卵巣癌との鑑別が問題となった同時性両側卵巣転移をともなった大腸粘液癌の1例; 2010年05月
    発表情報; 日本大腸肛門病学会雑誌, 63, 276-280
    著者; 甲斐敬太, 隅健次, 田中智和, 明石道昭, 森園剛樹, 能城浩和, 宮崎耕治
  • 結節性多発動脈炎における腎血管病変の治療による変化; 2010年04月
    発表情報; 脈管学, 25, 217-217
    著者; 増田正憲、甲斐敬太、長澤浩平、徳永 藏
  • CD105発現新生血管を指標とした抗新生血管療法:Fumagillinを用いたin vivoおよびin vitro研究; 2010年04月
    発表情報; 脈管学, 25, 218-218
    著者; 侯 力、高瀬ゆかり、甲斐敬太、明石道昭、増田正憲、徳永 藏
  • A hepatocellular neoplasm accompanied with massive histiocyte infiltration; 2010年03月
    発表情報; Clin J Gastroenterol, 3, 40-44
    著者; Kai K, Miyoshi A, Tokunaga O, Kitahara K, Takahashi T, Miyake S, Egashira Y, Irie H, Noshiro H, Miyazaki K
  • 大腸穿孔で発症し、急激な転帰をたどったClostridium perfringens感染症の一剖検例; 2010年03月
    発表情報; 日本腹部救急医学会雑誌, 30, 473-476
    著者; 甲斐敬太, 小林毅一郎, 浦田雅子, 本村友一, 能城浩和, 宮崎耕治
  • Tranilast strongly sensitizes pancreatic cancer cells to gemcitabine via decreasing protein expression of ribonucleotide reductase 1; 2010年02月
    発表情報; Int J Oncol., 36, 341-349
    著者; Mitsuno M, Kitajima Y, Ohtaka K, Kai K, Hashiguchi K, Nakamura J, Hiraki M, Noshiro H, Miyazaki K
  • Fibroadenoma of the gallbladder with borderline malignancy: a poorly recognized gallbladder tumor.; 2009年12月
    発表情報; J Hepatobiliary Pancreat Surg., 16, 6, 874-877
    著者; Magata S, Kai K, Mori M, Edakuni G, Tokunaga O, Miyazaki K.
  • 血液透析患者に対しFOLFIRI療法、Bevacizumab併用FOLFOX4療法を施行し得た、 粘膜下腫瘍様直腸癌の1例; 2009年12月
    発表情報; 日本臨床外科学会雑誌., 70, 12, 3623-3627
    著者; 田中 智和、甲斐 敬太、鮫島 隆一郎、矢ヶ部 伸也、湯ノ谷 誠二、宮﨑 耕治
  • Hypoxia-inducible factor-1alpha expression predicts the response to 5-fluorouracil-based adjuvant chemotherapy in advanced gastric cancer.; 2009年10月
    発表情報; Oncol Rep., 22, 4, 693-699
    著者; Nakamura J, Kitajima Y, Kai K, Mitsuno M, Ide T, Hashiguchi K, Hiraki M, Miyazaki K.
  • Fumagillin inhibits colorectal cancer growth and metastasis in mice: in vivo and in vitro study of anti-angiogenesis.; 2009年07月
    発表情報; Pathol Int., 59, 7, 448-461
    著者; Hou L, Mori D, Takase Y, Meihua P, Kai K, Tokunaga O.
  • Anti-CD105 Inhibits Primary Cancer Growth and Secondary Hematogenous Metastasis in a Xenograft Model; 2009年06月
    発表情報; Vascular Disease Prevention., 6, 91-96
    著者; Minhajat R, Hou L, Kai K, Takase Y, Mori D, Tokunaga O.
  • 脂腺成分を伴った膵リンパ上皮嚢胞の1例; 2009年04月
    発表情報; 日本臨床外科学会雑誌. 70巻;1184-1187, 70, 4, 1184-1187
    著者; 田中智和, 甲斐敬太, 田渕正延, 山崎文朗, 湯ノ谷誠二.
  • Active neovascularization and possible vascular-centric development of gastric and periscapular elastofibromas; 2009年02月
    発表情報; Virchows Arch., 454, 2, 181-188
    著者; Kai K, Kusano K, Sakai M, Tabuchi M, Yunotani S, Miyazaki K, Tokunaga O.
  • 嚢胞内乳頭癌の形態を示した乳腺neuroendocrine ductal carcinoma in situの1例; 2009年01月
    発表情報; 日本臨床外科学会雑誌., 70, 1, 34-38
    著者; 中房祐司, 甲斐敬太, 矢ヶ部知美, 小池健太, 宮崎耕治
  • A long-time survivor of alpha-fetoprotein-producing gastric cancer successfully treated by fluoropyrimidine-based chemotherapy: a case study; 2009年
    発表情報; Clin J Gastroenterol., 2, 331-337
    著者; Hiraki M, Sato S, Kai K, Ohtsuka T, Kohya N, Kitajima Y, Nakafusa Y, Tokunaga O, Miyazaki K.
  • Hypoxia-inducible factor-1alpha expression predicts the response to 5-fluorouracil-based adjuvant chemotherapy in advanced gastric cancer.; 2009年
    発表情報; Oncol Rep. 22:693-699., 22, 693-699
    著者; ○Nakamura J, Kitajima Y, Kai K, Mitsuno M, Ide T, Hashiguchi K, Hiraki M, Miyazaki K.
  • Intrahepatic multicystic biliary hamartoma: report of a case.; 2008年06月
    発表情報; Hepatology Research, 38, 629-634
    著者; Kai K, Takahashi T, Miyoshi A, Yasui T, Tokunaga O, Miyazaki K.
  • An autopsy case of obstructive jaundice due to hepatic multiple peribiliary cysts accompanying hepatolithiasis; 2008年02月
    発表情報; Hepatology Research, 38, 211-216
    著者; Kai K, Eguchi Y, Kumagai T, Sugita Y, Tokunaga O
  • Quantitative double fluorescence immunohistochemistry (qDFIHC), a novel technology to assess protein expression: A pilot study analyzing 5-FU sensitive markers thymidylate synthase, dihydoropyrimidine dehydrogenase, and orotate phosphoribosyl transferase in gastric cancer tissue specimens.; 2007年12月
    発表情報; Cancer Lett., 258, 1, 45-54
    著者; Kai K, Kitajima Y, Hiraki M, Satoh S, Tanaka M, Nakafusa Y, Tokunaga O, Miyazaki K.
  • 経口避妊薬非内服女性に生じた巨大肝細胞腺腫の1例; 2007年07月
    発表情報; 診断病理, 24, 3, 332-334
    著者; 甲斐敬太, 三好篤, 貞苅良彦, 高橋知秀, 宮崎耕治, 徳永藏
  • Multiple inflammatory pseudotumor of the liver, mimicking cholangiocarcinoma with tumor embolus in the hepatic vein: report of a case.; 2007年06月
    発表情報; Surg Today., 37, 6, 530-533
    著者; Kai K, Matsuyama S, Ohtsuka T, Kitahara K, Mori D, Miyazaki K.
  • 無水エタノールablationにて閉鎖できた難治性瘻孔の4症例; 2007年02月
    発表情報; 日本外科感染症学会雑誌, 4, 1, 143-147
    著者; 松山悟, 佐藤清治, 下西智徳, 光野真由美, 甲斐敬太, 中房祐司, 宮崎耕治
  • Ethanol injection for ablation of an intractable digestive tract fistula: report of a case.; 2006年08月
    発表情報; Surg Today., 36, 8, 744-746
    著者; Matsuyama S, Sato S, Yoda Y, Kai K, Mitsuno M, Nakafusa Y, Miyazaki K.
  • 胃癌術後に重症糞線虫症を発症した1例.; 2005年10月
    発表情報; 日本臨床外科学会雑誌, 66, 10, 2464-2467
    著者; 甲斐敬太, 中野徹, 児玉和彦, 中野龍治

資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文

  • Repeated changes of the molecular subtype in gastric metastasis from breast cancer: A case report.; 2016年
    発表情報; Mol Clin Oncol., 4, 5, 695-698
    著者; 〇Nakamura J, Okuyama K, Sato H, Yoda Y, Kai K, Noshiro H.
  • Anaplastic Lymphoma Kinase-Positive Anaplastic Large Cell Lymphoma with Cardiac Metastasis and Arterial Tumor Embolisms during First-Course Chemotherapy.; 2016年
    発表情報; Case Rep Oncol., 9, 2, 440-446
    著者; 〇Nagai K, Suyama Y, Koga D, Nishi M, Iida C, Tashiro K, Danjo A, Kai K, Matsuo M.
  • 上咽頭に発生した滑膜肉腫の1例; 2016年
    発表情報; 日本臨床細胞学会九州連合会雑誌, 47, 59-63
    著者; 北村 捷, 甲斐 敬太, 佐藤 慎太郎, 中村 光男, 次富 久之, 山崎 真希子, 増田 正憲, 高瀬 ゆかり, 倉富 勇一郎, 相島 慎一
  • 高齢者に発症した若年型顆粒膜細胞腫の1例; 2015年
    発表情報; 診断病理, 32, 4, p323-236
    著者; 増田 正憲, 山﨑 真希子, 高瀬 ゆかり, 甲斐 敬太, 相島 慎一
  • 乳腺悪性葉状腫瘍の1例; 2015年
    発表情報; 日臨細胞九州会誌, 46, 31-4
    著者; ○中村光男、甲斐敬太、次富久之、龍 由希子、中村 淳、山口 健、増田正憲、高瀬ゆかり、相島慎一
  • Granulomatous reaction in hepatic inflammatory angiomyolipoma after chemoembolization and spontaneous rupture.; 2015年
    発表情報; World J Gastroenterol., 21, 32, 9675-82
    著者; Kai K, Miyosh A, Aishima S, Wakiyama K, Nakashita S, Iwane S, Azama S, Irie H, Noshiro H.
  • スライドカンファレンス 呼吸器; 2015年
    発表情報; 日本臨床細胞学会九州連合会雑誌, 46, Page23-24
    著者; 甲斐 敬太
  • 胆汁細胞診で確定診断を得たジアルジア症の一例; 2015年
    発表情報; 日本臨床細胞学会九州連合会雑誌, 46, Page83-86
    著者; *尾形 正也, 甲斐 敬太, 鶴田 有紗, 井上 慎介, 永石 信二, 古垣 浩一, 酒井 正, 田渕 正延, 木戸 伸一
  • 手術単独で治療した胆管原発小細胞癌の1例; 2015年
    発表情報; 日本臨床外科学会雑誌, 76, 9, Page2293-2298
    著者; ○佐藤 博文, 井手 貴雄, 甲斐 敬太, 北原 賢二, 上田 純二, 能城 浩和
  • Curative resection of gallbladder cancer with liver invasion and hepatic metastasis after chemotherapy with gemcitabine plus S-1: report of a case.; 2014年
    発表情報; World J Surg Oncol. , 12, 326
    著者; ○Okumura T, Nakamura J, Kai K, Ide Y, Nakamura H, Koga H, Ide T, Miyoshi A, Kitahara K, Noshiro H.
  • 子宮体部粘液性腺癌の細胞像と組織像; 2014年
    発表情報; 日本臨床細胞学会雑誌 , 53, 5, 406-407
    著者; 甲斐 敬太, 花島 克幸, 尾形 正也, 永石 信二, 木戸 伸一
  • 症例 神経内分泌マーカーを発現し,神経内分泌腫瘍との鑑別を要した充実型浸潤性小葉癌の1例 ; 2014年
    発表情報; 乳癌の臨床 , 29, 4, 419-425
    著者; 甲斐 敬太, 中村 淳, 山口 健, 増田 正憲, 高瀬 ゆかり, 相島 慎一
  • Metachronous aortic aneurysms due to sarcoidosis.; 2012年
    発表情報; Pathol Int., 62, 5, 335-338
    著者; Hou L, Masuda M, Akashi1 M, Kido1 S, Takase Y, Kai K, Tokunaga O
  • Hepatoid carcinoma of the pancreas penetrating into the gastric cavity: A case report and literature review; 2012年
    発表情報; Pathol Int., 62, 7, 485-490
    著者; Kai K, Nakamura J, Ide T, Masuda M, Kitahara K, Miyoshi A, Noshiro H, Tokunaga O
  • A case of unclassified multicystic biliary tumor with biliary adenofibroma features; 2012年
    発表情報; Pathol Int., 62, 7, 506-510
    著者; Kai K, Yakabe T, Kohya N, Miyoshi A, Iwane S, Mizuta T, Miyazaki K, Tokunaga O
  • A unique case of gallbladder cancer arising in the neck side of segmental adenomyomatosis that mimicked hepatocellular carcinoma on contrast CT; 2012年
    発表情報; Oncol. Gastroenterol. Hepatol. Reports 2012, 1, 1, 33-36
    著者; Kai K, Ide T, Egashira R, Koga Y, Wakiyama K, Kitahara K, Irie H, Noshiro H, Tokunaga O
  • E-cadherin発現減弱を伴った乳癌の細胞像と組織像; 2012年
    発表情報; 日本臨床細胞学会雑誌, 51, 1, 33-37
    著者; 甲斐敬太 山崎文朗 田渕正延 増田正憲 永石信二 尾形正也 武藤文博 徳永藏
  • 乳腺過誤腫(腺脂肪腫)の2例; 2012年
    発表情報; 乳癌の臨床, 27, 4, 477-483
    著者; 甲斐敬太 田渕正延 大嶋かおり 増田正憲 脇山幸大 林 隆元 徳永藏
  • 腸重積をきたした小腸血管脂肪腫の1例; 2012年
    発表情報; 臨床外科, 67, 12, 1457-1460
    著者; *松尾 達也, 久保 洋, 甲斐 敬太, 原田 貞美
  • Fibroadenoma of the gallbladder with borderline malignancy: a poorly recognized gallbladder tumor.; 2009年
    発表情報; J Hepatobiliary Pancreat Surg. 16:874-877., 16, 874-877
    著者; ○Magata S, Kai K, Mori M, Edakuni G, Tokunaga O, Miyazaki K.
  • A long-time survivor of alpha-fetoprotein-producing gastric cancer successfully treated by fluoropyrimidine-based chemotherapy: a case study; 2009年
    発表情報; Clin J Gastroenterol. 2:331–337, 2, 331-337
    著者; ○Hiraki M, Sato S, Kai K, Ohtsuka T, Kohya N, Kitajima Y, Nakafusa Y, Tokunaga O, Miyazaki K.
  • 脂腺成分を伴った膵リンパ上皮嚢胞の1例; 2009年
    発表情報; 日本臨床外科学会雑誌. 70巻;1184-1187, 70, 1184-1187
    著者; ○田中智和, 甲斐敬太, 田渕正延, 山崎文朗, 湯ノ谷誠二.
  • 血液透析患者に対しFOLFIRI療法、Bevacizumab併用FOLFOX4療法を施行し得た、粘膜下腫瘍様直腸癌の1例; 2009年
    発表情報; 日本臨床外科学会雑誌. 70巻; 3623-3627., 70, 3623-3627
    著者; ○田中 智和、甲斐 敬太、鮫島 隆一郎、矢ヶ部 伸也、湯ノ谷 誠二、宮﨑 耕治
  • 嚢胞内乳頭癌の形態を示した乳腺neuroendocrine ductal carcinoma in situの1例; 2009年
    発表情報; 日本臨床外科学会雑誌. 70巻; 34-38, 70, 34-38
    著者; ○中房祐司, 甲斐敬太, 矢ヶ部知美, 小池健太, 宮崎耕治

一般講演(学術講演を含む)

  • Cytological difference of nuclei between hepatocellular carcinoma and cholangiocellular carcinoma; 2016年
    発表情報; ICC2016 -19th International Congress of Cytology-, 2016, 5,28-6,1
    著者; Kai K, Nakamura M, Aishima S
  • 胃癌外科切除標本におけるHER-2発現とホルマリン固定時間の関連性の検討; 2016年
    発表情報; 第105回日本病理学会総会, 2016, 5, 12-14
    著者; 甲斐 敬太, 與田 幸恵, 能城 浩和, 相島 慎一
  • 胆管癌におけるperiostin発現の検討; 2016年
    発表情報; 第105回日本病理学会総会, 2016, 5, 12-14
    著者; 〇増田 正憲, 山地 康太郎, 橋口 真理子, 山崎 真希子, 高瀬 ゆかり, 甲斐 敬太, 相島 慎一
  • 大唾液腺に発生した扁平上皮癌の2例; 2016年
    発表情報; 第105回日本病理学会総会, 2016, 5, 12-14
    著者; 〇松尾 和紀, 相島 慎一, 青木 茂久, 増田 正憲, 高瀬 ゆかり, 甲斐 敬太
  • 経胃的EUS-FNAが診断に有用であった大腸低分化腺癌の一例; 2016年
    発表情報; 第57回日本臨床細胞学会総会(春期大会)/第19回国際細胞学会議(ICC2016), 2016, 5,28-6,1
    著者; 山崎 真希子, 甲斐 敬太, 坂井 絢, 楢崎 さやか, 中村 光男, 川久保 洋晴, 坂田 資尚, 河野 博, 野村 明成, 相島 慎一
  • 粘膜下腫瘍の形態を示した子宮頸部の明細胞腺癌の1例; 2016年
    発表情報; 第57回日本臨床細胞学会総会(春期大会)/第19回国際細胞学会議(ICC2016), 2016, 5,28-6,1
    著者; 〇橋口 真理子, 西山 哲, 福田 亜紗子, 大隈 恵美, 野口 光代, 内山 倫子, 甲斐 敬太, 中尾 佳史, 相島 慎一, 横山 正俊
  • 小児に発生した心原発血管肉腫の細胞像と組織像; 2016年
    発表情報; 第55回 日本臨床細胞学会秋期大会, 2016, 11, 18-19
    著者; 中村 光男, 甲斐 敬太, 高瀬 ゆかり, 北村 捷, 西 眞範, 古賀 大介, 溝端 理恵, 古川 浩二郎, 森田 茂樹, 相島 慎一
  • 卵巣小細胞癌の一例; 2016年
    発表情報; 第55回 日本臨床細胞学会秋期大会, 2016, 11, 18-19
    著者; 〇西山 哲, 橋口 真理子, 福田 亜紗子, 大隈 恵美, 花島 克幸, 野口 光代, 内山 倫子, 山崎 文朗, 山崎 真希子, 甲斐 敬太, 中尾 佳史, 横山 正俊
  • Tissue microarray および 画像解析ソフトを用いた胆嚢癌浸潤部の炎症細胞浸潤と腫瘍細胞におけるE-cadherin発現に関する解析; 2016年
    発表情報; 第27回日本消化器癌発生学会総会, 2016, 9, 15-16
    著者; 甲斐 敬太, 増田 正憲, 相島 慎一
  • Chemical shift imagingにて脂肪が検出された卵巣セルトリ・ライディク細胞腫の1例; 2016年
    発表情報; 第75回日本医学放射線学会総会, 2016, 4, 14-17
    著者; 〇武下 剛, 中園 貴彦, 山口 健, 入江 裕之, 西山 哲, 橋口 真理子, 横山 正俊, 内橋 和芳, 甲斐 敬太
  • 喫煙は非B非C肝細胞癌の独立した術後予後不良因子である オカルトHBV感染を含めた発癌リスクファクターの解析; 2016年
    発表情報; 第116回日本外科学会定期学術集会, 2016, 4, 14-16
    著者; 〇古賀 浩木, 甲斐 敬太, 相島 慎一, 山地 康大郎, 井手 貴雄, 上田 純二, 能城 浩和
  • 血栓性微小血管症に肺胞出血を合併し急死した1剖検例; 2016年
    発表情報; 第13回日本病理学会カンファレンス, 2016. 7. 29-30
    著者; 山﨑 真希子、中尾 嘉修、山地 康大郎、橋口 真理子、増田 正憲、高瀬 ゆかり、甲斐 敬太、多田 芳史、相島 慎一
  • 腺癌とMantle cell lymphomaを同時に胸水中に認めた一例; 2016年
    発表情報; 第32回日本臨床細胞学会九州連合会学会, 2016, 7, 23-24
    著者; 龍 由希子, 甲斐 敬太, 楢﨑 さやか, 中村 光男, 次富 久之, 久保田寧, 木村 晋也, 末岡榮三朗, 相島 慎一
  • 捺印細胞診を行った Atypical polypoid adenomyoma (APAM)の1例; 2016年
    発表情報; 第32回日本臨床細胞学会九州連合会学会, 2016, 7, 23-24
    著者; 福田 亜紗子, 橋口 真理子, 甲斐 敬太, 西山 哲, 大隈 恵美, 野口 光代, 内山 倫子, 中尾 佳史, 相島 慎一, 横山 正俊
  • 非B非C肝細胞癌と喫煙習慣:手術例における検討; 2016年
    発表情報; 第107回日本消化器病学会九州支部例会/第101回日本消化器内視鏡学会九州支部例会, 2016, 6, 24-25
    著者; 甲斐 敬太, 古賀 浩木, 相島 慎一, 山地 康大郎, 井手 貴雄, 上田 純二, 能城 浩和
  • 非B非C肝細胞癌外科切除例におけるオカルトHBV感染の状況; 2016年
    発表情報; 第107回日本消化器病学会九州支部例会/第101回日本消化器内視鏡学会九州支部例会, 2016, 6, 24-25
    著者; 山地 康大郎, 甲斐 敬太, 相島 慎一, 古賀 浩木, 井手 貴雄, 上田 純二, 能城 浩和
  • 肉腫あるいは癌肉腫との鑑別を要した大腸低分化腺癌の一例; 2016年
    発表情報; 第32回佐賀県臨床細胞学会地方会, 2016, 2, 20
    著者; 坂井 絢, 甲斐 敬太, 山崎 真希子, 楢崎 さやか, 中村 光男, 川久保 洋晴, 坂田 資尚, 河野 博, 野村 明成, 相島 慎一
  • 非定型的な経過をたどった子宮頸癌の一例; 2016年
    発表情報; 第32回佐賀県臨床細胞学会地方会, 2016, 2, 20
    著者; 西山 哲, 福田 亜紗子, 大隈 恵美, 橋口 真理子, 野口 光代, 内山 倫子, 甲斐 敬太, 中尾 佳史, 横山 正俊
  • 乳腺腫瘍; 2016年
    発表情報; 第349回日本病理学会九州・沖縄支部スライドコンファレンス, 2016, 1, 30
    著者; 山地 康大郎, 甲斐 敬太
  • 頬粘膜腫瘍; 2016年
    発表情報; 第351回日本病理学会九州・沖縄支部スライドコンファレンス, 2016, 5, 21
    著者; 甲斐 敬太
  • 著明な肝脾腫を呈し、急激な転帰を辿った剖検例; 2016年
    発表情報; 第89回九州病理集談会, 2016, 7, 9
    著者; 甲斐 敬太
  • 胆嚢癌におけるTTF-1, Napsin-Aの免疫組織学的発現の検討; 2015年
    発表情報; 第104回日本病理学会総会, 2015,4,30-5,2
    著者; 増田 正憲, 山﨑 真希子, 高瀬 ゆかり, 甲斐 敬太, 相島 慎一
  • 胆嚢癌における腫瘍細胞形態および発現形質の検討; 2015年
    発表情報; 第104回日本病理学会総会, 2015,4,30-5,2
    著者; 甲斐 敬太, 山崎 真希子, 増田 正憲, 高瀬 ゆかり, 相島 慎一
  • 卵巣胚細胞性腫瘍の脾臓再発を疑われた深在性真菌症の1例; 2015年
    発表情報; 第57回日本婦人科腫瘍学会学術講演会, 2015, 8, 7-9
    著者; ○藤田 愛, 野口 光代, 橋口 真理子, 西山 哲, 山口 浩樹, 甲斐 敬太, 大隈 恵美, 相原 聡美, 山崎 文朗, 中尾 佳史, 横山 正俊
  • CML寛解中に出現した大腿部Myeloid sarcomaの一例; 2015年
    発表情報; 第56回 日本臨床細胞学会総会春期大会, 2015, 6, 12-14
    著者; 楢崎 さやか, 甲斐 敬太, 中村 光男, 次富 久之, 中原 由利重, 山崎 真希子, 増田 正憲, 高瀬 ゆかり, 相島 慎一, 戸田 修二
  • 捺印細胞診で推定困難であった大腿部Myeloid sarcomaの一例; 2015年
    発表情報; 第31回佐賀県臨床細胞学会地方会, 2015,2,28
    著者; 中原 由利重,楢﨑 さやか,甲斐 敬太,中村 光男,次富 久之,山崎 真希子,増田 正憲,高瀬 ゆかり,相島 慎一,戸田 修二
  • 上咽頭に発生したSynovial sarcomaの1例; 2015年
    発表情報; 第31回日本臨床細胞学会九州連合会学会, 2015,7,25-26
    著者; 北村 捷,甲斐 敬太,佐藤 慎太郎,中村 光男,次富 久之,山崎 真希子,増田 正憲,高瀬 ゆかり,倉富 勇一郎,相島 慎一
  • HIF-1αis a crucial factor in the development of peritoneal dissemination via natural metastatic routes in scirrhous gastric cancer.; 2014年
    発表情報; AACR American Association for Cancer Research annual meeting, 2014.4.5-9
    著者; ○Shuusuke Miyake, Yoshiko kitajima, Jun Nakamura, Keita Kai, Kazuyoshi Yanagihara, Tomokazu Tanaka, Masatsugu Hiraki, Kohji miyazaki, Hirokazu Noshiro
  • SM大腸癌における簇出の診断精度とサイトケラチン免疫染色の意義について; 2014年
    発表情報; 第103回日本病理学会総会, 2014.4.24-26
    著者; ○甲斐敬太、青木茂久、高瀬ゆかり、内橋和芳、増田正憲、西島亜紀、山本美保子、井手康介、中山敦史、戸田修二
  • 両側後天性嚢胞腎随伴腎細胞癌の一例; 2014年
    発表情報; 第103回日本病理学会総会, 2014.4.24-26
    著者; 柚木麻友子、増田正憲、高瀬ゆかり、甲斐敬太
  • 非B非C肝細胞癌の臨床病理学的特徴; 2014年
    発表情報; 第114回日本外科学会定期学術集会, 2014.4.3-5
    著者; ○古賀 浩木, 甲斐 敬太, 井手 貴雄, 三好 篤, 北原 賢二, 能城 浩和
  • 大腸癌の予後マーカーとしてのTFF3発現に関する検討; 2014年
    発表情報; 第114回日本外科学会定期学術集会, 2014.4.3-5
    著者; ○中村 淳, 森戸 清人, 北島 吉彦, 甲斐 敬太, 井手 貴雄, 古賀 靖大, 能城 浩和
  • スキルス胃癌の腹膜播種はHIF-1αにより増強されるリンパ管を介した遠隔転移である; 2014年
    発表情報; 第114回日本外科学会定期学術集会, 2014.4.3-5
    著者; ○三宅 修輔, 北島 吉彦, 中村 淳, 甲斐 敬太, 柳原 五吉, 田中 智和, 馬塲 耕一, 宮崎 耕治, 能城 浩和
  • 胆嚢神経内分泌癌の1例; 2014年
    発表情報; 第73回日本医学放射線学会総会, 2014.4.10-13
    著者; *大嶋 かおり, 高橋 行彦, 林 隆元, 山内 康平, 宮原 正晴, 井手 貴雄, 田渕 正延, 湯ノ谷 誠二, 甲斐 敬太, 木戸 伸一
  • 乳腺悪性葉状腫瘍の一例; 2014年
    発表情報; 第30回日本臨床細胞学会九州連合会学会, 2014.7.5-6
    著者; 中村 光男,甲斐 敬太,次富 久之,龍 由希子,中村 淳,山口 建,増田 正憲,高瀬 ゆかり,相島 慎一
  • スライドカンファレンス「呼吸器」; 2014年
    発表情報; 第30回日本臨床細胞学会九州連合会学会, 2014.7.5-6
    著者; 甲斐敬太
  • 汁細胞診で確定診断を得たジアルジア症の一例; 2014年
    発表情報; 第30回日本臨床細胞学会九州連合会学会, 2014.7.5-6
    著者; 尾形正也, 甲斐敬太, 古垣浩一, 靏田有紗, 井上慎介, 永石信二, 酒井正, 田淵正延, 木戸伸一
  • 病理検体受付時における依頼内容の不備・不一致事案についての解析; 2014年
    発表情報; 第61回日本臨床検査医学会学術集会 in 福岡, 2014.11.22-25
    著者; 久米修二,中村光男,次富久之,甲斐敬太,東谷孝徳,太田昭一郎,末岡榮三郎
  • 多発内分泌腫瘍症候群(MEN)1型の合併を伴わず膵内に多発したインスリノーマの1例; 2014年
    発表情報; 第14回日本内分泌学会九州地方会, 2014.8.23
    著者; ○中尾仁美, 寺坂喜子, 松田やよい, 井手貴雄, 上田純二, 高木佑介, 那須俊甫, 山口美幸, 甲斐敬太, 相島慎一, 安西慶三
  • デジタルパソロジー実習3年間の経験と今後の展望; 2012年
    発表情報; 第101回日本病理学会総会, 2012.04.26-28
    著者; 徳永藏 増田正憲 甲斐敬太 高瀬ゆかり 明石道昭 木戸伸一 
  • 胆嚢癌におけるE-cadherinの発現と炎症細胞浸潤との関係; 2012年
    発表情報; 第101回日本病理学会総会, 2012.04.26-28
    著者; 甲斐敬太 増田正憲 徳永藏
  • 結節性多発動脈炎の腎血管の形態学的、免疫組織学的所見とその局在性の検討; 2012年
    発表情報; 第101回日本病理学会総会, 2012.04.26-28
    著者; 増田正憲 甲斐敬太 明石道昭 高瀬ゆかり 徳永藏  
  • デジタルパソロジー実習とその後の問題点; 2012年
    発表情報; 第11回日本テレパソロジー・バーチャルマイクロスコピー研究会, 2012.12.14-15
    著者; 増田正憲、高瀬ゆかり、甲斐敬太、徳永藏
  • 進行胃癌の予後マーカーとしてのTFF1発現意義と発現制御機構に関する検討; 2012年
    発表情報; 第112回日本外科学会定期学術集会, 2012.4.12-14
    著者; ○田中 智和, 中村 淳, 北島 吉彦, 甲斐 敬太, 三宅 修輔, 井手 貴雄, 古賀 靖大, 能城 浩和, 宮崎 耕治
  • 肝細胞癌切除例における肝炎ウィルス感染と肝外原発重複癌の関係について; 2012年
    発表情報; 第20回 日本消化器関連学会週間(JDDW), 第16回日本肝臓学会大会, 2012.10.10-13
    著者; 甲斐 敬太, 三好 篤
  • 腺筋症合胆嚢癌の画像描出像について; 2012年
    発表情報; 第23回 日本消化器癌発生学会, 2012.11.15-16
    著者; 甲斐 敬太、入江 裕之、井手 貴雄、増田 正憲、北原 賢二、三好 篤、宮﨑 耕治 、能城 浩和 、徳永 藏
  • 皮膚腫瘍; 2012年
    発表情報; 第325回 九州・沖縄スライドコンファレンス, 2012.1.28
    著者; 甲斐敬太
  • 肝腫瘍; 2012年
    発表情報; 第326回 九州・沖縄スライドコンファレンス, 2012.3.17
    著者; 甲斐敬太
  • 肝腫瘤; 2012年
    発表情報; 第328回 九州・沖縄スライドコンファレンス, 2012.7.7
    著者; 甲斐敬太
  • 小腸病変; 2012年
    発表情報; 第329回 九州・沖縄スライドコンファレンス, 2012.9.22
    著者; 甲斐敬太
  • 腹腔内出血をきたした肝腫瘤の一例; 2012年
    発表情報; 第18回 佐賀肝疾患研究会, 2012.3.1
    著者; 甲斐敬太
  • Adenomyomatosis合併胆嚢では胆嚢癌の早期診断は困難である; 2011年11月
    発表情報; 第22回日本消化器癌発生学会総会 2011.11.25-26
    著者; 甲斐敬太、井手貴雄、増田正憲、北原賢二、三好篤、宮﨑耕治、能城浩和、徳永藏
  • 直腸癌のSPIO造影3T-MRIおよびMDCT所見と病理所見の比較検討; 2011年11月
    発表情報; 第22回日本消化器癌発生学会総会 2011.11.25-26
    著者; 明石道昭、甲斐敬太、隅健次、矢ケ部知美、古賀靖大、中房祐司、徳永蔵、能城浩和
  • 軟部腫瘍; 2011年11月
    発表情報; 第324回 九州・沖縄スライドコンファレンス 2011.11.5
    著者; 甲斐敬太
  • 乳腺原発扁平上皮癌の穿刺吸引細胞診についての検討; 2011年10月
    発表情報; 第50回日本臨床細胞学会総会(秋期大会) 2011.10.22-23
    著者; 甲斐敬太, 田淵正延, 永石信二, 尾形正也, 徳永藏
  • 当院における遠隔病理診断による術中迅速診断症例の検討; 2011年10月
    発表情報; 日本臨床外科学会雑誌(1345-2843)72巻増刊 Page749
    著者; 中山宏道, 鮫島隆一郎, 井久保丹, 田渕正延, 湯ノ谷誠二, 甲斐敬太, 明石道昭, 木戸伸一, 徳永藏
  • バーチャルスライド(VS)病理診断と教育への応用:デジタルパソロジー実習と今後の展望; 2011年09月
    発表情報; 第10回日本テレパソロジー・バーチャルマイクロスコピー研究会 2011.9.9-10
    著者; 徳永藏、増田正憲、甲斐敬太、高瀬ゆかり、明石道昭、木戸伸一
  • バーチャルスライドによる術中遠隔病理診断、3年間の経験と今後の展望; 2011年09月
    発表情報; 第10回日本テレパソロジー・バーチャルマイクロスコピー研究会 2011.9.9-10
    著者; 増田正憲、甲斐敬太、明石道昭、木戸伸一、高瀬ゆかり、尾形正也、永石信二、徳永藏
  • ヌードマウス自然転移モデルにおいてHIF-1α発現欠失はスキルス胃癌の腹膜播種転移を抑制する; 2011年09月
    発表情報; 日本癌学会総会記事(0546-0476)70回 Page289-290
    著者; 北島吉彦, 三宅修輔, 中村淳, 甲斐敬太, 柳原五吉, 田中智和, 井手貴雄, 古賀靖大, 能城浩和
  • 進行胃癌の予後におけるTFF1発現の意義とその制御機構; 2011年09月
    発表情報; 日本癌学会総会記事(0546-0476)70回 Page422
    著者; 井手貴雄, リー・サム, 甲斐敬太, 能城浩和
  • C型慢性肝炎を背景に生じた 巨大肝粘液癌の一例; 2011年09月
    発表情報; 佐賀肝疾患研究会 2011/9/8
    著者; 井手康史、甲斐敬太、三好篤、北原賢二
  • 胃癌におけるHIF-1α及びDNAメチル化を介したCA9発現調節と化学療法抵抗性についての検討; 2011年07月
    発表情報; 第66回日本消化器外科学会総会 2011.7.13-15
    著者; 中村淳, 北島吉彦, 甲斐敬太, 平木将紹, 橋口和義, 能城浩和, 宮崎耕治
  • 胆管肉腫様癌の細胞像と組織像; 2011年05月
    発表情報; 第52回日本臨床細胞学会総会(春期大会) 2011.5.20-22
    著者; 甲斐敬太, 増田正憲, 明石道昭, 中村光男, 次富久之, 徳永藏
  • 進行胃癌の予後におけるTFF1発現の意義; 2011年05月
    発表情報; 第111回日本外科学会定期学術集会 2011.5.25
    著者; 田中智和, 中村淳, 北島吉彦, 甲斐敬太, 三宅修輔, 井手貴雄, 古賀靖大, 能城浩和
  • 膵腫瘍; 2011年05月
    発表情報; 第321回 九州・沖縄スライドコンファレンス 2011.5.14
    著者; 甲斐敬太
  • 結節性多発動脈炎の腎血管の形態的、免疫組織所見からみた特徴; 2011年04月
    発表情報; 第100回日本病理学会総会 2011.4.28-30
    著者; 増田正憲, 甲斐敬太, 明石道昭, 木戸伸一, 高瀬ゆかり, 徳永藏
  • Adenomyomatosis合併胆嚢癌の臨床病理学的特徴; 2011年04月
    発表情報; 第100回日本病理学会総会 2011.4.28-30
    著者; 甲斐敬太, 増田正憲, 徳永藏
  • 緊急手術を行った血管ベーチェット病による胸部大動脈瘤の1症例; 2011年04月
    発表情報; 
    著者; 明石道昭, 増田正憲, 甲斐敬太, 木戸伸一, 高瀬ゆかり, 徳永藏
  • 乳腺原発扁平上皮癌の臨床病理学的特徴と細胞像; 2011年03月
    発表情報; 第27回日本臨床細胞学会佐賀県支部地方会 2011/3/12
    著者; 甲斐敬太、田渕正延、永石信二、尾形正也、徳永藏
  • 肝腫瘤; 2011年01月
    発表情報; 第319回 九州・沖縄スライドコンファレンス 2011.1.29
    著者; 甲斐敬太
  • 胃癌における組織型特異的DNAメチル化を介したCA9発現調節; 2010年11月
    発表情報; 第21回日本消化器癌発生学会 2010.11.18-19
    著者; 中村淳, 北島吉彦, 甲斐 敬太, 平木 将紹, 橋口 和義, 能城 浩和, 宮﨑 耕治 
  • 画像診断、細胞診、術中迅速診断の結果が乖離した両側非浸潤性乳管癌の一例; 2010年09月
    発表情報; 第49回日本臨床細胞学会 秋期大会 2010.11.21-22
    著者; 増田正憲, 甲斐敬太, 田淵正延, 明石道昭, 木戸伸一, 尾形正也, 永石信二, 徳永藏
  • E-Cadherin発現減弱を伴った浸潤性乳管癌の細胞像と組織像; 2010年09月
    発表情報; 第49回日本臨床細胞学会 秋期大会 2010.11.21-22
    著者; 甲斐敬太, 山崎文朗, 田渕正信, 増田正憲, 林隆元, 永石信二, 尾形正也, 武藤文博, 徳永藏
  • 非肝炎例に生じた異なる2成分からなる肝腫瘍; 2010年09月
    発表情報; 佐賀肝疾患研究会 2010,9,2
    著者; 甲斐敬太, 三好篤, 久保洋, 北原賢二, 磯田広史, 水田敏彦, 能城浩和, 徳永藏
  • 示唆に富む細胆管細胞癌の2例; 2010年09月
    発表情報; 九州肝癌研究会 2010,9,18
    著者; 甲斐敬太, 三好篤, 古賀浩木, 北原賢二, 能城浩和, 徳永藏
  • The attempt of tailor-made chemotherapy from biopsy specimens; 2010年08月
    発表情報; 9th International Conference of The Ajian Clinical Oncology Society 2010.8.25-27
    著者; Kai K, Kitajima Y, Tokunaga O, Nakamura J, Hashiguchi K, Noshiro H, Miyazaki K
  • Expression of carbonic anhydrase IX is predominantly regulated by site-specific DNA methylation rather than hypoxia in gastric cancer and affects the gastric carcinogenesis; 2010年08月
    発表情報; 9th International Conference of The Ajian Clinical Oncology Society 2010.8.25-27
    著者; Nakamura J, Kitajima Y, Kai K, Hashiguchi K, Hiraki M, Noshiro H, Miyazaki K.
  • 食道由来と考えられる気管支原性嚢胞の2例; 2010年07月
    発表情報; 第46回日本医学放射線学会秋季臨床大会 2010.9.18-20
    著者; 平井徹良, 水口昌伸, 中園貴彦, 工藤祥, 佐藤清治, 櫻木徹, 甲斐敬太, 徳永蔵
  • 胃癌におけるHIF-1α及びDNAメチル化を介したCA9発現調節と化学療法抵抗性についての検討; 2010年07月
    発表情報; 第65回日本消化器外科学会総会 2010.7.14-16
    著者; 中村淳, 北島吉彦, 甲斐 敬太, 平木 将紹, 橋口 和義, 能城 浩和, 宮﨑 耕治 
  • 長期予後を目指した肝切除を中心とした肝細胞癌治療; 2010年07月
    発表情報; 第46回 日本肝癌研究会 2010.7.8-9
    著者; 三好篤, 甲斐敬太, 神谷尚彦, 河口泰典, 江口有一郎, 水田敏彦, 北原賢二, 能城浩和, 宮﨑耕治
  • 示唆に富むNASH肝癌の2例; 2010年07月
    発表情報; 第46回 日本肝癌研究会 2010.7.8-9
    著者; 甲斐敬太, 三好篤, 神谷尚彦, 古賀浩木, 北川浩, 北原賢二, 能城浩和, 徳永藏, 宮﨑耕治
  • A case of the invasive ductal carcinoma with reduced E-cadherin; 2010年07月
    発表情報; 第316回 九州・沖縄スライドコンファレンス 2010,7,17
    著者; 甲斐敬太
  • 進行胃癌におけるHIF-1 alpha発現と5-FU補助化学療法の効果についての検討; 2010年04月
    発表情報; 第110回日本外科学会総会 2010.4.8-10
    著者; 中村淳, 北島吉彦, 甲斐敬太, 橋口和義, 平木将紹, 能城浩和, 宮崎耕治
  • 解剖からみた合理的な肝切除 肝細胞癌に対する門脈分岐形態に基づいた系統的肝切除; 2010年04月
    発表情報; 第110回日本外科学会総会 2010.4.8-10
    著者; 三好篤, 北原賢二, 甲斐敬太, 神谷尚彦, 能城浩和, 宮崎耕治
  • 最新モダリティによる直腸癌の術前診断と病理所見との比較検討; 2010年03月
    発表情報; 第99回日本病理学会総会 2010.4.27-29
    著者; 明石道昭、甲斐敬太、徳永 藏
  • 結節性多発動脈炎における腎血管弾性線維層の形態的変化; 2010年03月
    発表情報; 第99回日本病理学会総会 2010.4.27-29
    著者; 増田正憲、甲斐敬太、明石道昭、徳永 藏
  • バーチャルスライドを用いた遠隔術中迅速診断研究; 2010年03月
    発表情報; 第99回日本病理学会総会 2010.4.27-29
    著者; 高瀬ゆかり、甲斐敬太、増田正憲、明石道昭、木戸伸一、徳永 藏
  • 胆嚢癌における腫瘍胞巣のクラスター化(Budding)と深達度および予後との関係; 2010年03月
    発表情報; 第99回日本病理学会総会 2010.4.27-29
    著者; 甲斐敬太、徳永 藏
  • ウェルシュ菌感染から下部消化管穿孔・敗血症性ショックを来した一例; 2010年03月
    発表情報; 第46回日本腹部救急医学会総会 2010.3.18-19
    著者; 浦田雅子, 甲斐敬太, 小林毅一郎, 能城浩和, 宮崎耕治
  • 血管造影後に高度の自然壊死を来した肝細胞癌の2例; 2010年03月
    発表情報; 佐賀肝疾患研究会 2010.3.4
    著者; 甲斐敬太, 三好篤, 有尾啓介, 北原賢二, 水田敏彦, 川添聖治, 入江裕之, 徳永藏, 能城浩和, 宮﨑耕治
  • The ribonucleotide reductase subunit M1 expression assessed by quantitative double-fluorescence immunohistochemistry is a useful chemo-resistant marker of gemcitabine in biliary tract carcinoma; 2010年02月
    発表情報; 8th Joint Conference of the American Association for Cancer Research and the Japanese Cancer Association 2010,2,5-9
    著者; Kai K, Kohya N, Nakamura J, Ohtaka K, Hashiguchi K, Hiraki M, Kitajima Y, Tokunaga O, Noshiro H, Miyazaki K.
  • 直腸癌手術に対する肥満の影響; 2009年11月
    発表情報; 日本大腸肛門病学会雑誌, 62, 9, 646-646
    著者; 隅健次, 矢ヶ部知美, 甲斐敬太, 宮崎耕治
  • 原発性卵巣癌との鑑別が問題となった卵巣転移を伴う大腸原発粘液癌の一例; 2009年11月
    発表情報; 日本大腸肛門病学会雑誌, 62, 9, 779-779
    著者; 甲斐敬太, 隅健次, 宮崎耕治
  • 肝炎症性偽腫瘍の3例; 2009年11月
    発表情報; 日本臨床外科学会雑誌, 70, 増刊, 677-677
    著者; 古賀浩木, 三好篤, 甲斐敬太, 神谷尚彦, 北原賢二, 能城浩和, 宮崎耕治
  • 胆嚢癌の浸潤形式とTumor infiltrating lymphocyte(TIL)の検討; 2009年11月
    発表情報; 第20回 日本消化器癌発生学会総会抄録集, 20, 119-119
    著者; 甲斐敬太、神谷尚彦、徳永藏、北原賢二、三好篤、能城浩和、宮崎耕治
  • 胃癌におけるHIF-1αの発現と5-FU抵抗性についての検討; 2009年11月
    発表情報; 第20回 日本消化器癌発生学会総会抄録集, 127-127
    著者; 中村淳、北島吉彦、甲斐敬太、橋口和義、平木将嗣、能城浩和、宮崎耕治
  • 直腸癌手術に対する肥満の影響; 2009年11月
    発表情報; 第64回日本大腸肛門病学会学術集会 2009.11.6-7 日本大腸肛門病学会雑誌62巻9号Page646, 62, 9, 646
    著者; ○隅健次, 矢ヶ部知美, 甲斐敬太, 宮崎耕治
  • HIF-1α発現は胃癌において5-FUの効果予測因子となる; 2009年10月
    発表情報; 日本癌学会総会記事, 68, 85-86
    著者; 中村淳, 北島吉彦, 甲斐敬太, 橋口和義, 平木将紹, 宮崎耕治
  • HIF-1α発現は胃癌において5-FUの効果予測因子となる; 2009年10月
    発表情報; 第68回日本癌学会学術総会 2009.10.1-3 日本癌学会総会記事68回 Page85-86, 85-86
    著者; ○中村淳, 北島吉彦, 甲斐敬太, 橋口和義, 平木将紹, 宮崎耕治
  • Hepatolithiasis with biliary intraductal neoplasm (BilIN); 2009年09月
    発表情報; 第311回九州・沖縄スライドコンファレンス 2009.9.26
    著者; 甲斐敬太
  • 肝門部胆管癌における断端陽性例と局所再発についての検討; 2009年07月
    発表情報; 日本消化器外科学会雑誌, 42, 7, 1330-1330
    著者; 甲斐敬太, 神谷尚彦, 北原賢二, 大塚隆生, 三好篤, 中房祐司, 宮崎耕治
  • NASH肝癌の病理学的検討と糖質、脂質の局在について; 2009年07月
    発表情報; 第45回日本肝癌研究会抄録集, 227-227
    著者; 甲斐敬太、三好篤、神谷尚彦、北原賢二、能城浩和、徳永藏、宮崎耕治
  • 肝細胞癌に対する肝切除後10年生存症例の検討; 2009年07月
    発表情報; 第45回日本肝癌研究会抄録集, 211-211
    著者; 三好篤、北原賢二、甲斐敬太、神谷尚彦、能城浩和、宮崎耕治
  • 肝門部胆管癌における断端陽性例と局所再発についての検討; 2009年07月
    発表情報; 第64回消化器外科学会総会 2009.7.16-18 日本消化器外科学会雑誌42巻7号 Page1330, 42, 7, 1330
    著者; 甲斐敬太, 神谷尚彦, 北原賢二, 大塚隆生, 三好篤, 中房祐司, 宮崎耕治
  • NASH肝癌の病理学的検討と糖質、脂質の局在について; 2009年07月
    発表情報; 第45回日本肝癌研究会 2009.7.3-4 第45回日本肝癌研究会抄録集p227, 227
    著者; 甲斐敬太、三好篤、神谷尚彦、北原賢二、能城浩和、徳永藏、宮崎耕治
  • 肝細胞癌に対する肝切除後10年生存症例の検討; 2009年07月
    発表情報; 第45回日本肝癌研究会 2009.7.3-4 第45回日本肝癌研究会抄録集p211, 211
    著者; ○三好篤、北原賢二、甲斐敬太、神谷尚彦、能城浩和、宮崎耕治
  • 膵疾患に対する経皮的生検の有用性と今後の展望; 2009年06月
    発表情報; 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集21回, 21, 336-336
    著者; 大塚隆生, 甲斐敬太, 中村淳, 橋口和義, 神谷尚彦, 北原賢二, 北島吉彦, 宮崎耕治
  • 肺小細胞癌における血管新生とCD105発現の局在解析; 2009年05月
    発表情報; 日本病理学会会誌, 98, 1, 327-327
    著者; 高瀬ゆかり, 甲斐敬太, 徳永藏
  • バーチャルスライドを用いた遠隔術中迅速診断; 2009年05月
    発表情報; 日本病理学会会誌, 98, 1, 348-348
    著者; 徳永藏, 高瀬ゆかり, 甲斐敬太, 明石道昭
  • 胆嚢癌におけるTumor infiltrating lymphocyte(TIL)の検討; 2009年05月
    発表情報; 日本病理学会会誌98巻1号 Page381, 98, 1, 381-381
    著者; 甲斐敬太, 徳永藏
  • 肺小細胞癌における血管新生とCD105発現の局在解析; 2009年05月
    発表情報; 第98回日本病理学会総会  2009.5.1-3  日本病理学会会誌98巻1号 Page327, 98, 1, 327
    著者; 高瀬ゆかり, 甲斐敬太, 徳永藏
  • バーチャルスライドを用いた遠隔術中迅速診断; 2009年05月
    発表情報; 第98回日本病理学会総会  2009.5.1-3  日本病理学会会誌98巻1号 Page348, 98, 1, 348
    著者; 徳永藏, 高瀬ゆかり, 甲斐敬太, 明石道昭
  • 胆嚢癌におけるTumor infiltrating lymphocyte(TIL)の検討; 2009年05月
    発表情報; 第98回日本病理学会総会  2009.5.1-3  日本病理学会会誌98巻1号 Page381, 98, 1, 381
    著者; 甲斐敬太, 徳永藏
  • 粘膜下転移を来した早期胃癌の一例; 2009年04月
    発表情報; Japanese Journal of Radiology, 27, Suppl., 96-96
    著者; 白石聡子, 林隆元, 井上公代, 川本徹, 石光寿幸, 湯ノ谷誠二, 浦田雅子, 甲斐敬太, 徳永藏
  • 分子生物学的解析に基づく神経内分泌腫瘍治療の新たな展開; 2009年04月
    発表情報; 日本外科学会雑誌, 110, 臨増2, 225-225
    著者; 大塚隆生, 甲斐敬太, 北島吉彦, 宮崎耕治
  • 胆嚢癌におけるTumor buddingと脱分化の検討; 2009年04月
    発表情報; 日本外科学会雑誌, 110, 臨増2, 235-235
    著者; 甲斐敬太, 神谷尚彦, 北原賢二, 大塚隆生, 三好篤, 中房祐司, 宮崎耕治
  • SM大腸癌の特徴と再発 MP大腸癌との比較; 2009年04月
    発表情報; 日本外科学会雑誌, 110, 臨増2, 240-240
    著者; 中房祐司, 矢ヶ部知美, 隅健次, 明石道昭, 甲斐敬太, 宮崎耕治
  • 低酸素誘導性因子(HIF)-1α発現は5-FU系薬剤による胃癌術後化学療法の効果予測因子となる; 2009年04月
    発表情報; 日本外科学会雑誌110巻 Page264, 110, 臨増2, 264-264
    著者; 中村淳, 北島吉彦, 甲斐敬太, 橋口和義, 平木将紹, 中房祐司, 宮崎耕治
  • Quantitative double fluorescence IHC(qDFIHC)による胃癌術前化学療法のS-1感受性予測診断; 2009年04月
    発表情報; 日本外科学会雑誌110巻 Page401, 110, 臨増2, 401-401
    著者; 北島吉彦, 橋口和義, 甲斐敬太, 平木将紹, 中村淳, 中房祐司, 宮崎耕治
  • 当科におけるNASH肝癌症例の検討; 2009年04月
    発表情報; 日本外科学会雑誌, 110, 臨増2, 483-483
    著者; 三好篤, 甲斐敬太, 大塚隆生, 神谷尚彦, 北原賢二, 中房祐司, 宮崎耕治
  • 胆道癌におけるO6-Methylguanin-DNA Methyltransferase(MGMT)およびhMLH1発現と予後との検討; 2009年04月
    発表情報; 日本外科学会雑誌, 110, 臨増2, 760-760
    著者; 神谷尚彦, 甲斐敬太, 北原賢二, 北島吉彦, 宮崎耕治
  • 粘膜下転移を来した早期胃癌の一例; 2009年04月
    発表情報; 第68回日本医学放射線学会総会 2009.4.16-19 Japanese Journal of Radiology27巻Suppl. Page96, 27, 96
    著者; *白石聡子, 林隆元, 井上公代, 川本徹, 石光寿幸, 湯ノ谷誠二, 浦田雅子, 甲斐敬太, 徳永藏
  • 分子生物学的解析に基づく神経内分泌腫瘍治療の新たな展開; 2009年04月
    発表情報; 第109 回 日本外科学会定期学術集会 2009.4.2-4 日本外科学会雑誌110巻臨増2 Page225, 110, 2, 225
    著者; ○大塚隆生, 甲斐敬太, 北島吉彦, 宮崎耕治
  • 胆嚢癌におけるTumor buddingと脱分化の検討; 2009年04月
    発表情報; 第109 回 日本外科学会定期学術集会 2009.4.2-4 日本外科学会雑誌110巻臨増2 Page235, 110, 2, 235
    著者; 甲斐敬太, 神谷尚彦, 北原賢二, 大塚隆生, 三好篤, 中房祐司, 宮崎耕治
  • SM大腸癌の特徴と再発 MP大腸癌との比較; 2009年04月
    発表情報; 第109 回 日本外科学会定期学術集会 2009.4.2-4 日本外科学会雑誌110巻臨増2 Page240, 110, 2, 240
    著者; ○中房祐司, 矢ヶ部知美, 隅健次, 明石道昭, 甲斐敬太, 宮崎耕治
  • 低酸素誘導性因子(HIF)-1α発現は5-FU系薬剤による胃癌術後化学療法の効果予測因子となる; 2009年04月
    発表情報; 第109 回 日本外科学会定期学術集会 2009.4.2-4 日本外科学会雑誌110巻臨増2 Page264, 110, 2, 264
    著者; ○中村淳, 北島吉彦, 甲斐敬太, 橋口和義, 平木将紹, 中房祐司, 宮崎耕治
  • Quantitative double fluorescence IHC(qDFIHC)による胃癌術前化学療法のS-1感受性予測診断; 2009年04月
    発表情報; 第109 回 日本外科学会定期学術集会 2009.4.2-4 日本外科学会雑誌110巻臨増2 Page401, 110, 2, 401
    著者; ○北島吉彦, 橋口和義, 甲斐敬太, 平木将紹, 中村淳, 中房祐司, 宮崎耕治
  • 当科におけるNASH肝癌症例の検討; 2009年04月
    発表情報; 第109 回 日本外科学会定期学術集会 2009.4.2-4 日本外科学会雑誌110巻臨増2 Page483, 110, 2, 483
    著者; ○三好篤, 甲斐敬太, 大塚隆生, 神谷尚彦, 北原賢二, 中房祐司, 宮崎耕治
  • 胆道癌におけるO6-Methylguanin-DNA Methyltransferase(MGMT)およびhMLH1発現と予後との検討; 2009年04月
    発表情報; 第109 回 日本外科学会定期学術集会 2009.4.2-4 日本外科学会雑誌110巻臨増2 Page760, 110, 2, 760
    著者; ○神谷尚彦, 甲斐敬太, 北原賢二, 北島吉彦, 宮崎耕治
  • S-1による胃癌術前化学療法の感受性予測診断についての検討; 2009年03月
    発表情報; 日本胃癌学会総会記事81回, 239-239
    著者; 北島吉彦, 橋口和義, 甲斐敬太, 大塚隆生, 小林毅一郎, 中房祐司, 宮崎耕治
  • S-1による胃癌術前化学療法の感受性予測診断についての検討; 2009年03月
    発表情報; 第81回日本胃癌学会総会 2009.3.4-6 日本胃癌学会総会記事81回 Page239, 239
    著者; ○北島吉彦, 橋口和義, 甲斐敬太, 大塚隆生, 小林毅一郎, 中房祐司, 宮崎耕治
  • 胆嚢癌の浸潤形式とTumor infiltrating lymphocyte(TIL)の検討; 2009年01月
    発表情報; 第20回 日本消化器癌発生学会総会 2009.1.26-27 第20回 日本消化器癌発生学会総会抄録集p119, 119
    著者; 甲斐敬太、神谷尚彦、徳永藏、北原賢二、三好篤、能城浩和、宮崎耕治
  • 胃癌におけるHIF-1αの発現と5-FU抵抗性についての検討 2009.1.26-27 第20回 日本消化器癌発生学会総会抄録集p127; 2009年01月
    発表情報; , 127
    著者; ○中村淳、北島吉彦、甲斐敬太、橋口和義、平木将嗣、能城浩和、宮崎耕治
  • 原発性卵巣癌との鑑別が問題となった卵巣転移を伴う大腸原発粘液癌の一例; 2009年
    発表情報; 第64回日本大腸肛門病学会学術集会 2009.11.6-7 日本大腸肛門病学会雑誌62巻9号Page779, 62, 9, 779
    著者; 甲斐敬太, 隅健次, 宮崎耕治
  • 肝炎症性偽腫瘍の3例 2009.11.19-21 日本臨床外科学会雑誌70巻増刊 Page677; 2009年
    発表情報; 第71回日本臨床外科学会総会 , 70, 677
    著者; ○古賀浩木, 三好篤, 甲斐敬太, 神谷尚彦, 北原賢二, 能城浩和, 宮崎耕治
  • HIF-1 expression at the invasive front is correlated with the distant lymph node metastasis in advanced gastric cancer; 2008年10月
    発表情報; 第69回日本癌学会総会, 67, 420
    著者; 中村淳, 北島吉彦, 甲斐敬太, 橋口和義, 光野真由美, 平木将紹, 宮崎耕治
  • qDFIHC of TS, DPD and OPRT enables us to predict drug efficacy of S-1 in gastric cancer; 2008年10月
    発表情報; 第69回日本癌学会総会, 67, 391-392
    著者; 橋口和義, 北島吉彦, 甲斐敬太, 平木将紹, 中村淳, 神谷尚彦, 徳永藏, 宮崎耕治
  • 当院におけるtriple negative乳癌の検討; 2008年09月
    発表情報; 第16回日本乳癌学会総会, 16, 440
    著者; 中房祐司, 小池健太, 甲斐敬太, 宮崎耕治
  • 70歳以上高齢者乳癌の臨床病理学的検討; 2008年09月
    発表情報; 第16回日本乳癌学会総会, 16, 312
    著者; 小池健太, 中房祐司, 江頭玲子, 中園貴彦, 徳丸直郎, 甲斐敬太, 山崎文朗, 徳永蔵, 宮崎耕治
  • Quantitative double fluorescence IHC (qDFIHC)による胃癌術後化学療法の適応診断; 2008年08月
    発表情報; 第19回日本消化器癌発生学会, 127
    著者; 橋口和義、北島吉彦、甲斐敬太、平木将紹、中村淳、中房祐司、徳永藏、宮崎耕治
  • 胆道癌におけるGemcitabine感受性マーカーの検討; 2008年08月
    発表情報; 第19回日本消化器癌発生学会, 136
    著者; 中村淳、神谷尚彦、橋口和義、甲斐敬太、大高和真、光野真由美、平木将紹、北島吉彦、宮﨑耕治
  • アミロイド様変化を伴う胃弾性線維腫の一例と、背部弾性線維腫5例の光顕、電顕および免疫組織化学的検討; 2008年05月
    発表情報; 第97回日本病理学会総会, 97, 1, 294
    著者; 甲斐敬太, 草野謙一郎, 徳永藏
  • サルコイドーシス大動脈炎による多発嚢状動脈瘤の一例; 2008年05月
    発表情報; 第97回日本病理学会総会, 97, 1, 258
    著者; 徳永 藏,侯 力、甲斐敬太、朴 美花、山崎文朗
  • 問題症例検討会 症例5-3; 2008年05月
    発表情報; 第44回日本肝癌研究会, 140
    著者; 甲斐 敬太、三好 篤、高橋 知秀、三宅 修輔、徳永 藏 、宮崎 耕治
  • 胆道癌細胞株におけるGemcitabine感受性マーカーの検討; 2008年05月
    発表情報; 第108回日本外科学会定期学術集会, 109, 237
    著者; 中村淳, 神谷尚彦, 橋口和義, 甲斐敬太, 大高和真, 光野真由美, 平木将紹, 北島吉彦, 宮崎耕治
  • Protein ratio of OPRT/TS or OPRT/(TS+DPD) evaluated by quantiative double fluorescence immunohistochemistry is a useful tool to predict drug efficacy of S-1 for gastric cancer.; 2008年04月
    発表情報; American Association of Cancer Reserch annual meeting 2008, 363-363
    著者; Kai K, Kitajima Y, Hashiguchi K ,Tokunaga O , Miyazaki K
  • Quantitative double fluorescence IHC (qDFIHC)による胃癌術後化学療法の適応診断; 2008年02月
    発表情報; 第80回日本胃癌学会総会, 171
    著者; 北島吉彦、甲斐敬太、橋口和義、田中雅之、佐藤清治、中房祐司、宮﨑耕治
  • EMR 後断端陽性であった胃癌に対する外科的治療についての検討; 2003年07月
    発表情報; 第58回日本消化器外科学会.2003,7,16-18.抄録集492
    著者; 甲斐敬太,中野徹,西方不二彦,中野龍二

知的財産権の出願等(著作権は除く)

  • 特願2007-161817:蛍光多重染色による蛋白定量法; 2007年03月
    発表情報; 
    著者; 甲斐敬太、北島吉彦、徳永藏、宮崎耕治

総説

  • Organ-specific concept and controversy for premalignant lesions and carcinogenesis of gallbladder cancer.; 2016年
    発表情報; Hepatobiliary Surg Nutr., 5, 1, 85-7
    著者; Kai K
  • 第7章 肝 7.C型肝炎; 2015年
    発表情報; 病理と臨床 病理診断クイックリファレンス, 33, 2015年臨時増刊, p118
    著者; 甲斐 敬太
  • 第7章 肝 6.NASH; 2015年
    発表情報; 病理と臨床 病理診断クイックリファレンス, 33, 2015年臨時増刊, p117
    著者; 甲斐 敬太
  • 第7章 肝 2.高分化型肝細胞癌; 2015年
    発表情報; 病理と臨床 病理診断クイックリファレンス, 33, 2015年臨時増刊, p113
    著者; 甲斐 敬太
  • Gallbladder cancer: Clinical and pathological approach. ; 2014年
    発表情報; World J. Clin. Cases. , 2, 10, 515-21
    著者; ○Kai K, Aishima S, Miyazaki K.

招待講演・特別講演(学会シンポジウム等での講演を含む)

  • 細胞診による良悪性判定が困難であった頬粘膜発生MASCの一例; 2016年
    発表情報; 第55回 日本臨床細胞学会秋期大会, 2016, 11, 18-19
    著者; 甲斐 敬太, 中村 光男, 次富 久之, 山崎 真希子, 橋口 真理子, 増田 正憲, 高瀬 ゆかり, 相島 慎一
  • 肝癌の細胞診、画像解析ソフトを用いた細胞像と組織像の比較; 2015年
    発表情報; 第54回日本臨床細胞学会秋期大会, 2015, 11, 21-22
    著者; 甲斐 敬太, 中村 光男, 相島 慎一  
  • 肝胆膵癌手術例における病理と臨床の連携と工夫; 2011年11月
    発表情報; 第22回日本消化器癌発生学会総会 2011.11.25-26
    著者; 甲斐敬太、井手貴雄、徳永藏、三好篤、北原賢二、宮﨑耕治、能城浩和
  • 細胞診におけるバーチャルスライドの応用: 術中遠隔病理診断3年の経験から、術中遠隔細胞診の可能性を探る; 2011年05月
    発表情報; 第52回日本臨床細胞学会総会 2011.5.20-22
    著者; 増田正憲, 甲斐敬太, 明石道昭, 木戸伸一, 高瀬ゆかり, 尾形正也, 永石信二, 徳永藏
  • 胆嚢癌の浸潤形式とT2胆嚢癌の組織学的予後規定因子について; 2010年11月
    発表情報; 第21回日本消化器癌発生学会 2010.11.18-19
    著者; 甲斐敬太, 神谷尚彦, 徳永藏, 三好篤, 北原賢二, 増田正憲, 宮﨑耕治, 能城浩和
  • 定量的蛍光二重免疫染色法による生検標本からのS-1感受性予測; 2010年07月
    発表情報; 第65回日本消化器外科学会総会 2010.7.14-16
    著者; 甲斐敬太, 北島吉彦, 橋口和義, 平木将紹, 中村淳, 徳永藏, 能城浩和, 宮﨑耕治


Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.