MF研究者総覧

教員活動データベース

水およびアンモニアの沸騰熱伝達とその経年変化に及ぼす界面活性剤とPEEK樹脂コーティングの影響

発表形態:
資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文
主要業績:
その他
単著・共著:
共著
発表年月:
2014年09月
DOI:
会議属性:
指定なし
査読:
無し
リンク情報:
佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告「OTEC」

日本語フィールド

著者:
井上利明, 有馬博史,小山幸平,門出政則
題名:
水およびアンモニアの沸騰熱伝達とその経年変化に及ぼす界面活性剤とPEEK樹脂コーティングの影響
発表情報:
佐賀大学海洋エネルギー研究センター報告OTEC 巻: 19 ページ: 7-10
キーワード:
概要:
抄録:

英語フィールド

Author:
Title:
Effect of a Surface Active Agent and PEEK Resin Coating on Nucleate Boiling Heat Transfer and its Secular Change in Water and Ammonia
Announcement information:
Vol: 19 Page: 7-10


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.