MF教員業績管理


    胆道癌におけるMGMTおよびhMLH1の発現と新規経口アルキル化剤Temozolomideに対する感受性の検討対するGemcitabine化学療法におけるRRM1遺伝子発現の検討

    発表形態:
    一般講演(学術講演を含む)
    主要業績:
    主要業績
    単著・共著:
    共著
    発表年月:
    2007年10月
    DOI:
    会議属性:
    査読:
    無し
    リンク情報:

    日本語フィールド

    著者:
    神谷尚彦、大高和真、宮崎耕治
    題名:
    胆道癌におけるMGMTおよびhMLH1の発現と新規経口アルキル化剤Temozolomideに対する感受性の検討対するGemcitabine化学療法におけるRRM1遺伝子発現の検討
    発表情報:
    第11回日本肝臓学会大会(神戸市)
    キーワード:
    概要:
    抄録:

    英語フィールド

    Author
    Title:
    Announcement information:


    Copyright ? MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.