MF研究者総覧

教員活動データベース

古典籍書誌データ構造に対応したLinked Dataへの半自動変換

発表形態:
原著論文
主要業績:
その他
単著・共著:
共著
発表年月:
2018年02月
DOI:
会議属性:
指定なし
査読:
有り
リンク情報:

日本語フィールド

著者:
吉賀夏子, 只木進一
題名:
古典籍書誌データ構造に対応したLinked Dataへの半自動変換
発表情報:
情報処理学会論文誌 巻: 59 号: 2 ページ: 257 -266
キーワード:
概要:
抄録:
Web上には,江戸時代以前の書籍である古典籍の書誌および画像データが多数公開されている.これらのデータの活用には,古典籍を構成する序や跋などの情報を含めて,Linked Data形式などへ構造化することが有効である.古典籍の書誌データは専門用語が多く,構造化のためには,一般には専門家の手作業が必要であった.本稿では,形態素解析と注記の記述様式に特化したスクリプトを活用することで,半自動でこうした作業を実施する方法を提案する.また,具体的なコレクションへの適用を通じて,手法の有効性を検証する.提案手法は,コレクションごとに軽微な調整で適用できる手法であり,古典籍の書誌データを構造化するために有効である.

英語フィールド

Author:
Natsuko Yoshiga and Shin-ichi Tadaki
Title:
Semi-automated Conversion of Bibliographic Data for Japanese Historical Rare Books into Linked Data
Announcement information:
Transactions of Information Processing Society of Japan Vol: 59 Issue: 2 Page: 257 -266
An abstract:
A large amount of bibliographic data and images of Japanese historical rare books, published during the Edo period and before, have been accessible recently on the Web. For utilization of those data, it is effective to convert information including book parts such as preface and epilogue into well-formed data format like Linked Data. Such conversion, in general, has required handworks by persons with special knowledge. This paper proposes a new semi-automatic method for this task, where the method employs morphological analysis tools and scripts specialized to formats in bibliographic notes. The method is evaluated by applying it to some collections. The method can be applied to a collection with small amount of tunings, and is effective to formalize bibliographic data of Japanese historical rare books.


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.