MF研究者総覧

教員活動データベース

Opengateとシングルサインオン

発表形態:
原著論文
主要業績:
単著・共著:
発表年月:
2009年02月
DOI:
会議属性:
査読:
リンク情報:

日本語フィールド

著者:
江藤 博文;大谷 誠;渡辺 健次;只木 進一
題名:
Opengateとシングルサインオン
発表情報:
研究報告インターネットと運用技術(IOT) 巻: 2009 号: 21 ページ: 259264
キーワード:
概要:
学内の複数の情報システムの連携とそれらのポータルサイトの構築が必要とされており、その基礎技術としてシングルサインオン導入が必要である。こうしたポータルサイトの入り口の一つとして、ネットワーク利用者認証として佐賀大学で開発しているOpengateを活用することを検討する。これにより、学生がネットワーク接続すると、学生用ポータルサイトに導くことが可能となる。Opengateをシングルサインオンの入り口とするための、課題と現状について報告する。Information systems in a university need inter-cooperation mechanisms and their portal sites. This requires single-sign-on infrastructure. We examine to use Opengate, which was developed as a network user authen tication system in Saga University, as one of entrances for such portalsites. With this method, a student, who connects his terminal to a network, is lead to portal sites for students. The current status of the development and its problems are reported.
抄録:

英語フィールド

Author:
ETO Hirofumi;OTANI Makoto;WATANABE Kenzi;TADAKI Shin-ichi
Title:
Single Sign-On with Opengate
Announcement information:
IPSJ SIG Technical Reports Vol: 2009 Issue: 21 Page: 259264
An abstract:
Information systems in a university need inter-cooperation mechanisms and their portal sites. This requires single-sign-on infrastructure. We examine to use Opengate, which was developed as a network user authentication system in Saga University, as one of entrances for such portal sites. With this method, a student, who connects his terminal to a network, is lead to portal sites for students. The current status of the development and its problems are reported.


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.