MF研究者総覧

教員活動データベース

WebSocketによる終了検知を行うOpengateの開発

発表形態:
資料・解説・論説・研究報告・総合雑誌の論文
主要業績:
その他
単著・共著:
共著
発表年月:
2013年05月
DOI:
会議属性:
国内会議
査読:
無し
リンク情報:

日本語フィールド

著者:
大谷 誠、江藤 博文、渡辺 健次、只木 進一、渡辺 義明
題名:
WebSocketによる終了検知を行うOpengateの開発
発表情報:
電子情報通信学会技術研究報告. ICM, 情報通信マネジメント 巻: 113 号: 23 ページ: 121125
キーワード:
概要:
佐賀大学では,利用者端末や公開端末からのネットワーク利用を認証・記録するOpengateを開発・公開し,学内において運用を行ってきた.Opengateは,HTTP Keep-Aliveと遅延応答によってコネクションを維持し,このコネクションを用いて端末の利用を監視していた.しかし,遅延応答をWebブラウザが誤認識し,コネクションを予期せぬタイミングで切ってしまうという場合があった.そこで,終了検知手法としてWebSocketを用いる新たなOpengateを開発した.
抄録:

英語フィールド

Author:
OTANI MAKOTO;ETO HIROFUMI;WATANABE KENZI;TADAKI SHIN-ICHI;WATANABE YOSHIAKI
Title:
Development of Opengate Capable of Detecting Usage Termination by WebSocket
Announcement information:
IEICE technical report. Information and communication management Vol: 113 Issue: 23 Page: 121125
An abstract:
We have developed and distributed a network user authentication system Opengate. It has been operated in Saga University. Opengate establishes a connection with a terminal using "HTTP Keep-Alive" and "Delayed response". Opengate monitors network use of the terminal using the connection. But, current Opengate has a problem that the connection for monitoring is arbitrarily disconnected by Web browser. So, we developed new Opengate which used WebSocket for detection of termination.


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.