MF研究者総覧

教員活動データベース

Nagel-Schreckenbergモデルを用いた流量逆転の原因分析

発表形態:
一般講演(学術講演を含む)
主要業績:
その他
単著・共著:
共著
発表年月:
2016年12月
DOI:
会議属性:
国内会議
査読:
有り
リンク情報:

日本語フィールド

著者:
野田季宏、日永田奏啓、只木進一
題名:
Nagel-Schreckenbergモデルを用いた流量逆転の原因分析
発表情報:
第22回交通流と自己駆動粒子系シンポジウム(京都大学, 2016)
キーワード:
概要:
抄録:

英語フィールド

Author:
Toshihiro Noda, Yasuhiro Hieida, and Shin-ichi Tadaki
Title:
Origins of Reverse Lane Usage Studied with Nagel-Schreckenberg Model
Announcement information:
The 22th Symposium on Traffic Flow and Self-driven Particles (Kyoto University, 2016)


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.