MF研究者総覧

教員活動データベース

高速道路交通流の実測データと二車線模型

発表形態:
原著論文
主要業績:
その他
単著・共著:
単著
発表年月:
2002年06月
DOI:
会議属性:
指定なし
査読:
リンク情報:

日本語フィールド

著者:
只木進一
題名:
高速道路交通流の実測データと二車線模型
発表情報:
応用数理 巻: 12 号: 2 ページ: 17-25
キーワード:
交通流, 実測データ, シミュレーション
概要:
交通流シミュレーションと交通流実測データ解析の現状を概観した。また多車線模型のシミュレーションから新たに得られた知見について議論した。
抄録:
高速道路交通流の実測データから、自由流と渋滞流の間の相転移をこえて様々な側面が見えてくる。また、実測データは、数理モデルの有効性と限界についてもあきならにする。多くの数理モデルが一車線路を扱っている。多者線路に特有な現象に注目すると、車線間相関や車線変更などの新しい側面が見えてくる。

英語フィールド

Author:
S. Tadaki
Title:
Traffic Flow Data on Expressways and Two Lane Traffic Flow Model
Announcement information:
Bull. Japan Soc. Indust. Appl. Math. Vol: 12 Issue: 2 Page: 17-25
Keyword:
Traffic Flow, Observed Data, Simulation
An abstract:
This article reviews the status of the research on traffic flow simulations and data analyses. The new results from multi-lane traffic flow models are discussed.
An abstract:
Traffic data observed on expressways shows that trafic flow phenomena have various features in addtion to freely-moving and jam phases. It also reveals the effectiveness and limitation of mathematical models for traffic flow. Most traffic flow models treat expressways with one lane. If we pay attention to phenomena characteristic to multi-lane expressways, we can find new features wush as correlations between lanes and lane-changing behavior.


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.