MF研究者総覧

教員活動データベース

異世代間シェア居住の可能性 - アメリカの事例に見る住宅を活用したコミュニティ形成に関する考察 -

発表形態:
原著論文
主要業績:
その他
単著・共著:
共著
発表年月:
2013年03月
DOI:
会議属性:
指定なし
査読:
有り
リンク情報:

日本語フィールド

著者:
宮原 真美子;西出 和彦
題名:
異世代間シェア居住の可能性 - アメリカの事例に見る住宅を活用したコミュニティ形成に関する考察 -
発表情報:
住総研研究論文集 巻: 39 号: 0 ページ: 1 - 12
キーワード:
概要:
本研究では,今後確実に増加すると見られる非定住層である単身者のコミュニティのあり方を,オーナーの住宅で行なわれる異世代・非血縁によるホームシェアから探りその方向性を示唆することを目的とし,ヒアリング及び実測調査を行った。これらの調査から,1). ホームシェア居住者の生活実態,2). ホームシェアの行われている住宅の特徴, 3). 共用部での居住者間の交流時の居方を明らかにした。その結果,ホームシェアでは,共用部の公私の重複性が居住者による空間の使い分けを可能にしていること,また,居住者間の共用部での"居方"から,居住者間で一定の距離を保ちながらお互いのプライバシーを尊重した生活であることを明らかにした。
抄録:

英語フィールド

Author:
Miyahara Mamiko;Nishide Kazuhiko
Title:
A study on the possibility of the inter-generational living situation
Announcement information:
JOURNAL OF THE HOUSING RESEARCH FOUNDATION "JUSOKEN" Vol: 39 Issue: 0 Page: 1 - 12
An abstract:
This research aims to suggest the possibility of the sense of community, ad-hock community, among the nomadic single household through the Homesharing which is an inter-generational living arrangement in which two or more unrelated people share a home which elderly owns. The requirements of ad-hock community were analyzed from 2 aspects, the factors of human relationships and physical floor plans. As a result, it is shown that duplicative function which is based on the concept of private and public, which is enable the residents to use the common rooms for different occasions and to control the distance by their choice.


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.